■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 6/4 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2014年12月01日

第129話「新たなる序曲」(2)

第128話へ  2    第130話へ

36 :◆vsQyY1yD2Q

     |
   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |       ・
. |   @ (__ノ、_)   要するに、できない夫は こう言いたいんでやんすよね?
  |      ` ⌒ノ
.  |         }     「自分は正しい事をしてきた、悪くない」 って。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



                              / ̄ ̄\
                            / \  ヘ. \
                             |  (●)(●) |
                             |     |    │  そ、そうです!
                             |   __`___ u |
                             |   ./__ヽ .|   僕は、サマンオサの民を救うために
                            ヽ         /.   戦って来たんです!
                                ヽ       /
                                   /    く
                               |      |
                               |      |


37 :◆vsQyY1yD2Q

                                  />、
                                //  ヽ
                               //   /
                             / .,f^| ヽ  プル
                            /__l´`! l  !
                            /, イ l  l  l  }  プル
                __     .// .|  ', l   /.
            , -‐::::::::::::::::,、 ̄|  //   」     /
            /::::::::::::::::::/ ヽ:::://   /{.     ∧
            /::::::/^/´ ー-//  .// `ヽ_/ }  …………。
          , く_/´ -‐ __「`_/   / /        l
          {  |   /  、 `ヽ /   |         l
          ヽ .|  /  ー-ヽ__> ´   /|         /
           >|___/  ー―┼} ̄ ̄/ ./|       /
   , -------<_.,バ´   r‐┐//:.:.// |      ./
../  `ヽ:.:./ ./  {   ノ‐-、//:.:.:// /     /
'      V  {   ヽ∠{  /:.{:.:./ ./   '    ./



                       .,. -─- 、
                  /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                    ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ
                  l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::!    落ち着け、おっさん。
                {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡
                {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡    まずは話を聞いてみようぜ。
                 iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|
                 ヽ入     `VY           /l /l
             ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!
          ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ
          | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、
        ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ
       ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、
      l ハ  V.:.:.i  / ,::   `Y´.;;;′ `Y´   .!,..ィ"´`ヽ〃;;;:;:;:;:;:;;:;゙゙゙´: .
        l/.::',.:./.:.:.:j. /''"´   ....;;;;;   人    (,,、、`Y.. ):::V´     : : :
       {  V「88j/     ...;;;;;;; .:.:`Y´     (´ _ノ(.. )::::::',、、、,,,__....: : : :
        〉;; ぃ.::.i l..... ........:.:.:.;;;)。k、ミヽ      (´ _ノ(.. ).::::::!: : :.:.:.:.;;;;;;;``
        /;;  .い.::i l;;;;;;;;,、、 '''゙""´   ..`゙゙゙゙゙'''''''''´( _ノ(.. ).::::ノ: :.:.:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;
       ,′ノ人 jりi ;: : : : :''''';;;;ゞ ::;;   ...:.:.:.: .: .: .;;:i1 i爪ツ"´.:.:.;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


38 :◆vsQyY1yD2Q

                        ィ ´ l!  l! `  .
                          /    l!  l!   ` :.
                         /      .l!  l!      ヽ
                     /        l!  l!        :.
                       /       l!  l!         l!
                        / ___   .j  :l         l!
                     /.:´     `ヽノ  弋  ____  l!
                 /   ィ==≧_ .∨ .∨イ´   `ヽ{       ……ならば問おう。
                   / ./::::! {   ヽ ∨∨ _ ィ´ ̄j`ヽ ∧
               /_/::::::::ハ  \___ ゝY<___ノ リ:::ヽ∧      何故 貴様は、門閥共との戦いに
               ー──‐‐l! `ー‐‐  ..:::: `ー-==/::::::::ハ∧.    うつつを抜かし
              _     ∧ ̄ ̄`:.  .:::::  r‐‐- ./、__ハ」、
           ィ ´: : : :..`><  ト、 /  :.x==x ∧. /イ: : : : : : :.j:::::\  元凶であるボストロールを放置していた?
        ィ ´: : : : : : : : : : : : : :`ヾ∧  /----ll  //l: : : : : : :.リ:::::::::::\
     ィ≡彡-===≧: : : : : : : : : : :.:.:.∧ ./:l:l:l:l:l:l:ll //ノ!: : : : : : /`ヽ::::::::::::\
  -≦´:::::::::::::::::::::::::>’` <: : : : : : : : : :..∨===、// 丿: : : : / ヽ \::::::::::::>.
  ::::::::::::::::::::::: /´ ̄ `ヽ   `ヽ` <: : : : : : ヽ________ イ {_/l    l r''-≧.::::::::::::::`>、
  :::::::::::::::::::/      \       ̄'' - ,,__う       l l   У  l l  ̄`'' - ,,:::::::\
  :::::::::::: /         ∧         \ \          l l   /    l l      ’'' -
  ::::::::/______   ∧       ∧ ',          l l   j   / /
  :::イ´          `\∧__     ∧ ',       .l l   l   / /
  -=--、             !  ヽ      ∧ ',      l l /l ̄ ̄`'' - ,,_




                                     / ̄ ̄\
                                    / _ノ     \
                                     (●)(● )  u. |  放置してません!
                                   | |   u   |
                                   | __`__      |  王都を攻め落とせるだけの戦力が
                                    /__ヽ     |   まだ揃ってなかっただけです!
                                     {      u. /
                                    \     /.     それに民を一番苦しめていたのは
                                    ノ     \   門閥貴族達ですよ!!
                                   /´        ヽ


39 :◆vsQyY1yD2Q
               ____. __
             .,.‐´     '',,`',:::::::`‐、
           ./::::::::'゙゙,     ';'`、,;;:::::;;;;;\
           /:::::::::::::;;'゙´       `、 ;彡;;;;;:::\
          .{::::::::::::::::`::::',ッ'';;'';'';';';;;`、彡彡;';;;;;;i
            i';::::::::::::; .:::;:,_____、,__,::; ;::i
          ;‐,'-,;__;..::'::|゙          i::;; ;::i
          /::::`'‐,r':; ,::;;;}‐──────‐}: :, ;;゙i.   そうは言うがな。
          .i゙;::::` .::;´:::: ::::} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:';; .:゙i
          .゙i::::: ,::: .::::: _,;;l゙____,..、____|:;, '' ,;;i   カブノールを奪われた時点で
        .i゙:::`::::;;;`..;` ::|;;;;;`‐゜ー';;;;; i;`‐゜‐';l:;'::';,,゙i    ほとんど勝負は決まってたんじゃないか?
        ,-゙:: ::;',:::::゙゙'゙ _;;;}         l::::::  i:::::; Y'
      .∠;;:`.::;`::::: ;;;;''゙::|          l:::::: i:;' ;;, ゙i.    あそこはサマンオサ一の穀倉地帯。
  ._、゙ィ;;::::`:::';::''`;;;;:: ,;|,.    、 ゙ィ,,,__}::: i:::;' ;;i'`
 ̄ ̄   ';;;;'''',,,'::::::::'::::;':::}:`、    ̄ニニ¨ /; ノー'´\    対するコスタットは貧乏地帯だぞ。
     ゙,,_ッ;;:::::::::.::;`:;;;;}::::::`、     '''  /:; ;i`、   \
        '''' ッ:;;;; .:;;''`:i  :::::::\,,   _/:::;i` i .`、    \
          ッ'''::::. ':::::::i   ::::::::::: ̄''';;ト' ゙  |  `、



              =ト='トミ、イ`
          二三洲ミ ‐ツiトミ=ミイヽイニミ
         二三彡三 ミll`-イ、洲-三ミミ
       三三彡、 イ三ミト_、、ミヽイ三ミ`ミミ
       Zイ/〃lイ/ィノ/‐‐ミミ'llィ三、 ト;ヽ洲
       =仏イl州洲/"'- 、 `´ ̄ィミミミjl:lYl
       lYイ洲仏イ'"'- 、  "'-,イ洲洲,,ィ,,ィll
       l州仏イト=、___ , ., - 、l洲 仏イ洲l 'l!.   それに、凡人とは言え
       l洲lリ'´`¨`’=ll ll Y=、進_洲洲洲y!
       l洲l!    ,,,,,/´`‐-’-‐lll州州洲   そっちの数は門閥軍の何倍もいたのだろう?
       l洲'    ヽ,,ィト,)    ミ洲llll洲ll
       lllll  'ツ=、_’     ,,ニ洲lllll洲lll
       lllll! ==、_`_ヽミ、   彡イ=洲lllll洲.   それで どうやってカブノールを奪い返せと言うのだ。
       llllli, ,l,´  `'''''    ,l´,_`l´州川仏
       lllllll、`'    _,, ィノ  `イl川川洲     俺様のような天才ならともかく、門閥だぞ門閥。
        二、` ̄ ̄ ̄´   .l仏l洲l洲l洲
         -,、`        l洲l洲llミトトl
         ミ_ヽ、__ ,       _l、 `イト,≧=‐
         ´.l`‐i,,、.ノ  ,ィ===、<




                                       / ̄ ̄\
                                      /      \
                                       |    -‐'  へ |
                                       |  (● ) (● ) |  で、でも
                                       |     |  │
                                       |.u   __´___   l.  皆は門閥を……。
                                      ヽ  /___ヽ !
                                       ヽ       ノ
                                       /      く
                                       /        ヽ


40 :◆vsQyY1yD2Q

      |
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |     ・   ・
  |  @ (__人__)    門閥の統治って、酷過ぎて
   | u.   `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃   ボストロールも放置してたって話だったでやんすね。
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ


            ノ.:ノ.:::::::::::::::⌒ヽY.::::::::::::.`ヽ::.ヽ
              〃〃.::::::〃〃⌒ヾVx≦、::.`ヽ:::::::ハ
            〃〃:〃.::::::{::{       }:::::ノ:}:::::::::}
            {{={{::::{{:::{:::八{二二二ニニミ/:ノ}.:::::::ハ
             {{:::{{ 〃八(__,ノ__ ,    〃:::X/.::ノ:} } }
  ― -- =ミ   八八{:::{.::::::て 。ユノ八≧=‐-v'.::〃ノノノ
.          `Y:: ハハ:Y:::::::厂 ̄ ̄{ {`ニ゚ニ:::::::::::〃/        ああ、なるほど! あれか!
.         ノ.: } :}:从::::/  .:::::r_、_}〉::..  `Y::::八{
       /.::: ノ ノ.::::}}::{  、___ヽノ___,  ,::::::{ { ハ-,‐―――  できない夫、貴様いいように利用されたな!
      〃.::: 〃〃.:::八{  トーーー-一'  /.:::::}} }::::} l
`ヽ.     {{::〃〃.::::::::/.:::ハ  K´   }/ /.::::::ノノノ:::{ l
  i   〃::{{:::{::::::::::i:{八{∧  `=‐--=′/{:::::〃〃.:ノ l
  li  _从::从八{:::::从 {  ヽ.::::( ̄   .イ }::::} } 八/⌒ヽ/⌒ヽ. _
 ⌒Y´ ' }ハ |i ヽ(ヽ ヽ!   ヽ=--=彳  ノ从八ノ' |_  .イ  /   \
 、_丿      |i    \\______/ /    し' ノ |し'丿/     `ヽ
 、__|      |i       {\ ー-      /|    | ̄  `T  |_  /
   ハ、    |i_     {  「厂 ̄「厂 ̄「{  ノ  __|_   ノヽ. し_ノ/
    \ / }ト ..    {i__|{__l{__|{/   (   `Y       / 、/




                                              / ̄ ̄ \
                                     -`  ⌒  ヽ、_    ヽ
                                       ´   ●) (● )   |
                                           l /       |  り、利用?
                                         lヽ      u. |
                                          . ー- 、     |   君は何を言ってるんです?
                                           ヽ      /
                                         ヽ     /
                                         .>    <
                                         |     |
                                          |     |


41 :◆vsQyY1yD2Q
;;..;;;; /;:;;;./;;;;/;;;;;mヾヾl|//;;:;:;:;、;;;:;;ヾ;;;ヽ.、;; :ヽ
;;;;;;;/;; ;;;/;;;;///,'        ヾ;;;;;ヾ;;;;l.|;; .;;ハ
:::::/;;; ;; i;;;;;.i;|l.|;l            `i;;l;;;;l::l;;;i、;;;l
;;; l;;;_,,ェョ;;;;;;l,l|'l:l--―――― ---ノノ!;;;リ;l::::j、 ト
;;;;lニ-ーf;;;;;;l|l・リ"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゛''/〃〃;l,,l::::ヾ;l
;;;;l;;; ;;;;. j;;;;;j;,' /    ..:  .    l|{;;〃!: ト、!.:.ヾ!.   天才の俺様は、そいつらの考えが読めるぞ。
;;;.j;; ;;;. j';;;;//' .....-.....;;;;.  ::::- .{l 巛.{;; i| .::: :: `i
.;;;};;;;;;;;:::::::,r・こ―、;;;;;;ゞ {.,r・こー、:::::l;;; : :.;;;; ; j.   ボストロールも放置する酷い統治。
;;ノ;;;; :::::/;;;;――‐;;;;:;;,.. i; l:;;;;;;―‐::::::::l;;;;;.; ,:;' ;:;'
.;.;';;;;;;;;ノ"""""´´  ::..   l      :::l;;;;.;;.;;.; ;;'
;; ;;;;;;f          ,i、 i、     :l;;;;;;.;.;.. l    「ボストロールは、農奴に何もしていない」
; ;:;;;;;l ...   ...   ゝ 〃/´、,      l;;;;;, .;;;. .ハ
;;;;;; ;;;l:::::'  ",,    '';;.;;;;:''      ,';;;; ,'':.: ; ; ;!.   分かるか? 農奴が恨んでるのは門閥だけなのだ。
;;;;;; ;;;l;;;'   ゝ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ッ   .j;;;;;;;.;.:::;:. ; l
;;;; ;;;;;;l;       ̄ ̄`´ ̄ ̄   /;;;;;;;; ;;; ; ;./
;;..;;;;;;;ノ :.   ...::::::"リ"''""":.....  /;;;;;;; ;; ; ;;;/    そして貴様は奴等の恨みを晴らすために門閥と戦った訳だ。
;;:;;;;;;;;l ヘ ::...   :.:.: .:     :.: ,';;;;;;;;;.: : ;;;イ
;;;;:;;;;;;l:.::.ヽ :.:..   :         ,'::::::: ,;;,; ,;; l       魔 王 軍 の 計 画 通 り に な 。
;; ;;;;;;;l.::::.:::::`.ヾ.、   .......::::::.. /;;;; ;;;;; : :: :::l
;;;;;;;;ノ:::.::.:.:.:.:.: : :`ー-=≡三=‐',;;;;;;;;;; :.:; :: :.::l
彡'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;::"__,彡;;;; ;;;; ,;;.;; ; ;;.l




                                  / ̄ ̄\
                                 / _ノ     \
                                  (○)(○ )  u. |  なっ……! 何を言うんですか、あなたは!
                                | |   u   |
                               l __`___      |.  彼等を侮辱するのですか!?
                               }vvvv}      |
                               {`^^^´    u/.   彼等は被害者なんですよ!?
                                    \.      /
                                   ノ     \
                             /´        ヽ


42 :◆vsQyY1yD2Q

                 _,,,,,,,,,,,----,-,,,,,,,,,,,_、
            ,,,-'"゛      `ヽ `ヽ: `''ー、、
             ,/`          │ ゙l   ‘'i、
         /               ゙l  ゙l    `i、
           ,i´             ゙l  |、    ヽ
        丿              ゙l  |      ゙l
       丿      ,,,,,,,--―'-、,、  :|  ゙l  .,,,,,,,,,i、,.゙l
       ,!    _,,-'"`    ._,,,,,,,`゙'ー、|  .レ": _  `'゙l
       | .,,/″  _,,-‐''''"`  ゙゙'''ー⊥ .《/゙,. ゙゙̄''‐,゙l
       .|‐'^   .,/゛           、 :!`'',i´ ,/---、,、 .ヽ
      .,i´   ./   _,,- _,,,,,,,,,,,,,,,,,.゙''i、'l | .,,彡‐"゙゙ミ,`  ゙l
      .,i´   ,i´  _,-,/r'"^,  i、 `,!/.,|,,゙l._,,)   ゙、  ゙l
     .l゙   丿  、//: l゙  .l゙   `''''" `.--:      "   ゙l.
     .,i´  .丿   .,,,゙''‐ミ,,,_ ."  _,,,-‐ .!  ヮ-,,,,,,,−    │
    : ,i´  丿    .゙l"ヽ,、`゙゙゙゙゙゙゙゙` ._,-`l゙  ゙l.、、   ._、、  .゙l  …………。
    ,l゙  ,/      ヽ、`゙"'―'ニ二―‐|.r'"゙゙ヽ,二ニ,,_ |   ゙l
   ,l゙  .,/       ..,..,/┬''''"゙`  .,,-‐`|   │    `}   ゙l
   ,l゙  丿     ,,,,,--∧ ゙l、      .,/ |゙゙|.'-,ヽ   │ `'i、 ゙l
  / /    ,lー、,へ、_ \ ゙l-、    .,/ l ゙l ゙l |`ュヽ ー‘  .l.│゙l
  .゙lィ,_、 .__,l゙  `゙',!-ミヘ,,ヽ!、   .,/.| ゙l ゙l ゙l | .|`j,ヽ  r‐ー―''″
      ̄ ̄ │   .│ `゙''-i、彡. .,/{ l゙ l゙." l゙."_|,,|,゙‐' ,,,゙l
      .._,,,〃    ヽ、   `'''-(,,゙l,ニニニニニ┴ー'ァニニ┴
,,,,,,,,--‐''"゛ |、      `''-、            ``  `゙'''''¬――、
          ゙ヽ      .,/ \、.._,,,,,,,,,,,----、
        `-,、   ./   `゙″
          `\、 ./             ,、
            `゙゙゙'''―-----,,,,,,,.  .,,-‐″



                  ,-´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`-、
                     ,-´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `-、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\.
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
             i゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
              .|:|{::::::|{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|::::::}|:|
           i:::| {:::| {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |:::}. |:::i
           { |::::| {;;| \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |;;} |::::| }
          {::::::|     \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,---、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      |::::::}.
            |\;;l    ________________ l   l ________________   l;;/|
            |\    |   ________ `i   i´ ________   |    /|
          __|;;;;::`i     | <  ・  > |   | <  ・  > |     i´::;;;;|__   落ち着け、旦那。
      `ー、 ニ    \   ̄ ̄_____}─-{____ ̄ ̄   /    ニ,,―´
            |::::::::\ : ___  ̄ ̄ ̄_    _  ̄ ̄ ̄___  :/:::::::|
            |:::::::::::}.  l::::l  l~^l  |::::|   |::::|  l~^l  |:::|   {:::::::::::|     おい、てめえ。
           |::::::::::|   |:::::| .|::::| .|:::::|  |::::::| .|::::| .|:::::|  .| ::::::::|
           |:::::::::|   .|:::::|. |:::::| |::::::|  |:::::::| .|:::::| |:::::::|   |:::::::::|     リュカ家 騙して、ロンベッタ攻め落として
           |::|ヽ;;}  |:::::::|. |::::::| |::::::::| |:::::::| |::::::| |::::::::::|   {;;/|:::|     コスタットも攻めて
           |::|    |::::::::::||:::::::||:::::::::| |::::::::||::::::::||:::::::::::|    .|:::|
           \`-,__,-´ \ :::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::/ `-,__,-´/       被害者面してんじゃねえぞ。
              ̄| ̄  | \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |    | ̄
            / |    |  \::::::::::::::::::::::::::::::::::/  |     | \
.        /  |     |   \:::::::::::::::::::::::/   |     |  \
        /     |     |     ̄ ̄ ̄ ̄     |       |    \


43 :◆vsQyY1yD2Q

                 / ̄ ̄\
               / 「  へ \
               |  (●)(●) |
                  |    |   |
                |   __´___  ノ   騙す? 言いがかりは止めてください。
                |   `ー'´  }
                ヽ        }
                 ヽ     ノ
         r、     r、/     ヘ
         ヽヾ 三 |:l1        ヽ
          \>ヽ/ |` }      | |
           ヘ lノ `'ソ       | |
            /´  /       |. |
            \. ィ         |  |
                |         |  |



           *:.。..。.
             *:.。..。.        キラキラ・・・
                 / ̄ ̄\     ..。.:.*・゜
                「    へ  \ ..。.:.*・゜
                   ( t:ク)( t:ク)   |           出資の条件はボストロール打倒でしょう?
                |  |       |
                     | ___`___     |            最終的にはボストロールも打倒して
                     | `ー '´    |             平和な国を築くんですから
                   ヽ      /     ..。.:.*・゜
                  >    <_  r 、   ..。.:.*・゜  何も問題ないじゃないですか!
           .,''''つ/)/        i ヽ ! !(,ヽ
          / ///ノ´)     / )ト .| | | | i
         〈 Y ∠//,' )    〈 〈 .| | | |/ ./





                ‐――――‐‐ 、
             /           \
           /              \
              /                 ヽ
          /                   i
          |                   i
          |                   |
          |     __ ノ    ^ー−      |
          l  /     ヾ   Y    ヽ    l
           |  | {:::::::} | }  { | {::::::} |    |   それに、どうせ痛くも かゆくも ないのでしょう?
          l  ヽ====彡   ゞミ、====/    |
            |          |           |    不当に民衆から搾取した財に比べたら。
            .!        |          /
           ',       `          /
            ヽ     ___     ∧__
             \            / / 〉::`丶、
             /\         /  / /::::::::::::::丶、
            /:::::l   ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
         -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


44 :◆vsQyY1yD2Q

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::U::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ−−−− ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ   う わ あ 。
      ゝ---η.   |||||||  ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^



          :/ ̄`ヽ:  プルプル
          :i  ', , -ミ 、:
          :!, -=メ.⌒ヾ`、 :     l´!/):
          :l ゝ-'ハ¨´ ヽ \:    ! j つ:   …………。
          :l! ハノ笊ヽノ≠=- 、  .ノ) ヽ ソ:
          :l__l-‐/ノ//   _ヽーヽ-彡'ヽ:
          :/ / l/ l!,,/-''//     ゝ _,イ:
         :/  / .// / /    ,, -''<:
          :/_,, -''´_  i  l _,ィ‐‐/    ヽ:
         :ゝl r '´ l //.イr'!.   /     l:
          :l l    l // イ l  { {      j!:
          :l l!-''´ ____.l  ', \  / !:
            :j ヽ! ]´ ___l   ゝ  /  l:
        :/  l!´ 下 \  ヽ    /   l!ヽ:
     _  :/   イ l! /\ .\ l!   ./   l! ネ、:
  :/ミー-'  >' / /l  {   \ ヽl! /    ノノ  !`ヽ:
 :\彡_}_ィ'   // ゝ-'l    ヾ  У    /  ノ !  \:


45 :◆vsQyY1yD2Q
圭圭7        ,佳圭圭圭圭圭> '"                   ,.。x≦圭圭圭圭>''"´               i
圭圭|       佳圭圭圭>''"                     ,.ィ升|圭|圭|>''"´        ,.。ュ:‐:‐:‐:ュ。.,_    |i
圭圭|        炸圭紗'"        _,,..           升l圭>''"          ,.ィ≦圭圭圭圭圭ム  ..||i
圭圭|        |圭ア      ,..。x≦圭紗"          イ圭少´        ,.ィ≦|才冬|圭l圭l圭l圭掛,  [
圭圭|         |ア´  ,.。x≦圭圭圭:少".,....-r::r‐:::-... . イ圭7  \__人_人从_人_人从_人人从/... Z,
圭圭|            ,.ィ升圭圭圭圭圭7 〃.:::::l:::|:::::::::::::::ヽ:::7  _)                      (__ 守_
圭圭l!       ィ佳圭圭圭圭圭圭7 .ii::::::::::l:::L.:::::::::.、:::...    )  ぬおおおおおぉーーーっっ!  (.掛x 寸沁
圭圭ll        |圭圭圭圭圭圭圭7  jj, -‐'::ー', =ミ::.\',   ̄ ̄)                    ( ̄ ̄ ..Z沁
圭ニ从       |圭圭圭圭圭圭刃’  /〃⌒i}::::{、_:::)::}:::.\ _,。x/⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒YY⌒Y⌒Y⌒\ 圭抄 寸lム
圭圭ハ        |圭圭圭圭圭ま刃   ;:::i{ゝイ::Y^Y::::::::/.::::::::::.ヽ .     '"        _、    `寸圭紗′_,ィ升lム
圭圭圭}      |圭圭圭圭l圭lヲ′ ;::::::.〈:::://l l l\/.:::::::::::::::::.ヽ   ___.             寸x   `_x。.,,_,.ィ升才"´ム
圭圭圭|       .[圭圭圭圭タ    ::::::::::∨=-‐==7ヽ::::::::::::::::::::〉  {::::::::.\.            ヽli、    `守圭才 ,.ィ佳lli,
守圭サム.     [圭圭l圭タ     i|:::::::::::.\/////.:::::::>==ミ:/   \:::::::::.\             `_       _,,.ィ佳ll佳沁
  マ圭掛、       Z圭圭タ     .乂::::::::::::::.∨///.:// ̄/⌒>‐- >...:: ̄::`丶、       `゙ニ三圭圭ア  炸致
心、 マ∨ム     Y圭ぐ      佳 `¨¨フ777.:://.::,=ミ/.:::::/.::::::::::::i{::::::::::::::::::_:::}                ,.佳致゙
圭_  寸掛、      Yll掛,    .,佳_ . イ:::::/:/:/.:://.::::{::::::.\/.::::::::::::::::/ヽ.二ニ≠::::::/                   ,.佳紗゙,.イァ
圭圭l!  寸掛、     寸l圭l    .,佳/ //.:::/:/:/.:://.:::::/\::::::.`ァァ‐-<::::i{:::::::::::::`:::く . x                ,.:佳ア´.イア
Z圭|!ト、   寸掛,     マ圭ム  佳/ //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/\::::::::::::::::::::::::::ヾー-::::::::::::::i .心            ,.イ紗'" ,.イllア
.∨圭ll,マム.  寸ム    寸圭ム  / //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/.:::::::}ー--:、:::::::::::::::::`¬:::::::::::|..圭掛,       ,.x'紗'"  ,.:佳ア
  寸从[ヘ   `守ト、    寸圭ム.\//.:::/:/:/.:://.:::::/:::::斗==:{:::::::::::}:::::::::::::::: ___フ.:::::| .圭|ム.      '"  _,,..ィ升ア
   マムY爪   `守ミ、   寸圭ム/l/.:::厶::-‐==≡i|゙::::::::|:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::: i(:::::::::::::::::::|..圭|圭|心、.  ,.ィ≦少寸紗"
    寸Z代x.   寸ミ、  寸::/.::{:::::i|⊂⊃ [].:[].:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::.\:::::::::::::::::ヾニニ=-:::ノ..圭圭圭紗升紗''",.ィ才
        [圭心、   寸x、  /.::::{:::::i|⊂⊃ . . : :.:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::::/ . 圭圭圭圭圭圭紗´   ._,,.ィ"


46 :◆vsQyY1yD2Q

                           ,..  -一 -
                       /         ヽ
                         /            ヽ
                     !        U     ヽ
                          ! ,.._,, ヽ(_,.-‐'゙      !
                      | ,ー、、   ;/乞jヽ u   |
                      i ' fぅ ,,)  ;;;::::ー'     |
                      }   '''   |   、  u   !  グッ……! ガァ……ッ!
                     i      ー '`  、    |
                         リ    f`¨´`i      |   く、首が……!?
                     ヘ    i:::/""|   u  |
                         ヽ.   Y_ノ U    .|
                          ヽ、 ヘー '       ト、
                            ゝ、        } ヽ、
                           ノ ∧ ;     ノi
                          /  イ ヽ、_ / ノ
                        _/   {∧ /ー\ / |



        |
     /  ̄ ̄ \
   / _ノ   ヽ、. \  ちょっ!? 
   |   ゚    ゚  u.|
   | @ (__人__) @ .|   アニスさん、ストップ! ストーップ!
.   l    |!!il|!|!l|   .l
    l u |!!il|!|!l|   }   なんか出てる! なんか出てるでやんすよ!
    ヽ   |ェェェェ|   /
    __ヽ      ノ__


47 :◆vsQyY1yD2Q

                          _  コホー
                           j´   `:  コホー
                         ノ`≧≦:
                        /、/ヾr‐iヽj、
                      /_>,≡イー‐`、   スマン……つい……。
                     //´ ヽヽ  l ト、__.〉
                      //、____j l__l l  l!
                    j/:::ハ    l [ ] j  l!
                    l!:::::::У¨`ヽ、 /  リ!
                    l!:::::::{ト, --、! `ヽ/::l
                    l:::::::::〉∧_∧}-ュ_j \:l
                    l:::::::::l     j    ヽ
                    /::::::::ハ    j、     キ
                  /::::::::::::ハ   /::::ヽ     ',
                 /:::::::::::::::::::::}  {:::::::::l\    ',
                /::::::::::::::::::::::::::ノ´ `j:::::::::ゝト、___j
              ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



               ____. __
             .,.‐´     '',,`',:::::::`‐、
           ./::::::::'゙゙,     ';'`、,;;:::::;;;;;\
           /:::::::::::::;;'゙´       `、 ;彡;;;;;:::\
          .{::::::::::::::::`::::',ッ'';;'';'';';';;;`、彡彡;';;;;;;i
            i';::::::::::::; .:::;:,_____、,__,::; ;::i
          ;‐,'-,;__;..::'::|゙          i::;; ;::i
          /::::`'‐,r':; ,::;;;}‐──────‐}: :, ;;゙i
          .i゙;::::` .::;´:::: ::::} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:';; .:゙i
          .゙i::::: ,::: .::::: _,;;l゙____,..、____|:;, '' ,;;i
        .i゙:::`::::;;;`..;` ::|;;;;;`‐゜ー';;;;; i;`‐゜‐';l:;'::';,,゙i   ……まぁ、気持ちは分かる。
        ,-゙:: ::;',:::::゙゙'゙ _;;;}         l::::::  i:::::; Y'
      .∠;;:`.::;`::::: ;;;;''゙::| u.        l:::::: i:;' ;;, ゙i.    俺様も思わず、魔法を撃ち込みかけた。
  ._、゙ィ;;::::`:::';::''`;;;;:: ,;|,.    、 ゙ィ,,,__}::: i:::;' ;;i'`
 ̄ ̄   ';;;;'''',,,'::::::::'::::;':::}:`、    ̄ニニ¨ /; ノー'´\
     ゙,,_ッ;;:::::::::.::;`:;;;;}::::::`、     '''  /:; ;i`、   \
        '''' ッ:;;;; .:;;''`:i  :::::::\,,   _/:::;i` i .`、    \
          ッ'''::::. ':::::::i   ::::::::::: ̄''';;ト' ゙  |  `、


48 :◆vsQyY1yD2Q

                            ‐――――‐‐ 、
                       /           \
                     /              \
                        /                 ヽ
                    /                     i
                    |  二二二二 三 二二二二    i
                    | u. ― ― ― == ― ― ― ‐  |  な……なんて乱暴な人なんだ!
                    l   ___ ノ     ^ー―−   |
                      l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l  そうやって いつも
                    !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l.  民衆を虐げているんでしょう!?
                    l.  ヽ.   彡!!!!!!ゞミ、    /   '.
                      ',        |      u.  /    僕は、あなたのような人から
                     ヽ    __ ` __     /     民衆を救うために立ち上がったんですよ!!
                      ヽ  |!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i| u. ∧__
                       \ ` ー―‐一 ´  / / 〉::`丶、
                       /\         /  / /::::::::::::::丶、
                      /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
                   -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::




           , -―-.、
         /::::::::::::::::::ヽ-- 、
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ./::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::'.
       l::::::::::::::::::::::::::/  .l:::::::::::'.
         !::::::::::::;イ〉/_   l:::::::::N
       |_ハ<_ニ二ン [_`ヽ|ヽ::|
      .「 '. ´ ´ ̄  ^l `ヽ`^ !´l
       | ヒ」 u     !   A./    ……ひとつ、よろしいですか?
       ヽヾ!    ,   〉、  .レ′
       _!`l  /_`´_ 〉 /     私は、ただの狩人ですが
      /  `ゝ..._ ̄ ̄ , ィ′
r┐   /  _____ `丶、       農奴と言うものにされていた人達の事は
|:::|-‐イ, -‐ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>- 、`ヽ.    確かに可哀想だと思います。
|:::|:.:.:/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     ヽく
|:::|:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/      ヽ:'.
|:::|:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./        '.:.:ヽ
|:::|:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/          ':.:.:{
!:::!:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./           .l:.:.l
::::|:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{   、        l:.:.:l
::::!l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:L_  \       /:.:.:.!
:::|:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| \  \     ハ:.:.:.:!
:::!l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!  \  \.    〉!:.:!
::|:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__!    \  `ー-<_j:.:.|
::!l:.:.:._:.:.-‐:.:´:.:.:.:!     \     ヽ:!
:|:!:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l           〈:j
:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!           l/
|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l           ゝ、


49 :◆vsQyY1yD2Q

                         / ̄ ̄\
                       / 「  へ \
                       |  (t:ク)(t:ク) |     やっと、話の分かってくれそうな人が!
                          |    |    |
                        |   __´___  |        あなたも横暴な貴族に苦しめられてきたのでしょう!
                   r─一'´ ̄`<ヽ  `ー'´   }
                 `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、   民主主義の世界では、皆 平等に ――
                   ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ)
                   /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
                (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
                  / // / /         . . \_\_)、_)
                  ー' {_/ノ              ."´




           /::::\
           /:::::::::/
            /:::::::::/
        /:::::::::/         , ‐v―- 、
        /:::::::::/        /:::::::::::::::::::::丶
        /:::::::::/       /:::::::::::::::::::::::::::::::::丶
.        /::::::::::/      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::/     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -i:::::;}
      ./:::::::::::/      }:::::::::::::, - 、::::::::::::::::::/  |:::::/
    /:::::::::::/      |::::::::::/   }::::::::::/_   |/
   ./:::::::::::/    _/^ー-{    川:/ー―` ./
   /:::::::::::/   / ヽ    ゞ__j     ´ ̄ /    ……先代の 御兄弟は……その、強面で
  ./:::::::::::/  /    \    /        |
 /:::::::::::/__ノヽ      .\  ./    r― ヘ   !.    どちらも誤解されやすい方でした。
./:::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.\      \.\   -―/`´
'::::// ̄`ヽ:.:.:.:.:.\      \. >.、  /
:://     ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ     //ヽ `´         ですが、兄のパパス様は我々の暮らしを良くするのだと
:|/        ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ   / |  >
/          ヽ:.:.:.:.ヽ:.ヽ   レ'く              自らの暮らしも切り詰めて水車小屋を作って下さいました。
           }:.:.:.:.:.:.}:.:.ヽ _/:.:.:.:.|
           |:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.Y:.:.:.:.:.|_
           |:.:.:.:.:.:.:.:`:.´.|:.:.:.:.「ヽ\        弟のオジロン様は、モンスターが現れれば
           |:.:.:.:.:.___;::.:.:.:|:.:.:.:L__l:.:.|
           l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:.|,        真っ先に先陣を切ってくださる頼もしい方でした。
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:|ヽ
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.「:.:.:.:|:.:',
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:}




                         / ̄ ̄\
                       / 「  へ \
                       |  (●)(●) |
                          |    |    |  …………えっ?
                        |   __´___  |
                   r─一'´ ̄`<ヽ  `ー'´   }
                 `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
                   ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ)
                   /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
                (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
                  / // / /         . . \_\_)、_)
                  ー' {_/ノ              ."´


50 :◆vsQyY1yD2Q

   , ‐¬ーへ
 /:::::::::::::::::;::::::`1
/::::::::::::::::::/ヽ:::::::ゝ
::::::::::イ:/`ー }::_::::ト
::::::/==^  ==ヘ::「           アニス様、リュクレース様の ご兄妹も そうです。
⌒! ´ ̄ ヘ ̄´ |ヽ.
 ハ u  ,__ ,〉、 .| リ
`ー l ./f==、.` .「         アニス様は、没落寸前の家を支えるため
 /ゝ._ ー ' _.ノ
/ `丶  ̄ ̄ ト、          自ら鍬を振るって開墾に参加してくださったり
\   `ー-┐ | \ー- 、
:.:.:.\.  /├-! ゝ-'べ:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.Y:.:.\:\./:.:/:.:.:.ヽ:.:.:.ト、   リュクレース様も、家を守るために お嫁に行かれました。
:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.`ーr:く:.:.:.:.:.:.:ヽ:.| !
:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.`! l.   幸い相手に恵まれたようで、我々も胸を撫で下ろしたものです。
:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.|:.:Fニ二」:| ヽ
:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.|:.:|:.:.:|:.:.|:.:! /
-――:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:.{:.:|:.:.:|:.:.|_j {
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.|:.: ̄ ̄:.:.| ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:_| /!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!:.:.!:.:d:.:「 ̄:.:_j  !
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:.:.|:.:.:|:.「 ̄:.:/  ./




                           / ̄ ̄\
                         / \  ヘ. \
                          |  (●)(●) |
                          |     |    │
                          |   __`___ u |  あなたは……まさか……。
                          |   ./__ヽ .|
                         ヽ         /
                             ヽ       /
                                /    く
                            |      |
                            |      |


51 :◆vsQyY1yD2Q
                      __
                 ,  ::´ ̄::::::::::::::::ヽ  , 、
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::´:::::\
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、:::::::::::::::::::::::::::'.
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ^'ヘ::::::::::::::::::::::'.
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.    '::::::::::::::::::::::::'.
         !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::ハ:/     ':::::::::::::::::::::::::〉
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!::::::/ ./         |:l::::::::::::::::::〈 |
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:/ /       |:!、:::::::::::::::<
       }::::::::::::::;:::::::::/::::::/  j/ ./        |! ヽ::::::::r、ハヽ
       / ,:::::::::/|::::::/|:::::/-―¬    「二二`丶| .ハ:,L:|
      /ハ:::::/:::l::::Zニ ̄-_二 ´  __  ー‐--.ミヽ  |  '.
      「 ̄:T|ハll/ T  ̄   ´      `      A  !   そうです、私は あなた達に
      l  .ハ.!              '.        .L  .!
       .l  L__.'.             '.       レ' /    心優しい ご領主一家を奪われかけたリュカの民です。
       '.   .、}              '.、     l  /
       ゝ、  l        ィ__     ハ      l/
        `ー┤      /  `ー ´  ヽ    l.       あなたは、そうした方々を
           l     /          ヽ  |
           |ヽ    { -‐ ニ二二二ヽ    j、       破滅させようとしたのですよ。
          _| ヽ                , イ. \
         ./ |  ゝ.._         ,   ´ /   \
        ./  l       ̄ ー--‐ ´   /     〉 、
  , --――/  \              /     /:.:.:.:.\





                                 , n / ̄ ̄\ .n
                                  / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
                              /,イ / (○)(○) .l i i i.   なんでそうなるんですか!?
                               〈 .r {u   | .i. } }  )
                             ', i.  ',   __´___ /   /   だいたい領主が滅んでも
                                 i   l   |__| .,'  ./    領民は関係ないでしょう!?
                                 ヽ、_.イ、.    人 ノ
                                ヽ     〈_ノ ノ     領主のような搾取階級
                                 |     ./       滅んだ方が良いじゃないですか!!
                                  |    .   |



        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ−−−− ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (   いやいや、次に来る領主が
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ
      ゝ---η.   |||||||  ゝ   門閥みてーなのだったら、どうすんだよ。
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


52 :◆vsQyY1yD2Q

                                  / ̄ ̄\
                                 「    へ  \
                                    (○ )(○))   |       そもそも、貴族階級なんてものが
                                 |  |    u  |.       存在しているのが悪いのです!
                                | ___`___ u  |
                                | `ー '´    |         民主主義なら
                                    ヽ      /
                                   >    <_  r 、    もっと立派な統治者を
                               ,''''つ/)/        i ヽ ! !(,ヽ  皆で決める事が出来ますよ!
                           / ///ノ´)     / )ト .| | | | i
                          〈 Y ∠//,' )    〈 〈 .| | | |/ ./




                   / ̄ ̄ `ヽ
                /        ヽ
                //≧=xr≦x-、l
              /Y´(_八_ハ ∧
             //  l ノ/\ y /∧   まだ言うか……!
             l`i /ぅ/ ──ァー'  ∧
          r 、 ! {./^/ /丿、/ハ    l
          ヽ ^' ./ ./y' /うー‐ 、/:l  /
          _l      /______  l /
        ィ ´ /ゝ、   /゚ ∞∞∞ ゚  ̄`>.
     /  /     ー‐'{ `ヽ    l     `ヽ
      /  イ         l,,___X__ ヽ____ヽ
      l  / l\         l /  ____ ヽ   !  ! ヾ、
      j ./ l!  ー- _ ノ {   |     |  }   l  |  )
   /´ /{!      /l    l   |     |  j ./|  ! /


, -‐‐ 、
:::::::::::::::::::ー--ヘ
::::::::::::::::::::::::::::: ∧
:::::::::::::::::::::::::::::::::∧
:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::ハ
:::::::::::::::::::::::::::::::/ }::::ト、!
::::::::::::::::::::::::::::/  |:::ト、
:::::::::::::::::::::::::::!   .!:/ )
:::::::::::::::::::::::::::L -_ア!
:::::::::::::::::/!:i、;:/,  .ゝ、
::::::::::::::/ |ハ! / ′ ':.       よく分かりませんが、札入れのようなものですか?
::::::::::::l⌒! .|       '.
::::::::::::! .!         '.    なら私は、アニス様に一票を入れます。
:::::::::/l .l u        .〉
::::::/ ! !      /ー┬'    リュカの民なら、ほとんど そうすると思います。
::::,ゝ、 ヽヽ u   / , -┘
::::!  ` 'ー'   / .∠ 、
:::{.         ′   ,
N!  i  u      {
ー- 、j         !
   `丶.     __ノ
      ` < ̄


53 :◆vsQyY1yD2Q

                              / ̄ ̄\
                             /ヽ.  ノ   \
                              (● )(● ) u |
                            |  |        |  だから民主主義は民衆のためのものであって
                            | ___`___  u .|
                              ||   ヽ   |   貴族が民衆の代表になれるわけがありません!
                                ヽ  ̄ ̄   ./
                             ヽ     /
                              /     \
                       ⊂ ヽ∩  /       \
                        '、_ \|         |
                  .           \ \  /  /




              y-─-、
               /   ._\
         ∧イノ  厂{ミZZァ         あ? それって おかしくねえか?
       人ノ:::ム=-y} 弋//ノ-、∧
      从z─-、::::\.:ゞ-、 L_i/::/   皆 平等だったら、アニスの旦那でも問題ねえだろ。
      /    ヾ::ノ.:.:.:.:.i  ;\::::::::{
     /       |.:.:.:.:.:.:.:|,,ノi.....',ーi"L.           , ―――‐ァ
.  /ZZz=-xzzzz,ノ.:.:.:.:.:.:.:.|_|__.〈.:./   `ーz ̄ ̄ ̄ ̄{ {二ソ ̄
  /::::::≦二二二才.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|_/ {    !:::::::::::::::::::::弋三ノ
. {:::::::::::::::::::::::,' ̄ヽ .:.:.:.:.:.:.:.::|_ノヘ/.:.:.廴__>-一 '" ̄´
. 廴___人二ソ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|_/i__ト、__ノ
         }イ三三三ゞ斤ヘ
         |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー'"ヽ


54 :◆vsQyY1yD2Q

            ,..<´ ミ彡⌒ゝ、
          r'"     ミ彡     ヽ
           ,'´ ,    ミ ,.  ミ  ハ、
         ル リ ' ,'´_   ,,ヽ ',   !
        .ノ   |  i´ `"´ `!  i バ
          .7  ,リニl ,リニニニニl i l ', l
          .l   ,ノ ノ      ゞゝゝ  ゝ
         ル  イiミ=・=彡 iミ=・=ミ!ヾヾ ハ
          ノノ リ l      l:'''   ;l i  ハ'   ……なるほど、理解できたぞ。
       .フ' ,イ ,从    ;;,、j;;   ,!   从
      .( , '    ヘ.  、__,,, ,∧ ', ハ
    _.从   ノ リ '.,  ;:ー'' ,イ  ',  ヾ
     ,,`,イ  ,,/  /:::;;;;ゝ;,_,,イ;;ハ   i   ハ
     .`ゝ  い  ヽ ;;''''':;;;;:'' リイ  ノ リ 从
       .`ソゞ  ソノ\  ;; ,:'_,,V  ノノ ノ
           ゙ゞゝ! \  ゝ.-‐'",,.ィゝ、(ヽ'´
         ヘ  ヘ. > ,,   _,,.. ''


     |
   / ̄ ̄\
 /     __\
 |       ・ l
 |    @ (__人_)  えっ? アミバ、分かったでやんすか?
 |      ` ⌒.
 |   .u     }
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


55 :◆vsQyY1yD2Q
             、    ,、、、、,,_
           ,,、-≧'''"≦三ミ`゙'ー、,,,、、,,
         ,r",、-'''""三彡―ミ~'ー彡三ミヽ
     'ーミ彡'"´///;;;;//シ;;;;;;ミミ、リ彡;;;;;ミヽ
     ,、-''"ィィ ""///'"/- 、;;;;;;;l;;;;}r''";;;;ヽ;l|ll|ヽ
     ////ノッッ从从ll||l|;|  `'''ll、ッ彡;;;;;;;イ;l|ll|ll|ヽ
     -彡 ノノリ//从;;;;;;リリ   u::::::::::::::゙'' 、;;l|ll|;l|llヽ
     / ッッ ///;;ノ;;// u   ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;|ll|;lヽ
     /彡ノノ/":::ミー、,ッu ノ ィ'"/::::::::;;;;;;;;;;;;l|ll|ヽ
     ッッイノ;;;/ィ'" <っ゙ヽ;ゝ" {Y'∠,,_||;;;;;;;;;;l|ll|ヽ
     彡ノ;;;/)-、""'''ミミ'''=.ィ'"彡;=,-、-、:::;;;;l|ll|ヽ ヽ   平等と言いつつ、アニスは 「議員」 とやらになれない。
     彡ィ' '/ ノ ,,-、ミ゙゙ ヽj::::::::`゙゙゙'ーヽ:ヽl|;;;;ll`'ー、
     ;ィ/ /'" イ:/ ゙/:〈、〈" ),<"  `ヽ::::/;;;;;トlll |ノノ  そこから こいつの目的が透けて見えてくる。
     //__/  ,'::ノ ィ´、」゙゙'::゙"ア  U :::::::/;;;;;;ノll| \l
     ..|''','"" ,'ィ´',/::(゙_'ー≦=ミ_   ..::::/;;;;//イ }} l| ヽ
     ..j. j  :イノ j:::ィ''ヾ゙゙'''ー-ノ:::〉 ..:::/;;;;/" |、 lリ)    つまり、こいつが やりたいのは
     ., イ, Y" 〈{イ}、_ `´⌒):::/ :::/;;;;;;;リ、l||| lヽ|
     ...(   }  j''ー- 、''ー--'::::,'u: /;;;;;;;;;/ノ/|"|        今 い る 貴 族 ど も を 皆 ド レ イ に す る 事 だ 。
      ,}  :}.   |゙゙''''ー-`ミ''ー-' /;;;;;;;;ーイ//从l
     ../  "   |'"´ `゙゙ヽノ  イ;;;;;;;;;;リ//イ;;;;;;/
       ィ     l、     ,/:/;;;;;;/从ッッll|;;;;/
      :::'"   ,'::`''ー 、,,,/" ノ;;;;;;;ツ;;/llーl从イ}



            ノ.:ノ.:::::::::::::::⌒ヽY.::::::::::::.`ヽ::.ヽ
              〃〃.::::::〃〃⌒ヾVx≦、::.`ヽ:::::::ハ
            〃〃:〃.::::::{::{       }:::::ノ:}:::::::::}
            {{={{::::{{:::{:::八{二二二ニニミ/:ノ}.:::::::ハ
             {{:::{{ 〃八(__,ノ__ ,    〃:::X/.::ノ:} } }
  ― -- =ミ   八八{:::{.::::::て 。ユノ八≧=‐-v'.::〃ノノノ
.          `Y:: ハハ:Y:::::::厂 ̄ ̄{ {`ニ゚ニ:::::::::::〃/
.         ノ.: } :}:从::::/  .:::::r_、_}〉::..  `Y::::八{        流 石 の 俺 様 で も 引 く わ 。
       /.::: ノ ノ.::::}}::{u    ヽノ    ,::::::{ { ハ-,‐―――
      〃.::: 〃〃.:::八{          /.:::::}} }::::} l
`ヽ.     {{::〃〃.::::::::/.:::ハ { ⊂=ー....´⊃:./.::::::ノノノ:::{ l.         こいつ、聖人面して とんでもない大悪党だぞ。
  i   〃::{{:::{::::::::::i:{八{∧    ー−  /{:::::〃〃.:ノ l
  li  _从::从八{:::::从 {  ヽ.:     イ }::::} } 八/⌒ヽ/⌒ヽ. _
 ⌒Y´ ' }ハ |i ヽ(ヽ ヽ!   ヽ=--=彳  ノ从八ノ' |_  .イ  /   \
 、_丿      |i    \\______/ /    し' ノ |し'丿/     `ヽ
 、__|      |i       {\ ー-      /|    | ̄  `T  |_  /
   ハ、    |i_     {  「厂 ̄「厂 ̄「{  ノ  __|_   ノヽ. し_ノ/
    \ / }ト ..    {i__|{__l{__|{/   (   `Y       / 、/


56 :◆vsQyY1yD2Q

                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.\
                    / ..;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.. \
                  /   ;:::::: \:::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::;   \
               │   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::;   |
               │ /=≡==、、\::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、 !
               │ //      ヾ、 :;:;:;:;:; ツ 〃       ヾ,|   それ、穿った見方にも程がありますよ!?
               │       ◎ ......:;:;:;:    ◎      │
               │ ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;゛ ゛ー=====彳 .!   それは僕に対する侮辱です! 
               │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  │   名誉毀損です!!
               │  ;::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   |
               │  ;::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::: U   !   今すぐ訂正してください!!
               │  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  |
               │  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  |




          |
        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |      ・   ・
      .| u @ (__人__)   でも、アニスさんが立候補できないのは そう言う事でやんしょ?
       |     ` ⌒´ノ
       .|         }.    平等なら、元・門閥が立候補したって良いじゃないでやんすか。
       .ヽ        }
        ヽ     ノ     当選できるかどうかは ともかくとして。
         i⌒\ ,__(‐- 、
         l \ 巛ー─;\
         | `ヽ-‐ーく_)
         .|      l




                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                      / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.\
                    / ..;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.. \
                  /   ;:::: \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::;   \
               │   ;::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
               │ _____::::::::::::::::::::::::::_____   !
               │ │::::::::::::::::│ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: │::::::::::::::::│  |
               │ │::::::::::::::::│ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: │::::::::::::::::│  |
               │  ヽ::::::::::::::::ノ :;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ::::::::::::::::ノ  │
               │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  |   いや、いかんでしょ。 門閥貴族は。
               │  ;::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   |
               │  ;::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::: U   !
               │  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  |
               │  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  |
               │  .;::::::::::::::::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::;   |




           |
          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、_ \
       .|  ・   ・   |
       .| @(__人__)@│  だから、その時点で
        |   `⌒ ´   |.   平等とは ちょっと違うんじゃないでやんすか?
        .|           |
 r、     r、ヽ       /     アルフレット、良いヤツでやんすよ?
 ヽヾ 三 |:l1.ヽ      /
  \>ヽ  |` } >     <
    ヘ lノ `'ソ       ヽ
     /´  /,1      | |
     \ ノ .|     | |

【 今日も元気に歌ってます 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          ∩____∩
                         /  詩   \
                        ./   ●   ●  .', 〜♪
                        l     ( _●_)    l     __
                       彡、    |∪|    ミ    「  /
                       i"    ヽノ    ',ヽ  〆/´"
                       ヽ       〆 ̄ヽ/(~ン
                        ヽ  ヽ―〜     /
                        / ゝ___)        し
                        |          ノ
                        ヽ ※ トゥーラ /  |
                         ', ヽ___,ノi!  /
                         (___/    \___)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 今日も元気に歌ってます 】


57 :◆vsQyY1yD2Q

           ,,、 - ー― ー- 、
        、- ' ~:::::::::    ;;;;;;;; ~''-、
       , ''~; ; ;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;  ;;;;ヽ
    r";; ; ;;;; ;;;; z;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;; ;;; ヽ
   r';;;;;; ;;;;rr'((t"t、;;;、 - ーー 、;;;;;_;;;;;;、;;;;;;;; t
.   ';;;;;;;;r';(;;ヽ,、-;;'''";;、、、;;;;;;;;r'"ii 」ー 、)'yヽ、i
.  i;;;;、i~t''o't;;;;;;;;≪,,,。,~'ヽ;;ノ ;ii i;;、、,;;~',、'ソ )
  i ;;;t'、、o「"`'ー ''"~~~~~~,,,,、::-';;; ~'-ゝ;;ヽ。ソ     あー! あー! 分かった、そう言う事か!
  | ;;'t、ァo)ー- ''"r'' ,、":::: r'、~~~;;; ~'';;- 、''"*i/
  | ;;;;t,ュア;;;;::://',, i;;i ::::: i;;;i ::;;;リ~i :: ::~'ア,,ノ     こいつの言ってる事、ちぐはぐしてると思ってたが
  | ;;;;;;;t't;;:/;;/;、 ', i;;i :::: |z;i  ; リ;;i :::リリ : 〉j
.  | ;; ;;;;;;i/;;; /i;;;t,、. i;;i ::: |ニ| ;;;;/ョリ :/;/::/::/    ようやく納得いったわ!
.  i,,;;;;;;/;;;;:::/::t/リi |;;i :: |;;;i ;; /;;/ ://:::/ /
、,,ノ;;;/;;;;:::::/ー'"'' ,イ:i |;;;t__i;;t ;;/;;/: //::/ i,r'|    /i
::::;>'";;;;;:::::/、、;;;;/:: ̄::::::::::::::~":::ヽ''〈::/ ''" ,/    /; |
. ' 、;;;;:::::::/:::::::;;;;;;;;~;;'ー--ー''::~~~::''y"r''ヽ;;;r"    /;;; |
... リ,ヽ;;;;/t~',,-、::::::;;;;;;t:::::;;;;;;;;;、- /彡 i |     /;;;;; |   /;
. /,i、、::::: :::t;tヽヽ;:::::;;;;;t;;;;;;;、':::: /彡  ,リ;'-、,,,,,,,, /;;;;;;; |   /;;;;
'"'/i:::;t::: '' tヽヽヽ、-ーt'"::::;;; j彡  ,'i;;;;~' -、'-~、,''ー+ 、,,/;;;;;;;
 :ハ :::tt~' :::t、ヽ~' 、ヽ:::t'';;;  j彡  ''i;、;;,,"" ~'' -、、"""<;;;;;;;;;
:::: ノt :::tt'':: ::::i;;ヽt;;;リ |::;;'i ;;;; / ;;" ;;;; i;;、ヽ、;;,,, ::;;;;tヽ i::ヽ;;~'' -
;: / t :::tt   i;;;;;;;;ヽi t;;;;;i;;; /"  ;;; /;;;;` ~'  ""' i t:::::::ヽ :::



                  .,,,--'r''''''r‐―-、,,、
             ,/`  l゙  |     `'-、
            : ,i´    |  l゙       ゙l
            .l゙     |  .|       ゙l
            |:   : :   |  | : _,,,,,,,,,,,,_   l
              | ,,-,,,, ゙゙̄''イ  ゙l゙,,,,,,-、,,,,`''-、|  コホー
              |l"",,,-ニニニ--''゙,―ー-,,"\`'゙l、
          .,i´| .j|`   `| : |`    .i゙l: .,!'i、│
          │ .゙l:|゙'-,,,,,,,,,ri,l゙"'トrii,,,,,-,彡",l゙: ゙li、ヽ  ……何か分かったのか?
         │  ゙li"二,,,,,,,,,,|/ii;|,,---ヽ,,,‐,i´.,/ ゙l,ヽ
         │   'lレ、  ,,/,|,,,,゙l゙lヽ、、 ,l゙,/.., |" ヽヽ
         :|    .゙レ゙l, , |i|'|| ||.|'|jヽ,゙''//.,,i´l゙   .ヾl、
         l、    .`ミ||r},|,|,|,||,{,||,レ/jニ'"  ヽ,,.._,,,,,-'"
         `゙'―---rr゙'": :=ニ'''''''',/' `゙` ..,,i´ ―ー、_
             _,,,,/: :)    `'''"   .,,-‐゙     `''-、、


58 :◆vsQyY1yD2Q


             __            俺も 「民主主義」 ってのが、よく分からねえからよ
               ∠_::_`ヽ
        /|   {_r.大=z_>:}.          られっか夫から色々聞いてたんだ。 旅の間とかヒマだったし。
       _/::| /l ||.|}.}{.{|.}7||:|  /|
     /⌒i ̄::(__トノ|ー=┴幵:」 __/::|.//.  で、聞いて ますます分からなくなってた。
    r'´ ̄`ヘ、___)〈 ...::::::/-、=)l:((__/l
     ....:::::}!!!!三三| `ヽ:.:. +ヘ=ト、__ト、  「なんで あいつら、あんな事やってんだ?」 って。
    ::::::::ノl三三三|  :::i::.:.  \三\ }



                               ,,、-ー ―- 、,
                              ,、 '"   つ     `゙' - 、
                            /       と      ヽ,
                             /    "" ー          ヽ
                           /     ,ィ  rニ             ',
                    ,,   ,'/lrレ"(゙("(                  l    今の聞いて納得したわ。
                      /:|   ,'| (,,(゙,,r--ー―-==;z 、    r、r、    |
                      /.::|  ,'l゙ミo 〈" :,,、-ー 、;;Y /:|`゙''ー、ノ ノ .jY、  |   お 前 、 単 に 門 閥 を
        |:',           / ::::|  l|゙ミo  ヽミ::゙' ゙゙ー-ノ :/ /::,、;;; 、`' 、ソ ノリr }
        |:: ',.       / :::::::|  lヽ(。/-yーー-ミニ;;"ノ', :}::゙ -穴,,゙i,l::::゙l"彡 リ.   ブ ッ 殺 し た い だ け だ ろ ?
        |:::. ',      / ::::::::::|  ,':::| |::::: | 、:::| ,,、::〉:::::''ー゙'、''- 、;;彡'",,,/イ
        |;;;;;,,',     /::::,、- 、| ,'::::| |: l| l: | | l:: |;;/ :/ r,ァ":::`゙>ーーイ) ,, イ        /l
        |;;;;;;. ', ,,''ーx三=、-\' ::::|ll| |;|.l |;;| l: |;;;/ / ./;;/ / /フ:::  ::イ:::/        /::,'
      _,,;;;:;:;:;,,,_彡"´ ̄  ヽ:ヽヽlレl |;|.l |;;| l |;;;/ / /;;/ / /// /〉 :::/ ::/      /::: ,'
  :::::,、-  ,'"V .N'''"/-ー-、"゙   } l|::|ヽ: ', |;|.l |;| l |;;/ / /;/ / /// // :: /::::/  /|   /::::: ,'
:::/´  ,,、ノ  _/::l :/ー '''''''゙ .::| ::ノ:/::リ:::ヽ:゙j;|.l |;j l |;/./ /;/ /,///:/;/  /::: / ./::|  /:::::: ,'
/   /ノ',/:::::::| {      .::j-彡"::ノ::l|:: l'':::ヽ|:ヽ;|;| l /;/ ,//::///|イl|::/ /::::|  /:::::::::,'
   j/ :::', ...::::| ::' 、,,,,,,,,,、-'===彡'"::/::: ',::::::::::'ー-、゙::::::゙''::∠/;;ィ'": //;;|ノ ./::::: | /:::::::::/   //
:::.........Y ..:::::l  ,,;;;| :: :::::::::::|~ヽ:::"/"" 三ミ ',::::::::}}::::::::::~''ー'''"´::::::::ヒノ:/ノ /::::::: | /::::::::::/  /:::/
::::::::イj:{::::::;r'Y'" | :::::::::::::ノミ: |:: /:::::..,、- '''ー、ヽ :}}、:::::::''",、 ''""彡 ::'" /`'、/::::::::: |/::::::::: / /:::: /
:::::::::j l|゙レ'" ',  ヒ-ー '''"   |:::l|:::/ィ-ー'  ',| }} ::: /彡  彡 ::" /   ヽ:`゙''ー、::::::::://::::::::/
           `'ー、  ,r':::,r'' '"´ ̄    | \〉"彡"   彡 ::'" /    〉    `゙'/:::::::::::/
                                彡"" ::  l|   /l|    /:::::::::::: /ー、


59 :◆vsQyY1yD2Q

                                   /\
                  /                   /   \
              /          U           /
                           _,,,,..,,_
                        ,. -''"´    `゙''-、       U
                      ,."          `ヽ.  ヽ\
                     /              `、  Y、
                     ,'                  i.  | 〉
                     !       ◎       l  i         /.:.:.:.:. . . . .
                     ',               ,'  i.        /.:.:.:.:.:.. . . .
                     丶             /  j      {.:.:.:.:.:.:.. . . :    なっ……!?
                     ヽ            ,.'    ハ       i.:.:.:.:.:.. . . .
                       `'-、_      _,.-'´  ノ        .i.:.:.:.:.:.:.:. . .     何を言うんですか!?
                           `゙''ー-‐'''"´   イ         V.:.:.:.:.:. . .
                                                   ゝ.:.:.. . .     そんな野蛮な!!
                                         /
                                       /,
                            l                /.:.:.:. .
                          U               /:.:.:.. . .
                                    ゝ .:




        |
      / ̄ ̄\
     / ヽ、_   \
    ・  ・      |
    .(人__) @    |   言われてみれば確かに
   r-ヽ      u .|
   (三) |       |    門閥打倒と民主主義実現って
   > ノ      /
  /  / ヽ     /       微妙に つながってないような……。
 /  / へ>    <
 |___ヽ  \/  )
     |\   /|
     |  \_/ |


60 :◆vsQyY1yD2Q

                    _________
                  /       'r r.r.r.i
                 /        | | | | |
                /     u  .ノ.ノ.ノノノ
                ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ            だから、どうして分かってくれないんですか!?
               / (◎)(◎ ) .(    l ヽー―ー-、
              /  .ヽ |    ム   イ    r    ヽ     門閥貴族がいる限り
               ./   / ヽ´___   |   .l    /     、 l   民主主義を実現できる訳がないんですよ!!
            /    /  八__ヽ/l   |   ,'      l  l
               /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l   だから、まず門閥貴族を一掃しないと!!
            /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
          /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
         ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
          ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                       ', |     /         ,'
                         ト、   ノ          ノ




    ∧ ∧
    (,,゚Д゚)   ( それって要するに、門閥ブッ殺したいって事なんじゃないか? )
    《⌒i Vl》
    |l i|  |〆
   ,ソ_,_i!`Jゝ


61 :◆vsQyY1yD2Q

      __     ━┓
  \/ 〜\   ┏┛
  / ノ   ・ \ ・     ……できない夫、ひとつ答えて欲しいでやんす。
. |  ・    ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \    「サマンオサの民を助ける」
  \ @           |.    「民主主義の実現」
    \       /    「門閥は消毒だー!」
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.   あんた結局、どれが やりたいんでやんすか?
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|




                               / ̄ ̄\
                             / \  ヘ. \
                              |  (●)(●) |
                              |     |    │  もちろん、サマンオサの民を助ける事です!
                              |   __`___ u |
                              |   ./__ヽ .|   そのために僕は、民主制の実現を ―― !
                             ヽ         /
                                 ヽ       /
                                    /    く
                                |      |
                                |      |


62 :◆vsQyY1yD2Q
    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ゙ ..:.:.:7"::;:::::_::、ヾ゙i:: :.: ,.ヾ、:::::::ハ
::::::::::::iゝ. .:.:.:.:.l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,!
::::::::::::lゝ :.:.:.:.:゙ー───‐'.:.:.:.: k'^ヽ、゙i  ノ.     だったらよ、カブノールを取った後は
::::::::::::ゝ  :.:.ァ''''"::: ̄ ̄::''ー'':::ヽ`゚'-゙_,! 丿      ラインハルトを救出すれば良かったんじゃねえか?
:::::::::::::::〉.:.:  ,n :.: rャ:.:.:: z、 :.:.:. .:.:ヾ、:.:.: ,ノ
l:::::::::::::i.:.:  |:::| .:.:.|::::| :.: i:::::|.:.:.:.;ヘ.:.:.:. ,ヾ }        そしたらキルヒアイス達も、坂本の嬢ちゃんも
|::::::::::::l:.:  _レヘ:.:.|:::::!:.:. !:::::|.:.:.:l:::;!.:.:./::i 〉      お前らに味方しただろうよ。
}::::::::::::!:.: ´  .: ,}:.:|:::::l:.:. !::::::!.:.:,!::;!.:.:,'.:.:,',!
!::::::::::::l.:.:......:.: /:l.::l::::::!:: l:::::::|:.:,!::;!:.:,'.:.:7.!    ,ハ  今頃、門閥ブッ殺すだけじゃなくて
:::::::::/i :.:.:  ,/::::ゝl::::::し':::::::i.::,!::;!.:;',!:/ `ー‐'" }   この国も平和になってたんじゃないか?
:::/   `ー、"::::::::::::::::::::::::::::::`´:::レ':!;/:.:.:.:......:.: ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソゝ.;,;_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、




                                  / ̄ ̄\
                                 / _ノ     \
                                  (●)(● )  u. |
                                | |   u   |.   今まで、門閥貴族達に
                                | __`__      |   好き勝手させ続けていた王族に?
                                 /__ヽ     |
                                  {      u. /    信用できる訳ないじゃないですか!!
                                 \     /
                                 ノ     \
                                /´        ヽ


63 :◆vsQyY1yD2Q

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::U::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ−−−− ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (.   ……だから それ、お前らがカブノール取る前の話だろ?
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ
      ゝ---η.   |||||||  ゝ   さっきアミバが言ったじゃねえか。
        /≦ ヽ .|  | ≧    門閥連中、その時点で詰んでるって。
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l.
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                          / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.\
                        / ..;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.. \
                      /   ;:::::: \:::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::;   \ :
                   │   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::;   |
                     :│ /=≡==、、\::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、 !
                   │ //      ヾ、 :;:;:;:;:; ツ 〃       ヾ,|:   だから! 自由で平等な
                     :│           :;:;:;:           │   民主主義の世界を築かなければ
                   │ ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;゛ ゛ー=====彳 .! :
                     :│  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  │   みんな救われないんですよ!!
                   │  ;::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   |:
                     :│  ;::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::: U   !    王族なんかの手に委ねる訳には
                   │  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  | :   いかないんです!!
                     :│  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  |


64 :◆vsQyY1yD2Q

            ,..<´ ミ彡⌒ゝ、
          r'"     ミ彡     ヽ
           ,'´ ,    ミ ,.  ミ  ハ、
         ル リ ' ,'´_   ,,ヽ ',   !
        .ノ   |  i´ `"´ `!  i バ
          .7  ,リニl ,リニニニニl i l ', l
          .l   ,ノ ノ      ゞゝゝ  ゝ
         ル  イiミ=・=彡 iミ=・=ミ!ヾヾ ハ
          ノノ リ l      l:'''   ;l i  ハ'   …………。
       .フ' ,イ ,从.u   ;;,、j;;   ,!   从
      .( , '    ヘ.  、__,,, ,∧ ', ハ
    _.从   ノ リ '.,  ;:ー'' ,イ  ',  ヾ
     ,,`,イ  ,,/  /:::;;;;ゝ;,_,,イ;;ハ   i   ハ
     .`ゝ  い  ヽ ;;''''':;;;;:'' リイ  ノ リ 从
       .`ソゞ  ソノ\  ;; ,:'_,,V  ノノ ノ
           ゙ゞゝ! \  ゝ.-‐'",,.ィゝ、(ヽ'´
         ヘ  ヘ. > ,,   _,,.. ''




                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                  / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.\
                / ..;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.. \
              /   ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u::::::::::::::::::::::;  \ ハァ
           │  ──── :::::::::::::::::::::::::────   |
           │ _____::::::::::::::::::::::::::_____   !  ハァ
           │ │::::::::::::::::│ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: │::::::::::::::::│  |
           │ │::::::::::::::::│ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: │::::::::::::::::│  |
           │  ヽ::::::::::::::::ノ :;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ::::::::::::::::ノ  │
           │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  |   分かって……いただけましたか?
           │  ;::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::u;  |
           │  ;u ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  |
           │  ;::::::::::::::::::______:::::::::::::::::::::;  |
           │  ;::::::::::::::: |______| ::::::::::::::::::;  |
           │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  |


65 :◆vsQyY1yD2Q

                =ト='トミ、イ`
            二三洲ミ ‐ツiトミ=ミイヽイニミ
           二三彡三 ミll`-イ、洲-三ミミ
         三三彡、 イ三ミト_、、ミヽイ三ミ`ミミ
         Zイ/〃lイ/ィノ/‐‐ミミ'llィ三、 ト;ヽ洲
         =仏イl州洲/"'- 、 `´ ̄ィミミミjl:lYl
         lYイ洲仏イ'"'- 、  "'-,イ洲洲,,ィ,,ィll
         l州仏イト=、___ , ., - 、l洲 仏イ洲l 'l!    さっぱり分からん!
         l洲lリ'´`¨`’=ll ll Y=、進_洲洲洲y!
         l洲l!    ,,,,,/´`‐-’-‐lll州州洲   おい、られっか夫。
         l洲'    ヽ,,ィト,)    ミ洲llll洲ll
         lllll  'ツ=、_’     ,,ニ洲lllll洲lll   自由と平等と言うのは両立するものなのか?
         lllll! ==、_`_ヽミ、   彡イ=洲lllll洲
         llllli, ,l,´  `'''''    ,l´,_`l´州川仏.   皆 自由だったら
         lllllll、`'    _,, ィノ  `イl川川洲   「今は悪魔が微笑む時代なんだ!」 だろう。
          二、` ̄ ̄ ̄´   .l仏l洲l洲l洲
           -,、`        l洲l洲llミトトl
           ミ_ヽ、__ ,       _l、 `イト,≧=‐
           ´.l`‐i,,、.ノ  ,ィ===、<



        |
     / ̄ ̄\
    /  u  ノ \
    |        ・  |
    .|    @ (__人_)  えっと、確か自由と平等だけじゃなくて
    | .u    ` ⌒ノ
     |        }   「博愛」 が加わってたような……。
     ヽ u      }
      ヽ     ノ.    あれ? 「友愛」 だっけ?
     ノ     \
    /´        ヽ




                               / ̄ ̄\
                              / _ノ     \.  分からない!?
                         (○)(○ )  u. |
                             | |   u   |  いい加減にしてください!
                   (⌒ヽ.   l __`___      |
                    \ \   }vvvv}      |   さっきから聞いていれば よってたかって!
                      \ \ {`^^^´    u/
                       \  \.      〈    民を救おうとする事の何が悪いと言うんですか!?
                        (⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `、
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ヽ


66 :◆vsQyY1yD2Q

                   / ̄ ̄ `ヽ
                /        ヽ
                //≧=xr≦x-、l
              /Y´(_八_ハ ∧      ならば答えよう。
             //  l ノ/\ y /∧
             l`i /ぅ/ ──ァー'  ∧   民を救いたければ、ジャギの言う通り
          r 、 ! {./^/ /丿、/ハ    l   カブノールを取った後は、ラインハルト殿下を救うべきだった。
          ヽ ^' ./ ./y' /うー‐ 、/:l  /
          _l      /______  l /.     だが、貴様は それをせずに門閥打倒に傾倒した。
        ィ ´ /ゝ、   /゚ ∞∞∞ ゚  ̄`>.
     /  /     ー‐'{ `ヽ    l     `ヽ
      /  イ         l,,___X__ ヽ____ヽ
      l  / l\         l /  ____ ヽ   !  ! ヾ、
      j ./ l!  ー- _ ノ {   |     |  }   l  |  )
   /´ /{!      /l    l   |     |  j ./|  ! /



               , ィ ´ ̄ `丶
              /    __ _ヽ    サマンオサの民が、門閥貴族を恨む気持ちは理解できる。
             l_ -  ̄  r= 、l!_
             /      / ー ') ).  民主主義とやらを実現するのに
               /__ ___ >_//´!   門閥貴族が抵抗勢力となるのもまた事実であろう。
           /′ノ \    ̄`7\l!
            У´     \   /-‐t-            r┐
          /       \./__ノ      i`i   ノ ノう  だが、貴様のやってきた事は
         /         「 `:.           l ゝ‐'' ./' ノ  本当に 民主主義 実現のためのものだったのか?
       /             l!  ',     __,,,,r ト    /
       /           l!\__,,, x ´    ヽ  /       民主主義にすれば民は救われるのか?
        /             l! /     \      Y
      ./               l!        \  /
     /                ',      _ ,, X´
    ,'               ヽ_ ,, -''
    l                  \j!l


67 :◆vsQyY1yD2Q

                                  / ̄ ̄\
                                 /      \
                                  |    -‐'  へ |
                                  |  (● )(ー ) |.   当然です。
                                  |     |  │
                                  |    __´___, |   僕は そのために
                                 ヽ        !   今日まで戦ってきたんですから。
                                  ヽ       ノ
                                  /      く
                                  /        ヽ




    ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./::::::::::::::;ハ:/ゝ、::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
i::::::::::::;ヘl ヾ  ,,'ニ¨--¨ニ、‐-''´ヽ:::::::::::::::::!
!:::::::::::l ヽ.   7"::;:::::_::、ヾ゙i    _ヾ、:::::::ハ
::::::::::::i丶.   l::::k'_´_o__゙,!:::7  7;:::\゙¨" ,l,
::::::::::::l丶   ゙ー───‐'   . k'^ヽ、゙i  ノ   それは さっき聞いた。
::::::::::::ゝ    ,ァ''''" ̄ ̄ ̄''ー''¨ヽ`゚'-゙_,! 丿
:::::::::::::::〉 ,.'",n.  rャ   ,-、   ゙ヽ、   ,ノ    で、どうすりゃ実現するんだ? 「民主主義」 ってのは。
l:::::::::::::i   |:::|   |::::|  .i:::::|  ;ヘ   _ヽ.,!
|::::::::::::l   _,レヘ. |:::::!  !:::::l  ,l:::;!  i:.:i 〉    られっか夫の話を聞いても、どーも その辺が よく分かんねぇんだ。
}::::::::::::! '´   ,} |:::::l  !::::::! ,!:::;! ;': 7,!
!::::::::::::l      ,/l. !:::::! l::::::l ,!:::;! 〃.7.l    ,ハ
:::::::::/i.   ,/::::ゝ.l::::::し'::::::i. ,!:::;!.〃,/ `ー‐'" ,}
:::/   `ー、":::::::::::::::::::::::::::::::¨:::::レ'!_/       ,/
:::l :  :  :: ゞ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ.,,,_,,,,/
:;' ;  :  ::  `ヽ、::::::::::::_::::::::/ l
; ,'  ; :  ::     ̄ ̄:::: ,'  ̄ ; i、




                                  / ̄ ̄\
                                 /      \
                                  |    -‐'  へ |
                                  |  (● ) (● ) |
                                  |     |  │  えっ? それは皆と力を合わせて……。
                                  |    __´___   l
                                 ヽ  /___ヽ !
                                  ヽ       ノ
                                  /      く
                                  /        ヽ


68 :◆vsQyY1yD2Q
            ノ.:ノ.:::::::::::::::⌒ヽY.::::::::::::.`ヽ::.ヽ
              〃〃.::::::〃〃⌒ヾVx≦、::.`ヽ:::::::ハ
            〃〃:〃.::::::{::{       }:::::ノ:}:::::::::}
            {{={{::::{{:::{:::八{二二二ニニミ/:ノ}.:::::::ハ
             {{:::{{ 〃八(__,ノ__ ,    〃:::X/.::ノ:} } }
  ― -- =ミ   八八{:::{.::::::て 。ユノ八≧=‐-v'.::〃ノノノ
.          `Y:: ハハ:Y:::::::厂 ̄ ̄{ {`ニ゚ニ:::::::::::〃/         いや、だから、凡人共が雁首揃えて
.         ノ.: } :}:从::::/.u .:::::r_、_}〉::..  `Y::::八{
       /.::: ノ ノ.::::}}::{  、___ヽノ___,  ,::::::{ { ハ-,‐―――  どうするのかと聞いているんだ。
      〃.::: 〃〃.:::八{  トーーー-一'  /.:::::}} }::::} l
`ヽ.     {{::〃〃.::::::::/.:::ハ  K´   }/ /.::::::ノノノ:::{ l
  i   〃::{{:::{::::::::::i:{八{∧  `=‐--=′/{:::::〃〃.:ノ l
  li  _从::从八{:::::从 {  ヽ.::::( ̄   .イ }::::} } 八/⌒ヽ/⌒ヽ. _
 ⌒Y´ ' }ハ |i ヽ(ヽ ヽ!   ヽ=--=彳  ノ从八ノ' |_  .イ  /   \
 、_丿      |i    \\______/ /    し' ノ |し'丿/     `ヽ
 、__|      |i       {\ ー-      /|    | ̄  `T  |_  /
   ハ、    |i_     {  「厂 ̄「厂 ̄「{  ノ  __|_   ノヽ. し_ノ/
    \ / }ト ..    {i__|{__l{__|{/   (   `Y       / 、/




                             / ̄ ̄\
                           / \  ヘ. \
                            |  (●)(●) |
                            |     |    │  だから、皆で力を合わせて
                            |   __`___ u |
                            |   ./__ヽ .|   民主主義の、基本的人権の守られた
                           ヽ         /
                               ヽ       /    自由で平等な社会を築くんですよ!
                                  /    く
                              |      |
                              |      |


69 :◆vsQyY1yD2Q

               ノ= 、、、、ッッー― 、-、-、- 、― 、
           ,、-'"三ヾヾシ―乙三ミミ\\\ミ、ヽ`゙'' 、
         ゙マ´"シ 三ll|ll|彡''"""ミミ゙゙゙゙ヽヽヽ ミヾ\ヾ ヾ'、
        /彡三ミミ从/ ,、-= 、ヾ゙゙  ヽ   \\;;;;'、 ll|l',
        /;;;;/三ミミ、l|//´;;;;彡ミ;;ミミミ} l| l|ヽ、、、、ミミl|ヽ;;;;リl | ',
       ,'////;;;;三ヲー、ィッッ--ー-、ll|゙l l| l|ヽヾ;;;;;ヾ;;;;;;;l|レl|ミll| ;}
       ,j从//;;;;,'             }ll|,| |l|;l|,l| ゙゙}}lll||l|;ィll|ッッl|l|l|l|
       j从ll|| ;;;;|、,,         jlリl| |l|ll|从;;;;;;;、 - ''"´,jl|;;;;;;l|
      リ从从;;;;;',  `''''' ー― ---l||;;;;lリl|l|l|''" ̄,, 、-ー'''"ヾヾll||
      { l|ii 从 |;;| `゙''ー =ミ ,,,,, _l||;;;;;;;l|ll|-|''"´ll\ヾlリリ;;;;l|ヽlj
      ヽ ソ从l|;;;l       ...:::::::|;;;;;;イl||从ヾヾヾヾ゙゙゙ |l||ll|/l|l|
      /ノ彡リ;;;;;;'ー,、 ,,、,,  ''"""´ ヽ、;;从从ヾヾ゙'ー、ヾミ≧;;〈〈
      /ノ,,ノノ从||:ミミ弖ミ:ッ''ー-::::__:::;;;;;;ミミ゙lwミミミミヽ`'ーミ;;;;}{、
     イイイノノ从;;',゙::::::::,' ''""゙ヽ`'''''''"´彡  |ll|゙'ーwW;;;;;;;;ヾヾ}リ;;l.    おい、なんで こいつからは。
      ' 、l|lV/ノノ ;;', :::::,'           l|ll||ll| |;;;;;;;;;;ヽ、l|ii|リ|リ
        ラ;;;;l/ ; ;;', :::,'   -、:::...      lリl;|ll|从;;;;;;;;;;;;;;;Yl|〈〈〈   マヌーサみたいな話しか出てこないんだ?
         |ll|l/;;;;/;;', (",,、-:ァ''     u. l.|l;;;;;;ヽヾヾll|;;;;;;;;イ|从ll|
        ヽl||;;;/ ;;;', :゙´、∠____,,,ノ   |l|lヽ;;;;;;\\リ、;;;;;;ノミllリ
          l|;l||| ;;;;;', `゙゙'""""´´      |l|;;|lll、ミミミ゙\イll(llミl|<、
         , ''、ll;;;;;;;;;;', :`:::""´´     ゝ;;;;;;;\、、ヽヽ、゙ヽミ ミーミ、
        , " イ ; ;;;;;;;;l イ       ,、 彡ツ;;;;;;;;;;ヽミヾヽ\ヽヽヽヽ\
        イ /|lヽ;;;;;;;;;'、、::..   ,、-'":::"///〉〉lll|;;;;;;;llヽl|;;;)|l;;;;)l|〉ヽ))
         | /  乂々/ミ`゙ー― '´:::::::'" /イ//从l|ll|;;;;;;;;;;;;;リl|イjj;;ノ }}リ;;;;/|〉、,
        /ノ  //" レ゙゙゙〈::::ll|:::::::::::"  l|l|;;l从|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;|リ((ll|l|ノ忽ヽ/  ゙゙l
        イ  /j"|l、 ヽ ヽ::リ::::::::::::::,、-'ヾヾl||;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ、;;;(从从ミツ" ̄  `゙ '' 、
       |レ // /:::l| \ ヽ ::,、 '" /ーア"'ーミア::>ー'''" ゙̄"´,, 、-ー―― ー―- 、ヽ
      /  |::| l::::::|l \ >'"/"/::/",、-'"      ,、-''" ´,,、 -ー―――― ー- 、 ゙
     /   /::l|  \::. :::::\:::///-'"     ,、-''"  ,、-''"             `


           ,,、 - ー― ー- 、
        、- ' ~:::::::::    ;;;;;;;; ~''-、
       , ''~; ; ;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;  ;;;;ヽ
    r";; ; U: ;;;; z;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;; ;;; ヽ
   r';;;;;; ;;;;rr'((t"t、;;;、 - ーー 、;;;;;_;;;;;;、;;;;;;;; t
.   ';;;;;;;;r';(;;ヽ,、-;;'''";;、、、;;;;;;;;r'"ii 」ー 、)'yヽ、i
.  i;;;;、i~t''o't;;;;;;;;≪,,,。,~'ヽ;;ノ ;ii i;;、、,;;~',、'ソ )
  i ;;;t'、、o「"`'ー ''"~~~~~~,,,,、::-';;; ~'-ゝ;;ヽ。ソ
  | ;;'t、ァo)ー- ''"r'' ,、":::: r'、~~~;;; ~'';;- 、''"*i/
  | ;;;;t,ュア;;;;::://',, i;;i ::::: i;;;i ::;;;リ~i :: ::~'ア,,ノ   俺が知るかよ。
  | ;;;;;;;t't;;:/;;/;、 ', i;;i :::: |z;i  ; リ;;i :::リリ : 〉j
.  | ;; ;;;;;;i/;;; /i;;;t,、. i;;i ::: |ニ| ;;;;/ョリ :/;/::/::/
.  i,,;;;;;;/;;;;:::/::t/リi |;;i :: |;;;i ;; /;;/ ://:::/ /
、,,ノ;;;/;;;;:::::/ー'"'' ,イ:i |;;;t__i;;t ;;/;;/: //::/ i,r'|    /i
::::;>'";;;;;:::::/、、;;;;/:: ̄::::::::::::::~":::ヽ''〈::/ ''" ,/    /; |
. ' 、;;;;:::::::/:::::::;;;;;;;;~;;'ー--ー''::~~~::''y"r''ヽ;;;r"    /;;; |
... リ,ヽ;;;;/t~',,-、::::::;;;;;;t:::::;;;;;;;;;、- /彡 i |     /;;;;; |   /;
. /,i、、::::: :::t;tヽヽ;:::::;;;;;t;;;;;;;、':::: /彡  ,リ;'-、,,,,,,,, /;;;;;;; |   /;;;;
'"'/i:::;t::: '' tヽヽヽ、-ーt'"::::;;; j彡  ,'i;;;;~' -、'-~、,''ー+ 、,,/;;;;;;;
 :ハ :::tt~' :::t、ヽ~' 、ヽ:::t'';;;  j彡  ''i;、;;,,"" ~'' -、、"""<;;;;;;;;;
:::: ノt :::tt'':: ::::i;;ヽt;;;リ |::;;'i ;;;; / ;;" ;;;; i;;、ヽ、;;,,, ::;;;;tヽ i::ヽ;;~'' -
;: / t :::tt   i;;;;;;;;ヽi t;;;;;i;;; /"  ;;; /;;;;` ~'  ""' i t:::::::ヽ :::


70 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
                   〈 ● ノ\   /\● 〉
                    ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
                       )    Y    (
                   /γ⌒     ⌒ヽ\    ねぇ、できない夫ってさ
                     /  |         |  ヽ
                     |   ヽ__人__ノ   .|   この国をどうしたいの?
                  \     `ー'´     /
                    >  ⊂ ヽ∩     <
                    |  |  '、_ \ /  )
                    |  |__\  “  /
                    \ ___\_/



   f;:;:;:;:;:;.:.:................... . .. .. .. .. .. .. .  ヌ
  ,イ;:;:;:;:;;:;ゞ、_ ............... :;: .:;:.:;: .. :;:.. :;:.. )ヽ,
  {;:;:;:;:;;:;;:;:ゞ二:::.......::::/::/;/;/;:;.,イ;:/リ.........:}
 、J;:;:;:;:;;:;;:;に三彡シノノ/ノ/ノ/jンオ...リij
  フ;:;:;:;:;;:;;:;;ク       '´      ゙i,,ノイ
 (/;:;:;:;:;;:イイ:::::::::::::         ,.、‐ }£リ
  ゙i;:;:;:;:;彡|::::::::_,..--.、_,ィ:  r:≦_  f了
   レf⌒豸::::::'´ r'〔テ,>:ンヽ i'KEヲィ’ |l
   {シ{f く::::、::::   ̄   .. ゙i,:    |i   何か 「ミンシュセー」 とか言うのにするらしいぞ?
   ゞ゙i、 ゙i:::ヽ;:..     :::=l   ,i
    ヽ;ヽリ、::::゙i:::    └=:7'´   ,i    よく分からんが、それで上手く行くらしい。
     jノ:;:ハ:、:::::::::  .._,.....=@ ,ii
     {(;:;{/゙i゙、:::::::   ー ''   i'¬;
      `ヾi`''‐\:::        ,i'ン: |
      , .‐{: : : : :`'-、: : .    i': / カ-/`'‐-.、_
   ,..‐'´  /ヽ、: :ー-ー `'‐-…'´/ : ./: ./ : : : : : : : :`''‐-、



                    ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
                   〈 ○ノ\   /\○ 〉
                     ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
                     )    Y    (
                    /γ⌒     ⌒ヽ\    いや、分からないって
                   /u |         | uヽ   ダメでしょ、それ!?
                   |   ヽ__人__ノ   .|
                   \   ||iiiiiiiiiiiiiiiii||   /    戦争終わった後
                    /´ ̄``゛'ーー'´  <.      誰が国を立て直すのさ!?
                    |   ___)    \
                   |              \
                   |                  ̄)
                   |               | ̄ ̄ ̄



   ,/;:!                ``ヽ、
   /〃;:;\_                   ヽ
  ,jイ;:;:;,;:ィ彳ゝ、     〈Kj〉、_,     \
  カ;:;:j;:j!/^リ Vト、ー-、            !
   Y;:仆      ``"ヾ、            /
   `ト;:j! ̄`ニ、  ,`'⌒ヾ、,,ーr、、、_,,,.-;:;イl
   }Y;j  イモン; !'、,ィモ)ゝ   jト;:;:;:;:`ー;:、;:;リ
   V/  ``'/   、 ー    }、;:;r‐、;:;:jik'゙
    リ     ′,          ミ,f ,ィ ,!;:;:ト、   そりゃあ……できない夫達じゃないか?
    ゙i   ト、,、 j     ,´ リ  j,/;:;:);:ソ
      !.             ,レ_ノ;:;:;:;レ゙´    他にいないだろ。
     i  `^''ー‐-、    /仄;:;:;ィイ
   /ハ   ``     / , jリY;:jV
  //V ヽ     ,.'´. ,' イN!/.
_,,,/  ヽト、``ー‐'"´   ,/  |``ー-、_
, /    \ヽ、         」⌒ヽ  ``i
. |      \``ー---- ‐''´Y ^Vj   / |
 \.       \ 、      」 j l.ト、 ,/ |
´ ̄ \        \`ー-- ' i  | Y,Y  j
.     \      ヾ   |  |  l/   / ̄``
       \      /   /|  |  ,ト、 ,/     \
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                               ○
                                o
                             。
               ,.⌒,ヽ     γ⌒、ヽ
              〈/●ノ\   人● ヽ〉  ( 気が重いな〜。
                ヽ彡'  ヽ /  ヾ_ノ
                )    Y    (      反乱軍でも上の方の人が
               /γ⌒     ⌒ヽ\    あんな様子じゃ
              /  |         |  ヽ
              |   ヽ__人__ノ   |.   上手く行くはずないじゃん )
              \     `ー'´     /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          _______
        /            \
      __/             \
    /.         @  、     |__  きめえ夫が言ってたって言う
    |.         ,(⌒  ・ ヽ   |      「誰も分かってない」 ってこれでやんすか……。
    l  lヽ      )> lllllll     /
   /    ヽ\   `(__,  ・ / /       上の方の人じゃなくて、トップそのものが……。
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |    |ヽ、二⌒)


71 :◆vsQyY1yD2Q
                                             __
                                           ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                                         ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                         ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                                         ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                    . : :{: : : :.|: : ハヽ: : . .     ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
                 /: : : L: : :⊥: ' :-=ミ:} : ヽ.   !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
               _∠<: ̄ ̄: : : : : : : : : : :\\!    ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
                ∨: :/: : : : : : : : : : : : : : : : :\ヽ  ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
                〈/.: : : : ≦二二二: : : : : :\: :.(     >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
                  {: : :>'´!!:::l|:::| |:::::::|::|::::<: : :\{   , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 〈r':::::|::::::||-┼:| |:::::::|┼-:::}::\:_/      `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
                  .::::::::|::::::|lxf芹! L::::」ィ=ミ:ハ:::::|{               ̄ ̄
               i:::::::::l::::::〈 んハ   ∧ハ 〉}:::::!:.  ※ 幸せな結婚が できたリュクレース嬢
               |:::::::(l::::::! 弋ソ  , 弋ソ ∧::」:::::.
               |:::::::::|:::∧    _   ハ:::{::}::::∧                  /三!}
 ┌―00.           ト、:::::ハ::::::{>。 ` ´ .イ{::::::ハ|、:::∧             ノ三三;{
  `フ∠  m         | /: :.}:::::}:`ー-、二 {::ノ:.∨::∧〉::ハ:}             /三三ミ;∧
 └'^ー┘ _川_,n       |{: : :ヽY∧ : : : \: : :./∨::∧' リ          /三三三三ミ∧
     └'^ー‐'       .. :\\: Y∧: : : : _彡': : ∨:::::\          /三三ミrfミヾ三ハ
   ┌―00.       /: : : : :ヽ:二Y∧_:_: : : : : :/イ\::::::::\           {三三;/三三!三ミ.
    `フ∠  m   .{:. : : : : :.:.`ー}:l::::}`ー―‐': //:/: :\::::::::ヽ       ∨三/ミハ三}三ミ }
   └'^ー┘ _川_,n  }: : : : : :\_|:l::::|二二:_/.:./:/\ : : \::::∧         .|三ハミ{ミ}ミ/三ミ /
.         └'^ー‐'  |: : ム-=ミ、: 从:::|: :_彡': :./'´ヽ: :.\: :} `ヾリ       {三ミ{;八_彡;}ミ /
             /: /: /⌒ー=ミ}::|二:_:_/  ̄`ヽ.\: :` \           ∨ミ{三三ミ}ミ }
             .〈/:./ i      .ノ:」 :.         }/ \: : : `ヽ         ∨ミ`≠壬三 /
  ... -  ―――‐ 〈:/  人        .:\      人/  `ヽ: : ノ           }ミ三三三 /
/            }    }: \     ヽ     {: : ∧   ’,           r;ミ\三/
            ノ   ,': : :}        \    〉: .:.∧    _ヽ       {三ミ{
※ おおきなふくろ./    ,' : :.〈    _____ .-イ_: : : : :.\ /: : :.>ヘ       〉三/
            /{   /: : : : }三三三{ ( ) }三三{: : \: : : : :ヽ/  ∧     ノ三{
         rf: :ヽ.__ /: : : :/   /  个ー ´ ヽ ∧: : :.r'、 : : :〈     .∧   {三;ノ
         | !: : : :./.: : /    ,   |      ハ !:ん'¨: : :ヽ : :{\    ∧   /ミr'
.       | _} `ー '〉:/          |     } \: : : : : :.} : :}  \   `¨ノミ;ノ
.   \  ヽ|ノ{   //   ,        |     |   `ー− '\:.!   { { {'ミ;/}
.     \.r'   /: :〈   /         .|     |     \{¨:.|    rf{\〉イ
      〈 /}ヽ 〉: : ヽ. /          !      |     /:.:.:.|    ヾ三 /
     //    ∨: : : :}/--、            」r−― ': : : : : :|    /ミ7´
.      /      {: : : : : : ∧ `⌒ー―'^ーi―'´    /:. : : : : :.:.:|    }ミ/
     /      .|: : : : : : :.∧     _ {       ,':.:. : : : : : :.:|    ノミ〉
.     {    {  |: : : : : : : : :',ー=壬三ミ|三三三ミ{.:.: : : : : : : :.|   /ミ;/
.     〈\_」   |: : : : : : : : : :三三三三ミ:!三三三::!: : : : : : : : : !  }ミf´
      \::::::`ー'7: : : : : : : : :.∧三三三三|三三三∧: : : : : : : : :| ノ;/


第128話へ  2    第130話へ

この記事へのコメント
駄目だ、何度見てもキャッチアップが『おおきなふくろにできない夫を入れて引き摺っている』様にしか見えないw
Posted by at 2014年12月01日 22:03
>>71
こんなAAあるんだw重いw
Posted by at 2014年12月01日 22:14
どこぞの理屈だおれよりさらに理屈だおれだコレ
Posted by at 2014年12月01日 22:31
あー、そういうことかできない夫
…できない夫が最終的に目指したもの自体は恐らく正しいのだろう
でも上ばかり見ずもう少し自分の足元を見るべきだったな
Posted by at 2014年12月01日 22:55
※1>>いやいや引きずるなら鎖で手足を縛って馬四頭ランダム爆走ででしょ、非力なリュカ嬢にやらせるとかそれ何て拷問(リュカ嬢に対する)

※3>>『これ』と比べるのはシュターデン先生に対して無礼過ぎるからね、いくら何でもこれは流石に(フォークとか門閥貴族辺りならば互角?)

……できない夫、善人は善人でも『視野狭窄した愚かな暴走する善人』ですな。ある意味門閥貴族と五十歩百歩の有害さ……どうしてこうなった。
Posted by at 2014年12月01日 22:59
まあ、最終目標は正しかったのかも知れん
が、その実現のためには異世界人の知識込みでもあと数十年いや下手をすると百年単位の時間が必要だろうな
Posted by at 2014年12月01日 23:52
牛も豚もいない場所で「ひき肉さえあればハンバーグが作れるんです!」
と叫ぶくらい一足飛びの無茶だったんだよな
Posted by at 2014年12月02日 00:26
実際の歴史でも、この手の人間が実権握るとかえって酷いことになってるんだよね…
Posted by at 2014年12月02日 00:32
「理想」は正しい。「手段」もまぁ正解だろう。だが
「行程」を間違え「妥協」もせずに言った結果が
この残酷な「現実」なのだよ…。現実世界では今もどこかで
起きていること(シリア辺りが顕著)。
Posted by at 2014年12月02日 00:34
つまりあれなの?
最終目標は定めているけど、
そこに至る過程はほとんど考えなし?
Posted by at 2014年12月02日 00:59
まさに、「地獄への道は善意で舗装されている」を地で行った感じ。
悪徳門閥貴族の方が悪と断じやすいだけまだマシ。
Posted by at 2014年12月02日 06:53
孔明にはめられたんだろうけど、手段がなぁ
Posted by at 2014年12月02日 09:49
下っ端が力もつとこうなりそうだよな
Posted by at 2014年12月02日 10:37
できない夫は善人ではあると思うけど
やってることが間違ってる…むしろ最終目標を間違えてるって感じか?
それが孔明による誘導なのかできない夫が元からそうだったのかは分からないが
Posted by at 2014年12月02日 10:40
ジャギ達にしてみれば「俺達とこいつは本当は同じ言語で会話してないんじゃないか?」と思うレベルだわな
まさに宇宙人とコンタクトとってるようなもんだ
Posted by at 2014年12月02日 10:45
民主制を実現には、まず民に選ばれるべき政治家が必要。
で、教育も何もされていない民がそんな政治などできるわけもなく。

だから現実では、教育を受けた貴族や裕福層が選挙によってまず政治家となり、後に教育を通じて民間から政治家が排出されていった。
女性の参政権が遅れたのも同様の理由から。

できない夫は現代日本みたいに、民全てが政治家になりえる教育を受けていると思い込んでいるんだな。
現実を何も見ていない。
Posted by at 2014年12月02日 15:20
なんという堂々巡り…まぁ できない夫は、視てこなかったからなぁ…節穴すぐる
Posted by at 2014年12月02日 17:58
世界最初の民主制をやりたいならとにかく国内の王族と貴族全員を殺すか再起できなくして追放するしかないのは正しいよ
民に選ばれる政治家だの教育だのはまったく関係ない
Posted by at 2014年12月02日 19:09
性善説をこじらせたのな
民主主義とは別もんだよそれ
Posted by at 2014年12月02日 19:12
>世界最初の民主制をやりたいならとにかく国内の王族と貴族全員を殺すか再起できなくして追放するしかないのは正しいよ

現代的な民主制じゃなくていいなら、それでできるだろうねw
Posted by at 2014年12月03日 14:05
奇跡的に成功した明治維新がイメージとしてあったんじゃないのかね。
奇跡つっても幕府体制化で当時としては例外的とも言える教育体制が敷かれ
その下地が合ったからこそあれは成功したのだけど。
実際東南アジアやアフリカ大陸ではごく一部の例外を除いて
民主化はコケまくってるわけだしな。
Posted by at 2014年12月03日 18:29
全ての王侯貴族を皆殺しにする奴ってそれ自体が最低最悪の暴君だとおもうんだけど。
Posted by at 2014年12月04日 12:53
まあ…現代日本でも政治家って【世襲】するよねww
【票を得る基盤を親から受け継ぐ人】っている事だし、政治家を【特権階級】と呼ぶことだってある。
貴族(知識+独自の人脈+最低限の資金有+世襲)が民主制にあわせて姿を変えたのが政治家や官僚でもあるんだよなぁ…。
一民間人が政治家とかに成り上がれる間口を広くしているだけで【大方針を決める人=政治家(≒特権階級≒貴族)】は社会を回すには必要なんだよな。
できない夫は現代日本とDQ世界を擦り合わせようとしないから、【どっちの世界の住人】から見ても突っ込まれるんだよな。
Posted by at 2014年12月05日 06:32
「民主主義の肯定」より「特権階級の否定」のが強いなら
むしろ共産主義のが近いよな
Posted by at 2014年12月05日 08:58
※3
失敬な!シュターデン先生は理屈だけは通っていたぞ。
できない夫は理想を掲げるだけで、理屈すら捏ねていないだろ。
Posted by at 2014年12月06日 00:03
周辺の状況が見えてなくて、門閥を色眼鏡で見てて、ちゃんとした政治がわかってる訳でもないと。
貴公の首は吊るされるのがお似合いだ
Posted by at 2014年12月07日 09:11
マヌーサみたいな話www ツボに嵌ったwww
Posted by at 2014年12月09日 20:22
そもそも民主制で自由で平等な理想的な社会の実現できるかどうかすら怪しいのにな
Posted by at 2014年12月14日 15:23
>あれ? 「友愛」 だっけ?
この流れだと「福祉」かな?
アミバの言う通り自由と平等は極論すれば両立しないし意外と学あるなぁこいつら
Posted by at 2014年12月14日 23:58
最終的な目標すらふわふわしててまったく形になってないし
できない夫が言う「皆」はこないだまで農奴だったからできない夫が考えているような教育を修めていない

仮に王族と貴族達を打倒したとしてもしばらくは自分達が貴族の代わりならなければならないって気づいてるのか?
と言うより「皆」とまともに会話したことあるのか?
Posted by at 2014年12月15日 16:23
アフリカで白人追い出して大惨事招いた歴史から何も学べてない・・・ヤツは本当に教師だったのかw
歴史から学べない賢者とは一体…うごごごご…ダイ大の偽勇者PTみたく自称賢者?
Posted by at 2014年12月16日 08:05
「憲法9条があれば、平和になる!!」と同じ論法なんだよなー
所謂なんでも「話し合いで解決」とか言う人達
対等な話し合いをする為に必要な外交力を得るための条件を無視する自称平和主義者の方々

原子力潜水艦+ICBM(核)>>>>>通常兵器の軍事力>>経済力(軍事に使う以外の経済力)=資源埋蔵量
外交的話し合いをする場合も上が強いほど強気に出れる
特にフランスなんかは核がなかったらとっくにギリシャの仲間入りだし
Posted by at 2015年01月03日 18:12
>牛も豚もいない場所で「ひき肉さえあればハンバーグが作れるんです!」と叫ぶくらい一足飛びの無茶

正にこれ
しかも叫んでいる本人はハンバーグの作り方を知らないっていう
Posted by at 2015年01月11日 18:56
↑ハンバーグの完成形(民主政治の行き着く先)も知らないも追加でヨロ
まぁ知ってる現代人なんて居るわけないんだが・・・

彼らがやってるコトってつまり、経営知識のある人間を皆殺しにしてから知識のない人らに経営をさせて、失敗(しかも判断は民衆の総意のつもりであるできない夫基準)したら皆殺しにしてまた次を経営知識の無い人らから・・・ってコトだよな?
なにそれこわい

ただ単にできない夫が乱暴な王になって気に入らない大臣をどんどん殺しては民衆からつれてくるってだけじゃないですかーヤダー

でも俺も正解がわからんわ、正解があるのかすら
Posted by at 2015年01月19日 05:13
みんなが… みんなが…
みんなってだぁれ?
Posted by at 2015年01月27日 16:06
43で詐欺働いておいてリュカ家の名誉毀損かましておきながら
56で自分が言われたら名誉毀損とか訂正しろとかほざく

屑のかがみですわ

Posted by at 2015年01月30日 01:46
※前3:それ何てポル・ポト政権?
Posted by at 2015年05月16日 18:29
地獄で永遠に詫び続けろストレイボウーッ!って感じかなー。
忘れちゃいけないアリシアも。

さておき、加害者の癖に被害者面……。
どこぞの卑怯者のイジメ屋を思い出しますね。大げさに痛がってるフリをしていた。
白チョッキの紳士でなくてもイライラしますね。まあ白チョッキの紳士も嫌いですけど。
暴力で貴族を皆殺しにしようとしている一番乱暴なできない夫が乱暴どうこう言ってもね。

できない夫は貴族の出資を受けることの意味を理解していないようですねえ。
まあ、詐欺だけじゃなくてテロリスト支援の汚名まで着せてますから、元よりお話になりませんけど。
それをわかった上でやらかしいるんですから、三賢者もできない夫並の外道だったんだなあ、と思い知らされますねえ。
彼らは偽善者の仮面を被ってスカしていたので分かり難かったのですが、仮面剥けばこうなんだな、と。

狩人さんいい仕事してますねえ。
やっぱりリュカ家を滅ぼす気でやっていたんですねえ。この外道。
できない夫はただのアンチ貴族かな。
貴族は悪党だから何してもOK。悪いことしてないなんてことはない存在自体が悪いからと言うスタンス。
王族貴族皆殺しにして財産奪い取る気満々だというのは知っていましたけど。

他人を野蛮とか言ってますけど、今までの行動を見ているとできない夫と三賢者が一番野蛮なんですよねえ。
門閥がいると民主主義実現できないという点には同意しますけど。利害が対立するので邪魔するでしょうし。
まあ、利害が対立するから暴力で殺そうというのができない夫の野蛮なやり方なんですけどね。
できない夫に毀損するほどの名誉ってありましたっけ?汚名ならたっぷりとありますけど。

んん?ひょっとしなくても何も考えてない。この世界で民主主義とか言い出した時点で嫌な予感してましたけど。
既存の秩序を破壊して新しい秩序を築くには相当数の人々の血を流し、人々の生活の糧も奪うことになるんですが。
その代償を払って得るのが、これというのは。できない夫と三賢者に犠牲にされた人たちが報われませんね。

今できない夫の民主主義(?)やると無政府状態で村単位や町単位で孤立したり、利害関係で対立した村同士で殺し合いとかになりそう。
ボストロールとできない夫に生活破壊された上貴族の抑えがなくなるし。地位のある者を殺したり略奪する味も知ってるでしょうし。
マヌーサというかメダパニと言うか。何も考えていないのだから要領を得ないのも同然だと思いますけど。
今まで丸投げで上手くいっていたからその成功体験を元に、上手くいくに違いない、だって今ままでがそうだったもの、と考えたのかも。

それにしても、これ、今やる必要あったのかな。牢屋でもよかったような。
アニスが我慢できないかな。それなら仕方ない。それに、できない夫シンパ(居るのかしらん)が牢番殺して助けようとかするかもしれないし。


リュクレースが幸せな結婚ができたのは奇跡と言う他ありませんな。
本人たちが努力して起こした奇跡としか。
Posted by とあるA at 2015年07月12日 22:23
>自ら鍬を振るって開墾に参加してくださったり
あのクソ暑そうな格好で農作業を…ゴクリ
Posted by at 2015年07月24日 14:49
単なる自己中だな
俺が正しいと思ったものは正しい
俺が悪だと思ったものは悪
俺の考えは正しい
なんつーか居るよなこういう奴
それプラス無能で馬鹿だから手に負えんな…
Posted by at 2015年08月14日 21:35
少なくとも民主制国家では「世襲の特権階級」を発生させず拒否することを国民は選択できることを忘れるなよ
Posted by at 2015年09月01日 00:12
手段と目的がゴチャ混ぜになっとるなw
皆がどうやって実現する(手段)と言っとるのに、皆で力をあわせて〜と目標…というか願望しか言ってないw
Posted by at 2015年12月11日 07:55
徹頭徹尾。なんとなく、だろう、で完結してるんだな。
細かい所まで全てが理詰めである必要はないけど、人を殺して進むにはあまりに具体性がなさ過ぎる。

たぶんできない夫には命を奪って革命している自覚もないんだろうな。
みんなでちからをあわせて悪い奴らをこらしめよう!どまり
Posted by at 2016年01月10日 16:45
できない夫の理想はむしろ共産主義だな

この調子じゃ、まずは門閥を粛清、その次は貴族、次は貴族に協力した奴、それが終わったら貴族に協力した可能性がある奴って
きりがない粛清をやっちゃいそうだw

そうじゃなくても、建国するに足る実力者のできない夫達が権力握ってるうちはいいが
寿命で死ぬなりして権力の交代して俗物が権力握った瞬間に現実の共産主義と同じようにガッタガタになるだろうな
Posted by   at 2016年04月18日 05:43
色々意見が出てるけど私はできない夫にヘイトはそんなにないかな?(もちろんやった事は到底肯定できないけど。)
できない夫の問題点は上で言ってた人がいるようにできない夫自身が民主主義の実体も政治についても何も理解してなかった点かな?
もちろんその事そのものは別に罪でもないし我々でも差はないけどできない夫の罪はド素人が中途半端な知ったかぶりで感情に任せて無関係な他国の問題に首を突っ込んだ事にあるんじゃないかな?
気持ちは解るし動機も否定は出来ないけど国の問題に首突っ込んで失敗したらやはり責任は取らないとまずいでしょう。
そこに善人かどうかはあまり関係はない。
それにリュカ家の件で見ても解るけどどうも元々思い込みの激しい性格で最初から貴族=悪と決め付けて排除以外にないと思い込んでるし。
孔明に思考誘導もされていただろうからそこは情状酌量の余地はあるけど思い込みの激しさ、無自覚に差別を行う理性の少なさどれをとってもできない夫は悪い意味で革命家で革新者にはなれないキャラだったんですね。

追記
長文失礼しました。
書きたい事を書こうとしたらまとめても久々にこんな長文になってしまいましたorz
Posted by at 2016年07月24日 10:53
できない夫は、民主主義の守護神リバティ・プライムに
踏み潰されればいいと思うw

(こんなの) ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm16329485
Posted by at 2016年10月29日 00:22
>性善説をこじらせたのな
それだけじゃなくて、「貴族・王族=悪」っていう性悪説もこじらせてる
平等を謳いながら、生まれで差別してるっていう頭のおかしさw
Posted by at 2016年11月08日 03:38
できない夫云々はともかく

ゲマ戦にベイダー卿が参加してたら混乱してただろうな。
Posted by at 2017年03月25日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106119220
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ