■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 11/4 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2018年10月22日

第215話「ドラゴンクエストVI ワールド漫遊記」(4)

第214話へ    4 第216話へ

101 :◆vsQyY1yD2Q
【 牢獄の町 】
       :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:                    :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:       :;:;:;;:;::;    :;:;:;;:;::;:;:
                        :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:              :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:
     :;:;:;;:;::;:        :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:             :;:;:;;:              :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:
                 :::;:;:;;:;::;:               _   :;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:
                                 √:;::;:廴
                                  |;:;;:;::;:;:;;:|.Γゝ
                                    ___|;:;;:;::;:;:;;:|亠i ヽヘ
                       ∧へ      |;::_|;:;;:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;|__
                      |:;;:;::;:マ_ ._....|:;|:;;:;|;:;;:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;|:;::;:|
                      |:;;:;::;:〈|;:;;;:レ ; | |:;|:;;:;|;:;;:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;|:;::;:|_
                      |;;:; ::; ||;:;;:;::;:;:;;:| |:;|:;;:;⊃:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;| 」V;:;;|
                      |:;;: ;:; ||;:;;:;::;:;:;;:| |:;|:;;:;|;:;;:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;| |;:;;;:;;:|
                      |:;; :: ;:||;:;;:;::;:;:;;:| |:;|:;;:;|;:;;:;::;:;:;;:|::;:;|:::;:;:;| |;:;;;:;;:|
                      |;;:冂;;||;:;;:;:冂;:冂 |;:;;:|;:;;:;::冂 |冂|::; .:;| ,冂:;;:|
              ^~⌒^^⌒⌒⌒^^^^~⌒^^^^~⌒^^⌒⌒⌒^^^^~⌒^^⌒⌒⌒^^^^~⌒^^⌒⌒
           ;:;:;;:;::;:;:;;:; ::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;: ;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;
         ;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;: ;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;:: ;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;:: ;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;
               ;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;
                   ;:; :;;:;::;:; :;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;; :;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:; ;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;::;:;:;;:;


102 :◆vsQyY1yD2Q
【 牢獄の町 地下2階 】
   __i,,,,__i,,;;;;;`,____i,,,,__i,,___,.i;.. __i,,,,__i,,___,_i,,,,__i,,____i,,,,_゙l__i,,,,__i,,
   ,,,,__i,,____i,,,,__i,,___i,_.「フ. .l _i,,,,__i,,__, 、,_i,,,,__i,,____i,,,,_゙l__i,,,,__i,,
  ... ,,__i,,,___i__i,,,___i_ ` . ,.| __i,,,,__i,,___,_i,,,,__i,,____i,,,,___i,,,__
   __i,,,,__i,,___.,,__i,,____ .l_ . ノ」: _i,,,,__i,,__人_i,,,,__i,,____i,,,,_゙l__i,,,,__i,
   ,,__i,,,___i_,/::::`、,___i___i,,,,__i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,_:._i,,,___ ,,,
   __i,,,,__i,,____i,,,,__i,,___,_i,,,,__i,,__/__i,,,,__i,,__.:.:.:.:.:. ゙l__i,,,,__i,,__
   ,,__i,,,___i_ _i___i___i,,,,__i,,___,_i,,,,__i,,____i,,,,_ ゙l,,__i,,,___
   コニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニニニiニニiニニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニニiニ

        .,,.、,、,,,从仆ミ           Wiiw      '~'~`    `"'~
                   ,,、,,、     ,,、,,、      Wiiw
     ,,::::,,::::::::::::::::::;;;,,::::,,:::::::::::::.........       ,.、,.、          ,.、,.、
   "゙゙~  ~゙゙"''''''"゙゙~  ~゙゙"''''''::;;、,,::::.
    ゙~     ::    ::   ゙~   ゙':;::::    Wiiw         ~`"''~



. /                 '
/   .,、,
  ,r',r ,.,i
 .l l ' .ノ
  l.'-,'"~"lr,
'‐、'i '   ヽ.=':,
  ~''‐、   .'‐,'i         ,
"i,   /   ‐='‐- ;-,_, 、,  , ノ
-'  /.  ヽ、, 、.i~ ',="' " `    魔王の攻撃は
   /、_ , 、 .r =,'_' "
、, ./'‐、      ./          ひとまず防げたみたいだな。
-、''‐‐ッ     ./      , 、
 ツ /'‐i    /     /.,r'-,
-'/'  ノi'‐ 、 /"‐' "i, ,ィ' / ,ィ'
./  / i  `','ゝ〇y'" / ,.r'
'  ./. i  ,ィ'i ,ィ'' ノ ,./
l  ./ l /  y' ,,,' - '、,_
l. / l./"i ./  ''  ;;- 、,,_'!、
l /  l ,ィ'      , 、、, '‐!
,@  l,ィ      ノ"  i‐/
'・l,.ィi       ,r'    "'
r'"  '-、__, , r ' "
 ::::;;;;;;,r''


                          ____
                         ゝ6主./  \
                       ,(●)  (● )  \
                      /  (__人__)      |
                      |   |r┬|       |   多分、精霊さまの御力だお。
                       \_/⌒ヽ、-- .._ ,/
                         |   イ    ` ̄ヽ
                        ヤ/‐<__ ,..、   ヽ.
                         |        ゝ、   ゙.
                            ',         |ヽ, トヘイ´>
                         ',          |ヘトイ「」"´
                          ヤ        {〉、<"
                             j         トメヽ>
                         /            |
                        . イ./          |
                     イ  ,.イ.             |
                  . イ  . イ´ /        /    |
                 ト、_ イ   /      /´l"    |
                        /        /  |    |


103 :◆vsQyY1yD2Q

                     r-、「ヽ./!__
                    rヽ:::::::::V::::/
                    `ヽ;;;;;ヽ;!;;/
                       /    \
                _ -‐ /       '¨¨` ‐- 、
            , -,ィ ´     !        i      `ヽ、
      , -==-/        .{ `丶、  ./  !       ヽ‐ 、
     ∠-‐ ¨¨¨ .{         { .( ●.) (.● ) }  ..:::::::...    ',‐‐`-- 、、     ひとまず攻撃は止んだようだ。
    ./      _'._     ,. .i',   (_人_)  ,'::::::::::::::::::、    !    ヽ\
   ./     , イ  \/¨ ´  } ',  `⌒´  .,' }::::::::::::::::::ヽ, -':、      ヽヽ   今の内に、町の人達を
   ;    /      } ‐-<._', ゝ、    .ノ /;;\_:::::;イ´    ヽ      :ヽ!    狭間の世界から脱出させるだろ。
   {   ,:′        /‐--  `丶:',`¨¨¨´/''¨´.. -- ヽ      ヽ     } ';
  ハ  .,′      ,.:′       ヽ ./.         ヽ      ',   .ノ} .}
  ,' ',  ;      /           !             ヽ     .i イ .ノ'、
  {.,ィヽ. ',   , イ:.、             人           ':、   .} ,.イ   }
  / i  /"¨    '、`丶、          ,i         , イ./` ー- ィ¨´   i  }
  .',.{ ./      }':、            ´i `       ´   ,i      ',   .}'、' }
  { ', i      ∧ `丶、        ノゝ、        ,.イ;'、    ヽ   .,' !ノ
 .ハ `';: 丶..... .ノ ヽ  .ヘ`¨¨::::-:::¨::;::) -::`.ー--;--;‐::´::::/ ヽ::::.....  ヽ:ノ  i.ヽ
 .V{  ゝ、: .ィ/    ヽ、 ゝ、... (    }、  .ノノ、..イ:::)::::イ   .ヽ、   ノ   } リ
  ! ',    ヽ::ヽ      .} ` ゝ ゝ- ...く ー ';´ ノ 、 _:ィ      ヽ ./   ..ノ Y
 .i', 丶    ';:::',     {ヘ 、 ` .{    !    )'"  ノ::::人     / '/ ノ ,:'  .}
 .{.',  `    ! !   /  \ヽ  `i''' 7 ー ´i   ,.イ彡!     /     /   ,イ
  ',.i`     : .}   !、 ヽ `` ゝ、{_ { _...) ‐ "  ノ }     !   /   イ .!
  ',', 丶  :...:: .,′  < ヽ ヽ ` ー } ̄.}   -‐ " イ  .|      {    .:  / }/
   ',  ',  ::: .i   i` ヽ 、`  二 !  .} -‐ _.. -  , イ 〉     .',   i::   ./



                          .....-‐…‐-...._
                          ,.::'.:::::::::::::::::::::::::::::::`::.、
                          ,.:'.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
                      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                      ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                     ;:::::::::::|::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                     |:|::::/::ト、::|:::|:l:::::l::::::|:::ト:::::::::::::::::::::l
                     |:|:::什|≧ト、|从:戈戎刈:|::::::::::l::::::|
                     |ハ::{i' 込刈 ̄ハ弋eノ.八:::::::/ハ:/   その前に、大賢者を救出しませんか?
                      И| ー '/   ` ー‐ ´ И/ リ
                        |   `. '    ι  ,'. イ     アクバーを倒したから
                         、  { ̄ ¨ヽ      /|::/     あの扉も開くようになっているはずです。
                         \ ー― '     / И_ __
                               \ ̄  .  '´   レ'´   \
                       .  ' ¨¨ハ ̄      /.::.::.::.::.:/ ̄ ¨¨   、
                    /     /::.:ハ     /.::.::.::.::.:;. ′          ヽ
                       , '     /.::.::И   .:′.::.::.::.::; ′           ∧
                    /      ,′::.::.:ハ  , ′.::.::.::.::.:/              ∧
                      /       ′::.::.::|  /:.::.::.::.::, へ.     ,′           ∧
              / ̄ 二ヽ.       |:.::.::.::.:| ./.::.::.::.r┴―ー `ヽ. ,′          ∧
               ,′___ ム       |:.::.::.::.:レ:.::.::.::.:ノ } ―‐-   V ′       ′  ∧
          _/  __ Y /   .′ l::.::.::.:/.::.::.::.::.:`´ゝ―‐    V        ,′   .∧
         / イ  _  〉´   l  U::.::/.::.::.::.::.::.::.::.{ _ー     ヽ、__    ,′     ∧
           / И  不 ソ      |   |::.:/:.::.::.::.::.::.::.::./  `ヽ、       \\`ヽ,′      .∧
       , '   l 、 丿И       |   |:/::.::.::.::.::.::.::.::/     ` ー、    \}  \   _ _∧`ヽ
      /   |  /|  U     |   |::.::.::.::.::.::.::.::./         |\     }     ヽ、      〉


104 :◆vsQyY1yD2Q

         r、「ヽ/!_
         ヽ::::V:::/
          / ̄ ̄`ヽ
        /       ヽ               そっちは任せた。
         {   ー-       \
         )  (●)    ', \           大賢者とか堅苦しそうだろ。
         (●)  -、    }  .` - 、 __
         \(_,ト-'   リ   ',    `ヽ._.    根菜的に考えて。
           >--、/´).ハ  リ_,.>-''、⌒``ヽ、
         /´  ヽ' ./´  },. -'/´    `     ハ
        /! ヽ     }`,¨´   i          ::.   }
        / ,/ }   ;  ,ノ /  ヾ.{        ;    ハ
       {   ,ゝ. -'  ヘ./     〉‐- 、__.._ _,. -‐ イ,  }
      {  、 }ヘ、    \    /´ .;        ヒ'" !
     ,/ゝ-、 _{  ',     ヽ.__{  ::   :'       } ,!
      /     ゝ、ヘ ',     (´  ``ヽ    :       ! !
    { ,... _:    ``〉', 、   ヽ、      ',     / /
    }'"  `ー‐- 、..厶ヽ ヽ、  `     ,} ゝ ,/ /
     {    _,. -‐'´   ヘ.  `、.___   ノ  メ、, ;/
      }'  ´ ̄     ,..._ゝ、、ヽ、`¨¨´ ./゙Y′i'
     ',ヽ     _,. '´/  ゝ、.___  ,/二)´  |
     ゝ-<二_メ'´        `¨`ー'    .リ
               }  ,.、      ',    ,/)ヽ
            /,ハ、`'′       ;   ,./ ,/ヽ∧


                     ____
                   /ノ6主ヽ、\
                 /(●)  (● ).\
                /   (__人__)  u. \   いや、案外、向こうの やる夫みたいな人かもしれんお?
               _|_.     `⌒´      _|
             n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)
             ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
              {    〈         ノ    /
             ..i,    ."⊃    rニ     /
              ."'""⌒´       `''""''''


                                 . -――‐-   .
                             /: : : : : : : : : : : : : : :> 、
                                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                            /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
                              /:// : /}: :ハ : ; : : : : : : : : : : : : : :∧
                               ̄|:l: :/ノメ、l :/| :/: : : : : : : : : : : : : |
                                |ハ/_ 沁ミ|/,ノイ: : ;|: : : : : : : : : : : |
                               〈/7 〉ソ l}  ///: :/: : : : : : : : /
                           ノ ー'  ̄  / /: :/: : : : : : : : /   そういえば、あっちも
                                〉        //_ヽ: : : : : : :/
                               〈 ヽ    u.  ´ 丿 ノ: : : : /     大賢者ですよねぇ……。
                                |         ,r< : > ´
                                ー―┬      |: : :/
                               |       |ハ/
                    _____r―r ノ       ト、
                  /´. . . . . . . . . . |::::::| l       //\
                    /. . . . . . . . . . . . |::::::| l` ―//::::::/`.<
                /. . . . . . . . . . . . . |::::::| |  //::::::/. . . . . . .`.<
                 /. . . . .|. . . . . . . . . |::::::| l//::::::/ . . . . . . . . . . . . `.<
                   /. . . . . .|. . . . . . . . . |::::::l´/::::::/. . . . . . . . . . . . . . . . . . .`V


105 :◆vsQyY1yD2Q

    ,,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
   /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::ヽ、
  l::::::::::::::::,, ,,- 、  l:::::::::::::::::::::::',
  ゝ:.-、/ / /`_ \::::::::::::::::::::',
  l:::l''ヽ、l/_ノ' ̄ _ ・-  `l::::/ ヽ::::l
   `l>'・    ̄  ''   `- ))/::/   とはいえ、いつ魔王の攻撃が再開するか分かったもんじゃない。
    〉7__,--,         __ノ::/
    l `= _ --、     l ヽ;l     ここは手分けするべきだろう。
     ', l‐''  __ -'    /  l
     ', `''"__      /___,,,,--ヽ
     ヽ     _,,, " ´    ,, ゝ
       ヽ-- '''     ,,- ''"    \
         \  ,,, ''"


                  __
                /:.:.:.'⌒ヽ
               /.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:\
              〃:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:\
               //:〃:i:.:.、:.:.:\ヽ:.:.:.∨
                \〈l:.:.l:.:、:ヽ:.ト、ヘ:}_:.:.′   アモスの言う通りだな。
                 `{Vヒセト、.:.fセテ/}/
                   _ `ヘ   iヽ /<:|      俺と姉さんも住人の脱出を手伝おう。
              |>-{:ト、 ‐ /| ̄`ヽ
              |   ト= 二==|  {_)|       -=─
      「>‐ 、__,f=┴ r|:::::::::___::|____L_  <     /
      ∨ O    |i /||:::::::∧ l<           ィチ /
      人        ∨:::: |l:::::/:::|i C    O ,イ≧=‐<   x=ァ    X=フ
 { ̄ヽ  <::::∨ O    :il:::::::::|i_/::::::|i         /:::::::::::: _ノ  //   / /
  `ヽ、\ >∨   Oil::::::::_><:::::::|iO     O /:::::::::::::::: フ//   / /
    \\}:::∧ 0  i|:::::::|///|::::|i      /::::::::>二ヽ/   / /
  {ヽ  \{|ニハ     il:::::::|///|::://      ヌ::::/  ,イ ̄\_ / /      / \
  ヽ ヽ /_::::::::::i  ol!:::::::|///|://O    //  \/::::::/ ̄ヽ_/      .//  \
    \∨/ニ 、|   ji:::::::::: ̄:::/′      /      \/ r─‐ヘ        //      \
     /::::: ̄ヽ_|   〃:::::::::::::::〃      ′      ∨/:__:::::ヽ    //____∧}
     /::::::::::::::::イ 0/ :::::::::::::::: |iO     ,        ...<У>ヽ ̄ヽ,  //      / ,
     _L::::‐彡//  /::::::::::::::::::::::|i      |  ,.イ   Y  |_/ 7/Y ヘハ //____/  ′
   /::::::::::::::://  /:::___:::::::::|i  /ヘ ,|_/ /     | У厶仆‐く::::/__∨/       / ∨
    l::::::::::::: // 0/ ̄| |<-、| ̄|i  , - 、   /.    //////ニ!::::::トー/____/ ∨
  / ̄ `ヽ,/  /_ .!   (__,|_|i//   `<.     }≧ z 升|__|::::::∨       / ∨


106 :◆vsQyY1yD2Q
                       ____
                     /      \
                    /        \     ……それもそうだお。
                  /            \
                  |  \6主 ,_      |   やる夫が代表で行ってくるから
                  \(―⊂ ヽ∩  u   <    チャモロも脱出の手伝いを頼むお。
                    |  |  '、_ \ /  )
                    |  |__\  “  /    ルーラを使える人が、1人でも多く必要だお。
                    \ ___\_/



                                 ∠::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                 /::ソソ/::/::/ノヘ ヾ!ヽ:::::::::::`ヽ
                                /!::(   ) ━ (    )、::::::::::::::::`、
                                 iノ  ̄ ´ `   ̄  ̄ `!::::::::::::::::::ゝ
                                 !´   ,へ、       ヽソ::::::::::::::ノ
                                /    ¨         ソ:::::::::::::i   分かりました。
                                i  ______  、      丿::冖:::::/
                                ! /::::::::::::::::::::\___、    6 ノ::ソ    行ってきます。
                                \:::::::::::::::::::::::::::::::::⌒´´/::::::ソ
                                 │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::_ノ
                                 │::::::::::::::::::::::::::::::::::::│:::ノ
                                 │:::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ


107 :◆vsQyY1yD2Q
【 牢獄の町 地下3階 】
¨ - :||lll|: : : |l幵l||    . . . . . . . . . . . . . . .. ..|:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
¨: :-: .{ }!l|_: : :|l幵l||: : : |≫i . . . . . . . . . . . . . . .|:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
: : : : : :. :.:.:_ ┴≦||: : : |幵| . . . . . . . . .. .. .. .. ..|:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
: : : : : : : : : : : -  〔|:. : :|幵| |≫j: . . . . .. .. .. .. ..|:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
‐: : _: : : : : : : : : .:.:¨   _≫l| |llll|| - . . . .. .. .. .!:::::::::::::!__|:::|__j:::j_____.|::|____.!:::!__|::|__
. . .. .. .. ..‐ : : _: : : : : : : : : : : _≫|| _ |. . .. .. .. __|:::::::::::::|==:::==::::!===:!::!==::!:::!=:!::!=
_. . . . . . . . . . . . . . .- : :_: : : : : : - _|: : : : : :.||  |:::::::::::::「^|:::「^|:::「^ ̄|::| ̄丁:「^|::「
幵|  「||li;, ‐ l:=‐-x、. . . . . . . .:.:.:‐-≧三三||  |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  {卞l:j lx:., ¨, ≧_ll__|| ̄|:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵ll| |lll| |l|:|ii|_l|__||  |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵ll| |lll| |l|:|ii|iニニニ||  |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵ll| |≫. "        |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|  |幵lll       ;     |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:|幵|ll|   ¨ ´        `    |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|  |:::| |::|
幵|  ||幵l|  |:l≫ ´     =@           !:::::::::::::!__|:::|__j:::j_____.|::|____.!:::!__|::|__
幵|  |ll彡'                ,     |:::::::::::::|:::::::::::::|:::|:::::::::::::::::::::|:::|::::::::::::
ll斗 ,´       、                  |::::::::::::::囗__囗::::匚 ̄l::匚 ]::::囗:::匚
´                        ′     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ;,,   ,   ゚              |:::::::::::::| 丁:「^|:::| ̄ 丁l ̄ |:::l ̄::| ̄
                            ;    |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|   |:::| |::|
                     ′      |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|   |:::| |::|
                             |:::::::::::::| |:::| |:::|   |::|   |:::| |::|


             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_丶    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ     あ、来たわね。
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )   私達も大賢者に会いに行くわ。
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
      / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j


              , /    _
                ,(/<      >
          /             \
          '     ハ             丶
         /    / !   {!  、       V
        ,    { / |ト  i}、_!    }
               |斗− ! l v  |´V }、丶   | |
               |V _ヾ、 V|_| v |  
          |    <V_シ   ヽ! V_シ> i / 
          |  { ハ     ,      リ//_ |     美希、皆を避難させる分には
         !  丶 |          '){' 、\
         イ ,   从  丶   '  ,イ| __ ー\   役に立たないの。
       /フ ィ   {′>      イ  /イ  ー{‐\
       /リ   、ヽ ':::} `= ´ ,.::ヽ  !    |
        /    i、|/.::::!      ,{:::::ハ |   |
         /    ヾ::::::::;     |::|、::} ,     }、
        .人       \'‐ 、  , −|::|::`/    ,_ \
     f:::::::::>、     )      〉:、/    /:::.ヽ 丶
.     /!:::::.\::::.V   !、/:.、   ,...:/.′   .::::::::::|  }
    〈  V:::::::::.ヽ::)イ |/::::ヾ、 } /:´:::::/イ   /.:::::::::;  八


108 :◆vsQyY1yD2Q
【 牢獄の町 地下4階 】
 ....::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::: : : : :
 ....::.:|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: : :: : ::
 ....::.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :《》: :《》: : : : : : : : : : : : : : : :
 ....::.:|                                       《》 《》
 .....;::|                         ,.、t''T叮了丁丁Ti¬-、      《》 《》
 .....;::|                       ,.<ヽ>‐ ´ || ̄|| ̄||`^''く,r`>、    《》 《》
 .....;::|                     .,心>イ'__||_||_||_||_||__ヾk,. ヘ   《》 《》
 .....:::|   ;; : . .    , ;..      ム,.//' ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||;V‐''',   《》 《》
 .....;::|                    |ニ:!;{_||_||_||_||_||_||_||_,lYニl   《》 .《》
 .....;::|        ;::. .        ├'"!´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|''r┤   《》  《》
 .....:::|                     |-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....:::|                     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:::|               ` ;   |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》   《》┨
 .....:;:|. `  .  .         .,     |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||[|ー-|   《》  《》
 ..::::::|              . ; '  |-ー|_,||_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》.  《》
 .....;/|    `;        .  _, ,..-‐|-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》  《》
 .....:l i.      .,  ;.. . ._ "__,|..-‐'|-ー||]|_||_||_||_||_||_||_,|ー-|   《》 .《》
 .....;:lノ. ; '  _,,..-ー.'"l_. ._ l,..-‐; |-ー|´|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||`|ー-|   《》 《》



        ,、、-‐ヾ';:,ヽ,,
      ,.'゙``ヾ;,  リ.:;リト、,ィ
     ,r'     い ノ '゙ ノノソノ
    ,ィイ ,ィイ゙´``ー‐‐''"´`ヾィイ
   _ノ,ィイ:;j     、 ,    |i彳
   ヾ.:.:;彡l >==z、〉;.,,、、-ッ,!;;;!
    `,い:;i   `"´,::; ト`"" };イ   来たか、やる夫。
     ゙,い!   ,.ィ::; ト、 `` j!{
     ヾj!,  '´ _`"__`ヽ jソ    扉は既に開いている。
       ゙iト、  ´ ー‐ `` ,j'゙     大賢者様も無事なのだが……。
-──-、__,1 ヽ   ;;;: /1
       |   `"""´.:.:;;L_ _ _
:\      .l      } .:.::;;;;!    `ヽヽ
  \  .:;⊥_   i .:;:;:;;;|       〉〉
- ─ 入,ノ! ー- 、`ー--‐'´:.\   //__
  ノ //     `` '"´.:.:.::::.ヽ //.:.:;;:.`ー-、、_
/  //          .:.:.:::::::V/.:.:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:..: \
 .:.:.:.:.j 〉            .:.:.:::〈〈.:.:;:;:ヾ:;:;:;:;:;:::::::.:.:.:.i
.:.::::.:.::|:|::.:.:.            `ii .:.:.:.:i       ト、
.::::::.::::|:|::.:.:.:.:.: .    ,′     ||   |       |/l
::::::::::::|:|:::::::.:.:.:.:.:.:. . ,ノ ヽ __, , リ   |       | |


109 :◆vsQyY1yD2Q
                                   ___
                              /      \
                             /ノ6主\.   \
                           / (●)  (●)   \
                            |   (__人__)    u   |   隊長、どうかしたんですかお?
                            \  `⌒ ´      /
                           ノ            \
                         /´               ヽ



                     _,,、ィ'"ゞ``ー- 、
                  ,、ィ´         `ゝ,
                 _ノ      ` 丶、 `ヾ`, jkゝ
                 ゝ- 、_ _ ー-、 `ゞヽ_,j/ryゞ、
                    !|   .;   ̄``i!^リ´ ̄  ノ 「`'
                 |  ,:;              ,!
                 <jト-、,,_     __,,,、、z-イ   とにかく会って、話を聞いてみてくれ。
                / ヾ、 rカゝ、` ̄ ´ ̄,,ィtrj´{、
               /    i-、ヽ `ヽ,  `     ゝ\ーy-==-、
                /     j  ヽ、_    ,r'  __「   \.:.:.:.:.:.:.:.`、ヽ
     _,r-‐===一イ       !    ``ー-、 ; ´ ̄|     /.:.:.:.:.:.:.:.:.゙i ヽ
    / /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ     |    `,    `ーr-‐j  ,r‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:/`ヽjヽ、
  / /_ノ´二ニニニ=‐-、\  j、         / / k'´.:.:.:.:.:.:.:, -‐'´;;;:;:;:;:;:`ヾj
,r'´ー-‐':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  / `ヽ、 ヾ、 /  ,/ / il、.:.:.:.:.:/;;;;:;:;:;;::_,ィ´ヽji;;;:|
::::::::::::::::::::;;:;:;:;;:;_, -‐─ '´ ̄|  /     ``ー---‐'"´  ヽヽ、 j;;;;;;;:;:;:< ィレ'´ヽ:::|
 ̄`ー--─'T´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/                \`ヽ;;;;;::;:::\彡レ'´ヽ!
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:,ィニ二i                   \ \:.:.:.:.:.:.:ヽ、ィ'´゙i
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!                    ヽ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,|
--‐─'´ ̄`「.:.:.:.:.:.:-ー==l                     |  i.:.:.:.:,ィ ´ ,!j
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/             /        |  |.:.:.:.:|    !
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./                      /!  |.:.:.:.:`ヽ /i!
.:.:.:.:.:.:.:.:._/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./            / /        /:;l  !.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:l
.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/               /  /     ,!  ,/::;;;!  !:.:.:.:.:.:.:.:/!:.:.:ヽ
.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./            /  ,/     /  /::;;;;;;!  |.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:j、


110 :◆vsQyY1yD2Q

          ,' ⌒ハヽ、,_r - −¨⌒`へ _,、,ハ⌒ 、
         ノ....:::::::::.%〃:::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::ヽ`ヽ:::::::::::ハ
        i...:::ィ::::∧::::::::  ::_::::::::,::::ハ:::::::::::ヽ:ヽ ´丶:/:i
        ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::::::i
       /.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/´::::/::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::::::リ
       {.: 〈jYyノ::/::::イ:::::::::::::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:ヽ::l:::〈
        )   |/|/:::;;/l;::/.レl/,. j  l::/l;:/ !:::::::l::::l ルリ:::、
            l:/::::l;::/.レl/,.    l/ ,l;_ l:::,::::l:::!   ヽ)
            レ∧:j:l"弋ラ``  " ヒラ``レ::i::l:Y      そういえば、ここにいたのは
             |/::ハ''''    .   ''',!ノ:l:::l:/
             !/:::::`ト    ,、  , ':::/|:::i:|       マサールじゃなくて、弟のクリムトだったような……。
              l:::,':::i:::;;l:`r 、_ , イ/:::/:::|:::i:|
            :l::l/:::::l/:l;l:::l     |l::从:ノl:.:.V
           :::/ ...;;::::l:/l::l:{ヾ、  _ ソ/ ̄/'ヽl:.::ヽ,
           /'l..,ィ'´‐∧ ゞi ヘ-‐-イ/  /   `ヽ、
           /:.::{ ゝ ヽ  '⌒`V^~^V⌒ヽ   / i/ 'ヽ


                         _,,..-──- ...,,,
                      /´          `ヽ、
                     ノ            ヽ  \
                    /  , 、           ヽ   ヽ
                      /  / \     t-ミミ 、  |.   ヘ
                      /   {   \ \_,メ=ゝ\ .}    'l
                      |   | 」,==- `ー ゝイ不ミx. }ん   'l
                      |   レ'^,ィぇ、     ゙込リ/  }>、ミ=、|_
                      |   / イ弋弐〉          レ 冫、L二 ̄   じゃあ、弟さんに会ってみるの!
                   | /ヘ ` ´  /          _,ノ  ヤ─=
                   レ'|ヽ ヘ    _ -  ̄i    /::::::.  ヘ
                  〃/| ` ヘ    \.   ノ   /:::::::::::.  \
                 彡'  |   :::ゝ、         イ:::::::::::::::.   `ヽ、_
                    | イ  :::::::::`  、    ィ´ .|:::::::::: :::::. i ヽ`ー─‐'
                    / .|  ::: ::::::::::::::} ` ´   |::::::::::: :::. ヘヽ `ヽ、_
                   /  ノ   :: ::::_ノ      |:::::::::::::.   ヘ ̄ ̄
                  ノ  ん-‐ァ‐'7‖       \::::::::::.  ヾ、 \
                  r'"´  /;;;;;;;/☆        ノ |ヽ、:.  ヘ\ \
                     /;;;;;;;/ ☆    _,,,,,,☆ |;;;;;;l `ヽ、ヘ  `ーゝ
                     /;;;;;;;/  ☆    ☆☆´  |;;;;;;;|   `ヽ
                           `MIKI´     .|;;;;;;;|    |


111 :◆vsQyY1yD2Q

             _
              _///
       /三三. /三三/
            _///
     /三三. /三三/     ノ::三/     ノ::三/
.        ///     /三三彡 "  /三三彡 "      ノ三/     ノ三/
       ///         ///        ///   /三彡"  /三彡" _ ノ,⌒ _ ノ,⌒
.      ///         ///        ///     / /    / /   ̄//    ̄//
.        ̄        ///        ///     /_/    /_/    //     //  イ イ ィ ィ
                ̄        ̄
















              \                    /
                \  丶       i.   |      /     ./       /
                 \  ヽ     i.   .|     /    /      /
                   \  ヽ    i  |     /   /     /
                \
                                               -‐
               ー
              __          わ た し で す            --
                  二          / ̄\           = 二
                ̄                | ^o^ |                 ̄
                 -‐           \_/                ‐-

                 /
                         /               ヽ      \
                 /                    丶     \
                /   /    /      |   i,      丶     \
              /    /    /       |    i,      丶     \


112 :◆vsQyY1yD2Q

                           / ̄\
                          | ^o^ |   わたしは いとこの ゆうたろう ではなく
                           \_/
                           _| |_   おとうとの くりむと です。
                          |     |
                          | |   | |
                          U |   |U
                            | | |     原作:クリムト/ゆうたろう ( \(^o^)/派生 )
                            ○○



         ____
       /     \
      /  _ノ6主ヽ、_\
   /   (○)  (○) \   あ、はい。
   |  u   (__人__)   |
   \      |  |    /
   /       ⌒    \


113 :◆vsQyY1yD2Q

  /: :ヽ   ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.ヘ /`l
. /: : :. :!/: : : /: : : : : ,: : : ,:ハ´: : :ヾ l、
/ ̄: :、,/: : : : :/: : : : : /:/: : :,' ', ∧l: : ` ヘ
:.:. : : .:/``; : :/: : : : : ,': :l: l l゙‐-‐ | l: :: :: : ',
: : : :..,'.: : : : :,'.: : : : :, l ,斗ト|   ト-、l:,: :ハ
:: : : {`'; : : : |: : : : : l |: :ハ ハ|   リ |. l | : :l|
: : : :ト- 、_:.:.|l : : : : l | | '-' '   ' |/r',' 乂
:./: : l: :ヽ: :`ハ: : :ィ/|r ̄ ̄    ' ̄r::ノl:ノ ヽ
ハ: :,/ l : : !ヘ:γ|∨:| =≡≡  ≡≡l |/    ゝ  知ってる人に似てるような……。
丿/  l,: : /ヽ乂', ^|U     `   ',!
: /   i.,':::::/lハ .、', |     _   _,ノ|
(    ,'::,':/ハl,'-‐ヽ|ィ`ニ、r‐、‐ T´|
    /: : /ノ レヾ,  | ',.=ニ|  /ス|丿
   ,'.: :/ノ / ` '、 ',  | // ハl
  _ノ:/( /   ',`ヽ、ト'/レ'/   |


                ,__
              ,//
             ( く ,- ‐ ̄ ` ‐- 、
            r -' ̄         `ヽ、
           /               \
          /     入   l   ;      ヽ
         /   / .::/ ヘ   ',  ',   ', ヽ ヽ
        ,'   :::|.::/   ヽ  |\ ゞ   ヽ ', ',
        | i i .::∧/ -─、  `ーヽ-ゝミヽ::::. |:::. | |
        | i i ::|/           `ヽ、:/:::: l l
        ',入',::|               ソ|:::://
        ノ_ゞソ 彡三三     三三ミ ,' 人|
     -‐'- 入 ( ', ⊂ ⊃       ⊂ ⊃ 从ヘ \   そういえば、あっちも魔法使いだったの。
        ノ \弋              /ノノ Τ`ヽ
       丿 _:::  ̄',    ┬─、勹   /~~   ',
     ノ, - ソ' .:::::::::\   ゝ _ソ  /:::::   ┬ \
     ̄ /  .:: .::::::::::::`ゝ _    .ィ::::::::::::::   ゝ ̄
     / ::,,  .:::::::::::::::::::|  `´  |::::::::::::::::. ヘ_\
   ∠─' ̄/  .::::::::::::::::::ノ     ヘ:::::::::::::. ::. \`ー─
      /  ::::::::::::-‐'        ヘ、::::::::.   \


114 :◆vsQyY1yD2Q

                                / ̄\
                               | ^o^  |   あなたたちに きぼうを たくしましょう。
                                \_/
                                _| |_    しんじつのおーぶを さずけます。
                               ( ⊃○⊂ )



     ____
   /      \
  /  \6主,_\
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)   |   は、はぁ、ありがとうございますお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



       _,.-、    __  _,/⌒ 、
     /::::::::::\,.-''::r丶:/ヽ::::::::::::ヘ
    /:::::::::::イ::::::::::r'´::::::::::::::::::::ヽハ::::::ヘ
   /:::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::/:::`:::::::::::∧:::::::::ヽ
   ヽ::::::::::::::::.,":::::/i:::|ヾ|::i:::::|ヽヘ::::::ヽ::::ヘ/
    )::::::::::/,::::::::/,|/.:|::::| |/ |/メヽ|:∨|::::::〉 (_
  /:::::,.イ:|:::::::/ |!ゝ-、/   ,/゛'∨::|:::/  (__
  (::::::::ヽ ∨::::::|===    === |::::|::::\  /   ストォーップ!
  \::::::::) イ::l|:j    __ _ ′  u|::::| )::/  >
    〉"  ∨::|  /    ``!   /::::/ ヾ( (     ちょっと、こっちの話も聞いてください!!
        ∨|\/      }/| :/
        )ヽ:|:〈:`'. r‐┬‐ '/:::::|〉:)
       (::::ィ´ヾ,:‐<_l:::::/マト、:(_


115 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            ∩  とんふぁーきっく です
            | |
      ────| |──── ― - --           おつかれさまでした ありがとう ございました
      ─── /⌒ヽ,  / ̄\─────────
       ̄ ̄  / ,ヘ  ヽ|  ^o^ |                            / ̄\
       ̄ ̄ i .i |\  \_/ヽ,   ___,, __ _ ,, - _―" ’.  ' ・,  ’・ ,    |  ^o^|
      ── ヽ勿 | ヽ,__    j  i~""     _ ― _: i ∴”_ ∵,         \_/
      ____∪_   ヽ,, |/ / __,,, -- "" ─ "ー ・, ; ; - 、・   r=-,/⌒  ~ヽ~,
      ───────  ヽノ ノ,イ  ─── ― -            i y  ノ' ノi j |
      ───────  / /,.  ヽ,  ──                i,,___ノ   //
      ______   丿 ノ |ヽ,__,ノ ___ _ _ _           ,'    ゝi
                 j  i | |                       /   y ノ
      _____    巛i=| |  ___ _             /    /~/
                   ∪                      i   < /
      ───────     _  _                    ヽ,  \
                                           / ヽ_  )
      ────                              i (~_ノ
                                         ノ  /
                                         ノ  /
                                       (~   ソ


                             Now Tonfaing

                             現在説明中
                     しばらく シバかれながらお待ちください


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


116 :◆vsQyY1yD2Q

                      / ̄ ̄ ̄\
                      /        丶   ……なるほど。
                    l   ⌒  ⌒   !
                    l    ◯       l   あにが なげきのろうごく というところに。
                      \        /
                       \___/     そういうことならば わたしも いかねばなりませんね。
                   / ̄          ̄\
                  /              \



             r‐- 、           ∠¨ \
          _,.斗f_:.:.:.:.:`¨ ̄¨'・‐.=‐/、:.:.:.:.:.∧
     ィ⌒ /⌒`:.:.:ム l冖‐-<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: >、   ':‐┐
     |:.:.:./ :. 「 ̄:.:.:.:.:.:‐-:.:.:.:.:.: ヽ:.:.:.:.:.: \:. /:. ∧:.:.   !|
     | :.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、、:.ヽ.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:. \:.:.:.:.:|V:.  {
     ヽ///:.:/:.:.:.: 〈イ!ヽ、:.:.\:.:';:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:\/: :|:.:.:. |
       /::./:.:.:.:|:.:.:.:.:| | /|:.:.:.:.:.:| .:|:.:.:.:.:|:.:.:.!:.:.:.:.:.|:. .|:.:.:. |
     /:.:. |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|. :|   jヽ!:.:..| .:|_:. |:.:. |:.:.:.:.:.|: :!:.:.:. ヽ
     |:.:.:.:|:.:.:.:.:|、:.:.. |. :|  | /レ'´|_/_`}゚:_|!八:.:.:.:イ|/}:\:.:. \
     |:.:.:.:..\:.:.| Y,人 |  |/  rテ歹以、|:.:.:|:. メ: | |}.∧:::.:|¨\、
     i:.:.|::.:.:.:.:\ irテ气、      { )リ彳}し/ルト、|ソ |レ' \|  )
     |:./::!:.:.:\{マ〈 込ヽ     弋ツ レ'i! / }:.:./|    )    信じていただけるんですか?
     ,' |/_ヘ:.:.: | キ 弋ツ ,       u'' |/ _ノ:./:.{
      i!.ヽ /'ヽ|Vハ                ム¨|:.:.:.:. :.|
       ./ /}:/::∧     (. ヽ    ∠i:/人 i|:. ト
.        / / }:. :|.: :>          {/:./:.:.: )|:. :.{
.  /¨¨^⌒,' / /::イ:|.:/ .:.:|::`:..r ‐ '´   八/|:〈::. |:|:.:.:.:|
 /イ ノ}ノ丿 {r‐'.⌒):::/  :./// j       / ',:|:.:. !:.:.:.人
 | `ヽ¨ '´   /¨:::/‐::/-キ ̄     /  〉:.:.|:.:.ヘ、ヽ
 }    ' ノ:: /¨/ ノ   /∧     ,−  /|:.:./之−- )
 k><._  <} /(/    ,〃  \       / |/〉 |: ヽ (
 }///    ̄¨`〉{   ∨/  \ ',    /   |∧ ',   }」
 }// .,    ∧!    ム>  \〉、../  /    l    !ヽ、
 キ      / |   :/    >'゚ イ》__/    ヘi/     ヽ
 ∧      / |i:  |     /  ヽ、         マ      \


117 :◆vsQyY1yD2Q

            / ̄\
           | ^o^ |      わたしは あにほどの ちからは ありません。
            \_/  ∩
            _| |_/|   ですので あなたの ことばが しんじつかも わかりません。
           |    _/
           | |   |
           U |   |
             | | |
             ○○


            / ̄\
           | ^o^ |    しかし あにの ちからが
            \_/
            _| |_    まおうに ねらわれているのは じじつ です。
           |     |
           | |   | |    あなたの いうとおりに なっている かのうせいは たかい。
           U |   |U
             | | |
             ○○


          / ̄\_____         ならば たすけに いかなければ なりませんが
          | ^o^  |        ヽ 三
          \_/_____  )  三    まだ うごけないので つれていって ください。
          / /         ( (  二
         / /          |  | 三
         ◎           ○   三


118 :◆vsQyY1yD2Q
                     _____
                            \`ヽ
                         . -- . 〉/
                      ,. ´     `¨` 丶
                      /              \
                   /  {            ヽ
                    ,′ ! |   |    ト、       ;
                     l   |八   |\  | \      ′
                     l:  l |   \j  \} _ \    .;     ∩     ,.. -- 、
                     |i:..l抖ャ=x       _  ヽ}  i    } |   r‐<,.ァ─一'
.                  ,仆八ヾ V心    ´ ̄¨ /\ \,  / `¨´し‐‐ }
               /八  ハ     ,         /   八 ヽ {     } −ヽ   もうすぐハニーが
                /  込、  _   ,    /  /厂ヽ! ′    〈つ /
                 /   {仆〕ト。.     イ    /   }  ヽ   >‐'.    馬車と一緒に戻ってくるだろうから
                   / l|  |八   〕=-‐ ´ ,{    {   八, _|   {
             ー=彡 八 |  ヽ___ノ   ー=彡    |  (}-、 {廴___込、     乗せて行ってあげれば
              ハ {   ヾ厂o。   ー‐=彡   人_.ィ: : :i |: : : : : : : :〉      いいんじゃないかな?
           //: : 〉|  /    ゚0゚゚´(/   /: : : : : : :.V: : : : : : : :{
          (,/: 仁八  |       //_彡':/: :_;_: : : : : 〕:ー一'⌒ヽ〉
           /: : :|ニニニ} 人   ,.  / /⌒ヽ:.{( : :´¨ : : `:.厂}: : : : : / /{     この人、ラーミアだと落ちそうだし。
          /: : : : :iVニイニニハ {,.仁}..ィ: : /: : : : \; . : : : : 〉 .|.: : : :.∧ Vハ
       ァ一′: : : : :.|: : |: : |ニ仁《ニニ| : : :.:l: : : : : : : ヽ: : : : :{ ∧: : : :/∧ Vハ
     /: : ̄ヽ: : : : :_〉 ;ゝ: :》´¨¨¨`ヾ.{ : :_;⊥: ;_:_: : : 人; : : : : \}: : : :/: :| }: :}
.    ∧: : : : : { :\: { : :{ : :〃       /: / : : : : :`ヽ{/ ハ: : : : : :.} : : : : : | |::/
   .,′l: : : : : : :〈¨¨厂 ̄勹       /_:/ : : : : : : :_⊥  / \: : : /: : : : : : | |:{
   {.  レ'⌒ヾ: : } 〈三フ一'      〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/〉  / /\: ヽ : : : : : i {:.|
   .廴/: : : : :o。{   /         `ー=ニ.___〈/ /l /  \: : : : : :./ 厂
   ヽ : : : : /Y /。       i       ∨ // 八(     \: : : {_/
    L_:./  У   ゚0o。 .  '           ∨{(     \     ` ̄´



          ___
         /     \
       /         \
     /     \6主/  \
      |      (ー)  (ー)  |   見るからに弱ってそうだし、その方向で行くお。
     \  u.   (__人__) ,/
      ノ     ` ⌒´  \    やる夫も、皆の脱出を手伝ってくるから
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ   クリムト様の事を頼めるかお?
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


119 :◆vsQyY1yD2Q

                               /丶
                             /:::::::::丶
                        _ -  ヘ - - `ヘ
            ∧     /::::: ̄::::: ::::::/:::,、丶 /:∧丶
           /:::::丶  /::::: ::::: ::::: ::: ::/::::ノ ヽ::丶::::/_-丶丶
          /::::::::::::-/::::: :::: ::一´ ̄/:::::´´:::::::: ヘ:::``:::::::::\
        一´ ̄:::.|l i::::::::: ::::::::: :::: :/.::::..:::: ::::: .∧:::ヽ::\:::::ヽ::::::::\
      《::::::::::::::::::::::Li ::::::::::: :::::::: ::/ :::..:::..:::: ::::: l .l:::lヽ:::ヽ::::::ヽ:::::::::\
       i:::: :::: :::i´::::::i:::: ::::: ::::::: /:::..:::: :::::..:::: ::::: l .l:::l ヽ:::ヽ:::::: ヽ::::::::::\
       丶::::::::::l:::: :::::i::: ,'、  ::/::,、::::::::i:::: ::λ  :ヽ l:::l_ ,.i ヽ:`-::::::l:::::丶:::::\
        丶:::::::::::::::::.i::: / 八:/ /:: ノ:::∧::::::.l ヽ:::i lノ_lノlノlノ::::l:::::l\::::ヽヽ:::ゝ
         i::::::::::::::::N.::/ ハ::/ /:::::ノ:::::/-‐ヽ'::l \l '1゚;;j lノl:::/i:::/ l\::::l
         i:::::::::::l::::l / /:::/::/::ノ:::|::::/ _____ ,ヽl   ` Vソ, ハ∨∨ /  ∨  オッケー。
        /::::::::::: l::::l./ /冫^,、∨l:|:./ ,,,  ̄´    、 ″l l ∨
        /:::::::l:::: i:: 〈 ' '/ .ヽ, / ∧           ノ∨         治療は、シスター・アンナにも
       /:::::∧|::::::::/丶   く.ソ∠l |::.\     __  /μι         手伝ってもらえないか聞いてみるわ。
      /::::/  l:::::/   ヽ    ) l∨ヽ::丶>- ´__. イ:::i、`,))
      i:::/   l:::/   /   / i l  ヽ::::ヽ  ( ヽ、::::i ヽ(('
      ∨   ∨   /   /   ̄\\ ヽ::::ヽ  ` ヽ i::i--,'、




                               / ̄\
                              |  ^o^ |   あもーるのみず おいしいです。
                               \_[]⊂/)
                               _| |/ |
                              |    /

                                         __,-─-、`ヽx
                                      ,,-''"      `ヽ)ノ
                                     /           ヾ、
                                        i /           ヘ
                                        |/|             }
                                      |、           ::l
                                    /⌒ ':,          :::::l   それは聖水なの。
                                  / ,、ー 、,'     :: ::::::::::::::::::::|
                                 /  / ``}          :: ':,
                                /  /  /             ':,
                                  /  /  _/ィ             ヘヾ、
                                 /   .l  彡孑              \ `
                              / _,-‐┴'"一'"フ ,ィ           ヘ`ミ、
                            /       ‐"二ノ           \ ヽ、
                            L  ,, -─‐フ /ィ            ヘ\ヽ、
                                 ̄     {_メ‐'"ノイ           ヘヾ、 ̄
                                      ゝ / .|         i  仆 ',
                                    ヽ   { /   /   ハ || ヽi


120 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       / ,イ    ,、-─-、  ,、-─-、,  \
                        /レ'厶‐ァ_/    ,__, ,イ__ ゙'ヽ、ヾ、ミ、ヽ
                     /    / ///厂`'´⌒ヾ、ミヽ\、ヾ、ヽ
                     /      /  ////       lハヽ、ヾ,\ |
                   /     /   ///        || l l  l  |
                   ノ /   |   // //         || | |  | |
              ニニ二 イ/    |   //-‐!|、,_           _||-‐l | |  !
                   /  /  ! / /  i/   ゙ヽ      '´l __ _| |│ |
                  / /!   | | /  ,H‐- 、_       イ __ _| |│ |
                  //!/!  /! | | |__|土==-_      ,〒ァ7 !|| ! 八     大賢者様の治療?
                 ////   /!| | |,ヘ‐| |ヽ ゚ ノ `      `ー'_ノ!川 |  !
                 ||//!|  /!|| | ト、!ヽ!ト-‐一    {     ̄  || | |  ト、     それくらいなら
                 ||//!| /川 | | T | !             ノ/ 人 ヽ\   お安い御用よ。
               _,,--l| /| ハ| | | | | || ト 、,    -‐一  _, イ///∧ \ |\ヽ
            _/ ̄   |∧! |‐-ト、!l |_|_ハヽ ̄ヽ-、,_  _, イ  ||// / ||  ト、! ヾ、_
           /  _,、-─|/‐| |─-ヽ /  ゙ヾ、=-、゙''-、,,  ̄ |¬-、|// /ノ | | \、
         /,-‐''"      | |--_/    ヽ\ \  `ー┴一'// // /|| /   \
         勹    ,、-‐'''" ~ ,||/|       厂 !、, ヽ、     //// | |
         ノ,,、-‐''"  ,,、-'" /!/        〈  /!、`ー \  / /   リ
      ,,、-‐'"    ,、-'   〈          `ー!リl ゙ヽ、    く_  〈- 、
     /      /     /! ∧            i川ト、, ゙ヾ、   /  \
      了   ,、‐'"      / ヘ!超ヽ         /ソ ))\`ー--イ ゚Oo。 !
     /  ,r'′        /,/ ヽ 占゙、        {巛⌒Yヽ`ー-'´  ゚〇O!
    /  /        /! /  || 、事ヘ       `ート┴◯      ◯ 〇
    !/        /ヽヽ    ゙!'、略ヽ         ゙ヾヘ ◯      ○ ○
   / /      /!  `ー    ll ゙、決 >        く ̄ヽ   ◯OoO○  ○
 /  / /     / !       ヽ!            \,-!_       /   ○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


121 :◆vsQyY1yD2Q

        __    ._ , -‐=ニ=- 、   / ヽ
       / {: : : : ̄`≦ 、`´ ̄: : : : : :  ̄`メ/: : : ヽ
        , : :{ :、: : : : : : : : :`ヽ; : : ̄ ̄`ヽ: : /: : : : : : ヽ
      , : : : /i :ヽ: : : : : : : : : : \: : : : : : :V1: : : : :  ̄`ヽ
      |: : イ.:|: : : : ヽ: : : : : : : : : : ヽ: : : イ: }: : : : : : : : : :}
      〉: : ': :{: : : : : : \ }: : : : : : : : :\イ: {: : : : : : : : : : |
       イ: :/: : :ヽ: : : : : : :ヾ: : :ヽ: : : : : : :ヽ: :}: : : : :ヽ : : : :|
     /: :,' : : : : { ヽ: : : : : :| : : : !: :、: : : : : 、l: : : : : : ヽ: : :|、
     i: : |: : :i: : |  \: : : : : : ハ: :} : : : : i ヾ : : : : : : ヽ :' ヽ
     |: : |: : :l: : |     ヽ: }_|_i: }; : : : :}: :{∧: : : : : : ヽ|: : \
     |、 !: : :_}__|_    ´,∨弐=ミ: :ハ: : : :ト : X: ヽ: : : : : :| ̄`ヾ   結界に閉ざされた
     | | : ; : : ∨弐`   イ三 :} }' |: : : } Y } : : i、: : : ヽ.       アレフガルドについても聞きたいけど
     | | : : ヾ: {、イ戈    乂zノ ソ  }: :ノ{ ノ:イ : : :| ヽ: : : :}
     |ハ : : : ト、: 乂ノ ,     ` ´   少 r´ |: :| : : :.|  ヽ: : |      それは後回しにした方が良さそうね。
     ! ヽ: : { ハ `´          〉: : |: :| : : :.|   ヽ |
        \ヽ、 >, 、   -   イ  ./: : : l: :| : : :.|     `l
              ̄  | |: :iぇz- <   ./: : : ∧: }: : : :l: 、
                 | |: :|: : }ハ   /: : : 人 ∨ : : : : : ヽ
               リl: :|: :ノ  }  /: : / ∧ ∨: :.| :\: \
            イ 7Y|://´ ' r/ : イ    /≧y⌒ヽ: : \: 廴 _
               レ  }'イ   /,: :/   / イ;メ ̄:ヽ: : : ヽ イ ̄゛ヾ
             / ////ヽ <_} /_ イ  〃: : : : : : :ト 、弋⌒ヾ、
            .〈 ///∧   イ′      イ : : : : : : : l  ヽ: }
           {∨>― ヽ-‐ 1 ヽ     j: : : : : : : : |   ソ
           ∨' ´∩ヽ l丁}  \_イ{: : : : : : : : :}  ノ
           ハ{ゝ,.∪ノ | } l     \|: : : : : : : : {
              |/ T777´弋ハ}       |: : : : : : : : う
              |  }///////イ       |: : : :/: : : : :ヽ
          /  /////////      〈: : : /: : : : : : :ヽ
            /  {////////{        ヽ: :ヽ : : : : :.イ
            ヽ ヘ///////∧       ∧: : : : : : : 1{


                    ____
               、丶`         `   、 
                 /                    、  <\
               /   l{     |            \  ) )
.              /   /l{     i 、     \       V/
             /   / 八    {ー\ 、   ',  ∨   \
              〈∧  厂   、  vxf=ミ(\  }   }\     ',
             Vxf芯   \{ んf心  v/   厂⌒
              ノ _vソ      Vぅツ  {\ /\     ',   それは、お兄さんの方も助けてからで
            , 「          ̄    , i∧   、    ',
             i                , ∧   \_   ,  いいんじゃないかな?
             |   fヘ             ノ∨ }⌒(⌒「 ̄
              八  L ノ         _  ィ }  }   \|     ',
            / い         _ イ⌒(⌒7      ハ     ',
        ⌒ ̄ ∧ __      /⌒Y⌒ /    /_/ ノ      ,
              /   /  厂ハ    j     /  /  ̄⌒\       ',
           〈/    / i⌒〉,   (   /  /         V   \}
             /    / (   V厂/  /         V   \ >
          <  / / nノ   / 7{   {             }    `、
           V  /  _j     J7 、    、          }  |   `、
         /   / 厂   厂⌒八  }  人 >  ⌒\_  ノ', ノ    `、


122 :◆vsQyY1yD2Q

        〈:.:.:.:., ' |/ |   /  \     ゝ  ヽ::::/
       // へ  /  .:l:..∧`    ヽ丶       j:::)ヽ
      ,// /   /   |〈 ∨::::        \   ヽ:::..`.
     !/ /   |    ハヘ 丶:::  ヽ  イゝ  丶   :::::::::...
     |   .:!    !/l:.:.:.:.:| 丶  ヽ:::  |   1::::::.:.:.:.:.:.:.::.:.}::::::::........
     |:.:.:.:.| ..:.:.:.:.:| \:.:!   ヽ  ヽ:: }:|..:.:.:.::|ヽ:.:.:.:.:.:.:./l::j.\::::::.:.:.......
     | !:.:.:.|::.:.:.:.|:.:|,_  |_,l       ',:: l::|_:..-:::|,;::|  ハ l:.:.\: \:\イ
     /|:.:.:.:.l:.:.:.:.|´|  ̄λ|`ヽ       !/L;|_ j/ :| /|Vl:.:.l  :):::// 
     !:ヾ:.:.:.l:.:.:.:|:.:||:{´'辷1|`'      |/´辷'リ~ } !/h| レ:.:.| (:.ノ7   そうね、まずはクリムトさんに
     !:./丶:.:|\|ヽ!ヽ 弋メ         i込ノ ' 〈;/::|.| |,/   !:.八   回復してもらいましょうか。
     l/  ヽ:.:.:.:.:.lヘ  `¨´         ̄  ./ノ|::|:::;:::::〈  /
     |l   l:.:.:.:.:.:iメ,       ,       , '::::|:|;∧|::::::::<       その間に やる夫達も戻ってくるだろうし。
     7   |:.:.:l:.:.|:::::|>、     ,- 、   ∠、:::::!:|:.:.:.ヘ::::::::.:.く
         |l:::イ::::|::人V:`:..:.、  ` '   ' :l::::.|.:.:ヽl:.:.:.:.:.',::::ヽ::.:ヽ
         |l:::/::::l,'::::∧::::::::V:` -‐ ´  /l:::/`ヽ、.:..:..:..:∧:::::V:::::
         |:/:::::::l:::::::::,:ミ:マ:::|      {l/7   `  、;;;:ミ:::::::l:::::::\
         /::::::::::,::<´ ', Y::!       ,'         `イ‐
       _/ リ-´    ヽ ヾ     /        ィ  }
      んノ\       i  ヽ    /      / /}}  八
      /  \\      ヽ<¨`>/         ,ノ:::.:....


123 :◆vsQyY1yD2Q
                        __
      , -- 、        _  _,,-'´::::`'ヽ、
     i´:::::ゝ:::\       /::::∨~ン、:::::::::::::::::::ヽ
     \::::/:::〈:::ヽ:::-‐::.:.┴:::乂-、_ ゝ-ー'~ :::'ーヽ、
       ゞ::::.!,,ト:/´:ハ:::::,ヘ:::::::/)::::/:::ヽー水-、:::::::::::`'-,,
    /て,人ト,/:, '´.:::'::::`:'::::::::`ヾi:::::::::::゙'、ー-、:::::::::::::::::::.:.:. '―-、
   ,ゝ:::〈::::/i/'. . .::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::: ヽ, _\::::::::::::::::::::::::::::
   |/:::::::Y/:::......:..::.ハ:.:. .. . .....:.:.:::::::::::::::::..゙l':::`'ー-ミ'`'--,:::::::.:.:.... . .
   ヽ:::::::〈:::::::::::::::/::::..:、::::::::::::ヽ::::::::::::::l:::::|:::::`:.     ヽ:::::::::::.:.:.:.:.......:,,
     `〈::::丶.::::::::::ヽ、 \:::::::::ヽ::::/::::/:::ス::::::::ヽ、    `^""''''^´
      !::|::l::::|:\辷z_  ゝヽ七辷〈/:|:/:i V、:::::::`ー 、__,、
       `iル:::::/ィ弋:ソ,  ゛'弋歹 vヽ::!::::!:::::ヽ::::::::::::::::::::: : : ヽ   ( それにしても、やる夫。
        .ノヽik_  、   ,,,:u 人::::\:::::.::::::::.:.:. : : : r'⌒ヽ: :ゝ
       くノ (/ , -'、   _ _  ,ヘV':::l ミ-、:::::::ヽ (:::::〈   )     バーバラを救う事は できたのかしら?
        `< く\へ、 _ , イ:::::/ l゙::::/ ! \::::.:.\:.ヽ.::` 、
      ,..-rイヽ \〉∧ /.l !_,,-'''^\__::::::::.:.:.:.\ゝ  ,
      /:::,!::::!._,.l_  `Y´"゛!∠'、'     //〈ヽ:::::ヽ:::::)  ,      個人的には そっちの方が気になるわ…… )
     !:::::./::./   `'、′ |゙iヽ丶――'´/ /:く、ハ::::::::(
    /:::::/,/´゛`'''ヽ、 )ニ )、ヽ二二二二/:/::`'、l:::::::::,'
    ,「、/∠,,__    /て´::::ヽ:::::::::::::::::::::/::::::::::} ノ
   く ゝ゛:::::::::\  //    ヽ::::::::::::::::./::::::::::::::::!
   /ゝ´..::::::::::::::::::ゝV/      |:::::::::、i:::i::::::::::::::::::ト、
  ,//..:::::::::::::::::::::::::/Y       !:::::::::,l::/::::::::::::::人}
  l:〈..::::::::::::::::::::::::/ /      .: .:.!:::::::'ー:::i::::::::::::/::::丶
  l:::::::::::::::::::::::__ノ |  、   . : .:.:.:ハ::::::::::::i::::::::::::::::::::::::ヽ
  ゝ:::::::::::::,,-'"゛   !  `''ーー‐ 'イl:::::::::::_人:::::::/::::::::::!
     ̄ ゝ、   │        lー'゙゛  ,>‐:::::.::::::::::::}
       !    .!      ー弋fー‐:.:.:'´::::::::::::::::::::::::_」
       l     l__,  ィ   ::\::::::::::::::::::::::::::::::::/
       |    _,ヘ:::::::::::  ,..-'''  `'、:::::::.::::::::::,-‐"
       |      l  '"         ゙tニ ̄
       {.,,_    __|_..........-ー      .,/ー::::ゝ__
       ヽ、    .!、:::::::::::     ,,/::\:::::::、:::::.:::.}
      __ゝ      .|    _ ,/'i:::::::::::::\::::\V゙
     /:::フ:::::::ゝ、__,┼-ぐ゙'、:::::、:::::::::::::::::l:::::'、::ヾ
     !:::/:::::.l゙::/::::/ /:::::::::::::ヽ::\::::l::::::::::::::::.l.::::l:::::イ
     l/:::::::::| /:::/:: |::::|::::l:::::::::!:::::::゙'、ヽ..:::::::::::!::::!'"゙ !
     /:::::::::::l i:::::!:::::l::::|::::!:::::::::|:::::!::::|::::! i::::::_ゞ  l
     \::::/.i:::::::::::::::!::,!::::ゞ、:::::!::::,ヘl::::i::::lノ゛   .!
       .! \:::::::::/   \:::イ          .!
       /          / .!          i
     . /          /  |          ノ


124 :◆vsQyY1yD2Q
   ._
    \ヽ, ,、
     `''|/ノ
      .|
  _   |
  \`ヽ、|
    \, V
      `L,,_
      |ヽ、)  ,、
     /    ヽYノ
    /   r''ヽ、.|
   |    `ー-ヽ|ヮ
   |       `|
   |.        |
   ヽ、        |
     ヽ、    ノ
      / ̄\
     |  ^o^ | < ゆでたまごは ぼりぼりしてて たべにくいですね。
      \_/
      _| |_
     |     |
            / ̄\
           |     | < からを むかなかったのでしょう。
            \_/
            _| |_                        ┼ヽ  -|r‐、. レ |
           |     |                          d⌒) ./| _ノ  __ノ


125 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第215話 「ドラゴンクエストVI ワールド漫遊記」 は終わりです。


今回のタイトルの元ネタは、『ドラゴンクエストIV ワールド漫遊記』 です。


おしゃれな鍛冶屋は、DQ6にのみ登場する施設です。

鍛え直してもらうと、戦闘とは無関係の 「かっこよさ」 が上がりますが
一部 装備は、性能も上がります。

後の天空装備も かっこよさだけでなく性能も強化されますので
DQ4以降に伝わっているのは、かっこよくした天空装備の可能性が ありますw


今回やる夫が揃えたのは、非売品や一品物ではない装備の中で
鍛え直してもらう事で かっこよさが上がるものです。

個人的には、かっこよさ +15 から +77 まで激増したギガントアーマーを見てみたいですね。



次回更新は、11/4(日) 20:00〜を予定しております。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。



      / ̄\
     |  ^o^ | < からは むいてたべました。
      \_/
      _| |_
     |     |
            / ̄\
           |     | < では ゆでたまごじゃ なかったのでしょう。
            \_/
            _| |_
           |     |


第214話へ    4 第216話へ

世界制服作戦 ハートキャッチプリキュア!
来海 えりか 1/10スケール
PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ドラゴンクエスト4 ワールド漫遊記

この記事へのコメント
何を食ったというんだ……
Posted by at 2018年10月23日 02:11
ああ、そう言えばアイツら向こう(QDV)だと魔法使いだったな・・・。
Posted by at 2018年10月23日 05:14
バーバラ問題の解決とか、二次創作の醍醐味だよなぁと感動してしんみりしていたのに…
ラストのブーム君に持ってかれたわwwww
Posted by at 2018年10月23日 06:25
主人公(DQ5)「そのオーブ、見せてくれないか?」
Posted by at 2018年10月23日 07:58
ルビス様6は強くイキロw
Posted by at 2018年10月23日 08:23
ま。まさかバーバラまで……? と戦慄したのは私だけではあるまい
別作ヒロインだから違うとは思ってるけどさぁ……
Posted by at 2018年10月23日 08:50
この配役は読めねえwww
Posted by at 2018年10月23日 10:53
……卵?の咀嚼音じゃねぇぞ!?
Posted by at 2018年10月23日 10:53
超占事略決w
回復じゃねえwww
Posted by at 2018年10月23日 16:14
卵の殻をちゃんと剥いてから食ってバリバリ言うってことは孵化直前のアヒルのゆで卵ことバロットでは…
Posted by at 2018年10月23日 19:52
超占事略決には回復法あるぞ。オーバーソウルの応用で人体の欠損部分を具現化する方法だけど
Posted by at 2018年10月23日 20:16
…ホビロンでも食ったんじゃないかな…
Posted by at 2018年10月23日 21:12
聖水を飲むなwww
いや多分人間には無害なんだろうけどさ
Posted by at 2018年10月23日 22:15
↑まぁアモールのみずってせいすいから作られますし…(錬金的な意味で)
このスレだとどうだったっけ
薬草の成分を聖水に溶かしこむんだっけ?
Posted by at 2018年10月23日 22:42
>原作:クリムト/ゆうたろう ( \(^o^)/派生 )
こんな状況なのになんという気の抜ける顔www
Posted by at 2018年10月23日 22:50
6主・バーバラルート開放!
Posted by at 2018年10月23日 23:38

バーバラのことすっかり忘れてた・・・こういう改変が二次創作の醍醐味よね。
ということは6やる夫の嫁はバーバラで決定かな?
Posted by at 2018年10月24日 22:12
しっかし結構6世界で尺を使ってるな。
いや面白いからいいけど。
このまま魔王撃破まで滞在するのかしら?
Posted by at 2018年10月25日 00:58
平成が終わるのと完結どっちが先か?
とかオーブ集めてる時にネタで言った覚えがあるけど
これは平成のほうが先に終わりそうねw
Posted by at 2018年10月27日 01:26
とりあえず大賢者様の威厳を返してもらっていいですかね
真実のオーブをひらがな読みすんなしw
Posted by at 2018年10月28日 03:18
アクアルビス様も尊厳はないけど実力は確かですぞ。
Posted by at 2018年10月28日 17:23
まぁメインで活躍させる気がないのならこの配役もアリだよね
下手にカッコよかったり美人だったりで有能だとメイン所より存在感出ちゃいそうだしね
Posted by at 2018年10月30日 01:36
かっこよさ激増のギガントアーマー……
ちょっとした変形合体ロボみたいな外観に生まれ変わりそうだ
Posted by at 2018年10月30日 13:11
プレイしたのがずいぶん前だから覚えてなかったけど、
おしゃれ鍛冶屋複数人いるなら一人ぐらい移住してもらえないかな。
当人が駄目でも伝手を頼ったら一人や二人移住に応じてくれる人がいても可笑しくないと思うんだけど。
Posted by at 2018年11月01日 03:11
クリムトがゆうたろうの時点でマサールの正体がわかってしまった

「※注DQ3とは無関係です」の注釈が入ってマリオ&ルイージと予想してたんだが
Posted by   at 2018年11月01日 21:45
↑↑
異世界召喚されて帰るに帰れない人が、帰れない世界へ誘うのは心情的に微妙じゃないかな
Posted by at 2018年11月05日 19:38
↑2

作中でも触れているけど、8の世界と違って、6の世界は今回一度きり。
つまりは移住したが最後、二度と故郷に戻れず、知り合いとも会え無い。
故郷と元の世界に未練が無い人を探すの難しくない?

Posted by at 2018年11月05日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184746404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ