■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 4/7 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 1/27
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2016年08月15日

「最後の裏話」(2)

最終話へ  2  

41 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                        仲 魔 達 の  そ の 後


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        続いて ご要望があった仲魔達についてです。
 ∧ ∧
 (,,゚Д゚)    精霊、ザコ悪魔については省略します。
 /  |


42 :◆vsQyY1yD2Q
                  ______
             .   . . : : : : : :`ー- 、
              /  . : : : :/ : 、_: : : : : : :\
               . : : :/: /: :i f‐_、: 、: : : :ヽ
          /  . : : : /: /: :/||  ヘ:‐ヘ: : : : :'.
        〃 . : :i : / : 、_,√| 厂`  〉: :i: : : : : .
       // / :| i :八/ i.ィ抖さミ. ∨ i: :|: : :
      _/ .′ : iィT仏{   ″{i代い}  }:厶: :| : : :i
           .|: i:W{代     乂r'ン  '″^Y : :i:|
       i . |: i从 .r'リ ,      ''"″ { ,,ノ八 : ト|
       |. :i |: i':i{ "´            ,__/ : : 从
        .ノ乂八!爪     , -‐っ   人 : ノ: :/:/ 丶.
          _彡イ :i介: .  `¨´  . イx≦´:/}/   `
             | / 小 : `≧=r≦ /  ´ ̄\
           ノ'イ 从/: : /ヘi /{ .′   、__\
            |/ ,厶r'^〉 ∀人 {  `¨.二⊇.  、
           __} 人,{   {〉  _、_/ ___,, Y ゝ,
            '⌒'. `ア⌒ア==、=(__(_,ノ´ __,, }、_  \
            ムイ゙⌒ア {   }   `{ Y´ __, }、ヘ≦. ` 、
                { i, /   'ー'′   `T^Y´ _,,ノ } }  `ヾ.
           /. i /          `大'’__,,ノ ,ノ ノ   }
            |∨             /}  代¨¨´ /   .
               .{i|,             .′ `¨`弋     /
            ∨     i    \   .′       `ー…'′
            {     |     \{\
            `i     |   -‐=ミ〉 \
                 |     }       -┴‐…≒=‐-
                 | ,   {/                   `丶、
                ∨  ∧/              _、-‐…≒
                 { .   /          .≠´、 \   }
                 ∨   {/        / i|   \ \__ノ
                 {   ′        ヘ. =♯==≒==ゝ-、__
              `!  i{        /\ \!!     、、   ≫─、‐、
                    `T爪       /    、 ` ==ミ 、  ≫≪     }:::}
                |i「 i\   /{\   .≫-、 .ノ⌒iY´   `≧=ッ::://\
                |iW∨` T 爪    〃 '⌒ヾ:::::::从   、'⌒¨´::/   \\_
                    ∨!   i/  丶. i|∨   }::::/:__j/.:::\:::::/     〃 }} 、
               {   | i  人_〃´ _).ル'  .二..`Y´ __} : :::::::::,〆      {{,,ノ\,,>、
                  `'¬∧ィ   リi`Y  .≠´   `}‐ r'′ : :::/       n[in   {{ 、\
                    lW_i__彡  ノ/       '. | 、   :{       ('( − )')n[in\/
                    li」斗-=≦{/         ∨   \,ノ        `(   ('( − /
                     `Zつ.::::::_人           〈⌒¨´          UJ `. '´
                     ̄`¬::::::::::..、            、            /
                     └ ''⌒¨^ 、        ` 、          /    . : : :/
                               ` 、           丶     ,≠    . : : : /
                                 , 丶             \ / {     . : : : /
                               '.   \           .     、. : : : :/
                               ',   \    __/     `­
                                 ′     丶.            /


妖精 ピクシーLEVEL5

やる夫と添い遂げた。

強さ的にはバイブ・カハ達 「ある意味反則チーム」 のサーニャ以外に劣るものの
能力と抗体ポイントのバランスは良く、普段使いの仲魔として大活躍する。

なお、プライベートではクイーンの暴走を止める役割をしていたが
ピクシー、ハイピクシー時代の事を考えると、あまり人の事を言えた立場ではなかったりする。


ピクシー愛好家の間では伝説的存在であり、多くの愛好家達が再現に挑んだが
結局 LEVEL5に到達したサマナーは いなかった。

愛好家達の間では、熊山のピクシーだけに起きた奇跡だったのだろうと噂されている。


43 :◆vsQyY1yD2Q

ヽイ`  ヽ                         ,. . : ´: : : : : :.`丶、                /  ,:'
'_,.._    \                   /: : : : : : : :!: :.l: : : : :ヽ           /⌒ヽ   /
    \   ヽ                /: : : : :|: |: : : |:|: |:.|:ム: : : :.         /_    { , '
        、   \、             ,: : : |: |:.!: !マ : |イ/,ィハ:|:.|:}: :}        / `ヽ.  ∨
       ヽ  /  \         {: : :.:|:_|-!マ、\!:/j/__リ!/リ:|:|         /    } ,/
          、/    /\_        |: |:{: Y_,ィ  ヽ` ̄´/j//リ       ,.:'      Y
           〈   /    ヽ      |: Y:.|ム"´   '    {)i}      /     /
          \ _/       ト、    |: :.Yム.    _,....-v   ;-ハ     /´   /  ,.:'
            \    \ `丶- |_: |:.\ハ   乂  ノ  /:{:从__,.イ    /  /
              \   \    {\: :|: : : .、    .イ:_:|: /}!   !    ,'  /
                 、     ヽ   \ `ヽ: :|/ |≧ ー ´ | ∨ マ .:     , '
                 \     ':,   } i ∨ ,.|      ∨\! ,イ    /
                  \   :.   |! { ∧〉、     }〉 / `ヽ、  /
                   `ヽ、 ',  j! ∨_} \-、 ´|   ,..-- ∨
                         \  〃     ___`ヽ、! < o ,-、_ハ
                           \/::.  { ̄  o }  Yム  ̄  .... i
                           }:::::. ー゚´ ̄ ´  マム ..::::::::::::::;
                         マ::、.....::::::::::::::::::::::八:::}::::::::::::::::/
                            }:::\::::::::::::::::::,.:':::{oノ::::ー‐イ
                          マ:::,::`:::::―::´:: ̄!::i  :::::  |
                               マ \        |: |     j!
                               ヽ  ヽ     |o|     {
                                }  、     |: |     |.
                            {   \   { !    ' }
                               }       } }    |


夜魔 クイーンメイブ

電脳異界、人間に最も近い妖精郷 『ピクシーガーデン』 の支配者。
愉快なピクシー一家のママ。

エキドナに乗っ取られかけ、しかもイザナノまで現れて色々とピンチだったが
サーバが増設されたのを機に電脳異界を拡大、エリアを分ける事で解決した。

怪物の母とか人類の母とかが現れたが
なんだかんだで母性愛は、彼女がNo.1だったようで
ピクシーだけでなく精霊達からも慕われていたらしい。


本来 夫にしかなれない共同統治者に やる夫を迎えていたが
その後 色々とあって、悪魔的には正式な形に。

その際に美琴に合わせて 「美鈴」 という名前を もらい
クイーンの方からも名前で呼んだりするようになったとか。


44 :◆vsQyY1yD2Q

                 /'⌒ヽ、
                    /: '     \
                |: :|
                {: :|
                   、: :.
                 >`-―――-- 、
                ,. . :´: : : : : 、_: : : : : : : : \
               /: :´: : : : : : : : 、: : : : : : : : : :ヽ
                /:,: : : : : : : : : : : :ヽ: : : - 、: : : : :.
               .':/:, : : |:|:| : : |! :ト、:ハ - 、: : \: : : :.
               |:|: | : : |:|:{ : : |!: | |:_|__ \: : :、: : : .
            ,|:|: | : : |:{_|l_||: | ´}/ _  ヽ: :\: : .
           /{:{: { : : |从{Y }/  ',イ笊(_ヽ |⌒Y: : :\
           }'从: :、: :{ィ笊(_;    弋zソ  }' } ': : :、:\:、
           /イ: \}从 弋り  ,   :.:.:.:   ;-イ:、: : :}从  ̄
            |:/イ:/乂:, :.:.:.:         人: : }\:|
            |{从:{: : :人    ー '   ィ: : }从|  リ
            リ 八: : :{、:≧: . . __..:: |:.从Y '
               /\:|`¨TTー_'   ,.ーヽ ¨ ⌒ヽ
               ,       | |   `  ´ | |      }
                      }  /,. ニ=、__,..ィ-、 ;:   |
                i   {/,:': : : : : {: :/ : : : ∨
                   「:¨´: : : : : : :∨: : : : : : ヽ   |
                .:   |: : : : : : : : : /: : : : : : :∨  :
             l   /: : : : : : : : : : : : : : : : : :{   ,
                {: : : : : : : : : : : :, : : : : : : |  :
               i   |:、: : : : : : : : /: : : : : : :/   i
            ,:     乂:、_: : :/: : : : : : : : ,
             /    {:_: : - 、: : : : : : : : : : :{   {
           ,:    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   l
            /   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ト、  :
          ,   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: :.  i

妖精 『白衣の天使』 ハイピクシー

愉快なピクシー一家の妹ポジションにして、常にCOMPにいて欲しい 『白衣の天使』

しかし、真の強敵相手には回復のために出る事も叶わない事に気付き
冥府門の件以降は、やる夫に おねだりして積極的に鍛えてもらうようになった。

MAGを溜め、御魂でメディアラハン、サマリカームを揃えるなど強化され
『真・白衣の天使』、「もっとも やる夫に いじられた仲魔」 となる。


元の姿のままで愛して欲しいという本懐が遂げられたかどうかは謎だが

いつしか やる夫の事を名前で呼んだり 「お兄ちゃん」 と呼ぶようになり
やる夫に名前をつけてもらったようだ。

         ラストオーダー
なお、本人は 「打ち止め」 にしたかったようだが
やる夫に女の子らしくないと反対され、二人で美琴・美鈴つながりの名前を考えたらしい。


45 :◆vsQyY1yD2Q

              ,.*≦ニ=‐_z:.:.、_
               /´  . < :.:.:.:.:.1:トー:.、
              _!..:/.:.:,'.: .:.: .:.:.ノ/:. :.、:.:.、.._
           ̄  /.:/.:/.:.:.:./.:,:.:j/.;、i_:.:!:.:.:.ヽヽ
            :.://.:/.:,ィ:T:/∨:/ノレ`!:.:.:.:.: v.:〉
             /.:/ ,:.i:.:.:i:i卞 V 斥テy!:.:.: i:レ′
.             ,:./ /.:乂ハ:トゞ''′ ' `¨´ j从人_       γ⌒¬、
            {:′イ:.:i:.:.ゞト!" __, _ "}人:.r―'⌒  -‐┼  _丿
         __,」ノイ:.:ヘ:.ト-ヘ 乂  .ノ イ.:.:〔入       ゝ-‐'
            ノイ:ト;:.\:.:.:.`:.┐ - イ:.:.:.、:.:廴_,`
           / 乂ノ〕:入:ハfr气__,彳、!\「 ̄
                  ノ/ ̄//ゝ ≧⌒廿~⌒ヽ.              /)
       r 、 ∩     {.  //≦     _`'、  }            __ / /_/)
.   __ (\_| }_| |_     ノ≦//´ ̄`ヽ .:/   ヽ入         /i::|⌒' /´/ゝ―- 、
   r`―\弋 V ノ:::Y≦゚(/// ......   _  ........:ノ ‘,       /  ヽ\ー┬<二つ´
.    ̄〔::>―<::/ハ//ノ //八....... .ィ´-― `..゙イ:.ー=ミ、   /◇   >ァ一
      乂::::::::>´/ ノ\!// ∧辷´.ィ    キ..{\ ―,ゝイ    Γ/
      \ー< //: : }ト`V  `、.. キ_   + 〉 \〃     > ゜
.          `≧--<: :/ノ: :」   と  ゝ...   Z..廴   \_,.> ´
          \: : :/イ: :/    〕,,ィキ    -= └、
            ゝ-=ニノ    ∧´  ̄`゙      ヽ
                      {ノ´   ー-=ミ     ∨
                  //|   、            ∨
                       ,'/|    ヽ:.....        ∨
                   〃 |      .......    ◇  ∨
                 {{ |              ヽ
                    八 |               i ∨
                / ‘, |               | ∨
                  /  .ハ|               |i  ∨
                   /   ′ |         ヽ      |l   V
                   {      |           ゛:.      |!   V
                   ヽ    |     ◇    ゙:.    .:! ◇ ∨
                 ト、  |           ゙::. ◇ .::     ∨
                 | ヽi|   `ヽ、       ゙:::.. .:::       ∨
                  |  j|      \、    ::::::.:::::i    口 ∨
                   |  /' |     <>  ヽ    :::::::::::        V
                    |. / |              ::::::::           ∨
                     |/   |              :::::;          ∨
                    /     |                   ::::「〕凵@      ∨
               //,   |              ::〔ノ勹          ∨
                 / '/    ノ                  ::.    ◇      ∨
             /  /,  /          ◇ :.  ::::.        ◇  ∨
               /  /,  /   :.         .:::::.  :::::.    ...      V


妖精 『ちょっとイっちゃってる』 ハイピクシー

ダンジョン探索の お供な便利系仲魔。
しかし、『忠義の電撃』 を使えば、格上悪魔とも渡り合えるなど、意外と戦闘力は高め。

『白衣の天使』 に触発され、もっと強い悪魔が いるところにもついて行けるようにと鍛え始めた。


自分から積極的にグイグイ攻め込むタイプで、おねだりして名前を付けてもらったのだが

その後は 『忠義の電撃』 で 『真理の雷』 並の威力を出してハルヒを驚かせたとか。


こちらも妙な名前を提案したが、やる夫に反対されて美琴・美鈴つながりの名前を考えてもらった。

本人的には思いのほか可愛い名前で恥ずかしかったらしい。


46 :◆vsQyY1yD2Q
                _
       .<"‐ 、   /   ` ヽ 、
 ,r-.、     `、  ヽ.y'、 //     \
.,'    ヽ     >.- X 〉>ミヽ// ノj./.、 .Y"ヽ
.l     \  ∠ィ ' ,λミミ,ヘ-‐アリ/<、 .l', l .,'
‘,  f´ヽ \f,.r''"/‐Yヽ/`-ミミヽ、`ヾミ、.l/
 `、. ‘,  ` `、-.<.l  レ'レ≧ュ_ヽ、_ヽミミヽリ',
.   \  ` .、    `i.\.  ゞ:_/   ニ=->八ゝ
     \  l` .、.ノ./ i\       (://リl、 - ゝ
      ` 、ヽ/  /`、>> _ ィ .イノ ` ー 、)
      , -'' Y‐''"~   レ/- ' ∠‐'レ
     /  ./   _ イ ヽ
    i   _/         )-'.-ト、
    `ー'" 〉、__,..-_ <- ._ ノ 〉
          i  i  i  /"7‐-< ` ヽ、_..、
       ./  .l .Lf  / ,、 .〉_. f  ,、.ヽ
        ` ー 、/`-/ ' ` .} `} '  `ヽ
              Y ヘ`.l  勹  ヘ ヽ
               〈  , ‐-ヽ    .`i .,.r.‐ 、ヽ
                γ ,.r ‐.、j    `レ‐'' 、ト'
             ゝ`_>-.'        `<._.ノ


妖精 ピクシー ( ピクシーガーデン )

元・熊山修練場のピクシー。
現在は電脳異界 『ピクシーガーデン』 で平和に暮らしている。

その数、約2万。
異界で発生するピクシーなので、減ると自然に補充されるものなのだが

そもそも数が減る事が無いというのが
『ピクシーガーデン』 がいかに平和なのかを表しているだろう。


そんな平和な異界で、日々やる夫と絡むチャンスを狙っている。

狙い目は、抗体ポイントの低さを活かし
『ピクシーガーデン』 の外に出て入浴時に乱入する事だそうだ。


47 :◆vsQyY1yD2Q

         />='ー≠=\    丶    ヽ   \
.        /::::::::::::::::::::::::::::::\    :           ヽ
       /::::>'´ ̄ 「 ̄Y⌒:ヘ    i    :      ',
       /:/、_人_.斗个 T^「⌒ハ    |    l       |
.       レ'ノ   :i   :iー/‐i八-- ヽ  |    |       |
       j∧  : |  /j/ iリ  ヽ\l /   /     /   .|
       |l i f^ l八 / /.ィヘうた卞、 ∨i   /     /    |
       |i  ヽyぅ、    弋::r少  /  /     /i     |
       |l : ' 圦r'j     `    /  ./     / .l     |
       l!八. 丶 ソ     ::::::: / //   イ  l    |
         \ く          // /  / l   i    |
           |>丶 、  フ  .///    /  l   |l   }
           }    \     ((_/   / ^ト、 l   |i   八
            /  i   \  .ィフ′/_..孑==ヘ_j   l:    ',
        /  /,'    ′ / / _.斗'≠┬i` ̄ ヽ    .
       /{ //   /  // /   / }::l    ハ     ヘ
     /  ∨/   /  (´ /   /  ..l::l    l:|      '.
    (   ヽ \ >i    ∨    /     l::l    l:l| '.   :. ヽ
     >─‐、/}:::八:... ヽ \ .ヽ/     l::l    l:l|   ',  '   \
    (  (> L≦j.  \:.  丶 `<     l::l    l:lリ    .   ヽ  \
      ヽ// /   __..>ー‐─‐'  ヽ   .l:l    l:/    ヽ    ヽ  丶
     /   ./     f: : :.( ̄ ̄´  ∧   \ l:l     {:...    丶       \
   r'  丶 '      乂ミ: :`ー‐z   ヽ   l:l    八::......     \    \ \
    {     i ヽ     _>─‐'     l    ヾ \〈  ヽ::.......    \    丶 \
    |     :.l: . .    ( (       :l    l:l   i::... \::.......     \   \  \
..   l  ヽ : . ヽ: . . .   \丶____     }    l:l   l::....   丶:........     \    丶  \
   八  \:j  \: . : . : . : >─'   ノl    l:l   ∨:......   \::.........    \        \


死神 『ちょろい&あざとい』 DB・バスターズ セシリア

妖精ではないけど、愉快なピクシー一家の一員。
人間だった頃の年齢を考えると姉ポジションのはずだが
やる夫達から姉扱いされた事は一度も無い不動の いじられキャラ。

その一方でピクシー達からは姉として慕われている。


元・メシアン ターミネーターで既に破門されているが
メシア教徒だった頃のクセが いまだに抜け切らない真面目な優等生。

ナナリーがリハビリのためにピクシーガーデンに来た時は、いつもサポートしていた。


電脳異界が分割される際には、ハルヒの神殿に仕えるのはミルヒ達に任せて
自分はクイーンに仕えるメイドになろうとする……が

クイーンに娘を臣下にする気は無いと断られ、やる夫に仕えるメイドになった。


48 :◆vsQyY1yD2Q
____                __
///////≧o。、            ///丶
///////////,'ヽ           ///////\
ミ'///////、///’,      //////////,Y
   ̄ ̄   丶///ヘ_ . -  ̄ //////////,/
            \//V    //////////
          /  `ィ7  ∠二=≦ イ / \
        /   / |           ヽ  ヽ
        ,'    .,' , l  ト、\   \     l  ゙
.     /    i .| 、 l  ー=-  l、     !   l
.      /,イ. l   !_\| |≦─--!、!   |l  !
     // { !  ,ィヾ!ヽ \!≧__从 | l`  l ト, |
    /   ! } !´ィチ込ヽ  |' 仟込L_   l、i'  l
        |,∧ィヾ近ソ \{  ゞ=''’ !|.   lチヽ|ヾ、
        イ  ヽ}、,, ,, 、   """ ノ.!   |' ,\ `
         !,イ |!`ヽ   r─‐;   ,イ/l  !| - \゙、  ¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄ `Y
.       i l | !ト>,,.. `ー_' // リl| jl|     ヾ、      /     从
.          ∨ i!ヾ }゙_入 《 /j/ 'j ! /              /     ∧
                 八 _ノ::::::Y ,: 'イ _  -==厂 ̄ ̄ ′    ∧
              |:::::}八::::::::l   ´     ',      :     /
.              ヾソ 厂 `¨             :.   V    /
                 /         、       |  V     ./
.             /  /  _      ’,     }   /     /
           , '   .:   ハ≧=-ュ 、 V __ /  /     /
.           /     ′  ハ//////≧=T////  _/     /
.          八   l   l//////////:′_ >  ̄ ー ァr===--≦ 、    > ─ ミ
           {//\.  ’, Z/////// // r ニニ/    /:: ̄:: ::ミ 、///≧、γ       ヽ
.          \//ミ::... ヽ ',////// ノ/ / ‐ ュ ー─ 彡:: :: :: :: :: :: ヾ/////Y        :}
.            丶/// ≧=入--≦// ー//////:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :.’,//从       八
                  ̄ ̄ ∧ V/////////V::./:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :V////丶 _ く
                       ト、/////////l /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :Z/////////ハ
                       | \/////// /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::|///////////.∧
                      l   丶/////′:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.|:////////////∧
                  .:    |> ┤:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::.|/////////////イ
                       !    |   |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::|//////////:: ::.′
                  |     .:   |:: :: :: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: :: :: 从// -=≦:: :: :: V
                       l     l.   |:: :: :: :: :: :: :: :.丶:: :: :: :: :: :////:: :: :: :: :: :: /
                       |    .′ |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ̄ ̄r<:: :: :: :: :: :: :: ::.イ
                       |     ′   |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::;′:: :: :: :: :: :: :: ;: '
                       |   ′  .|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :′:: :: :: :: :: :: /
                       l ==ム   ., 'l:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ′:: :: :: :: :: /
                      「      ァ/:: l:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::|:: :: :: :: :/
                      |     {/:: :: |:: ::: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :l:: :: ::/
                      γ ¨¨ ァ:: :: :::|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :l:: /
                    ノ    /:: :: :: :l:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :l ´


死神 『ちょろい&あざとい』 DB・バスターズ シャルロット

元は やる夫に道案内を頼まれた際に ちゃっかり家まで ついて来て
そのまま仲魔になったピクシー。

その後、セシリアと合体して人間サイズの身体を手に入れた。

死神になった今でも、愉快なピクシー一家の一員。


ちなみにセシリアと合体した理由は
「ピクシーサイズで やる夫に じゃれつくだけでは満足できなくなったから」 との事。

そういう動機もあって、セシリアと一緒に やる夫のメイドになった後は
あの手この手で やる夫を誘惑しようとしたが

結局は、それがメイドの仕事なのだと真に受けたセシリアに先を越されてしまったらしい。


49 :◆vsQyY1yD2Q

   、          , イ
    |::ヽ       /:::::;
    |:::::::ヽ,, -‐ く::::::::/
   У´       ヾ/ヽ
.   /   {   i ハ   ヽ. ‘,
.   .′i ハ ノ/ ‘,   |{
  i{ j/\ヽ/ / }ハ 八 i__
.  八 { ┃   ┃   j/:^Yi∨//\
.    ⊂⊃,   ⊂⊃  ):}}/ ////,'/,'\             ,x≦77
   八  r―┐    ,-く /////////,寸≧x、__ _, =ミィ升三三/
     ヽ ヽ ノ   イ‐‐く,//////////∨三/´     寸三三,′
     ハ {`:¨:´くo:|: : :////////////,У⌒   i   i     ヾく
      //}ハ: :rz: {{: : ///////////ノイ   / ハ} |_j__   ヽ.‘,
.    ///∠∠≧≠=∨,'//////////,'| i 厶V ノYハハi    !|
    ` <,/////////,'><,'//////,八{ ixf斧  イ斧ミ |   八 ト、
       ` <//////////></////iヽ《 ヒリ  ヒ::リ 》|  / !| |//> .
            ` <//////////></   i  '       厶イ  八{//////>
                ` </////////,ハト、 ヽ  -   /  }/}ノ )/////////≧x_
               ` <///rくヽ∠/\{≧=r<厶イヽ//////////////////////77
                    ` 辷ハ }ニ ヽ/,r<ノ{zzイ    }//////////////////////,/
                      く二フュ、/ \/::/ ノ    ////////////'//////////,/
                     ヽ  ヽ \  `¨´ヽ /′///////////////,//////
                      ヽ_///,≧x  //∧//////////////////////
                            ///////////_\/////////////////////
                    x≦三三У三ミx//「__。」: \//////////////////
                   {三ミx三三三三三f|_i_|   \////////////,/
                   `寸/:::`寸三三三三三三ミx   `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´
            /≧ュ、_ __/::::::::::::::::⌒寸三三三三彡’ ___
           ,//////イ三三三ミx::::::ヽ:::::::/:::::::::::::::::::∨∧´三三)
            {///ィ升三三三三ミ}}::::::ノ:=〈::::::::,ィ升三三ミx//≧x、
           ,jイ三三三三三三三}イ///{ ヽ/三三三三ミ∨/≧xミx
         ,.イ三三三三三三三三ダ八///∧《三三三三三ミ∨///}三ミx
      ,.イ三三三三三三三三彡'   ∨//,'} ∨三三三三三∨// `寸}}
   , ‐=ミ三三三三三三三ミ> ´        V//,}  寸三三三三ミ∨′  寸
  /, ニ `寸三三三ミ> ´          ∨/    寸三三三三∧
. 乂三心   ∨三> ´             ^       寸三三三ミ∧
 {三三歹 ノ  }/                            寸三三三ミ∧
. 弋彡'く_ _彡′                              寸三三三∧
                                       寸三三> ⌒ヽ
                                          寸〃 x===ミ }
                                      { { {三三∧ノ
                                           弋_ゝ寸三ソ


電霊 サーニャ

「ある意味反則チーム」 その1。

素の力は弱めだが、電脳空間においては他の 「ある意味反則チーム」 も抑え込める 「最も新しき神」

その後、サーニャと関係ないところでの電霊誕生が 『クズノハ』 でも確認され
現代社会に適応した悪魔の一種として認識される。


桃子・サンダルフォンと組んでの電脳空間移動。
アプリを元にアプリよりも強力な眷属の電霊を生み出すなど、やる夫チームの裏方として活躍。

特に独立後は拠点のセキュリティを強固なものとし、守護神として君臨した。


その一方で、プライベートでは隙あらば やる夫に甘える にゃんこで あり続けた。
結局のところ彼女は 「自分なりのやり方で やる夫に喜んでもらっていた」 だけなのだろう。


アンケートの結果によっては登場すらしなかったはずなのに、どうして こうなった。


50 :◆vsQyY1yD2Q

      ∧
      ! !
      ,!--l
      |   |
     」_____!
     !二二!
      |   |
     ,l!  :l!、
    ,l!゙|  :|゙l!、
    ,rl!゙,.!..__...l ゙'l!、
  rl!゙ 7‐--‐'、゙'l!、
  |   ,',! | | ! ゙,  |
  |  ,',l | | ! ゙,  |
  |  `7----i,´ |
  |  i゙ -=-' ゙i  |
 .,'=ミ,ノ! ,-v-、 ト、,'=ミ
 |   | l ゙'^^'゙ :! |   !
 ゙,  /´```""´`、  ,'
  ゙゙゙゙         ゙゙゙゙


霊鳥 サンダーバード

『エマージェンシー・カーン』 要員として、その後も やる夫の仲魔で あり続けた。

更に高位の霊鳥にして、耐久性などを上げる事もできたが
抗体ポイントとの兼ね合いも考え、今のまま一番バランスが良いという結論に。

本人的にも 「テーマソングが無くなると困るので、今のままでいい」 との事。


51 :◆vsQyY1yD2Q
             |: : : : : : : : :、トv从∨;ハ!- : 从__彡イ,{ __
             |___彡ゞ、::::::::::::::::::jーリ::::::::::::::::彡'゙´リ
             }:::::::::::::/  彡=ミ::::::リ ノ |:::::><zソト、
             /⌒ヽ::,゙  ∧ O ∨´〈ハ}り O 〃{/ハ}
              ∧{ ヘj::{    ミ=⌒`  ! `≧=彡ハ.|
           /. ::} .ム::!_ _ _  Y⌒i_ _ _,`:、 _  ∨`ヽ
             /. : :ム/.:::::::::::::::彡'´ /ヽ へz彡、ノ、 \::::`::ミ彡\
           ,: : ミ::::::::::::::::::::/   ノ _z====ミ   ヾ::::::::::≧: :\
         ≦`:::::::::::::::::::::::::ト, >.:::´彡'´ ̄ ̄`ヾ:::\ ド:::::::::::ミ_: :.\
        /. : :`.ヽ::::::::::::::::::::彡::::> ´ >−-−< \::::::::::::::::::::::≦: : : :
       /. : : :  三::::::::::::::::::::::彡'゙ ,.: '´       `:.、ヾ::::::::::::::::::::=ミ : :
      ノ. : : : : : :>::::::::::::::::::::::イ, /   , '´ ̄ `ヽ   ヽ}:::::::::::::::::<: : : :
     /. : : : : : : : ミ::::::::::::::::::::::::.\   ´,イ     `v、 /.:::::::::::::::::彡: : : :
    〃. : : : : : :> ´7::::::::::::::::::::::::::ゞ<::::::{       ノ:::::::::::::::::::::::::::≦_
   /. : : > ´    ´フ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ,彡:::::::::::::::::::::::::ゞ`////
, .イ//´/        'イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ̄.:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ∨////
//////          ソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::从'..∨////


鬼神 ショウキ

その後も電脳異界の番人であり続け、病魔などから やる夫一家を守り続けた。

やる夫と共に外に出る事は少なくなり、もっぱら拠点の防衛に努めた。


学業成就については、効果があったか自信は無いとの事だが

やる夫の周りに集まった少女達が皆 好成績を残して同時複数交際を認められ
その後 皆が無事に進学した事を考えると、相応のご利益が あったものと思われる。


独自の名を付けられる事は無かったが
これは 「鍾馗さま」 の信仰を大事にするためだったそうだ。


52 :◆vsQyY1yD2Q

                 .   ´  ̄ ̄ `  .
              .  ´            ⌒ヽ
                /                   .
              /                     i
          .'         \ \  \       .|
          l      ト、     Y  X´ ヽ ト、 /:i
          l    .| \  .斗<ィ升K.`Y  X .ト.
          |  ! .l十|-- . \  |  |r' ん j/   !:i
          |  ! .l { ルr≠x ヽ.j  j匕.ソ |:     |.:l
          |:lN !乂  ハr'ヽ       """ |:!   ノ.::l
          l.! 从ハ ` 乂_ソ '       从:ノY.::l:|:|
            从  人 \ ""    ._ _ノ  ム从.:::::リ八
          人}Vメj\ハ`         /.::::):://
           人.:: 从.:ヽ}> .      . イ.:::ル'ル'
                ). :::::\j\ル}メ r=≠ = =ミ{
            rく⌒X `ヽ. \__ ノ   }i{ __八    __
            } ハ ∧   Y { { 「 ̄ `Y´ ∨⌒「   〉
            レ' ∨ ∧   Vハ ∧    |   }  |   ∧
            /    ∨ ∧   \\/ 、  ! /  .ム ./. ∧
           /       ∨∧   / \ / \jイ{     ∨ ' .∧
.        /      /j ' .ハ  {      ー ≠,   ヽ.     .
     /      /  ー斗 1人         }}     }     \
    /      /        } !  \      _メ   _ ノヽ     \
   〈    -─.r'           | !     ̄ ヘ //     {   \    \
     .     \       j .j_斗< // i {     く\.   \ __  ヽ
     \       \      「 _ _ /   .l |     Y´    /´   . '
.        \       ヽ       } }         | |      .l   /    /
           \     ヽノメ  j .!    _ __ __ .LL/〉   .| ./    /
            \    }  !\ j         〈∧    }くヽ  /
            \  ./ / :: :∨          } }   〈 }ハイ
            く_メ 斗<: :: :〉        〈.∧   |Y.{X
              /⌒:7.:::::/二三三三三三三三三ミj::::しヘヘ
           /Y ト、ハ./.::::/        } |      } ::⌒’.:.〉
          入 .{人 し':: イ            j j      ∧ー‐‐'
             / /⌒     \ヽ  「 二ニ}  ./ ∧
                .  {        \ヽ└┬r ┘ ∠斗< 7、
               |          ヽ Y| j  ´         \
            i             ∨ __.」      .斗<ハ
            |  ト、          ∨ く    . 斗<斗<\!
            .从 j.∧ _ .. -- .. _    ヽ. \ ´斗 <      \


秘神 ビリケン

やる夫一家の愛され系マスコット。
一家専属の福の神として幸運を招いた。

足を撫でるのが本来の作法だが、本人的には頭を撫でられる方が好きとの事。


一緒にいる方が より幸運を招けると、冥府門の件以降は やる夫に同行するようになり
厄介な魔法除け、フォルマ・アイテム習得率アップの ご利益を もたらした。


後に遠征で大阪に赴き、本家ビリケン像を見て
「頼むから別の名前を付けてくれ、もしくは合体させてくれ」 と 頼み込んだ。

やる夫一家総出で相談した結果、「ディアーチェ」 という名前に。

その後は やる夫を名前で呼ぶようになり、ますます幸運を招くようになったようだ。


53 :◆vsQyY1yD2Q

                                           {:::::::::::::::::::::::::::\
                                           {:::::::::::⌒\:::::::::::ヽ
                                              从::::::::::::::::::ハ::::::::::::}
                                               {:::::\:::::::::::{_ノ::::::::::ノ
                                            \::::::>==/::::::::/
                             _ -‐―――=ミ         {廴⌒>..ア:::::::⌒\
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、        V::::::::::/::::::}::::::\::::...、
                       /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      ⌒7::::::::::/}:::::::::::}:::::::}
                    /::::::/ ::::::::::::::::\ ::::::::::::::::::::::::::\       ,:::::::::::::{ノ::::::::::ノ:::::::}
      〃 ̄⌒\        /:::〃:::::::::::::::::::::::::::::\ ::::::::::::::::::::::::::\    i{:::::::::/:::::::/::::::::/
      i{ 「⌒\  、       ':::::i{ ::::::::{ :::::{, :::::::::::::}:::::::::::::::::\ ::::::::≧===乂/:::::::/:::::::::::/
      (^L 厂ヽ   \       i{ :::i{ ::::::::{ :::::{-,::::::::::::} :::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::/:::::::/::::::::::::::/
     \__)  i{/ ̄ 、⌒\  i{ :::{',::::::{ ::斗=ミ:::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::ー― :::::::::/:::::::::::::::::/
      Lノ う/⌒\ __、__ ', i{ :::{^',:: {::::l:{  ',:::::::}::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/
        ̄i{     〃⌒: \}  V人fぅ、:{:::从 fう ', :::}::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::/
          \  i{:::::::::::::::::\_j::∧^~~ ⌒ ^冖^^\ノ::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::/
           ー ^Y⌒\:::::::::::::込、`__  -‐ /^ 、::::::::::::::::\::::::::::::::\ー‐=≦
               \  ー=彡^个s。  _ イ  /\:::::::::::::::::):::::::::::::::::}
                   ≧s。      / /{⌒^~    ):::::::::/:::::::::::::::::/
  斗==ミ、             ≧s。  /O 7^〉=‐  /O(:::::::⌒ ̄:::::::::::/==ミ*、
 /i:i:i:i:i:i⌒\、              V/ア〈_〈__/7⌒O / ⌒ ̄ア⌒< ̄ \  \
. {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\、                 /i:i:/  ⌒ァ=┐ /=―― 冖===ミ\____、  }
. {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\、            {i:i:i{ .  /i:i:/´    ⌒ ̄       \、  ̄ V
 Vi:i:i:iY:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\、           人i:i{ :.  {i:i:,'   /{   /        Y   }
.  Vi:i:i:iYi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i',            、〉=- /{   l7   ,'     /   /  j}__/,
.  Vi:i:i:iYi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',           i}  ,   {   {{   ′  /   /厂ア^ /
    Vi:i:i:iY:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',         リ {   ノ、  l{  {     {    ,'-=≪ イ
    Vi:i:i:iYi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',      〃  ー/i:i\ \ )ー  ^ー ′
    Vi:i:i:iYi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i',-====≪/    /i:i:i:i:i:/ ー ^7
     Vi:i:i:i:Yi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iV O斗===ミ` 、.'i:i:i:i:i:/   /
     Vi:i:i:i:Yi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iУi:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ \i/   ,'
      }i:i:i:i:i:Yi:i:i:i:i:i:i:i:i:i//i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',O 、   /
     f}i:i:i:i:i/}i:i:i:i:i:i:i:i:/ ,'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i',  \,′
     リi:i:i:i:{从 ̄ ̄    /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i', O  ',
     /i:i:i:i:i:i:i:∧      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}',
      {i:i:i:i:i:i:i:i:i小    ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i:i:i:i:i:/ l} O ノ
      {{i:i:i:ir‐/^)込、  }i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノi:i:i:i:i:/ リ_/
      { ⌒i{_ノ/   ⌒,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:/ /⌒
      乂_ノ^′     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ー==≦ /
             ,.i:i:i:i:i:i:i:i:i:/、   ___/
               /i:i:i:i:i:i:i:/    ̄ ̄
             /( )( )( )′
            /}i:i:i://i://


地母神 ズェラロンズ

冥府門の件の後は、普段使いの悪魔として活躍。
冷静な助言者・参謀として やる夫も頼りにした。

本人は やる夫が成長したら合体してもいいと考えていたが

水辺、水中での戦いでは上手く、器用に立ち回れる事が判明。
MAG稼ぎ&御魂強化を経て、水中戦担当として そのまま残る事になった。

その際、名前を付けようという事になったが
本人の 「梅雨ちゃんと呼んで」 の一言で、話し合いをする事なく決まったそうだ。


54 :◆vsQyY1yD2Q
                        ____,,,,,,....、
                   , -─、^゛: : : : : : : ヽ、
                  .,'    ヽ: : : : : : : : : : \
                  ヽ ∠  |: : : : : : : : : :  \
                   .\ ∠|: : : : : : :     /ヽ
                     .\.|: : : : : :      (::::  |
                      .) \_: :       ゙ヽ. |
                      |/| )-、.     ノ::∧
                         | |/\   ノ::  ∧
                        /   :::::|\ノ::     \
                          /   ::::::|  /:      .ヾ"゙ヽ
                     /    :::::| /:         .\__)___
                    /      :::::| /:::          ,,^,、`ヽ
        ,.^.、          /       ::::::/ |::::           弋ヽ.〉,'
     /  .|        /       ::::::/ /::::::          ``ノヽヽ
     |   |    _______/        ::::/ ./::::             / |. ヽ`i______,,,,,,,,,,,
    /^゛゛゛^゛゛゛i            :::/  /:::             / ├-..、!::::::::....   ^^^^゛゛゛`ヽ
  <´ ̄ ̄ ̄ ̄)  ヽ、./|      _,‐´   .ノ:::             / /」~~ヽヽ\::::::::::::::::
  く´ ̄ ̄ ̄ ̄\ / /     ,‐´   ._,‐′             / .∧┐ ノノ   ::::::::::::::::
   \_____ノ/  /`ヽ____,‐´   _,‐′               |/  ゙-~-´
   ヽ\     |.   .|     i.  _,‐′                /
    .\.ヽ.______`ー-′   !_,‐′                /:::                   /:::
      `.ヽ-、、ー、、____...‐′::::                /:::::::                  /:::
          `.ヽ-、::::::::::::::::::::              / :::::::::                 /:::
              `ヽ 、               ./                     ノ:::
                .\             ノ                     ノ:::
                    ヽ           ./                     /:::
                     )         ./                      /:::
                   '..._       ノ::::                     |:::
                     `-、、_  _ノ::::                      |:::
                      ::::::::::::::::::::::                       |:::


妖獣 カトブレパス

物理特化の荒ぶる おばちゃん。

その後も普段使いの悪魔として大活躍していたが
やる夫の成長を見届けて 「お役御免やわ」 と言い出し

パワー系の悪魔を狙って悪魔合体し、物理特化コンボを後につなげた。










が、後に妖獣 ベヒモスに たどり着き、似たような姿で戻ってきた。


55 :◆vsQyY1yD2Q

        -‐- 、__
.     /     }  ヽ
      /   }r‐、ノ   ハ
.     /    ノ し ( _)/  }         , . -‐: :‐->''" ̄}
    {    (::::::::::::::} ( ) ノ       / : :-―-<  /  {
.     ∨  ⌒\::ノ  /   _/: : : : : : :ΛΛ \  八  /⌒\く⌒\
     }      ア'´ ___ ノ /: : : : : : : : ( ゚ω゚ )☆∨ / :∨   ハ } Λ∨
.    乂「⌒ヽ /   { \ / : : : : : : : : :\: :☆☆: : :∨: :>―  乂ノノ しノ ⌒i
           }ノ      /: : : :|: : : : :イ⌒:\ : :| : :八: : {  {:::) /:::\  (ノ
.           |     ∨: : : 八: : :\ x扞ミ、 :| / : : : 人    {:::::::::::::)  }
.          |      {: |: : : : :\/   ノしハ V : : :/: : :\   `¨⌒   /
            |       {: |: : :\|       乂'ソ : : : :/: : : : : :\      Y
           |      }八: : : : xシ^ 、    { : : 乂__: : : : : : :{   /⌒\ノ
     |   |        \ : ハ  、.::::::::}  \ : : : :}―く : : \(_乂__) )^Y
     |.     |           / }: :込   ー  / : : : :ノ   \ : (_ )   ∨  \
      {     |          乂 : : :\≧=- { : : :(          \ Λ   ∨__ノ: :)
         > ---――    __) : :ノ    乂 : : :)        \|.     ∨ : :く
                      { : : : (       ): :/ヘ  \      |     ∨ : :}
      \             \ : : \v冖v冖乂(  ⌒冖く}h、   {       ∨人
.            二ニ=―---   ̄)ノ_ヘ         ∨: :>       } : :__ノ
                        / 厂     }ニ         } : : : : : >     ノ ヽ
                         ニ{  {   ノ         / : : : : : : : : : : :ー彡 :ノ
                       {  ` ー‐ ''゛         { : : : : : : : :) : : : : : : :(___ノ^Y
                       \     __r―r冖へ  _ノ : : : : : // : : : :ノ乂___ノ :ノ
                        ノ__,厂ノ⌒      ⌒冖┘/{ : ( : { : : :(    (/
                     |                / : /  乂_: :ト-- :_:_ノ
                     |            {: : :乂__,  )ノ
                     |                ∨⌒             /´ ̄丶、
                              、         丶                  乂 __   丶
                       l    j{          \                \  `、
                     l            _____ ノく___))               }  }
                       l           /\/´ ̄|「 j「 \              /   {
                         {_____/\____/  /_,.   しノ\ V               ,::'    ,゙
                      ノ ̄\      /       }  ∨\       /    ,:゙
                      /    \   /       (',',')  },',')` ー― ''^´   /
                        /       /            厂 _        _,
                                        ノ   ´"'' ‐‐‐ '' ~
                   /       /
                  ,.  --  ., /´ ̄ ``丶、       /
                     /       /        \   /
                     /        /          }/


大天使 サンダルフォン

桃子、サーニャと組んで、その後も電脳空間移動に活躍。

サンダルフォンとしては かなり弱体化している個体だったが
これほど話が分かる大天使も珍しいという事もあって、そのまま普段使いの悪魔として残る事になった。

以前えりかが 「きらりの巨人」 と間違った時に気に入っていたらしく
名前を付ける際には、自ら 「きらり」 と名乗った。


穏健派メシア教関係者との折衝にも活躍するが
その一方で、天音とインデックスの応援もしていたらしい。


電脳異界を分割する際に、彼女もエリアを持つかという話になったが

     き  ら  り  ん  ル  ー  ム
「罪を犯した天使たちを永遠に閉じ込めておく幽閉所」 になりそうだからいいと断った。

彼女的には、妖精や精霊と仲良くハピハピしている方が楽しいようだ。


56 :◆vsQyY1yD2Q
            / ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
ム          /    ヾニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/  、
Yム     /       }}ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ{{    、        ムW
. Yム    /         ‖ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ={{     、     ムW
  Yムニ/       〃ニニニニ>->‐/⌒ヽニニニニニニニニニニ={{      、     ムW
.  Yムi{ヾ、    />-/ ̄ ̄/  /ヘ  {/ヽ |  ̄Y⌒ ̄マニニニニニム       、  ムW
   Y {ニ≫=≪ニ/  / { ̄\/l/   V   Tヽl  /}   〉  ̄}ニニニニム        }__ムW
≧=- Yニニニニニ/  /-ヘ   〈   /   /  У   l\ /   .l ̄|ニニニム      /ム ムW
   ̄冖≧ニニニニ=/      }  > ≠{  /  /    l/ ̄ヽ_/  |ニニニニム _∠ニ}/W
     Yトニニニニ{ /\_ヽ/  ./ ′  ̄ ``i<__/}    l  ト.  |ニ≫= ニニニニニニ}W
      |‐|\ / ∨    /  __,/斗-   _ l    |__/ / |  |_〃  》ニニニニニ=}/     __
      |‐|/   /    / ´ / .{    l W>-   \_/  | /‖  マニニニニニ// -=≦//
     /       l     {    i{‐‐‘,   l ム-l  `、      l イニ{    マニニニニ≦¬ ̄
   ./     /l λ  | l i| z=テ=ァ\  lV ァ云zzx_`、     |ニム    マ斗匕l_/
  /      /  l ( 乂小爪 |_レ≠‐... \/リ.....{,___`iヾ/    |   |ニム    Vl_|
  ,′     /、 ヽ ゝ  トV | ヽ| ::::::::::::::: ' :::::::::::::::::::¨/ /   |  |ニニム    V}__}
 ,′   /  \ \   | l |込ゝ _,.-―― 、   / /   /l /  ̄ l     V/
 {    ./      \ \ j-| |¬¨   |     / ̄ イ彡イ  | / l/    l    l′
 {    {     Γ ̄ ̄/ | |    |     /  /   l   l /___>'"l     l
 l    l      l    /   | |     |     /  /    |   |   l___/l     .l
_人   `、   l   〈    | |ヽ.   |     /   /    |  |  }¬      l    l
  \   \   /\_> __ | |≧=--ヘ __/ニヽ     |  |  /  |    .l    /
    \   \′/ニニニ∧ Vニニニニニニニム,____|  l/   /      l  /
     \   Y / /   \\マニニニニ/===V .人   V__/ヽ     } ./
       \ リ/  ../......    ヽヽマニニニ/     i\ \ \   ∧   } /
       / )‖....::,'::::::::::::::.....  l } マニ/     ! 丶  \ \ ∧  ‖
        /  .} { ::::::i::::::::::::::::::::::::.. l |  ..........::::::::::::::::}:::  ‘,  \. 丶 ∧ ‖
.       /   叭::::::j::::::::::__::::::::::: リ.....::::::::::::::::::::::::::::i::::.... }    l ≧=- ‖
    /   / /::::i:: ̄    `        :::::::::::::::::::::/::::::::: /   |     〃
  ./ ,.-‐''  /::::/               ::::::::::/::::::::: イ    .|     〃\
/ /      イ /                      /:-<//|     |ヽ   /    \
. /         } ′         ,/       /  ////i|     |//\       \
ム     /// /            /       ,'  ./////|    |////\       \
=ム <///// /         j        i  //////|  _ |//////\       \


邪神 カナロア

実は悪魔としての本来のレベルは、他の仲魔に比べて低く、抗体ポイントも軽め。

にも関わらず、攻撃・回復が揃って継戦能力は非常に高く、耐性的にも隙が無い。

これは下手に合体して高位の悪魔になり、抗体ポイントを重くするのはもったいないと
合体せずに そのまま残る事になった。

特に水中戦では、ズェラロンズとコンビを組んで活躍。

御魂で強化され、後にメギドラオンも覚えた。


プライベートでは非常に人懐っこく、よく やる夫に巻き付いている。

抗体ポイントの低さを活かして、外に遊びに連れて行ってもらう事もあるようだ。

やる夫から 「ヲキュー」 という名前を贈られた。


57 :◆vsQyY1yD2Q

   _,. <〉      > ,.ィ∧         |i          i|           , 、..,,_,. <  ._ `''<           .∧
_,. <  ,..<〉  ,. <l  / 〉._       .ヤ、      .,:'.,'        ._,./ ∧!> .,_,.、  〈 > ., `''<         ∧
   ,. < ./  /7..::.:| ./  :! > ..,_     ヤヘ      .,:' .,'     _,. <   / .マ   マ\ \  > ., `''<     ∧
_ <  ./  / /   .l/   |     > ., ヤ Y ⌒ Y . ,'  ,. <     ./    マ  マ \ \    > ., `''<  .∧
   / _/   /   /   / 〉, 、 ._   ,.r=ミ ヤ 、!j  l ! ,' ,r=ミ   _ , 、〈∧    マ   マ   \ \       > ., `<∧
: /  ィ"´ ̄`Y   /   /_//_/. l |.:∨\ュYゝtd zチ!フYr/∨ | lヘ》,∨》,   マ .::Y´ ̄`\ \       > .,  \
:::::./       .|   /   >''´  `ヽ| {三ミ〈`ヽ !i个i.l ,ィ´〉,ィ彡} .レ'´ `ヽ    マ  |      .\ \        > .,\
/       .| : / ,.ィ´./     ,ィ´ヤ:\ ヘ}  ハll|llハ  {/ / ,' ヽ     ヤ  、  .マ.|       .\ \             >、
         .| // / /乂__,.イ  ヤ .∧ノ.   } | {   .弋/   ,'  マ___ノ マ》,.\ マ.:|           \ \         .|
         .レ'  l /    /   ,,.._大=-、 /:| | |ヘ ,r‐=7 _..,,_  マ ∧ マ }  \.|            \ \        .|
              γ7   ,. ィ   /> .,∧   ゙《〈 | 〉》'   /,. <.ヘ   t、.∧`ヽ!                 \ \       .|
          ,'∨ / / / ,.ィ /    /r\  ゙《Y》'   / ',   .∧ ,、 ' ,\`ヽ Y.',                  ∨ 》,     .|
          ,' / { ./ ./イ / `''< ./:.| | `'<__>'´ | |.:', >'´ {. \':, \}: ', }              ∨ 》,      .|
            {∧_リ./ ./ ./,.イ! /. \.| | .l>-<l. | |/   マ{\  \   }、_/リ、              ∨ ヤ    |
          .|》,__ゝ- <_/´/::./ <´  >l  ||  l<.  `> マ\\  }!ー'_//}!                  ヤ .|    ./
           .j `ー、__|/:: : /    \/ /{! || .ハ ヽ_/   マ \}__γ´ |                    ヤ |   /
         .ノ   /  /: .:.:.:./      | ./!>-||-<l', .|       .マ:.:.:.:\  ヽ  .乂               ヤ .|  ./
        .{    / Y:.γ´//        レ∧      .∧ |        マ》`Y `Y  ',   }              ヤ | .:/
         .乂__,/__,ノ:.:////          /  〕     〔 ∧        .マ》,》 :.:乂__l_,ノ               | .| ./
        ./:.:.:.:.:.:.:.:.////       __>、/ `ー‐´ ',,.<__       マ》,》,:.:.:.:.:.:.:.:∧                  | .|/
       /:.:.:.:.:.:.:.::////      /\´  \     /  `/',     マ》,》,::.:.:.:.:.:.:.∧                  |./
      ./:.:.:.:.:.:.:.:.////      /  ∧    ヤ  .√  ∧ .',       .マ》,》,:.:.:.:.:.:.:.:∧                   /
       ./:.:.:.:.:.:.:.:.////       /    }、  .ヤ  .√  .∧  .',     .マ》,》,:.:.:.:.:.:.:.:∧


妖鳥 『蘇りし』 バイブ・カハ

「ある意味反則チーム」 その2。

最強の仲魔として、やる夫の最後の切り札で あり続けた。

普段は戦闘に参加しないが、それでもCOMPに待機している事が多い。


電脳異界 分割時も自分のエリアを持とうとはせず
普段はエリアを またいで気ままに飛び回っている。

彼女的には、電脳異界を増設して広くするのは大歓迎らしい。


58 :◆vsQyY1yD2Q

          ((            . . -―-=ミ
          \        , : : ´ : : : : __: : : : :\
           \、__/__: : : : : : : : : : : `丶、: ̄``〜、、
            /⌒  ̄: : : : -‐ミ : : : : : : : :\: : : : : : :``〜、、
            / : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : :.\: : : : : : : : : : ``〜、、
            /: :/ /: : : : : : : : :\ : : \: : : : : : : :∨: : : : : : : : : : ィ⌒
         /: : :/ : /:/: /:./: : | : : : : :\ : : \: : : : : : ∨: : _,,. ィ'´
.        /: : :/ : /: ': :.|: :| : : |: : : : : :.| 斗-―\: : : : ::.マ´l从く
       /: : :/: : :|: :|: : |: :| : : |`、: : :.::| x笊芳_|: : : : : :∨: : : :\
.      : : :/′ : |: :|: : |: :|Χ | \: : :|   _):::j | 》: : |: : ∨ : : : : ``〜、、
        | : /,|: :.:.:∧∧: :\ x==ミ  `|| 乂_ン |: : /: : : :.|: : :.:\: : : : : : :`丶、
        | //:|: :.:| V∧: : :《 _)::ハ  |/   ::::::::::: |: /: : : : :.|: : : :.:.:.\ : : : : : : : }
        |:| |八: : :|イ∧:∧ : :\\ン          ノイ: : : : : ∧: : : : : : : : : : : :.:.:./
        |:| |/\:|ノ: ∧ : \: : \_:::: ,  _    ,|: : : : :/: :|: :.:.:.|: : :|: : : :.:/
       |   /: : / : \:.:{ ̄ ̄、   `´  // : /.: : : :八:.:.:.|: : :/: : : :.:/
.         / : :/ : : : : :.Y^Y: : : ≧=‐--, イ / : / : : /―-ミ|: :/ :|:.:/
      / : : :/: : .:/ニニ¨ヽ|: :|: : :∠:,_/:∧  / /: :/     ∨ : | :|
        {: : : :./ : : 八┬┐ `|∧:.| \ ̄} /:/: : :/         ∨ : `、\
       人 : : |: : : :/二二   l/ \     ヽ |: |:.:.:/|         ∨: : :\: \_
       \:| : :.:.L,ヽ    ト、       八l\{:|          '\: : : \ :  \
.        /\: : : : :|    K´ ̄     _,ノ   |       /  |: :.\: : : ヽ\| : ',
        /: :(  `、:|∧    |\   /   / ̄ ̄\     ,′ ∧: : :.}: : : :..〉 ノ: :ノ
      八: :.:\___∨: ∧    'く ̄\_/___ノl― 、_    \  ′ ∧ : : /: : :///
       \__/:.:./ ∧    \∠  八 __//  }⌒Y  ヽ|_/ ̄|: : :{: : 〈//
            /: :./〈  { `、    \) {//\〈____,ノlТ\l-l―┴<\: :\
.         /: : : /|: :l\」┬ 、     ` 、 Γ7     |//_____\\    >\: :\
.      / /:.:.// :|://〈_八___、      `'八  // \У   |/   Y´: : : : | \:..|
.        |:/:/|:| /:.:.:.\)_|  { 、     ∨ ア^ヽ__}       ̄| ̄ : : /: :.ノ  )ノ
.        |':/  |:l |: : / | (|   ヽ`、      \フ\ノ八  ノ______/ _____/:/   /
       八l  八:、\{ 八: :|   ,{___\      { /_} ̄\|)/{/  :|/
         |   \    `'| /    \       ̄ 八__|/-ミト 、_____
                    |        \     /      \___   \
                     八        _,>―‐'¨¨¨ ̄\     \\   \  |
                  ≧=‐--‐=≦       /    〉    \\   \|
                 _/     /       //    /∧       \ ̄ ̄
                /____|     ,′       //     / ∧ ∧ ',ヽ 〉 ̄\
                / / /|           /         | | ∧ ' ∨ ̄\∧
              /   / /             /        | |/ ∧ ',',`、 / |
                /   / 〈      |     /        八人/∧j」 |  |  |
            /   /   ∧             /       /_  /     八 |  |
              /__/  | }     \           /   Y ___  | |_|
                  /八                /___  //  / / \ |,
                    |    \            厂\  //∨  ̄l/ /___ハ、
                  /|      { ̄\____∨_/   ∨ |ノ  / {  /  ∧:、
              /  |/|\ 八 / /   {/     }  ̄ ̄     \_ト、   ∧',
                八  {  |  |\l /   /____/           |\__,| ',
.                \ \|  |  ) ( ̄\   \| l/             ,゙   /: :.',
                ̄|   |/  \ ∧____ノ/             ' ̄ ̄: : : : :i
                     |    ̄ ̄ ̄ ̄   /                /: : : : : : : : :.:|
                   |           ,′                /: : : : : : : : : :.:|
                 |             ,′            /: : : : : : : : : : :.八
                     |            ′              /: : : : : : : : : : , '゙
                   |          ,′           /.: : : : : : : :.:./
                       |        ′              / : : : : : : : /
                     |         ′           /: : : : : : :/


魔獣 『お姫様な』 ケルベロス

ハルヒの宮殿に仕える立場だが、本人的には やる夫のペットのつもりらしい。

以前、助けてくれたら仲魔になると約束したのに、そのまま去ってしまった事を気にしており
恩返しのためなら なんでもする心意気だ。

普段使いの仲魔として やる夫の護衛をしている。


やる夫とフリスビーで遊ぶの大好きだが
流石に表では できないという事で、電脳異界でだけ楽しんでいるようだ。

    n _n__                               __n_ __
    l l└i七                             ア 「└′
    LK⊆T                               込 -勹
             /                        ̄
             (:(   . .-―-. .、
             >`´へ __: : :゙ <´ヽ
            /: /: :ヽ: :\: : : : \/´\!―ュ
          ∠イ:/: ∧: ヽ: :.ヽ__/、  }ヽ_j
            { {: :{ー'ヽ:∧: :.ヽУ: : \ノ_      {\
            Y,ノ < ハ: i: :i: : : /ハ<二_   r'  '.
               ハ  "" |.:|`ト,:|: : /: :/ \/   }: : : : }
.       =========ゝ   ノイ: Lリ_, く___  ノ: : : :/,/\
             |`rィー`ー一'´  ヽ /    くく´: : :_/\\._ ヽ
             └| |        }    }}  }ヽ  ̄}   / ´  ´
               ヽー――< /| ̄\_リ  } } ̄ }/
                    \{ ヽ  〃  ̄/ / ̄/
                       ̄`丶、/ / \/
                          ヽ/ヽ/ \
                                  \/ 〉、
                               ヽ/  〉
                                    〈  /
                                 ー'


59 :◆vsQyY1yD2Q

                      -≠ミ、   .ィ≠=-
                        >‐ヽY.〃‐-= .
                     . : : ´ィ≦ミ、}/:ィ≠ミ、: : `: .、
                     / : /: : : : : : : : : : : : : \ : : : \`Y´)
             _Y´:У: : :/: : : : /: : : :/: : : : : : : : ヽ: : : : ∨: ̄:ミ、
           .ィ≦: 乂/ : : /: : : : /: : : : ′: : : : : : : : : :∨ : : ∨: : : : \
         〃/: : : :/: : : :′ : : :′: |: :|: : : : : : ∨: ハ: : ∨ : : ∨:`ヽ: : ハ
          ./:/: : :′: : :{: : {: : {: : : {: :{: : : :|: : : }.: : :|: : :.}: : : : }ミ、 : }、: } }
         {/{: /:′: :/:.l: : |: : |: : : |: :|: : : ハ: :}ハ: : ト、: :|: : : : | : W|ハ!
         / |/{′: : {: :|: : l: 八:_: :ハ:.| : : { V´ }ハ:|`}:八: l: :.|: : }
              | .|: : : : |: :|: : {从´V:{八ト、:八 } .ィz≠ミ、 }:八: l: : :|
              |: : : 八: !: :.{ヾ{x灯笊ミ、 ヾ{    {しf:ハ.》: : :.八:リ
           八: 八: 人:八.《 しr:ハ       .乂r'ソ./: : /:}: /
             ヾ{ .{\{:.ヾ{、 .ゝ>’   、      /: : イ:〃{
                   |: : : {:.∧          ,   //: :/}:}八
                   |:{、:从: 込、      `      ./}/リ|:|
                八| ヾ{\:八{> .        イ/}/}// .l:|
                 {:{   ヾ{ ヾ{ rz}≧ - <..斗}    |:|
                   八{    ./´}ニ≧=-<ニニ{-<  .|:|
                   .ィヽ´ ̄   《ニニニニニニニニニ}   \j/
              /ニニ\       ∨ニニニニニニニ|    /` .、
             /ニニニニニ.ヽ     .∨ニニニニニニ.リ  ./    \
              _/ニニニニニニニニ\     ∨ニニニニニ/          /ヽ
              (   ̄`´  ̄ `ヽニ{ヽ    Vニニニ./           イニ∧
              }> _ .ィ    ∨乂.\  ∨ニニ/      <ニニニニ∧
           /ニニ{ ヽ      ∨ニ`<> V_.イ -=≦ /ニニニニニニ/ニ}
             /ニ/_|         \ニニニフ ⌒\-=≦ニニニニニニニ{ニニ!
         /ニ/ニl|  }   、    `ヽニ{    》ニニニニニニニニニニ|ニニ|
           /ニニ{ニニ|.  V`ヽ  ー- .    }ニ》´>-〈ニニニニニニニニニニ|ニニ|
        {ニニニニ.ハ   } ∧     \jニ{/  ./|ニニニニニニニ|ニニ|
          八ニニニニ∧   |  ∧`ヽ  /⌒/  / .|ニニニニニニニ|ニニ|
            ヽニニニニ∧_.人 ´ ̄ `ヽ´  /__. イ  .!ニニニニニニニニニニ}ニニハ
              \ニニニニニニ.>―ー<.__ .イ_|     .|ニニニニニニニニニニ|ニニ}
            ` <ニニニ> ´ニニニニニ|     .|ニニニニニニニニニニ|ニニ|


魔獣 『魔法少女な』 ケルベロス

やる夫の仲魔だが、一番 仲が良いのは えりか。

やる夫についても、かつて助けてくれた優しい人と慕っているが
『お姫様な』 ケルベロスに遠慮している面が あるらしい。

ただし、えりかが やる夫に じゃれつく時は
遠慮を捨てて一緒に じゃれついている。


普段は電脳異界の守りについており
ビリケンやズェラロンズが普段使いの仲魔になれたのは
彼女の おかげだったりする


60 :◆vsQyY1yD2Q

                         ─……─ ミ
                         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.: ∨ヽ
                    __/:.:/ 二二二二厂∨ 厶  _
                     /:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:廴__ィ、ニニ´ /
                  /:.:.: ィ:.:.:.:.:.:|:.:.:.::.:ト、:/:.:.i:.:.:〈 ヽ:.:.:.:.∨:、
                    /:.//:.:.':.:. l:l、:.:.:.:.V\:.:.:l:.:.:.:l_{:.:.:.:.:ヾ:.:\
                {:/ イ:.:.:l:.:.:廾ト:.:.:.:.{ イf心:.:.:.:.:|:.:.:.:::::、:厂ソ
                  i:|:.:.:.!:.:.:| 爪心\  Vツ:.:.:.:.:|:::::::::::.:「\
                  |:|:.:.:.!:.:.:ト Vツ ,   ""|:.:.:.:.:|:::::/|:.:ノ
                  }:l:.:.:.l:.: ハ:.:.ヽ" 、 ̄) .ハ:/Y:::’ lイ
                      ヽ:从:.:{ \:.〕iト.--=彳:.ヾト:\
                   _ . ´  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ /   \:ヾト: \____
                 { Z           '⌒ヽ ′  \ヽ: :i:i_:_:_:_/i/:〉
                  ∧У   /⌒       〈  __  ヽ\:_:_:_:_:/
             /              ===}/   \/  U レ')
                     ====     /.蝮 の  \  '/ (
               |              、_ノ、__){/ ̄\ 女/ / _、)
               人.r一f:i:i:/⌒ヽ._____ノ、     》、 {.〈/
               { /:i:i/               {___丿 \
              ゝ{i:i:i{           /     |__ /
               /ヾiハ      >─'ー─‐「`V: :./ }
               /      ̄<´ ̄         _ |  {`/ .ノ
            /            \       ( \  / く/⌒i
              /           〕iト.    \       r‐く


祖神 『ハルヒな』 エキドナ

「ある意味反則チーム」 その3。

問答無用のカオス系大物。怪物達の母。

やる夫の切り札の一つだが、やる夫専用となって負荷を下げているため
活躍の場は意外と多かったらしい。

というか、本人が割と気やすく出てくる。


電脳異界 分割時に一つのエリアを自分のものとし
やる夫との愛の巣として神殿を造り直した。

彼女のエリアは、とにかく面白可笑しく遊園地のような状態になっており
ピクシー達にも好評なようだ。


61 :◆vsQyY1yD2Q

            ー=ミ、       ____
            __,ュ≧`y '"´.: : : : : : : :. :.ミ 、    ィ=‐-: :、
         ー=≦:_:_.: : : : : : : : : : : : :. :. :. :.` ,: : ヽ /.: : :. :. :. :.\
          イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\‐-: :マ、: :`:, : : : : ハ
        イ: : /: : :./.: : :. :. :.:: : : : :: : :: : : : : : : ‘,-‐ヽゝ :: : : :.′ |i
       ,イ%. イ : /: : :./.: :. :.::i: :@ i: : |i: : : :::: : : :.‘,: :リ|i: |:: : : : : : |i
.       ′メ": /.:._,イi.: : :. :.i|: : |i: l: : |i: : : :|i:.:: :: ::.‘,从: :!.: :. :. :. :.|i
      /: : イ"´: /: : |ノ: :}: : :i|: : |i: l: : |i: : : 八: : :: : :.Z/ヽ!.: :. :. :. :.|i
.       ´   // /{ : : |i: : |i: :八: :リ、i: : |i: : : :ソ'}.: :.}: : :.} :/:|i'.: : : : :. :.|i
        ′| / ハ.: :.{i : 笊芋ミ.  j : ノ笊芋ミ|: : |i: : :}/: :|i.: : : :. :. :.|i
          |′: :.ヽ八彳イJ::::i}  {'´ イJ::::::i} 》 . |i: : i|ヽ,ノ:.: : : :. :. :.|i
               i: :./. i|从 乂_ノ.     乂__ノ |i: :|i: : i|: :}′.: :. :. :. :.|i
               { /ヾリ|: :ハ, , ,        , , , !/从,イ|イ i.: : : : : :. :.|i
             {′ |i: :i:ヘ   、_ ,      イ |iリメ': :!:.i.: : : : : :. :.|i
                  |i: :i 个: .  ´ `   .:イ ノ.:.|i/}′ |i !.: : :: :: :. :.|i
             >ヘ i: :リ. ミュ-=≦`  < イ:リ/≧*、.: : : : :. :.|i
           / .   Yi′    -‐==‐ __彡 、////\.: : : : :.|i
          /-‐=‐        γ´ __ ` 、    \////ハ.:. .:.:.|i
        //ュョ、`:.           / .ん::::::ヽ ∨.     \,:'//∧: : :|i
       / / ん:::::::!         { { J:::::::::} !      \//∧: :|i
        /  | { J::::::! }.         、. ';::::::::::ノ }        ∨ /、..|i
.       /   ハ. ヾ==ノ/       \ヽ`=='´ イ          ∨  ヽ
.       ,′   ≧=-‐´'             ヽ ̄ ´   U        Z  }
      {       {     i       }              }`¨i|、
      { /i/i/i/i  ゝ、_____,人__________彡  /i/i/i/i        }'/,i|ハ、
      {i        マ /        /               /`ー:リ//ヽ,
     从.          `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´                /`.   Z//,ヘ,
      {≧*o。                              /       }/////,ヘ,
.       {//   テ==ー-;         ,=-‐‐-、__,。o*≦ ヾヽ.   ///////,ハ
.      {/   /   ー=´`ー=テ-  、-‐一--- 、  |i     〉〉 /}///////イi
.      {′  {:::テ‐---- 弋´.      >ェ______|j.    /// .ハ////////!
      `/ ̄¨´                       {リ___,//、  //////////i|


祖神 イザナミ

「ある意味反則チーム」 その4。

問答無用のニュートラル系大物。人類の母。

関係者が会いたいと言ってくると、プライベートの邪魔をしない限り
自分を祀る神社などで割と気さくに会っていた。

が、何かしらの便宜を図るような事は ほとんど無かったらしい。


その手で抱きしめられる、孫のやる夫と えりかを溺愛している。
二人を前世の名で呼ぶのは しばらく続いたが、いつしか直っていた。

それと同時期に自分も特別な名前が欲しいと言い出し
「なのは」 と名乗るようになる。


やる夫と正式に契約はせず、自由意志で孫と同居していた。

また やる夫と共に戦う事も ほとんど無かった

むしろ存在自体が問題の塊であり
同時に数多の問題から やる夫を守る傘にもなっていた。


電脳異界 分割時に一つのエリアを自分のものとしたが
宮殿などは作らず、穏やかに過ごせる隠居場所として使っている。



なお、彼女の結婚などに関する倫理観は、神話時代のものだったようだ。


62 :◆vsQyY1yD2Q


 ∧ ∧
 (,,゚Д゚)   …………。
 /  |



 ∧ ∧
 (,゚Д゚.)   そりゃ ロウ陣営も必死なりますよね。
 /  |



.          /::::::::::::::::/   V::::::::::::::::/   _  彡-  ―
     、  ./:::::::::::::: /     V::::::> '_       /
      |::\i:::::::::::::::/      v:/ /_:::::::ミ:......_∠  -‐=≦::::/
      |:::::::|::::::ハ:/         V彡./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     !::::: |::::::| |   /!    |  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      v::::!:::: | !.   i  |    .ノ ¨´  ̄ ` <::::::::<: :.ヽ
_     >⌒\   .| ______/  \ \   ノ     <_::::::≧=-
   ̄      __彡 ̄ア! /  ヽ.  \  ミ       \: : : :::.
、    < / 厂:/:::::::|     v    `¨  \      ` <_::.
 \   ///:::/::::::::::|       i...、         \      _≧=-
   `¨./   ./:::::::::::::: /|       |:::::::.... ___  弋ー=≦: : : : :i
    /   ./:::::::::::::: , 从.    ‐トムイ,斗====ァ .   V: !:.|: : : : :.|
   ノ   ,::::::::::::::::::___彡、    |  ,ィ尓し夕ノ: ミ: 、.. Y:.|: : : :.:.:|   問答無用のニュートラルと
  /     i::::::::::::::::::i_:.ノ_____v.   !. '"  `¨¨ V/: : : :| \!:.:.|: : : :.:.:|   カオスの大物が そろってますからね……。
      .小:::::::::: ∧ヽ弋夕.\ :.         V/:.:.:.:|: : :.:.:.:|: : : :.:.:|
__  =イ:.:.:.:!:::::::::::/  ヽ ` ´   \:       u: : : :.|: : :.:.:.:|: : : :.:.:|   こちらも大物が降臨してくだされば
   /:彡':::::::::::/!: : : ::ハ      ! ヾ      i: :.:.:.|: : :.:.:.:|: : : :.从    いいのですが……。
   /' / :::: ィ: :.|: : |: : : ::、    `        .|: : :.:|: : :.:.:.:|: : :./ !!::
.    / イ: : |: : |: : |:\八:.>...  ヽ  ア   .|: : : ハ: : : : |: :./ i.|レ
    ´  !: :.:|: : |: : |: : : ヾ\: : |≧..     /.|: : /: : : : :.:j:.:.ハ:从
.       |从:!: :.|: : |: : : : :.\ :..|: : : : `:‐≦   .|: /:八: :> ―- 、
        ヾ:.:|: : |: : : : : : : `:.≧=-: : :.:j    |:从! /      \



 ∧ ∧
 (,,゚Д゚)   そこまで融通きかせてくれる方々じゃないでしょ。
 /  |


63 :◆vsQyY1yD2Q



        ロウ陣営の苦労は置いておいて

        やる夫の今の仲魔は、多くが そのまま残る事になってますから
 ∧ ∧
 (,,゚Д゚)     今後 新戦力を増やそうとしたら、仲魔集めに四苦八苦する事になるでしょう。
 /  |



        とりあえず、以前に親交深めようと布石を打っていた
 ∧ ∧
 (,,゚Д゚)     サキュバスが協力してくれるんじゃないでしょうか。 あとタクヒと タクヒと タクヒ。
 /  |


              -==ニ二 ̄`≧ 、
                    `ヽ    ≧、           , - < ̄ ̄ ̄ ̄ニ=- _
                      〉       \     , - <       >  ´ ̄
                     /―==ニ', r‐>   /  /´     > ´
                    /´ ̄`Y  / ,'`ヽ}   /ソ ー- _   \
                       / ∧ 人_-‐=‐-/ ´)     ,´` < \
                          // ∨゙´  /´   ー〈_ /`ヽ ',      \
                          /   / // イ /い     ', ',i   \',
                        ,' .i ,' ,'⌒,' ', ',⌒',  ', ',
                        〉'从イ_ ',  ,r_i |i ',∧     あの時、見どころありそうだと思ったから
                           /ノ '.,i`¨` ,   ´¨`リ | i ∧      別の私が協力したけど
                       i/  .ハ   , 、i、  ノイ |   \
                           ノ  ハ \ ` ヽヽィ ,' り ト.  \  予想以上の大当たりだったわねぇ。
                         /   | , '  个 う-ゝi ',ノ _ノ i    \
                     /   _.i L -‐ノ ノハ: : : ハY `, .| ト、   > 、 _
                    ノ/Y´ ノノ`ー-≦ヘ_',: : : :i.   ',| | ',      >―'
               __-=イ,.' i/´  /`   `i: : :|ハ   i |  \      `ヽ
               ゝ- ヽ> ´   , '´       ',,': : :ト、ヽノ ノ    \    ト-、',
              ー彡_, {       /   , - 爪7: : :iー―'´_        `ー- .',   i
                 ヘ.::ヽ     人 ./::::::`:::::::ノ: : : :|',ヽ   ≧ー,        ', ノ
                   ヽ::>- ' i/`、__≧´/: : : : |: /ヾ\i  フ        i
                  /′i:::r 、ゝ‐,:::::::::::::::::',: : : : ノ:∧ i \ヽi  ヾ 、   ',ヽノ
                /ヽ(  ',::',   ノ::::::::::::::::::',: : :/ノ:::::ヽl'., | i',   ',::ヽ  ./
               /::::::::/   ト::ヽ/::::::::::::::::::::::ゝ‐´::::::::::::::ヽ ,'| | ',   ',::::ヽ /
             /::::::::::::i    /:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ト、:::::::::ヽi | ',  ハ::::::ヽ
              /::::::::::::::::∧_ノ::::::|:::::::::::::::::::/´ ̄ ̄`ヽi  ヽ::::::::::\  ', i ',:::::::::',
            /:::::://::::r-,:::::::::::::/',::::::::::::::::/       \  ',::::::::::::>  __',:::::::::',
           /::::::/ /:::/  i:::r ,::/   ト::::::::::::::',           \ ',:::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::',
         /:::::/  /:::/  |::,' /    i ',::::::::::::',  、         ヽ',::::::::,ヘ:::::::::::::::::',::::::::::',



        合体素材になってもらったか、それとも そのまま残ってもらったか
 ∧ ∧
 (,,゚Д゚)     はたまた素材にしつつ一人だけ残してるかは謎です。
 /  |


64 :◆vsQyY1yD2Q



 ∧ ∧
 (,,゚Д゚)   趣味に走って、以前 仲魔にし損ねた子を仲魔にしに行っても いいかも知れません。
 /  |



                     > ´             、
                    /      /             \
                  /      /                \
             rー- ∠ __     /    ./ /        ∨
                 ヽ rー- 、 `゙''/  __ / /  /        V
               X    \/    / `メ __../  ,        {_
                ./  \  /   ,ィf=ミ、/ \ /   / ,    ヽ
               /  /   `/   ,《んf心 ヾ-=彡    / /     ',
              ./  /  / /   / 乏汐  /  ,,..X´ / ./     }
              /  /  / /   / ' ' '   ∠ __ ∠  ゙X / / /   ,
           >-- <./ /    /        ム沁ミ/ /  / /  ,
          /     ヾ′  .,ハ      ′ヾ炒' j》// / /  /
         ./       /    / ∧  っ   , ,  イ / / | / ./   ……えっ?
         /,        /    ∧   ヽ..__ ,,..イ // j/、\!/|/
       / i       レ   /、. ヾ  ∧、  rー- 、-く~`ヽ ヽ ',
      ./ |       /   /  \ \′ i!`ー ≧-、  i \_V、__}
      ./  |     /    i._     \_}!/    {ハ.  }   ∨
        .,   /イ   / ,      ,>乂__)、 、 { ヽ.j    ∨
        j      ,|  / /   ,. . : ´: :/: :i: :', : :''.、 `''<ヽ     }   ※ 力不足で断られた妖精 エルフ
      /{==- 、 ,: !. /|/.  /: : : : :./: : i!: : :,: : : :`'' ..、 \   ,′
     〈 /iヽ   / レ! |.  /: : : : : : :′: : !: : :', : : : : : : \ ヽ. ,
      // ノヽ. {  ヽ{/: : : : : : : : : : : : : : : : i: : : : : : : : :.\∨
     ヽイ  ', :,.  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : :`ヾ、
       ,   ', ', /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : ∨
       ,     /  i{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : : .,
      ,′ /  / ヽ: : : : : : : : : : : : : : : /: : :./ : : : : : : : : : : : : : : : }
     / /  .//: :>x、: : : : : : : : : :ノ : :.イ: : : : : : : : : : : : : : : : :,
     ./   / }: :=-: : : : :≧== -- =' =≦ 、: : : : : : : : : : : : : : : :イ
         / |: : : :二=― : : : : : : : : : : : :≧= ..,,__ : ;,.: :イ
          /i  |: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /     /
         .' .| .j/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉     /
          .| 〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.}ヽ--イ


最終話へ  2  

posted by 文月みと at 21:22 | Comment(17) | TrackBack(0) | やる夫と悪魔のいる日常
この記事へのコメント
【悲報】ここでもオルトロスの話題無し【消失】
Posted by at 2016年08月15日 21:40
やっぱりエンディング後のこういう話はいいな
Posted by at 2016年08月15日 22:44
セッシー、シャルに大勝利に笑ったw
クズノハで確認された電k・・電霊ってピカなんとかかな(目ぐるぐる
なのはさん倫理感についてもう少し詳しくわっふる!
名前だけだけど過労死まったなしのタクヒに幸あれ
Posted by at 2016年08月15日 23:22
そういえばオルトロスの話なかったね↑

イザナノ様の異界はなんというか和風な一軒家で縁側でお茶飲んでるイメージが。
AA的には洋菓子と紅茶やコーヒーでもおかしくないんだけど。
Posted by at 2016年08月15日 23:55
天使系統できらり並みに話のわかる人材……うん、きらりの存在は奇跡以外の何物でも無いな(天使系統の基本は某自由の女神的なアレだろうし)

『愛マニア』ちゃんも本当に良い天使だった……イーノック(仲魔)やライラ(貧乳)さんもわりと良識的だった。やる夫はやっぱり仲魔運(&人徳)良いなぁ
Posted by at 2016年08月16日 04:13
サンダルフォン以上の大物ってなるともうミカエル達「四大天使」とか「小YHWH」メタトロン(サンダルフォンの双子)とかしかねえぞw
サンダルフォンはなんだかんだいって七大天使候補だもの
Posted by at 2016年08月16日 12:57
ウィル子が生まれた?
Posted by at 2016年08月16日 17:50
つゆちゃん続投は嬉しい
終盤からの登場で出番は少なかったけど好きだった

それはそれとしておばちゃんの顛末w
Posted by at 2016年08月17日 22:11
>なお、彼女の結婚などに関する倫理観は、神話時代のものだったようだ。
つまり孫がお婆ちゃんと子作りしてもなんら問題は無いわけですね! しんわってしゅごい!
Posted by at 2016年08月18日 07:00
>能力と抗体ポイントのバランスは良く、普段使いの仲魔として大活躍する。

つまり、みこっちゃんがCOMPに常駐しなく……というか出来ない状態になったときが、
本当の脅威に相対する状態のパロメーターか……
Posted by at 2016年08月19日 23:40
イザなの様
>やる夫と共に戦う事も ほとんど無かった

つまり、少しはあったと。
しかも契約していないから、やる夫の負担はゼロな訳で。

という事は『ある意味反則チーム』の戦力を2体同時に使う事件が、その後起こったという事か。
Posted by at 2016年08月23日 23:23
シャルはこんな時のAA選択まであざといなw
ヲ級ちゃんがメギドラヲン覚えて残留とか嬉しすぎる後日談ですわ
ほぼ「ヲッ」しか喋らないけど健気で可愛くて好きでした

>とにかく面白可笑しく遊園地のような状態になっておりピクシー達にも好評なようだ。
エキドナランド(仮)で無表情なピクシー達がコーヒーカップとかでグルグル回ってる所を想像したらほっこりした

>アンケートの結果によっては登場すらしなかったはずなのに、どうして こうなった。
ネコマタ役に起用したキャラがたまたま原作で探査系だった所から転がって最終的に電霊まで進化しちゃった、ってことなんでしょうか?
これも偶然多発現象ってやつの仕業なんだ……
Posted by at 2016年09月23日 21:09
天津神そのものがロウだけどな。
Posted by at 2016年11月26日 22:33
常に強い敵と戦い続けるゲームじゃないんだから
お仕事を考えればコスパいい仲間は欲しいよな
Posted by at 2017年06月30日 17:26
バイブ・カハは強かったなあ……
Posted by at 2018年10月08日 12:27
ハイピクシーの名前はどうなんだろうね
美弦(みつる)や美鼓(みこ)とかかな
Posted by at 2018年12月05日 05:26
タクヒがやたら印象に残ってるわw 合体素材枠なのに
Posted by at 2019年01月05日 15:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176490982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ