■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 4/23 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2017年01月23日

総集編「地上世界を振り返ってみる」(3)

第174話へ   3   第175話へ

44 :◆vsQyY1yD2Q


934 名前:名無しさんLive! AAA[sage] 投稿日:2017/01/12(木) 00:37:13 ID:nOsfgtie
 よっし一番乗り

 ・・・で、いきなり実現不可能っぽいことを言ってしまいますが、
 いつかやった「総集編・あの人は今」みたいなノリで各国の様子をみてみたいなー、とか言ってみる

935 名前:名無しさんLive! AAA[sage] 投稿日:2017/01/12(木) 00:41:06 ID:M/00TOCb
 エジンベアの現状でも。

979 名前:名無しさんLive! AAA[sage] 投稿日:2017/01/13(金) 15:22:49 ID:lhhq0Dh9
 エジンベアの国王って出てきたっけ
 それにバラモス倒してからのあの国との関係はどうなるんだろ、接点はアナ親子くらいだけど


     .,._
.    ./.i!l                  __
    ./  ,'             .,r.''"  ~"ヽ
    !  .└っ         .,'       i
   j   ノ           i         {
  r'   }               l       .}    では、ここからは
 .,'    }.             `、      .j
. ,'    .(              j     ,.'     各国の状況を見ていこう。
.i     〈_.      _  _, , .イ     .L
,!     `'`-‐"´    ̄            ` 、
` 、                         ` 、
   ~'' .,_            黄金の光      i
       .~"'-                       l
           `、                      l
            .`、                    l
            `、                    ',
             .',                       ',
               l                      ',
               |                   `、


45 :◆vsQyY1yD2Q

【 アリアハン 】

⌒ゝ 〃⌒⌒ヽ_      |!____i|     ( ノ⌒ヽ、_二-‐'⌒
  `ー' ,-、_ノ⌒)    /=‐::::::::::::::::∧
'⌒ゝノ⌒ヽ、-〜、ノ    ∧────ト ∧     (⌒⌒ヽ_ノ⌒〃
              /=ヘ ロ ロ ロロ | /=ハ  /ヘ  `〜‐-、__二ニ(
  /⌒ヽ、_     /_ ヘ ロ   |/_ハ/= ヘ
,ノ"´ `゛ー-、\-‐'  ]二二[     ]二二[.| ̄| ∧
"´′     "ノ ヽ\ |ロ ロ ロ |=====:|ロロ ロロ|\|/=ヘ__/⌒、∧_,∧、_
    ,ノミゝ       ...┌冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖    /=∨ハ
彡ゞノソ爻乂ゞ∧ ソ   |============..|\_/_ハ__ハ
爻ノゞノ个ゞゝ/=ヘミ   |___ ェェ ニコ  ェ  」   | |  |  ロ| ロ|
^^~" ̄~~゙ /=-ヘ彡/...._/|      ェェ  r=====ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
从 ノゞ Fニニニニ.I |    .| : | r=====ョ   /=-‐==ハヘ | ̄∧ | ̄∧
ノ爻ゞ   |  ./ ̄ ̄ ̄∧...:::| : | ||ロl.lロ||  /== -‐-ハヘ レ'△ヘ レ'△ヘ
ノゞヽ / ̄ ̄ ̄ ̄∧/品| | : | ||日ll日|| /____ハヘ______
ゝ'  ./___-=/品| ∩ .|// ̄ ̄ ̄[INN]┌┬┐ |┌┬┐┌┬┐
  /\=-    \_¬ //′″,,   _ |  ├┼┤ |├┼┤├┼┤
/ .品. \‐-  //|_ ̄ "   . / /|  └┴┘ |└┴┘└┴┘
____\_| ̄|/|/        . | ̄|/|______|______
   .エコ  ュ | ̄| ''|  ′′ ''''  | ̄|| ̄ エコ ェェ      コ
 エ コ .. 匚 |~コ| │     ‐-  |  ||匚]  ′′匚 ]
,,vy,、,_,,,.,.,,vv、.,,| ,,_|,/ 二=  -‐  |,,_ ||,,___,,vw_,,,,,y从w,,_、、,,,_vy,,_
::::、、::::::::::::vy,,::::::::::::::z'     ‐-  `z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


バラモス打倒により かつての権威を取り戻しつつある。

レーベ・アズラエル領にも港ができて、ジパング・アルヘンティーナとの貿易が始まり
貿易国家としては かつて以上のものとして復活しつつある。


キリキリバッタの襲撃で国土に大きなダメージを受けた。

貴族軍、アリアハン軍総出でバッタ、タマゴの駆除に当たっており
結果としてジャミトフ・ハイマンの発言力が強まっている。

サマンオサとの仲が まだ微妙だが、これはザビ家が修復に尽力中。


王が おかしくなっていたのは事実。

現在は、特別な式典以外は実務に関わる事はなく
ゆるやかに王子 ( カガリの弟 ) に実権を移していっている。



          /   _,,.-''゙/
         //,.-‐''"´,.-'゙:/     _,,..,
        <.r'゙___,,..'r":::/  ,..,__,.r'"ノ:::/ `ヽ.
         l、_,.-''゙、.r‐゙''┬'"::::j::::`´,-''、  l,
         '-、''j  〉!  |:::-‐'''"´:<  ゙l  l       ,.、--――--、
          `j゙/‐'-、 '‐-、:::::::::::::`ヽ、_l._l  _,.、‐''",.:-‐‐'''‐=‐-、ヽ,
            ´   ヾ、''゙´`'‐---、  r'-、/`''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`
                ヽ‐''‐-、゚ ゚ `'‐゙uulj:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ――
                     ``''‐、.__  `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                      ,.-''":::::`ヽ、   `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::,゙ ――――
                 __/  __/ `ヽ、    ``ヽ、:::::::::::::::::/
                  / ̄ ̄ ,.:-'" ―― `ヾ、-、  `'‐-、:;;/   ―――――――
           ―――‐‐/――,.-'"___,,,,,..lヽ__  \::`''''‐-、/
             三三' _,.-'"´` ̄、,.、,.、_ //゙:::l ― \_:::::::::`ヽ、=――
              ヽ、‐''゙_,,.、-‐‐‐‐‐‐‐-、.i,i,r'"´`''‐-、 `ヽ、:::::::::\≡≡=―
                  ̄  ―――――   `ヽ‐-、‐-ヽ、  `ヽ、::::::\
                       ―――――    `'''''''゙―― \::::: ===―――――
                                           \

なお この人は、今日もアリアハンの伝令として世界を縮めています。


46 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ::::::::::::::/ |::::::::::::::::∧:::::::::::::∧::::::::::::::::::::::!::::::::::::|::|
 ',::::::::::;′|:ハ:::::::::/  '.:::::::::/ V:::::::::::::::::::|:::::|::::::|::|
  ∨::::l.  |! |::::::/   '.::::; ′ ∨::::::::::::::::|:::::l::::::W
.  ∨:|   |:::/    }; '_..-'´ ∨:::::::::::/:::l::|::::::|
   ∨    |/  _..-'´      ',:::::::::/:::::ハ|::::::|
       ,.. '_______   ' ::::/::::/::::|::::/
        '´     ∪  `' |::/:::::/|::::l::::′
           ー‐---一'   |/::::/ }:∧:|   オルテガの子が失踪してるとか
                   ,′:/ /リ `
                    ハ ,:::::/ /       全然 知らなかった……。
                 ∪/:::/  ′
.   |              /V/
   l|                厂7
.   !             /∧|
               /:/


                               -―‐ -
                             . ´: : :.:.:.:.:. :. : : : . . `  、
                      / . . : : :.:.:.:.:.:\:.:. :. : : : . .   ヽ
                        / . . :.:.:.:.i. . : :.:i. ∧:. :. : : : . . .   ヘ
                    / . . : :.:.:.:l!: :.:.:.:.|: | ミ:. ヽ:. : : : . . . .ハ
                       ′ . . . : : :.|l. : : : l! |  ヽ _:ハ:. :. ノイ :.
                    i . . .:.:.:.i: :.:.l !. : :.:.|l |` ̄ ヽ |'. :|:.:. :. : . . :.
                     //: i : :斗七爪: : :.ハ! ≦=ミハ : |:._:. :.:. : .ハ
                   ノイ:.i | i : :|: :ハ ヘ:./ ノ 代r:ソ从 r ヽ:.:. : i ∧     ウチの実家は
                   ハ N∧:ヾ 代rソ}     `¨´ ハ! ) } .:i: |/ト\.    普通に怪しんでたよ?
                      |小:.ハ小  `¨´       |: :jニ ':i :| ハ !  `ヽ
                       ハヘ:ハ             / イ7:.i:.∧ハ{ }'         流石に証拠は
                        i: ∧ i ヽ ィヽ  `   .イ . :|:l:イ/ }            掴めなかったけど。
                        |/ 从: / ‐ァ〉、 ‐ <  ! i:.:|/ノ'
                        {   /¬_/ ム┬‐' ノイ:.:ハ: : :⌒ヽ
                           {入}_ノ イ : く___ハ/: : : : : : : }
                        「ー―  7:イミ〃ミ〃ミノ /: : : : : :/
                       |: : : : : : ;: : :` ̄ ̄ ´ /: : : : : :/
                       |: : : : : : ! : : : : : : : : /: : : : : :/
                       |: : : : : : : : : : : : : :.:/: : : : : :/
                       ヽ: : : : : : : : : : : :.:/: : : : : :/


           , ー――- ,
         ,; ´: : : : : : : : : : : : :>.、
       ,; ": : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      ,´://: : /i: : :/i: : :l: : :ヘ: : : : : :ヽ
     ,;//: :/|: :/ |: :/ |: : |: : : : i: : : : : :∧
     イ/: :/. |: |   iイ  i: :i}: i: : :|: : : : : : :リ
    ,´ j:|: イ\|: !  _Y__マ:ト-!: : |: |: :/: : :(
   ´ ,!: : レ-_ゝヽ  ゝ__V: /: : j:/: : : 从
     ||:j: |   ・`  ~  ・ `i:i: : ::レi l: :/
     '|∧|  ̄~ i    ̄ ̄~/イ: :γj 」/    マジか……。
      人'、  〈      ´ i!レレ/〃
       `、  _____ u. ´, ´レ'
         \ヽ二二二} , "_ H__
          ヽ ̄_ - "_ -"  /::ト、
         ,r-7´', /   ,イ:::::/::\____
     _ - ":://  レ'   ,イ:::::::::/:::::::::::::::::::>
  / ̄:::::::::::::://jイHく〉 ,イ::::::::::/|:::::::::::::::::::::::/
 イ:::::::::::::::::::::::/イ/ j::::::/ i:::::::::::/::::/:::::::::::::::::::::/
/::::::::::::::::::::::::く:::::i L::/ /::::::::::´::::::/:::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::〉::| /::::i}/:::::,, - ̄レ':::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::/::::レ:::::::Y::::::ヽ:::::::/:::::::::::::::::::::::|


47 :◆vsQyY1yD2Q

                        .   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:.`:...、
                 .ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               /:.:.:.:.:.:  --─…… ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              ,:':.:.:.:.:./  ___ ___ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,
               /:.:.:.:.:.厶イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\}:.:.:.:.、:.:.:.:.:l
               __/:.:.:.:.:./:.:.:.:{!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.f´ ̄`7
          / ィ:.:.:.:.:.:.':.:.:.:/ハ:.:.:}:.:.:.:.、:.:.:.:.:|:.:.:.:. !:.:.:.:.:.V \ハ
           ∨ :|:.:.:.:.:.:|:.:‐┼一}:ハ:.:.:.:!ヽー┼─:.|:.:.:.:.:.:ト、_ノ.:.:.
             {  |:.:.:.:.:.:.:.:.:. ===ミ  \:ト X===ミ:.:.:.:.:.:.|V |ヾ:
           ヽハ :.:.:.:.:.: {ハ示kト     乍示T!:.:.:.:.: |:.  |:.:.、\   いや……国の威信が掛かってるのに
             ' ∧:{:.:.:l:.:.:.:|.込ツ        込ツ !:.:.:.:.: |:.:.:、|:.:.:l  i
           |/| トヘ:.:.|:.:.:.:| , , ,  、    , , , |:.:.:.:.:.:|:.:.:.}|:.:.:|  |   誰も引きずり出そうとしないって時点で
           |: | l:.:. 从:.:.八              u |:.:.:.:.:.:l:.:.:/|:.:.:| .′  怪しくない?
           .ハ |/:.:.:.:.:.:}:.:.:込、  t─…ァ   ィ|:.:.:.:.:.从:Lj:.:/イ
           { lト、:.:.:.:.小、:.:.{父ト   ̄   ≦:.仆:.:.:./:.:.:.:,:.:/:.:.:!
              V八:.}〉:.:. !:.:.\》:.:.:.:.:.:.`丁   《/ 乂〕iト--/:.:.:.:.:イ
                \:.:.:ト、:.:ハ:.:.:.:.ィi〔ハ      }: : : :厶:イ:/i/ヽ
               ヾl V-‐=≦: : :i       , : : : : : : : /i// ゚,
                イ:i:i: : : : : : : :| -──‐ /: : : : : : :./i//  .}
                |:.i:i:i: : : : : : : :| ニニニ/: : : : : : :./i///  ,
                 ハ:i:ハ: : : : : : : |´     ./: : : : : : :./i//′  {


                         ..- 、 , ...―――、
                    /::::::::::`:::::::::::::::::::::::`ー、
             ..≦≧{`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /´ /::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ
               j:::::::::::i:::::::::::`ヽ:::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::..、
                 ' : / ト:l::::::::::::::::::\:::::::::: :l::::::::i::::::::::ヘ::::トヽ
              / /:l:::| ハ:ヽ:\:::::::::::ヽ::::::: :l:::::::|:::i::::: :ハ::l
                /::::l:::|i |  ヽ!\斗≦=-:::::::l::::::lr‐、::ヽ::N
            |: 小::|:lハ‐匕ヽ     x=ミy::: :l:::::lくヽ} ハ!
            |′ハ ! l::ヽァ=ミハ  ´     ヽ:!::::;r '/::i    ですよね〜。
                    |ハ:|ヘ:ハ.  }        |: /ァ<:ハ{
                   |! ハ 込 ゝ         |//  ハ
                   |!   >‐、‐  ´      / 〉、
                      _rニニ、ヽ_ヽ.._ .イ .イ  /:.| ヽ
                    r' ―‐、 } } }  />‐〈.    /:.:.':.:.:.`:...、_
                     l   〉」」‐'7/{':::::∧ /:.:. :/:.:.:.:.:.:.:.:.―丶
                l    }   ハ:/ 〉 イ ∨:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                  j      _ノ:./ /: i   ∧:.:.:.:/:.:.:. :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
                 ァ/  ー‐ /ヽ / /::::l  /:.:.ヾ‐':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
              /:.:.>―‐</:.; /::::::l /:.:.:.: :〉:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :l
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: :;/::::::::! /:.:. : :/:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l


48 :◆vsQyY1yD2Q

     ,/            `ヽ
.   ,r'/,              ヘ
   ,;'/ // / ル  ノ| /|     ゙、
  /イ / / / ./ |  / | / |      .i
 〃〃  ,''"⌒`レ|./r'"⌒'ト、|      |
  イ /.|/<●> }  <●>レ|/i   |
.  r'テ r;;;;    ソ       | i,rヽ   ハルヒも気付いてた……。
  { i y,';;;;    /        |/イ |
  `,:i:::|;;;;;   ゝ、, 、      |/ 〃   よりによって……ハルヒにまで負けた……。
   '、_|;;;;             _,ノ/
.    ゝ;;  <⌒`>     ルノ
     ト、   ヽー-      /∧|
     };;ヽ、        / f 弋
.     };;;;,ヽ      /  {
.     i   `ー-- イ     | ※ キョン


                      /  ` 、:.:.:. : 」:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.\
                  ‐=≦/---    \:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                       //.:. /.:.:.:.:.:.`::.、  ∨ :.:.:.:.L_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,
                        |i|:. /.:.:.:.:./.:∧:.:.\ ト:..:.:./∧7.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                      ∨.:.:.:.:/.:./ リ!::.::Y:.:.:.:.| ! \:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:、
                       ////│  |:.|:.:. |:.:.:.:.l |、 }:.:.:.:.:.:.:.: !:.∧
                   イ__丿〈__,,ノ  |/:. : |:.:.:.:.|__|:.丁:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    私だって勉強してるんだから
                       |i|   `¨¨   / .:.:/.|:.:.:.:.:.|\_》:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:}    当然でしょ!?
                       |WVVi     / .:.:/.: |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:. |ヽ:.:ノ
             「{_ /\_______|   / .:.:/: :...|:.:.:.:.:从:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.リ イ     ニュー速で家
            〉 //  /  /\/|  /.:./ :. : 人:.:./ l:.:}:.ルオ:.:.:.:.:/       なめんじゃないわよっ!!
             〈rーヘ{  { ∠ ヘ._/| //.:.:.:./. :.:.:./_厶イ_{_/:.:.:.イ
    .          `ニ=‐--ニ\|∨′¨7´  ̄ ̄ ̄\ ̄\ ̄
                         |:.:.:./           \  \   ※ 気付いたのは最近
                         |.:./|             \  \
                       /|/.│             \  \



                                -‐……‐-ミ
                         /: : : : : : : : : : : : : \
                         ,:'´: : : : : : : : : : : : :.`ヽ: : ,
                      /: :/: : /:/:/: :i : : : : : : : ',: ‘,
                        {: : i:/l/レ'i/ \丶、: : }:.i: : i  ( 君、どこの家の人だい?
                      \{ ─     ─ `ト: /:ノ: : |
                 ε -   从   、_,、_,   ムイ´: : 从    と聞きたいところだけど止めておこうか )
                      /イハ≧=‐- -‐=≦レイレ、イトヘ
                     ⊂⌒V´::/:|V V|ヽ:::::::ヽ /⌒つ
                      マ7::::ヘ、|ヽ /|/::::、::::::V ̄::7  ヤレヤレ
                       ヽ::::ノi:::! ' !::::::::\:::::::/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


49 :◆vsQyY1yD2Q

【 レーベ 】
                  _______   _______
                 /\二二二二二二\/::\二二二二二二\
         ∠二二二二//:::::\二二二二二二\:::::\二二二二二二\
;ゞ;ゞv;ゞ    |ロ ロ ロ ロ //:::○ ::.\二二二二二二\ :::\二二二二二二\ゞ
ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ∠二二二二.|/:::::: ::.:. .:::\二二二二二二\::|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ゞ;ゞゞ
;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、| .| | |::.:.:ロ.:..:| _| ̄|    | : : : : : : : : : : : : : :| ::|             |;;ミ゙',,,ゞ、.、
エエエエエエエエエ__| | |_____|__|  |__|_______| ::|             |yv;ゞ;ゞv;ゞ

           ∧_∧   ∧_∧         ∧∧      ∧,,∧
           (`  ,,)   (∀・ ,,)         (ー゚* )     ミ∀・ ミ
          ( [二],)  ⊂( とロ .        と  lニ]   ミll ((,ミ
   ''"""'''''".""'' し'ヽ)''"""'''U U ''"""'''''"""''"" (/ヽ)''"""''''' (/^ヽ)''"""'''''"""''""''''""'


保養地として順調に発展中。

今までは冒険者達の保養地だったが、やらない夫達が利用した事により
貴族達からの注目度も上がっている。


またジパング航路の開拓により商人も集まりつつあるため

今後は商業都市としての発展も見込める。


50 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      __
     , イ     ̄`> 、
   / /        _ `ヽ、
 /  ,     , ィ:´: : : : : : : : : \
/    :   /: : : : : : : : : : : l.: : : : :ヽ
    i /: : : : :l: ト、: : : : : :.ト、i: :.: : :iヘ
ヽ   :/: : : :..: :/l: i\`ヽ、: ;' ;X´: : lヾ:、
 `i ,.イ:,ハ: : :..:/ !ノ,xェュ、 ヾ' イュヽ: /
.  l': : :ト、:ヽ:./  ,イ f::ハ゛   fハj}l:イ    できる夫! また貴族から縁談でゲソ!
.  ; : : :rヘ: `{  ヾ  ゞ '    ゞ' :.l
 /: : : :ゝヘ: : :.  ι  __,、   !:l     今度は ご領主様じゃなイカ!?
./: : :/: : :i∧: ∧   /    リ イ: !
': : :/ : : /:.l∧: :ヘ> ゝ - - ´イ:..l: :l
.: :/ : : /: :.l: _ヘ: :ヘ    ≧‐ ´ l: :l: :l   r‐、
:./ : : /x<`ヽヘ: :ヘ   iヾr‐- 、:! :l / ̄ ̄ 二二)
:': : : ,′  \\: : :.ヾ‐-、 '`i} ヾ:.:l/      }
: : :.八     ヾ Y: : iヾ:ヽ  j - 、ノ       }
: :./: : ヽ      ヽ!: : l ヾ:ヽ{::::::::::`ヽ、____,ノ
:./: : : :/ヽ      ∨:.!  ヾ.:ヽ:::::::::::::::ヽ\
:'i: : : /: l: ヘ     V:!   `/ `ヽ、::::::リ:.! ヽ
:.l : : ′:l: : ヘ      V   /   /¨i´.:..:l   ヽ
.:l: : :i  l: : : iヘ    Vj ,イ   /  }:..: :.l, -‐::‐:...、
:.l: : :l  l : : :l ヘ    ヽ/    /  /: : : :l::::;:/ ̄`ヾ、
:.l: : :l  l: :__:l {:ヘ    :/    /   {: : : :/::::/ / / ヽ
. ヽ: :ヽ l/: :  ̄: :∧      / __>: : :l:::::{ヽイ_ノ / /
  ヽ: : l{ : : : : : r‐‐ヽ    /  l: : : : :.__}`¨`ヽノ`¨¨´


                               ___
                            /      \
                           /_,ノ   \  \
                          / (ー)  (ー)   \   とうとう、ご領主が出てきましたか。
                           |      '         |
                   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃     /    港を作ってから増えましたねぇ、縁談。
                   ヽ_ノ  /           \


          ィ´' :: :: :: :: :: :: :: :: ',   ヽ
        ,.' ::r'::i、 :: :: :: :: :: :: ::.::.::',   `、
         ,' :: :i:: :l ヽ;: :: :: :: :: :: :: :: :',    iヽ
         ∧.i:: i:: :!  ヽ、ヽ、ヘ; :: ::.::.:';...   l:: :ヽ
       ∧',.l/∧::', _,. ヽ、ヽ` `;;ニ弍';:..  l:: :: :ヽ
        i:: :i.'i//从イ´    ´"./マ沙'ノ,:: .. .l:: :: :: :ヽ
      i.;: :i ::'//,ハィiェ、       "´   !:: :::.lヘ:: :: :: `、    バッタ騒動への対処も
       l.;: :i :: ',///マ沙'"   、       .l::.::.: l∧、',`ー-\_  関係してるんじゃないかな?
.       |:i: :! :: ir,i∧`              l::.::.: li∧
.     .|:i:: ';: :ヘ,∨:ハ     r 丶   ,イ:l:.:: ll/∧       あれを乗り越える能力に
      |:l ::!::,! ,'::::∨ハ 、       ,イ::::l::.::. l//∧
     .|:!∨ '´.i:: ::∨∧、,ヘ、 .__, ィ' .i::::::l::.:: l///∧      ロマリア ( ニュー速で ) だけじゃなくて
     .レ'´  .|:: :: ∨∧ヽ、 i.       |、:::l::.: li///∧     ジパングにも顔が利くコネ。
     ´    |:: :: ::∨∧',>'ー、   ,-- ´''!::. ,'≧;//∧
           .|::_;;.::-∨∧     _ , __ィ;;_/、/〈´ ヽヘ    そりゃ貴族も欲しがるよ。
        ,r''´'iヽ_,.∨∧-─ '7!ゞ'-‐=‐-、ヽ:::;ヽ   ',
         i   i   ',//i.  ゝ=-‐〈ーっ   ';:::i ヽ,  ,
        l ヽ,|:: :: :::'//i ,r''/イ| ii,',/´,r‐、  ;::i   ∨',
        !  .|:: :: :: '!/ii ゞィ |:l iィ / ,r'´,.rz‐!i_,. - ∨,
        ',  |    ',/ii.  l:| .ii´ / ノ'  'x/! ',   ∨
           ',  .i     'ハ.  .|:| il, `´    '" ∧   ヘ',


51 :◆vsQyY1yD2Q
                              ______
                         /           \
                       /             \
                      /  ―――    ―――  \      いつも通り、イカ娘が正妻なのは
                    /    ___   ___    \    譲らないと伝えておきなさい。
                   /       |:::::::|      |::::::|       ヽ
                     |         `¨´       `¨´       |   貴族なら、それで引っ込みます。
                     |         __`__        |
                   \          V     ノ      /    貴族だから正妻の座を奪えるとか
                    \        ――       /     甘いんですよ。
                    /                  \
                   /                    ヽ

     /   /    , . .-:‐ : : : : : : : :ー:-..、 \
      \   /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ ヽ
      ヽ\ { /: : : : : :/| : ∧: : : : : : : : : : : : :\}
       {\/ : : : : : : /〜:/ー ’ : : : : :/|: : : : : : :ヽ
      |/〉'7´〉: : :/-‐= 、 } : : xへ |: |: : : : : : : ,
        {| ! ハ:ノ 〉 ,f::心  ヽ'′‐ 、`;メ: : : : : : : :}
       ! | ! V /!  .之ソ   ,.f心 } ∧ : : : : /
      __.}    ヽ| /l/l/    之ン ' ,〈 `ト、 :/    できる夫……。
      ′ ヽ__  ゛! r 、_  '  /l/l/ ハ 〉 〉〉
      /  /: : : :`:ヽ}\` ー`つ u __ノ ′ //
    ′ {: : : : : : : : : ヽ `>‐-―ァ ´     /
   /   、:,r― 、: : : : :}   ,..l 人__ . .<: :丶
   ,′  /   ノ : :_ノ   | {: : :: : : : : : :}: : : :ヽ
  ′ /     / ̄: : ∧   / 、 : : : : : : ノヽ: : : :}





              -‐=………=‐-
          ,ィ : : : : : : : : : : : : : : : : >:..、
        ,: : : : : : : : : : : /: :/: : : : : : : : : \
          /: : : : : : : : : : ://: : : : : : : : : : : : : :ヽ
.        /:.: : :i : : : : : : /: /: : :/ : : : : ; : : : :ノ: : :.、
      /: : ; : |: : : : i: :,': /: :/;.: : : : /: : /: :}: : : :
     , : : :./ : |: : : : l: {: :{// : : / : :/ヽ: : ; : : : :.
.     /:.: : /: : ;|: : : : |: |,ィ≠:ミx/ }:/   }: :/ :/:i: :'.
  /: ;.イ::/_/ |: : : : |:{{ f:示C ヾ /  /⌒j::/:.:/: :}: : }
.  '⌒⌒`}/.:.: ::{ |: : : : |: | 込沙     rf示x/: /i:}: j j:/
.      /: : : : /|: : : : |: |           仍ノ }:)/: リ:/ /   じゃあ、そう返事しとくけど
     /: : : : /: |: : : : |: |        , ¨´〃: /:/ /
.    /: : : : /: :∧: : :.:|: |           }/:.:|/      そんなに甘くみていいのかなぁ、貴族って。
   /: : : : / : //∧:.:.:|: |\    r ;     ノ: : i: |
.  /: : : :ィ=:r-rー=‘,:|: | r\    ,ィ: |:. : : :|: |
  / : , ´  } }    Y | {: : 7¨}: : : : j |:.: : : |: |
. /:: :/     | | \  Y| {ヾf{ j: :, :.:/ |:.: : : l: |
/:: :/      ,} {  `¨ Y   }|\:/: /  ,: : : :/: j
:: :/     / ⌒>=- ヾ  j.|  }::/  /: : : /: :,
::/     /   rー≠≡>r<ハ ノ:′ /: : : /: :/
,'     /   ヾく  〃/{  ヾ〉   /: : : /: :/
      /     \/}/ .{ヾ≠   /: : : /: :/


52 :◆vsQyY1yD2Q

                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


        /::::::/:::::::::::::::::::::}\:::::::::ヾ::::::\:::::::::::::::::: \
       /:::::::::/:::::::::;':::::::::::::!::::::\:::::::\::::::ヽ:::::::::';::::::::::\
      .:::::::::::::::;::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::ヽ、
.    ,.:::::::::::::::::::::::::::::/:::/::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::}:::::::::::::::::::...
.    /:::::::::;::::::::: i:::::::;::::::::::::/ハ:::::::::ヽ::::::::::::\:::::::::::|:::::;::::::::::::、::::::::::'
   /::::::/::::::::::::|::::::i:::::;:::://ー=ミ、::::\:::::::::::iヽ::::::|::/::::::::::::::::\:::::::',
.  /:::/:::::::::::/::::|i:::::{::::!::::!'    \{  \:::::}ハ::::j/:::人::::::::::::::::\:::',
 // ー==彡'⌒ !{:::::::::|i:::|f{忙示x  \ ,ィf芹ミ、/j//: :::|` ー==彡'::\,
          }ハ::::Yl:::|` 込ツ     込ツ ' /|:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::   できちゃん、返事来たよ。
.            Y:::::Y人              人:::i::::::::|:::::::::::::::::::::::::::
              ∨::iハ:::/!:.、          ,.イ::::|:::l::::::::|::::::::::::::::::::::::::   側室扱いでいいから
             r=∨::::::Y/ > `^ ' ,.ィ ヾハ⌒Y:::::::::|\::::::::::::::::::::     ご領主さまの縁戚を輿入れさせて
             i  |::::::::::|,′     ̄     Y. |::::::::::|::::::\::::::::::::::::.   できちゃんを一族に迎える。
             {  |::::::::::|   ` ー= r-='    } i. |::::::::::|::::::::::::ヽ::::::::::
.           ハ. !:::::::::|             | |. |::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::   将来的にはルカを嫡男さまと婚約させて
  ,..-‐……=-   ', ';:::::::l{               j_}. |::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::   できちゃんを後見人にしたいんだって。
/:::::::::::::::::::::::::::::::>v ';:::::::l>=-:..._    ,.ィ< j! |::::::::::|__::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} :::::::!    _ >=-'      {_/!:::::::::|  ` <:::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ V::::::: r'_ノ7fr}   ノ _ノ:ヲ|::::::::::|     `ヽ:::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::∧V::::::i   / {ゞ /   リ}/ .!::::::::::!         j:::
::::::::>=-  …ァ'=-::::::::::}ハ::::::|  /  |     /∧  !:::::::::|       /:::
::/      /:::;:::::::::::::/ V::{ /  | _,彡'/ ∧. !::::::::|ー=…‐=彡':::
'_.... _ノ⌒//rー=ミ/  .Y/ 、ー:|   , /  .∧ .|::::::::|::::::::::::::::::::::::::
    ヾ 〃  ヽ. /    V{  ヾ:| / /  / ∧|::::::::|:::::::::::::::::::::::::
      {{    /     {    |  /  ,   ∧:::::::!辷__::::::::::::::_,ノ


                                               ___
                                           /      \
                                          /ノ  \   u. \
                                        / (●)  (●)    \   ……えっ?
                                        |    __´___    u    |
                                         \ u. `ー'´       /
                                         ノ           \


53 :◆vsQyY1yD2Q

         _,. --――- 、_
      //      _   ` 、
     / :/: , ・' ´ ̄   ̄.::,` 丶、
/  / ::/::/.  /l ∧::  ∧ ヘ::  :ヘ
/  \  |/:::::  /=-=::\/ =-=V  .∧
//:  ヾ!:::::::  / fYリ    fYリ 〉V :∧}
///: レイ\/:|: ニ  .:  ニ :|: V    そ、そこまでやるゲソか?
///   |:::|:::::|:x     ′ ≡,! |
///   |:::|:::::|::、._ < ̄7 ,.ィ: |       これ もう断れないんじゃなイカ……?
///   |:::|:::::|::::|::`::ー.- r:'´::::|: |
//     /::::|:::::|::亅.:.:.:.:.:.:.∨_|!:|: |__
//:   /:::,r4::::|「ト:.:.:-―〃:::::::|. | ヽ
//   /:::/|..:|::::|:|:|:.:.:.:.:.://  .x/: /  |
/   /:::/l::|.:.|:::.| |:|:.:. //   /:. /_   |
/  l :| |:::|.:.|:: | |:| //   |::. |__',   |
/   | | |::::|.:|:: |:.. W/ ::.   |::: |:::λ  |


                            __
                  -‐=': : : : : : : : : : : :`: .、
               ,..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                 /: :.,': : : : : : : : : : : :、 : : \:: : : : :\
                  /: : :{: : : : 、: : : : : : : : ヽ : : 丶:.: : : : :\
              ,: : : :l ヽ: : ;:\-‐ヽ=-: :.i: : : : :;: : : : : : : \
              .: : : : {   \: : i\: :\: ::|: : : :.:i: : : : : : : : : :\
             i: : : ; i-‐  \{. ォf示_j: : : : :f⌒Y: : : : : : : : :`_、
              l: : :ハ;.{x=z、     Vツ リ:.:.:.: : |f::ヲ}: : : :`ヾー―='⌒  無理だね。
               j: : :i小《 ヒリ      /} : : : : |才ノ:i: : {辷::\
             ,: : : l:.{个=-丶        | : : : : |イ:: :|: :∧  ⌒`     これ断ったら
            ノ: : : }ハ :ハ         | : : : : |::|:.: :|: : :∧        レーベに いられないよ。
             '"´ `⌒} 八/)^ゝ     | : : : : |::|:.: :|: : : :∧
               , -‐=' ∠、     ,:: | : : : : |::|:.: :|: : : : :∧      できちゃん、どうする?
             /       ー \ー=个 :!.: : : :.:|ム: :|: : : : : : ヽ
            /     _ ー ヽ〉: : } , : : : : :リ  Y : : : : : : : : 、
       .   ,       ノ|: : iヘヽ_j: : :j /j : : : :/   V: : : : : : : : : ::\
          {    , -‐='. |: : |: }_}: >'  ,: : : :/    ∨: : : : : : : : : : ::\
          |   {    |: : |>'´   / : : :/       ∨: : : : : : : : : : : : \
          l   i    |: : }       /: : : /      ∨: : : : : : : : : : : : : :\


                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./    __7" ヾ_  \
         , '     ___     __  ヽ
        ./       ○  .    ○    '.,    いくつか方法は思い浮かびますが
       /    .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,   レーベ領主の権威を否定せずってのは無理ですね。
     . .,'                、         .l
       l                        l   2人には申し訳ありませんが
       .'.,            、___         ,'   今後 動きやすくなると前向きに考えましょう。
     .   ' ,                   /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く       あとは良い人が来てくれればいいんですけど……。
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |


54 :◆vsQyY1yD2Q


┌──────────────────┐
│  できる夫に3人目の嫁ができました。  │
└──────────────────┘


                  / ,rヾ.y'´     .ム 、 ヽ.   ヾイィ'゙)`ヾV
                    ,'  {ヽ/        ム. ヽ ヽ.ヘ.  Vつヽ. ,'
                   ,'  ,ゞ,'    ,' i .l.   lヽ ヽ. ヽ.ヘ.  Vヽ .l!    小  大  女
                l i ; ;;' ,'    ! .l .li   .l. ヽ l.Vハ ム  V l /_     さ  .き  の
              .  l l ; ;l .; l 、,l /l l l   | ,.ィfソヽlヘ.l  .l. l´ .|    い  い  子
                l ,.',  :l .l :! .;゙lミ'ー!-'ァl  l`ーチl‐__,レミ_!  |. i .|.    方  方  の
               /; .;  l/| .! l l,'_.ニl=、 l  .l =f壬ル'l! }チー.! l. .|    が  が  胸
                l .l  .l i l! i、フifマミ「ィ | .l  ゞニイ,; l .lミ、ヽ.!     い  い  は
                  |/l. l  il li. li、lヘ' ` ー', ! i   `¨¨´ .ノ! .l!=ミ、.!    い  い
                  l! 、 ! .li |i l.! l :li ´"  .l ,'    , -r'j l .:l   Vl     ?  ?
                  ヽ lヽ!`l ム l'>r-rl ,.'iー-‐ '´ _,{ )| .l!   ∨
                  ヽl  ,.'.,':iヘ l  `¨'|'、`__r‐、_,..イ゙~ l l!. ,'   .V、
                       ,',イ.,;l ヽ,ィ__._   ゝ ',:'  ._ rミl! ム   .Vヽ、_______/
                    l'l ; ;;i. /',ニ-‐ミヽ,、,、_,:'.zニrヽヾt、゙-ム   .Vヾ!
                     l .l ;;ヂ ~ /ノi >!{.,'/、ニ lヽ ヽ`゙' ,.l.ム   ∨
                      l ,l ;'    ´r''゙,イゝリiヽヽ 、゙' , '゙  ゙ lム   .V
                     l' l.l     / レ' ,!l !.リ .}、.ム''    ,!ミツ-t=、. V    できる夫の嫁
                      lft、_,.ィ´l  / .l .l/ /、 ` 、 .ノノ`r'ヽ'.<  l   むろみさん
                        Kヽ;l! .l/   .l ./ ヽ   ,ヾ'"ヾ::)ィ'゙i〈_ノ   ( 波打際のむろみさん )
                       l、:X,|     .l, '      .,' ヾミitzノニン゙


 ̄ ̄ \
     \
        \
     へ  \
      _\  \
   /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \
  ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \
  {  {::::::::::::::::::::::} }  \    小さい方が いいです!
   '、 ヽ::::::::::::::/ /      \
         ̄          |
                     |
                     |
            ___|
           丶: : : : /
               ヽ:/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   それなり以上に うまくいったらしく

   新しい嫁は勿論のこと、他の嫁達とも新たに子を成したそうだ。


55 :◆vsQyY1yD2Q

【 ロマリア 】

                      |>
                     /ソヽ
                     |_ |.
               _    /||;|| ̄ヽ     _
              /ロ:ロヽ   |_|_ii_|__|     /ロ:ロヽ
              _| _ _| ,   lロ;;ロ;;ロl     _| _ _| ,
           _ _ i `l´`l´`li  .|`‐―‐-´|   i `l´`l´`li _ _
          i `´‐|-‐―‐- |_|--‐―‐-l__|-‐―‐- |-`´ i
          |ロ _.|_|_ii_|_i_i  |ロ;;ロ;;ロ;;ロ;| i i |_|_ii_|_i_i_  ロ|
          |  | fーr‐‐ョ ir`‐‐‐ 、__|_ゞ-f-f-f-< ,   |
          r┘'='-!.i.|  ^ ̄ i´  ト、__i ノ.;'゙"'' =ゝ=.└l
       ______,|_,r'';';∩、,.,,r'゙';;. ii ! ii | .|     ヾ.,,.;'゙"'';.ノ.{ミトヽ |
  ,.;;'';;.,  }  ,;';;';, ii !,,..!∩.;'゙"'';;;..,,.!__ | .|;:';"':;,/{ミトヽ;..,,.ノミトュミ_´ヽ.;;''
  ;゙::,:';;::;ニ,.,__,.,___,.__.,,,.___};{_,.___,..,...,____`.,.._ヽ ノミトュミ _´ヾ"'lii;; l"゙"' ;゙::,:';;::;
  ;';';';;';;';';';;';';';';';;';';';';';';';';';';';';'{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.`ー -、ー}}ミトヾ .ノii;;::ヽ';';';';;';';';';'';';';';;';';';';'
  '"`' 、,,..,.,     ,.. ''"゙ ̄`''‐― - - - ''"""゙"゙" `゙''"゙`""''"''゙`""''"''゙`""''"''
        ゙"` '''丶,,.,._      ,'゙   ,'゙
              `゙"`''' 、,,.,,.,,,.,,_


順調に発展中。

バラモス退治についての功績は、アリアハンとの兼ね合いもあって あまり誇っていない。

その一方で貿易に力を入れていて、領地再編による流通の整理を行い
陸海両路でアッサラームとの貿易を強化しようとしている。

特に貿易相手がゴジャースしかなく、国内にはゴジャースと不仲のニュー速でという板挟みの状況だった
北東部の領主・商会などは胸を なでおろしているらしい。


南部に異界の勇者 最大の大物、ニュー速で男爵の領地があり
世界的な文化・娯楽の発信地になりつつある。

特に 『銀河美商人』 は世界的ブームになっており
今後は その発祥地を一目見ようと観光客が訪れる事も予想される。


またニュー速で領には蛮族・エリミネーター族の集落がある。

しかし、彼等はドレイではなく
何故か その集落はハイレベルに洗練された町作りをしている。


56 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            。s≦  ̄ ̄ ≧s。
           /         ☆ ` 、
        . ´    _  -:―:― s。 _ ヽ
       .:'   iア´   ` 、\,: : : /`ヽ}
        /    j!  ,:≦ハ  ! : : : : '  ,x、 ‘,
     /      j!  弋::::ノ   ;: : : : :!  !::::} !∨
     ,'      j!ヽ      ノ: : : : : ヽ -' ノ! ∨   お城の宝物庫で
    ,'      j!.: :`:ー: : ´: : : : : : : : :.ー ´:八 !    何やら妖しげな短剣を見つけたので
     |      ,':.: :. : :. :. .: : : : : : : : : : :.: :./'   |
    ヽ     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   |    アレフガルドでの戦いに
      ≧s。ノ ≧s。: :_:, イ´¨アヽ:_ イ __ ノ.     役立てて欲しいであります!
          /: : :>x-ゝイ≦  _r- .、
         /: : ィ/ : : 'Yヽ マ,:\‘{ : : : }
        ,:' x≦ : : : : : ノ  >}!: : Y: : : /
        ゝ r― = ≦7   { }!≧s。 /


                                ____    【 鑑定 】
                              /ノ   ヽ、_\
                            /(○)}liil{(○ )\
                           /    (__人__)    \   これ もしかしてアサシンダガー!?
                           |   ヽ |!!il|!|!l| /    |
                           \    |ェェェェ|     /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   後日モア女王に追認されて、正式にニュー速で男爵家に授けられた。



57 :◆vsQyY1yD2Q

【 カザーブ 】  ,  :   " ''−- 、 _     ; ;;  :
  ,       、  "   ''  '   " ''−- 、;;_   ,ィ',ィ'  " ,,
    "'  ;;.     "  ,,  ..  "゙ " "''   " '''−. - 、_ ''
 "'     .;:..;,   "  '   、  ;   "  '  ;;'':;  ィ l  "''−-
  "' "  ;':. ..;、 ''  "  '' 、 " ; ;''、   _,,,. .,;: . :;''" ノ "  ;;
:.、     . ;': :.. ;, ,, " "  " ''  __;': ;.;、'''" .,,,..,; :;. ..:;''"
. ;.  "' .;': : ...  ;,__,,,, -- ''''' __.,;'::; :. ;、'"~ .;:: . : . ;, "   "  .
: .゙;' ,ィ,,: : :. .. .  ;,--― ,'''''"" ̄ '';'; .;: :. ;,   .,;:: : .. ...;, '''   "
. ; ';/ /;': :: .. . .., . :,  ,;':.'、" 、 ".;': :. . .   ;: ,; ::. :.. . :;;   ;;   "
:;  ;:  ''''';:',,:,.''il''''''  .;: . . .;,   ,;':: : .. .: .   ;  ''''''ll!;!l''''  "   " ,
; ;  ;:、:. ..;'.. ゙;.,'_  .;.:::..  _ . ;:' :: . . :.    ;;,   l!l;,l  "" ''  、
;; : . ;.  :;': ;. ';'l」 |___| lェ|_____  ;、;;. :; "'' "  "  ,
: . .  ':、;:' : ; ,. ';、/ / / / / / / / / / / / /ヽ'''゙..   "  ::'':;,,  "
;: :. :  '、 :: : ;.  ;, / / / / / / / / / / / /三ヽ;::,、";   ;;  :;,    "
: ; ; . . .:;, : :... ...   ;,/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/l三.ヨヽ .;;、:: ; : ;; .:;,'''::: ..;;';、
"゙''::;'':;,,'  ;; :: : . . ;ニ∠ニニム三三三三|; l l;|:: .. .;;、: .. . :: :;., . ;. . ;,
; :. , : ; .."':,,;,,..;; ''' .;,三|田田| l三三三三;|; l l;|、 , . ;;、 :..::: .. ..:;, .;':: . .;,
; ; : ., .,  :.  :._  ';三|田田|_l三三三三;|エエエィ ,,,;;;;:::'''':::;;;;  ;, ,; : :. . .;,
;; :. .. .". ..  ゙ ,, " ;.;ェェェェェェェェェェェ,,,;;::::'''::;;'''::ll|;,;;;::.';.:: .  '':;; ,; :: . : . ;,
; ;:. .゙ ;: : : . .   . '';' ''::::;;;、、l;;'''"; . .:::; ..  "''::;'''": : ..: :   ゙;; ::: .. .  ;,
; ;; ;:.. ,,  "  ''  ;   :  ::::;;  :  ;;  "  ;; ::: : .. .  ;; :::: .   ;,


対エジンベア戦で鉱山ドレイが増えたため様々な意味で大盛況。

あらくればかりの町だが、領主が一番あらくれ。


ちなみに ある程度 戦える者ならば、キラービー狩りに従事した方が
効率よく稼げるため早く解放される。


一番 早く解放される方法は、領主に勝負を挑んで強さを示すというもの。
実力があれば即座に兵として取り立ててもらえるだろう。


58 :◆vsQyY1yD2Q
【 平常運転 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           トv'Z -‐z__ノ!_
                         . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
                       ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
                     rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、
                     、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´
                       ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~
                     r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.
                        _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
                        ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
                        ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
                        ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
                           _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "
                               `’ `´   ~


         / ::::::::::,、_/l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::...\
        / ::::::::::r._!、!ノニニニニニ,ニニ_l_);;;;;ヽ、:::::::::. ',
        ヽ、_ /r' '´_,, -,= ''´    ヽ |ヽ、;;;;;ヽ:::::: ノ
          -;,==!::::::::l     ・    l!   \;;!‐'
            /,' ・ | : : : |         ノ     ヽ
         / !  .ノ   ヽ    _ ノ |       '、
          /.::|l ノ       ̄    |        !
       ! ::::! ´              |          |   ん〜……今回のドレイは不作ですぅ。
    、   | :::::::'、    __, ─,-`    |           !
     !'、  i ::::::::::\   `ー_'´     .::::'、       ノ
    _ !:::!_ ヽ、::::::::::::ヽ、......................::::::,, ,=i=i‐l-、- '´
   i、__')l |   ` ー‐ ' _,,r`ノ T! iフ !二/!_!_!_',..i.!!
   r __ '、 !      /_!,!'、./  _ .,>::::::::::::|:: ',
   |-、_) |、     ノ//_,, = ''´   ::::::::::::::l:::::. l
   '、ー`::ノ `ヽ、__/'´ '' ´        ○ :::::::::::',::::: '、
   ヽ、 /..... ノ  〈 ○.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::. ',
    !´::::::::/:::::::::::::ヽ__,, r── i──-- 、__ /:::::::: 〉
     `ヽ 、_::::::::::::::l__,,,l──‐''─── - 、!:::::::/
          ` >´    ,          \
         /     :::::::::..          \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 タママ獄長 】


59 :◆vsQyY1yD2Q

【 シャンパーニ 】




                     《 本編中に登場した事が無い 》






対エジンベア戦で分艦隊が丸々降伏してきたため後処理に大忙しの日々を送っている。

去年はノアニール、今年はアリアハンと各地で大量に食料が必要とされたため好景気に湧いている。
来年はアッサラームとイシスの復興で この特需は続くだろう。

冬樹と桃華は、再来年以降を危惧している。


また辺境伯夫人の桃華が妊娠中なため、さか奈の弟子を招聘しており
今後のために治療院を建設する事を検討中。


60 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      l´`ヽ、       /l
      |   .:::>>―< <::!
      |  ´       ` |
      ∨           ',
       |  u   〇      |
       、 *     ワ ノ   ( さか奈さまの下で修行した助産師ですが…… )
        .>―- _ _ -<
       / ` 、`ー‐':ー' ヽ.
      ./   /: : : : : : : ', |
     /   /. : : : : : : : ノ !


                    /                    \ ヽ
                   /      /       l      ヽ⊥  -┐
                 ト 7      _l_     _|        l  _.フ
                 ヽj    , ィ / `    ´  j|`ヽ、 |  } ィ ´
                  {  l  l  l/__|   l  /!/_l    ノ / ノ ┴-- j
                、‐ヘ ト!,、⊥Lレ:´ハー┴ー'/ィ:´ハヽ-くノ/イ   _ フ
                 `<`__l l ,イ lノい_|    lノい._| ト l  j--ァ‐ ´
                   { | |j_{ lヽ´rj      lヽ´r:l }V  l  }     聞けば、さか奈さまは
                    ヽl | ^ ー '      ー ' ^1  レ/
                       !ヽ / /  丶   / /   l  ,' /      この世界を見守る竜の女王さまの
                     l ト、    vーi     ,l / !l       病気も治されたとか!
                        ヽ|  >、 .._ヽノ_ .. イ |/ ハ|
                         _ヽィノ  _   !ィ/ V         その方の弟子とあれば
                      / /二 Yl/_ ` く /`┬―‐ 、      絶対に安全ですよねっ!
                     /  l ´, -、}lj'- `、 }  !    ヽ
                      !   |  ― 、l{- 、  l  l  /    |
                       l   ハ  T_ 人ァ   !  l /    l
                     j   ト、l   リ {   |_ノ /    j
                     |  jr_く_  ハ ハ  {ゝ-,、!     l


     |\        /|
     |  \     /  |
     |   ゛ー─''"   、|
     レ    _,  、_   ヽ
     /    0    0  ヽ
     ! *    r‐-、     |   ( 雇い主の期待が重すぎます……!! )
     l      l  |  し  !
     ヽ     ト─'    /
      /   /⌒ヽ /⌒ヽ
     /   γ  丿|   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   この後さか奈に助けを求め

   「助産師は あくまで お産をサポートするもので、絶対ではない」 と説明する手紙を送ってもらいました。


61 :◆vsQyY1yD2Q

【 ノアニール 】
                                                 /\
                                                //.:::.:.::\
                                         / /..::.:..:: .:.::\
                                           | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                           |  | [] ...:. .:::|
                __    __                         |  | . : : : :ロ.::|       ;ミ
             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
\∠、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ ∠/. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  ∩.:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[] []:|ェェェiェェェェ|  ミヾ:;”゙':,oヾミ
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.:. : :|.lニニ|l .:.:|┌ヾ':,ゞ;゙;”;ミ;:ミ
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :[] :|:| .:::::::||=|│|.::.[]:::}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|⊥|__|」 ===l|_|┴┴──|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:⊥!‐'''"    [ニニニ|ニ]                               ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|
: :|ェ|:|;'|:.|:| |='′                       | .: : .:.|
: :|ェ|:|;'|::l_レ'   '     、              | . : :.:.:.|
: :|ェ|:|;'|::|                         _,‐| .: : .:.| 7!_
: :|ェ|:|;;レ'       ´        '       / / ゙'ー-‐''´//  /|
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/


現在 復興中。
シャンパーニからの食糧援助が無くてもやっていける程度には復興した。

が、まだ被害が大きく、復興資金を得るために貿易を推進。
ノアニール織の増産に励んでいる。


ノアニール織の職人達が半分ほど いく夫バークに引き抜かれており
残りの半分が10年のブランクを取り戻すのに奮闘中。

特にデザインの進歩に追いつくのが大変らしい。


62 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           /::/::::::::::::::::::::l l::::::> '"..-:::ヽl::::::::::::::::ヽ::::-:、{
         ///:::::l|::::::::i:::_::〉 ‐..-::ヽヽ:::::::::||:::::::::::::::::::l:::::::::)
         /Li〈___lL -=|-:::::||::::::l:::ヽヽ::::::::||::::::::::::::::::|::::::f
         |r::| r::::|f::::::::|::::::::|ト::::j、::::| |::::::::::l|::::::::::::::|:::|;ノ
         |::::| |:::::|i::::::::|:::、:::|| !:j_|:|i:| |::::::::::||⌒:、:::::|:::|
         |:::::l i:::::|、:::::::|::| i::|ィ/_ノ」ノ |::::::::::|| 、´ l::::|::::|l
         、ト::ヽ、:::i-、:::、〈´|r'戈_;}/'| |::::::::::||' ソ/:::|:::::::|l     すいません、私の織っていたノアニール織は
         ヽヽヽ、代:ト ゝ  ´   | |:::::::::::||´,イ:::::|ヽ::::|l     王都の流行りを取り入れていたので
           `'.|`l´ |       | |::::::::::||´::::::::::lヽヽ:l'、
             ||::〉 ノ       | |:::::l::::|||:::::::::::::|l:ヽヽヽ   ノアニール織のイメージを
               ||:::ヽ`   _   ! |:::::|::::||||:::::::::::::|l::::\i    変えてしまったかも知れません……。
              ||::::::::::\ ‐    | |:::::l::::l||コ、::::::::::::l 、::::::
             ||:::::::::::::||ヽ__, ィ| |::::::l:::|||  廴:::::::::l 、:::::
             ||:::::::::::::||:::::::::::::! |:::::l:::||:|   `_、-::_ゝ、:
             ||::::::::::::|| |::::::::_| |::::::l:::l|:|_,. -,´r‐ '' ´_ニ
             ||:::::::::::|r‐' ´ |l |:::::l:::l|:| ,/  ,. r '´ _,
             ||::::::::::||   ,f' |:::::l:::j:|/  ,/ , r '´
               ||:::::::::||  ,///::::::l::::/' / /
             ||:::::::::|| / ///:::::::::::/l / /



              _,,,,----,,,,,,_
              ,,,-'"゙`      `゙゙''-、,、
         _/`     .r,'゙li、     `''-,,、
       .,/`   __,,,,,,,,,,,,,,,,,二,,,,,,,,,,,,,,,,_   `'-、
      .,r,!-=''''"゙゙~'''ヽ,. ゙‐'`    .,,-''''~゙゙''''=i,、,,,!、
     ,/.レ'゙ .,-―'ーi、 ヽ     .,,i´ .,,―ー-,、`'l゙.゙゙l、
    .,i´ |゙ .l゙    ゙l  |     l゙ ./    ゙i、 ゙l │
    ,i´ |,  ヽ、  _,l゙ ,l゙     |、 ゙l、   .,l゙ |  │    いや、あの10年をノアニール織が
   ノ 、 .|ヽ  ゙^'''''" ._,/`__,,,,,,,,,,_ .\ `゙'―ー''゙ .,,/|  ゙l    生き延びられたのは そなた達の尽力のおかげ。
  .,/ ,/ .|i、`'ー-、,_,,,,r!゙‐'"`  .、=、~゙''''ヘ、,,,,,,,,,-‐" ゙l  ゙l,
 ./ ./  .| ゙l,,,,―''゙`       .ヽ、    `゙"'ー-,,,/|  ゙l ヽ.
: / │  .| ヽ、          `        / .|  ゙l .ヽ  それに、世界が平和になれば
: ゙'│  ゙l、 `'-,、               ,/ ,,|   .゙l‐゙
  ヽ、  |`''――ニ-,,、           ,,rイ―‐'",l゙   ,ノ     みかわしの服にも ふぁっしょん性が
   `゙'-,|       `,/'''r‐------,--r'"`     | ._,,/    必要になるやも知れぬ。
   .__、       /,、,/   ,、  .ヽ.、\    .,二,,,,,__
  .゙l`:  ゙゙̄'''ー-_/ │l゙   /ヽ   ゙l.| `,,,,-‐''"`   ,i"    参考にさせてもらうでござるよ。
  .゙l、      `゙゙'''''ヘl゙---―――ー゙‐''゙`       ,/
  .,"''''''i、      l           ゝ      ._,,/
   l  'i、      |             i、     ,)` `'i、
   `ー/ .,,,,,_    |          `    ._ l゙  ._/
    |   ゙'''ニ=- ,、   -rrrニrr-  i、 .,―‐'"` ゙lr‐゙`
    |        l          l゙      .|
    .l゙       l゙          |      |


63 :◆vsQyY1yD2Q

       |\            /|
       |  \        /  |
       |    \     /   |
       |     ` ― ´     |
       |                |
       |                |
       |  __    __  |    ていうかな、防具としては
       |  |  |      |  |  |    いく夫バークの 「かくれみの服」 に勝てねえんだよ。
       |  ` ´      ` ´  |
        、                J ′    それ以外のところで勝負しねえと。
       _\.    r―    /_
      > `_ー、   ,. 一_´ <
     /    `ヽヽ.__//´    \
   /       ヽ l l./         \

       【 ノアニール織職人 】

   /// // // / //// /// / // // / /
   / /// / // // // / /// // / // //
   / ///l\//// //// //|/ // /// //
   //// |  \/ / / / // | // /
   / ///|   \/ //   |/ /// /
   // //|     \──  | // / /   王都に強いマリナさまが
   / ///|             |/ / / //   今はノアニール織してなくて良かった。
   /// /|             |/ // /
   / ///|    o      o |/ / //      競合してたらノアニール織は再起不能だったぞ。
   //// |             |/ //
   // //|    ____ |// //        ※ 今マリナが織っているのは 『異界の勇者風』
   / ///ヽ   | r─―‐´/ ///
   / / ̄    し'      ̄|///

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


64 :◆vsQyY1yD2Q

【 アッサラーム 】
                                                          〔ョョョメl
                                              。             Yi:i:i:i:i:i:i:Y
                                          __rh__             |:i:i:i:i:i:i:i:|
                                         ,。:'%/%'%i%imi:。、         |:i:i:i:i:i:i:i:|
                                          .。'%/%'%i%i%i%i%i%ig:。.      |jjj|
                                     .:'%/%/%'%i%i%i%i%i%i%i%i%i:.    |glk|
              〔ョョメl                 .:%/%,'%,'%'%i%i%i%i%i%i%i%%%%.     |lkg|
               Yi:i:i:i:i:iY                    '%,'%,'i%'%i%i%i%i%i%i%i%i%i%i%i%:i:.   |kgl|
                  |:i:i:i:i:i:i:|                    i%,'%'%'%i%i%i%i%i%i%i%i%i%i%i%i%:'i   |glk|
                  |:i:i:i:i:i:i:|                   i %'%'%i%i%i%i%i%i%i%i%i%i%i%i%i%:i   |lkg|
                  |lk '|                  i%斗千干王王王圭圭圭亥%i!   |kgl|
                  |k 'l|                Y斗干干干王王王圭圭ミiY    |glk|_______
                  | 'lk|                   | 'ggllmmmmmm!    |lkg|/////////
,;,               |lk '|          ______」三|ト、iYYi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ロ|__rr|kgl|/////////
;';';、,';'/;',,            |k 'l|         |~'~'~'~'~'~'~'~'~'~'~'~'|ト、ト、」|」r==ニニ二三三三三三|glk|三三三iニi!
;';';、';'',、;,';,           | 'lk|         | iffffffi' ! ̄ ̄ . :「:: i: . . : . : . !::下====|lkg|:: :.:.!ニ!干下
/;','、',、;、';';、         |k 'l|         | i!   .ィヘ.    'i! ! . : . : . :. ̄: . :. . .: .:::!.:.:| : :>ト.、'gl|:: :.::!ニ!: : . :.:
:;;';'.';';'、';';'.,」王王王王王王王王王王王王王| i!  〃   ヽ.  i!llllllll.:.:|: :.! ´ : !: :|lk|::::: :!ニ!:.: . : .
;';.';'.;'.;.',;';、ii|____::_:.__________| i! ,;′   ハ. i………………………|: :.!   : :.:.|kg|‐‐┘|ト、 . : .
///;';';'、';'iii|:kmm:k_mm:k_k_:| i!i i:!    //  i:i!:k_:k_:k_: L! : !: : . . ..:.:::|gk|ニ_-_ニ-=、_:_
/;'/;'、;';''; iii|:  :¨¨¨:'   :¨¨¨¨::   :   :| i!i i:!.   i i  i:i!:    :    :    :' | : | : : : :.:.:.:.|kl|; ,‐ _:.! : .
;'/;';.',;'.';'; iii|:  :.イヽ::   :.イ`ヽ::   :   :| i!i i:!: : . | |// |:i!:    :    :    :i |.:.j|: :.:.:.:.:.:.:.:|lg|;';'_ニ;';! : . : .


現在、ロマリア、イシス、バハラタの三国で復興中。

今後は三国の商会で共同でアッサラームを守っていく事になる。

現時点では見学商会の規模が一番大きいが、バハラタが すぐに同程度の商会を作るだろう。


しかし、これを機にアッサラームを離れようという者も多く
今後は彼等をいかにして引き止めるかが課題になるだろう。


ゴジャースモララー夫人が多額の復興支援をした。

夫人はアッサラームを離れ、バハラタの聖なる河のほとりに修道院を建てて
そこで夫の冥福を祈ろうと考えているらしい。


65 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   Q.今後アッサラームに戻るのですか?

   A.

     /::::::/〃::;ィ:::l::::、ミ:::::、::::、::::::::`ヽ::::::::::::'::;::::::::::::::::丶
   /:::::::::///::/;ハ::iヘ:ヘ\::ヾミ、:::、::::::::ヽ::::::::::::':;::::::::::::::::ヘ
  ,イ:::::::::::/::l::l::/:/ ';:ハヽヘ__,,、ムィ:ヽヽ、:::::ヘ:::::::::::';:::::::::::::::::ヘ
  ,':::::::::::::/::::l::l/ィ1 ';::ヘ ヘ_',.」-,‐.ニ..、二ト::ヘ::::::::::l:::::::::::::::::::ヘ
 ,'::::::::::::: !:::::レiイ:l:!   ':;ヘ ヾミ 代ーケ _j.. ノ V:|:::::::::l::::::::::::::::::::ヘ      気にはなるけど、戻らないわ。
 ! ::::::::::::.l:::://il,ムィ= 、 ヾ:、  `¨¨´     l:ハ!:::::::l::::::::::::::::::i:::ヘ
 l:::::::::::::::|:/∧|!,ィf::ン!:!   `         ,リ |:::::::j::::::::::::::::: l::::ヘ     お父さんの義手、こっちじゃないと
 ',::|l::::::::::レ/ヘ'^ヾ''゙´:/              |::::::/:::::::::::::::::: l:::::ハ     メンテナンスも できないもの。
  ',ヘ::::::://::::ヘ     ′              .:|::::/::::::::::::::::::::: l:::::∧
  ヾ':;:;:',':::::::::ヽ       -、         .:::,';イ::::::::::::::::::::::::::l::::::::',
    f:i::::::':;::::::ゝ     ` ''"        ..::ノソ|::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::i    それに、カルチャースクールの
    l::l\::::':;:::ヘ、             ..::::::゙´ /!:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l     仕事もあるしね。
    |::|  ` 、:':; > 、        ..:::    / .l::::::::::::::::::::::::::::: l:::::: l
    ';::!   /`ー  _j!> 、   /     ,イ _,,':::;: -―‐- 、:::::l::::::::l
     ';:',  /::::::::::::`¨::::::::::::`Τ    ∠イ´ j´ ,、-―‐-.、 `ヽl::::::::l
     ';', /::::::::::::::::::::::::: >イ|O℃/    j/::::::::::::::::::_: > |:::::: l
      ':',/:::::::::::::::::::::r''´    | /      | \:::::::>'゙´ .,.ィ::|::::::::|
        ムィ´ ̄ `ヽ |゙`i   .j |       .,'\  X  ,.x<::::::::|ー-| _
     ./'゙´::: ̄>‐-、|. !  ノ  |     ,':::::::>  <:::::::::::::::::::i
      .∧>''゙´,x<:::`|  !'´    |     ,':::/./\.\::::::::::::リ



                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
              ./:.:N:.:../!/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
             /:::::.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./!:.:.:.:.:.:.:.:.トハ:.:.:.:ヽ:.:.:.:|
             ;゙:::::::::::::/:.:.:.:./:/川:!:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.!:.:.: |
            ,'::::::::::::/:::::////イl::l:|:::|:.:.、:::::.:.: .:.:.:.:|:.:.:.:!
            !:::l::::::/ゝ、/ /:::/ l::|::|:!l::ト;:::ヽ:::::::::l::::::|:.:.:.|
            ;'!::l::::::lィ-.,_`ミ、/  l,i.:|_l!_|_';_:_l_::::|::::l:::::::|
            !:l::l:::::l/` "''~ツ、 ´ ,≦、」;;_!__!::::::::|:::l:::::::|   そういえば、今はニュー速で邸の
            |::';l:::::l{   //  !    ` ー゙~斗!:::::::|/:::::::l|    別館で お世話になってるんだけど
            |::::'、:l从 //  i           ソ!::::::i::::::::::l|
            |::::::::ヾ!l:X    __        /r:|:::::l::::::::: l|    その事を講義中に話したら
           ハ/_二lム:ヽ、 `ー`   ,. ィ::、jリ:::/:::::::::::l|    「やっぱり」 って言われたわ。
           /::V:::::::ヽ/∧:} ヽ __ .. - ´ /:::_:~|:/ニ二ヽ:||
          ,'::::::';::::::::::|〈:::::ト、Ooo--‐‐{::::/i|l::::::::::::>;l|    あれ、何だったのかしら?
          ,'::::l:::::';:::::::l |::ヾヘ `丶、   |/  |:ヽ//|:|
         ;':::::l::/';:::::l l-─ハ    |  /  /|::::X〈::::::!:|
         /;、 '´  ヽ;l ´,..'´::::\  |_/   /l|:/ ∧ヽ:|::|
       ,. '´       ヾ::::::::: . : .ヽ      / |!ニ二 ヽ/ヘ
     /          \:::::::: . : . \   / |:: :: :: :: |   \
    /         |  <∧\:::::::::.:_:.:ヽ/  |: : : : :::l 、   \
   /          |   /ヽ/>' ´ |:::::\ |:.:.:.:.:::::|  ヽ    ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


66 :◆vsQyY1yD2Q

【 イシス 】

    |
   .ii                                                   |
   i i  .|                                            | ii
   .i i i i                      i                         i:i. i:i
   |ニ | l__l                     ハ                        l l | |
   |  ! ! !                 ,. -''"  ̄ ``''-、                 |-||=|
  _|___|_| |                /:::/:      ヽ \               |: ||: |
   }三:{}三{            ∧ /ェェェェェェェェェェェェェェェェ ヽ_            [ニ{ニニ}
   |  .||--|            テ.'''''i'''''i'''''''i''''i''''i''''i'''i'''i'''i''i''''''i             | |  |
   |  .||  |         _,, - {ニ ァニ、ニニニニニニニニニニニニニ ァニ、           | |  |
   |  .||  |      ∠二______|:| | .||/ ̄ ̄_ ̄ ̄`n; | .l~`ヽ、_       | |  |
   |  .||  |      _,l____ _____|::r'  -  ,.イ;彡i iミミ;ヽ、. .::!"  ・iニニニl,,___    | |  |
   |____||--|    _|二|||____H._r-|::| ・  / i^i l^l| |l^l i^i::ヽ:|   |___________|::::\..._ | |  |
   |  |  l   | ! |=ニニニ=、l::| ・  i^i.i^i.i^i.i^i.i^i.i^i.i^i:::|   : ! iニn二nニニニl二i, | |  |
   l   :|  l_,,,,--|__・__レ'二 ヽニ\!   |二二二二二二:ヽ:|   | /__,..- 、ヽ三┐i |-:|==|_ _ _
  ,'_____',/, へ___|,,, / ̄∩~\./二二.|/i⌒iヽ    /i⌒iヽニニニニ゙:l ∩∩|::iヽ、___\ |==| LLL
 , ,|  _,..-'''"    ̄| ∩   ∩| ̄ ̄ ̄| |--| , -┸ 、|--|-トi- , -┸ 、. n !::!    , --┸-.、  ;;
 ,, | /i  ri ロロ ロロ |  ∩   !_____| | /     ゙ヽ.|._|/     ゙ヽ_|::|  , ∧  ,.;;:,;;;';.,,:::
 三三 !_ロ,.;i;';;;,, r'ニニ/三.;ii';;,,二Y----i./: . : .: .: .: .: .:.;;:i::、;  n   nヽ:| _/ |lL| ,.;;:;,.;;';.,,,',,
   ,; ;;;|フ,.;;,.;;:。:;;ヽ ri |  ,::、;:,,;,;,, |,  r==、_______________;:、;:;;::;、=======テ , -'" ̄`゙ヽ、 。;:.;;:;:;;
 ;,.;;:。);:;;::、;; ;;::、;).|__| Yii;:i;;:/; ;ヽ/ニ|.i i i | ;:;,.;;';.,,,',ノ,.;i;,.;i;';.,,';.,.;i;';.,,,ニ/: : : :     ヽ';.,,,;:;,.


現在復興中。

ただし、アレックスの幽霊のおかげで国土へのダメージは少なく
問題は食料不足。

ネクロゴンドからモンスターは現れ続けているため
世界が完全に平和になった訳ではない事を どの国よりも感じている。


アッサラームに商会を出したためバハラタに接近中。

今回の件で食料の流通を押さえられると脆い事が判明したため
アッサラーム−イシス間のルートを自国で管理する事になる三国復興には積極的。


67 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                _r三:::ミ::r――<:::\::l|:|::jリ>――く:::\::::\
             /ノ:::彡'::ア      `ヾi::jリ'"´     }:::::::\::::ヽ
             /:::==彡{                 `ヾ:::::::∨ノ  、
.              / ̄::=彡'   _,ィf廴     |    _ィニ≧、 ∨\(_,ハ
            ノ{::{/::::/ ,ィア==ニ三ト、   ) _,ィ三ア ⌒ヽ V::ミ=:::ーく
              __///:{ ノ   __`寸i{  {  jア'" __  ) }ト__三三ミ、
           /::/::ノ\l ーr一弋_うミ \ l /  ,ィ弋_フ フ^ {/ ノ{:三\ j}    アレフガルド行ってみてえけど
            /::/:/厂ヽ| ´^'冖―一'       `ー‐冖^`  |'^ヽ|三::ヽ\
              {:::{:/::{く^圦         /   | |   \_       ノj ノ }ヽ:::ヽ} }    行ったらイシスが
           、__ノリ}::::人 } ヒ|\_     / r‐ノーヘ  )   ヽ  /ヒ´iノl:::|:::j八,ノ    ヤバいんだよなぁ……。
          _/ノ/:::∧__}____ `ヽ /    ̄`ー' ̄       / 人_/l:リ:/:::{::::::\_,ノ
      / ̄/:::/::/::/ {  `ソ      し'       廴f´ / |{::{:::::{\:::::::\
.       /:::/::::::/::/   \__ノ i^    _r―‐ 、__    } }/   |:::\::)::::)ヽ:}::::}
       {::::/{:::i__/ ̄}     \     Τ ̄ ̄ ̄了`  j/    「 ̄ ̄ |三\:リ
         j/三ニ/  /        \_   ≧===≦   /       \   |三三\__
.     /ニニニ/  /           \ /     \/            ノ三三三三ニ=――――
-==ニニ三三三三{    /        iト ___/           /三三三三三三三三三三ニニ\
三三三三三三ニ=\ /_    i   |         /        __/三三三三三三三三三三三三三三\
三三三三三二ニニニ\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     / ̄ ̄ ̄ ̄ /三三三三三三三三三三三三三三三三\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


68 :◆vsQyY1yD2Q

【 バハラタ 】

       __ _           ;;;;ゝゝ;;;;ヾ;;;;;ヽ
      ////─\        ;;;;ゝゝ;;;;ヾ;;;;;ヽ;;ヾ
    ////─── \     ;;ゝ;;;;ゝ;;;;ゞ;;;;ゞ;;;;ゝ
   ////───‐──\   ゝ;;;;;;;;ゝゝ;;;;ゝ;;;;ゞ;;ゝ    .r'二△   ;;;、,,,,-'''""'',、,,..,,..,.,..
 ////─ ,.r'.;' " ̄T``ヽ \   ゝ;;;;ゞゞ;;;;ゝ   ;;;,;,,人...l:田.旧;..:./ ̄/ ̄ ̄ ̄/△ ̄ ̄ ̄ヽ
(__/‖ ̄ /ー/ \  .|  /`',!      |;il| 7ニヽ. ;...Llヨ;,,/''''7ヽ,,,:|ロロ| 田田l田|::ロ|田l田田|lf
 ‖   ‖ ̄iーi   \|/   i::.     |;il|__田l,.: ;.:..... :.:,l二Lロ.l::.:|ロロ| 由由l田|::ロ|田l由由|ll_|
 ‖   ‖ ̄!一!─ ─ ◇─ ─ l:::.  ;,;.. ;,;..|;il| ;,;. ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、
 ‖   ‖ ̄lーl   /|\   ,':.::..   ;,;..、|;il|,、;,;,`"'"''ー'ー-、, ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、
´`"'"'''"'"'''、w::::。ゝ/、,. l、 , ヽ。、 , ,´`"'"''`"'"''"'"'''ー、___   ´`"'"''"'"''"'"''"'"''"'"'"''"'"''"'"
:.:.:.:.:.:.:  。w 。,。,。, 〜、。, 〜、 , 〜´`"'"''`"'"''"'"'''ー、___ "''ー'ー-、,
    :.:.:.:.:.:.:        :.:.:.:.:.:.:        :.:.:.:.:.:.:   "''ー'ー -、,´`"'"''ー'ー-、,
:.:.:.:.:.:.:     :.:.:.:.:.:.:      :.:.:.:.:.:.:                  ´`"'"''ー'ー-、,


魔王軍の侵攻でも特にダメージを受ける事なく平穏無事。

しかし、アッサラームとイシスの食糧事情を支えるために忙しい日々を送っている。

来年を見据えて食料増産計画を発動中。


またダーマから理力の杖の大量注文を受けており、そちらでも忙しい。


三国復興については
ゴジャース商会を通さずに商売できるようになる事を歓迎している。

アッサラームに進出した商会の当主にはクロノクルが選ばれた。
ギャル夫への縁談の仲介を頼まれるのに嫌気がさしていたので喜んで承諾したらしい。


なおグプタは、農園の仕事があるので逃げられないようだ。


69 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.     , r:´ ,.r'::.::.::.,.r'´                     ゙::- 、
.   /  /::.::.:; '´       ,   ! .yi  i!           、\
.  /   /::.::./         /ノ /i! / | .i i ヾ..           \ ヽ、
  /   .i!::./        ./ ,:'/:/ ./  ! i! .i! i ゛、      ゛、 ヾヽi!
../    |/ ,.     /  / /'":::;//  i/  i i!. .i!         ゛、 ヽ
      /. ,i'     ./! / __......ノ'_ ミ=、     l !  i i       ゛、、゛、
.   ,r┤/ !.i     l!.i / ´  /´`i ゙:、ヾノ .::  !./.:彡'i! i!| |      i! ヽ .!
 /,へ!iヾ.||   | !i  `゚゙゙゙゙゙¨ ̄    ..:.::: i/,.-‐-レ' i .i!       i!  ヾ
...i i::.:.::.i!、 ii.、  .i! .!          .::::.:::: V´ ゙i ヾi/     .i  i
 ! !:.:.  、i! ゛、 !  ゙          .::::::::::::::: >ミー´{!  .|   ! .i
 ヾ、ヽ _..=‐-、゛、i             ::::::: /     i   ii   /i ./   ねえ、グプタ。
..  \,:´:::::0::○、ヾ、      .            ;!  ," ! / .i/
i!    i::.::.:.:..:..。::!  ヽ    .   _....、、--、     ノ / .i!/         雅音のとこね、26人目の子供が
|     ゝ、::.::.:::ノ:.              `   .∠=-":i         生まれたんだって。
|      ¨T¨::::::::::..                  /:::.oノ
.|       !):::::::::::::::::...              / ‐‐ "           ウチも負けてられないと思わない?
. !      ゛、:::::::::::::::::::..           /.: (
_ ヾ     ゛、ヾ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i     / .::  ヾ、
 ヽ、゛、   ゛、ヽ、         .|  Τ    ::   ゛、
..  \゛、   ヽ \        |___!―――/¨7 \



                     |  ,  '´ ̄ ̄ ̄ ̄``丶、
                     |/             `ヽ、|
                    ∧    _ -r─r┬==zィ  \
                   イ  ヽ--彳土``  ! `ニニ`ヾ川 }}
                   んY 」 ´ {bじ!       {:じ!ヾ リ爿
                 ___/ | (| , ,` ̄  .:i   `ー'   レ ト、   えっ? 向こうは奥さんの数が ――
           ____/ / / / ヽ|       .::{ 、      ミ /ノ|├ 、
            //  / / /     i.u    ____   _///|  `ーュ_
            |/  /〈 〈     ヽ   V  ̄ ̄) r'´r‐'´ 〃  /    \
            |   | ヽヽ     レヽ、   ̄ ̄´ //  /  /   _ -─‐
            |   |  \\   〈〈  |ヽ、___ ,イ/ /  /   /
                |    ヽ ヽ ∧\     __// /  /   /     --
                |  /   ヽ ヽ{ \`エニ二-{ {   ⊥  /     / ̄´
            \  | ̄|丁ヽ--ヘ」  | ̄´    」」 ─十1 /     /
           `ー、\」/ i       〉        |    |  {  / /  r─一
               `┤_」 ---- ⊥          |    |  |/ /r─┴
               /     /   ``丶、___/----< ̄ ̄ ̄´
              /   /フ´           `ヽ    \





        \__人_人从_人_人从__人_人从_人_人从__人_人从_人从/
        _)                                         (__
        _)   ちょ、無理無理! 夫婦2人で子供26人は無理ですよ!   (__
         )                                          (
        ̄ ̄)   おかしいですよ、タニアさん!!                   ( ̄ ̄
        ̄ ̄)                                         ( ̄ ̄
         /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒\


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   26人は無理でも、2人目は できたようです。


70 :◆vsQyY1yD2Q

【 ダーマ神殿 】
                                       i
                                       |
                                         ||
                                   |    / ',
                                  ‖  〈__〉
                                   Λ   ハハハ
                                   / ゙、〈i]]]i〉
                               〈_  _〉 l  ̄`l
                               ,ハ不ハ. | 「Λ|
                                〈i]]]]i〉| / ゙、 |
                               |丁丁| j/   ゙,Λ
                                  | |人人|〈    〉_〉
                            l   Λ/ ̄ ̄∨不不!ハ_|
                           ‖ 〈ニ〉 __ 〈i]]]刈]i〉',
                           Λ |「l|/[_]\|「  ̄Λl|,ニ〉
                         | /  ', 冂モモモモ|| 「l/  'j」|   |
.                      l  /'/    ',「|丁丁丁l|| l/    ',Λ . l ∧
.                      Λ/ 〈    〉|,ЦΛ,Ll||〈    〉 ',Λ'  ',
.                      / 〈  ,ハ不不ハ.|,/○\|l ハ不不ハ  〉 ', ___〉
                     〈___r'ニ{i[[[[[[i/ /\ ',i]]]]]]i}ニ!_〉jiハ
                    r'ニ}幵| ̄ ̄ ̄j∨ (⌒) ∨l ̄ ̄ ̄|幵}ニ゙i、幵l
                    l幵f| ̄| l仄li Nl_/|\_lN j仄jl | ̄|i幵l Π
                      l ̄|円| |l_| |_辷{工辷|_| |_l| |円| ̄l 」|
                      lFl | ̄|     | |t/|\t| |     | ̄|仄| |
                      「´ |  |   _|_|||||_|_   |  |`¨| |
                  ___|_l_|___/ __,| |┝┿┥| |,__ \___|_l_|_j_
                   |┬r|__/_______,| |_|t|zf|fz|t|_| |,_______\__|┬r|
               二二| l l |'丁゙l工工工| | ||||| | |工工工l゙丁'| l l |二二
               土土| l_l l__|__|土土土|zj|_|工工工|_|jz|土土土l__|__| l_l |土土
                  ` ̄        /         \          ̄´


バラモスが倒されても、モンスターが消えた訳ではないので賑わいは変わっていない。

特に最近は、ニュー速で商会にならって配下の育成のためにダーマを利用する者が増えてきたため
かつてない賑わいを見せている。

また、上級職を目指すため再びダーマに訪れる者も増えてきている。

特に騎士を目指そうとする貴族が多い。


最近はレイアムランドにあるラーミアの神殿も修行場として解放しているので

より過酷な環境、強力なモンスターを相手に経験を積みたいものは
そちらを利用するようになっている。


71 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         _,,,,,、__
                     ___{r、   ',¨ヽ、
                       , '´  [',   ',i ヽ
                  r'’ `ヽ、 Y:',  i l  Y
                  {⌒ヽr'゙゙゙゙`゙゙゙}  ll ll !  }
                  { ,イ"     } l l| l| l  }
                  Y ,ィ⌒ヽ 刈'⌒l|、| j
                 /{ ト、r━━ミーr━━ミリ'}、    どうしよう、寄付金が増えすぎた。
                / 八{`廴_ノ¨¨廴_ノ'}ノヽ丶
               /   /  { .,、  、j:,.  ,、 八 ゚, \
              /    .{  込 ^ー=ニニ=‐'^ ノ    i  \
             /      :{     `ー、 ゙゙゙゙゙゙゙ ノ´}    .}    \
           /         |     ∨`¨¨¨´∨     l    /\
             {⌒ヽ、     .| .f^ヽ、っ___と⌒ヽ.   }   /   ゚,
            {   \   [}゙ゝ-'(( ⊂:::::::::::)゙rと⌒) j  /      }
          l     \ ,イ 、__つ  ̄ ̄ ̄´ノ⊂¨¨)/  /     }
              [     ゙∧ 廴__⊃、    /_⊂_¨ノ、\f´      j
.             [     ∧∧ ゙ー、⊃──( ⊂__ノ}ムノj      レ'
            〉    /  ∨\_,斗'/   Z ̄ア./ ム{       i゚,
           Z斗'”   ∨ //'´  .,斗{、/ /   \    |:}
              〈        ゙V /__,斗'”: : :.∨ /      ヾ   /
            }        /o: : : : : : : : :∨         /
             |       ,イヽ: : : : : : : : : : : :\          /


       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   中 \
    |リ||リ /  ─   ─\
    (川/ u (●)  (●) \
    ||ト|     /_人_\   |   ハイ? 何を言ってるネ。
    iリ\   §` ⌒´§ ,/
     /           \
   /          ヽ  ヽ
   (   丶- 、      __ノ  )
    `ー、_ノ     (_,,-─´


72 :◆vsQyY1yD2Q

                            , =ヘヘヘニ=-、_
                            }:ハ i|i|i|i :. :. :. ¨ミ、
                             ∠二ハ|i|i|i|i :. :. :. :. .. ヽ
                         , イニ=ミ、_ハ|i|i|i|i :. :. :. :. .. .. ,
                       i{ニニ=-'´  ‘i|i|i|i| :.i :. :. :|i:. i :,
                         {彡=-', -=ミ  ‘il斗-|=ミ、:|i:. |i i   まず、配下の育成にダーマを使う者は
         _               {/ }/イ,. --- 、 _ 从八从八:.lハ}
       i ヽ              {{ i|ニ{{     }ニニ杁_莎_〉}}ニ!i }   必ずといっていい程
       l   |i            乂l 乂__ ノ ⌒ 乂_ ノ lノ   謝礼を兼ねて寄付金を積んでくる。
       |/  ̄)              l                 l
      /   /             八   、_ `¨¨´ _ノ   ノ__    私はいらんと言っているのだがね。
     / ̄ ̄ ̄)   __           _\    ̄ ̄     / }} `¨}}ヽ
      |  lニニ{_/ニニ)      /    _ヽ   __   ィ  /'  / /¨ヽ__
      |  |ニニニニ7¨´    /      / ,ハ ̄ ̄ ̄    /   / /.: .:|i ヽ
      |  ヽニニニ/     /     //〉__\    /   / /.:   :|i< > 、
     /     }ニニ}    /      //_寸{ニニ\_,/     / /.:    |i彡'¨ “< >、
.    /    /ニニ/   ,/      ///, 》〉二=- /     .:/ /.:     :|i / ̄ ̄ ̄ ミ、
  /{    /ニニ,:'  _>=- 、 /////´=-- /\    . :/ /.:      |i        i
. {  ヽ _/ニ<  i|       i{ / :/ :/ .:/ニ=-/   . :.\ . : :/ /.:       :|i        |


     _ _
    r、ヽヽ ,..
      l.i^iヽヽ! l
     `、ヽ   `!
       `、 `  {
      ヽ  , ヘヘ
       ヽ' /  \
        く 。.    \          ,.-、、ヘ
         \゚ 。    \       ,.._彡ミ',ハ、
            \     `ゝ、._  ,イヽ (_ノ彡,  ヽ
           \       __ヽ.l. ヽi、 `i彡ノ// `;-   次に 「騎士」 を目指す修行者だ。
          _ ヽ-─   ̄__,..-l、     L./// ,F`
        ヽ´     _. -‐'ニィ○l `` ‐_,ーイ//,ト       貴族が多いので
        /ヽ`=i ,.-'´, - '´,. ヘ. _,!‐.ニ∠._,.-`  !、       こちらも寄付金を積んでくる。
        /   //_..i'  /'"l∠ _,.-─‐,.、 `_ヽ、 ヽ
        /  /‐-´-〈 イ ...._i'_     i' r(ヽ! l'´  .i     まぁ、貴族として 「施し」 は
       ,'   /      i ヽ   l、`ヽ-、/{ヽヽヽ!ミミ、`、.   受けられんのは理解できる。
      ,'   i'      i.  ヽ   l、  ̄li. i `   lトl `゙ ヽ
        i  /l      ヽ,.-'′   l、   lヽ   ノ ,!   `、
      ,l. /.{             _   l、  ! `l,.'- ´    /
     ./l/  ! l       _.- '´ ヽ. i、 l.\--  ..._ /
    / l  l  l      ヽ ,.- ´   i、 l  \
    ,' l   l  l.i      ´       i、l.   \
   ,'  l  l.  l. l、        _. - ´  i、l.     ヽ
   ,'  l. ヽ、_j  l、  __.. - ´    l     l、    ヽ
  i   l.   `、 `、 ´        l.    l、   /ヽ,
   `ヽ、l   `、 ヽ         l    l、 ヽ. / ヽ
   ` / l   `、  ヽ           l      l、     `


73 :◆vsQyY1yD2Q

                        ∠`ヽ    \\\  \
                      ∠ミミvWヘ ヽ  ヽヽヽ ヽ   ∧
                       ムニミ`````ハ l l l } } } } l| l|ハ
                   {///' , -‐=- }ハハハハ二ヽハハl| l| |
                        V//〃'´ ̄ `Y二 く(qYリリリリリリ
                    jニ}'^i{{     ノY⌒ヽ`ニ彡''ルムイ
                     〃う} ` ニニ彡rゝ‐ _ー- 、 「リ    だが、そんなに寄付されたって
                       { ( ハ.u r、_,.tt=ニニニ=ァx_フ丿 ル′    使い道が無い!
                   \从  マ、ェェェェェェェェァ'   /´
                      `込  `ニニニニニ´  イ__        どうしろっていうの!?
                     _/ {\>、 、 ___ . '/ノ }ト、
                     / /{ {  \≧=‐--‐=≦ ´ /| }ト ._
          ._____ 。≠/ / リ 八   `7/{//{     / l| {{   {{ニ=‐- . _
       __〃〃二ニニ≠^7 / / / ∧  〈 {⌒} 〉.   / | {i   ヽニ=‐-=ニコi¬、
      / //7    ´ //     /i { ∧_/∧,.=、/∧ /   l  ',     \ }  } }}  |i
     ./ // {       /     / i {   く {{合}}/∧'    l         \リ リ ノ|
     「{ { !  ',    /  /  /{   i八 \ヽ/777 /`ヽ   l           \〃  ト、
   /| { ヽ  ヽ/     / ',  ヽ ヽ\/ //厶ィ   ヽ  l            ∨/ ノ \
    人ヽ. \/     /    / ヽ/ /´      {\ト、            ∨/,   \
      ヽヽ/     /     /    }i/         }}\/\           \ムイ    \__
      /       /l|   /}}   /             」}     ヽ         \\   } }ト、
     /      // ー=彳 〃  /      _ . -‐=ニ二     }\   _. -‐=ニ二. _ \   j
    ー-=======ミ∧     i〃__∠ . =-‐=ニ二              丿  ヽ〃         \ \_j
    -‐=ニ二  ̄`7{ {i、 /´ ̄ -‐====ニニ二二           }〈         {ヽハ\
            /八 ハ∠二ニ=-‐==                       }ハ、         ∨\\
        /i{ {_{/二ニ=-‐==                     ノノ}  }}\        ∨/,\
       〃{八 {{ ⊆⊇ニ=‐               -‐=ニ⊆⊇≠彡 ノ}  }}  }ト、       ∨/


        ,.f"ミミヾ、
      f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
     ノ彡リノ/      \
     |リ||リ/         \
    .(川/       中    ヽ
    ||ト|     \   ,_   !
     .iリ/  u  ∩ノ ⊃―)ノ   贅沢な悩みアルな……。
      (  \ / _ノ |  |
      .\  "  /__|  |
        \ /___ ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   相談の結果、アッサラームをはじめとする魔王軍の被害を受けた人達を
   助けるために使う事になりました。


第174話へ   3   第175話へ

この記事へのコメント
こんな綺麗な宗教組織ってすごいなあ(白目
Posted by at 2017年01月23日 20:35
できる夫の3人目の嫁はむろみさんかあ。モン娘ばかりやなw
けど貧乳派でむろみさんショック。

>金の使い道ねえよ!!
無駄な公共事業やったらそれこそあれだしなあ…。
Posted by at 2017年01月23日 22:19
ルビス信仰ってそれこそ「精霊崇拝」で「宗教の組織化」を選択してないんじゃないかなぁ。
神道もそうだけど教義とか戒律とかろくに決まってなさそう。宗教組織っていえるのかな?

>無駄な公共事業やったらそれこそ
無駄に溜め込んで死に金になりそうなお金が、引き受ける地元の事業者に分配されて
そこから資材の発注先や労働者の給料にさらに分配されて地域の景気がよくなるんですねわかります。
Posted by at 2017年01月23日 22:55
※2
むろみさんは無い方のキャラじゃなかったっけ?
Posted by at 2017年01月23日 23:40
できる夫の人生が充実してるなあ
Posted by at 2017年01月23日 23:57
有効なところに金は使ってなんぼよね。
グランバニアの無駄な公共事業みたいなのには使ったらいかんが。
ダーマのふもとの港機能の拡張とか人増えるから宿舎の拡充とかにも使ってるんだろうな。
Posted by at 2017年01月24日 00:34
※7
でも、このスレ的に考えると、マップ一マス分がかなり広大だから、あの橋も無駄な公共事業とは言えないんだよね。
Posted by at 2017年01月24日 01:05
>ニュー速で家なめんじゃないわよっ!!
そんなにニュー速でさんちがいいならそっちの子になっちゃいなさ…やる夫にとっちゃ嫁が増えるだけかw

>小さい方が いいです!
おぬしもロリコンよのぅ!
Posted by at 2017年01月24日 11:33
くそう!まさかできる夫にこのセリフを吐くことになるとは!

イカ娘・沙耶までは我慢できたがむろみさんはさすがに我慢できん!

できる夫もげろ!!
Posted by . at 2017年01月24日 15:44
ウッソ登場と小さい胸発言があったので、↑のコメントがマップスに見えちゃったぜ…(長谷川裕一並感)
Posted by at 2017年01月24日 22:28
できる夫、貧乳で海産物とか理想の嫁が来ちゃったなw
自分に合った生き方を見つけて大成功したねぇ
もげろ
Posted by at 2017年01月25日 15:50
うん、とりあえずできる夫ももげとこうか
Posted by at 2017年01月25日 23:32
むろみさん扱ってくれてうれしいw
Posted by at 2017年01月28日 11:57
むろみさんとのお子さんか・・・
できる夫、卵にかけたのか( ^ω^)・・・
Posted by at 2017年01月29日 10:33
寄付の寄付で、ますますダーマ利用者が増えるという悪…良循環
Posted by at 2017年01月31日 20:34
少佐
何というぐう聖
Posted by at 2017年02月06日 10:35
むろみさんwww
「かけて(はーと)」は少年師ながらすごい表現だと思ったなあ。

あ、個人的にはリヴァさんのほうが好きです。腹筋最高。
Posted by at 2017年02月11日 15:45
45>安定の兄貴に、何でかほっとするw
Posted by at 2017年03月31日 05:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178518043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ