■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 7/23 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2017年03月27日

第178話「たんけんボクのまち」(4)

第177話へ    4 第179話へ

78 :◆vsQyY1yD2Q


   次の日も幸子は、やる夫達の宿を訪れた。

   キル子達だけでなく、年の近い やる夫の嫁達とも仲良くなったようだ。


‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=_=_=|=_=ミh。_、_‐_‐_‐_‐_‐「‐_‐_‐_‐zzzzzzz=======ニニ二二ΞΞΞイ‐_‐_‐
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=_=|=_=_=_=_|_‐_‐_‐_‐_‐l_‐_‐_‐_‐「:i:i:Г:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:「:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i|_‐_‐_‐
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=_=|=_=_=_=_|_‐_‐_‐_‐_‐l_‐_‐_‐_‐|i:i;ィト====彳l|:i:i:i:i:「「ミトr-‐彳!:ト、i:i|_‐_‐_‐
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=|=_=_=_=_|_‐_‐_‐_‐_‐l_‐_‐_‐_‐ィi{:i| i」 .::. i|zミト≦tt||||=! ,::. !t| |:i:iト_‐ ‐_
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=|=_=_=_=_l  ー_‐_‐_‐l_‐_‐_‐  |:i:i:| 「l .::. Г|||~~~゙゙゙|||「 ! .:. |ハ|:i:i|
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=_=|=_=_=_=_l 屮_‐「lГΠ゙゙゙l| 山 !:i:i| ,゙@.::. l |||   |||l ! .: j  i|:i:i| 山
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=|=_=_=_=_l_‐_‐_‐|l|| A || ` A]| ーi .:. |||ー―‐|ll! .: l !:i:i|‐_′_‐
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_=_=_=_=|=_=_=_=_|_‐_‐_‐|l|| A ||ー_‐_|i:i|,' @:. ! |||   jj|| ! .: !|  |:i:i|_‐_‐_‐_
ニ_‐_‐_‐_rzzzzzzzzzzzzzz _=_=_=_|==ミ_├-、_jj  ||ー_ー_|!ij r〜:, jj  l||   jj|| ', ,,ム |:i:i|_‐_‐_‐_
=_=_=ニニ|ニニ|二二ニニニ|_=_=_=r'ー-、 :,''‐-、:, `ヽl|‐_‐_ |jj=i   i,,{==ー=====ー==‖ .:;'弌:i:|_‐_‐_‐_
=_=_=ニニ|ニニ|二二ニ=-ー…¬=_=ヤ;;;;:.:, ,  } :, ;¨| _ー_ |i:|A___| }  z‐‐‐ ュ   ‖ .::'  》{{_‐_‐_‐_
=_=_=ニニ|ニニ|ーr'''```__,,,,.. r =_=_i;;;;;;;::.} , ‖_:,-ーー┐_j:i:|z二二〕 }「  「 ̄r― ┴‐==n… 、
=_=_=ニニ|ニニ|ニ|ー=ニrr‐==‐┐ー-|;;;;;;:::{_ ,‘……:,Y___ーュzzzzァノГ‖ 八  {Гノ ..:.:.:.::::;;:゙  .:'⌒ヽ
=_=_=ニニ|ニニ|ニ|三三|//,'「゙゙~l|ー-=|;;;;;;;;;;;;;;:∩:.:.:.:.ー‐┐_, ノハ} ...,,,,_‐'´ `ヽ ' 「__,;;;;;:;:;:;;{ .:′
、-‐=ニこ|ニニ|ニ|三三|//,'|,,,,..l|.;;..;;..|;;;;;;;;;;;;;;;乂-、゙~~~ ̄)/)|/    /{ ,,.  ,゙「```` ^^^^^ ```` ̄
[Lニ=‐¬―--|ニ|¨¨ ̄ー-=|=‐'^''.;;.''j;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::L,,〕 ,イ)) イ、、、、、、、/ j,,. ,,. ,゙ノ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:
,. '',,. '',,. '',,. '',,. ¨¨ ''.;;.''.;;.''.;;.''.;;.''.;;.''.;;.'「/ ̄¨``''ー弌ーr'゙ {{('',,.{「 '',,. ''ヽl}A,,. ,「.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::
'',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,.彳.;;.''.;;.''.;;.. '',,.. }/'',,. '',,. ''}} ,,. '',,. ,リ,,. '',,. ''|:;;ニ=---==ニこ:;:;:;::::.:.:.{
,,. '',,. ,,. '',,. ,,. '',,. ,,. '',,. ,,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. '',,. ー. '',,. '',,. ″ '',,. ''{{ ,,. '',,. ノh。,_       ``'〜ミ


                ,. ''゙´¨ ̄ ̄¨`丶
               /            `丶
                          \    ゙,
             /   ,'            、  \ ヽ、
            ,.'   i   ,ィ    i!     ',  i   、
           /   i{   / i    |\ i   ゞニニz   i
          ,イ { =≦{ ハ┼-乂N\{‐弋匕人|「二ァi  |
          厶{ー=N´ィ笊_     ィ笊_   !  \
           从  {   ヒ;;;ソ      ヒ;;;ソ }   !\  _\   えぇっ!? もう結婚してるんですか!?
          ∠_iヘハ圦     j        ,イ  / } !ゞ ̄
             i  个             i  ム'゛,'      かわいいボクですら まだなのに!!
            ',  | ハ     r‐=z、   /! /  /
             ゚.  iヽ 丶、  ゝ一'   イ | /从/
             \{ \i{ゞ〕≧ ‐一'  ! !/
                   ,.イ}     {‐-  ..,,
                 ,イi¨  !    /  } i.:.:.:..,,.
              ,..:.''"| {   {  _/     } i.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
             /.:.:.:.:.:| {ァ‐-f ̄`>^⌒^、//.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:i
             |.:.:.:.:.孑′ 廴/     〉".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             !y.:.:.:.:}  /仆、    丿.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
             /.:.:.:.:.:≧‐' {  \__/i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             ,'.:.:.:.:〃\,-‐乂_,,-一'.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
             {.:.:.:.:{{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             ゞ.:.:}}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}}.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             i .}:.:{{.:.:ー=ー-.:.:.:.:.:{{.:.:.:.:.:.:.:.:i  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             |.:|.:.:i{.:o:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.oi{.:.:.:.:.:.:.:.:i  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             |.:!.:.:i{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i{.:.:.:.:.:.:.:.:{  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i


79 :◆vsQyY1yD2Q

       /: : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : .\: .\: :\
.      /: : :/: : : : : /: : /: : :/ |: : : : : :|: : : : :ヽ: : ヽ: : :.
.       /: : :/: : : : : /: : /: : /  !: : : : : :ト、:|: : : |: : : |: : : :.
      |: : : |: : : : : :|: :/|:`:癶、_ l: ハ: : : :! |:|\:_|: : : :i: : : : .
      |: : : |: : : : : :|:/メ|ン ̄`ヽヾ! ヽ: : iニリ_'"}:j: :.i: :|: : ト、::.
      |: : : |: : : : : :レ′,矣(_     ヽソ,ィz ヽ|∨: :.l: : i \
      /: :_:_i: : : : : :.|.  |::じミ|        i扮r!  |! 〉: :.!: : !
      /: :/ |: : : : : :.|   ` - '        ヾ;;;リ  ″!\|: : |   いや、さっちゃん今年で14でしょ?
     /イ:|  !: : : : : :.|ヽヽヽ      ,      、、、 |: : : : :.!
.      |: : ー!: : : : : :.| u                   |: : : :.│   私、今年で17だからね?
.       :. : :.|: : : : : :.ト、                 /: : : : : !
      :. : :ヽ:∧: : :.l :、   `ー '        /: : : : : :/
       \/|:ト、ヽ: : L  >:.. ____. . . : : : /|: : : ハ:/
            ヾ ∨x:├`≧ 、_ ⊥::┐/|: / .|: / /
        >x-'"  >   ̄ ┐|┌'}、 '"   /
     / ̄  \     \___/┼|y _77:. 、
   /  \   \/ ̄    Y ̄}'   \ \



                        -── .
                     .イ∠二二≧ミ:..、
                    /:.:./:ハ:.:.:.、:.:.:.:.:.Xハ
                    l:く:l/\\:l Χ|:.|」」:|
                    |:ム| ^じ  ^じ |:.|):.:.|  ぐぬぬ……!
                    l:.从u     |:从:.:!
                    V:.父ト 「 ̄)イ/ハ/ ← 19歳・未婚
                        ∧T7 :∧
                                      _   _,
                                   ___,> Y´'ー-、
                                  _>z二_ ___`ー≧__
                                  >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                 /        ヽ `Y′之>
                                   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                |ハ |(●) (●) / / ,/レ′  落ちつきなさい、ハルヒ。
                                  `|  ヽ     「)'/|/
                                  ヽ、_ ロ   _,.ィT/
                                    l 7Eニ::ィ1│  ← 29歳?・未婚?
                                    'イ/ヽ::::`l┘


80 :◆vsQyY1yD2Q
                 ____
             /:.:.:.:.:.:.:.、:.:`:..、
            ,:':.:.:.∠二二\:.:.:.ヽ
              / イ/:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:「ハ
          /:「!:.:.ハ:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:V/i
           |:.:|イ|:.:/lノ }ヽ:.|\lイ:.| |   でもさ、幸子は まずくない?
           |:.:Y:.{ == ,  == 从レ:.|
           }ハ:.:.:込、 .n  イ:.:.l:.:.リ   ラダトームに たった一人の勇者なんでしょ?
           /i:i:/: : :.≧ー /:}イ:/iハ
           ノ∨∧: : :|-----| : /i/:∧    オルテガだって、子供が生まれてから旅立ったのよ?
       /   ヾ:i:ト: :∧   /: /i/:/  }ヽ
       . "     \:iトヘ.m/:イ : イ ./者〉、
     /   、/{  ヾ≧==≦イ  }賢./ \
.     {     -く  .ゝ  イ:芥:ト  ノヽ.イ--   }  ※ SFC版オープニング参照
      ∨     ヽ } __∨ハ∨__ {   /    /
.     \ x≦/‐く: : : :|::|: :|::|: : :ヾ /_  /
        V:i:「  ン: : : :|::|: :|::|: : : f⌒ヾ:i:ハ./
.         ヾ八_7: : : : :.|::|: :|::|: : : :ゝ _ノ=彡
         /: : : l: : : :V: : V: : l: :.∧
           /: : : /|: : : : : : : : : :.ト: : :∧


                               -=ニ   ̄  ニ=-
                            /       ⌒丶     `ヽ
                           〃⌒          \       、
                        /   /        ヽ      \
                        .′   .′                   \
                           ==|  i{     :|  |i !   i|  ー-≧=-
                         | =| | :i | 、   | _j 斗从   i|   厂
                         |   | { 从{__メ  | ,r云ミ }  i|^V   いいですねぇ。
                          j∧ i V  r云 \j  ヒツ' リ/  Lイ|
                           人  N く ヒツ     /イ  リハj   そちらには たくさん勇者がいて。
                      ー=彡 ノ\ト \    '     |i  / ._
                       / / | 人     _ ,     | /: : : :/
                          W「{≧=- ._ . .イ´ |,/  ̄ ̄\
                            | ̄: /;| {_) //: : :二二`丶/
                            ∠-───</: : /: : : : :`丶ゝ
                           //: : : : : : : : :○))/: : : : ,-─‐-、ヽ


81 :◆vsQyY1yD2Q
             __
          ...:::´:::::::::::::::::::`:ヽ、
        /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
       l::::::::::::::::::ハ::::!::::ハ:::::!:::::::::l:::::::::::i
       |:::::::::::::i:::レ::::|::::l::::|:::|:::::::::|:::|:::::::!
       |::::::::::::i::::::::r≧ミ L:ハ::__,z|_:!::::_;′
        i::::::::{`l::::::l:::i゚●ソ   '●゚i〃:::i|
        l:::::::::ヽi:::::|:_|゙¨ ´   , ¨´!!:_:::i!  その……やっぱり結婚願望は あるの?
        l:::::::::::::i:::::ト .u         ノ:|
      ,:::::::::::::::i:::::! ` 、 _ ´...イ:::::|
     ,:::::::::::::::::i:::::|ヽ、   lト、:::::ハ:::::!
      l::::::::::_>ヘ::::!  ヽ. ゙、ヽ/ l::::|
      |::/-、  ヘ::!、  ヽ. | i、l::::!
     〃   ヽ.  l:!`、  ヽ.i iヽ:ハ
     ′      V、 ヽ  ゙j .|V│
    l      l j  Vヘ∧  ,′ iヽ !
    |       l ′ Vヘ∧ /   ! ',!
    ハ     ! /   !::i:i ∨   ,′ }!
    !      l'     |::ii:|./   ′ l|


                  . -‐ ー-. . _
              , .-‐: :´: : : :.、: : : : : `: : : .
           . -´_  -‐    ̄ \: : : : : : 、: : `: .
         / /   _ . . -一ー- ヽ: : : : : ヽ: : : : \
        /: : /  >: : : : : : : : : : : : :::ヽ: : : : :ヘ: : :、: : ヽ
       /: : : :7 /: : : : :: : : : : : : : : : : ::::: : : : : ハ: : :l: : : :.
       !: : : : |´: : :l: : : ::: : :<: ̄ 、``: :::::: : : : : ハ: : l: : : :ハ
       fニl: |: : : : |: : ::::: : : :l \:ヽ\ : : ヽ: : : : : l: : : ヘ: : :.
       l:__: :.l:: :|/ト : : ::: l: :.|  ヽ! ヾ、: l !: : : : : l : : : :ヽ: :.
       ゞ=': !: /! : l '; : : :lヽ!  - -   j从.: : : :. :l :. : : : \!
        ! : : : : ト; :|  ヽ: : !    イ芹乏彡 l : : : : : l::::::::::: : : \_
       ,: : : : : :.|ヽ! _,'ィヾ          l: :: : : : :.!': :\: 、-− ´   結婚願望というか……素敵な出会い?
       |: ; : : |: l ィ彡'´ ′         ; ::: : : : : l::::::::::`:.-=一
     _ノl: l: : :.|: lヽ                 /: ::: : : :.i: l:::::::i::::; :|     ほら、ボクって こんなに可愛いですから!
      ̄ヽ! : : l从、:!     _,  -‐'   /: イ:: : : :.jl: |::j:/!::ハj
        |: : : l: : :.ハ             / l:: : : /:.!:.|:/ l:/         たくさんの勇者のみなさんと友達になれば
        | : ト、:! :::::::ヽ        ,. - つ j : : /``!:x、 j'        きっと素敵な王子さまが……!
        | : l::;ヽ∧:::::::⊂ ヽ x 一 ´_ -< / : /  |j /
        |l: :,l!  ヽマ:::::;、:::〉    ゝ- 、 /:/ \  /
        lj、: :l   ヾ´ 〃     ー-l ´  i    `
          \、 _ -〃       ̄_ヽ!.  乂_
         γ ̄  /     ノ  ̄ し'      / `ー- _
          j ::::::: j      r彡  \     ノ ,       ヽ
         ,  ::::: !    |      、  −- ´ /   ::::::    ハ
        /   ::::l     |      −    ´    :::::::     !


82 :◆vsQyY1yD2Q

                     、
                   ´ ̄  ̄  、
                ィ      ´ ̄`   \
               //            ヽ
            /:.: ′             ';.:.、
          厂,':.:.:.i                 i:.:.:V ̄l
           厂i{:.:.:.:.|                  |:.:.:.゚,\!_   あ〜、年長者として教えといてあげるわ。
           .{__/|:.:.:./`                  ハ:.:.:.ヽ ノ
            /|:.:人__            _ノ:.:.:.:.:「\   勇者として優れている
.          _//:.:l:.:.:l:.:.:\  /        /:.:.:.:.:.l:.:.:.:ト、 }   =家庭人として優れてるって訳じゃないからね?
         / /:.从:.: !:.:.:.:.:〕ト、      イ:.:.:.ィ:.:.:.:.|:.:.:.:l:∧_〉
.        〈_/:.イ:.:.:W\:.:.i: :ノ     {: !/ l:.:〕ド:.:.:.:.!:.:.|
          /ハ: i:i: :ヾ:厶-──-ミ: : : : i!/: /ハ:∧:ノ
          /  _}:.i:i: : : |ニニニニニ/: : :/i/: 厶‐┴ミ、
          .厶-- >-ヽi: : : |      ./: : :/i//____ \
       / :_:_:_:_:>- lト: : :!_  -====ミf´: : : : : : : : :ヽ}
        }/  / ̄ ̄ ̄ ̄´          \:_:_:_:_:_:_: : : |
     〈{                イ´  ̄ ̄ ̄ \   |`ヽ:|
.      |                 ´                 l:_:_ノ
.      |         ィ´===- .             |
       ` ー──ォ一 ´ \: : ∨/:/〕ト .______ ノ
           /    r=≦77オ≧ォ      {
            ヽ -=={//イバVドソ==ミ、   ノ


                                  -=ニ  ̄ ̄ ニ=- 、
                                /             \
                               / /⌒            ⌒ヽ \
                                   / '⌒          へ   、 ヽ
                              /   / :/     {         ‘.   ‘.
                           ′ :/ :/  〃/ i     |     ‘.   ‘    .
                          / i / :/   /  ′|i     |\   ‘   |   |
                           ィ幺ノ i{X′{ /_{.斗 |i     个ー- 、__ ‘   |、  { 、
                           / | | 7´  Y 八     |    \`i  l| \ ‘. ≧=-
                         /   ィ i|′==, ‐:、=  \ =|=, ‐:、== `ト i|  \ \
                        ー==彡'|  |.   弋_ノ    \j弋_ノ    }  |   i| ` 一
                            |  | }                 }  | | リ    そうなんですか?
                            |  |i{                 イ  从ハ/
                            |  八             // / /
                               从   丶. _iニニニニニニコ_ .イ ムイ|i|/
                             ‘. { \j  ヘ}    }ヘ   | / ノ リ
                              _Y -=≦f´ ̄`Y^Y´ ̄〉〃≧=- 、
                              .′    〃}    {_.人  { {{      .
                              |   i: {{/j_ . イ  { \ハ{{ i:    |
                              |   i: {{⌒ヽノ   ゝ '⌒ {{ i:     |
                              |   i: {{ O         O {{ i:     |


                       ─……─
               ィ:.:.:.:.. -───ミ:.:.:.:`:..、
               /:.:.:.: イ  -───  \:.:.:.:.\
            /N:.:.:./:.:.:.:ィ{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.、:ヽ
.            /./:.:./:.:.:.:/ : ::.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:. \{ ̄ ̄{
.           く_//:.:.:.:.:.:i:.:′:.:.::.:. ハ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.!:.:.:.:.\\ハ
.           /:{_!:.:.:.':.::.:|:.:.:.:ィ ''¨``:.|!:.:.:.:.:.:.ヽリ:.:.:.:.:.:.:∨ーミヽ
           '://|:.:.:{:.:.:.N/,. - 、、 {!:. : ::/ ⌒ヽ :. :.:.: 〕iト、 } 〉
         :.l Y\:.:.:.:ィ.゙ァ' 花:i_  \:イ ,,.-、 小: }:.: !:.:.Y′
            i:.:\ト _{:.:.:.: 八 弋(ツ      /符: }! }. /:.:.:|:.:.:.:.|   そうよ。
            |:.:i:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ト.  ー      弋ツ ' 八.:.:.:.:|:.:.:.:.|
            |:.:l:.:.|:.:.:.:.:.:.∧.       ,   ー  / 丿 :.:.: !:.:.:. |   だって、ウチの兄2人が
            刈:从:.:.:.:.r‐八               /イ :.:ヽ:.: ト :.:.i|   その典型なんだもん。
.            }:.:ド/:.: i:/个:.   ’ )   .イ゙:.ト :.:.:.: }:.:l |:.:.リ
             {:./:.:.:.:.: {  i    ..,_ ,.  爪:.:. ヽ ハ:.:.:.ハ:ノ |:./
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.{         / }:.:.:.:.:.:.\}:./   l:′
         /〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.: {        { Λ:.:.:.:.:.:.:.:》x
        / \\:.:.:.:.:.:.:. { ‐‐-    -‐‐/:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:〉、
        〈   \\ :.:.: 八ー-----―/.:.:.:.:.:.:.:.//.:/  }
        f}  \  \\:.:.:.:.\      /:.:.:.:.:.:.//:./   ノ


83 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   長男 : 優れた僧侶で、勇者パーティの一員としては大当たり

        でも、家庭人としては様々な問題アリ。

                            __ ,.-¬- 、._
                            / '´,  、   、 `ヽ、
                         r´    / l ヽ  \ 、ヽ
                          /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
                       /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
                       '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
                        | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
                          lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !  いやいや、それほどでも。
                          l\l|    |    //ィ N
                         | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
                         '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
                          _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
                      _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
                 ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
                 / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l



   次男 : 勇者パーティには なれなかったけど

        家庭人としては及第点。
                             __
                         ,  <:.:.:.:.:.:>ー 、
                       , <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ーx:.:.:\
                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ
                       /:.:.:./:.:.:.:/:./:.:.:.:i:.:.:.:.:.:':.:.:.:.∧:.:.:.:.
                   イ:.:.:./:.:.:.:.:}:.:.|:.:.:.: |:.:.:.:.i:.:.V:/:.:|:.:.:.:.:.
                    |:.:.:.:|:.:.:.:./|:.:.|、:.:.:|、:.:.:.ゝ、|':.:.:.|:.:.:.:.:.iゝ
                   ∧:.:.:|:.:.:./ |ハ:| \:.| \:.:|__V:.:.:|、:.:.:∧
                   }:./:.:.|:._:.{   |_  >- へ!  ∨|ハ:. ∧
                   |/V:.|∧T  ̄     .ォ=≠ミオV| }:.ハ{
                   /  jハ|VVォた示     `¨゚´}:.:.|iイ/
                     / V{:∧ `゚´  i     .∧:.|ハ{   ほっとけ。
                      ∧|:ハ.     ′  u /|V!:.Y!
                        Vへゝ、  ー-  / .|/Vイ
                             ヾ:>-.、_/  |!
                            Y{l       K\
                        , <|. \   /  {:.:\
                      /-‐ ´:/:.:.:.:}   _ヽrく  ./l:.:.:.:.{`ー- ..
                     .ハ:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.} /| Y ハ //:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                   ..: /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.WV!ハ/∧ /.}:.:.:.:.:.:V:.:.:.i:.:.:.:.:.
                  ..,イ:.!:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.;イ  |:::::::::〉 ' |:.:.:.:.:.:.:.∨:.|:.:.:.:.:



                -──-
           . ´:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.`:..、
         /:.:.:/ 二二二 \.:.:.:.:{  ̄\
          ,:':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:ヽ:.:.ヽ \/
.         /:./ :.:.:.i:.:.:{:.:.:、:.:.:.:.:.:.×: !:.:.:.{ .イ:゚,
         ':.〈.イ:.:.: !:.:ハ:.:{\:/:.ト:.:.l:.:.:.:.V∧:ハ
        i:.:/z|:.:.:┼| 、 ヽ. /ヾ:.x!=ミ:.:.:.:..:!  Y
        |:.{ l|:.:.:.:|!      什心}}:.:.:. ト. ! !
        |:.:V |:.:.:.:l、_、     込ツ |:.:.:.:.|ノ_l/:.|  キョン兄さんは、面白みが無いから
        |:.:.Y:.:.:.:|´ ̄  ,       :|:.:.:.:.|:.:.:.l:.:|
        |:.:.从:.:.:.:|、   r ‐ヘ    |:.:.:.:从:.:l:.:|  大当たりとまでは言えないわね。
        |:./:l:.:}:.:.:込、  ゝ __}  イ|:.:./:.:.:.:.:!:ハ
        |:{ 乂:.:.:.:ヾ:.〕iト --  /:オ:.':.:.:.:.:// }
        ゝ    >匕´: : ノヽ  / {/{:.:. イ ′
            / /i/: : : :/‐‐   -/:/": : :〕iト.
.          _/ /i/: : : :/ ̄ ̄`ヽ /: : : : : ィ≦:ハ
         ,   {i:i: : : : ′    /: : : : ィi//´ !
.        /   ハ:i: : : :i xヘ  /: : :ィi〔: :イ   ー┴ 、
       /  / Y: : ! ノソ'/: :ィi〔イ/      __{_
.      /   {  ヾト: |  イ:ィi〔:イ:/ |     /´    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


84 :◆vsQyY1yD2Q

              r    ≧/\  y ノ}彡  ⌒7 }
            / l  _,イ  〈ミミ V//ノ ヽ   //
    _ ,  --=   _ lV    }   ノ彡'''' \> イ Y ヽ\
   /        人ミ=-<彡从/   /  /   Y ヽ
   ゝ        /  / T / / /_,イ/ ,イ /  ;l \ト
      / ⌒    ( V  Y /  / / ィz=ミイ  ノ ヘハ
     /        ハ V }{   从{/{ 弋゚ソ_l /イ ノ i从
    / {      i    ) ノ 八  ゝ,l l八 O    >イ、     相性の問題も ありますの。
    {{ハ  \  ゝ-==彡_o= > 、  l i ヽ ゚  _ィ ん  \
    ゝ ヽ  ノ )   < ィ  ゝ>£.へl  >_\  .イ7  ノ ノ   おとなしい旦那さまには
      ≧ -=    ノ //> >ィ   ヽT ;//   lイ    お尻ぺんぺんしてくれる奥さまとか。
    / イ / { T≧ -=イ_/  /◎  ̄ `ヽl l/-ヽ 从
    l{  l l 人 {     /  /::://`丶、   l j<r l --ミ、
    ゝミ_ V  ヽヽ  / r - /::/ {  l   ̄l リ_  ノー-/ム
      フ  /  ハ { 八 (;ノ入 ヽ_l_  lノゝミl_ /ニ/
   /_彡 7  /   } Vハ / /-=<_ニニニニミ>/liニニニ/
   i   V     /  l l |イ\ _  l   l  ノ ヘ
       > -- _    ノ/ l  \ \<ニニミ> /   '
      {    / イ- ' 〈 ノ    \ |    |イ ヽ   i
            , - ^- ヘ   <ニニニニ> \   l
        _,,.   ィ-====-- 、\ l   l    ヽ _ノ
   _,,. -‐'',,,,,;;;;;''''''   ヾ;;;;;;;;;,, ヽ il.   l
_,. -'´ i;;;;/;;;;;;/        '''';;;;;;,  l   l
    l' ヘ;;;;{           ,,;;;;;;;, li    l
   /  i;;;i            \ il   ,
  ,    ;;l             \   i
  i     ヾ,,             \ i
  l      '';;;;;;,,,            ヽ
  ,         ''''ト 、
   ,         l \          \
   ,          ノ / ト 、         \
    ,         i    /> 、        ヽ
    ,        l        > 、      ヽ


                   -───-
                  ィi〔 -──\:.:.:.:.:.:.:`:..、
             /  . ‐───‐ヘ:.:.:.:.:ヽ:.:/  ̄ }
                /:.//:.:.:.:.:.:.:.:. ト、:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:〈 ──く
             ':./:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:. { \:x:─:‐:.:.:.:ヽ  /、
         〈 ̄`ヽ.i/:.:.:.:.:.:.:l \:.:.:.:.:〉 ´\lト:.:.:.:l:.:.:.:∨\ ヽ
        }===ミ:.:. l:.:.:.‐┼‐へト、{   x==ミ:|:.:.:.:.:ト.  ∨
          く  f彳Y:.:|:.:.:.:.N ==ミ    イ斤心│:.:.:.:|ハ }
           \_爪{:.:.|:.:.:.:.:.|芹Y心     .乂zツ |:.:.:.:.:|:.:.:∨
          ///|:从.:.:.:.:.| 乂zツ   ,   """|:.:.:.:.:|:.:.:.:|   ああ、キョン兄さんと 義姉さんね。
            〈// :|:.:.:.:ヽ:.∧""" 、__ -〜’   ,!:.:.:. 从:.:i|
            /__l }:.:.:.:l:.:.ヾ込、          イ:.!:.:./:.:./ソ
             Y:.|:.:.l:.:.\:.〕iト --- ≦匕l:ノ:.イ:.:.厶=テミ
             }:ハ:.:ト.:.:从:.:.}:`-----ミ: :T 「 |i:i:i:/  ヽ
                 / |:i:i: : : : : :|ニニニニ |: : : : :i:i: |    `ヽ
             厂{   |:i:i: : : : : :|       |: : : : :i:i: |     廴_
           /   ヽ. Y! : : : : :|        ’: : : : iW      / \
.        /     \ヾト : : : ∧     /: : : : :/i/    / ィ      \
.        /         イ ヾト: : : :∧   /: : : : :/i/    〈´       ヽ


85 :◆vsQyY1yD2Q

                     ─━━  、
                      /:.:.:,:.:.:.:/--- :.:.:\
                   /に 7:.:. /──‐ミ:.:.ハ
               /:.:/∨:.:.:/ハ:.:i:.:.:.:.:.:.マ:.i
                  ':.://ィ:.:.:N__ノ:.:.ヽ:.:.l:.:ハl}|
                ,:.:.:V |:.:.:l_ l\厂V:.:ムト    逆に奥さんの方が暴走気味だと
               ハ:.:.:.:.!:.:.:! ̄   ==/:.: l:.:| }
    _rm__(` ー 、   {__l:.:.:从:.:.| (` ァ  イ:.:.:.:i:.:|   旦那さんが手綱を握る役になったりするわよね〜。
    `ヽ廴__, 人  イ:ミ{「: : :V  --≦:/ィ<:.メ
          {i:イ:i:i:i∨:i:i:i:ハヽ: : V´ ̄`|: : i:i: |:i:iヽ
          Vi:i:i:イ∧:i:i:i:八:i:i: : |    |: : i:i: |:i:i:i:ハ
           ヽ:i:i:i:i:∧:i:i:i:i:iヾヽ :ヽ.  |: : i刈:i:i:i:i |
           }:i:i:i:i:i:i:iヽ:i:i:}:i:i\\ Y: : !/:i:i:i:i:i:i|
          \i:i:i:i:i:i:i:トヘ:i:i:i \ 芥才:i:i:i:i:i:i:iリ
                \i:i:i:ノ\  ーr≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
              ̄}:i:i:i:≧==ト:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iイ


          フ  ̄ 八   / / \
         /   //ヘ    /{ ゝ、
    _, -= 彡_,,. -''´  /::::::::、 /  ム   -=ミ
     / /-==ニニ彡 /ヽ⌒ `^=--ミ ゝ    ゝ 、
    / /     ノ    У Y ノ\ ノ\ \   \ \
   , イ  , - '              ⌒ヽ \   ト  ノ
  /// /        /           Vヽ}   \ {
  //    ,ィ    /  /    i  }   ヘ l  \ ヽ   \
  i/ i  /从  ィ{ i  l i、   l| lィ ---ミ V  ヘヘ     \
     V  {{  / l i´⌒l ヽ  l ヽ l  l  l   iハ      ハ
     }  八 i 从人 l   ゝ人  ヽ ノ  i  }  l       ハ
    ノ    ヽ{  ハ イf云ミミ   イf云ミミ 从ノ  j       ノ   それ、ウチの お父様と お母様ですの。
   イ ノ    〉 l ハ o      ,     oイ/ /       i
    l/   / { l  o    __    o / / ハ \      }   でも、お父様も暴走するタイプですから
  /     l i  i  ゝ    ゝ - '   イ /          ノ    結果的には ほどよい塩梅?
 / /     l ∧ ヘ  > _  _ . < ノ/           ゝ、
 {/l      人 \lヽ } ノ=======l        /         私も そういうタイプだから
   l         _, ィ///////// 、 _     /     l  ヽ   ぎゅ〜っとして欲しいですの ♥
   ゝ人    >   l////////////////l  <       } ハ }
     V/   `ヽ /_////////////// ム    ヽ      // リ
    //     ///≧-/////// -≦/ハ      V\ 人{
   /  {     ///////////////////∧     } }
   {  \   V///////////////////V _ / ノ
    \    ̄  l TT TT  Y TT TT  {     /
     T ── ヘ liil  lil  ノ  lil  liil,   { ── T
     ∧     l Li    {      Ll  /    ∧
     ` ── ´      l         V__ '


86 :◆vsQyY1yD2Q

          _, -‐- 、- ― - 、、...,,_
      ,.r '"/ ☆   `、-―- ..,,_ `ヽ、
     / .   {  。   ゚  .',.     ``ヽ、 \
   ∧l -/ ``、      _'"兀`      ヽ \
  i  .},/  .、{ \ .゚ i'´ ',..}、 ``‐.,,_     \ `、
  } -i. l'‐   }、...,,`''‐-` -(  )    .>'"、~ノ、 `、.`、
 <.{  !_l.、   /'l: : /i.: :/ ./`''.´ _     {  ~"''.}´''。 ',. ',
  `、ノ.l ,、`.>':.l.l: : l. 、_i .`l`/i-/‐` .、 . '、~゛''ノ_',,...j..、_ノ
   `''.l: :`´:l:.:.リ`.、_,ィ.'"うみ、`   i`ヽ`T.´{ { { .( {
    .l: :,r_ 、/  .-i  伝む     \ ノ:.、 .` .` .` .ノ´
.   .l .{ { `i    ._乂_ノ     .仁ミ'/ノ入/','' "´
   / .ヽ、 ._      ̄`.    、 仆,'i_',ィ"./´_.,,!    どっちも落ちつき過ぎてるとね。
.   /.: : : : : :.`、         ,.  '.ゝ´'`カ.l: :i~´
 /:.: : : : : : : :.l.:\       (_ノ  /).jr.:':l: :.l         安定し過ぎて
./:./: : : : : : :./: : : :ヽ _   .,、 /,'.': :l: :l: :.l         新しい動きがなくなったりするんだよ。
{: :l、: : : : :.、--.、r<~_`iカr―‐l.r.'`ヽ: : l: :'、: l
.`、l:.`、.:.:.:/`、....,i ´ , -、ニ,.、 j〈´,´ /‐-、: :.l: l
  `ー`'/<_'、 /'、ll.}.、`'、{ 〉 ./ .   `,:.}:.:}
   ,.r'  .、i レ'/´i// `i'_ゝ!_./、-,   .i-.'
  r'ノ    {// ./,'/  (__)、_ _ノ {    '、
  .(._)、   ./'i /./    (. i.  ',    }、 \
  〈7'-.、ヽ {.l , -_,     (. i.  .`、 ,.ノ,.}  /
  ./ ___`_,、.'´ ―_"´`7 .} ,r'i.   ヽー、_)i'
 ./    〉=<    彡", -'‐'"´.',   ` .l>
 i、__ ,,.. i_, -`""~l´ ―l`、    `,、  ./
  / .`ー''"´   .l  ./  .`ヽ、 i. `ー'


                                 ______
                            ‐-        `
                         //⌒      ⌒\  \ \
                        / ´           ',  ヽ
                      /        /       |  「 ̄`~〕
                      /7´    -‐‐ :   」 斗-- Vニ二,   :
                      |   ´| ./ /|: |  |  |、    f´_/
                      |  l  |/|/八 |  ト、/ \|\|   |   '.
                        /|\l\|‐┬..┬_,,/  ~下 丁 |   |   '.
                          /ァ|   . :  :::::::|      |::::::| /   :\   \  いいじゃないですか。
                      厶 イ .: :l 乂,ノ       乂,ノ /   |_ノ 「 ̄ ̄
                         |  V '' ''         '' '' 厶イ: |  ;     あこがれますね〜。
                       i|  :ト     マ  フ   l |  八/
                      八  |  { ≧=‐r┬‐=≦lノ厶イ            そういう夫婦でいる事が
                        \|/∨   { ̄只⌒}∧             「当たり前」 になる空気。
                                  /く_,/::::ヽ_,〉:::::.
                              //.:/:::::::::::::|:::|::::::.
                                //.:(,)::::: (,)|:|::::::::.
                            /.:L ..::::::::::::: ,」:::|::::::::::'.
                              /.::/. : : : : : : : : :|:::::::::.'.


87 :◆vsQyY1yD2Q

                  _,..  - 、、..,_
              , ィ:"´: ,:. -‐- 、、:,_``ヽ、
           ./: :.,.r'´_,,...-‐- 、、..,`ヽ,-'> 、
        /: : /'"´: : : : :./ヽ: :,r、:.``Y  .,ィ´.>、
       /: :/,: : : :.,': : :.:/‐‐- `'‐-.l : :、', '´ .,.-',
       /: :/.:.i: : :l: :{ : : _lr'  \   l : :l :`、 .'‐'" i
       .i : /: : l : : l! :',、´:l.      ``,': :/i.:.:.:.>、_  ノ、
      l: :.l: : :l'、: : ',ヽ_,`、!     ,.-.、' l :<   .l.i i∨
        l: : '; : :ヘ.`.,ィ'´  〉i   .i{ ._,)_`、lノ `ト、l.l :l ',
        l.: : :`、 : `.i し ´⊂l   l.`´ `ー'.l∠ ' L__l: l-‐'    問題はね。
        l: :.i'i'`ヽ`( )==-'   .ゝ-‐-( ) .l'´`i.i',:l
        l:/ 、`ーl                 i  ノ: :i     その二人、まだ結婚してない事なの。
     ./: : : :` {      ___      ノ ': : : :.i
     /: : : : :./ ` 、r "´ ___ ``ヽ, ': : ';: : : :.:i
    ./.: : : :./.: : : : : :.` ´‐  _  ‐ ̄:.: : : : : :';: : : :.i
    .l.: : : :/: :/、 ` >'..>、- ‐ -,、-'.、‐''",`ヽ : : i: : : i
    `、: :i {:/  `、./ ' , '´ヽ,-<ヽ` . l . /  .', :/}: :ノ
      ヽ! i    .',`、   '.,、i` `  ノ /    .i '´


                             _  -==ミ
                            __/        `
                           ´           \
                       /        }   、    ヽ
                       .′   i{ |   ‐}、-}、‘,‘,\}
                       |    イ从   ノ _Y\}  }   \
                       } イ从 { _ ヽ/ f符ア´|  |≧=- `
                         {={ x符 ,        |  |ノ }      内縁関係って事ですね!
                     ムイ| { ¨´         从 i|イリ
                         从 ゝ、    く_)    /  リ  ヘ -‐/ム  ボクの両親も そうだったんですよ?
                        { \≧=-  _ . イ′ / /   /
                            \〉   /厂/⌒ヾ===ミ ー┐
                             r‐=≦ミV/⌒ヽ /   ・〉 ̄
                              / _{   〔_〕   /′   ∧
                          { 〈_ゝイ {_ゝイ /     :/ /
                            /{ /・ {  ・/   ′   イ /
                         /  {    {   {     }/
                         〈  :/・   ・ ′  廴___ノ
                        ∧ :{    {     }


88 :◆vsQyY1yD2Q

             , - ─‐ - 、.
           /:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        .,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        !:::::::::::::/!::::::::::::::::::::、::::::::::::l
       l:::::::::::::i/i:::::::::::::::::::::ハ:::|::::::::!
       |l:i::::::::i/.|_::_l_:::::_|_::::|zi:|::::::::|
        |::l::::::::|゚●ソ`   '゚●ソ!:::::::::i
.        l:::|_:i|:::|゙¨ ´     ゙ ¨´|_::li::_|   ……だった?
       |:::::l:::::::!u.   丶    |:::::|:::!
        l::::::|::::::|\.   ‐‐   /i:::::l::l   えっと、詳しく聞いては いけない事かしら?
.       l::::::l:::::::lヽ.l>、. _ .イ_l:::::i:::::l:|
      l::::::l:::::::l   ヽ、   ,//!:::::l::::l!l
.      l::::::l::::::::|.   ヽヽ// !::ハ::::l:|
       l:/|:::::::::ト、   ヽ/  .l:::l l::::ト、
     / /::::::ハ:! .ヽ  /     |:::| l:::l  i
     ,'  l::::::/ l!  ヽ. /     /l:::! !i|!  l
    ,'   |!|::l      ∨     ,' l:l l.l!   !
.     ,'ヽ、.i::l::l| /    /     ,'  |:| !| / |
.   ,'  ヽ|:l!:/   /     ,'  i::i l/  |



                       -=ニニニ=- 、__
                   /            ` 、
                 / -=ニ      ==ミ     \
                 ´             \      ヽ
                  // "    〃         ヽ    ‘.
              / ' 〃    /       {       ‘.     ‘.
                {/ /=     /      ∧              }
.            ー=彡/.{      /{     , / ‘.      }    八
             / { /   ム{-‐   /{' ー-‘. _ /  /   }  \
              { /Y /{/  从{、 /      ∨}ノ} /  V    `ー‐ァ
             ∨ /i{∧' x云丐ミV    x云丐ミ 勹  }   ,≧=-
                 /   ∧ `込ツ′    `込z斗"/   ハ /
              ′ / ∧              / /  ム'′   いえ、構いませんよ?
               {,イ / { ハ   丶        幺イ  / イ/
                 {/   人     r  ¬   , / /}/        ボクのお父さんも勇者!
                 //> 、ゝ  ノ  イ/イ         由緒正しい血筋ですから!
                  /   r , rv;`ー =≦     }、
             ,. ‐- 、=ミー‐く}ノノ ノ ノ ノ} ニニ、   ″}
         /O   \ }    `¨`ー―っ廴_ノ}  〃 人
          /O     〉`ニ7ニ、¨¨¨フ´   イ==彡  __ヽ
.        /       /´O `ヽ }  { 乂  人    ´     .
         ″      //O    V__ ヽ、-く_ノ/       }
        /{      //      /  `ヽj   /          /
.       /     イ .′   / 〃     〃        ′
       ′     ノ/    / {{   ., ´        〃
     .     /..′     '〇 }}., ´            /′
     ゝ __彡 -‐/       {., ´           / /
             .′    ノ}             /  く
               / ノ      ニ=-        }、             rー-  _
           {          ニ=-             / .}           __{   /  `ヽ
           乂_   -=≦、{ {           //          -=ニ  ¨¨¨ ニ=-  /´ `ヽ
                   ‘.: : :. :.\ `ー――   ¨¨ xく    _  -=ニ               \\   〉- 、
                 ‘.: : :. :. :.` ー―――==彡 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ¨¨ ー-  _          \\/   〉
                     ‘: : : : : : : : : : : : : : : : : : : 人: :             ニ=-      \\ ん、
                 ト、          ー=彡   \: :                   ニ=-   } } V   }
                 | {                    \: :                   \-‐┴‐ ┴く⌒Y⌒ヽ
                 | V                     \: : : .                 \     \\ノ   }
                 |  ∨                    ヽ  、 :.                     \\ んへ
                 : . ∨                     \::                         マi ヽノ   }


89 :◆vsQyY1yD2Q

                       -‐=====‐- .,
              ,.  `              `  .,
           ,  `  _.   __       \     \
            /    -==‐、,‐===‐ヘ     \      ' ,
          /  /             \       \
.         / ./      :ト、            \     ‘,    ‘,
        /  ,'   :i  :| |:  i: i.       \    '.
        ,'  :i!     :|  :| |:  |: |ヽ.   :i:..  ':    |      ',
      i|  i|:i.   :|  :| |:  |: | |   :| |:  |i   |.     ii
       ||≠f||:|:   :|  :| |:  |: | |.i   :| |:  || i:   |: \  |l
       ||≠t||:|:.:.. -‐―- |:  |: | -――‐- 、....|| |:   |::|   \ ||
      i|   ||:|:.:i  i|   l| |:  |: | |.|i   i| |  i..|| |:   |::|     ` ‐--−
.    __八  ||:|:.:|ヽ八_リ ヽ人从ノ |八_リノ__人|| |:   |人__  __ /
    \ |lヽノ八:l,ィfテで_示      テで_示テミメ、l| |:   |::| |___,,>    実は、ボクの お父さんも
     <||:. ||..∧`. Vこタ       Vこrタ゚ ´l| |:   |.」 | |: |l |!       他所から来た勇者だったんですよ。
       ||:. ||: l||::. .: : : :.           .: : : : : : :. ノノ|:   |_ノl |: |iノ
      i|:. ||: l||∧:.:.:.:.: : '         :.:.:.:.:.:.: : ′i |:   |: : l |/         記憶喪失で、どこから来たか
.         ||: l||.从:.: :   { ̄  ¬ : : (\ /::l |:   |:: ノ/二\      分からないんですけど。
         ヽ l| |l个:.    \  .ノ     \\ //: .//二二二 ̄\
.          \ \:ll::|l|: }l>    ¨   ___/ ̄¨〉   //二二二二ニ=: \
.          \ \从VV乂_`≧≦´ 「/ __.   | //二 i| /./二二ニ= 》
             \ \   ./ :=ニ∧.   `|_/:::>  〉:.:./二ニ {/./二二ニ=: 〃
                 ヽ ) ∧ :=ニ∧  /:::/  / :¬フニニ: {y二二ニ= ∧
               《  \.:ニ厂∨::/   /  /二二 i{i二二ニ=: |iニ' ,
                   i}: =ニ\\ V   { _人二二 i||二ニニ= : |iニニ:ヽ
                  ||: =ニi||.厂 ∧   ∨   \ニニi||二二ニ= |i二ニニ:\



       /: : : : : : : : : : : : : :|: : : : :/: : /: : : : : /: : : /: : : `ヽ
        /: : : : : : : : :.|: : : : : |: : : :/: : / | : : : :/ |: : /|: |: : : ハ
     /: : : : :|: : : : : |: : : : : |: : :/ |: / |: : : :/ |: :/ |: |: : : : ‘,
.    /: : : : : :| : : : : :|: : : : : |: :/ 77 ̄厂`/   !:/ |: ト、: : : : ヽ
.    /:/.: : : : :|: : : : : |: : : : : | / ノ´ /: ∠   |'   |'Γ|: : : |``丶
 _ ノィ : : : : : |: : : : : |: : : : : |/ _,....,'ィ≠,        |/ |: : : |   \
     |〃 : : : |: : : : : |: : : : : |,イ//;;C        ,ィ‐-, |: ,' :|
     | i : : : : |: : : : : |: : : : : | {::し、リ       心  /}/ : |
     | | l: : : :|: : : : : |: : : : : | 乂_.ノ       ん} .' ノ: : :|
       | ト、: : |: : : : : |: : : : : |  丶丶丶      ゝ' i: : : : :!  えっ、そうだったの!?
      ;´ ヽ从: : : : |i : : : : |          ヽ ゛ ゛ {: : : : .′
         { `、.: : | ', : : : |      ,__ァ     ハ: : :.′
            〉、{ ',. : : ト          <´: : : : .′
          /  ` \: |‐- 、>  _  イ´: : : : : : : .′
        ,=ニ、‐-、    ヽ!   `ll}: : : : : |/!.: : /|: : .′
     ,-‐'"´   \\   r‐‐-- 、巛 ヽ、/\|: ./ |: .′
   /        \\ |::::::::::::::::::::`くY":::::::}/   |.′


                        -‐…‐-
                    // ̄`   ´ ̄`ヽ`ヽ
                  //  /  ̄`  ¨ ヽ   ヽ ヽ
                / /   /          ヽ  `、 ヽ
              / /   /             .`、   ', `、
             〃   /  /   l|   :i!   l ',  i   ',
             { {  _/ .i|  |i!   l|   /'l l  |  |   i l }
               { {,/ / f^|  |从   l| l|/ l l  |: /|   | | |
               |  i`ヾ|!/ _凵 _`、  l| l|   l 厶l.,|:/ |   | | |
               | i  | ´ リ八 `\j| リ ´ |/ |ノル' |   | | |
                / :|  | ,x===ニミ     イニ===x |   | | {
            //|   ゝ《 .{r今f}       {r今f} 》 }/ : | |.厶     だから皆さんにも興味あったんですよね。
.           -‐=≦彡|  r{`ヾ゙ ̄¨   ,    ¨ ゙゙̄ ノ  .l| |ミ≧=‐-
                l|  |r 、ヾ: : : :       : : ://:i   l| |         もしかしたら、お父さんと
                l|  {:. 〉.    、― ァ     〈〃 ‖ l       同じところから来たのかも知れないって。
               从   ∨从>.    ¨    イ : /  ./  /
               \. ∨斗 寸   ‐  .j"〈tル/ /ノル'
             √  ̄ 弋ヾ    ヽ.    {/ ゝ//
            ∧ ヽ   ゝヾ    >、r彡  ´ ヽ_
.             ,'   `、   Y´ ̄二=≠≧=- 、ノ    `ヽ
             ,:'        { ノフ⌒ニ=‐-、  }     /}
         厶     }/  / ´  ´ 二二ヾ_ .{  r  .j
            {  `、    j  /       -=ニヾ_ノ  i   }
.          j   ゝ、  ノノ{{    __/ ̄ ̄`ヽ{:,   {   {
         }      /  {{ / ̄o       o fj   '〈  j


90 :◆vsQyY1yD2Q

                         -=ニ   ̄  ニ=-
                      /       ⌒丶     `ヽ
                     〃⌒          \       、
                  /   /        ヽ      \
                  .′   .′                   \
                     ==|  i{     :|  |i !   i|  ー-≧=-
                   | =| | :i | 、   | _j 斗从   i|   厂
                   |   | { 从{__メ  | ,r云ミ }  i|^V
                    j∧ i V  r云 \j  ヒツ' リ/  Lイ|      お父さんは、全身大火傷の状態で
                     人  N く ヒツ     /イ  リハj、      ラダトームに たどり着いたらしくて
                ー=彡 ノ\ト \    '     |i  /  ハ
                 / / | 人    / ー ⌒ヽ | /   /  .    それで、当時 宮廷魔術師の中で
                       { W「{≧=-‘ .._ イ´ |,/   /      唯一の賢者だった お母さんが
                       {   N {  /{___}≧xく     {   |.   お世話と治療をする事になったそうです。
                       {   }  xく  / V‘.  ノマi.   }ヽ、|
                   ‘.    ヽ__/  } ゝく 〉 マi  ハ } |
                        ‘. {  ん〜ー ⌒¨´   }} 人 } |
                       ‘. 、 {{ O      O〃イ }ノ i|
                         }  ゝ -‐  ⌒¨¨¨¨¨´ | j
                         }             ノ´    リ
                               .,  ´      ノ
                      ゝ-―=≦  __   -‐ 〔
                        人               八
                       /:               :/
                      /  :.           :/    ∧
                     /    :.         :/     ∧


                -=r:;;‐:-.、`ヾ:':、
                       `ヾ;:ヽ/::ノ
                _,..:‐:.=:=::‐ヾK´
          ,.。r:':":. : : : : : : : : : : : : : `丶、
        .,:r'": ;r: : :./: : : : : : ;r: : : }: : : : : :`ヽ、
.     ,..:'゙: ;.:,r': : :, ': : : : : : ./:_j_.: :./'!:. : :j: : : : : ::、
    ,r':,。ィ:゙/:. : :.,:': : : : : r'7´:.j!:^,:'  1: :/r:ー:-:、: :.'、
   ./r'"/:./: : : :/: : : : : : :./: ノ'レ'   .l:/ ヾ; : :.; : : : :、
    ´ /:./: : ,ィ:/: : : : : j /:/r';ニミ、  ´ ,r''ヾ: :.i : : : .',
     {: j: :,r'.:.;':.:/: : : /:メ / .l:ノ L!     i':j'l;i. ト、!: : : :.:1
     レ:';イ : : !:.j': : : /7 -{!  i:^!l゙:j     lヘ.r:! j、: : : : : :l
     '´ !: :j: !:i: : :./'`.  ヽ `'ー'゚    `ー'" ' ヾ: : : : j!   それで愛が生まれたんですねっ!!
         ヾヘN: : /:ー:、     / ̄`^"^ 'ー:、   1: : :/j
      i゙^'ー'´1:.i'V  ':ヽ、  {         }   ノ: : /
      l、  / V     ヽ! ヽ、i,       .ノ ,.ィi゙; :/
        入 {      ヽ.\ ` ' tァ--ー'"^1 /ノ’
        / ) '、     j  `"^´ ,r'   .ノ


91 :◆vsQyY1yD2Q
                               _   _,
                            ___,> Y´'ー -、
                           _>z二_ _ __`ー≧__
                           >┴'´ ̄`  ‐-、 ̄ 7 <
                         , '"         ヽ `Y′之>
                       / ./ ,   !   ,へ   ヽ .}<い
                       ./  /  ハ ∧ ‐- ハ _,ハ:   ハ V. レ
                      |  ! _/_ |/   r≠=ァ!-‐'!ヽ  .} !"i}
                      | /.|/r≠、'   | _rソ'|.  ト、  /| ∧ハ
                      ∨ヽ/.| jリ    ´ ̄⊂⊃.|ノ  /i .八ノ
                    。   / 7 ´        イ ハ ∧|/ル′  ちょっと待って、その話って確か……!
                         i八  l7 ̄'ヽ    /V/ |レ
                   ⊂    .!/|\  -‐' ,'  /イ、ハ_'゛
                     ι    ∨ `ー‐ァE二ニ:::::::`ヘ、_
                            `' _ノ;/  \:::::::::::::::::::::ヽ.
                             /!::;ー―‐‐'ヽ /::::::::::::::::',.
                     /)    /:/        i':´(\:::::|
                    //)/´!  ,|/    "     .ヽr(\\ヘ
                    | /`i /   /:{   '三'     }`(\ヽ∨|
                    /| /´!イヽr/:::::\  , ヽ    .//(ヽ、 |,ハ


::::::∨:::::::,    _ _        |::::/i:‐-/、 /  /:::::/:|
::::::::∨::::::', /´   `ヽ      !::/ |:::/  ヽ:::::../  / .|
::::::::::∨:::::ヽ    _       `  `゙  /:::::::/::::::/::...|
:ヽ::::::ヽヽ- ' , ニ二_-、`ヽ      ,-二、ヽ、ヽ/::::/::::::|
::::/'ー′ //´::::::::心 ヽ.      /:::::Cヽ ヽ,ヽ,'´::::::::::::|
、`.   / {ゝう:::::ヽ_}        {つ:::::`:} }, j':,:::::::::::::|
く.     {  .| 込;乂 |       |弋;乂 | /, { }:::::::::::::|   ママ?
:.:ヽ   ヽ ゝ   '  ノ       ゝ、_.ノ '   |/:::::::::::::::|
       -`ー―.'       、         ヽ:::::::::::::::j
`ー-、             _          ノ:::::::::::::::∧
:::::::::::::ヽ           (´ ノ      _,.<:::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::`ヽ          ´     <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ

           ┌――――――――――――――――――――――――─┐
           |※ 原作のラダトーム城2階右上には                  |
           |   大火傷のオルテガの お世話をしたという女性がいます。 |
           └―――――――――――――――――――――――――┘


92 :◆vsQyY1yD2Q
                    _    _
             ,.   ´      `´   `  、
            >"                 \
        /                       ‘,
.        ′                          ∧
.         /         /     ,            i|  ハ
      / ,     |   :|        ト.    |       i|  !
      / |   .|   ,|        |‘,  .|      i|  |
      l/ :|   :l  ./ ! i    ,i | ∨ ト      |  |
      | |λ   :| / Y   /.| l  V ハ   l  l ヽ|
     /l 「ハ  |!/ --‐''‘, / |/``ーH  ∨ /  l |>ミ二ゝ.   ところが、ボクが生まれる前に
     フll_Y |ト, ┬--ミ∨  -t―十  l|/:|  | | }_`ゝ  魔王軍がラダトームを襲撃してきたらしくて
      ̄    ヽ.l ハ 乂_ノ       乂,ノっ リ / //..ノ l
          |   U                / // // ′    お父さんのおかげで撃退できたんですけど
.            | ト, |>x.、   r‐ァ  _  イ //从从/
            ヾ ヽ|\lハ/≧si- < {⌒ヽ/´         それから、ちゃんと結婚する間も無く
                 イ|   \../   |::>x、       お父さんは魔王を倒すために旅立つ事に……。
.               /::::::::::|  l≧Y⌒Y≦l  |::::/::::::Y
               l:::::|i:::::|/} 人__人 {\|:::'::::::::::!
               |:::::::::::::::|ii|:´::::::::::::::|ii|::::::::::|::::::::::|
                |::::::::{::::::{ii|::::::::::::::::::}iil::::::::::|::::::::::|
.              |:::::::::}::::::}ii!O::::::::O:|iil ::::::::|::::::::::|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \   ラダトームは、魔王軍の襲撃を受けて
 |       (__人__)    |.   王者の剣、光の鎧、勇者の盾を奪われているから
 ./     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |       多分その時の事だと思うお。
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


93 :◆vsQyY1yD2Q

                       /:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\{:.:.:.:.:.:、:.\
                          /:.:.:/:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.「 ̄メ
                     /「 〉:.:.:.:./:.:{:.:. イ:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.|\_ハ
                        /У /:.:.:.:./:.:. |:./ {:.:.!、:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:|:.:.:.:. { /:.:.:.\
                    ':.{__/:.:.:.:.:.i:.:.:/_ノY ヽ:.:.、:_j_:_:!_:.:.:.:.∨ヽ:.:.:.:.:ヽ
                      i:.:刈:.:.:.:.:.:.!:..ィ==ミ'、ヽ \‐≦ミ、 :}:.:.:.:.:.:.|  ∨:.:.:.:.゚,
                       l/ /{:.:.:.:.:.:.l..{{ んハ      rぉ ヾ: ::.:.:.:.:.:.!U }:.:.:.:.:.:.:   生まれる前?
                       《/ /:.:.:.:.:.:.{ ` マ沙       比リ ”゙:.:.:.:.:.:Wイ:.:.:.:.i:.:.:i
                   /:.∨:l:.:.:.:.:. ハ  -‐   ,   ‐-  Ui:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.::|:.:.:!   って事は、あなたができたの
                     /:.:.:/|:从:.:.:.:.圦                |:.l:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:メ   気付かずに旅立ったの?
                     ,:.:.:./: l:.:.:.\:. 、            /. l:.:.:.:.:|:.:.:.:.:i:.:.:.|ハ
                    ,:.:.:/:.:. !:.:.:.:.:.|:.:.:.゙\   ´ ̄ `    イ/:l:.:.:.:.从:.:.:.l:.:.:.|! }
                    i:./__..゙:.:.:.:. !:.:.i:.:゙/:`ト.        .ィ. ":/:.:j:.:.:/:.:.:l:.:. l:.:.:.li .ノ
                    |´ヾト: : :`く\__/:.:.:.l. ` --  ´ .':( ̄`'<ヽ. :/|:.:ノ!:.:./
                /.   ヾト : : : : : : Vハ_ノ        〈:.:.:.ヱ>、 `〈ー-、...《:イ
               ノ.    ヾト: : : : : :.Vハ_       7ノ _ `ヾl   ヽ
              /      ヾト.: : : : :.VΛ `   ー/:.`´〕 .}  .|   |


                         -‐ -  _
                        ´        `
                     /     /   /   ヽ
                     〃 ー=≦  .′=ミ/   i|
                 /   ー=彡' /   ム=ミ从 i }
                   {     {て/   {/、以 }:i |
                   {      ー{  /  |    乂从   いや〜、それが お母さん。
                 _ 从    rーく  |      /
                 '⌒ヾーr从   :|    ヽ |  ,, /     旅立った後、妊娠に気付いたらしいんですよねぇ。
.              /     マム  \ {   }ノ从  _ノリ
           /         マム  /⌒ヽソ/ `¨¨从{        その後、戻ってくる事は無かったらしくて
         /         マム {/⌒ヽ}      _ _ _
        /              } 〔     ‘,   〈∨ } } }__.   実はボク、お父さんに会った事ないんです。
        〃       ` 、      ∧ }      }   } }.J人jー’
     /            \    ∧ノ    ′ _ ノ ノ  /
    /          /   ヽ   ∧   / イ {     イ――┐
  /        "    x≦‘,   }  /   { ∧ / !   |
 く        〃  / {   ‘,     /    、 ∧}   廴::::::::」


94 :◆vsQyY1yD2Q

                            _ノ _ムミ__/ム    \
                             `¨⌒-==- jvr一'v ヽ⌒
                            /        \   \{
                            ,. '               ヽ   \
                         /   ,   ,/   ヽ  ヽ  ,   \
                         ,    ,/ |jハ!|  ! ト、i| ! i|  !   (`\
                           | i|   i!ノー i  | ⌒リハ!  |  |   |
                          }人  ト tッー\{ 'tッー|  i!∨!  |人
                            从 } ー     ー‐| /!イ! !|! |    幸子、ひとつ確認させて。
                               八       u ム ′!//!∧!
                                   _、_ っ  イ.:.:.厶レ′ ノ.    もしかして、あなたの お父様って
                              /:::::::ゞ:: ̄´:ィ::::::::::ヽ
                             ':::::::::::ヽ  ,二、:::::::::::::::}       ……オルテガ?
                            /:::::::::::: /___\!:::::::,
                          ,:::::::::::::, ´     `{:::::/
                            !:::::::::::/       !:/
                         !::::::::::,'          ,:'
                         ,::::::::::/         {


                      ___
               ,.    ´ ̄/   -  ヽ
                / __-  / /__    \
               /   _三ミ  / ⌒ヽ       \
           /   /              \     ヽ
            /  ./   |    l   ハ.  ‘,    ハ
          ./ / / /  |      ト   ∧  ∧   |ヽ.}
           ' ′′|   l!   i  .ハ、  ∧  ∧   | \
         ′| | l|  i|ヽ.  ト 、ハ \.  ヽ彡'  |   ≧z-
         | | |  |L_|  \ ‘,ヾミ七爪ハ \_   |ミ三>’   えっ? 違いますよ?
           乂| |:l | V/「二,_ ヽ ゝ ア芹芋抃7  |  | |
        -=≦彡ハ/从‐ァ≠テ筏ミ        Yノリ ゙i:/  |  | |     記憶喪失でしたが
           ̄ | lニニ八. Yり       ¨’ lメ   |  从.
             | l:|ニニマハ  ´             ノ|:  | 人|       道具に名前が刻まれていたので
              从ハ   l ∧       ′      イ  ハ≧x、     ちゃんと分かってましたし。
             Y  トiミ\     r,   / |  / .}:::::::::::_\
             Y  代ゝ >s。.,_   イ / / /  /::::/:::::::::‘,
            /:::::\ハ     \   _,/ //  ./:/::::::::::::::::∧
              /::::::::::::::ヽゝ _  \ /   __//::::::::::::::::::::::::∧
           ′:::::::::::::∧ 〈    ̄`f´}´ ̄   〉!::::::::::::::::::::::::::::ハ


95 :◆vsQyY1yD2Q

                  , ィ r─┐
                /  l l   l
                l   l l   l
   / \           l   l l   l
  \   \       /\l  l l  l
    \   \    /  /l  l l  l
     \   \/  /  l_l└ ┘
       \     /          / ̄ ̄\                / ̄ ̄/
       /   /          /      \                /  /
      /   /              く    /\   \    / ̄\   /  /
     /   /               \/   \     ̄ ̄     /  /  /
    /.                           \___/ ̄ヽ/  /  //\   __
   /                                            /  /   \/  /
   l    l       /\.           ¨゚ ̄ ゚̄¨..           /    /\   /
   l   l___ /  /    /   ./ ⌒¨¨⌒ \  \.     /   /     \/
   \         /   ..., '   /        i   :...  ' ,    \/
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.     //   /    |i    |    ::.   ´,
                     //===./.     ||    i :|   |::    ´:
                   iノ|.  i. ト . ⌒八  :i |/|⌒ . /..|  .|\
             ー=≦_|.  |. |:.\ (  \リノ ノノ/|/:|  .|_≧=‐
                  ー<_|.   fテで示.      テで示テf   .|_>-
                    | |   i| ヒ::::ン       ヒ::::ン |i  | |       ボクのお父さんの名前は
                      ::!  八    ┌――┐   ノ   !:
                     ゚。 ト     丶   ノ    ノ|  /      ポ カ パ マ ズ で す !
                        \.从> 。  ___  .。<从./
                       /\二V二/\
                      / : Y 〈/゚\〉 Y : \
                        \.\| : |・  ・| : |/./
                       \| : |・  ・| : |/
                            /‐-=====-‐\
                     /.: : : : : : : : :. :. :. :.\
                    /.: : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
                      〈.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.〉
                         \.:.‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐.:./
                          ‐-======-‐
                       (__|      |__)



                      ミ::::::、:::ト、lVヾ.i         _ー 、 }V  _
                      .ミ:\、|ヽ!         `ー--≧   V レ´{
                  〃}ハ「ヾ::::::ゞ               _フ'       __`ヽ.,
                  :::〈{::::|L__ミ         ,....-―≦==、、_, -、   \`ヽ
                  :::::::〉::: ̄:>       /       丶. `ヽ.、 }   `フ
                  :::〃::::::::三__      ,.:'          `Y `| |    `ヽ
                  :::{[::::::::::::>     /  |!ヽ  トヘV\   l  }人{ヽ.\ヾ
                  v/∠::::∠_    f   |ー!!!\ レ´ ̄八  lムヽリ ノ ヽ._
                    ≦:::::::∠._    i   7  !!!!  ==  ';  lラ }| {´ ̄
                  1ィトヽ::::::::/    ',   Κノ ′__   u ',  !-.ハイ 人   それ オルテガだーーーっ!!
                  く::::::::::::∠       V |! u ヽ ーヘ  ゚ !  ! ハ/.ノ'
                  /::::::::::::::::::フ     ∨ ゝ、  `ー'´ _,  | /ハ
                  L_::::-:=-:三,      Y\` ー,‐‐:1 / ⌒\
                  √´:::::::::::::/           \ W | / ノ   ヽ
                  _ゝVレ/∠ -‐           ヽl YΛ /     }
                  >:-‐


96 :◆vsQyY1yD2Q

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  この件は、すぐに やる夫達に伝わりました。


             r‐- 、           ∠¨ \
          _,.斗f_:.:.:.:.:`¨ ̄¨'・‐.=‐/、:.:.:.:.:.∧
     ィ⌒ /⌒`:.:.:ム l冖‐-<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: >、   ':‐┐
     |:.:.:./ :. 「 ̄:.:.:.:.:.:‐-:.:.:.:.:.: ヽ:.:.:.:.:.: \:. /:. ∧:.:.   !|
     | :.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、、:.ヽ.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:. \:.:.:.:.:|V:.  {
     ヽ///:.:/:.:.:.: 〈イ!ヽ、:.:.\:.:';:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:\/: :|:.:.:. |
       /::./:.:.:.:|:.:.:.:.:| | /|:.:.:.:.:.:| .:|:.:.:.:.:|:.:.:.!:.:.:.:.:.|:. .|:.:.:. |
     /:.:. |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|. :|   jヽ!:.:..| .:|_:. |:.:. |:.:.:.:.:.|: :!:.:.:. ヽ
     |:.:.:.:|:.:.:.:.:|、:.:.. |. :|  | /レ'´|_/_`}゚:_|!八:.:.:.:イ|/}:\:.:. \
     |:.:.:.:..\:.:.| Y,人 |  |/  rテ歹以、|:.:.:|:. メ: | |}.∧:::.:|¨\、
     i:.:.|::.:.:.:.:\ irテ气、      { )リ彳}し/ルト、|ソ |レ' \|  )
     |:./::!:.:.:\{マ〈 込ヽ     弋ツ レ'i! / }:.:./|    )
     ,' |/_ヘ:.:.: | キ 弋ツ ,       u'' |/ _ノ:./:.{      ……実はムオルにも
      i!.ヽ /'ヽ|Vハ                ム¨|:.:.:.:. :.|
       ./ /}:/::∧     (. ヽ    ∠i:/人 i|:. ト      隠し子がいたって事はないわよね?
.        / / }:. :|.: :>          {/:./:.:.: )|:. :.{
.  /¨¨^⌒,' / /::イ:|.:/ .:.:|::`:..r ‐ '´   八/|:〈::. |:|:.:.:.:|
 /イ ノ}ノ丿 {r‐'.⌒):::/  :./// j       / ',:|:.:. !:.:.:.人
 | `ヽ¨ '´   /¨:::/‐::/-キ ̄     /  〉:.:.|:.:.ヘ、ヽ
 }    ' ノ:: /¨/ ノ   /∧     ,−  /|:.:./之−- )
 k><._  <} /(/    ,〃  \       / |/〉 |: ヽ (
 }///    ̄¨`〉{   ∨/  \ ',    /   |∧ ',   }」
 }// .,    ∧!    ム>  \〉、../  /    l    !ヽ、
 キ      / |   :/    >'゚ イ》__/    ヘi/     ヽ
 ∧      / |i:  |     /  ヽ、         マ      \


                                      ___
                                 /      \
                                /ノ  \_   \
                              / (●)  (●)   \  原作では、ノアニールにも
                               |   (__人__)    u   |
                               \  `⌒ ´      /  あやしい人がいたような……。
                              ノ            \
                            /´               ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □


97 :◆vsQyY1yD2Q
【 ラダトーム城 夜 】
 .              〈〉               〈〉               〈〉
.               ∧              ∧               ∧
              //∧             //'∧               //∧
               |∧|               .|〕 〔|                 |∧|
.    _____    |: : |_  _ _ _ __  _|   |_  __ _ _ _ _|: : |    _____
   |:::::匚] 匚]::: |`  、 |: : |: : :凵: :凵: :凵: :凵:::凵:|   | 凵: 凵: :凵: :凵: :凵 : |: : | ,、::::::::|::::匚]::匚]::::|
   |:::::::::::::::::::: :: |:::::::::| |_|¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨|〕 〔|¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨:|_| |::::::::::|::::::::::::::::::::::::|
   \j⌒i__i⌒ヽ|ハハノ |.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: Y⌒Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: |.:.:.:| \ハハ__i⌒i_i⌒i/
______,|.:.:.:.: .: ||.:.:|.:.:.:.|_|.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:_. -‐- ._.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:._. -‐- . .:.:.:.:.:. .:.:|.:.:.:|_____|.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:. :. |___
ZZZiZi|.:.:.:.: .:.:||.:.:|.:.:.:.|iZi|.:. |.:.:.:.:、丶`。oぅぅo。`丶.:.:.乂乂.:.、丶`.。oぅo。`ヽ、.:.:.: |.:.:.:|iZiZ|.:.:.:.|.:||.:.:.:.:.:.: |ZZZZZZ
.:.:.:.:.:.:.:|:.:. : : :.:||.:.:|.:.:.:.| l :|.:. |:γ´,ィnxixixixixi`'くX`Y.:.:.Y´ィnxixixixix`'くX`Y.:|.:.:.:|.:. :. |.:.:.:.|.:||.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.: |: : : : : :||:.::|.:.:.:.| |.:|.:.:.|: |: :|::|xixixixixixixix|::|:Y⌒Y.:|::|ixixixixixixixi|::|.:|:.:|.:.:.:|.:.:.:.:|.:.:.:.|.:||.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.: .: |: : : : : : : : |.:.:.:.| | | .: |: |: :|::|xixixixixixixix|::|⊥.:.:⊥|::|ixixixixixixixi|::|.:l .:|.:.:.:|.:.:.: |.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.|: : : : : : : :|.:.:.| l |.:.: |: |: :|::|xixixi| ̄|xixix|::|______,|::|ixixi| ̄~i|ixixi|::|.:|:. |.:.:.:|Lニ:|.:.:.:.|.:.:.:.:: :.: .:.:|.:.:.:.:.:.:.:
 ̄|:.::.:|: : : [_]: : : :|.:.:.:.| |:|.:.:.:|: | .:|::|xixixi|  |xixix|::|.:|.:.:.:.:|.:|::|ixixi|  i|ixixi|::|.:|:..:|.:.:.:|.:.:.:.|.:.i| |.:.:. [__]: : |.:.:.:| ̄|
 ̄: : _|____,|.:.:.::| |.:.:_ -二⊥|__|_|____|⊥二二⊥|___|___|___|⊥二|二二.. |_」| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_.:.:.: ̄
: :.::.::|__|__|_____| ̄ |_|_- ⌒     TニニニニT   TニニニT TニニニT       `丶、 |.._|丁 ̄| ̄| ̄¨|.:.:.:.:.:
: : :.::|_|_|_|_|xX''"´ _」 -─ └ ̄ ̄ ┘  └ ̄ ̄ ┘└ ̄ ̄┘⌒ー─⌒    | |丁 ̄| ̄| ̄...|.:.:.:.:.:
  _| _ -ー _二 .-| |シ´ _-     /    /77777ァァァァ'´   __\__     \| ̄| ̄ ─ ⊥_.:.:.:
.. ̄   _-  ィ「_| |__ ‐      /    厂////>''"´_ -‐ マ(,\\二二二二へ7777;:;:;:;:;:;:≧s。.,_  ̄
___、+''"~。s≦二二| |/      ,/二二||77///<。s≦/ //〉   ∨/,\\//////ミh、`'</////////ア7ァァ
:>゙_、rf〔  >''~___ア´       //^_/ / |/////,}¨|〈_///∧ __〉//|k\/////く\///<`ヽ、--<`'</
ィi(//(_>'゛,.イア´        __/∧   `' √ ̄ ゙̄} :「 ̄ ̄ /, ∨ ̄ ̄|k,\    \\ ⌒ミh、`ヽ、⌒≧s。
//>''~,.イ//         /////乂_,/ /_:_:_:_:_:_: } :「_:_:_:_:_:_ /, ∨_:_:_:_:/}k,\-─== \\_//ミh、`'<
/ ,イ///          /////////V ∧///////} :「////////, ∨//////ヘ \//////\\/////ミh、



        │
      / ̄ ̄\
     /   _ _\
     |    ・  ・  |
     | @ (__人__) |   それじゃ、打ち合わせ通りに
    |     ` ⌒´ |
     |       |     いくでやんすよー。
      ヽ      /
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }
   \ソ`ー─‐一ヾ/
     |    ij  ノ
      |   |.   |
     |    |   l
       i'  ,}  ,ノ
      l   | /
      |,_、|,/
       (゙  ))


98 :◆vsQyY1yD2Q

         {   /"´   \ヽ `゛\     \
       /  .イ      ヽ}/⌒ヽ ヽ .l
.      / イ  { /⌒'    リ _,  ∨} |__  ヽ
..     /' {  !   _    ´孑元ト.| |う |\!
          |    , 孑元       乂ツ リ | ノ.|    盗撮カメラ、盗聴器とか探せばいいんだお?
          |   l ∧ 乂ツ  ,      とつ !'´ |
          !ヘ ∨∧             |   ∧!    レミラーマが効けば楽勝だお。
          ヽ とつ   、_, ^'‐'   イ{/ /
           ヽ!ヽ≧=-  __ イ ´ ̄ ̄ヽ __/ ̄ ̄\__
.                \ゝ _ノ小    <|/ 辷l /         ヽ
                  |{  ハ 〉<|> ’   辷{    /   /⌒\
                    ィヘ!ヽ_ノ //      辷{    ―― /    ./<
.               / }  ヽ Y /       辷{ {     ./.    /      <
.             /(_ ノ     /        辷ヽ       '    ./        ヽ
            /  /                 ゞ辷\_  {   /、            i
.           / ./                      >辷 |⌒¬\乂}>  _      }
          / ./                             |          }      |
.         /ヽ'                        リ    |          |      |
.         /{   {                      /.     |          |      !
        / ヽ  ,        ヽ      ,  //    }          |
.       /   `¨\          、>  ’         {            |     ./
      /   __  /`'‐---r-、ヽ                ヽ          !    /
.     ヽ      ヽ     {                         ヽ       /    /
        \      \   ヽ                       \   /    }



    i^,\ _,,_ /^l
    lノ  ⌒ i|l ⌒ヾノ
   シ " ( ●)  (● )ミ   それと、くちぶえでモンスターを誘き寄せて
  メ  = ⌒(__人__)⌒=ヽ
 彡           ;ミ   一網打尽にゃ!
   ヾ         ン
   /     ""  |


99 :◆vsQyY1yD2Q


   結論からいうと、レミラーマと くちぶえの効果はテキメンで

   一晩でラダトーム城から魔王軍の目が駆逐される事となった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       __ヾ:.vz __
                    , . : : : : : : : : : : :\
                   7: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
                  /. : : : : : : : : : : : : : : : : :〈
                   7.: :/: : : : : 从ハ: : : _: : {
                   ≧:}レノイ'´    `゙` }rく       これほどの効果があるのならば
                 /.::}从>=、__彡==ミr゙ .':.\
                /.::::::∧ミ乂__.ノ⌒ゝ. __ノノイ.::::::. \  定期的に掃除をするのも いいかも知れんな。
             ,..:::´::::::::::::::::::ハ  厶_ji_   〃::::::::::::::::.`:::.、
            /.:::::::::::::::::::::::::::>'´rー==ミ:、':::::::::::::::::::::::::::::::\
           /.::::::::::::::::::::::::> ´    ̄ ̄ミz  ` <:::::::::::::::::::::::::::.
          ,:::::::::::::::::::::::/    r彡´二ユ     `ヽ::::::::::::::::::::::,
          ,::::::::::::::::::::::∧   r<::〉> ´ <=ミ    ∧::::::::::::::::::::,
          }:::::::::::::::r-く\`フ´::::::://,`´///∧:::::::.>彡/ ヽ:::::::::::::::;
         .{:::::::::::::/.\///,7.::::::::::\//,>´ |::::::::::::.∨///イ ∨:::::::::}
         ./.:::::::::://::::\〃:、:::::::::::::///ハ  .|:::::::::::厶斗く:.\∨:::::ム
        /.::::::::::/´.::::::::::::::`::.ノ .::::::::〃//,∧ .{::::::::::::{:::::::::::::::::::::`∨:::::ム
       ./.::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.::::::::::://////∧|:::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨:::::ム
       ::::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::{///////ハ.!:::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨::::::ハ



           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\       やる夫達が手伝ってもいいですけど
      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
       |     |r┬-|     |    一度、こちらの世界のダーマ神官に
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ    来てもらうというのは どうですかお?
        /    (___   |
      /              |    やる夫が紹介しますお!
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |



                               _ -≦ ̄//// ̄≧=-  _
                       _____ </////////////////////\_
                    \///////////////////////////////////
                       / ̄////////////////////////////////,
                      イ/////////////////////////////////////
                        |'//////////|///{//////////////////////,
                        レ{///|//レ'|/ lハ//ハ//{///////////////////
                    ∨j/|/ j   ∨ ∨ヽ//////////////////
                          |       {    _〉/////////////////
                          _,ノ |   ___ \   \/////_r―‐〈//////   それで、君達のような事が
                     「ヽ fヽーニア⌒     _} -‐ヲ´人⌒ V////,   できるようになるのかね?
                     |‐l} {  }タ ̄ラ' _ -‐  ̄///「 {⌒  /////,
                     ∨八) |ト==‐      /|//,{ 〉 / //////,   そうだな、仲介を頼む。
                     /   ='         /   }//{ (_,ノ ///////
                   __/   〉           }//,{__/ ̄\///
             _/ ̄ ̄  `ー‐┴ 、            j///{      \/
           __/___,ノ          \       ノ///,{  /
          /           \       l\     /////ノ  /
          |      \     \     | |  /////ノ^/ /


100 :◆vsQyY1yD2Q

丶    __Z      丶         /        / r'     Z',          \
  \__,斗 .Z:i:i:i:i:...   }\      /.:i:i:i:i:      / ,イ 丶   Z', ',          `ヽ
   Z〜~゙Z:i:i:i:i:i:i:.  八_ \   ,イ:i:i:i:i:i:.      / f´⌒ヽ、ヽ \Z゚, ':,           ゙ー
    }   :乂:i:i:i:i:i:i:i>'   ヾY/、 :i:i:i:i:i:.   / .r'─‐- ミ、∧ 、:Zム ',  ヽ
:i:i:i:i:i:i:i.}:i    `゙""´   ,斗'”ア’  ヽ:i:i:i:i:  ノ    j ̄二=ァ'"⌒゙゙゙゙`Zム i   l l ll  l
:i:i:i:i:i,イノ       ,斗'”   ,'.:i:i:   \: r'´     }'´ ,イ"           Zi、  l l ll  l l
=彡' '      //     {:i:i:i:i:.      7       Z//          |l |l   l l ll  l l
       _,イ'’,ィ'     ヽ Z:i:i:i:    /        _V/{            lハl l   | l ll  l l
    ,斗':i:斗'”,{:      丶[:i:i:  ,イ=ミ     {ト:Y,ィ斗芸ミヽ、     } l| |  l l_l,斗‐ll ll
   ,イ:i:'"   /:{:.       ヾ、:i:i__,イ丿V廴__    { n}ト、r'¨¨¨_二ニ`寸)/__l| ,l|斗芸zzl||「|「|ト/
  ,:'     .:/:i:{:i           ` ´ { }  Y、__≧==Y{Y  ,ィ'弋uノミ、゙Y⌒゙7/¨¨    `寸/,イ  アレフガルドには
 .,:'   .:i:i:/:i:i:i:{:i..           i }\ }i:i:. (_/∧:', {   ゙≧━=彡' }____ji'         Z:,   ダーマ神殿が無い?
、/  .:i_iノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.. .       .:   !∧ ゚,乂_/:i:i:∧l 乂      ノ゙ー‐'{         /} /
:i:  .:i:i: .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. . . . .:i:i:  / ∧ ',:. Y/:i:i:i:i:i:{ {^ト、ー─‐ '’  ::! `ー=二___.。s':,'~   いかんなぁ
ノ:   ..:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: /    l  N ∨:i:i:i:i:i圦 ``_、_   ‐-、:j_,斗: : : :.ァァフ: : :∧、_  それはいかんよ君ぃ。
  ...:i:i:i:i:i:\:ヽ、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. ノi:. . . . :l  Z/:i:i:i:i:i 八   ゙寸゙ェェェェェェェェェェェイ": : : : /::. [
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,斗芸、込、:i:i:i:i:i:i:i__,斗'”' }:i:i:i:i:i:i:i:}:. i V:i:i:i:i:i:i:   |へ  \`ー'ー'ー'´二二 ノ: : : :,イ::::::: V
r…━='”ー…━…'¨¨¨¨¨  //:i /:i:i:i:i:i:i:i:i}i: i. {:i:i:i:i:i:i:  |:::::≧。.  `¨¨´ ̄:::::::::::: : : :.//}::::::::: {::
[:i:i:i:i. /l    :i:i:i:i:i:i:i:i://:i /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i: }:i:i:i:i:i:i:  }:::::::::::::≧s。.______.。s≦イ /:::::::::: N



     )                  ,イ 彡'::::::::::::::::::|ハl、Y  ヽ、             {
二ニ=彡イ               j彡',ィ⌒ヽ、:::::::ノ斗、|ヽ ヽ:i:゙Y           /
,   /  ヽ                {_f´犲” ̄¨Y___r‐l|‐リ-l| l| i:i:i{         __f´
彡'     ゙Y             {ミ i{    /ニミ{    ||ハ li:i:}       f´  {
       }、              f^ト/乂__ノ,'n n丶___乂ノノi:i:}       {    l      よくぞ知らせてくれた!
       | ≧s。、.         | i{ r‐' _______゙゙゙゙゙ ノ'リf^Y      ,イ    ',
       |   Y≧s。       l i:| {`Y´r───‐、`Y)〉  |):}   ,イ⌒ /       /  さぁ諸君、剣を取れ!
        l     }}==ミ、゙ーォ、  乂|   l ':::::::::::::::::::::::`/   |'ノ__  //   {         ,'   杖もいいぞ!
         l    }   ゙ // \  {   {:n⌒ー‐'⌒n/   ,'´   \  ,' Y      i
       ,'     j    //  ,イ¨¨圦  込ミニニニニ彡'   /.     \j   \      .|    剣風氷火の限りを尽くし
          /   ノ/ ./    ゝ  '´¨¨¨¨¨¨`   ノ:}         ム    ヽ、    |    大魔王の軍勢を
          __ム_/ /       / > _____ 。s≦  {ヽ、       ム、    ゙Y   |    殺し尽くすのだ!!
    _,斗匕  ,斗'” ̄     /  ./⌒ー⌒\     Y:ム      ム\ \廴 |
    (    ,イ          // /⌒Y:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>、    Y::ム       ム. \   ヽ
    Y   /          ./::://::::::.  }:i:i:i:i:i:i:i:/ ::\ 0 }:::::::ム ___    ム 丶   \
.     Y /   _____  //、:::” \:::: ノ:iroォ:i:i(  .:::/::` ̄´::::::/:ム/_ミ、  ム  \   Y / ,
\     Y  ,イ”⌒Y} ノ /:::. \::.  `ー{彡へ \}_ノ ..:::::::::::/:::::::}   \、゙ー'     \  i  /
  ゙寸 __≧彡'   / 〈:::::::.  \  /:i:i:i:i:i:i:i:〈   ..:::::::::/::::::::,イ       \      ヽ  /
s≦ ̄ f´  {    f´:   \::::::.   ゙/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム......:::::,斗’:::::,斗’/      ノ        丶/
    {    {    {:::....   \:::::. /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iム,斗’:::::,斗’..::::/      /         }



       \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
        )                  >
       <     転 職 !!      >
        <                 (          \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
        /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^           )                  >
                                     <     転 職 !!      >
                                      <                 (
            \_人_人∧从_人_∧_人_从_//      /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
             )                  >
            <     転 職 !!      >
             <                 (
             /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
             ___.               ___.               ___
            / ))))             / ))))             / ))))
          /_ ⊂ノ           /_ ⊂ノ           /_ ⊂ノ
         / /.      _       / /.      _       / /     _
         \ \  [二|田].      \ \  [二|田].      \ \  [二|田]
          \ \( ´Д`).       \ \( ´Д`).       \ \( ´Д`)
            ヽ      ⌒\..      ヽ      ⌒\..      ヽ      ⌒\
            ノ      / > >     ノ      / > >       ノ      / > >
           /      / 6三ノ     /      / 6三ノ     /      / 6三ノ
          ./    /    ` ̄     ./    /    ` ̄     ./    /    ` ̄


101 :◆vsQyY1yD2Q

                                     ___
                                 _)_/::::::::::::::≧=-..、
                              r= ァ:::::::::::::::人::ト、::ト:::::::::::::≧、__
                          /:/:::::/ j/__八{  ) \トN::::::::::::|
                              /レレレj/  ノ___/ ̄ ̄ヽ ̄`Y::::::::\
                           ノj ⊥、}==={     j厂\\::::::::::i
                               レ'´ r'’  _>ー一     \}:::::::ハ
                              人_入 r‐ 入      ィ´  ハヽ/\
                               /  ∧   _      ,ノ  从{ {⌒i│   なぁに あれぇ……。
                          ヽ   [厂 ̄ }       u 从{ノ_jノノ
                                   に二´.          从{__/{
                                i            __从{ |∨
                              !  从从从、    _,ノ从从 |i{
                            j_ノ从从从从从从从∨^  N
                               从从从从从从从从厂    |
                            从从(__           |     |
                                     |        |  _|__
                                     |     / ̄ ̄ ̄     |―‐┐
                                   /|__/     / ̄ ̄ ̄  ∧
                               _人    ___/         ∧
                             ∧  Y´ ̄     |             ∧__
                             / \/          |              }_
                               /   }         |         _/
                               _}   /r――----   |    ,ィ  / ̄
                         /∧  /     __/\_/ j/
                        _/ /  \/      |┌─  /
                    ̄    /    {      |│ / /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   後々の事を考えると、一種の 「三方良し」 である。


102 :◆vsQyY1yD2Q


   それはともかく、これで旅の扉が設置できるようになった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   城外の南東、堀の向こう側あたりに
    |      (__人__)     |   地下室がありませんかお?
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ        ィヽ     できれば そこを お借りしたいのですが。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                    \//-――- __
                    / ̄ ̄//////////////≧ー ___,
                 /////////////////////////////⌒ヽ
                   ////////////////////////////////∧
               //////////////////// ィノレレ人/∧/∧ハ
             | //////////////////{  /    j/ j/
             |'/////////// ̄\__//{  ―==<  |
                  }//////////{ し'⌒ }//^ = _rテ‐ぅミ ノ
                '^Y ///////∧ 〈⌒〈/八     `≧=-,ハ.   何故 知っている……とは聞くまい。
               ハ'////////∧__ノ/{ }     ̄ ノ人
                 ∨////////  }//{     /(___〉  そこには もう使われていない地下牢がある。
                     ∨///ィ从{  〕//{__    ― 、_{
                人レ八{     )///\    ーf´     自由に使うといい。
                 r‐|____  |ヘ////\__,ノ人
               _|____   ̄\'^ヘ//////「
             /            ̄ ̄ ̄ ̄\´⌒'⌒`
               |                | ̄\
             __|_____            |    ||
           /           ` ー-  ____|__||
             /                    || \_
         /                        ||    ト、
           /                      ||     | |


103 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \   ひとまず簡易なものでも旅の扉を設置して
|       (__人__)    |   荷物を運べるように……。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       地下から出る用にスロープとかも あった方が良いかお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     ____
   /      \
  / ─    ─ \
/   (●)  (●)  \   工事が必要になった場合
|      (__人__)     |   作業員集めに ご協力いただけますかお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       賃金は こちらから出しますので。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                              /::::              、:\
                           //::::             :::\:ヽ
                            イ::/:::::.......       ,    .::::\:ヽ!
                          i/:::/::,::::::::::::......../ ,ハ.',...:\::::::::ヽ!
                             イ〃/://,::, ::://::/::/:,!l、ヽ\:ヽ::ヽト
                          i;イ/:;.イノイ/jハ/ l/ノ ' j;ハヾjヾ}::_ミ゙
                           ハヘィ       、 ,.      ヽ.}fハ   まぁ、いいだろう。
                           ', ハf{、,>=ヮ‐、j_i_rr=ヮ<__/ij、 j
                            Λ ミj {::`ーァ7´〉ヽ:`ー‐':ノ,. iリ ∧   賃金は、食料を。
                            /:::::7ヾ,`フ´./ ./`! ` ̄´ ' jfイ:::::\.  現物支給にしてやってくれ。
                        _,. -〈::::::::「`Y´ // ノ‐'^ _  ,イ! j::::::::::::|\
                   _,, -‐''´::::::::::::', ::|/ ./ /  /―ァ'´ 〉ィチ'' /::::::::::: j::::::`ヽ、_
                 ゙´::::::::::::::::::::::::::::: ヽノ,' ノ /  /.,,/ ,.ィfjル''/:::::::::::: /::::::::::::::::::`¨
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   '′ 〈/ .,.イ屮‐'´|:::::::::::::::,.'::::::::::::::::::::::::::
                 :::::::::::::::::::::::::::::::::::i        r' ̄   ,|:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::
                 :::::::::::::::::::::::::::::::::::|          /_ _, ‐' |_,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::',.        /        「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ラルス1世の協力により、設置工事は順調に進む事になるが ――


104 :◆vsQyY1yD2Q


   ―― それに焦ったのが、この人である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     _
                  -=ミ:} ..-―=ミ:、_ ..ノ
                 ー==ミ/`ヽ : ,. -==ミ : : <  _
                 /: :′: : : : : : : : : : :、: : : :`ヾー=ミ: 、
              /: : : {: : : : : :_:_ : : : :ー=ミー-: :ヽ:ゝ ヽ〉
            { イ : :; 八:ハ : ト、ト、:`: : `ー-: : _ ィ }__ .. ノ
            ヽ、{//: :ム、.: :、ヽィ=ミ、:`rー<: : : : :<
             /: イ: :/ィ心ヽ: :、{り }ゝ:r'ー‐=ミ: : ト、: : 、  異世界の勇者達の動きが早い!
              〈イ〈 : : とつ '  \:`とつ ム==ミ/: : :、ヽ: }
              {:{ ゝ:从、     \〉/ :}    ∧: 、: ヽ }ノ  あいつら、準備が終わったら
             ゝ:ム=ミ、/≧辷ニニヽ/: /   ム:ハ: }ヽ:}    魔王と戦いに動き出すわ!
            ///   /: /∧:/YoY: :/   イ7ハ: !リ リ
           'イ 〈   {: // }'_..ゝく:八   }〈C}:ト、      そうしたら幸子も一緒に……!!
              ヽ -‐≠{ _ ニ=ミV{: /ゝ=r┬<リ ヽ
                 ..-‐/     \  /}八}
                . ´   {      `、 ヽ Y
                 ′    、       '. '.八
               /     / '.       '. }  、
               .′   ./、 '.      ∨ ヘ}
             ,     ∧ム、 '.      ∨ /
              /    /  マム≧'.       ∨
            ′   /    `¨¨¨’,      '.
           {     /         ’,      }
             ヽ、__/         ’, 、_.ノ
                            ゝ'


105 :◆vsQyY1yD2Q

      〈:`ヽ __
       '. : : \: :`ヽ¨¨` : .、
       /:} : : : : : : : : \ : : :\
     . イ : : !: : : :ト、 : : : : : : : : : : \
  ハ/: : { :_:八 : : :{ \`ー-: :ヽ: : : : :ヽ
  { 乂: : :/  、: : :、   ー ミ \: : : :} ー=ミ 、
  ゝ==彡:{≡≡ヽ: :\≡≡`ト: : : ` ー―一’:ノ   でも、カエルも ヘビも見つからない……!
  乂/ : ノ/  /  r 、:\i  i|: : :` ー‐ ==彡
  { : {:/: 〈./  /  { ノヽ:}_ i| : : Y : : : ハ       他の町なら生き残ってるかしら?
  ヽ: ゝ: : ≧ 、r―‐ く ノ:.:.`:ト : : :ゝ==彡’⌒ヽ
   ー=ミ 、 }:.`¨¨¨´:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.\:_:_:_:_:_: : : 、 乂
       ヽ:〉:.:K:.:.∨∨:.:}:.:.:ー-:.:.:.:`¨トミ.:.トミ: }ーヘ
       / ゝ:}:.\:∀:.:.:八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} | ヾハノ
          |:.:.:.:.ト廴:.:.:.。\、:.:x≪r人:.:/ :、__
          |:.:.:.:.|  ヽ\。:.゚:\、.:.:.:.:.:.:./   }}:.`ヽ
         _.ムミヽ /´ ` ≪:.:.:.:\、::/_ ∠'__`つ
       ‘ー一 `  ー―一 `¨¨¨´





      〈:`ヽ __
       '. : : \: :`ヽ¨¨` : .、
       /:} : : : : : : : : \ : : :\
     . イ : : !: : : :ト、 : : : : : : : : : : \
  ハ/: : { :_:八 : : :{ \`ー-: :ヽ: : : : :ヽ
  { 乂: : :/  、: : :、   ー ミ \: : : :} ー=ミ 、
  ゝ==彡:{≡≡ヽ: :\≡≡`ト: : : ` ー―一’:ノ
  乂/ : ノ/  /  r 、:\i  i|: : :` ー‐ ==彡    ………………他の町?
  { : {:/: 〈./  /  { ノヽ:}_ i| : : Y : : : ハ
  ヽ: ゝ: : ≧ 、r―‐ く ノ:.:.`:ト : : :ゝ==彡’⌒ヽ
   ー=ミ 、 }:.`¨¨¨´:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.\:_:_:_:_:_: : : 、 乂
       ヽ:〉:.:K:.:.∨∨:.:}:.:.:ー-:.:.:.:`¨トミ.:.トミ: }ーヘ
       / ゝ:}:.\:∀:.:.:八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} | ヾハノ
          |:.:.:.:.ト廴:.:.:.。\、:.:x≪r人:.:/ :、__
          |:.:.:.:.|  ヽ\。:.゚:\、.:.:.:.:.:.:./   }}:.`ヽ
         _.ムミヽ /´ ` ≪:.:.:.:\、::/_ ∠'__`つ
       ‘ー一 `  ー―一 `¨¨¨´


106 :◆vsQyY1yD2Q
                ____
             ..: ´∠: : : :`ヽ
          ..:´ : /: ヽ⌒ヽ: : : : \
            //: : : /: : :ハ: : : :\: : : : ヽ
        ィ:/: : : : i!: : : :.}!、 : : : \: : : :.
       {:{/: : : : : }!: : : ノ{: \: : : :ヽ: : :} _
         乂!: : : : メ '. : :!、_. -:_\: : \_:`ヽ:}
     {r` _ノ: : / ○ \{  ○ V:\ :` 彡´   ……そうだわ。
        ̄ /ノ:""      """ }ヽー<:ヽ
        r:´イ :!:ト、   r―‐、   ,.イ)ー=ニミ:}     勇者達が作ろうとしているのは旅の扉。
      ゝ〉乂リ从>.  ̄ ̄ .イ |: ヽ、 :リ }ヽ〉
.      ∨ ∨   _,rト三 トハ、,从/ ∨/ ノノ    幸子の話だと、向こう側は豊かな世界みたいだし
           ,r‐'´:ヽ∧八∧/::`ヽ、           きっとカエルと ヘビも……!
          /:::::ll::::::::':,.从./:::::::ll:::`>、
           ,'::::::::ll====:∨====ll::::::::ヘ.
        ./::::::::::::|◇:::::::::::::::◇|:::::::::::::::';



           /⌒
       _ 〃=≦  ̄ ̄ ≧x
      /ミ{{ rー<        ≧=-
      , ⌒  ⌒ヽ ` 、    \
      /  〃   \  \ニ=-  ≧=-
  {   / , { {  トミ _ メ   \    ミヽ
  乂イ / 八从 {  ィ示ミ \`ー=ミヽ、 \
    ∨ / ィ笊 `\ 弋斗っ ト  ヽ ヽ}ミー-}       いける! いけるわ!
    / ∧ 代ツ   \     }  \_`ニ=-乂
.    { 小ハ 丶_, -、   , リ   /zz≧x ノ.        旅の扉の向こうに行ければ!
.    乂{   \ V_ノ / ムイ /{ / ⌒ヽニ=-
      乂辷=-≧=- イー=彡 /}ー'/     \
         ∧   x==ミ  /   / '  ′    ハ     見ていて、幸子!
     乂′‘, { ー三}イ{ ノイ   {  __   ヘ}
       }  ‘,}   {´ 八 八   乂 弋zz' /ミ 、    お母さん がんばるから!!
      ハ  r ‐} t_ーr r 、}\ ヽ\          V
        {   八/  /_}人ノ\ `¨¨` ヽ  У    ‘,
      人 /  \/_マヽ ‐- \ rー‐=≦、    -=ニヽ
     ノ _八       `ヽ    ` ミ     ‘,⌒ヽ   {
     〉´イ  ヽ、    ノ `¨¨≧x _ }}     }      ヽ
     }      >z≦  -=ニ { ヽリ    /       /
       }   / 人 《 ハ  〈〈\ノ__/ー=≦__/
      廴__彡  {\》V  ハヾ 、      ‘,
             人 {{   V { {      ‘,
              ノ/〃 \   } }       ‘,
           /´  {{ハ   \ 〃、       ‘,
             /    }}V   ハ{{   \        }i
         /    リ     V }}_  `¨¨ミ     }i
        /      /         }}  _    ヽ   }i
       /     /       リ   _   廴  }i
     /      ./          /     _ミ 、 `¨´|
   /       /          /          ノノ     |


107 :◆vsQyY1yD2Q
      ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
       \, V
         `L,,_
         |ヽ、)  ,、
        /    ヽYノ
       /   r''ヽ、.|
      |    `ー-ヽ|ヮ
      |       `|
      |.        |
      ヽ、        |
        ヽ、    ノ
       __...,,,   ...,,, _
   ,.-''"´         ` 丶、
. /                \
´                   \
                     ヽ
                      ',
    |  ,ィ  ,    / ,          |
   ,l ハl ',  ハ|  ∧ |          l
 ',  l|/テfミ∨ 、 _', /ニ',ト、 ,イ|    /   これで しばらく視察は休みだったよな?
  ヽ |'´{_ノf`    ∨,f=rfミ、メ l  , ,ィ /
ヽ/ `'、 ̄´ ,     ゞヒり `/ / /ノ !
../,ィ l    ':::::      ` /'´  l'´ {.    よし、カナ達を連れてサクラの国に行ってくる。
/´l  ヽ   ゙        /   l /   '
  l  , \  ヽ      ノ,ィ  l/  、 '、   向こうに何日か泊まってくるから、こっちは任せたぞ。
_,.ィ   ハ | `ヽ  _,,.. - 7´/  /′  ヾ丶'、
‐イ /7 '1   ̄`''‐ァ f´7  / l  ト 、 ヽ、`
 l //__,,.!      | / / /  l,  ',  ̄``                         ┼ヽ  -|r‐、. レ |
_,.|/'"l/      | / /イ`丶、 !`ヽ、'、                             d⌒) ./| _ノ  __ノ
   ヽ       |!  `ヽ  `  `ヾ、


108 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第178話 「たんけんボクのまち」 は終わりです。


今回のタイトルの元ネタは、教育番組の 『たんけんぼくのまち』 です。

元ネタでは、全て ひらがなです。



オルテガは、原作でも各地の女性に惚れられていたっぽい話が
いくつかあったので仕方ないですねw

ちなみに、記憶喪失のオルテガが勇者とされているのは
王者の剣などが奪われたラダトーム襲撃時に魔王軍を撃退したからです。


堀井雄二さんは 「勇者は あの後、アリアハンに帰ったと考えてもらってもいいんですよ」
みたいな事を言っていますので

実はアレフガルドに残ったロトの血脈は
オルテガの隠し子の末裔という可能性もゼロではないのですw



ダークドレアム召喚の捧げ物がカエルの干物と ヘビのスープなのは原作通りです。

グレイス城のイベントで手に入れる事ができますし
公式ガイドブックでも確認できます。



次回更新は、4/9(日) 20:00〜を予定しております。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


      「ヽ    r 、    _           r v >__r、__r_
    }二  `二}_j └7 r´  _)  r、 , ァ _  > 〈ーュ_rュ_r‐'ー   、
      _ゝ ヽ {_ ィ 〔_ ´ ̄    V∨/ (/ー、)〈,イ Y rュ rュ `Y    `ヽ
    ィ -―、_〉 〈_, っ } __ノヽ. V// r、ニ}/} ノ  i rュ rュ j!`  、    \
    { `ーーつ r−' ノ 〈__ ./  V/ ヾZZノ ーイ_人 __ ノ、    \   、
     ̄ ̄ ̄    ̄ ̄           / /  ′   i   \   ヽ
\_人_, イ   ,,ィ(_/      / /   !       ! i    ヽ   ',
         ̄    /       ,' /    j     ト、 ',    ',   、
        こ    {     _   ; i    /イ    | ハ ハ、   、
         れ    ヽ  ィ´ニハ  i ! / !ハ     j ', >=-、 ハ 、 i!
  .懐   は    /__/ニニj{ハ  jハ{ ! 从L斗、  ハ {´   ヽ j !ハ !
   い   カ    (ニニニニ{zj 从 |ハ {´ry=ュ',  l ヽ_j´⌒j`ヽノ ′リ
   て    .ン    \ニニニニヽ j八|トヾ「ニニハ\{  ノニニニフ    イ    、
   ま   ペ    {⌒ニニニニハ ノァ イニニフ  、 ィニニニ'     j    个ー
   す   キ    (_ニニニニニヽ=≦ニニ/ ィニニニ./      /|     j
   ね    に     /ニニニニニニ!ニニ/>ニニニ≠― ┐   ./, !   ,'
  .!!       <ニニニニニニリレー≦ニニニ≠、__。 ′  彡' j  j ハ /
              (ニニニニニ/´ニニニニニニ <       ィ   ′,イ人ハ{
   ィ、   イ   /ニニニニニニニニニニ/  { \≧ーイヽ    イ /´  〉、
⌒´  \/  `ヽ/ニニニニニニニニニニ/ヽ  ト、   _ヾオ´ }   j//   丿:
        /ニニニニニニニニニニ_/   \{  ィ:´: r┴-y ⌒Y ̄`j   /: : :
       /ニニニニニニニニニニニj     /: :j: : : !  ニ! _ イ´  {/: : : : :
      rー'=ニニニニニニ=‐  ̄` マ{     /: : : i : : 人_/ `「 ゝ _jァ: : : : : :
    人rーイニニニニゝー=ニニュ  \   /: : : :j/: : ゝ_  ハ   _イ: : : : : :
    「 ̄ マニニニニア ̄ ̄  ̄`    \ノ: : : :/: : : // :  ̄: :⌒:´: ://: : :ヽ: : :
    ヽ⌒ーニニニニ/ー ´ ̄ニ>       ヽ: : /: : : //: : : : : : : : : : //: : : : }/


第177話へ    4 第179話へ

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 第1巻 [Blu-ray]
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 第1巻 [Blu-ray]

この記事へのコメント
おい、だれかシオニーさんを拘束しろ!
てか娘と一緒にサクラの国にトンズラしろよ!?

それと、猫に引っかかれる幸子のAAの元ネタは何?
Posted by at 2017年03月27日 21:36
すごーい! きみはみりょくてきなせっていをつくれるフレンズなんだね!

しかし予想されてたとはいえ、またとんでもない爆弾が来たなぁ……
Posted by at 2017年03月27日 22:10
>それと、猫に引っかかれる幸子のAAの元ネタは何?

http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im1537457
これの改変じゃないかなぁ?
引っ掻かれているのではなく目をふいでる絵ですな
Posted by at 2017年03月27日 22:32
日めくりさちこ
Posted by at 2017年03月27日 22:53
「剣風氷火の限りを尽くし」はドラクエ的・ファンタジー的言い換えか、良いな

しかしやりやがったなオルテガァ!(記憶喪失)
Posted by at 2017年03月27日 22:55
シオニーの動きが危なくてしょうがないな・・・

>>米1
東方の古明地さとり
ついでにいうとさとりのAAには元ネタの絵が存在する
Posted by at 2017年03月27日 22:55
両目に猫パンチくらう幸子のAAは、いつ見てもなごむ

ラダトームにいる猫が食料にされてなくてよかった……
Posted by at 2017年03月27日 23:14
てか、呼び出したダークドレアムと幸子が戦わないかんくなる可能性もあるわけで、、、。このシオニー馬鹿すぎでしょ
Posted by at 2017年03月27日 23:41
>猫に引っかかれる幸子のAAの元ネタ
声優のしょこたんじゃね?

しかしこんな単純な方法でドレアム復活が阻止できるとは…
Posted by at 2017年03月27日 23:56
相変わらず幸子は腹パンしたくなるくらいかわいいなぁ
シオニーちゃんは旅の扉で向こうに行って捕獲されるということだな
Posted by   at 2017年03月27日 23:58
オルテガの隠し子…デス種のレイってこの話で出てきたことありましたっけ?
だってこの話でのオルテガってあの人だから…本当のオルテガの息子は…(w

シオニーちゃんの無駄に頑張る行動力で大変な事になりそう。ちょうど
この話でポイズントードの話出てきたし…
Posted by at 2017年03月28日 00:26
両目に猫パンチは大元の写真がなかったっけ?
うろ覚えだけど、オッサンが良い笑顔で抱き上げた飼い猫に両目を塞がれてるやつ
Posted by at 2017年03月28日 00:27
まず勇者に直接談判にいきなさいよwww
Posted by at 2017年03月28日 00:31
シオニーの絶望的な思考回路がなぁ。
まあ実際幸子が強くて戦わされるっていうのはやる夫が
過保護を発動させても戦わせないというのが難しレベルだしな。
しかし問題は手段だよな、外の世界に出てまだほかにできることがあると
思い至ってくれればいいんだが、ダメなら拘束しかないか。

そして仮にシオニーがアリアハンにいったらほかの問題ががが
Posted by at 2017年03月28日 01:31
まず「ダークドレアム」についての認識合わせがいるよね
1.呼び出すのは簡単だけど戦って倒す必要がある
2.優に大魔王以上の強さなので倒せるなら大魔王なんぞ怖くない(よって呼ぶ必要が無い)
3.呼び出して倒せないとその場で暴れる(国は滅ぶ)
こんだけ説明しても信じてくれるかわかんないってのはコワイね!
Posted by at 2017年03月28日 01:40
シオニーちゃんにしてみれば、とてつもなく強かった夫()でさえも
魔王との戦いからは還ってこれなかった訳だよな。
実際オルテガって主人公/勇者と比べても強いみたいだし?
その夫()でも勝てないんじゃ神でも呼ばなければ無理と思うのも仕方ないかも。
Posted by at 2017年03月28日 02:21
くっ、心の中の悪いシオニスト(愉悦部所属)が
シオニーが召喚したダークドレアムが
大事な幸子ごとラダトームを破壊して
精神崩壊するシオニーちゃんが見たいと囁いてくる・・・

というか、原作のスパロボでも似たような事やったんだよなぁ
Posted by at 2017年03月28日 06:09
どう考えてもシオニーって勇者軍団に監視されてると思うなぁ…
やる夫にしても復活の件で色々チェックしてるだろうし。

あ、魔王側が蛇と蛙を用意してくる可能性もあるのか。
Posted by at 2017年03月28日 11:59
ダーマこええwww
Posted by at 2017年03月28日 12:29
↑×1
いや、魔王側としてもダークドレアム呼ばれちゃまずいでしょう
アレフガルドの人類滅亡させられたら絶望を搾取できなくなるし、大魔王叩きのめせるダークドレアムと敵対は必至だろうし、むしろ(現実問題的にしないだろうけど)召喚阻止に協力する方が自然
Posted by at 2017年03月28日 12:41
なんかあっちの世界見て正気に戻った的なことかアリアハンの誰かの母親にビンタされて正気に戻るような気が…
まぁ説得されるのかな自然を見て絶望が裏返るのか
Posted by at 2017年03月28日 12:46
なんだかんだでダークドレアムが出てくる展開にはならない……と信じたい
Posted by at 2017年03月28日 13:34
>>なんだかんだでダークドレアムが出てくる展開
もしかしたらやたらフレンドリーなダークドレアムが出てきて、シオニーを説教するかもしれない
Posted by at 2017年03月28日 18:41
まぁ旅の扉設置しても当然こっち側と向こう側に出入りをチェックするための衛兵が何人もいるだろうからこっち側を通れたとしても向こう側でシオニーちゃん拘束されるでしょ
Posted by at 2017年03月28日 19:03
たった今恐ろしいことに気づいたのだが、

シオニーの持ってる「召喚儀式の書物」ってどこから見つけたのだ?
そして、その文字って「何語」で書かれているんだ?

まさか、「日本語」ではあるまいな…。
Posted by at 2017年03月28日 19:27
仮に、もしも幸子と結婚しちゃったら
アリアハンやラダトームへの影響力半端なくなるのだが……?
Posted by at 2017年03月29日 01:54
実際、原作でもガイオウ様召喚して(シオニーちゃん本人は騙されてたけど)リモネシア壊滅だからなあ。

アレか。

「いやぁ!誰か!私をラダトームに帰してよぉ!」

とか見られるのか。

いいね!(シオニスト感)
Posted by at 2017年03月29日 09:29
今回の話のサブタイを見てまっさきに連想したのが
P4の某ダンジョンでの「ハッテン、ボクの町!」だった俺は汚れきってるのかな(滝汗)
Posted by at 2017年03月29日 20:19
これシオニーちゃんいきなり日光にあたったら目がぁってなりそうね
というか日光で火傷くらいしそうやな…ところで人妻シオニーちゃんいい…
Posted by at 2017年03月30日 06:49
>>人妻シオニー

結婚してないから未亡人では?
Posted by at 2017年03月30日 20:05
旅の扉を通ったら正妻カガリと衝撃のご対面フラグw
Posted by at 2017年03月30日 23:59
結婚してないならシングルマザ−より未婚の母ってのがしっくりくるか?
Posted by at 2017年03月31日 02:13
つか今回のポイズントードの一件って…いや、よそう俺の想像にすぎない
Posted by at 2017年03月31日 20:49
>勇者として優れている=家庭人として優れてるって訳じゃないからね?
稼ぎのいいエリート男が良い家庭を築けるとは限らないというワケか…

>お尻ぺんぺんしてくれる奥さまとか。
それは夫婦間の相性というか、そういうプレイの一環という可能性も…

>実は、ボクの お父さんも他所から来た勇者だったんですよ。
>記憶喪失で、どこから来たか分からないんですけど。
>ボクのお父さんの名前はポ カ パ マ ズ で す !
そんな名前の勇者がオルッテカ!?
…昔ドラクエ4コマかなんかであったよね、こんなネタ。

>……実はムオルにも隠し子がいたって事はないわよね?
>原作では、ノアニールにもあやしい人がいたような……。
無節操に種蒔いて歩いてんじゃねー!
「アリアハンの種馬」ってあだ名付けたるw

>今回のタイトルの元ネタは、教育番組の 『たんけんぼくのまち』 です。
幼稚園時代にリアルタイムで見てた「チョーさん」が現役で声優やってると
知った時は驚いたもんだ…
Posted by at 2017年04月14日 16:35
あれ、まいんちゃんってば、できない子がいるところでグチを言ってたの?
何か思うところはありませんかお母さん。
Posted by at 2017年04月15日 09:01
けどずっと光無い暮らしで適合してきた中

光あふれる世界にいきなり飛び込んだら慣らしてから入らないとぶっ倒れる気が
Posted by at 2017年04月22日 16:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179227213
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ