■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 10/29 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2014年12月01日

第129話「新たなる序曲」(3)

第128話へ   3   第130話へ

72 :◆vsQyY1yD2Q

        |
      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |     ・  ・
    .|  @ (__人__)  な、なんか小規模な実験とか やってないでやんすか?
     | u   ` ⌒´ノ
   .l^l^ln        }   ほら、どっかの村の村長さんを選挙で決めてみるとか。
   .ヽ   L       }
     ゝ  ノ    ノ
   /   /     \
  /   /        \
. /    /        -一'''''''ー-、.
人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))




                            / ̄ ̄\
                         /  、___   \
                         (―)(― )   |   それどころじゃなかったんですよ。
                          | |         |
                          l __`___       |   まずは生活の立て直し。
                             {          l   そして、門閥貴族の打倒。
                          {        ./
                            ヽ     ノ     やるべき事が、他にも いっぱい あったんです。
                            ノ     ヽ
                             /      |


73 :◆vsQyY1yD2Q

                   |
               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、 u \
          Σ  ・   ・    |
            (__人__) @  | /}       いやいや! そこで何か始めとかないと!
      _        ヽ`⌒ ´     | / /    __
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ  今のサマンオサじゃ何もかも足りないって
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /    ヤンと話したって聞いてるでやんすよ!?
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)  冬は何してたでやんすか!?
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
         i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
         !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ
         lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
        ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i
       '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙.   ―― と言う話を聞いてきたんだが
        ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
         ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′   できない夫、僕達が民主主義を実現するには
           `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
            ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、       まだ やるべき事があるんじゃないか?
           ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
           _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」
       _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
      '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;
          ゙!   |:::::P"⌒`ヽr〜''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
           |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



   / ̄ ̄\
 /   「    \
 |    ( ●)(●)
. |  U     |│   教育、ですか……。
  |     ___´__|
.  | u.  ´    }.    確かに それも重要ですが
.  ヽ     u }
   ヽ     ノ     まずは、この国の不平等を解消する事から
   /    く  \   始めて行かないと……。
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                               / ̄ ̄\
                              / _ノ     \
                               (○)(○ )  u. |  冬の間に王都攻めの準備をしてたんですよ!
                             | |   u   |
                            l __`___      |  みんな訓練で忙しくて
                            }vvvv}      |   先生やれる人もいないのに
                            {`^^^´    u/
                                 \.      /     どうしろって言うんですか!!
                                ノ     \
                          /´        ヽ


74 :◆vsQyY1yD2Q

                  ,-´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`-、
                     ,-´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `-、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\.
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
             i゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i
              .|:|{::::::|{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|::::::}|:|
           i:::| {:::| {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |:::}. |:::i
           { |::::| {;;| \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |;;} |::::| }
          {::::::|     \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,---、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      |::::::}.
            |\;;l    ________________ l   l ________________   l;;/|
            |\    |   ________ `i   i´ ________   |    /|
          __|;;;;::`i     | <  ・  > |   | <  ・  > |     i´::;;;;|__  「ダーマへの留学制度」 作れよ。
      `ー、 ニ    \   ̄ ̄_____}─-{____  ̄ ̄  /    ニ,,―´
            |::::::::\ : ___  ̄ ̄ ̄_    _  ̄ ̄ ̄___  :/:::::::|    兵隊じゃないガキなら
            |:::::::::::}.  l::::l  l~^l  |::::|   |::::|  l~^l  |:::|   {:::::::::::|
           |::::::::::|   |:::::| .|::::| .|:::::|  |::::::| .|::::| .|:::::|  .| ::::::::|    留学しても問題ないだろ。
           |:::::::::|   .|:::::|. |:::::| |::::::|  |:::::::| .|:::::| |:::::::|   |:::::::::|
           |::|ヽ;;}  |:::::::|. |::::::| |::::::::| |:::::::| |::::::| |::::::::::|   {;;/|:::|
           |::|    |::::::::::||:::::::||:::::::::| |::::::::||::::::::||:::::::::::|    .|:::|
           \`-,__,-´ \:::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::/ `-,__,-´/
              ̄| ̄  | \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |    | ̄
            / |    |  \::::::::::::::::::::::::::::::::::/  |     | \
.        /  |     |   \:::::::::::::::::::::::/   |     |  \
        /     |     |     ̄ ̄ ̄ ̄     |       |    \



;..;;;.;; ,/;:;;;;../;;;//;;:;;;;rnヾヾi:l:|/;/;;,;;:;:;;;:;;;.;;;;ヾ;;;.;ヽハ;;; :ヽ
.;;;;;.../;; ;;;; /;;,'/;//;;'          ゙ヾ;;;;;;ヾ;;;;;;l |;;; ;;;ハ
;;;; ,/;;; ;;; ,';;;;..i.!;| |;;!            ヾ;;;l ;;;;.i::l;;;i、;;;.;}
;;; ,';;;;; ;;;;;l;;;;;;..l.l;| l;;|  _____    リノ!;;;;;i!.,!;; i、; {
;;; l_,,ェ=-キ;;;;;..l'||¨|;| ̄ _____  ̄"7/,';;;;;;リ,l.;;; ハ .:ヽ
;;; !_,,,ェ=-f;;;;;; l;|l|¨リ ̄          ̄"7〃;;〃;;.l、i;:.::ヾ;;;i
;;; l;;; ;;;;;; !;;;;;;;l,';' ,i'     .       |l{;;;;〃l:: :l、!: :.ヾ!
;; {;;.;;;;;.. ,';;;;;;//,/  _....,,,;;;   ;,..._  {l l;;;l;l l;;; i| ゙!.;.;.: ;.ハ
;; .!;;;;;;;;;;;/;;;;//:_:::::;;;;;;;;;:::;;;;;,,,  ,;;;;:::_:::`:ヾヾ{;;l l!; ;.:.;;;;. ; ;l
;.; };;;;;;;;;:::::;;〃¨ー'' ̄ヽ;;;;;;;;;ゞ 〈;〃¨ー'' ̄ヽ::;;;;l;;;, :: ::.:;;; ;.; ,!
; /;;;;: ::;;;;;/;;;;; ̄ ̄ ̄;;;;;;;::.. ;:  l::;;;;;;; ̄ ̄:;;;;;;;;;!;;;;;,.; ,.:;.' ;.;,'
.;.;';;;;;;;;;;;/'''''''""""´´  ::...   l       :::l;;;;;;;;,;.:;.; .;.,'   ルーラが使えるのだ。
;;'.,;;;;;;〃              i   l.       :l;;;;;;;;.;.;.;.. ;.|
;; ;;;;;;;l            ,  , ヘ ノヽ         l;;;;;;;.; ;.;.; 八   できないとは言わせんぞ。
; ;;;;;;;;;!,,;;:   ,,,...    ゝ 〃 / ソ       ,!;;;;'',',;.;;,:,;' .ハ
;;;;;;; ;;;l;;:::::'  '' ,,      ''::;;;;;;;;:''         ,!;;;;, ';''':.: ; ; ;!
;;;;;; ;;;;;!;;:'     ゝ、,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,, ,    ,!;;;;;;;,.: ;;.; ;.: ; ;!
;;;; ;;;;;;;l;;        ̄ ̄ ̄¨ ̄ ̄""    /;;;;;;;;;; ,;;.; ;: ; ,'
;; ;;.;;;;;;;l::       :::::;リリリ77リリリ:      /;;;;;;;;;;.; ;; ;.;;.;./
;.;;.;;;;;;;;ハ: :.    .:.::::::::::;;;リ'''    :.:.:.:.:..  /;;;;;;;;;; ;;; ; ;; ;/
.;.;;;;;;;;;l:.:ハ: :.:...   :.:.:.: .:        :.:.  ,';;;;;;;;;;;.: : :.;;;.イ
;;;;;;;;;;;;;!:.:.:ヽ、:.:.:..    :         ,';;;;;;;; ,,;,;,; ,;;; .!
;; ;;;;;;;;;l:.:.:.:::::`ヾ、:..         ......   ,';;;;;; ;;;;;; : : :: .::l
;.;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:::::.:.:.:.:`ヽ、 ....:::::::::::::::::::::.../;;;;;;;;,;;;;;: ::; ; :.: : |
.;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.`ー-=≡三≡=‐':ノ;;;;;;;;;;;; : :; :: : :.;;.|
彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;::''_,;彡;;;;;; ;;;;;; ,.;;.;; ;.;.;; |




                                  _|V  / ̄ ̄\
                                  \    「  へ   \
                                   <  (○)(○ )   |
                                  /  |  |     u  .|
                                         | __`___     |
                                      {        /
                                      lヽ、  ,ィ'.) ./
                                      j .}ン// ヽ
                                      ノ '"´  ̄〉  |
                                         {     勹.. |
                                       ヽ 、__,,ノ . |


75 :◆vsQyY1yD2Q

                       _z===ミ
          __          /ニニニ三厶
        ∠ニミュム.     ト、   /{^{ヘニニ三三}
        {二三/^∧    .}i.ム_{ゝ_ゝニ/´,r'、 }     .イ}
      ィ>、{_{={__i{ニ}   ィ:}i.:.ヽ.:∨マ)〕〔(コ/}i:ヾ.    .イ.:,’     て言うかな
      /: : :/ニニ∧-' __/.:.:.`¨´:.:/ i{.i{.i r; ; ;i r}i:.:ムっ-く.:.:./
.     {: <ヽ二三}z< --'<:.:.:.:.:./ミ三ト、{_//ノ.:ゝ‐'’-――ゝ、 ,.ィ}  ダーマで修行したら人生変わるぞ、マジで。
      ゝく≧ュ〈_リ:.   `ト、ノ.:.:.:/三三〕>、.:ヽ.:.:/∠三三>、ム:/
   r―{≧x  ̄フ′:.`¨´ ゝ、.:.:./≧ニイ_∨`'’.:'∠/⌒ヽ ヽ:.:.マム
   (ニコ三O≧x     _≧三厶__;/´7フイ⌒ヽ,..:≦ブヘ `¨¨´     実際 俺の人生も、タカの目 覚えて
    ゝ--{三O三≧マ´ ̄: { } { } { } `7-く /  / '⌒>、   }i)
     ゝイニO三三i{ : : : : :{_} {_} {_} : {、   \i{  ,.:'′ヽ,..:'’}′       自分を見下ろした時から変わったしな。
        `ヾ=厶==rト、_rヘ.: : :_ム斗、_,ノ'’ / _    }>イ}
             ̄`¨ー=に}i三「   У  /'’厶イ¨´ニi{
                 }「≧zト≧zイ===彡三三三三|
                 }三イi{__/}ニ三三三三三三三|
              ,.r―マア{__}_i{.`}=三三三三三三三|
               ,.イ:i:i:>'’/人:i:i:ヽ{ニ三三三三三斗<
           ,.イ:i:i//⌒ヾニヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i;≧=彡}‐'’
             /i:i:i/:/ニニ三ヾ=}i:i:i:i:i:i:i:/ニ/ニ}i
           ,:'i:i:i:/'’ニニニ三三Y:i:i:i:i:i/,.イニニ三ヽ
         ,:':i:/二三三三三三}厶:i:i:/'’ニ三三三〈
          //ニニ三三三三三/ ̄´`}ニニ三三三}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    .,. -─- 、
               /,;:;:;;;;;:;:;:;:;:`ヽ
                 ,'.:..:.:.:.;;;;;;rrrr、:.:.:ヽ
               l::;ィ'´;;;;' `ヽ。-、ヽ.::!.   俺は今、タカの目で 自分を見下ろしている!
             {ミレ'"´. ,.. ¨¨`,ィ;;彡
             {ミ!. i i::i l.:::! l:l .l:! l;;彡.   感動だぁッ! 精霊の加護ってのはすげぇな、オイ!!
              iト、i i:::iノ:::l/::l/::!ノ:::|
              ヽ入     `VY           /l /l
          ト、    `1 ミヽニニ彡'´ L、、、,,_   _./ レ' ..!
       ト、. ! Vl ,..ィ´.:j! ',::,,,,,/ ,::′ ,' `ヽ`ヽ`Y´.:./l  ``ヽ
       | ヽ| 〃/.:.:.:.j!...',;,,/ ,::′,,,,,........リ ノ.:::l / .l.:.:.:.:./ト、
     ,.ィ´ヽ ノ/ /  ;;;'''゙゙゙゙`,.''''゙゙゙´    {: :i i!.::! ゝ ' /.ィ´ `ヽ
    ト、/ ト、, ´/ ./:::''  .人 ..:;;′ .人   .:i: :.! i!:::!.:.;.ィ彡'´ ;;   .゙、
   l ハ  V.:.:.i  / ,::   `Y´.;;;′ `Y´   .!,..ィ"´`ヽ〃;;;:;:;:;:;:;;:;゙゙゙´: .
   l/.::',.:./.:.:.:j. /''"´   ....;;;;;   人    (,,、、`Y.. ):::V´     : : :



                            "//;; 彡,、-ー''ア:;、-'/:::::::::::\\::;;、-'7三三 ヽヽ;);/ ̄/_ヽt
                            从从iii:ノ  ////了;;;;;;;ミ));/ /彡ミミ::;;-ー―" __/ヽヽ
                            :::::::::リイ  i::/ / / /;;;;;;;;;;;iiiii)/ ,r',,,,,、- ァ/-z''"  /iii从;;;)) |
                            //;;;/:|  ノ:ノz''"// ,,、-ー ''"  ,、-ー''"::|;i/// /从从;;;;リ|  ヽ
                            i;;;;i;;;;リ /;;;、-''了  / ,、z''"/| /    :リ;|/,,;/ /イii|/\从从
                            iii||;;;;i   ,、-ー'i|  "/ / :/ /     /リリ/;//从:::~'-/;;、-'/
                            リ|ii|/ 「"、リt i|ii|i  ノ /ヽ:/ /  ノ  :{;;| :|ii|从i|;;、-''|;;;、-",、 '从
                            リリ/ /、,リノ;;|''|;;|ー-|/----レ------ ーリ;;;|''||ii从リ,、;;;;/ /从从
                            :::::|  |ノノ人ソ''|リ+::、::,,_o;:;:'、o;) ,,、-ー|;;|i|'"iii|从从;| /ヽヽミミミ
                            :::::|/彡ノ リ ノ ノ ー--、 ̄ ̄ ̄ノ:::::::::t;;tヽヽ、;;ミミ;レ"ヽ、ミ三''ン;;
                            彡"从从ノ ノノ    ヽ~ j::::( r'  `ヽミ、,,,、='}~'-、、ミ三シ<":
                            彡彡イ/);;;~"'''ミz;;;;;;;;;;__iz-ノ人t-;;=ニ、ニ,-ーヲ;;;;;;;;;;;;;) ̄ 、;;;;:::::::::
          話 を 聞 け ッ !!    >''"//;;;;;;;;;;;;;;`'ー`=´-''rミ:ァ了彡:~'''''''''''''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽ 、'ー、::::
                            ;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;;;;;'''''""""":(ミミi|:::j:::彡::::''"""'''"  ::;;;;;i|ミトトミ ::::::::::::
                            ;;;;;;;;;/|;i|;;;;;;;::::::      :::::(ミ i :|:/リ::::、     ::;;;;;从~'-、ー、、、、r'"
                            ;;;;;;/ |t;;;;;;;;;;) ::::::::::::::::::: i'⌒ :j :}:::''"ヽ:::::    ,:ノイ;;リ;;;|从::::::::::::::::::
                            ;;;;/从i);;;;;;;t'、 ::::::::::::::::::: 'ー:、( )'"~´     .:イ/;;;;|i|i||从ヽヽヽ;;ヽ
                            ノノノノ;;;;;;;;;;;;t', ::::::::::::::::::: ~''ー、;;;/        ::/::|;;; || i 从:::;;;;;;;;;;;;;
                             从;;;;;;;;;;;;|;;;;;;'、 :::::::: ヽー__ニ三三'''=ー''   ,ノ::::|;;;|i||ii t从;;;;;;;;;;;;;;
                            リ;;;;;;;;从;;;;j::::::::::ヽ ::::::::: ~ 、" ̄ ̄ ̄"::::  r'::::::リ;;r、(((ヽ't;;;;;;;;;;;ヽ
                            ;;;;;;;;ノ ;;;;;;;|、::::::::::::ヽ: ":::;;、 '' ~~""ヽ、:::::::; '::::::::/;;/从ヽヽヽヽ;;;;;;;;;;
                            ;;;;;;/イリ;;;;;;i、_::::::::::::::::ヽ::::(       /::::::::::i;;;;从ii|ヽ)))从);;;;;;;i|
                            ;;;( (i|;;;;;;ヽ、,,,::::::::::::::::ヽ;;:::''''''''''''''ヽ/:::::::::::::::t;;;;i|从ii|;;;))''ノノ、;;;;;;
                                          :` ̄ ̄ ̄



             , r ー .、
        i!    /.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    t、   ,i.i, ._/.:.u.:ゞ、_:.:_i
     'i,ヽ__,i,,,,i,/_>'i.:.:.:.:>`ミァii/,ri'   すいませ〜ん。
  .__ ,》´ー- 、 ヽ-!、i'.:.:Z//∠'_/
  `' .i´.i   ___ヽ_ ト、`Y´ト、.:.:.:}
   .l.:.:ヽi  ´   _,,,,X,,,,_i .|.:ヽ-|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


76 :◆vsQyY1yD2Q


           ダーマの修行じゃなくても

   ∧ ∧   読み書き、計算を勉強するだけでも人生変わりますよね。
   ( ゚w゚)
    /`>v|>   僕は、勉強した人を見て始めた口ですけど。
  .く,_,ノ |ゝ
    し`J

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                    いえ、あれは学校ですね。
                          ∩_∩
                         (・(ェ)・ ,,)    元々は孤児院の孤児達のための物だったのですが
                          《i V l⌒》
                        ×| |..l i| |    今では誰でも読み書き計算を勉強する事ができます。
                         ,(__(__!i__,ゝ



                 __
              ,.. . ''´,,,. ー''´ ̄`ヽ、
        ,. -': :─-: :'',,''";;.. . . . . .  ̄ ヽ
       /: : : :'':'':',.─--ヽ: : . . . . . . . . . i
         i : : : : : : |     |:i: i. . i. . .i! . . . ゝ
        } ノノノノ , ‐- |:| |!. .i!. . .i! . . . . .}
.       /: :´:´:´:l ,, - .,,_ヾ:{ゝ.{ゝ. . . . .. .V
      /: :/⌒i :/ ;; z≧。-=ァ' j-`ニヽ. i . }
.     {: : !i.λl/i   ー--,'' i. {=。-=ソ , ノ
      ヽ∧ヽ  ゝu.    i  : ! ー イノ´   ヘル・ニュー速では そんな事までしているのか!?
      ノ: :ゝ_i   ヽ   ,   ; |  ,ノ
      〉: : :{ |   !  /  ̄`ー'、 /        商会当主の仕事ではないぞ!?
        l从从 、   / _ --= 、 ; /
        V ヘ  \     ̄二¨ '/
  __ n/   ヽ\  ヽ.      /
 ̄    l l.    ヽ\ ゝ、 __,,ノ
     ヽヽ   (,,.-、ヽ 、_,厶イィ
        ヽヽ.    } } i. f r‐-i'
       ヽ` ー- '',ノ i i! { ノ`!,,_
,,_       ヽヽ ̄  //lゝ-ァ/   ヾー'ヽ,,-、



                               ∧ ∧   でも、計算できると
                               (゚Д゚,,)
                              とiV l⌒》   給料日が遠いのに金が無くなる事が減りますよ。
                             ×|  |l i|
                              ,ソU´i!_,_ゝ


   ∧ ∧
   ( ゚w゚)   ああ、分かる分かる。
    /`>v|>
  .く,_,ノ |ゝ
    し`J


                                        控えめに言っても、人生 変わったと思いますよ。
                              ∩_∩
                             (・(ェ)・ ,,)    自分も、あそこで勉強しなければ
                                  とi V l⌒》
                            ×| |..l i| |    こうして部隊長にもなっていなかったでしょうし。
                             ,(__(__!i__,ゝ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                     __
                                  /::::::. \
                               /::::::ヽ;;:   \
                                (:::::(::::冫    |
                              |:|::::::        |  えっ……?
                             r‐-;::::::. .   u. |
                             (三)):::::.     |   読み書き……できなかったんですか?
                             >::::ノ:::::::::.    /
                            /::: / ヽ;:::::::::   /
                            /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                            (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                  |\::::::::::::;;:1
                                  |:::::\;;/:::|


77 :◆vsQyY1yD2Q

     |
   / ̄ ̄\
 / _  _\
 |   o }liil{ o  |
. |@ (__人__) @|   それすら知らなかったでやんすか!?
  | ヽ |!!il|!|!l| / |
.  |  .|ェェェェ|   }    あんた、農奴の人達の何を見てきたでやんすか!?
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /      \
   ( ヽ   / /
    ヽ ヽ_∩ ノ)
     ヽ___ノ´




           / ̄ ̄Y ̄ ̄\
          /U へ.   へ  \
         (○)(○ )  ( ○)(○)   だだだだ大丈夫です! まだ遅くありません!
         |  /     ij   | |
         {___´__   彡  __´___ノ    門閥貴族を倒せば、みんなを教育する事ができます。
          {`ー'´      `ー'´}
           {   u  彡   u }    今は、みんな民主主義実現に向けて やる気を見せてくれてるんです。
           ヽ、    /   ノ
             .ン    ヽ        僕が それに水を差す訳にはいかないじゃないですか。
            //    |
        (⌒二_/ |  .  |




            ,..<´ ミ彡⌒ゝ、
          r'"     ミ彡     ヽ
           ,'´ ,    ミ ,.  ミ  ハ、
         ル リ ' ,'´_   ,,ヽ ',   !
        .ノ   |  i´ `"´ `!  i バ
          .7  ,リニl ,リニニニニl i l ', l
          .l   ,ノ ノ      ゞゝゝ  ゝ
         ル  イiミ=・=彡 iミ=・=ミ!ヾヾ ハ             ヤ
          ノノ リ l      l:'''   ;l i  ハ'  それ、門閥共を 「殺る気」 だろ。
       .フ' ,イ ,从.u   ;;,、j;;   ,!   从
      .( , '    ヘ.  、__,,, ,∧ ', ハ
    _.从   ノ リ '.,  ;:ー'' ,イ  ',  ヾ
     ,,`,イ  ,,/  /:::;;;;ゝ;,_,,イ;;ハ   i   ハ
     .`ゝ  い  ヽ ;;''''':;;;;:'' リイ  ノ リ 从
       .`ソゞ  ソノ\  ;; ,:'_,,V  ノノ ノ
           ゙ゞゝ! \  ゝ.-‐'",,.ィゝ、(ヽ'´
         ヘ  ヘ. > ,,   _,,.. ''


78 :◆vsQyY1yD2Q
【 カブノールの民 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    /\__/\
  /        \   聞いたか? できない夫様の軍が
  |   ○    ○ |
  |.     | ̄|    |.   ロンベッタで負けたって噂。
  ヽ .     /―ヽ ィ’


                     /\_____/\
                    /              \
                |   ●      ●   |   それ、本当かなぁ?
                |.     ヽ_/     .|
                    \.      ∨     ./  三賢者様が負けるとは思えないよ。
                    /             \


      f^ヽ         /',
      |:.:.:. ヽ     /  !
      |:.:.:.:.:.:.ゝ-─-<    |
     /:.:.:.:.:.:.:.:..      u  ',    いや、それが、軍を率いてたのは
     ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:        ,
     ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:    ‐-  ,   別のヤツだったって話だモナ。
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:      l
      ';.:.:.:.:u.:.:.:.:.:.:.:.: -―  /-──- 、
     ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.::.:     /       ヽ
     /:.:゙"''':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...  /       ノ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |       /


                        ,、       _
                      /|      //
                    / _⊥ _ _ / /
                   / ´O r‐┐O`ヽ/
                    !   | | 」」_ l   それで負けてどーすんだよ!
                   ヽ  _|__|_ TT ノ
                   (´_` ー─ァ- イ    三賢者様に任せりゃいいものを!
                    `l    し'´ l
                       |       | _  ,-、
                       |       |´-二_ノ
                       l r─‐-、 l
                     `´    `′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 カブノールの民 】


79 :◆vsQyY1yD2Q
【 ロマリア南部の民 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     | ̄` .、        /~l
    |    >-‐――-<   |
      |              |
     |/    -‐     ‐-ヽ|
     l  ""  \___/  l    本モナか……あんまり興味ないけど
      |       \   /  |
     l、       \/   /    こんな お城みたいな所で過ごせるだけでも
     \          /       入る価値があるかも知れないモナ。
     /   ー-- 、  'ー-- 、
     |        |      |
      |    ー-―'゙   ┬‐''"


             /]__/]
        /        \
       / _ノ         ',
       〉 O    O   |  俺は字が読めないからなぁ……。
       \  __   /
         γ⌒)    く
          |        |
          |        |



          ∧     ヘ
         ,' i ':,   / i ヽ
         ,'、,,j ーーイ,,、j  ヽ、
       ,:´           ヽ
         ○     ○     ',
      l               |  そう言えば、さっき聞いたんだけど
      ':,   r―-、       /
        ヽ、 l    )     /   ここじゃ無料で読み書きを教えてくれるらしいわよ。
         `> ― '     <
          ,"         `' :、
        ./             ヽ
       l


             人
 (⌒'^) Λ     Λ   て
 |  | / ヽ__/ ヽ   〈
 |  /  O    O ヽ
 |  |     √ ̄.|   |  マジか!? それを早く言えゴラァ!
 \ ヽ   ノー―| /
   \,        \,,
    \   _ノ   ノ




                 それは良い事を聞いたモナ。
          ∧_∧
         ( ´∀`)    読み書き出来ると 『道の港』 でも役に立つし
         (     )    早速 入ってみるモナ。
       (( 人  Y
         し(__,)


     ∧ ∧
     (,,゚Д゚)  待て、俺も今日は休みだ。 行くぞ!
   と   つ
  と(  、ノ
    \_)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 ロマリア南部の民 】

     |
   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 | .u     ゚
. |   @ (__ノ、_)  ( 色々 状況が違うとはいえ
  |      ` ⌒ノ
.  |  .u      }    これが二人の差なんでやんすかねぇ…… )
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


80 :◆vsQyY1yD2Q
      /ニニニニニニニニニニニニニヽ
      ’ニニニニニニニニニニニニニニ ハ
     iニニニニニニニニニニ}ヽィニニニニi|
     |ニニニニニニニニ /}/ /∨ヽニニニ|
.     ト.!ニニニニニニ==─…ミx 0 /》ニニニ│
    W≧ー…ャ77//--。-ォ///l} 0 彳ニニニ|               て言うかよ、門閥ブッ殺したいって
     》 f77ハ  ∨/≧==彡//ノ   《ニニニl|      ト
     `7 V//}  ∨////厶イ==ミ   iニニニ|      |∧      結局のとこ、元・農奴連中の
       ⌒i ̄ __ ̄ ̄´   》//∧ lヽニニニl|      |/∧      積年の恨みってヤツなんじゃないか?
   ト     ∨ .//| ト. {7∧ ∨///i| ∨\ニゝ __   |  ∧
   |∧    ∨//| |∧ ∨∧ ∨//l|  i}///777{厂三{  |  /∧    そう言うのに流されるのが
   |/∧    }ヽ/| |/∧ ∨∧ ∨/l|  リ  }////|∧三≧|    ∧.=   民主主義ってヤツなのか?
   |  ∧  、|__i/| |//∧ 》/∧仆ー=彡' '/// l|/∧三 i|    三
   |  /∧  ≧彡. 》====≦///   l i '//三|  ∧三|    三
\ |    ∧イ三/三》 ∨////    j l //三 i|  /∧ .乂__ノ三
/∧.|    /∧./三 ィ/∧∨///    / '//三三|  //∧三三三三


               ____. __
             .,.‐´     '',,`',:::::::`‐、
           ./::::::::'゙゙,     ';'`、,;;:::::;;;;;\
           /:::::::::::::;;'゙´       `、 ;彡;;;;;:::\
          .{::::::::::::::::`::::',ッ'';;'';'';';';;;`、彡彡;';;;;;;i
            i';::::::::::::; .:::;:,_____、,__,::; ;::i
          ;‐,'-,;__;..::'::|゙          i::;; ;::i
          /::::`'‐,r':; ,::;;;}‐──────‐}: :, ;;゙i
          .i゙;::::` .::;´:::: ::::} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:';; .:゙i
          .゙i::::: ,::: .::::: _,;;l゙____,..、____|:;, '' ,;;i   むしろ、こいつ自身が その憎しみに共感して
        .i゙:::`::::;;;`..;` ::|;;;;;`‐゜ー';;;;; i;`‐゜‐';l:;'::';,,゙i   飲まれてしまったのだろうな。
        ,-゙:: ::;',:::::゙゙'゙ _;;;}         l::::::  i:::::; Y'
      .∠;;:`.::;`::::: ;;;;''゙::|          l:::::: i:;' ;;, ゙i.    だから、自分の手で門閥を打倒しようとした。
  ._、゙ィ;;::::`:::';::''`;;;;:: ,;|,.    、 ゙ィ,,,__}::: i:::;' ;;i'`
 ̄ ̄   ';;;;'''',,,'::::::::'::::;':::}:`、    ̄ニニ¨ /; ノー'´\   分かりやすいではないか。
     ゙,,_ッ;;:::::::::.::;`:;;;;}::::::`、     '''  /:; ;i`、   \
        '''' ッ:;;;; .:;;''`:i  :::::::\,,   _/:::;i` i .`、    \
          ッ'''::::. ':::::::i   ::::::::::: ̄''';;ト' ゙  |  `、


81 :◆vsQyY1yD2Q

     |
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |      -   -
 .| u @ (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   ……飲まれただけじゃないかも知れないでやんすね。
  .|         }
  .ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
    .|      l



                         / ̄ ̄\
                       / 「 u. ヘ \
                        |  (○)(○) |  そうです! 
                        |      | u. │
                        | u. __´___  .|  やはり同郷の人! 分かってくれるんですね!
                        |   |!!|!|!l|  |
                       ヽ  |ェェェェ| u/   僕は、憎しみなんかに飲まれたりなんかしていません!!
                           ヽ       /
                              /    く
                          |      |
                          |      |


82 :◆vsQyY1yD2Q

        │
      / ̄ ̄\
     /   _ _\
     |    ・  ・  |
     | @ (__人__) |   でも、門閥倒すのに拘ってたんでやんすよね?
    |     ` ⌒´ |
     |       |    みんなの 殺る気以外に、理由があったでやんすか?
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |




                                      / ̄ ̄\
                                     /  へ    \
                                      (●)(● )  u. |  えっ? ですから
                                    | |   u   |
                                    |___`___     |  門閥貴族を倒して
                                      {`ー'´       |   サマンオサを平和にし
                                     {      u. /
                                     \     /    民主主義を実現するために……。
                                     ノ     \
                                    /´       ヽ

        ∧
   / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    |  さっきからそれ言ってるけど                  |
    |  門閥に勝ったら民主主義実現できるんでやんすか?  |
    |                                       |
    |  どうして?                                |
   \______________________/


83 :◆vsQyY1yD2Q

                                         / ̄ ̄\
                              -、      /  へ    \
                            /  /     (●)(● )     |
                             |  ,      │ │        .|   それは もちろん!
                             l  |      │___`___, .     |
                         ┌―}  l.       |        |    邪魔する人達が いなくなれば
                         ┌‐| lノ   〉       |         /
                       「1( ̄ `ヽ /        ヽ      /―┐  みんなで力を合わせて ――
                       └イ ̄フ  {          小  ´   /   l
                         l 〈   ノー- 、     /」、__ム |  └i
                         ゝ _ノ   /\ / /   r┐! l    \
                            |      /  |'  //⌒Vー'| 厂\  \
                          \  r'´       ,//   l  / /   \  \
                               ` <. __///   / / /    /   /




      |
    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |     ・   ・
  |  @ (__人__)    ―― でも、ねらう夫から聞いた話によると
   | u.   `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃   少なくともヤンの配下の人達は
   ヽ / /  '‐、ニ⊃   できない夫や三賢者の言うことを聞いてるだけだったって。
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉    それで、どうやって民主主義を実現するでやんすか?
   / ./.   /    \
   | /   /     i \   元・貴族は分け前のことしか考えてないって話だし。
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ


84 :◆vsQyY1yD2Q

                        _________
                      /       'r r.r.r.i
                     /        | | | | |
                    /    u   .ノ.ノ.ノノノ               それは、皆で力を合わせれば……。
                    ハ 「  ヽ  u /   /ノ
                   / (○)(○)  .(    l ヽー―ー-、     でも、考える人がいなくて……。
                  /  . |  |     ム   イ    r    ヽ
                      /   /ヽ _`_    |   .l    /     、
                /    /  ヽ`二'´/l   |   ,'      l  l   それなら貴族に仕えていた人達を……。
                   /   ,'       ヽ|    | ノ      ハ   l.
                /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l.  いや、それじゃ前と同じで……。
              /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
             ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
              ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ  あれ……? どうするんでしょう……?
                           ', |     /         ,'
                             ト、   ノ          ノ





          _______
        /            \
      __/             \
    /.         @  、     |__  やっぱり……。
    |.         ,(⌒  ・ ヽ   |
    l  lヽ      )> lllllll     /     もしかしてと思ったけど……。
   /    ヽ\   `(__,  ・ / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |    |ヽ、二⌒)


85 :◆vsQyY1yD2Q

        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::U::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ−−−− ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (   られっか夫、どう言う事だ?
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ
      ゝ---η.   |||||||  ゝ   民主主義って、どうやるんだよ?
        /≦ ヽ .|  | ≧
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


                i
           _ __|___
         , ´        `ヽ
        /            ヽ
      . |      ,        l    そんなの おいらも分かんないし
       |  __ノ ,  ヽ、_ u |
       l    ・      ・    |   できない夫も分かってないでやんすよ!
       |                 l
         .l @ ( __ 人___) @}.   こいつ多分、門閥を倒せば 何の問題もなく民主主義にできて
        |    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  |.    めでたし めでたし になるって
        | U  l.r '⌒ ^⌒`j  .|.
.        丶   ヾ-======'.  /    本気で思い込んでるでやんす!!
         ヽ   ` ⌒ ´   ハ
      _,./| ヽ ` ー---‐ ´''´  l \、
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../


86 :◆vsQyY1yD2Q
            ノ.:ノ.:::::::::::::::⌒ヽY.::::::::::::.`ヽ::.ヽ
              〃〃.::::::〃〃⌒ヾVx≦、::.`ヽ:::::::ハ
            〃〃:〃.::::::{::{       }:::::ノ:}:::::::::}
            {{={{::::{{:::{:::八{二二二ニニミ/:ノ}.:::::::ハ
             {{:::{{ 〃八(__,ノ__ ,    〃:::X/.::ノ:} } }
  ― -- =ミ   八八{:::{.::::::て 。ユノ八≧=‐-v'.::〃ノノノ
.          `Y:: ハハ:Y:::::::厂 ̄ ̄{ {`ニ゚ニ:::::::::::〃/         ……ちょっと待て。
.         ノ.: } :}:从::::/  .:::::r_、_}〉::..  `Y::::八{
       /.::: ノ ノ.::::}}::{u    ヽノ    ,::::::{ { ハ-,‐―――    その 「民主主義実現」 と言う難題から
      〃.::: 〃〃.:::八{          /.:::::}} }::::} l         全力で目を背け続けた結果と言う事か?
`ヽ.     {{::〃〃.::::::::/.:::ハ { ⊂=ー....´⊃:./.::::::ノノノ:::{ l
  i   〃::{{:::{::::::::::i:{八{∧    ー−  /{:::::〃〃.:ノ l            こいつの反乱軍は。
  li  _从::从八{:::::从 {  ヽ.:     イ }::::} } 八/⌒ヽ/⌒ヽ. _
 ⌒Y´ ' }ハ |i ヽ(ヽ ヽ!   ヽ=--=彳  ノ从八ノ' |_  .イ  /   \
 、_丿      |i    \\______/ /    し' ノ |し'丿/     `ヽ
 、__|      |i       {\ ー-      /|    | ̄  `T  |_  /
   ハ、    |i_     {  「厂 ̄「厂 ̄「{  ノ  __|_   ノヽ. し_ノ/
    \ / }ト ..    {i__|{__l{__|{/   (   `Y       / 、/




                                      / ̄ ̄\
                                     / _ノ     \
                                      (●)(● )  u. |.   そんな事はありません!
                                    | |   u   |
                                    | __`__      |    門閥さえ!
                                     /__ヽ     |
                                      {      u. /     門閥さえ倒せば
                                     \     /     全て上手く行くんです!
                                     ノ     \
                                    /´        ヽ


87 :◆vsQyY1yD2Q

                               ,,、-ー ―- 、,
                              ,、 '"   つ     `゙' - 、
                            /       と      ヽ,
                             /    "" ー          ヽ
                           /     ,ィ  rニ             ',
                    ,,   ,'/lrレ"(゙("(                  l.    んなワケねーだろ!
                      /:|   ,'| (,,(゙,,r--ー―-==;z 、    r、r、    |
                      /.::|  ,'l゙ミo 〈" :,,、-ー 、;;Y /:|`゙''ー、ノ ノ .jY、  |.   段取りぐれー考えろよ! 段取り!
        |:',           / ::::|  l|゙ミo  ヽミ::゙' ゙゙ー-ノ :/ /::,、;;; 、`' 、ソ ノリr }
        |:: ',.       / :::::::|  lヽ(。/-yーー-ミニ;;"ノ', :}::゙ -穴,,゙i,l::::゙l"彡 リ   俺でも分かるぞ!!
        |:::. ',      / ::::::::::|  ,':::| |::::: | 、:::| ,,、::〉:::::''ー゙'、''- 、;;彡'",,,/イ
        |;;;;;,,',     /::::,、- 、| ,'::::| |: l| l: | | l:: |;;/ :/ r,ァ":::`゙>ーーイ) ,, イ        /l
        |;;;;;;. ', ,,''ーx三=、-\' ::::|ll| |;|.l |;;| l: |;;;/ / ./;;/ / /フ:::  ::イ:::/        /::,'
      _,,;;;:;:;:;,,,_彡"´ ̄  ヽ:ヽヽlレl |;|.l |;;| l |;;;/ / /;;/ / /// /〉 :::/ ::/      /::: ,'
  :::::,、-  ,'"V .N'''"/-ー-、"゙   } l|::|ヽ: ', |;|.l |;| l |;;/ / /;/ / /// // :: /::::/  /|   /::::: ,'
:::/´  ,,、ノ  _/::l :/ー '''''''゙ .::| ::ノ:/::リ:::ヽ:゙j;|.l |;j l |;/./ /;/ /,///:/;/  /::: / ./::|  /:::::: ,'
/   /ノ',/:::::::| {      .::j-彡"::ノ::l|:: l'':::ヽ|:ヽ;|;| l /;/ ,//::///|イl|::/ /::::|  /:::::::::,'
   j/ :::', ...::::| ::' 、,,,,,,,,,、-'===彡'"::/::: ',::::::::::'ー-、゙::::::゙''::∠/;;ィ'": //;;|ノ ./::::: | /:::::::::/   //
:::.........Y ..:::::l  ,,;;;| :: :::::::::::|~ヽ:::"/"" 三ミ ',::::::::}}::::::::::~''ー'''"´::::::::ヒノ:/ノ /::::::: | /::::::::::/  /:::/
::::::::イj:{::::::;r'Y'" | :::::::::::::ノミ: |:: /:::::..,、- '''ー、ヽ :}}、:::::::''",、 ''""彡 ::'" /`'、/::::::::: |/::::::::: / /:::: /
:::::::::j l|゙レ'" ',  ヒ-ー '''"   |:::l|:::/ィ-ー'  ',| }} ::: /彡  彡 ::" /   ヽ:`゙''ー、::::::::://::::::::/
           `'ー、  ,r':::,r'' '"´ ̄    | \〉"彡"   彡 ::'" /    〉    `゙'/:::::::::::/
                                彡"" ::  l|   /l|    /:::::::::::: /ー、




                                    , n / ̄ ̄\ .n
                                     / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
                                 /,イ / (◎)(◎) .l i i i
                                  〈 .r {u   | .i. } }  ).  違います! 違います!
                                ', i.  ',   __´___ /   /
                                    i   l /___ヽ,'  ./   僕は! 僕は……!
                                    ヽ、_.イ、.    人 ノ
                                   ヽ     〈_ノ ノ
                                    |     ./
                                     |    .   |


88 :◆vsQyY1yD2Q

          ,  ‐,====‐ 、 コホー
         〃   , -‐‐- 、 ハ  コホー
         |i   i !!     i iハ
         |i  _l」L =-‐ __ヽrヘ、    いいや、違わない! ハッキリと言ってやろう!
.          //´  ヽ.____ , '´ f rv'´).
         //        ∧ --ヘ乂/    民主主義で全てが上手く行く? そもそも実現すらできんではないか!
.        //       /\`Tフ n{.
       /厶   -‐=≦、_ `く ィ凧
       `,ニ=‐ 、     `  _≧=‐'    貴様は ありもしない幻想という名の酒で民を酔わせた!
    , -<     `   ‐-=≦、_
   /        ,ィ´   「 「`ヽ‐、`ヽ.   だが、その酒は毒酒だ! 酔うのは一時、後に地獄の苦しみを味わう!
  /          /i ト、   l !  ヽ.ヽ ',
. /          //i l  \j !    i i i i
/          /\i l   lヽ!__,ノ^| l_l |   貴 様 は 民 を 救 っ て す ら い な い ! !
          ム /ハ___l__j_, イl   |
          ├'∨ハ i_j_j_j_j_! ! L.. -‐'77´ ̄ `二二フ
   i  i     l⌒ヽ_j__i_j二ニ=-┴ '´     //    }
   i  i     lX´,ゝ−- - --‐ァ,'      i i { {     `〈
   i  i     lX`7ニニニニニ{ {     ,L二ニ=-‐'⌒ー'
   i  i     l {`{−−−−− `  _, イ|
   i  i     ト----‐─===T丁]:| l !




                 {ll}rf(⌒}lk                                       マム
                 {l} ヾl) ,ノシ′              ///∠二二.\              マ圦
                    lj   lj´      u       ////´ ̄ ̄`ヾ、\           `气ュ、
                 O   O               /〃//   ∠二:、 Yトハ丶      Yュ、   `气ュ、
                        U           |〃|从   仁ニ=-;   ,リ厂l l   u   Yム   `气ュ、
                                    \   |ト-Yト、  `¨¨´  イ/ / /        Yニ=
                    ュ_             ヽ_ィ儿ニ乂仆=‐- _,.:彡'′     U        Yニ=
                    Yュ_              ヾ<ニ リ ` ̄ ̄´                   i二ニ=
                     Y┓_,ィ   ヽ        \\_    _,         U   l二ニ=
                         寸三三/    ,ィ〉.       ` 二ニ=  ̄      ___     l二ニ=
                        寸三廴 ,ィ≦=≧=‐- ..、                / 仄三≧ 、     !二ニ=
                         寸三l///' ̄,_ _、 `「ト、       _   /  /仁三二ニヽ    仁ニ=
                               寸Yト 、ヽニノ  ノノ |ト   ,∠二/ ノ   //三三三Wハ  l二ニ=
                               \三≧=≠彡 └==ニ三ノ/  _,∠二二ニ厂W ,リ   l三二ニ
                                `¨⌒ヽ、三二ニ=‐- .._'⌒ ー'⌒  ̄`ヾ〈 '′/   |二ニニ
                                   ` ー==ニ二三三三二ニ=‐- 、 ` ̄′   厂二二
                                                           ⌒丶、  _,.イ二二二


89 :◆vsQyY1yD2Q

        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \  ……分かるでやんすよ。
      |    ノ´     /)゚o |
     i      r‐‐人__)@|  門閥打倒に流された方が楽だったんでやんしょ?
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /    おいらも、昔は、辛い事から目を背けて
        \  .     ヽ、
         \      |.i   逃げてばっかりだったから……。
           |    .   | |




                                   / ̄ ̄\
                                 /   _ノ   \
                                 |   (○) (O)
                                    |.   .||   | |   \       違う! 違う!!
                                  |    ノi ___´__}  \ \
                                     |   し' !   |}         僕は! 僕はーーーっ!!
                                     ヽ    ´  ̄`}    __
                                   ヽ     ノ´ ̄ ̄´    ̄\
                                 /  ⌒゚ '"'"´(;          \
                                / ,_ \ \\ \          }て・,‥¨     ビターン
                                 と___)_ヽ_つ_ヾ_つ___ _ノ そ¨・:‘ .
                                             ゚ 。  YY ̄ ̄YY        ビターン
                                                    ・; ∵ .
                                                       .


90 :◆vsQyY1yD2Q

        ,ィ    ,,                      .,ィ.,,:r '"              .,.ィ  ,,.r
        l. | ,.r:ヤ                     ,.r'.r"              / ,ク''"             ,:ァ
        .l ク".                        ,rヤ.:j.l. /             / f ,、             //  _,..r
      /, |. /..、                     ./=,〈              /r ./,=, ヽ.           //,,.rヤ
   .//j !''7ハ ゙i     .,ィ :./            .,:グl!./゙l.l           ."./!j./ハ..}           ,/r''"./7
  ム " /!.l /  j ,l       |レ'"          // .j./ !!          / ! ./ !j'      ,rヤj l ./..─、
    ./  |.'/  .f./    .,.イ!. j               tLノ.! . /          l.!.,ノ/  .ク       ,rヤ  j .=''/~`l l
   .,f   ,.イ  //   ,rヤ..i ク,ハ           ~  /            ー' l   /     -' . ,rイ l.//  i j'
   i.L_,/ ! .//    .゙"::,rイ./ .||                                /         ,r/ ! ./ .   j !
   ー"    /        ,f. l./  j                                     /f  .j |    //
                 (_/   /                                     l |_./゙''   .ク
                   /                                        .t./    /
                      "                                              /



           ,,、 - ー― ー- 、
        、- ' ~:::::::::    ;;;;;;;; ~''-、
       , ''~; ; ;;;;;;;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;  ;;;;ヽ
    r";; ; ;;;; ;;;; z;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;; ;;; ヽ
   r';;;;;; ;;;;rr'((t"t、;;;、 - ーー 、;;;;;_;;;;;;、;;;;;;;; t
.   ';;;;;;;;r';(;;ヽ,、-;;'''";;、、、;;;;;;;;r'"ii 」ー 、)'yヽ、i
.  i;;;;、i~t''o't;;;;;;;;≪,,,。,~'ヽ;;ノ ;ii i;;、、,;;~',、'ソ )
  i ;;;t'、、o「"`'ー ''"~~~~~~,,,,、::-';;; ~'-ゝ;;ヽ。ソ
  | ;;'t、ァo)ー- ''"r'' ,、":::: r'、~~~;;; ~'';;- 、''"*i/
  | ;;;;t,ュア;;;;::://',, i;;i ::::: i;;;i ::;;;リ~i :: ::~'ア,,ノ   ……で、どうするよ、アニスの旦那。
  | ;;;;;;;t't;;:/;;/;、 ', i;;i :::: |z;i  ; リ;;i :::リリ : 〉j
.  | ;; ;;;;;;i/;;; /i;;;t,、. i;;i ::: |ニ| ;;;;/ョリ :/;/::/::/
.  i,,;;;;;;/;;;;:::/::t/リi |;;i :: |;;;i ;; /;;/ ://:::/ /
、,,ノ;;;/;;;;:::::/ー'"'' ,イ:i |;;;t__i;;t ;;/;;/: //::/ i,r'|    /i
::::;>'";;;;;:::::/、、;;;;/:: ̄::::::::::::::~":::ヽ''〈::/ ''" ,/    /; |
. ' 、;;;;:::::::/:::::::;;;;;;;;~;;'ー--ー''::~~~::''y"r''ヽ;;;r"    /;;; |
... リ,ヽ;;;;/t~',,-、::::::;;;;;;t:::::;;;;;;;;;、- /彡 i |     /;;;;; |   /;
. /,i、、::::: :::t;tヽヽ;:::::;;;;;t;;;;;;;、':::: /彡  ,リ;'-、,,,,,,,, /;;;;;;; |   /;;;;
'"'/i:::;t::: '' tヽヽヽ、-ーt'"::::;;; j彡  ,'i;;;;~' -、'-~、,''ー+ 、,,/;;;;;;;
 :ハ :::tt~' :::t、ヽ~' 、ヽ:::t'';;;  j彡  ''i;、;;,,"" ~'' -、、"""<;;;;;;;;;
:::: ノt :::tt'':: ::::i;;ヽt;;;リ |::;;'i ;;;; / ;;" ;;;; i;;、ヽ、;;,,, ::;;;;tヽ i::ヽ;;~'' -
;: / t :::tt   i;;;;;;;;ヽi t;;;;;i;;; /"  ;;; /;;;;` ~'  ""' i t:::::::ヽ :::


91 :◆vsQyY1yD2Q
        ___           ;|,;|;
.      , '     i i ̄ヽ      ;|,;|;
      i       i l }|     .;|,;|;
      |   √⌒|_| ∧    .,|,;|;
     /  /^ /.゚;`)}{( ;ヽ    .;|;;|;   無論、斬る。
      /  .i <⌒ ,niく/ l   ,|,;|;
     〈  _ ..ヽVi_iiv /    .,|,;|;   もはや斬る価値も無さそうだが
   ,/  ̄/ ゚ヾ ̄/゚ノ`ヽ   ;|;;|;
  /     /ヽ j'∧ー‐く   ゙lヽ  ,|,;|;   けじめは付けねばならん。
 |;   / /ノ./゚/. / /.∧ ゙l i. {。}
 |  /    V_/_/.__/._ △ ..|. i /ニ~ヽ
 l /     l   . rー─t  / iニ  (
 | iヽ     ヽ   l≡[]i |  t--,ノ
 / "ヽ     'j   |[][][]: ,,/"'''''''''⊃
/  ヽ     ー──''''''"|~|  `゙,j



     |
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |      -   -
 .| u @ (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   ……止められないでやんす。
  .|         }
  .ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
    .|      l


92 :◆vsQyY1yD2Q
  |:: :|: .::| .:|:. l:|
  |::.,: :r.:| ::|:. l:|,,;;:,;;:, ;;;:;ミx、, ;;;::;:;";;:;;:;" :, ;ミx;; , ;ミx、          |:.:: ;;:::ll|    |:::;l;l|    ゞ;;;!.::;;.:::;ll ゞ;;ヾ;;|.:ll;.::;;il:;l||;;;シ
  |: |:: |::.. ::. j:|;;;;ゝヾ;ゞ":::"''''⌒ヾゞゞ`:;;:;;:::::; :;:;;:;;:::::             | .:::;i;;::l|    |;;.::ll|      .|;;;::.;l::l| ゞ;;;:;;|.:;;.:::;;;l:;l||;/
  |: |::. ::| .:|: ::|:ヽ;;":::"''''⌒ヾゞゞ`:;;;;;ゝ);;));ヾ;;) ノ::::::::::::.ゞ        |:: ::;l;;:ll|   ,; :::.|.:;;l;l|::   .; :;|.:::,;;::ll|    .|;;il.::;;ll:;;l|| ;;
  |: |::. ::l .:|: ::|i;;ゞ,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ:;;:;::`〃;;:;;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ)。ゝヾ;;,     |::. :;;:.;il|  ;:: ,;; | ,;::ll|   ;;:.  |;;..il;::;l| ;;::.   |.;ll;:.::;l;;:l|!.::.
  |:i ::| :: :| l |;.:;,゚:,",,iiゞ~,.'.:ソj'~;;;;:;;"'"",;)ヾミゞ((;;;ゝヾゝ ヾ;;;       |: l|;;:::;;l|;;::. .:;;ノ.:::;;lリ、 .:::: ;;|.::;;:::;ll|  .::  |.:;,.::;;ll;;:l|! ,v
  |:|: :| ::| :: ;| ||;;;; ゞゞ`ヾ;:〃;;;彡ソ;;;ゝ);;));ヾ;;) ノ::::::::;;ヾ;;ヽ;;;;ゝ      |.:;l,;:.::;ll|     .:::  ''';;;::::..  |.::.;:;;:ll|    .::|;;:i;;;:.;;l:;l|!
  |:|: :| ::| :: :| |l;;;;;:":::"''''⌒ヾゞゞ`:〃;;:;;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ)          | :: ;;:;;ill|           ..ソ;;::.:;;;llハ .:::;;; |:;:l.::;;ll:;;l||
  |:|: :| ::| :: :{ |,:;、,:;.:;'.:.:;”:;ヾヾ:;;:;;;;ゝ);;));ヾ;;) ノ::::::::ヾ;;ヽ;;;;      ノ ::.::;;i;;ll|;;、 .;;:::..    .:::.   ..:::  ;;;;, :::"´ |.::;;:;;;:li::l|!
  |;}   : :| :| :: |'"゙:.:,",,iiゞ~,.'.:ソj'~;;〃;;:;;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ)ゞ                w,,、、x,,、イv、,, ,,     .::;;; |.::;;:il.;;:;;l||
  |: .:| ;n ::| :: |゙,:;、ゞゞ`ヾ;:〃;;;彡;"'"",;)ヾミゞ((;;;ゝヾ                 w,,、、x,,、,!|lil|v//、,,、八ゞiv,l|V::从X、_;l||
, . |: ::| ::{リ ::! :!:| ,,.:;;"'";:;;:;;";;:;;;:;;;: ヾミ;ソ(;;;;;;フノハ:;:;ミ;;              ―=、八ゞiv,l|V::从|lililレ/X、_、八ゞiv,l|iv:l;,イイ、八
; , | .::| ::r : :| :i | .:;;::;;;. ,;:. ,.                              ハiv:l;,イイ、八ゞiv:l;,、八、、八ゞ、八ゞiv,l|V::从X、
;; /.::/ :::|i :.:| :l;ハ._,,. ,,::;;.:.      ,;:.,,. ..      ,.,,.                iv:l;,イイ、八iv:l;,イイ、八ゞiv:l;、 iv:l;,イイ、八ゞiv:l;,イイ、
ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,. :,                ,.vVw,           ノv,l|V::从X、八ゞiv,l|V::从Xイ、八ゞiv:l;,イイ、八ゞiv:l;,
;:´.:: :/.::::ヾ::\::\::ー、 ,;;::..      ,,:;;;.. .,::             ,;..,,.. .. ,イiv:l;,イイ、八ゞiv:l;,イイ、八iiv,l|V::从;、lW:八ヘ{V::从XゞV

                                          ガサガサッ

                 _,.、-‐''''"""""""'''ー- 、
               ,、-''゙             ヽ
               /  ,へ     ____..:.::::l
            /    ゙ー' ,、-‐''"´、 、__ 、_ ``'〈
             l     ,.-'゙、 、 ゝ、`  、` `、 ゙:、  バッ
            ゙、_,.-'゙ ,小、ミミ、'ー゙ニ'ー`ー`:::`ヾ:ヽ,::';
             リ,  r<,'_゙、`` _ッ=,ニ,、`゛`!::::,:- 、:::::::l
             'ハ、、ト (で!>i ´ 、:゙‐'::'  リ ,!/'i l:::::/
                   l  ´ノ 、  `    ノリ > !:::i゙   待ってくれ! 斬る価値が無いと言うなら
                l  i.. ,...':      /゙,ニ-'゙::::ト、
                   ゙、  r─- 、     / !、:::::リ    その命、こちらに預けて欲しい!!
                 ゙、  l,Z二ノ   / ノ;''"^:、
                  ゙、 `二´   / ,.r'゙..:.:.:.:::::::゙:、
               ,、-',ニ\__,.、-'ニr''゙  /゙、:::::::::::.`ー- 、
           _,,.、-''",ィ 「  f" `7´   |゙:、 ゙、/.::::::::::::::.:.:...
         ー''" '''"´  l ハ !        l::::゙:、 ':;:::::::::::::::::::::
                 l,' ヾー- ..,,,.. -‐'゙::::::>;'/`ー-- 、,,_


 ------------=================ニニニニニ三三三三三ニニニニニニ=================------------

       ---------==============ニニニニニ三三三ニニニニニ==============---------

                 -----========ニニニニ三ニニニニ========-----
                         ----====ニニニ====----
                              ---===---
                                 -


93 :◆vsQyY1yD2Q
                           __
                        ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                      ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                       ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                       ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                      ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
                       !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
                    ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
                    ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
                        >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
  /                , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
. /          ____         `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
 {        ,,'"´:::::::::::::::`丶            ̄ ̄
  .      . ':::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  、    /:::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::ヽ         民主制を実現するには……?
   、__./_::::::::::::::::ヽヘ::::::::::::::::::::::::i
     /イ::::::_|メ、::::::',」:::::::::::::::::::::::| x----ミ、   まず……立憲君主制で
      |::::::: |ィ:オヌ:::l::::::_,.斗--=≦ニニニニ心、  貴族院を作るところから始めるのが現実的……?
      |∧::リー‐'.}::l//二二二二二二二二ニヘ、
        Vヽ、__ .l:::/二二二二二二二二二二≧x、_   ________
           `ー∨二二二二二二二二二二二二二二二>''"二二ニ≧x
                 ∨二二二∧二二二二二二二二二ニア二二二二二二.心
              L二二ニニ∧二二二二二二二二ニア二二二二二二二ニ∧
               ∨二二ニ∧二二二二二二二ニア二二二二二ニニニニ∧
                  ∨二二ニ∧、二二二二二二ア二二二二二二ニニニニ∧
                  ヽニニニ∧ 丁二≧=--v'二二二二二二二二二二ニニハ
                  `'く二二ム ∨二二| /二二二二二二二二/ニニニニl
                    `<二二ヽ..}ニニニ| /二二二二二二二/ニニニニニl
                       ∨二ニV二ニニl/二二二二二二二二ニニニニニニl
                      ∨ニニ∧二ニ7二二二二二二二二二二二ニニニl
                      ∨ニニ∧二廴二二二二二二二二二二二二二ニl
                         ヽニニ∧ニ7:::: ̄:::::::::::―---------------― 1
                        V二∧:':::::::::::::::::::::::::; '       ‘;::::::::::::::::::::::l
                         廴ニ7::::::::::::::::::::::; '           ‘;::::::::::::::::::::l
                          ̄ア::::::::::::::::::::; '          ‘;::::::::::::::::::l
                          /::::::::::::::::::::/            ‘;::::::::::::::!
                          .'::::::::::::::::::::/                ‘;:::::::::::::::',
                         .':::::::::::::::::::/              ‘;:::::::::::::::',
                         .'::::::::::::::::: /                   ‘;::::::::::: !
                         .'::::::::::::::::::/                 ‘;:::::::::::::l
                        .'::::::::::::::: /                  :,::::::::::: l
                        .'::::::::::::::::/                   l::::::::::: l
                       .':::::::::::::::/                       l::::::::::::′
                         /:::::::::::::; '                     l:::::::::: ′
                      / :::::::::::;:'                      l:::::::::::′
                       /::::::::::::/                         l::::::::: l
                   _,/::::::::::::/                          l:::::::::!
              f¨`ー‐'":::::::::::::::::::′                 _,r―-- 1:::::::::::ヽ
              廴_::::::::::::::::::::::::::: i                  廴_:::::::::::::::::::::::::::!
                 ̄` 、:::::::::::ノ                      ̄`ー----'’
                      ` ̄´


第128話へ   3   第130話へ

この記事へのコメント
なるほど、深い考えが無く流されていただけか……
孔明からしたら、本当に都合が良い駒だったんだろうな。
Posted by at 2014年12月01日 22:07
>>90
正直、この慟哭で溜飲が下がった。
善意で人を傷つける奴には、現実を突きつけるのが一番効くからな。
引き回しだの死刑だのは、蛇足に感じてしまう。
Posted by at 2014年12月01日 22:25
だれか きゅうべぇ たのむ

マジで「わけがわからないよ」状態だよこいつの脳内
なんでこんなになるまで放っておいたんだ孔明!
Posted by at 2014年12月01日 22:40
何考えてるのかずっとわからなかったけどなんにも考えてなかっただけだったんかいw
Posted by at 2014年12月01日 22:44
善意でやってことなのにすべてが空回り
きっついよねこれ
Posted by at 2014年12月01日 23:04
子世代は議員になれないとかも追加すべきだろうな、権力の世襲を認めたらそこから腐っていくだろうし
Posted by at 2014年12月01日 23:07
まさに勢いだけの理想主義者…地に足が付いていないよ、この人ー!
Posted by at 2014年12月01日 23:08
唐突にしゃしゃり出て来たヤンも(主犯である)できない夫も即刻纏めてベイダー卿に斬り殺されるんじゃないかな?と真剣に思ったのは私だけだろうか。怨敵的に考えて。
Posted by at 2014年12月01日 23:13
民主主義が封建君主に勝るとは限らないんだよねぇ
特にこういう文盲率の高い中世チックな世界だと。
古代ローマの民主主義が”野蛮人”の封建に敗れ去ったリアル歴史ェ・・・
Posted by at 2014年12月01日 23:50
現代の民主主義ですら、未完成の穴ぼこだらけ。それを生半可な知識で実現させようとするのは無謀を通り越してるわな…
Posted by at 2014年12月02日 00:35
現代日本にも2つの意味で、できない夫のような人間は存在するように思う
ひとつは、
民主主義が有史以来全ての政治体制より問答無用で優れており、どんな背景・状況でも通用すると思っている人間
もうひとつは、
企画や目標は立派だが段取りが悪く、事前調査や下準備を疎かにしたまま見切り発車して計画をグッダグダにしてしまう人間だ
Posted by at 2014年12月02日 00:36
「下地のないまっさらな状態から積み上げる」という行程を
全く考えてない…。まさに「理想主義者」の性格の中で
最悪のタイプだったわけか…。
Posted by at 2014年12月02日 00:47
そもそも専制政治は現代でも滅んでいない事実がある。
更に言えば民主主義政治も未だ完成まで程遠い現実。
知ってるつもりとは恐ろしいものさ。
Posted by at 2014年12月02日 03:24
>>3
孔明「え?そりゃもう私にとって都合が良い存在だったからですよ(ゲス顔」

・・・マジでこんな感じだったのかもしれないなぁ…。
Posted by at 2014年12月02日 07:17
俺ら読者は「何にも考えてない奴」の考えを読み解こうとしていたのか…こりゃ作者に一本取られたぜw
こんなんが勇者でございと看板しょって歩いてたら、魔族どころかそこらの詐欺師でもりようするわな
Posted by at 2014年12月02日 10:57
誰かねらう代の尻にも注目してやってくださいw
Posted by at 2014年12月02日 12:48
こういう主人公、異世界転生・召喚系のラノベによくいるよね
まあそういうのは主人公だから大抵うまくいくんだけど、現実的にはこうなるんじゃないかな。
Posted by at 2014年12月02日 14:13
古代ローマは民主主義じゃなくて寡頭制だよ
Posted by at 2014年12月02日 19:14
この世界では「民主主義こそが最悪の政治形態だ」
とか言われちゃうんだろうな
政治形態の一つとして、後世に残ればいいけど
Posted by at 2014年12月02日 19:20
分かってたけどやっぱりビジョンは全くなかったわけか。
革命側は皆んな焦りすぎっていうか、とにかく暮らしが良くなりますってアジに民衆が飛びついて止められなくなったんだろうな。
Posted by at 2014年12月02日 19:33
できない夫は悪役倒したら全部問題がクリアされるという、ゲーム思考から抜け出せなかっただけか
Posted by at 2014年12月02日 20:19
やる夫は別に高みを目指してたわけじゃなく、自分のできるところからコツコツと積み上げていっただけだからな
わらしべ長者すぎんだろという気はしなくもないがw
Posted by at 2014年12月02日 23:01
百歩譲って民主主義が実現したとしても
次に来るのは暴走やな。
隣の国に攻め込んでそこの国王貴族皆殺しにして奪おうぜ。
これは正義なんだが始まるぜー
Posted by at 2014年12月03日 22:27
民主主義は教育がしっかりできて民全員が政治に多少なりとも関心が無いと無理だろ‥
てか魔物ていう人類の敵性生命体がいる世界で軍の動きが鈍くなる民主主義は致命的だわ
Posted by at 2014年12月04日 01:17
正に『できない夫』
名は体を表すとは正にこの事だなぁ
Posted by at 2014年12月04日 01:48
せめてPTの仲間が3賢者とかじゃなくて普通の戦士とかだったらもっと違った道が開けてたのかもね<できない夫
当人は人助けしたいだけだったわけだし普通に勇者やってる分には大丈夫だったかも
……普通のPTメンバーがりそうしゅぎのできない夫に着いていけるかどうかはわからないけど
Posted by at 2014年12月04日 19:40
最初仮にできない夫達がサマンオサを手中に収めたらポル・ポト政権下のようになりかねんと思ったが
コイツには独裁国家すら作れんな
良いこと今のアフリカのような複数の内乱、クーデターが日常になる複数の国家(とも言えない集落)を
形成させるだけだな

Posted by at 2014年12月06日 00:30
アメリカがも似たようなことやらかしてるな。
独裁者倒して選挙持ち込んだだけで民主主義国家になるわけじゃないのに。
Posted by at 2014年12月07日 21:15
ダーマはあくまでモンスターと戦う人材を育成する場所なんで低年齢は送り込めんのが問題だが0よりはましだしなー、つか自軍の学力すら把握できとらんのは致命的すぎる
Posted by at 2014年12月08日 02:16
なるほど、革命できない夫か。
Posted by at 2014年12月09日 23:01
某魔法少女物の皮を被った政治マンガ曰く
「民主主義とはその国の住民一人一人が君主になれるレベルの判断力(教育)がないと成り立たない」
だそうだからな
そういう意味ではやる夫の教育が民主主義に一番近いことしてると言える
Posted by at 2014年12月09日 23:32
やる夫とできない夫の差を簡単に言えば……やる夫は安全運転でできない夫は飲酒運転、目標は同じだけど課程と計画性(理性)の差が二人の差ってだけ。
Posted by at 2014年12月15日 13:15
>子世代は議員になれないとかも追加すべきだろうな、権力の世襲を認めたらそこから腐っていくだろうし
これをやると技術・知識の継承が止まっていつまでも進歩しない
突然変異的に生まれた天才鬼才が進めるしかなくなるんだけど
劇的かつ急激に進歩するんで混乱と出血を伴う
Posted by at 2014年12月20日 22:46
この世界の民衆が無知であるということにヤンやレイトンも気づいていなかったようだが、彼らが『賢者』だったからこそそのことに気づけなかったんだろうな。ヤンもギャラナイ夫と会うまでは間接民主制でうまくいくとばかり思い込んでいた節があるし。
数学が得意な奴に数学の解き方を聞いてもわかりづらい答えが返って来るように、『解っている』人だけが集まっても上手くいかないということか。
Posted by at 2014年12月31日 14:24
小さなことからコツコツとってのは大事

自分の嫁を守るためから始まって小さなことからコツコツ丁寧に積み上げたやる夫と
政治をひっくり返して民主主義を築くなんてデカイ理想だけでぶっ飛んでったできない夫

基礎のしっかりしてない建物は倒れるに決まってる
Posted by . at 2015年01月10日 22:00
あぁ行動力のあるられっか夫だったのか…
られっか夫はその名のとおりというか投げ出して流されてたけど
ギリギリの所でその一線は超えられないってしたけども(後ダーマ?)
楽な方に楽な方に言っちゃったのなできないのは。
Posted by at 2015年01月25日 09:37
問題からの逃避もあるだろうけど、ジャギの辿り着いた回答である門閥討伐したいだけが実質FAっぽいな
異世界転生チート主人公が悪い奴を殺せばそれで全部解決コースに酔ってしまった
そこから世代の進んだ現代知識で内政チートコースだったらよかったのに……
Posted by at 2015年03月03日 12:36
何というか民主主義を題目に掲げているけれども、
実際やっている事が古代中国の陳勝・呉広の乱とか黄巾の乱のそれなんだよな。
大局も戦略もなくてお題目だけが立派って辺りがなんとも……
Posted by at 2015年05月03日 14:26
世襲制を批判してるのが沸いてて吹いたわ
帝王学って言葉があるように、当地に回る人間にはそれ相応の学力や機転が必要になる
それを親から学ぶのと、学校で学ぶのとでは天と地ほどの差が出る
上で言ってるように、そういうことを学び昇華できた天才が集まらないと政治が回らなくなるんだよそれじゃ
そりゃ勿論、世襲した人間が全員そうだってわけじゃあないが、それは下で学んでる人間も同じ
つーか、言ってることはできない夫と同じで「上にいるやつは恵まれてるんだから引き摺り下ろせ」っつってるようなもんだってことに気がつけよ
そもそも世襲したって選挙に勝てなきゃ議員にはなれないし、それを選んでるのは国民だぞ
Posted by at 2015年06月03日 16:37
え・・・こいつ誰かに物を教える職業だったって何話か前に言ってたよね。
え・・・なにこいつ。
Posted by at 2015年07月03日 23:38
馬鹿で無能で自己中な人間が「勇者」なんて権力持っちゃうと暴走するよなあ
しかしリアルだなw
できない夫のような人間はリアルにも腐るほど居るしな
そいつらに肩書きがないから何も出来んけど
Posted by at 2015年08月14日 21:43
できない夫が誰かに似ているなーと思ったらアンドリュー・フォークだった。
口先で聞こえのいい事を言って実現プランがないあたりそっくりw
Posted by at 2015年08月15日 00:00
スレ主も言っているがやっぱり貴族院、衆議院の2院制から始めるのが一番無難なルートなんだよな
政治というものに少なからず触れている貴族が存在することによって多少の権力の暴走こそあれ国営はまともに動く
ここで平民の知識人が集う衆議院が権力の暴走を抑える、また実際に運用されていることから一般人も関心をもち知識レベルが上がると
Posted by at 2015年08月25日 00:35
現実はなろう小説みたいにご都合通りにはいかないからね。
悪い奴がいる→倒した→みんなハッピー^^
・・・・んなわきゃないない、と。
Posted by T at 2015年09月11日 15:56
 救ってすらいないは言い過ぎだろ。
 実際門閥は一揆のおかげで殲滅できたしこんだけデカい一揆やりゃあ王族だって意識改革できる。
 リュカは良い奴?
 でも他の領のは見捨てたんだろ?必要悪だから仕方ない。じゃあリュカが犠牲になっても仕方ないよね?

 こいつは間違ってるが、この騒動はまったく間違ってないと思うぞ?実際「処断出来なかったししゃーねべ」で済む話か?門閥。王様なんて自分の部下じゃなくて他国の貴族の内定が決まってる最大功労者の商人に自分の王都の状況聞いてるぞ?部下は脳筋で官僚がまったくいないってことじゃん。民主主義に移行してもリソース無いかもしれんが、この王様もリソース全然ねえぞ。信用できないってのも確かだろ。
 完全な民主主義は無理でも最初は三賢者が暫定指導者から始めてもいけるんじゃね?デュープロセスとはそのための物でしょう。孔明があれだったせいでうまくいかんが。

 結局この頭お花畑の罪は「現実的ではない」一点だったと俺は思う。
Posted by 昼寝猫 at 2015年09月26日 00:01

他の領を見捨てたってアホか?
リュカ家は金に余裕がないからないなりに農家と耕したり魔物倒したりできる範囲でやってるのに他領なんて助けられる余裕ないだろ
それに王は部下に聞いてるシーンいっぱいあっただろう、ただソース異世界の情報にも重きを置いたからやる夫にも聞いてるんだろ
ゾーマが絶望を糧にすることを前提とした考えやイエローオーブの重要性を基にした考えを思いつけないと脳筋なら世の中脳筋だらけだわ
Posted by at 2015年11月03日 12:45
できない夫の最大の失態は反乱の指導者になった事
支援や演説するなり農奴が自ら今の待遇に対して立ち上がれば反乱軍に意思が生まれた
だができない夫が指導者となったら今まで流されるまま不満を持った農奴達は指導者が自分達の意思に沿ってくれていると錯覚したまま付いていくだろう
つまりこの反乱は農奴達が立ち上がっておらず、付き従っているのみだから何も考えない
できない夫はその事に気づかずまた農奴達の不満に流された為に目的と手段が結果に沿わない道程となった
夢想のまま民主制を謳い続けて進めば行き着く先は地獄だしな
だって農奴達だけでボストロールにはどうやっても勝てないだろ、常識的に考えて
Posted by at 2015年12月05日 20:14
できない夫って結局罪は扇動罪ってことなんだよね。
扇動罪がなぜ重いのか、そこに考えがいたっていれば・・・
Posted by at 2016年01月17日 05:26
>読み書きできなかったんですか?
>大丈夫です! まだ遅くありません!
>門閥貴族を倒せば、みんなを教育する事ができます。
カブノール、ロンベッタを落としたコスタットにやる夫が来る前の段階でやれた事だろ
門閥を倒せばって言ってるがポプランが捕虜になったあの時のコスタットへの進軍でほぼ門閥は壊滅状態、
その後のブロア介入時で瀕死と実質倒したような状態になってもできない夫はやる夫との交渉をしようとしなかった
三賢者に頼りきりと言えばアレだができない夫が頼りにしてるのは実質孔明だけでヤンの思った事、質問は後回し
レイトンの意図は理解せずと実は上の方も纏まっていないと言う状況、実質のトップが上も下も見ていない
理想が全て悪い事だとは言わない、だが現実を見ない事はただの逃げでしかない
農奴が読み書きできない事も知らず、門閥を倒した後で農奴が何を思うかも理解せず、
何故今回できない夫軍が“反乱軍”としか言われていないのかも理解していない
周りの理解があったら反乱軍では無く民衆軍か農奴軍と言われてた可能性がある
つまり異界の勇者の誰から見てもできない夫の行動は正当性に欠けていたんだよ
Posted by at 2016年03月04日 08:07
そもそも学力把握してなかったってことは
現状の戦力に甘えて前線指揮官や隊長クラスの育成すら全くしてなかったってことだよな
本気で勝つつもりならまずそこからやるだろjk、雑兵だけで戦争勝てるわけねえだろ
Posted by at 2016年04月18日 21:04
結果論ってのは非常に厄介で、いくらでも言い換えが出来る
ただ事実ガーと言い出したら「ボストロールのおかげでサマンオサが平和になる切っ掛けができた」みたいな暴論すら事実になるしね

結果論で評価するなら、できない夫の反乱の功績は犠牲と共に評価しなきゃいけない
そしてできない夫は功績ばかりで負の部分を受け入れず正当化しちゃったから…
Posted by at 2016年04月21日 17:03
>救ってすらいないは言い過ぎだろ。

言い過ぎかも知れませんがリュカ卿の気持ちと立場も考えてあげてください・・・。
彼ができない夫(正確には孔明)にされた仕打ちを考えればこれぐらいの罵声は許されると思うんですよ。
むしろリュカ郷はかなり自制している。
言ってる内容も的外れってほどでもないし。
Posted by at 2016年07月24日 11:11
まあ、だからこそヤンは信念という言葉が嫌いなんだろうねえ
何か大きいことをしようとするとそれが言い訳になってしまう
または物事をよく見ずに間違ったまま突き進んで、方向転換もできずにつっこんでしまう
Posted by at 2016年09月22日 00:25
「学の無い理想主義者ほどタチの悪いものはない」を痛感させられる回。

できない夫、お前、元の世界では友人ゼロで、
怪しい新興宗教に傾倒してたりしただろ?
(もしくは学生運動の過激派)

というか、三賢人、実は全員アホだろ?
レイトン&ヤンは【戦術家】【戦闘員】としては優秀なんだろうが【戦略家】としては凡愚もいいところ。
(リュカ家・諸外国への根回し、アリアハンとの決別、政治的解決する気が無かった点、など)
「これをやらかすとどうなる?」くらい決起する前に気付け。

孔明にしても、スパイ・反逆する気ならもっとやりようがあったはず。
(シャーマン族&エリミネーター族を蜂起させる、疫病や蝗害を発生させる、とか)

まぁこれほど清々しく「わかりやすい大悪党」をやってくれると、見てるほうも爽快だが。
Posted by at 2016年10月19日 15:39
いい歳した大人ならケジメはつけろよ!
Posted by at 2016年10月29日 00:25
こういうできない夫みたいな奴よくいるよなー
人が居つかない会社のワンマン社長とか家族経営とかでよく見かける
Posted by at 2017年09月17日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106119237
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ