■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 5/21 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2014年09月22日

第124話「手をとりあって」(4)

第123話へ    4 第125話へ

95 :◆vsQyY1yD2Q
【 サマンオサ王宮 玉座の間 】
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : : : :|/|            |/|: : : : : :|     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     |     |/|: : : :  |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: : : :  |/|     ┼     |/|: : : :  |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|     |     |/|: :    |     |  | : :|
        | ヽ |_|_,;,.:. -‐'':::|    |/|: :    |/|    山      |/|: :    | ‐- ...,,,_|_|/|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|: :    |/|  /><\    |/|: :    |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|     |  //  .\\   |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      ∠エエエエエエヽ |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|        |_;;l| |/|     |     |  | : :|
        |  |  |: : : : : : : :|    |/|      |_;;l|____|_;;l| |/|     |     |  |: : |
        |  |  |: :∧ :∧ :|    |/| /\ |_;;l|____|_;;l| |/| /\.:|  , 〈〉:..|  | : :|
        | ヽ |_|_,;| ||-| ||::|    |/    |_;;l|____|_;;l| |/    ゙:|‐ /(_,||ィ:|_|/|
        |  |  |: :|_||: |_||::|            |_;;l|____|_;;l|        | |.┌|ト( |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | \|:|| . |  |: : |
        |  |  |: : ||: : ||: :|            |_;;l|____|_;;l|        | rrー、|| . |  | : :|
        |  |  |: : ||: : ||: :|          /_::/| :+: :+:  |!_;;;!       | ト|-:|:|| : |  |: : |
 ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |: : ||: : ||: :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ::l| :| :+: :+:  |:| ::ll:..  ̄ ̄ ̄| | |:::|:|| : |  | : :| ̄ ̄ ̄
────|  |  |: : ||: : ||: :|─────:| ::l|/| :+: :+:  |;| ::l|::───‐| ヽV::[| : |  |: : |───
 ̄ ̄ ̄ ̄ \ |_|_,;,:.: -‐'''"  ̄ ̄ ̄ ̄ /エ7|/'⌒⌒⌒⌒:|:|エ| ̄ ̄ ̄ ̄゛'' ‐-: ..;_|_|/ ̄ ̄ ̄
                          〔三〕イ  ´  ´  :|〔三〕... ... .. .
                           |  |/|三三三三三|:|  |:::::::::::::::::::::.::....................
                          〔三〕/         ゙〔三〕::::::::::: :
                      __________
                       / /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |:
  ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ / /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |  |: ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄
───┬─────┬───f -f '-, ' , '-, ' -, ' -, ' -, '|−|───┬─────‐:r───
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / 7 '",""' ,"' ,"' ", . '" ,"T" |: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \        \ _,,,... -‐'/  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' |   |: _,,,... -‐'''"~        \
    \  _,,,... -‐'''"~    ./  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , '.:|   |:   \         _,,,... -‐'''"~
_,,,... -‐'''"~    \      /  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' :|   |:     \ _,,,... -‐'''"~\
 \          \ . /  /' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' .:|   |:_,,,... -‐'''"~         \
   \    _,,,... -‐'''"~ ./  /, ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , ' , |   |: \          _,,,... -‐'''"~



                      _ -- _
                 ,. <::::::::::::::::::::::`丶
                 , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::::\__::::::::::\メ、:::::ハ
                  ′::::::!` ー--ヽ  ̄ ̄  ヾ:::i
                   |::::::::::|   ---     ---  Y
                   |::::::: リ            }'
                  }_:::::/.:   ●   i   ●  |, 、
                /  Y : :         {:     |: ‘,   お初に お目に掛かります。
                  {: : : : : :.       ヽ     | ノ
             ‘,.: : : :       ノ     }'´    『三賢者』 が一人、エルシャール・レイトンです。
                   ゙i=':}: :              |
               |::::|: :              r──  _
             _, -┐:.     、__,.   l二二二二二T
               |二ニ|: :           |二二二二ニ=|
             |二二\          |二二二二ニ=!
                 |二二二> .,        ,|二二二二二i
              |二二/: : : :{ ≧====≦,..|二二二ニニ=リ
                |二ニ‘,: : : :{  rf ̄: : : : |二二二二=/
              V二=‘,: : : i .|: : : : : : :.|二二二二<
             _ノ二ニニi: : : :! |: : : : : : :j二二二二二>、
             {二二ニニム: : :.∨: : : : : :./二二二二二二二ヽ


96 :◆vsQyY1yD2Q

                                    -‐‐ ニニ ̄` ー-、
                                  イ >弋''¨¨´ ヾ   ヽ
                               l|     ,代    ヾ     人
                              .丿  丿 .|lノ  (  从   _ ヽ
                              〃 >'  从( 辷 ヽヽ. )、     l
                               ル'´{´ ハ{イ示ァヽ小 小. >ミ=ー  ,从
                               ノイ/ ´    リハ{.j j八)人ヾ .,,イハ  降伏の使者だそうだが
                                 ノゝ、       〃 rイ ,ハ  /
                                   ー‐      / 弋 ノ, /     どう言うつもりだ?
                                     |         彡ィ 八
                                    ー=ニ三__ -‐≦ ソ.:::|
                                     j Yr彡弌)     .:::弋
                               ____  イしリ.|{(_  ===彡::::...≧ァ.、
                            r''壬fリ´   j|ラ小 ーァ/      〃 〃´¨>
                            トミム/   rァv'⌒Yレ/    __二ニ======
                            |ニニニ`ヽ.((込::..ノ{ (___)),ィニニニニニニニニニニニニニ
                            |ニ|ニニニ弋ミ f 彡==彡'ニニニニニニニニニニニニニニ
                            |ニ| ニニニニ :、 l|l´ /ニニニニニニニニニニニニニニニニ


    |三三三三l|
  __ト―--――|
  ´、二二二二二フ
   |/  ・ ( ・Y    はい、現在 我々が持っている情報を お話しします。
  (^     ’ |)
    1  、_  !    まずは それを聞いていただけますか?
   △___  ∠
   |::::::::::::/エ「ノ
  /::::::::::::::|  |::ヽ


97 :◆vsQyY1yD2Q
         ┌――――――――――――――――――――――――――――――──┐
         |                                                    │
         |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                                  │
         |  | トンファー天罰!! |                                  │
         |  |_____ ____|                                  │
         |          ∨                                        │
         |     ⊂⊃ ⊂ニニニニニニニニ⊃                          │
         |    .∧_∧  (_ `ヽ.       ,  ⌒ヽ                        │
         |   .(#´Д`)_ ∪/ /      (       ヽ⌒ヽ                  │
         |   ( ̄ヽ   ヽ_ヽ/ //⌒.\ ⌒ヽ    ⌒ヽ                     │
         |   |. T |      ̄ ̄´ /\ \  /⌒)   ⌒ヽ                    │
         | ⌒ ヽ_ノ、    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /⌒ヽ   ⌒ヽ                  │
         |  ⌒ヽ  ⌒⌒ヽ⌒, ⌒ヽ,  ⌒⌒,ヽ ノ⌒ヽ⌒    )                 │
         | (   ⌒ヽ  ⌒    ,  ⌒ヽ   ⌒ヽ  ,    )               │
         |  ヽ   (              ,          )                  │
         |    (   丶   (',)  (、;   )     ノ  丿                  │
         |             ;ヽ,  <,、               ドゴォォォ. _  ./   │
         |             ,;,) (';               ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _  │
         |             ノ  <,            ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_  │
         |             ',)  (、;                 (/ , ´       │
         |             ;ヽ,  <,、ドゴォォォ _  /       / / / \      │
         | \   _  ドゴォォォ;,) (';∧ ∧―= ̄ `ヽ, _     / / ,'            │
         | _ /    ̄=―∧ ∧・(   〈__ >  ゛ 、_ /  /|  |          │
         | _ ´     <  _〉   )・ .∵ (/ , ´      !、_/ /   〉             │
         |    ヽ`丶  \)  _、    / / / \        |_/              │
         | /   \ \ \ ;  .  / / /                         │
         |        :  \ \   /  /|  |                         │
         |        |  | \ \ !、_/ /   〉                          │
         |       〈  ヽ \_ ,!    |_/                         │
         |        \_|                                       │
         |                                                    │
         |                      Now Tonfaing                       │
         |                                                    │
         |                     現在説明中                     │
         |              しばらく シバかれながらお待ちください            │
         |                                                    │
         └――――――――――――――――――――――――――――――──┘


98 :◆vsQyY1yD2Q
                      /  ,r'´ ,f;:;:;:;,、,;:;:;:    `, ヽ  ヽ
                     イ  j  ,ィイ-‐'´``ー-ソリ   i  `、  `,
                    /  ,'  ,リ从      `リト  i   ヽ  ゙i
                    ,! ,! ,'  /,イ,、、、      _,,,.ゞ、、ゝ、  ,  j |
                    ゙i゙i l ,イ'^"`''ー``、 ,ィニ,、-‐==ゞ三ニ´ , !
                    ゞ ハ:;`, ,ィエウン`,  ´Tエユゞ、  ゙iミ7^ヾ i |   なるほど。
                     ``ヾ l     / .;.. ``     ト/イY l i !
                         `i    / .;::.:. .       ゙ ) j,! i j   そのオフレッサーと言う男が
                           l   ゝr-、        '´ /  !/   ボストロールである可能性が高く
                         i,             仄  i ,!
                         lト,   ェニニニニュ      ,' ,リイ ,!j    『三賢者』 の一人、孔明が
                    ,、-─‐-゙ゞ、   ´二 ̄    /  イ //    裏切り者である可能性があると。
                   ,イー‐-、  ヾト、        ,ィ´,/ィ´⌒Y
                  ,r'"´ ̄二つ ,fゝ- 、ー‐一'"´ィ´ィ     i
                   /  ,r'´ ___i ,!`フ`ミヽ,r'"´      ,r'"´i
                 ,/  /´ ̄  ヽ`つ  j iル'´⌒`ヽr'´// ノ、


                     , -── - 、
                    / ̄へ\ 、   \
                  /       へ\`三   ヽ
                     l     _     厂lトi、     ',
                /  三_彡 _ノ  l| l|ヽ、 i l|
                   l   ,ニ、   / _ ヽ `ー ∨/l|
                〉 / ヘ l. ハ! ‐tァ=ミ _≧-┘
                〉 ヽ`! ミ′    ̄ " 〈 イ
                  l、/`┐        _ ∨         その上、できない夫も行方不明で
                /\   ヘ     _ _7′
               /=く \ l \    ー /           難民を養う事もままならず
              /\ ヾ:、 `ヽ、_\ _ / ,-─-、
           r<_   \ ヽ\_))r=ミT「<ヽ\ヾ、`ー┐  降伏を決めたのか。
         r<_ `ヽヽ、  `ヽ、¨´ ゝ l.|.| |`i l トi ヽ /
      _,∠ ̄`==、ヽ 、 ヽ   ̄`ー==┻/ :レ 〉l トil|=ヽ
     _|         \、 l| l|  , -イコ7《|      |l| ノ
    |ト、      //\l| l|  ト-へノヘ|、_     l‖ 〉
     | \`ー一 '" /  /l\l|  |ト、    〉     / ||V)
    〈ヽ  `ー ' ´   / 〉>!  ‖l|   / ̄ ̄`ヽ/l| ||'〈
     |ヽ  `丶、 _/ /ハ(_》  ‖l| ∠ニ、ヽ、   〉Y!リ/
     | ∧ヽ-、   一'  / Xlヘ  l|ル/   Jト、ヽ/(dノ┘
     | ト、\ `ヽ、_// /ハ¬_/ ̄ ヽ、   てソ  l |
     | l ハ \      /   l | 「`ヽ、 !    /  l|
     | l | l、   ` ー‐ '       | | |    /    l |
      | l || ヽ  \        !  |  |     /     l|


99 :◆vsQyY1yD2Q
                   ,r'彡;;;;;;;ミ彡圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミヌツゝ、
                  /ツ彡;;;;;;;ミ彡E;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ三ゞ;;;八
                   ,'シ彡;;;ヒ,、韭ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ三ミ;;;;;;゙i
                 /彡;;;;;;;;;;;ノ:::::: `'弋N;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ≒;;;;;;;;;;}
                 {ソソ;;;;;;ノ::::::::    ゞ`'-、,;;;;;;;ミベ;;;;;;;;;;j
                 レイノイイ::::::::::::        `'ー、;ミャ;;;;;;リ
                ノ;;;;;;;;;ノ'ー- 、,::::          `''iミ;;;;l
                イシ∧ソ:::::tェr- ミ、; 、 ,=@_,,,,,、、.、|;;;;;ノ
                乂 リ:::::::::::`゙''''゙ノ:::> <rtテニ,;ィ' ,レi゛
                 〉{ルト::.......   .:::.;;   ....     レイj
                 ハ j:゙、::   :::::::;;        ノノj'   完全にチェックメイトだな。
                 ヒ;;;リ:::::::   :::、:ゞ:r:       レ'
                 ゞシハ::::     ;;;       /イ       レイトン。
                  `Y´:゙、::  ¨、ニ二ニ;`'   イジ
                  ノ :::ヽ   ゙゙^^゙    ,. ','リ
                 斤'ー、,_::\       /  |
                /_;__;;;;;;;;;;`-;;;ヽ,,,,_,/;;.../ ト>
                ,f…::;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー;;、_ / r'〈| |
_,、-‐─t、__,,,,,,............/ミァ;;;_;;ヽ\;;;;;;;ヽY´,r'ヽj`Y仁ミi |
二\\二\lllllllllllllllllllllllllllllllliiiii-、,`'-、,≧ニン{ (:::::::;|: | |::::::八
━━\\━\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiio、ミ、_`';;: | レ' ,,人`'ー-、,__
\:::::::::::\\:::::\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiio><_llllllllllllllllllllllllllllliiiow、r:…-、_     _,..-
 ヽ::::::::::::::ヽ.ヽ:::::::ヽllllllllllllllllllllllllll__,..-ー''"´三二-ァイ⌒゙i、i'ー-、,llllllllllllllllllllllllllio、━゙i゙iニキ≦、_
  ゙i:::::::::::::::゙i. ゙i::::::::゙illlllllllllllllllr'"r-ー'''7〔 ̄:::::::::⊂´( (ノ^リち:::::::::i t-、llllllllllllllllllllll゙il:::::| |::::゙i   `''




三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
                   jニニニェ、_ 7`ヽ__
__________,...ェi三三三三ヨ /! ,¨ ̄ヤ
三三三三三三三三三三三三三三三ヨ_,/_i | i_/ i!
三三三三三三三三三三三三三テサ卞、 ヤ,j-'  iハ
::/~ヽ/    ●       ● i!       ヘ、_, 、__, iヨi,
:i,              i,    !        7三i   /三i!   否定はしないよ。
::ヽ、            イ   i          7三ニニ三三ヨ!
ニニニニ=、             |三≧=、   i三三三三三ヨ!   でも、僕達に付いて来てくれた民を救うため
三三三三!             !三三三7  ヘ三三三三三i',
三三三三!   `‐‐‐ '   j三三ヨi/     \三三三三iヤ  もう少し頑張らないといけないんだ。
三三三三! 、       , イ三三il7       气三三三ハ
三三三三!-、 >、__ イ::::::ヽ三三≧、       ヤ三三三ヤ
三三三三≧、::::>--. /::::::┐三三ヨi!        .ヤ三三三ヤ
三三三三三三≧:::/.7:::::::::::|三三三ヘ_         ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i./:::::::::::::|三三三三≧、_    ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i:::::::::::::::::!三三三三三三三三≧三三三ヨiヤ


100 :◆vsQyY1yD2Q

                 _,,:-''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''-、,,
               ,,r'' _            ヽ、
              ,f ,;ニ--ニ、            ゙ヽ.
              i' .;f     ゙ヾ、:::...         ヽ.
              i',;;;;;l      ゙ヾ、;;:;::.......   .,,;.:.:,;,;;;i
             i;;:;,i' |        ``''ー-ニ=-''"`'''i;:;:;;|
            {r'" j ,rニ''=ェ、,,_,  ,,__,,,,ニ--:、, リヾリ
            ,l,=イ|  ー゙モワ''''>i  ;`'''Z't-ァ~`゙'' ,|、;|
            i i''ヾ|       ''"l!  `ヽ  ̄   i;f''''l!   ラインハルト様。
            | | ,ハ       l!         ,i ,; l!
            ヽ、.ミi`     ィ l!__,i」,;;      ,i f ノ    いかがなさいますか?
              `''┐      `ー'"      {,シ''"
                   ト、    ̄二''ー--    /!
                    |`:、      ̄    ,/'|
               ,,|  ゙:、        ,/  |、
              ト-ニ'ー- ゝ、,,___/ -_''ニ-ri
              ,i'  ,、,>ー-、`ヽr''",二-<"_  ゙i、i
            _,,/   ,ij! r'⌒)`i. | .f"f"^i l.i'  ),゙:、,,_
          =''ニ辷`ー;´'゙ぃ, (.ノ! | :|、.) ノ ,ヘv/",, --ニ''-
          二-ー_ニ,,,、_-ゝミ、,,,_| .| :| ,/ノ-'"_.ー-、,,_ー-:、Z_
          -ー''"~    `''ー-、__|_,,, -ー''"      `'''ー-、



                        _,. -ニニ ̄≧ー--、_
                      へ´ __,.-三//,.イ三三ヽヽヽ、
                    ////  // イ |三ニーテ ̄ -ヽ、
               、__// ´   / // /  |  // , ,   ハヽ
               >ー イ _,.イ / /  /   | | // ///    ノノリヽ、
               // /ヽ__// /  //川 |i | ! ! | | | | | // ヽ
              // /  >三/ /〃/  / // ノ六ヽ、 ヽヽヽ! !/ /// |i
              Y / /// / ハ( /// / /,.イ_r'´ ̄,,ハ ト、  \   !レ リ
               ヽ!//////りト、)从(乂_ノィr' rテ_チ )ハ ヽ  ̄ く´| 从
                ヽ//   _ソ,.≧テゝヾ、ー^¨´ ´   _ノノ从ヽ\ヽヽ(     北の砦の話は聞いている。
                 | !ト、_ィ彡r'_ゞヌ! )ノ        て/ 人ヽ ヽヽ、ヽ _
                 !ヽ  ̄(乂´  f、 _          メYヽ _タ、   !´    降伏は認めよう。
                 ゝ ソハヽト `  ーヽ `         )ハ´  ハ  /
                 ト-' 人ヽヽ     ,.ニ‐--、      / / ィ´ ||//      ただし、処遇を決めるのは
                   ̄  ノノ)、  ' ィ_ニr         |ヌ| ! ハ(         ボストロールを倒してからだ。
                        ヽ   ´           レイ //`
                         ヽ          /  /イハ (
                          ヽ      ,. '    〃_上-、)
                         -イヽ____  イ  __,. -ニ--‐ヌ、            __
                        冫イ/∠L_, -ニニ-<´: : : : //´|     r== ̄ ̄
                        !ハゝ--、. | r'´-‐‐ Y(: : :ノノ_ 久___  /        __
                          ゝ⌒Y| | | ( : : : 乂_ニイ/ _,// ̄ゝ--――T¨下ヽ ヽ
                    ____ し::ノ.| | ト、ー-―  /_,// ,.-‐'二レ|ヽト=! ヽ ヽヽ/
               ,... -テ ̄    r-、イ`ーノ! | |: : `テ´/-'´_,. - '´  //| |ヽト、/ヽ/ ヽヽ/ヽ/
           _,.r==- ´ |  _,. -≦く::::| r'/ム、ヽ: / /´_,.-‐'´   // ハ/ !∧ Y/ヽ//ヽヽ
         _/'´     _,.不´::::::::::::__ヽV///⌒ヽヽ-Y-' ´   / / /  / レ/ト ∧ヽ /ヽ//ヽ
        r'     ,. ィニr!=ト、__/_/_/_|,.ヒ匕´    .,///  /   /〃 .V | V/ヽヽVヽ
        入_,. -‐!三!ヲ/ F| 三              _,// // ニ=//   ー! ヽ-ヽ_ヽ/ヽ
       /=/7/=!=レレ/ r' ト、三三        _,.///   / 三ニ//     ヽ \ \ ̄´ヽ


101 :◆vsQyY1yD2Q
      i三三三三三三i
      i三三三三三三i
      i三三三三三三i
    _i         i
   i三三三三三三三三三三i
      │ / ● │● i
     (  ̄      つ i      働きをもって……と言う事ですね。
    !二コ           i二フ
   ├─┴─┐  ー‐‐!三/7   ありがとうございます。
    ゝ三三三│   _ノ三/7
     ゝ三三三i  ⊥;:丶 7/
    /ゝ三三三i ̄;:\l;:/ /三\
   /三三三ヽ/ヽゝ;:;:;:;:;:/三三\
   (三三三三ヽ/ ̄ヽ:;::;:│/\ ヽ
    \三三三ヽ/ ̄ヽ/ 三三ゝノゞ
     / \三三三Yミ三三/三三)
     ) 三\ミ三三三/二二二丿
     ノミ三へミ三/i:;::;::;::i三i
     ノ 三三三三三i:;::;::;::i三i



             _, 以≧=彳シ::::: :: :ji::...|!:.:.:. i........i、. . . .ヽ:::ヽ
             >:::::::⌒ス く;;;;;;;;;;::::::ィj:::八:::::::i;、;、.i、ゞw;, ヽ:::ゝ
            〃iii | j { ::{(ゝ ニ ノ;;jiノiトゝ、;;ゞ.;;.;ヽ_:::::ー:': ゝ;,〕
            {jj リノ:::ノ ノ:::)八゙iゝjjノj_、jj----弋'、__::,.-'´..;;jり
            レ'==ジ人_-_-ゞ; {…ェ代ア¨フ:.:ヽ.:.::;;ノr 、.::...:..ゝ
             {イ ハTイ<弋テヘ.} `リ       =≦ノ/.:..:.};;;;;;;;;り}    そう言う事だ。
             { l(ゞミヤ    ,!         .:.:../;イ ハ)ノ;;;;;j..从j
             ゞ'ヘ、゙i     |   、      :.:.:.{/:レ'´/;,;,;,リ..:::.ノ-   こちらの持つ情報を伝えよう。
                ノゞ、   'vr::':´      :.:.::.V{:/..jノリハ:::,ィ
                フjハ    ._ _..,     :.:.:.:/ト{/,イ;;;;;;:ゝ(_     心して聞くがいい。
               "´!Nハ   ´ ...... =@   ./:八. f f ;;;;いj「
                    `、         /:.:. /:.:. )リ ;;;リ'´
                    ハ、       /_:.:. :./.:. :.ノハ l j,
                   カjヘ _,,, ィ'´.:. :.ニ-ー''"~_>. -j j";
                   .  `T''=:,,`Y''二-ー<_. ̄,r}ノ      _,,,,,,_____    ,
                 ゙̄l__, 、__,r儿'~゙i.| | :| f⌒゙し|(_ノノ|゙i、__  _  ,i'`ー---===,,,,,_二ニニ''ー-z=
              =''ニ"~//''''''l,ヽ二ノ,!.| :| ゙、__,,>''"-'^ー`'''ナト:┤                「  `i'
              、_  l゙ l   ゙i Tーァ' ⊥.!`ーァ ,r'"    ,,ィ/,,ーケ┬┬-,ニ,,__        |,,,,ィ-f
               `ー:、ヾ、、 ゙i 'Y"r⌒ヾ゙V ,r'"  _,,ニ-''" ̄ ,,,-|`|ヾト、| |ヾ |、,「 ̄| ̄「~「~「~| トト;|_
              \  ``''=-<⊥lLニ-┴┴''" ̄    ,,-''"  ド| | `|、| ミ|、,|ヾミ| ミ|.ミ| |、」 | | |
                `ー、_        ̄ ̄ ̄    _,,, -''"     |`|、|ヾ|ヾ|ヾ |ヽ| 、 |  |、.| | |゙| | |'


                       ┌───────────────┐
                       │                        │
                       │    ┌─────────┐    │
                       └──┼─────────┼──┘
                             │  ┌─────┐  │
                             └─┼─────┼─┘
                           └─────┘
                            ┌───┐
                            └───┘
                              ┌─┐
                              └─┘
                               □


102 :◆vsQyY1yD2Q
  ./三三三三三三三三/
 /三三三三三三三三,'
ェ´、_  `゙''テ_三三ヨ7
三三三≧ェ、   \ヨ7
三三三三三≧=、  .7
:__:::::::/  '、`゙''ヾ三≧_
ィ ヽij'   ●ヽi/、__、三心
! ,         ヽ● i三三ヘ
ェュ、_ u    ′ i ̄ ̄ ̄   カブノールにモンスターが集まって……。
三ヨ7          i
三l7  ,- 、    从         孔明がいるのに どうして……。
三7、   ̄  . イ、_
三' ̄i 7=;:i´三三ヨi        いや、孔明が敵である証拠なのか……?
ヨ:::::::ヽ'::/三三三7
ヨ:::,--- 、三三三/ェ、         それにしては杜撰な……。
イ   ,  ヽヘヨ/三ヨi
   ,イ `ヤ.ヘ ヘ三三l|
 ̄   弋ヘ、_ノ__,)三ヨ/
ヽ--ー-、 ヽ`--'三l7



                 _,,:-''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''-、,,
               ,,r'' _            ヽ、
              ,f ,;ニ--ニ、            ゙ヽ.
              i' .;f     ゙ヾ、:::...         ヽ.
              i',;;;;;l      ゙ヾ、;;:;::.......   .,,;.:.:,;,;;;i
             i;;:;,i' |        ``''ー-ニ=-''"`'''i;:;:;;|
            {r'" j ,rニ''=ェ、,,_,  ,,__,,,,ニ--:、, リヾリ
            ,l,=イ|  ー゙モワ''''>i  ;`'''Z't-ァ~`゙'' ,|、;|.   こちらの調べでは
            i i''ヾ|       ''"l!  `ヽ  ̄   i;f''''l!
            | | ,ハ       l!         ,i ,; l!   カブノールは既にモンスターの支配下にあり
            ヽ、.ミi`     ィ l!__,i」,;;      ,i f ノ    人間は ほとんど残っていないそうです。
              `''┐      `ー'"      {,シ''"
                   ト、    ̄二''ー--    /!.        できない夫を発見したと言う報告は
                    |`:、      ̄    ,/'|       私も受けておりません。
               ,,|  ゙:、        ,/  |、
              ト-ニ'ー- ゝ、,,___/ -_''ニ-ri
              ,i'  ,、,>ー-、`ヽr''",二-<"_  ゙i、i
            _,,/   ,ij! r'⌒)`i. | .f"f"^i l.i'  ),゙:、,,_
          =''ニ辷`ー;´'゙ぃ, (.ノ! | :|、.) ノ ,ヘv/",, --ニ''-
          二-ー_ニ,,,、_-ゝミ、,,,_| .| :| ,/ノ-'"_.ー-、,,_ー-:、Z_
          -ー''"~    `''ー-、__|_,,, -ー''"      `'''ー-、


103 :◆vsQyY1yD2Q

         ,ィニニニニニニX
            |三三三三三|
            |三三三三三|
            |三三三三三|
            |三三三三三|
            |三三三三三|
.         __j,.  -----   L_
      <ニ斗<::: ̄::::::::-ト三>
        ̄ V>'´ ̄``> ̄     何と言う事だ……!
       ,. イ///////////,'>x
        \>'´/////`i<//
      _,. イ////////////>x_
     l´/////////////////////7
.    l///////////////////////l
    l///////////////////////,'!



                                ____
                              / u   \
                             //    \  \
                           / (○)  (○) し \  レイトンさん……。
                            |    (__人__)    J .|
                            \ u `⌒´     ,/


104 :◆vsQyY1yD2Q

             ,ェ≦三≧ェ、
            |三三三三|
            |三三三三|
            |三三三三|
            |三三三三|
           _,ィェエエエエェェェ、_
           テ三ミ'´・ j ・ ヾ气≧
            ̄ヘ_i   `    i_ノ ̄   殿下、『三賢者』 のヤン・ウェンリーからの献策があります。
              _ |  , --、 _,!__
         /ヨiヘ   ---' 7三≧,.   ロンベッタ軍に、敵を引き付けさせてください。
         ヤ三iテ≧---イ三三/
            7≧ミヤ--::::-フ三三三z
         i三三ヨ!::::::::::7三三三ヨヤ
        7ヨ三三i|:::::::::7三三三三ヨヘ
          jヨl|三三i!::::::::i三三三7 ヽ三ヤ



                                 `〃:.;.;.;.;'彡 .:y.:′ 〃.:.::彳 : `ヽ\
                                 V' ;' ,.彡' ,.:ッツ;;;;;;: 〃.:.:〃 .:    :`!
                                   /.:.::;ィ彡 ,yツ  .:.:. :. 〃〃  llト、ヽ .:.:.:::!
                                   〉ー=彡从ミミ =ニニ彡ノ 1!!::.:.: ミミミヽヽV
                                〈 ,.ィィイメ二,,_ヽニ二彡シ、、1!!.:.ミミミ`ヽV
                                     Vイイハ `¬i下''''tテz弌ミミヽミミミミミV
                                  `ヾ:::i   リ .:.:.      ノノノト川
                                    ハ.   ヽ _::.       ,イ.:.:ノノノ   囮になると?
                                   //ハ  _..._      ,.イ.:;.:.:〃
                                  /.ハミハ.  ー `   /,.イ.:.:::〃     危険は承知の上か?
                                  ヾ 'ミソノハ、__ ,. イ   )ハV
                                   _// `ヽ、\  、 _ノ丿〈
                               _ ,.ィ入く    /,r^ Y レハヽ.:l ト、、,,_
                                _ , .ィくヽ   `ヽ\ └' ノ1 i!l(└'.:://.:.:.:.:.:.:.:.
                      , .ィくヽ\ \\\ヽ    `ヽ ニニノ1 i!ト ‐'フ/  .:.:.:.:.:.
                     /⌒ヽ \」」 __」 」__」 L     `ヽ\1 |L //    ,rr
                     /     `、ー ── ─‐-、`ヽ     〉 / ⌒V〈    //
                       ,′    ',           \\((⌒)〈.   ) !i ((⌒V/
                    i        ',            \\ノ ム:::ニ人 ト、__ノ/
                    |       .:',            \ _二ニ `Y´,ニヲ/


105 :◆vsQyY1yD2Q
                  .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
              . _ ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
            ,ィ.´:::::::::::|/``‐-、_ : ::::::::::::::::::::::::::::::::|::::ヽ
             {::::::::::::::::::|////////////////////|::::::::::::ヽ
             \:::::::::::::::::..ゝ、 _///////////////|:::::::::::::::::l
             ` ォ、 _:::::::::::::::: `ー ─── ´::::::::::::::::::::::::::ノ
              {  |::/‐- 、 __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ィ ´
               .i   |イ        ̄`  ̄ ̄ ̄::::.! ´ |
                ゝ _|   ●   l   ●   l::!   ノ    モチロン!
                 .,ィチ|        |       ├ "
            ..ィ////|         (          ト、      ですが、孔明が敵であると仮定した場合
             |.ゝ///|                 |//ヽ
             |:::::\/|                 |//ノ|    我々に対して最も有効な戦術は
             |::::::::::::`a、            _____.|/:::|.     かつての仲間同士を戦わせる事でしょう。
             ヽ::::::::::::::::|   `───'   |::::::::::::::::/
              |:::::::::::::::|、            ,|:::::::::::::/     もし、取り残されている人がいるならば
           _______〉:::::::::::::| :` 、      ィ 7:::::::::::〈_____    彼等が我々の前に姿を現すはず。
          /::::::::::::::\:::::::::|: : : : :`ェ ー ェ: :´: :|:::::::::/:::::::::ヽ
         .|:::::::l::::::::::::::\:::|:\: : : :ヽ /: : : :ィ|:::/::::::::::::::::::|
         {::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : V: : : : : /:::::::::::::::::::::::::::}
         .{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} : : : : : : : : : : :|::::::::::::::::::::l:::::::::}
         |:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : : : : /::::::::::::::::::::|:::::::::|



                 _,..-- ー─── -- -、_
                    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  __i` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'i__
           ィ ´:::::::::::::::::`ー ‐− ── − - =チ::::::::::::::::`ヽ
           ゞ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
             ` ー .ォ ──────── ォ='''"~´
              ィ⌒|/   ●  l   ●  `γ ヽ
              {  |      (          |  }    危険はありますが、これこそが
                 ゝ-.|__.            |__ノ
            ィ⌒ ̄.ヽ゛:::::::|              ト、     皆を助ける最適解なのです!!
           イ      }::::::::| r───‐    |:::::::::::ヽ
         /{ ゝ、.     ノ:::::::::| ゝ    ノ    ノ::::::::::::ノ
        /:::::〉     Y´ |:::::::::|    ̄ ̄   _ ィ:::::::::::/
      /:::::/ .、    レ \::::ト、 __  ィ >::::::::/
        {:::::{   \  /    .)::::::ト、  ,-ーチノ/::::::::ヽ
      {:::::{ 、   X       ノ::::::::| ∨    ./::::::::::::::ヽ
      ゝ::ヽ_\.ノ:::::\___/:::::::::::|      /:::::::::::::::::::l
       \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      /::::::::::::::::::::::l
          ` ー -、:::::::::::::::::::::::::::::::::|    /:::::::::::::::::::::::::l
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::|    ./::::::::::::::::::::::::::::l
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::|   /:::::::::::::::::::::::::::::::l


106 :◆vsQyY1yD2Q
          ,f"                            ゙l:、
          ,f"          ヒ,,__;:-'" ノ 〃          小 ゙l:、
          { i /ノ (   〃   、_,,,二ブ     }, , i       |小 .,}
          i; y/   ゞ    彡 ),/,ィ',イ,/   ノ,ノ,|; i;      :l | |l,i'
          7 ,;f 〃ゝミ三彡,ノ,;イf ゙v' (/〃'彡'彡ッ'゙いミ:、 :i   ヘツ
          ,{ ;{  ,,  _,;f"ー-ニ,,,__  い'''" ̄"__,;:=-‐'''''i; :| ミ:、 :トァ
         ..゙i、 {  ,i',i'.,k" -─モ・ナ=ミヽミヾゝ::-=ニモ・テ'ーァ''ソ人 い ゙li
           `'ン { レl小     ̄    ゙ `  `  ̄ "  ̄ノ,ト、 l i ,ノ   良かろう!
            '{ :、V、゙:|{゙i         l ::.         ,;{ソノl ツ,ノ
            ゙i、l、 ゙ヾi゙l;          l ::::..       ,i'ィ'" ム'"     ならば、囮の任務
             `:ゝ、 ゙ミi        、 ,,;::''      /f'{ il(,
               ,ソノ ,∧    ...._____..____.....    /〃) )i       見事 果たしてみせよ!
               (:i| :;i _l゙、     .,,,__,,,...     /|〃〃'"
                ゙i|ヘ,,ニ| `:、          ,r'":l ミL_
                 ,f '、,,  ゙ヽ、     _,,r''"_,,;-'二l''"
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__          j_,f゙''-ニー-ミニ====ニ彡'''":-''"l |        ______
   __,ィ''''" ̄ヽ          ,} ,i`i ,r'二`''ー:、`Y",;='ニ二ミ、 f''"i      ./ ゙̄'''=;zL___
 ̄ ̄ ゙li   _,,,L---r‐r--f"ゝ{. ゙ナ'"  `) | | .l| f"  イ、_j.l^;>-ニr:,,,∠,,,,,,__   )
     'li_;;<     i、 i、 ゙ヽ、゙ヽ、,,,,__,,.ノ .l . | :| ゙-,,_,,ニ=''"ノ ̄ フ,ノ─  _,,>、 /
'''""l" ̄l  、゙''ー-:;,,_  ゙i、゙i、  ゙ヽ、 ミ-ー'"j :| .l゙''ー-;ァ ,/   ノノ_,,ニ-''"  >゙'iー┬‐┬─
. 彡| 彡|  \    ゙''ー-ミ_ヽ   ゙ヽ ゙ヽ,r''",,='=、ヾ、,r' ,r'"_,,:ニ-ー" ̄   _,,,r''"  ト 1  1




            , - −  ̄ − - 、
         |`−-- ____ --−´|
         |          |
         |          |
         |          |
         |          |
         |          |
         _ -|`−-- ____ --−´|- _
        i´   `−-- __ --−´   `i
       `−--___    ___--−´
          i´| ● ̄i ̄● |`i     ありがとうございます、殿下。
.          `|    i'´     |´
           |   `      |
            `   ー−'  イ
              `−-−´


107 :◆vsQyY1yD2Q

                      ⌒ ー-、
                /         、_}´`ヽ
               /         ⌒ヾ'r'   \
            、_ノ        i   rミ、   、 }
            フ ノ ;  i  _ノ;   ( {ノ:;   乂
            ( /;//  ノ l l フ′;}   Y /  ! \ヽ
            }'//; ; < ノ} }八 (/ /;  ){! { ト-ィ )ノ
            ∨// / イノ厶、_V∨/ /__乂ヽ‐ァ (
            {〃八 /(_たtッ‐≧{/(f'tッ ラ イイ{ ト
             V {ヽ(ヘ(´     ′{    ノノ/ノ    ロンベッタ軍への対応はケスラーに任せる。
                ヽ乂 `Y       |    イイ/´
               _ )ノハ、     ー '   /乂_      何かあれば報告せよ。
               7/ | \  ´ ̄`  ,イ)ト- `
               Y(ー、  ヽ    /|Vノ
                    _ハ} `ーぇ≧、r'彡イ{、    yx───-   _
        -─-x、  ィ代 ト、_)Yr‐、Y|!| r‐(ぅ)ー‐rく  \_____
  ─ ´      ノノ}くヽ  `ミx〈_ノノ{[ト`¨゚/  / ノノ\ |
|ヽ_    ─   ´ ̄ 人 \ー==ミヽ\/r=ヽ{ レイ彡'゚丿 「::「::「T‐r-r-r‐r‐
| |        ィ个|::|\   ̄`ーx)__}! | } |> ´ /   |:::|:::|::|::i|::i|::i|::i|
|ヽト─r::T::「:「:|::|: |: |::|::|  \       ̄ ̄   ̄    |:::|:::|::|::l|::l|::l|::l|



                               ,r'´.: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、
                             /;;;:;:;:;.:.:.:、ヽ、 、::.:.:.:.:..:.:.:.:: : :\
                            ,r';;:;;;:,rヾゞト、.:\.:.:、ヽ、;:;:;:;:;::ゝ,:.:.:.:`、
                            l;;;:;::イ   ``ゞ, `ヾ;;、,,;;::、;;:;:;;ヾ,`ゞ;;l
                            l;;;:;::,j     `ヽ、ゞ、.,,_ィニニ、、,,kゞ:;;j
                            |;;;:イ!        `ー-‐'''´   `i、,;;;:|
                            ,!'ィイ   ` 、         _ _   ミト、:!
                            Y彡 "`ニ=;、、_,  _,ィr=ニツ´`  ミミト!
                            ,!ヾj  ,ィモテ'´ヾ! ´ヾチモz     ト,fr,l|
                            !`Y       ,   l   、        Y k,!  了解です。
                            ゙、,!l         |         ,j'1/
                            ヾj、      l           イソ   ヘル・ニュー速で
                             `i     `ゝ-'"        ,!′
                              l    _,,、、、,,_    ,イ      面識があるようですし
                                ト、  ´ -‐―- `    / |     ご協力願えますか?
                                l \           /  |、
                              ,fゞ、_ \      ,ィ'_,、-‐゙´i、
                             /   ̄,ニニゝー―‐''゙ゞ'´    ,レ、
                            ,/`ゝ、,.,f´ ̄ヾ`Y彳 ̄ゝ、  _,r'´ ,!\
                         -‐'"´〉-、 lkj、  ,/l l ,l   lil‐'´  /、/`'ー-、,_
                         -‐'"´  `'ー'-、_ノ ,!,lil ゝ、 ,ノ人 ,ィ'´  ``ー-、_



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |  分かりましたお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ        ィヽ    それでは一旦、やる夫達の宿舎の方へ。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


                             ┌───┐
                             │      │
                             │      │
                             │      │
                             │      │
                             │      │
                             │      │
                        ┌───┐   │
                        │      │   │
                        │      │   │
                        │      │ ─┘
                        │      │
                   ┌───┐   │
                   │      │   │
                   │      │ ─┘
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   │      │
                   └───┘


108 :◆vsQyY1yD2Q
【 ニュー速で軍 宿舎内 】    | :. \\.|   |.\\ :l  :|  :|   :|  :|   :|   :|
_|────────────┘::..   \\ | | \\  :|  :|  〈二二二二二二
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;              /7 \      \\.|   |.\\ :|  :|   ||      ||
 |;;;;;;;;;;;;;;;   l|  三三  ∠>//|l  \      \\ | | \\ ..:|   ||      ||
 |;;;;;;;;;;;   ||==============||::..   \      \\.|   |.\\:|   ||======||====
 |;;;;;;      ||┌─┐ 日巛□ ||::::::..    \      \\ | | \\ ||      ||
 |;;;;      □============□::::::::::..     \      \\.|   |.\\_、    ||
 |;;                :::::::::::::::::::::::      ...::::\      \\ | | \:」二二二二二
 |            .<二二二> <二二二> <二二\      \\.|   | l  :|   :|   :|
 |         ...::::::| :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l゙\      \\ | l  :|   :|   :|
 ̄|_______.::::〈 ̄ ̄ ̄_〉〈 ̄ ̄ ̄_〉〈 ̄ ̄ ̄_〉_:\      \\.l_:|__:|__:|_
_|::.. 「 ̄ ̄|     | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:|  ̄.\___\_」
    ,.|__:|___.、 「 ̄| ´ ` ̄ ̄ ̄´ ` ̄ ̄ ̄´
   (___ ___) |  i|      (  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ )
    |l ̄ "l|||      rー─i|       ` ̄ ̄`||´ ̄ ̄´
     __||__  |! ̄`l|         __||__
       ` ̄ ̄ ̄´                  ` ̄ ̄ ̄´


              >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:.、
              ,.:<::::::::::::/:::::::::::::::::¨l:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ャ──`
               ̄フ::::::::/:::::::::∧::::::::|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  /::::::::::|:::::::::/ V::::::|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::ヽ
              /イ::::::::|:::::::// V:::::|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム\::::ヘ
                 レ'ヽ|::::://│ V::|:::::::|ヽ:::::::::::::::::::::::::::|、:::::} ヽ:::}
               イ_,レ゙〈__,,ノ  ∨::::::ト i}:::::::::::::::::::::::::| l:::::::|  ヾ
                  |   `¨¨   /::::::/  j::::::::::::::::::::::::::| l:::::/      てめぇ、レイトン!
                VVVi     /::::::ム_ノ:::::::::::::::::::::::::::l j/
         「{_____/\____|   /:::::::/  |:::::::::::::::::::::::::::::/         どのツラ下げてここに来やがった!?
        〉    ./〃//\/|  /::::::::/   l:::::::::::::::::::::::::::ム
         〈rー─--{ l∠ ヘ._/| /:::::::::/    マ:::::::::::::::::::::::::::`ー一'::/
.          `ニヽヘリ¨\|∨′:::,ィ´ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                     |:::::/        \::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                     |:::::|            \::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /|:::::|             \:::::::::::::::::::::::::::ヽ


109 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /_ノ  ヽ、\
    /( ●)  (●).\      落ち着くお、やんねえ香。
   /   (__人__)  u. \
   |_ _.    `⌒´      |_    レイトンさん達は、ラインハルト王子に降伏してきたんだお。
 n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)
 ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
  {    〈         ノ    / ムニュ
 ..i,    ."⊃    rニ     /
  ."'""⌒´       `''""''''
                       ャ=──―- 、   ヾヽ
                    ., - ────≧::::::::::::::`ヽ、}:::i
                   .,´二==-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::ヽ:::::::::::::`ヽ.
                /::::::/::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::|:::::::|:::::::::::::::::::::ヽ
               /,ィ´:|:::::::l::::ハ::::::::::::/ .,イ ̄::::::|:::::::|:::::::::::::::::::ト::|.
                |:::::|:::::::!:::::::!:::::::::/! | ,ィ二寸::::::|::::::::::::::::::l
           { {    |:::::|::::::l乂ハ::::ヾヘ才云心ヘリ:::::::!ヽ ::::::::::::l  } }
                l::::/|:::::iィんハ\! 弋j孑'"  |:::::::| ll:::::::::::::::!
                 .'./:::|::::ヘ弋,タ.'     //// |::::::|/ ::::::::::::::|   ひゃぅん ♥
                 ハ:::|:::::::::i//ヽ   __,.   .|::::::|::::::::::::::::::l!
                  .`!:::::::|l u   く    i  ij |::::::|::::::::::::::::::|!
                    |:::::::|.ヽ、   `ー- ′u .|::::::|::::::::::::::::::|l    ゚ O
                  .|:::::::|:::::::  、_  ィ  _|::::::|::::::::::::::::::!|
              O ゚   |:::::::|:::::::::__ソ7:::弋 ̄ |::::::| ̄ ̄`ヽ.入_ノヽ
                  .,|:::::::|""¨./ {ヽハ:::::::,ヘ、,.|::::/ヽ    ヽ.:::::::::::::::)
                 / ヽ、::|  / {  {::::::}  |:/  ヽ    .\:::::::<





                 ,ィ ,イ/⌒Z__
                 ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧  そーいうのは後にしろ、後に。
                /:::ノし::::::::u:::::::::::::::::::`ヽ      ___
              ∠::::::::⌒::::::::::::::::::::::`l::l::::::::丶  :/(≡)^ ヽ\:
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|:::ルリノ:/  (_  (≡) \:
               人λ:::::::::::::::::::::::::::::i.):|  .:/    /  ヾ__)⌒::: ヾ:
                 |:::::::::::::::::::::::::::::l///  :i    ー-'´  u;   ノ:
                 |:::::::u:::::::::::::::::::| |::|    \ヽ 、  ,     /
                  、ノ::::::::::::::::::::::::::::::しi:|  / \-^^n ∠   ヾ、
                ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::;<ノ   ! 、 / ̄~ノ __/ i:
               //:::::::::::::::::::::::::::::::} .`ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ
                 / /:::::::::::::::::::::::::::::::ノr、  ..\ /  ./   ̄ ̄ ̄/


110 :◆vsQyY1yD2Q
  ./三三三三三三三三/
 /三三三三三三三三,'
ェ´、_  `゙''テ_三三ヨ7
三三三≧ェ、   \ヨ7
三三三三三≧=、  .7
:__:::::::/  '、`゙''ヾ三≧_
ィ ヽij'   ●ヽi/、__、三心
! ,         ヽ● i三三ヘ
ェュ、_ u    ′ i ̄ ̄ ̄  やんねえ香、すまないが その話は後にしてくれ。
三ヨ7          i
三l7  ,- 、    从        カブノールに第二のバラモス城ができるかどうかの瀬戸際なんだ。
三7、   ̄  . イ、_
三' ̄i 7=;:i´三三ヨi
ヨ:::::::ヽ'::/三三三7
ヨ:::,--- 、三三三/ェ、
イ   ,  ヽヘヨ/三ヨi
   ,イ `ヤ.ヘ ヘ三三l|
 ̄   弋ヘ、_ノ__,)三ヨ/
ヽ--ー-、 ヽ`--'三l7



                        _
                ,x=二二>、.`ヽ`ヽ、  ト、
               ,x-───≧::>、i:::::::`ヽ、ヾ::ヽ
            , <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ|::::|
          ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::>、
            >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::ミ`x
           /::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::ヘ::::::::::::::::ヘ
          ./:::::::::::::::::|::::::|:::::::::ハ:::::::::::::::::::|ヽ:::::::|::::::l:::::::::::::}ヽ}
         /::::::/:::::::::::|::::::|:::::メ、 .ヾ:::::::::::il:} .,メ;:|::::::|:::::::::::::l
         {::::,イ:::::::::::::|::::::|:/_____ヽヽ::::::/ リ∠___ |::::::|::::::::::::::|
         l:/ l:::::::::::::|::::::|,'l { ト;ハ` .ヽ/ '´‘;!iメj }.|::::::ト、::::!ヘノ     バラモス城……?
           .ヽ::|\:|::::::| ヾ` vソ      Vノ |::::::lリ::::|
               |::::::{ヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::::|::::::l       ろくでもねえ事が起きてやがるみたいだな。
               |:::::::トヘ、            ,イ.|::::::|::::::|
               |:::::::|:::::::ト、   ⌒    ィ::::::|::::::|::::::{       仕方ねぇ、今は勘弁してやるぜ。
               |:::::::|:::::::::::::::ト  __ , ´ |::::::|::::::|:::::::ヽ    ノi
          .iヘ   ノ|:::::::|:::::::::::::ハ、    /∨::|::::::|::::::::::ゝ--'"::ノ
          ヘ::`--'":::|:::::::|::::::::::/  ヽ__/    .};;;{::::::|;;;;;;:::::::::::::/
          冫::::::::::::|::::::ムィ'"{ヘ , /ーヽ  ./} .|::::/   ̄`ヽ\
           {::::/ ̄ ',:::://  .{ ヽ∧:::::∧/  .}..|:/ヽ      }::::}
          {:/     ',//  .{   .{::::::}    .}./  ヽ    .j::::}


111 :◆vsQyY1yD2Q
                   ,r'゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ,
               ,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙ヽ
               /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,r''"゙`ゞ、.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.゙i,!
                 j''''''''''''''''''''''ノ    ``ー-、、、.;.;,::,!
                 |,,,,,,,,,,,,,,,,,,イ          ``リ
                i:;:;,r-、:;:;,j,゙ー==-、、_,,  ,、-= |
               レ' 个 V  `ヾtェテ''´ ,イtェ、 .!    急ぎ話を進めましょう。
              〈;:;ヽゝ ,         `i   !
                 ヾ;:;ゝ  `,      ,、 ..」  /   まずは ロンベッタ軍が どれだけの兵を動かせるか
               ,イY                 /    教えていただけますか?
             _,イ  ヽ   ヽ    -=ーァ /r─、
       _,、、-‐''"´.:イ ,!   `、  \.   ´ ̄  /ri─-i、r、
  ,、ィゝ"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、!    \.   \ _ ___,イ ゝー-、 ヾ!T''ー、、イ二三三ニ
´ヾ  `ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ、     `ヽ、  フ,イ/ ,r‐'ー‐-'ヽ ヽ.:.:.:.:.:!i'´::::‐- 、::::j
  `,    `,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゞ、 ,丿)(``ヾ Yイ,r、) ,ゞ-─一    ,!.:.:.:.:||:::::``ヽ::ヽハ
゙、  !    !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    イノ! ,!u/ /ゝ-、    ,' |.:.:.:.:,!!二ニヽ::::::::イ、
 l ,!    !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''ー- ' 」 レ/.:.:.ヽ `     |.:.://i``ヾ:::::::`::,::::,!
 ,! !    |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,,.、-‐''"``丶、.:.:.:.:\     !/,イ ,!::::\::::::::::::::::〉
 ,! |    ,!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,,.、-‐''"     ,イ⌒ヽ ``''ー-ヽ    Λ ヾ!!::::ゝ、:::::::::::::::,!



                                        ____
                                    r─ ´:::::::::::::::::::::::::::::`:::ヵ
                                    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                     レ<´  ̄ ̄ ̄ `>.、|
                                     |__,..-ー───‐-、._|
                                 , ィ''"´:::::::::::::::::_,..-─-、._::::::::``....、
                                 ・ 、:::::::::::r ´  \レー 、: : : ヾ:::::::"ノ
                                     ̄ | ●         }: : : :|  ̄
                                        〈       .__ノ: : : :ヽ      そうですね。
                                        |         |、: : : : : : :}
                                        |   ____| ヾ: : : : : l     現状では ――
                                      /|─' |::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`l
                                   |:::::|   .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                   |::::: `ー. |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                   |::::::::::::: 〕|::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                       |::::::<´ |:::::::---------<
                                       >::::::::_レ´:::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                      <::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::γ⌒ヽ
                                        |::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::}
                                   ヽ::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::|
                                       |::∧::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::|


112 :◆vsQyY1yD2Q
 |;;;:::', l::::;;;;l':::::::::;;/´ ::::::::::::::::::::::::` ヽ
 ';;;;::::',i :::;;;::::::: '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
_,,..ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: `ヾ´
;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ゝ
ォ :::: f´ :::: f :::: ,ハ::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::::: ヽ
/::::::::|::::::::::|: :メ  ', ::::::::::::::: ,ヽ ::::::::::: ヾ:::::::ゝ
::::::::: |::::::::::| ,t=≧、レ!:::::::::,.' ,ヘ | ::! :::: ',
: :, -!::::::::::||`:::::c'′ l ::,'i,',ィ斥 .'! :|:::::::::i
: :! r‐!::::::::: |l 弋:ノ  レ′l :::c' }.| ::|:::::::::l
: :l ヾ.|:::::::::::|         ∨:ノ l,! ::| ::, ::,!   ところで、ダンナ。
:: :丶.」::::::::::|     ゙'     ,' :::,'. ハ,.'
::::::::;;; | ::::: l.|             ,'/ :;''´      さっきの話、ちょっと おかしくねぇか?
::::::::;;;; | :::: li.l.fヽ. _ _     //i:::i
:: ;;;;;;;;; | :::: |il.} l、_`,..-''"´ `>l
: :_,..''"',:::: l.ノ `.' ´  ,.. ''"´! ハ、
´   ', ';:: /         〉:::::::::::l' :::: `ニ=-
.    ', ',.l       〉:::::::::::::::::::: `ヽ
.    ',_ノ        〉\:::::::::::::::::::::: ',
  _,..'    _,,.. .-‐'   \::::::::::::::::::::',
ヒ´     ./´!::::|.       ヘ、_ ::::::::::: i
.     , '  .|:::::|        `,::::::::;.'
     /   .|::::::|.       ', ',:: /


                                      , -‐‐‐- 、   .━┓
                                     /   ―   \   ┏┛
                                    /   (●)   \  ヽ  ・
                                    |  (⌒  (●)   l    おかしいって何がだお?
                                    ,\   ̄ヽ__)    /
                                   /        _,/
                                  .|            `i


113 :◆vsQyY1yD2Q

         ,  , イ  , ─- z
       // /::://::::::::::::≦ 、
       {::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`Ζ 、
       `>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,<:::f´f:::::::::::::::::::::::::::::::::::: `l::`l:::< ̄
   ∠::::::::::::|:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::l:::::::ヽ
    /:::::::::|:::|::::::::::ハ::::::::::::::ハ:::::::::|::::i::::::::::ヽ
    iイ:::::::::|:::|:::ナナ弋:::::::::ナ弋弋|::::l:::::::lヽ:|
     弋l::::::|:::|:::.ノ,.  .∨::リ ,...._ヽ::|::::l:::ソ   いや、もう一個 バラモス城建てるって
      レl:::|:::|l"弋ラ``∨ " ヒラ`.|::::l:::| 
       |::|:::| ''''    .   ''' ,!:l:::l:::|    ボストロールも魔王になるワケ?
       !::|:::|`ト    ,、  , ':::::|:::|::|
        l:::|:::|:::::::`r 、_ , イ:::::::::::|:::|::|    バラモス押しのけて 「てっぺん取ったる!」 って感じなのか?
     ゝノ::::|:::|::::;::/--ァ-ォ-ヽ::::::::::|:::|:乂
     冫::::::|:::l / | `ソ,:::::::>,ノ|ヽ、.|:::|:::ヽ,
     /::..,ィ'∨/ .|   |::::|  |  `∨`ヘ::ヽ、
     /:.::{ / /  |   |:: |  |   ヽ  ヽ::ヽ


                                  ____
                                /      \
                              / ─    ─ \   いや、そう言う魔王軍内の
                             / -=・=-   -=・=- \
                             |      (__人__)  U |  抗争とかじゃないと思うお……。
                             \.     `⌒´     ,/


114 :◆vsQyY1yD2Q
     ,.:<::::::::/:::::::/ミヽ:::::::::::::::::::::::::::ィ三ヽ::::ヽ:::::::::::::::::;:-─::'"
    ./:::::::::::::::::|::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::|:::::::::::::ヾ
   ./ィ:::::::::::::::::::|::::::::|:::::/ヽ:::::::::::::::::::::::/ヽ::::::::|::::::|:::::::::::::::::`ヽ、
   .ソ.{:::::::::::::::::::|::::::::l:::/  ヽ::ノ/::::{,イ´¨弋::::|::::::|:::::::::::::::ヾ ̄
    |::::::::::::::::::|::::::::|/ 二ニ¨ヾ:::::::::::/_.z=ミ、ヽ|::::::|::::::::::::::::::ヽ
    レイ::::::「ニ|::::::::|7´ ,rcヽ ヽ::::iリ7=c、 ト、|:::::|:::::::::::::::}ヽ!
      '、::::|ト |::::::::ト.  ヒツ   ∨  ヒツ ノ´,|:::::ト、:::ノレ゙   じゃあ、なんで んな事やってんだよ?
         |:::ヽ_|::::::::| ` ー ´    l  ` ー'  /|:::::l ∨
         |:::::::::|:.::::: ! u       !      /:l::::::|        そんだけモンスター集められるんなら
        ノ::::::::::l:::::::::|ト、   ____,  .イ:::!:::::|
    /´ ̄‐ミヽ|:::::::::|:_.ミi.. ゙ー―‐ '´/:::::::l::::::|        こっちに攻めてくりゃ良いじゃん。
   /      ヽl:::::::::! ヽ\> _,. イ:::::::::::::l::::::|ヽ   ,.イ
  { ___    l:::::::::! ヽ ` - _トく::::::::::|:::::|:::::`ー'´::/
{ ̄_  --―   |:::::::l  ヽ   ,r‐.、{ヽ:::::|:::::|::::::::::::::::/
´-‐    ̄ ̄ ̄   |::::::トヽ   ヽ /ヽ:::.:l!//、|:::::|--――- 、
 __          |::::::| i\  {- 、 Y:ヽヽ |::::|\     ヽ


                       ___
                     /ノ  ヽ、_ \
                    /(●) (●.) \    言われてみれば確かに……。
                  /  (__人_,)    \
                  |  l^l^ln ⌒ ´        |   自分から正体明かすような真似をしたのも変だけど
                  \ヽ   L         ,/
                     ゝ  ノ             それだけの戦力抱えて動かないのも変だお。
                   /   /


115 :◆vsQyY1yD2Q
                       i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
                           i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: : i
                       i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: .i
                      i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: i
                          i_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _...i
                       i  ̄    ‐‐--‐‐     ̄  ├‐‐-. .、
                ,. . -‐: :  ̄ i                 i: : : : : : :`
                   〈: : : : : : : : : : `   ‐‐--------‐‐‐: : : : ´: : : : : :_ : -
                 `   ‐-     _: : : : : : : : : : : : : : _  、....-t‐ ´
                        i     ̄ ̄ ̄ ̄     ヽ:::::i     ふむ……面白い話をしているね。
                           i´|  ● i      ●    ∨ `、
                           ヽi    ,.'                /    少し情報を整理してみようか。
                          |    `               ,イ-、
                      /: :|               i::;'/i   カギとなる情報は三つ。
                     /: : : :.i   _      _...      //:i
                    、ヽ: : : : 、     ̄  ̄    __. .</: : :|    三つのヒントでナゾを解いてみよう。
            ___       ∨ ‐--. 、. .、      / ̄-‐ :´: : : : : : :|
       __ i< ´    ̄ `ヽ、   ∨: : : : |: : : ` :┬---‐ヽ: : : : : : : : : : :.|\
.     〈 、-|     ̄   ̄  ´i    ∨: :..:.|: : : : /i   _,.i: : : : : : : : : : /: : :`
      ヽヽ-、         /     〉、: : |: : : :i 〈 ,-‐´ ./: : : : :_ : -‐: : : : : : :
   //´  /ヽ       /   /: : : :..|: : : :.i  i i  /: : : :´: : : : : : : : : : : :



            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │  三つのヒント?
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |


116 :◆vsQyY1yD2Q
           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           .|: : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       . _ ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     ,ィ.´:::::::::::|/``‐-、_ : ::::::::::::::::::::::::::::::::|::::ヽ
      {::::::::::::::::::|////////////////////|::::::::::::ヽ
      \:::::::::::::::::..ゝ、 _///////////////|:::::::::::::::::l
      ` ォ、 _:::::::::::::::: `ー ─── ´::::::::::::::::::::::::::ノ
       {  |::/‐- 、 __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ィ ´
        .i   |イ        ̄`  ̄ ̄ ̄::::.! ´ |
         ゝ _|   ●   l   ●   l::!   ノ    一つ、ボストロールには自ら化けの皮を剥がしてでも
          .,ィチ|        |       ├ "     モンスターを集めなければならない理由があった。
     ..ィ////|         (          ト、
      |.ゝ///|                 |//ヽ     二つ、カブノールの地に彼等が動かない
      |:::::\/|                 |//ノ|.     或いは動けない理由がある。
      |::::::::::::`a、            _____.|/:::|
      ヽ::::::::::::::::|   `───'   |::::::::::::::::/     三つ、王宮から姿を消したイエローオーブ。
       |:::::::::::::::|、            ,|:::::::::::::/
    _______〉:::::::::::::| :` 、      ィ 7:::::::::::〈_____
   /::::::::::::::\:::::::::|: : : : :`ェ ー ェ: :´: :|:::::::::/:::::::::ヽ
  .|:::::::l::::::::::::::\:::|:\: : : :ヽ /: : : :ィ|:::/::::::::::::::::::|
  {::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : V: : : : : /:::::::::::::::::::::::::::}
  .{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} : : : : : : : : : : :|::::::::::::::::::::l:::::::::}
  |:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : : : : /::::::::::::::::::::|:::::::::|
  ri::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::| : : : : : : : : : |::::::::::::::::::::::|:::::::::|
  |:::::::::::i::|:::::::::::::::::::::::::}: : : : : : : : : :|::::::::::::::::::::::|::::::::::\


117 :◆vsQyY1yD2Q

                 /三三三三≧x
                     l三三三三三三i
                 l三三三三三ニ斗
              >zニニニニz-=ニニ|
.              ,イ三三三三三三三≧f
            {三ヨ才 。 l   。 ``寸三ム
            `寸j   :,′       Vィ'斗             三つのヒントから導き出される答え。
              i   ヽ       :'j ノ'         /``V
                |   r==ニヘ   x-イ       /   i    それはズバリ、イエローオーブ!
                l   L ===-‐' ,K //        _!   人
              __八      /:i:i:i\__    / ` :-イ
              V:i:i:i>-x _./:i:i:i:i/:i,ィ:i:i:i>-イ'  /      ボストロールは何かしらの理由で
              l:i:i:i:i/: V: : /:i:i:i:イ:i:i/:i:i:/:/ / -‐  ̄ヽ
             ./:i:i≠: : :,イ<:i〃:i/:i:i:y:i:/  l;:.' i:.ヽ_:7   j`ヽ  イエローオーブを動かせない状況にあり
          ,.イ:i:i:i/: : : :/:i:i:i:i:i/:i:i:i!:i:i/:i_/ィ y  ト-、7  ./  lt
          ./:i:i:i:i:/: : : :/:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:|:ir '´   /l⌒`'´:::':,_/  / l.  それを守るためにモンスターを集めている!
          l:i:i:i:i:7: : : :.j:i:i:i:i,イ:i:i:i:i:i:i:il!:i:i>-<三≧xー '::::、 _./ /
         }:i:i:i:i7: : : : :l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:寸三三≧x--<
          /:i:i:i:/: : : : :.l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ:i7>=、__:i:i:i:i イ
       /:i:i:i:i:{: : : : : :l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7      ̄



  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
  _)                                                (_
  _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
  _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
  )                                                (
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
:::ミ:/ ,,..__ ゙     ~~´  ゙ミミ! '"';:' ;'::'゙:゙::;゙ fミ ノノノ/ili!ヽ::;, /`ヾ .: :.:..:: ミ、
:ミ:/  u  `ヽ、  ゙ , ;, ,; u u゙ミi  ,. ,. ,, ., ., .:i -..,ゞ、ノツソ ,.ヾ;i ,.,  ,..,,.,.   ミ
:/ u    ,.-一‐ヾ 、_;,.;,.,; _,,,;;-'''i/メ、ノノil!))ヾ、 .i ゙;._f5゙`ー;:,.'e-゙:!,.ゞ、_ソツノ;,ヾ;;ヾ゙
     '´  (・) `ー=t"r.` ./;'"r。゙ーt ,;-='´iu""._ u ゙ゞ゙ー' i.._G_,゙;:/t'a`i/i
  u   ゙ー--一,,.::  トー--'::! ゙-一u i、,゚,,ノ.i,j ./" `ヽ. ン u.i、u__ノ´, ゞ、.ィ'
          u   ゙'ヽ ゙`i u ,.:‐-、 ;.ノ  i .i'.._ ゙ー-/  .ノ ./- 、゙7 u 丿
  u    ,.-‐- 、.._ τ/ u ! f--...___7 u丿.i、.:__ヽ / /ヽ. i、___,ソ ./
      /__   `゙ー, u  ノ、 i、 ゙ ゙̄/ ./ ヾー--',ィ'._   `┬‐'´; ゙ヽ
.、     /,,..._" ̄ ゙̄/  /  ゙ヽ二ニ/ ゙`ヽ.   `T'"  `ー、 .,;i  ;   ,イ
;;;;\   i    ゙: ̄ヾ./ /;;;゙、   i::: : :.    ゙i  .,;i  ';.   ゙i ノ  ;' ;/ :i


118 :◆vsQyY1yD2Q
                               ____
                             /     \
                            / _ノ   ヽ、_  \
                         / (○)  (○)   \  ナワヤさん達
                         |   (__人__)    u. |
                         \   |  |      /  王宮に残ってたんじゃなかったんですかお?
                         /    ⌒      \


            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
      i.    /          ̄l 7
      ,!ヘ. / ‐- 、._        |/
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /   ああ、会見が終わったから
      /`゙i         ´    ヽ  !   今から帰るところだ。
    _/:::::::!             ,,..ゝ!
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、     ____ 、  /    それじゃあ、また。
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
 .! \     `‐、.    `ー;--'´
  ヽ \     \   /



                           ャ‐-、ヾ¨\ }ヽ、
                        _ ≧::::`゙:::::::::ヘ}::::::l }ヽ
                      <:::::``::::::::::::::::::::::::::::::::∨:::ノ
                      <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                     <:::|::|::::::::;へ::::::::::;.へ::::::::|::|::::`ヽ
                      /::|::|:::; '゙_,ノ∨::/ ヽ_>、:|::|:::::ヤ¨
                      レ|::レ' ⊂⊃ ∨ ⊂⊃ !.|::|ヽi::}
                          |::| u            |i|::|ノ:N
                          |ハ          u |::|ノ   相変わらず神出鬼没だな、あんたら……。
                          |::`、   {_ ̄ ヽ    |::|
                          ト|::|ノヽ、    ̄   . イ:|::トイ
                       ヘ|::|::::::::::`iTァv'T爪::::::::|::|ノ
                          ,イノ:::::::::::( <|¥| > ∨:::::リヘ
                            {::::::::::::::::::::|〈| || | 〉 i:::::::::::::}


119 :◆vsQyY1yD2Q
                                ____
                              /      \
                             /\  ,_.   \
                           / (●)゛ (●)     \  でもそれなら筋が通るお。
                           |    (__人__)   U  |
                           \   ⊂ ヽ∩     <   たとえば、オーブを動かせる人間が
                             |  |  '、_ \ /  )   死んじゃったとか。
                             |  |__\  “  /
                             \ ___\_/


               |二二二二二二二二ニニニニ|
               |二二二二二二二二ニニニニ|
               |二二二二二二二二ニニニニ|
               ├---=ニ二二二二二二ニ=-‐|
          _  -=|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}=─  _
       rf二二二ム: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_/二二ニニノ
       `` <二二二二ニ=\====≠ニ二二斗 ´
            { ̄ 「    o       o   ̄|:::L_      そう、僕の推理が当たっているとすれば
.          ,.x≦ム             {      |ノニニiト、
.        ≠ニニニニ7           ノ       |二二ニ>Y   これはピンチであり、チャンスでもある。
          |二≧zz_ニ7                 |二斗≦ニ}
         Y二二二ニュ               |7ニニニ7   なんとしてもカブノールを取り戻すんだ。
        Y二ニニニi       ,. --- 、      |二二二7
.          Y二二二=|                 ,.i二二ニ7
      _ -=チニニ二二二i > .,_      _,.. < i二二ニL_
   「二二二二二二二ニニi   `` 、 ̄/ ̄    i二二ニ/二二ュ
    i二二二二二二ニニニi        ∨       i二ニイ二ニニ|
   .|二二二二二二二二二\     |.      i<二二二ニニ=|


120 :◆vsQyY1yD2Q
  /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ./:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::ヽ',
 :::::::::;ク::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::ヾヽ:::::
 :::::://:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::/\::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::ヘ ヽ::
 . //:::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|::::::/ ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  X:::::::::|::::::::::::::|.:::::::::::::i、:::::::i ヽ
 ::/ |:::::::::::::::::::::::::|::::r 、:::/ヽ:/  u.∨::::::::::::::::::::::::::::::/  / \:::|::::::::::::::|::::::::::::::| |:::::::|
 ゙. .|::::::::::::::::::|/|::::j '.::{  }     ∨:::::::::::::::::::::::::/ィf´ x=ミ、ヽ|:::::::::::::|ヽ::::::::::| |::::::ノ
   ’:::::::;イ:::::|| .|:,'  j:::i 〈 、    .〉、::::::::::::、、i!;イ .,x≪| ヾ! |:::::::::::::| }:::::::::| レ゙
     ∨:| |:::::|ヽ |l   {:::|l .i `ー-/  〉、:::::::::::jレ゙ィf弋__ノ   } |:::::::::::::|/::::::::::::!    ./i  でも、そうなると
    i、ヽ! \|:::::|:', ‘;::リ  辷ミx/   '  〉、:::/ ̄ ̄ヲニノ   .|::::::::::::.|:::::::::::::::ヽ_/::::!
    |::\__/,ィヘ|:::', ソ  ヽ__,/  .i .ノ `゙.ノ¨ ̄       |:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::/  マジでオーブがあるのか
    ∨::, ィ   |::::ヽ `ヽ       .L/  /         u /|:::::::::::::| ̄ ‐-- __:::::::::<
     .∨    .':::::::::i\ }         /  _.  '⌒ヽ   , '||:::::::::::::|       ̄    確認する必要があるよな?
     /    /:::::::::::L ヽ         ) ̄     .〉 / ,||:::::::::::::|
     .′   /::::::::::::::::/゙ヽ         ,ハ__.. イ '´  /||:::::::::::::|ヽ
    ノ    ./::::::::::::::/  /\         辷‐,..イ    /.j.|:::::::::::::| ヽ  /
   /    /::::::::::;イ   /  {      J  l::::::::::ノ|    / i |:::::::::::::|  ヽ/
  .l    /::::::/./   /  /` ‐-  ..   ./:::::::/ |   ./  .i |:::::::::::::|   ヽ



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  …………。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


121 :◆vsQyY1yD2Q
      ____
    /      \
   / ─    ─ \
 /   (●)  (●)  \
 |      (__人__)     |  もしかして、やまびこの笛の出番じゃないかお?
 ./     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /


           /:::::::|::::::::|:::::::::::;r、:::::::::::::::::::::::::;、:::::::::::::|::::::|::::::::::ヽ
             /::::::::::::|::::::::|::::::/ 、\::::::::::::::/, \::::::::|::::::|:::::::::::::::ヽ
             |::::;ィ::::::|::::::::|:::/   \∨:::::://   ∨::|:::::::|:::::::::ヾヽ:::',
             レイ:::::::|::::::::|//´ ̄`\∨://´ ̄`\';:|:::::::|::::::ト;::::! ヾ
            レi::/|::::::::|/       } ∨ {        ',|:::::::|ヽ::| }:::}
              |l.イ::::::::{   °  ,    .    °  }:::::::ト l::| jノ   それだ、ダンナ!!
              |:ヘ|::::::::|ゝ、    .ノ    ヽ    ィ'イ::::::|ノ:::!
             .ト、_/:::::!::::::::!ハ ミ三´ r   ̄ ヽ`三彡 ノ|::::::|:::::::ヽ_ノ}
              '、:::::::::::|::::::::|'" \__,|      l__./.``|::::::|:::::::::::::ノ
               >::::::::``ゝ;! .l/|.レ|     |ヘ|.|\l  |イ´::::::::::く
              Y::::::::::::::::::{三ミ}\| 」     |  |/{三ミ}::::::::::::::::|
           |:::::::::::::::::::|  |/ ̄`ヽ---― '´ ̄\|  |:::::::::::::::::|


122 :◆vsQyY1yD2Q

  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
  _)                                                (_
  _)  ナ ゝ        ナ ゝ  /   ナ_``  -─;ァ              l7 l7   (_
  _)   ⊂ナヽ °°°° ⊂ナヽ /'^し / 、_ つ (__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ o o    (_
  )                                                (
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
.
     / ミ:::,..::- 、::;;;ミミミ彡)             ./´.: .:: ~:. :.`゙ー=,
    !'"  ミ:::/   u`ヽ--、'k.、  ,..-一、,.‐--、,,_   i '.: .: ,,..,.,..,.. ドヾ   __,,,,...::-一=、
    i. ミ::/ ゙゙゙''ヽ、  u   iミ;!,.'";: .: .: .: .:. :: ド;'.  i _,.ァ='-ノノi!_、i    /.: .: :   :. :.ミ
  /',、ヾ ! u ,'"´r。`ヽ、_ :. _,,iミi ''  彡_イィiレヾi゙`  iヘi ゙--゚,..` t_;7!   .i .: ,.=-、ソiヾ、.,ヾ
  ゙i 'ヘ i:┘  ゙ー---.,,  ゙i''f..i ,.i.-./r'"r。ヾ、ィ;、゙!   ゝ. u .,.-、.,.ゞ. i   .r、:i‐i' ( ;) i-i;"゙i'
   .! ゙ヾ  u    "   .:ヤ''〈ヘォi u ̄,._ ト‐-!   ,,.ィ''ヾ ド--、 〉丿   ゞ_ u゙ー=、'.冫ィ
  _,__7‐'i     ,.:-‐-、.´/ .i,゙F'i   /__.゙ラ' ,..j_,,ィ'" i. .:ヾ.==-'/  _,,../i' .、(ー-7 ノ
;'";;;゙i.  i.    /`==‐-/  .ノ: i. \ ゙、__././  ゙、  :i. ゙' .:::`゙T´ i`ー'-、;,.  ゙、 ::゙ーr-'_´
;;;;;;;;;;゙i.  ,;\  ゙、-- 、.:/ /;,: : :゙i :. ;,,`ーr'´、.__   ゙、  .i.-、 ,.-i: .i   ゙i ;,  ゙、;::::i  ';,ー、
;;;;;;;;;;;;゙i. , ; ;;\  ゙二ニ'./: : : ;,: : :゙ト、 ;;::i: : :;,: :.ヽ  ゙、 .:i.   i :i    ゙i ;,  ゙、ノ  ;'  :i




           >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:.、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;、:::::::::::::¨l:::::::::::::|:::::::::::::::::::ヾ ̄ ̄
             ̄フ::::::::::|::::::「::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ/:::::::|:::::::::::::|:::::::::::::::;、::ム
             /:::::::::::::|:::::::|::::::/\ :::::::、_/_/ `<::::|:::::::::::::|::::::::::::::ム\:ム
          ./イ:::::::::::|:::::::|:‐/─‐\:::::|レ゙ =======寸::::::::::::|::::::::::::::::ム. \ム
            .|:;イ::::::|:::::::|:/=====: :ヽ{: :      ..|::::::::::::::|==ミ:::i!:::::}   ヾ
               .|::::::|:::::::|'     : : : : : :≧====.: : |::::::::::::::|  l}::|l:::::}
               .|/ヽ|:::::::|: : ==彡 ___ : : : : : : |::::::::::::::|   从 |:::′  お前ら帰ったんじゃねえのかよ!?
                 |:::::::l: : : : :   |     |     |::::::::::::::|_ イ:::/ jノ
                l::::::リ     |     |     |::::::::::::::|:::::::::|
                |::::::{       !      |     |::::::::::::::|:::::::::|
                |::::込、     ̄ ̄ ̄     |::::::::::::::|::::::::ム   .ノl
                |::::::::|:::`:ト...        イ |::::::::::::::|::::::::::::`ー':::::|


123 :◆vsQyY1yD2Q
                          _
                        \ヽ, ,、
                         `''|/ノ
                             |
                      _   |
                      \`ヽ、|
                        \, V
                          `L,,_
                          |ヽ、)  ,、
                         /    ヽYノ
                        /   r''ヽ、.|
                       |    `ー-ヽ|ヮ
                       |       `|
                       |.        |
                       ヽ、        |
                         ヽ、    ノ
                       _  ヤヽ l`ヽ、
                 , -‐  ̄ ̄¨‐-<:::``ヽ}:::::ヽ!::::::::', .∧
              / _     __ \:::::::::::::::::::::::::::∨::ノ
            /,--、      ,. -‐- 、 \::::::::::::::::¨l:::::::::`ヽ
             / .T¨T::::T    「 ̄i':::::.i  ヽ::::::∠{:::|:::|:::::::::::',
          /   i. '、::ノ   i  .'、:::ノ    ',:ル゙ .ヽ:|:::|::::::::ハj
         /     ,      、    ∪  .i ,r=:、';|:::|、:::iリ
         i    ,'゙  λ   `,        i "" |:::レ::::{
           ',   `┬‐'゙ `ー┬'゙        /三ヲ .|:::|::::::', ハ
          \_  ̄ ̄ ̄   ____/__ , <i:|:::|::::::::¨::ノ
               ゝ ` -、_,. -‐ ´     \ ∧  |:::|,::::::/
              /            i    . ∨ .〉ソ レ'',::::ヽ
              l             ヽ    i   ゾ    ノ:::::::}
             l  i            |   !, ベ   , ク::::::::::ノ
            l /            /   /ミヽ、 ,ソ /:::::::::::ゝ
           / ̄⊃ ))  (( ⊂ ̄\,'   /'゙  ゞミ  l:::::::::::::::)
ムニムニムニムニ>{  (         )  /  ム-''"  i  lレヘルイ
         \_⊃ ))  (( ⊂_,'  /      l___',
          ノ  l        _ノ  !         !: :|: :',          ┼ヽ  -|r‐、. レ |
           {__{       {、_ノ        !: :|: : ',         d⌒) ./| _ノ  __ノ
               ',                    i:|: :|: : :',
             i                  i:|: :|: : : ',


124 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第124話 「手をとりあって」 は終わりです。



「エッシェンバッハ伯爵」 は、原作『銀河英雄伝説』 で
ラインハルトに下賜される家名候補の一つでした。

原作の方では何かしらの理由で断絶しているのでしょうが
このスレではヨーゼフ・エッシェンバッハ伯爵がいるので健在です。


なお、原作『機動戦士ガンダム』 での名前はヨーゼフ・エッシェンバッハ、イセリナ・エッシェンバッハであって
「フォン」 は付きません。

また、ヨーゼフと言う名前は 『THE ORIGIN』 にのみ出てくるものです。



ちなみに、アープの塔で やる夫達が手に入れた やまびこの笛は

現在ジパングでパープルオーブ捜索に使われています。


イエローオーブ捜索のためにサマンオサに持ってきたとしても、ジパングの人達は特に困らないでしょう。

彼等は他にやる事が色々とありますからw




次回更新は、10/5(日) 20:00〜を予定しております。

9/28(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


       j弌
      ノ`ーへ
     i' ∵. ’‥`ヽ
  .   ゝ (,,゚Д゚) ノ < ヤマビコノフエ!


第123話へ    4 第125話へ

あやかし姫陰陽師 降伏寸前!? 君の鬼門は恋とキス (コバルト文庫)悪魔をむにゅむにゅする理由 2 (HJ文庫)
あやかし姫陰陽師 降伏寸前!? 君の鬼門は恋とキス
(コバルト文庫)
悪魔をむにゅむにゅする理由 2 (HJ文庫)

この記事へのコメント
色々と情報が確定的になって道筋が見えてきましたねぇこれからも楽しみ

まぁそんなコトよりもやんねえ香がいちいちエロい
Posted by at 2014年09月22日 22:02
今回はやんねえ香が可愛い回だったなw
Posted by at 2014年09月22日 22:26
キバヤシwwww

>何らかの理由でオーブが運搬不能に
何かしらの加護が働いたのかそれとも…。とはいえ、
奪還のための作戦も激戦だろうなあ。久々の原作ボスバトル
の前哨戦だし。
Posted by Dhalsim at 2014年09月22日 22:55
だができない夫貴様にはどちらにしろ死んで貰わないと世界が納得しないぞ
王政のこも世界で王政を否定そた反逆者なのだから
Posted by at 2014年09月22日 23:13
しばらくぶりに読むと、反乱軍とか解放軍とか偽王軍とかで「???」ってなる
Posted by at 2014年09月22日 23:58
やんねえ香が可愛い話でしたねぇ
Posted by at 2014年09月23日 03:44
レイトンがすごくレイトンっぽくて凄くいい感じ!
Posted by at 2014年09月23日 04:19
やんねえ香かわいい回だったねえ

偽王軍=ボストロール(偽王)に従ってる王都の軍
反乱軍=偽王を倒すため立ち上がった軍
解放軍=農民たち
Posted by at 2014年09月23日 04:59
でもここでできない夫が死んだら
サマンオサ周辺では人々のために戦った聖人として死ぬことになるよね

生かして凡人っぷりを周囲に見せるか
反貴族たちを引きつける餌にした方がいい気もするけど
Posted by at 2014年09月23日 08:14
↑奴等に相応しい呼び名があるぞ、“賊軍”というのだ。
Posted by at 2014年09月23日 08:47
反乱軍=できない夫(お飾り)軍
解放軍=ラインハルト(真)軍
じゃなかったっけ?
Posted by at 2014年09月23日 12:47
やんねえ香が可愛い
しかしなんというかMMRの迫力の方が勝った
全てを凌駕するインパクトとタイミングだった
Posted by at 2014年09月23日 13:35
いまだに、できない夫にヘイト抱いている人らは何なんだ。
偽王軍からの攻撃時に民を助けて回っていたのに、作中人物に憎悪を抱きすぎて怖い。
Posted by at 2014年09月23日 14:01
↑民を助け回ってたのは、目の前の事しか見えてない、大局観がないという描写だと思いますよ。
ヘイトではなくてリーダーに向いてないという事かと。
まあ、やる夫もアナの時とか周りが見えてないけど、周囲がフォローしてるし助けたアナに叱られてるしいいんでない?w
Posted by at 2014年09月23日 16:55
サマンオサ編も終局に向けて加速してきたねー

オーブは知られざる伝説に準拠するならモンスターが触れると消し飛ぶほどの物だから
存在を明らかにしたくないでも自分たちじゃ動かせなくなったという展開はあり得るな

それにしてもゲームだといまいち役に立たない山彦の笛がついに出番くるか!?
Posted by at 2014年09月23日 21:34
MMRの2度見ならぬ2度ナンダッテーで腹筋崩壊w
Posted by at 2014年09月23日 23:09
今一番厄介なのはできない夫がボストロールに捕まって、運搬役としてイエローオーブをバラモス城へと運搬されることか。

バラモスがそれを許可するか分からんけど、最悪解としてはありえるのう・・・。
Posted by at 2014年09月23日 23:46
一番早いのはどやが夫を連れてくることだがな。
Posted by at 2014年09月24日 01:02
レイトンって帽子の下あんな感じなんだ
いやハゲてると思ってたわけじゃないが
Posted by at 2014年09月24日 01:12
でも実際できない夫の処遇はどうなるのかねえ
あくまでも解放軍の象徴というだけで、ヤンやレイトンみたいに優れた能力があるわけでもないから働きでは償えそうもないし
やっぱり認定証を燃やしちゃったのはまずかったな
Posted by at 2014年09月24日 01:57
毎回楽しみに読まさせて頂いております。
体調には気をつけて下さい。
Posted by at 2014年09月24日 06:40
一難去ってまた一難
終戦しても問題山積み
サマンオサは本当に苦労の国だな
まあ、門閥どもがいなくなったから長い目で見れば希望があるな
Posted by at 2014年09月24日 09:52
まあそれはそれとしてできない夫たちはダースベーダーの義兄に殴られてもいいと思うがな
大事の前の小事だとしても被害者から責められる覚悟と潔さくらいあるだろ
できない夫はしらんが
Posted by at 2014年09月24日 11:53
反乱の首謀者だからねぇ…
いい奴だしエビルプリーストに利用されただけなんだが
処罰しないと100年先までテロリストに都合のいい前例として利用されかねないから、無罪にできん

表向き死んだことにしてアレフガルド行きが妥協ラインかな
Posted by at 2014年09月24日 19:05
表向きは死んだものとして、裏でもょもとと合流し冒険
ポップ要員としてメドローアを使うできない夫とか妄想した
Posted by at 2014年09月25日 00:05
ムニムニさせろ〜w
Posted by at 2014年09月25日 00:50
変化の杖を使って魔物をできない夫に変身して
その首を跳ねればいいかな?
後は秘密裏にジパングで匿えばいいかな
Posted by at 2014年09月25日 02:08
生かす方向で話を進めるなら、囚人に変化の杖+ラーの鏡の偽物で醜態演じさせた上で首を刎ねて、本人はアレフガルドまでは変装かな。
個人的には秘密裏に処刑したほうが万人のためだと思う。
こういう輩は目を離した隙にまた変な解釈をして突飛な行動を起こしかねない。
Posted by at 2014年09月25日 20:21
出来もしない妄想(間接民主制)で民を惑わし、魔王軍の行動を助長し、無駄な争いによって民衆の命を奪った罪で処刑って所が妥当なできない夫の処遇なんじゃないの?
そもそも生かしておくだけの理由が無いし、サマンオサの政体にできない夫の助命交渉が出来る人間が居ない。
やる夫ならばソレが出来るだけの功績を挙げてはいるけど、立場が許さない。アリアハンの勇者として交渉するとアリアハンが王政の否定(間接民主制)を認めている事になるし、ロマリアの商家として交渉するとロマリアからクーデターを起こそうとしていると見られる。
他の勇者もやる夫の傘下としての参戦だから、ソレをするとやる夫が主導してると見られる。
うん、できない夫は詰んでるね
Posted by at 2014年09月28日 23:18
個人的には殺してしまうのは寝覚めが悪いな
それにやる夫が助命を試みないのも想像しにくいし、試みるなら道を探す知恵がある人材もいる
まぁ最終的には読者からの反響を受けて作者がどう判断するかだけど
Posted by at 2014年09月29日 06:58
ぶっちゃけ三賢者+できない夫はどう贔屓目に考えても処刑だよなぁ。アリアハンは印破り、ロマリアは貴族を没落させた、サマンオサでは民衆を扇動して貴族撤廃の革命軍。詰んでる。
処刑が当然だから逃げるしかない。逃げても国際指名手配。しかも逃がしたら逃がしたでテロの首謀者を逃がすミスをしたラインハルト、サマンオサの汚点になる。
Posted by at 2014年09月29日 09:18
社会的には死亡してダーマで名前変えて、ねこおからぬいぐるみ買って別人としてやり直すのがいいんじゃない?
死んで終わりにするには被害が大きすぎるし・・・まあこいつらを抱え込む度量というか度胸というかがあるやつが思いつかないけど
元教師のできないおと賢者なことを考えるとダーマが一番安定?
Posted by at 2014年09月29日 15:48
竜の女王の城が一番いいんじゃね?
人間の政治に中立で、抱え込むどころか反省を促せる度量がある
Posted by at 2014年09月30日 11:59
>彼等は他にやる事が色々とありますからw

食欲の秋になってきましたね……飯テロの予感!!
Posted by at 2014年10月01日 15:22
できない夫はバカだけど悪人ではないから殺したくはないけど
体制的には無理なんだよな
処刑するにも民を救うために立ち上がっているから英雄視する奴や
国(サマオンサ)を離れる連中も少なく無いと思うし
幽閉して処分を下す前に病死したっ発表した方が無難かなー
それでもラインハルト政権の不安定要素にはなるんだろうな
Posted by at 2014年10月02日 02:33
幽霊船にでも乗せちまえーと思ったけどもう無いんだったな…
じゃあラーミア復活した後にアリスと交代させよう
Posted by at 2014年10月08日 20:04
>97
こ、これは神の雷?!そうか!これがインディグネイションというモノか!!(作品違

※3
前ページにも勘違いしてる輩いたけど、キバヤシ王じゃねーよ
なんだってー勢にもメガネ君がいるってだけだ
Posted by at 2015年08月09日 20:32
神出鬼没で済まされてるけど物凄い諜報能力だなw
Posted by at 2016年09月24日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103850143
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ