■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2016年05月30日

外伝「大団円」(3)

外伝へ   3  第161話へ

51 :◆vsQyY1yD2Q

            ,、-―‐--.、、,,._ ┛┗
         ,/´      、_ ..┓┏.ヽ-、,,_
        /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
      /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
    ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
   ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,        国同士の盟約は確かに大切じゃが
 .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,
       j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ         そのために娘に犠牲になれと言うのは
       i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,      父親として どうかと思うのじゃが
       >i,ii,            /゙   ,、>、,
      /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,  クラビウス王は、どう思われるかな?
    /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i
   .,/     \,   .i  ,ノy'i-、,,_,,./ ,.r'シ'゙    ;i
  /  ,、,_    ヽr^i-‐;;i゙,i=/=-‐‐! //      .i,
 ./   \,`゙ヽ、   ゙ト.,TT"゙''t‐'''"iフ,,/´    ,.r   .i
. /     `゙''‐-、、,,,,,_i_  i, ,、レi-;/'゙   ,,、-‐"    |



                   ...:-==ニニ=ー......
                 /::::=ニニ三三≧::::::ヽ.
                ///ィ爻辷ニ=ー=ミ::::::::::::::..
                  ////イ彡:::::三ニ≦⌒::::::::::j
                 《爪  寸:::/::{⌒寸_::::::::{       し、しかし、こちらも
              /l  ヽ /=_j 6 }从}小圦
                { V/ミ∠チ ノ   .ノ      `}¨''Tニ   世界が平和になったのを大々的に祝うため
               弌寸::::` \         j  |ニ
                { ヘー- 、      }     .'  .|ニ    既に各地に招待状を送り結婚式の準備を……。
                 `¨州イム\  人    /   .l二
                    ヒ彡   ..::::: \  /    |二   今更 中止にすれば我が国の面子が……!
                       {  ム≧、   |ー--┴=
                     `¨´ /   ゝ、 圦   |二
                      // =ー寸,  〉  .|二
                       ,イニ/イニ二 込 ヽ  |二
                    |ニニニニ二二   \ノ  .!二
                    |ニニニ二二二    {   |二
                    マニニニ二二二   i   |二


52 :◆vsQyY1yD2Q
                    /: : :/ヘ:\:l: :/: /:ヽ:\
                     〃/: : /   `''ー- '´  l:i: : : ヘ
                  /:.:/:.://          |:| : : : ハ
                  ,': : :.:/l/-―-、   _  |:|:: : : : :i
                      ,: : : ::'´ _ −      `丶イ: : : : :|
                 l: : : :lyf _,ノハ`     ,二.._ |:i: : : |:|
                 |: : :|:|{乂__ ソ       f _,ノハ`Y: : ://   心配いりませんわ。
                      ',:i!:.|:|      ノ   乂_,ン ノ: : //
                   从: ::、   r―- ..,,_   /: :.://l    やる夫、あれをクラビウス王に。
  r‐、             /: ::\ト   V   )ノ  〃/: : :|
   ヽ \    , ┐      ': : : : /: \  丶--‐'  .イ: :!: !:.: :|
    \ ヽ. / /       /: : : ::/: : :/:.:}丶 _,,. ィく: : ::|: :|: |: : :!
     /^ヽ `{ {     , : : : ::/: : /くハ    〈, へ.: |: :|: |:.:. :',
    ,/_`ヽ }/  ヽ    /: :, -‐=ニi   ヽ\ //  `>、..,,_:. : :',
    〈 -、`Y |   |   /: /    ',    \' /  /    `ヽ ',
     \`¨ \ /  /: /   !    ',     /  /     /   l:.',
      ヽ   |   /: /   l|     ',  〃  ./      /     !:.:i
      /i  人 ,: : i   k     ∨   /     /  / |: :|



               ____
             /      \
           / \    / \
          /   (●)  (●)  \   ハッ!
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/   こちらを ご覧ください。
          ノ    ー‐ _  \
         {  、  __γrァヽ  }
         \        _ノ  iノ
           ≧=‐--   ¨    |
              |            |
              l            l
             |       /、    l
            |    /  ヘ    l
            l     /   ヘ  l
          (__)   (__)


53 :◆vsQyY1yD2Q


                            , -―_――_―-- 、
                             /ヾ,r.'/ \_ヾ、-ニ.ト、
                         /,' ニ!l {   /  〉!=-l ヽ
                           ' lニ='、、 `Υ  //-ニl  ',
                        i .l //,>ー イヽ\/    l
                         l / ̄ 二二二   ̄` 、  !
                             'l .r'"´ ー-   二=‐ 、 ヽ. ;
                           ヽ',            ヽ. }/
                             `  ._          ,. 'ノ'
                                    ̄ ̄
                        原作:アルゴンリング
                        ティソダー
                        ( ソード・ワールドRPG )



  ミ::::::::::ミミェ  ;;;;;;;;;;  ;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;';、 : :/
  ''´`´"゛´''``''''';'''''';''' ノ ノ;;'''"""'、ミ;;;;;ノ
  ::                  'ヾ;;;;´、
  :::.                  i:::::::i    /~) /~)
  ::::..                  l;;:;;l   ////
  :::::                   i;;:;:|  o  o
  ::''       ;;          .,:;:::|ミ;:|ヽ
           ';  ;;  .ii    " .lミ;l"|
  __,,,,....,,,,,_       ;li  ;i!    _,.;;;::::|ii |
     "'''≡::::;;;;;..,,,  ´;  ';、,,.;;;:::="  (;;;| .|,  .,r-、,rー
    ,.::=======:、、  ィ,',:;==''''''''''''lュ | /
. 旦_/  ◎ .i; " i ,-''-'''i;´_.◎_ノ ;;i´i.  |/
   "i -=::;;::::''" ..;'  ノ    ',..'''''" .::iiノ
    :、_ ::::    _ノ     ii、...:::-==''"
     " '''''''''''"".      ;ii;    .|_
.          .,  '、    :'ii   ,;" "''ー--ー''ー-::-ー
          .(       'ii、  ;;
     ,..::    ヽ-:;;:、_  ._;:'ii; ; /
   .,;::'' ,.;:i;:;:il;:;/;:/ノノii;:;'ー,'"ノ;ii  /
  ..;::"  //;:/::':.,,,,,___'''''_,,.::;;-ァノ ./
  '::'   ,r'''''ーー----~-'ー''";/'/ ./      こ……これはアルゴンリング!?
  ::  ;il : : : : : : : : : ヽヽ;;r' .' ./:|
   '  i-、_: : : : : : : : : ) ii .. /:::l        一体どこで……名前は!
   '  ;-、 "''-:::;;;;;;;:::-' ノ;i ./:: ::l       名前は何と刻印されている!?
      . ~''ー-::;;;;;;:--ー''..;' |:::: : |
         ..,,,, _,,;;::-'  i: : : :l
  "'ヽ、      ""    .ノ: : : |
  : : : :`-、        _,:'、: : :/
  : : '   `-,,,,______,,;;-'''" .i : : :~|
  "'-:、_    ""::/   : : : : |


54 :◆vsQyY1yD2Q
        j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  }:::/     ミヽハ
        ,'::ニ=-  _,x=   ̄ ̄````丶´      ミ:::::ヽ!
         {/   ,. ィ´::                , -   ミ:、:::::!
.          }  /::斗::::    `  、      /     ミ:. Y
       〈 〃:::::::;チ::::i       ヽ   ./    _,. -- _:.|   ウィニア……だと……!?
.         i }:::::/ イ;::::レ- _    ':,ヽ :i _,x≦:::==┐-┐
       八j/   , リ::'´::::::::::::≧=-zzノ__,.ヽ{::〃 O )iy }ノヽ',   まさか、兄上が贈った……!?
.          }=ミ/;.l__f「 ̄7/ O >::[ニ= ',ヽ:ト-=彡' |}::i i=- _
.     __,. <.! r:、 Y ̄| \:::ト-=チ:/ |    l  __   -' 〉, ∧   ` 、_
    / ,    :i:::ト、',:.i{::::i L__    - '     ' ̄    /:iy , iヽ     \≧=- _
.   / i    ',ヽ√{:::::. ヽ、       ,:       i、     i: | /   i:‘ ,
.   ,'  |    ヽ;:::、ヽ::::. :::i    _/{.:::_:::....::::-リ_\   | |':::   ', :‘ ,
  _i  |      ヽ::::::',::: ゙ i   r ',.xニニニニニニ二二}',  从:   ', ゙、:',
.√i |.|  .j   ::7:∧:::. ',  ,' {二ニ=-=≦ ̄`i :!  '::::::     ,  :',    ',
j  ', :i l:.  .:|   :::'::::::/:,::::.  i  <ヽ:::::::::::::::::::_;::-7 :| /i:::::.     i  ',     i
   ', i i::. .:::!   .:,'::: /|ト:;::::. i  ` ====   ̄  '/::}::::       i        !
    Y ∨::::|    i:::/  ',:::::::\::::..    .....::::::¬´ /:::リ:::      i     |



              /:/: : /: \: : : :\:/.: : : : : :/: : : : :}: : : : : : : ハ
              ,' ,': : /: : : : :ヽ: : : :.\: : : : /: : : : : ハ: : : : : : : :ハ
               {:.i : ∧:\: : : : : : : : : :ヽ : /‐-、: : /: :',: : : : : : : :ハ
              V: /  ',:', \: : : : : : ヽ: :Vf⌒ヽ\: : : ',: : : : : : : ∧     はい……それはエルトリオ王子が
              iヘ;'   :.',  ヽ: : : : : : ヽ:',ヽ ヽ }: : : :',: : : : : : : ∧    ウィニア様に贈ったもの。
              |:∧   )'   /: : : : : : :',.i  〉ノ ':.: : : :',: : : : : : : :ハ
              |: ::ハ    /   ',: : : : : l:| {/ /:.: : : : :':,: : : : : : : ∧   二人が同じ墓に葬られているのを
              l: : : :ヽー=' ノ    X: : : : l:|  rヘ: : : : : : :.':,: : : : ':,: : ヘ.   確認しましたわ……。
              ',: : : : : \ `ヽ ノ〃 ',: : : :リ  ',  ':, : : :',: : :':,: : : :.ヽ: : :\
              ',: : : : :| ヽ  彡'   !: : /l      、: : :ヽ: : :ヽ: : : : \: : \
               ',: : :.:.:|  '}     l: ://   /   \: : :ヽ: : \: : : : \: : ヽ
                ',: : : :|. ノ      j:/     /     /\: :ヽ: : :\: : : : ヽ: : ヽ
                ',',: : | ` ¬_ィク    /ヽ.  /  l >、: ヽ: : : \: : : :ヽ: : ヽ
                ',ヽ::',      `⌒ヽ_/  }/l   /   \:ヽ: : : :ヽ : : : ',: : : ',
                  ヾ、              /l  レ'"´  ̄ ̄`  \',: : : : ヽ: : ',: : : ',
                              / 」/              ヽ: : : : : : : :',: : :.i

           ※ ウィニアは、グルーノによって密かにエルトリオ王子と一緒に埋葬されています。


55 :◆vsQyY1yD2Q

              _, --- 、r― 、
            / /  , -_,. >ヽ、`マ´
          ,イヽ,::{ ∠-ヘ 、 \ \'、ヾ;,
         / .‖ ̄´  _ヽト ,  ヽヾ|`
        〃  ル    "   ゙ i |  、ヾi
       ‖  /{⌒    、   }ハ  i',i !
       i:! . |{  ,    ミニィ } i  i;リ゙ハ,             __   そしてこちらがエルトリオ王子の忘れ形見
       !{ :. !,__彡 ィ   ´ ´ ‖  jイ,リ ヽ          /,ィ/
       i,ト, :: Y"  ´  , 、   // イ_ノ   \      ト,.//f|j    やる夫ですわ!
        `\::ヽ  て´  ) 〃/.ノ ヽ    \    ノ f く/|:{
          ヾ,ゝ  \_,ノ    ィ   ヽ    ヽ,   {   ソ }
         |! \,   ‐   /|  ,  ヽ     ゙、  ヽ,  / /
          | |  |:::`::┬ '"   !,、_i   ゙、     '、  _i  ./
          | |  |i:::::::ノ    /ヘf⌒r:、 '、     ヽ ハ  i
          | |  _ンf"   _,./ >フイ \ ゙、     Y \ハ
          |_r'''Y" ヾェ_彡く / ン /   ヽ i    /   \:i
         ,イく (_/X\r'⌒ヽf" ,./    ヾ! i   /     .ソ
         i ! ヒ_ //イi|ヾミヽ/´  |i      \  ./    _ィ
         | i|  ヾ‖! ヽY    , !!       !ノ     /
        ノ :|   ‖ |  i」    \!      〃      /|
        !  :!    :|        \    /      ハ:|
        ノ  i    :|          \   :      / j:!
       /   !    !            i\      ノ ル


                                 ____
                               /      \
                               / ─ 8主 ─ \
                            /   (●)  (●)  \  ど、どうも……。
                              |      (__人__)   u. |
                            \     `⌒´    ,/
                            /           \


56 :◆vsQyY1yD2Q
     ミヽ 、\、\ヽヾヽヾヾヾヾ小ハ
       ヾ_ヾヽ斗ヾヽヾヾハ} }从ノjjム
       小   ``¨¨`ヾ,从小ソ'ヘソハ
      >ミ    i              彡
       ミ   lj             l_j
      `ヾ≧   .__     ヽ. /    _リ
   .>ミ<  rイ小)i;、 ヽ j {  ,,イ彡___
     Yミ|>ミ>Y=モテテ=弋辷彡イテ ̄7'   そ……それは真なのか?
      ミl      | `ニニ   j i. |`¨´ {. /
         ヽ 辷__ ノ } |辷_lノ三ニー-
     _|     '    ,イ「  :  |、 イ三三三三三ニニ7
     ::::|    |  /´ .人__イ__jィV三三三三三三三ハ
     小.   j  /v-zzzzzzzzイ |三三三三三三三ニト,
      ヽ.      ム-‐=三三イ /三三三三三三三三Zー--
    \  \   {   ` ̄¨¨ j/三三三三三三三三イ三三
     ヽ  ::\     .: : : : : :j三三三三三三三三三三三
      ヽ. :::::\      ノ三ニ辷三ア⌒ヾミ三三三三
        \ :::::::>--- <ニ彡': : . .        `''<三三
        ,,イ     ____/ `   : :. ..  Y. . .    >,
       /_,,-ー=ニフ'' ノ: : :..          弋:_: . . .  : : : |
    三三三>'''  イ´             \ミ}   : : :.|
    三三イ   /: : .         \       Y|   : : :.|
    三/       |: :.      ',     \  .: : :| 〉  : : :j
    イ    ___,zョ{-弋     ヽ     i|  . : : イ  . : : :{
      <三三三三:ヽ     ヽ    j  . : : :{  ..: :∨



              ,、-―‐--.、、,,._
           ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
          /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
        /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
      ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
     ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,   ウィニア殿の父親、すなわち やる夫の祖父に確認してきた。
   .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,
         j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ.  間違いない、証拠が必要なら やる夫の祖父を呼んでくるぞ。
         i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
         >i,ii,            /゙   ,、>、,
        /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
      /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i
     .,/     \,   .i  ,ノy'i-、,,_,,./ ,.r'シ'゙    ;i
    /  ,、,_    ヽr^i-‐;;i゙,i=/=-‐‐! //      .i,
   ./   \,`゙ヽ、   ゙ト.,TT"゙''t‐'''"iフ,,/´    ,.r   .i
   ./     `゙''‐-、、,,,,,_i_  i, ,、レi-;/'゙   ,,、-‐"    |
   i            :i^iニi,/ミノ/  ''"´        :i
   i    、、,,,__,,,、、  .'V、,_`゙ネ゙、、----、、,,,_      .|
   |         .,、-‐''"´ `Y゙        .`゙''ヽ、,  .!
   i       ,、-''"       ヽ,           ゙ヽ, i
   .i    ,r‐'゙           ゙ヽ,            ゙'i
   .i  ./            ,、, ノ             i
   ! /          .,、-‐'゙,、/ヽ.、,,_         j
   /゙        ,、-‐'゙_,,、-'ン゙、,     .`゙゙゙'''''''‐=ミォ  i


57 :◆vsQyY1yD2Q
                ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
                ;;;;;;'"""""''''''''''"""´`ヾ;;;;;;;
                ,.l;;;;;   、   ,...   ;;;;;;;;!.、
             { :!;;' __ ヽ ,  __ 、 ';;;/.:i }
             , =l `ー ' l=! `ー ' }ニィ ;: /   ……正直、私も一目見た時から
              、.乂 _ ノ  乂__ ノ  '.ノ,    兄に似た目をしていると思っておった。
               ヽ   .:::   ;   , ' .ィ
                   !  ,,,,,,ヽ,,,,´,,,,,,,   ,.l、     だが、まさか本当に……。
               , 、 '"""""""""' ; ./ l !ヽ_
           . _-ニ!ヽ    ー      /.,!ニ'ニ‐__
           ニニ/ニニ!  、      , ' / /ニ='ニニニニ
           ニ/二二l  ヽ ー― , '  /二二'ニニニニ
           /ニニニ!   \_,. '     ,二二二'ニニニニ
           、ニ二二l   /;;;;;;;、   ./二ニニニ'ニニニ
           =>二二l  / ';;;;;;;;;;;' 、 /,二二ニ<二ニニ
           =ヽニニニ!/  ';;;;;;;゙ ヽ/ ,二ニニニ/二二二
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                   / ̄ ̄\
                 /   _ノ  \
                 |   ―( ●)(●).     原作:エルトリオ王子
                    |      (__人__)     やる夫のトーチャン
                  |     ` ⌒´ノ       ( やる夫派生 )
                     |         }
                     ヽ        }
                   ヽ     ノ        \
                   /    く  \        \
                   | 父  \   \         \
                    |    |ヽ、二⌒)、          \


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


58 :◆vsQyY1yD2Q

            ,、-―‐--.、、,,._
         ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
        /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
      /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
    ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
   ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,     そこで提案なのだが、かの盟約
 .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,
       j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ     この やる夫と、ミーティアで果たさんか?
       i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
       >i,ii,            /゙   ,、>、,
      /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
    /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i
   .,/     \,   .i  ,ノy'i-、,,_,,./ ,.r'シ'゙    ;i
  /  ,、,_    ヽr^i-‐;;i゙,i=/=-‐‐! //      .i,
 ./   \,`゙ヽ、   ゙ト.,TT"゙''t‐'''"iフ,,/´    ,.r   .i
. /     `゙''‐-、、,,,,,_i_  i, ,、レi-;/'゙   ,,、-‐"    |



                        __
                    ,,.r:':"゙"::::゙"゙::'ヽ、_
                  _,::'":::::;、 -‐ ‐ 、:::::i:::::゙':、
                 r":; ='´     ゙ヽ;::::i::::::::゙:、
                 }:{'      ,, --   };:::::i::::::::i
                .l:::! ,._  _,,,:''"´ `'.r-、゙;::::f 、::.
                 > '"゙ '.ァ'" 、 _.ノ   ,. '!lゝ.i::
                 !    ,!  、"´   イ' ll'r .}::.   なに? いや、それは……。
                 `t- '"tヽ`_,,,,,_   lj  : '゙'、
                  '、 ,ィlr"''"゙゙丶 ヽ     !  ;
                  '、  イ,"´-_`-  〉  ノ ,
                   ',  t'''"´,   ' ,. '´ /!
                    `、 `´    ,. ' / /
                      '、, _ ,  '"´ /  /
                       ` ' ァ./   /


59 :◆vsQyY1yD2Q
                    /: :/ : /: :; -―: : : :-―‐\: :く
                     〃: : ::l: :/: :/: : :_, -―…::、―-ヾ: \
                 .X: :\: :i|/:/,  へ、:',: : : : : : :ヽ: : :∧ヽ:)
                 /: :`T¬ー ''"´    ヽ:',: : : : : : : :V: : ハノ’
                 ,': : ::l:|          ',:i',:.: : : : : : :V:/ ハ
                 ,': : : :l:|           l:| ',: : : : : : l:|: :/:ハ     この際、ハッキリと申し上げますが
               .': : :.:.:l:|             _」:!-ヘ: : : : : |:|:/:/: :.',
               |: : : : N_   _ ヽ ` ̄  リ  l: : : : :|:|‐く: : : ',.    このままチャゴス王子と結婚となると
               |: : : : | l  ̄     -‐      |: : : : j:|く }: : : ',     私、逃げますわよ?
               ',:',: : ::',   -‐    ミ≡=‐' |: : :.:/リノ /:',: : : ',
                ',:',: : ::',ミ='´            |: : :// /: : ',:.: : :',   世界中を旅してきた事と比べれば
                ':,\: :',    〉        U ,'.://イ: : : : :',: : : ':,   それくらい容易いですわ。
                  \\:.、  r 、_, -‐ 、   /:'/{: : |: : : : : :',: : : ヽ
                    ゝ、 ,>‐y- 、__ノ  /   V:.:';. -―…‐-、: \
                      |:.:/ ィ(__,| , '´     /フ        ヽ: :ヽ
                      |:f¨´ ̄`Y 〈イ     //           ',: : ',
                    /〈 ´ ゚̄ヽ〉 |i!    ///   l         ',: : ',
                    / { ´ ̄ヽ.〉 }ゞー='/ /   |           !: : :',

                        ※ 原作で本当に逃げた姫。


            _ ..ャ弋.:¨:¨:¨:¨:¨:.l:¨:>.、
         ..;<: : : : :.ヾ : : : : : : :| : |: : : :ヽ
         : : :弋: ヽ: : : ヽ: :ヽ: : : :.:j: : : : : :ヽ
         : : : : :ヽ: : ヽ: : \: : : : :/ : :/: : /:∧
         ヾミ_ヽ: :ヽ: :ヽ: :ヽ : : : /: : :イ/: ::',
         `ヾ        ` Yイ′´ ´ _: : :}
          ミ|                 }: :.|
          ミ|               u    ミ |
          ミ|                  ミ |
          イ  ¨'''一-- 、       __z≦⌒ヾj
         ニニニ{/¨ て:T¨¨ミー‐一彡ィ:ナ7丁 Yヘ
            |  ` ̄´ノ } ⌒Y ヽ ̄   | | |   そ、そこまでの覚悟を……。
             ヽ __ ノ    |弋 __ノ | |
           ヽ             |       ノ /    ですが、そんな事をされては
            u     弋    ノ    イ_ノ
              /     `ー ´     リ       こちらも国の面子にかけて
               ィi从从从从i从i. | /       引き下がれなくなりますぞ?
              |  <───‐テ  j /、
           \    、 ` ̄ ̄´    イ| 弋__
         \  \     ̄ ̄ ̄   /. |   ヾミー-
           ヽ   ヽ          /,.  |    \
         .,  \   `ー---一 イ/   |     ヽ
          ',    \        /  │      \   ※ 原作で世界中のVIPが集まった
          ',     ` ー-、 ,イ      |  弋ー──.     結婚式当日に逃げられた王
           ',     /辷Yヽ、      |    \
           ',   /ヾ三三三\    |      `7
            ', /    ヾニニニリ  ヽ j      /


60 :◆vsQyY1yD2Q
                                  ____
                         ,. -'"´      `¨ー 、
.                      /             \
                            /                ',
         ヾ`ヽ、.       /    \  .8主   /     ',     その時は……やる夫が
      ___,r'.|   >.、       l      \_i ,, i_/       l ./|
      ヽ ./( ヽ/ | ヽ、   l     ( ●)    (● )     l/ /.|   トロデーンを守りますお!
       >(/二`_ヽ/|`、`、__. ',      l   人   l      /../ .l .|_____
      /,tl'´ ._/」`ヽ| .l `、,r= \      `ー´  `ー'     /.'./  | | ヽ==x、`ヽヽ.、
    /」 )  ヽ (_ .| .|  .l/  ` `ー、      _     ‐',r' ヽ  .| .|__//  ヽヽヽ
   /./r'´    `ーヾソ .|  |  ___)' ーx`ヽ.        /.,-‐‐.ヽ | .`ヽ. ̄~    // `、
  / `丶ヽ、     / .| ./ヽ.∧    `.<|      `ヽ'    `、|  `、    //  .|
  ||   ヽ ヽ、   /  /   / `、    `ヽ、     ./     |、`、 `、_,..'./   |
  ||    `ヽ  ̄.ソ  .<`ヽ、.ヽ   `ヽ、    `゙~`ヽー.'´     ノ ヽ.ヽ  `、ー'    ノ|



              /;;;;;i          ,   ;;  _,.-r::::~_,,,,,,,,,,,. \;;; ;;;;;;
              i;;;;;;;i..∪...-- ;;;;;..__ :: .i  . .  ..イ- ̄_=,_\丶--;; ;;;;       {ll}rf(⌒}lk
              i;;;;;;;/ ~'''   >=.._ヽi__......∨i~| / i"o')  ヽヽ\r-,;;;;       {l} ヾl) ,ノシ′
               i;;;;;i_..r- ""~二'''ヽヽ...;;;:::_:::/"‖__"''~...-y....ヾ iヾ ヽ;;.       lj   lj´
               i;;;;/"-/ / (o_) ヽハi   Yヽ   ̄""~/     i   i;;;..    O   O
              q=‖..  ”-.......-フ’'i;;     ハ_ ヾヾ  .._...r"  ”ミ;
               i~;;;i :/  """"~;;;.r /;;....  '  个----:::イ~    ミ::
               ヾ;へ._   ""_....r∧;;:"   .. ヾ.         ミ:
               ∧;;i  '"--''''~   /;;;:::....  丿 i:.        ミ:.
               i ヽ;;i       i;;;;. -;;.~  -"'-.r.    .    ミ:
               .i:::::ヾ:;::...     . ' "ヽ:::ヽ--:ノ;;::'     ヾ     ミ
               .ヽ ;yA:::::::..  .::    ~""''''"......;;----.. ::::   ミ
                ヽ ;;ヽ. :::.. ::::  .--'"""""       i  :::.  ヽミ
                 \ヾ:i   :: .::: /   _....... --- '''''':-.._i  ::::.  り
                  i ::┐ :  ' |..-r""__,,,.-- '''''~ ̄  :ヽ  :::  丿
                  ヽ. i.  : ::  | ~ ̄     __..-- "'ヽ|  ::  ‖
                   \ヽ ' ;:  ヽ /"""''''''~     ハ  :  /


61 :◆vsQyY1yD2Q

            ,、-―‐--.、、,,._ ┛┗
         ,/´      、_ ..┓┏.ヽ-、,,_
        /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
      /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
    ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
   ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,
 .∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,   というかだ、こちらが拒む理由は分かっておるよな?
       j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
       i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
       >i,ii,            /゙   ,、>、,
      /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
    /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i
   .,/     \,   .i  ,ノy'i-、,,_,,./ ,.r'シ'゙    ;i
  /  ,、,_    ヽr^i-‐;;i゙,i=/=-‐‐! //      .i,
 ./   \,`゙ヽ、   ゙ト.,TT"゙''t‐'''"iフ,,/´    ,.r   .i
. /     `゙''‐-、、,,,,,_i_  i, ,、レi-;/'゙   ,,、-‐"    |



                            __
                        ,,.r:':"゙"::::゙"゙::'ヽ、_
                      _,::'":::::;、 -‐ ‐ 、:::::i:::::゙':、
                     r":; ='´     ゙ヽ;::::i::::::::゙:、
                     }:{'      ,, --   };:::::i::::::::i
                    .l:::! ,._  _,,,:''"´ `'.r-、゙;::::f 、::.
                     > '"゙ '.ァ'" 、 _.ノ   ,. '!lゝ.i::   ウ、ウム……。
                     !    ,!  、"´   イ' ll'r .}::.
                     `t- '"tヽ`_,,,,,_   lj  : '゙'、   ( ムチ打ちの件、フォローのしようがない。
                      '、 ,ィlr"''"゙゙丶 ヽ     !  ;.    まさか そこまでだったとは…… )
                      '、  イ,"´-_`-  〉  ノ ,
                       ',  t'''"´,   ' ,. '´ /!
                        `、 `´    ,. ' / /
                          '、, _ ,  '"´ /  /
                           ` ' ァ./   /


62 :◆vsQyY1yD2Q
              _ __ __
           _、rくミミミミミミWW彡彡\
          /三三ミミミミWWレ///彡\
        ノ三==ミミ衍ミ>}jiMjiルf///ll|彡\
        }ニ彡彳  l|          |||ミミミヘ、
         j三≠ |!  |         ||! ミミlト}l
         {三シ      ヽ V /    ii|ミミl| l|
         {彡ノ ‐''ニ‐_、、,_j} ハjl、_,、-ニIIiill|ミ/} |!  ( どうする? やる夫が兄の子である事は揺るがない。
       /~Y/===| f´_・_j! l|=|!f´_・_,}! |=llヘ.
        | {フトl|  ヽ[[[[「「l /|  iL`iiiiii'_/ |卩|      このまま縁談を進めれば我が国は大恥をかき
       l ヽ} lト、    ,,,、 /_|  l、 、、  /リレ|    トロデーンとは断交。
       ヽ \} ヽ  ´  {[´_、_ ,_j  `` / l/ /
         \j/ l| l「 _,,rijlflliillillflk,,  |! |_/.       そして、やる夫が そのままトロデーンに戻れば
          | リ   ,ィ'" ̄ ̄ ̄ト} jf|.        敵対国に我が国の継承権を持つ者が いる事になり
          l     ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ノ |
          |\ヽ'ー   ̄ ̄ ̄  _,イ__.     我が国を攻め取る大義名分を与える事になる…… )
        r−┤ヽ\\       //| \j \
         |\八  \\_',_;'_,,';_;_,';/ / /\/   |ー―−
     _,r‐ノ  \ヽ ヽ` ー ─ ─ ‐ / ( /     |〉/
_, -、,_/// {   r‐\   \ r‐、    ト、,/_     |//
    //  }! /\  \   ノ_}___  | / /:::\   |´
\ \/   ハ/\:::\ \/ヾ   ``ヽ=v':::::// \|
 //\ l |    \::::\/  /´ ̄>ー‐':::::://
//    ヽ ヽ    \:/ _/-''T「 ̄ ̄`lトく,__
      ヽ \     {/    _,rー‐r-、_゙ブ
             /   ‐''"  `,,_,、_ `ブ


63 :◆vsQyY1yD2Q
              _ __ __
           _、rくミミミミミミWW彡彡\
          /三三ミミミミWWレ///彡\
        ノ三==ミミ衍ミ>}jiMjiルf///ll|彡\
        }ニ彡彳  l|          |||ミミミヘ、
         j三≠ |!  |       u. ||! ミミlト}l
         {三シ      ヽ V /    ii|ミミl| l|
         {彡ノ ‐''ニ‐_、、,_j} ハjl、_,、-ニIIiill|ミ/} |!
       /~Y/===| f´_・_j! l|=|!f´_・_,}! |=llヘ..   ( そしてサザンビークには
        | {フトl|  ヽ[[[[「「l /|  iL`iiiiii'_/ |卩|    婚約者に逃げられて、更に評判を下げたチャゴス……。
       l ヽ} lト、    ,,,、 /_|  l、 、、 u./リレ|
       ヽ \} ヽ  ´  {[´_、_ ,_j  `` / l/ /     その状況で、この国の貴族達は
         \j/u.l| l「 _,,rijlflliillillflk,,  |! |_/       チャゴスの味方をしてくれるのか?
          | リ   ,ィ'" ̄ ̄ ̄ト} jf|
          l     ´ ̄ ̄ ̄ ̄´ ノ |       ただでさえ皆から軽んじられているのに……! )
          |\ヽ'ー   ̄ ̄ ̄  _,イ__
        r−┤ヽ\\       //| \j \
         |\八  \\_',_;'_,,';_;_,';/ / /\/   |ー―−
     _,r‐ノ  \ヽ ヽ` ー ─ ─ ‐ / ( /     |〉/
_, -、,_/// {   r‐\   \ r‐、    ト、,/_     |//
    //  }! /\  \   ノ_}___  | / /:::\   |´
\ \/   ハ/\:::\ \/ヾ   ``ヽ=v':::::// \|
 //\ l |    \::::\/  /´ ̄>ー‐':::::://
//    ヽ ヽ    \:/ _/-''T「 ̄ ̄`lトく,__
      ヽ \     {/    _,rー‐r-、_゙ブ
             /   ‐''"  `,,_,、_ `ブ
【 トロルの迷宮に囚われていたのを助けられた人 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  '' , , , ' , 'ノ、   , ' , ''  ' , 、' 、 ',}
 '  , ' ' Y⌒¨`'¬^冖‐一'⌒ヘ' 、 , ' 〉
 , ' ' , 'ニ!            {`, ' '/
  ' ,', ' r‐' ‐=、‐ 、__   _, =ニl, ' 7
 ニヽ', ソ  ,rt::テ‐¬′  ,.ィラヘ l'/ヽ   ( 他の選択肢があるならチャゴスは ) ないです。
 ⌒ヽH     ''='″"   ヾ=″lハ.U
 ーヽ H           i   li/ /    やる夫殿は命の恩人ですし。
 ニニ⊃____    {     亅 //
  − ̄´"'''┴ 、    ⌒ ‐'  /´      というか勇者とか、トロデーンにやるのが惜しいんですけど。
       \   }    -‐ h
    ィヘ、_  \/   ‐¬二 j_
  r'゙/  {ヽ  !    ̄´   ∧\_________  原作:サザンビーク 大臣/相沢 周市 ( DEATH NOTE )
  レ' l   7 )  〉      /  ',
  /  l (_/  / `丶‐‐/    ',
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 トロルの迷宮に囚われていたのを助けられた人 】


64 :◆vsQyY1yD2Q

                ,. ‐==―- 、
               ////////////ヽ
                  イ//////////////,ハ
               i'////////////////,!
                l/////////////////!   ( ダメだ……!
              !'////////////////!
                 V//////////////: '     チャゴスを廃し、やる夫を後継者にという動きが
.                }'///////////,/ . ノ.      絶対に出てくる!
.                'jVwl/ヽ'W//レ',  '
             ,.ィニニニニ=‐__.! /      それならば受けいれて、トロデーンへ婿に出した方が
           /ニニニニニニニニ\      チャゴスの立場は安泰になるし、保険にもなる )
.         _-ニ二二ニニニニニニニ二ニ‐-_
    _-‐ニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-_
.  /二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
  'ニニニニニニニ二二二iニニニニニニニニニニニニ/=!
  !ニニニニニニニニ二二l二二二二二二二ニニニニ'二}



                  _____
                ,∠_ ̄`ヽ::::\ヽ``ヽ-、
               /:::::::::``ヽ、 \::ヽ.゙、:::::リ ト、___
               /'"´"ヾ、::;:、ゞ-‐-、ヾ::/ノ::::仄`ヽ
             i'"´ ̄ヽ/7′     ̄"`ヾ:'::「\
               l::::::,.-‐-{ |!  __       {:::/
             |,∠_ /     ヽ\__,w、_/|彳
              { r ヾ|==Y´ ̄`ヽ::::::;:‐┴'、
               } '      |    /⌒|   /   ……分かった。
              /\__   ヽ、 `‐-‐'   ト-イ
          ,.-┴-、/ `i   ヽ     、  {  /    その話、受けよう。
         /::::::::::::::::`ヽ」.    ,. ,.__ゞ__,.-;. {
       /::::::::::::::::::::::::::::\   ' `ー‐‐‐'" /
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       /
   ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\‐-r--‐'′
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\L___


65 :◆vsQyY1yD2Q

\\//  / \ \/ /.
  >  <  \/   \ _,.. -−─−===ー- 、
//\\/\ /_, '"                   ヽ
  // \  ._,r'"                       ヽ
>  <  / ,.イl/r' /⌒´                  ヽ
        j≧i{ルzえr‐==宀Y!→三          |
      /ト{⌒`´″      l|  三             |
      { }i{             リ  三             |
 \/   ソ -、           三           |   本来ならば王者の試練を受けてもらわねばならんが
 /\   i=-、   ,r==‐一   `ミミ           |
     _r==≠ー‐' r‐テ宍ぃ,___ヾミ     ヽ、 !   やる夫は、チャゴスがアルゴンハートを
    └}− i 亠}⌒ヽ{ 、_  ̄´ }r───―r‐rイ ⌒トi }| |   手に入れるのを手伝っているし
      ヽ_!`_j   ヽ _ _ノ'_ノ'´   ノ ミ! i片 l//ll |
        ヽ }   '´ `!       /  ミ!  し'ノ/l!lリ   兄の遺した指輪もある。
   \/  、ヽ _ r‐- ノ  `ヽ、       i_,ノヘ川
   /\   川从川从川从  !  i       !   ノル{    故に試練は特例で免除としよう。
          ヽ‐ー→―ー‐ァ'’ j   !      ! }   {_
  ×      ヽi`ー─−^'´/  !      / /    ソヽ   ( それなら、いざ後継者争いになった時
           い、____,.   /      /l  }   / /ヽ.   試練を受けてないから正当性に欠けると抗弁できる )
        ×  }            ,. '"   } / / /
\  /        '、         _/    ///  /
  ×        ``=ニr‐ '"/      /  /
/  \   \/         }  /   /



                            ____
                          /      \
                          / ─ 8主 ─ \   は、はい、ありがとうございますお。
                       /   (●)  (●)  \
                         |      (__人__)   u. |.  ( やっぱり あの大アルゴンハート
                       \     `⌒´    ,/   チャゴス王子が手に入れた事になってるのね )
                       /           \


66 :◆vsQyY1yD2Q
     ミヽ 、\、\ヽヾヽヾヾヾヾ小ハ
       ヾ_ヾヽ斗ヾヽヾヾハ} }从ノjjム
       小   ``¨¨`ヾ,从小ソ'ヘソハ
      >ミ    i              彡
       ミ   lj             l_j          だが よいか、やる夫。
      `ヾ≧   .__     ヽ. /    _リ
   .>ミ<  rイ小)i;、 ヽ j {  ,,イ彡___         お前は、サザンビークの王族として婿入りするのだ。
     Yミ|>ミ>Y=モテテ=弋辷彡イテ ̄7'          それを忘れてはならんぞ。
      ミl      | `ニニ   j i. |`¨´ {. /
         ヽ 辷__ ノ } |辷_lノ三ニー-      そしてトロデーンでは
     _|     '    ,イ「  :  |、 イ三三三三三ニニ7   サザンビークの恥とならぬよう振る舞うのだ、良いな?
     ::::|    |  /´ .人__イ__jィV三三三三三三三ハ
     小.   j  /v-zzzzzzzzイ |三三三三三三三ニト,
      ヽ.      ム-‐=三三イ /三三三三三三三三Zー--
    \  \   {   ` ̄¨¨ j/三三三三三三三三イ三三
     ヽ  ::\     .: : : : : :j三三三三三三三三三三三
      ヽ. :::::\      ノ三ニ辷三ア⌒ヾミ三三三三
        \ :::::::>--- <ニ彡': : . .        `''<三三
        ,,イ     ____/ `   : :. ..  Y. . .    >,
       /_,,-ー=ニフ'' ノ: : :..          弋:_: . . .  : : : |
    三三三>'''  イ´             \ミ}   : : :.|
    三三イ   /: : .         \       Y|   : : :.|
    三/       |: :.      ',     \  .: : :| 〉  : : :j
    イ    ___,zョ{-弋     ヽ     i|  . : : イ  . : : :{
      <三三三三:ヽ     ヽ    j  . : : :{  ..: :∨

                                           ____
                                         / u   \
                                         // 8主 \  \
                                      / (○)  (○) し \  は、はいですお。
                                       |    (__人__)    J .|
                                       \ u `⌒´     ,/



      -─‐-
   ィニ 三 ≡ .. ` 、
 / 三  三 三 ≡ ... \
 ーォ‐r≧三_三 三 ≡  \
  す {    i⌒}「ー‐ `ト---`
   /ト、   { 八 /⌒}     ( やる夫はトロデーンで育てたんじゃがの〜 )
. /--ミ \_ .Y  ゝ-ハ
     \   ̄ \   /、
.        \`ト-|l ヽy’  .
    ヽ.    \===y′  |
     \    \7 // |


67 :◆vsQyY1yD2Q
                                  /: : : : : : /\: ',: /: : : : : : :/
                             /: : : : : : /    丶:_: : :-‐ '´: :_:
                                 /:/: : /: :〃        ` ̄ ̄´',: :
                              /:/: : /: ://                  l: :
                             ./:/: : /: ://'´ ̄`ヽ             |: :
                          ,': ;': : /: :/ __        ̄` 丶、   !: :
                           |: l|: ::ハ: /X¬ミ       _    \/!: :
                           |: l|: :'/リ/{、_ノ::l!`     ァ¬=ミ:、 /`|:.l:
                             ',:!', ||| l::。:0:リ      ハ _,ノ:::ハ\- /   これで やる夫は
                            ', ',lヘ| ゞ-‐'         {:o::0::::l:|  }//
                                   |     ノ     乂::::しノノ ノX: :   私の正式な婚約者ですわ!
                                  l     _         `~"´ /: : :
                                ヽ   {:::/` 丶、     /: : : :/
                                   |::ヽ  V     > ー=ニ´ -‐∠
                                  ',: : :\ 丶--‐ '´     /: : : :
                          _/´\_',: : : :.:>、`   _,,. -‐ '´/: :ヽ: : :
                          / ∧ {    ̄./ノ  ̄        /.\: :\
                         /  /  \\   {          / 〉 \: :

         ___
         / ⌒8主⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    / :::::⌒(__人__)⌒::: \  光栄ですお!
     |.       |r┬-|     |
      \      `ー ′  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |





    _ ..ャ弋.:¨:¨:¨:¨:¨:.l:¨:>.、
 ..;<: : : : :.ヾ : : : : : : :| : |: : : :ヽ
 : : :弋: ヽ: : : ヽ: :ヽ: : : :.:j: : : : : :ヽ
 : : : : :ヽ: : ヽ: : \: : : : :/ : :/: : /:∧
 ヾミ_ヽ: :ヽ: :ヽ: :ヽ : : : /: : :イ/: ::',
 `ヾ        ` Yイ′´ ´ _: : :}
  ミ|                 }: :.|
  ミ|                     ミ |
  ミ|                  ミ |
  イ  ¨'''一-- 、       __z≦⌒ヾj
 ニニニ{/¨ て:T¨¨ミー‐一彡ィ:ナ7丁 Yヘ
    |  ` ̄´ノ } ⌒Y ヽ ̄   | | |
     ヽ __ ノ    |弋 __ノ | |  ( あっ……これ、最初から勝ち目なかったわ )
   ヽ             |       ノ /
           弋    ノ    イ_ノ
      /     `ー ´     リ
       ィi从从从从i从i. | /
      |  <───‐テ  j /、
   \    、 ` ̄ ̄´    イ| 弋__
 \  \     ̄ ̄ ̄   /. |   ヾミー-
   ヽ   ヽ          /,.  |    \
 .,  \   `ー---一 イ/   |     ヽ
  ',    \        /  │      \
  ',     ` ー-、 ,イ      |  弋ー──
   ',     /辷Yヽ、      |    \
   ',   /ヾ三三三\    |      `7
    ', /    ヾニニニリ  ヽ j      /


68 :◆vsQyY1yD2Q
                〉::::,、__ム_nトイ    ミ:::::::ヽ
              {::::彡          ミ::::::::ム
              マ:{     { z=====ミxミ::rヘ    そ、それはともかく
               }::ム===ォz==! 辷゚’  :| .}! ハ
              爪! こス |  L___ノ /  /    やる夫を兄の子として認める事と
              マ ゝ..__ノ   ヽ 、    ,_./    やる夫とミーティアの婚約は
               ゙マ:,  / L  二_....\   | |
                  ゝ!. 〈 lii川川川川 :|   i|     結婚式の当日に発表しようと思うのだが、いかがかな?
                 '.  -‐ 二 ̄    / /ヽzx
                   > 、       //  }::::::\_
                 /|ミ、ヽ   _ノイ    |::::::::::ム::::::::ー- __
               _./:::::|  `ヽ太/       .|::::::::::::ム:::::::::::::::::::::
              //::::::::|   厂 ̄\     .i|::::::::::::::ム:::::::::::::::::::
            /:::/::::::::::|   ∧:::::::::::∧    ./:|:::::::::::::::ム::::::::::::::::::



           ,、-―‐--.、、,,._
        ,/´      、_  `゙゙"'ヽ-、,,_
       /          ゙ヾミ;-;;、,,,、--;三ォ
     /       __,,、,-ー'-、;i、,ミ--―''"´
   ./    _,,、_,,''i;"'、´ヾエエ='゙゙iri,
  ./ _,、ィ、,j'j"´ヒニ'",r--‐'ヽミ-'  i !゙i,
.∠;;二゙,,,,_,i, j.i゙ ヽ、/´ _,.、,  ゙i, ' ノ .i; i,   こちらは構わんが……大丈夫なのか?
      j i |  ./.,r-' '゙./.ヽ`゙''‐゙'´  ;i,ノ
      i゙ i .`ー''ヘ、、-'゙  .゙'"´  ./゙'ヽ.、,
      >i,ii,            /゙   ,、>、,
     /´  iv         , ,./  /   .゙ヽ,
   /---、,  ゙ヽー、;、,,_ 、  /'Y゙  /   _,,.   .;i
  .,/     \,   .i  ,ノy'i-、,,_,,./ ,.r'シ'゙    ;i
 /  ,、,_    ヽr^i-‐;;i゙,i=/=-‐‐! //      .i,
./   \,`゙ヽ、   ゙ト.,TT"゙''t‐'''"iフ,,/´    ,.r   .i



                     ...:-==ニニ=ー......
                   /::::=ニニ三三≧::::::ヽ.
                  ///ィ爻辷ニ=ー=ミ::::::::::::::..
                    ////イ彡:::::三ニ≦⌒::::::::::j
                   《爪  寸:::/::{⌒寸_::::::::{
                /l  ヽ /=_j 6 }从}小圦       ああ……問題ない。
                  { V/ミ∠チ ノ   .ノ      `}¨''Tニ
                 弌寸::::` \         j  |ニ   ( 当日までに、チャゴスに
                  { ヘー- 、      }     .'  .|ニ.     言い聞かせねばならんからな )
                   `¨州イム\  人    /   .l二
                      ヒ彡   ..::::: \  /    |二
                         {  ム≧、   |ー--┴=
                       `¨´ /   ゝ、 圦   |二
                        // =ー寸,  〉  .|二
                         ,イニ/イニ二 込 ヽ  |二
                      |ニニニニ二二   \ノ  .!二
                      |ニニニ二二二    {   |二
                      マニニニ二二二   i   |二


69 :◆vsQyY1yD2Q

                           ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,
                        ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,
                           l;;;;;;'―‐--―''';;;;;;i
                            {;;;;'         ';;;;}    ( それに、これは布石……。
                       ri'_,.-- 、 i ,. -- ';;!
                        {:.、l_ `’ }‐{ `’_}".:}     トロデーンは これから
                         lヽ   、 }:.  /, '      復興していかねばならない。
                            、 , ,mom、 ,
                           ,.ト.   ̄  ' i、      そして今は食料ひとつとっても
                       _,イ.!.ヽ丶 _.//!\、    不足しているはず…… )
                  _-=ニ/二l,  \   /  lニ'ニニ‐-_
               , -ニニニ二/ニニ! ,  ,,;;;;;;;;,,  ./!ニニ'ニニニニ=-__
                 ,ニニニニニ\ニ! ∨ ';;;;;;;;' ∨ .lニ/ニニニニニニヽ
                i二iニニニニ/ニ!    ,;;;;;,    lニ\二二二ニニi二i
                }ニ,ニニニニ'ニニ!.   ;;;;;;;,   .!二ニ'ニニニニニ,ニニ,



              /:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::∧
              ∨::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::/::r-、
                  7:ハY ===ミzz_  ::::::::::::.   _,.z≦チ匕_::::::::7::7'´ハ
              |::{:ヘ::K:/ ヽ夊::ソ< Yi__,iY'´<夊::ソ_フ ;:::Y´|::i::: : :: }  ( ここで縁戚となるのが
              l::|::〈.:|:::|::::ヽ、__,....:::::':::| ̄ ̄i{::゙::::.......___,.:'::::::7::::|::|::;;;:: 7    重要なのだ。
              ∧:::::ヘ:八::::::::::::::::::::::::ノ:|::::::::八::::::::::::::::::::::::::/::::::}::|::::,.7
                  ∧、::∧::::::::==─  :::::::i:::::::::::::::::: ー─≦::::::' ::/:/:://     そして支援を通じて
                ヘヽ::}:、      }::::/::::::::::::::::::      .://::../       トロデーンに恩を売っておけば
              xく/zzi }    / ゝ-、、__;::' rフ:::..\ .:// .!=チ.       チャゴスの立場も有利に……! )
                //////ハ     ' rニニニニx...x仁二ニニx__{:::::)   |//≧x
           ///////// i  i {二二二二二二二二ニ} |   从/////≧=- _
          {//////////∧ ', ', ゞ'  ̄ ̄二ニ二 ̄ ̄ ̄ / ,. / }/////////// }
          |///////////∧ ', ',   _____   / , , '_ノi///////////.i
              Z///////////ヘヽ  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: /,.イ'///////////////
.            ∨////////////ヽ             ////////////////7___
      -=ニ二二∨/////////////\           ////////////////./二二ニ
   xく二二二二二ニV///////////////>  __ ,. イ//////////////////二二二ニ
. /二二二二二二二i∨///////////////////////////////////////////二二二二

        ※ チャゴスが まともに急成長できるとはカケラも信じていない父親。


70 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.                -=、‐-...、
.                     _ヽ:::::::`:..、  ___
                   ,..::':::::`ー::::::::::`´:::::::::::::::`:::::...、
               ,...:´:::::::::__:::::::::::::/`ヽ_/\::_:::::::::::::`::.、
           -==‐‐::´:::::::::::::::/:::`::::::::::′:::::::::::::`' ヽ:::::__:::::::.,
             ̄フ:::::,:::::::,'::::::::::i::r、:,、::::::::::::::::::::::::',:::::::i::::::::i
             /::/::::::/::::::::::::l::!`ー'}::i:::::::::::::::::::',::',:::::l::::::::|
.            /:,' /:::ィ:::l:::i:::, --‐‐‐' i::l:::::::::::::::::::::',::',:::!:::::::i
.            !/ ,':::/i::::!:ハ::::::iイ赱=、.lハ::::::::::::::::::::::',::',:i)::::::|   三人で結婚って……何が あったの?
.              i::,' .l::::i/:::i::::|.  ̄  j ゝ::::::::::::::::::::}::リ::::::::l
.              ',i .i::::::i::::ゝ:!、u.   ´  ヽ:::::::::::::リ::i:::::::::::!   いや、娘の嫁ぎ先になるなら
                ',::::|::::i:::`i:\   _     \::::::i::::l:::::::::: l    ウチも復興には協力するけど……。
                ゝiゝ|::::::',:::へ'   ̄` .ィ´iヽノ:::|::::::::::::|
                __ノ:::::::::',::::::',::::::::i`ー ´   |::::::::i::::::::::::::!
             ,'///`ー‐-',::::::'.,-‐′     .i::::::::l::::::::::::::i     原作:アローザ/ゼシカの母
             ,'//// ヽ/∧',:::::::':.,‐‐---,  __|::::::::',ー、------、  プレシア・テスタロッサ
.            ///////∧ ∧',::::::::ヽ.    ´ .ゝ:::::::',  !///// i  ( 魔法少女リリカルなのは )
            ,//////// i/.∧ゝ::::::::\      ',:::::::':., l///// |
           /,//////// |/,//`ヽヽ:::::::ヽ ヽ  i ヽ::::::::',!/////.i、
.          /::::;/////////.i/ ////\)::::::::}   ヽ.!  ヽ::::::ヽ/ヽ//j:∨
        ,.:'::::::i///////// , ////// ノ::::::::i     ,!     ヽ:::::ヽ/ヽ':::::',
.       /::::::::::ゝ、///////.i //////,'::::::::::リ、    ',    〉:::::::)//',:::::,
       ,:'::::::::::::::::::::`ーニニニニl /////,'::::::::::::{ ∧.   ,   ,'/}::::::i//∧:::,
.       ,::::::::::::::::::::::::::ノ///. ', //// {::::::::::::i///ヽ.  i  ///i::::::|///. i:::,
       ,:::::::::::::::::::::::::::',//////', ////ゝ__:::::::ヽ///∧.l , '///|::::リ////l::::;
      ,::::::::::::::::::::::::::::::',//////ゝ ///// ヽ:::::::',///∧ノ////.!::/ ///.ノ::::i
       !::::::::::::::::::::::::::::::::',/////// ` ‐- _ヽ::::j-‐‐‐‐‐ 、 ______, ':::::::リ
.      i:::::::::::::::::::::::::::::::::::',///////////////.iノ//////////////', ̄):::,'
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::',//////////////////////////////∧´ }::;
      i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ___ -----‐‐ ´', ̄ ̄7 ̄`ー、/// ノ/
.       |::::::::::::::::::::::::::::::/    _  }///////// ∧  ,.'////}. / ̄`i´/
        ',::::::::::::::::::::::::, '        ∨////////// ∧////// l. ////l::{
.         ' ,::::::::::::::::,        _j////////////////////i. ////| '!
.        ',::::::::: /       f///////////////////// l ////l
.        }:::,-/___ --‐‐'///////////////////// i_ ////ヽ
.        i://///////////////////////////////////i //// l
.          //////////////////////////////////////| /////!

     ┌──────────────────────────────────┐
     │※ わざわざ海の向こうに頼まなくても、近くに支援してくれる縁戚が で き る ので. │
     │   支援は結構がんばらないと恩を売れないかも知れません。                │
     └──────────────────────────────────┘


                                             __
                                         ,,.r:':"゙"::::゙"゙::'ヽ、_
                                       _,::'":::::;、 -‐ ‐ 、:::::i:::::゙':、
                                      r":; ='´     ゙ヽ;::::i::::::::゙:、
                                      }:{'      ,, --   };:::::i::::::::i
                                     .l:::! ,._  _,,,:''"´ `'.r-、゙;::::f 、::.
                                      > '"゙ '.ァ'" 、 _.ノ   ,. '!lゝ.i::   ……あれ?
                                      !    ,!  、"´   イ' ll'r .}::.
                                      `t- '"tヽ`_,,,,,_   lj  : '゙'、
                                       '、 ,ィlr"''"゙゙丶 ヽ     !  ;
                                       '、  イ,"´-_`-  〉  ノ ,
                                        ',  t'''"´,   ' ,. '´ /!
                                         `、 `´    ,. ' / /
                                           '、, _ ,  '"´ /  /
                                            ` ' ァ./   /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


71 :◆vsQyY1yD2Q

                           /: : : : : : : : : : :丶             _,. ┐         __
                         .: : : : : : : : : : : : : : : : :\    _。s≦冖¨       ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                         /: : : : : : : :-:、: : : : : : : : :_。s≦冖¨ ̄.      ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /: : : : : : : : _,,,..\..,,_s≦: :ハ            ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /: : :/: : : : /: : : : : : : :ヽ: : :≧=ニ三三三三三三l ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                  /: : :/: : : ://: : : : : : : : : : : 〃∨ l\.        ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
                  /: : :/: : : :/: : |: : : : : : : : :/\{乂__∨  ヾ:..      !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
                 /: : :/ : : : : /: : : : {: : : : : : : : |::::::::ハ    r―t:x.     ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
           /: : :/: : : : : : /: : : : ハ: : : : : : : :{⌒^^└‐L_ 乂ノ:八     ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
          /: : :/ : : : : : : イ : : : : l/ ヽ:\: : : : :、 '  ̄ ̄丶 l≦|: : :ハ     >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
          /: : :/: : : : : :/: :/{: : : : : | /∨ヽ: : : :ヽ テ=x,  l : |: : : }リ.    , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       .: : : : /: : : : : :/: : : :{::: : : : : :|/ x二\:\:.ヽ {rじハヾ |:i:|: : ‖.          `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
      / : : : /: : : : :/: : : : : :乂:. : : : :| ./ rうハ......ヽ\ゝ `¨¨’.:〃 |乂:{               ̄ ̄
       / : : : : : : : /: : : : : : : : : :\: : : :い Vシ':::::::::i :::::::::::::::::::::/ |: |_ノ/ヽ
.      /: :/: : : : : /: : : : : : : : : : : : : イミヘ:ヾ::::::::::::::::  __   / |: |ィ
     /: :/: : : : : /: : : : : : : : : : :/   !:( |::ト      /-ァ=ヲ    ,|: |/__
.    /: :/: : : : : / : : : : : : : : :/    ‖:>: 込     `ー〃Vi    イ : |ニ ヽ
   /: :/: : : : : : : : : : : : : :/  ,. <二彡'〈i: : :个s。  〃 Y //./: |    ゙、
.  / : .: : : : : : : : : : : : :/  /      {   |: : : | ト ≧/=-‐Y  /./i|: |    ハ
 /: : :| : : : : : : : : : :/  /        、  |: : : |\. 〃     Y.// /|: |   / }、
./: : : :| : : : : : : : / >'′         ヽ |: : : |  〃 \__/Y /.:i: :|/、 / ヽ
′: : :.|: : : : : : >'′                 :: : : | .〃   {::{   Y__ |: :| \/    、
i: : : : :|: : >'′            \   /: :从|〃 \__〕::〕/Y  | : l /     }
|: : : : :/           ,. " ̄ ̄} i  /: :/:/〃     /::/´   Y |: : l         !
|: : : /           ,. "       〕 | /: :/ノ〃\____{:::{、   Y |: : :l        ′
ハ: : ヽ  、 ___ ,. イ            l//  〃    、  ̄ヽ--- Y 、 : l }     :
.∧: : : :、     ヽ         //   .〃     ヽ /     E 、: V     ′
  ヽ: : :丶     ゙:.         /    〃         )/       E \l    ′
   \ : : \      ヽ      /   イニ′         ,′       E  ゙、  /
    \ : : \     ゙:. __  :′ イニニ/       .:′       }ム  ゙: /
      \ : :ハヽ   ∨_{  { /ニニ/          ,′       lニム  lマ
       f\', ∧    \ト Vニニニ′       ′         }ニム  }′ ← 親子の証
        \ムニ≧===チハ {ニニニ{       ,′          ハニ=} .:′
         弋..」ニ○ニ≦/マニニハ       .:′       /ニニ=|/    ,.イ
         _>///// {  {ニニニ\     ,′         /ニニ=イニニ彡
        「///////{ロ{ム  ¨ヽニニニ\ __ノ゙:、      /ニニンii|: :`丶、
        /|///////∧ Vム.       ̄ ̄¨¨冖¬=---=≦ニニシ//i|、: : : : :〉
       / ∨///////\ロヽ\      ..::       ̄¨>=≦/////i| \: /
      /   \////////\〉//\   ヽ-      イハ  l///////|   乂
      /     ∨/////////////ヽ  ___,. イ///ハ |///////
      ,′      \///////////\___//   ̄ ̄ ヽ.|//////′
.    {         \////////////////           |/////イ



              ____
.          ,,..:::´:::::::::::::::,:`:..、
         /::r´::,ィ:/ヽ:/:::::ヽ::ヽ-..ミ
.        /:::::/:/´:::::::::::::::::::/ii:::::::::、-、',
        ,:::::::i:::':::::::::::::::::::::/ __}:::::::::ヽ `
.       ,:::::::l::i::l:::::::::::::::::/ゞ、/:i:::::::i、:ゝ,,
       ,:::f´i:::l::l::::::/:::/  イヽl:::::リ ー′
       ,.::::ヽl:::i/ヽ/ イノ  ● /:,イ/
      _,ィ≦ニ':::::i、  、_,、_,   ィ'イ .i′  私の配役、賢者の末裔の家だからって理由も あるからね?
.      /`7-r'::::rヘ`ー- .r-、':::::}ヽ_
    ,.:':::/......):::::)`.r,==r,. i《》ヽi、 ̄
.   /ィ::::{...........ゞ、j.....∧)/ . ヽ. . .l..}
   i'{::/∧≧7ヽ...../r=ミ、__ノ`ーイノ
   /..../、__フ'/ . . . . ∧. . .',. . . .i.{
    {.....i . . . /ニニニニ{r、}ニニ} . . l...ヽ


外伝へ   3  第161話へ

この記事へのコメント
ナイス遺伝子!
Posted by at 2016年05月30日 23:49
やる夫のトーチャン の配役は発想がなかったなぁw
カーチャンならよく出るけど、トーチャンは単独じゃ出ないし。

そしてプレシアままんも意外な配役w
Posted by at 2016年05月30日 23:59
よし、孫はアリシア、フェイト、レヴィだな!
Posted by at 2016年05月31日 00:23
おぱーい ノ彡
Posted by at 2016年05月31日 00:49
今にして思えば、ゲームのウエディング逃亡は喝采ものだったが実際は国際問題だわなw
Posted by at 2016年05月31日 03:56
なんで指輪AAでティソダーww
全く関連の無いマウナdisはやめたれよwww

*ティソダーは着火魔法ティンダーが誰でも使えるのが売り文句のインチキアイテム
 嵌ってるのは火打石、宝飾品としての価値なぞありません
Posted by at 2016年05月31日 04:03
その状態で、「あ」ゆーたらアカーン
何がとは言わないが
Posted by at 2016年05月31日 04:53
プレシアママンw
Posted by at 2016年05月31日 05:17
なんだこのけしからんAAは!
Posted by at 2016年05月31日 07:06
そういや、やる夫は祖父=竜神族の方に似てると思ったら、
父親の方にも似てるんだよなぁ……

トーチャンとやる蔵、血縁関係疑われそうな見た目なんだが……w
Posted by at 2016年05月31日 08:03
これ、いつもの「あ」が「あ&#9825;」にみえるw
Posted by at 2016年05月31日 10:40
本気で茶ー噴いた。
ティソダーのAAとかあったのか。
ていうか何人くらい理解できるのか(笑)
Posted by . at 2016年05月31日 11:43
今だかつてこれほどまでにエロい「あ」があっただろうか!?
いや…うん、今まで結構あったな…でもエロいからいいや!
Posted by at 2016年05月31日 15:38
アローザさん家は、復興の件で一国と張り合えるほどの財力持ってるん?
Posted by at 2016年05月31日 18:32
比較的近いからな
一番近い最初の町は直通の吊り橋がヤンガスに破壊されてて通行不能だし
さすがに別大陸からよりはコストは安く済むんじゃなかろうか
Posted by at 2016年05月31日 20:01
>ティソダー
「誰でもティンダーが使える」んじゃコモンルーンのマジックアイテムってことで嘘になっちゃうだろ。
あれは「誰でもティンダーのように火が点けられる」アイテムだ。間違えたらあかん(笑)
Posted by at 2016年05月31日 21:26
久々に言わせて貰おう
やる夫(8のほうだけど)もげろ
Posted by at 2016年05月31日 23:47
ゼシカ父もモゲロ
Posted by at 2016年06月01日 09:55
ただの国益優先の判断ではないこの家庭の事情w
Posted by at 2016年06月01日 23:46
財力は別としても他国の姫や公爵家の娘なんかの次には王妃になり得る家格の持ち主でリーザス+ポルトリンクと見ればソコソコ以上は財力の下地もあってしかるべき
Posted by at 2016年06月02日 00:02
ティソダー懐かしすぎるwAAが存在したことにも驚いたw
Posted by at 2016年06月02日 19:37
ドラクエVもそうだが魔王や暗黒神を滅ぼす勇者一行がいる国と戦いたくはねえなww
ギガブレイクで一体何人の兵士が塵に変わるのやらw
Posted by at 2016年06月08日 19:40
>>ギガブレイクで一体何人の兵士が塵に変わるのやらw

300百人の傭兵団をほぼ無傷の手加減付きで壊滅させたやらない夫一行の強さから鑑みて、
やる夫(8)一人でもワンマンアーミー級の戦力になるんじゃないかなw
Posted by at 2016年06月12日 07:03
ティソダーAAがあることにもびっくりしたが、けっこう知ってる人がいてもっと驚いたw
Posted by at 2016年07月06日 14:01
こっちのやる夫も性豪なのかな?(空気を読まずに)
Posted by at 2016年10月20日 13:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175496301
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ