■ 収録シリーズ

重 要 告 知

避難所の方に、避難用スレを立てました。 NEW!
LiveAAA板小説系掲示板に問題が発生した場合、こちらを ご確認ください。 NEW!

新しいLiveAAA板(避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ5の主人公に転生したようです、ただし双子で
   現行スレ NEW! 10/17 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2020年07月06日

最後の裏話(6)

最終話へ      6 

130 :◆vsQyY1yD2Q
                      _
                       / ̄  ̄ ヽ
                   ./        .`、
                  {         .ノ
                      ',        /     さて、ここまでストーリー全般の裏話を見てもらった。
                       ',.     .ノ
                    _.,/     _/       最後に各ヒロインの話でも しようか。
          _ ,,.-‐ ''"       `- .,,._
          /                 `、
         ,f'"                        \
     ./           黄金の光       \_
.     /                                \
  ,r'       .,.r''、                       \
. ,r'      .,.r.'.  .`、                    l `  、      \
〈     ヽ.     .',                     l     .` ゥ     ,'
. `、      ',     .',                    |.    .,'   /
  ヽ.    `、     .i                   i    ./   ./
    ヽ    \   l                    i   ., '    /


131 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で カガリ/原作:アリアハンの王女
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                              _  -───‐- _
                             ´           ` 丶、
                         イ               : : : :ヽ
                       ∠,                 : : : : : ハ
                        /                : : : : : : : ハ
                           / ,      . . . 、 . :  : : .  : . : : : : : : : ヽ
                    、___l/イ     l : /l /‐l : :.l : :l‐ヽ: : : : : : : : : : : :ゝ、
                    ゝ、   : : :  l,斗≠ミl : :.ハ : lz≠ミレl  : : : : : : :\
                     / . . /: : :l、レ i{-':::}`l : l ヽ:l ト-'::}ヽイ  l :l : : :\ ̄
                     <___: :/ : l :.ヽl ` ̄´ .V ,   ` ̄ ´ レl: : ハl : : : : :.\
                         / l : /l ハ       ,       /l:/: : : l: : ー-- ヽ
                          /: :l /: ヽ: :ハ    r──┐     ,.l: : /: : :.l: :ヽ-ヽ
                    _> ´ l : :ハ: : :lゝ、. ∨  /  . ィ /: /l\: :l>- 、
                 イ ̄: : : : l / /ヽ/ ヽ> 、`ニ´ .イ:/ .l:/ .ll: :ヽ: : : `丶
               ‐´ |: : : : : l: :ll ┌┐ ヽ::::::><::::, ' ,へ  ll__: : : : : : l \
                 /    l: : : > ´  .ll  .| |  \:::::ll::::/ /  l. ll  ` ー- 、: : l  \
             >、   ∨: l }   ≠   ̄    ヽ:ll:/    \/  L 、    /: : /  /l
              /__   ̄ ̄ ヽ: { }>l"         /          \ヽ./: : ,'‐‐ ' /
               ̄ltj ̄ /: .}>、::l           /             l::>>: {─‐ く
                  /  /: :.{ .{: >、 ‐ 、   ,             ≠/´: : : .ハ‐---ハ
                / ./: : : } { j |  > 、 zy        __  ≠ "  l \: : : :ヽ   ヽ
               / , ': : : / ヽ ∨l     ∠ __  ≠  r──‐┐ ,'  .\: : : :\  \
             /-‐ ': : : , '    k ヽヽ  r≧< ̄ ̄     |三三三| ,     .\: : : :ゝ ___ヽ__
            /: : : : : :/     ゝ、ゝ ゝt代tf".         └──<{´       \: : : : : : ヽ___
      /`: : : : : :/      /{ゝ-ヽノ、ノヽ‐- 、  ̄ ̄`> ´ ̄ ̄ ヽ         ヽ: : : : : : ヽ::\
     /:/: : : : : /      /: : ゝ7r、リ: : ll     f: : : : : : : ヽ           \: : : : : :ヽ:::\
    /::::::l: : : : :./         /: : : : : : : /    ̄´l: : : : : : : : ハ         \: : : : : .}:::::::ヽ
    イ::::::::l: : : : /        ,: : : : : : : : .ll       l: :  : : : : : :ハ          ヽi、___:ノ::::::::::lヽ
  /ll:::::::::::\___/l         l: : : : : : : : .ll      l: : : : : : : : : .l           ゝ:::::::::::::::::::::::::ノノl
  ,':::ll:::::::::::::::::::::/            l: : : : : : : : .ll      l: : : : : : : : : ..!               \____ // ヽ
 ∧::ゝ、___:/           l: : : : : : : : .ll       l: : : : : : : : : |              ゝ─ <  .}、ヽ
 { , `ー ァ一'            ',: : : : : : : :.ll       l: : : : : : : : : /                   ヽ lヘ _ヽ
  ゝ',__fj                  \: : : : : : :ll      .l: : : : : : : : /                    ゝ'
                      l\: : : : : .ll     .l: : : : : :  .イ
                      ',  ー- _: : ll       l: : : : :>´.//
                      V     Tーll     _l__  ≠    /'
                            V     .l  L ≠ 一  /      ,'
                            V    .l   /    ,        ,
                        、    l   l    ,        /
                         ',   |  .l    ,      ./
                         ゝ  l  .l   ,      /
                           ヽ _ .イ   ,      ./


1人目のヒロインにして、不動の正妻。

アリアハンでの2人旅で いかに やる夫との関係を築くかが勝負でした。


配役理由は……特に無し。

「こういう役割だからカガリになった」 ではなく 「カガリだから こういう役割になった」 って感じ。

彼女じゃなければ 「巨大ハーレム路線」 には ならなかったかも。


気質的には姉御肌だけど、能力的には人の上には立てないタイプだと思う。

ニュー速で家では、やる夫がいるからトップだけど1人ではなく、支えてくれる夏美達もいるから
姉御肌な部分 「だけ」 活かせていたのでしょうね。


世界が平和になった後は、孤児達を救うため、旅芸人をしている子供達を救うため
孤児院運営とアイドル育成に力を入れる事になりそう。

割と善意の思い付きで行動しますが、やる夫達 家族がいれば大丈夫だと思います。


132 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 精華
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                   .__,,..  -‐‐‐‐- ..,,__
                                   ∠」  r、    _\  \
                                _ノニイ / ヽ く   | \  \
                                r三_ { |  |  └ ┘   L イ ヽ
                              ////7≦ミ」_,-──‐¬ <_ ,ハ
                             .〈 / /_工X ///` く/ > /  <_   i
                        ._ __..._ ヾ}!Y,ィハV/ /      `く//| 「 ̄   |
           _ ,,.  -‐    ̄          `Y 、k_ノ      ≧‐- 、 `く _」 |   l  |
    _ -‐   ̄                         |;;:. `_,  ,     ' アヽ  ` ハ-┘ _」  /
  /     ,::;:;::..;.' ,;':               ,      | f  .:;;:;    { しリ   rヘミVT「  /
. /                     __,. --─¬T{      | 、       `ヽー"  ,人辷|Lィ^レ'
../             _,r≦干─<⌒ヽ、ハ\   |  ` -  .;;:;;::     ∠ニY_rへ、
.{          _,. - " |   ||   ヾ:|::::::| トrト、  |       "'"    _Tうノ人  \ ヽ
 ヽ_    _,. ‐´     /  〃    ||::::::し// /  ハ、        _,rこ二イ 八\    |
   二 ̄ /     ∠二ン     ||:::::/r' ̄ _/ \` ── ァイ////∧ソ∧   |
 ヽ          //          ||(二`フ「     >   ー=イ人 ( K(///  | /
    -、  _彡ヘ、           ||(/:::::|ト、__/ /   rr-イソYリV} | /ハ}}   |/
     _ ̄`ー-、_}}              ||:::::::::::::||  |  〈   // i′ jハ乂川 〃   |
            \ _ _/       ||:::::::::::::||  ヽ r'  __/厶イ
             // /        /:i:::::::::::::||   ヽレ‐'0 ノ /ハ
           // ハ   :.;,::,   /∧:::::::::::::ll    `ー-彳 〃::::\
          /           ";:; // ll::::::::::::ヽ      /::::::::: />‐'⌒>-、
        /          __//  ヽ:::::::::::::ヽ    /::::::::::::_/r─=ニ     \
      _/ /          「r'⌒l| ,;';: ヽ::::::::::::::Lニ彡':::::::::::_ノ//;:,i'   /  ̄ ̄\
    _/              〃:::::::::リ      ヽ::::::::::::::::::::::::::::r' ̄,i,l'i:/   イ∠'"-─-- 、 |
  _/  /         〃:::::::::〃  ,,:'   ll:::::::::::::::__;イト、_」/   / /,':' __       {
 "             /::::::::::/        ハニニ彡  //  /l,'l'; / 〈_/ _ ̄ヽ く


ニュー速で商会の職人代表。

「馬車職人」 が欲しくて、女メカニックを探して配役しました。


途中で やる夫パーティではなく、ニュー速で家の一員として活躍する方向にシフトしたため
冒険者としての職人は、あまり花開きませんでしたね。

『ダイ大』 の大砲とか戦車とか出せれば良かったのですが
超魔導戦車とか出さない限り、かませにしかならなさそうだったので自重しました。

『スライムもりもり』 みたいな世界だったら、もっと活躍させてあげられたかも。


原作では割とコミュニケーションが難しいところもあるんですが
ニュー速で家の嫁の中では古株のNo.2として皆の潤滑剤、縁の下の力持ち役になっていました。

そのため他の嫁から 《ラナルータ》 のメンバーとして誘われる事が多くて
結果的に子だくさんになってそう。


将来的には産休が増えて、職人として動ける時間が少なくなり
後進の育成か、経営方面にシフトして素子姉さんルートに進むかも。

真面目で努力家な子なので、そちらに進んでも しっかりやっていけると思います。


133 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 夏美/原作:カンダタ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 __ _
          ,. -−-、/´ .:.:.:.:.:.`>‐- 、
           /.:.:.:.:.:_. -‐ .:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:\ _
          /.:.:..:.:./      .:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´.:.:.:.`ヽ
       l ..:.:.::/.:.:.:/  . . .;l. . . . . . . . .:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.: l.
        │.:.:./.:.::/.:.:.::./.:.:/ |.:.:.:ト、.:.::.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:...:.:.:.:.│
       l .:.l.:.:,イ.:.:.:.:.l.:.‐;- |.:.:.:| ヽ_.:.:..ヽ_,.:.:.l.:.:l:.:.: : . |
        〉.:.:レ.:.:|:.:.:.:/!'´,.-、ヽ.:.l , -ヾ`.:.l.:.:.:.l.:.:|.:.:.:.、 ノ
        / :,:.:.:';.:.:ヽ:イ_{ lノ|  ヽj ./ハ Vヘ.:.:j.:./.:.:.:.:.:.:ヘ.
       l.:.:.:l:.:.:∧:八:l 丶.り    !り ノ、∨Vi::.:.:.;.:.:.i.:.|
       l.:.:∧.:.l::.:l::.::.:l. ' '  '    ´, , r__,ノ:::i:.:;.'.:l:. l:.:|
       ∨ \ヽl::.::ノ'\  l7 ¬    人:::、::.::l/::.::i::;ハノ
           ソ    ヽ、 ノ _ .イ  ∨ヽハ:.::.:l/
             , . -−ヲ:. ̄´ ...::::b、__    ソ
            /::::::::::::8:::::::::::::o:::゚::::::::::::ヽ
           ,'::::::::::::::::::〇::°:::::::::::::::::::::::',
           ,i.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
          / ;':::::::::::::::, - ' l::::::ヽ::::::::::::::::::::l
          ,'   i:::://  /   l:::::::::入:::::::::::::::l
        i     ',./   ,'   l::::.::::::::',:::::::::::::::l
          ',   ,ィ!,   l.    ';"'- 、_i::::::::::::::::l
       , ィヽ i‐ '‐-.,,ヽ  ',   ノ__,'イ::::::::::::: l
     /i l  つ-ー- 、` "::´:::::::::::::,.' l::::::::::::::::l
    〈  /, -ァ ,ィ     ^  ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄::ヽ::::::::::l
    ヽ-ー //     l         ||:::::::::::::::::::::::l
         /ノ ` ‐-‐ ' ^''' ‐- ..,,_||::::::::::::::::::::::ノ
          l::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、   ̄ ̄
          l::::::リ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: -'''"\
         .l::::::::::::::::::::::::_,.:::::::∩」《 _,. -'''"
          _、|:::,::_,. -'''"  》「∪::::::":::::::::::::::`、
      〆⌒ -'''"    _,. -'''":::/::::::::::::::::::::::::::::::::',
     )l ̄ `',_,..-'''":::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      〉     l:::::::::::ヽ::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     ./     l::::::::::::::::ヽ、:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    .{    l::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
     `、   l::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'


ニュー速で家の宰相? カガリが まとめ役としてのトップならば、夏美は実務のトップです。

まずロマリア王・ケロロの配役があり、彼から金の冠を取り上げそうなのは……と考えて配役されました。

当初は夏美を加えて14歳パーティにする予定でしたね。
『フレッシュプリキュア』ネタで、ブッキー → なっちー のニックネームつながりです。


辺境伯という設定が生えた結果、作中トップクラスの能力を持つ事になりましたが
原作でもスペックの高い子なので、特に違和感なくやれました。

彼女がいてこそのニュー速で家だと思います。

その分 仕事量が増えてしまい、その結果 隠れ甘えん坊の設定が生えました。


作中では、なまじ一方の責任者になれる能力が あったため、やる夫と離れている事が多かったですが

世界が平和になった後は、分かれて行動する必要が減るため
その甘えん坊っぷりを いかんなく発揮している事でしょう。


134 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で ルナマリア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               _,x==一
               ´  _.. -‐…‐- .._
          /  __/.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..`丶、
        /./ /.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. :..:..:..:..ヽ.
        {.:{_,/ . .:.. . .:..:..:..:..:..:..:..:..:..  :..:..:..:..:..',
         `7¬. .:..: ..:、.:..:..:.. :.. :.. :..:.. :..:..:..:..:..:..}
         /. . . .:/.:..:..{ヽ、_:.:..:..:.. .:、 .:..:..:...:.!.::..:.l
         ./.: .:.: . .:{:.:{:.:.:ヽ  `≧=ミ、\.:.:.:.:.トi::.:.|
        {:.:{:.:.:.: .:.:ト、|\:.:.ヽ´ ィf汽メ、ヽ:.:.り:.:.!
        、::.:、::.::.::レ云ミ\ト\ _kt少' }::.::ヽ::.::.:{
         `ト、\::.`{ {rタ      ̄ ノイ.::.::.}::l从 _,,,,,_
           ヽヽ∧` ̄ }      _/:,イ:::.!ト|>t''~;;:-t''''‐t-、
             /.::V\  __ .. -'   `ア!::: / ;:-''':,   i,::::::i, ::':,
            ./.:::/|/|::个 、  ,,,,,;;;r''~:|/V ,、::::::::i,  i,::::::i  :i
           l.::/  l/,,.it''ニ~、;;;;,r::::::ノ::ィ   i,::::::::i,   i;:::::i  l
             |/     /:::ノf  ,!;; -‐ー''、::::::':,:  i,:::::::i  i::::;i;;;;;l.......,,,,,,
               ノi:`~; -`ェ''~     ヽ;::::ヽ   i;:::;;' -‐=~      :;;;~;;:、
            / ':,`~,:-''~           ゙!ヽ;ヽ;:ィ'~::::;r'   ;-‐‐-、:::::ヽ ヾヽ,
           /     `~               ',;;;;;`";;ヾ;; '   l     ヽ;::::::'   ゙!:::ヽ
           ,'                  .:};;;;;;;;;;;/     `‐-、  ヽ;:::'   l;::::::':,
            {     :..            ....::::;j'- ;;;;;'         `、   ':,::!  i;::::/;':,
             \  ..:,r‐、,       .......:::::::::;//:::::,!  ;r‐‐-、___,   ヽ   ',:i  i:/   ;',
               >,f    ~"' - _ -'''"  ,':::::::l:  ;i       ~''''‐-::;;ヽ;;',:ー':f;   :-!
            r`=/ ~^~^'''''t‐-----‐‐'''''''''^~^~l  :i;            ~'i::r⌒'iィニ;;::::l
             '=',      l           l: ::~''''''''''''''''''''''''''''''''';;、',. ノ;!;;;;;~'''l
           r''"'-、     l             l:          :::;;::-'''~;;;ノ,、~rヾ:、;;;;;;l
           >:";;;;;;>‐'''''''~`'''' ~~~~~ '''''‐‐-t ___!..................-‐''~;;;;;;;;;;;;; ':/;;;i::l;;;;;',:`::、!
.        rァ<`ヽ;;;/`:、 o ,. ィ‐‐‐;‐‐-;--;:: ...,, ヽ,'i:::::::::r";;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:/;;;;;;;!::i;;;;;;',::::;'
         ,:'リ;;;;;;ヽ,/::::/ ~'''''~  i::::::::i:::::::::i::::::i,::::::::',~ヽ':,:::::':,;;;;;;;;;;;;;;/:::::/;;;;;;;;;'::::!;;;;;;i::;'
        ,:',:';;;;;;;;;;;〈;;;;/!     l::::::::!:::::::::i::::::::i,:::::::::':,:ヽ':,:::::`‐-‐'':::::::::/;;;;;;;;;;'::::::!;;;;;//
.     ,.;';'ヽ、;;;;;;;;::// !      `ーt:::;;;::::::':::::::::::i,:::::::::':,::':,ヽ;::::::::::::::::::r';;;;;;;;;;;'::::::::i;;;〆
    ,.;':';;;;ヽ、`///i. l       i::::::;:'i;;;;;:::::::::::'::::::::::::'::::':, ヽ、:::::::::::i;;;;;;;;ノ':::::::::/
.   ,.;':'、ヽ:;;;;/, //;i !. ',       l::::::i::::::::~,''''''''''','''''''',''''~i,  ~''-、:::~~::::::;;: - '
   ,!;;;;`ーく./,!i~i;;ix', ',        l::::::l::::::::::i:::::::::::i::::::::i,:::::::i,      ~~~~~
   !;;;;;;;;/ ,.,!:l::l;;i:X:', ',       ,'`'t-、:::::::::i:::::::::::i;::::::::i,:::::::i,
 _,r';;;;ヾ-、>ツ!:::l::l;;iX:X', ',   , '  ,.l:::::i;::::::::i::::::::::::i:::::::::i;:::::::!
.r,.ァ:::`ーt:ュ' . `~l::l;;i:X:X:', ', , '  ,.:'xl::::::i;:::::::'::::::::::::'::::::::::':::::::i
/i::::::;ィ'     l::l;i'X:X:X',. ~  ,.:'X:Xl:::::::i`''''''','''‐‐‐;:‐‐;--t:'
  l;:ィ::ノ .     l::l:i:X:X:X::':,  ,:'X:X:X:l:::::::i::::::::::i;::::::::::i;::::::',::::i
/rシ'      i'::li':X:X:X:X:':,:'X:X:X:X:`'‐-、:::::::::i::::::::::i::::::::i;:::!
        l:::!',X:X:X:X:X:X:X:X:X:X:X:Xi:::::::::i::::::::::i:::::::::i:::i
.         i;:i:;゙i,^ i;:i,ヾ"  ヾ'"i ,!:;! ヾ;l:::::::::i::::::::::i:::::::::i:::i
           ~ i, .i;:i,       i i::i   !、;;;;;'::::::::::':::::::::':::i
              i,  i;:i,.     i i::i        ̄~~~~i''''‐‐'
               ',  i;:i,.    l i::i           !
              ', . i::i    l i::i          ,'
             ';ーi;:i;-‐''''~!. i::i          ,'
                  ',::∪::::::::::i‐i::i::‐‐‐--------;'
                  ',::::::::::::::::!::∪:::::::::::::::::::::r‐ョ,'


ニュー速で家のメスライオン。

配役理由は……種縛りだから軍人の中から選んだだけ。
登場した時点では仲間にする予定も ありませんでした。

カガリの幼馴染、耳年増の がっつりスケベ、実は魔法使いの才能がある、全てが後付け設定だったり。

耳年増設定のおかげで、町での情報収集が上手いという設定も生えました。


こんな子になった原因は、メイリンの枕投げAAを活かすため。
代わりに良い目を見る役に、姉である彼女が選ばれたのが切っ掛けだったはず。

なお、ダーマまでの旅路で やる夫を最初に暴発させたのは彼女です。


世界が平和になった後は、がっつりスケベ路線を突っ走ってそう。

作中では、妹の方が さっさと独り立ちしちゃって寂しい お姉ちゃんになっていましたが
子供と触れ合う時間が増えたら、シスコンも卒業できると思います。


135 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で メイリン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.              , r '`二ニ'';;ー- .,,,_
                 l r'´:::::::r;==、'‐-,.`i
                | |:::::::: {f-'::::リ::::::| l
                ,,| |::::::::::ゞ=":::::::l |
.             ,.  |::| |::::::::::┌┐:::::::| l
.           /{   |::| | : ┌┘└┐:l |
.        , --{ :ヽ . |::| |::::└┐┌┘:l |
.      / ..:::::::::::::::|::| |:::::::::└┘::::::l | '"ヽ
.      j   : : :::::; -‐'rゞ‐‐-- :::::::;;;;;;l |:::::::.:.ヽ    ,.-、 __
.      {   .:::∠    :. :::;i {   i :i'`ヽ::::::.r-ーf!ヨi┬''i .!¬
.      ヽ  :::::/   ::i、 ::ハ{ヽ!  jハ l  ヽ::/|,,,  || || 、||;:::::|
.       ヽ ::::{lハ  .、i ,ゝ{ミ、   '´/7ィ }:{ .l '' .||、 ||  ||  |
        .} :::l {::ヽ:..:::ヽ{- '}`   イフテ/.:./::{. | ' |l.ヨ| '"ll ,,;;|
          ノ ::;;:{ ヽ{」`ミ、` ̄    ,└'‐jィへ::ヽ.| . '||, |l .|| .l
      ._ノ .::/゙ヽ  从 :ト`  ┌‐┐  ノ::.ト }:;..ト.L  H || 〃/
.      ~{rへ    "}/.i 丶、ゝノ , ' }ハノ ノ'j/. .`! ヾ .|| l j
         `  ___,,,,,ソ,   , `トァ-ァ─ァ;ー-、   `ト.!l |/|'!´
         ィ'/;;'':::{〔ー-ヽ∠-;;;ノ/::::://::::::::::!   `i ̄::r'
.          | l';;;;:::::::ゞニニ;;;;;;ニ-ー''ヽ;::::;' ,'゙`i:::::::|     | ::|
.        | |'":::::::::::┌ー┐::::::::::::::::::| l:  l::::::|     | ::|
        /| l:::::::::::::::::|   l::::::::::::::::::::| |:   ';:::|.     ト-┤
       /.│l::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::j ハ   !_|    ,,」 ;⊥
.      /-=| |::::::::::::::│  !::::::::::::::::::::l |∧ , ' 〃 ̄ア{ `!─`;
      ! .〃! !:::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::| |':::::'、  {{. /::トゝィー―.〉
      `y' .| |:::| ̄ ̄      ̄ ̄ ̄|:::| |:::::::::`ート、:::::::::〔`iァーノ
      ヽ、| |:::|__   ____|:::l |::::::::::::!::!  ̄`~^|`ーィ'
.        j !:::::::::::::::|  │:::::::::::::::::::|├─小.{     |; :;;|
       l |::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::|├─示ヽ     |; :;;|
        | l::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::::::::| ハ::::::!:l:::ヽ    |; :;;|
         | |::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::::::::| l .!::::l::!::::ヽ.     |; :;;|
.       l |:::::::::::::::::l   |::::::::::::::::::::::::l | !:::::::!:::::ヽ     |; :;;|
       l |::::::::::::::::::|   !:::::::::::::::::::::::::i | ';::::::',:::::ヽ    |; :;;|
       | l::::::::::::::::::l   |::::::::::::::::::::::::::! ! ';:::::::';:::::ヽ   |; :;;|
       | l::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::::l | !::::::::':::::ヽ.   |; :;;|
        | |:::::::::::::::::::!   !::::::::::::::::::::::::::l |. |:::::::::::::::ヽ   |; :;;|
        ! !:::::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::::::::::::| | !::::::::::::::::ヽ. .|; :;;|
.       | l:::::::::::::::::::::!   !:::::::::::::::::::::::::::l |.';:::::::::::::::::ヽ .!; :;;!
.       | |:::::::::::::::::::::|___|::::::::::::::::::::::::::::l |.\::::::::::::::ヽ !; :;;!
.       | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| | ヽー--、;j !; :;;!
       ゞニニニニニニ二'''''''ーーー--ー' .j  .!.       |; :;;|
           r|,,,_,,, 二う` ゙̄丁'''' ̄   j、.     |; :;;|
           l:.  .:.:.:::::::|::!   ド====''´イ     |; :;;|
            !: .:.:.:::::::l::|    |:.  .:.:.:::::::::::|.     |; :;;|
            |: .:.:.::::::j::|    l:.  .:.:.:::::::::.|.     |; :;;|
            乍┬-::j.ィ'     |:.  .:.::::::::::j     ├''┤
           ./ー-ュ旡ヲ      _ェ==ィぅ     | :::!
           /  .:.:::::::::j       |:. .:.:.::::ヘ      | :::|
.         /ミヽ::::::::ェイ       l:. .:.:.::::::|      | :::|
        / ..:.:;;;;ェ='' ̄         }:. ,_.:.:.:::::l     | :::|
       `==''''             !"⌒`゙ヾ|     j___;;:i、


ニュー速で家のカリスマ主婦。

配役理由は……ルナと会話する役が必要だから妹を出しただけだったり。

原作でも割と強かな立ち回りをして、あざとい面が ある子だったので
「可愛い警備隊のアイドル」 路線は、やる夫達を追跡する事になった時点では考えていた記憶が。

読者人気が高くてヒロイン化し、巨大ハーレム路線に舵を切らせた子でも あります。


カリスマ主婦になったのは、その強かで あざとい部分を
主人公のメリットになる方向で活かしたら どうなるかと考えた結果だったり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           i、
              ィ               }ヘ
              { {           ____ ノ ノ__
               >ゝ  _     -‐'´     `丶、`ヽ
.            /     `V´              `ー'、
            / _     レ'´.               ヽ
         {/  .    }::.:.:. . :.:.:.   r‐¬、 :. :.:.:.:.  ← 頭の回転早し
        / .:.:. .:.:. .:.  ノ.::.::.::.:.:.:.:.:.: i .:{   }:.:}:.:..:.!:.}
          { .:.{:.:.:.:.:.:.:.::.::.:!::.::.::.:.:.:.:.__:.厶:L_,  ノ式从:l/
        ヽ∧.:.:.::.::.::.::.:|::.、::.::.:、:`汽テF´   ヒソ !:/
           \::.::.::.::.:ト、{\::.::.ト‐ヘtツ   、  }{  ← 若くて可愛い
            i::.::.::.::.!ノ:`ーi:.乂_       ,  ハ
            l::.::.::.::.!⌒V从リヘ   `   イ.:/  ← おしどり夫婦
            |::./` ̄ ̄`ー、_: : : ≧rrァ'´ l/
            }::!    \    ̄\Ll」冖¬‐、
           ノ.:」      }厂 ̄\ { : \  __ \
            {辷_____ |: : : : { ̄\: : : ヽl: \ ヽ
           /    //: : : : `ヽ   ', : : : : \\_}
         ィ{ _  -‐彡'´: : : : : : : : : :',  } : : : 「 ̄\ヘ
.         /:└=冖 ´:_:∠: : : : : : : : : : l  l : : : :{三三Aヘ
      /: : : : : : : : : :/{ : : : : : : : : : : : l  l: : : : : : : : : : vヘ  ← 謙虚
     / : : : : : : : : : /  ゝ : : : : : : : : : : L l: : : : : : : : : : :}: :ヽ
    {_: : : : : ー┬'´     ヽ: : : : : : : : : : : :l l: : : : : : : : : :,': : : :`!
     }: : : : : : : :{      }: : : : : : : : : : : l l : : : : : : : : /_:_: : :-}  ← 料理上手で家事万能
     { ̄   ‐- ヘ      j: : : : : : : : : : : l l : : : : : : : /´    /    ( ダーマで料理人の修行をした )
      \     \    {: : : : : : : : : : : l {_: : : : : : : {     /
        ヽ       ヽ    ーr────┴'三三三}: :〕  /
        ヽ      ヽ  _厶三三三三三三三三Y´   /  ← 二人目 妊娠中
          ヽ       >: : : : : : : : : :{ 冂三三三」_  /
           ヽ    く : : : : : : : : : : l l: : : : : : : : : :},/
               ヽイ   ヽ、: : : : : : : :l l: : : : : : : : : :l′
            /: :l   {\_} : : : : : : : | L: : : : : : : : :l  ← 安産型
             l: : { 、 l、: : : : : : : : : : |  l: : : : : : : : l
              | : : \\ ヽ: : : : : : : : :|  l: : : : : : : : l
            {二 ‐-\」┘: : : : : : : :|  l: : : : : : : : l
           l: : ̄: : ‐- 二 ‐-  :」  l: : : : : : : : |
           l: : : : : : : : : : :  ̄: : ‐-l  l: : : _   -┤
           l: : : : : : : : : : : : : : : : : l_二 -‐: : : |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

すると かなりのハマり役になって 「あ、これイケるわ……」 って思ったのを覚えています。

ニュー速で家の一員として役に立つ方向にシフトしたおかげで、大きく化けた1人ですね。


世界が平和になった後も、この路線を活かして やる夫を支えているでしょう。

貴族の社交パーティーへの出席とかも増えているかも。


136 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で めぐる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ) ヽ、
      γ´/ )` ´ ̄ ̄ ̄`二ト
      イ ,/   〃 ̄`    ̄ ̄`\
      .ゝr /  .|            \
       {/   .人     ト . _\    ヽ
       {      \   l / 二\ l  |
       |    :l  /-\  \ /r._ハ Y  ,,'
       l    \|    ̄ ̄ Vr少 | /l
       ' ,   | y≦、     `¨´ 」イノ
        \  {__〃 ̄  ヽ      |
         .l` ーT´   、__ ノ   /
           ーヘ、       /
                `   . __/l   , -‐- 、
              nrヘ _」   `ァ/    \、
          /⌒ hh Vー―‐/      /レフ
        rr'    ||l  V^!/  /    /レソ丿
        [入  l/  |!ヽ 丶l   \1/レソ:.:.lノ
        [入 /  ,' ヽ   \    レソ:.:.:.:.:.l
        /:.L 」   /  ハ.     \_  `Y:.:.:.:.:.:. l
         /.:.:.:.:.:| /!  //l \   l:.:..`  、:.:.:.:.:l
        ./.-―/.:.:.:l_,/o| [ 丶 ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:...\:.:l
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l  | ]   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ〉


ニュー速で商会の正式な当主になりました。

召喚された日本人だけど、中学生で結婚しちゃった子。
最初は名目だけだったけど、刹那で忘れちゃった。

なお、妊娠は高校生まで自重しました。
自重したと言っていいかは微妙なところ。


14歳パーティというコンセプトが先にあって、やる夫系の中から子供っぽく見えるのを探し
あ、ラブのAA使えば いくらでも増やせそうと気付いて めぐるになりました。

なお、誕生日と数え年の関係で、後に13歳に修正されていたり。


「隣に住む兄妹同然の幼馴染み」 は言い得て妙だったと思います。

「兄妹同然の幼馴染み」 は、元々は やらない子のポジションでした。

結果論では ありますが、DQ3世界に召喚されて やらない子と離れている隙に
パーティメンバーとして近しい 「隣」 を確保し
「兄妹同然の幼馴染み」 ポジションに収まってしまったのが めぐるです。


年齢が離れてますので、やる夫側も やらない子と重ねていたという事は ありませんが
妹分を可愛がるのは手慣れていたので、めぐるにとっても居心地は良かったでしょうね。

再会した やらない子は妹ポジションからの脱却を目指していたので
結局そのポジションは、めぐるがキープし続ける事に。


ニュー速で家の一員として活躍する方向にシフトした事で化けた1人。

世界が平和になった後も、ニュー速で商会の当主として がんばっていくでしょう。

ただ、商売の範囲が広がって仕事が増加していますので、他の嫁を巻き込む方向に動きそうな気が。


137 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で せつな
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     ,  -‐===‐ 、
                     ,           丶- 、
                     /               /    丶
                            /       ヘ
               /  /         /{        ハ
                 / ,,”        /   !       |
              , 〃    /       ':     |  l
               | /     / x<´        ':     |  '
                l/     ィ伐込_ `   -―-、i    l '
                 {    /弌_jリ j}_ j!-r牝弌i    l/
               。  /丶----'゚⌒弋 ヒ_jソ |    /
              :,  ,:       ,   `冖¬i   /
              ハ  iハ   、        ハ   /(
              / ∧ j ヘ   ` ー     ./  /i \__,
           / _ 个)' { \  `    イ/ /  t--‐'´
           X´ 人   V } 丶-- イ j イ 八   ヽ,
             {  f  iト ‘寸    匕ノ/j { 丶  \
         , -‐ヘ :t  {  入     /ーノ ノ   ト、\丶
          / \   丶.乂丶 丶ー-   >ーく __ /  V Y
        ,    丶    `-`二ニ≧s4-‐'_,ノ〔   |  Vリ
       ,     ヽ  、  `>      ̄      |  ∨
       |       l l                    V   '  、
       |       | |                  ヽ /   ヽ
        |       |: :i                 '(     \_
        |        |: ;:.:'             .    }:.、       }
         |        |/.:;  . . . : : : . . . .  . : :: / .:  ,': :.丶 _  L{
         |   /   「: : : : : : : : : : : : : : :/: : : /. :  /: : : : . `  \
       /  '     |: : : : : : : : : : : : : : /: : : : /..: :   ' \: : : .      ヽ
        / /      !: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:/: : :  {    ヽ: : : ノ    ヽ


実は、夏美と並んで一方の責任者になれる能力が ある子。
ニュー速で家 魔法部隊の実質隊長。

めぐるの配役が先に決まり、ラブAAを使う事から 『フレッシュプリキュア』ネタで配役されました。


14歳パーティの中では素直で純粋な苦労人枠。

やる実が真っ当に勇者の道を歩み始めたのは、この子が後輩ポジションになったのが切っ掛けです。

めぐるがシフトチェンジしてニュー速で商会 当主になった結果
14歳パーティの中で一番 精神的に幼いポジションに収まった気が。

あんまり自分から主張はしないけど、妹力はニュー速で家トップクラスだと思う。


当初は庇護が必要な枠として かよわい子として描いていたので
前線には出しにくい子でした。

それが出産を通じて たくましくなり、今では立派なプリキュアに。

真面目な話、彼女がプリキュアになったのは
「夢で思い描いていたような、お兄様と一緒に戦う力を手に入れた」 という表現でした。

彼女が本格的に前線に出張るようになったのは、それ以降ですね。


世界が平和になった後は、母・あゆみのように魔法使いは引退して家庭に入っていそう。

子供達が大きくなったら、魔法の先生に なっているかも。


138 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 美希
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   ,r'          i         1           、     '、
               /         l         .i、 !.         :,     , ';
.               /           ∧ .i:      i':、 ':,         '、    ', 1
            ,'     ,'       ,' 1 i.'、     1ヽ ';.、.        ';    i  ',
             ; ,..、 j     .i .i.   '; :,ヽ     i_,.>、'=、         ;    i.  !
       r'^i   j / } .i     .j .l   '、'; .ヽ    .'、 \'、\      1.  :、1  i,
    .   i.  i,   !;'  j  {    /| |,.。-ー‐ヘ ',. \    ',  ヾ:、\     i: .  '. i.  1
i'^ヽ     {   i   !|.  !  i     i.,j! .l     ヽ:、  \  :,   ヽ .\    } :  ヾ   l
',  ヽ   .';   i  l|  .!.  1    .i´ ', l       ヽ   .ヽ. ', ,rf三≡=ェ、ヽ、 l .    .ヽ i
.ヽ  ヽ   '、  :  .i!  l  .';    l  ヽ!   - 、_        ク'"      l\j     .ヽj
  ':、 ヽ   ':  '.  !  1   :,   l   ,rf三≡ェ、           ,. , ,   i       .、 \
   ヽ  ヽ.  1 .'、j  'i':,   ヽ  i ,ィ'シ'´                        l.       ヾ.、 \
     ':、 \,j  ´   '.\ i:、,r'" ̄).  , , ,      、             |         .ヽ i,.、, ヽ、
`' 、_.  ':,            '、 y'   ,/                     j        i、 \, ` '‐`ニェ、__
-.、  `'ー┘         ':ノ   ,.:' |.ヽ          ,..‐ '"  ̄`ヽ     ,i       j. \ \
  .`ヽ、   _,.-       ´  ,/  .ト.、';、     r'´        ノ   ノ7 /      .j!   `ヽ、ヽ、
     ヽ.:r'`      , '    .l    !  ':、    ヽ、     ,/   ,ri1/ ,イ.      ;'|.    `ヽ、ニ:ュ,._ 
     '!      ./     j :、  .'.    ヽ、,_    `'ー ´   ,/ .j,i:',:' /       / l         \
       1.     :'      ;' :ヽ  ':,.   : `':ー。、,_    ,. .'"  /,イ ;' .;    ./: !、        ヽ、
       '、    i     ./   ':、 '、  !   :r!   `" ' ´   ,rィヘl / /    / i 1ヽ         `'‐.、_
.        ':、        ,/      iヽ.\. .j . _;./ i!        '´ .ノ' .ソ /    /. ;'  i. \         `ヽ,、,_ `'.ー-.、,__ __,
        ,r\,       |      .':,_,.>、<jノ  .'、       ,/ / ./1 ;'  / ;'  .'v-ーヾ- 、.,_     \`"' ー- -−'"
      /   |       .l_      〈 . . .`7'   '、     ./  ,/,r' .! .,' ,/ /     '; . . . . . .,r `.ヽ.    \
   ,.r'"     ..!         ,lノ):.、  .   ':、. .l    . :、  ,/  ,:.ィ'   j / ./ /     .'、. . . /. . . . . .';      \
,.。r'"_,.ィ'    /|   _,..‐'"  i>;.ヽ、     ヽ..{     .`'ー'´   ノ'´   .// ,:'. ,:'      .〉. .,:' . . . . . . .1.       ヽ
 ̄  ,/    j: ‐ '"´     ,/..j. . . ヾ:.、    ヽ     /〈::::::〉ヽ     ./i' ,:'         /. ./ . . . . . . . . .l       ':,


ニュー速で家の ゆとり。

日高 舞の跡を継げる者がいるとしたら この子だと思う。 やる気さえ出せばの話だけど。


こちらも めぐるの配役が先に決まり、「美希」 の名前と似た職業つながりで配役しました。


「妙に鋭い、天才の片鱗を見せる ゆとりもの」 という原作に近い感じで使っていると
いつしか 「ゆとりが言うなら正しい」 みたいな風潮が読者の中に できあがっていて

そのおかげで使いやすくなった反面、自重する必要も出てきましたね。

自重無しで使っていたら、喪黒マージの天敵になっていたと思います。

自重しなくてはいけないのを逆に利用したのがサマンオサ編とかですね。
ゆとりのイメージを活かして、本気になる=ピンチ とする事が できました。


14歳パーティの中では、精神的には一番 大人で
やる夫との結婚も かなり早い内から意識していたんじゃないでしょうか。

バハラタで やる夫が、この時点では別パーティの美希も一緒に頑張るメンバーとして数えていましたが
これは美希が、それだけ上手く やる夫の懐に入り込んでいたという意味でも ありました。


魔ゐはプロデューサー方面にシフトしたけど、美希は あくまで自分がステージに立つ事に拘りそう。

世界が平和になった後は、ロマリアでも歌姫になっているんじゃないでしょうか。

そして いつか、日高 舞と直接対決する日が来るかもw


139 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で みゆき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                  __       __
                            /:.ハ  _ -: :´: ハ
                        -―…´: : : : .ハ´ : : : : : : : ::',                    , -
                  ,. :: ':´: : : : : : :: : : : : : : :.ハ: : : : : : : : : ハ                  / ,
                ,.ィ': : : : : : : : : : : : : : :i: : : : : :.ハ: : : : : : : ゝ.:l                /   く
                ,:': : : : :.,:': : : : : : : : /: :.j.: : : : : Vハ,、_ : : : : : :.ヽ            ,、 /  ⌒ノ )
              /: : : : : /: : : : : : : : :/ノ:Λ: : : : : :Vハ: :`ヽ : : : : :.:\         /:::ヘ  λ   }
              ,': : : :,i: /: : : : : : : :ィ´i: :/  Vハ: : : :',:.} \: : : : : : : : : ヽ   / ヽ/ヘ\::::\ ノ- '
              i: : : : l/: : : : : : : :,: :,ィ: /   ヽl: : : : Y__ 丶: : : : : : ハ: : \ l   ゞ、:::\\::Λ
              l: : : :/: : : : : : : :.v.:/,i;/_,ェ=  |: : : ::/芹ミ、 V: :i: : : : :.ト、: : ハ     ヽ::::ヽヽ:::》
               |: : :.,': : : : : : : :.V:/ ,ィ〒芹ミ  j: : :, 'イ_ハ心 ,ハ/: : : : : i ヽ: :.}        V::::/
              ': : :l: : :i: : : : : : l/〃_ノ:::ハ  /:./  ト:::り ' ':.: : : : : : ,'   jノ        У
                 V:.:|: : :l: : : : : :ハ〈 に:::::::::l '´:.:}=-{ ゝソ i:./:イ}: : /         r-‐ ´
                 V::',: :.ハ: : : :.:,l: :'. 弋c::ソ ::..:ノ:.:..:'.:.:::.  lУ: /:./           /
                 V:.ゝ:l V: : : :|ヽ:.'. ゝ、 __ ' -. `ー ´〉::7´: '.        /
                  Y: : :`-ヽ: : |: : \       (:::::ノ    ,イ : : i: : 'ハ     /
               /: : : : : : l\{: : : : :> 、  __ , ≦ハ  V: ハ: : : ヽ   /
                 /: : : : : :///ィ ⌒`ヽ: : :>:.、V/ハ V',  ゝ: :V: : : .\´
              /: : : : ////      ヾ: : : :.\/,ハ Vl    ヽ:l:.l : ::ヾ`ミ、
           /: : : : ://///           \: : : :.ヽ/} イ   ,/V: : : :}
         , <: : : : : /////,'              V: : : :ハ/, l /  l: : ::.ノ
      ,. <: : : : : : ://////ン            |::V:,l: : :}/,ハ ヽ.  /:.:/
   /: : :, -: : : : :.///////      -   l     {::::VハΛ//|:', } //
  /: : /: : : : : : : 7ー=/   ― ´   r-'     ゝ::i::::::::::V/:ノ.ハ、
,/: : : :/: : : ィ: : : : :./::/: ./         ィ´ `        ` ヽ:::::::::::::::ヽゝ、_
.{: : : /: ::/ l: : : : :l.:/: :.ハ         |__   ヽ     /::::::::::-:::::::V: : : ` ー ―-=z 、
'. : : :{ィ'   V: : : ;i': : : : '.          `ヽ      {:::::::::::::::i::::::::::::v: : : : : : : -=- ミ、
 ` -     マ: : : : : : : : ヽ          //ハ     l:::::::::::::j ヽ:::::::::l: : : : : : : :ヽ
         V: : : : : : : :l: :\       ,ィ'/ /::ノ,.     l::::::::::/ | \:::|: : : : : : : ::ハ
         V: : : : : : : l: : : {   __, -:'::/ /:::ハ)     l:::::::/  ,'  `'ヽ: : : : : : : : :l
          V: : : : : : :.l: : : ` z´,\:::/ ,/::/, _j/ヘ、 /l:::::{ー-:.、    V: : : : : :.:.l
            }: : /`ーミノ: : : /////,\::::/ _l////////iV: : : : : : `:. - , ノ: : : : : :./
         /::/  /: : : ////////|./-’-'///|////,'|: : : : : : : : : :: : : :\: :.:/
        - ´  /: : : : :////ノ////l/////////////ハ: : : : : :ヽ`ー−=ミ、:.ヽ
           ,イ: : : : : : /////////////////|///////ヽ: : : : : ハ
           /: : : : : : : /ニ=//////////////l///////=,ミ: : : : : :.}


ニュー速で家の錬金術マスター。
メルキアデスの孫娘ですが、原作の方には登場していません。

配役理由は、当時 学ぶ系で解説役などで使われ 「みwiki」 と呼ばれていたから。
長門 有希も同じようなポジションでしたが、古泉が登場済みだったから みゆきになったはず。

登場は9番目でしたが、配役が決まったのはカガリ、精華に次ぐ3番目です。
SFC版で、やる夫、カガリ、精華、みゆきに いく夫を加えた5人を作ってプレイしてましたから。


ゴジャースが狙う女性が皆 「みゆき」 なのは、特に深い意味は考えていませんでした。

多分、若い頃の恋人で、結局 結ばれなかった相手の名前が同じだったとかではないでしょうか。


職業:魔法使いですが、この時点でニュー速で商会を意識していましたので錬金術師の方が重要でしたね。

そのため彼女には、やる夫に結婚を意識させる嚆矢にもなってもらいました。

おかげで腹黒いイメージが付いてしまったため
それでも可愛いイメージを崩さないように気を付けていましたね。


世界が平和になった後は、多分 『みゆきのアトリエ』 が始まっています。

ロマリアに錬金術を研究して、後進を育てる学校を作り
いずれはサクラのホビットにも錬金術を教えるようになるでしょう。


140 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 雅音
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      ,z-‐ぇニ=-
                         /: :/        _
                 _,z-、'; :;_, -‐=ァ‐': :´ ̄ `ヽ
                    ,ィア'´ フ´: : : //: : : : : : : : ト、
                  レ'  /: : : : : : /: : : /: : : : : ト、\
                      /: : : : : /: : : : /: : : : : : : l ヽ: ヽ
                  /: : : : : : : : : : : /: : : : : /: : l : : : : :',
                  ,' : : : : : : : : : : :/: : : ィ: /l : /ミ: : : :l :l ,.、
                    |: : : : l : : : :l : :ィ: : ∠l:/ l :/"´ l : : ; / l |
                    !:.; : : :l : : : : : /l :/´ム l:/ ィメ`l: :/l/ | |
                     l:ハ: : : ヽ: : : : l l/,イ豸 /´ , '┘|: {  n_| |
                ゙ ヽ: : /ヽ、: ヽ ` ヾ"   ゝ |ヾヽ.l l┌`ヽ
                   \ヾ、_,`ヾ        /   l `l ̄`|
                       /彡ァ:/ヽ    ヾフ ,ィ ミ,‐-、| ├セ l
                     _z‐"´/::|_/   ` 丶 、__ /ヾヽl|  ヽ,'   |
              /   / l:::l       /   ';:::',ll   l,  ,'
                ,_<    {:l.|:::l  ` 丶、  ' /  i::::'|   ,| ` .l
           ィ<   i    ヾ::::',     `      l::::l /.l  .l
.         /   \  ヽ   ヾ::',            |::;',/  l   l
        /       >\ l  ヾ゙,、           |/ ∨ :l    l
    /        >一l‐ヽ    \      l   /  ヽ/    l
.  /      >'"´    ∨      ヽ=、  l  f彡    ヽ   l
 /  -‐--、r'"        l         ト-}-イ。/      i   ィi
.ヽ    , ==ヽ           |           ヾ:::/。/        l="´}
  \  〃  \          ',            `´          ,'  ./
    ヽfl     ヽ     -、-、‐、           /ヽ、     /ヽ /
.       `丶、    \_i^ヽ\ヽ;丶ェ __, ィ´    _>‐r‐'"´  
         `丶、 fa//: ヽ-'‐'´: :\     _,. -‐'´  /ヽ、
            `i:{_l : : : : : : : : : : :ヽ, ィ―--、   /  ィ、
             l : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : :``ヽ、__,x'´: :>
                 , : : : : : : : : : : :.,' : : : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ<: >,
               l : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : :i : : : :\: : ヾ´: ヘ
            l: : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : '; : : : : :ヽ: : : : : :ヽ
            |: : : : : : : : : : : : l: : : : : : : : : : :.'; : : : : : :\: : : : :}


ニュー速で家の初代 側仕えリーダーであり筆頭。

激しい配役競争を潜り抜けた元・未亡人。
配役理由に関しては 『雅音の配役に関する裏話』 参照です。


まだ皆若い序盤のニュー速で家を その溢れる母性で支えてくれました。

雅音がいなければ、多分 山田は深く関わってきませんでしたし
山田が いなければ、マリナや山田真耶も登場しなかったでしょう。

物産展の時点では ざんげちゃん相手に穏便に対抗できるのは彼女ぐらいでしたし
やんねえ香の嫁入りと、きめえ夫の結婚にも関わっています。

あと、ムドー≒戦が終わった後、いつの間にか やらない子が騎士になっていましたが
実は あれも、夢世界で雅音が若い頃の戦い方を見せたのが切っ掛けの ひとつだったり。

裏方だけど、結構 広範囲に影響を与えていた人ですね。


世界が平和になった後は、側仕えは完全に引退するでしょうが
今度は専業主婦として、変わらずニュー速で家を支えてくれるでしょう。

2人目も できるかも。


141 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で ぽぷら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   _
             _   /´ ̄ `
         .。s≦:.:.:.:.:.:.Y:/  .  -―:.-.、_
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:>:ァ.:´.:.:.:.:.:./´.:.:.:.:.:.`ヽ-、
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:.{/..:.::`ヽ:/.:.:.:.:.:.イ:ハ.:.:.:.:.:.:.\
      ,:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:,:'ヽ:.:.:.:.:.:.ァ`}:.:,ィ:/-!'-‘,.:.:.:.、:ヽ‘,
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:!‘:,.::.:.>、_>_ j/ヽィ笊_!.:.ハ!}.:.:.:.:!
    ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.'.:.:.:.:.:.:.::!.:.:.:.Yr` `ヽ:.、 i{ t:リ j/笊.!:.}、:!
   ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,.:.:八 、{   ヽ‘,::::`     rj/}/ }'
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}\:.:.:`ハ   }:.!       ':::{:、
  .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:|  ヽr'  .   }/ 「 `ヽ   ハヽ
  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   }  ヽ/'  ゝ ' . '   }:!
  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  r ┴- 、 >、。s≦    /'
  i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{  } -.、  ‘, /` 、
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘:,/   ヽ { `Y /
  ‘,.:.::.:.:.:.:.:.::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!     ‘,ヽ,ィヽ{`ヽ
   ‘,.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.|,'     ‘,ゝイ{ヽ〉 ‘,
   ‘,.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}       ‘,、}」-}」ヽ‘,_
    ‘,.:.:.:.:.:.‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|      ‘,j    < ` 、
    ‘:,.:.:.:.:.:‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|       \      ヽ `ヽ
       ヽ.:.:.:.:‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!         }     ‘,    Y
         \.:.‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}≦ニ=―――、´      !   ;
          \}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.∧ヽ     ∨      ,’   /
           ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:ハ ∧    ‘,    /   ,
          }.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:} ∧ ヽ   ‘,      ,.イ
          !.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:!  ヽ}‘,   ヽ     { ‘,
          /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:;    ; ‘,ヽ   ∨    !
         ,:'.:.:.:.,:.'.:.:.:.:.:.:.:.:./    /「≧、   ∨_  ノ ∨ /
       /..:.:/::.:.:.:.:.:.:.:.,≦二}ヽ!,.! : : ‘,   ∨: ¨}   ∨_
   _.。s≦:.:> ´/:.:.:.:.:.:.:.:,.:'_ヽ/  / |: : : :∧    ∨:ハ   !: :!
          ,:'.:.:.:.:.:.:.:; ' }   `7  .!: : : : :∧   ‘: :ハ  {: :|
          ,'.:.:.:.:.:.:/ /ー /    |: : : : : :∧  ‘,: :ハ  . : |
          !.:.:.:.:,:'  /ヽ  {    |: : : : : : :.∧  ‘,: :ハ ‘: |
           |:.:.:.:.:{/ニニニ}―‘,    :! : : : : : : : ∧ ‘,: :ハ ‘ |
          ヽ:/ニニニニ〈   ‘,   :! : : : : : : : : ∧ ‘: :.}  {|
        /ニニニニニ ニ \_ 人  | : : : : : : : : : /  {: :ノ  ,|
       /ニニニニニニニニニニ<  \ |.: :.: :.:. :_: :. :.!   ∨ /_」


ちっちゃくないよ!
実はニュー速で家では、両親が揃って同居している唯一の人。

当初はメイドが必要という事でスクエニつながりの 『WORKING』 から3人を配役。
ヒロインにする予定は ありませんでした。

それから読者の反応を見て、ポルトガ行きの時に この子の出番を増やし
更に反応を見て、ヒロインになれそうだと判断しました。

そのため、二期嫁の中では最初に登場しましたが、最初の二期嫁候補ではないという状態になっていました。
ちなみに最初の二期嫁候補はアイビス。


実は貴族に仕えていた両親がいるため、礼儀作法は きっちりしていて
メイドとしての能力は非常に高かったり。

雅音妊娠後は、二代目側仕えリーダーとして やる夫を支えるようになりました。


世界が平和になって、やる夫が社交に力を入れるようになってからは
公の場ではドレスを着るようになっています。

でも、家ではメイド服を着て働いてそう。


142 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で アイビス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   _____
                   /:.:.// ̄ ̄/
                  ,イ /:.:./.イ:.:.:.:.:.:イー:.:..、、
              /:.{/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
               ヽ {:.:.ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒ヾ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ
              ,ゞ :.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:\:.:.:.:.:',
             /:.:.:.:.:/:.:.:./:.:|:.:.:.:.:!|、:.\: \:\:\:.人
.             /:.:.:.:.:.:./:.:.:./ !:.:i:.:.:.:.:!| ヽート、:.\ヾ:.:.:.:.:.:ミ=ー
            / :.イ :.:.:.|:!:.:.:|斗-Y:.:. |ヽ乂云ミYヾヽ:.:.:.:.:.:.:.:\
.           /// //:.|:!:.:.:|:.ハィミヘ:.:. | ´"比::か|\;;;\:.:.:.:.:.:.ヽ\
           ′ !イ/ :.:|:!:.:.:|!|代::り\!   ゞー'"|从 ヽ;;;\、、:.:.:\\
                从:.:.从 :.И:. ゞ゛、 ヽ     ハんハ;;;;;;;ヾ\:.:.:.ヽ:.ヽ
             乂Y:.:|;;|:!ヘ    _ ノ    §i:.:Y\ハヘ:.:.:.ハリ
                  乂|;;|:!:.:.ヽ、          从i|:.:.W八`\乂      _______
                 八从:.:从> _ ..イ__//八Yリミ=ー─=ニ二 ̄
                    ゞー<Y´ ̄ ̄:/ Y:{∨  γ⌒ヽヽ___
                r=x「`/     `ヾー――'^ヘ\  {{::母ヘ::リ    ̄ ̄ " ¬…
               ノ才'У              Y\ヾくr‐=クj、、
            Y^Y 7 :.:{                   Y Y`ー"三三冬、、
              ハ ∨ : : i                  ∨:.:Y三三三三ニ冬、、
          r┴ヾ、\ 人        }    丿       ∨:.:Y三三三三三ニ冬、、
.            `ー≠才,. . ∧      ∨:./        ∨:.:Y三三三三三三三ニ
            //》 : : : ∧      ∨            ,;.:.:.:.:.Y三三三三三三二
            .' : : / : : : : :∧      ヾミヽ、___j  丿!:.:.\W三三三三三三ニ
              {; : : 〈 : : : : : : ハ       ヾミ7 : : `>"  | : \W三三三三三三ニ
           ∨: : :'; : : : 〃: : ヽ       ∨: :/     | :.:.:.:.W三三三三三三ニ
             ヽ: : :\:ノ.: : : : : :ヽ        ヽ:′     !:.:.:.:.:W三三三三三三ニ
             ` ーi: :へ: : : : : /: \         ',      :}:.:.:.:.:.Y三三三三三二
                    |/  ヽ: : :.i: : /ヽ.       ',     /:.:.:.:.:./三三三三三二
                    ′   \:l/   〉         i:.:.:.:.:.〈三三三三三二
                 '.       γ´       '.  |:.:.:.:.:.:.∨三三三三=
                    ',      /{{          丿  V:.:.:.:.:∧三三ニ=/ :.:./
                     }   /: : :ヾ、      /     V:.:.:.:.:∧ニニ/ :.:./
                  j __,/: : : : : :/へ, ......イミヽ、、   V:.:.:.:.:∧/ :.:./
                  //: : : : : :/: : ∠二二ニ  二`ヽ  V:.:.: / :.:.:./
                /: /い.: : ; : ": : イ: : . . . . .   . . . : :.\\/:__/
                 _/ :/ ヾxく:_:/{: : : : : : . . . . .    . . . : : :ヽ.
             ハ: :∧   Y: : : : :\: : : : : . . . . . . ヘ . . . : : :.∧
               /: : : : :∧  i: : : : : : : :ゝ: : : : . . . . . . ! . . . : : : ハ
                /: : : : : :.:ハノ: : : ( ̄: : : : : : . . . . . . .ノ . . . : : : : :.}


ニュー速で家の わんこ。

配役理由に関しては 『アイビス&コーネリア配役に関する裏話』 参照。


海への旅立ちを前にして、船の持ち主として登場させました。
海賊の家に知り合いが多いなど、船出以降の旅の重要ポジションでしたね。

負け犬というのは原作通りの性格だったのですが
あまり悲壮な感じにはせず、むしろ笑いにつなげられるように気を付けていました。

あまりシリアスにしても、作品の雰囲気に合わない気がしましたので。


わんこキャラを確立してからは、使いやすくなったけど
負け犬が板につき過ぎて、なかなか結婚に たどり着けなかったという問題も……。

実はQM卿が登場したのは、それが理由だったりします。


世界が平和になった後は、サクラでの経験を活かしてニュー速で商会の交易担当幹部に。
海洋貿易を指揮する立場になっています。

将来的には、子供を しっかり叱れる肝っ玉かーちゃん。
良妻賢母としてニュー速で家を支えてくれるでしょう。


143 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で やらない子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          ,、       ,、-―‐- 、   /: :ヽ
.         /: :> 、ィ</: : :> 、: : : ミ: . /: : : :ヽ
        /: : : :/: : : イ__ / \: : ヽ -―-ミュ: : : :≧z
.       /: : : :〃: :/^ヽ{ ヾ: : r、\: :\: : : : `マ: : : : : :{
.     /: : : :/' : :/: : ヘ fミヽ}: ヽ: ヽ: :ヽ: : : : :V : : : : |
    〈: : : : ./: : : : : f: 「`´ ヽヽ: :ヽ: :ヽ: \: : :リ: : : : :ヘ
.     ヽ: : /: /: : : : {ハ    ヽ: i : ', : }: : :ヽ: /}: : : : : :ヘ
        Y ' : {.: : :.|: ト、 ヽ    } ハ: :| ∧: : }ヾ イ: : : : : : :ヘ
.       } |: :.| : : :|斗キ‐ヽ、   リ‐ォ十ト Vハ: リ:| : : : : : : : :ヽ
        リ |ト: l、 : {、ィ斧ミ     イ斧ミ、 }/|/: | : : : : : : : :/
       /,イ八{:ヽト{ 《弋zリ    弋zリ 》ノ´r) | : : : : : :/
     /´  .リ: : :ヽ{ハ ,,,¨´   ,   `´,,, ,__ ィ: :.| : : : : : ヽ
        / ィ: : ト、ヽ、    _,、   u' : : {: :∧ : :/`ヽ: ヽ
          { ハ : | }: : :> 、 ヽ ノ イ: : : : :!: {  ヽ: ',  ヽ}
          |  ヽ{./: : :乂:ヘ ><  {: :i : : : 从  〉:冫   リ
          ヽ    |: : : /ゞヽ     リ人ヽ: \:\/"
              |从´  \ ヽ   /'  /ヽヽ‐ァヌ、
         ,r<\    ヽ ` _  /  ヽ//  ヽ
          j´ `> .> 、   マ  ./  /7 /  ',
           /    ヽ ><\  } / / イ  {    }
.          〈    ヽ   ヽ ゞマ二f/</   }  /
           ',     ',      \T   /    〈  .{
.          ノ     } -‐      ̄____ ヽ__〉
          ヽ     i       「//|        |
         /   ハ       |/..ニュー速で家...|
.        /   _八_____|///        |ヽ
        イ  '゙´   ̄   / 二.|// 秘伝の書   |_、ヽ
        リ  /^    {   ¬'´⌒)      /´ ィ /
       {          八  二'´/        7´‐{./
        \    __ ,ゝ、_-フ//|      ( ,ノ )
           ̄ヽイ´         .|///|      ( /
            /         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ {
              〈                     ヽ
              ∧                 ヽ
          //∧〉ェュ、__≧zュ、__    /
         入//////////////777////7/>イ
         / / >/////////////////////// }
.        / /   /Wマ、t=、//≧'´¬ ̄`冖ト<
       / /        {  ./     } /   |  }
.      / /    /       /       { ./..  |  |
.       / /    /      |/      |/     |  |
      / /    /       /  }    /    |  |
     ヽ/    /     f   {    /.     |  |
      ヽ、  /        |   |   ./ .|      |  |
         ト 、     .|   |  /_|      |  }
        ∧  ` ̄¨…-―r―¬´  ` ̄ ̄t、_リ
            ∧           |          /
          ∧       |            /


ニュー速で家の 『夜の革命者』 。

やる夫&やらない夫の幼馴染であり
船出を前にして、新展開を予感させるポジションで登場してもらいました。

やる夫の近所に住んでいたのは やらない夫だけで
やらない子は離れた所に住んでいて、月1、2ぐらいの頻度で遊びに来る関係でした。

だから半年ぐらい、やらない夫の方が従兄だと気付かなかった訳ですね。

やる夫との関係は最初から決まっていたので、『夜の革命者』 になったのは予定通りです。


この辺りから他の面々のシフトチェンジを意識していたため

「生活面でDQ世界に馴染んだ めぐる」 と 「戦闘面でDQ世界に馴染んだ やらない子」 と
2人が対になるようにしていました。

これを突き詰めた先にあったのが、上級職 『騎士』 の覚醒ですね。

イングリッドの設定が決まって 「女神の弟子」 という設定も付与されていましたので
そのまま勇者軍団の 「守りの頂点」 になってもらいました。


世界が平和になった後は、引退して家庭に入っているでしょうね。
騎士として現役続行していたら 『夜の革命者』 ではなく 『最初の騎士』 として名前を残していたでしょうし。

られっか夫が騎士修行する人達に有名になったのは、その辺りにも原因が あるのかも。

といっても やらない子にとっては、やる夫との夫婦生活の方が大事でしょうから
その事は あまりに気にしていない気がします。


それはそれとして、美貌の女騎士としてマンガにされてそう。

『銀河美商人』 に続く人気の新シリーズになるかもしれませんw


144 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で イングリッド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     _、rセ7"~三~"''ァ。、__
               _、 ァ==/‐===‐- ∥ 心、
             ,ィニ7 /  ⌒`ヽ マ=- {ニ 沁
            φニ/〃〃〃  ∧ `寸-寸乂」}
              {ニ′! i{! i{! i{! i} i}   ゚ 彡`芍7
               ヤ/ |{{! i{! i{! i{!..乂リ⌒  やノノリi,
                やi|乂乂乂乂ア z云xx y^ヽ 'i,
              ゚}ハ         癶沙ク   t) } 'i,
                }{'^ r≠ミ      ''"    ノ\| \
    ( ^Y^ ) ~'⌒  ,゚  ∧   〈:        ノlh、\|乂..\
.     \./      / / ,゚八   、_〆  / |7==ァ─=ミ\
                / r─.ノ‐ァ‐v^〉   イ__,ノ .:.:.:./.:.:.:.r=ヽ\ヽ
.             ノ r'"⌒〈_ / / ∧二] [フ'" ̄~"Y.:.:.:.:|lL=廴``~、、、
          //  ⌒`ァ~、、yノ}⌒Y^Y=‐    ノ |i.:.:.`マム=====─-ミh。、
         / / ∥ ∥ 从\__ノ'⌒|__」   `ヽ{.:.:|i.:.:.:.:.マム,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
         .:::/ / _」Lニ /}.:.:ヾ==7_,,ノ.:.| \   ト込〉.:.:.:.:マ;';';';';7ァ。.:.:.:.:.:.:_ノ∥
      / / 「';';'/.:.:.ノ.:.:.:.:.:.:./ //.:.:乂 `¨¨´ / ∨.:.:.:マ;';';';';';';7^```.:.:.∥
.      /  〃   Y/.:.:/.:|.:.:.:.:.:.://.:./.:.:.:.:.:.:``~'".:.:.:}.:.:∨:.:.:.マr─f7.:.:.:.:.:.// ヽ
    / .   i  ./イ.:.:.:.::l.:.:.:.:.:/ /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ从r==─彳^7.:.:.:.:.:.:.:.:/ ゚  ゚,
    .′|    |    l.:.:.:.:.:.:.:.:.::/.:.:{.:.:.{.:.:.○.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:// l |  l | ア.:.:.:.:.:.:ノ/  ´  ,
   .   |    |   |   ::.:.:.:.:.:.:./,;,;,;∨∧.:.:,;,;,;,;,;,:.:.:.:.:/:〈 l |  l |7.:.:.:.://「   |  i
   ;   |    |   |  \__./`ヽ.:.:.:.:.:.:゚、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/∧\リ  ルノl乂==tL.  |  |
   {      八 | {    |  l  ヽ.:.:.:.:.:゚、.:.:○.:.:.:.:.:.:/.:}\.:.:.:``〉、|===/ rニ} | ノ
    ‘.      \  \  | ノ ノ ハ○.:.:゚、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ└ ⌒ └< } ノイ
     \  \  /( \j\ィ// r厶 .:.:.:.:゚、.:.:.:○.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\   ``~<
      \( \( \)    )/rく⌒)ム○.:.:.゚、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ      \  \'"~「〕
         )\〉       rく⌒ヽ ノ{.:.:.:.:./``~、、、、/   \   ``丶\‐- ノノ
                    L} _,,ノ」|~' \.\      |    \    ̄~"'<(∨
                  い    ノ」 ヽ\ `\    K ノ   `、\ /ノr‐~ノ
                   ⌒`k'⌒     \〕   / |//   `、\〈ニ}}厂
                     ,i「ニ~ミ   ノ``~'フ⌒(     ∧r>ニア
                    ,i「ニニニニニヽ/r~'^Yr─ハr~⌒フ~二二ア
                   ,i「ニニニニニニニニア{二ニニニニニニニア
                  ,i「ニニニニニニニニア j{ニニニニニニニニア


太陽神の娘。
イングリッド自身は半神半人であり、女神ではありません。

配役理由に関しては 『やらない子パーティに関する裏話』 参照。


エリミネーター族を助けられる勇者を求めてアリアハンに来たのでしょうね。
後から生えた設定ですけど。

もっとも、人の色恋沙汰が好きなので
やる夫パーティに近付いたのは、やらない子の片想いの方が理由でしょうけど。

アイビスもいたし、やんねえ香も仲間入りしましたし
すぐに お気に入りの場所になったんじゃないでしょうか、ニュー速で家。


彼女の存在が、やる夫が神話と伝説を生み出す事になった切っ掛けです。

物産展が終わる頃には、バラモス戦後にサクラの国を興す事が決まり
この時点で やる夫への嫁入りも決まっていました。

ただ、子供に関しては 「ア゛ーエ゛ー!」 しか思い浮かばなかったので自重してもらってました。


世界が平和になった後は、エリミネーター族の面倒を見ながら
太陽神信仰に目覚めたニュー速で軍の面々の お世話もしているんじゃないでしょうか。

アープの塔に関しては、復興よりもサクラへの移築を考えるかもしれませんね。


145 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で アナ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                             _r '´ ̄ ̄`'ー 、  _ ノ ノ
                            /   ,.-'゙ヽ   `´、  '´ー-、
                           |  /ノ´`'、\    \    ゝ_
                           | / /_,.-、  ヽ.ヽ    `ーヽ  二=-'
                          r '´ ̄   \ i !       )  ミ、
                          yー'j_フ´`' 、  \i_      /   ヾ、_
                         i´ /^i_ ソ ノ=、__ `'ー-、_ メw    z´
                          il /f゙9 `'´ ,.=、|i `ナー、__ 〕  レi , く_
                         | l:i  '    ゞ'´レ/ /  )-、  ノ∧i-‐'´
                       __| :! r-、    /  /ノソヽソ i'´ ヽ
                       \ヽi i >、` '__,./  //r亠/
                        \ヽl、´irっ´_,」r亠'゙´-' ラ゙
            _,.-‐' ´ ̄ ̄`' ‐- 、   ヾ< ̄r´-‐' ´ ̄_ -'ヽ
         _,. ‐´   _ _ _ _ _     `ヽ'´:;'_」/ // ̄ ̄  `'ー'ヽ.
        / _ ,. -1´     ` '    `ヾ:i`'ー、,.         ヽ
       i -´  U   ●   _,.--、    ヾ、メ          l ヽ
       l   r' ´ソ     _,.-' _,. --- 、_ /        レ'   ヽ ヽ
       ヽ._,. レ'     _,-',. -‐┤     '´         ト'´    ! ヽ_
        r'´    r‐'´ i゙   | 、             /     ヽヾヽ`'‐、_
        |_     ト  _ i   ヽ ヽ   __       /ヽ.      \|ヽ|`'‐ミヽ、
        ヽ.' ‐   \  `--='ヽ    /   ̄`'‐‐1 ノ  |        i \ヽ`ー`ヽ.,_
         ヽ--、   `ー、_,. -‐' ヽ 、|_      '/.:  /           \ヽ::::::::ヾ、_
            ヽ         ヽ、`'ー' ,._ /─- '          i    \ヽ‐'´ゞ
             ヽ.,_         ` ‐‐'ン::::i゙´              |      ヽ \
               i`'ー        _ノ|´  ヽ.              i        \`ヽ、
                \     __,.-‐'´´/    \           iメ         `ヽ `i
                 ヽ--r'´/ ヾ、//       ヽ.          !i            | |
                      レ/、_i  /        ヽ        il            ノ |
                    ヽ_ヽヽ_/          |                  /  /
                      L.ヽ/          /                _,.-'  /
                      ヽ/    ヾ、___/            __,.-‐'´ _,.-'
                       /     ヽ、_____,. ---‐──' ´   _,. -‐'´
                        └-、               ___,. -‐'´
                         `─-、_____,. -‐' ´  \__ /
                          __,.-‐'ノ ヽ.ヽ-、_,. -彡i
                         i ヽ、   、、`ー--'´_,..イ
                           iミヽ-、___. -‐彡´-シ
                         `'ー-、三二-‐'´`ー‐'´


ニュー速で家の少女宰相。

配役理由に関しては 『アナ姫配役に関する裏話』 参照。

正直、嫁にならないままエンディングを迎える可能性も考えていました。


アナ本人は登場当初から八面六臂の活躍を見せてくれましたが
リンクス達の方は、活躍の場を作ってあげる事が できませんでしたね……。

彼等は今、ニュー速で邸の中庭でペットとして可愛がられています。
というか、繁殖して数が増えているかも。


ヴィクトリカが来てから、ハッキリと内政方面担当となり、外交方面でも大活躍。

公爵家出身なので立場的には門閥貴族みたいなものなのですが
その幼女がラインハルト相手に交渉していたと考えると凄いかも。


世界が平和になってからも、やる夫の参謀として活躍している事でしょう。

エジンベアに関しても、やる夫との婚姻狙いは阻止しますが
それ以外の面では ちゃんとフォローすると思います。

具体的な方法としては、なんだかんだで歴史のある国なので
文化事業を通じて、とかになるんじゃないでしょうか。


146 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で やんねえ香
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                             ,.イ
                         i、  /:::/,,.. -―- ..,,_
                       ト、{:::V::::::__::::::::::::::::::::<´
                       >:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::>、
                      /::::::::::/:::/´:::,::::::::::::::::::::::::::、:::\
                        jイ::::::::i:::::'::::X:::ィ::::/::::::::::::',::ヽ::::::\
            _/ ⌒ヽ       .ノ::::::::|::::|/ィfミ、j:/::::::::/::::::}:/::i ̄`
            _i´  ,    \_z≦ ̄ミ、::{_|:::::! 泛ソ.V:::::/イ::::リ
        /    ',   ', ヽ ̄ヾ  マ:::!::::{,, ,,  j/ォァj/{
       ノ    i.   ',    }  ',   マ ',::{:::::! / ヽ._ `¨/:::::::|       _
       {  ',   ',   ',、_ノ′ .i   }  }::!::::|ヽ. __V  イ:{::::::::|、    __/  _ヽ
         ',  ',   ',  ノ ./   ノ   i  !::|::::!ヽ { ̄´ へ::::::::|:::ヽ.._ { V´ __. ',
        ',  ',   アY´ ヽ  .イ   ,: ノノ:::::j__ハ _\__∠` ̄`''<:::::ハー^y' ,.- }
         ー―<_>z≦    イ,/::::/   ヽ  `ヽ `ヽ  \:::ヽ ヾー ,′
 ト、   、__ ,,..イ:::::::::::>.._ ..z≦.:´:::::/ ヽ    \.  ',   \ }ヽ{乂_____{
 }:::::ヽ.._ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/:://    `゙'' <  ',.  i    ∨  V,////、__     /
  、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{/j:ハ:::{ ,: .          \_}  }     }   }///{:::::::::≧=-- ´
   \:::::::::::::::,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  `_.{: : : . . . . . }. . . .: : :} ′   /   ,: 7く:::::::::<__
    ` ̄ ア:::::/::::::::::::::/:::::::::::::::j/::::ハ: : : : : : : :i: : : : : :ノ..人  /: : : :ィ /ヽ ` ̄ ̄
       /:::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/::::::ヽ: : : : : :.j: : : ィヘ´  // -=≦ /::::::::\
      ,::::::/::::::::::/::::::::::::::::::::::::/:::::::::;:::::::}`≧=-=≦   .Y  { ヽ..__ /{:::::::::::::::',
     ,:::::/:::::::/ /:::::::::::::::::::/:::::::::::::/:::::/          {  |\___. イj:::::::::::::::::',
     i:::::::::/  /:::::::::::::::/ /:::::::::/:::/          |  ハ::::::::::::::::|ヽ:::::::::::::::,
     j/レ''    ,:::::}`''<′/::::::/::r≦z            !  ′ \:::::::::|  \::::::::i
             i::::ハ   ` ー- =彡/ ≧z..           i!    ノ、::::::!   ',:::::{
              j/ }  ̄ ̄  ´ .イ     }≧z..___.ハ__ ..イ  \{    }::::′
               |   /  ./ | /    |   {     {   {    ` ̄ ̄ }/
             ヽ.. ´  /  j/     |   i    ',      \ ヽ     !
              }   .:     i! --、  ',   ',   ヽ    ヽ   \ ー- {
              ヽ/      }\{  ヽ  ',   ヽ   \   \_..へ__ /ヾ
                     ー   `ー ⌒ヽ._\ r-\   /   マ
              ′           ./ {      ̄\  }_ /      ∨
            /            /、_{ ̄ ''ー― ´ ̄ヽ           ∨
           ./          /                \        ∨
            ./          イ                  \       ∨


ニュー速で家の姉御……のつもりだけど、多分 周りからは妹ポジションとして見られています。

配役理由は、物産展への布石ですね。
女の戦いに負けてパーティを追い出される事になりますので、ガサツなタイプとして選びました。

他の面々が頼りにならなかったので、そうならざるを得なかった……とフォローも しておきます。


この子の当初の役割は 「染まってしまった めぐる」 、「染まりかけの やらない子」 に対し
「まったく染まってない状態でニュー速で家を外から見る」 でした。

物産展前ぐらいまでの彼女は、驚き役だったと思います。

まぁ、「ニュー速で家を覗く時、ニュー速で家もまた こちらを覗いているのだ」 というニーチェな事もあって
やんねえ香自身も すぐに染まるんですけどねw


その後は やる夫パーティの戦闘要員として最後まで活躍してくれました。

アイキャッチに使えるAAが豊富だったのも ありがたかったですね。


作中でも結婚したしケンカは〜 と言っていましたし、世界が平和になったらスッパリ引退してそう。

好き好んで社交パーティーに出るタイプでもないですし
カガリと一緒に子育てと、孤児達の お世話を頑張っているんじゃないでしょうか。


147 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 絵理
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ._ - '"×××××××゛''- ,
            , - "××××××××××××''-.,_
          /×××××××_,,.-‐―――-. .,,_×x\
         /×××××x_,,.-''"  ,_,,..-‐――‐‐‐-..'-,,_xヽ
        ./×××××,.-''  _,,.-''××××_×__×゛x-.,,_
       /××××./  ,,.-''×××x,,.-''":::::::::::::::::::: ̄゛::''‐ミヽ
       /××××/  ./i\__x.-‐'::::::::/ヘ::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::',ヾ',
      /×××x /  / ノ::::::::::::::/:::::/   ヽ:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::', ヘ
      i×××x / / ̄:::::::::::::_,,..-‐'"      ヽ:::::ヾ:::::::::::::::::::/:i  .|!
     . |×××x/ /:::::::::::::::/--‐‐‐-- ..,_     ヽ::::ヘ:::::',::::::/ o|  /
      |×××x |r''⌒|:::::::::/  _x==ェ,,  ゛     \',\ヽ/0':|/
     .ヘ×××xi :⌒ |:::::::/  《 ハ"::::i ヾ,,       ..,,__ `<( )':::|
      ヽ××x i V/ ヘ:::/    弋ニノ_., '      _,,, ゛ヽ.〉':::::::|
       ヽ××弋''-.,ヘ_|              .ハ7:iヾ:, , '::::::::/
        \×x..|\._              .〈;;;ソ.., "/::::::::::/
          \x|::::()ヘ             、    /:::::::::::/
            /:::::()::/'、     、   _      /:::::::::::/
         __ ノ::::::::()/ ヽ      `  _/ |     /:::::::::::/
    ,,r‐.、  _,,.-'' ̄フ/   ヾ       | |   /|:::::::::::,'
  __/ _ `<    "ヘ       \     .|..├ "  .|::::::::::i
/ /   .ヽヘ     '.,       ,イ''-=ニ_.|  |__   i::::::::::i
 ,'      ヾ',     ヘ     / .|  / .| |  .| ヽ、 .|:::::::/
..,'        .iヘ     .ヘ   /   |. / //⌒>‐、 ヽ .|:::::/
,'      ミミ::、',',     \    .リ.ソ .i' /_,,..-‐、/:::/
|        ヾ ',',.      \_ ノ /  ,' ,'  >..,,_  ヽ;/
|         ミ',',.      ./ミy  i )' ,,/    //
|           ヘ     _ ':::y:i   `''"゛    /i. ヘ
∨   __.     ゛''--‐"/::i::::|::i    ノ    / .|  .',
. 〉-''"      ̄ ゛''〈   | 〈::/:::/.::',  ソ     /  | /
〈 r‐'''''" ̄ ̄ ̄゛゛'''iト,_,,.-ヘ_.i''-./,,|__',       i ̄.~]
.ヽ',          |  ;;  ;; ∧ ||::::',     /i ̄ .T
/: ::',         ',  ;;  ;; .|:::::| |::::',     .|.|  .|
: : : :',         ', .;;  .;; |::::::|..|:::::',    .ヘ   |
: : : : ',          ,''-.,,_  .|::::: | .|::_::|     .ヘ  |
: : : : ::',         ',: : : ''-└‐┘ ゛: ::',     .ヘ  |
: : : : : :',         ',: : : : : : : : : : : : : ',     ヘ |
: : : : : : ',         i: : : : : : : : : : : : : |!      ヘ |
: : : : : : ::',         ,: : : : : : : : : ::/ ',',       ',
: : : : : : : ::',        ',: : : : : : : /   ',',       ',


孤児院を出たばかりで、住む家が まだ見つかっていなかった時に店員に採用され
それなら家に下宿すればいいと誘われ、ニュー速で邸で暮らす事になりました。

この時点で愛人にされる事も覚悟していたけど、当然そんな事は無く
安心したところで、居心地の良いニュー速で邸に引きこもりたいとメイドに転職。

最初はヒロインにする予定は無く、配役理由も看板娘3人組のオチとして涼を使うための数合わせでした。


ニュー速で邸のメイドを増やさなければとなった時に まず絵理が採用。
そのつながりでサイネリアも採用して、2人に話をさせた訳ですが

その時に、この子ニュー速で邸で どんな風に過ごしているんだろうと考えて
「あれ? この子、結構 好感度高いかも」 と気付きました。


もっとも絵理自身は、今の状態に居心地の良さを感じているので積極的にヒロインになろうとはしません。

世界が平和になってからも それは変わらず、絵理は そろそろ嫁き遅れと言われそうな年齢に……。

絵理自身は気にしていませんでしたが、やる夫の方が責任を感じ自分から結婚を申し込み
誘われたら いつでもOKぐらいに考えていた絵理が それを受けて結婚というのが
エンディングでの嫁入りの真相です。


148 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で さか奈
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 __
              . ::::::::::::::::::::::::::ヽ
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
           .::::::::::::::i::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i
           l::::::::::::::|::::::::::::l::::::::)::i :::::::::::|
           |::::::l::: 人::::::::::i从/-ハ/|::::|::,
           }::::::l:!:(=ミヽ:::ノ≠笏ソY:::::|/
           八:::从 戈笏Y‐(::::::::::::ノ|::::|
                _`l::::トミ:::::::ノ   ''''" /|::::|
          _,-v-f J !:::|  ヽ.'" ー'  イ=|::::| _
         {'J|/.〉ソ つ、| _ ,/i≧='-ハ-、ソ彡⌒
         |  / /, レ\/  { ̄ ̄ } ヽ_
        ', i  ノ/   /\ ,__ト  -イ  ∨ ヽ
         , ヘ_ソノ  ´⌒  ̄ X    //⌒ヽ}   Y
      /    }  У   /  (\ /|    :.   }
      入__ノ ,/    / _ 'l : \:!    ∨ ,
      /  :.:.:.:}   {:.      ヽ|;:./ \   :.
      /    / ...八:.:.:.........:.:.:.:.:.ν ‐ ⌒`  .:.:} /
    ,     ,':.:./ 丶.:.:.:.:.:.:.:=三o:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丿/
     i     //   !ヾ  ̄ フ⌒` ー -- =彳:.,
     |   /   / \  }o    /〃:.:.,{
     ー '     ヽ   \ |  _  < イ{:.:./ i
            ノミx _ く:.:シ´< .:.:.:.:〉:.:  ,
              ≠ ヘ _  ≧ニ=── イ{:.:.:.:   !
           /   \≧=== ニ三彡∧:.:.:.:. |
            /    \   ≧=三=≦  ,∧:.:.:. !
         /     <     ー=≦彡 ∧:.:.: !
          /  ヽ.\ ` \         < ∧:.:.|
        ト\     \  ヽ _ ‐≦´     !:.ヘ
        | \≧-  \    /       |:.:.:}
        | ト.   __ \ }         |:.: |
        | { ヽ'´     `ヽ_           .イ_ノ
        |/           ∨ ─=─'´ | }
        ,              ',        j /
         ,             ,        レ


DQ3世界に医術を持ち込んだ人であり、ニュー速で家には収まらない世界的な権威。


カガリ達の出産に際し、読者に安心してもらうために現代日本の医者が必要となって登場してもらいました。

配役理由は、やる夫系の中で 「大人の女性」 だったからですね。


彼女の役割は 「ニュー速で家の出産における安全の確保」 であり
当初はヒロインにしようとは考えていませんでしたが、読者の声に押される形でヒロイン化しました。

そうなると 「今まで結婚してなかった理由、やる夫を好きになる理由」 が必要となり
その結果、あの 「良父タイプが好き」 という難儀な好みが生えてきたという裏事情があったり。

日本にいた頃は結構モテてたけど、さか奈の好みに合う人がおらず
結果として喪女になってたんじゃないでしょうか。


ダーマまでは さか奈、ヴァン、若い男女2人のパーティで旅をしていましたが
多分、途中で難産の現場に立ち会い、赤子を取り上げるようなイベントが あったんじゃないでしょうか。

「このままだと、幸せな家族から妻子が喪われる」 という状況だと
復讐一辺倒で身勝手なヴァンも しっかり協力してくれそうです。


なお、そんなイベントを経た結果、若い男女が 「子供っていいね♥」 ってなって
ダーマで結婚して冒険者引退した可能性が微レ存w


世界が平和になった後は、やる夫と新婚生活を営みつつ、薬品・美容品の研究を進めています。

アンチエイジングの本を出版後は、カルチャースクールの講師にも招かれてそうですね。


149 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で コーネリア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                _ /:: `:: :、:: :: ヽー- .. 、
             r:: ヽ!:ri:i:、:: ::\:: :: \:: :: :: ::\
            ,:{::}i:、{::!:i:i:i:\:: ::\:: :::\:\:: :::\
              ./::〉l:i:i:>"´   ヽ:: ::\:: :: ヽ::\:: :::ヽ
            /::/: i:/     ィ斧ミ 、:: ヽ:: ::.',:: ::ヽ:: :ハ
             〈::/:: ;〈≧、 r 込ソ ノ ヽ:: :}ミ:: :\:: ::\::}
             ノ:: ;/:: Vン    r――::彡':}::\:: \:: ::\
            {:: :;/ :: :{ `      { ::⌒ヽ::_::人:: ::\:: \:: ::ヽ
             V/:: :: :ゝ  、   ヽ{   r、ー个:、:: :ヽ:: ::\:: }
          〃、:: :: :: :.        ノ |i:i:i:i:i:i:ヽ:: :ハ、:: :: 〈
          {{  ヽ:: :: :: :ヽ、_  <  .|i:i:i:i:i:iノ:: :: ::}:ヽ:: :ハ
             `ヽ  \:: :: > ´γ 7二ニゝ.:´:: :: :: :: ノ::ムく
            }}    ヽ(    / /,..:: ´:: :: :: :: :: / ´////\
          , -≠=ニZゝ‐ く/:: :: :; ――  ´/////// ̄`ヽ __
           / /´   /  //.: :: :/// {/////////////////////` 、
        / .ム⌒ヽrく    /_{:: :: ::{//// ト ///////////////////////ヽ
         ム( ヽ (_ノ =ヽ/¨¨ヽ:: :: \  ノ:: }///////////////////////}
      ./ > 〃  ー――― 、ミ:.、:: :: :: ノ,\/////////////////////|
    /// r , 〃 (_`ニニニニニニ、) ヽ/, ̄/////ヽ////////////// , ⌒ヽ
    ' x=≠ゝ  {{           ノ//////////人//////////// /////.\
   {´      ヾ  r  ̄ ̄ ̄ ̄///////////'/  \//////// {//////// \
   ヽ ー  ̄ ヽ }}  乂///////////////// /      ヽ///////,ゝ、////////\
   / \////ノ i!    ー―- 、/////// /        ー――― ⌒ヽ////_//\
  .〈////Y´    i!       _r 、  }//////                   〉´/////// 〉
   ヽ///,!=ニ) i! (_`=≠弋ノ ノ/////;                      ///////// /
      \/{     i!      .. ´///////                      '//////////
      }| ー 、 i!  .. ´///////////                   /_./////////
      /.!//ノ i!  {_____////,                 /´  〉.///////
     .//,r ´   i!      /ヽ }// |               / r,  ///////
    ///lLノヽ. i! r ー=≠ヘノノ///,!               /   /  /////
   ./// 八ヽJ. i! ゝノ´  .. ´/////|             /   / ////
   /// ///ヽ  i!  r ´/////////,!             /   / ////


ニュー速で家の女将軍であり、「お姉ちゃん」 です。

配役理由に関しては 『アイビス&コーネリア配役に関する裏話』 参照。


幼い日のネリーとアイビスの このAA好きです。


                        , -‐ ‐-<" '' ヽ、
                      /          -`´`ヽ
                        /        ´ `,ヽ ,.-、 i
                      ,r' -彡         {_ V ‐-l 、 ト、
                      / ., ィ ノ  ./   j )   」 ヽ ヽ
                  キr' ,r '  //   ,〈 i_{,,(-   __ ヽ.} i .ノ
                    ∨ ,' / ,' i / __    だ.}.iリ、i`'
                     l、 i i  .i .i ,',r' んト   ヒj .i .リ
                     `.j .{ Y、i.i`_ゞ-'   、 .ノ、_,
                          i 、. `ーσ`> )  = ア /
                         入 _ーァ.'`Y/,〉 ` ー '‐- .、       { /
                      /x××X`、 フj ゝ i×××\   ,、 イ@>) ニ({@} )ヽ
                       ノx×XXYニo.Y {.}.{.} lX×,、.XXX\{@)) ` ´, 、 、   ヽ{(@)}    /)
                   / Yx×x×x`、 .l .ii.ii .lXl .,' }.××.レ j-'.{  /l ', `、. \ ヽ `、`、  /´ ゝー-ュ
                   {X.ix××××',xj. 〈i i〉 l./  }.XXX,r'{ トト`/ `、`、 `、.`ヽ `, `{(@}    .ヒ"´
                 iXi.X××,.-‐_L -ァ''"´,'´  YxXXXヽ `Y ,.ィ',ハ  ` `,‐-、 ', } j  ',ヽ、 .トヽ`ー`
               / `、ixxx/      /    i ,`、j ノ`、×/ ) l. { し',    ヒ''ノ ヽ iノl   ∨. `i i.ヽ.>
             /x.××iX/i      ヽ _ 〉' ヽl /i、(./テr.l  ┌   _ `´  ','/.ノl  ヽi.  `'
             /.x×××ヽ{ i         /   `i.ノ、) /./ヽ',   ヽ   .)    i,' ノヽ) ヽ.ヽ
              ,'××ヽxX×X` 、       ./        l/./.,' .,'` 、 ` ´_  -‐ "´ ',`、ハ ハ
            ix×X×X`××××x` ー- ' `、        从.ノ ハ , -‐( Tニ (,r` 、 i  i.ハ/ レ }
           .iX××××××××××××X`、        / ., -\' /、   ヽ
           .i.××××××××××××××`、        /   .l  .X  /    ',
          lx××××××××××××××x`、   .ε、i   ,r,.ゝ ' l ` '、     〉
           l×l`.lx×X×××××××××××X',    (,r >-,ゝ、 ノ i _,,ィ _,、 l } リ`ヽ
           l×l0.lx×X×××××××××××Xノ,    ゝ /_, 、 l ノ、l.ノ´ T ノト' .ソ´_ ,,、 -‐ - _
          l×l lx×××××××××x__,,...-''".ノ .,.r '' ,'    .Y>、 iレ'´ ` Y´"/´    \"''_‐-`ゝ
           ト .」O.lxxx__,,.. .-‐ '''""~"''"´ _,..、‐''´ ./  /     l、<' /    l ノ _     ヽ  `ヽ
       _  ゝ 、_ `´__,,.. .-‐ '''""~ 二 i ̄- ‐ .r''"' <    /       .l y      l レ'´     ̄` 、 `、   `、
      .i´ ,r'" ̄ヽ      i   r ‐ ‐´、、         `ヽ.{      l/      , '          ` `    ', 、
     )'  "´ 'ー - -_.i´ ヽ  ノ、i ) ` _ヽ     ` 、   .',     /l    /  , -‐ ‐.、          i  `ー、
. , -‐ ''        /  .l   ,ヽヽ i  , 、´  ヽ       \ ゝニ ニ.Y lニ -./  /).-´、 _ノ .\         ノ    ヽ,、
(            i   ヽ  ゝ )‐`ゝ j_ノ  _.. i  _ ,, ,, _ r`Y ∠、 lr'_ , /`,' / /    }-‐< ) )\ _         _ イ-{
. ` ´  ̄   ̄  ̄` " '' .」  .,'   <  ,r、>、- ''_> 、  r -`' ` ´ __ >,ァ`ー` Y /<.Yi     ./ ,r ‐< ̄.,-`ヽ  __,..-'''   ) i
                  l    l -‐ `ー ' <{_ ', { ⊂  )='`‐-==(´ニ=( ,イ、_ ,、} i  l l    r Y _ ,-、、) ノ、_ ノ、`´r-、_ヽ`ー-'ー-'
                ` ´                 `´ `  'ー ''"`ー ´`ー -'ー"‐ .|   / ` ´ `´ `´
                                                `ー '


当初は 「厳しい姉」 として、やる夫を叱れる人をと考えていました。

しかし ↑のAAを見た結果、アイビスに対しては結構 甘い お姉ちゃんになり
「この人、愛情が入ると甘くなるのでは……?」 という疑惑が。

その結果が、ムドー≒の時の夢のコーネリアであり
その後、やる夫に対しても見事に 「お姉ちゃん」 となりました。

ホビット達を可愛がっているのも、その流れですね。


世界が平和になった後も、指揮官としてニュー速で軍には関わっているでしょうが
家庭では子煩悩な母親になっているのではないでしょうか。

アイビスが肝っ玉かーちゃん化したのも、実はネリーの影響だったり……。


150 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で サン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ,.-‐‐- 、 _,,...ニ=ー               /::::;;l,;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー-、_ヽ,) ヽ;ヽ ゙、:::::::゙、 ヽ:ヽ
   /       \ー‐               l:::;;;;;;;ヾ、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::|:;;;l  ',::::::::::'i 'l:::|
,,.-''7゙         `ヽ、             |:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;``''ー-;;、,,__,,,ノ:::;;;l  ',:::::::::リ |;::ヽ
ブ"|               、.\          .....:.l:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::;;;;゙、 ヽ__/ /;;:::∧
'  }                ゙、 ヽ   ...........:.:.:.:.:.:.:.:.:゙、:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;____,人/ ヾ:、
-‐ .|             \ ゙、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;::;;;;;;;:::::::::::::|゙、 ヾ,`       _,,,,,_
  |              ヽ. ゙、-‐:.:.:.:.:.:.;.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'>-==--‐‐≦""ニ二;;;;;_::ノ|`::ー-、::::/ト! ;ミ{   _,.、-‐''"´
  ',               ヽ.',二彡/r'゙.:._;:ァ彡';/:::::::::::::::::::::::::::>-- 、,,_○二ニィ''゙ ト!::_,.、┴''"
.  ヽ               ヾ!ー'".:,;/"l゙ 7"ァ'1゙:::ィ;-‐;ア_;;__;;;≦::;;;;;:彡:;ノ`>'|::::::::::::::l-‐''"               _,.
   ヽ,l               l;,/,r─ヾ ', ヽ レ゙  ゙ッ-‐ァ:ミー二__´''"7/_,,.|;ィ::::::::リ|            _,. -''"´
    ヾ               |ヽl゙.:::   ヽ,      ト、.  l゚ ゙ジ`    ,r=7アr'::::;イノ"        _,-''"
  /,r'7:∧                  | .| :::.   `´゙、   ! `'ァ ̄       i ゞ゙/-'´        _,.-''"
 /゙ /,イ ヽ                 ト,ヽ__      ト、 |  /       | //         __,.r'"
  .:.:".:.:.:.,r'ヽ                /∧;`゙ヾト,_  リ. ヽ. ', | ._   ゙ '´// __,,.、-‐──''7"/
  .:.:.:.:,// ゙、          /./ lヽ;:.:.:.:ヾ-〈ミ-、,_\ |.    ̄"" /"´レ!      l |
" .:.:./'"   ヽ,_      _,.‐'゙./.   `、:.:.:.:.:.:} `'ーミ-、ヽ,  ` ,. ィi'゙:.:.:__.: ノ.       ! ',
/ ,/'      ....:゙、`ー--‐''" _,-'´       .lヽ;:.:.;ム;-、,_ ``ー`ミ=',〉‐''7"7-ニ=ァー-、、,_  ゙、. ゙、         _,.-''"
"‐'ア"    ..:.:.:.:.:.:.:',``''''''''"´ 、          | ゛Y、_゙ヽ<`ヽ   `゙ー-=ゝ‐゙iニ二_   ``''ー、 \     _,,.-‐''"
/ァ'′  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.l        ゙、       |  | `Y゙′ .|`ーy゙``ヾ7゙  `'ー、l ヽ, ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ、 .>‐''"
.{"7       .:.:.:.:.:.:.|.        ',      |  .l  ゙、   |ー(   ヽ、_   `ヽ,゙、    ,.-''"´\
./,r'     .:.:.:.:.:.:.:.:.l       ',     ,/!   l  ゙、  |  \   ゙、 ``'ー、_  ゙\ ,r'´:.:..  ヾ,ヽ
 レ゙     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\      |    /;;;|   |!  ゙、  |    \.  ゙、   | ``''ー-i`:.:.:.:.:.:.:.`   、ヽ
  |     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヽ     |  /;;;;;l    |!   ゙、 |      \. ゙、      ヽ;:.:.:.:.:.:.:.:.   ゙ヽ、
  | ,i   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| |ヽ,     /;;;;;;;;;l    l| |   ヽ.!      ヾj       ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.  `ヾー-
  リ′  ::'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ .| i;;;ヽ--;;''゙;;;;;;;;;;;;/  _     !                       ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.  、\
 / イ /  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  `                       |:.:.:.:.:.:.:.:.゙  ヾ\
. レ'゙.|/   :' .:.:.:.:.:.:.:.::∧  | ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                  |        !:.:.:.:.:.:.:.:.:.  、 ヽ
   |! /  :.:.:.:.:.:.:.:/;;;;;ヽ | 〉:::::::;;;;;;;;;;;;/                   i!.        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i、 ト、 .|


ニュー速で家のモンスターマスター。

配役理由に関しては 『裏話「史上最大のヒロイン・ザ・ヒロイン」』 参照。


この子は、ヒロイン化のために 「一緒にバシルーラ」 のイベントを入れたのですが
思っていた以上に可愛くなったというのが正直な印象です。

カガリの 「バカガリーナ」 と対になる 「オバカサン」 のレスが付いた時。
「あ、この子イケる」 と思いました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                  >=-     `丶、
                                                 /            \
                                                ゙7   , ハ    ,、,    、
                                              人  {  / /\\/ /ハl  ハ
                                             `Y´ .ゝ_l/| ●    ● /Vく  }
                                                 ノノ.i|⊃ 、_,、_, ⊂⊃ i   \
                                                彡ゞ八     `7 从」 <⌒′
                                                     >,、 __, イ|/^フ⌒´
                                                    くミヽ::|三/:://  ヽ
                                                  ( ⌒ )ヾ∨:::/  ( ⌒ )
     ,、‐ " ̄:::゙:丶、:
   :,イ::::::::/ハヽ:ヽ::::、:ヽ:
   /=====◎====i
  .:/::::::::/ ._ノ l7ゝヾ ィ、::|
  /:::;:r::|  ○`.iii ○ヾハ|:
 :i:::::ヽハ::::: l7   l7:::レ /  にゃ〜。
 :レハルソヘ   rっ  ,ノル:
    / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
   :|  \|  .i  イ |
   |\ /   人  .\!
   |  \___/  \__/:
   |        /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ただ、このままでは正妻カガリの立場を脅かしかねないとも思いましたので
その後に格付けのシーンを入れてみたりw

読者の反応でも、カガリの方が上だと皆納得していた様子で一安心したのを覚えています。


世界が平和になった後は、ニュー速で家とシャーマン族の交流を進めつつ
本格的にモンスターマスターの道を進んでいるでしょう。

獣系・鳥系をメインに使うマスターになってそうですね。

151 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で まどか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           \ー─────/ .:      |  -┘   ̄ ̄       .,       __
           \        〃   . . : /              \   /  \
             ⌒>: : : : : | ー=彡                   \/ : : ./⌒\
              ⌒'ー─: : |  /                     ‘,.:/     i
                _ノ: : : :八/ /  /         ,/|  l          V       |ニ=-  _
              ̄ ̄厂 ̄⌒¨/   /     /// |  |   |     |     r‐   / ,'       =‐-
              / : :    イ    /-/─-/   |  |   | |  |     }: : :  / /──  <
              ⌒\: : : : :|/ | ://斗=ミ.    |:. 八‐-ミ. |:.  |/  |: :  /: : : . . . .    \
───-    ....... ___廴__/ /i/'〃ん/ハ     ∨ x=ミ、\:../  |::.八__/\ : : \__   \
           ̄ ̄   ───‐〃.::::::::|  Vしソ         んrv;ヾ ∨  |/: : \:.  /廴_ \ ̄ ̄ ̄⌒ヽ
                    i ::::::|::{  :::::::       {::rjノリ i}/  / :|: : :  \ノ    ̄ ̄
                  /| :::/|::|\      `     :::::::´ /  / 八: : .   \
                  / 八/ :乂::::::::...   ` ー     ー=彡 / /:  V⌒ヽ_ノ⌒
─────────‐=彡. : : : : : : : :::::::::::::::> .. ___   -/  / /: : . ‘,
  ─-  .... __      ,. -=ニ  ̄ ̄〉ー─ヘ ` ー--/:::: : :ムィノ}/:\: :   ,
          ̄ ̄ ̄ '"    . :     ) _ r 「{  ̄ ̄{::::::: : : : :´  |   \  ′
         __/         /    (\\ヽ\   \:::... : : : |    \  \
───‐=二厂/        / /    :(\ `  ` }    厂⌒\  |         \   \
       ノ廴{⌒\/. : /  /   / \     |⌒⌒     ゚:,八        \
. . . . : : :<_    (  /    /,, '"     ヽ.   { 0    . :   i   :、              ____
__: : : : :\`ヽ、__⌒\ ≠⌒     ,x‐=ニ}ノ   ‘, .::/     ,  \           ─────
   ̄ ̄ ̄⌒廴_::::::/⌒<___/ . : /: )   |    ゚,..::/     ‘,     \
      ─=彡⌒//    / . : :./: : 廴_ノノ |  |, ∨     |:   ,      \
 ̄ ̄ ̄ ̄      i      / / / : : : : : :〃 ∧ | \|      |:   ′      \
              |     /{/〈_/        |/ |∨   廴__  |     i::...        \
_____   `ー '".:::/            |    ∨\ノ乙___|\:::::...
        ̄ ̄ ニ=- _ノ\            |    ‘:, /⌒廴  (|     ::::....          ____
       __ ,. <                 ∧      ∧::::::::::{_人       ‐-  .... ______
      ̄ ̄       \           . . . ./:::‘,   /  ,`⌒⌒⌒´
      ⌒ヽ           . . . . . . _彡}::::::::::\_ノ::::. ′
        ノ                  ト、:::::::. | \:::.  ':,
  ......:::: /                   |  \:八  \  \


サクラの国の タマゴ鑑定士のお姉さん。

「孤児役に、子供で、それなりに人数がいて、戦闘AAがある子達が欲しい」 という事で
当時人気だった まどマギ組を配役しました。

登場時の読者の反応を見て、大成功だと手応えを感じたのを覚えています。

その後の再登場時や、《ラナルータ》 など、何かと大きな反応を もらえた子達でしたね。


特に まどかは、爆弾を投下する事も多かったですね。

ヒロイン化に関しては、彼女がアクセルを踏む事が多かったです。


被保護者として登場したため、前線で戦わせにくい面も ありましたが

この子に関しては、タイタスAAや 女神AAのおかげで 「強くなった、成長したと感じられ」
最後まで前線で活躍させる事が できました。

おかげでマホカトールの1人にも なれましたよ。


世界が平和になった後は、多くの旅人が訪れるようになったサクラの国で活躍しているでしょうね。

サクラの国にはホビットが大勢いますので
「娘ポジションにして嫁」 で多くの子に影響を与えているかも……。


152 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で ほむら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     _____
                 .>.:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:.<
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /::::::::::::::::::,x≦777777≧、:::::::::::::\
             /::::::::::::::x≦////ムムム/////≧x::::::::::ヽ
             ,::::::::::i////>i´::::::::::::::::::::::::`i''<//ハ::::::::::',
               i:::::::::::|///:::::::ハ::::::::::::i::::::ーi-|:::ハ::\,}::::::::::::',
               |:::::::::::i/:;;斗-:; }::ハ:::::ト:::::::::| .j/ ',::::|',::::::::::::::,
               |:::::::::::|::´/ j::/_ .j/ ';::| ヽ,.ィ≦芋ミ、l }::::::::::::ト
               |:::::::::::|::/ ,ィf芋ミ、  ':j     んハ 》ヽ:::::::::::::|::::,
               ,:|:::::::::::|/ 《  んハ   、___,ィ  乂ソ  ノノ:::::::::::!::::',
           i::|:::::::::::|ノ{   乂ソ  ノ厂乂:.__  _彡i }::::::::}:::::::,
           |:::;:::::::::::ハ乂__ __彡'     ///// 八!::::::::|::::::::
           |::::',::::::::::∧/////            /:::::|::::::::|::::::::i
           |::::::';:::::::::{∧  u     ,__、    イ:::::::::!::::::::!::::::::|
           |::::::::',::::::::',::::≧:..  ____ ..:≦  ';::::::::|::::::::;:::::::::!:.、
           |::::::i:::ヽ::::::',:::::::::/  r┴-- v- '' ノヽ ヽ:::j:::::/::::::::::|:::::ヽ
            /::i::::::|:::::::\:::',::::/__ ..ノー‐ ┬┬イ   ー }::/ー---ミ::::::::',
          ,:::::|::::::i/  \ ̄}/} _   } | { ノ ̄ ̄ \     ′\:::}
         {:::::::!:::/  .',     r''"´   `゙''只´       ノ   i!    \
            ';:::::::/    ',    乂__ノ  ./  \  `ー<   \ }
         ノ::::::/    ', ノ __,,. > /======.`''<   \  .ヾ      ヽ
        /::::::/     / r ´    /     /    \__ソ    V
        {:/      /  乂__ /      ∨             ,       ',
       /       ′                         ',        ',
       人         .i             i                   }       }
      ./:::::::ヽ     {             |                 ,       /
      .{::::::::::::ハ     :,                          /   _/:::::}
      i::::::::/::::〉=-   .',                        .イ    -‐∨::::::|、
     ノi:::::::::::::::}     ヽ            i!          ,.:ヘ        ∨::::!::::.、
    /::::::::::::::イ |      }≧== --     -= 个 =-    -==≦  } ノ     ;::::::::::::}
   .{:::::::::::/:::::} i!   ,. --<  }   、_           ,..x<´⌒\      .i:::::::::::!
   ハ:::::::::::::::::ノ .| ./ .// > ..,,      ̄    _ ,rt '' ´  ヽ ヽ  ヽ     }:::::::::ハ
  /:::::::::::::::く´   | /  / ./     /´ ̄ `ヽ、  _ノ´   ヽ     ',. ',  ',     ,:::::::::'::::',
  {:::::::::::::::::::}   !{  / ./     ,   、 _ r_´___     ',       }  }  }- ― イ:::::::::::::::::}
⌒ヽ:::::::::::::/   マ { {      {  \  ヽ--'       }     ,  j  ,     乂::::::::::::::! __
  {ほ}ー--、    .ヽ ヽヽ  ___ マ 、  ヽ  ',  ./  ,.x<- 、   / / /     r--≧- ソ    }
-イ::::ヽ   /     ` ̄ ̄/      \ ハ  i/  .イ     >-===彡      ヽ   メ.._メ--'
 ,:::::::::} ー ''           /        }/ .}  } / ノ          ∨      \/{::::::::::::::}


やる夫の秘書ポジション。

最初は警戒してツンツンでしたが、徐々にデレていくのが書いていて楽しい子でしたね。


元・貴族令嬢というのは最初から決まってましたが
Q一族に関しては、QBが登場した時に決めましたw


こちらは まどかと違い、早々に裏方に回りましたね。
貴族令嬢として教育を受けてきたので、戦わなくても役に立てるスキルがあるというのが理由でした。

これも 「ニュー速で家の一員として役に立つ」 方へのシフトです。


世界が平和になった後は、ちょっと太った?そうですw

秘書の方に完全にシフトして、メイドは辞めているでしょうね。

子供が暁美家を再興するので、教育に関しては厳しくなりそうですが
息子が のび太なので、優秀な嫁・しずかを探す方向にシフトする可能性がw


153 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で さやか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       __
                    ´: : : : : : : : : : : :`
                 / : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                  ,: : : : 厂: : : : : : : : : : : : : : : : :‘,
                 / : : : /: :/: :{: : : : : : : : : : ヽ:.: : : ‘,
             //: : :/|j : : |: : : : : : : : : : : | : : : : ‘
               /イ l :厶ミ|: | : : |\: : : |: : : : : :|: : : : : :l
                |: V _ |:八:: 十ーミ : |: : : : : :|≫: : : :|
             从N/心   \{_ Vヽ: l: : : :|≫ : : :′
                 |: :| 弋}    了心 |: :|: : りヘ: : :/
                 |: :|l  ,    乂ツ ノ|: :|: :ハ 「 }: :′
               ノ: 从   __    |:/|/厂/: : {
                  ヽ\ ヽ ア  / 彡イ: : /: 从
                    >_┬_´_ 从ハレ|/ヽ{
                 /_〃 |厂 ̄ ̄ ̄〈
                    / /( }_ 〃ミ   ‐=彡
                〈 人Υ 〉― ミ_ __\
                  人___| 从ミ=-ア ⌒ ̄⌒ハ
               { / 八     /       |
                    ∨ / ハ  「        |
                    '〜/  | ーイ         |
                  | ⌒ー┘  |           |
                    /|     八      /  'ノ
              ,/ 〈      ///ヽ ー彡彡/
             へ\|     ///|    ̄「
         _,,,,,/   ))〉      ///|    |
      x≦/ 〈_   〈_ ィ、_ ヘ⌒\   ;|
     / /  /  \厂 /;/     ヽミ  人
   / ´    |l //   {;;{       \ /   \
   {       |/_ ヽ _ ヾ\rr―――┘へ   ハ
    ヽ __ /⌒ヾ_/ミx /}||     ,,彳介弋\ |
       /     \彡'/ミx大|   ,,彳个||ハ \)ノ|
     /       \ 彡'`/ミ||,,彳 ||j|卅ミ\人{
    /            ⌒ Υ 彡'' /=卅| |||_ ノ x==、
   {       ー―≠ニニニ=―≦ー┴⌒ x彡ニニハ__∠ニニ
    ',            マニニニニニニ二二二ヽ \ニニニヽニ\ニニ
    \         }ニニニニニニニニニニニニニニニニニ彡
       ー ---   ノニニニニニニニニニ==―――― ´


ニュー速で家のムード―メーカー。

最初から能天気に接近してくるタイプの子だったので、結構 動かしやすかったです。

その後、原作では杏子から さやかに向けられたセリフを
さやかから杏子に言うシチュエーションになった時 「これはイケる!」 と思いました。


再登場後もムードメーカーとして活躍していた さやかちゃん。

そんな彼女が、ラダトームで幸子を相手にした時
「この子、お姉ちゃんになったんだなぁ」 と思いましたね。


前線で戦える僧侶として最後まで活躍したのは、原作で強力な治癒能力を持っていたからです。


そんな彼女は世界が平和になった後 ――


                                                               ./l
                                                               ./ l
                         , ィ' ´ ´ `` ヽ 、                           ./ .l
                       /: : :i: : : : : : : : : : : : \                         / .l
                      / : : : : :|: : : : : : : i: :i : : : : :ヽ                       /  .l
                      l . . . . : : |: : : :i、: : : l: :l : : : : : :ヽ                     /  l
                     l : l: : : l: :ハヾ: : ト、ヾ: |ヾ: : :|: : l: l l                    / /l l
                     l : : |: : ハ:ト 、| ヾ:| ヽヾ:,|斗|: |: : :|: ト:l                   ./ / l l
                    | :|: : |: :| || _,_` ヾ  ヾ!_,_ヾ|: : :ル: |\                 ./ l  .l l
                    |:|: i: ヾ | /ぢ;;|`     ぢ;|ヽ|: : :ハ: |                  /l l  l l
                    l|.| |: : :ヾ、 辷l     .辷,l |: リ .|:リ                 //l  //
                     l:|ゞ: : | ヽヽヽ   ' ヽヽヽ|:リ ':l '                 .//.l  イ/
                     ∨ ゞ: ト 、  l ̄. 寸   ,.ィ:/∨                 ///彡ィ./
                     ____,ィゞlヽ`ト .`ニ ニ´,ィ '´,ィ|/-- 、                //./彡´/
                    ./   :::::::::::::\ `ж´ .,l/  ,,,...::: l              .//./  ./
                   ./   ______ :::.. ".≦Ll≧ ==      l             ///   /
                  ./  .イ    ` i'=,=<~`.ヽ..、.__  \`::::l            ///   /
                 ./ /::::::|.、    _ヽ‐'.、!!ヽi r'.l´_l_`>、  ヾ:l          .///   /
                /./::::::::::r'nゝ / :::ヽ : i\ロ/: :lヾ、`lヽ  l         .///  ./
               //:::::::::::::::\":ヾ:/""ヽ: :ヽ‐: : : : :レ:}:::ヽ::::ヽ  l        ///  ./
               ノ::::::::::::::::::::::::|::ヾ:::ヽ ,ィ:':':"l;;;/: : : ==ノ`ヽト、::::::ヽ l      .///  ./
             ./::::::イ::::::::::::::::|::::::l:::::::<::::::::::ヾ|、_; ; ; ; :::|`:ヽ:!、ヾ:::::ト、、l     ///  ./
            ./:::://::::::::::::i::::|::::rヾ、:::::ヾ:::::::::::∧|「`ヾヽ、:::::::/::ヾ:::ヽ\|   ///  /
           ./::/ /:::::::::::::::l::::|::::::::ヽ三三|:::i:::::::::∧  .|:Υ:::::/:::::::ヾ:::ヽ \ ///  /
          .// ./:::::::::::::::::::l::::|:::::::::::l `"""ヾ:l::::::::::∧ :|::n:l::::|:::::::::::::ヾ:::ヽ ///  /
         ./  ./:::::::::::::::::::::l::::|:::::::::r'--    ∨::::::::∧.l:::::ゞ::|:::::::::::::::::\ .// l  ./
         / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"""    ,∨::::::∧l::::::::::|ヽ:::::::::::::::::// / ./ \
        / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       / ∨:::::∧::::::::|::::ヽ::::::::::://./ ./、.  \
     ,.イ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          〃i::::::::__l__::|::::::::ヽ::::// / / ヾ:ヽ   \
  , イ´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          〃、冫´   `.l:::::::::/././ ./:::ヽ ヾ:、   \
 ´ /::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::⊂">、ヽ._      〃 |`l'    __r.-!、 /././  /:::::::::::ヽ  ヾ、   \
 /::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::/- .<冫ラ〒〒彳-三‐ト、::::::r'´ |:: l`l´/  /:::::::::::::::::::ヽ      .\
::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::/: : /:〉ッ‐,‐'~'‐‐'´::::::::::l_`ニ:|   |::/:フ:Lr‐':::ヽ:::::::::::::::::::ヽ      .\
::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::/: :/: /::l: :|:l: : :`ヽ: : : : : :フ r.|   .l::::::l::::jl::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ       ヽ
:::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::://: : /:::l: : :|::l: : : : : : : : : :レィj .| .l |__h::l:::〉' .l:::::::::::l:::::::::::::::::::::::ヽ      .ヽ
:::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄フ;;;;ト 、: |:::l : : : : : r'r'´i´l-r.!,,,,r!ゝ」::/  l::::::::::::l::::::::::::::::::::::::ヽ      .ヽ
::::/  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄、"!--ト.、 .`|-ト 、: : : :l:ヾ:l_l '-i`コ"::r'|_|三三ソ:、::::::::::l::::::::::::::::::::::::ヽ       ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`|    `'ヽ!、  `.ヾ-|:|,,「」---lニl:/‐‐‐.|-ヽ´ヽ:::::::l:::::::::::::::::::::::::ヽ       ヽ
./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       ``.i\_ヾィ:ニ-‐'"ヾ""" |"ヽ-',.フ:::::::::l::::::::::::::::::::::::::ヽ       ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        ト 、 __l´    ___|,. イ´::::::::::::::::l:::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::, r!‐‐‐‐‐‐▽ |::::::::::::::| , イ ´   :::::`l::::::::::::::::,. ‐''''ヾ
:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::.......     ``>:::::.<´    ,,,∞./::::::::::/    ヾ
`ヽ、::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`|三|""''… 、,_ノ:::::::::::ゝ _,.r'´ ,=U==|:::::/
   `   /_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄``゙''''-|::::::::::::::::::::::!,r'´     |´
        ``   _:::::::::::::::::::::::;;;l      .l:::::::::::::::::::::::;|       |
              `""""".,.l´`     .| ̄'‐‐‐ ' ´  l      ヽ,‐i
                  /       ./        ヽ      :::l
                 /       ./          ヽ      .l
                /       /             ヽ      .l
               l      ./               ヽ      .l
               l      /                .ヽ      l
              l      ./                  .ヽ     .l
              l     /                    ヽ     .l
              .l     /                     ヽ     l
              l    /                       .ヽ    l
             .l    /                        ヽ    .l


―― なんと、『ルビスの剣』 を もらって、『ルビスの騎士』 に なっていたりします。

元々ルビスに対しても親し気だったので、その辺りが気に入られたのでしょう。


なお、間もなく妊娠が発覚してルビスの騎士は引退してしまうんですけどねw


154 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 杏子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            _     , ─‐‐ 、         人
           ‖ ̄ヾヽ /'  ̄ ヾ: ヽ          ^Y^
           {{    ` {'    }: :}            人
            !         ,: ノ __         ^Y^
            乂、, -─‐-x__ノ-< , :<⌒ヽ
          __.ヾ⌒ ̄;.....-'───‐-.、 `ヽ、
        ,r‐'::::::::::; ニ==ニ─-- 、::::::::::::::::::::`フ: :`. .、
      ,/::; - ' ̄: : : : : : : :_: : : : : ` ヾ::::::::::::/: : : : : : `.ヽ、
     _, .,イ: : : : : : : : へ、': :`ヽ 、: : : : ヽ::::::i: : : : : : ヽ-、 ヽ、
─=ニ-/: : : : : : : : : : : : :丶: : : : :\: : : : :ヽノ: : : : \: :ヽ`ヽ: :!
   /: : : :/: : : : : : : : : : : : :、: : : : :ヽ : : : ∧: : : : : ハヽ: :i  ヽ}
   // : : i: : ,イ: :!ヽ : ハ、,: : ハ: : : : : ハ: : : : :i: : : : : :ム.}: :|   !
  ./'.!: i : : |乂!.i: ト! ヽ: / 、 : i : : : : : : i: : : : | : : : : : : i!: :!
 / |: :| : : !: :!`ヽ    'i: :! ヽ: :ト、 : : : : |: : : : !: : : : : : 从,'
   .|:八: :ト{: :!     ヽ!,x=─-ミ: : : : : }, -、 i: : : : : :ノ,イ
   .!!i: ヽ:!斥ミミ、     ,=- .、 '!,: : : /, ヘ V!V: : : : : ハ:i
    代: マ:!ヽ.{rヽ     弋v.ソ ,ノ/ : / >/ ノ:ヽ!: : : : / !i
    ヽ: :ヾ. 乂ソ      `,,,,,  ムイ ,ニ/: : : : : : : /:!
     ゝ: ヽ'''''  '    __       /ミミ、 : : : : : : 人、
       ` {    , - ' `'ヽ  ,/! --┐,-、 : : : : : : ヽ、
      人. ゝ 、 ゝ   u' .イ  ヽ-,i ヽ,` -- 、: : : : ヽ、
       .^Y^  .フ' ノ-  -<、    ゝ,ヘ /   /`- 、: : ヽ、
          Y ム!__ .!ヽ!ヽ  i  .iヘ,/   ,イ     `  =、
            | _] |.八`ト 、 , --,ノヽ/  ,/.{          ` ‐‐ 、
         〈.i.  - ){ 、 ヽ.、' .'  / ノ  /   !         ,    `
           !. 、 .!ノヽ 、ヽ、  //  ノ   .ゝ --─  ̄ ̄     ,
          ! ゝ_ノ iヽ ヽ .ヽ // /    了 ` ‐孑七‐‐--、 , < _
          `}    } !  ` .V',/      i   ヽ!: : : : : : : 丶 },/
           乂   八   .! i、      ノ    i : : : : : : : : V
            ヽ    ム、 ゝ 、    /    .ハ : : : : : : : /
             ヽ    ゝ、  、           ム : : : : : /     ,
               八ヽ    ヽ  ヽ、          iヽ: : : /     ,/、
               ゝ、   ヽ  ヽ          〉 !` /     /: :
                ヽ、   入   ヽ、         /    /、: :
                  ` -'   ヽ、 ヽ    ,   ,-/    /ヽ ヽ
                         ヽ  l / , - '   ヽ  /ヽ  }、 `
                        く  }ヽ, へ-x__    ,/ i  / .i
                         .ト、//, ァ' , -, 、 / /  / 人
                        八 ` フ,イ_./ //__/  ,//  /
                           /ゝ、 ヽ ヽ '  ̄   /  ,/
                        /   ` - '─ ゝ── '__> '___
                        /      ` --/⌒/-- '
                       ./         /  /


なんちゃって家族を極めた子。

マリナと絡ませるようになってから、可愛さが爆発した気がします。

成長後の巨乳AAもあるのですが、この子は あんまり成長しない気が……。


この子に関しては出産後、前線に復帰するのもアリだったのですが

この頃になると対魔王戦が視野に入っていたので
無理に復帰させるよりは……と、子育てに専念してもらう事にしました。

子供達と遊ぶのが得意な母親になりそうだと思います。


世界が平和になった後も、子育てを がんばっているでしょうね。

後、マリナから機織りを習い始めてそう。


155 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で マミ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                            _,...-──-....__
                         , -''"´  `        ヽ===、、
                      //       ,.r‐   ヾ丶\   ヾ、
                     /イ'     /         ヽ  ヽ    \
                    ,,;''' /    /   /        ヽ.  ゙、.   \
                      //  '   / /   ,'          !  ヽ    \
                   //  ! ,..、/ '     l     、     λ  lト、    ヽ、
                 ,イ'  ,、| i|`、、 l    | /    !ヽ  l ,-!-l !l ト=-    ノ|
                 ,;'   !iヾ!| ヾ,|     ! l   l ,'  l. | /  リ .lゝヽ、   //
                 |!    ゞゝ!r、 li    !ミl!  ,r7   |. /!从  l 从ヽ i  //
                 l!    !ヾ  )}ト、 l l彳|//!'-__ |/ l'’ _ノ j/    i| //
                 ヽ、   ヾ人)ヾ从   ヾ! ! /,ィ'仟!`'   ´ イl|__l!ノ'
                  _`==ヽ_j、ヽr、  ヽ.lイ乂ソノ   丶 ' ' }λ、  ノ'
                 (( ̄`=-、_ヾ!ヾヽ 、 λ ` "", ,     ,イ!|=ヾ=''
             _, -…‐-=、__`≧彡彡ゞリ、ゝゝ  '    ,.rィ)'ヽ| i!  ))
       _,...........__>       三≡   ,.イ{、 ノ `ヾ` ‐r‐‐弋::う}、、リ\<'
       ,ゝ ̄ ̄ ̄ ヾ==≦ー─--彡イ    ̄ヾ、  ,{-‐'',ヾ¨´!|ヽ.\ ヽ
       ゝ_____      ヾ=''" ,r' ̄ `ヽ、 ヾ、/ 二7ニ{’ l!ヽ-ヽ\l}、
       `ゝ_≦ニ二ヽ     ケ   ノ,r‐ 、        | `、'゙二ヽ !|ヾヽ-ヽr‐’
      <´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"¨`´ヽ、/   l    ヾ、___,rf{!    }f'´ノ'ヽ l!l |
      }          、 {      {     ヽ  { (/ヽ、 ノ! \  ヽi!|i
 ,r-‐r=='- ≦<二_ ̄二>、ゞ    ,イ    ヽ Y  〉 ヽ//77'|  ヽ ヽ-、
 ヽ_(  ,r---──===─"     ヽ\、   ゙、|. / | ヽ'.//'")   ※ ',、 \、
   `ヽ、._                ゝ ヽ、  ヾ、! l     /※     l ヽ ヾ、
       ` ̄ ̄               | _`ー-、/  |    /.       /  ヽ l'
                  _、-、-‐、 } / ,r-ノ    !   /       / __ノ!j
                 ,ヘ´* ヽ ヽ+_,{ゝ / /     !  {    ,r'"    ヽ-''
              , '  ヽ,r─=!=!≦!`ヘ /     ゙   ,' ,, イ
             ,.' ☆/、!/-!从'|'" ヾ   ─"  /"´ /
             丶*/ ./ヽ  |/ !   ヽ       /   /
              ヾ /* ,r‐'' /|    `ー、.  /   /
              ヾ\__,.r'' ,r|''ヽ/      `¨´   ,.イ、
              >" / _/ !. / ヽ、ニニ──,=‐'' | )
             / { / /  l l       ̄ ̄   ノ/、
               }  _ -''    l l          , '//   ヽ
             { ,r    {    ヽ!  ___,-=ニ"-''  //
                {|l     \    ヽ ´、       _,r‐  ζ
              l:ヽ、  \  、  l  ` ー-  ,r''´ _,.-,=''f
             l::::ヾーァォ、_ー'' / ── ‐''" _,-'',r'':::::::::ヽ
             ゙、:::::::`丶、_`¨ー─‐‐--─'' ̄,-''":::::::::::::::::::..
               ゙、::::::::::::::::::::::`"‐---─ィ<"¨´:::::::::::::::::::::::::::::::.
              ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.


おじコンの幼な妻……年齢的には そのはずなんだけど
アナがいるせいで あまり幼な妻のイメージは無いですね。


彼女が やる夫に対して抱いていたのは憧れであり、初恋だったと思いますが
それを そのまま成就させちゃった子ですね。

憧れをそのまま昇華させているためか
やる夫の事は なんでも良い方向に捉える面が ありました。

ベッドメイキングの時とか。


早々にメイドに専念する事になって前線を離れたので
作中でセクシービームを撃てるとは思ってませんでしたね。

目からビームのAAが使えたので、個人的には満足です。


世界が平和になった後も、家ではメイドを続けているんじゃないでしょうか。

あと、ピチピチギャルの修行のおかげで、自分の武器を ちゃんと理解しているので
2人目の子供を欲しがって積極的になってそう。


156 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で サイネリア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          ___
                       .        `  .      -―- .
                        ´             ヽ/  __    `
           __   / /                〈´‐-.., `\  ヽ
            /´   `ヽ/  /   ∧|\  、  \     ヽ::::::::::ヽ  ,  }
         /   , -‐- /  i   i´ ̄`\ ヽ ヽ__ヽ 丶  .i::::ヽ/  i  ,
.        / /    '  l !   !    ヽ ´ .ト、 |\ }、/マニム   |  /
       //  _,... -‐. !  | ∧, ‐ ト、    } } .,x= ミ、 }/ 、 マニム / /
.       {' |   \::::::::∧ ∧,/丶 \    ノノ f示ミ }} || ヽ マニノ イ
.       | .|   ∠i7´ `| `'‐-,ィ 示ミ、    乂ソ   .リ、  i }二ニ|
.      ヽ | ∠ヨ/.    |   ∧{{ 弋刋 . : : : : . /// lノi  | }二ニ|
       `∠ニニ/     |  | ヘ ///  {      ' , / /二ニノ
.      ∠ニ-‐ ´     .八 人  .     、    ノ  / ノイ /=-‐´
                 \ \ \          '_
                / \ \ \ `    ___ /|`ヽ`Y
                ┌┴‐- \ ` ―‐ /ヘ ___ ト、 }/   、
                |     /`f-, - イニニニニニニニ}    / \  _
              _|_    /ニニ/  ヽヽニニニニニニノ 、 /_,,.. -‐  ̄ ヽ
           {       {ニニ{    /    / , -‐  }ニニ}        }
               \ __.┌{ニニ{   {___,/       }ニニ}   ̄ ̄ ̄ ̄/
              /´  / ` ̄´> ./ニニ/  __   /二/         /
              \_ /     `¨/ニニ/-‐' ∠,_ノ`ヽ/  ¨¨ ‐- ../
             〈  ,         /ニニ/        〈 \    __,/
                 \!       iニニi'         '_∠ヽ≦ニニ|
                  代        |ニニ|          .二ニニニニニ|
                 |ニlゝ _     ,|ニニ|           ,:`:.<ニニ>'´
                 |ニ| : \ニニ二ニニ≧-   ___ ,r厶: : : : : /
                 |ニ|: : : :.\ニニニニニニ/: : : : /ニニニ/ ̄


イメージプレイの伝道者。

配役理由は絵理とのつながりと、服装がメイドっぽく見えたからですね。

こちらも最初は絵理と同じくヒロインにする予定は ありませんでしたが

「手籠めにされたい願望」 ネタが生まれた時、この子はヒロインになれると思いました。


実際に やる夫にやらせる訳にはいかないのでイメージプレイになった結果

かえってネタが広がった気がw


腕を組んでるAAの目が力強くて、頼りになるベテランメイドになってくれましたね。

AAが性格にも影響するのは よくあります。

この子のオカン気質は、AAから生まれました。


世界が平和になった後も、しばらくは南館担当メイド長として活躍しているでしょうね。
そこを下手に空けてしまうと、新しいメイドを入れないといけなくなりますから。

ただ、貴族夫人となると いつまでも〜とはいかなくなってくるので
いずれ新しいメイドを雇う事になるでしょうね。

その時は、以前 没になったメイド達が来るかもしれません。


最終話へ      6 

この記事へのコメント
やらない子は伝説の騎士として名が残らないのは気にしなくても
夜の秘伝書の作者として名が残るのは気にしそうw
むしろそっちも残さないで! みたいな
Posted by at 2020年07月07日 12:56
あーそういやさか奈PTの解散理由って・・・
あれ本スレで聞いて凄い顔したさか奈さんが真相サラっとレスしてきて「あっ」ってなったんだったなぁ

まぁその爆弾岩にけつまずいたの自分なんだけどw
Posted by at 2020年07月08日 09:50
ここまで紹介されたヒロイン皆がそれぞれ活躍する話があってよく考えられてるなぁと感じるわ
やっぱり活躍したほうが魅力も増えるしね 可愛いけどいるだけってのはなんか寂しい
Posted by at 2020年07月10日 20:01
既存の作品キャラは大抵そっち方面に引っ張られてしまう傾向が強い中、
よくぞここまでのハーレムものにできたなーとつくづく感心するしかないw
Posted by at 2020年07月16日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187671086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ