■ 収録シリーズ

重 要 告 知

避難所の方に、避難用スレを立てました。 NEW!
LiveAAA板小説系掲示板に問題が発生した場合、こちらを ご確認ください。 NEW!

新しいLiveAAA板(避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ5の主人公に転生したようです、ただし双子で
   現行スレ NEW! 7/19 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2020年04月20日

第248話「それからのニュー速で家 前編」(2)

第247話へ  2    第249話へ

33 :◆vsQyY1yD2Q





           また少し時は前後するが、やる夫の周りの勇者達の 「それから」 の話を しよう。





34 :◆vsQyY1yD2Q





                          アル夫の 「それから」





35 :◆vsQyY1yD2Q
【 アル夫食堂 】

|           _____          |
|       ノ ̄ ̄iノ ̄ ̄ノ ̄~i|       |
|      ノ___ ノ____ノ____ノ      |ヽ                 ∧ ∧
|  __.     |.::..:..:..::::..:..::.:..|   ____.  |   ヽ                   (,,゚Д゚)       ∧_∧
| |    |     |.::..:..::..::::..::..::::|   |    |  |\   \        i\,―─┴─┴――‐、  (´∀` )
| |__|     |.::..:::..::::..:..::::..:|   |__|  |.::..:\   \        |\i\      ∧_∧ 、(   と )
|        |::..:.::..::::..:..::::..:|       |.::..:..:..:\   \.     |\| ̄\    (    ) \ _ノ |
 ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .\     | ̄ | `┰― ( liニニi).‐┰ ̄ ̄:|
____\__∧_∧___.∧_∧____∧_∧___\         ┃  |\|__|  ┃
────|___(    )___.(    )___.(    )_____|                |    |
.::..:..:..::::..:..::.:..| .( iニニil   .( liニニl   .( liニニl     |
.::..:..:..::::..:..::.:..| |ヽ|__|    |ヽ|__|    |ヽ|__|     |
.::..:..:..::..:::.:..::::. ̄ |   | ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄ ̄


       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   中 \
    |リ||リ/  ─   ─ \
    (川/    (●) (●) \   アル夫食堂へ ようこそアル。
    ||ト|     /_人_\   |
    iリ\   §` ⌒´§ ,/   ご注文は何かナ?
      /     ┌─┐
      i   丶 ヽ{ Ale.}ヽ
      r     ヽ、__)一(_丿


36 :◆vsQyY1yD2Q


   大魔王が倒された後、ダーマの修業者は以前よりも増えていた。

   勇者達の後に続こうという者達。


              ,.f"ミミヾ、
            f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
           ノ彡リノ/\中/\
           |リ||リ/ (●) (●) \    大魔王が倒されたとはいえ
            (川/   /_人_\   \   冒険者の活躍の場は無くならないアル。
             ||ト|     §`⌒´ §    |
             iリ\          /    出遅れたなんて事はないアルヨ。
                /      | | |    `、
                /      | | |      、
             {     ̄| ̄|| ̄| ̄    }
             ゝ ,__|_||_|__ ノ



              ,.f"ミミヾ、
            f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
           ノ彡リノ/   中 \
           |リ||リ/  ─   ─ \     最近だと、北の大森林を目指す人が増えてるけど
           (川/   (●) (●) \    君は まだ実力不足かナ?
           ||ト|     /_人_\   |
           iリ\   §` ⌒´ §,/    海を目指すのもいいし
                /    .| | |     ヽ
            /     | | |   _  ヽ    モンスターマスターを目指すのも今の流行りアル。
               {   ̄| ̄|| ̄| ̄     }
            ゝ _|_||_|____ ノ


37 :◆vsQyY1yD2Q


   スキルアップのためにダーマの門を叩く者達。


          ,.f"ミミヾ、
        f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
       ノ彡リノ/  中  \
       |リ||リ/ ─   ─ \
      .(川/  (●)  (●)  \   騎士の加護を目指してるアルか……。
      ||ト|     /_人_\    .|
       .iリ\.  § `⌒´ §  ,/   あれは防御が大事と聞いているアル。
.           /    | | |    `、
         /      .| | |       、
          {    ̄| ̄|| ̄| ̄   }
.          ゝ __|_||_|__ ノ



          ,.f"ミミヾ、
        f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
       ノ彡リノ/      q
       |リ||リ/     ─  \    とにかく給料が良い仕事につきたい?
       (川/      (●)  \
       ||ト|        /_人_ |   それなら魔法使いになってお抱えを目指すか
       iリ\      §` ⌒´§.  錬金術師になって どこかの商会に雇ってもらうアル。
         /      | | |   ヽ
        /       | | |   ヽ     自分の工房を持つのも儲かるネ、上手くいけば。
.        {  .|     | | |   | }
        ゝ_.|     | | |   |ノ


38 :◆vsQyY1yD2Q


   アル夫は様々な人達の相談に乗り、時には仲間の紹介も行っていた。


       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   中 \
    |リ||リ /  ─   ─\     コックに なりたい?
    (川/ u (●)  (●) \
    ||ト|     /_人_\   |    あ、ダーマの修業に ついていけないから……違う? 本気?
    iリ\   §` ⌒´§ ,/
     /           \    ダーマの修業に負けないぐらい厳しいアルよ?
   /          ヽ  ヽ
   (   丶- 、      __ノ  )   それでも やる気だというなら……。
    `ー、_ノ     (_,,-─´



       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   中 \
    |リ||リ/  ─   ─ \    ほう、君は戦士アルか。
    (川/   (●) (●) \
    ||ト|     /_人_\   |   そういえば僧侶と魔法使いで
    iリ\   §` ⌒´ §,/   前衛を探しているコンビが いたアルな。
      /       | | |   ヽ
      /   _   | | |   ヽ    紹介するかナ?
.     {      ̄| ̄|| ̄| ̄  }
     ゝ ___|_||_|_ ノ


39 :◆vsQyY1yD2Q


   いつしか彼は、ダーマにおける重要人物になっていた。


:.   {
:i:.  ‘。                               f´≧s。、
:i:i:   廴_                          ,.斗‐{ト、\ヽ≧^廴
:i:i:   i: }                     ,*',斗'”¨゙寸、丶\ヽ 、 ヽ
:i:i:    }} ト、                   / /_____ __, Yll|芸l|l|、丶 Y
:i:i:i./ .,イ}、i} %                      レ'r'¨¨¨¨¨゙Y⌒゙f´    ゙Y  }
:i:i:/_ノ:/:i} }:. %                  {i_{{      }'⌒゙廴____八 } 
:i:i:¨:i:i:':i:iノノ:  %                  {l 込=-‐'”{:fi:fi:〉     レ^Y    アル夫君。
:i:i:i:i:i:i:i:/,イ:}   \                 rN ^、___,ィェェェェェミ、__,イ〉 |ノ: }
:i:i:i:i:i:i:i゙’:i:/,' i:   廴__ _,斗=ミ_     { {:l:   \、____,彡' ′ }:j ,'   ダーマの司祭に
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:丶 {:       }゙{    /斗=ミ    Y::    `¨¨¨¨¨´    .:l ノ    なってみないかい?
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽト、  :i:   }:i}   /≧s。⌒>、   ゙ーi::.   `゙゙゙"""´  .:::::「
、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iZ、 :i:i:i /:/ , i /     /:7>'¨¨ヘ::::::::.....    ....,::::::::,イ=ミ
. \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:}:.i:i:i: レ',イ i| /     ,:':/ ,:'/ 込丶:::::::::::::::::::::::::,イノ {  >、
.  \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Z:i: //:i:i i:i/     /  ,.:' .i:/{ ̄ ̄ ̄ア^寸´ ̄  .:[  \__
     \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:iVi:i:{:i:i:}:/    /  ,.:':  .i:/::} :i  ,イixixi゙寸   .:}l:::∨ 丶 N⌒ヽ、
      \:i:i:i:i:i:i:iY:i:/:i/:/ / /      .:i:/:::/  } /{ixixixi/\: : :/:ム:::∨ ` \  ≧s。.
       \:i:i:i:i:i:Y:i:/:/'’ /         :/:::/,斗'”  〔ニ0ニ〕,:'} \/: ::::}: :::Y :、  \    ≧s。.__ _
         \:i:i:i:Z':,イ /   ,ィ   .i:/::: :::{´ ':, ', /ixixixiム,:': : ::}:  }:|  ::∨ :i.   丶      } ム
          \:i:i:i//   ,イ:i:  .i:/=ニミム  ':, ∨ixixixixiム: : : .,'  ,イ≧=xY :i:.   Y     } ム
                >' /   ,.:'i:i:i:  .:i:/::::  :::ム  .':/ixixixixixiムノ,.:' .,.:'/   ::::Y :i:.   ∨    }   ヽ
          /  ≧s。._____.:i:i:/::::::   :::::ム /ixixixixixixix} ,.:':::/    :::::Y :i:i.   Yi:. . / ,   ム
            / ,斗匕¨¨¨¨¨¨¨`ヾく ::::::   :::::∨ixixixixixixixi|ノ :/     ::::::Y :i:i:i:.  ∨:i:i:} /    ム



                                      ,.f"ミミヾ、
                                    〃彡=ミミx;、ミx
                                   /ノ中 ヽ、_  ヽリ て
                                  '==   ===   、 そ
                                 ' =    ==   l
                                   {  /_,ィ、_\     .}il   ハイィ?
                                 、§. レ'_ノ§     ノリ|
                                  >        <、リ
                                 / ー―- .、   r 、 ヽ、
                                  `ー―- 、_ノ   l  \  \
                                  ,'           l   ヽ _,ノ
                                   l          |
                                 弋           イ
                                   | /ー ―一、 |
                                  し       、_,!


40 :◆vsQyY1yD2Q

        ,.f"ミミヾ、
      f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
     ノ彡リノ/      \
     |リ||リ/         \
    .(川/       中    ヽ
    ||ト|     \   ,_   !
     .iリ/  u  ∩ノ ⊃―)ノ   イヤ、ワタシは ただのコックだから……。
      (  \ / _ノ |  |
      .\  "  /__|  |
        \ /___ ノ



                                         __
                                       }i!,`ヽ
                                    ,rzァハi!,   `T7z、_
                                 ,rヘ彡仆i]{i!;   i|   〕ix
                                   r冬´少'^¨`^!  i;i{i     ;
                                   }ミ7r'"     @; {i |i; i  @
                                   灯j〕竓=z_  }i !}!i| |i{! |!! i{{     いやいや
                                   炒竝些≧_ j{ノリ{l_jソ!j}||iリi{   それが重要……じゃなくて
                               f¨i{!     `Y〕jY圻こ〉刈i|ソリ
                              |i|i}!、     以〔 `¨¨¨^~^レ'}    君は どれだけの冒険者を
                                乂}、,゙'ー= __j{__ ` -==イソ/.     助けたと思っているのかね?
                               〕~`ー==≠= ..,_,rァ' リノ
                            __jY´∧  、`¨ここ¨´  ∧、                     r=‐ 、
      , ⌒ヽ                 _,. -=≦/乂/| \          イ}i∧\..,_                     }
     i{              . -=≦n^≧n// / | \ > __  < 乂{ ∧ Yn≧=- .,__          .′  ;
      ,     .      /¨¨´     ノ´/  i}  |   Y r‐ヘ  / / /i}! ヽ‘,       `¨^nミ 、       .′   _j}
        Y}    ,     / /        /   ij!  |   Zi|!j|iY   .′ ij!   ;         `! ’       .′ ァ〔ソ{
       Y{i_  ‘,   .′ ,         /   i{!  i}   リYil|!八 @/  i{!   }!        | ‘,      ぐj|W
\     <nj>   、  ,  i!       /    ij!   i}-=イ  Z/ ∧_{   ji}!   八        .::|  ‘,   /     `Y       /
:. \     }    { . .: |!         /     i{!   ‘,   レ=介=v′   / i{!     \       :::|  ‘, /     j    /
    >-==-jx,    ∨ .::::. |!             i}!   ‘,   /!|!|i|!|    / ,i}!      \     .:::|   ∨   zァヤレ'n´
     ::  ~`j    ∨::::::.}!    /     i{!     ‘, }i!l|i|j!i|   / / i{!       \  :::::|   /   く!jW/   :.
  .:   .:: :        } ::::::.}!  xく        _j{}!      \}!|l;li|i!lj / / {¨¨゚'ー'⌒ヽ、     \:::_|   ,′    〕!i{^i   ::..
  .:::     :.         ‘,:.. ∧V′ \  Y´/{/′       Yj|i/     \    \ ゚'ー--=イ::厂\/      {j!i|{   ::::::... `::...
..:::::::  .: :::..       ‘,   /     `メ /{/{           v'´   /      \    \     |ソア  :{        `Y\  ::::::::::. ::::


41 :◆vsQyY1yD2Q

       ,.f"ミミヾ、
     f";;;;ノ^〃=ミミ;、、
    ノ彡リノ/   中 \
    |リ||リ/   ─   ─\
    (川/   (―) (―) \   相談に乗っているだけアル。
    ||ト|     /_人_\   |
    iリ\   §` ⌒´§ ,/   僧侶になる気は無いネ。
      /       | | |   ヽ
      /   _   | | |   ヽ
.     {      ̄| ̄|| ̄| ̄  }
     ゝ ___|_||_|_ ノ



                            , =ヘヘヘニ=-、_
                            }:ハ i|i|i|i :. :. :. ¨ミ、
                             ∠二ハ|i|i|i|i :. :. :. :. .. ヽ
                         , イニ=ミ、_ハ|i|i|i|i :. :. :. :. .. .. ,
                       i{ニニ=-'´  ‘i|i|i|i| :.i :. :. :|i:. i :,
                         {彡=-', -=ミ  ‘il斗-|=ミ、:|i:. |i i
         _               {/ }/イ,. --- 、 _ 从八从八:.lハ}
       i ヽ              {{ i|ニ{{     }ニニ杁_莎_〉}}ニ!i }   フム……ならば仕方ない、諦めよう。
       l   |i            乂l 乂__ ノ ⌒ 乂_ ノ lノ
       |/  ̄)              l                 l     あ、ラーメン大盛りで。
      /   /             八   、_ `¨¨´ _ノ   ノ__
     / ̄ ̄ ̄)   __           _\    ̄ ̄     / }} `¨}}ヽ
      |  lニニ{_/ニニ)      /    _ヽ   __   ィ  /'  / /¨ヽ__
      |  |ニニニニ7¨´    /      / ,ハ ̄ ̄ ̄    /   / /.: .:|i ヽ
      |  ヽニニニ/     /     //〉__\    /   / /.:   :|i< > 、
     /     }ニニ}    /      //_寸{ニニ\_,/     / /.:    |i彡'¨ “< >、
.    /    /ニニ/   ,/      ///, 》〉二=- /     .:/ /.:     :|i / ̄ ̄ ̄ ミ、
  /{    /ニニ,:'  _>=- 、 /////´=-- /\    . :/ /.:      |i        i
. {  ヽ _/ニ<  i|       i{ / :/ :/ .:/ニ=-/   . :.\ . : :/ /.:       :|i        |


42 :◆vsQyY1yD2Q


   アル夫は あくまでコックである事を貫き

   アル夫食堂は、冒険者達の出会いと別れの食堂で あり続けた。


                      ,,..-‐-.、
                   __ /::::::::::::::::>――‐-..,,_
                  /::::ヽ:::::::,,..-''´::::::,,..-‐''"´  `゙''-..,,
                 l::::::::::::r/::::::,,..-''"            ヽ
                /´:::ヽr/::,,-''"              ┌‐|‐┐ \
                l::::::::::/:/                ̄| ̄     '.,
                   〉、:/'´       -‐======   ===-、',
                 /:::::/            _,,..-,―、-、       _   l
               .{::::/           \(o::::) ノ      /(o::)ヽ l
                 〉/                ̄ ,,-''"   ヽ` ̄´  ',
                .Y                 __/         \    ',
                 l                //          ヽ    ',
               .|             /:/            l   .l
                 l             l::lヽ      ,,--、  .,イ   .|
               ',               |::| `''-―‐''"   `''-.''|:|    l
                ヽ               |::|    -‐''"⌒゙''-‐' |:|   ,'
                   /::\             |::|            |:|  ,.'
                ∧:::ヽrヽ       `''-.,,|::|          ノ  |:|/
              .,':::::\:}  .`''-..,,_   |::|ヽ..,,_       ,,-'' .,,-''||
               ヽ::::::::::}          ̄''‐|:|-..,,  `'' -- ''",,-''´ | . ||
              __\:::人\          .||   `ヽ、  /    .|  |
         _,,..-‐''"´  l::::::::ヽ、゙''-,,       ||     ヽ/   ./⌒ヽ、
       ''"´          ヽ::::::::::l   `''-...,,_.〃       |    /     `''-..,,__
                  `''-〃ヽ、    /゙''-..,,_     | ../
                     ヽ::::\         `゙''-..,,_|/
                      l::::::::ヽ            |
                      l|l|l|l|lリ            |
                             ○======○
                                   |
                                   |


   『アル夫食堂』が『ルイーダの酒場』 と並び称される日も そう遠くはないだろう。


43 :◆vsQyY1yD2Q





                          わる夫の 「それから」





44 :◆vsQyY1yD2Q


   事案嫁との生活を守りたかった男・わる夫。

   彼は その後も、文官としてニュー速で家を支えていく。


           ____
         /__) (_\
       / 【●】マム【●】\
      /      ._マム_,    \   おかげでロマリアでの生活も安定してきた。
      |        \/      |
      \       -==-   /   ニュー速で家の おかげだな。
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \



          ____
       /__) (_\     ああ、シュターデン先生のところで勉強も してるぞ。
      / 【●】マム【●】、
    / ∪   ._マム_,  \   じゃないと ついて行けなくなりそうだし。
    |        \/    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


45 :◆vsQyY1yD2Q


   勇者として旅立つ事は無かった彼だが

   それでも家庭を支えていこうと努力を続けていた。


       _____
     / __) (__ヽ
   /  【●】マム【●】、
  /       ._マム_,  \        ,   今更だけど、戦い方を習い始めたよ。
  |         \/     |     //
  \        -==-  /     //    従者と私兵を雇ったけど
  (⌒ヽ        ィヽ     //     自衛ぐらい できた方が良さそうだからな。
  l \  \     ,   |   //
  |  \,, \   |  | //
  |    \  \_  ヘ//
  |     \_r' ソイゝ
  |        r_ゝィ'〆



       ____
     /_) (_\
   / 【●】| |【●】 \
  /    ._| |_,     \   メイドも雇ったぞ。
  |     \/      |
  \     -==-      /   人数増えると、嫁1人じゃ大変だからな。
  ,,r-―- 、.,.-─―‐--、
  (      `‐、     )
  `ー-- ―─ " `ー-‐´
   |     _     |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   l    /  ヽ   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  _、 /   、  \ _ノ_
 (:::::丶  /⌒\   \:::)


46 :◆vsQyY1yD2Q

                   /:  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                 /: : : :              \
               /: : : : : :                 \
              /: : : : : : : :..                \
             .l : : : : : : : : _ ノ゛,, ;、、、 '⌒ゝ、      l
             | : : : : : ::;;【 ● 】:::::| |:::::【 ● 】;;:::    |
             .l : : : : : : : ´"''"  _| |_  "''"´       l
              \: : : : : : . .    \/          /
               \: : : : : : ^ー‐--、、____,う フ   /
               _ノ>'´小、         . /\イ
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>−-、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ-−  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /


   実は精霊の贈り物が 「魔法使い」 であった彼は、その後ダーマに留学。

   ルーラを覚えて、お抱え魔法使いとして外交方面でも活躍するようになる。


47 :◆vsQyY1yD2Q





                         します乃の 「それから」





48 :◆vsQyY1yD2Q


   文官 兼 お抱え魔法使いだった します乃だが

   ニュー速で家に家臣が増えてくるにつれて
   元々の目的である魔法の研究の方にシフトしていった。


           { ̄ ̄¨ ‐-。 -――――< ̄}
           |       ´          \{
          ∨ ./   / ̄ ̄   v  ´ ̄\
         ∨  //∠三三ミミミvrイ三心  \
         .′./ / ./             ハ \ヽ
         |  | i! | |             j | ||
         |  | | .| | ̄ ̄ ̄`ヽ     ´ ̄./イ.| ||
         |  Y |.从f才テ=ミ    ォチ犲 // / /
         |  |ハN | .{' うイ:::::}     ぅ:::レ/イ /}/
         |  |  从   乂zり     ヒzリ ル'     そちらが元々の目的ですし
         |  |   |、 *     '    / .|
         |  |   | \     ∠^!   イ  |     私が いなくても大丈夫になったら
        「≧=「≧=‐┐ 个      /≧=‐┐    魔法の研究の方を進めますの。
        ゞミzゞミzzzヲ,イ|   ` ー1、ヲゞミ.三ヲ
       .〈{  〈{-=≦\ く.j       ト.〉ヽ  }〉
       x≦\三\、///\\  __j//{≧=-
     ∠三三三三三∨//∧ `〃⌒Y//∧三三心
    ./三三三三三三=∨//,/{{  0}\/∧三三ニム
   /三三三三三三三=V/ .八 。゚ノ  \∧三三三\
  ./三三三三三三三三く  /.r个=个.、  > |三三三三>
  く三三三三三三三三ニ|心/ / |{|0|| ハ/'/,|三三三/
   ` r<三三三三三三 |//∨⌒}{| :|{^}'|////|三三/{
   〈: : :.`¨¨¨¨¨7ー=ニ三|/////|: {|: |}:.:.:|////|ニ.イ: : : 〉
    }\: : : : : : :ハ: : : : : : : ̄ ̄: : {|0|}: : : ̄ ̄: : : }: : :イ
   /: : : : : : : :/ ∨: : : : : : : : : : :{|: |}: : : : : : : : :./: : : |


49 :◆vsQyY1yD2Q


   もう少し先の話となるが

   彼女は同僚の若き錬金術師と所帯を持ち、2人で道具屋 兼 錬金術工房を開く事になる。


                           __
                      >        <     _
                     /              \-‐..: : :`ヽ
                      ,.'       へ、`ヽ     ヽ: : : : :.イ
                  / , へ、 /  -‐- 、 \    .: : : :.リ
                 ,ィ / ニ=〃/      ' , ',    ',:_:_ノ
                  / ,' ´´´´``     _ ', !\  }、
                { ,        , ´   }リ、 、 ハ
                Λ !  -─- 、   ,.ィf示ア}' `ヽ- ´ヽ_ヽ
                   ',!´         乂ソ   ;_ イ、 〉、
                    ヽ代斧み         ィ、\ _ソ 〉   姉さん女房ですの ♥
                ,,/'`'´ー´て`´`そ     , ´_ -‐´}  /
            ,、- `´           ゝ,  イ f   リゝ-'、
            て                  ノ イ /`ゝ- イ ヽ  >、
              そ         ,、イー〜=て_ - ´  ノ リ _ `イ 〉
              /イ_、,, - 〜~ ´´ /   /`}\_.  < <ニニ.`ヽく
            ´! |   l   /   /γヽ= ´二二ニニニニニ'リ
               l |    l l       /ニゝ<ニニニニニニニニニ
             l  |     / /ニ/  }ニニニニニニニニニΛ
                 l    l|   /ニ/  l二ニニ.{/二二二ニニニΛ
               l l| !  / /ニ    lニニニ.}ニニニニニニニ
             l  _f´ト、  /ニ'    |ニニニニニニニニニ/ニニ
                l _l| ! l ./イ      !二ニニニニニニニ/ニニ
              l/.,!| ! l, ´{ {○    !ニニニニニニニニニニ
                  Λ     ´  〉      ニニニニニニニニニニ
                ',     /         !ニニニニニニニニニニ
                '.,    ゝ、        !ニ/ニニニニ/ニニニニ
                 |ヽ、/  >     ゝ、ニニニニニニニニニ
                 ! , '          >‐ / ヾニニニニニニニニ
                    |>                '.,ニニニニニニニニ
               l   } >             ヽニニニニニニニ
                l_  {○     > 。       /}ニニニニニニニ
                  l ><         `   ‐- ' ニニニニニニニ


50 :◆vsQyY1yD2Q



































    なお、店の一番人気は夫婦で作るケーキだったらしい。


     , '´ ̄ ̄` ー-、
  <>x     r ‐v-、ヽ\
  .///   ハ / ´ ̄` \ヽ、
  |i │|│ l |リ \  / }ト
  |i ||i | 从( ○) .(○)l
  |i -|i (|ξ J  /i   リl.   な、何故……!?
  |.i |.i ノ、、    ̄ ノく
  }≦}≦ x>、 __, イ
 {(_{(_::::::::::::ントOY.,:::\
  /:::::::::::::::::::< ,仆、>:::::|

 ※ DQ9に 『クリスマスケーキ』、『バースデーケーキ』 が あります。


51 :◆vsQyY1yD2Q





                        藤吉 めが音の 「それから」





52 :◆vsQyY1yD2Q


   ニュー速で商会 専属デザイナーであり、マンガの普及を目指す藤吉 めが音。

   彼女は まず図書館で配布される雑誌に掲載する4コママンガから始め

   その次にオリジナル作品ではなく、既に人気が あるもののコミック化を始めた。


                    ,..-:.:':´:. ̄ ̄:.`:.:-:.:.、_
                 __ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.、
             ,:'";二、ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
          // ∧/\゙:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             {'′/:.V:.:.:.:○○:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                l:.:.:.|:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              !:.:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:.;':.:.__:.:,ハ、:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
             l:.:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:| ,:' |!/\.!ヽ:.:},'i:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:. i:.:.:.:.:.:|
              .〉-:、:|:.:.:.:.:.:.:|:|:.:.|′ `l:.:. /j;ハ、 :.:.:.:/`ヾ|:.:.:.:.: |
             |  ヽ:.:.:.:.:.:.|;ハ/´ ̄~|/、  ,}:.:.:./~`ヽ.|:.:.:.:.:.j
              ヽ   ',:.:.:.:.:.|:.|{   〃  ,}二{.|/ 〃 . ハ.:.:.: /
                ヽ.   V⌒ヽ|乂___ノ  乂___/:.:.i:.:/
              〉 ´    .ヽ⊂⊃ 、__,、__,  こ./.:.:.;'l/   馴染みがあるところから引き込むよ〜!
                /   _ , - ⌒ヽ   l  i/    /:.:.:/
              ゝ、         ノ   |_/  _ イ:.:.:/
               _}  、_, ´ ̄`ヽ丶 _,.  ´  |:.:/
            fニ> 、     ,. -くヽ  { `ヽ、|/
            / /:::::::∧   ー ´  , .j::::〉 !ヽ __ `ヽ、
              / /:::::::::{::::ヽ   /`7::{- ,/  _ヽ  `iTー┐
          /:::,'::::::::::::',::::::ゝ、__   i:/|`'<  /  ヽ |:|  ト、
            /:::::|:::::::::::::::::::::::::::丶--イ:::::!  `<  /`ヽ. !:! .|:::ヽ、
           .ヽ::::|:::::::::::::::::::::ゝ、__:::::`´: ,〈.    ` <.    ',|:| .|:::::|:ヽ
          ヽ:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イヽ:ヽ    \   }|:| .|:::::|:::::',


53 :◆vsQyY1yD2Q


   そう、銀河美商人である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人__从_从_从人/
              ≧                                    <
              ≧  颯爽登場! 銀河美商人! ニュー速で やる夫!!  ≦
              ≧                                    ≦
              /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒Y⌒WW⌒\
 ++                +              /_ `ヾr‐'´-―- 、≧=-\__,:}        +
                 ┼                  {/,.>〈    }, 、-、 `ヽ、:_::;:ノ       ┼
  +   +              +         ー=≦_/  }, } /ハ}/ j、`ヽ、_≧彡'   +
         +   +                 弋/ /,__jノjノ,衍カ/ ヾ圦;/⌒`  ,   ++
                       +       .  ー=彡/.∧,佗', ,   ¨´_彡'´}:::\ + .  ┼
   +    +           +          .  _,.ノ:::::::::::バ,¨´ ` _ /_,/:::_::::;ハ        +
      ++ +            +         从/\::::乂 ´‐'  ,.イ::r、;} `′
                        ┼         + 〈. 〈__:::::::≧.、_,/..:|`′ +_/} +
       +        +       ┼    _/⌒ヽ、 .\  ∨ yケ'⌒`r〈 ヽ≦¨  /   + +
        _ ___                 + 〈 `゙'ー- ハ _\. ∨∧   ', } }.)   /        ┼
.      / ̄`ヽ  `゙''<.     ┼     _,ノ } } }, Yヽ、v‐┬ 、∨,ハ   リ ,/ /
.     〃//////\    `゙'<        /////}_}_}_}_ハ ヘ  \ ',  } ,//、__/⌒ヽ、  . +
..    ‖/////////\      `゙'<ヽ,.:ヘべ   .{{ ‖ ',  ' ,.  \  }/. ,、/ ∨`゙'ー-=、
..    {{///////////_,.>ァ 7_,-‐-'⌒´      _ {{‖ 〈   \  \/_/∧_',ヾヾヾ \
.     ',//////:_,.> ´/ ‖ |         ,..<⌒\∨\/   ◎≡≡|\   /└`ー`ー\〉
.       ∨__r‐ ´    {{ .{{ |   _,..-‐'´      ∧\∨     ||   .|| /, ヘ、∨ ∧_}从_,ノ .
    _,.>'´ {      」L{{__」 ̄////\     、___/  \ .}   ◎┼≡┼≠◎}} }.  ':,
. 斥‐シ z-ァ 〉==二¨/////////////∧     ̄.     \___⊥_/ ||  }}/    }   +  +  +
  斥=´ど.ノ \://////////////////∧           「 ̄ ̄ .「  || |l ‖ヘ    〉 ┼
 -‐…¬''''''''¨¨¨¨ ̄ ̄`゙'<//////////∧           /.  ◎┼≡廾十,〃! }    }      ┼

                   アイドル/タクト ( STAR DRIVER 輝きのタクト )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   彼女が描くコミック版 『銀河美商人』 シリーズは
   取材して知った、歌劇では使われていないエピソードも加えたものであり

   銀河美商人ファンを中心に、徐々にマンガは広まっていった。


54 :◆vsQyY1yD2Q


   著名な宗教画家がマンガを描き始めた事で、その動きは更に加速し

   読む側だけでなく描く側も増えていく事となる。


                     _,,..-‐ ¨ ̄ ̄  ̄`丶、 、
                _.. =¨ニニ二二 ̄`丶、 ヽ ヽ!ヽ
              _..-ニ二三三二`丶、`ヽ  ヽ  /'´ ̄`丶
             / /二二ニニ`丶丶、 \  i/ // ̄¨ヽ、ヽ
         __/ //三二─- 、  `丶ヽ ヽ \/ / /    i l
       /  / /二 ̄ ̄¨`丶、ヽ  ヽ  i  i ,' ,' /    ノ
       ) / /三 _.. -─- ...._ \    ノ  ,、 i i i  ///
      / _,,.. -‐ ¨ ̄ __   ,.、    /\/! lヽソ\イ/
     /   ー‐ ¨ ̄  ,、    / \/     l ! l | |l l l|ヽ
      ヽ   ̄¨ ‐-  /  \/          ! ! ! l lノノl)ノ
       `ー、  /\./              // //ノ  l/
          |∨           l        // // ,.、 .,ヘ!
         l  __        l        ノ,.、ノ / .//
           ', ! \,.、     人   ∠ヽ.∠_ ` /_ニY
           ',.l 入. ヽヽ、__/ -‐`'´_,. _ニ_  :..  ド'-イ!
           '!. l l ト ∨! !',    ィチダ_,,ィ´  ::.  ',.  l
           ', ∨ヾ  ! ̄.i 、     ̄       ::.  ', !
      ,. -───'"/`' i` l  l  ,'¨i          ;. -‐ラ.,'
   / /    /__ .ノトl`゙ . l. ,'、_jl        ヾ-'" ,'
  /  / r‐、   l   ゙i  l   l i  l          ,..--'^,'
 ,'   ,'  .l┘',   l   l ト- .l.l `゙ .l      ー'__,,,.ィ‐-、
 i     i  l-‐ヘ  !=''" ', l   ll.  ト、       `¨"/   ヘ
 ',     l  L  \ ',   'j   ,'`゙  l   >‐‐、_   / |    \
  ',   l   \  ヽ ,.、 '   '     l ̄/ /__7´  ̄ /   \.  \
  ヽ  l    ソヽ 〈  /   ハ  .!/ _../     /     \  \
   ∨ l     ',  `        /   '7    ノ        \   \


55 :◆vsQyY1yD2Q


   描くのも読むのも好きな めが音は、この動きを歓迎。


     ____
   /::::___`ヽ.   , -< ̄ ̄ ̄:.:`丶
  ./:/   ヽ;:', /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  /:/      ○○:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶
  |/    ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:   ○
  .    /:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:!  ゚
     /:.ハ:.:.:. |:.:.:.:.:.:_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|^丁:.:.ヽ:.:.}!:.:.:.|!
    ,j/ } :.:. |:.:./:.:.:.:|:.:.:.:.ト、:.:.:.| _|V:.:.:.:.,|:.V:/
       |:.:.:.:.Vヘ:.:.:.:.:.|、,、:.| \:|'´ L_L__イ:.:.:V!
       V:.:.:.:.|z|  〃   l三l  〃    l|:.:.:.:|
        Yヘ|'、      .,ノ ̄`,     ,ノ|:.:.:.:|         この流れを邪魔しちゃダメ……!
        :|:.∧ ``ー-‐'"     `ー-‐'" |:.:.:.:|  〜 O
        :|:.:.∧/////    ┃  /////|:.:.:.:.|         もっとマンガ家を増やして
        :|:.:.:八      rァ┸ 1   /!:.:.:. |
        :|:.:.:.:.:.:|`  x. ゞ┰-イ,ィ   |:.:.:.:.|   人       いつかは……!!
        :|:.:.:.:.:.:.|     }` ┸┨ L  |:.:.:.:.|  `Y´
      人  |、:.:.:.:.:.| ,ィ / __┃_}トリ:.:.:.:.リ
     `Y´   . V:.:.:.:|´   V彡●╂¨ア ハ!:.:.:ト、
          .rく_}へ:.|   rヘィ⌒^⌒Vア |/V  >:x
        「ヽ ヾ }!  「゙ハ     }_ ̄|  .//:::|
          .}::::丶 ヾ|  :|/ー!.  , イ;-┴マ  //::::::!
        |::::::∧ ヾ 「 ̄`ゝ>:´/:::::::::::::ヽ//::::::::{
        |:::::::::∧ヾ/::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::V::::::::::ハ
        |:::::::::::::∨::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::丶:::::: ∧
        |::::::::::::/::::::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::∧
        |:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::∨:::::∧
        |::::::/::::::::::::::::::::::::::::/::::V::::::::::::::::::::::::::::∨::::: }


   いつかマンガ雑誌 『ガンガン』 を創刊する事を夢みて、突き進んでいく事となる。


56 :◆vsQyY1yD2Q


   そんな彼女がコミック版 『銀河美商人』 の次に手掛けたのは ――


                   .....-‐:.:.:.:.: ̄:.`ー‐-......、
           >''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r{'´:.:.:.:.:.:.:.:.`:...、
     ,..-─-、,..:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.、:.:.:.:.:ヽ、
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:';.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ
  /:.:.:/⌒,○○:/:.:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  イ:.:./  /:.:.:.:.{/:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:ヾ:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:,ハ
  ∨  ;′ :.:.:./:.:.:.:.:.:.:,イ:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:/:.:.i:.:.:.:.:∨:.:.ハ
     ,':.:.:.:.:.:/:.:.:.:\:/ i{:.:./:.:.{、:.:.:.:{:.:.:.;,;斗匕 :.:.:}:.:.:.:.:.:i:.:./:.:}
      i:.:.:.:.ィi!/レイ/{\レイ∧:{ 丶:.W´i}Nヾゞ;从}:.:.:.:.:.:}:.:':.:/l
      |:.:.:/ l:.:.:.:.}i i { ̄らミ. `  ヾ,,斗r斥厂〉 i}:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.!
      |:.:/ l:.:.:.:八{ ゝ 乂ノ }─{   ゞー' ' } i}:.:.:.:.:.;':.:.:.; ⌒
      レ′ .!:.:.:.:.:.:乂    ノ ⌒ゝ      ノ }:.:.:. /:./    }   ところで、こんなネタが あるんだけど!
          |:.∧:.:.⊂⊃¨¨´     `¨¨¨¨´ ⊂⊃:.:.;/
          |/ i:.:.:.人     r     ̄ ̄ ヽ  /:. /      ノ
           |:.:/  j>  ∨       才 //    ーr ≦‐ 、
           |/         ≧=-  r≦  /     /< \}
               /ノ}     >'".ノ  `ー‐'     `  <
             . ' /     / ´       ‐-  .,_   `"ヽ
          ,,'   ./ー- 、 /  /     ヽ    、  ` ≧=-- '
         rf    /     . '   ;′   }   } \   ー 、   `ヽ
          .ノ:l     '   . '   .>''´   /   ノ  r<`丶\_ノ
       /:::::.    l    '   .(    ノ<´ ̄ `¨¨´::::::::::::: {  |
      /:::::::::::::、   l  ./     .ゝ‐ ≦.,,'":\:::::::::::::::::::::::/乂__|
    /::::::::::::、:::::\ l /          ,,'":::::::::::::::>:::::_;::::イ



                              __
                              ,r'三三三三三≧:、
                          (/三/__,、 ̄¨`ヘヲ
                           `T_/ン_,小ヽ`ヘ_j
                            {ヘフ   f  lミソ       歌劇にするには短い
                              /   | `〈
                             ヽ‐  ノ / ̄}      銀河美商人の取材メモか……。
                              !__´-ヶ' ̄\\
                                /    .| ヽ
                                 ,'ハ    リ  ヘヽ      いいな、これは。
                              〃 ノ     |   | ヽ
                               // /    |   |rrrfrrrr   ひとつひとつは短いが
                             // l       |   |    |   リアリティが感じられる。
             r─ 、__         ./〈.  |     .|   |    |
            \       ̄ ̄ヽ,.、   | ハ. !三.   /   ,ノ    |   余計な演出が
              \       ⊂ニ`ヽ,- ァ/ ノ' ̄ ̄   / /     |   何も加わっていないのか。
                \       `r‐ムュ -'     ∠ユ、        |
                  \       /      /    ヽ_______,l
                    \_  __/       / .|     ヘ
                   >- `(´ ヽ     ,/   |     ヘ
                   ‘<  ン´ ̄丁¨´    |        ヘ
                    广´     |      |        ヘ
                     ム----──|      、_,. -__、_ノ
                               |        イ´
                               |       //



              _......--―─―─--..._
      _,__.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:...、
    ,:'":.;二、ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /:./:.:/\゙:、:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   .{;/:.:.:./:.:.:.○○:.:.:.:.:.:,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,i:.:.:.:.:.:.:.ヘ
    ,':.:.:.;':./:.:./:.:.:.:.:./}:.:/ |:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.;│:.:.:.:.:.:.:.ヘ
   ,:.:.:.:.;.:,':.:./:.:.:.:.:.//'"~!/ヽ.ヘ:.:.:.i:.:/ l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
   |: : ::|:l: :/:.:.:.:.:./'        ',V:.:.ァ'" ̄`ヽr、i:.i:.:.i☆    マンガに興味あるけど
   {:.:.:.:.';';/:.:.:.:/:.{           }:∨      ', ヽ.:′     どういうものを描けばいいか よく分からない。
    ';.:.:/ハ:.:.:.:/:.:i:',        ノ`i      }ハ }
    ';.|i、|:.:./:.:.:.|/X      /  .',     /:.:/⌒^\    そういう人を集めて
     ';乂|:/i :.⊂ニ⊃` ¨¨´    〈iヽ、  ノ: :/ | / ヽ   皆で描いてみるってのは どうかな?
     ゙ ミ|' .|:.:.:. |         _   ⊂二¨ ゝ、 ' イ |
      .`ト |:.:.:. |.        /)ノ    フ八  )` ー=' /    私もアドバイスできるし!
. r‐< ̄ヽ ̄‘ .:.:.:|           ̄   /':./ >、   /l
.   \\ \ \:l    ./` ー---r:.:''´:./}/  | `¨´  |


   ―― 多くのマンガ家を目指す者達を巻き込んだ 『銀河美商人』 のアンソロジーであった事は余談である。

.


57 :◆vsQyY1yD2Q
                                                      __
                                                   ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                                                 ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                               .,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                         _                    .;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
                         /.:.:_.::〇=ニ二.::.: ̄.二.:=-、        ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
                       /イ ̄ ( ).:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ        !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
                           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.\     ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
                       /.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ    ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
                        /イ.:.:.:/.:.| :!.::.|.:: !:.:.:|.:.!.:.:!. !:.: : |.:.:.:.::.:.:.:...    .>::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
                           /.:/.:.::.:.::|: : : :.| . :|:.:!: :|: |: :.:.:|:. :.:.. |.::.:.:.   , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                        /イ.:.V、_ノV: : :|: : |: |.:. .: !.::. / : : .::.!:.::. :|       `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
                       /.: .{.: ./     !:.: L人、V.::_.}/.:....:..:::.:|:.: : :!           ̄ ̄
                       !.:..: :V ィ云乏 |/      ̄  }:./:...::. :./.:.::.: '
                        |.:.|.:.:.:.:Y_込ソ      斥云x l/.:.:: ..::/: : : /
                        |.:.|:..:.:{.:  ̄       ' 込ソノ/.: : :../.:.:: : '
                       ヽ|⊂⊃.:.: '        ̄ ̄ /.:::...: ハ::.::/        /
                       |.::..:八  ヽ_ノ  .::.:..:⊂⊃: : :/ ノノ  _  -‐<
                   fヽ   ,  八:..:「 ヽ          /: :.:/‐く´  . ´
                   | |   / /  八 !    >‐r=   /.::/
                   | | / '  / ヽト、 /  |  /イ
            r 、ノ ー' / /    /\   _ -‐ ´}            >―
            r r‐- 、  ! !  | 〃    ` r'     j!         ,   ´
            l 、>-、 ヽ | |  Lノ             j!       , -‐ 7
            ヽ' /   !_ >´       ノ    }!    /  /
             、 {  /        /      ム   / /  /
              // {              / ヽ   V
             /    :      /     /   ハ    /
             ,     |     .:     /     ∧  V
             |     !         , '          :.  }
                .    、      !   /          :.
             ヽ    \   ヽ /          |/
               \-‐  ̄ ===く         \ 」'    ※ めが音
                ` ‐ 「   {   >-ニ  __ -‐「
                   |   ヽ    ` ̄ ̄ ̄´ |
                    、                ヽ
                                    L_
                    ハ   l            `ヽ
                       /  }   {!              \


第247話へ  2    第249話へ

この記事へのコメント
経験者は強い
Posted by at 2020年04月20日 20:40
『ガンガン』創刊号のグラビアアイドルはエロめが音先生で決まりですね!
Posted by at 2020年04月20日 20:55
めが音意外とあるなw
Posted by at 2020年04月20日 21:20
わる夫は199話にモブ勇者たちの一人として出てきたけど
その時から事案嫁の詳細は出てないんだな
元レーベ在住だし、結婚はできる夫の同類みたいな感じなんだろうな
Posted by at 2020年04月20日 21:39
42のアル夫さん、いい笑顔だ……
あと めが音さん可愛い
Posted by at 2020年04月20日 23:13
ガンガンってガンガンいこうぜと実際の本と掛けてたり?
Posted by at 2020年04月21日 14:37
↑確かそのはず
Posted by at 2020年04月21日 21:56
>一番人気はケーキ
錬金術とはいったい…
Posted by at 2020年04月21日 23:41
めが音は他の3人よりはちょっとだけ出番多かった気はするけど扱いは同じ感じかな
露伴の先人ではあっても腕は露伴の方が上って感じかな 知識はあるから色々教えられるだろうけど
Posted by at 2020年04月23日 08:38
絵画と漫画は方法論が違うからね
絵が上手いから漫画も上手いとは限らないというのが奥が深い
Posted by at 2020年04月26日 11:33
わる夫ってたしか貴族の娘さんと逢瀬して出来ちゃいましたってやつだったっけ?
Posted by at 2020年05月01日 23:24
貴族の娘に手を出した=翠星夫
日本では事案になる年齢の嫁をもらった=わる夫
Posted by at 2020年05月07日 19:12
※8ケーキが一番人気はアトリエシリーズからの定番
Posted by at 2020年06月08日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187402463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ