■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 5/21 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2015年04月27日

第138話「文明開化の金が鳴る」(4)

第137話へ    4 第139話へ

103 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ,x─‐==、--,-,─‐,-、
               /   `ヽ ∨/\/\i
                {o  o │|│\/\/|
               l  ___   ノ i ト、/\/ヽ!
                   ∧ ー' / / / ∨/\/|
                  {\ー' / /__ j∨/\j
               Yoヽ/ /fo ソ  V〈_,ノ
                  i  ̄  ̄ ´ ̄ |  |/}         ダイジェストは
                ',        ノ  l  ハ--、
               ∧ }王lヨ   / / ∧ ‘,__   もうちょっとだけ続くんじゃ。
                    ∧     /  / / ∧ i\ }\
                  /  iー一<___/ /  /   / 人
               /   ∨O \_____// ̄   _/ /   \
              ,'  /`し'⌒ヽO__OV´ ̄      __ 丶、
                i  ∨  |/^\/   乂{ ̄ , '"´    `゙ヽ \
              j__/|  ∧  / \   / .) '"_             ヽ
             /「\ハ /  \/   \/ i ,〃⌒ヽ.           ∧
               /-|─|ーV__/\   /\廴lj \./}   ,  -‐ "´  }
           /___」___|___ヽ ̄/ヽ__\./   \ //,ノ     ___ /
              /│ |  |   \{  \ >ー----< ( 、_        i
            │ |__.」 --/  ヽ  /\    /  \` ┬─==ミ     |
           ̄ l ̄l │/    ∨   ヽ /   / /\ / \\___/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


104 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   春も近付いてくると、冬の間に進めていた内政の結果が出始めてくる。




                フフフ……この壺は いい物だ。

,′         /     ノ/   ヽ  ヽ
{     . :   /      ((       |: .  }      ∩               ∩
|     . :   { -─- 、_ )    _,,|: : ノ     、ー==ァ           (ー==)
ヽ . . : : . 人   ─zッ ` /zッ〉/       | ̄ |           | :::|
  }. . : : : . ))       |ヽ 〈(         |   |           | :::|
 (. :ノノ : : (( ヽ        |   /: :}    n  |__|           | :::|
 ((( : : : :) ))       ┘ ′ノ    く V´¨¨¨¨`ヽ             | :::|
  {: :ヽ: 彡' ノ)y    'ー==‐/: : ))     〉 〉            0)¨⌒⌒( )⌒⌒¨¨(0
  乂: :__彡 \    ー /: :彡′   /人y人_y人_y∧    (´ ̄ ー'O)ー'  ̄::::::)
     ̄|zr─── 、___/ ̄       {=============}   {≧==─--一==≦}
      |人 ̄ ̄ ̄ ̄》⌒|        ∨ Y^Y^Y^Y^Y/   V         :::::ノ
      |::::::::.... 己三V ノ八         ヽ八八八八ノ/     )ノ=─--──=、(





                              _,,.. .. ..,,_
                              ( _⊂ 二 ⊃)
                                 l ~"   ''"/`iーテ -, .._
                          ,x''ニ、l., - 、     l_ノ_ノ  /  /ヽ
                              { <、) `彡 .}   i   ` ヽ‐.'._,, イ
                ,、_ ..-._    _.`'    〉‐ '.,-<")'.`ー.,.、__ )、 ∧,'
               .i ',、, -、  `"'' "~       /  ( 'ー' , c.、ノ`、ヽ) ノ彡
                 i i`、'>-' ヾ,     ,.'  ., 、`ー.'`ー'   ` 、, <
               ./ノ    .ノノ   .,.r.'   .ム.)-、      ::::::. `、
              (ノ、_ `-=ニ 'ー - ‐''" _,,..- -= ',〈. ',  =∩.._    .}
                   `ヽ、     √XXX―‐'‐'――‐'┴=フ`==.,'
                      .`、==ミ、_/Y=≡≡`__`='彡´三ミ=Y彡'´/
                      ヽニ、フ ,ィ`'゚ニ゚ <、 (、_,ム,r、) }τミ,/
                        ` 、ー-'` ニニ'`` `´ー'`ー' -,‐''"
                          `ーt_‐ - - - ‐_T"
                              ̄~""~ ̄


,′         /     ノ/   ヽ  ヽ
{     . :   /      ((       |: .  }
|     . :   { -─- 、_ )    _,,|: : ノ
ヽ . . : : . 人   ─zッ ` /zッ〉/
  }. . : : : . ))       |ヽ 〈(
 (. :ノノ : : (( ヽ.u       |   /: :}  この壺は いい物……なのかなぁ?
 ((( : : : :) ))       ┘ ′ノ
  {: :ヽ: 彡' ノ)y    'ー==‐/: : ))
  乂: :__彡 \    ー /: :彡′
     ̄|zr─── 、___/ ̄
      |人 ̄ ̄ ̄ ̄》⌒|
      |::::::::.... 己三V ノ八



   まずは、美術館と博物館の完成である。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


105 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   新たな2つの施設と元からあった図書館が合わさり巨大複合文化施設が誕生。

   また それを目当てに文化人が集まり、ロマリア屈指の文化都市として発展していく事になる。



              ______
            。oS,ヘSSSSSSSSS0o。
           _|/__ \_」_|__| |:|:|
__       /| i'´  `Y:|\ ̄\=─-|      ___          _____
s。三三三三三三三≧s。.,===========。s≦≧s。   .!ニニ|    ____∧ZZZZZZZZZム/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ 癶
 `''*ミs。 ̄ ̄ ̄ ̄______⊥≧=-:ァニニニ/| | | | | |,癶、__|_∩_|、../\|  |///_マZZZ/ ̄ ̄  ─-     ...,,,,_   /_\_
======::|┴= ''¨ ̄  _, -=ニ|: |│::|::|| |_|_|_|_∠__\ ─\|__|  ||III|| ||:|| ||:_,,| ̄  ‐--   ..,,_  >'´>'´`マ三三
     |  _ -=ニ _ .n:Y^|`|┴┼|| |/:「| :|| || || || || ||| ̄~弌ナ_ ニ=- || ||:|| ||:l‐||_| ̄  =- 。。..,,_  ̄≦      `'<
     | ィ=ミ||⌒||´ `|l |_|_┘ィn∩| l ̄||/||_||_||_||_o_||ト、|⌒|| |||:l,┐__ 。x┴'─┴|| |^i^Y: n. ,、  _  _,|_|``''ー- ..,,_   `
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,.イ| ||/  ||/‐i==== ( )‐口|  || |||:l| | |::| |_l_|||``ヽ、  ̄ーL|:||_|:| lY´|Y^Y |ゝ‐弌≧s。.,_``'' ー-
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | | i| : |.:   口 ̄ ̄ ̄__代___ ̄~~| l、‐| | |::| |:| |ヽ||刈、``〜、    ̄ー| | |│| :|  :| :|| ̄||``
                 | | i| /|          |_,,__|  .| |、\| |,,| |:| | \l|| ||刈、 ``〜、、    ̄' ┴| :|  :| :||  ||
二二二二二二二二二二二[[]二|/|          └──┘ 、|_|、\|、‐| |:| l    \|| || | |刈  | ̄__ ̄ ̄:| :|  :| :||  ||
ニ弌ナニニニニニ弌ナニニ弌ナナ''|            ,,rff¨|| | ̄:|、|ヽ‐| |‐、   \| | | | |`| :| /:|..`Y:, | :|  :| :||  ||
__| | 。s''¨ ̄¨ヽ:::| |____|:|___| :| :|::/|            |:| | |  ̄  |、\| ̄~~|     \|_| | :| :| |、|_| |::::| :|  :| :||  ||
__| |/:::: ::: l.    刈|____|:|___| :|_,|/::|            |:l∠三三三三┐ ̄ ̄        \‐| :| |   | |、_| :|  :| :||  ||
。s。| |:|: ∩: |    i| l:: 。s-s。| :|¨|:刈   , ────‐┴─────┴..、           \|_|、 ̄ ̄~::| :|  :|_,,,||  ||
 | | :||::::| | :|    i|_|::i|l | l |.|_,|¨| | |   /  lニl  lニl lニl lニl--lニl\ \            | \__`ー |、..,:| :||_||、_,,:
 | 冂/|_|/〉   :{‐}/|l |_|/.|‐|/| |/  ./∧  ,.。o≦ ̄ ̄ ̄____', \___゚。          \ |。otifヽ\´|、_,l|  ||
/}ロ{/:|‐'′   }ロ{/|l |/ }ロ{/|/   //  マ'´ ,.。o≦ ̄ ̄       \|__|         .,.。o< ̄ ̄\\\\\‐'|、..,||
 | ̄|/      l ̄l/   ,:| ̄|/   {≧≦|γ´                     。o< \\\    \\\\ヽー '|
  ̄       / ̄ ̄     ̄    弋___ノ´                           \\\\\\   \\\\\ゝ‐'
.         /                                            \\\\\\   \|\ ̄ ̄
        /                                            \\\。s≦ ̄ ̄ ̄:|\\
        /                                             `≦_______|:  \\
       /                                                         \  \\


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


106 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   ニュー速で家、『きめえ夫式政務マニュアル』 完成。


                              \   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
                                 X 〈≡ ノ\   /\ ≡〉
                              / ∩ ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ
                             ( ⊂)  )   Y     (
                              | | , γ⌒     ⌒ヽ \
                              トニ/ |         |   ヽ   完成したよー!
                              |  |//ヽ__人___ノ/// |
                              \ \    |r┬-|      /
                               \ \   ` ー'´   ./
                                  ン ゝ ''''''/><、_
                                 / イ( /  /   \
                                 /  | Y  |  / 入  \
                                 (   | :、 |  / /  ヽ、 l
                                  j  | :   | / ィ    |  |
                                 くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
                                   ー 〕   \  〉(⌒ノ


           __,, ___
         _/: . . . . ,, . . . . . . ヽ
         /: :'':'':‐-: :_: ,;;;''; : . . . . ゝ、
       /.: :,; : : : :'':'';' :`Y,,-、. . .ミ. . . .`)
        !.;.'': : :彡 : : /゙゙゙`´""! . . . 、. .〈
       ノ': : :彡彡ノイ ,.- .、`ト、. . ! . . )
.      {: : ; ;. : : ノ :ノ ,. =、 .,,_,リ从:. .〈
       〉 '/,'´ヽ彡' = 、=・=ーく. kェゞソ
.      i: ;;; l. λ|八     ̄    ヽマ"!   これで家臣団を育成せなばならんが
.      {: '' :ヽゝ、  ヽ       ,.  :. V
      ヽ: : ; ,!ーi  l   /  ̄`イ    それは任されよ。
       〉: ;ソ : 、  i   i ‐''二¨ ,′
.       {:从   :. > `       ノ
      /  ≧ ..,,  ヽ      }       卿は勇者の務めを果たすがいい。
      _/       ≧ .` ー、‐''
--─‐<''<     ,.',. --、ヽ`Yス
      >`'<.. ー   ヽY.|.l.i
、ヽ.       >`'<,,__,,,ノノ |.l.l、
 ヽヽ          > ー '゙ |.|.l゙l.|゙'' - ,,__,、
'' ─-ヽ  ..,,_     `ヽヽ,ノAV,l       ヾーヽ-ヽ-n
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


107 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   ニュー速で商会、キャラバンを増強してアッサラームの見学商会との取り引きを増やした。


             _____
           /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
            |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
            |:::::::/ ⌒   ⌒ |
           |::::::〉 ( ●) (●)|   ほほぅ、ゴジャースが切られそうと……。
           (@ ::::⌒(__人__)⌒)
        ,____/ヽ    |r┬-|  |    商機到来ですね!
     r'"ヽ   t、   \  `ー'´ /
    / 、、i   ヽ__,,/ ̄ ̄ ̄        アッサラームに運ばれたものは、全て買い取りましょう!
    / ヽノ  j ,   j |ヽ
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''



                            ____
                         ./⌒  ⌒\
                          /(●)  (● )\
                       /::::⌒(__人__)⌒::::: \.    ゴジャースがロマリア貴族から
                      |     |r┬-|      |    取引を切られた時は
                     /´ ̄``゛'- ._‐´    /
                     |   ___)    \.     すぐに輸出を増やせる体制を整えるお!
                       |                \
                        |                 ̄) 最悪の事態は避けられるはずだお!
                    |               | ̄ ̄ ̄



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


108 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   ニュー速で歌劇団、結成。



                                   /´゙`ヽ、
                                 /   u. ヽ
                                ,/./   ,....,  ;ii、
                                ('/.i   ( (,,)  i::b
                                i' i    `゙゙´ :「:::b    えっと……。
                                  | |        丿:::h
                                  'i| i    ./´`ヽ,|::::::h    新しい愛人を お探しですか?
                                r' |   `゙'- ノ⌒ヽ
                                /´tl i  〈,´゙`ソ/´'' ヽ
                          i:i   丿i;:::ti|  ( `ヽソ/::::::ゝ 'i
                             ,i;i、 /´` `i;t:| i`'''ノ/::::λ::;;} |
                           i;;;;;;i |    |ノ::ヽ,,ソノ::::::/´⌒ヾノ.     劇場支配人
                       ,,..;;-|;;;;;;|-|,,,|-----;;::;;::::::;;;;/   'λ    メトロン星人
                      (..,,,,________,,..)::´/λ  ノミi    ( ウルトラマンシリーズ )
                       | |__,| |____| |;;;;/ノ//)ノノ
                       |,,,,|   | |     |,,,.|
                            '''''


             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |   違 う か ら 。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



   なお、当初は愛人目的だと思われていた模様。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


109 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             リローデッド
   ニュー速で家、妊娠報告。


                             Yハ-.、
                        _/: Y´:/ヽ_
                     __/: : : }i: :乃<( :|:、
                   <--、:._,r―r:ヘ―x二ノ: }、
                 / /:,∠: : :┴: ┴:x: : :}:ヽ_:.\
                / rー': : : : : : : : : : : : : : : >:.、ト、:.\
               /  ノ二ニ≠: : : : : : : : : : : : : : : : :\}: : : >
               /   >': : : : : : : : :ニ二二二≧: : : : : : :{ーヘ
            /    }/: :>'´:::;:::::::::::::::::::::::::::::::::`:<: :.`>  ':.   o
            l    ):/´::::::::::::::|:::|::::::::||:::::::::|::::i:::::::::::::\:}   ’
            i     /:::::::::{::::!::::|:::|::::::::||:::::::::|::::!::::::|:::::::::ハ    '.   ○
            |     .::::::::::::l‐十┼ハ:::::::||:::::::::|::弋::十::::::: i}    |.
            :     {::::::{:::::|::::|xf芹ミヽ:」L :::斗=ミ;:::ハ:::::::: i|    |
                   :::::::|:::::「〈 ん::C      ん::cハ /::::::::/j    ;、   やる夫さま!
              .,::   ∨ハ_::::ゝ弋z.ソ      { じソ '∧::-〈ヽ    /∧
           /:∧/: :./:::{::::{ ∧///    '   `///ハ }::}::ハ.∧ /{ハ;;;}   私、赤ちゃん できました!
         /: : : :/: / {::八::::>': ̄:`ヽ  r 、    ムイ:ノ:::::} :∧'、∨;{
        /: : : :/|: :{: :`ーミ〈: : : : : : : \`´  .. イ : :`!_彡': : : 〉:\};ハ
      /: : : :/: : |: :l: : : : : :}ヽ: : : : : : : :.\:´: : : : : : : ト、: :}:}: ∧\::\}
    /.: : :./: : : :∧∧: : \:|: :.>--ミ: : : : :.`¨´: : : : :/: }:/:.'./:.∧::::\::\
    : : : /: :/}: :./:.∧: \:_: /      `ヽ:\ー:‐:.ミ、': /': : /: : :.∧、:::::\::\
    :./: : : :レ': : : /: :.\: :. '            \>−―'ミ: : /: ハ: : :∧\::::::\::\
    ': : : : : ': : :./: :/: : /           `ー - 、  ヽ: : ∧.: :.∧::::\::::::\::\
    : : /: : :/: :/: : : : !            .://    \  }: : :∧: : ∧::::::::\::::::\::ヽ
    /: : : :/: /: : : : : :八 :..        .:/ ′     `¨7: : :.∧: : ∧:::::::::::\::::::\::.、
    : : : : ://: : : : : : :/: : \: : : : : : : : : :/:∠:..      ..:∧: : : :∧: : ∧:::::::::::::::\::::::\:.
    : : : :/: : : : : : : :/: : : : } ヽ  ̄ ̄  <:_: : : : : : :./: :ヘ : : : ∧: : ∧\::::::::::::::\::::ヽ
    : : /: : : : : : : : :./: : : : : |   . : : : : : : : : : : : : : : :/´: : : : ハ.: : : :∧: : ∧:::\::::::::::::::ヽ::::!
    : /: : : : : : : : :./: : : : : 八          /: : : :.{ : : : : : : :}: : : : :∧: : ∧::::::`::::::::::::::}::ノ
    /: : : : : : : : :./: : : : : // `¨¨´/   /: : : : : : ハ : : : : : : !: : : : : ∧: : :∧::::::}:::::::/´





                              >=-     `丶、
                             /            \
                            ゙7   , ハ    ,、,    、
                             .{  / /ノ \/`lハl  ハ
                              ゝ_l/| ●    ● /Vく  }
                             ノノ.i|⊃    ⊂⊃ i   \  愛人プレイが いいのかなー?
                            彡ゞ八  r‐-、 `7 从」 <⌒′
                                /⌒l`ニ`,  |/^フ⌒´
                               ./  /::|三/:://  ヽ
                               |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,



   バカガリーナ、勘違いする。

   なお、やる夫には 「カガリがやると何か違う」 と不評だった。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


110 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   えんま家、大勝利。



                                 _ ,.   ─ - 、
                           /ド =z≠´:::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、
                            |::ヘ_f:::::::::::::::___:::::::::::::::::::::::::::::::\/i!
                           '、::::l\,.  ´  \::::::::::::::,.ィ:::::/:::/:7
                         ____j、j7zヘ [! λ  \,./::::: ̄:::::::/ /
                          l r<`y- .,\____ i]/::::::rzュ_7z77::::!,.
                         7´ノ ! ! Y ̄ 1::::::,.ィ ̄j:::::::::,. -r-7了7
                           ! /` ̄`ー‐'  ̄弋_/-、匸j勹_/-ヘノ-'
                            |∧  i L」1 ∧ !  |  !    |  l |´\
                            |{ ! j、N小 | l | ̄ ` ミ     !   l |ヘ  \
                            |! V∧ iチrハ    r==z、∨ / / !i|\\/
                              人Yj弋り    弋tソ /ハノ / /iノ      私の勝ちですね。
                          /ハ/\\xx′   xxx ,/ / /}|/Y 1
                            / △ \\ ‐    ,ィ イ / | l \   ___
                           i<!--i> 「 !≧!´ __,////!   \_ ,. - 、 !
                        ノZ≠!-r-r┐! i::::::∨/´:::/´::z≠=、         } ノ
                      z≠ン  !-' -'┘1 !:::::::::!:::::::::::::/ /ヘ::::ヘ\       / !
                     /Z/´   /1ニ| |ニ ! !::::::::::::::::::::::::l く //, -─マ、   ! \
                     \!  ,、_/ l -| |- ! !::::::::::::::::::::::::::\ __ /:::::::::::::l    `ヽ、\
                          1;ヘ /i 。。。 ! !:o:::::::::::::::::::::::::::::::,. ´  ̄ !     \_}
                        ノZ下、! , - 、 j !:::::::::::::::::::::::::::j/ ___    _|ノ1
                        7j´ /  - 、) !o:::::::::::::::::::::::::!   i \fーi  !
                      z≠ノ /!   r-、) 1::::::::::::::::::::::::::::'、__ノ!   ノ-1ーィ

           ____
          / .,- ! -., \
         /_ソ_爪_ヘ_\
       / ヾニ・ニハ ハニ・ニフ \   ああ、俺の負けだ。
       |     / | | \    |
       \     ー─一    /
      ,--ゝヘ   ー   ノ゙-、. ゝ  )
     /   /|'; ゝ_____ ノ. |ヽ  i ゝ-'
     l   |. |. ヽ/゙(__)\/| i.  |
     |    |. |  ヽ. ハ..ノ | | |



   ねらう夫、えんま家に婿入り。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


111 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   見付けた隙は、逃さない。



         _  _ lヽ l l /!//
         \ー≧ヽ!ヽ! !| ´ ´ー―- 、
        ,r―ヽ             >´
        =≧    !\ヘ        `ー 、
       r´    ,r┘  `ー-‐7 r 7     ≧
       /   ≦=‐、      ´    ̄≦  \
      ムイ  ノ  `≧‐┐  ┌―‐=‐ミ   ヽ_ヘ
          |_V  ――-二゙   ゙ 二_´  r゙    ト!`
       rf `i          ー-二_ ヽ /
.        ヽ |               !_/
        \l           u  / ヽ  あー……実はだな。
          |              / ノ
        _,ヽ   __        / ´
      , r ´三 }ニト、     ̄`   , イ
     i三三三i三i≧x _     / l
     |三三三|三|ヽ:::::`ー‐≦__!ニー- 、
     |三三三|三!\ヽ:::::::::|::::::::::::ノ:::〉三三≧=x__
    _∧三三 ∧ミヽ::ノ::::::::::!::::::::::/:::/三三三三/ニ!
_,rf三三ー‐´三ミヽミヽ:::::::::/:::::::::;/::∧ニ三三三/三}



          {{  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           ミx、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           . '::::::`::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
        /::::::::::::::/::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
       ./::::::::::::::;'::::::::::::::::::::: {:::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ./:::::::::::::::i|::::::::::::::::::::::::',、::::::::::::::::::::::\へ:::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::八::::::::::::::::::::::::',\:::::::::::::::::::::::\ >::::::::::::::::::::::::::::\
     ./イ::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::', \/::::、:::::::::::\:::::::::::::::::::::::',` 、:ヽ
        |::::::::::::::::::::::::: i\:::\:::::::::', /`''<へ:::::::::::::\:::::::::::::::::::',   ヽ!
       '.::::::::::::::、:::::::::|  \', \',::!  .ィチY^! ∨⌒Vへ、:::::::::::::::::',
       〉:::::::::::L\:::|―- .   ',} /、__,り_〃  }::::::::::::::::::::\::',
         {:∧:::::::::::::::斗==x、     ,x''"´ ̄`|!  ノ::::::::::::::::::::、{ ヽ}
       ゙{. ‘,::::::::::::{{ 乂ン     〃     ,リ 「::::::::::::::::::::::::::',    私達も……結婚する。
         ‘,::::::::::::::\x===ミv''^ヾzzzzz 彡 八::::::::::::\::::::: i
          ‘,::::::::::::〃     }}          ./|:::::::::::::::::::::iヽ::::}
          ‘,::::::::::::ミxzzzzz彡     ノ  ' |:::::::∧::::∧| V
           ‘,}ヘ::::::::::::', .    ー     '  .|/-┐ }/
             .}.へ::::::',:::::`   .,_/    }/ l
                \',\{\ノ 乂     /  廴_
                  _/{ {  }    ./ へ. ∨ニ≧=-  ____
         ___,,x≦二二|二二∧  L、  ./   }へ∨.ニニ|二ニニニニヘ
        /二二ニニニニ|二ニニ∧   ', ./   /二二二二|二二二ニニハ
        ん二二二二二二 ̄|二ニ∧  } /   /二二二| ̄二二ニニニニ}
        {二ニニニニニ二二|二二∧  ./  /二二二ニ|二二二二二二リ



   アーチャー、陥落。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


112 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             ____   _
          __. .-‐: : : : : : : : : : : `:ゝ、ー、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!  '_
       /:',: : : : : : : : : : : : : : : : : : :l   ヽ_
      ./: :ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ} '"   ‐-
     /: : : :ハ: : : : : : : : :.\: : : : : : : : ヘ        ` ‐-
     /: : : : :! ', : : : \: : : : ヽ: : : : : :ヽ: ヽノ` ‐- 、      `  、
     l: : : : :_l_ \: :ト、: \: : :_:\:l\ : :!: :r、:ヽ    `ヽ        ヽ
     |: l: : : :.ト、ー_ヾ! \:|\ : : ヽィ \ト、:} }: :!      \       \
     |:ハ: :ヽ:!_、_,    ー…'"  _/r'_|ノ: : \      \       \    ようやく決着ついたのね。
     |!  ヽ:.!ヽ! ̄          , :' : : : : : l: :ト-`       \         ヽ
        ` ハ     ヽ    厶ィ : : : : ノ- '- __,. -‐ァ´ ̄ `  ー    /  あの二人も
       _,.ノ: : :`: ..   vニヽ  /: : : /    l /   /         _ -‐    世話が焼けるわ……。
      ´ ̄/: : : : /: :`: . `_´//: -イ /          /      _ -
        /: : :ィ: {: : : /¨7--// / ./           | _ ....-‐
         /;/l/  !: :./} /-‐/ ヽ/!            ∨///
          _  --{ 「 _,,{      ヽ      /   ∨/
        /  ノ   !/ ノ    ヽ        /____,V
        //   /}「¨ _,. -- 、         〃
       /   /   /     7      /
        {    //=-  {     /  /   /
     .人    { !    ヽ--   /   /
    /  { -===   ー--‐  /   /
   ヽ  /  {-{-―        /  /



   ゆかりは知ってて、二人きりにするために距離を取っていたらしい。



     /  /              , く
     /. /   /        /     ハ ヽ
     '  /   /    /    /     /  ',  ヘ.
    /  7  /    、./  /,′ ,≠′   i   /
    ' ./ /ム , -‐7><_./  ィ´ノ __,,   レ /
   / /, ' /バ弌モ´〒テミ/, '´ "行テヤ゛ ァ バ
  ムィ   い ヘ 弋ェノ '″   乂ノ ノ / }   だって、一緒だと 私と ねらう代でセットになって
  / , ィ   ヽ.ハ  ::::::::      ::::::::: /ノノ
   ̄  ! ハ   O、 U     ‘     /O'´    邪魔になるんだもん。
     |/ ',   .ゝ            イ ヘ、
        ∨ ∧ .r,-、x 、 '⌒.ィ、´ 、  `ー - ャ
        ∨. yベ、'})ー-`´ ┤ `ーァ 、_ , - ´
           ,′ ∨、 _    l ハ /、 \
           /  /\  ̄~/\|!、 `ー -`
         /\ /  ノ \_ム一’、\



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


113 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   一方でプレッシャーを掛けられた人達も いたとか いないとか。



                              ヘ、__ -―-- _
                              }    ◎,、 r‐-、  ◎ ̄ヾ―--、
                              | ∠イf: : :{: : : :ヽ-、_     /}
                              レ: /: : : : : : ; : : : :ヽ: :ヽ ヽ  / .|
                             /: :U: : : : : : ト : : : : :' : :i : 〉_∨}
                             ,' : : :|: : : : : : : l ヽ : :.:| : |: :{   Y
                             |:、: :.:ト : : :∧: :|  ヽ: :| : |: :ヽ、   ヽ
                             | :〉: :| ∨  ヽ{   ヽ}: イ: : /: T  }
                             |/ .ヽ{ ┃        ┃レ }: :;、ヽヘ /
                                  〉. ┃        ┃ ,, |ノ ): {>′  二 人 は ま だ な の ?
                                .<ゝ、         ィ-イ: : :ヽ
                                 }ハ≧ュr 、= -ィ<ィ: } : {: ∧ {
                                 '  ∨ヽ:トミ {_ イ}∨ヽ|/  ヾ
                                    { `´   |
                                    |      |
                                    |      }


:/::::::::l::::/―_´  \//   / /|::::::/ l::::::!:::::::!:::::::::::::::::
ハ:::::::l/〃´ ̄__ `ヽ/ヽノ  // /::::// |:::/ ヽ::l::::::::::::::::::
::::::::::::! l| /` _つヽ  | !| /  /::::/-┴__- 、 ヽ !::::::::::::::::
:::::::::::::!   K´{Ξj !      ///´> ヽ ∨ l:::::::::::/::
::::::::::::| | |┴┬ ‐く  ...::::::../  K´{Ξj  ! !ト!::::::::/::::
::::::::::::| | |l !  ...:::::::::::::::::::::::::::::... ∨  ̄ /〃/::::::/::::::   で き る 子 ! ?
::::::::::::l      --‐===-弋'‐-_::::::.「「 ` く /::::/::::::
::::::::::::l                 `'=-.,   //::::::::::/
:::::::::::::l                    /::::::::::::::::/
:::::::::::::l        __           /::::::::::::::::/
::::::::::::::|\     /´  _ `ヽ     /l:::::::::::::::::::/
:::::::::::::::!    、  ̄      ̄   <::::::l::::::::::::::::/
\::::::::::|      ー‐┬- <:::::::::::::::::::!::::::::::::/


 |l     .//ll         //       ___ \
 ||   // ||  ./|l     ./l|  /    ||  \     ̄
 ||   // || //||     //|| .∧    ||  .ハ
 ||  .//  .|| // .l|     .// .||/  V  ||  ヽ ヽ
../| /≦   l|/   ||    //       V  |l   lヽ}
.| .|/ テ≧ミx、   |   .//≧彡テ示l|  |l   |
.|      ≧ミイ |  /彡イ      .l|  |    l
.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   | ./  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ∧   |
、\___/   l/ \___/イ /⌒Y  |   いや、それは……。
    ̄ ̄     l     ̄ ̄   .レ)y  |  .|
///////////   ノ  ////////  イム ル、  |
 U   J              j  u l|_/   N
   u      /\  u      人
\ U       /   \  U  /  |\
.  \    /      \ ./ヽ}\   \
.   \.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄//   / >.   \



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


114 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   お互い納得済みの人達も いたとか いないとか。




             ,ハ,,ハ    申し訳ありません、ギャル実。
          ( ゚ω゚ )
          ノ^ yヽ   もう しばらく ――
          ヽ,,ノ==l ノ
   .,,.,.,,,.,.,,,.,.,,,., /  l |.,,,.,.,,.,.,,,.,.,,.,.,,,.



                      /⌒ヽ-―――-    /  ̄ \
                        / ̄./ ̄ ⌒`  、      ヽ      ヽ
                    /.  /      \ ヽ    |        ヽ
                      {. /           ヽ \   .|
                      !/.     |      |   }   ヽ l.          |
                    /      |      |   |    |        |
                      |     l      |   |.   | l        |
                  |  |  |  |\    |   }.   | 从         |
                  |  {  {  |ヽ ヽ  寸7ハT.   } |ヘ.         |
                  !ヘ ヽ  寸芯\へ ィヤ芯ア  /リ | ).      |   ストップ、お断り。
                   ヽハ 〈乂ソ     乂ソ ∨/} .lイ..|.      |
                  ヽ  ⊂⊃  '     ⊂⊃ .! .} .|.      |   言いたい事は分かってるから。
                     \| / ヽ    <⌒)  イ .リ  ! .|.      |
                       | | |  }>  _, イ /  /―|.      |   アタシも、お断り一人に
            _         | { ヽ´丁ヽ イノ /   }/⌒ヽ       {   戦わせる気無いって。
         _,ノ_ `¬、    |/ヽ \ヽ/{  ノ  _/{     ∨
         ゝ‐ ´       ヽ   ∧/ ̄ l d´{__⌒ヽ{          |
        /// /、   ヽ   | ヽ ゝ} |_/  /   /ミ、     ∨  |
          (__( イ   ∧   ヽ |\ \ 、七_{ ̄  /、 /}、     ∨. \  ← 結婚観が異世界人なので
                ∧    ヽ{ ̄ ̄}     ̄>イ  ¨ .リ \   ∨  \   年齢的な焦りがゼロ。
                    ∧   {\! ̄    { ̄ .ノ  .} /   ヽ   ヽ   ヽ
                      ヽ   、        ̄ソ´   ノ/    /   ノ     ヽ
                 _/ \  .ゝ  ゝ        イ {   /   /⌒\     \
             _/ _/ ̄ `‐}   ノ.         _//   /     ヽ     }
           /   /         |` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ |/   /        \  |
          /   ./           |          /   /             ヽ|
          \  \ ̄ ̄ ̄ ̄〉  リ            {   イこ)     ___     }}
            \____/.. /           |    )rヘ     {      ̄\ }}
             { {         /     }       ヽ ___,ノ     \ ̄ ̄`\ .リ
             | ヽ       /    ´            ヽ        `  −- 'へヽ
             乂  \_, /              _/oム              ソ
                ̄   f{、>  ___  -‐< ィ  ノ ∧       、__/
                       } >―r ―r ―   「 人  >{ ∧
                   /    ||  ||     ゝ ̄ Y/ヽ   ヽ
                     /.     ||  ||      辷=、 ヽ  \__
                 /      || /          ヽヽ  ̄ヽ\  }
                   /.       {{             } 〉    ∨ ./
                 /                      \_   ./
              イ        |   |           _へ  /
                ̄\      |   |      {__/    .∨
                   \    「 ̄ ̄ ̄\___,ゝ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


115 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



  \        /_ /      ヽ /   } レ,'
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ   ∨   i レ'
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/
   !´ヽ、   ヽ ( _     !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !      ほぅ……出汁を変えたな、できない子。
   |  |;:;:;:{     ̄||        -> /`i   !   !
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   `ー─‐ /|  i   !   !
  __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、    ̄/ =、_i_  !   !
   ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'
    ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´
                 ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\


                                  |\_  ̄ト、ー―-、
                            _____> \| L___|
                            >_____    ___ <
                             l/        ヽ /    \!ゝ
                          /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
                         //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
                       ∠/  /            ヽ   ゝ 》
                       /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ
                       /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
                        |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . : . : . : . :  .  ', |'  |
                       j:/!: . : .,': . : .:/: .|: . : .// /レ'|i ト、|: . N  l
                        ハl   l i.〃____\ |. , _´___\ヽ l i |.| l l|
                        ヽ!  ハ 〃 ゞ-:::ノ ヽ!  ゞ-;;ノ 〉 l l !.| l |    当たり。
                     __    i Y/   Y    ̄         ̄  / 》 ///i |. |
                     i ヽ  .| l !  .ハ ´´    `   ´´ イ/ ./レ'| .i ト、|.   今日は いりこ出汁よ。
                     ヽ ヽ .ハ〜、ゝ>.、    ―    ∠/ //レヘ トヽハノ
                      ヽ .ヽ,_r 、,、、  --`>ァ   ´ム ム/r 、
                       ノr'^ヽr‐、_,-'ヽ: ヽ'' ~     ~-y/ ヽ_
                       i ー‐、冫-i 、 ヽ: ヽ_      /:/   ヽ
                       | -ーv'  ト 、  丶 ヽ _: -_/: /    ノ,ヽ
                       ゝ --' ノ: ヽヽ、   ~ ヽ:ヽ^:./  _ - ~/: :i
                       |ヽ   ./:i: :.',  ` ー -''- `' -- '- - ' ~ /: : : i
                       | :|   .i:.ノ: : :',             i ./: : : : :i





                  _,..  - 、、..,_
              , ィ:"´: ,:. -‐- 、、:,_``ヽ、
           ./: :.,.r'´_,,...-‐- 、、..,`ヽ,-'> 、
        /: : /'"´: : : : :./ヽ: :,r、:.``Y  .,ィ´.>、
       /: :/,: : : :.,': : :.:/‐‐- `'‐-.l : :、', '´ .,.-',
       /: :/.:.i: : :l: :{ : : _lr'  \   l : :l :`、 .'‐'" i
       .i : /: : l : : l! :',、´:l.      ``,': :/i.:.:.:.>、_  ノ、
      l: :.l: : :l'、: : ',ヽ_,`、!     ,.-.、' l :<   .l.i i∨
        l: : '; : :ヘ.`.,ィ'´  〉i   .i{ ._,)_`、lノ `ト、l.l :l ',
        l.: : :`、 : `.i し ´⊂l   l.`´ `ー'.l∠ ' L__l: l-‐'   二人の関係が安定し過ぎてて
        l: :.i'i'`ヽ`( )==-'   .ゝ-‐-( ) .l'´`i.i',:l
        l:/ 、`ーl                 i  ノ: :i    プレッシャーの掛けようがないよぉ……。
     ./: : : :` {      ___      ノ ': : : :.i
     /: : : : :./ ` 、r "´ ___ ``ヽ, ': : ';: : : :.:i
    ./.: : : :./.: : : : : :.` ´‐  _  ‐ ̄:.: : : : : :';: : : :.i
    .l.: : : :/: :/、 ` >'..>、- ‐ -,、-'.、‐''",`ヽ : : i: : : i
    `、: :i {:/  `、./ ' , '´ヽ,-<ヽ` . l . /  .', :/}: :ノ
      ヽ! i    .',`、   '.,、i` `  ノ /    .i '´



                                 ヽ
                               __,, --―――一tテ
                          _,,ィ '' "´             ヾ
                     _,, ィT"i´lll7
                     l l ll l l l llリ             _,ノ
                      l l!,ィi77丶、,,_,,.ィ!   . :ヾシ''ヅ,ィ
                      l ll l l l !、,ィ=テ=ミ,゙ヽ. i:.:.:.:.:.:.: ,イ゙(
                     l ii ll l l lリ<" (;;O;)ヾヽ l:.:.:.:.:.:.: ゙=
                     ヽい l l ,!´ゞァ=-‐'"シ ゙i l:.:.:.:.:.:.:.:.       彼等については諦めましょう。
                      ヾt!l lソ     ゙~´  l l:.:.:.:.:.:.:.:
                       \tト、       l l!:.:.:.:.:.:.:.:      あれで自然なんですよ。
                         ヾtヽ         ! !:.:.:.:.:.:.:.:.
                          \ミ、      l ゙i:.:.:.:.:.:.:.
                           ヾt,      ! :.:.:.:.:.:.
                             \     lr'' :.:.:`゙)
                               ヽ    t,__,ィ '":.:.:... .
                               \    ,`_, r‐,ァ=
                                 \   くゝ'二.-''"
                                  ヽ、 ` ̄,,,..ィ'



   どうしようもない人達も いたらしい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


116 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   エムロームでは、地上と地下都市を結ぶ安全なルート確保。



                  r<: ̄:\:.\:ヽ...
                ≦=─- : : : :.V: :}: :}ハ.
                 / _:_:_:_:_:_::ヽ: 寸: |:./: /:ム
              / /: : : >==卞寸_:斗<: : ム
             ./  イ: :/    ( {ハl    V ハj
            /イ/ : : /      .ノ j     }ムノ
            Z/: : :. :/ _       彡  V:}
           ム:.イ V:{  ーtテ≧  r≦tテ- 小     洞窟内は、敵が減ってきて つまらん!
           八: :{l八 、        |      ハj
             V:\ }ハ      l |    /      次は地上に出るぞ!!
           -ー从: :八     <_j.7  .ハー-  __
      >≦ \  | ム     ー─ ─  ./} }   }    7寸=ー-
    <  \    >弍Yム \    ¨¨  /リ|≦。__ ム   /  ||   l|ム
     ヽ  >≦二二ム乂\...\    /イ/二二二≧<  ||   ||二
     ≦二二二二二二∨Y > ≧=≦4./二二二二二||  ノム /二二
     |ニニニニ二二二二二寸 (⌒辷匕)∠ニニニニニニニニニl| .〈〈  .|二/二
     |ニニ二二二二二二二≧=ー┴く二二二ニニニニニニ||  〉〉 |=/ニ二
     |ニ二二二二二二二>≪.ィ ⌒ ≫<ニニニニニニニ|| .//  .|/ニニ二
     |ニニニ二二二>≪r<  __{ (  ) }  ≫<二ニニ||// .//二二二
     |ニ二二Y≪    {{   ⌒Y `´ /⌒  }}  Y}.ニノハ寸//ニ二二二
     |ニニニニ | 辷==彡个ミ=彡个_ r个ミ=彡个=彡寸(  //ニニ二二二
     |ニニニニ | |==-─テ--<二二二} {二二二二7/||ニ圦匕/ニニニ二二二
     二二二/   ̄⌒  ノ二二二Yニニニニニニ//=||二ニムニニニ二二二二
    二二二7      / )二二二二二二二{ {ニ ||ニニムニニニニ二二二二
    二二 Y        イ二二二二二二二ムVV/二7ニニニニニニニ二二二
    二二. |        イ二二二二二二二二}レ/二7Vニニニニニニニ二二二
    / ̄/        /二二二二二二ニニニノ.イ二7  V二二二二二二二
       {        ノ二二二ニニニニニニ寸7/二ニ7   Vニニニ二二二二二
       |      イ二二二二二二二二//二ニ7    .Vニニニニニニ二二二
      .八  _。r<|二二二二二二二二二ムVニニ7     Vニ二二二二二二
       .寸/ニニ||二二二二二二二二ニニ7/ニニ{.      Vニニニニニニニ二二


         ____
       /    \
      / ヘニヾ゙リン \
    /=▲▼--▼▲=\  リーダー、俺なんだけど……。
    | .u  /(__人__)ヽ   |
    \    `⌒´   ,/



   勇者パーティの活躍により、主立ったモンスターを島から追い出す事に成功する。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


117 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   なお、ガメゴンとガニラスは残った模様。



              lヽ     ,イ
                 l. ヽ.  ,ィ゙.l
            ト、 l  ヽ /  !  ,.ィ          ,、
            l  ヽ|,ィ=Y= 、|,/ !        |ヾ !ヘ
            i \ ,ソ´Υ`'く /l        i、,.|ヾ´r=、 ヤ
             ゝ_i 〔\/〕 ゙i__メ、    .i、|_゙i ´/   ゙ー'
             ゙ゝ!__ ~--~ __l-'ヽ. ヽ、__  |_゙i  |       そりゃコングとかと違って
               l  。~。  !ニヽ.ヽ l_,>´‐く 〈
                  〉-v'v-イ  ゙l ゙! ゙l、 ヽ. ヽ,.ヾ_゙!       湖から上陸できるし。
              ,/´ | [,-、] |,r‐,| |  l`t-'ヾ、ヽ.ヾ.
              /-イ `''ー''´ /  ゝ. ヽ ゝ--'_゙i-ヽ、
           ,r‐く  ~|~ _,l,イ、   ゙!-k_  l  ,,ノヽ.
          /   >─''"__ ゝ `  ___ ̄_て_   ヽ
         l   < ,. ~ 二__~~二i二___,,,, ゝ、, ヽ  l
         ゝ、  Y ,ハ_  ゝォ  ̄ ̄   r‐''" _ノゝ l‐' _,ノ
         ム´__/ム'-ィニiニソ         ゝコニ‐` ムヽ_,,ム
          ー' ー'´                    `マ ヤ


                 iヽ、      .,rシ
             .,.、、  ヽ`'、    ,/,丿  ,,、、
            /'、ヽ.,―‐(, .`''゙'ー^''゛ ,,トー、. 丿.l゙\
          .,,-へr゙l,`|   |      |   .゙|゜ j'∨゚ッi、
          ,l゙ .゙l.,, .゙'x゙l.,,Οrし、.,、、.,、r゙l,Ο.,ィシ゛ .,,.,i´ ミ    洞窟の地底湖。
         .| .|‐`゙゙'ン,i´.,ニヘ'゜ ,.″ .゙゛, .`''匸 .゙ァぐ゛.゙'┤ :|
         .,i´ノ゚''''-i゙lr"'___,=..レ,,___ ,lニ=,__,_,"ヽニ-ヾ'\ ヽ  外の湖と つながってるらしいぜ。
        ./''X、、、、.゙l/'l、 ゜.゚''く ,,〕.|.゙匸У ` .ツ'x" .,、、、.ヒ'゙l
         ,「   `/゙ー、`'、   ^ ".| ."~'ヽ.,/,ー゙',i´   `|
        .|    ,r_ .゙'i、`''--__,ノ . /゚" ,i´ ..__゙li、   .゙l
        .ヽ   .ス .,i´ .|     ゙l .l'ー"  |  ゙l ,).   ,i´
         .\   く .く,/     `'"    \ン .,>  .,/
          ‘''---"               .ヽ--'"



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


118 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



          rx
       rx, ..| .i /.)
       .ヽヽ! Y /
       ⊂ミ '´ ⌒''つ.     ,r夂:、
        rヽ=-=イヽ、   .〃,r=:x.ヾ、   _rrと,⌒i,
        ε::::::::::::::;γ   〃 弋_:ソ ヾ;.   }::キしi',x )
         `~Y`´Y    i.i  \ / .i.i  t;;_:::ヾし(ノ
           !、 `ヽr=Y| | ‐-  -‐ |.トrx_  トイじ
            `ヽ、(´:::::::l.l i、/  \ .l.l::::::::}L,.」  |   走って逃げれるから問題ないな。
              》::::::::::!! !:ゝ:=-イ!..!.!:::::::γ   _ !
              Y:::::::::ヾ ∨::::::::/ 〃::::::::::) ̄
               ゝし;:::::ヾ, ゝイ,〃::::::::::::,)
                 乂从:ゞ=:彳::::::::ixノ
               _ t:、| ><⌒=イ
              ,r:==-ゞミヘ`ニ¬=ー-イ;ニ=-
            {  _,∠ニ=''        ミメ、
           fテi  ト, /イ.,ィ ,i .i  .i, ix\ヽ `
          弋_:こ彡') レ !/ヘ l', |.Y. ヽト、
           c'   /      ヽ! ヽ! .!へ  .ヽ
            ゞ(_i'        r':⌒У /
                     (ゝ、:::::Y~´:)
                      \`ゝ=≦、
                        \ _ノ=イ



                  iヽ、      .,rシ
              .,.、、  ヽ`'、    ,/,丿  ,,、、
             /'、ヽ.,―‐(, .`''゙'ー^''゛ ,,トー、. 丿.l゙\
           .,,-へr゙l,`|   |      |   .゙|゜ j'∨゚ッi、
           ,l゙ .゙l.,, .゙'x゙l.,,Οrし、.,、、.,、r゙l,Ο.,ィシ゛ .,,.,i´ ミ   くやしい……!
          .| .|‐`゙゙'ン,i´.,ニヘ'゜ ,.″ .゙゛, .`''匸 .゙ァぐ゛.゙'┤ :|
          .,i´ノ゚''''-i゙lr"'___,=..レ,,___ ,lニ=,__,_,"ヽニ-ヾ'\ ヽ  でも、前に進めない……!
         ./''X、、、、.゙l/'l、 ゜.゚''く ,,〕.|.゙匸У ` .ツ'x" .,、、、.ヒ'゙l
          ,「   `/゙ー、`'、   ^ ".| ."~'ヽ.,/,ー゙',i´   `|
         .|    ,r_ .゙'i、`''--__,ノ . /゚" ,i´ ..__゙li、   .゙l
         .ヽ   .ス .,i´ .|     ゙l .l'ー"  |  ゙l ,).   ,i´
          .\   く .く,/     `'"    \ン .,>  .,/
           ‘''---"               .ヽ--'"



   幸い、陸上では足が遅いためエムロームの住人達にとっては それほど脅威ではなく

   洞窟入り口周辺の開墾計画が進められる事となった。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


119 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   また、冬の間にエムロームで武具の製作を進め、勇者達の装備を一新した。


               ―
            /      \
           /_____ノ::}
           |:::::::::::::::::::::::::::::≦|
          {>-----≧´ィ句|           ゾンビキラーにドラゴンキラー、魔法の鎧にドラゴンメイル
          ∧    ー ´  ¨ i          みかがみの盾にドラゴンシールド、鉄仮面もあるだろ。
          く:::ハ       _冫_
             レ' ∧   `  ´  .|::: ̄〉},.〜:、    まぁ、俺はバスタードソードを使ってるけど。
        -‐, 〜//::>  _ イ:厂八/::::::::广
     /  〈::::::∧∨      / //:::::/    \
    /    ハ8{  \`ー― / , く:8::イ        ' ,
   く      Y   >v <     Y:{         〉
   く `ー 、  /              V\       八   ← ドラゴン素材を一番 持ち込んだ人
  く__ `ー   ∨ ノイ            i!::::!> ― - イ:::::\
  /_/:::::::::∧く_メ≧           八:::\`ー --〈|:::::::::ハ
  /_/:::::::::/:::∧ー―< ̄>――  イ /〉::::::\___/::::::::::::::}
  {:::::::::::::::::::イ  ト、    Y       ノ _ノ::::::::::::::::::::::イ :::::::::::::::ノ


               ____
             /      \
           / ⌒    ⌒ \
          /   (●)  (<)  \    あと、魔法の前掛けに魔法の法衣。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    魔法のそろばん、ウォーハンマー、裁きの杖。
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \   ゲームには無いミスリル銀の槍とか斧も用意してるお。
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ※ 基本的に サマンオサ と 商人の町(完成形) で買える装備です。


120 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   ジパングでは、アル奈がジパングの有力者達を調べ始めた。



                     / ̄ヽ-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、´ ̄ヽ
                     ヽ__/:::::::::::::::::::::::::::::::::\ノ
                    //::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ
                    〃::从::从::从::从::从:l::|::: |
                    レ!小‐=・=‐::::‐=・=‐从:|::::|
                     レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::|ノ:/  アカン……。
                        ヽ、  ゝ._) u .j:://
                       ヘ,、 __, イシ丿
                   ,::ヽ::::::::ー|:ヽy/::1ー::ヽ、
                   /:::::V:::_==:::::::::::::/::1
                  |:::::::/= ̄:::::::::::::::::::r:::::::i
                   |~ {:::::::::::::::::::::::::::::::::y~|~



   しかし、そのほとんどがヒミコに心酔しており、残念ながら こちらは大した成果が得られなかった。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


121 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   その一方でダディは、前線基地を完成させた。



              /\  , 'ヽ
      .      /   ゝ、__ヽ
          /          ̄¨'''_‐-_、
          , '             =≡=ヽ _
        /               ,',r:ミ=@ /
       /              ,-‐{ {::::j i  {
         ′                ヾニン __`ヽ
.         i                    j、_,, ノ   これで春に向けての準備は完了だね。
       .i         ヽ、      -rイ_ , ‐ゞ,
       i.          i       | `‐‐-く
          〉─-        i       `_,,`ニ>'
      ..,,}─- 、   ',    `          ヽ
      .i::::::::`::::::`ミ、ヽ`ー‐- 、  ヽ、_     j
      l:::::::::::::::::::::::::::`丶`丶 、       ,r‐''"
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、 ` 、 _ ィ´
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、 `ー'r-、
      ゙;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、   i  ヽ
      .゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、i、_,,〉
       ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨く ヽ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


122 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                        そ し て 四 月 …… 。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


123 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬" 竜の女王の城           `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`     ○ `X″     浅瀬の祠 __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、       ○   .`'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i" ○ 祠の牢獄.        │         /        ○ シャーマン族の集落
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !●′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△      `゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l○ エムローム
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△    __l゙                     _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、ラーミアの神殿
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


124 :◆vsQyY1yD2Q
                    ┃
                    ┠────────┐    ┏━━━━┓
                    ┃                └──┨        ┗━━
                    ┃                      ┗━┓
                    ┃                          ┗┓
                    ┃                            ┃
                    ┗┓            北部          ┃
                      ┠─┐                      ┗┓
                      ┗┓└──┐                  ┃
                        ┃      └┐                ┃
                        ┃        紫乃宮領┌────┨
                    西部┃        │○  ┌┘        ┃
                      ┏┛    ┌─┴──┤          ┃
                      ┃    ┌┘        └┐        ┃
                      えんま領 ○┌┘            │      ┏┛
                    ┃    │      ○      │      ┃
                  ┏┛    │     王都     │      ┃東部
                  ┠───┤            ┌┘      ┃
                  ┃      └┐        ┌┘      ┏┛
               海辺の教会 ○      └────┤  ○ リュカ領
                    ┃      ○ 図書館都市     ┃
            ニュー速で商店街 ● ○ 及川村    |    ┃
              エリミネーター村 ○             │  ┏┛
                        ┗━━━━━━━┷━┛
                          南部


125 :◆vsQyY1yD2Q
【 ロマリア南部地方 ニュー速で邸 南館 リビングルーム 】
            | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
            | |:.:.:|
            | |:.:.:|          / ̄ ̄ ̄/l               | ̄ ̄ ̄\
            | |:.:.:|_____(____l/|_________l_____)___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/        |i| l」   |i| l」                 |i|  l」 |i|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            l」     l」                   l」     l」
  , ― 、
/  /|―――――- 、
  /  |´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ|
/    |        ||
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ||
  /         .::  /||
         ....:::  / :||
      ....::.::::  / .:|/    , -―――――――- 、
      ....::::::::  /   /    /                 |


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   ジパングから樹海探索が可能になったって報告が来たお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /   いよいよジパング攻略開始だお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


126 :◆vsQyY1yD2Q
                       /_,..-― ''' ―- ._:::::::::::::::::::::: ヽ
                   .,.''"::::::::::::::::::::::::::::::::::: _`ヽ、::::::::::::::::::::',
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::: ` ー- .ヽ ヽ::::::::::::: : l
                , ':::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::、 _,...'":: ',:::::::::::: : l
             /:::::::::::i::::::::::ト ヽ、:::::::::',ヽ::: : ‘,::::::::::: i::::::::::::::::l
             /::::::::::: ト:::::::::::i\ヽ` .x ', ヽ: : l:: ,r‐ .、.l::::::::::ヽl
             /::::::::::::: | リヽ  ',  /  ',i  ゙、 トi /^` ヽ:::::::::::ヽ
             .∠ノ|:: |:::::::| \\ ゙、 `◯  /,rl.l ゝ ノ }::::::::::::: `、     絵理ちゃんの事は任せてください!
              ゙、 lリ、: l `◯  `   、、、// .リ  '´ ノ::::::::::::::::::::::\
              v ヽヽ、、、          i i    ,r´:::::::::::::::::::::::::::::::::\  私が しっかり鍛えますから!
                ,.l             l l   /: : ',::: : ト::::::::::: \、_:::
           ハ      i:: /l     ヘ    _,.゙、ィ‐''.¨l: : ',: : l ヽ:::::::::::ヽ ヽ
          .、vV ゙、    l l ` . .,_  _,.. -、/ヽ` ,.‐L-ァ-‐ァ、 ヽ:::: : ‘,
        ヽf _    l.l  _/|     <  ゙、 |    ./ ./ ./  ', ',:::::::::',   【 ニュー速で ぽぷら、現場復帰 】
       ∠ r'т亠 、_ リ ( └,  f⌒r/ __i_fL.-ァ./ ./     ヽ i:::::::::i
           .〈. 〈|   i ヽ ゝ‐'´  ノ /,'「 ,ァrヽ ト 、〈' ,' ,'     \::::::::
            .゙、_,..‐ l    / /  / l l 〉'´ 〈 {         ヽ::
             |  |   <  /    ` '  レ′   ヽ       /::::



          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        .:::::::::::::::::::::八::::::ト、:::::::::::::::::::ヽ:::::/7:::l
        i::::::::::::::::::::/  \:! \::::::::::::::::::::∨/ :::::!
        l::::::::::::::::∠-‐≦ \   ゙≧==-/_/ :::::::l
        !:::::::::::/zf芹う       ク芹tx  l:::::::::|
          V::::::{ 《  ヒリ      ヒリ  》 」::::::::l
         V::::l  とニ -       ー つ |::::::::|  頼もしいけど……。
        ,ヘ:;:l          ´          l::::::::l
        `ヽ: .、     , -―--、      イ::::::::l  よろしく お願いします?
           \\   ヽ     ノ     '::∧:::::::l
           ‘,`::..  ` ー '   /.::::/ l:::::::!
                〉::::::::>  _   イ:::::::::〈  !::::/
               ハ:::::::r|      |::::::::::ハ i:::/
             ル' /l \_  _/ \:;刈 l/
            .-7: : X⌒v二v⌒X: :Y ‐-.
          , イ: : : /: : :{  -{ }-  }: ∨: :: > 、
       ∠: : : : : : >: : `ー〈  ̄〉−' :< : : : : : : :ヽ
      / : : : : : : : ∧ : : /   l  l  〈: : :/: : : : : : : : :.’,
.     l : : : :ヽ : : : ∧: : ヽ_l  l_/ : /: : : : : : :/: : : ::l


127 :◆vsQyY1yD2Q
       /_; イ: : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : イ: : : : ヽ
      /:/: :l: : : : : :/: :, : : : ィ: : : : : ;イ: :∧: :l: : :、:ヽ
     ,'/: : : :l: : : : : ' :/,': :/,': : :/ /: :/ l: : l: :i: :`',
     ´/: : : :.l: : : : :l:/‐|:メ-X,/:/ //  |: /: :l: : : :i
      |: : : __l: : : : :i' 、 !"-、 〃゛ // z=-、 l:ィ: : :|: : : l
    ノ: : :/〃: : : :.|-'"~``ヾ! 〃 , 'z-_、 `/}: : ;': : :/
  -=y: : : l {レ|: : :.;:',       ,' 迄z,ヽ_ ./: :.;': : /
   /: :/lヽヽ_lハ: :iヾ,.       |:   ヾ '‐/: :.;': : /  ぽぷら、後は お願いね。
   l:.:/  |: :ヽ-i ヾ', `      /"    /: : : : :./
   レ'  .|: : : :.|'、 `  `゙ ‐ 、     /:イ: : : :,'    私は、やる夫と一緒にジパングに行くから。
       |: : : :| `、     ー``   /}/,'l:.∧:.|
       |: : : :.l  \         , ´ ´ !シ ヾl
      /: : : ;、l    ヽ、 , ィ: ´l        `
     /: : : : ハl ',    ´ /: :/
    /: : :_ノ--=、 ',    /: :/
    /,イ´     ` '、   {'; : :|
  /          \ ' ヾ;:|ミz=、_
 /              ミ、 ヾ '三ミ、`ヽ_

                              ___    __
                               /'´⌒゙'ヾ! /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.-..、
                                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:\
                                ..:.┴─<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                           ..:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
                       /:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:!:.:.:.:.`、、:.:.ヽ:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′
                         ':.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.Nヽ!ヽ:!__、:!ヽ:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:./
                        l:.:.:.:.:.!:.:! V:.:.N '´ ̄   ` ヽ:r‐、:i:.:.:.:.:.:.:.:.:′
                      ノィ:.:.:.:.!ヾ:!__V    _x==' 〃  }:.:.:.:.:.:.:.:.i
                       {:.:v:.:!/´        "  、、、‖  ノ:.:.:.:.:.:.ハ:.:!   はい!
                         {ハ:.ヽ  r=       {:{ ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.!
                           xx´、、、 ′ _.-、  {:{/ ;.:.:.:.:.:.:.:.:! ヾ!   梨穂子ちゃん達の事も
                          〃`ヽ    〈´  }   ヘ:! i:.:.:.:.:.:.:.:.i.      任せてください!
                            //   ゝ _  ` ー  / ヾ;V`i:.:.:.:.:.!
                         {:.{   __ て ̄、     -ヽ !:.:.:.:.:!       お乳の出は いいですから!
                         {:{  /´  / ∧ヽ / ̄      >、:ヽ
                          ヾ! /  / / _z::Z:z、     / / `ヽ、
                          ヽ{  / / 「::::ィハ:ヽ:::〉  / /      }
                           ハ / / /:/ゝ'ヾ:ヽ   /  i     /
                            l`/ ∨:/   ヾ:ヽ.ノ   !      /
                             /   V ーーー--‐ヾ;:〉    |   ノ /
                            /         /          }     /


128 :◆vsQyY1yD2Q
                  /,.                      ヽ
                 .ィ'                        ヽ
                //  /      ,   ,              ',
                ,' .ィ     / 从イ  ハ   ,           .l
                l /,'     イ /-、l ./ |  ハ ハ  ,       |
                !' .{ ,  、i! ,リ==ミ!/`  | /-‐∨‐! /       |
                  !.ハ 八 ',`' iト-'}リ   V z==テVイ /   !   |
                  '  .〉 , ヽ', `= ' ,     iト‐'::ノ '' リ   .l  ハ  問題はオーブを見つけることと
                      /イ  !`    /     ` ̄´ /    l  ハ|
                  /イ   ',    `       ./,.   イ/  ト!   オロチを倒した後の統治か。
                   { イ   \   _       /イ    ハ!  |
                   !ハ   ト/ \  `     .,. ィ  / / ! ト .l    何か考えはあるのか?
                   /'从  ハ「<!ヽ、_  -‐ ' /'  イ /   { ヽ!
                   ∠ イ', | }  `` ‐ 、   ,' / リ'  ト  i  ヽ
                    /,.> '}      |   ,//    .| \ ',
          _,.... -─ ' ´ ̄: : : : 〈 ヽ、   .|  / イ`ヽ、_ .|  ヾ、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',   `丶 | / ノ |: : : : : :`` ─- ..._
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',     `}   .|: : : : : : : : : : : : : :',
       〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',      l   .|: : : : : : : : : : : : : : }
        ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',     }   |: : : : : : : : : : : : : .i


      ____
    /      \
   /  _ノ  ヽ__\
 /    (─)  (─) \  一応は……。
 |       (__人__)    |
 ./     ∩ノ ⊃  /   現地でも調べてもらっているから
 (  \ / _ノ |  |     その結果次第だお。
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /


129 :◆vsQyY1yD2Q

            __ /{        ヽ} __
          / ` > ⌒`´ ̄ ヽノ.  \
            // . :/  .  '⌒   \: : . 、ハ
         iハ : iィ :{ :i、:i/`~´}ィi: : . 、i: :  }リ
          V : :i: :ヽi≠、  左ナイ: :リ: ./
           V: :ゝトKヒtj ,  ヒtjソ イ}: /    お姉ちゃん達は、現地集合なんですよね?
             } :||:ゝ  _..__  フ: ソ: {
        、___ノ: : | l: :> '-.-' ∠i: ハ: : ヽ__,.  お姉ちゃん、こっちに顔出せばいいのに。
         `¨{. : :ノ.从{ 「`iTi´ | l/ ゝ: . _ノ
          77¨ ̄ ̄ ̄ 大  ̄ ̄ ̄ `ヽ.
          / i / ̄| /  ヽ 「 ̄ \ ハ  _  . rh
         ゝ ∨ 厂 !/     ∨__ 、 { { i }  ノnリ  ※ ルナマリア達はダーマ留学中
   .r‐ 、__    jフ /:// /     /___/  Vハ. | ゙¨´.::j.|
  r「|\::r'7  レ' :{:{  |:::::::::::::::::: ̄ ̄::: }::: ヽハ::..: .::::ノ
  ト.リ\ソ {、  /  :ハ'‐, |::::::::::::::::::::::::::::::: ;ノ::::.  ハ:::::::イ
  Vコ::/ ノ `く:. :::::/| |l::::::::___:::::::::::::::ハ:::::. / `</
  `「厂    |:::::::/. ゝ-'一'___|___'---、/ ハ:: {   /
   `ヽ、   ノ::::ノ r┴-t、_」_r---'、   ヽ. \ /
      ` </  ,/::::: ||::::::::::::::    ハ   \_フ
           /::::::: j.|           ハ
                                          )`ヽ
                                           γ´/ ノ ヽ
                                ___, -=''''''''=-、   ハ
                               /              ヽ  ノ
                              /   ト、  ヽ.       ヽ
                            /{ {   { ゝ,<__ ̄、    }',
                              {  ヘ ',  ',    ,イ芯ミヽ}   }ハ   仕方ないよ。
                              {   ハl ̄'ヘ.     h::イソ》  /. }
                              }  ',. {、ィ斧ミ    `¨ イイア´}   ギリギリまで修業したいって
                              {.   ヽ',《乂リ `  ,     >.ソ   話だったから。
                                \  \´"  ‐       ノ‐く
                              >─ヽ       /{イ
                                   >。、. イ.  {__,,, --ミ
                                       |      / /   V
                                        /-、 ,─. / /     }
                                    >'"\___/   { /   ノ
                                   r''"´/          〈イ    〉
                                   { ', /    {/      〈/.   イ
                                   / . /     ,'     /     }.}
                                    {  {       {     ノ/    } |
                               ,' . ヘ.     ハ     {.      / |
                              ,'   > イ  \   }  /  ,'.. |
                                   ,'.  /       ヽ/イ    ,'   |
                             ,' ./          {_<   /.  }
                                  ,' /             {´ ヽ   {   ノ
                            ,' ,'              /   ', V   ヽ
                              / ,'               /.    ', ヽ    ヽ
                           / . {.            /      !イ      }
                              /  {         \/.       /.      ヽ
                         /   ハ   {     /       ,' ヽ     ‘,
                           /   / ゝ   | ',   /        ,'            ',
                           /       /ヘノ  乂/        }/.          ',
                     /        ,イ     /___.      }.            ',
                  __{/ ̄ヽ   /  /  >''" ̄   ヽ.    }               ',
                  // / / ̄ニ=`/.   >''"        }.   /               }
.                ___〈〈_〈_〈_⊂,,_ノ   く__イ´イ       /イ /             ,'
           / ̄             /´.   / ///,, 。イ <               ノ
          /                  /     } ノノ イ'イ     ヽ            <


130 :◆vsQyY1yD2Q
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : :./: : : :/: : : : : : : ヽ:. : : : : : : : :.
.         /:.:/: :. :. :.|l : : : | : : : : : : : : |: :|: :| : : : : : :.
        /: : |: :∨: :.|∨ : :|: : : : : :. :.|: |: :|: :| : |: : : : :.
.       /: : : |: : W斗-V-:|l-:、: : : :斗:+:/- |、:.| : : : : :.
        ,: : /八:´:l ∨|  ∨|ヽ:|V : : :/://从:l: /: : /: : :l
.       : :/: :. :.∨:. ィf斧芋ミ  V:.:,ィf斧芋ミ/: : /: : : :|
.        l/ |: : : : :.ヽ代 込zソ 「l=∨l 込zソ ノ l /: : : :从   サマンオサと違って兵を率いての戦いは無いけど
.          |: :/: 八:.乂、__ ノノ  乂、 __ ノノ: /: :八
.          |:/ |: /: \  ̄ ̄   {:.   ̄ ̄ // : : /     その分、個人の力が ものを言う。
.        ノ  |∧: : :込     _     イ: :/: :/
            ∨:l从:≧s。      イ:. :./:.:./   ___   大丈夫、私達は強い。
                〉:!、ー- Y }>   <{-、/:/l:/l:/> ´///\
             /ニニ\ /  \   /  ∨> ´//////////\
.         __/ニニニニ\ /`ヽ/ヘ  //////////////////\
       /ニニ≧s。ニニニ\ ´ ̄`//////////////////////,\
      /ニニニニニニ\二ニニ\////////////二\//////////\
.     {/二≧s。二ニニ\二ニ/////////> ´二二/}\//////////\
.     /二二二二二二ニニ\ .{///////〈ニニ。s≦ニニ}  \//////////〉
    /二二二二二二二ニニニ乂 /////∧二二二ニニ}   /⌒ //////
.   /二二二/二二二二二二二∧/////∧二二二ニニ}__//////// /
.    {ニニニ/二二二二二二二ニ/l |∨.////∧二二二二{//////////
.    {二/二二二二二二二ニニ/l_l | l∨.////∧二二二八//////,/
   //二二二二二二二二二/  .| l」∨/////,\__二二ハ////
  /二二二二二二二ニニニ/   |   V ///////∧二二ム ´
. /二二二二二二二ニニニ/    .|   }/////////}二ニニム


                          イ /{ . ::‐―ァ___
                         {:{ィ:: ::/´:: :: :: ´:: :: :: :: :: > 、
                   . ::‐::‐ト、{: 〈::/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: \
                  / >::´ ::`ヽィ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ
                   ´/:: > ::´:: /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ハ
                ィ7:: :/:: :: :: ::イ:、:: :: :: ::\:: :: 、:: :: :: :: :: :: :: :: :: .
               /'/::, ' :: :: :: :: ::八::\:: :: :: ::ヽ、:: \ト、:: :: :: :: :: :: :!
                /イ{:: :: :: :: :: ::L __ 、::ヾー.、:: ::! _、-ヽ‐ヽ:: :: :: :: :: l
                 {' ∨:: :: :: :: :ハィ斧ミヽ} ヽ::|´ィ斧ミ、 ハ:: :: :: :: :: :.、
                     ∨ハi:i:i:i:i:〈弋z斗    リ 弋z斗'〉 リi:i:i}:: :: :: :: ヽ、
                  ノ:: ヽi:i:i:iト、     /}_         /i:i:/:: :: :: :: :: ハ `  そう言われると安心できるね。
                 , ::´イ:: /::ハi:i:|i     __`_´_    'i:i:i:{:: :: :: :: :、 :: |
               /:' { :: /:: :: |i:il八     マ _ ノ     八i:i:i:、:: :: :: : }:: :}   タバサ、やる夫を よろしく!
                 `  ゝ':: :: :/|:i:|:: :ヽ     、     イ:: ::ヽi:i:iヽ:: :: ハ/
                /::イ:: :イ ハリ::>-i:,、      / |:: :: :: :、:i:i}\:{ ′
               ´ ̄  ヽ{ V r ´   L ≧ ー ≦ー-/ ̄ ̄ 〉ハリ  ヽ:、
                        〈ハ     l          '     / `>
              .-‐―― 、__ヽ\   |         !    / ./
           . ´       r ´     ヽ  !       |  .//` ー< ̄ ̄ ̄ > .
         /           /__     \}        | /´    __ ヽ         > ..
                  /      ̄`Tヽr ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ'r T´ ̄     }             }
                   /       L八ィi:i  ̄ ̄ ̄ i:i_八_」      |          /


131 :◆vsQyY1yD2Q
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:.:.:.:.:.:.:.\
             /:.:.:.:.:.:.:.:.x≪≫ ≪≫x:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:/:.:.:/≫''" ̄:.:.:.:.:. ゙̄''ヾ\:.:.:.:.ハ
            /:.:.:/:.:.:/:.:.:/:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\X:.:.:.:.
          .:.:.:.:|:.:.:.:|:.:./:.:./ |:.:ハ:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:|:.:.Y:.:.:.:.
           |:.:.:.:|:.:.:.:. /|:./_ |:.| |:.:.:. |:.:.|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.|:.|
           |:.:.:.:|:.:.:.:.:| |厂⌒|/|:.:.八∧:.: |:.:.:|:.:.:.|:.|
           |:.:.:r|:.:.:.| |う)_ト  j/  ̄`ヽハ:.:.|:.:.:.|:.|
           |:.:.| |:.:.:.N乂zツ     う_ト ∨:.:.:.|:.|
           :.:八|:.:.:.|.        、 乂ツ   /:.:.:.:|/  サマンオサとは
           У:|:.:.:.|             ∧:.:.:.:|
            |/:.:|:.:. | \    ‐-      イ |:.:.: |   また別の苦労が あると思うけど……。
           /:.:.:.:|:.: |:.:.:.:.〕ト  _   イ:.八 .|:.:.:.|
        /:.:.:/八:.:|:.:.:.:.〕ニ|r‐v‐〈フ:.:.:|:.:/∧|.:.:.;
          |:.:./:.:.:.∧|-=八ニ||ニニ||=\:.:. //|:.:/
          |:/:.:./: : |二ニニ||‐只r||ニニニト.|/
          |:./: : : : ∨ニ//:介 \\ニ/: : : \
.         /: : : : : : : ∨〈∠/| | |\ フ=/: : : : : : 〉
        /\\: : : : : :.:∨=|\:| | |ニニ=/: : : : : /イ
     /:.:.:.:.|\\ : : : : ∨: : : | | |ニ/: : : : // |
    ./:.:.:./∧ \\: : : :.:.:/ | | |/ : : : //  ∧
    /:.:.:.:.:.:.:.:.|   \\:.// | | |\ヽ//   |:.:|


                  ,. <   ̄ ̄ ̄ > 、
                  /      ,:   ∧     \
                /        !   ∧        ヽ
                 ,'       {     l       ',
                 ,' ,   _  / v     .|   _ -    ,
                 ,' l j/   ,≧zュV∧ ,.|f≦v   /77 ',
              l  l {   / iハ \V {iハYリ{{{{ .∧
                 l ,l   V/{、匕:り   `\匕り V r_ =f^ ∧   ほむらは心配し過ぎだって!
             l /l !  { | ,,,,    l    ,,,,  }  l:|Y|\!
              / l ,|  从                lト、ノト_j |    ダーリンが一緒なんだから大丈夫、大丈夫!
                  ,' / l  込、  `ー ^ー ’  ,イ  / ハ!
              j/  l V ト、:> .,      ,. <:リ / /       r≦二iト、
           ムフー    }/ v Yハ:r L≧:≦_{ヘ::::/ ./l/       rf──  }
                    \v_/>二二<{厶イ__    「 ̄ ̄  |
                 ,.  -<` <rヘ/7 ノ /     \   ゝ、    l
                /_ -   ̄` <__,>_´         ∧    ′    l
               /   _  -=≦    ,.` <       ∧ミ {    l
              /  f^ V `Y´ ̄}'^く⌒{  〉´≧=--   __ ` /≧=={
                / /r_, -ミ --ミ人_r-ミr=ニ─--ミノ   V/    ∧
            /<:::{/................ ̄` ー< ̄................ハ,x<ニ/      ∧
  f⌒>'´/^7'¬^Y:::::::::::::′:::::::::::::::::::.................:::::::::::::::::::::::::}/ _,..\>---< /、
   寸 / ./  ,'  !:}::::::从:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ /..........,'≧===::「......\
  _゙,      `ヽ::::::::::ゝ_::::::::::::::::;:::-=ニ=-:::::::::::::::::::::::イ〉∨..........,'.................|.............\
 ̄::::::::::>、       ト :;:::::トミニニチ > ´ 「l` <≧=≦ イ:::::∨......,'................. |..................
:::::::::::::::::::::>,._彡'ノ  Y:::l  ー ´  {_}l l   ー ´ /::::::::::v.../....................l...\、......
:::::::::::::::::::::::/:{ ー<  /}:::::|        l l       /.〉::::::::::Y.....................l..........\::.
:::::::::::::::::/..八、__,//.... .|      {_}l l      / 〉::::::',....V...................,'................\
:::::::::::/..............>-弋..´........〈\      l l     \ ∧::::::::',....∨............/..\...............
__彡'....................../..:::::\....../   \   {_}l l      \:∧:::::::',.....∨....., '...........>......__
.....................,. <....................ヽ′         l l          ≧=- 、\... ̄.............................
..........,. <.............................../          {_}l l    \     , - ミー─ ミ.........................


132 :◆vsQyY1yD2Q

                                      >‐<
                              __   /::::::::::::::ヽ
                            _  >''":::::::::::::: : `'<::::::::::::::::::::::ヽ
                      /.  ,イ /ハ{:::::::::ヽ' ̄\ヽ`ヽ:::::::::::::::ヽ
                        /:::::::::/::/:::::,':::∧:::::}::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::::::::::',
                     /::::::::://:::::::::,':::/ ',:::}\::::::::::::::ヽ::::::ヽ::::::::::::::',
                      /::::::::::,'/:::::::{:::::{:::{  }::}.  ',::_ト、::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::::\
                        ヽ::::::/::::::::::{::::从:{ . ノイ /}ノ'ミ!::::::ハ::::::::::}::::::::::::::::ヽ
                     }::::,':::::::/:::::ハ:::{ィ升-   イ芯ハ}::イ::::}:::::::::}::::::::::::::::::',   まぁ、さやかは
                    /::::{:::::::{:::::::i ヘ:{,ィチ抃     ゞイ }::::::::ハ::::::::}:::::::::::::::::::}  それくらいで丁度良いわ。
                    {::::::ヘ::::::{:::::::{i ゝ乂ソ    〃 }:::::::::::}:::::::}::::::::::::::::/
                    {::::://}:::::}:::::::::::{ヽ〃      ,  ノ:::::::::::}:::::::ハ:::::::::::イ    ほむらは、もう少し気楽にね。
                    }::/::/ヽ::',::::::::::l`゙ヽ、  ‐   ,イ}:::::::::::,'::::/} ヾ::::::{
                     }::::/::::/ヾ}',::::::::}:::::::::::::}≧ -く /:::::::::,'::::/:::}  ヾ:{    心配は、放っといても
                       }::/::::/..  }::',:::::::}─‐<}    {::::::::::{''≧''''''<  ヽ    やる夫が するだろうし。
                    ノ:::/   /´.',::::::',: :乂ー-、  ,-}:::::::::ハ.: : : : : :.`  })
                   {::イ     i: : :.}:::::::}: : : :>===<}::::::イ.: : : :. :./: :} 〈'
                        {:!     {: : :.{::::::,'..: : : : : : : : : :.}从.: : : :. :./: : : : i
                    ノ'.     }: : ノ::イ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒V: : : : : :i
                         i: : : :/ ̄ ̄ ̄ヾ}i≠´ ̄ ̄ ̄`ヽ.ゝ、: : :.{
                          |.: : / : : : : : : : : : ∨.: : : : : : : : : :.',: : : : : :',
                            |.: : {: : : : : : : : : : : }{: : : : : : : : : : : }.: : : : : :',
                         i : : ヘ : : : : : : : : : ノ ', : : : : : : : : : イ、.: : : : : :',
                           }.: : : :.ハ: : /: : : :イ  ヽ: : :.ハ イ ハヘ..: : : :. :.i
                        i.: : : :.{ / ´.: : : :. ̄ ̄: : : : :.ヽ: : : : :.ヘ.: : : : : :i
                        {: : : :/.: : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :.ヽ }: : ハ..: : : :. :.i
                        ,'. : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ. { ',.: : : :. :.i
                            {: : : :i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.',ヽ. ',.: : : :. :.i
                       {: : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}: :ヽィ ̄`: :. }
                       {: : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/.: : : : : : : :}
                       }.: : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,,/.: : : :. :. :._ -''゙
                      z‐{.: : : :.',.: : : : : :. :./: : :.}: : : : __{>くx.: : : :. :.,, -''"
                          イ ノ!.: : : :.}ゝ : : / . /: : : :,,>''"     ',', -''" . }_
                    //. |.: : : : }: : /: : / 乂/イ.        /.: : : :. :.} ヽ
                   /: : : :},zzzx{.: : : :. :./: : /_,,-''    /.: : : : : :. :.} ノ
                   ___/.: : : :. :.{    `ヽ.: : /: : : : ¨ゝ-''",,ィ__,イ : : : : : : : : : } ̄"'' ‐- ,,.._
          ,,...-‐ '' "´: : : :/.: : : : : :. :.',     ヽ. : : : : : : }: : : :/: : : : : : : : : : : : :} : : : : : : : : : ≧s。
    _ 。r≦: : : : : : : : : : : ,イ: : : : : : : : : : ', 、   ヽ}.: : : : : : : : /..: : : : : : : : : :. :. :.}.: : : : : : : : : : :. :. :.\
  /.: : : : : : : : : : : :. :. :./: : : : : : : : : : : : ヽ 、ヽ 、、 ヽ.: : : :. :.イ  {: : : : : : : : : : : : : }: :\: : : : : : : : : : : : :ヽ
. /: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :/ ゝヽヘ>イ.: : : : : :. :./{: : : : : : : : : : : : :.}: : : :ヽ: : : : : : : : : : : : :ヽ
. / : : : : : : : : : : : : : : : ,': : : : : : : : : : : /.: : : : : :. :. :.ノ.: : : : : : : : : : {: : : : : : : : : : : : :}: : : : : :',: : : : : : : : : : : : : ',
/: : : : : : : : : : : : : : : : ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 乂_.: : : :.ノハ: : : : : : : : : : : : :ハ`ヽ: : :.',: : : : : : : : : : : : :.',



       /::::/:::::::::::::::::,.. -77777- 、_::,:::::::::::',::::::::::::.
        /::::イ::::::::/77////////////∧::::::::::::、:::::::::::.
        /::/::|:::::::イ//::/::::l:::::::|::::::l:::l:::::::∨:::::::::',::::::::::l
     イ::/:::::!:::::::l::::::l::::l::::::l!::::::l,::::::l、::、:_∨:::::::::,:::::::::l
    /::イ:::/:::|:::::::|::::::l::l l:::::l ',::::l_、:-七:\:::::,::::::::::l:::::::::|
   / l::/l::: |:::::下::Tl:lー::::| 、::l ヾ:::、 ヾ、\:,:::::::::',:::::: |
      |/ |:::::|:::::::|::/ リ l从!  ヾ! ィ云¨下j.リ!:::::::::l::::::::!
          ',::::,:::::::下イ云ヽ     弋z(ソ /ハ::::::::l:::::::|  ……性分です。
        ,:::',:::::::':, 弋z(ソ  ,    xx   _ソ,:::::::|::::::l
         ,:::',::::::::,ハ xx         ,.イ:::::l:::::::|::::::|  にいさまと お揃いなのは嬉しいですし。
         l::∧:::::::',::ゝ     -   ,∠:::|::::::|::::::|:::::::!
         |::::::::、::::::、:::::`  ュ . _ ,.イ |-、:|::::::|::::::|::::::::.
         |::::::::::ヽ::::∨:::}///77-、 ∧//:|::::::|::::::|::::::::::,
         |::::, -― 、::∨l/////l∧∧∨/ヽ、:!:::::l:::::::::::::,
         /_:.:.:.:.:.ヽ:::、////lト、r-,/∨/l/:.l::::/::::::::::::::::.
        イ-―-、:ヽ:.:.:.:.:.ヾ、///,イート、\/:./::イヘ:::::::::::::::::.
       /    \:\:.:.:.:.:.<_/、.l |l ',/\//:.:.:.:、:::::::::::::::::..
      / ´     ,\:\:.:.:.::.:.:.:.:.l |∧ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:/!:::::::::::::::::::\
     {        /  ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:! !/、ヽ\:.:.:.:.:/,.|:::::::::::::::::::::::::\


133 :◆vsQyY1yD2Q

               ,  "´ ̄ ̄ ̄`ヽー-、
                 /            l   \
           /                  \
              /                /      ヽ
          /              /ヘ       ',
         ,          /   ',       .
         |           /       ,.        |
         |          /         ',.    |  |
         |       /_,ノ    ヽ _',.    |  |
         | l     /          ',:   !   |
           乂|    :ィ=ー-、    , -ー=、',:   |  |
           リ   /               l: : |   '    美希が自分から
          / /   ,             j| |: : | /
           / イ  :∧               U :: : ,: 〈     行きたいとか言い出すって……。
           /' | :l:.:.i:.、             /!: /  ヽ._ ,
             ∧ :| ::い\ く`ニニつ /.:.|: /  \-‐'´
            /ヽ:| :\:.:.:>  __  <:.:.:./|/  ヽ ',
             /    、`¨フ      ト-‐'.:     } }
          {  {:    `三ニナ   ト-=ニ彡  . : ::j:ノ
             >:\:.:.: : : : : ノ   ヽ: : : : : : .:.:.:./ヽ
        /     ≧=ァ'´     `ト--‐=彡   \


                            _ . . : : : : : : : : : : . . . _
                            . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、
                        /.: .: .: .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                        /: : :_:_jI斗-───- . . ,,_: : : : : : : : : :\
                _/ :''": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :"''.: : : : : : :丶
             . : : : : : : :_ : : : :斗-────---   ..,,: : : : : : : :"'': .,, ’,
           /.: : :_jI斗/    /   iW.   |\  \    "''ー- ..,,: : : : : .
           / jI斗 :::::::::/ /   .′  || ∨ 斗-─- .,, 、      \ ∧":...,, : :丶
           .//.:::::::::::::::::/イ   / /l |│リ  \ \  \  \      ∧:::::::":..., : : 、
         ./.:::::::::::::::::::::::: │  i/⌒ |      丶___ \         ≧=-:::::\: :\
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::: |  │ jノ        〃 ̄~'_ `ー--------‐<⌒:::::::::::丶: : .
      \::::::::::::::::::::::::::::::::: |  ∧ ≠ミ                   ∨   ∧:::::::::::::::::::::\ : .   おにぎり
.         > .__:::::::::::::::::::八  ! 〃   i       """"       ⌒ }   ∧::::::::::::::::::::::::\:、
                `ー─/  .ヽ| | ""                ノ/     、::::::::::::::::::::::: )}  美味しいの ♥
                 ⌒''ー--=彡l         ノ   О   ___,,.. イ        \::::::::::::::::::≠
                        |从     'ー‐ ''゙  \  。 / |    |        \ \--<
                       / /\ /、:i:i:i:i:i:r、(\(\_,、f゙ |    |      \\ _ ノ
                   /イ   //):i:i:i:i:. \ 丶  .∨ |斗へl -- ミ      丶
                       |  / / / /)i:i:i:i:}ヽ     .∨  /     ヽ    \\
                       |. /    {ー<ノ }      '/ {         i       ヽ
                       |/     ノ/  人      '//        |    \    ‘,
                     /    / /      ヽ      「                 ト、  ',
                       /     / /      / |     .|       ′ U     \ ',
                        |   {_\__/_/ ̄_|     .|         .′  │    .i   \',
                   |   /.......\___.。s≦ ......|     .|                  |
                    | / ................/......................|    .|           │     |
                     l /.:.:.:...............................:..:.:..|      |            │    |
                     | '/.:.:.:.:.:.:.:.......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |     |     .′         |
                    | '/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     .|    /       │    |
                   |  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     |  /           |



                                       , 、
                                  __γ´/ 丿ヽ
                                   ィ」  ⌒    ̄\
                                /  |    卜、     \lx
                              .//   t  |  | ー\\.|  | l |
                             //   l/\t \○ \|  | l |
                               |/l  乂{○    ̄ ⊂⊃l  /゙Y
                            /八 \ {⊂⊃       // ノ  美希たんは変わらないねー。
                             jノ  Tナl`            厂
                                ーヘ、   、_,、_,  ノ
                                     ` ー-|___」イ
                                        ,ノ}   l|ーァァ― 、
                                  ../ ̄l「 〃    l| 〃    |


134 :◆vsQyY1yD2Q

                     _,. . . . . . . .,_   /ニニ,ハ /ハ
                 ,.: '": : : : : : : : : : : : `` :/ニニニニ.l/ニニ}
         ,x.,     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /ニニニニニ}:'"ヽ,.!
        {ニニニ=-、/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨ニニニ=リヽ: : :\
        ヤニニニ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ,: : : ::∨ニニニハ: ヽ: : : ヽ
        ,V./: : : : : : : l,: : : :゙i,: : : : : : : :、: : :゙i,: : : :∨ニニニ゙i: : : : : : ヽ
       __,レ'斗 : : : : : : : ::l,: : : : ゙i,、: : : : : : ゙i,: : :゙i,ハ,: :゙i,、ニニニ}: : : : : : : ;ヽ
       /: :Y: : : : :|: : : i::∧、:: : : |_,:、廊.,_ :゙i,: :、: ::゙i,: ヘ>=ニ!: ::゙i,: : : : :゙i,ゞ、
      .//: ,!: : /: : |: : : |:! ゙iヽ: ::´i ヾ、\: `ト! : l,: : l,:|:∨ニヘ: : : :l,: : : : : ゙i,
      /,イ: :|: :/!: : :jk'"¨|!  ゙i,!ヽ: :| ,z≠テx、、:ト、::|: : :!x、|ニニハ: : : l,: : : : ト、',
     ./' .,!: ::!::,!:|: : :゙:|: ,x=x,  ゙i, ヽ!  _ノ/ハヾ、!ヽ|: : K ,|ニニハ: : |: : : : |ヽヾ、
      .,!: /|:,!: |: : :∧゙. ノ,ハ       .い//}/.|: : : : |) /|ニニニニ}: :|: |、: : |'゙   オーブを見付けたら
      ,!:,! |:l': : l,: :ハ l! ヤ/}        ゝ-'゙ |: : : : l_/|ニ>W:,!|::レ゙i,: |
      |/ .,!/|: : ∨| i.  ゝ'  ,    〃〃〃,!: : : : ハ: : K´: : !゙i:,! |,! ヽ:|    アリスちゃんを迎えに行こうね!
        /' l,: :,!|::!l,:i.〃〃         ..   |: : : :/ 从:| ゙i,: ::! .|! |!  .ヾ
          .l,::,! l,| l,.> ._    ¨    ,..|: :,イ,!斗i },! ヽ:|
          l/  ! .゙i,: | || リ'' ‐- .,,... "  .|:厶!.ニニ} |!  ゙i|
               ゙i,! !     ヤ-‐¬ニ"lγ'"¨¨`ヽ
                      〉二ニ=‐''7゙      ヽ
                  xー-=,.ノY´   /         ヽ
                ./  /´ ノノ  //         ヽ
                /  /{/'  .//            ヽ
               /  / /'゙  //              ヽ



  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i ) __ ( i)))
      / /⌒  ⌒\ \
     ( /( ●)  (●)\ ).  そうだお! 最後のパープルオーブが見付かれば
     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
     |             |  レイアムランドでラーミア復活だお!
     \            /


135 :◆vsQyY1yD2Q
             /          、 .             ヽ.
            / ィ   ,    !: :ヽ : : .  i: : }    :   ',
             |/ / ,  / .i:l |、_LV≧l、l :/ ./   :i  :|
              ./ / .{: :从 : |\l7ィ_テトl/ :/    i:|  :{
            l :/: :i : :Vィらト!   _ヾソ/:イ  . : 从 : : :ヽ.        そうだな。
            |八: :|\:{弋ツ .::::       /   : : iV}: : : ヽト\
                 ヽ|  }ド-ヽ         /イ . : : :}ノ: : : : : ヽ        ずっと1人でタマゴを守ってたアリスも
                   八   tぅ     /, : : /:ム: : : :丶ト-\
                  /ィ :\  `      /イ : /|/ }: : :、: : \        それで解放される。
                 / :/ >、_ ..   /: :/    |: :∠≧=-゙ー  _ ..二
                   |:/}/  |/lく\ {l/    」/{       . ´     やる夫、アリスを助けてやってくれ。
                   l′,   -‐ ¬ ハ|    /  }   /
                   /       |\{ノ   /   ,'  /
               /          l  `l  ´    / , '
                 〈 、       l   |       / /
               ) 丶ヽ.     l   |     / /
              {    \{    l  |   / /


           *  ______
    / ̄|  +   /        ヽ   +
    | ::|    / ⌒    ⌒    ヽ
    | ::|x  /  ( ●)  ( ●)     ヽ   人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人_)⌒::::     |  `Y´  もちろんだお!
 | ___)  ::| .!     l r┬‐|        /
 | ___)  ::|+ヽ     `ー‐‐'      /  十
 | ___)  ::|   /           \
 ヽ__)_/   /                 \


136 :◆vsQyY1yD2Q
【 アリスは複雑なようです 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ,イ 二二二 ヽ ---- 、
           イ´:.r ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   \
        /       `ヽ、:.:.:.:ヽ    ヽ
       /   /    ヽ  ヽ  ヽ:.:.:‘,   }
     ,イ  !   i ! ',   ヽ ヽ  .',:.:.:.:i    i
.     }  !! | |   | | ', ',   ヽ   廴_ }:.:.:|    |
    i / 丁|┼ 、| | i ヽ----ヽ´ !  .|:.:.:| |  .| |
    | /  | | |  /!|  ヽ', ヽ  ',ヽ }   i:.:.| |  .| |
    !/  | | ! ,' リ   ヾ、 \ i リ|| |', ヽ!.  ! !
    〃∨ .| ヽヽ{        , -==≠|/ ', /   ヽヽ   これ、ルビス様から与えられた役割だし
   /  ', |ヽ ヽ|ヾ≠       //  }    i }
.      リ !\ヽ   ′     u. { i  /   / /   「解放」 って表現は どうなのかしら……?
.        ノ } `ヽト  r‐‐,  イ ヾ、 /.  ノ/
       ', ! {ヽ  } ヽ、-><――ヽ } ヽ { ヽ!    いや、私の事 思って言ってくれてるのは分かるけど。
        ヾ、! ヽ|   {:.ゝ―‐ ´:.:.:.:./ ヾ、 |  `
          / ̄ ̄ヽ:./:.:.:.:.:|_/    ` ヽ-、
         /     /:. ̄ヽ/           i
        /    /:.:.:.:.:.:/|            ',
       __|_ / /:.:.:.:.:.:/:.:|     |       i
      /     /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:|    }         |
   /--、   /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.|   /        |
  /― 、  \ i:.:.:.:.:.:.:.i::|:.:.:.:.:.:.|  /=、 \     ',
  ゝ´ r、 `ヽ、 /:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:ヽ∠´⌒、`ゝ\   .∧
  ゝ―― ,ヽ‐‐ 、:.:.:.:.|:::\:., イ´  ` ヽ ヽ\ `ヽ、 .∧
. <.ヽ/ヽ/      ` ―<- 、  ヽヽ ', ̄ ヽヽ\   `‘,
  ヽ/   ̄`ヽ、          ヽ !ヽ_ヽ ` ヽ',__ | `ヽ┘
  ,'        `ヽ、       `┘  / ̄ i   ̄ ̄
  ヽ、       --― >、       /----┘
    ` ― ´ l\:::::::::--::、::`―― _/:.:.!
            }:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ
         /:.`ヽ|_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:イ´::::/::::i
       /:.:.:.:./::::::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::/::::::::!
     /:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::∧
   /:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::∧
  /:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
/:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 でも、うれしいようです 】


137 :◆vsQyY1yD2Q
              /                  .\
              '                 .  . : :トヽ
            /                  : . : : :ハ ヽ
           .,'           .   . ∧: .  : : : : : : \
           ' .     .     . : .  ./_,从:  :/: : :.ト、: : :`丶、
           ,'/i  .:|   : ..i  . . ∧ハ iz≠=i /i : : :.' }: : :ヽ_. >
          /' .{ . :|   : .トハ ト. i `¨'V代::ノ }/ } : : i/: : : : : `  .>
               i : :i! . : :|〃ト!ミv'    `¨´  ./ : : i:|: :.、: <´ ̄   あと、みんなが無事に帰ってくるのが
            ', : ハi.\:| 弋ノ. ,        /イ : :ハ|: : :ヽ‐`丶    一番 大事だ。
             ∨   /`.:ヽ  ,         , ィ:/i: : : :ヽ`
                    / . :.ハ  `  _.. -   /i// |: : : : :.\     やる夫、気を付けろよ。
                //i  : : .>   '   / -'´   l``ー─ ' _
               '´ /ィ : :./|: : ∧:{>‐' /´     ヽ-一'´ ̄   `ヽ
                  /' ,' :/ .|/ >、. V    _.ィ            }
                  .{/ > ´   ∧ j  - '/             ..::::|
                  /      /  '   /           ...::::::::|
                 {      / /  /           :::::::::::L
                 i  ::./ , '  ,  /              :::::、:}
                    }./ /  / /  _  -─  ::..         ハ
                 / ,   , '  ,          :::::::..        ハ
                i  ,   /  /        ........:::::ヽ::...       ハ
                {......i   i  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::..       ハ
                 、::|  .l  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:..      ハ
                ∧::|   !  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:..      ハ
                / .:ヽ.   l  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ::..     ヽ
               」 ::::::',  .l  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   \...
              r´ :::::::::::i  .| .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     丶:
              } ::..:::::::i:::',  | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ハ:..
             r'  :::::::::/:::::i  | !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        〉



         ___
        /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \.  もちろんだお!
     |       (__人__)   |
    \      `⌒´   ,/   嫁と子供と恋人を残して死ぬつもりは無いお!
     ノ          \
   /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
   |    l  ( l / / / l
    l    l  ヽ       /


138 :◆vsQyY1yD2Q

                   ,.. -──- ..,
                 /         \_
                /`'ー─-、-─'''二二__ヽ  ← マリナ&みゆき合作 手作りターバン
                .|´ _ニ-‐´ ̄ __   |
               |´ ,__ニ二◎,,,__ ̄ ̄}
               ゝ./ \    / \ノ キリッ
                /   (●)  (●)  \
                  |      (__人__)     |     み ん な 、 行 く お ――
                \     `⌒´    ,/
                /}:\____/:{\
              / /    △    ',l> ,>
              \__リ:::... <◎>  l__<
               <_/《   ▽    》ト-'  ← 魔法の前掛け
                .iゝ、_____ノl
                 l|         |l
                 .l.|         |.l
                l |         | l
               .l .|______.| l
               l二二二/  l二二二l
               (___ノ   ゙'-、,__)


139 :◆vsQyY1yD2Q



   ―― い ざ 、 ジ パ ン グ へ !


                                     |~l
                                      | .ヽ
                                  _  ノ  .\    _
                                   |ヽ_/.    `‐._//
                                 √_  ._    . __.(
                                 ) (.ヽ' \  ./  . ̄
                                 ⌒_   .\/
                                .ノし~|
                                .i    |
                                |,.   .|
                                /.    |
                                /   ./
                                /   .(
                              _ノ   i `
                        ._   _/     |
                       .l (,,.-‐´     .|
                 .,,____  ,.ノ        ./´
          _,,. -‐'´     'ー┘         |
         __!.,,__ ,,__,.,..__,...,_     _       /フ ..i´
       <´~ し、 _.ノヽ- \ つ   (└‐-'´!ノ⌒ |,..i´
        )  .く .~| .,,.-‐.v´ .! ,.-‐'
          ./   ./   `  .   `´
       .ヽ∩,!


140 :◆vsQyY1yD2Q
                          _
                        \ヽ, ,、
                         `''|/ノ
                             |
                      _   |
                      \`ヽ、|
                        \, V
                          `L,,_
                          |ヽ、)  ,、
                         /    ヽYノ
                        /   r''ヽ、.|
                       |    `ー-ヽ|ヮ
                       |       `|
                       |.        |
                       ヽ、        |
                         ヽ、    ノ
                         ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
                   ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
                 li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i
                  l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// −- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l
                 l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l
                   、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l   ……で、出産予定が
                    l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
                   l:.:i:.:八   、  ,、  ,  u..':.:.:.'_ノ:.:.:.:l    卿の出立の半月後とか
                    l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l
                    '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ   君、どこまで間が悪いんだい?
                        , : ´: : l__ .' : ` : 、
                     ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
                      /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ

       ィ'::U
     /:::::::::::l_ _ 一ィ'ヘ斗、イl
    ':::::::::::`7 /::::::::::::::::::/:::::::lヽ、
.  , ':::::::::::::::ィ-:::Y´::::::::/::::::::::::::::::::,l
 〈::::::::::::::::::i:::::::::!:::::::::/::::::::::::::::::ケ::::¬
  ::::::::::::::::{::::::::::::::::::〈::::::::::::::::::ハ:::::::::::!
  }:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::::丶:::::::::::|::::,、:::::::|
  /:::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::〉::::,.::/// , ヘ|
,/:::::::_._/ .|:::::::/|:::::|!::::/::::(レ   /
i::::r ' ´  /:::::::ノN::/:::l:::::::::ム ,i    言わないで。
ヽ、   /::::∧ヘ {:::::l:::::::::/_/
    ∧::::| 丶  |/'l,::::/ 
   (.:::::〉/\  ヽ|  l::::|   ← 四月中旬 出産予定                   ┼ヽ  -|r‐、. レ |
    )f´   ヽ  i|レ ヽ丶                                    d⌒) ./| _ノ  __ノ
    /       \/A ハ、


141 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第138話 「文明開化の金が鳴る」 は終わりです。


と言う訳で、いよいよ次回からジパング編開始です。

サブタイトルの 「金」 は、ゴールドと掛けてます。


原作では、ヒミコを倒した後そのまま勇者達は去って行きましたが

女王がいなくなったジパングは、あの後どうなったのでしょうね?


作中で言っている 「ヒミコに心酔している有力者」 というのは

原作で言うところのヒミコの神殿内にいる人達です。

ヒミコに近い人達ですので、ヤマタノオロチ健在の内は厳しいでしょうね。



ちなみに旧姓・佐々木さんの出産予定は四月下旬です。

やらない子の出産時には、やる夫も やらない夫も トラブルが無い限り戻ってくるでしょう。




次回更新は、5/10(日) 20:00〜を予定しております。

5/3(日) は 『悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常』 を更新する予定です。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


    II
  c(,,゚Д゚) < カワキノツボ!


第137話へ    4 第139話へ

春ちゃんの気象豆知識 ねんどろいど 春ちゃん (ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)香川あるある
春ちゃんの気象豆知識 ねんどろいど 春ちゃん
(ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
香川あるある

この記事へのコメント
ねらう夫はえんま家に婿入りか・・
ねらう夫はアリアハンからは勇者認定されてるが、ロマリアではおそらく無名だろうから
周りから見ればただの赤い血に見られてえんま家の評判にマイナス方面に作用しそうだが・・
やる夫は叙爵されたわけだから立場は違うし、そこんとこどうなんだろ
Posted by at 2015年04月27日 19:40
ねらう夫陥落!
というか、ねらう代とアーチャーもだったとは…。
このPT改めて冒険に旅立つことが出来るのか?

ゆかりの居心地が悪そうだ…。


> 嫁と子供と恋人を残して死ぬつもりは無いお!
フラグですねわk
Posted by at 2015年04月27日 20:07
再装填された!
Posted by at 2015年04月27日 20:20
そろそろカガリにも2人目来ないかな〜
Posted by at 2015年04月27日 21:02
>>*1

アリアハンとサマンオサの勇者が貴族になってる例があるし、サマンオサでの活躍を広めてると思うよ。
でなきゃ支援する意味無いし。
Posted by at 2015年04月27日 21:42
SFCリメイク版だと
おろち退治の後は残った住民に頼まれて神父さんが国の治め方を指導してたな
あの流れだと、ヒミコの宮殿は後に国会になったと思う
Posted by at 2015年04月27日 21:50
美術館博物館のところで出たやつあれ、かわきのつぼ・・・?

さいごのかぎイベント終わってたっけ?
Posted by at 2015年04月27日 22:32
>>米6
それ図らずもできない夫やヤンが夢見た民主主義への第一歩を原作では踏み出してたってことなんじゃあ・・・
いやあの世界ならまだ貴族制、集団指導体制レベルだろうけどさ

つーか普通にエムローム島制圧してんじゃねーよwww

てかこいつら装備も強力だしやる夫やタバサは極大呪文習得してるし、原作バラモスなら倒せるレベルだよね
マリオバラモスや新城ピサロはわからんが
Posted by at 2015年04月27日 22:54
まずいなヒミコに心酔していると倒れた後無法状態になりそうだ誰を上にするかで少しはいざこざは起きるだろう…
誰かまとめ役として出来る機能できる人がいるよなーこのまま独立国としてなるのなら後ろ盾の大きい人だよなー。
もう決まっているも同然じゃないか?やる夫もこの土地の価値は知っているし援護するだろうしな
Posted by at 2015年04月27日 23:01
うんうん、関係が進むのもいいし変わらないのもいい。それぞれベストな形があるものさね
Posted by at 2015年04月27日 23:03
結婚ラッシュか
タイミングが合えば合同結婚式が出来たんだがw
Posted by at 2015年04月27日 23:27
ジパングは文化的にも国民性的にも「食」で治めるのがいいだろうし
アル奈が無理ならもうベジータとできない子が王&女王になって治めればいいんじゃないかな
実力的にも実績的にも問題ないだろうし、食の追及がメインで勇者らしいこともしてないんだし
ジパングを勇者脱落組の安住の地にするって話もあるんだから、元々勇者たちは一部を除いて
日本人であるということを考えてもピッタリでしょ
Posted by at 2015年04月27日 23:38
絶対小さい子供の間で「ガメゴンかガニラスの甲羅に触ったら勇者」とか言って
水辺のガメゴンやガニラスに近づいて甲羅にタッチして逃げる遊びが流行りそうだな

その後大人に見つかり大目玉を食らうオチ込みでwww
Posted by at 2015年04月28日 00:01
ねらう夫は、ロマリア貴族の支援した勇者たちの中でも帰還した優秀な方だから
ロマリアでも知名度はあるだろ。

あと、最後のカギイベントは、メルキアデスの幽霊がでてきて鍵自体がうやむやになってる・・・?
Posted by at 2015年04月28日 01:40
さいごのかぎイベント〜
 みゆきのおじいさんがそれの製作者だったはずだから終わってると思う
Posted by at 2015年04月28日 02:16
アーケードのガンシューのように画面外で撃ってリロードか
我々は装填される瞬間を画面内で見ることは決してないのだ…
Posted by at 2015年04月28日 03:40
なぜ統治者が見つからないかはスレのほうを追ってるとうっすら理由が分かる
Posted by at 2015年04月28日 06:41
ねらう夫は子供が出来るまで冒険に出る事は出来そうにない気がするな(貴族社会的な理由で)

つまり搾り取られて爆発するまで幸せになるがいい
Posted by at 2015年04月28日 06:44
最後のカギはサマンオサに進行する時に使わなかったっけ?
北の封印がどうとかって奴
Posted by at 2015年04月28日 07:52
渇きのツボのイベントは97話だね
そこで最後のカギを手に入れ、まさかのメルキアデスが仲間になったw
Posted by at 2015年04月28日 09:19
ギャル実とお断りの関係が決着は付けずともはっきり見えてすっきり
今までもちらほら描写はあったけど、どういう方向の思いかははっきりしてなかったからねー
Posted by at 2015年04月28日 11:27
アーチャーとねらう代がくっつくとはな
やらない夫のAA最初誰かと思たわw
最初に生まれた子供らってまだ乳離れできてないの?別の子のことかな

Posted by at 2015年04月28日 13:13
ヒミコが魔法的な何かで心酔させてるのか
善政敷いて心酔させてるのか今のところ分からんしなぁ
Posted by at 2015年04月28日 16:14
米1

ここまで読んでいればそれら諸問題が解決済みだから閻魔家が婿取りに動いたと読める。
やる夫以外の描写は無かったがサマンオサ戦役参加勇者達はロマリアで「集団叙爵」受けてるはず。
婿入りなのはこの世界に「家」が無いからだし(やる夫は王族と結婚する為に態々「商家」を起こした)
まぁ、要らん心配って奴だな。

しっかし、アーチャーの伏線は読めたが相手がねらう代だったとはこのリハクの目を(ry
ゆかりっちはキタローが幸せにしてくれると信じてる(チラッ
Posted by at 2015年04月28日 16:45
>サマンオサ戦役参加勇者達はロマリアで「集団叙爵」受けてるはず

そんなはずないだろw勇者認定ならともかく。叙爵って意味わかってる?
Posted by at 2015年04月28日 19:08
正確に言えば集団勇者認定で準貴族扱いになっているだと思う
Posted by at 2015年04月28日 21:13
きめぇ夫もそろそろ嫁を・・・
Posted by at 2015年04月28日 22:22
そろそろ現在の家族構成が知りたいなw
最初から追ってる身だけど子供が生まれた辺りからあやふやだ。
Posted by at 2015年04月29日 00:33
いやー、ダイジェストとはいえ時間が流れ、カップル成立が表にでてくるとそれが重く実感できるわ。
個人的にはおことわりとギャル実のカップルのイベントがもうちょいほしかったなぁとか。
いずれそうなるだろうとは思ってたけど、もう少し時間かかるものと思ってたわ。
そういえばできる子は、ダディのマダムルイーダとの再婚とかはどうお考えかしら。フラグ足らんかな
Posted by at 2015年04月29日 01:52
嫁リスト 第138話時点(2015.04.26)

嫁ズ 10+8+13=31(内妊婦11)(子供13)
カガリ(カナ男)、精華(アリア)、みゆき(みなみ・ゆたか)、ルナ(マユ)、
メイリン(ハロ・明鈴)、夏美(スバル男・任)、
めぐる(任)、せつな(シフォン)、美希(真 男)、雅音(梨穂子)、

やらない子(任)、やんねぇ香(任)、アイビス(千早)、ぽぷら(エドワード)、
サン(任)、ヴィクトリカ、マリナ(任)、神夜(任)、

ミネバ、リュカ(任)、もっさん、ほむら、まどか、杏子(任)、さやか、
マミ(任)、ネリー(任)、イングリッド、モルジアナ、伊織、3x3Eyes

婚約及び恋人あるいは家族
アナ・タバサ・まゐ・雫・アリス

※非公式であり間違いを含むジャンク情報として認識されたし
Posted by at 2015年04月29日 10:39
あ。妊の字間違えとるわww
Posted by at 2015年04月29日 11:11
>正確に言えば集団勇者認定で準貴族扱いになっているだと思う

そもそもロマリアがやる夫を叙爵(勇者認定とどっちにするかで迷ってたが)したのは
ロマリアからの反逆者、ブロアを討伐したからだからな?
ブロア討伐に参加した異世界の勇者・貴族はいっぱいいるけど全員に褒章あたえられないから
代表してやる夫を叙爵したんだろ。だからロマリアから勇者認定はだれもされてないよ
第一、勇者認定してたら本編でやってるだろ
Posted by at 2015年04月29日 11:51
カズ×トキは鉄板。異論は認める。だが持論は曲げない。
ギャル実とお断りもいいなぁいいなぁ。ニヨニヨするぜ〜。

ガメゴンとガニラス…すっぽん鍋とカニ料理が捗りますな。

>ギリギリまで修業したいって話だったから
ルナマリアは決戦間近のZ戦士かw …何とかしてダーマに精神と時の部屋作れないかな。

あとダーリンと口元が似てきたさやかちゃん可愛い!

うん、うすうす分かってたけどやっぱりジャパニーズ・コメの魔力にとりつかれたか、美希w
Posted by at 2015年04月29日 16:00
ねらう夫については、アリアハンの勇者はロマリアや各地公認でしかもエンマ専属の勇者になってる
そしてなによりサマンオサ解放およびブロア候討伐に参加してる功績あるから叙爵は時間の問題思うぞ。

それにあのモア女王達が味方にできる相手に何も考えてないと思うか?
Posted by at 2015年04月29日 19:56
>>米6

あの神父がどこから来たのか気になる
「みんしゅしゅぎとな? なにやらよくわからぬおきてじゃのう」
と言ってるジパング人がいるから、少なくとも民主主義は知ってるわけだし
Posted by at 2015年04月29日 20:32
卑弥呼懐柔
または本物復活とかな
Posted by at 2015年04月30日 18:31
ねらう夫が一般人扱いコメントが多いのはちゃんと作品を読んでないのかねえ?

ドラクエ3の本物の勇者じゃないからと異世界勇者達は考えてしまうようだが
君らは既に実績ある勇者だと説明されてる回があったし

アリアハンで複数オーブ確保という実績を持つ勇者やらない夫が貴族に取り込まれそうになってたり
貴族が勇者の血を入れることをよしとしてる描写はこれまでもあるのに
Posted by at 2015年05月01日 00:07
「山田は家族じゃなかったんですね……」
Posted by at 2015年05月01日 01:40
ゲームだとオロチは二回ブッ飛ばすよな…裏技で一回ブッ飛ばして追わずにいると、また洞窟にいてブッ飛ばせる…
味方に引き入れるまで殴り続けるをやるのかもww
まあ、ゲームとは違うか、ゲームとは(笑)
Posted by at 2015年05月01日 05:18
まいん「パパとママはいつ結婚するの?」
Posted by at 2015年05月01日 15:34
↑3
ねらう夫は実績はあるがアリアハン王家公認勇者のやらない夫と違い、ロマリア王家公認の勇者じゃないからな?
王家に認定されなきゃたとえ勇者だなんだ言われようと、一般人に過ぎないから
えんま家はそれを承知で婿に迎えたんだろうが
Posted by at 2015年05月01日 20:35
サマンオサでは勇者認定は受けたんだけどね…。
サマンオサとロマリアでは世上が違うでしょうからねぇ。
ロマリアでの叙爵や勇者認定はないと思うよ。

とはいえ、ねらう夫はえんま卿の元で色々なパーティーに参加している(させられている)からね。
少なくともえんま卿周辺では間違いなく顔は売れてるよ。

どこで色々パーティーに参加しているんだよという突っ込みが入る前に言うと
74話でパーティーの示唆、82話でえんま卿主催のパーティー、132話(2)でアミバの台詞から「帰ったら面倒なパーティーばかりらしい」というのがわかります。


まぁその辺りは兎も角、やらない子には出産して落ち着いたらジパングの樹海攻略に参加して欲しいな〜とか思ったり。
そしてやらない夫はジパングで職業勇者を獲得して欲しい。
Posted by at 2015年05月01日 22:32
ねらう夫に関しては

・婚姻の言い出しっぺはえんま卿側である
・えんま卿は極めて一般的な貴族であり、常識から逸脱したことをするタイプではない
 (また、もし非常識な行動だったならば周囲も程度の差はあれど驚くはずである)
・よって、ねらう夫と四季映姫の縁談は常識の範囲だと考えられる

ってことで問題ない事は説明できると思う
どこで問題が無くなったかは多分↑の人が言うようにパーティに何度も参加してたりしてたからじゃない?
Posted by at 2015年05月03日 16:02
今後の期待も含めての縁談なのかもしれないしな
バラモス討伐の勇者連合の中にねらう夫がいる・・となったら、えんまけにとってはこの上ない栄誉だし
Posted by at 2015年05月03日 17:39
読み返してみた。

サマンオサ戦役におけるロマリア王家の叙爵について
  対ブロワ戦のスポット参戦の貴族達は北の砦戦の後すぐロマリアに帰り
 王家から「褒賞を貰ったかのような描写(栄転したよ!」があった。
 で、それとは別にサマンオサ戦役終了後にも褒賞に悩むロマリア王家の描写。
  恐らくこの辺が「スポット組」と「最初から最後まで付き従った」グループとで、別に論功があったと勘違いが発生する原因かと。
  後は、やる夫以外の勇者と貴族の婚姻も一因か(叙爵したから問題なかった。と、勘違い。
 集団叙爵中の結婚式前のお祭広場で、戦役参加勇者が映ってる事からもやる夫以外の勇者への叙爵は無かったと見るべき。

ロマリアの国勇者認定
  戦士遠坂の戦役参加勇者に対するロマリアからの国勇者認定はやる夫のみと明言あり。
 理由は「ロマリアは騒動の中心ではなかったため」(只この説明、筋が通ってるようで通ってない。

 文化振興や地域発展への寄与ではなく、勇者としての働き(対魔王軍での勲功)を認めてと言う事なら他の勇者にも何らかの形で報いないと、
 国勇者認定をしている国からはやる夫以外を軽く見てると映るし、国内からもやはりニュー速で家にのみ肩入れしていると言われる。

 対魔王軍の勲功で他の勇者と併せて国勇者認定、文化振興及び地域復興の功を持って男爵にがよかったんじゃ?
Posted by at 2015年05月04日 20:42
まさかのオロチが嫁になるフラグとはこの時点では知る由もなかった…
Posted by at 2015年05月04日 21:13
ねらう夫を無理やり『勇者』に当てはめるなら、村勇者〜町勇者ってとこだな
Posted by at 2015年05月05日 11:35
最初から見てきてやっと追いついたわ
丸2日かかったぞw
Posted by at 2015年05月05日 21:36
丸2日って早くねぇ?たまに読み返すが、5日から1週間はかかる
どっちが普通かなぁ
Posted by at 2015年05月06日 21:30
 合作…みゆきの手でエンチャントされているだけでなく、ターバン自体がマリナ謹製だから、縫製がメッチャ頑丈なのだろう。そこらで買えるターバンどころか、下手な金属防具以上の防御力があるのは確定的に明らか!(ソラソーダ

 はて?やる夫の武器は何に刷新されたんだろ?
Posted by at 2015年05月07日 10:47
えんま家としては婿としていれたわけで、嫡男がいなければ後継者。
んで、結婚前の実績(アリアハン&サマンオサ認定勇者)は基本的にえんま家の実績になる。
無論これからあげる実績もすべて、ねらう夫・えんまによる実績になる。

貴重な姫を使うのに有力貴族との血縁に使うか、家としての名声アップ(家格上げにもつながる)に使うかは難しいところだろうけど、いい買い物だと思うよ。
Posted by at 2015年05月09日 08:41
ここまでやる夫系統が出てる中でねらう緒が出てないのがなぁ。
ねらう代とかねらう夫が出てるから希望はまだあると信じたい
Posted by at 2015年05月09日 22:51
今気付いたけど、精霊の国にいる神父さんが浮いてるよね。
ジパング統治のために引っ張り出されたりしてw
Posted by at 2015年05月10日 02:30
ねらう緒はAA数豊富で出そうではあるけど問題は性別どっちになるかだな。希望としては男
Posted by at 2015年05月11日 01:45
ベジータとできない子はこのままでいいな
老後までこんな感じでいきそうね
Posted by at 2015年05月16日 14:38
後方支援や知力が戦況を左右したサマンオサとは逆の強さが必要になるか…
まぁやらない夫パーティ、お断りします、ルナも後発で参加(?)になるならその辺りは平気か?
Posted by at 2015年07月24日 16:24
ゲームだとさっさと手に入ってるパープルオーブが最後になるとはw

あれ? そういえば日本って「自然大害多発地帯」なんだけど大丈夫か?
Posted by at 2016年10月19日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/124133736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ