■ 収録シリーズ

重 要 告 知

避難所の方に、避難用スレを立てました。 NEW!
LiveAAA板小説系掲示板に問題が発生した場合、こちらを ご確認ください。 NEW!

新しいLiveAAA板(避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ5の主人公に転生したようです、ただし双子で
   現行スレ NEW! 7/19 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2020年04月06日

第247話「冒険の旅は終わらない」(1)

第246話へ 1    第248話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q

  , -─-、                                    , -ルビスの塔
  ,|  ○ ガライ ,r''“ ̄ ゙̄'i __    _,,───、             /゙  □ }   _,── 、____
 {      \ `ー---- ' \_l     /  _,    `ー,     _ \   .l´  /               \
 ,l   ∧∧∧∧_, --──、_ _/ .「  }     /     /   \ `ー´  {      ∧∧∧∧     ヽ
. {         ∧∧∧        ̄     .`ー´    /     !、   }  __   |    ∧   ○   ∧     |
 \         ∧∧  □ 魔王の爪跡       ヽ   .--、 ヘ_ ノ √ ゙!   ゙i      マイラ      /
   `ヽ          ∧∧              |  {  〉  ̄ ,┘  }    \            /
   广                              \   ̄   _ `ー- ' | ̄ヽ  ゙l     ∧∧∧∧∧
 /                              ゙L  , -'"  ヽ    !、 j  \    ∧         \
. ]          __                   | {     \    ̄ ___ \           ヽ
. ヽ           /   >                    \\_     \   {_  }   }           }
  `ー─ 、__「   ___∧∧∧∧                 ∧∧   \    "'- 、`ー ' /            /
  / ̄ヽ   _∧∧∧∧∧               ∧∧∧     }       ヽ  ゙┐           {
  l,     ̄ ̄       _     ∧∧∧∧∧       ∧∧__/       ,l  /           ヽ
 _>            j  |           ∧∧∧   _   ∧∧∧      /.√              ]
 l               广  L      ラダトーム /  ヽ        _,..-'''"   ゝ、  ∧∧∧∧   /
 !、      _r─'″○  }          ● ,r─´    `ー--、_, -'"         \_  □ 沼地の洞窟
  l       l´   漁村 /       __/,,r──,、                      `ー-―´
.  ヽ__/ ____/       ( ̄ ,-─□∧∧ヽ_  ,---─'' ̄ ̄`--──----、    __ ◇ / ̄ヽ、
   ___∧∧∧∧∧          } ゾーマ城∧∧  〉 ゝ.○ 前線基地         ̄ ̄   ヽ__/    }
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧   /   ヾ∧  ∧∧ ∧   "'- 、     __/ ̄ }              {
  /      岩山の洞窟 □ ∧  ヽ   {∧  ∧∧ ∧l      \   {___/ ̄∧∧∧∧∧         }
  l                  ∧∧   ノ     l∧  ∧  ∧}       〉                      /
  l                    l ̄    .l∧∧   ∧∧|゜      l                       l
  .\                       `ヽ     ゚N,∧∧∧∧,l″      \_        ∧∧∧∧∧     ゙i
    ‘"'- 、               / _, ---、 `ー--−"              \                 ∧     |
       \_          fニ,,√   /´                     \       /二二i  ∧   l
    ___  ヽ_         ,-‐´               ____       ',     .[ 'l,○ リムルダール
   /     `丶_  ヽ       `ー 、               f∧∧∧\      \     \二二/∧    /
 /         \ }             \     __,-─´ ̄        \     ヽ、  ∧∧∧∧    〈
 {           ''″           }    /∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧  \     \    ∧∧     {
 |                        }    ` ┐               ∧  `l_   ヽ     ∧     }
 `}            ∧∧∧∧∧∧∧∧∧ノ __/  ∧∧∧∧∧∧∧∧    ∧∧    l  ∧       |
 /         ドムドーラ ○  ,l ̄ ,───´     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧     \__}           |
 ヽ_              ,/  .(ニニニニ    ∧∧      __     ∧∧                 /
     コ             {  (ニニニニ    ∧   ,--─´  ./          ∧∧   __           /
  , -'"                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄// ∧  / ̄、 .,--─´ メルキド    ∧∧∧´  `ヽ____/
 {    ∧∧∧          (二_二∧    ̄ ̄\\       ○    ∧∧∧j
  |   ∧∧∧∧∧      ∧∧∧∧∧  / ̄\   \\        ∧∧〈 ̄   ,r'" ̄ ̄ ̄ ̄\
  ヽ   ∧    ∧∧     ∧∧     /     \  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧  |    ∧∧∧  ゙゙l
   .{   ∧∧       ∧∧       /         ヽ、 ∧∧∧∧∧       /   \  ∧ ○ ∧  /
    |            ∧∧      /             ヽ   ∧∧精霊のほこら      ゙l 聖なるほこら
   ヽ               ∧∧     /               `-、____○_/       \   /´
    `ヽ                , ─‐´                                         `ー ´
        `──--、ノ ゙̄─―‐″                                       


2 :◆vsQyY1yD2Q



   ゾーマ打倒から1週間、様々な調整も終わり

   ラダトームで正式な式典が行われる事となった。



【 ラダトーム城 謁見の間 】

ア⌒\ニ=‐  =‐ノ{ ノ入i:i:i:i:i:i:i:i:i≧=──────r===f(ニ八_八ニ)L__i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ir==ァfアi:i://<{f({/  /⌒>、\
{)(※)(イマニ=‐ /7\ノノ\fこヨ辷=─────}|{_ ‐=ニニニニニニニニニニニニ=‐ }|{─────r==辷{ノ/{〈〈ノく\_、丶  /⌒\
L(※)(イマニ=‐「 {、  \ノノ}丁丁丁丁丁丁丁丁「⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒iH丁丁丁丁丁丁丁}{イ{ j/  >⌒7ZZ厂)(※)ハ
⌒>、)(※)マニ=‐⌒\  `寸_j{_j{__j{_j{__j{_j{__j{__j{A⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒X⌒jHj{__j{_j{__j{__j{_j{__j{_H」_/  /<> 7ZZ厂)(※)/
⌒ニ=‐ (※マ=‐ //\  厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ にこ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄にこ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ /_⌒V 厂z7(※)ア゚
   ⌒ニ=‐}=‐{ア゚⌒\ 寸冖冖冖冖冖冖冖(し(う)ア冖冖冖冖冖冖冖冖冖マぅfうア冖冖冖冖冖冖冖彡ア⌒\_jZZi{=彡゚  /
⌒- _ 〔=====〕ミx  Vi{ア゚´ ̄ ̄ ̄ ̄`\ Y⌒Y>ア゚´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `\むY⌒Yア゚´ ̄ ̄ ̄`\むi{ (  rセf二二ア{⌒iイ/
火  ⌒Tf圦⌒7⌒^ __ノリ(          )l|   |ア'こ(コ}))ハVVノ{[ア「「  寸}   {′厂。厂。 7 jハ_jj___}/ ーく⌒厂⌒}  !//
辷(≧= j|||||t=ぅ   マ三アミ> _       .;. 炎j{ /(| |キコ}ソりI I厂(7「「キ「| ゙j  {II/ ̄。厂。7 イノハ二ア//)=キ⌒ ] { {゚
(⌒ー==}||||7} {i i   ⌒)7⌒T⌒T⌒ ̄  {} W{}介 \j{コj厂i{厂Vこ)「「j{イ{_j t炎{ i__ 厂 )⌒寸7 {アr==} { {}))] { {
{≧=┐ }||7 } {U    「「  |  |      し}|{もテ⌒/7⌒ j{ ̄ j{⌒ ̄{{ 八⌒)もj{し⌒   {  「 ̄ H  「 i{ Uj  VY ] { {
7⌒} {  j||{ ノ 「      } l))  |  |     }{⌒¨「  ノノーr────r─', L |⌒}{      {  | (( }l{  ! ⌒]  vA}  「
{L } { ノ||||{ |      ノ 「)  |  |    rtぅ{ふ. |  j {廴 jニニニニニニ=辷vA  l| ら)     {  |  ⌒}ハ j    }   Vi}  |
(^ } { }|||||{ |     {  (  |  |/⌒((壺)))( hノノ厂 「ニニニニニ=‐「⌒vAコ l| )ソ /⌒\{  |    } i} i|    }    } }  |
(^ } { \||{_ノ     ノ{_j} ー!  /_/守)) ((( )」{イ7─ 「ニニニニニ=‐「─ )}}}( l| () i 守)  )  |    }八リ   }    } }  |
(^ } {  に(======⌒こ(⌒)(==「⌒{アT⌒Y< >(ニ)/─ 「ニニニニニ=‐「─ 乂( j「 〈〉「アこ(「⌒(===】【 )=(   ー=)⌒(=l}  |
(^ } {  厂)L    fニニニ> {H}V|⌒】}Vj⌒7 }{⌒ー─‐ 「ニニニニニ=‐「─ ⌒]  j{ 从从)(   { 从 )(∠⌒> ̄ ̄{ ⌒ )ji}  |__
_)__」_L | ̄ 「⌒|ニ=‐「 ̄「」__) (__」___】}ハ__ { 八ー─‐  「ニニニニニ=‐「───┐八88888}L jL二コ_} |  |‐  _「⌒「 ̄|ニ「 ̄
=‐⌒\L  |__ ノ⌒   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄⌒ ⌒ ̄⌒ ̄ ‐=ニニニニニニニ=‐ ̄ ̄ ̄⌒ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄  ⌒ ̄    |_」_」⌒ ー‐
      ̄ ̄                        ‐=ニニニニニニニニニ=‐                       ̄ ̄ ̄
                              ‐=ニニニニニニニニニニニ=‐
                                 ‐=ニニニニニニニニニニニニ=‐
                              ‐=ニニニニニニニニニニニニニ=‐
                               ‐=ニニニニニニニニニニニニニニニ=‐


                             ___
                           /      \
                          /  \   / \
                        /   (●)  (●)  \
                        |      (__人__)    |
                        \.     `⌒´     ,/ ,,,,,,,,
                     ミ``,`,`;`;|` ト、 _____ ''´`;<_ 彡ミ、
                   ,,,ミ、ミ二ニ=''| j`ト、_r''ォ=‐''´;;_}.};;;;;_x'_シ〃ミミ
                   彡≧ト、゙ー=={ ヒニ二{゙^|▽▽//三'ィ´し!、)`;,、ミミ
                   彡 し|. i`ー=Eニ=ニニY十(二)○t;;;;;;;;;;.};;;;;;i;;;.V/,ミ
                  彡   /|, i   i !;;;;;;;TT二___{i}=={};.};;;;;;|;;;;;;.V/,ミ
                 ミ彡 /{.;| i   ! ! ̄¨7' ̄__∧__;;;;;;;;;;{从;|;;;;;;;};;;;;;;;.V/,ミ
                  ミ彡///{.;;| i.    ! V;;;;i.!;;;;;;>   <;;;;;;;;;;`'`'|;;;;;;;i;;;;;;;.;;;.V/,ミ
                 ミ彡////|;;;| ',   ∧V;;||;;;;;; ̄V ̄_rュ;;;;;.|;;;;;;;i;;;;;;;.;;;;;.V ミ
                ミ彡/////Uト,.V  ∧V/ ̄__∧__ ̄7Y};;;;;.h;;;;;i;;;;;;;;.;;;;;;;;.V .ミ
                ミ彡/////,.l|リ∧V  ∧.V;;;;;>  <;;;;;;じリ;;;;,イ/;;;i;;;;;;;;;;;.;;;;;;;.V ミ
               ミ彡///////|;;;;;∧V  ∧ヘ; ̄V ̄;;;;;;;;;;;;;;;ノ//,|;;;x=ニニ=x;;Vミ
             、ヾ゙, i i ,' ,',/////{二∧.V.   ヘ` 、==@;;;;;,ィノ///,x'´;;;;;;;∪;;;`Vミ
            ヾ      ',////{从;;;;;ヘ`、     \\;じリ_>'V////>'´ヨ’|B;;;;.|ミ
            ヾ       ,'///{トx__〉=、,=-―‐'''''´  ..ィ’V///.;;;;/ B;;;;;,{.ミ
            ヾ       ,'///|`ト、三γ@j三==― '' ´ ._  ィ|/ノ;/ ./ i;;;;;;,∧ミ


3 :◆vsQyY1yD2Q


   やらない夫を始めとする勇者達。


                            / `ヽ、
                          /.: i゙  \
                         / ::;  !    :\
                        ,r'     |     '::\
                        /     ,l、    ,:::::゙:、
                        ;'    ./i \  ,:::::::::::゙i,
                     _,,ィL.._,、-'゙  |   \'_;;;、:::::iニ'-、_
                  _,.ィ''゙-' lヽ`-、_  ,ィ! 、 _,.ィ;''"/::::::::| `'-`''-、,_
               ,,、-''"-''",,、-''′ __`ミ'/ | ゙:,v/_´`''ー-、;:;:    `''-`''-:、,_
          _,,.、-‐ニ゙-''"    `''-、,_  ヽ_ヽ、 | '"/,ノ .ィ:'"「;:;:;:;:,.     `''ーミ >
        -''"-'''"´         」, `''t:、 二.__|__二:-''フヽ::::|;:;:;:;:;:;:;:,.   _,、_ニ-'"
        ``'‐-ニ、 、,_       (   〉 (__人__) ノ /.:::ヘ;:;:;:;''  ,.-,、-'゙
              `''-ニヽ、,_    ,;\ ,〃   ` ⌒´   {、(,.ィ;'^;;;'' _、ィ;゙,r'"    ※ 式典用装束。
                `ヽ、ヽ、 ';:;:;:;゙;:;| l        { |;:;:;:;:'',、-,゙-'" l
                   `ヽヽ、 ';:;:;:;l !       l;:'',:r',:r'゙   ヽ、
               _,,.、-‐''"~ヽヽ、;:;:;|  `‐-  -‐´ ///      `ー-、,__
        `''ー----‐''"       ヽヽ ;;ヽ  ト、__,,.、レ'゙//             ̄ ̄
                       `ー'-、:ヽl  ,r-''゙   ̄



   上の世界から集まった援軍。


                    ̄` -―- 、
.              /: : : : : : : : :'; : : : : : :\
            : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : :,
              ': : : : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : :,
          /: : : : :/: : : : : : : : !: : : : : : : : : : :
.           ': :/: : : : : : : : : : : : 人: : : : : : : : : : }
.         i: :': : /: : : : : : : : : /  \: : : ヽ: : : ;'
          !:.l: :/: : : : : : : : /  / \: : :'; : :
          l: : :!: i: : : : :// /,.ゞ''`  ヾ: :l: :.{
.           '; : l :l: : : :/tッ.ヽ         l:.ソ: : ',
.           丶: {: : :.{    :.        .}: : : : :>
              ヽ、: :ヽ   ヽ     ノ: : : /
                '; ; ヽ   ー   ´   ' /.!
              j/: : :`: .、    // .|i
.              '" ⌒ ー l.ヽ ー //.!.ノ !
                   l lー、ヽ' _/  / /  ̄ ‐  ._
               _ -‐''" 、ヽ l  _,.-'/        ̄ ,'" ‐- ._
       ,. -‐_.´`;´       \} l .{ /  __-―-__ ー 、ー ._   ヽ
      / 二 -‐ T,.-ニニ-__  ヽ.!,. " ,ィニニニニニニニi' ./ー- __ ー,'
      7 '/.! !.l l {二二二>''   !     'ー=二二ニニニ/  /  i l l } !
      /// ll l l } l ̄ ̄´ ___  l  ,,,,,,,,,,,,,,,,_ `"ー-=-/ / / , .l l l',  | {
.     ヽ' ' l.l !.l } !ノ   .iニニ二i .! ./二二ニニ〉    / ./ , ./ .l .l ! ! l ! ',
        Tーニニl二l    lニニニ! .l !二二ニニア     >-'-'L/-' ー'-ー-'
      {ニニニl二l   ',ニニ! .l .lニニニア      イニ!ニニニニニニl
.       }ニニ二!二l     ヾ=ア ! .l二>'"     ,.イ二二lニニニニニ二l
.      ,イニニニ,-!ニム,-‐-__   .! `´      /二二ニニl二二二二二ニl
      ヾニ,..イ./ゝ、ーヽ マ二ヽ .l ,. -=ニ>__/ニニニニニ!二二二二ニニl
     /ニム,.V /込ソ } ヽ.〉ニ!   i二二二二二二二二二二,!二二ニニニニ|
     /ニニ〈`ー 、ー-=,.イ.ヽ二j  {二二ニニニイニニニニニ/lニニニニニニi
     /二二ム,.-ー イ_-_,,イ/ヽ,   `"ー==‐'"/二二二ニニ/ !二二ニニニニ{
    /ニ-‐/,{ ヽー--イ'////ハ !ニニ=-_/二二ニニニ/  .lニニニニニニ}
   /ニ二/ニニi ` ‐ .∨/i`"/=ヾ.l二二二二ニニニニニ/   .!二ニニニニニl
    {二{ニニニ二ヽ ‐ .._ヾ' /ニ二',l二二二二ニニニニニ〈    }ニニニニニニ{
   ヽニニニニニ=--‐<二二ニニニニニニニニニニ/     .!二二二二ニ!


   合わせて数百人が 『ラダトームの勇者』 に認定されるという盛大なものになった。

.


4 :◆vsQyY1yD2Q


   与えられるものはラダトームの勇者である事を示す称号と勲章だけだったが ――


   /;;;;;^^V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:/|;;;;;::''/ // /::::/ 'ヘ、:::,、;;;;;;;;;;;;;;;\
  /ヘ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/ /::/      //      :\( ヽ;;;;;;;;;;;;;;;:::\
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/   ソ       '´      ::::`ゝ)\;;;;;;;;;;;;;;;:;;ゝ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|/                    : : : : : : :ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;lヽ
  V!;;;;;;;;;;;;;;;/ |                l      ' : : : : :|: l;;;;;;;;;;;;;;:;|
  丿;;;;;;;;;;;;;.i / ,,...ー--:..,, __   l     / _ _ ,, .. .. ,, _ へ::>ミ;;;;;;;;;;;;;|
 ´i;;;;;;;;;;;;;;;;;!´<ア ´ ¨     ` rソ   /, /       `丶_ |;;;;;;;;;;;;!、.
  |/i;;;;;;;;;;;;;| r==(          )/⌒ヽ(          )彳 |;;;;;;;;;;;i
   |,;;;;;;;;;;;| !i  丶. _    _ . / |   |: :丶_    _ . /   !i !;;;;;;;;;l
    |;;;;;;;V/      '' ''   ,. ´, . . .;' 、: : : '' '' : : : : : : : ::ii/;;;;;;/v
    ヾ;;;;;;;ヽ          /(  : : : : : : ::)、: : : : . : : : : : : : :/;;;;;;;/     全 員 に 金 銀 財 宝 的 な
     ヾ;;;;;ヘヽ       /::' ゝ´`: :´:  ´ '\: : : : : : : : : : ∧;;;;;/
    /ー《;i \     /: : .'  _ _ _: : : : :ヽ: : : : : : : : //;;=ヘ      褒 美 を 出 す の は 無 理 !!
     i /::::''ヘ;i  ヽ    : ::  /_,. -ー- .,_\: : : : : : : : : :://;;r'て |
    ! ::' ;:::ヘi      ::' /^~      ~^\: : : : : : : : /;;/)ヽ |
    ヽ  :::: ヽi       ' |  _    _  |: :: : : : : : /;;/:: :::: : :|
     ヽ   i;;;;i    ! |/´   `ー ´   `ヽ!: | : : : :/;;/::~::: :/
       ''ー y;;;i    ゝヽ-ー ´ ̄`ー- ソ;;ノ : : : /;;/_/
          i;;;;;i       =−ー=: : : : : : : : :/;;;/
            |;;;;;;i            : : : : : :: : : /;;;/
            ゝ;;;;;;\      /⌒\ : : : : : /;;;;;;/
             |ヘ;;;;;;;; ̄\__/;;;;;;;;;;;;;;;;; ーー´;;;;;;;;;イ
           !  ヽ'';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'/: :|
           |   ':: \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/: : : :|
   .          |   :::        : : : : : : :/: : : :|


5 :◆vsQyY1yD2Q


   ―― 援軍の面々から特に不満の声は出なかった。


             o.・+  *o○ 。 ・+   | o゚      o.・+  ○o| +| *+
             .。o.| + o| +.。o.| +. _____...o| + *  | * |  *゚
             *.| + ** | *.゙_、+''"~/////////`゙'、 | o゚○  * |  +
              ○o| + * ・./////     \{   \ . ・o *  |o *o゚
             + * | o゚  .・+ //////   :}           \. o| +゚l  ゚+・o
             。 + * ・o |  //////   .:/      :.、   \..| o゚゚l  ゚+ *
              ・+  *..... //////    γ⌒_、,_,    ,,-- !......・o| +
             .。o.| +   //////|/|  ” ィf≠ミ、 三シf≠ミ }..゙゚゚l  ゚+
             *.| + *゙∨///////.{    _,,.、丶´ ミ  ∨ー {  ・o| +
              o○ 。*゚.. ∨///////}            ∨   |.  | o゚
             ○o| +  ・. '//i⌒ヾ/ }             〈 - 〉   !゙+* ・o
             ** | o゚ 。o.|..'/ \  彡          , -----、 |...+・+  * ・
             + * ・o *   '///\_           |/::://::::/   |.   。o.| +  ・
             o.・+  *o○.  '////| ヽ       ‖::/:::: /   ,. +| *+
             .。o.| + o| +. ∨//| ::::\     `¨¨¨¨´  ./.....| * |  *゚
             *.| + ** |....__∨/.!  :::)h、   .:     }ノ..... * |  +
              ○o| + *..|ニニ≧s。.    ≧=‐------彳゙o *  |o *o゚
             + * | o゚  .・+.|ニニニニニ≧s。._     ノ:  | \...| +゚l  ゚+・o
             。 + * ・o |  |ニニ[ ☆☆ ]ニニ〉      /ニ|゙| o゚゚l  ゚+ *
              ・+  *...../ニニニニニニニ./        |ニニ|..  ・o| +
             o..。o.|..... ≦ニニニニニニニニ′      |ニニ|+   | o゚ + o
             * *.|......ニニニニニニニニニ{      |ニニ\..゙* ・o*゚
                     _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
                     >
                   /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
                   /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
                       \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o



       /         : : .        `ヽ
     (           : : : . . . : :    . . ∧
.    γ⌒          : : : : :       : : : . ヽ
   〃  __        : : : : :        : : : : . ,
   ゝ ´  : .`ヽ     . : : : >ヘ        : : : : }
.      `ヽ : : ハ   : : /ノ   V : .    : : : .′
        l : :' 〃7 r‐'       ∨.: : .   : : l
        { : :′{  Y       _  ヾ γ ヽ : :l
         Y {ィミx  ` 斗 セ ヒ_⌒ヾ く |〈:{ l: :{
         ヽ:.弋ヒッ:、 ` ´ ´-ゞ' ´   | |( ノ ハ∧    まがりなりにも大魔王と戦った勇者認定だ。
          `   j         レゝイ } }
.          r===ヘ   /         r- ム /_ / ソ    名誉としては最上級のものさ。
.          |l|///∧ `_,.  ,    //:::::::::::::::::::`ヽ
 <∧ ≧ト、_|l|////∧ `ニ ´    .ィ//:::/`  <:::::::/
/<l>//::::::::: |l|_///∧    / ,//:::/ ミ☆ミ/:::::/
ー一(:::::::::::::::::::く(////´:`.:Τ-´x‐//:::::::>... _/:::::/
ハ/ ` ー┐::::::::}}γ´.:.:/.:.:.:/.:.:.:>>:::::::>─く
:V⌒ヽ __j::::::::〃/.:.:.:./.:.:.:.:./.:.:.//´:::::::::´::::::::::::::::::`ヽ
/:::::::::::::::::::_ヽ{{/{.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.//::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::/      ̄`  ー <.:.:.//::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::/              `ヽ::::_/::/ ̄ ̄ `  <::
::::::::::{            、 ヽ  ∨イ          `


6 :◆vsQyY1yD2Q


   式典の後、国をあげての宴となったのはいうまでもない。


                        |l|_|l
                  \\ ,>'゙´ |
            \       ,>'゙´    |             |l|
                  \\>'゙´  ,>'゙´|  |              「「 ! |l
               〈    >'゙´    |  |                 | .|「 |l .//,
               ∨ ∧       |  |         ,>'゙´ ア| .|| |l / ,/
                     ∨ ∧      .|  |      ,>'゙´'´  >'゙  | .|| レ′/
                 \∨ ∧     |  |  >'゙´ ,>ァ>'゙´     W||,,/  /
                 \__/    |  |/]>'゙´  '´           /  /
                        |l| |                    /  /
                        |l| |                ////       _j⌒ヽ
       ____                   |l|              //        乂_, -∨
     /////// \                                        |:::::::/,
     ///////////\                                         |:::::::::/,
     /////////////\                                       |::::::::: /,     ___
     ///////////////\     /⌒ヽ       r‐へ、                  /::::::::::::::|   ////
     /////////////////} ______{___^)      r'   .}         ,---- 、 ./::::::::::::: / ___//////
     /////////////////三三三\::/         `y--く        /三三三∨:::::::::::::://::::::|/////
     //////////////// .三三三三\       |:::::::::::|          {三三三三',:::::::: /::::::::: : |/////
     ///////////////⌒i三三三三ニ.!--- 、     |:::::::::: |         弋!三三三/:::::::/::::/:::/::::: |/////
     ////////////// / /三三三三ニ.|//// ヽ  ./::::::::::: |⌒i      _>イ::::::::::::::::{::::/:::;′:::: |/////
     /////////////Y__/三三三三 /^!///// | /:::::::: ::::::|⌒Y_     /::::::::::::::::::::::::::∧:::::::|:::::::::::|/////
     """""\////  /三三三三ニ,'_,///////}_/:: }::::::::::: |rセ7ア\/::::::>'゙´\::::::::::::∧:::::|::: |::::::∨///
     ___ "" .   /_____ /ニ>イ::::::::::::|:::::::::::///////::::::::::/ ''´⌒ヽヽ::::::::::∧:::|::: |::::::圦///
     ,^,^,^,^,^,^ミh、_,/;';';';';';';';';';';';';';';';';'≧s。.:::::::::::_____:::::: /{ ∨//::::::::::/   /ゝ'´ハ::::::人∨:::::|::::::|:__>=
     ,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^≧s。.;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'\ ` /::::::::::::::/    Y''´_/!:::::::/¨∨:::|:::/: : : : :
     ,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^≧s。.;';';';';';';';';';';';';';';';';';';'\'::::::::::::::::::/__  `T__/:::/;.;.;.;}:::/: : : : : : : :
     ,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^≧s。.;';';';';';';';';';';';';';';'\:::::::, '/: : : : : : \___ノ ̄;,>'゙´: : : : : : : : : : : :
     ,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^≧s。.;';';';';';';';';';\ /: : : : : : : : : :|;,>'゙´: : : : : : : : : : : : : : : : :
     ,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^∧;';';';';';';';';';/: : : : : : : : : :/: : : {: : : : : : : : : : : : : : : : : :
     ,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^^∧;';';';';';';'/: : : : : /: : /: : : : : :}: : : : : : : : : : : : : : : : : :
     ,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,^,∧;';';';' /: : : :./: : : /: : : : : : :.\: : : : : : : : : : : : : : : :


     ____
   /_ノ   ヽ_\
  /( ●) ( ●)\     援軍は やる夫達が呼んだのが ほとんどだし
/ ::::::⌒(__人__)⌒::::\
|        ̄      |   この宴に掛かる費用は、ニュー速で商会からも出すお。
\               /


7 :◆vsQyY1yD2Q


   ちなみにラダトームの式典には、ギアガの大穴防衛軍は参加していない。

   アレフガルドには関わっていないのだから当然といえば当然の話である。


                   /             ヽ
              , .ハ        __     }\
                i!.{:::::ヽ,,___,,.. -='"::::::`ヽ--、 }::::::} i!
            __ .{ヘ!::::::::::,.、::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::V::::::ノ/
      _______,,. r''":::::::`ヾ::::::/:i!ヘ:::::::::::::::::::_______:::::i!:,r彡
      `ヾ 、,,____::::::::::::::::,、::,' /::::::}::::::::::::::::::::::::::::\:::::、"\
       ""ラ=''"::::::::/i、N:i !:::::/:::i!:ヘ:::ヽ::::::::::::::::、ヾ、} `ヾ、
       /:::_,,r:::/":::::/`""i!:::ハ::::}ヘ:} 、::マ:::::::::::、:ヘ=-`=---
      /,.rク,r:::/,::::_,,,,、   ヾヘ ヘ::ir=,'ニニ}:マ::::::、i!、ヘ:::`ヽ、
     ./' /'./::/ri:::::::,r<iヾ、   }:}'"}rエン,,,/}!::}:::::::i!:}、::i\:ヘ:}     アレフガルドに行って戦ってたら
     '  / /::::{'/::::/ハ ,ラ="ノ .i|' '  ̄ }::ハ:i!::::::i!i! `}:::::}、}i!
        ヘ::i!ヘ::::i!::Y  く  .i!    u.リ ノ:}::::/-i!o,イ}:ハ       勇者認定されてたのか。
         }::::::}::!/.ヘ  ヽ       r=-'/i!/r゚r'ヘ.{ i!
         }::/{:/、__/ヘ   、r==ニヘ  .i! r=、-- `''=- 、,__      行っときゃ良かった……。
         , r={/"i!-= {::::/\   ̄ ̄´  i! |ヽ ヘ    "''=-`ヽ、
       ヘ.ヘ.i!    .{::/ {::,ヘ     , ri! .!  "         /´
        マ`、   .i|!.  !ハヘ____,.r ',,,,,,,| .i          /      でも、ここも放り出せなかったからなぁ……。
   ,,,,,,___   マヘ   ',  i! Ni三三三ニi! i        /
,. r'"     ̄"''=マ.、    ,r,. -=i!三三三 i! i      ,r 、/__
              マ.、  /三三 i!三三三i! i     ,r=' ,r='"''""
        ,,,,,,/_マ、/三三三r'三三三i! i   / /
        } |""",イ三三三三三ニr== ' i!  / /
       ./i! | ./三三三三三三ニ| i" ̄  /  /    ※ アルフィミィの兄・楠舞 アクセル
      ./  i!.| /三三三三三三三i! |      /


8 :◆vsQyY1yD2Q


   ちなみに各国の援軍は

   ラダトームと自国、そして もうひとつの場所で行われる式典を除いて
   基本的に他国の式典には参列しない。


        /                     \
        / _          _  -─‐, 、}       .\
      / /。。).     > ヽ'"   ,  ''"  |        ヽ
.     ,   `‐' > '"    ゙> '"__   }         ',
     '  > '"      , '" ,;';;;;;;;;;;;;;ヽ |         }   たとえば、俺がラダトームの式典に参列しても
    | /         /   {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y         |   「ロマリアが救援に駆け付けたから」
    ,'ト 、   \,、_./       V;;;;;;;;;;;;/ |           |    で通るんだが
    |.|  >、./   `'' ー ─‐ `ー''" ] |          |
    | |, {;;;;;;;/               ,'             }   俺がアリアハンの式典に参列した場合
    } l.ゝ_ゝ''                ,           }   「アリアハンがロマリアを動かした」
   ,' ',                  ,             }   事になってしまって
    {.   ,                 {           }
    |   \               〈          リ     どっちが上だの下だのと
   !     \.     ,<二ニv‐r--= ,,_`<______.ノ    色々と面倒臭い問題が発生してしまうんだ。
   |      > 、 ./ \__ノ     >;';;;\
   V         ≧l‐──ッ ,─‐ /;;;;;;;;;;;;;, -ヽ
.    `ー- =  ___> ´  / / __/;;;;;;;;;;> ´  .V
               / .//', V;;;;/.    / V
              //`<.-‐===ミ、    /  .V
             / ./    `ー、_,_,__,l    /    V


9 :◆vsQyY1yD2Q


   その もうひとつの場所こそが

   勇者達に各国の援軍、そしてギアガの大穴防衛隊が一同に集まった
   最大規模の式典が執り行われた場所。

   それは ――


         { i /                    \   |   /
.       __}/  ノ(_  、__   -‐vー 、ノ\\ノ ,i  {
.     ρ´ /  /'フ         _ -、ノ⌒ヽノー ヽ \'   〉
.    /  ,: /   ⌒~ ⌒ ー                 ∨ /
.      {' /     人         /,≠≧≦_,_       ∨  σ⌒
        ,    (__c)    / /}/廴廴廴廴Y.         Y⌒~
.        i /      |  /{W廴廴廴廴廴廴{   │   { ,
.        |/{       l廴/ ≠=ミ |:i(_ー≠ミj}廴_| |  , ,
.   _〆⌒| l l   }__」  〃     ゙ il|:| ″   ヾ  廴!   ′!
           Y    \.={{    9    'J   }}= '{     W
             ゝ.  /ヘ                /ハ    |
.          /    人ヾ ^ー― ''"i"'' ー一^ /リ人   |   えっ? ウチですか?
          イ.     个:ヘ                / 个    |
.       〃 | ./|      \         /      i| |
       j{  |/      _ 父__ー-‐_''つ        /}八{
         j{ И__/ ;ノ-、|   ̄ ̄ |、__j、___/ j{
                / ‐" / Y     //\
              八    /, }   //   \/ ̄ミ 、
              _. -゚.       iJ\_//    /ー{ ̄ ̄ミ 、
         _  ‐  ̄   '.      ',.\//     /  厂 ̄ミ 、}- _
       ‐  ̄         ,    ′У     爪_, 廴    ,   ̄ ‐ _
   ┌く               }.     丿    /{《i廴 |.厂 ̄ミ 、ノ      /
    '//\           刈   /     ∧{《{ハc八__     :,       /
     V//|\    i:.   ∧≧=ア     /   辷_彡, 厂ミ 、 }    /
      ∨/|  \   :::.  ∧V^V1     /    ∨_彡}    ':,   ∧
        \|    \j::: ∧^V^V1    ,'      ∨_彡,_  │ /  :、
        |      }::∧V^V^V    ,′     ∨_彡, ̄\ノ/     \


   ―― 竜の女王の城である。

.


10 :◆vsQyY1yD2Q


   この式典で、やる夫は ある事を竜の女王に お願いしていた。


                       _____
                       ⌒>   `ヾ 、
                    ´⌒     ` 、`ヽ
                     ,      /  ̄ '    」ノ
                  ′ / 」L}´ ≧ }  i [__/
                  L  L イ}` r} Y⌒リ_彡^
                   `^⌒リ,.  ゙     r/   |   式典で やってほしい事?
                  / 八 っ   , C   :}リ
                     {./{  ≧=  " {   ,ノ
                     ヽ从_ >.、 /ノ". ミ
                「、 ̄   \ V^ 、、乂_リヽ
                 V\     / ^ヽリ .  、ノミ
                    {   ヽ   〈 ノノ  }  ヽリ
                     ,   . /^¨/   ./    ノ
                     ′   レ   /  /  /|
                     ,  /  .′__/__/O |
                         ト _ノ彡 ⌒)○ )|
                        ,  /> "^¨´三{  |
                       、ノ======-‐  ,. |
                  /     //   l|.   ′!
                   / /′ /   ||  /   ,
                      ′.′ ./    .||. /.   ′
                    i      、   },/    ,
                    |      ⌒ヽ.}′     ′


11 :◆vsQyY1yD2Q

                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


                   ..,,_
                    ``ヽ、、   _,,..,_
                          `丶/   \
                            {       .}
                            |\___/|
                        /|,,_ _  _,,::!∨          我等一同、オリハルコンの武具を封印し
                   ニ=-{...| ‐-|。!-‐::| .}`、ニ=- ..,,_
                  、丶`ミミ`、.', !.r., !_|  リ /.: }ミミミミミミ     再び闇が この世界に現れるまで
                  彳ミミミミミミミ`、',.{::|//_/ノ.: ,'ミミミミミミミ    守り抜く事を ここに誓います!
                 彡ミミミミミミミ{∨:::::::}h-‐‐-、ミミミミミミミミ
                   彡ミミミミミミ人::::::::::::リ  ./ミミミミミミミミ、
                   ヽ''"~ニニ=-ノ:::::::::/〕iト、i~~\'ニヽ''"~=-',  >''"''<
                  |-=ニ=ィi{::::>。,,':{:/ .:.:.:.   ',-=ニニニ=-, ,:゙,:゙  O `、
                   `、ィi{ニヽ_::::.. /-',  .:.:.:.  .:',',-=ニ=-''././   ,ィi{ヽ, .',
                    ',-=ニニ=-/.:{  |',  .:.:. __| \_,,..-‐,'..,'   /     .',
                    ',-=ニ=-'.: .:ニ=| {-‐=ニ~  ',  ',-=ニ'...' O.,'      ',
                     〕iトィi{      !ニ,  .:.:.:   ',.  ',-='...'  .'         |
                    、丶`.:~">‐--‐.',¨.',  .:.:.   }  .}-i!..i! .i!        |
                  /.: .: .: .: .!.:.:.:.:ノ`、}.:.:', .:.:.:.  |  .| i!..i!O.i!       .|
                  /.: .: .: .: :. ./.:.:.:.:{:..:.:.}.:.:.:.', .:.:.   .!   .|.i!..i!  !       |
               /.: .: .: .: :. ./.:.:.:.:.:.:゙:.:ノ',.:.:.: ', .:.:  !.  ',|...|  |         |
                /.: /: .: .: .:/ニ{.:.:.:>''~}h、````.', :.:.  |    |...|  |         |
            /.: //-=ニニ=-/ / ,' リ     ',ニ=-、|    |...| O|         |



          〔\     ___,,≧=‐--ミ、、
          〈  ∨\  ア"        `≦--ミ、_
              >  〈/           /ヘ_x.     \〕
.             `⌒\ノ        / /示示示}     ’
             /    | | |_j从/======ミ}      ',、
               /    |  |_,」ァえミ、 ,  _,彡ヘV      }i
                 L,丿〃 |J!       {J! }N     八
           ,      =、j J{  し     { し  ア    {′
             ′    { ヘ.   ー      〉 ー' {)   ',   その誓い
              | jl    乂{,       ∠二カ    '′    }
            Y     `'\   {   `|  厶   |: |   この竜の女王が しかと聞き届けました!
               八.         i、 乂___./ /      ||丿
                }L」_j_    | ≧ー-<____∧_八
                   `⌒ブ\    |、_
                 _,. ‐く   \   } \__}_
            ,.-‐ ''"       \   \j}  \`ヽ_
.           {\            \   |    |\}__〕
           V/\            \ .′   |:  \`ヽ         x=ミ、
.            '′  \             ∨.     |     \}         _.ィんハ.}}
.         /       ',         }     ,      ゚,     _.ィI「{从(_,ノノ
.         /       ,.斗/         /    /       /`、 _.ィI「{ {\j,>' ̄
      /        /V丿′        /    /       /〉ィI「{ {\j_>'′


12 :◆vsQyY1yD2Q


   やる夫の お願い、それは戦後のオリハルコンの扱いに関してだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   【 ※ 事前の打ち合わせ 】


.           ′     /´ ̄ ̄ |  i.     ヽ
         八/       /_,.  -‐=L __」i   _」
        {  i|   |_」 "´  `⌒ヽリ  「^´
          〉 .{L.__」Y⌒ヽ  Y⌒ヽ/   ヽ    あなた達が手に入れた
         ′  v′      }ゝ  {r}   i ,    オリハルコンの扱いについて
        i /  } r) u         ノ/.   } リ
.       八{    `℃>     ^ /__从_ノ       私が口出しする事は できないんですけどね。
         `^⌒``^⌒ 〕 ー  {、
                 /^\.   }/\⌒ヽ
          __,.   ^ 、   丶/   リ⌒ヽー-   _
        ´        \.  /  /{⌒ く   /-
      <-‐==ミ  i|     v/  / レ ⌒ヽ/
         ``{   \|リ.     ′ .′ (_, ^Y



                           ____
                         /_ノ  ヽ、\
                       /(●)  (● ).\      神様の前で悪用しないと誓っているのを
                      /   (__人__)  u. \     各国に見せる事が大事なんですお。
                     _|_.     `⌒´      _|
                   n .| | l ,/)      U  l^l.| | /)   なんとか お願いしますお。
                   ', U ! レ' /      . . | U レ'//)
                    {    〈         ノ    /
                   ..i,    ."⊃    rニ     /
                    ."'""⌒´       `''""''''



                  _≧‐-ミ 、     ┌vヘ
.             _  ⌒         `ー-ミ/  丿
       /^\ア"    __, -‐_  ___   V ^>
       廴/  /^ー 〜^   '⌒^ヽゝ ∨
       /          /令=令x     ',
.      /          /VvVvVl|    ,
.        {/l        _」Lk┴'¨¨¨¨二L」,_j   ′
         i|    j_」'´'´ ___     r=ミ、 ,ハ   ,    まぁ、嘘を言う訳では ありませんし
.         八_jLノ'^^K /'⌒゙   、   ん′  ′
.             |   |´(:,       ′   ,ノ     |    そこまで していただける気持ちは うれしいです。
            ,    `ーヘ、   く__ア  :′   _j」
.           {      )>、、 _/ 」L '^^
.         L」廴_jL」___j|   ̄|>≦=x        式典の中で誓いを立てる件、ご協力しましょう。
                   ノ ∧ //^Y⌒>、
.          __  -‐ "´ |  ',У, ′  {__彡イ‐- _
.       〈        !  У    /{__彡ヘ   〉
.         \   /   ‘、 /     , ′}__彡イ  イ
.           | \/      ,/     /  {__彡イ/ ′x=x
            ,  ,゙      /     /  {__彡イ   / イ|℃}
.          ‘ {    /     /   {___彡' _,ィj「}叱_ノ
          |∧   ,/     /   {__彡}ィj「}}>'′


13 :◆vsQyY1yD2Q






























             、
              !`、                         、丶`>''~
             ,':.:.:!  ……で、その神前の誓い     ィi〔.:.xf〔
             !:.:.:.',                      ,ィi{.:.:.:.:/
             ,'.:.:.:λ  俺が やるんですか?   ,'.:.:.:.:.:.:/
          ∧  `、:.:r'’                    /.:.:.:.:./
           (__;) --===========-、.             {_,,..ィi{   ..,,_
.            |_,,.. -‐──‐─── |            r=ニ       ニ=-、
.            |             |            |-=ニ  ̄   ‐ -  .!
         ├‐───────┤        |.  ┌ ┐        |
.            |_______( ==||           | ___| o |____   .!   流石だな、兄者。
         ├- ...,,_          ̄||.         |:{ニニ|─.!ニニ }  |
.         // / /ニ=-、     .||.         |__.i ̄! o ! ̄  ̄i_  |   大抜擢だぞ。
        `フニ=-'<..,,_/ / }h、   :||.         |...  | o |        .|
       _,,..<"~ニ=-、:i:i:i:i:`'<_/ }h、_||        j   | o |       .>h、
   >''~ミミミミミ`丶、:.`丶、i:i:i:ヽヽ、i }       _,,/i   | o |     ィi{>''~`ヽ、
   /ミミミミミミミミミミミ~''<:. ``ヽ、i}:.:.¨',..,,....,,....,、丶`.〈 ニ=-..└_┘_,,..,ィi{ ''~ 、丶`  >=ニ..,,_
.  /ミミミミミミミミミミミミミミミ\:. :. :.\-‐:.',ミ`、‖‐-‐ }h、..,,_ _,,..>''~ / 丿 、丶`ミミミミミミ`ヽ、
 /ミミミミミミミミミミミミミミミミミミ}~''<:. ~"'リ`、ミ`、 . 、 、丶` _、‐''゛   / ´、‐''゛ミミミミミミミミミミミミ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


14 :◆vsQyY1yD2Q


   その後、やる夫達が使っていたオリハルコンの武具の ほとんどは

   サクラの国に造られた祠に 『ロト神器』 と共に封印される事となる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 \  \ ヽ   ヾV》》、从从ヘヘヘ   :、  V、 ヾヾ jト ニィ!イイイイ / /     //////////   /   /  /
ヽ  \  \ ハ  ヾV从ハヘヘヘヘヘ〉    { l', ヾY、ヾヾ{   }l||||||レ イ ,'__  //////////   /   /  /イ  /
、 ヽ  \  ト     Y从ヘヘヘVV l    ', ハ l { }||||||    |||||||{ | |   |{ '"""イイ////   /  /  /   ヽ//
、ヽ ヘ  \ j≧辷-、__ }}}ソ j|||| |__,| __|__j  jlllllls≦丁≧s ,!!! l l   ll_!_{{ {{ { {イ  /  ィ―/     / ィイ{´
ヘ ハ ヘ  .lj    l | jjソ /,!!!!_二二___, イ , ィ:'"´:.| ` ソト ミト、__l_二二_jjjjjjjj___j  イ"´ |    / イ彡"
 ヾVハ .ヘ  l     l ハ / ./listentoking'sw/ /  _,,   | _ /  / ヾ\ordsprimesleadtotr|     !   /ィ /
   V ハ ヘ.:,|  _ _ V/ /uthkingisbrave,イ /ヽ /  , -|-、ソヽ / /ヾ ヽkingneverlosesho|     |  / ./ /
   V ハ ヽ}_     | /pekingiskindkin/ 〉\ / ヾ イ j! |. l!  ゝ'  , ィ ヾハghasadreamkin|     |_/ / /
    ', !l  l     .l'gisadventurous,' ハ  { V _  j!ィ ト!jメ" _ Y - ‐ヘハkingacceptsall|     |  | Y
    Y l  l     .lhavethehearto:' ! ヽ j __ |ヘ_,,{゙ト、,.ィ''ノ、.ノ l,,__ _,, }ハfkinghereweprl     |_j {!
    j .l.  |     |aisekingking'sligl .{.二 /´ィフ < `><´  <- 、ヽ  j .}htshinesking.l| ィ ― !  |ハ ハ
   ,' j   .l.    .|moveshispeopll', ._,,/ / / ̄ 7 ̄{ミj≧二/⌒ヽ ヘ  l jekingactswithl.|     ィ|  lノハ ハ
   /7.,'   ト 、   |ovekingfoughth',ハ ,.〈〈 ヽ_ ≦'―ヾィイ  ̄ )゙ヽ 〉〉ト/.,'atrednokingge|    _,,| ! ヾヽ ハ
  ./ヲ ,'   j l >s |tslostgoon,bravVヽ  `/ ヽ イ{,〈,ミ!_ノ-- ,'―-` 、/ /ekinglifeisgrati..|'"´ ̄...| ! ヘ ハ ハ
 /ラ ト, -、 | .l、   ゙ludeeatingisreceiヽヘ〈',´  r,ハ 丶 ハ ィハ .r,   ,ゥvinglifegoodorevil|_ _   . | |  トんン ハ
/ /  {   Y l_  ` トjisn'talldonot<、 r,n  Vハ  ;ハ./乂l=l乂ヘrv','  /〉/ M7  /7bebarb_|''"´ _ .! }  ト ハ  ハ
 ハ¬ lrミ レ≧s-...‐..|ariconemustnv、 ヘlj  Vハ /,ハ.仆 l=l 仆ノノ,'  ,'// /,'/  //otwaste.|辷二二|j/フr 、l l l l .ハ
. l j  ヘ  Y    ̄l. |___allisprecious v、 ヘ', _〉 ヘ-ハoハr=!j=tハイoハ-'ィ〈__/'/ .//kingtalkst|    フ / 斥  j j  ハ
. { ノ   ヘ ハ_ /.‐-lソoallbeingssavev、 〉トヘ ヘ l.{´}〉!´l l`7{  ハ<" イ<、/ //dallfromwa_|_____,,-l { ヽ ィ  } }  }
ハイ  イ⌒\ .l |  |   . |veskingishopefor v、l< ヘ.', } { .{ }  7 / / / // ,'/allkingdefeate|     l l/ ´ヘ l j  /
 l  {    ハ| |  |.   |dsavagetribealone.vlヘ__ヘ',_,ハ l_ニl .!ニ_,'/‐〈'/__//_.,'/Zekromjoinedki.|二二二| {イ   j !/ /フ
} ';  ヘ   ヘ!j  .|.   |nginadaykingcalledmヽト',辷ハ__lj_l .!__,'/__/,'__///onsterbeingsking|__: .| |、  ノノ/ / ,'
V ヘ  \   ヽヽj   |ishopeandfuturethegヘ ',Y } ',l .|_| l¨{ {レ // イreatkingharmoni.r-l  _ l_/!≧≦イ// /
ハ ハ   \  ヽ\辷_|akingturns2ndcorner,ィハ7イ/ ハ.ゥ! !ゥヘ ヘ {ヘ ヽkingturns3rdcorn| |   ∠/ // ノV '
 } ハ\  フ"´ ̄` \|erkingturns5thcorィ7ィ / ノフ ,ハlヘl l/l ヘ  ヽ....聿≧snerkingturn| | /   / / /イヾ\ハ
-'― Y   ト 、     ≧s- __sュ≦斗ア / / ノ /.l'ハ ハl  ヽ \  >、云:> 、___ イ  ∠/ / イ ヘ ノゝ≧辷
二二二ニ辷二二二二ニニニニニニ >'"  //,イ j .l::゙v' j  \   \  > 、:≧;`二二}ニニニニl辷辷辷辷辷辷辷辷≦
―――-- ≠二二二ニニニニ> ´  , s≦/ // ハ=三ハ  \  > 、  ≧s 、 __辷三三三辷辷ニニニ云二二

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


15 :◆vsQyY1yD2Q


   これ以降、竜の女王が 武神 として信仰されるようになるのは余談である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           __
                         ⌒ヽ > 、ヽ
                             rv ⌒  ヾL _/⌒ヽ
                            〃{_/}         ヽ
                        八}> ′      {
                        /´  J .u   U  }   え゛っ?
                          /    //     }リ
                         `ヽ  //L _从  / ⌒ヽ
                        >、ゞ=ミ「  「`¨⌒7_
                            /  } _.ノ   |     {  ``  、
                     /  /L _リ   |     ^`  、 ヽ
                    /  /} 「__)___」 _彡       }  リ
                      /  _/.  } |_ノ)≧=ニ,ノ      「 ̄{
                  / ̄ /   } | 二二 彡^        l   {
                    /   /.    } l`¨¨¨´「   ,.     |  ノ へ
                 /   /    し. /    |.   ′     、⌒`^⌒ヾ
                 _ 〈__彡    //       |     }        ヽ`¨´ヘヘ



        ./´              `ヽ、
       /   /                \
      /   ///          、      ヽ、
     ./   ;///    /     |、       ヽ
     i   ;;i/|    /|     ||i      ヽ  i
    ::i     |/|--=|-|_-||、  || | Ii    丶ヽ i
    :i       |r-モ=rミ゛`ヾミイi. |/|ii_|i  iヽ;|ヽi
    |       T ''イ:::/´ヾ`゛/ "-;ニ=--\i||ヽ i|
    |       |   ´` /  .モ::::/フメ / i|``\|
    |/|     i::|    /  ヽ `゛"  /  |
    |i|    |i |   /    ノ    /  |    あの方が、勇者 やらない夫の
    |i|iI   |i|   丶-- 、    /   |   武の師匠だという竜の女王様か!
      iヘ\|  |`i、    ` -゛´  /  i| |
       / `\|iトiミミヽ、  `´  ∠_   |@i|    銀河美商人外伝で見たから知っているぞ!
     /ゝ      `ヽ`ヽ、..__/´  `ヽ|||i|i
 ̄ ̄`"゛::::::`ヽ、    ヽ\`///フ     ヽI ル
:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ    / i/i |、
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、\ヽ|| |ヽ
ヽ  -=-゛´ ̄´゛ヽ:::::::::::゛''-、I__i/::::::゛\
:\(        I:::::::::::::::::::::/ ヽ、:::::::ヽ::::ヽ
::/          i:::::::::::/    ヽ:::::::I\:::\
            i::::::::/      ヽ::::i \::::\
         -----I:::/        ヽI  \::::ヽ、
          ヽ::::`I          ヽ   `I:::::`ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   銀河美商人外伝も その一因だったりする。


16 :◆vsQyY1yD2Q


   騎士を中心に、武に携わる者達に信仰されたようだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            ,....-r::r‐:::-...
           〃.:::::l:::|:::::::::::::::ヽ
              ii::::::::::l:::L.:::::::::.、:::.                  銀河美商人外伝の件を抜きにしても
              jj, -‐'::ー', =ミ::.\',
              /〃⌒i}::::{、_:::)::}:::.\                オリハルコンの剣は、大魔王との戦いで
            ;:::i{ゝイ::Y^Y::::::::/.::::::::::.ヽ                大きな役割を果たしたからな……。
           ;::::::.〈:::://l l l\/.:::::::::::::::::.ヽ   ___
           ::::::::::∨=-‐==7ヽ::::::::::::::::::::〉  {::::::::.\       その顛末に関わった方となると
          i|:::::::::::.\/////.:::::::>==ミ:/   \:::::::::.\      武神として祀られるのも当然だろう。
           乂::::::::::::::.∨///.:// ̄/⌒>‐- >...:: ̄::`丶、
           `¨¨フ777.:://.::,=ミ/.:::::/.::::::::::::i{::::::::::::::::::_:::}
            _ . イ:::::/:/:/.:://.::::{::::::.\/.::::::::::::::::/ヽ.二ニ≠::::::/
        /  //.:::/:/:/.:://.:::::/\::::::.`ァァ‐-<::::i{:::::::::::::`:::く
.       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/\::::::::::::::::::::::::::ヾー-::::::::::::::i
       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/.:::::::}ー--:、:::::::::::::::::`¬:::::::::::|
       \//.:::/:/:/.:://.:::::/:::::斗==:{:::::::::::}:::::::::::::::: ___フ.:::::|  ← この人もオリハルコンの剣を借りていた。
        /l/.:::厶::-‐==≡i|゙::::::::|:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::: i(:::::::::::::::::::|
.        /.::{:::::i|⊂⊃ [].:[].:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::.\:::::::::::::::::ヾニニ=-:::ノ
       /.::::{:::::i|⊂⊃ . . : :.:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::::/


           _、-''"´ ̄ ̄``''ー-、
          ,r'"      -‐ー;:;:;:;ヾ、
         ,ィ´イィ , '´ ,  ,,..,.、;:;:;;;:、 :ヽ
         ,!;;:...:.,ィ´ ,ィr'´ ,;、 -‐ ''"ヾ;:;.. . ゙i
         〈;:;:;:;:;:...::,イ;:; ;:;,ィ´       ゙i、. . |
        〉;:;:;:;:リ'´^i;:;/        !ヾ ,l
        ゙、;:;:;:l! _,,、l/、,._  _,、、z=- ゙i ,j
        `ゞ;:j  -ェテル`, 'ヽモュー  |カ〉   今後、騎士として何か誓いを立てる時
            .h i      l         i!{j
         `、j       i       ノ/    「竜の女王に誓って!」 と誓う事になるかもしれん。
          ゝ     `^^       jノ
           ゙,    -ー‐ -    /リ      それだけの影響力は あったと思う。
            ト、   ` ̄    / ,|
             ,f、_\      ,イ  ,h
           ノ  ```ー-- ‐'´-‐ '"I
          _」ー- 、   rュ  ̄il「´ rュ ,〉、
 ,、、rr‐─H´ ̄ `ゝ、ヾヽノル、  ll|  ノルイノ``H''ー-rュ、,,_
   i l _ ,i| ! -─ ''"´``丶`ゝヽ 」i,ィ´レ'´`゙'ー'-' 、__」 !〉 `iゝ、
  ,r ,! ´               ̄> <´          `i  l j ヽ


17 :◆vsQyY1yD2Q

                              /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:./ム,}:.:.:.!
                                /:. /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:ヾ彳:.:.: }
                            /:.:. |:.ハ:.:.:.:.|ハ_:.:八:.:.:.: }:.:Y:.:.:./
                              |:.{:.:/ミメ、!:.:「:::::弋:.\:. |/!\´__
                              |:.|..厂c ::Y::: ̄c^}\{:.|:.|:.:.:.:ア、
                              |:.:.:|ー-::::::::::::ー一!:.:.:./: 圦:.:.:.:.>
                              |:.:.:| ij      u.|:. /_j:.:| `¨´   私が やっとけば良かった!!
                              |: 八  [    ]  .|:/:.:.:.:.:|
                              レ'|:.:.\     ィ〃 :.: .:.:.|
                              |:.:.:.r:≧ ≦  |/:.:.:.:.:.:.:.:|      __
           _r≦^ヽ            r -┴ ┤ふふふ├――‐┴ァ    ィクククィ
          ιヘ 川 .|r、           /^ヾ 厂 .Y駄Y⌒ ア  {√`` 、  .f 7.  `7
               Y: ,..:::´/       /  く/   ゞ:彳  .トミ_/    }   八   /
            |:::{  /       __./ /个ー=彳|! \_/ニム::{    .}.   ′./
               ∧ j:∨.     /  Yニニ乂_ノニ八_ノニニニニ∧__j!  /_  ':、
            |∨: /\   /ミh、!ニニニニニ| |ニニニニニニニニ/     } /ニニ≧∧
            |/ニ/  \/  ⌒マニニニニ:| |ニニニニニニニノ^!>''" }′ ⌒ヾ:圦
            \′.   `ヽ  }_,jI!≧=‐ニ| |ニニニ‐=≦ニ/圦   ./     ヾニ〉
              \       ノ:.:. |ニニニニ!.|ニニニニニニニ/:.:.:.:|       >''~
               \   ./:.:.:.:. }ニニニニ iニニニニニニ:/:.:.:.:.∧ {    /
                 \./:.:.:.:.:.:.:. |ニニニニ| |ニニニニニニ〈:.:.:.:.:.:.:.:\_/
                  /:.:.:./:.:.:.:./:ニニニニ| |ニニニニニニ ∨:.:.:.:.:.:.:.:乂
                   |:.:.:/ :.:.: /ニニニニニ| |ニニニニニニニ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                   |:./|:.:.:.:/ニニニニニノ人ニニニニニニニ:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                   レ' |:.: 〈、ニニニニ/ /ニヾt、ニニニニニノノ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\


      ,ィヲリ'´ ̄`Y´ ̄ ̄`rz、
    ,イ从 j、,ィ¨ス¨ヽ、 __, .|爻 ト 、
    .|r'从.ソ.////i iヽ ヽ ハ爻ヘ ヘ
    ヽ从ソ;/i .i .| | | | | | 彡∨乂リ
     ∨ミ_| |   .|  | | | .彡 ∨ソ
     | iミ .`刈 ─,斗≠メ 彡 爪    竜の女王は、今も あの世界に おるからの。
     |,ィ圦下_  ィ下ス レ-、 .|
     |'i r|.` ̄´ ;  ´  ̄´ ソ=} .|    アレフガルドの神である お主よりは適任じゃろ。
    .|ヽ`i、   〈     /-='´ .|
   /¨`ヽ_ト、  o   イ | | | |
  /:.:.:.:.:.:.:.:`i\丶__, イ7 j__ | | | ハ   要するにあれは 「オリハルコンの武具は闇との戦いに使う」
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヾ:丶i⌒r'´: : :.|' ̄ ̄`ヘ
. |:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、ヘ: :|: :/: : : : :|:.:.:.:.:.:.:.:.:|   すなわち人間同士の争いでは使わん。
. |:|:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.',:';:.:∨Y、: : : : :j:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  ムー帝国の過ちは繰り返さないという誓いでもある訳じゃし。
. |:|:.:.:.:i:.:.:.:|:.:.:.:',:.';:.:.∨:.\: :,イ、:.:.:.:.:.:.i:.||
. |:|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.',:.:';:.:.∨: : Y: :iヾ:.:.:.:.:|:.:||
. |:|:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.',:.:レヘ___z-':.∨:.:.:|:.:.|ヘ
. |:|:.:.:|:.:.:.:.:|:_,ィ--':.:.:.:.∨ ノ:.:.:.:.:.ノ:.:.:.|:.:.:| |
. ⌒'r──-':.:_ヘ;:.:.:.:.:.:.∨_:;イ:.:.:.:.:|:.:.:.|.ハ
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ヾ:.:.:.:.\レ-、__j---' i


                               __
                              /: : : : : : : :\
                           /: : : : : __: : : : :\
                           ': : : /     \: : :ヽ
                          {: : : '       ∧: : :∨
                    -==ニ   ∧: : {  -==-   .∧: : :∨
                    : : : : : : : : : ~''</     ∨  ': : : }i
                    : : : : : : : : : : : : : \    i}   i: : : i}
                    : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  ノ   }: :.:‖
                    : : : : : : : : : : : : : : : : ∧=ミ   ノ: :.‖
                    : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧ノ-=彡: : ノ
                    : : :.i、: : : :、: : : : : : : :ヽ: : i: : :''ヽ´     そう言われると
                    : : :.| ヽ: : i. \ \: : : : \}: : : :ヾ、、
                    : : ∧^'ヽ∧‐-\ \: : : : \: : : :ヾ,    これで良かったのかな〜……。
                    ∨:.∧  _ヾ,、__.∨: ``〜、、''<、 }
                    U.`''<、(___) ∨: : : : : ∧ ̄´´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


18 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           /:::;':::::i::::::::::::';:::::::::::',:::::::::::::::!:::::::ヽ
         /i:::::::i:::::::l:::::::::::::i:::::::::::;'::::::::::::;':::::::::::i  .iヽ-'
         ::::::';::::::';::::::l:::::;ヘ:ノ::::/ヽ:::::;.、:::/:::::::::::/ ,. l
         ::::::::'::i丶、:::::/   ヽ'  ';i':', ヽヘ:::::ノ<´  .l
         :_::::::::l   `        .i:!l:i i ヽ!ヽ`l:l   l
         i  ̄              l:!l::l l.  l ノ、ノ  .l
         ノ i          ,.、/ l:;!、 _!  l ,゙i  /
           l      ,.ヘ   / ゙ソ _.. ∨:l ;' .l  〉.
            l  /\/  i `' . r‐ ニ-‐v ヽ!i: l__/
         i   i丶i -‐._ .._',  _;! / iカムイ  l/./ ヽ    これは正しく神話の一幕だ!!
         ', トiヽ、__/¨rゎヽミヽ‐ ヽ`¨      l/ ̄ヽl
         ヽト:i^ `丶┴'"´i  ', 、 i  u  lヽ,.、 l     描き残さねばならん!!
        ∧\!、  U     丶、i. ,!' _      l 〈 〉'
         ∧  ',        ,.--‐'´ノヽ    l ヽ        なんとしてでも!!!
         /`ヽ_',\     / ¨,. ̄-‐、._',   lヽ \
         / / l l ',. ヽ.    i;、i     i i   ! ', ヽ.
        / / l. l. ヽ. \.  !; ',.     l l.  /   /
           l ',  \   '\.'--一" ノ i /l  /_
            l ヽ   \   、ヽ、... イ ノ//    く
            !  \  ', 丶、 ヽ -‐ ¨ //      i
           _\  `丶' 、_ヽ__ノ /      /
         /¨    ヽ\    f      /     /
         ,'   _.. ', \   !○_.. -‐''7    / ̄`ヽ
         i !  /-‐' ヽ',   \ ̄   /  /      !∨´ ̄ ̄`ヽト'´ ̄`ヽ
      ‐-、ノ. ', i    ノ\    丶、/ /       /
        i" ',\-‐''" / ヽ、    l ○       /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   なお、この時に描かれた絵画 『オリハルコンの誓い』 は

   後に竜の女王信仰に大きな影響を与える事となる。


19 :◆vsQyY1yD2Q


   結果として、やる夫がオリハルコンを一手に管理する事となったが

   独占と思われるのを避けるため、もうすぐ新妻になる少女が ひとつ手を打っていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               ,
            /イ/--  ̄` ー-------、____
              {l     ,  ---- 、  < ̄ ̄
        _,.-、人 ,  ´    ∧  ` 、 `ヽ、
         > , ´      / ,、\   \  ヽ、_
     _,  ´ /      / /: :\\   ヽ   <__
     ̄>  /      / /: : : : : : \\  ∨   < ̄
    ⌒>´         / /: : _,  -- 、:ヽヽ | <⌒ ー
     /          { >   ,..---く \} } ノく⌒\
   /    __/ ,   ´    /{::::::::::::::\ー`く  \
   〈    { ,  ´      _,.イ:::::∧:::::::::::::::::}::\ ヽ⌒ ー
    \  /    _,...イ:/::::/::::/-∨::::|::::::::ハ::::::\}
      ∨  ,..ィ::::::::/::::/::: //  从_」:ハ:::}-|:::::::::ハ
     { /:::/:::::::/::::::|::::/ィ芹テミ    }/ |::}::::::::|
       ∨::,::: |::::::::|::|::::::V 弋ツ       ィ斧Y::::::|::,
      ,::/:::::|::::::::|::::::::::::{           ,ゞ' {::::イ/   内助の功ですっ!
       {イ:::::::∨>  ̄{::'.      ,...-- 、   |/::〈
       八> ´    ∧::'.     { ⌒ソ   八:::::'.______
     /´   <⌒ヽ ∧:}    `ー ´  イ::::::::::::}___  /
      /  /      ∨ ∧>   __  イ-- 、::::::::|  //        ----
    ,   /    /´ ̄ `ヽ \⌒\ー:. :. :.、:. : V:: | //      /´   =-   \
    / /     /       \\:. :. :. :.`:. :. :.:,:从| イヽ      ,--{  /´      ヽ
   ⌒\     /            ヽ`  ー、:. :./ /   \  , >´ーく           }
      \ ,          __':、   >--く   , --< ̄ ̄\  乂_       人
        V       /´    > ⌒\----<      ̄\ \    `ヽ  イ   }
          |            /                  ヽ }    ノ  /  /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


20 :◆vsQyY1yD2Q


   勇者ロトとなった やる夫は、世界各国の式典に参加する訳だが

   新妻(仮)の案は、その際に王家の紋章が入ったオリハルコン製の盾を作らせ
   各王家に贈るというものだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                        _,...< ___  >ニ''=- 、..,,
                         fr ≦:::≧=--=≦::::::::::::::::::::i i
                       ノ/ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::>´ V::、乂
                      ll::::ヽ ヽ::::::::::::::::::::::>´ ,イ´::::::::l l
                    .ll::::::::〉  l:::: r‐ュ::::::l   f::::::::::::::::l l
                     .ll::|.`''   i:::: l .l::::: l   i_,..-ォ::::, ,
                      .ll::≧, ..V´   `V      _ハ:,' ハ
                     .ll::_',          /´:::::::::V ハ
                      !i:l__.   (:::::)     `  7::/./
                    ハ.,::::::::〉       イ≧ -'::/ /
                      ハ',',_ ' /ヽ   ィ, V_::::::/./
                       ハVミ ',:l l¨l l:::〉   /:〉',イ
                      ハ.vV: l l: l l::l .f´::>'.,イ
                         ハヽ::ヽ.l: l l::: イ>',.イ
                        ヽヽ:::::::::> ´イ
                         ヽ_,.. '"´


21 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /     ノ  \     ロトの盾はミスリル銀だから
    /       (●)  \   これって それ以上のモノに……。
    |    .u    (__人__)|
     \        ` ⌒/    配っちゃって いいものなのかお?
    ノ           \
  /´               ヽ


                             _ ゝヽヘ,、
                            _,.ィ      .v
                        ∠    _,..- ._ノ
                      ∠.ィ .,.r''".,.r.',.\ `.ヽ、
                         /ァ./. ./../ .\\   ヽ
                           '' .{  ,' ,' _,.-.,_. ヽ ',  l   竜の女王様と ルビス様に
            ,、            ',_,.!-''" .,._. "''-. ,'
           ..{',.',              l _,..-'''"::::"'''-._. ̄.}   私の案を話して許可を いただきました!
           {`, ',           l:::::/‐ゝ、ii,,イ/"',:::`"'i'
           l ` 'i__      ,-.―.l::::l 佗ト  .佗〉〉:::/~ヽ、         _
           .ゝ.//´ ,r7`"''‐-.,_`、.マ.l::::l.l   '_  /:::/ /~ヽ.〉       ,、'.) }i
            .ヽl ,'/   , r''"`"`,'::::/,ヽ. ヽニ.フ./::/ / ./   _  ,./.ノ//,'}
             l l ゝ- ''"     リ:::/、!  > /ノ,.ィ_-='"7"~ ̄ ,i ././ }  .'/
             ! .l           レリ ヽミ .>_‐'<.,r_"   ,'    .,'l i .l、   ,'
             l l         /  .,r',r'ヽ  _,.r` i   l   ./.l l ', -.ィ'
             .l l        /  / .l ノ-''"_,, -.,,l.  `ー '" l .l  ,r-','
              l l       /   (._-'' ‐-‐'"    .',       .l .l`"  ,'
               ',. ',     ,.'       / ~"i       ',     l l   .,'


22 :◆vsQyY1yD2Q

            / ,,. -‐‐-ミ   ヽ ヽ
         //′    ..-‐`-ミ  | |
.        // {    /:::::::::::::::::::Yミノ
       |   \  {::::::::::::>‐┴┴‐-ミ
.      八  \` (  )''´      ヽ   ヽ
          \ _,,..'7              \
.        ‐=ニ二   /  /          |   \ ',
.   ____/   ′     |:l∨     |    V
.   \    /  i   |  |: ∧:| ∨  | l、__|、  V|
        ー―/ ノ|  |: /|/ ¨Т ∨  |/ \l \  \
.           ̄  |  |/ ,x==ミ  \ |     :| ̄| ̄
           | | 《 ん::ハ      __,_ |  |     攻撃するための剣を贈るなら
            i',   |   乂.ソ       ^¨´ ,'|  |     ちょっとアレだったけど
             | 〉  ト 、       ,     / |  |
              | ∧ |:公。,   r‐  ァ     | /      守るための盾なら問題無い無い。
               |/ ∧|  _'ト  ` ´ .∠  |:/|
.             |   ∧',  〈i::ト, ≧=<」ノ{_ |' :|
           |   _\‐くヽi:〕iト-ィi〔i/  L 」__   盾でも殴れる? 意味合いの問題なのよ。
          <¨¨  ̄  乂'⌒ >‐‐< \_/   /
           /``〜、、    ̄`ー――'´     / ヽ
.           /       ',   { ̄ ̄ Y⌒Y_ ̄ }  |  |
                |__}   人__ノミ  」―V   |
.          ∧      ∨| |乂__/' | l ̄::::::\}_____',__
            / ∧    _〈l |:::::::::::::|  | ', 〉:::::::::::::::>''ニ⊃,
        /   ∧/   l,':::::::::::: ヽ∧ ∨::::::::::::::/ ニニヽ|
          /  / /   ィi〔ヽ/¨7¨¨7<|::::::::::::/   ―ヽ|
.         /    \/    {  .'::::::/   `丶 /   / ̄ヽ〉
        /   /    ∧     ∧ ,l::::::|      ``< ̄\ {
.       /        ∧     `くL:斗-‐>ミ        }
      /           ∧    /   /    |``〜、、   /
.     /             ∧         ,.ニ=-┴‐┘:::::`'ト-'′
    |            ∧     ィi〔::::: | |:::::::::::::::::::::|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


23 :◆vsQyY1yD2Q


   神器であるオリハルコンの盾に ようやく訪れた平和を守っていく事を誓う。

   やる夫は、これを式典の中に加えてもらえるよう、盾の製造と並行して根回しを進めていく事になる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      /, -ー'―‐- 、   ヽ、
    /.'"             ヽ
   /´      , --- 、  ☆  .i
  ./      /     ヽ/〉    l
  i     /        ヾ     !
  !     /          i   _   !
  l |    l _,  、,、_,,,. -  l  「 ,ヽ !
  ヽヽ/∀ ̄          l  l  / l    これ、王家の権威も高まりますから
    l/!、  o     o    l  l/::  l
    トl ヽ         u  l l:::  l j    断るところは無いと思いますよ。
    l l ヽ    __,   _/l l:: /レ' "
    ! /l l‐`,-ー、`_'_,, '"/  りノ--、
    " /ヽ!/  ⌒ヘ l   ケ    !.l  ヽ
     /  l     ゙)  /,クヽ.☆l   i
     l   ヽ    「う //  \l!   l
     l   λ   jヽ レ/ /   | l   i
    /   /」ヽー'"}、`" /    ll   l
    /   λレヽ! / ヽ/    l!   l



   /:l'゙   ,r'゙ . : ;' : : : ; ,'   i; : : : : i i ; : ::::::i.'、
  / !   /. : : : i : : : ; ;i   、,_!l ; : : :,' l l; : : :,'::::゙;、
  '、 ゙、  ! : : : '; i ; : : ;_i!-'  ノブ''''''7'ナゥl: : ノ; ; ; ::',
   ',  ゙-;l : ; : : '; ';v‐'゙,,'_    r''フ''j=t:、ィノ/,':,': : :!
   ',   !、: ' ; ; : ;、)i゙l ,!;l'     l:r;'.;l:.} ゙' ゙: ゙_:': : :i
    i   ヾ、 ; ' 、;゙i  !l;.i:j     ,!,゙;;',ソ    '゙_,゙、 : :i--    ここで下手に断ったら
  ,rー'、.  ノヾ>'‐;i゙', ゙‐'' ノ           '゙ ,!: : !
.,/   `‐、 ,/゙  |'、i '    __        ,、、-;' : : :',      そこの王家だけ、オリハルコンの盾を
゙      ゙>   /;,r゙':、    `~      /゙;:;: : ゙、: : : ゙     持ってないって事に なりかねないからね〜。
      ,r(,_,,ノ/: : : i゙'‐、_      ,、- ,'::;:i:;: : :`:、':,、
    / `''''ブ:/: ;、、 ':::::::i.,`'‐ッ:-:'':゙:  !::::;';:'、: : : :`:'
    ,r'_,ッッ'゙-‐-ッ'゙,;;,,`'-、'::i:::.._,i     i,、,'、::'、::. : : :
、 /゙´‐'゙´   /,,;;;;;;;;;;;;,,,~''rチv}_,,、-、 ,-'゙_,,>=-‐'''''‐
i゙'‐(      /,;;;;;;;;;;;;;;;;r'゙'=!'-{,)=ニ!ノ:、‐'゙,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


24 :◆vsQyY1yD2Q


   この盾が思わぬ余波を生み出す事になるのは、もう少し後の話である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                             ⌒ ー-、
                       /         、_}´`ヽ
                      /         ⌒ヾ'r'   \
                   、_ノ        i   rミ、   、 }
                   フ ノ ;  i  _ノ;   ( {ノ:;   乂
                   ( /;//  ノ l l フ′;}   Y /  ! \ヽ
                   }'//; ; < ノ} }八 (/ /;  ){! { ト-ィ )ノ
                   ∨// / イノ厶、_V∨/ /__乂ヽ‐ァ (    銀時、丁度良い機会だ。
                   {〃八 /(_たtッ‐≧{/(f'tッ ラ イイ{ ト
                    V {ヽ(ヘ(´     ′{    ノノ/ノ     互いにオリハルコンの盾に誓って
                       ヽ乂 `Y       |    イイ/´
                      _ )ノハ、     ー '   /乂_       サマンオサと アルヘンティーナの
                      7/ | \  ´ ̄`  ,イ)ト- `      国交を正常化させよう。
                      Y(ー、  ヽ    /|Vノ
                           _ハ} `ーぇ≧、r'彡イ{、    yx───-   _
               -─-x、  ィ代 ト、_)Yr‐、Y|!| r‐(ぅ)ー‐rく  \_____
         ─ ´      ノノ}くヽ  `ミx〈_ノノ{[ト`¨゚/  / ノノ\ |
       |ヽ_    ─   ´ ̄ 人 \ー==ミヽ\/r=ヽ{ レイ彡'゚丿 「::「::「T‐r-r-r‐r‐
       | |        ィ个|::|\   ̄`ーx)__}! | } |> ´ /   |:::|:::|::|::i|::i|::i|::i|
       |ヽト─r::T::「:「:|::|: |: |::|::|  \       ̄ ̄   ̄    |:::|:::|::|::l|::l|::l|::l|



   〃./  ,  .l   /    /l|  | |                   }ハ
    ///  |   ,′   ,′|  l |             '.,   ',   .| リ
   .i/.〃  l|.l .l   .i |.|  .'; |  i  ;!   ,   .ハ   .i  Y
  ‐=彡' _/ .l!ll .!  i .| /l    '|i  .|  l\   .';  l  .l|.:Y  l \
    ̄/ ./ Y、 '; { .|.! .'; l  ∨ l∨ |l \ .; .| .l .l| l.|  ト-- `ー
    .〈// ._  ヽト、 .'; !|. ∨ト、 '.; l|l ∨ ィ≠.∨}l.,' / ./ |;  \
     l/ /   |.\lト、.;`>ミ、'; .∧.{l '´ヽ〉__Yノ.|.,′ ,'.ト、__.>
     /_ノ; .ハ   ミz、___,ッ'ヘヽ ∧〉 tz..―tッァ./ノ} , ; 从_\
      ̄'⌒∧ .ト 〉.  ` ̄´     \从    ̄ ̄ ′//.,'イ|',     そいつはいいな、ラインハルト。
         .{ .W',            `          /イl/.ノ从
         .ヘ ヽ.ハ                    ハ .イ       誰も反対できそうにねえのが すごくいい。
           \ヽ',                       /_/
              | ハ.        `  ´         /  {、        厄介事も減るだろうよ。
              | ハ.l\  `ー-      __      .イ .ト、〉
          _,〈/-|:l|\                / ,':::i::ト、
         <:::::::::::::|:| |                 l W}:::::>x、
    </..:::::::::::: 〈从l     `       イ     .|、 |lヽ〉:::::::::>:>..、
   `ヽ:.\:::::::::::::::::::::::リ          ̄        |::ヽ〉:::::::::::::::::/. /
     \ \:::::::::::::::,ィ                 .li、::::::::::::::::::::/ /
.         \ \:::〈//                  ハ:::::::::::::::/ /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


25 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                      第247話 「冒険の旅は終わらない」

                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ ..´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L.. _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ ..'´    `ヽ、
                        | l |     ..-――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


第246話へ 1    第248話へ

この記事へのコメント
リアル神様がいるとすごく楽だな
Posted by at 2020年04月06日 21:28
流石だな、兄者って、このソラールの中の人は実は流石兄弟なんだろうか
Posted by at 2020年04月06日 22:13
オリハルコン悪用による悲劇はヘラクレスの栄光Wでありましたね
世間一般にオリハルコン流布される前に迅速な封印処置とったのは
賢明な処置だったと思います
ここでオリハルコンに何の処置もしないまま、やる夫たちが没した後で
ヘラクレスWのディアリのようなおぞましい人体実験の犠牲者が出てしまったら
後世の人々にやる夫は勇者どころか極悪人の烙印押されたかもしれない
Posted by at 2020年04月06日 23:11
ロトの盾ならぬ、ロマリアの盾やイシスの盾が生まれたのか
Posted by at 2020年04月06日 23:11
この提案を即できるラインハルトもだけど即応じられる銀さんもやっぱりなんだかんだ言って凄いわうん
Posted by at 2020年04月06日 23:15
いいねぇ、オリハルコンの誓い
浪漫指数が急上昇ですわ
Posted by at 2020年04月06日 23:33
ダイ大的に考えれば、盾を打ち直して剣にするなんてこともそう簡単にはできないもんな

ただ
>私が やっとけば良かった!!
君は威厳とか上の世界に対する実績とか色々と足りないから……ね?
Posted by at 2020年04月07日 00:21
ロトの盾ってロト紋での描写を考えれば鎧と同様にブルーメタル製では?
Posted by at 2020年04月07日 01:13
流石兄弟は護衛の頃から大出世したな。
Posted by at 2020年04月07日 03:48
オリハルコン装備は封印したほうがいいよね
そしてアナの内助の功が凄すぎる
Posted by at 2020年04月07日 04:04
いつものアイテム物語で、ミスリルの盾、ブルーメタルの鎧、オリハルコンの剣が作られた話がある
ロトの紋章ではロトの鎧(レプリカ)とロトの盾(レプリカ)はどちらもブルーメタル製だったが
レプリカなのでそもそも別物
Posted by at 2020年04月07日 16:15
思い返すと太陽騎士化する前のモブ護衛だったころはあの小さいネコ顔AAだったんだよな
Posted by at 2020年04月07日 17:21
流石兄弟はもう歴戦の勇士なんだろうなぁ
Posted by at 2020年04月07日 23:30
武神wwwwwwwwwww
Posted by at 2020年04月08日 08:06
流石兄弟www
Posted by at 2020年04月11日 20:46
>ロトの盾ってロト紋での描写を考えれば鎧と同様にブルーメタル製では?

「アイテム物語」だと、勇者の盾はミスリル銀製なんじゃよ。
なので、整合性を取ろうと「勇者の盾≠ロトの盾」説すら出てくる始末。

なんで藤原カムイ先生は、こんなポカミスというか改変をしちゃったのかね・・・
Posted by at 2020年05月20日 19:00
>新妻(仮)の案は、その際に王家の紋章が入ったオリハルコン製の盾を作らせ
>各王家に贈るというものだった。

あ、その盾に水鏡の盾みたいな感じで
ラーの鏡を埋め込んでおけば今後も安心だな。
(ついでに「凍てつく波動」効果も付与できれば、より磐石)

確か追加で貰える段取りになってたはずだし。
Posted by at 2020年05月20日 19:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187352818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ