■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/30 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2018年08月06日

第210話「颯爽登場、銀河大魔王!」(4)

第209話へ    4 第211話へ

82 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
 エルフの隠れ里  ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,○/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬" 竜の女王の城           `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`     ○ `X″     浅瀬の祠 __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、       ○   .`'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i" ○ 祠の牢獄.        │         /        ○ シャーマン族の集落
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !●′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
      ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○ △    △ ,--,,,,,,,,/    .}           |,_    `゙゙l,,,,、|
      ,,l゙△△      `゙'―'゙   /゙,フ     △  ̄] |     `/           ゙''i、 iニ″ `
   `,l゙^△               ,i´}      △ ダーマ    /            ,i´ ,,/"
   .,i´ △ イシス     △゙l-,,,l゙ 丿        △ ○ △   │           丿..i{,―-,,、
   .|、 △  ○      △│vぃ′          ゙ヽ、  ,,-''゚.r‐、           ,/△△△△/'―-、
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,- ギアガの大穴  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l○ エムローム
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△ ○ ネクロゴンドの洞窟              _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、ラーミアの神殿
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


83 :◆vsQyY1yD2Q
                    ┃
                    ┠────────┐    ┏━━━━┓
                    ┃                └──┨        ┗━━
                    ┃                      ┗━┓
                    ┃                          ┗┓
                    ┃                            ┃
                    ┗┓            北部          ┃
                      ┠─┐                      ┗┓
                      ┗┓└──┐                  ┃
                        ┃      └┐                ┃
                        ┃        紫乃宮領┌────┨
                    西部┃        │○  ┌┘        ┃
                      ┏┛    ┌─┴──┤          ┃
                      ┃    ┌┘        └┐      ○ モブ領
                      えんま領 ○┌┘            │      ┏┛
                    ┃    │      ○      │      ┃
                  ┏┛    │     王都     │      ┃東部
                  ┠───┤            ┌┘      ┃
                  ┃      └┐        ┌┘      ┏┛
               海辺の教会 ○      └────┤  ○ リュカ領
                    ┃      ○ 図書館都市     ┃
            ニュー速で商店街 ● ○ 及川牧場  |    ┃
              エリミネーター村 ○             │  ┏┛
                        ┗━━━━━━━┷━┛
                          南部


84 :◆vsQyY1yD2Q
【 ニュー速で邸 南館 リビング 】
            | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
            | |:.:.:|
            | |:.:.:|          / ̄ ̄ ̄/l               | ̄ ̄ ̄\
            | |:.:.:|_____(____l/|_________l_____)___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/        |i| l」   |i| l」                 |i|  l」 |i|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            l」     l」                   l」     l」
  , ― 、
/  /|―――――- 、
  /  |´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ|
/    |        ||
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ||
  /         .::  /||
         ....:::  / :||
      ....::.::::  / .:|/    , -―――――――- 、
      ....::::::::  /   /    /                 |



     ____
   /      \
  / ヽ、   _ノ \
/   (●)  (●)   \   アレフガルドに行けなくなったって本当かお!?
|  U   (__人__)     |
\     |i||||||i|    ./
 / __` ー'
 (___)


85 :◆vsQyY1yD2Q

              {` ヽ 、/::::::::::::::_:::_:::::_:,:_:::::_:::::::::::ヽ. / ヽ   ヽ
              ヽ   `/´ ̄  ̄{   /     {`丶、:::\''" ̄ヽ.   :.
               / \ 〈 ̄ ̄ `.ゝ   ゝ、 ̄ `丶}   /⌒ヽ.   }   :.
                 /     ̄    .| ゝ- ─ ´    .(   /´ ̄ヽ、 ̄ `ヽ.  i
             / /     /   |           `    ヽ.\  /  ',!
           /  .: i   .i_.. -‐|‐ 、   {\    ̄ `丶、   \ゝ'  、. |
             /  .| {   /|    |ヘ      、 、   \   \   、   ヽ.}
          '   l ヽ. ' |    {、 \    \ヽ、  \          ∧
          | .j!. {   \ .{    ハ  l\.   \≧=─ミー=ミ、  }    ∧
              Vハ  ヽ  ヘ`.z=≠=ミ、 {  ≧=- .__ z-==≠ミ、      i. ∧     旅の扉が壊れたかとも
           ヽ '.  \  ヘ.ヽ んしハ\       {し_::ハ 》        .| |! |     思ったんだけど
                \ { ≧=-   ゞ-゜'            ゞ-゜´ !        | ハ.|
              }≧=- .∧            ,         |      ./  .!/ }|     こうしてロマリアには
              / ヘ     ハ  u                |     /!  /' ./′    問題無く移動できているし
                / /∨   込.              .イ    /._| ./
            /イ  ∨    ≧- .,_    ( )   ..イ .′   / //ヽ、__       アレフガルドの方で
                    ∨ ヘ   ヽ:::ヘ≧=- __. </{ ,./   . ´ /´   ` ` ヽ、.   何か起きたんでしょうね。
                  ../ \ ≧ー -ゝ:::\_、≧=- '´ .ィ::/ /           '.
              . ´     ミ=-    ヽ::::::::::::r─:::.、_::/イ               }
               i            ≧=-、::::::{:/                  l
               |                    /::::::ヘ                 |
               |     ::::::::/       ヽ::::::::::)        、    ',     .!
              |     :::::/           /:::::::::ヽ        ヽ   ',   |



  ___/, - 、i:i:i:i:i:i:i:i:__  --。s≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧='i:i´:i:i:i:.   _ - _┐
  \ _ ̄-― ァ─ 、/i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:∧´_ - ´
  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   /i:i:i:i:i:i/i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:/i:i:i\
. イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/弋_ー_'_i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:/i:i:i:i:i:/|i:i:i:i:i:i/i:i:/i:i:i:i:i:i:i:`i:ー―ァ
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   /i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:ト、,イ /__/|i:i:i:i:/i:,i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i「 <´_
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/   /.i:i イi:i:i:i/|i:i:i:i:i: /_´ レ |`li:/ /l∧i:i:i:i:i:i:i:i:ト、ヽ: :ヽ ー―┐
i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   /// li:/l:/ |i:i:i:i:i弋斧ハ 、 l: :/: :/斗‐、トi:i:i:トゝ';i:i. : :}\ <_l└ -  _
i:i:i:i:i:i:i:i/   / : : : : i/ l/ |∧i:i: { `゙゚ ' ノ |: :/l/  l∧i:| }i:i:ゝ ‘,ヽ: :|  \__ - ´
i:i:i:i:i:i:/     .| / |: :i:/: : : : : : 、ヽ! 、    |/ 、ィ;ぅ 、 }: :|トi:i|ヽ ‘, ∨
i:i:i:i:i/      l/ |: :l′ : : : : : l \: .       / `ヾ// : : : ';i:. ‘, |
i:i:i:/         .|: : : : : : ::ト、 !  `          _ ィ: : : : : :i:i} .リ    ギアガの大穴の従兄殿からも
i:i/         |: :∧: :|: :||i:. : :、    ⌒ヽ  `ヽ /! : : ∧!     連絡が来ました。
/            ∨ ヽl| lリ}i:i:. ‘.\      / イ | : :/
     ,   ⌒ < __ 、|ノ!i:i: i:i‘. \_   ´ |i:i:i:i:| !: /        突然 穴が消えて
.     /         _ ̄|i:i:| i:i }    {_   |i:i:i:i:| l/         辺り一面が平原になったとか。
     ′             `|i:i:}: : :|       ̄ !i/、i|ー '  ̄  、
    |    、        ∨ : : |   / ´  ̄ l/: У       ヽ    奇怪なこと極まりないです。
    |     У       \: :{      /: /_         }
      . ´             ヽ!、 /    '/´   `
    |  /              ‘.               ヽ    ,′
.     l ′       ,.ィ≧s。             _        .  ′
i:.   /   ,  ─‐<二二二≧s。  }  。s≦二\      V
i:i:i.  {/`<        ` マニニニニヽ'/二二二ニ=ゝ- 、 __r、}
:ヽi:i:. l , - 、>      \ニ二二{二二 > "´    /
: : ヽi:. V             ヽ二二lニニ/        ' ⌒ヽ !


86 :◆vsQyY1yD2Q
            ___
         /´   `ヽr=z ̄ =‐-  _
           /       (ニ) ,  -‐  ̄ 
.          /          (ニ)/          ヽ
         /    /}ニ)(ニ)            |
.         ,    /__/::::ヽ     /     / }
       |     /ニ/::::::::::i    /  __/ii  /  }
       |.   /ニ/::::::::::: }  ///``//  /}
       |   iニi-‐ i´ ̄   '/ ,ィfIIヽ / /リ
       |   |ニ| { |/    /  弋リ   { ´
.        i|   |ニ| ヘ |   /     . : : : ヽ    ルーラでも行けないんデスカ?
.      八{i  i‐-'  〉!   i         /
.          ヽ、{ /≧z.、   l     ‐-/
           /`゙"<∧  ト .,_ ,/}ヽ, ‐ 、
      r‐zニニヽ_   t\{     / {ソ   ヽ
      |/ニニニニ\}_   'ム,      {       }
.       〈ニニニニニ=∧},  'ム     ヽ     /
.      ∨ニニニニ=\`Y`Y`}  _/_    /
         |ニニニニニニニニ〉    \/_ `>〈
         {ニニニニニ>‐〈    ∠ニニ≧=,、/
.         ` ‐> ´ x<ヘ   /\二ニニ|
.            'ヽ<ニニニ∧_/{   `<ニ|
           ' :∨ニニニニニ| ヽ   /  ̄
          ' :∨ニニニ=| }   /
.             }: ∨二ニニ|` { /
.            〉 : \二ニ|ヽリ/
           /: : : : :`―':\!ム
           ,. : : : : : : : : : : : :}ム
        / ̄ ̄ ̄ ̄f|`ヽ:/[ \
.       /        .||><ll   \
.         /         ||><||     \


                        ,イ 二二二 ヽ ---- 、
                      イ´:.r ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:. \   \
                    /       `ヽ、:.:.:.:ヽ    ヽ
                   /   /    ヽ  ヽ  ヽ:.:.:‘,   }
                 ,イ  !   i ! ',   ヽ ヽ  .',:.:.:.:i    i
                    }  !! | |   | | ', ',   ヽ   廴_ }:.:.:|    |
                i / 丁|┼ 、| | i ヽ----ヽ´ !  .|:.:.:| |  .| |
                | /  | | |  /!|  ヽ', ヽ  ',ヽ }   i:.:.| |  .| |
                !/  | | ! ,' リ   ヾ、 \ i リ|| |', ヽ!.  ! !
                〃∨ .| ヽヽ{        , -==≠|/ ', /   ヽヽ   無理みたいね。
               /  ', |ヽ ヽ|ヾ≠       //  }    i }
                     リ !\ヽ   ′       { i  /   / /   不発に終わるらしいわ。
                       ノ } `ヽト  r‐‐,  イ ヾ、 /.  ノ/
                   ', ! {ヽ  } ヽ、-><――ヽ } ヽ { ヽ!
                    ヾ、! ヽ|   {:.ゝ―‐ ´:.:.:.:./ ヾ、 |  `
                      / ̄ ̄ヽ:./:.:.:.:.:|_/    ` ヽ-、
                     /     /:. ̄ヽ/           i
                    /    /:.:.:.:.:.:/|            ',
                   __|_ / /:.:.:.:.:.:/:.:|     |       i
                  /     /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:|    }         |
               /--、   /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.|   /        |
              /― 、  \ i:.:.:.:.:.:.:.i::|:.:.:.:.:.:.|  /=、 \     ',
              ゝ´ r、 `ヽ、 /:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.:.:.:ヽ∠´⌒、`ゝ\   .∧
              ゝ―― ,ヽ‐‐ 、:.:.:.:.|:::\:., イ´  ` ヽ ヽ\ `ヽ、 .∧
                <.ヽ/ヽ/      ` ―<- 、  ヽヽ ', ̄ ヽヽ\   `‘,
              ヽ/   ̄`ヽ、          ヽ !ヽ_ヽ ` ヽ',__ | `ヽ┘
              ,'        `ヽ、       `┘  / ̄ i   ̄ ̄
              ヽ、       --― >、       /----┘
                ` ― ´ l\:::::::::--::、::`―― _/:.:.!
                        }:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ
                     /:.`ヽ|_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:イ´::::/::::i
                   /:.:.:.:./::::::::::::: ̄ ̄::::::::::::::::/::::::::!
                 /:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::∧
               /:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::∧
              /:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
            /:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i


87 :◆vsQyY1yD2Q

                     ― ,, _   __ /⌒:ヽ
                 _ /: : : : : : : : : `○ソ: : : : : : : :\
             /⌒r':/: : : : : : : : : : : : : :○ミ: : _,: : : : : : :\
           /: : : r'/: : : x,: : : : : 、: : ヾ;: :` ○_) へミミ\: :ヽ
          /: : : : ::(/: : : : i \::ミミヾ_: :',: :: : ',',    ヽ\ヾ ',
          |/: : : /|: : ::|',|   `/γ:::ヽヘ: : : |',',    /  ヾiヾi
          |!|: /  |   x=;;x、   弋::::::| |: : :∧iヘ /ヽ
 i'ヘ        .',ゝ   ヘ: :《弋::リ: : : :   `'" /: :/:ノ ∨  〉   やはり、大魔王の仕業でしょうカ?
 ヽ ヽ       ヾ|` >ヽ/|ヘゝ ゝ' `    uソ: /ニヽ, ', /
  ヽ ヽ    __   <::::/ |: : :ト,:   i〜⌒ヽ.ノ=-<x- 、
   i"ノ,, \__/_ニュ_  |::i!|>- ,.v'  ̄ ̄:::::::::::::::::::`ヽ'
 (⌒', i x, ヽ`i ::::::::::::::ヘ:―ヾ _,,_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  `>-ニ'ヘ  | |:::::::::::::::::::|     ヽ:::::::: :: ::::::::::::::::::::::::::/
      ̄ゝ__/::::::::::::::::::/_____ノ:::::::: ::::: :::::::::::::::::::/
         ̄/ ̄ ̄7::::|  |.:|_ゝ_:―_ノ:::::: ::::::::::_::/
         ゝ;;;;;;;;ノヽ::::| ̄::::::::/  ヽ::::: :/:


     ____
   /      \
  /  \   ,_\
/    (●)゛ (●) \   元々、アレフガルドを闇に閉ざしていたんだし
|  ∪   (__人__)   |
/     ∩ノ ⊃  /    それに旅の扉による移動を封じるのを加えたと考えると……?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                   _,,.. --- 「二!  lニフ
               ,,..:・''"::::::::::::::::::::>〉ヾ-〃<  ,へ
            /:::::::::::::::::∧;:_-< <> ,, -‐''"´::::::::\::へ
         , '::::::::::::::::::::::,ll V/))>'":::::::::::::::::::::::: :::::::\:::゙<._
.        /:::::::::::::::::::::, ' ヽ_ニソ:::::::::::::::;;;-‐:::::::ヘ:: :: ::::::゙''‐-=ニ-、___,
.         /:::::::::::::::::::::/    ii/ii::;:;:;:;/ //:ハ:::l八  l 、: ::: ::: :: ヘー''"
       /:::::::::::::::::::::/ .     ,'::::/   //./ ! .L_ノ-.ll lヽヽ :: : } ‘,
       ,'::::::::::::::::::::::,'   、__{:::/ /l! . /l/,xzlz;lュ、ヽ,ll ト}: } ;; ト、'.
       ,'l:::::::::::::::::::::::{   ヽ__.//://j.../!..{〃以リ`゙ )ノニ;; l .l ! ! '. !
        l:::::::::::::::::ト;:::l      l/ Y/:::l/i ', ',ミ       、lゾ}ノノ lノ ノ   可能性としては
       l:::::::::::::::::l l:::l      / .∧:::::〉->‐‐-、     ':::-=彡 l
.        ':::::::::::::::::! l:::'.          Y/    ヽ  o ,へ' 川、ヽ    一番 高そうですね……。
.        ':::::::::::::::'. '.:::'..         , '         ',.._/l l /=,―,_) )
.        V::::::::::∧ '::::':.      /           ', _V/ / /ヘノ
         ヽ;::::::::∧ ヽ;::':.   /          ',::::::::l{ {'' /./'ト、
         ヽ;:::::::::'.  ヽ:':.  l    \      _l::/::/l‐レ'-'``ヽ,\
           '::::::::::'.  ヽ::..、l ミミ  〈ミr;;;、   .l:::::::/ !:::ヽ    ``
              '::::: ; ヘ   \:l      ├‐、::\ l:::::/   !;:::::::ヽ    
               ':::.  ヘ.   ,'     ヽ ヽ;:::::!:::;'   l \:::::::\....._
             ':::  ', /   ,,-‐‐''ニ''‐、 `'l::,'   ト》、 \::::::::::::
              l::  ∨l // ̄   ``ヽ.l:,'     V》》、 ヽ::::/
              l': ノ〈//        (し)=‐   V》》》、__Y
                l  〉、/  ,、          l::l     V》l》》、ト、


88 :◆vsQyY1yD2Q

                      /::::::::::::::::::::::\
                    /::::::::::::::::::::::,... -'"´\
                   ム/::::::::::::::::::,..-'' \::::::::::::
                マ、 | l |::::::::::/l      \::::::
       、_     ヾ、_∨、l/,.-}:::/」| l       \
      _\ヽ、,-''´::::::/::::/:::`ヽ '´
   ー´-―-_,..:ヽ、―-:::、:::::::/:::::::::/::::ヽ-,__
    ヾ_ー/l::::::::::、::\::::::::、: :`ヽ、:/:::::::::::',-'"、`-‐´ソ
       /::l:、:、:\:ヽ:.\:_: \: : :`丶、::::::l    ̄ ̄
      l:/!:l: \:、:\,ィ‐tォァ、: \- 、:\`ヽ、
     l:!l: |: :l: \、ゝ,辷j ,.\: :\ }ヽ、ヽ `      大魔王の仕業だとして
     ヾ|:.l、:.l、:.lノ\ :::::: /:,ィ:\: ヽ::ノ \       私達に何が できるのでしょう?
.        レ' ヾ!ヾ`; _  / l: : : |ヽ、:',
          l:/ヾ、)   ,.ィ': :ハ:.! ヽ'         太陽神のお義父様の御力も
            |:`ヽ,=‐'-':_/_ !:!  `ヽ、       アレフガルドには届かないという話でしたよね?
           ,.l: /      ̄´    `ー 、
           /ヽ_)                   ヽ
          {-、_)            、 ':,   ',
          ├-、}             | ',   ',
         /`-‐'!   ___/_      !  l   l.
         / ∨::ヽ|   /:::::::,--`ヽ    /  l    |--、
        /  ∨ヽ:',_/::::- '   /    /___.|    !`ヽ/
        l   l  ',::::::/    /二二二--、 \  /l /
        |   ',  \::\___   /       \ `´/!'
        l / l   `ヽ__:::/          ` ´ l
        `__,../     l /!         ∧    |
         /:/      `/:/ヽ      / ,>   ':,
         |::!      /:/ l  ', ,.. -‐''´ <´_


                 _,..-― ―- .._
               ,  ´          ` 、
              /    _rァ=ーrァニ, \.  \
               / /  r)''´   _   ヾi ヽ .l l
           ,.' i   i'´ _,.-ァ)='''''''=ァz、_ l  ヽ l .l
              l   j  レィフィ /      ',`ヾ  `ヽハ
           l /   ,' ./i ,イ    ヽ l ヽ    \
           |./ i  ,' _A十ハ._   -ハ=ノ、. ヽ、    ハヽ
          /' ./ .l ,.rzi jニ、ヽ   ノ|___ヽ,. 、ヽ、  ヽ.j`ヾz、    問題は、そこね。
.           /,' ,rァi‐i¨.j / .トz:::j `ヽi' 弋ニソ .j ハ j lヽヽ、ハヽヽ ヽ、
         i i ,'|i     l ヽ.ヾ='  ノ    ./iヽ i!∧`ヽハヽ i /  ノ   アレフガルドにいる人達が
.           i!ヽ∨   ./  ヽ __       ,.' l ゙ー=≧ミト ソ      大魔王を倒してくれるのを
          ヽ lヽ  ー┬、 7_ ‐- ,.ィf   ァ、ー-、 l) i!/         待っている訳にも いかないし……。
            `ァ>  ./ ∨ |` ー ´ |  \ |  ヽ/ヽ!i| /
               /   j―=トニ___>ー''フ=―、         _,..-'''フ
           ,./    ハヽ  i!   i!イ ノ´    \      _,.-'''/,' /`ヽ
           ,.'/    .,'   `ヾ,.i!___i!rイ´/ヽ ̄ ̄ ̄¨\‐''¨   i i  `ヽr'´
         , '_/    ,'    /〉|   ヽ /   ./\     `¨>、.i i  ,r‐<
         _, '‐/    .,ヽ.   //ハ  // _,...-''    \  _/´  l. l. > _l
  _,..-,.¨´  /      l ヾ //,'ニ=ヽノ<.| l l  _,.ィ==≧,<    .l l  ヾi、
   ̄ア  _ィ''´ヽ    ノ| .j/i .l__, ┴--、...| l l //  rvァ ヾ   .// _,.. j
.  ∠ イ ノM  ヽ_ ./ l .l  レ‐┬-- 」.| レ¨_   /  〉、.l   // >


89 :◆vsQyY1yD2Q
     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \
|       (__人__)    |   何か方法は……。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




















       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
   /  .`´  \
     ____
   /      \
  /  \    /\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


90 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    /          \
  /           \   あ、やっぱダメだお。
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/    いけるかもしれないけど
  (  \ / _ノ |  |.      それを実現する方法が……。
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /






























         |
     \  __  /
     _ (m) _ピコーン
        |ミ|
     /  .`´  \
       ____
     /      \
    /          \
  /           \
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /


91 :◆vsQyY1yD2Q

         ._,,,,,,,, ノアニール ,                       : .,,,,,,__
 エルフの隠れ里  ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、                /    `ヘi、
     ,,,、ヽ,,○/二ニ"            ゙l‐'"   `i、            ,i´,,-,,,--―''''''^′
   .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬" 竜の女王の城           `'"
   ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`     ○ `X″     浅瀬の祠 __、   .イミニ〃
       .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐、       ○   .`'''i、'ーi、'ニ‐.,、〈゙゙゙゙''i、
      丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    \             `i、 `゙'-、゙l|,,,,)  `ヽ、
      .|___△     i" ○ 祠の牢獄.        │         /        ○ シャーマン族の集落
      _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        ゙l、      ,,,,丿    スー.lm    `i、
    ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .゙l,,,,,,il゙         `''ャι  ,,-″  .゙″  、○i、ヽ .、○ いく夫バーク
    .| ○.,,'"   !○′\:    △   △          | ○i、゙ヽ,、 ,,--、_   `゚ー゙l.`'i |:   |
     `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム         _,!" ムオル  ̄  : `ヽ    : ミ''⊇  .,ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          サ ク ラ の 国

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ``-、 △△△△△△△,二゙l|  バハラタ ,,,,、  .ヽ./`,-/○ ジパング  ,/`△     / △△)
      ゙ヽ、    △△r'"   .|| ,,,,,,,,、  ○ ,!y″  │   ̄″        |△     △   △|
       .`i、   △,-x,二_  ..||/  `ヽ、  ゚',\   ,/                ヽ△ ○  _△ △/
       │  △|○,,,,○ | .|      `'-/゜  ゙='"           サマンオサ  l○ エムローム
        |゙゙゙ヽ,、△バラモス城゙                             `'i、△△△△,ノ′
       テドン,〔△ ○ ネクロゴンドの洞窟              _,,,vィ、,,--,、     │    ,r'′
       ヽ、 ○.゙‐△ ._,-'"                     /″ ○レーベ \、    │   l゙
        `'ヽ,_,,,,-‐"`      ..,..v,            l゙    : 、 アズラエル男爵領:、 ○ アルヘンティーナ
                    /゙゛ ランシール     ゙l     ゙゙父、 ○.|     ゙l,、 .|
                       l゙   ○ ゙l        `li、 ..r‐"[○″  ,}      `゙'┘
                    :  ̄ ゙̄'--,丿         `'-ィ: i,_アリアハン
         ____、ラーミアの神殿
        .'!,,、   `○'''''''゙''i、                             ィ○ ルザミ
          ゙゙''ー-,,,,,,,,,,,,,--゙l‐


92 :◆vsQyY1yD2Q
【 サクラの国 精霊の館 内部 】
_
||:|:|:|≧s。.,_
||:|:|:|:|:|:||:|:|:≧s。.,_
||:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:|:|:||:|:|≧s。.,_                                                      ,ィ
||:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:||:|:|:|:||≧s。.,__________________________________,ィグ
¨ ┴ L_:|:|:|:|:|:||:|:|:|:|:||:|:|:|:||:|:|:||::| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||::::|/
,_        ̄”“ ┴ . ⊥L_|:||:|:|:||::| |:|                                                 ||//
 ̄¨ == z。.,,_     ̄二ニ||::|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ||::::|
:   {ニニニニ}    ̄”¨“:| ̄    |:|:|  ̄||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::|
:     |    |       :|      |:|:|   ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::|
:     |¨¨ ̄|       :|      |:|:|   ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.(⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:.从|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::|
:     |    |       :|      |:|:|   ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:| :.. ..:.. .. (⌒ ) _)ァ'´爻ハ|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::|
:     |    |       :|      |:|:|   ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:|:.. . . .__,、-'^^´/:.:.:乂ハ|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::|
:     |──|       :|      |:|:|   ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:|ミ``~´:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:.:. ハ爻|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::|
| ̄|襾|__|_      :|      |:|:|   ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:|ミミx_,、-‐''^'ァ'´: : ``乂爻|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::|
|_|以二二二      |   .r<>.  ||⊥⊥⊥i|::|⊥⊥⊥⊥|:|i:|二|::|┳┳┳┳┳┳┳=|i|⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥|⊥⊥|| ||::::|
::|:|]]]]]||]]|」三|ミ彡彡'^ヽ  .|   |  ||丁丁丁i|::|丁丁丁丁|:|i:|::::||::|┃┃┃┃┃┃┃ :|i|丁丁丁丁丁丁丁|丁丁|| ||::::|
::|:|]]]]]||]]]]]]」|ミ彡'从__ノ   |   |_||┴┴┴i|::|┴┴┴┴|:|二二二二二二二二二二|i|┴┴┴┴┴┴┘|┴┴|| ||::::|
::|:|]]]]]||]」」⊥| (_)笊_{莖} -‐ |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___ ̄||::::|
::|:|¨,__ ̄| = _| ̄ ̄ │   _|   | ==   =_,.、-‐  ̄ ̄  ¨¨¨    ┴--   ---- ,..==  ||  ==  | ̄ - _ ~ - _ .
::|:|===:T =¨ | _  ┴  ̄ ≧=≦__,.、 - ¨                        /,|__||___|     ¨|¨ ̄|
::|:| ¨_」 -  ̄     , . : _,. -=ニ ¨_                          //:| : ̄: ̄: ̄: ̄: ¨ ‐ ,,_ |__,|
≧≦⌒      , . :..' ´ _ -|i:i。o≦三三三二二ニニ≠===------      _ //|i:|リ.: : : : : : : : : : : : '/, : :  ̄ :\\
      , . : ' ´ -=ニ二_,|i:i|i:|ニニ==----- --==ニニ二三三三三三三三ミxi:i:i:i|i:|' ,.:::' ____:_:_:_:_:_:_:_: : : '/, : : : : : : :\
 ̄¨¨_二 ==  __   ,|i:i|i:|‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐ ̄ ̄二二''Yi:i:|i:|.:'::' /: : : : : : : : :.:..:/ : :'/,  : : : : : :
_,. : ´           ̄_‐_‐ ̄_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_ |i:i:|i:|'′/:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_/ : : '/, : : : : : :



 ミミ、 ヾ==-x、     / ̄`´ ̄ ヽ  ―  ‐--  〃: : : ヽ
          ヾ  /    ,/    \_ .. -‐ // {{: : : : : }
 ミミ、 ヾ==-   / :/ ハ: ヽ:\ ヽ\=、/ :/ :/:ゞ===彳}!
  `ミミ、      ′ :l :| |  |  | l_l__ \/ :/ /:l :l 八!
 ミミ彡ミ三=-、  L_| :| 、ー=' 〃 ̄ヾ ̄   ∨ / l :/ / :|
        `   y'  ̄      '′   X ||||ll∨⌒Y :/|  :|   ダークドレアム召喚の書を
 ミミ、        Х ^ヽ     ´' ー''``   ||| !{r,ノ./l |  :|
 ミミ彡ミ三==-    ハ  |            ||| 、_/ :/:川  :|   貸してほしいじゃと!?
        〃   "''ーノ        |   ||  }xイ  :|  :|
    彡三=''       ヽ\        し   /! :l   :|  :|
 ミミ彡ミ三ン''        八    r‐ 、       u ' l  |   :|  :|
             //\  `こ`    /   .l  l    |  :|
 彡三=''      //  :/\      /   :人 :|    |  :|


93 :◆vsQyY1yD2Q

                   |    i|      γ⌒>'´         /   斗-‐  ‐`‐-ミ
                   |   八      Y 「\      /               l、
                   人    \  //|i |   \`'〜、/       ,     /   /  | `、
               __\\  / / :|i∧    \^/     /    , / /
           \__  \  ̄ ̄_   /  ∨∧    /     /‐- ∠_///     '  i
.              \  ̄ ̄ ̄ ̄   /    ∨ y'⌒/     /_,,,,∠_ / ̄¨   /   |
                 \      / ′   ,ヽ/ ^ /     /〈/⌒^_ /    ∧ /  |
.                \¨¨¨¨¨´   /     / { { ′/   :| ′{  γハ  /   /|: /   :|
                   `ー―‐=ニ/     / 八 `|: /    |i |    ヒソ /| ∠,_|/    |   ちょ、ちょっと待って。
                      //    ′  ヽ|/     :|i |   ミ=‐    /芥i}|   |
                 / ̄\  /      ,|      |i | u        {ノ , / /  |   ダークドレアムって
                  _厶=--=ミ\     / |     /八|         ヾ // / / |   アレよね?
                  /      `ヾヽ  /  |:   / u /^ヽ     ノ // / ∧ |
            /          ',Y´ ̄\ |  /      `、      '/イ /  ', |   それは流石に
            /                iト.   ∠从 / \   \  `'ァ . イ    /    ,|   見逃せないんだけど。
                        |l \{   `V   /\    ̄. イ|     /
         /               / ̄ ̄ヽ   `く___}ヽ} >=≦/   |   /
     / ̄ ̄ ̄ ̄\            |     V\___/ ノ  } /     /
.     /         \            |     V>ミ/ヽア / ´   //
    |               \     //ノ       //⌒ヽ  } /}    /



                                          ____
                                        /_ノ  ヽ、\
                                      /(●)  (● ).\       い、いや
                                     /   (__人__)  u. \     ダークドレアムを
                                    _|_.     `⌒´      _|
                                  n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)   召喚しようって訳じゃ
                                  ', U ! レ' /      . . | U レ'//)  ないですお。
                                   {    〈         ノ    /
                                  ..i,    ."⊃    rニ     /
                                   ."'""⌒´       `''""''''


94 :◆vsQyY1yD2Q

      ,ィヲリ'´ ̄`Y´ ̄ ̄`rz、
    ,イ从 j、,ィ¨ス¨ヽ、 __, .|爻 ト 、
    .|r'从.ソ.////i iヽ ヽ ハ爻ヘ ヘ
    ヽ从ソ;/i .i .| | | | | | 彡∨乂リ
     ∨ミ_| |   .|  | | | .彡 ∨ソ
     | iミ .`刈 ─,斗≠メ 彡 爪
     |,ィ圦下_  ィ下ス レ-、 .|      どういう事じゃ?
     |'i r|.` ̄´ ;  ´  ̄´ ソ=} .|
    .|ヽ`i、   〈     /-='´ .|     きっちり説明せい。
   /¨`ヽ_ト、  o   イ | | | |
  /:.:.:.:.:.:.:.:`i\丶__, イ7 j__ | | | ハ    いくら旦那の頼みでも
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヾ:丶i⌒r'´: : :.|' ̄ ̄`ヘ   それは易々とは うなずけんぞ。
. |:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、ヘ: :|: :/: : : : :|:.:.:.:.:.:.:.:.:|
. |:|:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.',:';:.:∨Y、: : : : :j:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
. |:|:.:.:.:i:.:.:.:|:.:.:.:',:.';:.:.∨:.\: :,イ、:.:.:.:.:.:.i:.||
. |:|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.',:.:';:.:.∨: : Y: :iヾ:.:.:.:.:|:.:||
. |:|:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.',:.:レヘ___z-':.∨:.:.:|:.:.|ヘ
. |:|:.:.:|:.:.:.:.:|:_,ィ--':.:.:.:.∨ ノ:.:.:.:.:.ノ:.:.:.|:.:.:| |
. ⌒'r──-':.:_ヘ;:.:.:.:.:.:.∨_:;イ:.:.:.:.:|:.:.:.|.ハ
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ヾ:.:.:.:.\レ-、__j---' i


                                              ___
                                           /)/ノ ' ヽ、\
                                          / .イ (.●)  (●.)\   実は ――
                                         ./,'才.ミ).  (__人__)   \
                                        | ≧シ'    `⌒´      .|
                                        \ ヽ           ,/


95 :◆vsQyY1yD2Q

                         l|                 /
                           . -─‐- 、        /
                        , ´   /   \    /
                      / ヽ   (●)    \   /
                       , (●) ;__)       ヽ             ―― あの本をカギにして
            \         /   、_ノ  |       |
              \        |      \_ノ      /              DQ6の世界への扉を
                \     \             <              /   .開きたいんだお!
                  \     ` ー r  -‐'     '、            /
                    \      ,'      /⌒ぅ ヽ           /
                      \    /  ァ'´ ̄`⌒´  /ヽ        /
                        / _人__       /  丶    /
                        |/´   / ̄ ̄ ̄    丶
                         {   /            丶      /
                        `T ´                 丶   /
                         |                丶 /
              ̄  ―  _.     |                丶


96 :◆vsQyY1yD2Q
                       __
                      /: : : : : : : :\
                   /: : : : : __: : : : :\
                   ': : : /     \: : :ヽ
                  {: : : '       ∧: : :∨
            -==ニ   ∧: : {  -==-   .∧: : :∨
            : : : : : : : : : ~''</     ∨  ': : : }i
            : : : : : : : : : : : : : \    i}   i: : : i}
            : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  ノ   }: :.:‖
            : : : : : : : : : : : : : : : : ∧=ミ   ノ: :.‖
            : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧ノ-=彡: : ノ    どらくえ……しっくす……?
            : : :.i、: : : :、: : : : : : : :ヽ: : i: : :''ヽ´
            : : :.| ヽ: : i. \ \: : : : \}: : : :ヾ、、
            : : ∧^'ヽ∧‐-\ \: : : : \: : : :ヾ,
            ∨:.∧  _ヾ,、__.∨: ``〜、、''<、 }
            U.`''<、(___) ∨: : : : : ∧ ̄´´


             _ ___
          _rz_,'´    \ヽ i ヽ:.
       〃气:ヽY  >-―‐- ミ:.
      .l!:O ≫》:=‐/          \
       .乂≠イイ=‐! ,M.   }、. ヽト、. ',
        /| `¨´ =‐ レ__, `⌒ 、__" |:ハ!
      / ', Y⌒'  r=-,    r=;ァ .i    後で説明してやるわい。
    /   V:乂_..u."  ̄     ̄ " !
    /    :从||:|ヽ.   'ー=-'  ノヽ
   ./   /' / /|| |  > 、 ___ ,.イ  ヽヽ


97 :◆vsQyY1yD2Q

                      ____
                   ,. -'"´      `¨ー 、
                   /             \
                /                ',
               ./                     ',
               l     \          /    .l   DQ6の世界にはマサールとクリムトという
               l      \_i ,, i_/       l
               .',    `ー―'    `ー―'   ./   旅の扉を作れる双子の大賢者が登場するんだお。
               / \      l   人   l    /\
            ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
            /                        ハ


          _    _
        /: :i ⌒i⌒ヾ、ヘ
        .|il|| ./  ィ   ゞj
.        |リル /z| i i i i _リ
        トイ_/ ィぅ、‐.≦ォ'
.        ハ j  ゞ-' 、 ゞイ     じゃが、旅の扉を つなげられなくなっておるんじゃろう?
       /  ト  r‐、 ,イ
     / ̄ ̄/`ヾ、‐iヽヽ <__    その大賢者を連れてきても、意味が無いのではないか?
    j:.:.:.:.:.:.|   r‐└‐‐i´):.:.:.:.i
   /:.|:.:.:.:.:.:トン人ニニニ |ソ:.:.:.:.:ト、
  /、:.:.|:.:.::.:.:',:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:!:/、:.:.:.:.|.:|
.  \ニニ─‐ゞ---'_i__\`ニニ}
    フ¨`Y:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:i i:.:i `─‐'
    j   ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| |:.|,イ´
   /   ノ、 ̄:i¨i:.i、 ̄7¨.フヽ
  /   /\\//:.:.ヽV /:.:.:.::\
. ∠_/:.:.:/:\/:.:.ヘ:.:V:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:\
  /:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:i
  ゞ\:.:.:.:.:.:.::.:/:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.シ
    ゞヾ:.:.:.:/:.:.:.:.:.::.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:ン´
     |ミ≧x===:.:.:.:.:.:.人ここシミ|
     |三三三≧ヲ=住三三三リ


98 :◆vsQyY1yD2Q
                        ____
                     ,.  ´       `  .、
                     /             \
                   /                    ‘,     でも、あの2人は
                 ′                     ‘,   魔王デスタムーアが作った世界に
                   l   \                  l   穴を開けて旅の扉を作ったお。
                   |  (リt\,_   !、,__、    l
                     、   '‐ー´     リッ ノ    ,   ゾーマ相手でも同じ事が
                / \   l   人   l       /    できるかもしれないお。
                   /    ` -`ー´_`ー´   , ー´\
               l                         \


                _
         , -_イ ,二fi 矢ミiヽ
         ,少 r‐゛" ー<戈、父癶K
       〃 //!l.、.i、 ヾki 'jヾ外i|
      Yi l |.|ト!i.トヽ.トi乂 'ソn示!
.      |.| | klj ゞいK 二、 'ソ厶小
.      kトゞrrミ、  /辷ソ  f }|:|:.|      デスタムーアとやらは知らんが
         i ハ 弋ツj    ´   ‘ソ.|:.|      世界を作れるレベルの魔王か。
         | i∧   ヽ'      .爪i:.|:.ト,
         l j :l.ヽ、  ‐-  /!,l:.ゞ|:.lハ     それに対抗しうる大賢者となると
      ./ノ .j!:l:.:.>.-,r <≠ ||:.:.il:.:.い     やれるかもしれんの。
      i,ィ=ッー―}引乏   _火ノ|:.: |:.:.i、
       /   //⌒ヾ、上.rェ‐__少-、li__|.l
     ,イ いり .:.:.:.ー/´rぇ爿¨´.:.:i イ ‘心
    ノ.|. l Y   ノノ´ハヽY  .:ノ./ |   fi}ハ
   /,i | .i/| . .:.:.:.| =ィ介'片 . i. / l  ||ト!.i
  //,;;ん!=/ ーァ´}  .「iソ::.. ノ/.i /   .i.!l|ハ
. ん!,;/^ー<{   {ィj ,  | 个ー' .l.//./ ./|l|トlハ
  `フィニ_=ゝ-< |乂 升| !  .i仏'/  rn|l|::い
  | rィ f´     .い.汀ノ.l |:::::::}=_ヶ‐ぇjニ、.|:::い
  Y./.l !:.:.   rn.ゝ丈'|, |l| ::::,イ   . ̄/上::斗
   ヽ::レ.::::::: .::_ ,イ弋ノ|i kjィ宀:.  ..:::::::/! :!
.     `i.Tオ¨´ ̄ >'不!: い :.......:::::::::/i:| .|
      | |l{      .::::.ゝト!′ ::::::::::: イ.!|.| :|
      | lヘゝ O O:....   :::::_::、.ィ升.:.!:|り .|
      l′.: ヽ- ‐一 ´  ̄ .::::::.ヽノノ.:ノノ' .:.ノ


99 :◆vsQyY1yD2Q

                   ''"´ ̄ ̄ ̄  ヽ、
              / ,,..-''" ̄ ̄ ̄ ̄""'ヽ \
             /  /,,..-''" ̄ ̄ ̄ ̄"''ヽ ヽ  ヽ、
             l  , ‐!‐.! !  ./ _」_  \}   |
             | ./  ,ハ_」/| / '´;'´ハY      |
             | | .7´;'´ハ レ'   弋__ソイ     |    もし、旅の扉を つなげられなかったとしても
             | l 八弋_り  .    ⊂⊃    |
             | ∨⊂⊃   __ ノ  |     |     それほどの大賢者なら
             ノ   八          ,.イ     '、   知恵を借りられるだけでも意味が あると思います。
             i     `  ‐‐--rァ  レ'、,
             ヽノヽ!\ ___ ノ'/ /  `>ァ、 .ノヽノ/)
                  ./   / `'|       \!`V  レ'´)
             /´i/)/   ,'[ニ]!         l  `ヽ  'つ
            r'7ーr'-、'つ  //| /|ヽ       八_   _,ァ'
            |     ン___//_.||__|::::\      | ヽ 'ア ゝ
            |     | i:::::::::::+:::::::::::::::\_/\.|    |
            |     / .!、::::::::+:::::::::::::::::::::ヽ_/\|    |



爻爻爻爻爻》          >─‐ 、
爻爻爻爻《リ  ‐=≡=‐   /'´    ヽ、
爻爻爻爻》ソ ‐=≡=‐   ,  /       ヘ
三三三彡'      三≧/ /   / i.   ハ
.Y⌒i´|      ミミ/./ ./  / / ,イ   i .|
..|  | .ヽ     彡   / // / / //.,イ / ,|
..|  |  i    ミミ   i //,,,,/,イ ̄.ソ/ .i /i j
..|  |  | ,- 、 ミ   从|  ─‐r// ,ノ  //
..|  i  | / r、ヽミ       /7下  |__/リ
..| /  | |r、V`リ       ヽ |:/  i
..| /  | ヘ\,         ヽ′  ヽ         ュ7 ^/、   ふむ……。
../ i  |ヽミ ̄              >      // / /、
  .|  |ミミ               .r'__, _   , '/ / / ,イ i'
 /   ハj             、___ノ j ヽ`i, '/ / / ./ | .|
./  ,イ  |             ,ノ /  ノ.レ′ ./ / / ノ、 i
  ./ | __j__.       r、_   i  〈   '´       i´./
 / レ'== ̄ `ヽ、 | '    ̄ ̄   .}    _      ,ノ
 i /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽレj.       `i   || ,ク ._   ,フ
 | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||、        .|   || .|| .//  ./
 | i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;-、:.:.:||:.:`ー── 、  |   ´ .´//  ./
_八 ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i  `ヾ、__/`i:.:.:.:.:.ハ. `i       ,/
、⌒ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ  ヽヘ ト、|:.:.:.:.:.:.:.ヘ  .ト--、__j、
、\\i i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ   /|トヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|`ー──‐'‐ミ
:.:\_,ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ  ,イiト、`ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ_,ノ':.||:ヽ-':.:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|


100 :◆vsQyY1yD2Q

                   ___-、, -――‐-γγ=- 、
                      /≫〃  冫´ -‐=ニニ.l ir'≪\i丶
                   //r'/〃  /∠ -‐ ―=.ヘ ヾr'=-γYヽ
               //r'/〃 / / / `ヽxx、,/ / 、\r'弋ノヾ
                l/r/ / / !│! !  i | \ `'、 l/\丶r'ハ!
               ∨|i i i! | ll | | │ |\ 丶  Y /.:,\ ゞイヽ         あい分かった。
                 Yi lハ_」_lL! !  | ト.、 \ ヽ ィi//  Y 丶l
                从l ´从 `乂、_」斗‐=ニ二   }l/ /' │   \       そういう事ならばパパ上に頼んで
                      ハ Yたヽ     ィんぐY  〃ヽ  ト、   \
                   / ハ'弋;ツ     弋z;乂   ゝ/ | ト、\   \     一時的に貸してもらえるよう
.                  / ./ :.   、         ,r‐'′| | |N \   \   頼んでみよう。
                 / ′ 八   __        .:/' |! l | | |l 丶 ヽ     \
              / /  ./ > .   `    ._イ:/  |l l | | |l  ヽ l\   \
                  ' /  r'´ ̄ ヽ  `ーr ≦´: `/   从l | | |l   ノノ   \    \
               / / /      У ̄`L|_: : /_ ..<:.〕l | |_|L -‐= 、 、   \、  、\
.              //  /   `Yノi} _/. : /´: : : : : :` ̄ ̄: : : : : : : : :.〉 〉    \ \ 丶
          厂 ̄ ̄〈__/∧__/: : : :〃.: : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   .\ \ \
            ,.「 ̄ ̄ ̄/ "<__,/.: : : : : : : |l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| |      :.\ \
.        /, \   厶、   /.: : : : : : : : ハ: : : : : : \ ̄ ̄ ̄丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :.\    :..\
..     //    )'´/.: `: ̄´: : : : : : : : /:\\X : : : : \: : :  ̄\   :..\     丶    :.\
     //..: /..:   { : : : : : : : : : : : : : / : : : \__:\: : : : \: : : : : \   :..\    .:).、
.  / ".: /.:    人: : : : : : : : : : : : :.〉: : : : : : `ー7\: : : :.:\: : : : : \   :..\     ::.\
. /    "     /   >-=、-―: : : : :|: : : : : : : : // /l\: : : : \: : : : : \   ::.\



                                      (ヽ三/) ))
                                  ___( i)))
                                 /⌒  ⌒\ \
                               /(.●)  (●.)\ )
                              / ::::⌒(__人__)⌒:::: \   よろしく頼むお、イングリッド!
                             .|   (⌒)|r┬-|     |
                             ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
                             | | | |  __ヽ、   ./
                             レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                             `ー---‐一' ̄


101 :◆vsQyY1yD2Q

                      ,---ュ‐‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`>─ 、
                     / ./ ,      、   i     ヘ
                   . / /  /       i ト、 |      ヘ     ‐-、  クルッ
                   / /   .i /.i    i  .ト、i ヽヘ      i   ___,ノ -、
                   レ' ./ /,イ/i |    |  .|.| |  `ヽ     .|     ___,ノ
                   Y / .i‐jリ‐|'|    | .TTT─ ',`ヽ、_,イ
                   .| .!  || x─、__j_j' ̄`ヽ. i | /  |
                   .| || .||,イ^i:::::::ト    イ._)::::::::ハ | ト 、 / i    どうじゃ? どうじゃ?
                   ..ソ|、 .|| Y::::::::|    |:::::::::::::i リ,リヽ Y  .|
                     | ` 八V.─'     ゞ---くノ .ノ ノ  .|    わしの旦那、スゴいじゃろ?
                       | (      T::ア      ,---'   |
                       |  ≧x_.r‐、 `´ ,---、x≦--,   i  |
                       | i \:.:..}  Y`´¨i  /:.:.:xイ ))  | ヘ
                    |  |((/7i_ノ,‐‐ノ、  }:.:.、:..\ .i  |  i
                    |_|| 'イ´|ヘ_i:.:.:.:.i__,>:.:.:.|`¨´ | _|、_,ノ
                          ̄ ̄|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ̄ ̄ ̄
                         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                            |_,------------、_|



    〈 \  ◯/ /            |    \∧丶
      \___彡7∨     〈       |\    \〉∧
      >'7∨    |  │∧     |  \ ノ   \ハ
       ア{      |  |/ ∨|   │__/\|\   \
    _/  { │       /|\__,,,ノ丿  |ヽ斗-─=ミ∨ ̄「
     ⌒^ア∨i     ∨斗-─=ミ\  | rく⌒hJ  {:::: |   う、うらやましくないもん!
      ∠二:| i|:    《|  rく⌒hJ  \| とこニづ  ∨:j |
       | ::八|:    │ とこニづ     、   ::::::::.:  Y:|
       |/ /∧:     │ :.:::::::::              从|
      /   /∧    │           、  ,.:::: : |
.      /  /: _厶    │     }〜''⌒^⌒^′/:::::::|小
     /  / く\∧    ∧。            / |:::::/| }ヘ
.    /  /: /\\\   :∨|≧=‐---=ァァ升}  l :// ム∧
   /  /::::{   \\\  ::Y  ]冖冖く   リ  ]∧ ,ム )ハ
.  /  /::::八,    \〕/\:::〈\二二二/ 厂   ∧ ∨ 丿ハ


102 :◆vsQyY1yD2Q
                                 ____
                               /      \
                             / ─    ─ \
                            / -=・=-   -=・=- \   何やってるんだお、イングリッド。
                            |      (__人__)  U |
                            \.     `⌒´     ,/


                        ,, -_‐_- 、
                      / ,,-::,,´_::,,-、::_::>、 `ヽ
                    / ̄`''´        ヽ  ヽ
                   //    l  l l   l   l  l:l  l
                  l/  l  l_ /l l、─l ─ l  l::l  l
                   l /l l´l / l/ ヽr==、l  l/   l      仲が良いんでしょ。
                   l/l/l l .lrトT     ヒソl / l   ヽ
                   l  V 、l└′,   ,,  l/  /    _ヽ   あっちは放っておいて
                  /   l  l、       /  l   l l
                  l/l l   l ヽ __‐_  イ   l l   lV       私達は準備を進めておきましょ。
                   l/l  / / -、ヽi ‐l  / l/ヽ l
                     >‐´i´    l´ _::-ヽ/  ̄ヽ_`
                   /  /    /:l:::/       ヽ
                 / _ __ l _ /::::l:::l         ヽ
                /  l      l ::::::l::::l           ヽ


103 :◆vsQyY1yD2Q
                   _
                 \ヽ, ,、
                  `''|/ノ
                      |
               _   |
               \`ヽ、|
                 \, V
                   `L,,_
                   |ヽ、)  ,、
                  /    ヽYノ
                 /   r''ヽ、.|
                |    `ー-ヽ|ヮ
                |       `|
                |.        |
                ヽ、        |
                  ヽ、    ノ
             /丶 、   \ /      /\
                /:   \ >――― </    ヽ
             Y⌒.二ニ=-/         \-=ニ二.⌒Y
          |{l |│ r〃 ′′   、    ヽ / |│:l}|
            乂_.|│ ′││  !  │  |!  ∨ │|_乂
            │l |{__L.」__|___」_」|___}l |│
            │| }'〃γ⌒Y    〃γ⌒Y { |│
            │| |  {;;;;;<     {;;;;<  | |│
               Y⌒'゛ 乂:_ノ  、    乂:_ノγ⌒Y
            人 __ , ::::::::      :::::::: 、 __ 人
           / / 人     、__(冫    人  \\
           /   /r‐ 、 >  .. ___  .. <  / ) \\
          /  ..:/ \ \ r‐く::r|   |┐:>(>‐く /:.\:.\\        ┼ヽ  -|r‐、. レ |
       /    ..:/  /´ y'⌒>、ノヽ></:/⌒ヽ 〉、  :} :} :}      d⌒) ./| _ノ  __ノ
        {     :{ :/. . {    ノヽ⌒(::)⌒{⌒ヽ /. . \ ://
         ヽ   ∨. . . ...\  ノ):::/}{ヘ:::ハ__,〈. . . . . \


104 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第210話 「颯爽登場、銀河大魔王!」 は終わりです。


という訳で、ゾーマが本格的に動き出しました。

実際のところ、大魔王が旅の扉での移動を防ぐ事が できるかどうかは分かりませんが

本編中でも触れていた通り、異世界に魔王を送り込んでいるんだから
それぐらい できるのではないか? と設定しています。

この点については このスレ独自の設定ですので、ご了承ください。



次回更新は、8/19(日) 20:00〜を予定しております。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


|//////////////////////////|
|//////////////////////////|
|//////////(,,゚Д゚)///////////| < ケッカイ!
|//////////////////////////|
|//////////////////////////|
|//////////////////////////|


第209話へ    4 第211話へ

アルティメットヒッツ ドラゴンクエストVI 幻の大地セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん 1
(ジャンプコミックスDIGITAL)

この記事へのコメント
このスレの視聴者に質問。
やる夫がダークドレアムの召喚の書が欲しいと言った時、"ダークドレアム(♀)を嫁にする気では!?"と思った人いる?
「俺も思った。」って人はコレ(ノシ)も一緒に書き込んで。
Posted by at 2018年08月06日 21:12
ついでに天空装備とファルシオン(+天馬の手綱)も持って帰ろうぜ
Posted by at 2018年08月06日 21:40
うむむ、こう来たか…。
しかし、旅の扉を開けられれば、ギアガの大穴守備隊も
アレフガルドの町守備に回せるんじゃないか?
ピンチの後にはチャンスあり。

それと資金にも暗い影が…。
商会立ち上げくらいの時なら、
ゾーマを倒すために全財産を使い最後は破産、
嫁達と慎ましく暮らすENDもできただろうが、
今はそれをやると不幸になる人が多すぎるし…。
どこか別の世界相手に貿易できませんかね?
Posted by at 2018年08月06日 21:53
旅の扉封じという明確な勇者側のアキレス腱を狙った妙手に対して
異世界の旅の扉を創れる賢者の世界へ助力を求めに行くとはなんたる妙案か。流石と言わざるを得ない

ただ、狭間の世界にいる人だから自然DQ6世界の主人公に対して今度はやる夫自らが「ギャル夫がDQ8世界でやったこと」をする必要があるのよねw

あと、やっぱギアガの大穴ってゾーマがDQ3世界に開けた旅の扉なんだな。DQ3のEDで閉じることと併せて考えると妥当か……
Posted by at 2018年08月06日 23:01
(ノシ)
Posted by at 2018年08月06日 23:03
このルビスにはロトはいなかったのかな?
Posted by at 2018年08月06日 23:09
そういやDQ6にもルビス様いたけど、これは何かリンクするきっかけになるかな?
Posted by at 2018年08月06日 23:18
オゴンのとは原理の違うサクラの旅の扉ならワンチャン大丈夫かとも思ったが、流石にそんなに甘くないかー。
今アレフガルド側に取り残されてるのは精鋭揃いだけど、如何せん数が少ないからラダトームの時みたいに大軍が襲撃してきたりしたら詰みかねないな…
Posted by at 2018年08月06日 23:26
あの2人に力を借りに行くという発想はほんとすごい、確かになんとかできそう。
ただ、ダークドレアムの召喚の書をカギにするってのはすごいリスキーだと思う……
最悪ダークドレアムの目の前につながりそうで(ガクブル
Posted by at 2018年08月06日 23:42
ラーミアに勇者全員乗っけるわけにもいかんしな・・・旅の扉って恐ろしい発明だったんだな。
いつも使っている便利なものがある日突然使えなくなるって言う恐怖は震災で十分に味わったから今回のことが如何に深刻か分かるわ・・・

Posted by at 2018年08月07日 00:19
旅の扉の封印自体は異魔神やクインゾルマもやってるからゾーマが出来ない訳がないという考えれば意外と納得
Posted by at 2018年08月07日 00:36
ラーミアやファルシオンは次元を超える力があったね、そういえば。
ラダトーム⇔サクラの旅の扉は太陽の石か何かをキーにしてつないだんだっけ?
多分ゾーマゆかりのキーがあればサクラ方式でも旅の扉を開けそうな気はするけど、手に入るわけないもんなぁ。
Posted by at 2018年08月07日 00:49
DQ6……だと…?
よっしゃデスコッド行ってドラゴンの悟りと復活の杖買い込もうぜ!
はぐれの悟りは無理にしても、ドラゴンの悟りが量産出来れば戦力超アップですぜ
Posted by at 2018年08月07日 02:30
ギャル夫のDQ8編面白かったが今度はやる夫がDQ6世界に乗り込むのか
この展開はかなりワクワクするな
Posted by at 2018年08月07日 02:57
なんだ今回のタイトルw
それにしても太陽神のパパ上は闇に閉ざされた世界に弱いのお
Posted by at 2018年08月07日 09:31
なぜDQ8世界の時と違って手間かけてるのかと思いましたが、今回はギャル夫がアレフガルドにいるから鍵がないと好きな世界に旅の扉をつなぐことができないですね、そういえば。
Posted by at 2018年08月07日 09:54
すぐ対抗策出せるのすごい
でも、やる夫がアレフガルドに行ってたら詰みだったな
6の世界は新アイテム新素材が大量にあるから、やる夫と錬金組は垂涎ものだろうな
今は財政厳しくてアレだけど
Posted by at 2018年08月07日 11:20
まぁ普通はルビスじゃなくて太陽神の加護でしたーなんて思いつかんわなぁww
尤も、メタ空間の会話とはいえゾーマも気が付かんといかんのだがね。婿がいるって言ってるしw
Posted by at 2018年08月07日 11:58
前回のことで「さすが大魔王、やはり一筋縄ではいかんな」と思ってたのに
すぐに対抗策を思いついたやる夫を見て「あ、やっぱこいつのほうが1枚上手だわ」と思ってしまったw
ほんとゾーマ、というよりあらゆる世界の魔王にとって天敵となりうる知識量だよね
Posted by at 2018年08月07日 23:06
今回ばかりは流石に駄目か……と思ったら閃きフェイントw
げに恐ろしきは銀河美商人よ
Posted by at 2018年08月07日 23:31
逆に考えると、もうゾーマ側も地上世界へ異世界モンスター召喚とかの大々的な侵攻はできないってことかな
ギアガの大穴も旅の扉も使えないとなると、前に触れてたモンスター側が使う小さな世界の裂け目(?)も使用不可になったと見てよさそうだし。
Posted by at 2018年08月08日 00:01
いたな、そういえば。
大魔王の城がある山吹っ飛ばした記憶しかないわん。
しかしこうして6も絡めてくるか。
8はギャル夫が直接行ったし、7からは船のネタがでてるしで、
後は一切かかわってないのは4とかか?
Posted by at 2018年08月08日 01:28
やる夫(商)
やる夫(6)
Posted by at 2018年08月08日 04:03
DQ6組との絡みはあんのかなー
あるなら配役が楽しみなところだが
8組が4コマと同じだったし
4コマ通りに
ハッサン=やらない夫
ミレーユ=エリザベス(ペルソナ3)
バーバラ=えりか(ハートキャッチプリキュア)
チャモロ=新八(銀魂)
テリー=海馬瀬人(遊戯王)
かな
Posted by   at 2018年08月08日 21:59
これってやらない夫たちが絶望するより交易が始まって細々とだけど食料が入ってきたラダトームの住人達の方が絶望は深いんじゃないかな?
旅の扉での輸出入がなくなったんだから。
Posted by at 2018年08月09日 08:32
そうか、調味料を緊急で求めてたとこで補給を断たれたから日本食が作れなくなるのか
絶望するよりも勇者たちが米をやられた時(92話)のようにバーサーク状態になりそうw
Posted by at 2018年08月10日 02:47

>多分ゾーマゆかりのキーがあればサクラ方式でも旅の扉を開けそうな気はするけど、手に入るわけないもんなぁ。

黄金の爪とかゾーマゆかりの品じゃない?
作り方がグロい賢者の石もそうだけど、あれはまだゾーマ城にあるのかな?
Posted by at 2018年08月15日 02:01
飽きないわぁ…。
一方的な異世界人や勇者TUEEじゃなくて、問題起きたり敵も対抗してきたりして、その対応を試行錯誤するのホントすき。
あとヒロインめっさ多いのに、それぞれの個性と可愛らしさが何年経っても損なわれないのもマジですごいw
Posted by at 2018年08月17日 02:18
いやルビスもそのうち嫁になるでしょ(はなほじー
ゲームではロトはDQ3の勇者のことだけどこのスレではキラなのかなやらない夫なのかなやる夫なのかな
Posted by at 2018年08月29日 02:51
>>いつも使っている便利なものがある日突然使えなくなるって言う恐怖
>>Posted by at 2018年08月07日 00:19

まさにここ数日で実感したよ(道民)
Posted by at 2018年09月08日 12:48
やる夫の何がすごいって、第一報入った時点で即座に対応策を打ち出してる点だよね。

ゾーマの策は結構致命的だったのに、それにすぐさま対応できるその対応力の高さがやる夫の一番のすごみだと思うよ。
前にキル子が「同じ知識があってもこうはできない」と衝撃を受けてたシーンがあったけど、ホント同感。
Posted by at 2018年09月10日 17:35
DQ6一番好きだから、楽しみよのう
Posted by at 2018年10月09日 00:23

>>8はギャル夫が直接行ったし、7からは船のネタがでてるしで、
ギャル夫が初めて行った世界は7だよ、滞在時間短かったけど。
Posted by at 2018年10月18日 14:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184107651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ