■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 8/11 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2014年12月01日

第129話「新たなる序曲」(5)

第128話へ     5 第130話へ

121 :◆vsQyY1yD2Q
                    _ || _
                   (⌒)=(⌒)
                   ヾ´||`,イ
                     .}}_||_{{
                   / .λ ,\
         λ        (( )vνし ))         λ
    λ   ν          .。゚\ゞvソ/゚。        ν    λ
    .ν   .l~!       λ。゚  ((<>))  .゚。 λ      l~!.   ν
    .l~!  rnhhnュ=ァ oν   . /∧\   ゚.ν  ,r=rnhhnュ ..l~!
  .rnnhhnュ ゝ三彡'-'゚''゚ l~! /V/__∨\ .l~! ゚ '' ゚ーゝ三彡' rnhhnュ
  ゝ三彡'   .ゞー_rnhhnュ /二二ム _.rnhhnュ-_ー_ノ   ゝ三彡'
    ゞ_ー_-_≦.;。  .゚ゝ三彡'/ゝ_)).;.((_,ヘゝ三彡'゚ 。  ,;≧_-_-_ノ
      ;゚。    ,《》゚。,,゚<> `ー'' .<> ; <>  `ー'' .<>゚o '《》。   ,゚;
    《》 ゚ 。 ,,o゚ .;   .〈〉  ;゚。 ..〈〉.<>.〈〉   。゚;  〈〉   .; ゚ o.。゚.《》
      ;       {i}   {i} .《》.゚。o.{i} ; {i}゚o ゚ .《》. {i}   .{i}     ;
    {i}      .;   .〈〉  ;   〈〉 .;. 〈〉  ...;  〈〉   .;      {i}
      ;      .◇   ◇ .{i}  .◇ 《》 ◇   {i}  ◇   ◇    ;
    ◇            .;.    .;     ;            ◇
                .◇     ◇    ◇

ー┴ー[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴
 ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||::: ̄ ̄|| ̄ ̄
      ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||:         ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||:         ||: | :||: {}={}个{}.={}
      ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||:         ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||:         ||: | :||::. `{}={}={}´
      ||: | :||::.         ||: | :||:         ||: | :||::.         ||: | :||:         ||: | :||
      ||: | :||::.         ||: | ,_- 、         ||: | :||::.         ||: | :||::.    ,_- 、   ||: | :||
     _ _| :||::.         ||: | {, ゙b!_          ||: | ,,-,,、        ||: | :||::.    {, Yi} _.. ||: | :||      _
  ィ久{;;;;;i! ||:,_- 、        ,γ^ハ7 ,久>、     ィ久{;;;;;i!'  ,,-,、     ||: | :||::.  tr^ハ7 ,久>、...| :||:    ィ久{;;;;;i!  , - 、
 〈≦≧='-、{_ソ {.       )ソ>'-'i-'//- ''     〈≦≧='-、{''''jli!_.    ||: | :||::.  >'-'rr'//- ''.|: | :||:   〈≦≧='-、{~7 >
__ ̄ヽ///iヾャニ∋____.,ンとや/´ (..______ ̄ヽ///iヾャニj}_〉__||: | :||:._とやノ´ (___||: | :||:__ ̄ヽ///iヾャニ}⊃
ΤΤ.. }'//,| ゝ'y' {.ΤΤΤ.そ' ノしヘゞ,ヘ_ ΤΤΤΤ||: |..}'//,| ゝ'y'il . ΤΤ||: | :||::Τ |/~~Vi^iヘΤ||: | :||::ΤΤΤ. }'//,| t,vy'
|| |,////|/~ヘル'.||||||゙Y/リ|. lV>_、||||| : ////|/~ヘlli! ||||: | :||::. // ', \!V>,_、 ||::|||.////|/~~ヘ
⊥..//,ヘ//| ゚。,ヘ. ⊥⊥⊥⊥| ノi ,イ|. ト'  ゙̄⊥⊥⊥//,ヘ//|Wヘ^\⊥⊥||: | :||<.ノ^i /^ゝ_> ̄` ||::⊥ . //,ヘ//|んん@
<// | | |'イ /゚。,ヘ,―──_/ }' スi__!イ.───.<// | | |'イノλ \.}.─l 二二 /  }'  {  \l二二二 <// | | |'イ イ 。゚ハ
.     |/ レ'/ /@.   そ_ん^ふ'´          |/ レ'ν ソv’.     ,そんんんんんふ            |/ レ' ゚ 。 ゚  \
    / /!  / / *ヘ,      `’               / /! } ;  ハ      そんんんんんんふ         / /!んんんん-’
.   /__(-,`^〜ー〜’                   /__(-,んんん-'                        /__(-, ノス!`’
    ー'                             ー'                              ー'  ´



           |
         / ̄ ̄\
        /   _,.ノ  ヽ、_
        |     ・  ・      すごいでやんすねぇ……。
       | u.@ (___人__)
        .|       __ノ__     勇者認定もらった時もそうだけど、この溢れる場違い感。
        |     _/ ___\ヽ_
         、    '-/____ヽ  |   おいら、ホントに ここにいて良いでやんすか?
         ノ 、 ._'-〈  、ヽ  |
        ,´         ヽノ}   |
       /          {   /
      ./  /       /   {



        ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
       /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::U::::::::::::::::::::::::::::::}
      l:::::::::::::ゝ−−−− ι
       |::::::::::::)  ◯  ○ (
     ,l::::::::::::η  |||||||  ゝ  王子 救出した お前がダメなら
      ゝ---η.   |||||||  ゝ
        /≦ ヽ .|  | ≧   誰が ここに来られるんだよ。
         { l  l |* *| | l
          { .l  l .|  * | .| l
       /  l  l | * | l l
       l ---l  l--  -l l
       |   `^^    `^


122 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \
     / ─    ─ \    やる夫も経験あるんだけど
    /   (●)  (●)  \
   .|      (__人__)     |.   こう言う時の勇者と言うか冒険者ってね
    \     `⌒´    ,/    大体 見世物扱いなんだお。
    /           \


                             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
                     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                     {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                     l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
                     i::::::::::::::::/    ,.´'´:::::::::::::::``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
                        `、:::::::::/ 〃   ,x‐‥‥ーx  \    ヽ、:::::::::::, '
                        ヽ::::/ .′ ,.イ: ;ハ : : : ト、: :\ \     ヽ/
                        V  / { /:|人:{ー从: : :|-‐\:{\ \    ,i
                           l   ∨: : Y下ィT \| 卞ィ丁 Y\ i     l
                        ',   ハ: : :ハ Vり ,    V:り 从: ::!    l,  え〜……見世物は やだなぁ。
                          ヽ、 _,,ゝ∨|            ノイ |ノ |:.!
                                 |: \    △   u /|: :|: |: : |:,! |
                                 |: : : |`: ー  r‐  ´{:::: |: :|: |: : |八!
                               V: : |/f=ーノ    ,>|: :|: |∧


          ____
        /⌒  ⌒
      / ( ●) (●)、
    /     (__人__) \    でも、悪い事ばかりでもないお?
    |      |r┬-|     |
    \       `ー'´  /    やる夫が神夜と出会ったのも、こう言うパーティーだったし。
⊂⌒ヽ/           ヽ /⌒つ
  \ ヽ /           ヽ /
   \,,ノ          |_ノ




123 :◆vsQyY1yD2Q
                                       ____
                                「 ̄ ̄ ○ ― ュ、   ○ ヽ __
                                |  / ⌒ ハ   ̄ ヽ        }
                                |/ / / {  }ヽ    \__    .!
                                  /  / /   |  l |  | i  ヽ \ /
                               }  | ハ.   l  | }  } }、 . ヘ  ハ
                               |  { {7寸 {  リハ7ハ寸Tヽハ r' ´ |
                               リ.|ハ∨孑ノ、ミ     孑ノ、}ヽ ト  }  }
                              ./ |从 !圦 Yリ     弋Y リノリ )ハ  ノ  おぉ!
                                ! ⊂⊃`¨´ __   `¨´⊂⊃リ ヽ´
                                 /  ヽ   乂 ノ    イ  {  /    運命的出会いなのだ!
                                 \人八}≧r- < { {リ 人}ヽ{
                                  , -‐-,__  /\´    7 ヽ/
                              /   ) )人、 ヽ  /__, イ >
                              {   八/\/≧ 廿≦´.    }
                              `弋 ノ   |        | ̄ |
          _, -‐- 、- ― - 、、...,,_
      ,.r '"/ ☆   `、-―- ..,,_ `ヽ、
     / .   {  。   ゚  .',.     ``ヽ、 \
   ∧l -/ ``、      _'"兀`      ヽ \
  i  .},/  .、{ \ .゚ i'´ ',..}、 ``‐.,,_     \ `、
  } -i. l'‐   }、...,,`''‐-` -(  )    .>'"、~ノ、 `、.`、
 <.{  !_l.、   /'l: : /i.: :/ ./`''.´ _     {  ~"''.}´''。 ',. ',
  `、ノ.l ,、`.>':.l.l: : l. 、_i .`l`/i-/‐` .、 . '、~゛''ノ_',,...j..、_ノ
   `''.l: :`´:l:.:.リ`.、_,ィ.'"うみ、`   i`ヽ`T.´{ { { .( {
    .l: :,r_ 、/  .-i  伝む     \ ノ:.、 .` .` .` .ノ´
.   .l .{ { `i    ._乂_ノ     .仁ミ'/ノ入/','' "´
   / .ヽ、 ._      ̄`.    、 仆,'i_',ィ"./´_.,,!
.   /.: : : : : :.`、         ,.  '.ゝ´'`カ.l: :i~´   やる夫さん、いいな〜。
 /:.: : : : : : : :.l.:\       (_ノ  /).jr.:':l: :.l
./:./: : : : : : :./: : : :ヽ _   .,、 /,'.': :l: :l: :.l
{: :l、: : : : :.、--.、r<~_`iカr―‐l.r.'`ヽ: : l: :'、: l
.`、l:.`、.:.:.:/`、....,i ´ , -、ニ,.、 j〈´,´ /‐-、: :.l: l
  `ー`'/<_'、 /'、ll.}.、`'、{ 〉 ./ .   `,:.}:.:}
   ,.r'  .、i レ'/´i// `i'_ゝ!_./、-,   .i-.'
  r'ノ    {// ./,'/  (__)、_ _ノ {    '、
  .(._)、   ./'i /./    (. i.  ',    }、 \
  〈7'-.、ヽ {.l , -_,     (. i.  .`、 ,.ノ,.}  /
  ./ ___`_,、.'´ ―_"´`7 .} ,r'i.   ヽー、_)i'
 ./    〉=<    彡", -'‐'"´.',   ` .l>
 i、__ ,,.. i_, -`""~l´ ―l`、    `,、  ./
  / .`ー''"´   .l  ./  .`ヽ、 i. `ー'




                                  :/\___/ヽ :
                                :/''''''   '''''':::::::\:
                                :.| (◯),   、(◯)、.::|:
                                :.| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,"".:::|:
                                :.|           .:::::|:  ( また興味引きそうな話を……! )
                                :.|   ´,rェェェ、` .::::::::|:
                               …\  |,r-r-|  .:::::/…
                             :/ ! `":::::7 ヾ`ニニ´ /|:::::::"'ヽ:
                            : | | :::::::::::::ト\ ( . / /:::::::::::::| :
                            : ! | ::::::::::::::l::.ヽ  //::::::::::::::::::| :


124 :◆vsQyY1yD2Q
 /(:_: : : : : : : : : :/ /,   ′ ,/  ハ  Yi :.   |i: : : :| : : : : :.\   / \
,: :厂ト=‐-: :_:_:_:/,  / /   /  〃   l:l   | li l  |i: : : :|: : : : .:.:.:∧/    {_
i/ / /: : : : : : :7/ / /      ′   l:l   | |i l  |i: : : :|: .: .: .:.:/ / /{ヽ  l「::|
| / / : : : : : : // / /    |!  |:l   l:l   | |i l  |i : : !: : : :/ //   }::}  |i:::|
Yi : : : : : : ;// / .:     |!  |:l   l:|   _|_|i_l_,ハ: : : ハ; : / /´    ヾ::Vi:::/
 ':‐-=ニ二:i| ' ′i:|     |!  |:l   l:| ´ l「}リ_/ `》: :/: ハノ {     ├=彡
  ‘.: : : : : :i| l| l:|  . ‐十,_ Lト ¬┘ xf芹芋ミ'くハV: /:{i  {     ∠二\
.  ‘ : : : : i| l \l:l/ xf芹ミ,      〃 んtハ }/ ハV: :/ 〉 \   /:::::厂〉::{
    \: : i| l  从レ〃んtハ        弋,_rツ  / ∧V / \_人  l::::/ /{::/  .逆に言えば、そう言う
     \:Y { {i圦ヾ弋rツ        ^ ´ / ,/ ∧/   / \\じ' /:::}′  ナンパ野郎も いると言う事だ。
         `iト   、ヾ:.   ^ ´  ,         /// /   〈    \ . ::/
.        八,\ \ j}                 ^彡ァ/  /个x   、じ′   未婚の君達は
             7⌒八        f⌒ヽ        /,   ,イY:::|: i \_厂\   気を付けねばならんぞ。
.            /  /{ /\     ^¨´       // . イ||:i: :|: |: : : i「: : : /
            /   ' }{  |> .        ,,イ.:-=ニニ⊥」_|:i: :|: |: : : i|_:/     狙われても おかしくない。
         く / __,」し‐┴ ‐= ァーr…ァ^⌒¨¨ ―-=彡 }|:i: :Lぅ: /
           >'⌒rく ___/  人_/⌒\        厂^\¨^
         /:::::::::八       ー=彡 /l ト、  ー'     /:::::::::::::::\
       /:::::::::::::::::::::\      //:::|i \      ´〉:::;::::::::::::::::::::..
        .′:::::::::::::::::::::::〈      / }::::|i  {ト- ┬‐=彡://::::::::::::::::::i



        ,  -‐  ´     r-・-トw
       /            w_| | /  ヽ_
      く      。  _i =ヽl/=  }  /
       ヽ★⌒ ヽ ∧ ̄  `、_ニ_{=  ノi ̄フ
       _ { ・ ゜(;;;(;;;;).   __ -‐`ー´‐┤〈
       |   ヽ_・ノ -‐ ( ̄ 、_ j,、::::::::::',/.
       ._ゝ  |__, :::´!-l:::::ゝ    _, lノノ-ァ::',
      \,  |::::lヽ::ゝ_    '´ ̄` .!ソ::::::'、   それは ちょっと怖いかも……。
        .> |:::::ィベ'´ ̄`  ,      !:::::::::::::',
         l::-、ゞヘ    r-っ  ./::::::::::::::::::i   どうすれば良いかな?
         |:::ヽヽ__ >‐-  ̄ イ::::::::: -‐- :ノ
         l:::::::〉彡i i^^ヽ. |/ ̄i--r'    ヽ 。
         ゝ'´ヘ 〈 .iw-、ノ   | |     `/-,
         i   ゝ /v`-' ̄ ̄ ̄ .|  ____(;;;;);;)
         |  {ミミ}`‐- __ -‐´i〃_, --イ
         / /  /l__ ,-―‐┬テ--‐―┘ ヽ
        //  / ゝ--ァ//____ノ_ノ―――----'
        i!_  /  |  `-`'   ト、  /  \__
        ./ ¨´_ . / ヘ  / ヽ / . _ノ\
        /\ _(: : : )  ヘ/   (: : : )_ノ \
      /`>‐--、___v--v、__ __,、__ ,, ・´\‐- 、
      / /   ヘ/     ヘ. /    ヘ l     \   \(
    く.        /     ヘ/      ヘl      `ヽ   >


125 :◆vsQyY1yD2Q

                            .  ----
                          ,  ´ :::::::::::::::::::::::::: `丶
                           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                         / : :::/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::ヘ/`、
                          /:::::::/:// :i ::::: i :::: |::ii:i::::::i::::ハ:::::::i
                       i:::::::/|::|:| :::|::::::::|i:::: |::||:|:::: |::::: i:::::::!
                       |:::::/ |::|:| :::|::::::::||:::: |::||:|:::: |::::: |ヘ:::|
                        | :::{ ,,|;;|;;___|::::::::||:::: |::||:|:::: |:::::::! ゞ:!
                       }-、!r――‐`ミ /   ,.斗‐┴< ミ:::}
                      { ヘ||   /:::/}    イ示}゙゙ア j!ヘ
                         ヽ. ||!/:::/ ,ノ     弋;;ソ ′/|!. }  心配しなくてもいい。
                         |::゙|!'!`ー一 '"          / .lレ′
                         |:: | ヘ      '       /- '|     それぞれに案内役を付けるそうだから
                         |:: |::: |ゝ    ー 一     イ  |
                         |:::::::: |   i 、     .<          案内役と一緒にいれば大丈夫だろう。
                         |:::::::: lr<l  `¨´ |i
                         |::::::::ノ  `ー┐ r'´|
                       ,.<.   ヽ、  ∨ / `ヘ≧z 、
                  ,.< >'゙´      くо      |
                /二二´           `、       / !
                 |´     `ヽ i            、     Y
                 |     ヘ ∨         `、    \
                 |       、 !: .             `、      、
                 |        |: :.           ' о   }
                 |:.        | : : .           }     /
                 |:.    ::. | : : : : : .           /  /


                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: : :ハ_: _/ :.:.|    |: |: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l ´l. /` }/   ‐ -、.: :.:|: }: : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|ィテ≠ミ    x≠ミ:..: .:|/ : :.::.|
     、  /:.: : -ハ:.:j う::心      孑:ぅj:: : . : : ト、:!
       ヽ/: : :.{  V 弋zソ    弋ヌノ}: :./!: :.:} ヽ  あ、それなら美緒さんと一緒じゃダメですか?
.       /: : : : :.ー-、      '      /..:/ l!:../
      /∧: : : :∨/`.: :、  ` 一   ィV : :: :V      色々 お話 聞きたいのだ!
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、
.         ′    、 ヽ/ ;i!   j/ Y   {`ヽ
       |     }     ` 、/     | }
            ′      l!
        |     |       }       | !
        |     |      |      .'
        |    !         l!       l! |
        |     |        |      j  |


126 :◆vsQyY1yD2Q

                           ,.: ' ""~~"" ' .
                           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::i\:::::::ヘ.
                        ,'::::i::::::::::i::::::::::i:::::::::ハ/',:::::ハ
                         i:|:::| :::;;;;;|!:::::::::l :::::::i::|  |:::::::}
                         |;l::lY´ /:/`Y´ 二二二 i:::::::|、   あ〜、スマン。
                           { 」. /:/ /  乂ジ '´ )r‐、i
                          ,ヘ_|'メ--‐' ,   ,,,.   i∂j:::|    私は、これから陛下と仕事の話がある。
                          ! _/フ      __ υ/┬´::::|
                         i´,.'ヘ;、 「 ̄ 丿 / .| : ::::|
                         |   ,〕_>┬┬''" ト--、!;;;; ::|    と言う訳で、やる夫を借りに来たんだが
                        ,.へ,  |'"-‐''へii_,.-'"ヽ、_/\
                          ∧  `゙7 /   i'o      /  ∧.   構わんか?
                       i    ∨/    /         i/   ∧
                       |    i {    ,'ο        }',.  ∧
                       |    |.ハ.   ',       ハ    ∧
                           \__,.>'´|   i.o       | ∨    i



          /  ., r.'"  , へ   `ヽ、
           .,'/  ./   /.,r ' ` 、 、.  `、
            l ,  {   ./ /      ヽヽ  `、
         l,'  .',   l. l        } .}  }
       .,ィ     〉   ', ', _,,w-w,,_ ノ ,'  .,'
       .∠.ァ ,ィ./rゝ,,.-‐''"     "'''-. -',
        .レ '"レ' .{   ,,,,w ::''"`ヽ、、,,    〉
            .,.,'''''''::i::/-、:::::::::::::,ノ-'',:i``´',、
         _./ レll:::l/Y.なゞv -'ィなYl:l:::l:l、 `、           お話は伺っております。
       ., r.'".,' ./. リ:::::l `."  ,   "´ .l::::l' `、 `,"'' 、
   ._,.-'   ,'  ,'   l::::ト    `    ィ:::l  .ィ.../   ` - _    エムローム辺境伯の件ですね。
..,r.',r'      \..\ . ',:::l!ヽ  ⌒  イ l:::,'/./           ヽ.、
l i"        `.、, `. .';:l`、 ` .‐. ´ ,.ィl:/, r'ノ          }. }
', ',          `、'' .、`'-`_、ー.,-_,彡-'"./          / ./
.`、.\ ` 、,,_      ` 、__,,....-‐''"_,..'''"           _,.._,.r'".../
  `、 ` ー- 、`'i‐┐   (  ̄"" ''"''' "" ̄.7  _,..-'',.r''"  .,r'
   .\   ,.ィノ .,.l    `、  才ヒ''    .,r' _  ,' `ー-`-''"/
    ..\ ._,.ィ' l.     \ ((._.))  /"´ .ヽヘ`ー- , - '
        /~`ー-'"       ` .、 , ィ'"       l  ~"~ `、


127 :◆vsQyY1yD2Q

                                     ,.. ---- .
                                  , ':´::::::::::,:::::::::::::::::`丶、
                                   / :::::::::::::::::,':::::::::::::i:::::::ヘ;::\
                               , ':/::/:/::::::::::;イ:::i::::::::::|:::i::::::ヘ : ヘ
                                 /::/::/:/,'::::::::/ i::::|:::::::: |:::|:::::::::i:::::::',
                                  /::/::/{:i::i:::::::::{ |::::|:::::::: |:::|:::::::::|ヘ;::::}
                              {:::i::イ__,,,...<´,/  ''‐ .`゙'' 、! }:: |
                              ヽ、::i/´/::/ }     、,__`"''‐- .i:: }
                                  〉{./::/   i           /:::/
                                  {/ヘ/ _,,/      ミ===ゝ /|!}'   そうだ。
                               |!、 }  ̄   ヽ         / .|/
                                |  ‘、            U /_,} |    まったく、どうして陛下は
                                |    \   ― 、    ,.イ-‐''|    このような差配を……。
                                      \      ,. イ::::::::|
                                     |.ヽ、.<..| |:::::::::|
                                       / ̄ ̄ ̄| .|\|:::::::::|
                           /i三三三三‐‐--..,, | .|  }:::::::::|
                          / ̄`i              〉´  ヽ=≠‐-、
                            /    |             ヘ.О       iヽ、
                              / ,,...-┤               `、      i } .}
                       ,..‐''゙´    ヘ              `、      \,' .ヘ
                     ,./        ∧ ,'            `、      \∧
                  .<       _,...-'''"∧,                 `、         `、
                 ´            / _,.              ', Ο      `、
                               >'´ー ''´: : : : : . .         . . . : i: : : . . . . . . : :}
                           >'´   ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.i: : : : : : : : : :./∧
                 、. . . : : :>'´       ∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.,': : : : : : : :.:., '  ∧
                  ヽ、/           ∨: ヽ、 : : : : : : : : : : : : : ,': : : : : : : :/:    ∧
                     ヘ.              ∨: : `            i 0    /: : : :   ∧
                     \.             ∨:.            |     |ヽ.: : : :   /



.    /  /::::/   /:.:.:.:.:\:.ヽ\t 冫
   /   {:/   /:.:.:.:.:.:.:、:.:.:ヽ:}:.:.:.く
   {   '   /:..:.:.:.:.\:.:.:',:.:.}:}ハ:.:.:.:\
  /   ,. く:.\:.、:\:ヽ:.ヽl:.ル' , i:.:ヽヽヘ
¨´    /,ィッ`ー-`ヽい:}:.:ル'/〈.Yl:.小:ぃ
   , イ:.:,レ'´        `⌒′ハゝ; i:/:i:!i:}
-‐'´|:.:.i:.:.:| ,.-‐_,_       {ソノ, !:.:川'         おおよそ察しは付きます。
:.:い:.!:.:.i:.Uvイ´;,.ぃ ヽ      ` ^ ∨:.ヘ
:.::.;.:i::!:.:.:.l:|_,い:.ンヶ j    ヽ    ',:.:.:.\       そう悪い話ではないと思いますよ?
:.:.:ヽ:..!:.:.:.il ^ヾニ´- '      '     ハ:.、:.:.ヽ
:.:.:.:.:\:.:.:.:l           ,.ィ  /:_:.:.、:\:.:.\
:.:.:.:.:.:.:.:\:.',      _,,.. -‐'´ / /::.ヘ ̄`ヽ:\:、\  ですから、あまり気を落とさないでください。
、\:.:.:.:.:.:.:.ヾ、     ` ー-‐'´ '/:.:.:.:.:l / /ヘ:.:.\:.:\
、::ヽ丶:.:.:.‐-、:`ヽ _____,,.. 、-‐:':.:.:.:.:.:.l / l  }:.:}ヽ\:ヘ
ヽこ_ー-=ニ ::≧_;;ヽ二ニニ;¨¨~`:.:.:.:.:.:.| ,小 l ノイ \ jハ}
 ハ  ̄ …―--- .__  {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| l ! ヽ}     \
/ {`ー- ..__      ヽ \―- :.__| l  !  l ,      \
  ヽ     ̄  ‐-  _`ー`ー-' !    / |        \


128 :◆vsQyY1yD2Q
                              _ .. _
                           .,._"´ 、‐ - ~"_ .
                         / '´_..-`-'〇‐=._ 、 ヽヽ
                        /,.' ´    ´ ̄` `. .`、`、
                          ,'.,'                    i ',
                       .i.i ゝ _                ノi i   _
                     (、 l.l -_= = ̄="‐"=_ニ ニ  ,l レ'"´ ,ァ- ̄`ゝ
                     とヽ、_          ~" > ´   /
                     .ヽヽ、゚ )- ..,_       ィ'    ,.'
                       .トvヘヽ ̄      ∠l ト   /
                       ´ヽニヽ 、_ .,_⊂⊃_,..ノ.l ``、、 {
                          .ニ ヾ `"テ'' " i/.イl   >ヽ
                          '.ニ、 ヾ ノ  ./  ',i /
                              `.ニ、i´ `'/ _,.`、
                            `ニY  ヽ_´.\ `
                            ,r-.>.ー i  .、ヽ \
                         _,∠ュァ,ヘ`ー'(  ) ノ  ヽ
                        ,ィ'ァ   )  r‐ > .〉ヾヽ  .i
                          /.i' .,r''" ̄" '' ‐- `',,_ ノ   ,'
                       i , / ,.イ´`ノ"i ‐ 、      ノ
                     ノ ノ i././  i     i ~"'' T" i、',
                     Y .{  ii .i   ノ    ヽ ヽi  ` } }
                      ` ー " `ー-.L _ ,,ィヘ、_」 L.ノ.ノ‐'


      ____
    /       \
   /       ― ヽ
 /         ( ●) '、     イエローオーブを見たがる人 多いだろうし
 |             (__ノ_)
 \            `_⌒   ダディさん、お願いできますかお?
 /           \


                                   /\___/ヽ
                                  /''''     ''''''::::\
                                     |(●),   、(●)、.:::|   ん? ああ、分かった。
                                 |  ,,ノ(、_, ) ヽ、,, .::::|
                                 , =二ニニヽ、- '  .:::::::|   話し合いの間、預かっておくよ。
                               /  二 ヽ、`,┘´ ::::::/__
                               /   -、 }、j┘─イ// : : : .`' ー- 、
                                /    /{_/ニニ,´>/ : : : : : : : : : : :ヽ
                             _/___ ノ : 「r{::::ヘ  / : : : : : : : : : : : : : : '、
                            / : : : : :ヾミ : :.i r:::', y : : : : : : : : : :/ : : : : : :'
                            : : : : : : : :/ : : i .i:::::i ,i : : : : : : : : : r : : : : : : : :i
                          ,' : : : : : : : / : : : :i i::::::ii: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|
                          ,' : : : : : : : ハ : : : :',i::::::ii : : : : : : : : : :.| : : : : : :/|


                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


129 :◆vsQyY1yD2Q
                    _ || _
                   (⌒)=(⌒)
                   ヾ´||`,イ
                     .}}_||_{{
                   / .λ ,\
         λ        (( )vνし ))         λ
    λ   ν          .。゚\ゞvソ/゚。        ν    λ
    .ν   .l~!       λ。゚  ((<>))  .゚。 λ      l~!.   ν
    .l~!  rnhhnュ=ァ oν   . /∧\   ゚.ν  ,r=rnhhnュ ..l~!
  .rnnhhnュ ゝ三彡'-'゚''゚ l~! /V/__∨\ .l~! ゚ '' ゚ーゝ三彡' rnhhnュ
  ゝ三彡'   .ゞー_rnhhnュ /二二ム _.rnhhnュ-_ー_ノ   ゝ三彡'
    ゞ_ー_-_≦.;。  .゚ゝ三彡'/ゝ_)).;.((_,ヘゝ三彡'゚ 。  ,;≧_-_-_ノ
      ;゚。    ,《》゚。,,゚<> `ー'' .<> ; <>  `ー'' .<>゚o '《》。   ,゚;
    《》 ゚ 。 ,,o゚ .;   .〈〉  ;゚。 ..〈〉.<>.〈〉   。゚;  〈〉   .; ゚ o.。゚.《》
      ;       {i}   {i} .《》.゚。o.{i} ; {i}゚o ゚ .《》. {i}   .{i}     ;
    {i}      .;   .〈〉  ;   〈〉 .;. 〈〉  ...;  〈〉   .;      {i}
      ;      .◇   ◇ .{i}  .◇ 《》 ◇   {i}  ◇   ◇    ;
    ◇            .;.    .;     ;            ◇
                .◇     ◇    ◇




           ,r'′                     `ヽ
       .ィイ゙        ,′ ,jiii! !ミミ;;y′ jii!  ',   i!、
       ィイ 〃:.   :   ,′ ,jiii! !ミy′  jii!:.  i:.   i、
      , イ.:.〃.:.:.:.  人 __ノ .:.;′'゙゙′ V    jiiii!!.  !:.   ,!
      ノ.:.:.〃.:.:.ト、_ノ  /.;r'.:〃 〃   'V   .::j11.:.  !  Y
    /ハイ.:.:彳.:.:.:ト、 .:彡/.r'.:〃 〃    ,小 .:ノ川.:i    Y
     レイ.:.:jiiii.:.:.:ゞニ彡l∧ィイ 〃   ,.イハハ斗ムi.l.トト、,ィ彡..::!
      レイ.:.jiiトトV゙゙゙`ニ≧:、、,,,V  ィイイノ,,、ィ≦´十トトィ彡.::.:〈
     `ヾ.:.:.:N(  弋モ弐_ ト イィイ<モテラ¨゙乍/1i.:.:.:.:ソ  来たか、ニュー速で。
       ゙{.:.:.い     ̄   '、(      ̄    ,リ 11.:.:ノ
         ゙{.:.:.い       .:.:;;i          リ ノノ:〃
        ゙{.:.ゝ',        .:.::l         ,'レイ:(       それと坂本、先程は言いそびれたが
         )ハ:ハ       ヽ r'         ,'.:i.::トハ     余は そなたらの結婚に反対する訳ではない。
           )ハ       _ _         ノイ.:.ノノ
           ,小、   ´  ̄  ̄``    / いリ       むしろ賛成する立場である。
          _ノ/`ヽ\    ´ ̄`     / / ,.イ
  ¨ニニ二二二7/     `ヽ、       /_//;;l にニニニニニ
      .:.:.:.:.:ヾヽ      , ミヽ、__ ,...イ, ‐.<:;:;:;:i. !.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .:.:.:.:.:.\ヽ  ((⌒) いY レイ⌒)ノ;:;:;//.:.:.:.:.:.:.:.
        .:.:.:.:.:.:.\\  ノノ ∧1 .j(;:;:;:;:;:;:;://.:.:.:.:.:.:.:


130 :◆vsQyY1yD2Q

        _r '´ ̄ ̄`'ー 、  _ ノ ノ
       /   ,.-'゙ヽ   `´、  '´ー-、
      |  /ノ´`'、\    \    ゝ_
      | / /_,.-、  ヽ.ヽ    `ーヽ  二=-'
     r '´ ̄   \ i !       )  ミ、
     yー'j_フ´`' 、  \i_      /   ヾ、_
    i´ /^i_ ソ ノ=、__ `'ー-、_ メw    z´   陛下に確認させてください。
     il /f゙9 `'´ ,.=、|i `ナー、__ 〕  レi , く_
    | l:i  '    ゞ'´レ/ /  )-、  ノ∧i-‐'´.   エムローム辺境伯に求められているのは
  __| :! r-、    /  /ノソヽソ i'´ ヽ
  \ヽi i >、` '__,./  //r亠/         婚姻によるロマリア、そして やる夫との橋渡し。
   \ヽl、´irっ´_,」r亠'゙´-' ラ゙
.    ヾ< ̄r´-‐' ´ ̄_ -'ヽ              ムーの高炉、及びシャーマン族の守護。
.    '´:;'_」/ // ̄ ̄  `'ー'ヽ.
    `ヾ:i`'ー、,.         ヽ         そしてアルヘンティーナとの折衝の三つでしょうか?
.       ヾ、メ          l ヽ
.     、_ /        レ'   ヽ ヽ



          ,f"                            ゙l:、
          ,f"          ヒ,,__;:-'" ノ 〃          小 ゙l:、
          { i /ノ (   〃   、_,,,二ブ     }, , i       |小 .,}
          i; y/   ゞ    彡 ),/,ィ',イ,/   ノ,ノ,|; i;      :l | |l,i'
          7 ,;f 〃ゝミ三彡,ノ,;イf ゙v' (/〃'彡'彡ッ'゙いミ:、 :i   ヘツ
          ,{ ;{  ,,  _,;f"ー-ニ,,,__  い'''" ̄"__,;:=-‐'''''i; :| ミ:、 :トァ
         ..゙i、 {  ,i',i'.,k" -─モ・ナ=ミヽミヾゝ::-=ニモ・テ'ーァ''ソ人 い ゙li
           `'ン { レl小     ̄    ゙ `  `  ̄ "  ̄ノ,ト、 l i ,ノ  理解が早くて助かる。
            '{ :、V、゙:|{゙i         l ::.         ,;{ソノl ツ,ノ
            ゙i、l、 ゙ヾi゙l;          l ::::..       ,i'ィ'" ム'".    幸い、坂本には
             `:ゝ、 ゙ミi        、 ,,;::''      /f'{ il(,.      優秀な代官が いるようだからな。
               ,ソノ ,∧    ...._____..____.....    /〃) )i
               (:i| :;i _l゙、     .,,,__,,,...     /|〃〃'"       エムローム統治も
                ゙i|ヘ,,ニ| `:、          ,r'":l ミL_       問題は無いだろう。
                 ,f '、,,  ゙ヽ、     _,,r''"_,,;-'二l''"
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__          j_,f゙''-ニー-ミニ====ニ彡'''":-''"l |        ______
   __,ィ''''" ̄ヽ          ,} ,i`i ,r'二`''ー:、`Y",;='ニ二ミ、 f''"i      ./ ゙̄'''=;zL___
 ̄ ̄ ゙li   _,,,L---r‐r--f"ゝ{. ゙ナ'"  `) | | .l| f"  イ、_j.l^;>-ニr:,,,∠,,,,,,__   )
     'li_;;<     i、 i、 ゙ヽ、゙ヽ、,,,,__,,.ノ .l . | :| ゙-,,_,,ニ=''"ノ ̄ フ,ノ─  _,,>、 /
'''""l" ̄l  、゙''ー-:;,,_  ゙i、゙i、  ゙ヽ、 ミ-ー'"j :| .l゙''ー-;ァ ,/   ノノ_,,ニ-''"  >゙'iー┬‐┬─
. 彡| 彡|  \    ゙''ー-ミ_ヽ   ゙ヽ ゙ヽ,r''",,='=、ヾ、,r' ,r'"_,,:ニ-ー" ̄   _,,,r''"  ト 1  1


131 :◆vsQyY1yD2Q
                          _ __
                       ,r.:"´;:;;;;;;;;;;:;:.:.``ヽ
                      ノ彡;;;;;:,;;;;;;;;;:;:;:;:;:.:.::ゞ\
                     /.::/⌒ヾ.;;;;;;;;;;;;;:;:;:::.:.:.ミミミヽ
                      l::::j    \`ミミミヽ:,、;;;;ミミミ',
                      |/l       `゙""¨´ `l;ヽ\|
                     リ,,rヘ、_    _,,,__  トヽ\!.    こちらの都合となりますが
                       ハ'^`モッ'ト :"ニtz‐ッ ``V^ヽ;l
                       u|    ´l ;:. ` ̄ ` , ;ヘ'/    ムーの高炉を止める訳には いかないのです。
                      ll    ,′;:::.     / し'′
                        1   `"´     ′1.      ですが、ヘル・ニュー速での望みは
                        ',   -‐─-;   ' /.:.L.      シャーマン族の解放。
                       ハ、    ̄´  .//ノ::ハ
                        __「ヽ\   _,.ィ‐'´ .:::/ トーrr.   これを両立する方法は……。
                 ‐rr一'77フ′ ``≧≪"   :::// l: //:;:
                 l l   i゙1 \   ノl〈   .:.::// ノ/ ':;:;;;
                 .:| |  .! |    `"´ _」 ヽ  "´´  .:.::;:;;;;;;



         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ   もっ……やる夫達の手にエムロームを
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<.   シャーマン族の扱いを含めて委ねると言う事ですかお。
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!


132 :◆vsQyY1yD2Q
               __
           .  ´::::::::::::::::::`
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /: : // :::://!:::: i::ハ::::: V::: ∧
.      ′://::::::::|:| |::::::|::| |:::::∧V : i
      |\l|:|:|:::::::|:| |::::::|::| |:::::|:::|.|:イ!
      |ヾ:||:二二ニ└―┘´ ̄ ̄|/ |
      ∨」'´ ̄/ ハ    イ弐!7 !ヽ!
       | |ヘ / / ノ    Vソ .ヘ /   陛下、それは現地のサマンオサ人が
        ヘ| ハー一         'ー|'     受け容れられるかと言う問題が あります。
.       |`人       '      ノ |
          |::....  ⌒          場合によっては追い出す事になりますが……。
          | :::: ||>-<|
          |:::::「 ̄ ∨ ̄ |
.        ..≦´∧_/ _,.ノ ≧ ..
     r<> ´     「o       ` <>、
    / i        ヽ        / |
.   | ∨/         |         ∨ / |
.    |   /        |           V  !
.    !   !          |o          |:  |
   |  l: .       |       . :|/ |
    |   ', : : . .   . : | : : . . .  . : :./   !
    l   ∧: : : : : : : : : | : : : : : : : : : // |



                        `〃:.;.;.;.;'彡 .:y.:′ 〃.:.::彳 : `ヽ\
                        V' ;' ,.彡' ,.:ッツ;;;;;;: 〃.:.:〃 .:    :`!
                          /.:.::;ィ彡 ,yツ  .:.:. :. 〃〃  llト、ヽ .:.:.:::!
                          〉ー=彡从ミミ =ニニ彡ノ 1!!::.:.: ミミミヽヽV
                       〈 ,.ィィイメ二,,_ヽニ二彡シ、、1!!.:.ミミミ`ヽV
                            Vイイハ `¬i下''''tテz弌ミミヽミミミミミV
                         `ヾ:::i   リ .:.:.      ノノノト川   その時は連絡せよ。
                           ハ.   ヽ _::.       ,イ.:.:ノノノ
                          //ハ  _..._      ,.イ.:;.:.:〃.      こちらで引き取る。
                         /.ハミハ.  ー `   /,.イ.:.:::〃
                         ヾ 'ミソノハ、__ ,. イ   )ハV       今は、どこも人手不足だからな。
                          _// `ヽ、\  、 _ノ丿〈
                      _ ,.ィ入く    /,r^ Y レハヽ.:l ト、、,,_
                        _ , .ィくヽ   `ヽ\ └' ノ1 i!l(└'.:://.:.:.:.:.:.:.:.
             , .ィくヽ\ \\\ヽ    `ヽ ニニノ1 i!ト ‐'フ/  .:.:.:.:.:.
            /⌒ヽ \」」 __」 」__」 L     `ヽ\1 |L //    ,rr
            /     `、ー ── ─‐-、`ヽ     〉 / ⌒V〈    //
              ,′    ',           \\((⌒)〈.   ) !i ((⌒V/
           i        ',            \\ノ ム:::ニ人 ト、__ノ/
           |       .:',            \ _二ニ `Y´,ニヲ/


133 :◆vsQyY1yD2Q

                            ⌒ ー-、
                      /         、_}´`ヽ
                     /         ⌒ヾ'r'   \
                  、_ノ        i   rミ、   、 }
                  フ ノ ;  i  _ノ;   ( {ノ:;   乂
                  ( /;//  ノ l l フ′;}   Y /  ! \ヽ
                  }'//; ; < ノ} }八 (/ /;  ){! { ト-ィ )ノ.   それと、アルヘンティーナに関してだが
                  ∨// / イノ厶、_V∨/ /__乂ヽ‐ァ (
                  {〃八 /(_たtッ‐≧{/(f'tッ ラ イイ{ ト    今は まだ、互いに時間が必要な段階だろう。
                   V {ヽ(ヘ(´     ′{    ノノ/ノ
                      ヽ乂 `Y       |    イイ/´     その間に争いが起きるようでは困る。
                     _ )ノハ、     ー '   /乂_
                     7/ | \  ´ ̄`  ,イ)ト- `       そして流通を途絶えさせる訳にもいかん。
                     Y(ー、  ヽ    /|Vノ
                          _ハ} `ーぇ≧、r'彡イ{、    yx───-   _
              -─-x、  ィ代 ト、_)Yr‐、Y|!| r‐(ぅ)ー‐rく  \_____
        ─ ´      ノノ}くヽ  `ミx〈_ノノ{[ト`¨゚/  / ノノ\ |
      |ヽ_    ─   ´ ̄ 人 \ー==ミヽ\/r=ヽ{ レイ彡'゚丿 「::「::「T‐r-r-r‐r‐
      | |        ィ个|::|\   ̄`ーx)__}! | } |> ´ /   |:::|:::|::|::i|::i|::i|::i|
      |ヽト─r::T::「:「:|::|: |: |::|::|  \       ̄ ̄   ̄    |:::|:::|::|::l|::l|::l|::l|



           ,.. ''""""'''  .
.        / ::::::::::::::::::::::::::::::`':、
        /: :/!::i ::::i:::::::::i::::::',::ヽ::ヘ
.       |: :/ |::|:::::|!:::::::|!::::::|!:::}:::::}
      〃i::/ 七卞l!:::::::l!ヒニi}:::|;;;;;|
     |:;へY´ /::/'Y´  下丁! L:i
     |:|δヘ,/::/_ノ 、  凹i.´ | 〕  エムロームに、二国間の緩衝地帯になれと……。
     | '-' }、 ̄           /V
     |:::::| | \   ,  、  /  !   確かに、やる夫ならば不可能ではないでしょうな。
     |:::::| |  >;―,へ'´   j
     |:::::| _,,,....{´X〈/´\
     |:::厂 、  「o´ {彡 |≧‐、
     ∨ y  /   ル-'ヘ./ |
      / i /  /o   ∧   ∨ .|
    /  i{   {      ∨   ハ .|
    〈  `∧   ', o    \  ' /
    ∨ ´ヽ|   |        厂´


134 :◆vsQyY1yD2Q
  _ -―         / / ,;:! ;!、 {   :! l!、ヾ       )
/ _,.. ,.-― ―_,.‐=''",. /,. /"ノ;メ、 \ ヾ 、 \     /
/ヽ / / '" / ー==__,.. _/ノ'"}.! :\ 、 、    ヽ  ヾ ゙、
ヽ、 ; /   /       .ゝ.、_  \  ,リ }:! `  ー ̄  ヾ :l!  !
‐、. { ,!  /;.'        `ゞ_> 、\  ソ! !  l ;!   ;. ; !.l!.゙ ! !
. ( 、{ :'!         ` 、 ヾ \、!; l  ,;! ;l! .! .! !.;'  ! j
 .} ヽ  ! 、              `   _ ノ ; ! ,:/ ;l! ! / /   ,'ノ'
. '   ヾ{                    ノノ ' ,/ / ノ,ノ  /
  .    `              ー≦'-_,.∠.//_.. - "  ……難しい要求をしているだろう。
` ´                           l
. |                           l          だが、無理な要求ではないと余は信じる。
                            !
` i.                   ‐ 、   }
                 ..._      '    ´         ニュー速での功績に相応しい褒賞。
   .ヽ               ` ー-
   ! 丶              , - '               その他諸々の問題を全てクリアできる
.\、 l  \            ,
\  \、 \       /                    ベストに近い献策であった事は確かなのだ。
ー.、 \、  \、 >.
  \  \   ヽ ヽ   ´
- _   ヽ  ヽ.   l  !__
  \.  ヽ  l  | .!   ̄ ` - .._


135 :◆vsQyY1yD2Q
            |    | /             ___             丶、   /
            l /   |/          _,  ' ´     `   、_      \/
            |/  .イ     _,.  '´/-|             | | ` 丶 、     }
            /    |  _/  // ̄ヽヽ  |       |,ハ/ヽ    \  /
              / .ィ   ヽ./    j/ , ,==、V\ト、r、____レ==、、 '.   |  ∨
          /// /| /'| |  |`| ト r;|        ト r;||´ |   l   ト―_-- 、
          ' 厶 ′ j/ | |  l ` ニ´   ;    `ニ ´  |   _」 ┘´   |  これは陛下の案ではないと?
          .          '. l   !                 ,厶 ´      _,.   7
                  ヽ|   l       `         /   _,.   ´   /
                ,.   ´|   |             /   /       /
                /    |   l\     ´`      /   /       /
                /     /|   |  丶、        ィ   /       /
             ヽ     \|   |  / ` .ニニ ´ /   /        /



 //    /     _/ / /   }  |   /    }  } /  /   ヽ !
//    /      >‐' /  / /ハ ト、 〃 / /,. イ {  {   ヽ リ
 /  /      </ //イノ jノjノjノ_{{ { { /ハト、ト、 \   レ′
 { /     _// ̄/-―_ニニ、 ̄ヽト、V/仁二_ ̄イ ̄ } ノ
ヽ/ /   // >| / イ{  -xィ代ソ `      / ィ代ソ癶/ } jノ
 レ' /  レ{ 〈  |  { {             |     レ' /
 { {     ∧ヽ ヽ ヽゝ               !    ├ '   できない夫を死なせてしまった代わりの
  ヽ!    .∧ `ー\ト、!               |     从
   } ハ  i \__,.                 -‐、 r'    /      献策だと言っておったな。
   jノノ  !    | '.             __-     /
   /   /   !  ヽ         `ヽ二二ア´   /
   {  /   /   \          、__,   /
   V/   ノ\      ` 、          /
   〈  / /}\_ `  、     `  、       /
     V / /三三≧、._ ‐-  _  >―‐イヽ
    {  V三三三三三三≫―--、 ―-、 レ'ノ }
     `r‐≪三三三三三{  ( ̄丶丶  Y /,.イ_
-==≦ ̄\ ` ≪三三三ヽ_)三ニ} |  | | | / 〉-. 、_ _
<_,. -=≦三≫ 、  ` ≪三三三ニ/ /|  | | し' /三三三ニ\\-<`ヽ-r‐ 、  r- 、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'ヽ、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ゞ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!.::.:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙i
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:,':.:.:.:,;:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:jk
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l|.:.:.:.:j!.:.:,;:;:;.:.:.:.:.:i.:,j!.:i!.:.:.:jト
.:.:.:i.:.:.:.:;:;:j! i;.:.:,j!゙.:/;:;:;:;:ノ.:,j从ィ;j.:,イノ
i!.:.:i!.:,;:;:;:;:;!;;:j.;:;;゙,イ;:;/^);:j/;:;:;:;:゙ノ''´
;j.:,j;:::;:;:;:;;:;:i;:;:;:;:;:;,r' /;:;イ''゙´
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,'´  /;'´j     まったく、政治なんかには関わりたくないんだ、本当に。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:j   リ  ,!
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;リ     /      でも……。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/     /
;:;:;:;:;:;:;:,、-‐'´    ,!
ゞ;;リ;:;:;j 、     /
`゙`゙ゞリ' :``丶、 /
====ー--‐'ー一=rーー───‐‐──‐‐‐-ュ
             `ー゚ーーー───--、'"´ `ヽ,
                        /     `、
                           /       `,
                       /         ゙i、
                         /             ゝ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


136 :◆vsQyY1yD2Q

       _,,:-''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''-、,,
     ,,r'' _            ヽ、
    ,f ,;ニ--ニ、            ゙ヽ.
    i' .;f     ゙ヾ、:::...         ヽ.
    i',;;;;;l      ゙ヾ、;;:;::.......   .,,;.:.:,;,;;;i
   i;;:;,i' |        ``''ー-ニ=-''"`'''i;:;:;;|
  {r'" j ,rニ''=ェ、,,_,  ,,__,,,,ニ--:、, リヾリ
  ,l,=イ|  ー゙モワ''''>i  ;`'''Z't-ァ~`゙'' ,|、;|   エムロームは、サマンオサの武器製造を一手に担っており
  i i''ヾ|       ''"l!  `ヽ  ̄   i;f''''l!
  | | ,ハ       l!         ,i ,; l!   シャーマン族の問題さえ解決すれば、実入りは良いはずです。
  ヽ、.ミi`     ィ l!__,i」,;;      ,i f ノ
    `''┐      `ー'"      {,シ''"
.      ト、    ̄二''ー--    /!.       ヘル・ニュー速での功績の大きさに、
..    |`:、      ̄    ,/'|
     ,,|  ゙:、        ,/  |、.       相応しい褒賞だと愚考いたします。
    ト-ニ'ー- ゝ、,,___/ -_''ニ-ri
    ,i'  ,、,>ー-、`ヽr''",二-<"_  ゙i、i
  _,,/   ,ij! r'⌒)`i. | .f"f"^i l.i'  ),゙:、,,_    いかがでしょうか、ヘル・ニュー速で。
=''ニ辷`ー;´'゙ぃ, (.ノ! | :|、.) ノ ,ヘv/",, --ニ''-
二-ー_ニ,,,、_-ゝミ、,,,_| .| :| ,/ノ-'"_.ー-、,,_ー-:、Z_
-ー''"~    `''ー-、__|_,,, -ー''"      `'''ー-、



               ,.r、ヘ'"~"ヽ
              /  } }   `、~"ヽ
             / ヽ、ノ ノ    `、  ヽ
           レ'ヽ、  `<      `、  `、_
            ,'::i::::,ri`、.  .\      ',  `、`ゝ
           `、レ‐-',::::`、 .   \.    ',  トゝ
           j 乃`、l::::\ .   \   j  .リ`i
            l      l:::::::::::\  ヽ_,.ィ  リ   ( 二人が結婚する事を踏まえ
           l.-、   l:::::::,':::::::::ヽ .ノ.ヽ!j、.|リ     二人分の褒賞を いっしょくたにしたのですね。
        <"~ `、_   l:::::/i,、::_,-<`' ,ヽ
        \ . l::::l /`.l::::/ /   ,.r`,rフ'          現状のサマンオサでは、これ以外に手はないでしょう。
          >、l::::l、 l::/r'  ,.r'"./<._
       / .l  \\レ .,.r' /  _,,ノ`ヽ、       しかも、現在サマンオサが抱える いくつかの問題を
       /   `ー- ` >.' ^`<_,.-''"      .`ヽ、.   やる夫に丸投げできる形ですし )
    ./     .y  / .ブ<  \    、j     \
    イ     / . /  l.r'.ヽ',   \   `、      .\
 ,r' _L - ‐-、 / /  _,,.、ゝ'ノ-‐‐ ''",.r''"''`', _,,_-‐‐-_,,_l_\
./    ) // /-''"   `ー .,,.・'      ',_ \ {  ` ヽ
l r‐''" / /   ` 7、 .,,_            ',`,  ヽヽ_    .}
', `.ー.'  .,./    ∧.',   "'''-.._      ..∧ ',.  `ー'   ./
.`、   .//    .∧ .',.',     ,'.,'`.,-、   ,.ィ' ', .}     ,r'
  \ / /    ./  ',..',.',    ,'.,' ,'  ',''"    ', i  /
   `-/     /   .', ',.',    ,'.,' ,' .   i       ',i./
    ./  _,,ノ/   ',...',.',   ,'.,' ,'    i`、    .i
   /./  ./    ', ',.二二' .,'      i  `ヽ、 .i
   /'     ./     i       i       i     ヽi
  ./     /      i       i      i     i



            , -_ =.、-、‐- 、
             /.ィ'",. -、 \.`ヽ `ニ‐ ,,_
            /., ' ,r'     ヽ `、 \`、`"`
          .l.,'_./ -‐-.、  ', ',.  `、
           /´     `ヽ l  }    ',
         (r,'',i:´::`ヽ,、_  ` .,'     l     ( これは、やる夫にとっても上手くやれば大きなメリットがある。
        ノl:::l ,ミ.巛从'_´';:.、  \ ノ`、    また、上手くやれる可能性があるのは やる夫しかない。
           l::lf゙9,  `.f゙9i ',::::\   l  、`、
           l:;' ‘   .`´ ./:::::::::`.r'  `、ゝ   そして、受けなければサマンオサは他の褒賞を用意できず
           l::'、  、 r―.'―- ._,' `、.、 ',.    場合によっては復興に響く事になる。
       , - l::::ヽ._ ./ ,r――- .、.`ヽゝ.、l.
      `、 .、l:::/.// /_,,_    ,.ヽノ      これは やる夫も望まないでしょうね。 やる夫は優しいですから )
         `、. レ { ノ .,r'   `ヽ ,' ./
        `、∠、,r'        .∨
        r'´  /        .〉


137 :◆vsQyY1yD2Q

                  _ ゝヽヘ,、
                 _,.ィ      .v
             ∠    _,..- ._ノ
           ∠.ィ .,.r''".,.r.',.\ `.ヽ、
              /ァ./. ./../ .\\   ヽ
                '' .{  ,' ,' _,.-.,_. ヽ ',  l
 ,、            ',_,.!-''" .,._. "''-. ,'
..{',.',              l _,..-'''"::::"'''-._. ̄.}
{`, ',           l:::::/‐ゝ、ii,,イ/"',:::`"'i'  やる夫! この話、受けるべきだと思います!
l ` 'i__      ,-.―.l::::l 佗ト  .佗〉〉:::/~ヽ、         _
.ゝ.//´ ,r7`"''‐-.,_`、.マ.l::::l.l   '_  /:::/ /~ヽ.〉       ,、'.) }i
 .ヽl ,'/   , r''"`"`,'::::/,ヽ. ヽニ.フ./::/ / ./   _  ,./.ノ//,'}
  l l ゝ- ''"     リ:::/、!  > /ノ,.ィ_-='"7"~ ̄ ,i ././ }  .'/
  ! .l           レリ ヽミ .>_‐'<.,r_"   ,'    .,'l i .l、   ,'
  l l         /  .,r',r'ヽ  _,.r` i   l   ./.l l ', -.ィ'
  .l l        /  / .l ノ-''"_,, -.,,l.  `ー '" l .l  ,r-','
   l l       /   (._-'' ‐-‐'"    .',       .l .l`"  ,'
    ',. ',     ,.'       / ~"i       ',     l l   .,'

                                   ___
                                  /     \
                                /         \
                              /   \ , , /   \
                               |   (―)  (―)    |   ……分かりましたお。
                              \   (__人__)   u /
                               ノ    `⌒´      \   どこまで できるか分かりませんが
                               _i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ  微力を尽くさせていただきますお。
                           ( l  l  l  l l
                            ヽ      /



              ,. -−''´ ̄ `ー 、
                 /   , '  ,.-   \ ホッ
            ノ    ,i    ', リ i. ハ
             r'   リ ノ/ー’ ,V i !, (.   ウム、頼んだぞニュー速で。
               〈 ,.‐' j_;.ハ.{ ,ィメハ、ゝ ィハ
            {i ( メfォァゝ! tiチラヾ爪i,リ   ムーの高炉が稼働し
               ゝ从        从ン´   アルヘンティーナとの取り引きが続いている内は
                   iヘ    ー゙   ハ!     こちらからは何も言わん。
                 λi\.` ̄´,/リ’
               fゝ-≧≦-‐K.      卿の好きにするがいい。
        , 、___,、,,.ィ!))|||(( _,,.ィ"ー-,, ,,_____
       .{ ( ||_||_|| ゝヽ ilン,!l フ/´ =='''"/'/'/'_,シ⌒、
      ./ ̄`¨¨'ヾ.、fi._,リ'⌒Y,' ,ヘ.,,. -─'.'ニ'.'ニ'.' チ'    !
      i  i    ∧',ー弋__人ー'ノ,/´ ̄     /    ,|
       |  |    ゞ_⌒!i⌒_''ニ イ       ,'/      ,!
        {.   !      ヾ_,/         /       ,ノ
       /   ヘ.__,..,__              ,.ム=、   , イ
      .i  /´ //ニτうー- ..,,_  ,,>''´  マヽ)   ,/
      .! イ⌒ヾ._///        ̄ ¨¨¨ ≧、iJ   ,/
     |      `> .,,             ヽヽ /
     l          ≧x               /
     `¨ ー-r─ '' "´   >  ..,,_     _,ノ
           .|                ̄ ¨/
           .ゝ- ─,'⌒',ー──  --   ...,,,ノ
          ー─弋_,,ソ──‐ --  ....,,,,}


138 :◆vsQyY1yD2Q
           ,r'′                     `ヽ
       .ィイ゙        ,′ ,jiii! !ミミ;;y′ jii!  ',   i!、
       ィイ 〃:.   :   ,′ ,jiii! !ミy′  jii!:.  i:.   i、
      , イ.:.〃.:.:.:.  人 __ノ .:.;′'゙゙′ V    jiiii!!.  !:.   ,!
      ノ.:.:.〃.:.:.ト、_ノ  /.;r'.:〃 〃   'V   .::j11.:.  !  Y
    /ハイ.:.:彳.:.:.:ト、 .:彡/.r'.:〃 〃    ,小 .:ノ川.:i    Y
     レイ.:.:jiiii.:.:.:ゞニ彡l∧ィイ 〃   ,.イハハ斗ムi.l.トト、,ィ彡..::!
      レイ.:.jiiトトV゙゙゙`ニ≧:、、,,,V  ィイイノ,,、ィ≦´十トトィ彡.::.:〈
     `ヾ.:.:.:N(  弋モ弐_ ト イィイ<モテラ¨゙乍/1i.:.:.:.:ソ   ……ああ、それとビッテンフェルトの事だが
       ゙{.:.:.い     ̄   '、(      ̄    ,リ 11.:.:ノ
         ゙{.:.:.い       .:.:;;i          リ ノノ:〃     魔王軍との戦いに身を投じると言い出した。
        ゙{.:.ゝ', u     .:.::l         ,'レイ:(      レイトンを連れてだ。
         )ハ:ハ       ヽ r'         ,'.:i.::トハ
           )ハ       _ _         ノイ.:.ノノ.        良き仲間を紹介してやって欲しいのだが。
           ,小、   ´  ̄  ̄``    / いリ
          _ノ/`ヽ\    ´ ̄`     / / ,.イ
  ¨ニニ二二二7/     `ヽ、       /_//;;l にニニニニニ
      .:.:.:.:.:ヾヽ      , ミヽ、__ ,...イ, ‐.<:;:;:;:i. !.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .:.:.:.:.:.\ヽ  ((⌒) いY レイ⌒)ノ;:;:;//.:.:.:.:.:.:.:.
        .:.:.:.:.:.:.\\  ノノ ∧1 .j(;:;:;:;:;:;:;://.:.:.:.:.:.:.:



                                  ____
                                /      \
                               /_ノ  ヽ_   \
                             / (─)  (─)   \
                             |    (__人__)      |  ……それでしたら。
                             \   ⊂ ヽ∩     <
                               |  |  '、_ \ /  )
                               |  |__\  “  /
                               \ ___\_/


139 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ____
       /    \
      / ヘニヾ゙リン \
    /=▲▼--▼▲=\
    | u.  /(__人__)ヽ   |
    \    `⌒´   /


   ./三三三三三三三三/
  /三三三三三三三三,'
 ェ´、_  `゙''テ_三三ヨ7
 三三三≧ェ、   \ヨ7
 三三三三三≧=、  .7
 :__:::::::/  '、`゙''ヾ三≧_
 ィ ヽij'   ●ヽi/、__、三心
 ! ,         ヽ● i三三ヘ
 ェュ、_ u    ′ i ̄ ̄ ̄
 三ヨ7          i
 三l7  ,- 、    从
 三7、   ̄  . イ、_
 三' ̄i 7=;:i´三三ヨi
 ヨ:::::::ヽ'::/三三三7
 ヨ:::,--- 、三三三/ェ、
 イ   ,  ヽヘヨ/三ヨi
    ,イ `ヤ.ヘ ヘ三三l|
  ̄   弋ヘ、_ノ__,)三ヨ/
 ヽ--ー-、 ヽ`--'三l7


                _ ≧=-───- . .
              ァ匕: : : : : : : : : : \: : : : :\
            /: :≧ミ: : : : : : :\: : :Y: }: : :ハ
            /: : :二ニ=: : :_.: : : : :j: : |: j: :.ム:.∧
           ムイ: : : : : :イ  ̄ ̄ `¨77ーテ''¨´`寸:Y
             イ: /: : : : : :.j      {( /     |八
          {/: : : : : : : /      )       [ミ
             /: : :: : : : :イ               -ー-V:.}
         /: : / : : : :.ノ   -─---=彡'  _彡⌒ }:ハ
          〈: : /:.y=ミ:.{     ーfテy:::  ( rtチー イ:/
           V: :/⌒ Vj                 |
          V:{ {Y(   \        V   l
         、___):.\ヽ    .u      r  -〉
         `7: : : : ー┤         __   '
         /: : : : : |         ∠二二7  /
          7从:.V<>..:\      ......  /
            V   <>::\        /
          r 〈     ><.\ ____ ム
 r_- -──匕 \\     Y_ニ>.. |><> |ヽー-
  Vム         \\_     ) l | l (  .ム/     `YYー-.rr
  Vム          ー- ミー匕.乂| | |寸ニ//       | |   | |
.   Vム             \寸..../ | 乂 //     | ̄ ̄ ̄ ̄ll.|
.   Vム              \V / =ミ { {      |       ll.|
  二二二二二二¨寸 ./7     } } |l   V.|   (\ |____l|.|
  三三三三三三\\{ {___.ノ | |l    ! |_ } .レ゙|: : : : : : :.:..l|:|
  三三三三三三三\\____彡个乂____ム-─-ァァ'. |: : : : : : :..:.l|.|
  三三三三三三三三\\        ̄    //.. |: : : : : : :.:.:l|.|
  三三三三三三三三三\二二¨寸        匕  ̄圦 ̄ ̄: : : : ム
  三三三三三三三三三三三三\\      /  ー── 寸ニ .イ三
  三三三三三三三三三三三三三\\__./    __  ヽ.三三
  三三三三三三三三三三三三三三\../         `V三三
  三三三三三三三三三三三三三三 /       ー─   )三三



                                 /       ハ
                                 /_       ハ             ,イ
                              ,__/ /`ニ7 ̄lー'ニハ__         / |
                          , -‐   〈__/  / ,1 l   .l/ `''ー-、_,. -一' ノ
                        , '´       ` ーL/_l__l_>'゙        >''´
                        /                      >-‐'´
                      /,. -'´ ̄ ̄ ̄`'''Tー-r-、_  _,、,、ィ≦ ̄
                   / '´          ミハ| 天テ、了,ィtテ |1ソ
                 ィニX___       , ┴ヘ    i    ムケ`ヽ             __
              ,.-┬-{{、_j|    |     /   .ハ   |    ハ1   \        / . |  `i
             l´  l  |`´|     |   _,/     | ヘ     ,ハソ!      \      |  l   |
             |   .l  |  |   .|_,.イ´K       |\ヽ   ,.'./.|    /ヽ、     .|  l   |
             | ,. -i  |  |    .| r―- 、ヽ     |  ヽ.'_,//.  |   /   r' ̄`ヽ !  l   |/\  __
         z―-、マ  l  |-‐|   |_|     | ヽ    |i!  |.  | il|  ,イ   ! ,.-|     |‐ト、 l   /   | ./ `ヽ
         |   l |  l .| |   | ヽ,   |>'ヘ   |i!   |  |  i!|  /    l/ .|   .|  ll  /-、  .|/   ./
         |   /^!   l | ..|    .|ー1   .|   .∨ |ヾ 、 |  .| ,ィ' | /` ー-.|   |   .|  |  l ーY...|   /
         ヽ .,' .}   l |  |     |  |   !    〉 ハ`ヾヘ ,ィケ ハ〈      |  .{     |  .|  |  | |、   /
          ∧ | ノ  l 辷ソ   .|  |  .i   ,ノ   l.  `天´.  i  ヽ   .{   `i   .|__,ノ  |  イ |. 〉../
          | |.|...|   l  T|    辷j  .l  /   .ハ  /ハ',  ,'   \  ヽ、_,ノ   |1   .|.、_ノ | / /
          ヽj `´|  .l  .| ヽ   ,ハ   //     .ハ jソ  l.l ./     \ 「| |ヽ__,ハ  /     i/ /
           ',  ∨ l /ーヘー/..| iニニj ト、       .ハ||   |l/        ./ |」_| ,ィト、   }ー7、,._  ,' ./
            ',ニハ三ヲ  ̄ ∨  !      \__      ll   ll       /  ヾ!/./|\  `´ー-| ./ /
            ¨   |  |`ヽ  /.,.|   .ハ  | ヾミ、   .llヘ /.ll    ,.イ     ,イ|||\ ̄ ー 才.l|,イ
               .|\|  `¨ ,イ |  / V |  `i\  ll ∨ ll  / |    / 1| |、|  \ ,/ |レ'l/
                 | | `ト、_/ | .|  /  V |  |  \ll /   ll /|  .|  / .l∧ ヽ      | |
               | |  | |  」イ| /   マ!   l   |l_ -‐'´l|  .|   | /  |  \ ゝ   ,ィ/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


140 :◆vsQyY1yD2Q
                                  ____
                                /      \
                               /  ─    ─\
                             /    (●)  (●) \
                             |       (__人__)    |  あの四人で良いんじゃないですかお?
                             \   ⊂ ヽ∩     <
                               |  |  '、_ \ /  )
                               |  |__\  “  /
                               \ ___\_/



          ,f"                            ゙l:、
          ,f"          ヒ,,__;:-'" ノ 〃          小 ゙l:、
          { i /ノ (   〃   、_,,,二ブ     }, , i       |小 .,}
          i; y/   ゞ    彡 ),/,ィ',イ,/   ノ,ノ,|; i;      :l | |l,i'
          7 ,;f 〃ゝミ三彡,ノ,;イf ゙v' (/〃'彡'彡ッ'゙いミ:、 :i   ヘツ
          ,{ ;{  ,,  _,;f"ー-ニ,,,__  い'''" ̄"__,;:=-‐'''''i; :| ミ:、 :トァ
         ..゙i、 {  ,i',i'.,k" -─モ・ナ=ミヽミヾゝ::-=ニモ・テ'ーァ''ソ人 い ゙li
           `'ン { レl小     ̄    ゙ `  `  ̄ "  ̄ノ,ト、 l i ,ノ  レイトンが苦労しそうだが……。
            '{ :、V、゙:|{゙i         l ::.         ,;{ソノl ツ,ノ
            ゙i、l、 ゙ヾi゙l; u       l ::::..       ,i'ィ'" ム'"    まぁ、それも罰か。
             `:ゝ、 ゙ミi        、 ,,;::''      /f'{ il(,
               ,ソノ ,∧    ...._____..____.....    /〃) )i      では、そのように話を まとめてくれ。
               (:i| :;i _l゙、     .,,,__,,,...     /|〃〃'"
                ゙i|ヘ,,ニ| `:、          ,r'":l ミL_
                 ,f '、,,  ゙ヽ、     _,,r''"_,,;-'二l''"
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__          j_,f゙''-ニー-ミニ====ニ彡'''":-''"l |        ______
   __,ィ''''" ̄ヽ          ,} ,i`i ,r'二`''ー:、`Y",;='ニ二ミ、 f''"i      ./ ゙̄'''=;zL___
 ̄ ̄ ゙li   _,,,L---r‐r--f"ゝ{. ゙ナ'"  `) | | .l| f"  イ、_j.l^;>-ニr:,,,∠,,,,,,__   )
     'li_;;<     i、 i、 ゙ヽ、゙ヽ、,,,,__,,.ノ .l . | :| ゙-,,_,,ニ=''"ノ ̄ フ,ノ─  _,,>、 /
'''""l" ̄l  、゙''ー-:;,,_  ゙i、゙i、  ゙ヽ、 ミ-ー'"j :| .l゙''ー-;ァ ,/   ノノ_,,ニ-''"  >゙'iー┬‐┬─
. 彡| 彡|  \    ゙''ー-ミ_ヽ   ゙ヽ ゙ヽ,r''",,='=、ヾ、,r' ,r'"_,,:ニ-ー" ̄   _,,,r''"  ト 1  1


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □


141 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,ノ:;:;:;.丿   ._
                  : ,-":;:;:;:;.ヽ―'"△~゙‐'△△ヽ
                r-,i´:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△△  △\   北の砦
                   |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△          △△''',! .,-,,,,_、
                  r'":;:;:;:;:;:;△: : : :   ○          ○:△△△△i、
             _,l゙:;:;:;:;:;:;△: : : : : :  カブノール   : _,/゙.,i´  : : : : △│
              ,-'″::;:;:;:;:;:;△: : : : : : :    :;:;:;:;:;:;:;:-‐''"_,●`    : : : : △゙l
          ,/゛:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : : : : : : : :,i´ : /'''": :ロンベッタ  : :△_,!
         │:;:;:;:;:;:;:;△△:;: : : : : : : : : : : : : : : :゙''''△: : : : : : : : : :     △|
            l゙:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;サマンオサ: :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△: : : : : : : : :    △丿
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;: : : ○ : : : ;:;:;:;. . . . . . . △: : : : : : :○ コスタット
            |:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;: : : : :  : : : :;:;:;:;. . . . . . . . . .△: : : :    △`'i、
         │:;:;: クレイク ○: : : : : : :::;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . △    △: : : ,l゙
         ‘!、:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;○;:リーマ砦. . . . . . △△△: : : :,i´
           \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;:;:;. . . . . . . . . . . . . △△: : : : : : : │
            `く::;:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;:;. . . . 、.'''',,,,,,.`く△△: : : : : : : : _,,i´
             `''┐:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;. .△゙i、゙l_○| エムローム _/:
               ゙l、:;:;:;:;:;:;:;:;△△△△:;:;:ヽ,__,,ニr": : : : : : : ../
                  ゙!、:;:;:;:;:;:;:;:;△△:;:;:;:;:;: : : : : : : : : : : : : : : フ
                   ゙'i、:;:;:;:;:;:;:;:;△:;:;:;:;: : : : : ::  :: : : : : : : :,i´  ↓ アルヘンティーナ


142 :◆vsQyY1yD2Q
【 数日後 ロンベッタ グリーンヒル邸 】
::;;;::;;ゞ:;:;;ヾ;:::ゞ;;::ゞ:;ゞ,',;:ゞヾゞ;ゞ
;ゞ::://;;;;;::::ヾ;::;;:;ゞ;;:ゞ;ヾ;::;;:;ゞ;;:ゞゞ
::;;;;;;;:ゞヾ::ゞ;;:::ヾ;ヾ;::;;:;ゞ;;:ゞ:;ゞ
::;ゞヾ;;::;//;;;;;;:ゞヾ;ゞゞ
;;:i; l;;//:ゞ;ゞ;:ヾ;ゞゞ
;|;:..|:/::ゞ
ii;;:../       /\                    /\
i::./.      / ロ ロ \=======皿===========皿 / ロ ロ \
:/     /VVVV\        合        /       \
    / ========= \_________/          \
     | |目 目 目| | [田]   [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |目 目 目| | .(;;.).  [田]   [田] .|    [田田]    |
     | |        | |(;;:;;:;;:)VVVVVV|              |
  (;;:::;;:;;.) |目 目 目| |;:;;:;:;;::;) l''"^"''l l''"^"''l|.   [田] [田]  .|
:::;;;:;:::::):;;;::;;);;;:;;) 目(;;:;;;:) |(;;.;;;.;);| |;;;;;;;;;;;| |;;;;;;(;::;;:;;;(;;:;;:(;;::;;:;;:)田](;;;:;:;;;:::;;::
;;;:;::):;;;:;::;;:);;::;);;;;):;);;;::;:;;:;;);;:;;);;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;| |;;(;;::;;:;:(;:::;;:;;;:;(;;::(;;;:::;;(:;:;;;:;:;:::;;;;;



            / ̄ ̄\
          /       \
          |::::          |
              |:::         |  ……いいんですか?
             |:::          |
            |::        }  僕を国外に逃がすなんて。
           ヽ       ノ
            ヽ    ノ
          /      \
          |         |
          |  |.      | |


143 :◆vsQyY1yD2Q
                      ,r ''.:.:  ,ィイ彡'"´.:. ``ヽ .:.:.::::::::::::::.ヽ
                     /"´ . : : : : ´¨``: : : : :::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::゙、
                    〃  . : : : : : : : : : : :, : :, : : : :: :;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                   〃  . : : : : : jii l l ト、 ', : '; .:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:',
                    l1 . : : : : : :jii l i トト、;;;;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
                     l1: : : : : : ィイリ 川 ヽト、;;;ヽヽ;;;\`ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,
                   /イ: : : : ;.ィイソ   '、ヽー====-、ミミヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
                 〃,': :.j ィイ  ̄二ニヽ   ';.:.:-モテ=`ヽ )ハ;;;;;,r‐ 、;:;;;;;;;j!
                 lハ{ i j j;;',  ィてテン.;,   ``゙゙  ̄`   !;;;;レイ !;:;;;;;;;!   孔明と共に君を巻き込んだ。
                   `ヾ从;;;;;',  "゙ ´ ,′:        ノl/リ ) ,!;;;;;;;;!
                    `ヾ从;;;',    ノ ,::.        ′ノソ/;;;;;;;;j!.    その責任だよ。
                         `゙゙j!   (  `::.:.        、_ノ;;;;;;;;;;j!
                          ノハ    `゙゙"´        /, j;;;;;;;;;;;j!
                        jハ    ー===…'    / ,゙ {;;;;;;;;;j!     君を死なせはしない。
                          ゙、   、 ___ ,,     / .,′ ;,;,;ッツ
                            ゙、        __ /_ /_ ヾツ-‐…┐
                  /´ ̄ `¨` ー-`ト、       /        .:. :.:.:.:.:::::',
                   //.::::',   ,.‐くソ ` ー=ニ,'.::::::.! .:r‐ '''"´rカ!.:.:: ::::::',
                 ,ノ/.::::::::i / ,r ‐-`y ´ ̄``y.:.::;:;;′.:l rカ `¨  .:.:.:.:.:.:::L.-‐
           ,   =‐-'´.:.:::::::::::::レ′ / /.: : /    l/.::;;;;;;′.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         ''"´  ̄   /.:.:.:.:::::::/    . : :/     /.:::;;;;;′.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   .: :
               / .:.:.:::::::::{           /.:;:;;;;;/  . :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    .: .:.
               ,′. .: .: .:. :.`ー--------‐ '´         .: .: .:.:.:.:.:.:.:.  . :.: .:.



    /  ̄ ̄\
  /      -‐'ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::      |.   そうですか……。
   |::::::::::::::   __´
.   |::::::::::::::    }   孔明先生、魔王の手先だったらしいですね……。
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |


144 :◆vsQyY1yD2Q

   / ̄ ̄\
 /       \
 |::::::        |
 |:::::::::::     |  でも、そんなのは関係ない。
 |::::::::::::::    |
 |::::::::::::::     }   僕は……何も見ていなかった……。
  ヽ::::::::::::::    }
   ヽ::::::::::  ノ    償いきれない事をしてしまった……。
   /:::::::::::: く
   |:::::::::::::::: \



             _,;r''"                      ゙i
            ,r'' 〈;;K〕       _,,;::ニ-ー-----=ニ::,,_ ,ノ
            {         ,,:ニf'l"    ;; :, ,,     `l;,
            ゙:、,,,___,,;r''i" i l | li   li li; li;;,,     ゙ii;
            _;f     ゙ツ,川;  l l l llli;i,  'lii;llliilllllliii;;;;;;;;,,,,liiiii}
             ら'"~  _,,ツ 川トミヾミミト,llllliii;;,''llliiillllllllllllllllllliiillll}
             {i" 〃ア~;;;ニ._゙ヾ__三ニ=-゙ミミ゙;iillllllllllllllllllllllllllllli}
             ゙i,{ ,{{ ゙i "モji:、 ;'" -''モj-=;,   ji;lllll''""゙;;llllllllllツ  ……それは、君一人が背負うものではない。
              ゙ヾミ、゙l;  ̄ l:: ::..'  ̄ ̄   ,ノツツ i'" ,ノlllllllツ
                ゙リ':l;  l: :::::;,_       ,;ツ' i ノ;illllli;'   僕も背負うべきものだ。
                  'l ゙:,__:-''        _,il-''";lllllli;'
                   'l; ー─--     ,,r''ノ ゙ミ;illlllli;;ミ;、
                   ''i;, ゙"""    ,,;r'' ,/  ツ'llliiツ l   聞こえていたよ、彼等との話。
                _,;:-''"~''i:,    _,::r'".:::: '_,;ニ-''''~~   :l
          _,,,,,,;;;:-ァ"ヽ  /~'===テ"ー、r''''""   _,:-ーi  :|゙'-::,,_
       ,-ス"    ,/,i' ゙i /   ,イ;"  ィ;i⌒l   r"_r=i-l  jL_  ゙'''ー-
      ,/",i'        ,;i'j  ,}    ,;f ノ  ,i' ノ ‖   レ-'''""    ゙''ー-
     ,/' ;l       ,l,j r'"l,    ''   ,:トツ  ‖   ,;:r''
    ./'  Lニ--ー   l,l "゙l;, `''ー----─''" ラ'  iLェー''"


145 :◆vsQyY1yD2Q

                    ,.'"´   .: .:.:.:.:::::::.:.``ヽ、
                     /        .:.:.:.:.::::::::::::::::::.:.ヽ
                  /           .:.:.:.:.::::::::::::::ノ
                   /    〈カ     .:.:.:.,,、、-‐.:;;;:;;ヽ
                 i          ,.‐'"´.:.:::::;:;;;;;;;;;;:;;::;゙、
                 ヽ       , ィ;;;: . :.:...:::.::::::;;;;;;;;;;;;;:;:::i
                   ル`.::.-‐.:ィイ.::;i!i;;;:; 、.:: :.:.`ミ、:;;;;;;;;;;;;:;:;:〈
                  /.: ::彳ソイ ノハ;i `トt、 `、.:::`ミ、ヾ:;;;;;;:;:;:;:;i   民の声が届く政治。
                 V,.:ィイ, -‐-‐、リ `ー _--、`ヾ.ミミ、;;;:;:;/
                    V.::;;, ィヒッラ:., .:;;<ヒッラ_ ::`;;:;r ,;;;リ    それが間違ってるとは思わない。
                   `ヾ;,    .:i       :: ,リイ l;リ
                        `i   /  ,       、_ノ;;{     でも、サマンオサには何もかも早過ぎた。
                     ',   `^"      , ス;:;;:;;ヽ
                        ハ   -ー- 、   /  iリト、;:;ハ    その前に やるべき事が山ほどあったんだ。
                      ′゙、  ー    /   ,' `V.::;.ヽ,,_
              _ _____,.ィ´.::ゝ     ,.イ    ,/.:.:.:::::::!::.¨`ー- 、 _
          ,.ィ 二 _ __ __  / .:i ,`""" ´<_, イ  .:.::::::::::::,!:::::::::::::::::::::::.:.:.:.``
        /^1           ,/  /^|/  ,イ ,イ  /.:::゙, /ヽ.::::/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.::.
       ./  i!ー --- ─一 /  i::;;;|   l/   V .::;;;:;;i ヽ/.:::/ .:.::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /   ;          /  /.;;;;;|  /i   / .::;:;;;:;;;|   /  .::::.:'"´ ー- 、:::::/´
      ./   {        ,′ /.:;;;;;;;;ト ----‐ '.:;:;;:;;;;;;;;;;;|  /   .:::   .:.::::::::::::::/::::::



                    ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
                ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
              ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
             〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
             レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
             l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
             リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}
           、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
           彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ   自分が文官に向いているとは思わない。
             V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(
                ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV.   でも、みんなが勉強できるようにするための
               ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ   準備だと思えば、がんばれると思う。
                    ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
                       ゙、        /   _ノノ:\     だから僕は、サマンオサで がんばってみるよ。
                   ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
                    `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
                   ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
                     / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
                  {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
                     い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
                 ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
                /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
                 /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
              /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|


146 :◆vsQyY1yD2Q

         __
.      / ノ \
.     / ノ   (―)\
    | (/) \   \    でも、大丈夫なんですか?
    |         ___   ヽ
      \  U   /'´   |.   僕を逃がした事がバレたら、ヤン達は……。
      \         /
.        \  ⊂ヽ∩
        /´    (,_ \
         /       \. \
.        /   /       |. \ソ
      (  y'      .|


                              ,.-──‐- 、
                           ,.'´        \
                           /         _,,、-ーヽ
                           /          ,ィ<    ゞ`,
                        !   <カ  ,.'´  `ミt、   ゙i
                        ,>、 _ _,,ィ´ ヽヾ      、_イ!   陛下も気付いてると思うよ?
                       ,イ   ,ィイハ、 ト、`三ゞ、  ミ彡ij
                         l/l/ ,N'゙ _,ィ ` 、__,ニヾー-、 ,r、,i〈   でも、献策と引き替えに見逃してくれた。
                        l/Vハ, 冖イ  `≡=、  ル' / j !
                            `i   j       '゙,イ ,ィイ.   まぁ、おかげで ニュー速で やる夫の
                            ヽ 、 ゝ<    .u / ノ爪リ    恨みを買ったかも知れないけど
                          /^(、  ̄`'ー=' /  イ/、
                           /   \_ _,/  _/Y  >、   収支で言えばプラスになるはずだから
                       _, イ´      /!`ヽイ`\! ,/ |   そう ひどい事には ならないさ、多分。
               _,,、-ー<二´ (´  ̄ ̄`ヽ  / i  j 「  ,!/  L _ _
             / ー-、    丿`ー----‐イ_/ 、」 ___,,、ィいヽ ヽ    ̄`''ー-、
            ,/     ヽ   ノ ` ̄つ   |ヽ       !  ゙,    ̄``ー- 、 _ト、
            /         L (  ` ̄つ   |´         !            / ヽ
          . /           _,イ  `二つ   |        i  「にk        /  i
          /      ,ィ''" ̄  ,,、ーつ  _」        !            /    |


147 :◆vsQyY1yD2Q

       / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.       / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
      レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
      レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
      |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--
      |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行_ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄
      |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\        レイトンの方は
      |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\       この件に関わらせていない。
      '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\
      ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ   彼は これからも
      |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ.   勇者達と共に戦い続けるつもりだ。
      |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \
      |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广  その足を引っ張る訳には
      |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //.   いかないからね。
      |         l ; /|  \{{  ー-=二ニ=-く'_/_}ー-、  ヽ_/ /// /'
      |        /, |   ヽ   \\  爪     \ {  | /// /
     |     l // |i    ',      \{ l,ハ      ';i  |'/// /
.       l     ///  ||     ',  l      \ヽ}     ハ |'// /     /
       .    //イ i l||      ヽ. l         | ̄ ̄ ̄「' | l|i/ /   /
        ',   / 八ハ l||       \       |      | | l|   /



               /.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
                ./.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
               |.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
               !.:.:.::::::く可:.:::::::::::::,、-‐─:;:;:.:.:;:;:.:;:;:.:;:;:;:く
             ,〉 .:.:.:..:.:.::::::::::::,ィ´.:.,、:.:、ヾミミミヽ ミ<.::`、;:!
            i.:.:.`ー----‐ィィハ、゙''ミミヾ:::ミミミヾ`ヾ ヾ.:.:;}
             {;;;;.:i.:.:::::,ィ‐イ;シ‐' `ヾz≦ニ'''ートト;:;,r‐、;:;;;;;!
              .l;;;;;::;;;::イ r''モメ`  "´''モテュ`` ソj.:! ウ1;;;ハ  だから できない夫。
              'ト;;;;;;;;ハ   '7  .: ``     リ::j! い,!;;ハ   もう何も心配する事はない。
              `ト;ヽ!    ,′.:.:.:.      / _ノ.::〈
               `ヾi!   `ー       /.:.:.::::::::::::i   君は どうしたい……?
                 ,.イ:',  -‐-‐一    / .:.:.:.::::::::::L_
        ,,,、、、-‐'''"´.:.:.::::::',   ー      / //.:.:::::::::::::::::.:.``'''ー- 、
      ,r'"´.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.ト、      ,.イ //.:.:.:::/|:::::::::::::::::::::::::::::::::
     ./.:.:.:.::::::::::::,r‐‐、:::::::::::::::::レ'`フ""´t‐レ'  l.:.::::::::::l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /.:.:::::::::::::/  /.:::::::::::::::::1 ,イ1   i ト、 ;!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ./.:.::::::::::/    /.:.::::::::::::::::::|  川   | l リ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/^ト、.::::::::::::.ヽ


148 :◆vsQyY1yD2Q

                -‐ -
               ,  ´      ` 、
            /             ヽ
            .′              i
              ,   ___   -- 、:
          {   ´          }
                  (ー )  : (ー )|
                   {    i   ……続けますよ、人助け。
            :        _ }     :
            、  、   __,  /
             .、} \   ̄ ‐   /
          ∧\ ヽ、_  /
         /ニム  ヽ      |}マニ=- _
    _ -=≦ニニ|ニニム   ` ┐_〈  ト、ニニニ≧-
    ≦ニニニニニニiニニニム   :i:::::::.、 }ムニニニニニ
    ニニニニニニニ|ニニニム、 .' ー‐'::. !ニムニニニニニ
    ニニニニニニニ ニニニニムヽ ::::::::::::.'ニニ=マニニニニ
    ニニニニニニニニiニニニニム \::::/ !ニニ7ニニニニニ



                                     /;j
                                       /:::ll    .     ∧
                                    /:::://i  /     /: |
                                  |;;::::,/ .|l / ,/   / : |
                                  |;/ .|,.!.|/''''‐ 、/ :.  /
                                 ,,,r‐''´ ̄ ̄::`、,, .、.ヽ`,`、:: . /
                            / ̄ ,,,;;;;:'"~  l、 ! i i i.ヽ`,  ./
                           |l/ '^     . |:::. i!i! .i |.|||-‐l´
                           /       ,::::/::::  .i!i!|.|.|| |./
                         /      ,,r''"  _,._-':::: |ノ,....| `、_,
                        /    .   / / ‐、:lljiノ≫'"lー'| 、、`,ー-
                      /    ,.     /:::::::::  `'" .  l.l. l.|llヽ
                       ,. '".'  ,.. -‐'"   .. .'   ,/     ..l.l i! i |  ブルル…
                      ,|   /.ヽ,  /    ._、,,,,,r''::'      /l/ノ ノノ
                   l:|   .,:':':':';';'. ' .・'´ . ゙;'::::::::      //ノ
                     〈/  ; " ''''.'  、........::::'';;::::::::      //||
                  ,.. l、   `''''~_,,.-―;::::::::::::::::::::  :::::::::.//|.||
               _,..-'" 〈`、_,_;..-'" .-‐'':::::_::::::::::::::::::::::::///l,| ||
             ''"::::::    \';;;;::::;;;_.r‐'''''´ ̄  ̄`ー、__,-'"::/./| .|| ヽ
              ::::::    :;': :::::::::::: /:::       :::::::::::::::::/ /l.l ll   \
              ::::     ;': : ::::::::::/::      .    ::::/..///ノ/l     `ー
              :.:   .:..;:': : : : ::: /::          ::/ /ノ/ '/
                :::;:': : : : : : :/:.           / // _/
              ., ‐'"   :::::'/.           / ./ /

                            / \        _
                            |   ト、_ _ /   |
                            || /::::::::::::::::::::ヾ.  /
                            Y:::::::(⌒ Y ⌒)::::V /
.                              |_> ● 人. ● <|   く〜ん……。
                            彡  / __\  ミ
                                 彡  {{ ▼ ,)} ノノ\、,
                            彡    ̄  ̄     ミ:::ミ≧── ----------- ─ 、,
                                   彡          ミ::::ミ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ 、
            ;;;;;;;;;ヽ.     ,、,、、、        .ミ         ミ:::::ミ : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::: ヽ
          //;;;;;;;;;;ヽヽ    >-,〉       彡      ミ::::::::::ミ : ::::::::::::::::::::::::::::::,'::::::::::::::::: ノ::::   ミ
         ///;;;;;;;;;;==ヽヽ,,,,,-,',,,,,,,,了 コケー   彡    リヾ::::::::::::::ミ : ::::::::::::::::::::::::::::::::ミ::::::::::::::::::::ノ:::::   ミ
         |l!゙   ''!illllli゙/  ノノノノノl.        彡リヾ:::::::::::::::::::::::::ミ : :::::::::::::::::::::::::::::::::ミ::::::::::::::::::::::三    ミ
         |l    ゙!il!゙/    ./ノノノ         彡. :::::::::::Y:::::::::::::( : ::::::::::::::::::::::::::::::::::}从::::::::::::::::::三:   ノミ
              ヽヽ,,,,,,,,/ノノノ.         从:::::::::::|;:;:;:;:;:;ミy::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::从⌒`ミ从从::乂从ミ
               ヽllノノノノノ             从ノ;:;:;:;:;:〃yソyソyソyソyソyY^        )\:::::::ミ
                 |/.|/                    'ー─'´                    'ー'ー─^
                  ´k´k



         / ̄ ̄\
       / ノ  ⌒ \
       |  (⌒)(⌒) |
       .|    |   |      見て下さい、この子達を。
        |   __´___  j
        |   `ー'´  }  っ  あの日から必死に戦って、戦って、戦って……。
        ヽ       }
         ヽ     ノ        でも結局、僕の手で救えたのは この子達だけでした。
         /    く
         |     |
         |     |


149 :◆vsQyY1yD2Q

             ─ -
          /      \
           , '          '
        /            |
         i ∧    ヘ      |
        |               |      この子達の飼い主、見付からなかったみたいですね。
.         ( ●) ( ●)     |
                     {        僕が連れて行きます。
           |        ハ 、
           ヽ 、`_ ノ   ./ / }..\   この子達と一緒に旅をします。
         , -.\     / /  l::::}::::..... _
       /i::::::::::::l:::i. ̄、 ./    l:::::i:::::::::::::, '::ヽ
      /:::::i::::::::::::l::::l  〉∧   ./:::::l::::::::::,:::::::::::::ヽ
     /::::::i::::::::::::l:::‖./i:::::iヘ  ./:::::::l:::::::::i::::::::::::::::::l
     /:::::::::i::::::::::!::::l.∨.{::_::}∧/::::::::::l:::::::::i:::::::::::::::::::
    /::::::::::::i::::::/:::::|   l::::::l  ./::::::::::l:::::::::i:::::::::::::::::::
   ../::::::::::::::i::::/::::::l  l:::::::l  ./::::::::::::l::::::::i::::::::::::::::::::
   ./:::::::::::::::i::/::::::::l   l::::::::l /::::::::::::::l::::::::i::::::::::::::::::::



              _   -‐ … ‐-
.            ´           ` 丶
.        /                    ヽ
        /                      ‘,
.        ′           __ _     l
       l   _        '´     `    !
      l  '´   `                  l
.       l           ,ィ=≠ミ       !
        l  ,ィ=≠ミ                    l
.        l         l             l   今度は ちゃんと人助けをしてみせますよ。
       !       l                 !
.       !        l             l   しっかりと、助ける人を見ながら、僕の手で。
         l       ヽ            l
.         l                     l
         l         __    -‐ ´       !
.           l      ̄            / l
.           ヽ                    /   l
            ヽ                /    !_ _
.              ヽ        /  /   トー \> 、
             _`l ー -        /    !    .〉  > 、
          _ -=≦/|                 /      > 、
..   _ -=≦   /  ノ                /
  /         {


150 :◆vsQyY1yD2Q


   それから、できない夫の名が歴史の表舞台に上がる事はなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                             ___
                                 , ´    `、
                              ,'        ヽ
                               |        |
                               |        |
                               l        |
                            V>'´ ̄``>
                         ,. イ///////////,'>x
                          \>'´/////`i<//
                       _,. - イ////////////> - x_
                     l´/////////////////////////7
                       l///////////////////////////l
                     l//////////////////////////,'!
                     l///////////////////////////i
                     7//////j///////////////////,'!
                     //////V/////////////∧/////j
                     l////7 j/////////////i |////,j
                    ノ/////!.ノ////////////八 !////,j
                      jV/>'´////////////////ヽ////,i!
                  /ニニニニ--z/////////////////\///|
                  !////////j/////|//////////////7〉77X_
               _, イ////////,'//////ハ(//\//∧////,'//////ム
               {////////////>x///>'´:i:i:i:ヽイ:i:iV//////////!
               ``ヽ///////,j|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i////////> '´
                    V////,7j:i:i:i:i:i:i:i:i:i:r-V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V/////}
                   `丁´ Vl:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|  Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!Y`` ‐i
                     {  >.}|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;|  V:i:i:i:i:i:i:i:i:!〈 (  .|
                     l /ト-!.!:!:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   V:i:i:i:i:i:i:i:i .フテ j
                    ヾ、ヽノ!:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!   .Vi:i:i:i:i:i:i:i  l_ノノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           ただ、どこからともなく現れて精力的に人助けをしていくと言う

                           『流浪の聖者』 の伝承が各地に残るのみである。


151 :◆vsQyY1yD2Q
ー┴ー[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴─:[__]─┴
 ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄
      ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.: .        ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.
      ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.: .        ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
___||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||::.__
ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::.ΤΤ
|||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::.||
⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::.⊥⊥
──‐l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l──
__/___/___/___/___/___/___/___/___/___/
___/___/___/___/___/___/___/___/___/__
/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__
_/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__



                             ,r'゙  .:.:.::::;:;:;:;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;.:.ヽ
                            /    . :.:.::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;.:`ヽ
                              /      . :.:.:.::::::::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:!
                             ,レ' //. .:.:;;;:;;,ィイハ;:;トト、;:;;;;;;;;;;;;;;:;;:;!
                          / 〃 .:.::jノノィイィシ ^トト、;:;:,、ミミ、;:;;;:;:;l
                           i.:::/ .ィイイソ -'一.::'' `ヾ十- ミ;:;:;;;;;|
                             V .:〃彳;!  r fテシ.::'  /fテュ, .};;;;;;!
                           V.:/ハ;;;;|    "´  〈``  ィイノ   できない夫。
                               Vト、リリ,         i   l,/´
                             V;ツメ      ー-'   ,/     立ち直ってくれるといいが……。
                              i.:;;;リト、    - ー‐-  /
                             ハ;;!. ', `、     ー  /iヽ
                               /.:::::L,,_  \ __, .イ ノ::::`、
                            ,.イ:::::::::::::::,ヘ‐r─ 、-、--、レヘ:::L
                   ─‐----‐''´.::i::::::::::::::/;:;;;リ   ト、ト、 i::::::::::::i:.`''ー-、、、_
                   .:.:.:::::::::::::::::::::::::ト、:::::::/;:;;;;;;;|   l l1 /:::::.:.::::|:::::::::::::::::::::::`¨`
                   :::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ:/;:;;;;;;;;;;|   | リ /.:::::::::::.::|:::::::::::::::::::::::::::::::
                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;::;:::::::L    ,/.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


152 :◆vsQyY1yD2Q

         , -‐.:.::::::::::.:.:- 、、
        /.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.`ヽ
       /;:;:;::::::::::::::::::::::::, -‐- 、:ノ
       !;;;;;;;;;;;;オ::::::::,ィ´  l ト、`ヽ.
       ヾ;:;;;;;;;;;:,.ィニ彡,ィィノ リ ト彡
       /`" ミゞィ;≦ィィ"´  ヾミ彳
       V ィ.:イ´ rtモァ´  ,斤、,'.:.::!
        〈  い!        ' `` リノ'′
        ゙7、Vハ     .j  /   ヤン、ちょっと いいかしら?
       〈.:,ィイ ',   ‐ -  /
       _/:::::::.:.:ヽ. 、    ,.イ
   ,. '"´.:.:.::::::::::::::::::V><::ヽ
 /.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::V   ゙,:::L
.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.`ー‐'.:::.::::.ヽ、
.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



                            /                    \
                          /:.     〈カj   ,.ー- 、_ _      !
                          !;:::. .       /  . :. :.; ;: ;; .:. .``ー-、j
                          ヽ;; :. . __,.イィイ ハゞヽ、. : ;; :; :;:; . .  ヾ
                           Y/;:;:;:;:;;〃ノン' ノ'  い゙:、ヾ'、;:ヽ、;:; :;. .: ヽ
                           ,j;:;:;:;:;:イ::''´ ̄``ー 、'  ー''"´_``、;:;:;:;:、  ;!
                          /:::;;:;:;:;;j:::. . .〈じニゞ,i  ,テラー、`,!;;;;;;;; . ::;!
                          ゙、j:;;;:;:;,:!::::.:. .   ´ l   `    .!;;;;;;;;;;;;;ソ
                           /;:;:;:ト;:!;::::. . .    , ‐、      j;:,イi;;;;;;!  あ、ああ……なんだい?
                           `、;:;:〉ハ!::::.:.:.    ー      ,リ j !;;:/
                            j/;:ヾ ,:::::::.:.   __      ソ ',::;/
                            リ;;;:;:;:ト、:::.:.:..  〈二二ヽ   /,イ;:!'゙
                           ,rー- 、リ:\::.:..  ´ ̄ `   ,/;;:;!'゙
                           /:.: . ..  `ー- ヾ::..   ̄`  /|ソリ
                        ,r‐' ー ‐- 、_   `ー─‐''"   ,!、
                       ノ::::.:.:.:.:.. .:.:. .. . . ̄``ヽ、TY⌒ヽ'´ ̄|               ,rー-、_
                      /;;;.:::::::::.::::::::::::::::::.:.. . .. . . .\       j              / ,    `ヽ
                     /;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::.:.:...: ..:.: . . .`^ヽー、/l__           ,r' /     l
                    ,/;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..: .: . . :. . .  .  . ``ー‐- 、    /ソ '´      ゝ、
                   /;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..: .:. :.. .. . . .     ``ー、/     _,r'"´ ̄ ̄`ヽ
                  ,/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:...: ..:.: . . .   , . -─ '´
                  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. ..: . . .
                  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. . . . .
                  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:. .. :. .


153 :◆vsQyY1yD2Q
   /,          `ヽ、,_ `ヽ.
  / 〃        ,   .r〜ヾ;  )゙;
 i゙ 〃    、__;;ェ'′  .|   i:  、',_l _,
 |  "   彡`ーェ.,ィ ノ ;リ   il  ミェテ
 ゙:、  、'ュ,ニ" `‐-;テ‐'゙ '′  ゙ゝ、ー彳
 _ノi゙,  ミニ彡,ィノ、、,,_   ,ィニ"_ 「リノ
  |:'    イ ´,ニr=t    で:ン゙ レ'′
  ゙!  f'^;、!.  ー゙‐'′   ',   ' ';'    その、ニュー速で商会から あなた宛に
   ゙ゞ! ゙ヾ'、゙  ' ' '    . 〉   ;'
     `(i`ーi.、.u   _.....,  ,'     こんな物がダース単位で……。
     ,)代l \    `ー'゙  /
     i゙(、iリ  ` :、,   `´ ィ'、
     /.::::`::-.、,_   `''ー-イ ヽ::゙:ヽ、
   _,/,;:::::::::::::::::::`:r─-、ィ'''^゙ゞi, f、L,,_
-:''"::::::::'::;;::::::::::::::i'i|    ゙「ヽ  ヽ!l::| ;::::`:ー
::::::::::::::::::::::::'::::;;:::;i l|    ゙い  iノ::l ;:::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ゝ、__,,..、-'゙.:::::'::::::::::::::


                             { ̄ ̄ ̄ ̄}
                              (====)
                             }-───-{
                              /..::::::::::::::::::..\
                          /.::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                           ├──────┤
                           |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
                           ||  ´ ̄ ̄ ̄ ヽ ||
                           || ファイトいっぱつ.||
                           || ゝ        ノ ||
                           |l  `ー‐---‐   ||
                           │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄│
                           |ニュー速で商会.|
                           ├──────┤
                           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                          ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´


                                              _,.、-‐''''"""""""'''ー- 、
                                            ,、-''゙             ヽ
                                            /  ,へ     ____..:.::::l
                                         /    ゙ー' ,、-‐''"´、 、__ 、_ ``'〈
                                          l     ,.-'゙、 、 ゝ、`  、` `、 ゙:、
                                         ゙、_,.-'゙ ,小、ミミ、'ー゙ニ'ー`ー`:::`ヾ:ヽ,::';
                                          リ,  r<,'_゙、`` _ッ=,ニ,、`゛`!::::,:- 、:::::::l
                                          'ハ、、ト (で!>i ´ 、:゙‐'::'  リ ,!/'i l:::::/
                                                l  ´ノ 、  `    ノリ > !:::i゙
                                             l  i.. ,...':    u. /゙,ニ-'゙::::ト、
                                                ゙、  r─- 、     / !、:::::リ
                                              ゙、  l,Z二ノ   / ノ;''"^:、
                                               ゙、 `二´   / ,.r'゙..:.:.:.:::::::゙:、
                                            ,、-',ニ\__,.、-'ニr''゙  /゙、:::::::::::.`ー- 、
                                        _,,.、-''",ィ 「  f" `7´   |゙:、 ゙、/.::::::::::::::.:.:...
                                      ー''" '''"´  l ハ !        l::::゙:、 ':;:::::::::::::::::::::
                                              l,' ヾー- ..,,,.. -‐'゙::::::>;'/`ー-- 、,,_


154 :◆vsQyY1yD2Q


      ::;;;::;;ゞ:;:;;ヾ;:::ゞ;;::ゞ:;ゞ,',;:ゞヾゞ;ゞ      \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
      ;ゞ::://;;;;;::::ヾ;::;;:;ゞ;;:ゞ;ヾ;::;;:;ゞ;;:ゞゞ    ≧                             <
      ::;;;;;;;:ゞヾ::ゞ;;:::ヾ;ヾ;::;;:;ゞ;;:ゞ:;ゞ       ≧  謀ったな、ニュー速で やる夫ーーーっ!!  ≦
      ::;ゞヾ;;::;//;;;;;;:ゞヾ;ゞゞ           ≧                             ≦
      ;;:i; l;;//:ゞ;ゞ;:ヾ;ゞゞ            /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒W⌒Y\
      ;|;:..|:/::ゞ
      ii;;:../       /\                    /\
      i::./.      / ロ ロ \=======皿===========皿 / ロ ロ \
      :/     /VVVV\        合        /       \
          / ========= \_________/          \
           | |目 目 目| | [田]   [田]   [田] .|    [田田]    |
           | |目 目 目| | .(;;.).  [田]   [田] .|    [田田]    |
           | |        | |(;;:;;:;;:)VVVVVV|              |
        (;;:::;;:;;.) |目 目 目| |;:;;:;:;;::;) l''"^"''l l''"^"''l|.   [田] [田]  .|
      :::;;;:;:::::):;;;::;;);;;:;;) 目(;;:;;;:) |(;;.;;;.;);| |;;;;;;;;;;;| |;;;;;;(;::;;:;;;(;;:;;:(;;::;;:;;:)田](;;;:;:;;;:::;;::
      ;;;:;::):;;;:;::;;:);;::;);;;;):;);;;::;:;;:;;);;:;;);;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;| |;;(;;::;;:;:(;:::;;:;;;:;(;;::(;;;:::;;(:;:;;;:;:;:::;;;;;



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ____
       /      \
      / ─    ─ \.     人聞きの悪い。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |  美緒を、エムローム辺境伯に推挙してくださったそうですから
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ        ィヽ    幸せ おすそ分けですお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


155 :◆vsQyY1yD2Q
                         _
                       \ヽ, ,、
                        `''|/ノ
                            |
                     _   |
                     \`ヽ、|
                       \, V
                         `L,,_
                         |ヽ、)  ,、
                        /    ヽYノ
                       /   r''ヽ、.|
                      |    `ー-ヽ|ヮ
                      |       `|
                      |.        |
                      ヽ、        |
                        ヽ、   _ノ
                           ̄| ̄
                         / ̄ ̄\
                       /  ヽ、_  \
                       ー  ー    |
                      (__人__) @  |  いや、もう、大変だったでやんすよ。
                      (      .u  |
                         {          |  アニスさんから、ダークなフォースっぽいのが出ちゃって。
                      ⊂ ヽ∩     く
                       | '、_ \ /  )
                       |  |_\  “ ./
                       ヽ、 __\_/


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  …………。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     ____
   /      \
  / ─    ─ \
/   (●)  (●)  \
|      (__人__)     |  それ、「魔法戦士」 職の、「ダークフォース」 じゃないかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                      ,. -‐‐‐- 、
                     / !    u. ヽ
                    _,!-y-‐-、-、   |
                    ゞヽ}i⌒ヽ\ \ {
                    }〉ソー-// 入 ヽ、  ……はい?
                    >仝\//__,.ゝ、  >
                   o|ii_ii_:|oニ二三____,.>'
                ''''''} ̄~フハ      ;/;' /_,;,7'
               ;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,/' ,,/r'~`ヽ';
                 ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )

             ┌――――――――――――――――――――─┐
             | 後日、ダーマ神殿で確認してもらったところ.    │
             |                                    │       ┼ヽ  -|r‐、. レ |
             | 上級職 「魔法戦士」 の加護が確認されました。 │        d⌒) ./| _ノ  __ノ
             └――――――――――――――――――――─┘


156 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第129話 「新たなる序曲」 は終わりです。


今回のタイトルの元ネタは、『伝説のオウガバトル』 のエンディング曲 『Neo-Overture』 です。


これにてサマンオサ編は ひとまず閉幕です。

できない夫は、今後は 『流浪の聖者』 として活躍すると言う事で、このスレからは完全に退場となります。

下手に表舞台に出てくるとヤンの迷惑になりますし。



なお、できない夫達の当初の戦略ですが、これは全くの間違いと言う訳ではありません 。

王国軍の強さを正しく認識していれば、元・農奴達の士気向上と戦力増強を狙うのは当然ですから。

ただ、コスタットまで落とすのは収支があわない可能性も高いでしょうね。


見方を変えれば、速攻で戦いを終わらせるための手札が彼等には無かったと言う事でもあります。



ちなみに 「今は悪魔が微笑む時代なんだ!」 は、アミバではなくジャギのセリフです。



最後に 「ダークフォース」 についてですが

これは、DQ9の魔法戦士のスキル 「ダークフォース」 と
原作 「スターウォーズ」 の 「ダークフォース」 つながりです。

怒りのあまり目覚めてしまったのでしょうw

この顛末が どうなるかについては次回以降をお待ちください。



次回更新は、12/14(日) 20:00〜を予定しております。

12/7(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


                    ___
                  /__i_i__ヽ    ____ノ^ゝ
.    ダークフォース! > l|(,゚Д゚.)|lノ´ ̄     / /
                 <_|ニ曲ニ|_>/⌒ー´ ̄ 〈
   , , , , , ,,, , ,,,, ,,,,,,  ,イ」l」l」_入,>′       )
   ,'========mと二{三/i_|ー‐¬--ヘ、 /
   ' ' ' ' ' ''' '' ' ''' '''` ̄ /`,叉´.]、\      ∨
                  /フ7 ヽ|'「|_ト、 `ーァ
               ∠_/  〈__`> `〜′


第128話へ     5 第130話へ

スター・ウォーズ リボルテック SERIES No.001 DARTH VADER ダース・ベイダーダンガンロンパ霧切 3 (星海社FICTIONS)
スター・ウォーズ リボルテック SERIES No.001 DARTH VADER ダース・ベイダーダンガンロンパ霧切 3 (星海社FICTIONS)

この記事へのコメント
異世界の勇者、歴戦の将軍、アリアハン紳士も恐れおののく調味料祭り
Posted by at 2014年12月01日 21:43
サマンオサ篇もこれで一段落かぁ。
もうこの策謀渦巻く銀英伝のメンツとお別れと思うと寂しいな。
Posted by at 2014年12月01日 21:59
殺す価値があってもなくても、処刑すべきだったと思うなぁ…
Posted by at 2014年12月01日 22:00
できない夫の落としどころは予想通りだが…
ベーダー卿が覚醒とは予想外、実に面白い
Posted by at 2014年12月01日 22:04
結果だけ言えば、ラインハルトは自分で骨折らずサマンオサで二番目にでかい(さすがに最大はボストロール関係)血筋しかなくて能力が皆無の門閥貴族の排除っていう懸念材料を、できない夫騒動の解決の副産物で解決しちゃったってのと、
人材マニアな性格やヤンを確実に抑えることができるだろう、って計算込みでのできない夫見逃しなのかもねえ
本人の能力はシンボルにこそなれても実務やれる孔明、ヤンありきの革命軍だったからその二人がいなくなればまた反乱を起こすこともないだろうし、
今回の会話とうの報告聞いて牙は完全に折ったとも判断できるだろーから

今回、やる雄が4人パーティー結成したけど
ギャラない夫や、きめえ夫が4人パーティー組むことになるのはどんぐらい先だろーな
Posted by at 2014年12月01日 22:16
退場なのかあ
会わせる顔がない夫とかになって再登場しないかしら
Posted by at 2014年12月01日 22:21
確かに何一つ理解できてなかった罪は重いし、しでかした事から処刑は残当なんだけど、
人間サイドは兎も角、仮にも『勇者を処刑した』ってのは魔物サイドに何かしらのメリットできそうで拙い気がするから、マクロな視点からすればこれが落としどころなんだろうなぁ
Posted by at 2014年12月01日 22:22
できない夫は、フランス革命で「民主主義」が達成されたとでも思っていたのだろうか。
確かにフランス革命は民主主義の「芽生える切っ掛け」ではあっただろうが、第一帝政までの6年間は内ゲバに恐怖政治に内ゲバだったし、結局第三共和政の成立まで約80年かかったことを、学校で習わなかったのだろうか?
結局何も見ていなかったあなたに、この言葉をあえて贈りましょう。
「多くの者は、自分が見たいと思う現実しか見ない」
Posted by at 2014年12月01日 22:57
>仮にも『勇者を処刑した』ってのは魔物サイドに何かしらのメリットできそうで

煽りで言ってるわけじゃないってのはわかって欲しいんだが、
「何かしら」って、もう少し具体的にどんなメリットが魔王サイドにできうる?
サマンオサが処刑したとして、反乱の首謀者を処断するのはむしろ処置としては当然であって
まったくメリット、ないし付け込む隙になりそうな要素が思いつかんのだが……
Posted by at 2014年12月01日 23:04
やはり生きていたかできない夫
一度くらいは表に帰ってきて汚名返上してもいいのよ?
Posted by at 2014年12月01日 23:14
第三共和制=ヴィシーフランスだしねえ…
そもそも基本的人権を尊重した民主政治と言うけど、基本的人権の中でいの一番に認められあらゆる権利の根本にあるのは
財 産 権
で、反乱軍がやったのってその侵害なんだよね…
Posted by at 2014年12月01日 23:21
とりあえずヤンに一言……『ざまぁwwwwww』
Posted by at 2014年12月01日 23:28
あいかわらず幼女参謀アナ様が頼もしすぎて困る
抱いて!
Posted by at 2014年12月01日 23:30
学生なんて勉強してるようで中途半端な知識しかないって、よくあることじゃね?
できない夫が半端な知識で短絡的な思考をしてしまっても不思議はないと思う
だからこそ、DQ知識限定とはいえ、主人公の異常さが際立つわけだがw
Posted by at 2014年12月01日 23:32
色々と否定的な意見ばかりが出てるが、その革命が起きなければ今の世の中が無かったという事も忘れてはいけない。
俺なら正直言って、このやる夫DQ3の世界になんて生まれたくないね。
今の世の中だって、血筋や財産が人生を左右する、事実上の貴族制みたいなものかも知れんが、それを法で否定してるか否かは大きな違いがあるよ。

色々な挑戦を繰り返しながら少しずつ良くなっていくもんだよ。世の中は。
憎しみに呑まれたかもしれんが、このできない夫はある意味民衆の心理の代弁と言う役割を果たしたんだ。
その恐ろしさを知ったラインハルト王は、この先多少は彼らに気遣いして政治するだろう。

それだけでも価値がある。
Posted by at 2014年12月01日 23:42
少なくとも精霊が呼び寄せた人間なんだから
何か意味があるのかも知れない
殺したら不味いかも…と思っても仕方ない…というのはどうだろう
Posted by   at 2014年12月01日 23:51
ま、できない夫の精算も済んだし、これにてサマンオサ編もようやく終わりか

はたして彼の存在が必要だったかはわからないけど
対ボストロール戦に専念できたサマンオサ編というのを想像しても
それで面白かったかわからないんだよなあ
Posted by at 2014年12月01日 23:55
覚醒のきめぇ夫さんセイバーと仲直りしねぇかなぁw
アニス兄さんw上級職覚醒っすかw 感情の爆発が上級への鍵か?
Posted by at 2014年12月02日 00:09
やる夫はどこまで行くんだろうか・・・
そりゃロマリア・サマンオサ・アルヘンティーナ・シャーマン族全てと話つけるなんて離れ業出来るのやる夫だけだろうけどさ
とは言え、めんどくさいもん背負い込んだ代わりにエムロームの領主の立場とムーの高炉を手に入れてるわけだし
ってスー大陸のミスリル鉱山とサマンオサ大陸の高炉両方使えるのかこの饅頭は・・・w

できない夫は夢見すぎだよ
あのまま成功してても結局はフランス革命と同じ結末だったと思う
比較的流血を少なく、スムーズにやるには、王室や貴族、領主といった旧支配者層をある程度残しつつ、少しづつ権力を下ろしていくか、
革命後の聖剣が新たな独裁者になるしか無いんだろうか
貴族が王の権力を剥奪しつつ、やがて民主主義へと移行したイギリスや、
疾うの昔に権力を失いながらも強烈な権威を有していた(ってか今もそれなりに有してるけど)
天皇を担いだ地方領主の反乱により旧体制を倒し、制限選挙と全面戦争の敗北を経て一応民主主義国家となった日本、
共産党による革命により旧政権を打倒し独裁政権による統治を進めたロシア→ソ連、中国、キューバetc
独裁って統治が中途半端だとジャコバン派みたいに反動食らって潰滅するんだけどね
Posted by at 2014年12月02日 00:19
もっさんは結婚直後から別居なのか?
Posted by at 2014年12月02日 00:41
突撃後にはぺんぺん草も残らねぇ様なパーティーが結成されちまったな…

>もっさん別居
ルーラもあるしへーきへーき。
Posted by at 2014年12月02日 00:57
>伝説のオウガバトルより
サントラとアレンジCD持ってウノに気づかなかったぜwww

流浪の聖者か…。生きているだけdも奇跡とも言えるからなあ。
幸はないが平穏であることを祈っておこう…。
Posted by at 2014年12月02日 01:06
サマンオサ編は実に長かった。お疲れ様です。
Posted by at 2014年12月02日 01:18
この作品というか作風的に考えてまあ殺しはしないだろうとは思ってたから
大方予想通りというかキレイな落としどころじゃないかな
もう完全に退場みたいだし
そしてベイダーさん昇格おめでとうございますw

>もっさんは結婚直後から別居なのか?
まあルーラあるしそうなっても大丈夫じゃない?w
Posted by at 2014年12月02日 01:19
そもルターは
君民共治(統治者と民の間に利害がなくお互いを尊重しあう)が存在しないから仕方なく民主主義を選ぶと言ってるからな。
Posted by at 2014年12月02日 02:17
ラインハルトが「坂本には代官がいる」って言ってるから
おそらくメックリンガーを代官にして、もっさんはやる夫と行動を共にすると思われる
Posted by at 2014年12月02日 02:38
死んだことになってるから、できない夫を知っている人物がいそうな大きな町にはあまり立ち寄れない
町の外は魔物がうろついてるこの世界、一人旅は決して楽なものではない
もちろん勇者としての身分保証もないから、仕事も中々見つからないだろうし、どっかに定住するのも難しい
そう考えるとできない夫はわりと過酷な罰を受けていると思う
とりあえずできない夫は、まずは明日の飯をどうやって確保するかを考えないと
Posted by at 2014年12月02日 04:20
理想主義者の結末、確かに見届けました
きれいな思想だけで現実は回らないってね
Posted by at 2014年12月02日 06:54
今度はレイトンの胃に穴が開くな…
Posted by at 2014年12月02日 10:20
DQ世界の人たちには異世界人(やる夫たち)は皆同じような顔に見えるって言ってたし偽名使えば同じ異世界人以外はよく似た別の勇者だと勝手に納得するだろう…たぶん
さすがにサマンオサは難しいけどそれ以外なら大丈夫だと思うよ>>できないお
Posted by at 2014年12月02日 11:02
今は動物たちだけしか助けられなくても、いずれは人を助けられるようになるといいな。
というかアレコレと口を挟んでくる賢者より、ずっといい仲間かもしれん>動物たち
Posted by at 2014年12月02日 11:16
いやーこれで一区切りか。
Posted by at 2014年12月02日 12:29
銀英伝原作でイゼルローンの自治を認めさせたような扱いでエムロームを得たか。
どっちかというと緩衝帯としてフェザーンぽい存在になりそうだがw
しかしこのラインハルト王、将官は原作より良いのが残ったけど復興までの道のりがきついな。
資源資材不足の状況はむしろ同盟末期っぽい。
Posted by at 2014年12月02日 12:34
やる夫への褒美は与えすぎじゃないかな?
やる夫が当主でいる50年ぐらいは本人も誠実な人間だし大丈夫だろうけど、代替わりするぐらいの年月が立つともうエムロームは独立国としてやっていけるぐらい強くなってしまうよ?
もしサマンオサの復興が進んでいなかったらそのままその時代のエムローム辺境伯にサマンオサは乗っ取られかねないと思うけどな〜。
Posted by at 2014年12月02日 13:12
まあ処刑した後、玉座の間にリポップして死んでしまうとは情けないやってしまうと、
さすがのラインハルトも気まずいだろうから、仕方ないだろう

追放刑はえらいことしたけど善人だからそうされただけで、大抵はのたれ死ぬか食うに困って夜盗になってヒャッハーしたりする


あと、エムロームは地下都市だからそれほど大規模に強化はされないはず
人口を増やすために町広げるには穴掘らないといけないし、食料は地下通路を歩いて運び込まないといけない
道中の地下一階はモンスターが出るしね

やる夫知識で魔改造されて発展してきたら、ラインハルトも真似すればいいだろう
昔も長安を真似て平安京は作られたらしいし

Posted by at 2014年12月02日 16:48
>やる夫への褒美は与えすぎじゃないかな?
ぶっちゃけ王位は無理でも宰相になって実権握るぜ!くらいは余裕でねだれる功績
やる夫がいなければ王権回復どころか滅んでたし、部下でもサマンオサ人でもないから助ける義務もなかった
つまり善意の外国人であるやる夫への褒賞は、サマンオサ1国と同程度の価値があるのよと公言しているも同然
あとサマンオサ王が将来のエムロームを恐れるということは、「国を発展させる自信がありません、自分も子孫も器量はニュー速で以下です」と認めてしまうことになる
結局サマンオサがエムローム以上に強くあれるよう、ラインハルトと子孫ががんばればいいだけの話ってことだ
Posted by at 2014年12月02日 17:02
体裁は見繕っているけど、実際はサマオンサは滅んでいるのも同然でしょ
王朝の子孫と将兵が居るだけで
復興と言うより、王朝再興だよな
Posted by at 2014年12月02日 18:26
 多分、一番長いイベントだったよね、サマンオサ編って…
作者氏、おつかれさんでした

 にしても(汗)魔法戦士 覚醒 第1号が、アニス氏になるとは予想外w

 まーこの世界なら、闇系の特技や魔法使えても、特に問題ないかな?
9以降、ドルマ系っつーバリッバリの闇系魔法が、存在するようになったし
Posted by at 2014年12月02日 19:16
>エムロームは、サマンオサの武器製造を一手に担っており
 えっ、それ凄すぎね?
Posted by at 2014年12月02日 19:42
聖者(アバタール)かー
ウィザードリィを目指してるねこ夫と真逆の結果になった訳か
ロバートウッドヘッドVSロードブリティッシュ的な意味で
Posted by at 2014年12月02日 20:06
魔法剣士アニス
得物はもちろん「りりょくのつえ」w
Posted by at 2014年12月02日 21:40
ドヤが夫(魔王に寝返った 勇者という名の中二病) が使ってたよ ドルマ系。

だからDQ3のこの世界でも使えるんじゃないかなぁ…  
(個人的にはハルヒに この世界初のモンスター職(キングコブラとかピットバイパーとか)に覚醒して欲しいと思っている)






…にしても できない夫にも 分かりやすい処刑の形。 「ギロチン台」 が用意される展開はなかったんだね!
Posted by at 2014年12月02日 21:42
農奴からの人気は残ってただろうから、ラインハルトがその人気者を処刑して農奴の反感を買うより、
できない夫が逃げようとしたので預かり役のヤンがやむなく殺した、という形にした方が政治的に都合がいいからね
Posted by at 2014年12月03日 00:18
ついでに言えばヤンに恩を着せられるわけだからちゃっかりしてるよね。
やる夫に関しても長く接してれば殺して喜ぶ人じゃないのはわかるだろうし。   
Posted by at 2014年12月03日 00:28
今回のアナの活躍を見ていたら、アナとヴィクトリアがやる夫の"臥龍"・"鳳雛"ポジに
見えてきたなぁ。
Posted by at 2014年12月03日 01:17
もっさんは結婚しても坂本家当主としての立場を保ち続ける…って解釈でいいのかな
Posted by at 2014年12月03日 03:58
最近アメリカ史学んでるけど、世界初の民主主義政府の「自由と正義」がどれだけ欺瞞に満ちたものか。
奴隷制、人種差別、インディアン虐殺・・・。
州法レベルで人種差別関連の法が完全に撤廃されたのいつだと思う?60〜70年代だぞ。
建国から200年も経ってる。

散々前準備(フランスの支援等)をした米国でも建国から2世紀もかかったのに、
ただ市民革命を為しただけで自由と平等が手に入ってめでたしめでたしとかアホか。
Posted by at 2014年12月03日 06:06
『異界人が死んだ場合どうなるか』は割と物語の核心に近いかもしれない話だし、まだそれを明かすには早いってことなのかもね。
Posted by at 2014年12月03日 12:27
民主主義は古代ローマで完成しちゃったからね
あの国が1000年も持ったのは国民の異常な民度の高さであって制度じゃないし
カラカラ帝がローマ市民権を平等にと開放した結果労働者がいなくなり社会保障が崩壊して衰退したわけで
人間である限り行き着くとこはねって話で

民主主義やりたきゃ100年単位での教育とそこまで外交的価値を落とさないための象徴がいるからね
無知な民に政治を任せ象徴を処刑した結果が革命後のフランス、ロシアだしな

できない夫? 多少イラついたが落としどころとしちゃこんなもんでしょ
殺しても毒にも薬にもならないしその使えなさがエビルプリーストやボストロールの勇み足を招いたって考えりゃ恩赦はあっていいでしょ
Posted by at 2014年12月03日 17:50
民衆が始め、知識層が煽動して乗っ取り、戦禍を広げて首を挿げ替えようとする
までが暴動というか革命のテンプレよね。
例外は日本のお百姓さんで、彼らは落ち武者を刈るくらいには武力も影響力も持ってた。
おさるさんも怖くて刀狩して国で土地管理するくらいに。たぬきさんが武士の次の身分に農を据えたほどに。
そういう意味でサマンオサ反乱軍はなにがなんでもっていう個と我と欲が薄すぎた。
個人の理想と幸福の価値観を押し付けた出来ない夫が人助けというのは相手の幸せを考えない独善になりそうだけど、旅路の中でまっとうに苦悩してまっとうに苦労してまっとうに歪んで聖者になるのかな。
Posted by at 2014年12月03日 20:05
新生できない夫パーティ見てブレーメンの音楽隊を思い出したよ
…………できない夫がネコ?
Posted by at 2014年12月03日 21:05
…なんでこう政治談議みたいなものが蔓延るのかなぁ?

まぁ、それはともかくサマンオサ篇お疲れ様でした。


アニス義兄さんが魔法戦士になったのは目出度いのですが、顛末とか書かれるとめっさ不安になります。
そして、あとはパープルオーブか…。
来年には回収出来るといいな〜とか。
Posted by at 2014年12月03日 23:48
サマンオサの動乱が一応は終結して、ロマリアやアリアハンの反応も気になるところ。
サマンオサ編は長かっただけに後始末も大変だわ。

ひとまずは区切りというとこで、お疲れ様です。
Posted by at 2014年12月04日 07:06
オーブも揃ってきたしぼちぼち終わりまでの道のりが見えてきたかな
完結まで頑張って欲しい
Posted by at 2014年12月04日 12:14
結婚と言う名の鎖に繋がれちゃったなヤンw
Posted by at 2014年12月04日 14:03
>オーブも揃ってきたしぼちぼち終わりまでの道のりが見えてきたかな
アレフガルド世界「ほう? この私がたった数話で終わるとでも?」
Posted by at 2014年12月04日 17:02
アレフガルド世界で未来にローレシア、サマルトリア、ムーンブルクになる地域がないとは思えない。
Posted by at 2014年12月04日 20:38
レイトンが胃痛を抱えそうな 冒険者ビッテンのパーティーって…

「勇者」やる雄 : 盗賊( 精霊の贈り物 )、戦士、武闘家
ビッテン    : 戦士
レイトン    : 戦士、賢者
ヴァン     : 戦士



『 戦 士 し か い ね ぇ 』

なのにキル子パーティよりよっぽど安定しているように見える不思議。
Posted by at 2014年12月04日 20:38
>オーブも揃ってきたしぼちぼち終わりまでの道のりが見えてきたかな
………スマン、『ぼ っ ち 終わりまでの道のり』と一瞬読んでしまった
Posted by at 2014年12月04日 23:33
>『勇者を処刑した』ってのは魔物サイドに何かしらのメリットできそう

喪黒とかが人間サイドに『異世界勇者はこちらの常識からかけはなれた常識を振りかざす。彼らに触れた大衆が、大勢死んでしまったのは事実。不必要に近付いてきたら殺すのが妥当』とか流言で煽れるネタが出来たくらいじゃね?通用するとしたら、エジンベアくらいかww
Posted by at 2014年12月05日 07:01
「新たなる序曲」って銀英伝の映画にもあったから、てっきりそれが元ネタだと思ってました。

>できない夫
サクっと処刑しておしまいってのより、一生放浪しながら罪を償い続ける方がよほど重い罰でしょう(聖者なんて呼ばれるのは本人も望んでなかっただろうし)。やる夫たち異世界人の心情を考えても妥当な落とし所ですね。

>アメリカ
白人警官が黒人の容疑者を殺してお咎めなしとか、今でも人種差別が横行してるじゃないですか。
Posted by at 2014年12月05日 16:59
できない夫のやってきたことを見ると、

門閥貴族の排除、農奴の生活向上、魔王軍のスパイ発覚

リュカ家取り潰しの危機、サマンオサの人的被害、アリアハンの面目潰し、異世界の勇者への疑惑

あくまで結果論だがよかった面もなくはない、
ラインハルトはいろいろ被害を受けているが統治に邪魔な門閥排除ができ、
アリアハンは形はどうあれ死亡という事で落とし前はつけれて、
他の勇者は功績を挙げているから大きな問題にはならない、

最大被害者のリュカ家が納得している以上、処刑無しの決着もありか。

最後の笑顔は気に食わんがなっ!w
Posted by at 2014年12月05日 23:01
コメント見ると処刑>追放な感じだったけど……
どっかで見た台詞。ロミジュリからの抜粋だったかな?
"追放だと? 慈悲だ、死罪と言ってくれ、追放の先に見えるは恐怖、それは死よりもなお恐ろしい。"

実際、行く当てと再就職のコネか退避させた財産あるような人でもないと、追放って直接手を下さない拷問殺人だと思うんだが。
Posted by at 2014年12月06日 00:15
信賞必罰は世の習い。混乱の極みに陥れた糞がそのままきれい事のままフェードアウトってのは読後が悪い。なんぼ死人がでん作品でも、きっぱりころさな納得出来ん。
Posted by at 2014年12月06日 02:06
追放は社会基盤を失うって事だしな
蓄えや行くアテがあればともかく、そうでなければ単独で住処を探し自給自足するか野垂れ死に
できない夫の場合は動物達のおかげで死ぬ事は無さそうだけど

余談だけど、実際死にに行かせるようなものなんで
アフリカで生まれた人類が新天地を求めて世界に広まって行ったのは
自ら集落を出る開拓者は少なく、漂流者や追放者の方が多かったのでは…という話もある
Posted by at 2014年12月06日 10:32
できない夫はもうサマンオサには居られないけどスー近辺やアルヘンティーナあたりで生きるんだろうか?ルーラ使えないだろうし
それとも船に乗ってロマリアやポルトガに渡って人助けの旅を続けるのだろうか?
(馬車、動物とくるとロマリアに居るレミのような孤児と旅するハウ〇名作劇場のような展開がw)
Posted by at 2014年12月06日 20:27
できない夫が願った民主主義って

ようは、アフリカのまったく教育の行き届いてない国で現政権や特権階級の人間全員消して
残された一般人で国を作り直すようなモノだよな

まぁ一時的にはよくても続かないわな

革命して民主主義なんて、その国の子どもを最低でも数十年レベルで全員教育して
知識を身につけさせた後でないと成り立たないもんな

しかも現代みたいに比較出来る各国の細かい法律やら考え方が勉強できる環境でなく
どこの国も民主主義なんてやってないから、1から作り出さないと行けないけど
政治法律に詳しい現代人が居ないと、結局今までの国のやり方を国民よりにした所で落ち着くだけだろうし

それなら偽王討伐に動いて、貴族の仲間を増やして法律の見直しぐらいに落ち着く方が現実的

現代のアフリカでも、エボラ直そうとする医者を攻撃したり、隔離してる所に突撃してくるし
結局教育を受けてない無知な人ばかりの国は、上の人間が消えると国が無くなるだけだろうな
Posted by at 2014年12月07日 04:14
個人レベルでは善人なんだろう
まったく器にあわないことをしてしまったのがよくなかった
Posted by at 2014年12月07日 05:45
とりあえずアニス義兄さんが格好良かったので
バン○イのベイダー卿プラモデル買ってきて作った
うん、まんぞく
Posted by at 2014年12月07日 09:33
民主主義の作り方。
私が言うならば、「真理がわれらを自由にする」を実践しましょう、ですか。

では真理を得るにはどうするか?
それが教育・勉強・研究な訳で。
日本の学校もその為の存在なのですけどね。
学歴やら労働力の為だけではないのです。

ちなみに上「」内の元ネタは国立国会図書館法の前文ですが、もう一つ紹介します。
作者さんは既に知っているかもしれませんが。

 社会と個人の自由、繁栄および発展は人間にとっての基本的価値である。
このことは、十分に情報を得ている市民が、その民主的権利を行使し、社会において積極的な役割を果たす能力によって、はじめて達成される。
建設的に参加して民主主義を発展させることは、十分な教育が受けられ、知識、思想、文化および情報に自由かつ無制限に接し得ることにかかっている。
(ユネスコ公共図書館宣言より)
Posted by 只野人 at 2014年12月07日 10:16
戦士はHP高くなりますからな、回復手段があるなら安定するのも当然ですな(そういう事ではない)
Posted by at 2014年12月07日 10:20
ってかできない夫って勇者認定焼き捨ててるから公式にはもう勇者じゃなくてただの反逆者だし。
Posted by at 2014年12月09日 00:43
気になるのは本来のシナリオからどれだけずれたのか聞きたくなる絶対悪の人が簡単に排除されたりと端折った部分があるのがなんとなくありそうでできない夫も本来はどうするつもりだったのか…それとも筋道通りだったのか作者さんに聞いてみたいね
Posted by at 2014年12月10日 17:29
追放は本気でキツイな。
今の自分に置き換えてみればいい。
住所不定無職だぞ?それだけで警察の逮捕要件を満たしてる。
どこの組織にも所属せず、明日の食い物すら確保できるかどうか。
その中で魔物とも立ち向かわなきゃならないなんて、いっそって思う。
Posted by at 2014年12月11日 01:09
転がる石は磨かれる
磨かれた結果、ちんまりとしたものでしかないくらいに削られたとしても
磨く前より価値が出る時だってあるさ
Posted by at 2014年12月11日 22:35
小難しく物語について考えるのはNOで。

見方によってはできない夫は運が悪かった。

やる夫たちは運がよかった、ただそれだけだね。

できない夫の方は完全に退場したけど、これから残った者はどうなることやら・・・
Posted by at 2014年12月14日 21:06
そういやアニス義兄さん、この世界の人間で初の上級職か?
Posted by at 2014年12月15日 16:52

いや、この世界の人間という区切りなら、美希の方が早い。
美希(スーパースター)、お断りします(パラディンかバトルマスター)と続く3人目じゃないかな。
Posted by at 2014年12月15日 18:22
やる夫、それは『幸』じゃなくて『辛』を叩き返しじゃね?
Posted by at 2014年12月15日 19:41
77さん、ゆとりやお断りを忘れないであげて下さい。
Posted by at 2014年12月15日 19:42
それにしても賢い幼女のアナは強い、萌え的な意味で
Posted by at 2014年12月16日 00:49
レイトン・・・あのメンバーだといろいろ苦労を背負い込み、1年後には帽子をとったら禿げていそうな予感
しかも月日を重ねるごとに加速度的に・・・・・・
罰というにはあまりにも・・・・・・酷すぎる・・・・・・・・・・・・(´;ω;`)
Posted by at 2015年01月03日 18:36
しかし、ほかのイベントに隠れて目立たないがやる夫が席をはずすからって
代行としてサラッとイエローオーブ預かれるダディってさりげなくすごいよな。

勇者としての実績もさることながら公の場で代表が務まるだけの貫録って一朝一夕では身につかんし
その辺は勇者の中でも年長者である年の功だろうな
Posted by . at 2015年01月10日 22:26
↑あとは建築士として名を馳せた名声ってとこかね。
勇者の中での名声はやる夫が段違いとしても魔王の城に肉薄したやらない夫と同等かそれ以上あるんじゃないか。
Posted by at 2015年01月11日 00:37
ホント長かったな
振り返ってみればサマンオサ編だけでちょうど2年なのか
しかし面白かった!
一区切りお疲れ様です
Posted by at 2015年01月19日 08:37
長い長いサマンオサ編だったけど、一気に読み返すと別に余計な寄り道はしてなくて
状況に対して必要な積み重ねしかない感じ
当時は話の進みにやきもきしたこともあるのに不思議
Posted by at 2015年03月03日 12:46
民主主義ってのは非常にハードルの高い前提条件がある政治形態だからなー
現代日本だって民主主義国家として成功しているとは言えないんだよね。
それでも、なんとか形だけは取り繕えているのは高い教育水準と江戸時代から培ってきたモラルがあってこそ。
前提条件が揃っていない状態で民主主義を押し付けても「アラブの春」のようになるだけ。
つうかね、理想に走るなら共産主義に走っとけw
理想だけなら民主主義より遥かに崇高だし、舵取りさえ間違えなければサマンオサの状況ならこっちの方がまだマシな選択だわw
Posted by at 2015年06月11日 09:55
ファーレンハイトがでなかったので涙目
Posted by at 2015年08月04日 16:28
なんだかんだ言っても、できない夫のやった事は遠い未来に確立するかも知れない民主主義国家の礎の一つにはなるんだろう。
上の方で触れた人がいたけど、王族による専横政治を革命によって打開した人達が、そのまま現代的な民主主義を確立した訳じゃないんだ。
できない夫のやった事もそういう事なんだと思う。
近視眼的に見れば、革命戦争やその後に起こるであろう無政府状態による混乱で爆発的に死者は増えるだろうけど、
だからと言って、永遠に門閥貴族による搾取で市井の民が搾取され苦しみ続けた方がマシだとならんだろう。
Posted by at 2015年09月01日 00:44
数ある勇者たちの中で唯一できない夫だけがこの世界の社会矛盾を見過ごさず、弱きものを救うために行動した。
どれだけ稚拙でもその行いは勇者の名に相応しいものだよ。
Posted by at 2016年02月05日 03:32
現実を見ず戦火の中に多くの人達をくべて焼き殺した。
大した勇者だ
さぞかしゾーマも喜んでいるだろうよ
貴族制を社会矛盾と言い切れるなんて欠片も歴史から学んでいないできない夫らしい
Posted by at 2016年05月14日 18:59
結果としてだが、できない夫は一時的にとはいえ門閥貴族の圧政から民衆を開放し、
ゾーマの糧となる絶望に歯止めをかけることに成功している。
ルビスの望んだであろう勇者としての役割は果たしたといえる。
Posted by at 2016年06月15日 09:13
結局ヤン達が助けられた少数除いた大多数の民衆は孔明に裏切られて殺される絶望味わったので、勇者としてのささやかな功績も帳消しでは?>できない夫
Posted by at 2016年06月15日 11:59
できない夫は民主主義と奴隷解放の上澄みしか見てない、底に沈んでる泥のような澱を見ようとしないお花畑。
だから孔明に良い様に利用されたんだろ。

流浪の聖者ねえ・・・・・・良く描きすぎだなあ。
政治犯として投獄、その後ヤンの働きかけと、バラモス討伐がなされたことを理由にして恩赦、追放になり、その後の足跡を知るものは居ない、位が違和感がなかったかなあ。
イエローオーブに絡んだキャラでもあったわけだし、投獄くらいはされるべきだったと思う。
Posted by at 2016年07月22日 17:14
投獄?
……資材も限られた復興始めな時期にこいつにメシを食わせてやるのは勿体ないと割と真剣に思う
だから殺さないってんなら早期に放逐して社会的に死亡させ、生きるも死ぬも当人任せが妥当じゃないかな
Posted by at 2016年08月17日 06:33
それから、できない夫の名が歴史の表舞台に上がる事はなかった。
ただ、どこからともなく現れて致命的に余計なことをしていくと言う
『クソカス』 の伝承が各地に残るのみである。
Posted by at 2016年08月23日 22:19
DQ3みたいな中世ヨーロッパ的文明レベルだと、投獄って死刑の方がマシだったりするぞ
メシだって臭い飯どころか豚の餌レベルの上、1日3食なんてありえないし
文明人気取りのモヤシに即追放で自身の生殺与奪を当人任せなんて温情が過ぎるよ、プライドも殺さないと駄目
Posted by at 2016年10月03日 11:59
↑ 
だからプライドの高いヤツは自決を選ぶんだよw
処刑人は手を汚さずに済むし、どちらに転んでもそれなりの利点がある。


民主主義=衆愚政治

この二面性を理解できてない奴にとやかく言われたくないよね。


Posted by at 2016年10月29日 00:38
やる夫よ、賢者ってのは種無しなんだぜ?

ゼロは例え1000倍したところで、やっぱりゼロなんだぜ?
Posted by at 2016年11月04日 13:27
【できない夫の経緯】
・異界勇者の中では中期に召喚され、その際に「羊飼い」の加護を受ける。 当時25歳?
  なお、この時点で既に貴族への嫌悪・不満を少なからず抱いていたもよう。
・ルイーダの酒場での紹介で、孔明(賢者)、レイトン(戦士)、ヤン(魔法使い)と徒党を組むことに。

・特に道中での目撃情報が無いあたり、ロマリア以後はダーマまでは最短ルートを最速で通ったもよう。
  (ノアニールも無視?)

・ダーマでの修行で、孔明は「農夫」、他の3人は「賢者」の加護を得る。
  (「農夫」の加護を得られたということは、能登真美子よりも後発組?)
・おそらく、このあたりでやんねえ香・さか奈・ヴァンと合流したっぽい。

・おそらくこのあたりで、ヤンから母国救済の懇願を聞き、受け入れる。
・ロマリアに戻り、ロマリア貴族リュカ家の支援を受けて船(+冷蔵宝箱を多数)を入手。
  この際に孔明の甘言を受け入れたことで、入手した船の所有権を独占することに成功。

・サマンオサ大陸到着後、やんねえ香PTと別離。
  (この時点で、ボストロールはラインハルト王子と入れ替わり済み)
・以後、サマンオサの内乱に、農奴を主力とした第3勢力を築き上げて介入。
  この際に『貴族打倒』を掲げたため、アリアハン・ロマリアをはじめとした王政諸国全てに
  「恩を仇で返した挙句に宣戦布告してきた外道畜生」と受け取られてしまう。
  (なお本人にその自覚は無かったもよう)

・幾らかの部分的勝利は得られたが、膠着状態になったため混乱具合はさらに悪化。
  そもそも組織体制に根本的な欠陥を抱えていたところで、
  仲間であった孔明が魔王軍のスパイであることが発覚。
  異界勇者連合によるサマンオサ平定の際に、反乱軍はなし崩しに解体される。

・戦場から単独逃走していたところを、斥候として行動中のリュカ卿&やってられっか夫たちにより発見・捕縛。
  持ち去ろうとしていた積荷の中に「イエローオーブ」があったため、様々な疑惑をかけられる。
・この際の問答でようやく己の過ちを自覚。 激しく慟哭するが、関係者への謝罪・懺悔は全くしていなかった。
・身柄をヤンの下へ引き渡された後に私刑されたとあるが、証言のみで物的証拠は無し。



こう見ると、できない夫って「勇者としての功績」を全く残せなかったくせに
「悪名と無様な末期」だけ散々築き上げてフェードアウトしたんだな。
最悪じゃねぇか……
Posted by at 2016年11月05日 10:43
>できない夫って「勇者としての功績」を全く残せなかったくせに
門閥を追い出して、ほぼ再起不能な状況に追い込んだってのは功績と言えると思うよ
(リュカ家からの騙し取りは許せるものではないが)
その後アニス達が言ってたように、王子救出やボストロール退治に動いていれば良かったんだろうが
間違った方向に突っ走ってしまった
まあ孔明がそうなるように仕組んだとも見えるんだが
Posted by at 2016年11月08日 03:58
やってた事のえげつなさで言えば門閥やボストロールの方が上なのに
さも諸悪の根源のように叩かれるできない夫が不憫
Posted by at 2017年02月05日 01:34
ボストロールはモンスターなんだから叩くとかじゃないじゃん

…門閥はそもそも門閥だし

>まったく、政治なんかには関わりたくないんだ、本当に。
反乱起こして政治に関わらないとは…

描写がないからわからんけど、あの大混乱の中できない夫が助けたのは動物だけで人を誰も助けてないようにみえるじゃないか
Posted by at 2017年02月09日 20:20
できない夫のことについて述べているコメントが多いが俺はあえて言いたい。
ヤンとフレデリカの子供が生まれるフラグが立った!
原作ではついにかなわなかった二人の子供…それだけで希望がある。
Posted by at 2017年04月27日 01:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106119259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ