■ 収録シリーズ

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ5の主人公に転生したようです、ただし双子で
   現行スレ NEW! 4/4 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵

  ニセ予告『華族学園の風騎委員 流れ星は影で斬る』
   →小説本編 NEW! 4/11 毎週 水曜・日曜に更新しています。
  ニセ予告『異世界混浴物語』 →小説本編(完結)
  ※ 小説本編は 『小説家になろう』 に掲載されています。

  ※ 投下・更新が延期される場合もあります。あらかじめご了承ください。

 各掲示板へは、こちらからどうぞ。
  やる夫deLiveAAA板管理スレLiveAAA板避難所避難用スレ小説系掲示板

2015年12月28日

地霊 コロポックル


                 _ -‐ … ‐-、
               厂          __, >ー-、
            r'       _ -‐ ゙~´       \
            } _ -‐ ゙~´               ヽ
            厂´                  _ _   〉
              /  . . . : : : : : : :_: -‐=ニ二 :_:_:_:_ `く
          /. : : : : : :_: :-‐: ~`_: : :-‐‐        `~¨ヽ
          ヽ_,..-'''"_,..-'''"                   〉
         ///,',∠´.:_:_: .ーァ        __      /
         ∨////////// __ -‐< ̄    >x_,,〈
             ∨,/////'/-‐ニli,==ミ \   /ィミ ハiハ
           У-‐Y⌒!  !:;ハii!  ヒ! ヽ    'ヒ! hi}:!i}
          / / /人〈ハ :|i :i!`ー-‐    !_ー' ! :iY
             { / /´レ'l\∨:!\{          ノ   }.;/jリ
             }ハ/ハ::|i:|:{:i入 ト、 \        ,イ[;'´
          ノ :{ ! i::{¨¨¨¨¨\\     '⌒ ,ィ〔:}l/
          ノイルiヘ::::::...丶 ヽ_`≧ァ- .,,_xく丿:リ′
         ⌒ハリハ{ \:::::::::\ `‐-三_,.〔_::》Y´
             /{  ヽ  丶、::::::ヽ_     _/‐- _
         ∧:\   `、 `;.、 ⌒    ...:/´ ヾ  `ヽ

原作:地霊 コロポックル
ポックル
( HUNTER×HUNTER )


アイヌの伝承に伝わる小人。
名前は 「蕗の葉の下の人」 という意味。

北海道、南千島、樺太に広く伝わっており
フキの葉で葺いた竪穴に住んでいたとされる。

また、交易の際に姿を見せない、土器を製造し使用していたという伝承もあり
南千島には伝わっているのに北千島には伝わっていない事から
その正体は、北千島のアイヌではないかという説がある。
( もちろん、北千島のアイヌは小人ではない )

十勝地方には、コロポックルはアイヌに迫害されたために土地を去ったという伝承もあり
コロポックルが去り際に遺した呪いの言葉 「トカップチ(水は枯れろ、魚は腐れ)」 が
十勝の名の由来だとも言われている。


なお、現在のコロポックルのイメージは
日本の童話作家・佐藤さとるの作品、『だれも知らない小さな国』 が元になっている。


【 配役裏話 】
名前つながりで配役しました。


posted by 文月みと at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170789844
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ