■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 4/23 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2017年01月23日

総集編「地上世界を振り返ってみる」(5)

第174話へ     5 第175話へ

104 :◆vsQyY1yD2Q


∧ ∧   さて、勇者軍団によるバラモス城攻めで魔王を倒した地上編でしたが
(,,゚Д゚)
/  |    実は連載開始時点では、こうなるとは考えていませんでした。


【 予告編より 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    ____
                  /      \
                 / ─    ─ \
               /   (●)  (●)  \
               |      (__人__)     |    あ、でも、バラモス退治は パスで。
               \     ` ⌒´    ,/
        r、     r、/          ヘ     100人以上いるんだから
        ヽヾ 三 |:l1             ヽ    きっと、他の誰かが 倒してくれるお。
         \>ヽ/ |` }            | |
          ヘ lノ `'ソ             | |
           /´  /             |. |
           \. ィ                |  |
               |                |  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 予告編より 】


∧ ∧   その時点で考えていたのは、予告編で言っていた これ。
(,,゚Д゚)
/  |    「やる夫はバラモスとは戦わない」 だけでした。



∧ ∧   やらない夫が正統派勇者パーティとして登場したのは
(,,゚Д゚)
/  |    バラモスと戦わせる第一候補だったからです。



                       ______
                       >=-     `丶、
                      /            \
                     ゙7   , ハ    ,、,    、
                     {  / /⌒\/´lハl  ハ
                     ゝ_l/|   t}  t}  /Vく  }
                   / ニ):ノ i|      _/   i  \   だから最初に私が登場したんだっけ?
                  {     )八   __ `7 从」 <⌒′
                   `L.. フニニ≧=}___)=|/^フ⌒´
                     \     ノ `YーY´ ゙「\
                      ` ̄{   {  l   }>'⌒ヽ
                         ゙ーr‐`ー゙ー‐f)    }
                          / ` ̄ ̄´ マ_ノ


∧ ∧
(,,゚Д゚)   そうです。 カガリの登場は、バラモス退治以外の旅の目的を持たせるためでした。
/  |


105 :◆vsQyY1yD2Q


∧ ∧
(,゚Д゚.)   「勇者軍団」 を意識し始めたのは、この辺りからですね。
/  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::::                   パッ     :::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::                          :::::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::::                           :::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::                                ::::::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::::                                 ::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::                                  :::::::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::::                                 :::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::                                 :::::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::::                                  :::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::                                  ::::::::::::::
           ::::::::::::::::::::::                               ::::::::::::
           :::::::::::::::::::::  .                             : : .. . ....  :::::::::::
           :::::::::::::::::::  .,.                              `.:、:::::
           ::::::::::::::::::,: '                                 ,:::::::
           ::::::::::::::::',                                 ,..::':::::::::
           ::::::::::::::::::`:..、                            ,...:::´:::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::








                    “ 諸 君 、 私 は 転 職 が 好 き だ ”







               |!   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   i     |::::\       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        好 .転  !  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   i     |:::入 \-‐ ─ ,|  ''''''';;;;;;;l , ´
        き  職  l  /::::::::::;;''''  |    i       |  \ i -‐==;      | .l
        だ. が  l /; -"     >、,____l___ _,,,,|:::::::  Y:::::::::: >      | |  私 諸
             , ' ,l       く~   ̄    __  ]::::::::     l       l. |  .は 君
            ,  l/        〕"~'';''・''ヾ' ;;;;;;|' l:;;;;;       l   \  l |
        --‐ 、  |         ノ       \l||  i 、;;;;;;;;;;;;;;,. i    \ ̄ l
       -- -- -ヾ  |- --- -- i' .....,        )! - ヽ、____;;;ノ- - -- - ---ヾ
         /  `ヾ|      l:::::::::::...................;;;;;;;l||||   l||||||||||||||lll        \ `   -‐
       /            |`::::::::::::::::::::::::::::: -~;llll||  l|||||||||||||||||||||l         \
                   ll||` ==== ==__,;;;ェェェ%ll||l  l|||||||||||||||||||||||||ll         \

                           コツ…   コツ…



                〓〓〓〓〓/  ヽ、 ∧        ̄ ‐- |
      大 転 私    l〓〓〓〓,/ ヽ、ヽヾ|..| ヾ |          |
      好 職 は   〓〓〓〓l     = "    | ll|    | |    |      諸
      き  が      |〓〓〓〓   ミ=      | | |    | |   |
      だ           l〓〓〓〓   :::         | l  |    | |  |     君
              l〓〓〓〓〓ミ彡;;          | l  |    | |  |
             、l〓〓〓〓〓,´,|  〃==ヽ 、     | l l| |   | | 〓ヽ
      ─   -‐ '  `〓〓〓〓 l ト ll   _   ヾイ、  〃 |_l l┼ - | |   〓、
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓l   ヒ;;´   ̄ ̄ヽ:::l  -ノ | | | l |  |  ‡〓ー ,, __
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓‡ ┤从      )‐-〃 ;;《 ● ll   〃 l〓〓〓〓〓〓
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 l  ヾ  __ノ -‐ |l  ヾ ` ´  ]  //〓〓〓〓〓〓
     .〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓l     ̄ ̄ ,,,,lll|  ヾ  == ::  /〓〓〓〓〓〓〓
     .〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓ヽ   ,__、    :lllll|_,〃      /〓〓〓〓〓〓〓〓
     .〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ヽ  、~ーェ-ェ─ ,,,__,ェ=` ./ヽ〓〓〓〓〓〓〓
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ヽ    ̄::: ̄ ̄ ̄     /ヽ   〓〓〓〓〓〓
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〃   ー  _  :::::::::   ,,, ll|||||ヽ  ヽ〓〓〓〓〓
    〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〃 〃  ;;;;;;;l  /  ー── ´  ll||||||||||ヽ  ヽ〓〓〓〓





                          .,,,,,,,,,,,,,,、 /゙i__,、
                          | .,.,,..| .丿,--i、.,ゝ
                          | .|.| | | |,/.,x.゙l,,/,l゙
                          | .|.| | | |v″゙l `l′
                          | .″゙" | .,/,,ヽ,`ヽ、
                          | .|.| | | |",/  `'-,,l゙
                          | .|.| | | |`|"二二"|
                          | ."゜""| | .|  .| |
                          | .l'''''''∪ .| ゙l---! |
                          ``    Li''''¬、l゙



                      __ _/|ヽ
                 _,-z< 丶 Y  \
―――――z 、  .__ ノノメバミヾ ヽi!l|    >、
       //  ̄(___)彡彡'  ヾ!ト刈|j       ハ
.      //   (__)Z/_ヽ     '|     / ハ
     //  ヽ      ____)\、  |  |  / / ,
___',人_  }    くヲ{  /`ヾノル/ル1ル |l / /
      >} 厂 >、 \、/ /ノ≧ャ≠サメノイ / ノ
        し'/   {ヽ、)  ̄  /f ん(i) 〉 》j//    最後までやると思ったかね?
.        /    八  ト、_ゝ__,乂 三彡/ん)
      /   // ∧  辷ー‐- _, ァ' /<
<   /   / //  ヽ    ̄  ̄  /   ヽーぇ 、
_>    ./   /  /   > 、__, 介 、    ∨  }l
     〃    /  /  /ミッ≠ ヽ  Y 、ハ     l   ノ
    , イ     /  ムィ'{≦γ`巡ハ  }!  ∨'    , 〈
  / ノ     /  /|'  \代_ 从Z∨;|  ヽ乂   ヽ 、
   /    / フ'   l   ∨7ムVル/ ,' !     ヽ   \
 /      /'´    、  |l{   lリ  /  |    \ \   ヽ
<       人       ヽ  }l{  l{ /\ !      \ ハ    '
 \_ , イ   \       \ル!  ,ル′  \       >|
「 ̄   !     ゝ      X>′     X  ∠二二、,ヘ    ヽ
     |       >' ´       / ハ/     | }    |
 ,.    | 二=―        -=二    V     ,
 ヽ   「      _ -―=       0  }    / /      |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∧ ∧
(,゚Д゚.)   そう、ダーマです。
/  |


106 :◆vsQyY1yD2Q


∧ ∧   ダーマは、やらない夫を始めとする各地で出会った勇者達が集まり
(,,゚Д゚)
/  |    皆で協力する序盤のクライマックスです。



∧ ∧   この辺りの話を作っていて思ったのです。
(,,゚Д゚)
/  |    バラモス戦を やらない夫だけにやらせるのは もったいないのではないか? と。



∧ ∧   せっかくの 「100人の勇者」 ですからね。
(,゚Д゚.)
/  |    なのでダーマ以降は一旦別れて、後に再び集うという流れにしました。



∧ ∧
(,,゚Д゚)   実際これ以降の やる夫は、どのイベントも他の勇者達と協力するようになっていたはずです。
/  |




               ___     i`ヽ,      ト、
           -=ニ二:::::::::::::::::>- 、 ヽ:::::>:、   .}::ヘ
          ___二ニ=:::::::::::::::::`≧゙:::::::::::`ヽ、_ノ::::::}
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
         ¨ ̄>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミヽ、
           /:::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ;::::ヘ:::::::::`ヽ
        /::/:::::/::::::::|::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::|::::::、:::::ヘ
   .    /::/::::::/::::::::::l::::::|:::::::/ヽ:::::::::::::::::::::::∧:::::::::|::::::|:::::ヘヽ:::ヘ
       |イ::::::/:::::::':::::|:::::|:::::/  ヽ:::::::::::::::::/ ヽ:::::::|::::::|::::::::ヘ.\!
        |::::::!:::::::|:::::::|:::::|::/ u\ ヽ:::::::::::// ヽ::::|::::::|::::::::::ヘ
        '.,::::ト、::::l:::::,'|:::::|/ ¨フ ̄|゛ヽ::::ル゙"フ ̄|¨ヽ|::::::|ヘ::::}、:ヘ
            ヽ|. \|:::ヘ|:::::|   |  l  ∨  l  l  |::::::|ノ::::| i::::}    そ、そういや、スー編では
              |::::::|::::::!,  ー ′      ー ′ .|::::::|:::::::| レ゙
              |::::::|::::::|∨/    \/  /// .|::::::|:::::::|   ,  |  別パーティだったな!
         ト、   ./::::::|::::::|::::.、ιu         u ,.イ:|::::::|::::::ヘ   ,イ
         l::ヽ、_/:::::::::|::::::|::::::::>:...  ___  ..:<:::::::|::::::|::::::::::\_ノ::i
        |::::::::::::::; ―|::::::| ̄/.{  /::\.  }.\ ̄|::::::|─ 、:::::::::::|
         ヽ:::::::::::i   .|::::::| /  .|. ∧::::::::∧ .|  ヘ |::::::|   i:::::::::/
        /::::::::::::i   .|::::::| >  .W /:::::::ヘ Y  .< .|::::::|   i:::::::ヘ


107 :◆vsQyY1yD2Q


∧ ∧   まぁ、やる夫を勇者軍団の中心人物にしていこうとした結果
(,゚Д゚.)
/  |    大物になる必要が出てきて、前線に出しにくくなったというのもあるんですけどね。



∧ ∧
(,,゚Д゚)   せっかくなので、ここで物産展以降のヒロインについて。
/  |


            ,. . : :´: ̄: : : : : : :`: : :.、
         ,. :´: : : : : : : : : : : : : : /: : _: ヽ_
         ´: : : : : : : : : : : : : : : :/: /´: : : : :ヽ、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :': : :,.--- 、: : : .
         ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : :、: : : : :
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : ヽ : : ',: : : :l
      .': : :, : : : : : : : : : : , : : : : : }: : :}: : : |: :|: :|: : : ::.
      | : /: : : : : : : : : /: : : : : :/ : /: :/: }: :}: :}: : : : l
      {: :{、: : : : : : :/: : : : : : :/ : /: :/: /: /: :': : : : :}
       、: :\ ー=≦: : :_,: : : :/,. :´:/}:/: /:}:/: : : : イ  私は元々イレギュラーのヒロインで
       \: : 、: : : : :___,.イ/:,.ィ'-_/イ}∧:/ : : : : ,
         イ,.ィ:.T イ´ l:てヽ`¨´ ィ^l::て/ /:乂:_:_/    やる夫の大物化をサポートするために登場しました。
         L:/:从   `¨        `¨ ,': :|_人_≧-
          〈:_:八  :.:.:.:.:  '  :.:.:.:.:.u 7从:_/
          \: : .、     _      イ: /          その流れでガルマ兄上がサマンオサ編に参戦し
            〉: : : .、     `  .ィ: : :〈
             \/:_{ト > - <_,l}: i:/         銀英伝にもエッシェンバッハ家が登場していたので
      _,...:::⌒ヽ、  |⌒\Y/⌒|¨´   __      兄上も そのまま婿入りする事に……。
    /::〈::::::::::\、:::〉_,ノ  ==}l{== 八-、 /:、::::::\_
  __,/:::::::::::\:::::::::\   ` ー,从-- ´  ` ー}::::::::::::、:::::.
/::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::\  〈〈  〉〉     /:::::::::::::/:::::::\


                 ,. : :´: ̄ ̄ ̄: `: . 、
               ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : \
              /: : : : : : : : : : : : : : :-: 、 : r-ヽ_
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\}〉 (,ハ
            .' : : : : : : : : : {: : : : : : : : : : : : /   }
            |: : : :|: : : : : :人: : : :\: : : : : :{ o }ハ
            {: : : :| : : : : |  \__:、ー-乂__ノ:|}
              '.: :( | : : : : |` ー--   --‐ ^ |: : : |
             V:、| : : : : |¬¨〒   ¬¨〒 | : : ,
         「:、 ___r | : : : : |  Vノ     Vノ ,: : : /ィ7   一番のイレギュラーって言ったら私でしょ。
        r、__ : : : : : 八 : : : :|      '   ,: : : ,: :イ_
         \,  -   ¨∨: : :,、 r-----v  ,イ: : /: : ノ.    読者人気が予想外に高くて
         /        ∨ : '.>  ̄ ̄ <:/: :/ ̄     ヒロインに昇格したんだし。
       「〈            \: :'.  / ̄   / : イ
       /ニ\            \〉 r-'   //ニ}
      ,ニニニ> ________, <ニニ|
      〈ニニニニニニニニニ| ハ ∨ニニニニニ}
      |\ニニニニニニニ/ /ニ}  }ニニニニニム
      \ \ニニニニニニ/ /(_,)|  |ニニニニニ∧
        lニ\ \ニニニニ/ /二ニ|  |ニニニニ/ ノ


              / 厶ヘ从V;∠ヽ: : : : : : : \
            r:'::::ァ′ア⌒^´   `ヽ: : : : : : : :ヽ
             /}:/ :/ /⌒ヽ     \: : : : : : : .
              /{/: :〃           ⌒V: : : : : : :.
             ,: :{: : /  ≫=ミ、         V : : : : : :}
          ; :∧:イ ≪ {rク}     ‐=ミ  : : : : : : }
           i : :人{、   弋ン       rクハヽ }: : : : : ′
            |: :{ ハ  '〃,    ,   弋ン 》ハ: : : :/   最初は私だけの予定だったのよね。
            | 八 く、           '〃, 人}: : /
          : : : `ー 、     ^Y      /ハ: : /′   第89話「すくいきれないもの」 で
              } : : : : : :丶  〈_ノ      厶イ : : ;     ニュー速で邸に呼ばれたシーンとか
          八: : : : : : : : ト、        _イ: :/: :/ :{
            /: : : : : : : : : :ト、 `ァ≠ 7r‐- 、Y }/: : :.      特に分かりやすいんじゃないかしら?
        /: : : -‐- 、: : : } ∨   r ⌒Y } } :ト : : :.
          /: : :/    ア人f^Y_/ {ノ´{ { /: :|  ヽ :、
        ,: : : :/    / //、ノ、 //   / :}: {   i: :\
      ノ : : /    / /〈/0\Y   /: : : } : :.  : : : : ヽ
    ´: : : : /    /{/ / /0/ /∧ー 〈 : /: : :}: : :} |: : : : :.
   /: :/{: :〈    /八/ /0/ // ハ  ∨: : :∧ :| 人 : : : : }


108 :◆vsQyY1yD2Q


∧ ∧   逆に言えば あの頃の魔ゐは、自分の方は攻め込まれないと思っているからこその余裕です。
(,゚Д゚.)
/  |    実際に攻められるとヨワヨワなのは、皆さん ご存知の通りですね。



       /、 ̄`Y              (_)   O       -- 、
      r--  (_,ノ       o          。       ハ / \
       乂___/             -----     。    {__)  /}
           r 、       ,. : ´/: : : : : : : : :`ヽ       乂   ノ
            \     /: : : {: : V: :、_: r、_:ハ      /) ` ̄
           \       ': :|: :/\: \、:_{r, }:}       (/
             ー'     { : |: | \_, ー、_/: T: :|    ィ 、    放っといてよっ!!
                     、: |: | {{_}}   {{_}}|: :|: :,  _/ニ/
   /⌒ヽ          〈\ r、_|: |/:/: __ /:/,}:.リ:く,/| |ニ/
   { -- し}          Vニ{V: :|込、 | ̄ | ,ィ|/:/ニj jイ        ∧ ̄\
   |--   |  -===-    ヽ| ∨>-≧,|   |´'⌒/ニニ/ , -、  r----- 、 {し -- }
   乂-'  ノ        <ニV ∨ニ\  ー'  /ニニ/ /- '  ` ̄ ̄  |   -ノ
      ̄            >V ∨ニ>r rr く二二/ /∧           乂 `/
                 /ニ∧ Vニ //ニム ∨ニ/ /、ニ∧
                ,ィ7  ̄´   \\//ニニ∧∨/  \ニ〉
     , -r- 、   -=-         }ーくニ(_)ニ}_,イ       r 、
     {_ し '. -=-          Vニニニニニ/          \\     _
     |_,.   }               }ニニ(_)ニニ{           \  r'   ∧
     乂 / ノ            /ニニニニニ\                /し   -}
        ̄                /ニニニニニニニ\           乂   -,ノ
                     /ニニニニニニニニ\            -


109 :◆vsQyY1yD2Q

                       ,-ィー、 _, 、
                    ,イ Y′l _ / `>-、
                  .r‐i !.-:´: : : : : : :丶、 ゝ、
                  .j /: : : : : : : : : : : : : ヽ/L
                  Y: :,ィ: : : : : : : : : ヘ: : :.ヘ  {
                  .!: / \: : : : : : : : :ヘ: : :ヘ≦
                  fi:.l =‐≧: : : : _;,;,;ヘ; : :_: :ヘ
                  ヽi! rモミ \:iー≧ェ、: :ヘ:.i!ノ: : \
                   ハ`弋:}  ヽ伐:_:ノ} i!≧: : :ー-≠
                \ー': :ヘ    、     /: : : :l: i
                  \: : :ゝ  、  ,   <: : : : :ム:l、_
                   >: /≧ァ  イ  ト; :ル':.:.:.:.:.:.:.`ー 、_
                  ´ ̄.7:.:.:.:.| rYヽ  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::ヽ
                    ,::.:.:.:.:.:l l }:.ヘ  !:.:.:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::; ー'、
                    /:.:.:.:.i!:.:}l, }:. ヘ .!:.:.:.:≠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ Oγ ' ,
                   {:.:.:.:.:.:.i!:.l,ヘ{: ル':.:.:.:.:.:.:.:ゞ;:.:.:.:.:.:.:!、 l.    ヽ
                   ゞ;.:.:.:.:.i!:.:.:.:.\ノ:. :. :. :. :. :.:.:.ヽr-‐' `´ 7   /
                     .Tーi!:. :. :. :. :.:. :. :. :. :. .:.:.:.:ト、_,、   /  ,
                     L_ゝ;. :. :. :. :. :. :. :. .:::::.:.:.l:.:.i! ≧'   /
                       l   !` ー、::::::.:.::::::.:.:.:. :. :.:.:.:.:i! /  , >、
                     i   i     ヽ::::.:.:. :. :. :. :.:.:.:.:i! l ノ~ヽ、ヽ._
                      !   !     ゝー― - -一' ヽ ヽ ミ-r!i,
                        !      {  ー=≧= /  > 、'./´:.,
                     .l   !      j 、     /  /   ヘ:.:.:',
                     .l  ,'     /  ヽ       /    ヘ:.:.:',
                     .!   !   /  ヘ        /        ';:.:.:',
                      .i   '.  /    ヘ      //   l   l:.:.:.l
                     l  .i./、       ヘ    / /     /    .l:.:.:.l
                    _.j   {:.:ヽ       ヽ     ./          l:.:.:.l
                 「 ̄_  /:.:.:.:.:l  ヽ           /        l:.:.:.l
                 { .y.ノ /\:.:.:.:ゝ、          /         ヘ:.:.:l
                 ル' {./.   \:.:.:.ヽ__ 丶                 》:.:l
                  .{        ゝ:.:.:.:.:.:ヽ_ ー  - -  一     ィ 一':.:.:.:l


      この子は、つくづくサポートとして便利過ぎた。

∧ ∧.   書類仕事も手伝えるし、メイドもできる。
(,,゚Д゚)   そしてアーチャーも言っていた通り、希少な前線に出られる本職僧侶。
/  |


           rー--‐―¬- 、__
         , -┤          `ヽ
        /  !: : . .   . .       ' ,
.        /   λ: : . . .  : .    !    ',
      /    :{ V: : : . . .   ヽ . .:;..   ハ
      ,'  :::i .::l  V: : : : . . . : ハ . ,; : . ,' i
.     {  :::i :.::l \ V: : i . : :/ .ム . :i ノ. : :i
       レ{ ::i ::i :L_\ゝ.:ト 、孑个__!_7  ! : 人
       ゞ.:.!从ハそ≧、 ヾ! -ヒ::てリ ハ /. : : 仆 、  その結果 出番が増えて、外堀埋められすぎて
          \{ >:リ ゞ_;;ソ    弋Zン ム ;. : : i .ハ
        ∠,,;;入::::::.     .::::::u::/ ,' . : ノ: : :}    周りが壁になって逃げられなくなったのよね。
        / . : ::> _  , 、   _∠ , ' . : : :,.'ル
        / .:/...::::::::{>,‐-,‐</:::/イ..zく}/
       ,', へ ..::::::::__l λヒ人_/:::::::::l/::::::ヽ
         /..::::,:::ゞ_ン□二ヲ::::::::::::::::::::::::'、
           / .::: k:;...,ムハ ムハ::' ...::::..`j::::::::}



       ちなみに 「あ、この子もう逃げられんわ」 と思ったからメイドにしました。
∧ ∧
(,゚Д゚.)   ヒロイン化が決定したのは、あの辺りです。
/  |


110 :◆vsQyY1yD2Q

             __
           '       ヽ _
        /          \
       /  /           ヽ
      ∠ イ                   -――-
      ノ   l   /    / 仏ィ    }/         \
    =彡   从  ムィ⌒V / ハ圦   N三 ,ィ´ /      ヽ
     ム ィ777ハ ,八  レ  乂ぇ 从 {三ニ-<
.       // / / /ト {      `  {ハ「三     }         |
      // / / / 八_ >    __   〉{  ,___ノ
.     // / / / / ∧ __ 'ー┘人 ィ-イ __ x‐\        /
    // / / / ハf⌒ヽヘr个ー<__ ノl  ∨/´ //      /
.   // / / / /l l入__,ムノ、|      ゝ  \ー/        \
  // / / / / ll | K ノL 〉 |       ヽ            ヽ



      このAA、どこかで使ってみたいんですけど
∧ ∧
(,,゚Д゚)   このスレの やる夫って、こういう顔しないんですよねぇ……。
/  |



       そうそう、この子がヒロインになったのは 「やる夫を叱れる」 からです。
∧ ∧
(,゚Д゚.)   この子 「お姉ちゃん」 ポジションなんですよ。
/  |


               /  /              , く
               /. /   /        /     ハ ヽ
               '  /   /    /    /     /  ',  ヘ.
              /  7  /    、./  /,′ ,≠′   i   /
              ' ./ /ム , -‐7><_./  ィ´ノ __,,   レ /
             / /, ' /バ弌モ´〒テミ/, '´ "行テヤ゛ ァ バ
            ムィ   い ヘ 弋ェノ '″   乂ノ ノ / }
            / , ィ   ヽ.ハ  ::::::::      ::::::::: /ノノ   私の方が10歳くらい下なんだけど……。
             ̄  ! ハ   O、 U     ‘     /O'´
               |/ ',   .ゝ            イ ヘ、
                  ∨ ∧ .r,-、x 、 '⌒.ィ、´ 、  `ー - ャ
                  ∨. yベ、'})ー-`´ ┤ `ーァ 、_ , - ´
                     ,′ ∨、 _    l ハ /、 \
                     /  /\  ̄~/\|!、 `ー -`
                   /\ /  ノ \_ム一’、\


                            -=_-、   ,r
                          , r.'' "" ''_ `ヽr/_,,_
                            /_,..‐''"~_,, `ヽ、<´,,`_
                           /r'" , -''",.-、\. ヽ、  、ニゝ
                         /   / /   .\ `、. ヽ、ヽ
                        /   / . /       `、.`、  \.l
                         l   .l  l__,,.. .- ,,_ .   ', l    .`、
                     i _,.'''"      ヽ、 l l      ',
                    r.'"    _,..-.、     ヽ /     ,'
                    ,'    , r'/ .l::::::::::::::ヽ、   ヽ   /
                   i、,r''":::/-‐"リ、:::::::,:::ノ`.ト、   \./
                    ,.r' !::l:::l/Y'lか `"''.'',`_‐ i:::::ヽ   .〉
                  / . ,r.l:::l::;r‐、`~  ,    イか ',:::::::\ ./
                 ヽ  (  l;r'   `,  '    .`_',,_./::::::::::::/'"}   何か おかしなところが ありますか?
                  `、. `、'     }.rニ.、 ,´   .i:::/:r''",.rノ
                   >、.',    .,'、.ー-' l    '、 .,r'/
                      / \>',    ヽ、_ニ/    ノイィヽ
                   / .,ィ' i .l    ノ´‐,'    ,.<.'",r''" ',
               / /.,' l  ` ‐ .7_,.,',_,,.'' l ト    .l
               / /,'.ノ  l`、._  ノ-.,,_l      _l .l`、   .l
             ,.r,"/ .' .   l    l l.__`、__,-''" l  l l`、  l
            / /       .l  .,'..l,r'_'、,.l.',   .,'  `' ',、 .l
              / ,'     .l 、. .l  ./ .l l´ }} l .',  ,'      ',`、',
           i l     .l .l. .l ./  l、ゝ'ノ.l  '、 .,'        `、',
           ! l      l l  .l.'  .,'´.()`''l   .〉  ,.r'7      .',.',
           l .i     .l..l  .l   ,'` 、  .l   ./  / ,'      .l .l
              ', ',    ,' ',  .l ,'   ` 、l  /  .,' l      ,' .,'


111 :◆vsQyY1yD2Q

                       ....::::::___:::::::::::::::::::::::::::>、
                、____..ノ:::::/:::::::::::: ̄:::::::>:::、::::::::\ ヽ
                     ̄フ::::::::{::::::: \:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ: i
                      γ/: {:::ヽ:: \::`ー-::::::::::\ ヘ:::\::、:ヽ
                   /:/::: ヘ::::::ヽ:::::\、..___:::::::::::::::::ヘ::::::::::ハ::i
                     /:::i::::::::::ト、:::ヘー-::::::z=示=、−tー.、:::::i..レ
                 /:/::i:::i:::斗ーヽ::ヽ、__ f マ辷リ》:::i::|  i:::ノ
                   i 八:i:::::::从.r=示、ゝ、  ` ̄ ./乂=ノ:::f    私は、完璧に予定通りでしたねー。
                   |i f.ヘ:::::ヘ:::《 辷リ      u   从 乂
                 { .i >ヽ::::::ゝ‐-  ´        イ:::::`{       登場したのはサマンオサ編の前ですけど
                      l i、`{ ̄マュ    ー、   .ノ.从乂ヽ、
                      | i ヽi  .从≧ュ __`ニ /  .i     .Y   最初から精霊の国のモンスター牧場を
                  f  》     Y / 7¨¨     i     l.   担当する予定で出てきましたし。
               Y //     .ν /      l    i
                 / マュ./   / _./ ./ `ー  .r ‐ フヘ    .∨::ヘ: :..
             <    .フ   /__r=≠ ゝ、  ___...ノ  .ヽ..  ∨::ヘ : \
       γ´         」 ´ /     ヽ:.:.: ̄¨¨¨¨    ヽ.}   ∨: ヽ: γ:Y
     ./         /:i γ         `Y´          ∨  ∨ーゝ: : i
    ./         /: : :../         ::.           ̄:.\_i: : : :..:..l
    .《      _...≦:i: :..:.:.f          `           ';{: : : : : : : : : i
     ー---‐:´: : _:_:_: :: ノi            :.                》; : : : :_/: :l
       `  ̄     ヘ:{            ;             i{ ∨: : : : :..:.i
                  ヽ           .人           ;.:.}:.:.∨ー-:_: : >
                    /: :> ,_ _ ....≠  >.、         ...;.:.:i: : :》:.、: : : : :..∧
              ヘ: : : :.\: : : : :/: :ヽ、/:,: : : :>ュ.....___.....イ: :.:.ノ: : :`_ー-‐: :.ヽ
                入: : : : : :ヽ: ヘ:./{=|: : f: : : : : : : : : : : : : : /: :f:´: : : : : : γ:.i



      精霊の国については、やる夫を大物にすると決めた時から
∧ ∧
(,,゚Д゚)   いずれ必要になると考えていました。
/  |


112 :◆vsQyY1yD2Q
           ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
           /: : : : : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : '.
          ': : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'.: : : : '.
         : : : : :.|: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : | : : : : : : |: : : : :
          |: : : : :|: : : :|: :.:|: : : :|: : : : : : : : : ||:.|: : :.|: : : :|: : :.|: : : : :|
          |: : : : :|: : : :|, 斗---|-: : : : : : : : |ト|--/<:_/: : : }: : : : :
          |: : : : :| : ´∧: :| : : ∧: :|: : : : : :/:,: l: / |: : /`/: : : : : : :'
          |: : : : :∨: | |:∧: /  {∧: :/: :/:/ }/ |: / }/': : : : : : :
          ∨: : : 人: lイ斧芋芋ミ  ∨: /}/ T芋芋斧ミ/: : :/: : : '
         ∨: : : : ∧ vzzzツ   ∨   vzzzツ '/: ...::: : : :/
            }: l: : : : ∧ :/:/:/:/  「}===「{ /:/:/:/: /: , : : : ,: /   私は予定通り……というか ようやく。
            |:∧: : : : : \___,.ノノ ' 乂___/:イ: : : :./:{
            |' ∨: : : : :r-  ̄ ̄      ̄ ̄  /: /:∧:|
               V:、: : :∧、     -       ィ:/: :/ `
               }:/\: ∧>         </イ: /}/
            r==/ニ\:」 \}   ー   |/|ニ/:イ、_
          _/ニYニニ∨  >-、 r-<   ∨ニニ∨ニヽ
        /ニ(ニニニ∨ニニ|   /   ∨   }   〉ニニ}ニニ}-- 、
       /ニニニ∨ニニVニ∧ / ,. -┴- 、| /ニニ/ニニ/ニニ∧
        /ニニニニ∨ニニ、ニニ\/ __∧__ ∨ニニ/ニニ'ニニニ∧
      {ニニニニニ\ニニ\ニニ∧\/ ̄'./ /ニニ/ニニニニニニニ∧
     /\ニニニニニニニニ、ニ∧ //\, /ニニ/ニニニニニニ/ニム



      実を言うと、物産展の時点でアッサラーム襲撃後に結婚というのは決まっていました。
∧ ∧
(,,゚Д゚)   ただ、その経緯が少し変わっています。
/  |


113 :◆vsQyY1yD2Q
: : {
: : {
: : {                      . : : : ―――: : : .
: : {               . : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : :`: : .
: : {                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
: : {            . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
: : {           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : :.
: :∧        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : :|: : :|: : : : : :.
: : : :.       /: : : : : : : : : : :|: : : : : | : : : : : : : : : : |: : :|: : :| : : : : : :.
: : : : :.      /: : : : : : : : W:.:.|、: : :. :.ト、: : : : : :|:. :. :.|: : :|: : :|: : |: : :|: :
: : : : : :.     {: : : : : :. :. :. : :,:斗 \-: |- 、: : :. :.|: : :斗-:/- イ、:./.:. :.|: |
: : : : : : :.    .{: : : : : : : :.|::.∧: :.  \l   \:. :.|: : : /l:/l:/ |:./: :| : |: |
: : : : : : ∧   .八: : : : : : : ∨: :ィ斧芋芋ミ   ∨|:.:.:.ィ斧芋ミレ:. :. :.:.从!
: : : : : : : ∧    ∨: : : : : : : 癶  _)示V    レレ'  _) 小ノ/: /Y/    初期案では
: : : : : : : : ∧    ∨ : : : : : ∧  乂zソ   「|==「|  ヒzソ /: :/r 、
V: : : : : : : : :}    ∨: : :\: :∧、 ____ノノ   ゝ=====ムイ .| fヽ    私が実家のキャラバンを率いて
.∨7777777ハ     ∨: : : :\: :.   ̄ ̄ ̄    `      ./ l | | |.    アッサラームに行っている時に
 ∨///////}     W: : : : :.\                   ,′l | | |
.  ∨//////}    |V:\: : : :}           ‐       イ / l | | |     魔王軍が襲撃してくる予定だった。
   l////// l      从W: W: :.}>          イ::./ .{   | |
   l/ ̄ ̄ } _/二≧s。V|ハ: : }    ≧s。.,,_  <l:./| / ノ      |
   | : : : : : : :./二二ニニニ\ヘ:.:}     _|:.:./_レニ:八    / |
   ∨: : : : : : :.二二二二二ニ\ ̄\/         ̄ ̄`  、  |          。s≦  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ __
.    ∨: ///∧二二二二二二r‐< ___             ≧s。       /         。s≦:i:i:i:i:i:i:/
.    { //////∧二二二二二/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。        ><      。s≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
.    ∨//////∧二二二二/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。.,,,,,,,(___)。s≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
     ∨//////∧二二二/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/



      アッサラーム襲撃は、バラモス城攻めとリンクした方が良い。
      しかし、そうすると やる夫がタバサを助けに行っている暇が無くなる。
∧ ∧
(,,゚Д゚)   という事で この案は放り投げて、タバサは早々にニュー速で邸に入り浸る事になりました。
/  |


114 :◆vsQyY1yD2Q

  _| ̄|_       | ̄|  | ̄|_    | ̄|  | ̄|_
  |_  _|__      |  | ̄    |    |  | ̄    |
    /  _  ヽ    |  |二コ ┌'    |  |二コ ┌'
  ∠ / /   〉 |「 ̄\ |  | o  ヽ「 ̄\ |  | o  ヽ「 ̄\
   |_|   ノ_ノ `⊇.ノ|_|、_ハ/ `⊇.ノ |_|、_ハ/`⊇.ノ
    ヽ/     /:/:./:.:.i:.:ヽ:.:\   ヽ/
  ヽ/ヽ      /ニ/= /i:=.!.=i.=キ.i   / \/
  ∧       ,':./i:.:.:.:{ L:.:」|:.:.:」:.」|:.|     /\ /
          i:.:| ¨ ニ≧ / -― l:.!      ∧
          |:.:ir'´// j  z==、!:|
          !ヘハ//__ノ  、    A}   私は海に出る前の予告にあった通り
          ト jハ    F=┐   レリ
          | :.:.:へ  ゝ__ノ /     予定通りの嫁入りだ!
          | :.:.:|((´i> - イ
          } :.:i:| 「 ヽ、 , kl      サマンオサ編の裏話を参照してくれ!
        ィ==┴' ー ∨ーV===、
       ∧        |O      ∧
      ム ヘ  /      l     i / }
     「_ ∨       !     V ーヽ_
     /    !        i O    |    \
  /    /ト、     人     八ヽ    \


                ,..::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\.__
             /:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::{〈::ヽ
               /:::::::::::::::::::/!::::::! V::::::::::i!:::::::::::}::::::::::::}´ヽ::::',
                /::::::,':::i|:::::::{ |::::::| ∨:::::::|l:::::::::::|:::::::::::::  ',::::!
             ′::::|!:::|i:::::::| !::::::i  .∨:::::!i::::::::::i::i:::::::::::!   !:::i
           .::::/:::||:::|,!:-‐!´::::::|   `ー-|:、:::::|::!::::::::::i.   i::::
           |:::|i::::|≪笊弐x ̄  〃笊弐≫刈::i::::::::|  |::::
              ¨ !::::!              ムイ::}::::::::|  |:::|   「もっさん」 と 「モルさん」 の
             |::!:ト、//// ′ /////ノノ:::::::::!   ,:::.    ネタが無ければ
             |::i:|.             u ,.´:::::::::::::::i.  ,'::.′
             |:::リ::込    ´ ̄ ̄`   <::::::::::::::::::::; ノノ    多分、エリミネーター族自体が
                 :::::::::::::::.>       イ:::::::::::::::::::::::::, .´      登場してなかったと思います。
              V:::::::::::::::::::,}¨¨     |- 、::::i::::::::::::/
           , rー.∨:::::::::::::::{      t--,ヽ!::::::::::,'フ- 、
          ′ }   \::::::::::::|       / | }:::::::./ {
          ,'  {  ヽ、.\::::::ト-――…' ,  ! |:::::/  |   }
            .! ,    |.>、__ー-=ニ    i .!:::′ ノ.   |
            {  ヽi   /,ー--'、i     ,' ノノ  {.   |
            |   {:  /    ー‐} \   /. ´    }    i
            |   ,'   /     ニ}ニ=‐   ./        ',   !
            |   {   ′  /¨´    /        !  !
          !   }  |   ! i       ′       ,'  i


115 :◆vsQyY1yD2Q

             ,  -  ― - - 、
        _ /:.    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、 , - 、
      / :.:.:./:.:.:.:.   .:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:...:.:.:.:.`ヽ
    /:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,_,-ァ:.,:.:.:.:.:.:ヽ::.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.::::::::/、、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ - ´ /:./',:.:.:.:.:.:.,',:::::.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 /:.:.:.:...:::::::::::l:.:.:.X.":.:.__/   ,.:'.:´/-、 ',`ヽ/!::::::::::..:.:.:.:.:.:.:ヽ,
,.':.:.:.:.:.:.:::::::::::::::l/:.:./' _,_ーニ -'"´ _,_`∨:.:ヾj::::::::::::::...:.:.:.:.//\
:.:.:.:.:...:::::::::::::::/ ',:.:./ /,-‐、`    ,-‐、 ヽ ',:.:::/ヽ::::::::::::::.:.:.//:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:..:::::::::::::::/  レ',. l| c;;;;l j     c;;;;l j |!∨'-、 ヽ-、_:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
、:.:.:::::::::::::_/  l /`', 、 辷;り     辷,り ' ,ハ   l ヽ::::::`ヾ'-:.、:.:.:.:.:.:.:   もっさんと同じく予告に出ていた私は
:.\:./::::/.  ∨ ハ⊂⊃     '    ⊂⊃!-' ノ   ヽ::://:::::..:.:.`ヾ、、   予定が変わって嫁入りしませんでした。
::/ヾ:::::/    `ー 、.      。     八 ´     ヾ::::::::::::::.:.:.:.:.:.`
::::::::::ヾ/        `   _      _  ´        ヽ:::::::::::::.:.:.:.:.:.   情勢を考えると、ジパングを
::::::::::::/        , - 、 /_l`_"_´l': ヽ、-‐:..、        ヽ:::::::::::.:.:.:.:.   離れられなかったのもありますが
::::::::::/       /:.:.:.:./ ヽ: : : : : : : ノ ヽ:.:.:.:.:ヽ        ヽ::::::::::.:.:.:.
::::::::/      /:.:.:.:./   `ー-‐ '   ヽ、:.:.:.:.',          ヽ:::::::::.:.   一番の理由は
::::::/      /:.:.:./      ,ヽ,/-,     ヽ:.:.:.',            \::::     「アリスと被る」 からだそうです。
::::/     /:.:.:.:,'      /  }! l   . .  ヽ:.:.ヽ         \
::/     ヽ、ヽ、{ .: : : : : : . l  '`!、 ) . : : : : : : . }/_ヽ
/        `、 l: : : : : : : : ヽ_,//: : : : : : : : : l/-´
         ', ',: : : : : : : : : : : li : : : : : : : : : :/!
          ', ヽ: : : : : : : : : 人: : : : : : : : :ィ ,'
          ',  `: ー: :-: :': : : `:ー, - '  ,
           ',    ',: :     : :/    ,
           l      ,       /     ,


                    ______
                 ィ厂} |  }   }  \
               /^> ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`<ヘ、
              r─┬─┬─┬─┬─┬-、ヘ
                 /`⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒マ二L∨
               /   / {{     .i    ∨ ∧   ∨
           //  / >┬    .|、>、  ∨ ∧   i
              {/{  {//{从ト、   ト、\ \. ∨  }   |
              |! |   ト、/ 芹云 \_{ 芹云ト  i  .|   }
            冫、j { | じリ     じ リ i>}  .|  /
                ///   |///////// }  }/   }   実は、私の方が予定外だったのよ。
          /イ, { | i ト、u   r─-、   /  /  | |
          ̄´// .| | | ゝ >  ゝ ノ  ィ/ /  / .} }
             {/  ヘ!\\ヘ ト、}`><厂∨ 厶イ/}/
                  工⌒\⌒Y´ /ヽ´  ′ ′
             /    \  \__// ̄ ̄`\
                /    {   ヽ⌒7⌒         }
            /       |    厂从        {
             /      |  / /トY        ∧
           /      j  / //}ヘh         ∧
          /三三三三三三/ // {j j }三三三三三 ヘ
      /___       >'  }′.ト            ∧
     ` ̄     }   _ /\  j{  ┤       /\∧
                |´ ̄  У   `Y´   \ /ヽ  イ  ヽ}
                |  / \__ ,ハ___ ノ⌒\    |



∧ ∧
(,゚Д゚.)   スレが、ぼっちを放っておいてはいけないという空気になっていたからです。
/  |


116 :◆vsQyY1yD2Q

                     > …ー こ7ー…< .    ' ,
                      / / ´ ̄   ̄ '  ,.  \   ' ,
                      /, <               >   \  ' ,
                  /¨´                  >   }
                    / /                 >'´ !
                7  ハ       |    i        } !
                7  ハ  | !.   |! i. | !  i    i   !. i ',
                7 i,.!-|‐.i、 i ',   !i,.!‐-| 、!   .!   !イ ',  i
               |_{ ! 廴! | ',  i|__|  i !.  }   } i  |   ! .!
                  | `,ィf斧ミ  ',_} ィf斧笊ミ、j_,イ !. !  i .! |
                  | {{ .{:i;;!}      {::i;;!:::! }}- !  ,′,'   .!  !
                  | i.| 弋ソ      ゝ-゚_,   i !/ ,'} }   i
                ノ i.|  ` ′           ,' ,'!i.///  .!  ,′  あれ? じゃあ私も予定外?
              ‐=ニ-´}ト           u., ' ´ リ≦´      /
                     リ込   ー  -‐    ム!:::::::....   ,'  /
                   ', >        イ  {:::::::::... ,'   {
                         ',   ≧┬≦      .i、::::::.... ,'.  i
                    ',   ..:::.!__ -‐…‐´{__:...   !
                     } >´ 八           ,<ヽ-、. ',
                    /ーV /こ7ヽ    _ <ニニニニニヽ ',
                   /ニニニ,/ { } \y´ニニニニニニ,/ニニニ、',
                  /ニヽニニ,/  .| |   }ニニニニニニ,/ニニニニニニ ', 、
                   /ニニ,}ニニ`ー‐ニー…ニニニニニニ/ニニニニニニニ} ヽ≧=-'
                     /ニニ=,'ニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニ!  \
                /ニニ=,'ニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニ〉   ≧=‐



      むしろ決定打。

∧ ∧.   子アリスを誕生させると、親子で冒険できるというのが
(,,゚Д゚)   アリス嫁入りの最後の決め手でした。
/  |


117 :◆vsQyY1yD2Q

               ,.-‐''"´ ̄`"'' ‐ 、
         .,.r'" ̄`ヽ'" ,.: : : : : : : : : : : : : ` <'"`ヽ、
       /: : : : : :/ /: : : : : : : :,ィァ: :,、: : : : `、 : : : ヽ
      .,r': : : : : : :.,' ∠l_: : : _, ‐'"/:/ ',: : : : ii: : : : : :ヽ
     /: : : : : : : : i /: : l: :,.r`´_,r',.-"    ト、:_; i i: : : : : : `、
    /: : : : : : : : /i: i: : ,r'-'  ´   `ー-   Y `y ハ: : : : : : :`、
   /、.: : : : : : :./ `、i./_       __    i :/~ヽ i!: : : : : : 〉
  ./: :ヽ: : _,, -/    ,i「.l ト`.     ' l rト,`  '/、 ` l .i!- 、: /: i!   私は、通い妻と呼ばれるようになりましたし
. / _,, -ヘ": : /    ,.ィ.n 炒     辷'ノ .{ Y、' ノ  i!: :/"'- 、:i!
/: : : : :.キ /     ,{{ i iつ   、      ⊂ノ i li ´   i!': : : : : :`i!  今後は分かりませんけどね ♥
: : : : : : : :レ     i.ヽヽ `ー 、  ー '  ,r '"   .ノ    i!: : : : : : : i!
: : : : : : :./      `ヽ、    i` ー  .{   /       .i!: : : : : : : i!
: : : : : : /       ,r" `i   l、_   _, ',  i"ヽ、     i!: : : : : : : i!
: : : : : /         ,'   .,'  .l   ̄   l  .l  `,      .i!: : : : : : : i!
: : : : :/       ./  ,' .   l  `、i  l   i、  i       i!: : : : : : : i!
: : : :.,'       /_,,-‐,'    l     ',  .l    ',.}_ '、      .i!: : : : : : : i!
: : : ,'        `ーl ,'    .l    l  l    i' ,'.ン     i!: : : : : : : i!
: : :,'            .l.l    l    / 、',   .l.,'        .i!: : : : : : : i!
: :.,'          ` 、._ .ノ  ./   '、.  /        i!: : : : : : : i!
: :i                 l             〉‐'            i!: : : : : : : i!



∧ ∧
(,゚Д゚.)   むしろ 「通い妻」 属性ができたから、敗者復活した説。
/  |


118 :◆vsQyY1yD2Q
                                 _ ,,, _
                             , -.''"三三三ミ`ヽ、人
                            /ニ三三三三三三 (__;)
                              ,'ニ三三三三三三三三',
                                lニ三三三三三三三三ニi
                              `、、ニ三三三三三三ニ.i
                               ` !ニ三三三三三三ミ.,'
                                ',.三三三三三三三{    裏話でヒロイン増やしてどうするんだ。
                                ',ニ三三三三三ミ.ミ`
                              ゝニ.、ニ三三三三.`、
                               _,,〉ミ三三三三ミ' 、
                               _,._''"ニ三三三三三三ミ\
                            ,r'"ニ三三三三三三三三三`ヽ、
                           ,'ニ三三三三三三三三三三三ミ`、
                           !ニ三三三闇の衣三三三三三三ミ',
                                iニ三三三三三三三三三三三三ニ.',
                           /三三三三三三三三三三三三三三.',
                            ,'ミ三三三三三三三三三三三三三三ミ',
                            iニ三三三三三三三三三三三三三三三',
                         .!三三三三三三三三三三三三三三三三i
                         lニ三三三三三三三三三三三三三三三ミi
                            /ミ三三三三三三三三三三三三三三三三ミi
                          /三三三三三三三三三三三三三三三三三ミi
                         /ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ.l
                      {ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三.ノ
                         ',三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ/
                          ',ニ三三三三三三三三三三三三三三ミ,.r.'´



∧ ∧
(,゚Д゚.)   小ネタも交えてると、こういう事も起こりうる! 怖いね!
/  |


119 :◆vsQyY1yD2Q


      バラモス達の配役については特に裏話はありません。

      「あまり使われていない『強キャラ』」 を条件に配役しました。
∧ ∧
(,,゚Д゚)   登場話で このAAを使いましたが、このイメージあってこその配役でしたね。
/  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |               据置機だから。 携帯機だから。 バージョン違いあるから。
     \`ヽ、|
      \, V                    セーブが1個だから。 映画タイアップだから。
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、            本編だから。 外伝だから。 子供向けだから。 ヲタ向けだから。
        /    ヽYノ
       /   r''ヽ、.|          SDだから。 HDだから。 マ○コンあるから。 割れるから。
      |    `ー-ヽ|ヮ
      |       `|.           初動型だから。 ジワ売れするから。 子供だから。 大人だから。
      |.        |
      ヽ、        |.          シナリオが深いから。 浅いから。 男子向けだから。 女子向けだから。
        ヽ、   _ノ
           /二 ̄ ヽ、         集計期間が短いから。 長いから。 続編だから。 新作だから。
        〈(M )    \
       ∠、二二≧ュ、⊥.        一人用だから。 マルチプレイだから。
          ,lカ 仞} 〈ミ} r; 〉
    ,ィTl'7Y⌒ヾフ') '‐ヘー'´ ̄`7ー;、
     kヒヒど,ハー<,rく_, ィ´| {⌒Yィ 、 ソ  そんな努力や言い訳は、弱者同士で工夫すればいい。
       `´ ̄`下[__j,-Lハヽ `^ー′
             Y   `‐'/ レ'}.      弱者? 俺以外の全て。
             >ー −7ごノ
         __,∠     /
       〈、   \`Y                                         ┼ヽ  -|r‐、. レ |
        \、__ノ7                                              d⌒) ./| _ノ  __ノ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            ,  -‐‐…‐‐-  .
          /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :`ヽ
.       /: :: :: :: :: :: :: :: :〃「∨|ヾ: : }
    /:.:.:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :ゞ,!___」ノ:_::ノ
.    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :: ::_;: ::-‐: : ¨ ̄: :: : \
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イァ‐ ,.へ _‐―‐‐xェ一'
   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.ィ=守i  " ≧tラ^{ )チュ}
    ` ーァ爪てヾミ  {    '´'. { |    .実は、アッサラーム襲撃の際に
      川込_うミ  ヽ   ,. 、) !    俺自らイシスに陽動に出る案もあった。
     (、_川i∧ jミ    ,.ィ彡ミメ〈
     冫少   、キ   } 〃こ二7/`     結局 闇の勇者に譲る事になったがな。
    彡ヘ、   込、 `  '⌒ ,′
  _/: :: :{ :` ‐ .,__  >x、   ,リ
<//ヽ : :: ::.:.:.:.:.:. :`;: : ::‐―〕¨´
: : \/∧:_::_::_::_:: :\::', :: :: : :l>- ..,,__
: :: :: ∨∧:: :: :: :: ::.` ヽ',: :: : リ: :-‐ ∨/∧‐-x


120 :◆vsQyY1yD2Q

∧ ∧
(,,゚Д゚)   他の面々も合わせると こんな感じ。
/  |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     マリオ … 問答無用の世界のマリオ、ブロスが緑

     ピカチュウ … 問答無用の世界の黄色ネズミ、ラインハルトと金髪つながり

     キングギドラ … 問答無用の怪獣、特撮映画『日本誕生』の八岐大蛇がモデルという説アリ

     喪黒 … みんなのトラウマ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               _,, -‐''":::::::::./|:::::::`゙'''ー-,,,
                , ;;彡::::::::::::::::::::::|  |:::::::::::::::::::::::::`ゝ、
              /   ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄`"'ー 、_:::::::\
          ,/                    `''-、.::ヽ
         ../    _,,,─--r-、   . ,,              |::::ヽ
       .,r‐./ : r'"゛   ゙ー'" /    | : l゙"ーi ..,,      .!:::::::ヽ
      /  i′ ヽ      ./ ._..、,  .', `'''"  .`゙'-、_  :{:::::::::::l
     ..i', .,,ゞ  .゙ヽ、  ._..r彡〃 ,|._  l           /   l:::::::::/
    / ./       . ̄  ヽ_、   ゙! `ゝ、,__ ._,,/   l::./゙゙\    私だけ格下じゃないですかねぇ。
   /  ./     _.      .゙―'"゙゙゙゛      ̄      .「 ,、 │
   .|  l' __=,'..y----─-、   _                  ,ト'''' l
   :l .,.゙'"    .゙‐'゙ ゙l.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,,゙゛ `''-、      .、         ヽ
.-─'ゞ゛ __--i-.iir'".:.:.:.:.:.:..:.:.:i ヽ'',―-i ニニ;;ii、,_,,.゙‐'‐    、    .!
:::::./  '"゛    !'" │.:.:.:.:.iヽ |\.゙〈,'ッ`、 /   ._.!'/      |    .|
.::,i′  __-y..,,./.:.__゙''ミ>,,ヾ'''゙-./,_l二ニ ̄ ./         !    ,/'―-、
/  .-'"    .',-'゙ ゙l.:.:.:.`''`-ニ___''"/..,r'"',.! / /         .,l′ ,./::::l |:::::::
゙    __,_,._..r'".:.:.:.:.:.:.:.:i'二"  | `'''゙゙゙',  /         ! /. ̄´::::::!.|:::::::
   -'"   ,'-'~'、.:.:.:.:.:.:.:.ッ、_,// !    .lヾ           / /::::::::::::::::::! l:::::::
        _./.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,,/.:.:.:.:l    `ヽ       //:::::::::::::::::::!│::::
      -'''".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|      |     //:::::::::::::::::::::/ /:::::::



∧ ∧
(,゚Д゚.)   読者が一番 恐れたのは、間違いなく あなただと思います。
/  |


121 :◆vsQyY1yD2Q


      という訳で、裏話は ここまで。
∧ ∧
(,,゚Д゚)   いかがだったでしょうか?
/  |



      次回から、いよいよアレフガルドに突入します。

∧ ∧.   スレがアレフガルドに入ってから再開しようとラダトームで止めていた
(,,゚Д゚)   Wii版DQ123も、ようやく再開できます。 ……何年ぶりだろう?
/  |



∧ ∧
(,゚Д゚.)   ちなみにFC版3で、やるお、ないこ、ねえか、めぐるパーティです。
/  |



     ,.:<::::::::/:::::::/ミヽ:::::::::::::::::::::::::::ィ三ヽ::::ヽ:::::::::::::::::;:-─::'"
    ./:::::::::::::::::|::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::|:::::::::::::ヾ
   ./ィ:::::::::::::::::::|::::::::|:::::/ヽ:::::::::::::::::::::::/ヽ::::::::|::::::|:::::::::::::::::`ヽ、
   .ソ.{:::::::::::::::::::|::::::::l:::/  ヽ::ノ/::::{,イ´¨弋::::|::::::|:::::::::::::::ヾ ̄
    |::::::::::::::::::|::::::::|/ 二ニ¨ヾ:::::::::::/_.z=ミ、ヽ|::::::|::::::::::::::::::ヽ
    レイ::::::「ニ|::::::::|7´ ,rcヽ ヽ::::iリ7=c、 ト、|:::::|:::::::::::::::}ヽ!
      '、::::|ト |::::::::ト.  ヒツ   ∨  ヒツ ノ´,|:::::ト、:::ノレ゙
         |:::ヽ_|::::::::| ` ー ´    l  ` ー'  /|:::::l ∨     魔法覚えてから武闘家に転職するって
         |:::::::::|:.::::: ! u       !      /:l::::::|
        ノ::::::::::l:::::::::|ト、   ____,  .イ:::!:::::|        まだ魔法使いだったような……もう やってたっけ?
    /´ ̄‐ミヽ|:::::::::|:_.ミi.. ゙ー―‐ '´/:::::::l::::::|
   /      ヽl:::::::::! ヽ\> _,. イ:::::::::::::l::::::|ヽ   ,.イ
  { ___    l:::::::::! ヽ ` - _トく::::::::::|:::::|:::::`ー'´::/
{ ̄_  --―   |:::::::l  ヽ   ,r‐.、{ヽ:::::|:::::|::::::::::::::::/
´-‐    ̄ ̄ ̄   |::::::トヽ   ヽ /ヽ:::.:l!//、|:::::|--――- 、
 __          |::::::| i\  {- 、 Y:ヽヽ |::::|\     ヽ


   .{   / : :/    |    :/ヽ: : : : :   卜、:   ヽ: :     |
    ',   / : ;/   : : t   :|/ \:\:   |/ \:   |: :  |/
    ヽ、| : :l:| |  : :l\ : :|x==ミ丶-\:  | ィ=\: |: :  l/
        | : :l:| |  : :|  \{  f゚ハ`    \j f゚ハ  v!:  /
       |: :ハ  l  : :|ニ/     Vノ       ゞ'  リ /
        丶: : :\t  : :|{〈                  /イ    私は、遊び人→僧侶で
         \:/´_> {_  、 __,       ー一 |
          |   〉 `           `       ,'     転職済みだったよね?
         \                        /
            ー ヘ、         _    /
               l\       /}ノ  /


             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_丶    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶    めぐるは確か やまたのおろち戦前に
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )  転職してたはずよ。
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l         あ、私は戦士一辺倒だったわ。
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
      / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j


122 :◆vsQyY1yD2Q


      アレフガルド編については色々と考えている事がありますが
∧ ∧
(,,゚Д゚)   それは先の話なので とりあえず ここまで。
/  |



      最後に最近 出ていなかったものを思い出してもらって〆るとしましょう。
∧ ∧
(,゚Д゚.)   それでは皆さん、アレフガルドへ ――
/  |




















                   _
                 \ヽ, ,、
                  `''|/ノ
                      |
               _   |
               \`ヽ、|
                 \, V
                   `L,,_
                   |ヽ、)  ,、
                  /    ヽYノ
                 /   r''ヽ、.|
                |    `ー-ヽ|ヮ
                |       `|
                |.        |
                ヽ、        |
                  ヽ、    ノ
              Y  f^>f'"~Yゝ,f-、ッ  〕     .|
              ,.!   /_`-、! ∧ /-'"//     .|   ウ ェ ル カ ム
              ゙、  \`_ヽ V r'_,フ/ !      .|  W E L C O M E !
               !  ノ i   |  i { |      ノ  ( よ う こ そ )
               〈  {ヽ!``__!__'"レ,イl      へ
             /`ー、ヽ ir\    ,イ !.l ,r'~`ヽ、  \
          ,.ィ" ri l i ト、j:i:i:::ヽ`ー':/::::! ', ) 、 、 y;  ヽ、_` ー―――――
     ,. -‐''" 、 くゝソノリ~i | - 、 , -‐'7ハ ヾニト-    ~` ー- 、_
  , ィ ´      ,ゝ、_ `r'   l |  、レ // `テ三..ノく _ `       ヽ、
/       , -' ,、  `、_)   l,i,  i //  (/  ...,,;;;;:` 、        ヽ
;'       '" ノ ;;;;::::      i !  : //    .....:::::;;イ、_、_\ _    _ノ
l ..,, __,ィ"-‐´ ̄`i::::: ゙゙゙= ...,,,,,. l | ,//  - = ""::;; :/       ` '''' '"
           ヾ :;;;,,     ,i l,//     ,,..," /         _,,.....,_
  ,. -- .,_        \ :;,.   ;'  V ;!   `;  /;: ノ      ,.ィ'"XXXXヽ
/XXX;iXXミ;:-,、     ヾ  '" ''' /./!  ヾ   /    ,. - '"XXXXXXXX;i!
,!XXXXi!XXXXX;`iー;,、  i   、. / ;:::゙i   ;: , |  ,. r'"XXXXXXi!XXXXXX:l!
|XXXXX;|XXXXX;|::::::::|`ヽ、    ,! ,': : :|    ,.レ"::::|XXXXXXX|XXXXXXX;l!
!XXXXX;|XXXXX:|:::::::::i  `   ;! : :  i!  / !:::::::::|XXXXXXX|!XXXXXXX|
XXXXXx|XXXXX;!:::::::::::!   `. /::    | '"   l:::::::::::|XXXXXXX|XXXXXXX |            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
XXXXXx!XXXXxリ:::::::::::!    |::     |    i:::::::::::ゞXXXXXツ1XXXXXXX|         d⌒) ./| _ノ  __ノ
XXXXX/ \XXソ::::::::::/     i!::    ノ     i!::::::::::::ゞXX:/  lXXXXXXX

  原作:オルテガ/ラウ・ル・クルーゼ ( 機動戦士ガンダムSEED )


123 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、総集編 「地上世界を振り返ってみる」 は終わりです。


という訳で、地上へは これで完全に終わりとなります。

次回からは いよいよアレフガルド編ですね。


DQ3終盤戦に突入となります。

ネタは色々と温めておりますので
よろしければ これからも お付き合いください。



次回更新は、2/5(日) 20:00〜を予定しております。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


        ∧∧  ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌─┴┴─┐
       /   つ.  終  了 │
     〜′ /´ └─┬┬─┘
      ∪ ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'゛


第174話へ     5 第175話へ



この記事へのコメント
あー…クルーゼ出てくるのかな?あの格好で?…やばいなw
Posted by at 2017年01月23日 20:47
キャラが動き出すというか、話が転がって作者も思わぬ物語が出来たんだね…
Posted by at 2017年01月23日 22:03
総集編なのにフラグばんばんたってて笑える。
Posted by at 2017年01月23日 22:13
連載は生き物だというのがよく判る経緯だなあ

>ウェルカム!
・・・すっかり忘れてたよ・・・w 原作で保護した元踊り子さんは
どんな反応したんだろうなあw
Posted by at 2017年01月23日 22:44
地上編クリアおつかれさまでした!
アレフガルド編も期待してます!!

ゆかりがサブキャラだったのにヒロイン昇格してたのは割とはっきり分かったなー
アリスフラグが全部ました工法だったのは、こっちも後から昇格だったからなのか……
Posted by at 2017年01月24日 00:13
ボストロールが一番強敵だった感じがする不思議
Posted by at 2017年01月24日 02:14
>読者が一番 恐れたのは、間違いなく あなただと思います。
むしろいまだに喪黒マージが死んだのを信じきれない俺がいるよw
Posted by at 2017年01月24日 11:46
想定外でちょっと増えたとはいえ、
嫁の人数はおおよそ予定通りなのか。
出し方を気を付けていると前に言ってたけど、
これだけのキャラを埋もれさせずに書けるのはやっぱり凄いや。
Posted by at 2017年01月24日 13:19
アレフガルドでルビス解放したら嫁になるのか?

少なくとも義母枠にははいるか…?
Posted by at 2017年01月24日 19:14
思えば遠くへ来たもんだ…7-worksからここの存在を知って読み始めたのがバハラタ着いた辺りだったなぁ
Posted by at 2017年01月24日 22:48
行く先々で「クロス・アウッ!」って「かわのこしまき」残してったのか、親父
Posted by at 2017年01月25日 00:16
漫画やアニメにおける総集編って、次の話が用意できるまで「これまでのあらすじ」に過ぎないシロモノでお茶を濁しちゃうことが多いけど、本作のそれはちゃんと独立した読み物として楽しめるね
Posted by at 2017年01月25日 09:49
恐らくこれまでのあらすじを1話分にまとめる方が手間が多いw
Posted by at 2017年01月25日 11:56
この総集編も含め、地上編完結おめでとうございます&おつかれさまでした。

来月からのアレフガルド編も、楽しみにさせてもらいますね。
Posted by at 2017年01月26日 03:01
サマンオサは、復興のために、ぜひ、やる夫にカカオを発見させるべきだな。
そして、牧場のミルクと合わせてミルクチョコを作り、世界のお菓子事情を一変させる。
カカオの栽培は、エリミネーター族にやってもらえば、彼らにも仕事が増える。
そして、俺の好きな大神官が上手さに感動して叫ぶw
Posted by at 2017年01月26日 18:01
もうここまできたらアレフガルド全域開拓しても良いかもねぇw
最初の課題は日光かな?
Posted by at 2017年01月28日 12:11
>最初の課題は日光かな?
南波六太「ミラーで反射させてアレフガルドに引き込めばいいんじゃないかな」
Posted by at 2017年01月29日 14:33
マリオ、ピカチュウ、キングギドラは純粋に強いのがわかるが故の怖さだけど
喪黒はキリキリバッタ蝗害とか扇動・破壊工作とか間接的な方法含め何やってくるかわからない
お前さんだけ普通の勇者じゃ対応できない、恐怖の質が違うんだよ!w
Posted by at 2017年01月31日 01:05
喪黒はAAキャラの雰囲気だけで既に怖いからねえ
あとフェイスレスもw
メルキアデスがみゆきの祖父ちゃんで無ければ、割と疑ってたかもしんない
Posted by at 2017年01月31日 21:04
正直、魔王軍の誰よりも喪黒の存在が怖かった
Posted by at 2017年02月01日 12:08
メイドのまひるがどうなったのか詳しく
まだ最終兵器のままなのか?
Posted by at 2017年02月04日 23:37
↑×4
キリキリバッタ蝗害は新庄さんですよ。
・・・って突っ込もうとして、これから新庄さんと戦う事に気づいて戦慄した。
Posted by at 2017年02月05日 19:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178518048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ