■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/3 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2017年03月13日

第177話「東○ま○が祭り 勇者やる夫対勇者キル夫」(3)

第176話へ   3  第178話へ

52 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
       .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬" 竜の女王の城           `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`     ○ `X″     浅瀬の祠 __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、       ○   .`'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i" ○ 祠の牢獄.        │         /        ○ シャーマン族の集落
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          サ ク ラ の 国

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l○ エムローム
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△ ○ ネクロゴンドの洞窟              _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、ラーミアの神殿
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


53 :◆vsQyY1yD2Q
【 精霊の館 】


                 []ニ立ニニ立ニニ立ニニ立ニニ立ニニ立ニニ立ニ[]
                  / ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
rzzz_rzzz_rzzz_rzzz┐ / ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;\  ┌zzz_rzzz_rzzz_rzzz_rzzz
||‐─||‐─||‐─||‐─|/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;\ ||‐─||‐─||‐─||‐─||‐─
d‐─d‐─d‐─d‐─V二二フ二二二フ二二二フ二二二フ二二二フ二二二フ二二フ;d‐─d‐─d‐─d‐─d‐─
 ̄ ̄ || ̄  ̄ ̄  ̄;| | ̄|  ̄|  ̄| ̄ ̄| ̄|  ̄|  ̄| ̄|  ̄|  ̄| ̄ | ̄| | ̄| ̄| ̄|  ̄ ̄  ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
     ||       |_|_|__|__|__|_|__|__|_|__|__|__|_|_|_|_|_|         ||        ||
 __|| _____;||   rzzzzzzzz  |||| ||| || ||| ||||         ||;;____||____||_
ΠΠΠΠΠΠΠΠ||   || ;;; ;;;;;;; |||   |||| ||| || ||| ||||ニニニニニll;   ||ΠΠΠΠΠΠΠΠΠΠ
ヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ;;ゞ ;;|||   |||| ||| || ||| ||||;;;;;|;;;;;|;;;;|| ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ
; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ;;|||   |||| ||| || ||| ||||;;;;;|;;;;;|;;;;|| ヾ; ;ゞ | ̄| ヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞ
ヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞ;;|||   |||| ||| || ||| ||||;;;;;|;;;;;|;;;;|| ; ;ゞヾ | ll | ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ
; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ;;;;ゞヾ |||   |||| ||| || ||| ||||;;;;;|;;;;;|;;;;|| ヾ; ;ゞ | li | ヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞ
ヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞ;;|||   |||| ||| || ||| ||||;;;;;|;;;;;|;;;;|| ; ;ゞヾ | il | ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ
; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ;;|||   |||| ||| || ||| ||||;;;;;|;;;;;|;;;;|| ヾ; ;ゞ | ll | ヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞヾ; ;ゞ
 从 从 从 从 从 从 从 从;;|||   |||| ||| || ||| ||||;;;;;|;;;;;|;;;;|| ;;从 | li | 从 从从  从 从|
 X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒ヽ |||   ||||  ̄ ̄ ̄ ||  ̄ ̄ ̄ ||||;;;;;|;;;;;|;;;;|| X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


54 :◆vsQyY1yD2Q
【 精霊の館 内部 】
_
||:|:|:|≧s。.,_
||:|:|:|:|:|:||:|:|:≧s。.,_
||:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:|:|:||:|:|≧s。.,_                                                      ,ィ
||:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:||:|:|:|:||≧s。.,__________________________________,ィグ
¨ ┴ L_:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:||:|:|:|:||:|:|:||::| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||::::|/
,_        ̄”“ ┴ . ⊥L_|:||:|:|:||::| |:|                                                 ||//
 ̄¨ == z。.,,_     ̄二ニ||::|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ||::::|
:   {ニニニニ}    ̄”¨“:| ̄    |:|:|  ̄||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::|
:     |    |       :|      |:|:|   ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::|
:     |¨¨ ̄|       :|      |:|:|   ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.(⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:.从|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::|
:     |    |       :|      |:|:|   ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:| :.. ..:.. .. (⌒ ) _)ァ'´爻ハ|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::|
:     |    |       :|      |:|:|   ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:|:.. . . .__,、-'^^´/:.:.:乂ハ|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::|
:     |──|       :|      |:|:|   ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:|ミ``~´:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:.:. ハ爻|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::|
| ̄|襾|__|_      :|      |:|:|   ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:|ミミx_,、-‐''^'ァ'´: : ``乂爻|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::|
|_|以二二二      |   .r<>.  ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:|二|::|┳┳┳┳┳┳┳=|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::|
::|:|]]]]]||]]|」三|ミ彡彡'^ヽ  .|   |  ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:|::::||::|┃┃┃┃┃┃┃ :|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::|
::|:|]]]]]||]]]]]]」|ミ彡'从__ノ   |   |_||┴┴┴i|::|┴┴┴┴|:|二二二二二二二二二二|i|┴┴┴┴┴┴┘|┴┴|| ||::::|
::|:|]]]]]||]」」⊥| (_)笊_{莖} -‐ |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___ ̄||::::|
::|:|¨,__ ̄| = _| ̄ ̄ │   _|   | ==   =_,.、-‐  ̄ ̄  ¨¨¨    ┴--   ---- ,..==  ||  ==  | ̄ - _ ~ - _ .
::|:|===:T =¨ | _  ┴  ̄ ≧=≦__,.、 - ¨                        /,|__||___|     ¨|¨ ̄|
::|:| ¨_」 -  ̄     , . : _,. -=ニ ¨_                          //:| : ̄: ̄: ̄: ̄: ¨ ‐ ,,_ |__,|
≧≦⌒      , . :..' ´ _ -|i:i。o≦三三三二二ニニ≠===------      _ //|i:|リ.: : : : : : : : : : : : '/, : :  ̄ :\\
      , . : ' ´ -=ニ二_,|i:i|i:|ニニ==----- --==ニニ二三三三三三三三ミxi:i:i:i|i:|' ,.:::' ____:_:_:_:_:_:_:_: : : '/, : : : : : : :\
 ̄¨¨_二 ==  __   ,|i:i|i:|‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐ ̄ ̄二二''Yi:i:|i:|.:'::' /: : : : : : : : :.:..:/ : :'/,  : : : : : :
_,. : ´           ̄_‐_‐ ̄_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_ |i:i:|i:|'′/:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_/ : : '/, : : : : : :



         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|:::|   ―― という訳で、無事に兄を見つける事が できました。
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `    今日は そのお礼も兼ねて
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|.     太陽の石を届けにきました。
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|
       |:i|:|:::::| \|┴─i:|:::::|
       |:||:|::,i'l   \__|゙、:i'|
     !| |.゙::j\ ,rイュュ,rト、:、
      | _|/  Y´ト. ̄  ̄`、
        У  ,/‐-、j}      〉ュ
       ` ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


55 :◆vsQyY1yD2Q

                                 ____
                               /⌒   ⌒\
                              /(●)  (● )\    お兄さんが無事で良かったお。
                            / :::⌒(__人__)⌒::: \
                            |     |r┬-|     |   おめでとう、キル子ちゃん!
                            \.    `ー'´     /


       .....-─:::::-..、
     /::::::::::::::::::::::::::::\
    /:::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::ヽ
    ,:::::::::::::i:::i:i::::::::::::::i:L::::::::ハ
    i:::::::i:::::i:;ィソ:::::::::::::込、:;ノ:ハ
    |:::::::i:::::!、;jィ彳'"´'{゚●;::::!`   ……ありがとうございます。
    |:::::::ハ::ヘ`゚●〉 、 ""}:::!
    V:::::ヽVヘ""     /::::i    しかし、無事だった事を喜ぶべきか
    |::::::::::Vヘ:ェ _´/ l::::l
    |::::::::::::,Vヘ`ヽ、 ト.ヽ.j:::::|    以前よりもハジけていた事を嘆くべきか……。
    |:::::/ .`Vヘ  ヽ.| ||:::::l
    |::/ヽ   V゙:.、  ゙! |ヽ:j'
    |::i ヽ|  |、'‐ァ、j .| ゙ヤ
    |:::!   \〈./彡、'  |   |l
    |::::!     >   ) /ヘ ノ.|
    |::::|  ,.ィ'" V´| ,/ミイj}ヽ|
    |::::ヤ     ヤ|'´ ゞ_/  l,
    |::::/、     `j  リj  ヤ
     |::/ `\.   |_,. -i     }
    //       /_,ィ-"ヤ   |
    /∧      ,'!    ヽ  |


56 :◆vsQyY1yD2Q

            . ────
           イ:.:.:./ ─…… ─ミ:.:.、
.          /:.:./:.:./.ィ:.:. ̄:. ̄:. ̄:.ヽ!:.:.:\
.       /:.:.:.:/:.:./:.:.:}:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ
       〃7:l/:.:.:. :.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.〈 ゚,
.       / /:i:|:.:.:.:.|:./  ! 、:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.|、:.:.:i:.:.|  i
      ト./ l:!:.:.:._l_!__|!ノヽ:.:.:.、|:.:.:.| V:.l|:.:.| ∧
      i:.:》vZ{:.:.:.:.|:|x==ミ   \:(`≧ート:リ:.:.|イ.:.:.
      |:.:|│ |:.:.::.:| 伐刈`      イk刈V:.:.:.| | i:.:|   ホント、すごい人だったわ。
      |:.:|U |:.:.:.:.N辿リ       辿リh:.: | |_l:.:|
      |:∧| |:.:.:.:.|      `       从/:レ:.:.:.:|   やる夫は良い意味でドキドキする面白さだけど
      l:l l:ヽ|:.:.:.人    f´ ̄`    .イ:.:/:.:.:.:.:/l:|
      l:| ):从:.:.:.:.|:〕ト.   ̄ ̄  イ:.:l:.':.:.:.:.:./ :l:|   キル夫は悪い意味でドキドキするわね、危なっかしくて。
     )| ゚,:∧:.:.:!:.:.:.:l ≧ー‐ 「:.:.|:.:.|:.:.:,:.:./  l;
          ヽ:.:.\》:.ィ}      厶:.:l:./:.:/}:/  ′
          \ノ:\:f     ∨:〕ト。〃
       ,─<: : : : : |´ ̄ ̄ ̄`∨: : :〕ト。
     ハ: i:i:i : : : : : : 「  ̄ ̄ ̄` }: : : : : :i:i:iト.


 /    / /  l  /    V l  i  i  ヽ   i ヽ\
//   イ// /l /      } ト、 lk l   i   l   ヽ
/ ,,,≧//_ // ノ /      / il \iヽ l l  il   il ヘ  人
彡゙゙フ:::::::rヾミ≧ {   /  / l/,,=-≦、リ ill   l  ∧  /
 /:::::::;;;;;ゝイ::l//{   / /  イ/::( )ヽヽ リ l  l / ヽヘ
 |::::::::;;;;;;;;:::::::l   V  i /    l::::;;;;; ::| l l /l〈 \ l \
  '、:_ ''''  ノ    ゝ、{    l:::::'''':::ノ | l /l /\ ノ      わざわざ呪われた武器を使うとか
: : : :.  ̄             ` ー ' -' i ,/ l  \
( ): : :                ,    . : : : ;( )l   l    ト     流石に理解不能ですの。
:O : : ::                   : : : : O::l    ,'  ヽ  ヽ
                    : : : : : l   /\  \
                       /  / .\\
                     イ l  /  ハ\\
 ` 、    ⊂ニ==ー‐-    /  V /ヘ   l  ハ


57 :◆vsQyY1yD2Q

          __..  z≠  ̄   ::::...  、
          /..:::::   ..:::::::::::::::::::::::::::::...   \
         /..:::::::::::.. ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   \
     __/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..    ヽ
     / /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
   / .:::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::::::::::::..   i
   | :::::::::::〃.::::::::::::::::::::::::::::::::/ j :::::::::.-}‐- .._ :::.  |
   | :::::::::Y ::::::::::::::::::::: _.. -‐/- | ::::::::::∧::/| ::::::::::W
   | ::::::::::l :::::::::::::::::/..:::::::/   l :::::/ rく.マ:::::::/
   | ::::::::::| ::::::::::::::::::::∧::,rく⌒Y:/  トヘ Yヘh
   | ::::::::::|/\:::::::::::/ / ト、ヘ       |::::} } { |   ところで、太陽の石があったら
   / .::::::::::::::::: >、,イ  { |::::::}       弋ノ ノ` |/
  ./.::::::::::::::::::::f{       ヘ弋_ノ             从   すぐにアレフガルドへの旅の扉を開けるの?
 /.:::::::::::::::::::::::| \      、、      '  ``人::ゝ
 |∧:::::::::::::::∧|  `7            _    ,.ィ仆ミ/
   \::::::|/     厂 ̄ ̄>:: 、  __..  <:::::/
     \|   /'´ ̄`ヽ\  /      ∨
          /      } ヽ{ \


                           ,-- 、 - ´ ̄`ヽ 、
                         イ≠´ ̄ ⌒`>`ヽ、`ヽ、
                        /≠ヽ/ヽ´ ヽ、  `ヽ `ヽ ヽ,
                   /  ./  ,'   .ヽ   .ヽ  `、 .i
                     /.   ,'  |    i    ヽ  .ヽ.ヽ
                  ヽ   i  .|     |,斗-‐‐ .i.   i ヽ
                     /  | - ┼-   .| _-≧_ |   | .∧
                   /メ   ヽ,_zュ、. /.,イ乏リ/.,'   |   i   やる夫達を行き来させるだけなら
                 ´/ .ヽ  《.弋 .ラ`ヽ/ .ゝ┘// ,' /   /   今からでもできるわ。
                   ヽ .| `ヽ-ヽ_`´  、  // ∧| fヽ
                      \.\.|.  ヽ、  ー ‐ .,イ'| ,' __r-' ,′   でも、物資を運ぶなら
                       ヽ、‐\ .!. >ト 、_∠ ┴ヽV,'-=,=/__    向こう側にも門 ―― 維持設備が
                    >ヽ`ヽ`ヽ,|´ ヽ,'   }‐|´::´`:`/ゞ<   必要になるわね。
                    /   .>/ ̄/: #、ヽ   |::::::::::::/ゝ′`、
                   /       /   /: : /.| ヽ: :`ゞ_--__/    ヽ
                 /      /   ヽ_./ |.L>≠-,_____/       ∧
                  /-‐‐、.  ,'-‐‐‐r´::ヽ ̄:::::::| |ヾ ̄T---------./
               く´  _`ヽ .i >´ヽ ::i::_>_ゞ′ |      ./
               ゝ-,  `ヽ,<´    ゝL_| ヽ、 ,'    | ___/
                | /≠ ´    >´´===:.:.:.:.ヽ.,'   .|ニ ´,__ヽ
                ラ/      //:.:┌‐‐┐:.:.:.:.i    |/ヽ′


58 :◆vsQyY1yD2Q

.            / /
.        , / :.:/  _______
.         //:.:.:.://:.:./ ̄¨二ニ=ー
     | //:.:.:.:〃:.:.: /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
     |Y:{:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:\
     | :\:.:.:.:.:.:.:.:.:///`\:.:.:.\:.\:.:.:、:.:.:',
     ∨:.:.:.:.:./: :.:///ハ:.:.:.:.:. |:.:!.ト、: :\:.\j
..    /:.:.:.:.:/: : :.:// ,小:.:.:.:. |:.:!.|:.:Y:.:.:.V∧
     //.:.:.:.:. |!: : :// /__i|:|:.:.:.:.|斗|―トミメ:.V∧
.    // :.:.:/.:.:|!: :/イW 八!:.:.:.:.:Vィ芹そ刈、:.V∧
.    /|!.:.:/ :.:.:|i ハ/ィ芹そリ\:.:.:.|戈rり/ |:!:Y\:\    それ、向こうからでも旅の扉は開けるの?
     | :/|:.:.:.:.|i:Y  戈rり   \|    从:小:.:.:ヽ`\
     |/i | :/: ||∧ヘ      `      ム|:::::|!.:∨`\
     i l/八||::::::トヘ.      _   ハ|:::::|:.:.:.∨`\
.      i   ノ|::::::|:.:个ト.   ´   /:!:.!:|:::::|:.:i|!.:∨\
        /,小::::|:.:.:|:l|:.:.:|!>___イ__|_从 |:::::!:.:l|∨|
.     / /从ヘ!|:.:.:|:l|Y´ ̄ ̄| ̄`YV !::∧八 :リ
          __乂|.:.:从刈:、   l、  / l:j/ーノ--)、
.      /     八{   ! ヽ/  Χ  l′      ヽ
      /       \ |/  爻'  \!       ',
.     i            `ヽ ○               i


                        __,,,,,,,
                      ;,""´ー―ー、`"''、,.
                   /  ̄`ヽー― 、ヽ、  `ヽ.
                 /          \ \  ヽ
                 ,'   /  / ./|   , .  'ヽ |   ヽ
                  | 、 |/メ、/ !_ /| i     ',     !
                 \ハ/ ,ハ|j'  ァ;'<__|   !  !    |
                  / r ''´   |ノ,ハヽ!  / /    |   太陽の石を持っててくれれば
                /  !      ゝ-' |__/トァ'      |   そこに旅の扉を開けるわ。
               /  / ,ト、  、    "/  /イ   i   |
               !/|  /| /\     /  / /     !   !   ただし、これは一時的なものだから
                  |/ レ'/`Y!>ーァ,/ ./_/!>、/|  /
                 `  / .///r//, '´  `ヽ/ |/    支援したいなら維持設備を作ってちょうだい。
                   / ‐'、:::ム::´/      |
                   ./ 、ヽノ/:/         .!       そうしないと大量の荷物を輸送できないわ。
                  ri r、ンイ::/、/\/\/ヽ./|
                /´iゝ-‐イ´:::ト、/\/\/\/レ
                 /  `ー‐'i::::/      ///
               ri   __,.'/      /"´/
              〈`77´   `      ,':::::/
               ヽ!」         ,ハ:::〈\
                ハ、,__,,.. -‐<´:::::::::ヽ::〉、


59 :◆vsQyY1yD2Q

:: :: :: :: /:: _,.-'''":: :: :: :: , -'":: :: :: /:: /:: l :: }`、
:: ::./, -'/:: /:: :: :: _,./ :: :: //:: :/_, l:: ,':: .',
/,.イ:: :/'/:: :: :: //:: :: /::/.-'''"_,   ,'ノ,':: :: }
// :: /:: :: :: //:: :: /::/:: :_,.rτ=-‐ .l/::l :: ノ
: :: :: / :: :: //::/.:: ::./::/:: :,.<. ちi|   '、::.l/     勇者達を支援するなら、維持設備を作らねばならんか。
:: :: / :: ///: / :: /::/:: :/     .ゞ.!     ` 、
:: :/:: /:: /:/: /:: :///:: :: /  u         ./    となると、気になるのはアークマージとやらだな。
、 i:: /:: /: i:: i:: :/K/:: :: :: 'ー _‐ニ= ,        / `、
::\: :: l:: .l:: l::/_ヽ{_,..-'''"/:: ::./         ,'`、:: `、.   ラダトーム城を熟知している魔王軍。
:: ::`,\:l :: ', Vニゝ }   `./ ::/      -‐ ,':: ',、:: `、  設備の設置場所は考える必要があるぞ。
\:: ',:: `、.:: \「"''- .、 {:: /`  、     /ノ :: ノ `,:: :',
:: ::`、.', :: `、:: :: `、ヽヽ、 ト::{`ー .<=::,> 、._/;:.-'"  .}:: ,'
:: :: :: ::i:: :: ',:: :: :: i:: .}ヽ.} ゝ`- .、.▽ './:/     /::/
:: :: ::./:: :: :: i:: :: :: i::/、`/   i ', ', {/     ./ィ'
:: ::./:: :: :: ,':: :: :: ::.i'~"''l   ./ ` i      /'´

※ デビルウィザードになっているという情報は まだありません。


                                 ____
                               /      \
                              /        \     問題は そこだお。
                            /            \
                            |  \   ,_      |   ラダトームに設備を作った場合
                            \(―⊂ ヽ∩  u   <
                              |  |  '、_ \ /  )   モンスターが侵入して破壊されるか
                              |  |__\  “  /    最悪精霊の国まで侵入されるお。
                              \ ___\_/


60 :◆vsQyY1yD2Q

         へ、 ,. -‐…‐-
       /   : :´    . . : : : : : .`丶、
      /  : : . . . . . . .      : : : : : .\
    /   : : : : : : : : : >' ´ ̄: : : : : . : : : : :、
    /. . : : : : : : : : : :/_____/. : : : : : : : : . : : : ヽ
   /. : : : : : : .:.:.:. : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : ',
  /. : : : : : : :.:.:.:.:.:.: : : : / : ,ィ: : : : : /|: : : : :} : : : }
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:./ `Y:.:|:/ノ__.フ≠ァヘレ'. : ,'. : ハ/
 ̄ ̄|:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:{        〃 //   ! : : /. :/
   |/\/  \入     -〈{ {/   ハ/ヽ/
             }   u  `      {
        , -‐'- 、     ``    ゝ   でも、他に安全な場所ってあるの?
        /      ヽ ト     ,., _/
       '       Y_..`ニ二_       アレフガルドは、ほとんどが魔王の支配下なんでしょ?
       l         !;\    ヽ
       |        }|_ \ _r┴ ‐ 、
      │      |/ ___\ 〈 /   \
      │       レ'´   \ `r ' ´_   ',
      │      │      ヽ`「___    !
      │      |: : : : : : . ヾ `ゝ  |



                         ,....< ̄:.:.:.:.:.:¨:.:..:.::.ミ 、
                       /.:.:.:/   ___ \:..:.\
                    r==f /:./ '´ ̄ l:..   \:``ヽ:V=≠┐
                   └ァ'7 .::.:./:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.弋f>、j
                      /く l:::./:.:.:./:.:.:/|:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:|::: V \\
                        /,イ/〉|:::':.:.:./|:.:/ Y:.:.:|. ヽ:.:.:.:.::|:..:.:.レスト、>
                   V'//::ハ::.:.:/__L」. - V:.|__j;イ!:リ:.:..:.|)ヽ`|
                    |::::ヽ::!:.:.:´} ,ィテトミ  ヽ| ,ィチfK、:.:.:.:..|:: V
                    |i.:.:.:.:ト:.:.: 《 た刈     か/ハ 》:.:.:..|.::|:::|   多分 無いんじゃない?
                    |i.:..:.:|:.:.:.i:.:|` ‐゚′    ゞ - ´.ハ:.:.:.l..ノ:::|
                    |i.:.:.:.|:.:.:.|ハ      ′     ハ: :.|.:.:.::|   あの世界、どこも真っ暗闇だし。
                    li:.:.:.:|.:.:.:ヽヘ     _     /イ}:. { :.:.:.|
                     ヾ.:.}::Vハ.{.:.:.:.:、  ‘ ’   . イ.:.:.:.レ´.:.从|
                     j リ人.:.:.:.:.:.:.:.> ._ . イ_.:.:.:.:.:.:..:.:.:/i リ
                            j.:.:.:ィく_}     {、`ヽ..::.:/lハ{
                      _rtr´ ̄  |       }  \′
                    . イ...| }}___..  l   __ リ.    `}ト、__
                   ./.   レ'  ¨¨う      ./.      ,リ/.  `ヽ
                  /   /     二つ¨`丶/       ,リ/::z-:   }
                 ./..__∠_    , ┬-'    /     /./イ..   {
                 〈:/    `ヽ./  |    ./     /./      /
                __レ      〉  l    ./     〃/.      :′
               〈.         く.   l   /     〃./      ;′
                }.         /  l   /     〃 /       ′
                |.         ;イ{  ┝┯/     〃 ,イ      :′
                  ,レイ      Δ! {  |┛/    ≦/./ / ̄| . ;′
               〈.      / 〉マ .| ./   ≦/ /イ ---┘:′
               ヽ      ハミx.|/==¨イ.   / /    ;イ
                 V.      {:/ ロ、 ̄ユ      レ'      {. 〉


61 :◆vsQyY1yD2Q
                              ____
                            /      \
                           /_ノ  ヽ_   \
                         / (─)  (─)   \   ロトの洞窟……は、今は魔王の爪あとだし
                         |    (__人__)      |
                         \   ⊂ ヽ∩     <    聖なる祠は遠過ぎる……。
                           |  |  '、_ \ /  )
                           |  |__\  “  /
                           \ ___\_/


/.: / .: .::.::.::.::     /   /⌒ヽ/」{ / _/___」 i   \
.::. / .: .::.::.::.      /  /      `´    | |   :.. ヽ
. // .::.::.::  .:.:  /  .:/                 | l   l::.:.  ',
// .::.::.:. .:.::.: ./  .:/    、             } l   l::.::.:. !
/ .::.::.::. .:.: .::./ .::.∠== 、   ヽ、   ,      」 l  l::.::.:.:.{
.::.::.::.::..  /.: .::./≠=rミ、ヽ=一}/ /ー==三;{ l  '、::.::.::!
::.::.:. . イ7. .::./` 、_{r辷frァ癶、 __′/r=≠fこ7ハ ',   ヽ::.{
::.::. /.::/.{: .::.:イ            /  `弌x少/} {\ヽ   ヾ、   やはりラダトームだろう。
.:: イ.::/.::.!: .::.::`ァ==¬       ′     / | |  {ヽ、   ヽ
/.::|::{::.::.:廴. ‐<⌒}:  ,′     {     /   } }   ', \    i   相対的にあそこが一番安全だ。
.::.::!::|::.::/ `ヽ、 \}:. /       /    .イ   , ,′  ',   i 、、}
::.::.|::{:ノ     }ヽ、_/ /、  -‐==ァ    /ノ  //    }   } ヽヽ
、::.:Y    _  `7/、  ヽ、ー一  . イ__  -‐ ´    / .::./ / }ハ}
. \:{ー==≠<_>ー 、'ー‐` イ´‐ァ ヽ ____  -‐ ´ .::.ノ {{ノ ノ
:.  ヽ、  ヽヽ} `}   「⌒「  {/ /    丶、_   -‐ ´ /`二〈、
::.:.:.   ヽ、 \\|   !   i  V       ` ー‐‐r一 ´ー= ´ ヽ、
::.::.::.:..   ヽ、 ヽ} i |  |   }           i          \


62 :◆vsQyY1yD2Q

   <  ̄ 丶   |ヽ                        ノ⌒\
      ̄\ \.| }                   r‐く /  \
        \.l| /  _                   {ヽ._ノ /   ヽ
      ,. -一}リ ̄     ̄ `丶            ヽ └{ /  〉
    /     '     ト、 <トz\           ヽ └{__rソ /
   /           ィV r\ヽ「^ \          /\     /
  / レヘwz从ィ 从ノ入 ^ ^        \        /   ヽ  /
. /トノ^^"レ'⌒  ^ ^    ヽ       丶     /      /
/ノ      /     ,.、   \\       ヽ     /      /
|     /     / / \\ゝ X \        !  /     /
|      |  //ノ    ` /__ \ヽ   ヽ |  /     /
|      l /_二、‐       イo lヽ,.l     |l | /      /   やる夫さま! あたしからも お願いします!!
|      l、/´!0 ::}         L:: ノ ノ|   | ト | /、     /
|      | ヽ ゝ-‐           |   | | l/     /      旅の扉があれば
|     ヽ        i        |   ノ,.イ{       /     きっとラダトームの人達を助けられます!!!
ヽ      \            ノ / / ! \   / }
 ヽ      \     ⌒     /レ'  /  \ ` ー─1
   \\\_   ̄フ      イ/フ / |    ` ー─/
    \\_二二>ー-‐'  ヽ.  ̄  |       /
      \{  ,. -‐|     _l   |        /
        / /´    /   |    |ヽ     /
    /7'フ^/^ヽ! ̄`      |    /  \   /
   /{     |ノ!          /|   /、     /
   / ヽ      |ゝ 、    _,//| / ヽ\   l
   |  \    | ||\ ̄ ̄ / |/ /   ヽ |
   |    |   | ||        || {     } |
   |    |    | ||        ||  ゝ -- '  |
  ノ    |   | ||       /||      |


                                    ___
                               /      \
                              /ノ  \_   \
                            / (●)  (●)   \   そりゃ、やる夫も
                             |   (__人__)    u   |
                             \  `⌒ ´      /    助けられるなら助けたいお。
                            ノ            \
                          /´               ヽ


63 :◆vsQyY1yD2Q

              ...::::: ̄::::`::..、
                /:::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ':::::::::::ハ::ハ::!::::::::::::::::::::::i
           l::::::i::::'__iL_!i::::::::::ハ::::::::::j
           |::::_l::::|i.゚●,゙ ̄'≦zハ:::::jj
           |:::{ i:::::!゙¨ ´  〈゚●r'lヽリ   まずは、ラダトームの安全を
           |:::::::!:::!    ' ゙¨〃:!
           j:::::::i:::ト、  ‐  ィ:::/::!     確保する方向で進めた方が良さそうですね。
          /::::::::i:::! l! >´'ヽ.:/::::L__
            /  ̄/::j! l!,/ /:/ /  ヽ
           ,イ  /::/ /  /:/ /     ゙!
       / j'、 ./i:::i! /  / {::::|/ . -‐ ヘ,′
        /  ′Y ///  ,′|:::/ ,/    ,
        〉イ ヽ| j:::i,′ ./  /'´      ,′
      /   ヽ `i|:i!|=≦=‐「_    /,′
    ,′    ゙、_!,.ィ-‐≦ニ´  ̄` ̄ .,′
    ,ノ     、イ            /
    ゙ヽェ=' ̄ _>、         _-ィ'
   〈{,   _ィ ゝ、 ヽ、    _.-‐'´ |_」
     {/ ̄ /  ゙i、`ヽ、_≧-'"´  / | ,>
    |  /   | ヽ        ′ i! ゙i
    |  /   /|ヽ丶     /    i! ゙i
    r| /   /`!       /    j |


                                ____
                              /      \
                             /\  ,_.   \
                           / (●)゛ (●)     \   ラダトーム王との交渉もあるし
                           |    (__人__)   U  |
                           \   ⊂ ヽ∩     <   やる夫も一度アレフガルドに行くお。
                             |  |  '、_ \ /  )
                             |  |__\  “  /
                             \ ___\_/


64 :◆vsQyY1yD2Q
                            __
                          ´      `
                            / ,x≦≡≧ミャx、ヽ\
                      /´ k^~          ^i i  ' .
                    / ,'  j  ,rテ"¨^゙`~ミkx! l   ハ
                       i l  |r'~ !    ! ヽ |  V  .ト、_
                        レ !  |  |!   -ハT卞j  ヽ. i  `ー== ニヽ
                   / j , !-‐A   V リハハ  从 ト、      ソ
                       //ノ/  ! V ヽ、 { ,ィテ灯ヽ  人ヽ `ー= 、
                    / / //  ノW   廴ヽ ゞ.zク| |,イ  ヽ\  ソ   やる夫、プラスを連れて行くのを
                / /  {人 i ∧ ミ≡'   ノ    / / 廴  } ).      忘れないでね。
                  〈 (     ノ`{ { ハ         _/ /   ハ 人 (
                `ヽ  (' /`/ x>、 .   っ |(  {-、 从ノ′ノ '      あの子が いる方が
                       ( ハx≧、\`}¨´ ノ ヽ{z〈z‐ 、         私も そっちと連絡 取りやすいから。
                  ヘ ーtォ、___)ノ´   }{^゙'f{ー‐マ'~¨´/ソ   '.
                  入i |         キ,_f{'  {{  fソ′   ヘ
                    _>イ |          }{ー〜f}~¨´      刀 ¨下 iフ
              ∠≧、ヽヽ          fメ   メハ     ヽ  ´     ! ト、
             /  > ⌒ヽミ、     fメ  メハ |    _j     ノ//
            x'≦ミj ィ‐'z_´ ヽヽ.  _,.イメ  メソ i ! /二t一!、__//〈        ___/)
              /     | 丿::: ム≧xk 彡 イメ   メソ j レ'/ ハ}人 _彡厶/ r、  _ ,r '´ ,、 .∩//)
.            /    !´:::::/  `777!´fメ   トソ .!/!\∧∧   レ- ─‐f }ー}} ヽ 〉〉 } l//
           i      l::::::::i   /// }マ{   ト}   / : :,.ィヽ∧ '´      { {__ ム!、  ' ー'∠二二ヽ
         _ 人     /.::::::::!   ‖‖ム}kー- 、j癶xzrソヽ/    ヘ_ > '´ ̄       ̄ ̄
    ハー‐'´::::::/´`ヽ、__/::::::::::::l  || !||ノ{ト、__fソ~^  ィハ
   ハ::::::::::::: ィ     /ー、_ ム__ Yi|V   癶rtzイ'~´  ヽ
                                        ___
                                        /⌒   ⌒\
                                   プニ /(●) (●.) \
                              (ニ~`ヽ、 /:::⌒(__人__)⌒::::: \   分かったお!
                               (((_⊂>ヽ|.    |r┬-|      |
                                 \. \    `ー'´    ,/   プラスも連れて行くお!
                                   ゝ-|            ヽ
                                       |           i   i
                                       |          |   |


65 :◆vsQyY1yD2Q

                            , -‐‐‐- 、
                           /   ―   \
                          /   (●)   \  ヽ   ああ、そうそう。
                          |  (⌒  (●)   l
                          ,\   ̄ヽ__)    /   幻魔剣の修行してる お兄さんなんだけど――
                         /        _,/
                        .|            `i


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `  はい?
      |:::::|:´:|、_   /,\ :::i `
      |:::::|:::::{´ ヽ.V,   ヽ|      兄が どうかしましたか?
       |:::::|:::::| ヽ /| 、   ゙.
       |:i|:|:::::|   |┴l ゝ 、_ ノ
       |:||:|::,i'l  .|._k   ヽ.
       || |ッ',__|:┴ ヽ、 ,/
      | |:{ lェrl|     |´
         ゝ  /|     |
          |V |    |
          |   |    |
          |__|___,|
          {ーイ リrヘ、
          `ー'  .`ー"


                                (ヽ三/) ))
                            ___( i)))
                           /⌒  ⌒\ \
                         /(.●)  (●.)\ )
                        / ::::⌒(__人__)⌒:::: \   修行方法に心当たりがあるから
                       .|   (⌒)|r┬-|     |
                       ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/    それも一緒に持ってくお!
                       | | | |  __ヽ、   ./
                       レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                       `ー---‐一' ̄


         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(○) (○)|::::|::|
      |:::::|:::::_| u.   ,   j:::::| `  えっ?
      |:::::|:´:|、_   /,\ :::i `
      |:::::|:::::{´ ヽ.V,   ヽ|      公式にも情報が無いって……えっ?
       |:::::|:::::| ヽ /| 、   ゙.
       |:i|:|:::::|   |┴l ゝ 、_ ノ
       |:||:|::,i'l  .|._k   ヽ.
       || |ッ',__|:┴ ヽ、 ,/
      | |:{ lェrl|     |´
         ゝ  /|     |
          |V |    |
          |   |    |
          |__|___,|
          {ーイ リrヘ、
          `ー'  .`ー"


66 :◆vsQyY1yD2Q

  , -─-、                                    , -─-、
  ,|  ○ `l、  ,r''“ ̄ ゙̄'i __    _,,───、             /゙  □ }   _,── 、____
 {      \ `ー---- ' \_l     /  _,    `ー,     _ \   .l´  /               \
 ,l   ∧∧∧∧_, --──、_ _/ .「  }     /     /   \ `ー´  {      ∧∧∧∧     ヽ
. {         ∧∧∧        ̄     .`ー´    /     !、   }  __   |    ∧   ○   ∧     |
 \         ∧∧  □              ヽ   .--、 ヘ_ ノ √ ゙!   ゙i                   /
   `ヽ          ∧∧              |  {  〉  ̄ ,┘  }    \            /
   广                              \   ̄   _ `ー- ' | ̄ヽ  ゙l     ∧∧∧∧∧
 /                              ゙L  , -'"  ヽ    !、 j  \    ∧         \
. ]          __                   | {     \    ̄ ___ \           ヽ
. ヽ           /   >                    \\_     \   {_  }   }           }
  `ー─ 、__「   ___∧∧∧∧                 ∧∧   \    "'- 、`ー ' /            /
  / ̄ヽ   _∧∧∧∧∧               ∧∧∧     }       ヽ  ゙┐           {
  l,     ̄ ̄       _     ∧∧∧∧∧       ∧∧__/       ,l  /           ヽ
 _>            j  |           ∧∧∧   _   ∧∧∧      /.√              ]
 l               广  L      ラダトーム /  ヽ        _,..-'''"   ゝ、  ∧∧∧∧   /
 !、      _r─'″○  }          ● ,r─´    `ー--、_, -'"         \_  □  , -'"
  l       l´   漁村 /       __/,,r──,、                      `ー-―´
.  ヽ__/ ____/       ( ̄ ,-─□∧∧ヽ_  ,---─'' ̄ ̄`--──----、    __ ◇ / ̄ヽ、
   ___∧∧∧∧∧          } .{∧  ∧∧∧  〉 ゝ.                   ̄ ̄   ヽ__/    }
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧   /   ヾ∧  ∧∧ ∧   "'- 、     __/ ̄ }              {
  /              □ ∧  ヽ   {∧  ∧∧ ∧l      \   {___/ ̄∧∧∧∧∧         }
  l                  ∧∧   ノ     l∧  ∧  ∧}       〉                      /
  l                    l ̄    .l∧∧   ∧∧|゜      l                       l
  .\                       `ヽ     ゚N,∧∧∧∧,l″      \_        ∧∧∧∧∧     ゙i
    ‘"'- 、               / _, ---、 `ー--−"              \                 ∧     |
       \_          fニ,,√   /´                     \       /二二i  ∧   l
    ___  ヽ_         ,-‐´               ____       ',     .[ 'l,○    ∧    |
   /     `丶_  ヽ       `ー 、               f∧∧∧\      \     \二二/∧    /
 /         \ }             \     __,-─´ ̄        \     ヽ、  ∧∧∧∧    〈
 {           ''″           }    /∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧  \     \    ∧∧     {
 |                        }    ` ┐               ∧  `l_   ヽ     ∧     }
 `}            ∧∧∧∧∧∧∧∧∧ノ __/  ∧∧∧∧∧∧∧∧    ∧∧    l  ∧       |
 /                  ○  ,l ̄ ,───´     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧     \__}           |
 ヽ_              ,/  .(ニニニニ    ∧∧      __     ∧∧                 /
     コ             {  (ニニニニ    ∧   ,--─´  ./          ∧∧   __           /
  , -'"                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄// ∧  / ̄、 .,--─´           ∧∧∧´  `ヽ____/
 {    ∧∧∧          (二_二∧    ̄ ̄\\       ○    ∧∧∧j
  |   ∧∧∧∧∧      ∧∧∧∧∧  / ̄\   \\        ∧∧〈 ̄   ,r'" ̄ ̄ ̄ ̄\
  ヽ   ∧    ∧∧     ∧∧     /     \  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧  |    ∧∧∧  ゙゙l
   .{   ∧∧       ∧∧       /         ヽ、 ∧∧∧∧∧       /   \  ∧ ○ ∧  /
    |            ∧∧      /             ヽ   ∧∧∧       /     ゙l        /
   ヽ               ∧∧     /               `-、____○_/       \   /´
    `ヽ                , ─‐´                                         `ー ´
        `──--、ノ ゙̄─―‐″                                       


67 :◆vsQyY1yD2Q
【 ラダトーム 宿屋 】
‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=_=_=|=_=ミh。_、_‐_‐_‐_‐_‐「‐_‐_‐_‐zzzzzzz=======ニニ二二ΞΞΞイ‐_‐_‐
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=_=|=_=_=_=_|_‐_‐_‐_‐_‐l_‐_‐_‐_‐「:i:i:Г:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:「:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i|_‐_‐_‐
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=_=|=_=_=_=_|_‐_‐_‐_‐_‐l_‐_‐_‐_‐|i:i;ィト====彳l|:i:i:i:i:「「ミトr-‐彳!:ト、i:i|_‐_‐_‐
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=|=_=_=_=_|_‐_‐_‐_‐_‐l_‐_‐_‐_‐ィi{:i| i」 .::. i|zミト≦tt||||=! ,::. !t| |:i:iト_‐ ‐_
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=|=_=_=_=_l  ー_‐_‐_‐l_‐_‐_‐  |:i:i:| 「l .::. Г|||~~~゙゙゙|||「 ! .:. |ハ|:i:i|
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=|=_=_=_=_l 屮_‐「lГΠ゙゙゙l| 山 !:i:i| ,゙@.::. l |||   |||l ! .: j  i|:i:i| 山
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=|=_=_=_=_l_‐_‐_‐|l|| A || ` A]| ーi .:. |||ー―‐|ll! .: l !:i:i|‐_′_‐
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=|=_=_=_=_|_‐_‐_‐|l|| A ||ー_‐_|i:i|,' @:. ! |||   jj|| ! .: !|  |:i:i|_‐_‐_‐_
ニ_‐_‐_‐_rzzzzzzzzzzzzzz _=_=_=_|==ミ_├-、_jj  ||ー_ー_|!ij r〜:, jj  l||   jj|| ', ,,ム |:i:i|_‐_‐_‐_
=_=_=ニニ|ニニ|二二ニニニ|_=_=_=r'ー-、 :,''‐-、:, `ヽl|‐_‐_ |jj=i   i,,{==ー=====ー==‖ .:;'弌:i:|_‐_‐_‐_
=_=_=ニニ|ニニ|二二ニ=-ー…¬=_=ヤ;;;;:.:, ,  } :, ;¨| _ー_ |i:|A___| }  z‐‐‐ ュ   ‖ .::'  》{{_‐_‐_‐_
=_=_=ニニ|ニニ|ーr'''```__,,,,.. r =_=_i;;;;;;;::.} , ‖_:,-ーー┐_j:i:|z二二〕 }「  「 ̄r― ┴‐==n… 、
=_=_=ニニ|ニニ|ニ|ー=ニrr‐==‐┐ー-|;;;;;;:::{_ ,‘……:,Y___ーュzzzzァノГ‖ 八  {Гノ ..:.:.:.::::;;:゙  .:'⌒ヽ
=_=_=ニニ|ニニ|ニ|三三|//,'「゙゙~l|ー-=|;;;;;;;;;;;;;;:∩:.:.:.:.ー‐┐_, ノハ} ...,,,,_‐'´ `ヽ ' 「__,;;;;;:;:;:;;{ .:′
、-‐=ニこ|ニニ|ニ|三三|//,'|,,,,..l|.;;..;;..|;;;;;;;;;;;;;;;乂-、゙~~~ ̄)/)|/    /{ ,,.  ,゙「```` ^^^^^ ```` ̄
[Lニ=‐¬―--|ニ|¨¨ ̄ー-=|=‐'^''.;;.''j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::L,,〕 ,イ)) イ、、、、、、、/ j,,. ,,. ,゙ノ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:
,. '',,. '',,. '',,. '',,. ¨¨ ''.;;.''.;;.''.;;.''.;;.''.;;.''.;;.'「/ ̄¨``''ー弌ーr'゙ {{('',,.{「 '',,. ''ヽl}A,,. ,「.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::
'',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,.彳.;;.''.;;.''.;;.. '',,.. }/'',,. '',,. ''}} ,,. '',,. ,リ,,. '',,. ''|:;;ニ=---==ニこ:;:;:;::::.:.:.{
,,. '',,. ,,. '',,. ,,. '',,. ,,. '',,. ,,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. ー. '',,. '',,. ″ '',,. ''{{ ,,. '',,. ノh。,_       ``'〜ミ



                    rr、
              rr、.    ||::::',
              ||::::',  rr、||::::::'._
              ||fl==、j | ,||::::,..||\
              |||::Ц/|::レ'| f= !!>゙ー、
.              ||||::|::| |::| j/´¨`ヽ:::|
              fヽ_jl::| j,.': : : : : : : : l::::|
        r───‐‐、: :ヽl |: : : : : : : : : :ト=}   呪われた武具と一緒に
        |f´ ̄j [ ̄` |: : jA: : : : : : : : :ハ:::j   これも装備しておけと……。
        l レ´t___j`ヽ .|:,ノ|::|`ー-、: : :ノ:::::ソ
        | { {三}=[ | |::| |::| |::! K¨`ヽ:::::j    フム、俺も知らない話だな。
       __ j l弋_____ノ :i_j、j::.t_l::!,r‐= `>'
     /´f{二二7---、_jヽ.l:tl::[_l::L____/=L__
   /¨|/´¨ ̄`ヽ≦=='   jゝ::::::::::/ j´ ̄|´ |:::| ト‐‐-、_==--―¨ ̄ ̄ヽ
  {|:::|´¨:::::===、:::`ヽ≦¨¨´::::::::::::::::¨ ̄ ̄´::| |:::| |____/L__─ ≠´ ̄ ̄ ̄ヽ
 /=|\::::::::::∨::::::\-、_ノ:::::::::::   :::::::::::::::::_,. j:::: レ====='f─ ̄ ̄     ̄7
 ヽ}|::::ム=='´`ー―'::::::::::::::::   ::::_,.≠´  ─'::::::::::::::----、レ´ ̄ ̄ ̄ ̄`∨
  /^l::::::::ヽ:::::::::::::く::::::::::::: ..::,.─'二─¨ ̄´::─ ̄|:::::| r──K、      ハ
. /ゝ \::__:::::::::::::::ノ }::::_,.='¨ _,.='::::::,.='¨   ,.l  |:::::| |   ∨ \      |


68 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 __                         __
                    |     `: .、       , -.、           ,. <      |
                 ` <    .`: .、     l  l      ,. <    > '’
                      ` <    |      .l   !      |    >'.’
                         |     !      l   .!     .|     .|
                     | ̄ >='   ∧     .l    .!     ∧   `=< ̄|
                   `: .、       .∧  /,,=:.、 \  ∧      ,>'
                         ` <       ∨    .l l)  .∨     >'´
                          |         /Χ        |
                    __ノ     ,r.= 、_, ,.::´:::`ヽ_ ,., =く _,  ',__
                        マ     `弋_ ノ´il:::::::::::....l`:(  ノ       /
                        ̄ ̄`ヽ   ´( `ヽゝ._ .ノィ´ )` /  ̄ ̄
                     ,,==- 、>    _)><し    く,,==- 、
                         マ.,= 、  .__   (i   i)   __  ,,= 、./
                       ´   l   l \   _  / l  l
                            ノ ノ  .|  |  |  |   弋.弋
                           `´    |  |  |  |    `´
                                 |  |  |  |
                                   \|  |/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        / ̄ ̄\
                      /       \
                     /  、  ,  u  \
                    /´| fト、_{ル{,ィ'eラ,   |   ロトの紋章〜?
                  /'   \ .トェェェェェェイ.`   /
                 ,゙  / )ヽゝェェェェェヌ  / ヾ、   そういうマンガに出てくるってのは聞いたけどよ。
                  |/_/  /  ̄ ̄ ̄      ヽ  こんな首飾りで呪いが防げるってのか?
                 // 二二二7      __    `ヽ
                /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´     -‐  \
                / //   广¨´  /'       ´ ̄`ヽ ⌒ヽ
               ノ ' /  ノ `ー- 、___            ヽ  }
             _/`丶 /         ̄`ー-- {.       イ


69 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   ただの首飾りじゃないお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    ねこ夫の話を聞いてから準備してた
     /⌒ヽ        ィヽ     太陽神様から直に祝福を授けてもらったミスリル銀製メダリオンだお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                            ,ヘ            、  \ ー-l  ー--/ \ヘ
                            /  ー、            ∧`ー- ’
                           ノ    ヽ             ヘ、
                          |       \    _....ニ - ´
                          |   ・    |  ,、  ̄,..>
                          |   ・    |  >' ´'
                    /ヽ.     |   ・    |   ̄ ,フ
                   /   \   |    ・    /   .,/´´    ,     ,へ、
                  /     |  |   何   |  ∠.,__   /   /| |;;;;; \
                 /      ヽ .|    ・   .|      /  /  /  |/__;;;\|\    ー、
                 |        |_ |   ・   |    ,/  ,><´  _/ / ,- 、\  \|、 \ ヽ
                 |   ・    | |   ・   |       ̄' , ヘ '~iヽ    _ `’' _,.-;;;;   |  ヘ i |
                 |   ・    | |   ・   |      //! .i._ じ|  二_  ̄ ̄;;;  ;;;;  |ヘ | ur./
                 |   ・    | |   ・   /      ´  r'l/|  ̄7 ´      ;;;;;;;;;;;    |! /
                 |   ・    ! |       |             !'u 、         ;;;;;; u' ;; /
                 |   だ    ヽ|      /          '.,   丶´        ;;;   ;;//
                 |   と       |\  /             ヽ   _,.. _--_ 、  u ;; ,//
                 |   ・      .|  \/              ヽ ヽニ-_‐.. -`    / /
                 |   ・      |、                   ヽ  ̄       ///
                 |   ・      |                    ヽ     / ./
                 |   ・      _|                     ー‐ ´\/
                 \  ・     |                         _ -― ´
                   \      |___,                   - ´
                    \__l ̄ ̄´                      /


70 :◆vsQyY1yD2Q


                       幻魔剣の開祖である剣王フルカスの修行シーンに
           ___
        /)/ノ ' ヽ、\      呪われた剣を装備したまま、直径2mぐらいのロトの紋章に
       / .イ (.●)  (●.)\    鎖と鉄枷で縛りつけられて呪いに耐えるっていうのがあるんだお。
      ./,'才.ミ).  (__人__)   \
     | ≧シ'    `⌒´      .|   多分、紋章の聖なる力で呪いを緩和するとかだと思うから
     \ ヽ           ,/   試してみる価値はあると思うお。



                                   ____
                                 /     \
                               /         \
                              / (●) (●)    \   ちょっと待て。
                              | (トェェェェェェェェイ)    |
                              \ \ェェェェェ/   /    情報は無いんじゃなかったのか?
                         ⊂ ヽ∩  >          \
                          '、_ \|               |
                             \ \      /  /



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   だって そのシーン、幻魔剣について説明するページの
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/     小さな1コマに描かれてただけだし
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



                              ,  ¨¨¨¨¨
                              /      | il i  \
                          〃 u     i l| | | u ゙
                          {   トェェェェェェイ   !   ∨   なんで そんなの覚えてんだ!?
                              |lilililililililil|     u !
                           \人lililililililリ          おっさん、何者なんだよ!?
                            ト、__、_        , イ
                              乂__|    ト .._ 「
                                  |    人_ ∨
                                  |        ∨


71 :◆vsQyY1yD2Q
                    _
                ,..:ヽ'"::::::::::::`ヽ、
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::ヽ
              ,::::,::::::::::::::::::、:::::::::ヽ.::::ヾ、゙!
               j::::|:::::::::::i:::::::|::i:::::::::ヾ、::〉:|i:|    おっさ……?
               |::::|:::::::::::|:::::::|:::|::::::::::_iV::|:|:|
         /ヽ.   |::f|:::::::::::|:::_:_|:_|レ!iイ●i:::|:|::|    言いましたよね、私の恩人だと……!
        メ、/゙i   |::゙ト、::::::::|lヤ●ソ!i!i!`¨ !::|`
        fニヽj.ヽ   |::::::|゙‐n-! `、__ _,.ィイ1:! ギパッ☆
.      ,、ト'ヽメ'`{   |:::::j::::|/ヽ 、ゞメェェィソ i:|、_
        |ヾi`トj、/    |:/ |:::| ト.   ̄/´  |:|/´ヽ、
      | ,::7 /iヽ.  /  !::| | ゙! , '/    ,!|    ヽ、
       | !::|}i´ .| ヽ_メ、 ,!::j  | У/   ∨|:|     ヽ.
        | :::|| i! j  ゙ト、 ヽj::,'!  |' /   / |::i     / ゙、
      .| !:| || V   ヾ、 |:i | /   /   !::|   / /   ゙!
        | .|:| .|| j    ゙|`|:| .i/    /    !:::|  |/    ノ!
      ! |:| i |!     ト|:|7'.、_  /     |::::゙! i/  _/ !
      | |:!  !゙!     ||:|ヽ、 `'ヽ-=ニ、__|::::::|‐|`=´   |
      ヽ|!  ゙!     ||::`ト、ニ─- ニ二二|::::::!‐|        |!
       `  ゙!       !|::::ヽ_ `_=`─="|:::::::|_,|   !     !゙!
          ゙!     |::::〉ト‐ハ<=ェェ___‐ェ|:::::::|"|i  !     ゙!



                       . ´                         ` 、
                     /                             \
                    /     \                    /       ヽ
                   /          \   i             /           ',
                   /      __   ヽ_ ソ      ゞー''´ ,ィf  ̄ ̄ ア    ',
                  /   ヾ ̄ ,.‐-ミー<、          i ,.ィ´ , ¨ヽ   }!     ,
                        ハ  { i }  ヾ         ! '/  { i  } ‖  ;
                         ゞニ≧=´- ,            、   -ゝ=<彡'   U     ごめんなさい!
                     ;     -‐=≦三            ` ー-
                   U                                      i  口が滑りました!
                 {         /`ァ-..,, __________ ,.ィ7ヽ  ',     }
                 i      ,'  /^Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y^V∧  ;     .
                 .     {  i{i‐┼ー┼ー┼ー┼ー┼ー┼ー┼ー┼‐|┼}i  i}:     ;
                    ',    il. {|i._人__人__人__人__人__人__人__人_ノノ.,リ  リ     ,
                     ∧    ゙:. ヾ- ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨ ヾン  ,'     /
                   ヽ.     ゞ=-    ¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨  > __,,.イ   /


72 :◆vsQyY1yD2Q

              _≧::::::::::/:::::::/:::::/::::|:::::}:::}:::::/::::::::!::|:::::::::::::::::::::::::::::::\
            / ̄冫:::::::::/:::::::/:::::/:::::/!::/j/「:/ |:::::/:/::::::ヽ::::::::}::::厂≧ミヽ
           ___/::::::::::::/:::::::::|::::/:::::/_j/ /‐j/ 、j/j/:::/::::}::::/:::/:::::::::::\
            ̄>―::::://::::i::::!:/{::::/  〃 fr}  イ{:/:::::::::ハ:/:::/:::::\:::::「ヽ
           /二ニ='::::/::/::!:┼‐ヽト、    _¨/  |ハ:::://Y//::::::::::::::\!   すげえ!
            \:::::::::::::/::/:::::V Y fr}ノ         ! V {{ '_/:::::::::::\N ̄
               ̄/,.イ:::::::::::V ゞヽ ´      U   ヽ }:::::::::::::ヽ::\    キル夫が押されっぱなしだ!!
               ///:|::::::::::::ハ     ___        /::::::::::::∧「 ̄
               /´ /::::j//:::::::::::}    r'/ ̄ ̄〉   /!:::::::::::::::Vヽ
               ∠=-‐/::::/ }::人    `ヽ/ ̄   /  |:::::::::::::ト、!    ,. -
                   j∧{ノイ乂 \              !∧::ト、{___/
                          \     ,. '´    乂>  /
                          ノ/ ̄「ハヽ         j/:/―――-
                           ´    ヽ j∧     |  /: : /: : : : : : : : :
                                     ヽ   j/: : / \: : : : : : : :
                                 / 〉 /: : /   \: : : : :
                                    /ーヘ: : / \      \: : :


                           ____
                        ,. -'"´      `¨ー 、
                        /             \
                     /                ',
                    ./                    ',
                    l         ノ   \___     .l
                    l  ヾ==ツ    (  乂ソ ノ    l   怒るとマジで怖えんだよ、コイツは。
                    .',               lilil    ./
                       \  トェェェェェェェイ   /`ヽ
                    /  `  ゝェェェェェェノ  ‐'    ',.
                   ./                     l


73 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
.    /       \    そうかお?
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|   キル子ちゃん、おしとやかな子で
    /,'才.ミ) (__人__) /    そんなイメージ無いけど。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \



                                , ´ ̄ ̄ ̄`ヽ,
                              /           ヽ
                             /            ',
                             { __ノ {{、__    i     マジで言ってんなら
                              | 亠‐:三三::亠‐     |
                              }             {.    あんたはカンッペキに騙されてるか
                             、  |エエエエr.f1   , '    相当な大馬鹿かの どっちかだよ。
                              \ ` ̄ ̄ /i | |、/
                               ≧=‐- / ! ! | |≧=ァ_
                             f二二二〃   ,仁二二ニ!
                             |ニニ二二i   ,仁二二二i


74 :◆vsQyY1yD2Q

   :::ヽ                        /::::::::
  、::::::::\       ,...::::::ヽ':::::ヽ   ギパッ☆ /::::::::::/
   ヽ::::::::::ヽ     /,:::::::,::::::::、::ヽヽ.     /::::::::::ノ/
  :::\、_::::::::\  /::/::::::/:::::::::::!::::::ヽ:〉ー‐:::::::::::::::::::::::´:::
  ::::::::::::::::::::::::::::>、/::::::/|::::::::::::|ヽ::,:ハ::::::::::::::ー-:::::、_::::::
  、__:::::_:::-‐'":::::/:::::7'○!i!i!i!i○ヽ::::::〉::::::::::::、:::::::::::::::ヽ、
   /´:::::::::::::,:::::::::7::トイトェェェェェェェイ'"、::ヽ:::::::::::::\、::::::::::::   に・い・さ・ん……?
 /:::::::::::::::/:::::::::/::/:::::7ゞェェェェソ::::、:::ヽ:ヽ:::::::::::::::::ヾ、::::::
 :::::::::::::://:::::,イ/:::/:::::/r'〈 ヽ/ /゙ー、ヽ:::ヽ::ヽ::::::::::::::ヾ、::
  ::::::://´::::::/::/:/::::,イ/  〉' /   ヽ:ヾ::ヽ:::ヽ::::::::::::::::`
   //:::::::://:/:/::/ j/ヽ,ィ≦≧‐-ェイ´ヽ:iヽヽ::ヽ::::::::::::::::
  //:::::::://:::/::/::://  } ̄ ̄ ̄ ̄!  ヽヽヽヽ::::::::::::::


      _____     ━┓
    /:::::    \    ┏┛
  /:::::::::      \  ・
. |:::::::::         |
. |:::::::         /   これぐらい、大した事ないお?
. |::::::::::::::      /
  \_:::::::       \
    /::::::        |
.     |::::::::::::       |



                                   /            \
                                      /             ,
                                    :                ′
                                    | ‘ヤニニ=ー          :i
                                    }  `リサ゛          :|   ああ、分かった。
                                  fr-r-r┐  rfiヤ     :|
                                     } ̄ ̄:;|   ||i!      :|   大馬鹿の方なんだな。
                                     {TTTT」          ,′
                                     ! ̄ ̄`         /
                                  ー― -- 、   ____{_
                                  、-―…∧   ト .   K
                                   >、 |     j  \/ \
                                  / ,/  !  <


75 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          ∧ヽ、_j ヽ \}ヽ/{__,
                         _ト-≧.: ´ ̄ ̄//jiK _ ≧z_
                         > /     7///.//iヘ フ
                      z≦_ /   ..:::::::::7/i///// ハヽ、
                        -=ニ7   .::::::::::::::j||7/〃,.イ三ji _:、
                        ∠ !  :::::::::::::::::j||7//≠亥' ィト、{
                        フ|  .::::::::::::::::::i||/////イニイミ、
                      >iZ/ムi 、_:.:.:.:.':,::::::::i|||||||≦三彡 j斗、     混乱するまでの時間が
                   Y///////iハヽ::トx _',::::::!|||彡_テ'Z´,イ{!///iト、
                      {////////∧   `ーY |i/ー==彡'iヲ///////\  長くなった気がするぜ……!
                    i/////////,|ヘ,:   i |! 〃≡斗イ| |/////////\
                        V////////i|.|∨iWiト、iwwyイ7≠ .i |///////////i\
                    7/////////i | iト{ | | || | | |//j! ////////////////\
                      ∨////////ハ.i .トキ.| || | |/イ.ノ.///////////////////
                    |////////iハ', ヽ/ Tix,.イ≠ .////////////////////
                    |//////////ir-、{  |ニ/  /////////////////////
                        i//////////| { :', ∨ / ヽ //i,、 ////////////////
                    j/////////八  V',  V'/ハ  V/{ ヽ、 /////////////
                    7//////∧/Tヽヘ .ヾ   `ー'  V_j  .!/////////////
                   7/////// i/{ N j          :::  リ////////////
                      j///////   !/i>、           /////////////_
                     ///////\ i/////\         {'///////////////
                  ///////////////////`ヽ、       |///////////////


                    ,.イ /| ,.イ,. イ   ,
                ∧ /::〃:::レ':::::::::::///,.イィ
           _ _  ト\|:::V::/:::::::::::::::::/::::/::::::ノ
            \ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'´ ̄二ヽ、
           ,.=ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦ニ=- 、
          _/:::::::::::::::::::::/_/_/:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄二ア´
           _>::::::::::::::::::::::::i::ハ∧「fミ、:::::::::::::::::::::::::`ー‐彡'
          _フ:::::::::::::::::::::::iハレ'´ 示ミハ`::::|:::iハ::::::::::::::::_∠イ
           ̄/::::::/:人:∧!ヽ,._弋ソ Vハナナミ、::::::::::`ー<_
          ∠:::::/::::,公从        、 '´ 心jハ::::::::下、 ̄   混乱すんなよ!?
         ´ ̄/::::イ{ r'  u       r'ヽ. ゞ'/::::::ヽ::| `ー
           ∠ イ:::\`    _,.--、     `´,':::::ト、:ハ!      するなら外でやれよ!?
             /_,.イ:八   ヒ二:ヽ\   ノ::::::| ヽ
              /:::/::|\     ヽr'  ,.イ::トト、!
                /< ̄!  >r、 _,.. <二}ム、
           _,.イヽ._ V_,. --ァ' ´ _,.ィ仁彡' ノ ハ
           / ト、/ / /  / /  //--、
            __{ {{ V /// /二/ /  //::::/:`ヽ
        /´:::∧ V /// /ー―/  //::::::/:::::::::::::∧
       i::::::::|: : / /// ////´_//::::::::::/:::::::::::::::::::::i
         |::::::::|: /イ/ //// ̄ ̄´:::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::|
     _,.-┴  ̄ / / ///::::::____:::::::::::::!::::::::::::::::::::::::|
-‐  ̄//  / / .////:::::´::::::::::::::::`:::::::::|:::::::::::::::::::::::::|


                      【 ※ 一応 効果は あったようです。 】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


76 :◆vsQyY1yD2Q
                       __
                    ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                  ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                   ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                  ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
                   !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
                 ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
                ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
                 \::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
                   ヽ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                    `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
                       ヽ::::/
                         ∨

             ___ / ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄   ___      /   //  /     ______
.      ト    ///   /   /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧=ー‐  //  /    ______
.      | i   ///   / __/__/_ / ̄/ ̄ ̄ ̄ /  //  /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.      | |///   /   / ___  \/__  /   //  /  //|                \
.       | l, / /  /j _,ィ广__   ノ\ __ < ̄ ̄ ̄`ヽ  / 厶 -――</ │
   \  /| l/ / / ,入 {弋f__ヅ_____,   ヽ) } `   /  jレ ´          \  |   /{
     ∨ ノ    / / / ̄ ̄ / ̄ ̄\      i   /  /             ∨  / |
.     /      / / /    /             |___/   /          --┴‐┴<
    /      / /       /__| ___jレ‐‐。ミ      l      /      /            \
.   }\    / /     // l }jf__心_l{_, / ,ィ ′   /       /                 ',
.   │ \ i{ '   //    \ 癶廴人 /// /   //     マ´                    __
.  !   ) \   >{_________\ 厂{_/ /______/_l__                          i  } ト、__
   ∨//|\/   ー―――   ̄ ̄  / ー―― ̄ ̄\                   /\_/  l | \
.   //ノ| l{   \_______/_______ \                   |   ⌒〉   |   \
   /个ト \|\     ̄ ̄ ̄ ̄\  \__jノ   ̄ ̄\\ \ \   \    ____|   /   |     i
   /|│ \ |_\  \ ̄ ̄ ̄\ \  \          \\ \}   ` ̄\_/   \\\ /    |     |
    _,ノノ_/ \___ノ\__\\ \ \ \  i`\      ヽ )              ̄ ¨¨ } |_\________|____|
     ⌒ヽ/〈// `’<__/\\ \  ̄ \ | / \       /               |   } } ヽxくxくxくxく
.       /〉 〈     \ \   \\ \   \   / \                   |    |__廴{ ̄ ̄ ̄ ̄
      /〔 /      \|─    ̄ ̄ ̄   /  /    \                   |___\\
    l / ノno|_        } ト __\   |  /  i{       \                    〉ノ
    |{ 〈 lUo匚         | |_〉 \  |  l{  l l|         >ー---------<__         //
    l|  〉 厂         └‐=ミ  |  |  l|  l l|       /    \___ ー==|     ̄ ¨¨//\__
    |l__j_/                } │ ! |    l|     /      \  ̄ ̄ ̄|       /\ Vヘ⌒ヽ
   八               | /  l  |    l|    ′      } l_    \    /    Vヘ
.    ∧                  j/     l  l l  l|             ー―    \/ /   ∧ ∨ヘ
      ∧                     l  l l l|     i       /          /   / \ ∨ヘ
     ∧                   l  !  l|     |        /          /     /      ∨ヘ、
.       ∧                      l    l|     ト、      ,′         /     /       \
.       ∧                       l l   i{     ト、\   ;       /    /             |\
        ∧                    l   i{   ! \\ l   ___/   /             |
.          ∧                   |   i{   l   \\/      /                |/
.         ∧                   |     i{        \        /               {_
                             j     l|           \     /                     |
      \    \__          __/ }     l|   ',       \_/                      |_
   \   \    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /   |   l|   人        ト--   ... __          |
.     \    \     \          /  /  リ  /'⌒ヽ         {                  |
       \    \     \ー―  ―=彡'  /   //    /\    │                   /
.         \    \             /  /      //  ヽ   |                  /


第176話へ   3  第178話へ

この記事へのコメント
いやもうデーモンソード戦の前くらいから出始めたキル夫がキャラ的に好きすぎるwww
Posted by at 2017年03月13日 21:34
そこは馬鹿と言わずに肝が太いとか器が大きいとか言えば、妹の怒りを買わないと思うぞキル夫
Posted by at 2017年03月13日 21:35
相変わらず、やる夫の脳みそはクレイジーでエキセントリックやなwww

そして、キル子の「ギパッ☆」に反応が薄いのは
・某工房のナイフの似合う人妻
・某香辛料会社の令嬢の愛のスマイル
・やる夫の24人目(だっけ?)のプッツン顔
ぶっちゃけこれらのせいじゃね?
Posted by at 2017年03月13日 22:06
ああ、その特訓のコマは俺も覚えてる
…が、流石に背後のが紋章だったなんて覚えてねーよ!!
Posted by at 2017年03月13日 22:35
やる夫の記憶力っつーかドラクエ愛がチートすぎてヤバい
Posted by at 2017年03月13日 23:31
>フルカスの修行シーン
自分もあのコマ覚えてたけど台座の形なんて知らなかった!?!?www
Posted by at 2017年03月13日 23:46
>フルカスの修行シーン
すいません、参考資料にできる実物(コミック)があるのに
そんなもの思いも至りませんでした。
やる夫の記憶力ってか、主の記憶力と発想はもう崇めるレベルだわ。
Posted by at 2017年03月14日 00:09
太陽神様から直接祝福を授かったミスリル銀製のメダリオン
ガチ神器やんけ 呪いの効果低減だけじゃなく色々な効果があってもおかしくはないぞ
Posted by at 2017年03月14日 03:03
今回は神谷推しか
それはそうと、フルカスの名前すら忘れきっていた自分がいる
Posted by at 2017年03月14日 04:48
主のドラクエ知識って…
Posted by at 2017年03月15日 10:35
えーと、魔除けの聖印を+99とかした感じか?ゲームが違う気もするけど
Posted by at 2017年03月17日 10:22
暴れないように縛り付けてるのかと思ってた。
紋章だったんだ縛り付けてるの
Posted by at 2017年03月20日 12:25
修行シーンはなぜか覚えている。
確かに紋章に張付けられていた。
ただ、言われないと思い出せない。
Posted by at 2017年03月24日 21:39
あのシーンって一コマだったのか…
なんでか憶えてるなぁ
Posted by at 2017年03月27日 05:03
このやる夫とキル夫のやりとり好きだわ
Posted by at 2017年05月24日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179079085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ