■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2014年12月01日

第129話「新たなる序曲」(1)

第128話へ 1     第130話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬" 竜の女王の城           `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`     ○ `X″     浅瀬の祠 __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、       ○   .`'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i" ○ 祠の牢獄.        │         /        ○ シャーマン族の集落
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△      `゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△   ●/ △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l○ エムローム
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、ラーミアの神殿
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


2 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△●△\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,○`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :    △丿
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


3 :◆vsQyY1yD2Q


   故郷を救いたいと言うヤンと共にルーラでサマンオサへ行き

   あの光景を見た時から、僕の戦いは始まった ――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                              ∧I
                              [[[[|  ∧   __
                              |ii |  〕∧ニlヘ ̄II\.
                                    {兀兀} 皿皿|ニニ|ー「[[[[|
                              |ii|l | f≦TTニニ|厄`:;':,'゙`:;':::;'.;,'
 _  _ _          ___        .....|ii| l|,':;`:;'::|│,ロl|,':;`:;': ;,',';,',;:;::;
l^lニl^lニl^lニl  十/i~i~i~i#::/______/~ヽ个卅....,:;;,',.;::;'::;'.``",':;`:;'::;;;`;`:;'::;;; ;,',;::;'.;,',;::;'
'"''^^^^"''"''"''"''"''"''"'''''''''''"| 田 | 田|'"''"''''....;,',.;:.;::;',:;:;'.`',:;,,:;;::;',;::;'`;,',;::'.;'.;,',;::;'.,``;:;
''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''〜"''"''"^^^^'"""'"''"'〜〜'"''"''"''〜
|- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
' /″″″″″″″″' /″″″″″″″″' / ″″″″″″″″
/″″″″″″″″''./″″″″″″″″''./ ″″″″″″″″


                      /             \  \
                    /     :〃   .:/: /      ',    \
                /:.:   .:|i:. :|:.:.:|:.:.|:{     :} :}:} .:} :.
                  .:i.:|:.    .:||:. :|:.:.:{:.:.{:{     .:.} :}:} .:} .:}:.
               i |.:|:.    .:||:.八:.:.{:.:.{:ヽ     .:.:} :}:} /.:/ハ
               | |.:|   .:}.:.:乂\\\\\___/.:/.:/.://.:.::
               | |.:|   .:}.:.:.:}-―- . _       `ヾ//.:.:.}
                乂リ   .:}.:.:.:} ーtァー=ミ  ,... -―- }/.:.:.:.'
                  | i|.::/.:/.:.:./    彡  i ーtァー /.:.:.:.:/
                  | ||.:i /.:.:./:         | ヽ   '.:.:.:.:/
                  | ||.:| |/(            |     /.:/.:.:'
                 ヽ|.:| |.:.:||、      `ヽ '"   /.:/.:./
                    \|.:.:||:    ` ー-==-‐'  /.:/.:./
                  i\乂 ヽ     ー=   ///
                      ( ト    \       ′
                     / ` ー--===ミ\ __/_))
                   r‐/        x==ミ Y/=ミ
                 /人 \     ((  )) || (( 八\
 -―=彡⌒\⌒\     \\      // || `ー=彡/  ‐-ヘ=ヘ、、



                                              ∧_∧
                                          〃,(;∩Д`)
                                          /(_ノ ィ \
                                        ⊂こ_)_) `ヽつ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    どの世界でも 「お偉いさん」 ってヤツは……!

    これだから専制政治はダメなんだ! 虐げられた彼等を救わなければ! 僕の手で!


4 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
三三三三三三三三三三三ヨ|
                   jニニニェ、_ 7`ヽ__
__________,...ェi三三三三ヨ /! ,¨ ̄ヤ
三三三三三三三三三三三三三三三ヨ_,/_i | i_/ i!
三三三三三三三三三三三三三テサ卞、 ヤ,j-'  iハ
::/~ヽ/    ●       ● i!       ヘ、_, 、__, iヨi,
:i,              i,    !        7三i   /三i!    「専制政治」 か……。
::ヽ、            イ   i          7三ニニ三三ヨ!
ニニニニ=、             |三≧=、   i三三三三三ヨ!   平和だと言う、君の世界でも あったのかい?
三三三三!             !三三三7  ヘ三三三三三i',
三三三三!    - -    j三三ヨi/     \三三三三iヤ
三三三三! 、       , イ三三il7       气三三三ハ
三三三三!-、 >、__ イ::::::ヽ三三≧、       ヤ三三三ヤ
三三三三≧、::::>--. /::::::┐三三ヨi!        .ヤ三三三ヤ
三三三三三三≧:::/.7:::::::::::|三三三ヘ_         ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i./:::::::::::::|三三三三≧、_    ヤ三三三ヤ
三三三三三三ヨi|:::i:::::::::::::::::!三三三三三三三三≧三三三ヨiヤ



                  |     ,
                 |       ,,\
                |     |   `ヽ、...,,,_          l
                     |     l    |:::::::::::: ` ''ヽ、,,__ ノ ,.ノ         ええ、昔は。
                    |.     ',   ヽ:::::::::::: ノ  |
                   |        \    ̄    ,.ノ               ですが、彼等は滅びました。
                 |               ´
                     |                           |     民衆による革命によって。
                  |                              |
                     |                           |     この世界も、そうなるべきです。
                  |                        |
                    |                            |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


5 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      |  (● ) (● ) |
      |     |  │  リュカ卿との交渉、基本は孔明先生に お願いして良いですか?
      |    __´___   l
     ヽ        !    ああ言う人達と話すのは苦手で……。
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ


                             ..一−‐rー-..、
                            i ii  ii .ii  .iifろヽ
                            l ‖ ‖ ‖ ‖┐′
                            ! ‖ ‖ ‖ ‖ .|
                            」‐'''" o  ̄゛''''ー._i
                           _ t-‐‐‐‐----ー-..〔
                          i:::: "`ー'''´ __丶ii:::ヽ
                          t,'‐‐、、  ../__`‐‖:::::!
                          '「 '蓬 〉 `〈蓬 !  t|'':::::!
                          | ! ` /    `"´  l| l:::!    お任せ下さい、我が君。
                          fl   、       !L'::::::!
                          iヘ 〆____..ヾ   !,'::::::::.!   必ずや 話を まとめてみせましょう。
                          i:∧'' `''‐‐''´ ` ノノ::::::::::l
                          弋::>、    ,,...:rク≡丶:/
                          _....‐ ミ弋テノ‐//≦ ,,.-..... `''..、
                       ..‐''´ /ミ !! ヘリ! //三ミl │「` 、 `‐..、
                      / /  /ミ ii .| | |//ミ三ミl i !{ ヽ /  ヽ
                     イ ノ  .∧ミi l ( (//ミ三ミ/| i ! l .!/    ∧
                     / '|  i三ミl | .//ミ弐 ヽ l '''ヽl .i .|  / ∧
                    イ  ./|  l三三| |//三ミ丶 ゙│   ヽ  ! ノ     i
                   /  hl  l三三-−‐二≠ .!  ′  ''   !/     ヽ
                  /   〈..-‐" ``     |′ ヘ   ,′    !≧、    ヘ
                 /′  ,,/′         |,,   .i,, i     i三彡、    ∧
                ./   ./            !為  弋!、    !三彡丶、   ∧
               /  /             .!ミ豸   i`'−''".i三彡  ヽ、   ∧
               ' /               iミ為   i  丶 i三彡    丶  ∧


6 :◆vsQyY1yD2Q
                __
             ,;;':'゙´: : : ::`:::;;,,
           ,;:''゙´: : : : : : : : : :::::゙:ヽ、
          ,;''´: : : : : : : : : : : : ::::::::::`:ヽ、
        ,:'´: : : i: : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::ヽ
       ,:' : : : 丿: : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::ヽ
       ,;': : : : i : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      .,:': : : : | : : : ;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;;;;;;;:::::::::::;;;;;;::::::ヽ
     ,;'.: : : : | :::/、◎ソゝ´ヾ、ili、◎ソミil::::::';,:::::ヽ
     ,;'.: : : : ノ: :lilー´`ノ/ソ´:  'iliヾ、ノ;ili|:::::::::i,:::::丶   当時のリュカ卿 パパス・パルパ・ティーン・リュカ
    ,;.: : : : /: lllli!r-´ ´ i、c,  r,)ヽ丶`iil::::::::,|:::::::::ヽ   ダース・シディアス
    ,;': : : : ´: :||||l i  ノ: :;,......,::::.ヾ ;,...::.ill::::::::/::::::::ヽ  ( スターウォーズ )
   ,;': : : : : : :||||i .! / ,,..rー―--、 `ヽ::::i|:::::/:::::::::::::::::\
   ,;': : : : : : : :|||li: ソ ;´  _,,......,,  `゙ ::〉j|::::/::::::::::::::::::::::\
  ,;': : : : : : : :||||l!´   ゙゙   `゙゙、 `ノ|::/::::::::::::::::::::::::::::::\
  ,;': : : : : : : : ||liゝ、、. 〈  ,、  ,ノ/::|:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ,;': : : : : : : : :||li: :;:   `゙゙´.`゙´i i::::::|:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


          ,  ‐,====‐ 、
         〃   , -‐‐- 、 ハ     コホー
         |i   i !!     i iハ
         |i  _l」L =-‐ __ヽrヘ、  コホー
.          //´  ヽ.____ , '´ f rv'´)
         //        ∧ --ヘ乂/
.        //       /\`Tフ n{
       /厶   -‐=≦、_ `く ィ凧
       `,ニ=‐ 、     `  _≧=‐'
    , -<     `   ‐-=≦、_
   /        ,ィ´   「 「`ヽ‐、`ヽ.
  /          /i ト、   l !  ヽ.ヽ ',
. /          //i l  \j !    i i i i
/          /\i l   lヽ!__,ノ^| l_l |
          ム /ハ___l__j_, イl   |



                                                  /  ̄ ̄\
                                                /      -‐'ヽ
                                                |::::::     (● )
                                                   |:::::::::::      |
                                                 |::::::::::::::   __´
                                                    |::::::::::::::    }
                                                    ヽ::::::::::::::    }
                                                  ヽ::::::::::  ノ
                                                  /:::::::::::: く
                                                  |::::::::::::::  |
                                                   |:::::::::::::::| |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   実際に会ってみたリュカ卿達は、いかにもな悪人面をした男だった。

   きっと こいつらも、サマンオサ貴族の同類に違いない。

   交渉は孔明先生に任せたが、上手く支援を引き出してくれた。


7 :◆vsQyY1yD2Q


   そして僕達は、農奴にされていた人達と共にカブノールを解放した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      \       \
                      \     }
.           =‐--‐=彡  /   \ ()八
                   /  / 八 `¨尓 卜
          ==‐- ミ=≦爻 / 八  }} } }
        / ̄1ミilN,r'´ ̄ ´<  〉_乂八
          { { さ{ミッ       < jf`¨´
.          ', (,〈 {ミ{           ´ '.
.         ∧  リ              V ̄ ̄ ̄ ̄「\
.      /) ヘー{        __` ァイ      1} / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       \ ー  ′       ( ⌒ ´          〕}
       \  !  ',      `こ            〉}              /
.       \  \'__ \     {            //}           / /
         >  /7}\ヘ>  __ 人=、         // }             /
        /  ///}:  ヾ  \  //|       } // }
.          ////}:   }}    〉 ///|     {//  }
         /////}: }    / ///.」    //  }_三二ニ=-‐==ニ二三 ̄


        |^l                    |^l
      /'''',,,," 彡                /'''',,,," 彡
     `゙^ _,| │                   `゙^ _,| │                      |^l
     .,/,_ |                 .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡      / 〉  / 〉
      l_,'" | .|     lニ ニ          l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │     / /  / /
          {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |     / /  / /
                     〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|     〈 /  〈 /
                                                  {_,l゙ .   <_>  <_>
         ∧∧
       (#゚д)
========O=====0================]=(ニ>
 (;;~(;;:´⌒''|  つ           ∧∧
; (;:⌒~'('⌒(_/             (#゚д)
               ========O=====0================]=(ニ>∧∧
           ∧∧  (;;~(;;:´⌒''|  つ                (#゚д)
           (#゚д) ; (;:⌒~'('⌒(_/            ========O=====0================]=(ニ>
    ========O=====0================]=(ニ>     (;;~(;;:´⌒''|  つ
     (;;~(;;:´⌒''|  つ                    ; (;:⌒~'('⌒(_/
    ; (;:⌒~'('⌒(_/        ∧∧
                    (#゚д)
             ========O=====0================]=(ニ>
              (;;~(;;:´⌒''|  つ
             ; (;:⌒~'('⌒(_/       ∧∧
                            (#゚д)
                     ========O=====0================]=(ニ>
                      (;;~(;;:´⌒''|  つ
                     ; (;:⌒~'('⌒(_/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8 :◆vsQyY1yD2Q


   門閥貴族とも実際に会ってみた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                    ∧_∧   栄えある我らが
                                   (・Д・ )
                                   (門閥 ).  下賤の輩に何時までも
                                    | | │   好きにさせておくと思うなよ……!
                                   (_(__)



            / ̄ ̄\
           /    \ ノ
.            :|    ( ●)(●):
            | ノ(     | |    何時までも? 好きに?
.           :| ⌒    ___´__ノ:
.            |    /__ }:     それは、農奴にされていた人達が
           :ヽ        }:       ずっと考えて続けていた事ですよ!
            ヽ     ノ  |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i
     :: ヽ   ノ ::          \
ガタッ!  |   | r         「\   \
       |   | |       ノ  \   \__
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)
     || ||  |         | ||| |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   全く反省の色が見えない予想以上 ―― いや、予想以下の人間達だった。


9 :◆vsQyY1yD2Q


   その一方で、協力者達が順調に増えていった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         r'ri'ri‐ri'‐ri‐r==、
         | || || || || ||. ゚l|
         | || || || || || l|
           [二 ゚ 二二二二]
          l! ,__  ___ 、 ll  !
         li.iケ} ´lケ7 |lr.、|   我が君、内政が できそうな者を連れて参りました。
         l.l  !_    |lソ |
         ゝ、f==ヽ /l  ノ   元は門閥貴族に仕えていたそうですが、我々に協力したいそうです。
         .__/rヾ、-、_/ l<
        ./ ゞ=彳~゙l!≧  l ヽ、
     / 、    ll 、. l!ヽ   |  ! \                _ _
    ./   ヽ,  ll ヽl!. ヽ !  |  l'}、             ,r'´'´ '´   ̄
    /   `ヽ fノ  fj  ヽl  !  |i ヽ         r'´r'´ , -‐ー‐ー
   .l      \  ヽ   l!  |  |' ヽ        rァァ-、/
   .|       ヽ _ヽ     ! .j__ヽ--、, -‐ 、/〃,.r彡`ヽ
   |        ̄     ̄ ̄ ̄ ̄/   /    l示テ   ノ   _, -‐'
   !                /   /     lチツ≡≡! 二 _, ==
    |                /   /ォ、__,z-ァ、 \  ノ   _ _r彡
   .|               /   / /`ヽー'ー'  ヽノ<ニ二テ



                          _,..-─ ─- 、._
                       ,.' ´         . . `ヽ、
                        /            . . :.:. ヽ
                   _,、/             . . :.: _, -ヽ、_
                   {ニj             . . :.:j彡   __ヲ
                   トノ      ,       . . :ノニ..、、   フ
                   H  , -─、  i ゞ==ー、._. :.:.に二ニ   }
                   〈ハ'´,rェエ,I>  r ニエユ,ミュ一 : `マ尨._  リ
                   Y    ‐f  ...       : : : : Y´r Y   ( 協力しなければ殺されるからな。
                    !   ,..」  . :.::.、    u. : :,: :  h |
                    l   / ゞ、__,. -ーヘ、   . :.:〃:: : : ヲ,イ       まぁ、門閥よりかはマシだろう )
                    ゙i  i   __       `i. :.:. :ノ:: : し'´ ::|
                    ゙i    ー─ -..、_  . ! :.:.:.:i: :: : |: : : :|
                       l    ー‐-、 ..  . . :.::,': :: :: |: /|\
                     l i    "''    : :../::/: :: :/  ,イ::::::\         ハイドリッヒ・ラング
                     `、j       . :.::./:://  ,.'´/::::::::::::::\     ( 銀河英雄伝説 )
                  _, .イ¨|ヽ、   . . :.:::_ィ‐'´ ,. '´ _,/:::::::::::::::::::/`ー-、_
              ,. -‐ ´:::::::::/:::::|\ハー一イ´_,.‐'´ ,.‐'´/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


10 :◆vsQyY1yD2Q


   そして、農奴から解放された人達の生活は見違えるように良くなった。

   門閥貴族が、横暴な貴族達が いなくなるだけで、全てが丸く収まったんだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ┏┓                ┏┓         巛 ヽ.                     ┏┓      ┏┳┓
  ┏━━━┛┃┏┓        ┏━┛┗━┓  ┏┓ + 〒ー|    ┏┓    ┏┓┏━━┛┗┓┏┓┃┃┃
  ┗━┓┏━╋┛┗━┳┳┳╋━┓┏━╋━┛┗┳━|  |┳━┛┗┳━┛┗╋━┓  ┏┻┛┗┫┃┃
      ┃┃  ┗┓┏┓┃┃┃┣┓┃┃┏╋┓  +┻ +/ /┻┓  ┏┻┓  ┏┛  ┃┃┃┏━┓┃┃┃
      ┃┃    ┃┃┗╋┻┛┃┃┃┃┃┣┛ ∧_∧/ / .┏┛┃┃┏┛┃┃┏━┛┃┣╋━┛┣╋┫
      ┗/´》〉  ┗┛  ┗━━┻┛┗┛┗┻━(´∀`_/ /  ┗━┻┛┗━┻┛┗━━┻┛┗巛 ヽ┻┻┛
    * | 〒      | 〒  ||| ,.へ´_|_ヽ  ,-r、,r/」  f  |||  ∧ ∧,.へ,    〒 !      〒 !
       |  |       |   |     l ァ'`・ω・)〉/_ュヘ〈|7  | *   (゚∀゚ `ァ ノ +   |  |       |  |
   +  |  {      |  {  .   ヽ、   ○〈_}ノ :   |  +  O    /:-一;:、 / /.      / /*
      ヽ ヽ ∧_∧ヽ ヽ ∧_∧   、 〈   く/ ヽ__,」 +    )   ミ;;★:;:;:;ミ/ /  ∧_∧/ /
       ヽ  ヽ,, ´∀`) ヽ  ヽ ´∀`)__ノ ヽ__) /  ,ヘ   | __,, '´ ̄`ヽ__ (・ω・´/ /  (・∀・ / /
   ,.へ ■ヽ ヽ     ー、 ヽ     ー、     /  / |.  | ★((ハヾヽ,.べ, ミ三彡 f  ,-     f+
   l ァ'^▽^) i     ,rュ ', i     rュ ', |||  (   〈  .|  .|  ハ^ω^*`ァノュヘ    |  / ュヘ    |
   ヽ    ○.|    /{_〉,.へ∧ ∧{_〉  << \ ヽ .|  .|   O☆゙ _ノ_,} )   | 〈_} )   |
    |  、 〈 |    〈   l ァ';・∀・)        \ノ |_,,|   ノ´ ̄ゞ⌒'ーァ    ! |||  /    ! |||
  ||| l__ノ ヽ__)|   ,ヘ. ヽ  ヽ    ○ヽ  +    |__ノ|  )  `7゙(´〈`ー''´     |   /  ,ヘ  | 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   どうして今まで誰も やらなかったんだ。 所詮 王家は同じ穴のムジナなのか。


11 :◆vsQyY1yD2Q


   でも、王都攻めは上手く行かなかった。 偽王に味方する将軍のせいだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                ,ィ 、 ! j i/ ,r'"´二三ヽ,
                               j ト、ヽj、川/,r'゙´ニ二三ミヽ
                             ク7´``リ^^ヾ厂 ̄`ヾ三ミヽ!
                            ,イ.:;!  〈   ,リ     ゙,三ミミ|
                            !//!              ト、ミミミ!
                            `ト〈‐-、、,,    _,、、、 !ミミヽミ!
                             ヾ! ーェzゞ '''゙ェェz、 !リ^ヾ ji!
                                  |  `7       リソノイ||
                               ハ   ! ,,、    ,′ ,メ;:;:;:;;!
                              〈.:;!  `´     : 爪;:;:;;:イ
                              ヾi!. `ニ二`` ,' / j!ノノノ)
                                  iト、      ,.イ/ `ヽ
            ,、‐'⌒ヽ              , イj! ヽゞニニニ'/    /``''ー- 、、、_
           /      ゝュ     _,、、-‐''"´  | | ^i !| 仄(    /        ``
          / ー--‐''"´ヽj |_, ィ 7ィ7        ヾト、ノj !ノ(__   /
         .i:. .   ー--─ <ソ.:/ / .| |         | V/^ト、  フ/          _ _
         i|.:.:、     , イ.::.:! | :| |         ,!y'⌒ヽ V /       ,r,r'''"´.:.:.:.:.:
         ,イ.:::.:..、 "´ ̄  !ヽ二二 二ニヽ  ,rュ   //   i j{    r==ュ //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        ./ |.:.:.: .:.: .:. :, イ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽY (  ノ !ト、 _ノ ハト、   ノル'/:::::::::::::::::::::::::
         ト、::::::::.:.:..::.:.:.:ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノル'"´ ,ィ >ニニ≦ゝイ ニ二 //:::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   どうして邪魔をするんだ。

   僕は基本的人権が守られる、誰もが平等に幸せになれる世界を築きたいだけなのに。


12 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     _____
                        f{ l l l l lヽ
                       || l l l l l |             .  ,′
                       || l l l l l |           、     ,
                       ト、_|__|__|__|__|イ          、     ノ}   ,
                    ハ ___ o __ノ!         ‐-   / 〈   ´    臣
                    ム::レ 、_  ̄ _, 、|:!        -   {   !   ‐
                   八: |  ̄  「 ̄ i:|          -   V}ノ   -    亮
                     /|::::::i /__ノ_、/:人        ,   _L  、
              / ̄   |::::::ト _,/::::|   ̄ヽ         |  :| ゙        申
             /   |i   |::{(二ィ⌒トニ)}   i ヽ.        |  :|
                < (ヽ   |l r、 |::::::{i ノ} |{/::::|     |  '.       |  :|          す
           /  ヽ | | |  i:::::ヘ}/ |{:::::::l    | |   '    r─┴‐┴─、
            /     Y | |  i:::::{从ノイ:::::|    | |    .   ヽ:::::::::::::::::::/
             /       _」__|_|_   ;:::::{人リ:::::/    |/     '     ' :::::::::::::/
         /     / 二二ス  ';:::::∨/::::/    |   j  '.    Y::::::/
        /  >イ ̄   マ 「   ';::::::::::::/     j  /   '     |::::::|
         / /{::::: |__ ィ^_ノL|  「ヽ_>:::::::ムイ|   ノ, /     ヽ.  |::::::|
       {    |::::::|「 ̄}ト、  ハ  !:::::::::::::::::::::::: !ー‐イ / _/ ̄  '. |::::::|
         ト、   |:::::::|  }ト   マ    ̄|:::::ハ:::::::「    ̄「/-<__   , .!::::::!
         | ヽ  |:::::::| /       //::/ ハ:::::|  _ノ──-、::::::::\/| |::::::|
─ ───┴─ ┴ー┴ー────┴┴─┴┴/〃, __ノ::::::::::::::::}ノ::::::ト、
       /⌒ー───────────</ノノ´  ∨r‐、{ ̄/::::::::::::::ヽ
       /__________________厶(0)j  `ー─‐一´
                                       ̄

     偽王は、本腰を入れて動くつもりは無いようですな。

     まずは、カブノール奪還を考えているであろう門閥貴族から叩くのが上策かと。

     こちらの戦力を増強する事もできます。



      ∧_∧
     ( `・Д・)  そうだ! 門閥を倒そう!
     くっ  Ъ
      )  ) )
     (__)_)

    ∧_∧
   (,;´∀`)  あいつらがいる限り、モナ達に平穏は訪れないモナ。
   ( ⊃⊂)
  /_,ノ) .)
 (_) (_)

  ∧ ∧
  (#゚Д゚)   あいつら、徹底的にやらねぇと気が済まねぇぞ ゴラァ!
  (|  |つ
 〜|  |
   U U


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   みんなが望んでいる。 だから僕達は、先に門閥貴族を叩く事にした。


13 :◆vsQyY1yD2Q


   そして僕達はロンベッタを落とした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                  ,.;'"~⌒'
                                            ノ⌒ヾ`'"~
       ___                        _ _,.,_,人⌒`'"~       (⌒'"~
         ::::/|`⌒',=-   ,_ _,. .、-ー'"~⌒ヽ⌒';ζ      ~"`'ー- 'ヘ.,_,.ソ^ヽ.,ヾ、.,__ソ^`
        ̄ ̄| :|`'"~       ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ'
       : : : : | :|
       : : : : | :|n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
       : : : : | n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
       : : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
       : : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
       : : : : |:| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
       : : : : |:| : : : ____ _: : : : : : : : : : : : : :_.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,._ : :____ : : : : : : : : : : : : :
       : : : : |:| : :/____/_|: : : : : : : : : : : : :.[二][二][二];| /__________/_ヽ.: : : : : : : : : : : :
       : : : : |;|コニ|| ,___||,||ニiニニiニニiニニiニニi|;;;;;=====;;;;|;;| ||     .|| ||ニニiニニiニニiニニi
        ̄ ̄.: ̄7||'____||,||..ノ囮 ̄ ̄品品7.|;;;;|    |;;;|;;|.| ̄ ̄ ̄"| ̄| ノ皿皿 ̄ ̄卅
        ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄./_____/. : ̄7. :―. : ̄7. ̄ ̄ ̄7 ̄ /_____/
        ̄ ̄ ̄ ̄/\-. :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/] ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄
        ̄ ̄ ̄ ̄\/| -[|三三三三三|]/| :―. : ̄7. :―. : ̄7. :―. : ̄7. :-|二二二二二

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   豊かなロンベッタから門閥貴族を追い出した事で、みんなの暮らしは更に楽になった。


14 :◆vsQyY1yD2Q


   更に門閥貴族を叩いた。 門閥貴族を追い詰めた。

   みんなが喜んでくれた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      _人人人人人人人人人人人人人_
                      >  ゆっくりし      ね!!! <
                       ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
              _ ,,..  ..,,_                          ,,.. -= ニニ二二≧:.、
              ,. '"      ヽ ヽ.`ヽ..                     /ニ,.==ニミニニミミミム
             /   ,. ''"```ヾ.,, リノ,;.ヽ.                      ゞ''´   ヾ三ミニニミミム
         ,彡'´ /       `´ ヾミi                     !      }三三ニニミミi
.          ,彡'´ i   ,."´_   ー  、゙il                   i_,∠⌒   ヾ三三三三ミ|
        ,彡' ´ {  ,,.--,,、`''ー- ‐  l!                    / セフ_    lミl  マ三三リ
          /   彡〉  =-ャェュ≧く ァ≦'',ハ                       /         リ  ,ム-'/⌒ヽ__
       { 彡ィi lミl   ` ̄´ { : k¨〈,リ                     '__-;         r-く三ム  ,! ,!
          '///ゝ`lミl ヽ.      ; i i.  ノ'                     (ミヽ_,. i   / : ゞミム._,! 〈
        '///〉ーl   !    ' ‐ r‐' 1                    ヾ`    ,ノ  ;   ,!三l ハヽ'、
         ゙i//,! l.     , -====、  !                        〈_,,..ィ´   ,,. z≦:ヘミl,、 ', 〈
     ∠二¨`ヾ/! ',\    `"¨¨ ´ ,.'                            }ゝヽr''´ <´  /ム,ミミムッ、
___{   `Yム'!.,,__  \         /                        _   ,〉^i.l.|.l.i⌒u (_,ノ/ ,.ィ'゙≦'ッ,、_,..、__,
       ̄`ヽ/,!¨¨'''' ‐-¨ニ≧ー,_-- イ、                     _ ,..,_,.ァ-((''" lゞノ.|.|.l 、_,, イ,'ィ'<   ,// // ,/
 ̄| ̄l¨¨iーr‐'iム 、   r‐v' r‐、ヽ`Y´‐'、- ──── --   ,.-,//7///  ヽ、 i ーノノ ゝ- ,/´    ` // // ,//
彡l彡l彡l彡l彡!⌒ヽ`ヽ.__,) }‐'  } ,! .| i´'イ-.r‐┬‐r‐┬‐r‐┬  {(_,l l_l l_l l_   ヽ!/,'⌒',∨/    ,. -‐'_‐ニ ニ¨ =
彡l彡l彡l彡l彡!`丶、` ー-.<,, ノ ,:! .| ! {彡l彡l彡l彡l彡l彡l.  /iニニニニニム゙「! ノl {.  } l {  )i/;≦ニニニニ/ニ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   全てが上手く行っていた。 上手く行くはずだった。


15 :◆vsQyY1yD2Q


   あの男が現れるまでは ――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                              __
                            /..::::::::::::::..\
                          /..:::::::::::::::::::::::::.\
                         /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                         | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                        ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                        ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ




















                        , ⌒ヽ     γ⌒ ヽ
                       〈 ● ノ,\   .人 ● 〉
                         ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
                         )    Y    (    私 で す 。
                        /γ⌒     ⌒ヽ\
                    (ヽ /  |         |  ヽ  /)  、 クルッ
                    (((i ) |   ヽ__人__ノ   | ( i)))  ノ、
                   /∠_>     | --┬-- |    <_ゝ \  ,ノ
                  ( ___、   ヽ    /     __ )
                       |     `ーー'´    /´


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


16 :◆vsQyY1yD2Q
                     /\
. /                   /   \
/          U           /
             _,,,,..,,_
          ,. -''"´    `゙''-、       U
        ,."          `ヽ.  ヽ\
       /              `、  Y、
       ,'                  i.  | 〉
       !       ◎       l  i         /.:.:.:.:. . . . .
       ',               ,'  i.        /.:.:.:.:.:.. . . .
       丶             /  j      {.:.:.:.:.:.:.. . . :
       ヽ            ,.'    ハ       i.:.:.:.:.:.. . . .     違う!  誰だお前 ―― !?
         `'-、_      _,.-'´  ノ        .i.:.:.:.:.:.:.:. . .
             `゙''ー-‐'''"´   イ         V.:.:.:.:.:. . .
                                     ゝ.:.:.. . .
.                        /
                         /,
              l                /.:.:.:. .
            U               /:.:.:.. . .
                      ゝ .:


17 :◆vsQyY1yD2Q
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___‐―   ―――
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄_ ̄― ==  ̄
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― __――――
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄.7 ´ Y__ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄| ==  ̄
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ―.7   {_., ̄ ̄― -|       /――
                                    jI斗z      7     / / ̄ ̄} |
               −  ____           .j!  {    r'ヾ j   / /.    / . |    /       _,/
            ,ィ     .寸¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨{!    r'’  .人 7’  ∨   {/    {  |   . ’__      / /
          /´       `ヽ      し'ィ   {!    入!     |      ./|   〔 ..|./|    |.   / /
         /             _j        ',  Y     |   ∧   / /  /  .|/. .|_/  / /
       /             .\        ',  ∨     |  / |  {   .〉   |           |  !
       { ̄\ i{/  / ̄ ̄ .   \       ',  |    〉'’   |_/   }   |__         //
       />‐、 Y { ,ノ ,ィ〆       \     ヽ ∨  /      jし   }.../ /      //
     / {◎ ゝ{ Y==ZzzZZ ̄二..   ゚.     ゚.∨.゙/    /  {  _j/ /      //
     i 彡`""/ ヾ ィ彡三三 二二 __,,, ゚.     ゚.∨    /   广/ ./|  _   /,__'
      }  ( ̄  _.// /` ー''"´    ...゚.     ゚.   /    f’7  /.. |/{ //〕 {
    i⌒ヽ  ヾ ┐ノ. /                       \/     / {__イ  _////_〕..{_
    >、\  >{ ///.                 ∨          ./     } _{_///}  _   _ 〔_
   {_二二 >`y/ |.                   ∨        /      _j   {/ /.  }ノ´ } {/ __ ___  ___
     \  フ´"./ |  ヽ      ヽ.        ∨       {        }.  ./ /       . }. /  //// /..レ'’
      >、{  / { .j ィ<´i ;       rー‐-      ゚.    ゚.      〕. ./ /      .}/  /'’ /'’/.レ'’
    /   i  |  i \ ___{/     /\    `ヽ   ゚.    ゚.      〕7. /              /レ'’
    {    iヽ \ ヾ゙/   、  /´   ;、    \.  ゚.    〉       }′              /'’
     ヽ   ゝ\.ヽ `ー''´`"" ノノ    `丶     .....ヽ   {      }!'’
       \    ー−三三三イ        `、.        ⌒寸{
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___‐―   ―――
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄_ ̄― ==
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― __――――
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄――  __ =
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄― ̄ ̄  ―― _
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___‐―   ―――


18 :◆vsQyY1yD2Q

      \\/⌒)             | || !| |
\\   、,、-'  /            | || || | !   ./
  _,、-'     (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
( ̄_        ヽ、             | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.  ̄ ~¨'' 、       ヽ、,_            || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
     ヽ、    _,、―--、,__)       ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\  .ヽ  /    \ \\    || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \  / .f |      \      ! | || | /    /   / /   /
      し   ヽ      ノ     | |  !  !    /   / /   /
         .   \_,、-'´ .\    !   !    ./   / /   /
      \\      ¨¨・・,    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \     ;,     し'/      ./μM/ / // // /
                           て_         ./M//M// /
                         て                / /
                        〜               /M/








                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                        |  できない夫 ――  |
                       \________/


19 :◆vsQyY1yD2Q

         /´〉,、     | ̄|rヘ
   l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
    二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
   /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」     /^ヽ、 /〉         /´〉,、     | ̄|rヘ
   '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//> l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧
                    __,,,,,,,, ,,,,,,,,,,,,、        `ー-、__,|     ''    二コ ,|     r三'_」    r--、 (/
                ,..-'": : :          `゙'''ー..、                 /__」           _,,,ニコ〈  〈〉
            /: : :              : : : :::::::\           '´               (__,,,-ー''
              /: : :                   : : : :::::::....\
             /: : :                    : : : :::::::...ヽ
            /;:;: : : ._,,,,,,,,_,                   : : : ::::..!
          i" .,,...-..,,,  .´゙"''ー- ..,,,_ :::         : : :::: .!
     /..,ミ..-´::::: :::::::.`'-、: : :      ´゙'‐、:::、:::        ::: .l
      r'"^゙'":::::: ::::.,.. --..,,_ \: : :       `''-:::、:::     ::│
    ,!::: ::::,i- 、__/゛ ._,,,,,.  \ ヽ: : :            \.::: :::: !
      !:::: :::.!l│ .!  'ニニル  ヽ. ヽ: : :         `'、::::..|
      !:::: ::::ヾ,、 .!  \ ." _.::::" ,.ヽ: : :           : : :ヽ.!
      !::: ::::/  ゙''ー-.........-‐″;:;: : : : ヽ: :          :::.ヽ
      !::.i∩,ヽ '',゙^゙ ̄´゛ |i;:;:;:: : : : : :;:;:.:ヽ: :             :::ヽ   ―― ようやく見付けたかと思いきや
    !::.l゙| .ヽヽ,`\:: .  .|!;:; : : ,/,: : ;:;:;:ヽ: :            :::ヽ
    !::.|/:::: ヽ,ヽ, ::::`、 |_::,../: : : : : : ;:;:;,ヽ: :         :::ヽ   まだ そのような世迷い言を ほざいていたとはな!
     !::|,!::::.::::. \\::l::.//-二....-':: : : : :;:;:;`'ー ..,        :::ヽ
    ,!::!,!/::::,,... ,! '┐._,,,. -‐''": : : :      : : :::;:;:: ''ー ,,,   :::.ヽ
   i二,,,二-ー;;二>!′,:::::: : : : : :         : : : : ::::;:;: `゙''ー ..:::_ヽ,
     ゙''-,゙x x x x!ヽ::':;:;::::::: : : : : : :        : : : : : : :;:;::: '''"゛: `''‐ヽ
        `'''x x x ヽ::::'::;:;::,: :::,::::::: ::::::: : : : : : : _,,, ー'''"゛:;:;:;:;::;.:;:;:;: ::;:;:;`''ー、、
              `'''‐ミ へ ....,,,,.... -―''''''゙゙゙/゛:;:;:;:;:;:;:;: ;:;:;:;: ;:;:;:;:;_.__:;::;;:;: ;:;:;:;:;`'-、,,.
                 ,iヘ  .ヽ.::::::: , :::::,..-''',゙゙'- ..,,,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;___,゙,゙二二二"''ーニニ;\、
                 l::: l   │,..-'゙゙,, i ←'  . ̄´ア ゙̄,゙″   ._/.::゙''`-;;,,,\\,\゙
               _、,!::: !-....‐'´ / z'゙'":;:;:;:;:;./   ./:;:;:;/    / ,l''゙.、`ヽ::、゙'-::\, ,,ヽ
             ,..-'":;, 冫  ;;彡゙~″:;:;:;:;:;:;:;./    ./:;:;:;./     /  l>::l::`'-..ヽ`'' ..,`‐\,,ヽ
        ,/゛:;:;,/、 .",!.l|  ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/    ,i′:;./     /  /::. `┤ヽ,::::.ヽ''-、ヽ::::,\ヽ
      /゛:;:;.,/:;:;./、  ll「  l:;:;:;:;:;:;:;:;:;./    ./:;:;:;./     /    .l,::\::.ヽ::.\::.ヽ::.ヽ.::::::::,,ヽ


20 :◆vsQyY1yD2Q
  |:: :|: .::| .:|:. l:|
  |::.,: :r.:| ::|:. l:|,,;;:,;;:, ;;;:;ミx、, ;;;::;:;";;:;;:;" :, ;ミx;; , ;ミx、          |:.:: ;;:::ll|    |:::;l;l|    ゞ;;;!.::;;.:::;ll ゞ;;ヾ;;|.:ll;.::;;il:;l||;;;シ
  |: |:: |::.. ::. j:|;;;;ゝヾ;ゞ":::"''''⌒ヾゞゞ`:;;:;;:::::; :;:;;:;;:::::             | .:::;i;;::l|    |;;.::ll|      .|;;;::.;l::l| ゞ;;;:;;|.:;;.:::;;;l:;l||;/
  |: |::. ::| .:|: ::|:ヽ;;":::"''''⌒ヾゞゞ`:;;;;;ゝ);;));ヾ;;) ノ::::::::::::.ゞ        |:: ::;l;;:ll|   ,; :::.|.:;;l;l|::   .; :;|.:::,;;::ll|    .|;;il.::;;ll:;;l|| ;;
  |: |::. ::l .:|: ::|i;;ゞ,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ:;;:;::`〃;;:;;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ)。ゝヾ;;,     |::. :;;:.;il|  ;:: ,;; | ,;::ll|   ;;:.  |;;..il;::;l| ;;::.   |.;ll;:.::;l;;:l|!.::.
  |:i ::| :: :| l |;.:;,゚:,",,iiゞ~,.'.:ソj'~;;;;:;;"'"",;)ヾミゞ((;;;ゝヾゝ ヾ;;;       |: l|;;:::;;l|;;::. .:;;ノ.:::;;lリ、 .:::: ;;|.::;;:::;ll|  .::  |.:;,.::;;ll;;:l|! ,v
  |:|: :| ::| :: ;| ||;;;; ゞゞ`ヾ;:〃;;;彡ソ;;;ゝ);;));ヾ;;) ノ::::::::;;ヾ;;ヽ;;;;ゝ      |.:;l,;:.::;ll|     .:::  ''';;;::::..  |.::.;:;;:ll|    .::|;;:i;;;:.;;l:;l|!
  |:|: :| ::| :: :| |l;;;;;:":::"''''⌒ヾゞゞ`:〃;;:;;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ)          | :: ;;:;;ill|           ..ソ;;::.:;;;llハ .:::;;; |:;:l.::;;ll:;;l||
  |:|: :| ::| :: :{ |,:;、,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ:;;:;;;;ゝ);;));ヾ;;) ノ::::::::ヾ;;ヽ;;;;      ノ ::.::;;i;;ll|;;、 .;;:::..    .:::.   ..:::  ;;;;, :::"´ |.::;;:;;;:li::l|!
  |;}   : :| :| :: |'"゙:.:,",,iiゞ~,.'.:ソj'~;;〃;;:;;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ)ゞ                w,,、、x,,、イv、,, ,,     .::;;; |.::;;:il.;;:;;l||
  |: .:| ;n ::| :: |゙,:;、ゞゞ`ヾ;:〃;;;彡;"'"",;)ヾミゞ((;;;ゝヾ                 w,,、、x,,、,!|lil|v//、,,、八ゞiv,l|V::从X、_;l||
, . |: ::| ::{リ ::! :!:| ,,.:;;"'";:;;:;;";;:;;;:;;;: ヾミ;ソ(;;;;;;フノハ:;:;ミ;;              ―=、八ゞiv,l|V::从|lililレ/X、_、八ゞiv,l|iv:l;,イイ、八
; , | .::| ::r : :| :i | .:;;::;;;. ,;:. ,.                              ハiv:l;,イイ、八ゞiv:l;,、八、、八ゞ、八ゞiv,l|V::从X、
;; /.::/ :::|i :.:| :l;ハ._,,. ,,::;;.:.      ,;:.,,. ..      ,.,,.                iv:l;,イイ、八iv:l;,イイ、八ゞiv:l;、 iv:l;,イイ、八ゞiv:l;,イイ、
ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,. :,                ,.vVw,           ノv,l|V::从X、八ゞiv,l|V::从Xイ、八ゞiv:l;,イイ、八ゞiv:l;,
;:´.:: :/.::::ヾ::\::\::ー、 ,;;::..      ,,:;;;.. .,::             ,;..,,.. .. ,イiv:l;,イイ、八ゞiv:l;,イイ、八iiv,l|V::从;、lW:八ヘ{V::从XゞV



     |
   / ̄ ̄\
 / _  _\
 |   o }liil{ o  |
. |@ (__人__) @|   ちょっ!? アニスさん、ストップ!
  | ヽ |!!il|!|!l| / |
.  |  .|ェェェェ|   }    ストップでやんすよ!
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /      \


             , r ー .、     殺すな! まだ殺すなよ!
        i!    /.:.:u.:.:.:.:.:.ヽ
    t、   ,i.i, ._/.:.:.:.:ゞ、_:.:_i   そいつにゃ聞かなきゃならない事があるんだからな!
     'i,ヽ__,i,,,,i,/_>'i.:.:.:.:>`ミァii/,ri'
  .__ ,》´ー- 、 ヽ-!、i'.:.:Z//∠'_/    ,r、            ,r、
  `' .i´.i   ___ヽ_ ト、`Y´ト、.:.:.:}   _/ i           /' ~!
   .l.:.:ヽi  ´   _,,,,X,,,,_i .|.:ヽ-| ̄/_ /          ./、、,,//)
    i.:.:.:.:!、  、     />ラ--/~.i ⊂フ,>-ァ--ァ、、_  /三i¨¨/
    》,.:.:.:.:ヽ、ヽ__   i.:.:/.:.:.:/.:.:/.:.:,i .// '  /.:.:.:,i.:.:.:.:i'`7.:.ヽ:.:i
   ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`7ーヽ__, r'ー ←' 、,,  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i___/-'
   /_.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ト-+‐个.:.:|      `¨''' ー-‐''''¨´
     ̄`iヽ、.:.:.:.:.i_ >-+-|'-、.:.:|
      |!!!|||ヽ、/ [ ̄| ̄] ` i!


21 :◆vsQyY1yD2Q

                            /  ̄`ヽ
                  _____  ____ ∠,,__/_''_=!       ……分かっている!
               ィ ´     ィ ´/ / `>トミ'〈
               {    ィ ´/.  // / /´_ヽ/       殺して良いなら……とうに叩き斬っている!!
                \/ /   / ./ /T´  ` ー- 、
                 / //  ./  / / ゝイ‐- ,,_ノ__`)ヽ、
               / / ./ /   ノ /  /       ̄ゝ-'   この男の……この男のせいで……!
             / / イ /      ./ミミ7
             l/ / /  /  /\≡{
              / / /  /  / j!   ̄ト
           ,'  / /   ./ ./  / !  l ヽ
          <  /y′   / /    /  j  .l!  \
          ) 〃    /´    /  /   .lヽ   }!
          У    /       /  イ    ! /  l!
          /   /        / //    リ {   l
            /  /         /  /    /  Y  l!
        / /         /  /     /   }  ハ
           /            /  /     /   /ヽ_ /\
          ̄`ヽ___,-=-'‐--'、__./   !_____つ


               _____  _
             , :::´:::::::::::::::::`´:::`ヽ
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        /::::::::::::::::::::::::::;::::::::/^ヽ:::::::::::',
         |:::::::::::::::::::::::::/ }/   !:::::::::::::',
          |:::::::::::::::::::::::/ /     !::::::::::::ハ
        .|::::::::::::::::::::/ ./  ___ ,|ハ::::::〈ヽ
        !:::::::::_ -_二フ └-- ミヽ| -、〉
        f⌒!ハ/!「 ̄´  ^  ̄`  lィ !
        { {ハ         ',    ハ ,′  ご領主様……。
        ', ハ           〉   .|/
        `ー',    /`ー ´\  .!
           l、  / , --―‐.、   l、
          .ハ     ̄ ̄  , '〉ヽ
        _/ ',  ̄ `ー--― ´./  |\
    -< ̄<   ヽ         /   l:.:.:.:ヽ



      .|'、.       ,i、
      !::ヽ,     /:.!
      / ::::: l    ./:::::l
     ./ ::::::::::|__,,,,,,,_!.:::::::.!
    ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    冫::::::::::::::::::::::O:::::::::::O::::.!
   / ::::::::::::::::::::●:::::::;:::::、:●:|
   /::::!::::::::::::::::::::::::;;/´ ::::::、:/   くぅ〜ん……。
  .!:::::::ヽ:::::::◯: /    ::::::ヽ
  !:::::::::::::::'::::::::ヘ       _ヽ
  !:::::::::::::::::::::::::::::\.    (:::::::)l
 . |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,,,____ ̄ ノ
 . !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ


22 :◆vsQyY1yD2Q
  ,. - ─ =  _ ,  .彡ヽ、ヽ、ノ ノノ リ  l´ ,/´ }ミヽ.
  , ニ ─ ' ´         ,ゝ、`'メ、_  , ,! /l,,.,,ノヾ,!;:i
          _  彡     _,, イ 彡''`シ ミノ,、ノ〃 i "ツノミリゝ
     _ ,.  -─ '"     ─ ' 三 彡  ゙メ  メノ  リ了'
       -‐ ´ ̄    三 ─ '  ´;;;;彡,彡ヘ`ジ ノ
         , =' _三  ,. ー ' _,,.:;;;;彡iぐ;,  ,'',/,ノ
      ニ -‐ ´  ´ ̄   ,ノ'"  ゙ヾミヽ゚ゞミッ /"    そいつのせいで家が滅び掛けたんだから
    _  -‐   _  彡 ´ ,/: : :      ゙゙ミ'' 厂
           ´     ,.ィ"     ..   ,r丶゙/`ヽ、    気持ちは分かるがな……。
      _, ニ ‐ ' ,.イ       _    !:ヽ ,!   ヽ.
      ´     ,,ィ´.:.::l:      .:.:.\.ソ ̄:: : : :. . . .ハ
       / .:: ::ハ.      ゙''ッ-':.:.:.:.:. : : : : : : : : ハ
    ,,ィ ,〃 .:  .:.:.:∧.      ,'.:.:.::.: : : :        i.
  // /,' .:.:  ..:.:.:.:.:,入   .: / : : :.          i
 ,ヘ { / i .:. : :.:.:. ,/.;: `:ー "  : : :.           l
;;' ヾ ゞ、ヽ: .:.: .:,,イ/ ;:   :.: : :.: .:.: :.:.           7
ゝ-' ヾ、 `:.: ..:.:.: / ,';  .:.:.: .:  :.:. :.:.          /




    ∧ ∧       ∧ ∧
   .(;゚Д゚)    (; ゚w゚)  ( わざわざ僕達を借りて、捜索に参加したぐらいだものなぁ…… )
    《⌒i Vl》    /`>v|>
    |l i|  |〆  .く,_,ノ |ゝ
   ,ソ_,_i!`Jゝ    し`J

  【 ニュー速で家 私兵隊 】


23 :◆vsQyY1yD2Q

                                     / ̄ ̄\
                                  /# ヘ.   \
                                  (○)(< ) u. |
                                   | |         |   な……何なんですかあなた達は……。
                                   l __`___  #  |
                                      {   `    l   避難民だと思ったら、いきなり……。
                                   {        ./
                                     ヽ     ノ
                                  i        、\ ;
                                  |   !    /__} ;
                                 ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
                                {_ i、___,l   |    | ;
                                 )ソ(___i)---|    |
                                        ゝ-i--i´ ;
                                          `-゙



               , ィ ´ ̄ `丶
              /    __ _ヽ
             l_ -  ̄  r= 、l!_     その反応……私の顔など覚えてもいないと言う事か?
             /      / ー ') )
               /__ ___ >_//´!   交渉の場には同席していたのだがな。
           /′ノ \    ̄`7\l!
            У´     \   /-‐t-            r┐
          /       \./__ノ      i`i   ノ ノう
         /         「 `:.           l ゝ‐'' ./' ノ
       /             l!  ',     __,,,,r ト    /
       /           l!\__,,, x ´    ヽ  /
        /             l! /     \      Y
      ./               l!        \  /
     /                ',      _ ,, X´
    ,'               ヽ_ ,, -''
    l                  \j!l


24 :◆vsQyY1yD2Q
    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿  てめぇが騙したリュカ卿だろうが。
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }   本気で忘れてるのか?
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、



                                     / ̄ ̄\
                                    /      \
                                     |    -‐'  へ |
                                     | u.(● ) (● ) |
                                     |      | u |  えっ? リュカ……?
                                     l U  __´___   l
                                    ヽ        !   どうしてサマンオサに……。
                                     ヽ       ノ
                                     /      く
                                     /        ヽ


25 :◆vsQyY1yD2Q

           ノ= 、、、、ッッー― 、-、-、- 、― 、
       ,、-'"三ヾヾシ―乙三ミミ\\\ミ、ヽ`゙'' 、
     ゙マ´"シ 三ll|ll|彡''"""ミミ゙゙゙゙ヽヽヽ ミヾ\ヾ ヾ'、
    /彡三ミミ从/ ,、-= 、ヾ゙゙  ヽ   \\;;;;'、 ll|l',
    /;;;;/三ミミ、l|//´;;;;彡ミ;;ミミミ} l| l|ヽ、、、、ミミl|ヽ;;;;リl | ',
   ,'////;;;;三ヲー、ィッッ--ー-、ll|゙l l| l|ヽヾ;;;;;ヾ;;;;;;;l|レl|ミll| ;}
   ,j从//;;;;,'             }ll|,| |l|;l|,l| ゙゙}}lll||l|;ィll|ッッl|l|l|l|
   j从ll|| ;;;;|、,,         jlリl| |l|ll|从;;;;;;;、 - ''"´,jl|;;;;;;l|
  リ从从;;;;;',  `''''' ー― ---l||;;;;lリl|l|l|''" ̄,, 、-ー'''"ヾヾll||
  { l|ii 从 |;;| `゙''ー =ミ ,,,,, _l||;;;;;;;l|ll|-|''"´ll\ヾlリリ;;;;l|ヽlj
  ヽ ソ从l|;;;l       ...:::::::|;;;;;;イl||从ヾヾヾヾ゙゙゙ |l||ll|/l|l|
  /ノ彡リ;;;;;;'ー,、 ,,、,,  ''"""´ ヽ、;;从从ヾヾ゙'ー、ヾミ≧;;〈〈
  /ノ,,ノノ从||:ミミ弖ミ:ッ''ー-::::__:::;;;;;;ミミ゙lwミミミミヽ`'ーミ;;;;}{、     覚えてはいるようだな。
 イイイノノ从;;',゙::::::::,' ''""゙ヽ`'''''''"´彡  |ll|゙'ーwW;;;;;;;;ヾヾ}リ;;l
  ' 、l|lV/ノノ ;;', :::::,'           l|ll||ll| |;;;;;;;;;;ヽ、l|ii|リ|リ     それよりも、今 考えるべき問題は
    ラ;;;;l/ ; ;;', :::,'   -、:::...      lリl;|ll|从;;;;;;;;;;;;;;;Yl|〈〈〈
     |ll|l/;;;;/;;', (",,、-:ァ''       l.|l;;;;;;ヽヾヾll|;;;;;;;;イ|从ll|     どうして やまびこの笛を頼りにオーブを探していたら
    ヽl||;;;/ ;;;', :゙´、∠____,,,ノ   |l|lヽ;;;;;;\\リ、;;;;;;ノミllリ    こいつの所に辿り着いたか、だ。
      l|;l||| ;;;;;', `゙゙'""""´´      |l|;;|lll、ミミミ゙\イll(llミl|<、
     , ''、ll;;;;;;;;;;', :`:::""´´     ゝ;;;;;;;\、、ヽヽ、゙ヽミ ミーミ、   まずは、ここをハッキリとさせんといかん。
    , " イ ; ;;;;;;;;l イ       ,、 彡ツ;;;;;;;;;;ヽミヾヽ\ヽヽヽヽ\
    イ /|lヽ;;;;;;;;;'、、::..   ,、-'":::"///〉〉lll|;;;;;;;llヽl|;;;)|l;;;;)l|〉ヽ))
     | /  乂々/ミ`゙ー― '´:::::::'" /イ//从l|ll|;;;;;;;;;;;;;リl|イjj;;ノ }}リ;;;;/|〉、,
    /ノ  //" レ゙゙゙〈::::ll|:::::::::::"  l|l|;;l从|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;|リ((ll|l|ノ忽ヽ/  ゙゙l
    イ  /j"|l、 ヽ ヽ::リ::::::::::::::,、-'ヾヾl||;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ、;;;(从从ミツ" ̄  `゙ '' 、
   |レ // /:::l| \ ヽ ::,、 '" /ーア"'ーミア::>ー'''" ゙̄"´,, 、-ー―― ー―- 、ヽ
  /  |::| l::::::|l \ >'"/"/::/",、-'"      ,、-''" ´,,、 -ー―――― ー- 、 ゙
 /   /::l|  \::. :::::\:::///-'"     ,、-''"  ,、-''"             `



         |
       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |     ・  ・
    . |  @ (__人__)    ……やっぱり、イエローオーブを持ってるから?
      | u   ` ⌒´ノ
    .l^l^ln        }   その辺、どうなんでやんすか?
    .ヽ   L       }
      ゝ  ノ    ノ
    /   /     \
   /   /        \
 . /    /        -一'''''''ー-、.
 人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



                                      / ̄ ̄\
                                     /    へ  \
                                     (● )(● ) u |
                                    |  |       |   イ、イエローオーブ?
                                    | ___`___  u  |
                                      | `ー '´    |    そんな物、僕は知らない!
                                        ヽ      /
                                     ヽ     /
                                      /     \
                               ⊂ ヽ∩  /       \
                                '、_ \|         |
                          .           \ \  /  /


26 :◆vsQyY1yD2Q

  i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |                       ,、
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |                  _〈 i、
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |                _、シ从ヾ、
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |           _  _,,シ:'「|ヽ.・ヽヽ
  |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|三}      /⌒  ̄||    |.|_ へ.、。_)
  |三三三三三三三三三三三三三三三}     ,イ{   ノ ||(   ,U
  |三/´|`ヾ三三三三三/´|`ヾ三三三ニニニニニニニニ0ニコ/
  └゙(─@─)========(─@─)=┘         /| |    } j{
     \._|_,ノ          \._|_,ノ          《_,ヒ}   《_,/_}



      /ニニニニニニニニニニニニニヽ
      ’ニニニニニニニニニニニニニニ ハ
     iニニニニニニニニニニ}ヽィニニニニi|
     |ニニニニニニニニ /}/ /∨ヽニニニ|
.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│
    W≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|          それは、あの馬車の中を調べてみたら
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト    分かるだろうよ。
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧.  アニスの旦那、見張り頼むぜ。
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三


                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


27 :◆vsQyY1yD2Q
                              _ .. _
                           .,._"´ 、‐ - ~"_ .
                         / '´_..-`-'〇‐=._ 、 ヽヽ
                        /,.' ´    ´ ̄` `. .`、`、
                          ,'.,'                    i ',
                       .i.i ゝ _                ノi i   _
                     (、 l.l -_= = ̄="‐"=_ニ ニ  ,l レ'"´ ,ァ- ̄`ゝ
                     とヽ、_          ~" > ´   /
                     .ヽヽ、゚ )- ..,_       ィ'    ,.'
                       .トvヘヽ ̄      ∠l ト   /
                       ´ヽニヽ 、_ .,_⊂⊃_,..ノ.l ``、、 {
                          .ニ ヾ `"テ'' " i/.イl   >ヽ
                          '.ニ、 ヾ ノ  ./  ',i /
                              `.ニ、i´ `'/ _,.`、
                            `ニY  ヽ_´.\ `
                            ,r-.>.ー i  .、ヽ \
                         _,∠ュァ,ヘ`ー'(  ) ノ  ヽ
                        ,ィ'ァ   )  r‐ > .〉ヾヽ  .i
                          /.i' .,r''" ̄" '' ‐- `',,_ ノ   ,'
                       i , / ,.イ´`ノ"i ‐ 、      ノ
                     ノ ノ i././  i     i ~"'' T" i、',
                     Y .{  ii .i   ノ    ヽ ヽi  ` } }
                      ` ー " `ー-.L _ ,,ィヘ、_」 L.ノ.ノ‐'


           ,,、 - ー― ー- 、
        、- ' ~:::::::::    ;;;;;;;; ~''-、
       , ''~; ; ;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;  ;;;;ヽ
    r";; ; ;;;; ;;;; z;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;; ;;; ヽ
   r';;;;;; ;;;;rr'((t"t、;;;、 - ーー 、;;;;;_;;;;;;、;;;;;;;; t
.   ';;;;;;;;r';(;;ヽ,、-;;'''";;、、、;;;;;;;;r'"ii 」ー 、)'yヽ、i
.  i;;;;、i~t''o't;;;;;;;;≪,,,。,~'ヽ;;ノ ;ii i;;、、,;;~',、'ソ )
  i ;;;t'、、o「"`'ー ''"~~~~~~,,,,、::-';;; ~'-ゝ;;ヽ。ソ   あったぜ。
  | ;;'t、ァo)ー- ''"r'' ,、":::: r'、~~~;;; ~'';;- 、''"*i/
  | ;;;;t,ュア;;;;::://',, i;;i ::::: i;;;i ::;;;リ~i :: ::~'ア,,ノ   こいつだろ、イエローオーブ。
  | ;;;;;;;t't;;:/;;/;、 ', i;;i :::: |z;i  ; リ;;i :::リリ : 〉j
.  | ;; ;;;;;;i/;;; /i;;;t,、. i;;i ::: |ニ| ;;;;/ョリ :/;/::/::/
.  i,,;;;;;;/;;;;:::/::t/リi |;;i :: |;;;i ;; /;;/ ://:::/ /
、,,ノ;;;/;;;;:::::/ー'"'' ,イ:i |;;;t__i;;t ;;/;;/: //::/ i,r'|    /i
::::;>'";;;;;:::::/、、;;;;/:: ̄::::::::::::::~":::ヽ''〈::/ ''" ,/    /; |
. ' 、;;;;:::::::/:::::::;;;;;;;;~;;'ー--ー''::~~~::''y"r''ヽ;;;r"    /;;; |
... リ,ヽ;;;;/t~',,-、::::::;;;;;;t:::::;;;;;;;;;、- /彡 i |     /;;;;; |   /;
. /,i、、::::: :::t;tヽヽ;:::::;;;;;t;;;;;;;、':::: /彡  ,リ;'-、,,,,,,,, /;;;;;;; |   /;;;;
'"'/i:::;t::: '' tヽヽヽ、-ーt'"::::;;; j彡  ,'i;;;;~' -、'-~、,''ー+ 、,,/;;;;;;;
 :ハ :::tt~' :::t、ヽ~' 、ヽ:::t'';;;  j彡  ''i;、;;,,"" ~'' -、、"""<;;;;;;;;;
:::: ノt :::tt'':: ::::i;;ヽt;;;リ |::;;'i ;;;; / ;;" ;;;; i;;、ヽ、;;,,, ::;;;;tヽ i::ヽ;;~'' -
;: / t :::tt   i;;;;;;;;ヽi t;;;;;i;;; /"  ;;; /;;;;` ~'  ""' i t:::::::ヽ :::


28 :◆vsQyY1yD2Q

                   / ̄ ̄ `ヽ
                /        ヽ
                //≧=xr≦x-、l
              /Y´(_八_ハ ∧
             //  l ノ/\ y /∧   貴様……!
             l`i /ぅ/ ──ァー'  ∧
          r 、 ! {./^/ /丿、/ハ    l   持ち逃げしようとしていたのか!?
          ヽ ^' ./ ./y' /うー‐ 、/:l  /
          _l      /______  l /
        ィ ´ /ゝ、   /゚ ∞∞∞ ゚  ̄`>.
     /  /     ー‐'{ `ヽ    l     `ヽ
      /  イ         l,,___X__ ヽ____ヽ
      l  / l\         l /  ____ ヽ   !  ! ヾ、
      j ./ l!  ー- _ ノ {   |     |  }   l  |  )
   /´ /{!      /l    l   |     |  j ./|  ! /



                                 / ̄ ̄\
                               / `ー    \
                                  (○)(○ )  u. |
                              |  |    u   | ./}      し、知らない! 僕は知らない!
                        _      ヽ___`___      |/ /   __
                     (^ヽ{ ヽ       |r┬-|    ./ / . / .ノ  本当だ!!
                   ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ ̄    / 厶- ´ /
                     (二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                    ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                     i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                     ヽ. `ー '/   /           /\ \
                        `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ


29 :◆vsQyY1yD2Q

                 |
               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |   ・    ・  |
.             | @(__人__)@   いや、現に ここにあるし。
        r、      |.u  ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ   バッチリやまびこ返してるでやんすよ。
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



;..;;;.;; ,/;:;;;;../;;;//;;:;;;;rnヾヾi:l:|/;/;;,;;:;:;;;:;;;.;;;;ヾ;;;.;ヽハ;;; :ヽ
.;;;;;.../;; ;;;; /;;,'/;//;;'          ゙ヾ;;;;;;ヾ;;;;;;l |;;; ;;;ハ
;;;; ,/;;; ;;; ,';;;;..i.!;| |;;!            ヾ;;;l ;;;;.i::l;;;i、;;;.;}
;;; ,';;;;; ;;;;;l;;;;;;..l.l;| l;;|  _____    リノ!;;;;;i!.,!;; i、; {
;;; l_,,ェ=-キ;;;;;..l'||¨|;| ̄ _____  ̄"7/,';;;;;;リ,l.;;; ハ .:ヽ
;;; !_,,,ェ=-f;;;;;; l;|l|¨リ ̄          ̄"7〃;;〃;;.l、i;:.::ヾ;;;i
;;; l;;; ;;;;;; !;;;;;;;l,';' ,i'     .       |l{;;;;〃l:: :l、!: :.ヾ!
;; {;;.;;;;;.. ,';;;;;;//,/  _....,,,;;;   ;,..._  {l l;;;l;l l;;; i| ゙!.;.;.: ;.ハ
;; .!;;;;;;;;;;;/;;;;//:_:::::;;;;;;;;;:::;;;;;,,,  ,;;;;:::_:::`:ヾヾ{;;l l!; ;.:.;;;;. ; ;l
;.; };;;;;;;;;:::::;;〃¨ー'' ̄ヽ;;;;;;;;;ゞ 〈;〃¨ー'' ̄ヽ::;;;;l;;;, :: ::.:;;; ;.; ,!
; /;;;;: ::;;;;;/;;;;; ̄ ̄ ̄;;;;;;;::.. ;:  l::;;;;;;; ̄ ̄:;;;;;;;;;!;;;;;,.; ,.:;.' ;.;,'
.;.;';;;;;;;;;;;/'''''''""""´´  ::...   l       :::l;;;;;;;;,;.:;.; .;.,'    間違いなく本物だな。
;;'.,;;;;;;〃              i   l.       :l;;;;;;;;.;.;.;.. ;.|
;; ;;;;;;;l            ,  , ヘ ノヽ         l;;;;;;;.; ;.;.; 八    フフフ……また手柄を立ててしまった。
; ;;;;;;;;;!,,;;:   ,,,...    ゝ 〃 / ソ       ,!;;;;'',',;.;;,:,;' .ハ
;;;;;;; ;;;l;;:::::'  '' ,,      ''::;;;;;;;;:''         ,!;;;;, ';''':.: ; ; ;!
;;;;;; ;;;;;!;;:'     ゝ、,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,, ,    ,!;;;;;;;,.: ;;.; ;.: ; ;!
;;;; ;;;;;;;l;;        ̄ ̄ ̄¨ ̄ ̄""    /;;;;;;;;;; ,;;.; ;: ; ,'
;; ;;.;;;;;;;l::       :::::;リリリ77リリリ:      /;;;;;;;;;;.; ;; ;.;;.;./
;.;;.;;;;;;;;ハ: :.    .:.::::::::::;;;リ'''    :.:.:.:.:..  /;;;;;;;;;; ;;; ; ;; ;/
.;.;;;;;;;;;l:.:ハ: :.:...   :.:.:.: .:        :.:.  ,';;;;;;;;;;;.: : :.;;;.イ
;;;;;;;;;;;;;!:.:.:ヽ、:.:.:..    :         ,';;;;;;;; ,,;,;,; ,;;; .!
;; ;;;;;;;;;l:.:.:.:::::`ヾ、:..         ......   ,';;;;;; ;;;;;; : : :: .::l
;.;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:::::.:.:.:.:`ヽ、 ....:::::::::::::::::::::.../;;;;;;;;,;;;;;: ::; ; :.: : |
.;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.`ー-=≡三≡=‐':ノ;;;;;;;;;;;; : :; :: : :.;;.|
彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;::''_,;彡;;;;;; ;;;;;; ,.;;.;; ;.;.;; |


30 :◆vsQyY1yD2Q
           ___           ;|,;|;
            , '     i i ̄ヽ      ;|,;|;
         i       i l }|     .;|,;|;
         |   √⌒|_| ∧    .,|,;|;
        /  /^ /.゚;`)}{( ;ヽ    .;|;;|,   この男のせいでリュカ家は……父上は……!
         /  .i <⌒ ,niく/ l   ,|,;|;
        〈  _ ..ヽVi_iiv /    .,|,;|;   オーブが見付かったならば、もう よかろう!
      ,/  ̄/ ゚ヾ ̄/゚ノ`ヽ   ;|;;|;   この手で叩き斬ってくれる!!
     /     /ヽ j'∧ー‐く   ゙lヽ  ,|,;|;
    |;   / /ノ./゚/. / /.∧ ゙l i. {。}   さぁ、報いを受けるがいい!!
    |  /    V_/_/.__/._ △ ..|. i /ニ~ヽ
    l /     l   . rー─t  / iニ  (
    | iヽ     ヽ   l≡[]i |  t--,ノ
    / "ヽ     'j   |[][][]: ,,/"'''''''''⊃
   /  ヽ     ー──''''''"|~|  `゙,j



    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、:::::::ハ
::::::::::::i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
::::::::::::l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ
::::::::::::ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿    ……まぁ、しょうがねえか。
:::::::::::::::〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ
l:::::::::::::i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!     金 騙し取っただけならまだしも
|::::::::::::l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉
}::::::::::::! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!      こんだけの事やらかしたんだし。
!::::::::::::l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:::::::::/i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:::/   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、




                                / ̄ ̄\
                               / _ノ ヽ、 \
                                |  (◎)(◎) |
                                |     |   u.│  む、報い!?
                                |   __`___  .|
                                |∪  |r┬-|   |   僕が何をしたって言うんですか!?
                               ヽ   ` ̄´  /
                                  >      <.    殺されるような事は何もしてませんよ!?
                               /          `ヽ
                                | |          | l
                             /´  ヽ       | l
                             l    |      ヽ_⊥-‐ 、
                             ヽ  _,l- 、     ̄/     l
                            ∠ヽl´   |_ / ̄ `l_-‐ ´
                               `-‐´  ̄ヽ --‐'


31 :◆vsQyY1yD2Q

          ,  ‐,====‐ 、
         〃   , -‐‐- 、 ハ     コホー
         |i   i !!     i iハ
         |i  _l」L =-‐ __ヽrヘ、  コホー
.          //´  ヽ.____ , '´ f rv'´)
         //        ∧ --ヘ乂/
.        //       /\`Tフ n{
       /厶   -‐=≦、_ `く ィ凧    この期に及んで、まだ そのような……ッ!
       `,ニ=‐ 、     `  _≧=‐'
    , -<     `   ‐-=≦、_     サマンオサで反乱を起こした罪! 我が家の名誉を傷つけた罪!
   /        ,ィ´   「 「`ヽ‐、`ヽ. 
  /          /i ト、   l !  ヽ.ヽ ',  けして許されぬと知れ!
. /          //i l  \j !    i i i i
/          /\i l   lヽ!__,ノ^| l_l |
          ム /ハ___l__j_, イl   |
          ├'∨ハ i_j_j_j_j_! ! L.. -‐'77´ ̄ `二二フ
   i  i     l⌒ヽ_j__i_j二ニ=-┴ '´     //    }
   i  i     lX´,ゝ−- - --‐ァ,'      i i { {     `〈
   i  i     lX`7ニニニニニ{ {     ,L二ニ=-‐'⌒ー'
   i  i     l {`{−−−−− `  _, イ|
   i  i     ト----‐─===T丁]:| l !



                                      / ̄ ̄\
                                     / _ノ     \
                                      (●)(● )  u. |
                                    | |   u   |   何が悪いんですか!?
                                    | __`__      |
                                     /__ヽ     |    僕はただ農奴にされ
                                      {      u. /     虐げられた人達のために……!
                                     \     /
                                     ノ     \
                                    /´        ヽ



        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::U::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ−−−− ι     ……あれ? まさか こいつ、自分が何したのか分かってない……?
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ     自分のせいで旦那の家がつぶれかけたのも
      ゝ---η.   |||||||  ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧      サマンオサがこんなんなっちまったのも?
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


32 :◆vsQyY1yD2Q



                                    そこの人! 同郷なんでしょう!?

                           / ̄ ̄\    助けてください! このままでは殺されてしまいます!
                          /  ヽ、   \
                          (>)(< )    |   どうして僕が こんな目に……!
                          |  |   u.   |
                              l __`___  U  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                            }__}  U .|            ヽ
                             {         ./  /          ヽ
                         /`ヽ____/  / ̄ ̄フ\     ノ
                       / /     ./  /   /  /  /
                      / /      /  /  /  /  ∠_,-
                     / /        /  /  (__/  ∠__,- 丶
                 ⊂二⊂ノ      .⊂二_ノ     (________ヽ





     |
   ./ ̄ ̄\
 ./      \
 |     ー  ‐ i
 |     ・  ・
 |   @ (__人__)  …………。
 |        `⌒´i
 ヽ.       ノ
  ヽ      ノ
    .>    <
   |     |
    |     |


33 :◆vsQyY1yD2Q

                │
              / ̄ ̄\
         rヽ  / _ _ \
         i !  |   ・  ・   |  アニスさん。
      r;r‐r/ |   |@ (__人_) @l
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  |   ちょっと待ってもらって良いでやんすか?
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  . ヽ        }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



         `、.、
           `、.、
             `、.、
               `、.、
                 `、.、
                   `、.、        ,-─- 、
                      `、.、     j  i  t
                      ` 、、    / ,、 _, t
                        .` 、、 /,-'ー'V-'ヽ.t    ……同郷の よしみで
                         . ` 、t ヘ/i.i.i∨_;
                        ∠二=j  `i、-└--、_  命乞いするつもりか?
                       /./  y  rヾ、ヽ | || ヽ丶
                      i /-ー'/  .j`─--─ 'ヽ__ヽ ヽ
                      j  | /ヽ、/ |..| ̄=┐| |、 ヽ
                     ノ   i   /  | |I V j.i | ヾ  ヽ ヽ
                    ノ   ゝ_/i   t└--」 i.|  ヾ  ヽ,、
、                 /        t/ ̄/-  、j i|   ヽ ノヘ
 ゛ `ー─---__     , ノ           i二  ̄ ー、〔 I`i    ヽ ,ヽ、
i           ` ー‐'            ノ / ヽ   ` ヽ-'     `|.( )
.i                         /  /   ヽ__/ ji       ソ/─----- ── -  、
 t                       / /'        i i       `ゝ- '  ̄      ヽ   >
 `- 、                    ///    )    .I i                  ヽ/
    ゝー──── 、         ノ /./    /     j i                   /
              ヽ 、     /  / /    / j     |.i                 /
                ヽ、 r    / 、_   ノ i     | i                /
                  >    / ノ  ` ー  /     | i              ノ
               ,/´     / /ヽ  /  /ヽ、 /´iゝ             く
             /       /  y.  7  j     ノ                )
            ヽ       /  ./   /   t   r´               /
             ヽ、  _ノヽ   /  /   j   /               (
                ̄    ゝ /  /   ノ__ノ/         --─ー- 、ノ
                      /  /ヽ ノ/   ゝ、 ̄ ゝー'` _<
                     / ⌒j     `ヘ___ヽ
                     (    )
                      ー-'


34 :◆vsQyY1yD2Q

             |
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |      -   -
.         |   @ (__人__)
           |  u   ` ⌒´ノ   ……思ったでやんすよ。
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}








                できない夫は、自分のした事を理解しなきゃいけないって。





35 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                         第129話 「新たなる序曲」

                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ ..´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L.. _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ ..'´    `ヽ、
                        | l |     ..-――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


第128話へ 1     第130話へ

この記事へのコメント
自分の家を滅ぼしかけた怨敵が家を救ってくれた恩人(義弟)を侮辱してたらそりゃキレるわ
Posted by at 2014年12月01日 21:43
ヤン、焦りすぎでしょう・・・
途中を、略しちゃうから問題が大きくなるわけで・・・
Posted by at 2014年12月01日 22:04
さぁ、お前の罪を数えるんだ…
Posted by at 2014年12月01日 22:08
こいつ、ハナっからリュカ家に砂かけるつもりだったのか...
裏切るつもりはなかったけど、農奴の暮らしを見るに見かねて...という微粒子レベルの可能性を捨てていなかった俺はとんだピエロじゃねえか。
Posted by at 2014年12月01日 22:11
そういえば、やる夫ってリュカ家の為にすっげー色々やってたなぁ
相談は元より、少しでも領の利益になるような資源探しに本人が調査に赴いてたし、研究も本人が指揮してたし
未来にリュカ家の歴史書とか出てたら間違いなく銀河美商人として描かれるなW
Posted by at 2014年12月01日 22:37
※4>>お前もか兄弟、俺も最初はそう思っていたんだ。

……最初から詐欺かますつもりだったんだな、畜生。
Posted by at 2014年12月01日 22:42
交渉を孔明に任せたのが全ての原因だったな
まさしく孔明の罠…!
Posted by at 2014年12月01日 22:48
そんなに平等、民主主義に固執するなら
孔明に「我が君」とか呼ばれたら否定するなり糺すなりしなさいよ
Posted by at 2014年12月01日 23:06
どうみても悪役面だしリュカパパン・・
先にあってるアリアハン貴族もない夫が接触したのはアレだっただろうし
貴族なんてな色眼鏡かかってもしゃーないってきっとたびゅーん
Posted by at 2014年12月01日 23:46
つまり、無関心だった…
リュカ家・貴族がどうなろうと知ったこっちゃない
ある面では悪意があるよりも性質が悪いかもしれないな
Posted by at 2014年12月02日 00:15
典型的な「良かれと思って〜」のパターンでしかも理解なしか…。
「無能な味方」と同じで「わかってやってる悪人」より扱いに
困るタイプだなオイ(汗
Posted by at 2014年12月02日 00:22
というか不当搾取だと思ってたなら、リュカ領の民に還元してやれよ。
財ができない夫に移動しただけじゃん。サマンオサの農奴に、と考えても何故他国にやるんだよって話だし。
Posted by at 2014年12月02日 01:55
人を見た目で判断するなよ、そんな奴が居るから俺は何回も職質さんるんだ。
いやまぁ悪人面のデブが深夜の公園で何かやってたら声掛けるのも分かるけど夜しか時間とれねーんだよ。
Posted by at 2014年12月02日 07:26
られっか夫はかつての小悪党だった自分とある意味でできない夫がかぶってるのかなぁ
あのころはこいつ本当にダメダメだったからな
Posted by at 2014年12月02日 10:03
やっぱり「頭はいいけど馬鹿な奴」の典型だなぁできない夫。
そして↑の人、ホントに深夜の公園でなにしてはるんですかw
Posted by at 2014年12月02日 10:36
まあ俺も高校生でアルスラーン→銀英伝と読んでいった順だとどうしても貴族ってロクなもんじゃないと第一印象抱くな
まともな貴族ってのがどういうものなのかってのは良い例としてあまり出てこない
出てきてもどこか欲深+黒いところがある+戦や決闘好き+政略結婚ばっかみたいなイメージ
今の民主主義なご時世だとあまりわからないから、悪代官に毛が生えたみたいな感じ(ただし黄門様は暴れに来ない)と解釈してたかな


とはいえ、半年前ぐらいに門閥貴族無能すぎるwwwダメだこりゃと笑ってた俺らにはあまり人のことは言えない
Posted by at 2014年12月02日 16:05
 違くない違くないw そこできめぇ夫が出るのは正しい
間違いなく、今回の戦の功労者の1人だしなぁ
Posted by at 2014年12月02日 17:40
↑5 もしややる夫さんのように「こんな事もあろうかと」を想定して公園でサバイバルを!?www
Posted by at 2014年12月15日 16:05
貴族ってだけで人となりも確認せずに、顔だけで悪人だと決めつけたかw
自分の好き嫌いだけで出資してくれた恩人に仇を返すとか門閥と変らんなwww
Posted by at 2014年12月16日 07:44
>専制政治は民衆による革命によって滅んだ
できない夫はわかってたけどわかってなかったんだな

政治をひっくり返すのは「民衆による革命」じゃないといけないのに
自分たちがやったのはそうじゃないとわからなかったのか……
Posted by at 2015年03月03日 12:25
言うほど滅んでないのもポイントだな
Posted by at 2015年04月02日 12:10
やっぱただの馬鹿だったかこいつ…
頭悪いとこうなるよな
頭悪い人間の善意って奴だ
Posted by at 2015年05月31日 10:46
中世ヨーロッパの例を見ればわかるが、
帝国が滅んだ後、世の中の成り立ちを分かっていない一般人に文化や知識の継承ができなかった事で文化レベルが停滞・後退した事があるんだよな
知識層がいきなりいなくなったからと言うのも大きい
無自覚とは言え、過去に起こった事を引き起こそうとしていたんだから、やっぱり無知は罪なんやな
Posted by at 2015年07月24日 14:45
リュア家をどうせこいつも悪人だからと決め付けてふんだくったのは酷過ぎる…
やってる事は俺の気にいらねえ奴は殺すってだけじゃないか
独裁者そのものだな
Posted by at 2015年08月14日 21:24
今更だけどもできない夫は識字率すら考えてないのが悪い。
現代日本は凄い意味で狂ってる事を判ってなかったんだろうな。
魔法があるとはいえ、中世ヨーロッパと同等の教養レベルだったら民主主義なんて絶対不可能なんだけどな……
Posted by at 2016年05月03日 08:16
コメントでもありましたけど現代日本人は貴族の実体を今一つわかっていないってのは確かにありますよね。
欧州では今でも貴族の末裔は尊敬されている人も多くいますがこれは貴族は中世社会における唯一の知識層であり
政治経済だけでなく文化芸術の発展と保護まで担ってきたって面があるからです。
物語では話を面白くするために悪役に描かれる事が多い貴族ですが正しく歴史を学べばそれが印象からくる思い込みってのは理解できるはずですが・・・。
とはいえ私もそれが理解できたのはおっさんになってからですからねw
理想主義に傾倒しがちで経験の少ない十代二十代の若者にそれを理解しろってのも酷な話なのかもしれませんね。
Posted by at 2016年07月24日 10:31
>えっ? リュカ……?どうしてサマンオサに……。
まさか……近所で起きた事なのに、
ブロワ家の蜂起をきっかけにロマリアが本格的に介入してる事すら把握してない?
(それすらも元を辿れば、できない夫がバカやらかした事の因果応報なわけで)

何この情弱賢者(笑)。
Posted by at 2016年10月30日 14:08
リュカ家から船の支援を引き出す前にヤンとルーラでサマンオサに行っている
こいつら何のために船でわざわざサマンオサに来たんだ?
Posted by at 2016年12月16日 18:50

孔明マージ≒が、シュターデン先生を舌戦で倒した時、言及されてたから読み返すんだ。
Posted by at 2017年03月26日 00:37
リュカ家に関してはそこまで酷い事はしていないような……
当事者からしたら許せないだろうけれど、勇者支援というのは前の話でもあったが「利用し利用される関係」でしかないわけで
作中でも言われてたけど「見る目がなかったな」って事だよね
問題があるとすれば、できない夫に「利用し利用される関係」を有効活用しようという腹黒さがなく、ただただ理想があれば何とかなると思っている幼稚さしかなかった事かな
Posted by at 2017年09月21日 06:53

この世界のスポンサーは現実のCMみたいに「問題起こしたら即切って知らぬ存ぜぬ」とはいかないのだよ…
外から見れば、他国で巨大な脅威・混乱を生んだ大罪人・できない夫を、リュカ家が作り出してしまった事になる
影響は当然ながら国際問題に波及…リュカ家は国からは問題を起こす可能性のある家として睨まれる
他家は腫れ物扱いで誰も支援しないし、交流も持ちたがらない、そもそも近付きたくない
取引はどうなるだろうか?領民の資材や食べ物の流通は?そういう事だ…
Posted by at 2017年11月12日 11:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106119210
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ