■ 収録シリーズ

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  ドラゴンクエスト4コママンガ劇場 1日1本365日連続更新 挑戦中
   現行スレ NEW! 1/21 毎日更新 投下時間は不定期です。
  ファイアーエムブレム グルニア流離譚
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。

  やる夫はDQ5の主人公に転生したようです、ただし双子で(完結) 最終スレ
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵

  ニセ予告『魔神殺しの風騎委員 世界平和は業務に入りますか?
   〜勇者と魔王の魂を受け継いだ俺ですが、そこまで責任持てません〜』
   →小説本編 【1巻発売中!】 NEW! 2/25 毎週 日曜に更新しています。

  ニセ予告『異世界混浴物語』 →小説本編(完結)
  ※ 小説本編は 『小説家になろう』 に掲載されています。

  ※ 投下・更新が延期される場合もあります。あらかじめご了承ください。

 各掲示板へは、こちらからどうぞ。
  やる夫deLiveAAA板管理スレLiveAAA板避難所避難用スレ小説系掲示板

2020年07月06日

最後の裏話(7)

最終話へ       7 年末スペシャル2023へ

157 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で マリナ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    _  -─―-
                ,   ´ -‐ァ ¬     ` <
             r〜'´ ´     /     `ヽ ヽ
             ンi'  , '   〃,       ヽ V!ヘ
            r'V   /  / / !|   !、  ヽ  l  トい
            {7  j   j イ ハ_l,   !_ハ ハ }  l  ! i_ 〕
            `!|! { _]ム|ニムl l  |ル!厶jムj }i j,ル'
                 j八l ハ  ! jr!_:八!ヘ!乂jr!_:}_} /' /ハ
                `!Vぃi` ̄        ̄/イ/イ
               | l ム ```   {   ``` ./ム i |
               | | !:へ    、  ,   .イ !i ! !
                 i| ! l , !`!      ィ! !| !l i ||
                  jl | ∨|!l  ー '´ | ! !' j   l
               / ! ト. V_,ン}      j、j_V, l l|
            .  ¬ ! l 、\_       ン/ ! !i‐ ¬ 、
           . ´  `¨} i |辷_¨´     /厶イ !「    \
        ./   ., ハ | !  `ヽ._   '´ ̄ ハj lル' !     \
        ./    / i ヘ. ぃ、_        _/ /, !l   ! i 、  \
     /    / / !  V!べ^¬'´!7「'Ti'´/ /厶ハ   l l  \   ヽ
.    ‘乙_    ,〃 !l  `  `Vi l | i !' / ´   !、   ! l    ,ィ´┘
      `}i_ _//   ハ    i   ぃ | ; jル'     ,  l l  l     j7
       `⌒iV   ' i    l   、j ! j'     ′|l   !  __//
          〕!__j ぃ  |   Yi∨  / /   { |   ン⌒'^V,´
          /ハ  ヘ. ヽ\ l \_ ∨j|  , ' /  / ハ! _/  ∧ !
         ' . ∧   `弐ニ≫-‐ >`},/   ,/ /j, ´   ′! l
        i j ! ハ \ マニZ二ニ=┴==ニ´ニ'¬ _/ ハ i  !
         j l l |八   >!廴_..二ニ==-r  ¬r〜'ー   ' ! !|!
        .ノl ! !i{ぃ' / ヽ\   !     l  jノ ノ`7!  / i   ! !
         ヘjハ!'_」 ハ i j_ムr'ぃ |   jノ  /_/ / } { 'j  j _j i
            〕!' !| !〔_   V   、  !  /‘>〜'^i{ ハ l/ '〜'⌒´
            l |_jf^!く    ヽ   丶ノ/ ,    ≫_j 」 ハ
            | }'rzj,rヘ   !>、_/   '´   ∠ムヘj〈/ ! ヽ
             , `'´、 \_丶 { 「 `7く_  /      ∨   \
            /   ` ¬ヘ ヽj|i' , `!/  - ¬    ヽ
         , '       _   ヽ}ヘ,jく_ イ{_ン    /       丶
        ,/       , '´ \ ヽヘ\ヽヽj -‐ ´   、     \
       〃   ,    /      丶 ヘ ` ¬、}        \
     //   ;   /       ` !  {            \
    j '    ! ,            l   !                丶
    l〈     i /            ノ l八
    j厶    /            {  l !i
   . , '´\  ′       j   j   | ; l     丶
   /     丶 ` ー--  {   ,     ! i|      \


機織り職人であり、『勇者の故郷風』 服飾デザイナー。

配役理由に関しては 『裏話「史上最大のヒロイン・ザ・ヒロイン」』 参照。

ちなみに、職業の加護が 「遊び人」 だったのは、原作でも歌が上手かったからです。


元々 葵のお母さん役でしたが、そこに杏子を加えた事で
面白い なんちゃって家族が誕生しましたね。

結婚当初は上手くいかない役を任せてしまいましたが
結果として、マリナを掘り下げる事が できたと思います。


世界が平和になった後、一部の子供に 「おばあちゃん」 と呼ばれてショックを受けた

……なんて事は無いと信じていますw

子供好きなので、孤児院運営などにも関わっていそうですね。


158 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で リュクレース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           /: : : :/: :_,:--'": : : : : : : : : : :\: :〉
            ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
         /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
          八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
           {: : : r":::::{´::∧:八Y::! リ--Y::::}::}:::::::\
          ゞ、/:::{::::::i!Y≠ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ
     /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.
     〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!
   //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.    r==ァ   人::::}::/:::!::::::::八
  /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:−、_ゝ_'_..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(
  Y::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
   \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
    `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:−:'Y、:/:_:_:.ヽ.._,
        /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>-、_:.ミ:、: : :`≧:<Y、: : : :_: /
      /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Y:、ー:.‐:{
    / ::::://:/::::/::::::人::::∧     ー‐" ` ー 、Yハーイ
   / ::::::::://::::/::::::/  !::::::::!      ̄ ´     :Yハ::八
.  /:::::::::::::/::::::/::::::::::ハ  ∨:::ハ     .  ,       八::∧:::::\
 /:::::::::::::/:::::‖::::::::/::::::.   Z::ハ   ノ/    ./ メ:}:::::}ハ:::::: \
. {::::::::,::::/:::::〃::::::::/::::::::ハ   Y:トii>''¨⌒≧‐彡"  /:ム;リ:!::!::!::::::::`
八::::::{::::i!:::;/{:::::::::,'::::ノ¨{∧.  Z  ,  //|:.   /:ムイ: :!:ハ:ト;:::::::::
. ヽ::ハ:/レ':;/L;;;;_{/{ ハ∧   }リ. //   ノノ   /: : !.: : :.リ{ }| レ'⌒
.  ) リ:::::/:{::::/  i! ! ゝ.∧ _. ∨    -イ  /: :_x ‐―――テ
    /:::::/イ:::'    八 !   / : `ー┐ fナー―--┐ ̄ ̄´ー,f
.  /:::::/: :.{::{       ,  <: : : : : : :{:.!、 ゝ: : : : : : : /   r‐'"zzzzz
.  /:::::/: : :.!:::  ./  {   \: : : : :!:.! ヾ}:了: : : : :/    .|'圭圭圭圭
.  !{::::{ : : 八:! ./   \   .}: : : :.!:ハ、.{:/: : : : : {     ノ圭圭圭圭
. ノレ´}: }: : : .}/    /{/¨ ̄_≧x_:.ヾニ !: : :z=ミ: |、 ./圭圭圭圭圭
   /: .!: :{: 〈   /⌒´ /圭圭圭ミx_.!.: : : :.ゝ:ト`´ {圭圭圭圭圭圭
.  /: :〈: : `: :ヽ /     /圭圭圭圭圭圭ヽ\: : `ヾ〉 '圭圭圭圭圭圭
  八: : :.\: : : }∧   /圭圭圭圭圭圭圭圭\`ー,:}--`ー'" ̄ フ圭圭


自称・ドレイですが、立派に貴族夫人をやっている……はず。

配役理由に関しては 『裏話「史上最大のヒロイン・ザ・ヒロイン」』 参照。

ドレイ宣言で、色々と一点突破した子でしたね。

あと 「たゆんっ」 。


ちなみに家族がスターウォーズなのは、DQ4コマの方でパパス役がダースベイダーだったからです。

作中ではパパスではなくアニスですけどね。

その配役によってアニスがグリーヴァスと戦う事になって、兄の重要性も上がっていました。


コスプレ前のAAが澪になった事で、色々使いやすくなりました。

おかげでトゥーラを弾けるようになったのも大きいですね。
あれのおかげで、貴族令嬢として しっかりした教育を受けていた というのが見えてきましたから。


そういう理由で、リュカは内政向けの高い能力を持っていました。

作中でも秘書として活躍し、世界が平和になった後も傘下貴族となったリュカ家への対応。
更に元・第四夫人派貴族 相手の外交も任される事になります。


159 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 神夜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       _,......__
                       /:::::::/::::::::::>、
                    イ ':::::::/:/\::_:::::::\
                    '∧! |:::::/〈 ∧ } 、:::::::::::__,イ
                {、_ }| |{ {:::/::/ } 、/_ヽ/イ:::::\
                \_)/{__ /-<_::::<_/イ{/l:::::::::::::::::.
                 >'::::::{:::::、:::::、:::>::.、____,.==ミ、::::.
             _,...イ/::/::::::|:::::::∨: \:ヽ、: :_、 {---'::::::::::.
             /イ:::';:/:/: :!{: : : :|: : 、: \:ヽ: ヽ  、:::::::::::::::::ヽ
                   /:/:/:':|: :!{ Y: :|, -ミ\: :、: :,: }  ,::::::::::::::::::::.
              /:/: ':/::{从⌒\:! ,ィrtォ,\}ト:}/   ,:::::::::::::::::::::.
               {イ: |: {:从ィチ芹 }' 込リ}/,:イ}リ    ,::::::::::::::::::::::.
                   {:∧:|\} ゞ゙゚'  ,   ムイ|     {:::::::::::::::::::::::.
               '  リゝ:∧   v―;  .イ:::::|       |:::|:::::::::::::::::::.
                   |::::| > .__ . イ |: : j      |:::|::::::::::::::::::::|
                   |::::|  |    | ,': :/ _      ::|::::::::::::::::::::|
                    ,. ´|: :{ー-'   `{: / ´  `ヽ  |::|::::::::::::::::::::|
                /  ,从  `  ´ / '     }  ,::::|::::::::::::::::::::|
                     ,  !   \      :.    , /:::::|:::::|:::::::::::: |
             _r_|  }     , _..   .._ // ̄ ̄ ̄ ̄}::::|:::::::::::: |
            {∧> ' ¨´    /      ヽ/ ̄ ̄乂//_::j::::::::::::::|
            // {     ,       / {    ∨    ////: ,::::::::::: |
            ,イ///!    /    ///∧    }    ////:::,::::::::::::: |
             / ∨/∧    ,    ////// `ヽ 八  //イ::::/::::::|::::::::|
             {  ∨/∧  {  //////   イ⌒7 /_/:::/::::::::, :::::: |
         八   \//\ ∨//// /     }イ } ̄/: ::/::::::::/ ::::::: |
           /y/}>=-`--=≦`ー‐<ヽ<⌒ヽマム イ \ : /::::::::/:::::::::::::|
        〈x// / / ////     ///:.、〉`ヽ_〉∨ム\}':::::::::/::::, ::::::: |
         ∨{   / ////     {イ:.:.::.〈、`ヽ」\;\}X|:::::::::,:::::/ :::::::: |
         Y/'⌒ミ///     / 「¨¨´ ̄`ヽ} |X\X/::::::::/:::/: : ::::::: |
         乂∨////     / l|       |∨X\}::: /:::/: : : ::::::: |
            `∨//      ,'  /       | |:\_/: :/: :,: : : : :::::::: |
               ∨'      / /        _|/: : : : :/: : : : : : :/: : : ,
             }      ,' /====ミ /,..--ト、: : : :': : : : : : :/ : : : ,
              〉、     /イ///////Y //// | ∨: : : : : : : : : : : : :/
                /  \__'_////////∧」////l! ∨: : : : : : /: : : : ,
           ,      / ̄ ̄ ̄\///////|   ',: : : : : : : : : : :/
            {      ,          ̄ ̄ ̄ `}   }、: : : : : : : : /
           |\____{___        |  |ム: : : : : : :/
           |\_____l\/\____,」  |_」: : : : : :/
           :.        |、:.:.}イ:.}' | 〉        ;: : : : : : :,'
            ,          ヽ}、| | l| !'       , : : : : : /


雫と並ぶ、ニュー速で家の双璧。 壁に非ず。

配役理由に関しては 『裏話「史上最大のヒロイン・ザ・ヒロイン」』 参照。


アイビスの妹疑惑で登場した彼女。
ネリーとも並べて凸凹凸とか、ボンキュッボーン というのは意識していましたw

作中では戦う事はありませんでしたが

最近はAAも増えて戦闘も こなせそうになっているので
いつか戦闘要員としても使ってみたいかも。


不貞の子の噂は、そろそろ払拭されていると思います。
神夜の両親の話は、吟遊詩人達にとっても おいしいネタでしょうし。

という訳で、世界が平和になった後は夫人として社交に参加しているんじゃないでしょうか。

あと、子守りに専念していた経験から子供好きに目覚めてそう。
孤児院運営への参加から、2人目の おねだりまで、色々と頑張りそうです。


160 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で ヴィクトリカ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      ,. ´,    ヽ \ ` 、
                      / / / .:′     、  ヽ
                     〃 /  ::!  ::! :  : :: :. :.  ヾマ'ー-rr‐┬rr‐ 、_
                   /  .:' :′::|  ::l ::l  l :::! |:. :.   ヾv'// :/:// ,:/ `   、
               /ィ,  i: :|| |  ::| ::| ,├┼ト |::. vヘ V/,//.;ノ/       )
                  /'///: ' :|: ::l|,ィ´「  :| ::| ,..L⊥L.」:::l l lヽレ'//´∠,./   /
              |l{///!:|:l:v'{|l |;⊥=-― '´r'ッj} ´|:i:| | l:キfチfイ⌒7     /
              ゞ//,'|::|:|l:. k'r'ッj}`     "´ ̄ /;::|i: | l/リ´;ク′'⌒i   ん、
                // { !:: l ::il:、:\'"´    '      //.:/i! |/':;;;// /  /\_/⌒ヾ,__
                 | l:. l!|l:: l!::.\\`     , -   `ア::jル'{;;シ/ /   /:/ !   ハ ∨ヽ
                 | |:::レぃj廴;,_;:ゝ.          , イl|Yl|l:| }/ヾXヽ _/:/ |  i ヾ,..ノ}-
                `'〉/;不!:l l|!:|::}:|:|:l:〕lぇs‐- イfうrァ'^{|:| ∨ ヾミ 、`ーx_,rト-ヘノく
               //1||/;:;ル'‐xi:|:||!fぅl≧znz≦て  (ゞ:, ∨   ヾ7ニ!ニに辷,.ノー'
                // !|///,':にユ/`´   i少i介‐t‐┘   い! | /   `アア´|{
               __//  l//// にユ      |:l li:i|      ;こl丿,′ / l| .;ハ
            トミ ミ<,///に,=、-、      |i| |:i:| ___,.ノ/ノ   /   ,爪:lマム
               ,|: : :.` <゙ミヽ/´、ヽヽ}=====z|:| |i:iト〜^ァ'Y´ i     . イ|:;! マム
           /:|: : : : : : : :Ylと^JJJ三三三三≧l  /′|   ! irf爪;;. l.:.∨| li:i|
              i|.:|: : : : : : : :.|`¨|: : : : : : : : : : : : : : :|,イ /  l|  |  |:|::!:;ハ;. :. ヾ, |:i:|
              ||::|: : : : : : , ┴‐-=ミ,: : : : : : : : : : : :|||   ,':|  l ,ィ'⌒ヽl;;;:.  :. \:!
           ,リ::|: : : : /         ⌒ヽ : : : : : : :トぃヽ/ |  l/    :. Y;;;;:..丶 \
         / ::|: :./   /  _ / }'   ∧ : : : : : :|:::::  ̄`iヽ {   ...  ::: ゝ、;;;;. \ ヽ
        /...: :: :;|;/,r=尖竺彡ー- ミー-、トvヘ;.: : : : :|-r'r‐-ノ:ノ__廴_彡'    ヽ;;;;:.   ヽ
       /..:: :_;;:rf彡イ´ / 7⌒ / y'´\j{ 'vヘ : : : | ヾミ彡イ >ヾヽ=-'      |;;: ;;:.
    ,..:´ .:;;/ ,ノイ゙7   ,癶、/ / `lヾハ{( }ハ,: : :|i .:: :.:.{ じ) ;ハl|;ノ::.. ::: .::.__j;;;; ;;;;:  ::
  /:;  '"´  /.: / {_rイ    `ヾ _j/{ ,ハこヽ', `寸廴;: : :.`´.:: ::jハ:::: ̄`ヽ;; ;; :;;;: ;; :  ::
 .';;/      〈 ,_r‐{i{:.  |      i廴_(j )に i∨ V/{ :: ::: :::::/:| 'v:./   V .;;;;;;i;;;:  ::
/:;/       らノ/ ,ヾミ:;;l        ir:r=ィヘ⌒)( vヘ,  V \  , イ::::l   〉    /.; .;;; :|;;:
;;:{         /廴 ノ /||      i/::Y;ハ ∨)ハ vヘ, l   「 |:; ::| /    /:!;:/.;;/:!:   /
;;;.ゝ. ____//  廴_/  ! l       i::下廴'vヘ,⌒)ゝ,ヽ)ノ   ヽl'   l |:.  .:;ハ::|;: V;;:;′ !
\_____ ,/    廴l丶⊥|     i::/:}:/::)' 〉. ヽう込, })    人 :;| !:::..::::i: |:| ;: ∨   |
    ,/   .;_/ :;`ー, | __    iハ//:/`ー(_j\\)X/   /  Y:l |:::: :::::: |:| 、;: ヽ、{ |
  / _,//' .;; / :;/`''リ__l_  if!'⌒i′/::::廴! ヽ ヽ)!     i|::`ヾ;:::::;:::: |ハ, \ ;:  ヾ
ィ彡'´ //.:/ ::;;;l∠.,_にネイー-=ミ}′ ヽ/ / |:l廴 V、! ヽ   八   Vl: :: |!:;;\ 丶: _
i′ / /!' /   ::;;;|;;;;;;;;: //!|_!   ;i′   Y  l ::::::し,j}|  )/ |   廴_」;;;;: |::lヽ::;;;;;;;;
ト-‐{ {人/   ::;;;;レ- 、{_l !   /'__     〉ノ  /:/:`り  / / )ハ:  .::::ヽ;;;;;;: |::| l}:;;;;;;;
ト-‐ヘ, \{    ::;;:`ー‐':;;;′/, イ, - 、`ヽ /人,x' .::{:: :: |    /  / |:.  ::: :::. \;:ゝ/::;;;:ノ
)   ,>-ゝ. __  ____;/‐' / ′   ヽ, }´.: :八::.:l::::{;ハ、/ ー ′/ヽ:: ::::::: ::.  ヾ-=ニ二
 __/_,/..:;;;;;;____;;'一'   ′   ∧!.: /.: ::.:r':ヽ::_;癶、|  ′ \:::::::::::..  ∨;;/:;;
く,(∠,/.:;;;;;/ .:/ , }:jV'   /    /::::l|:/.:: ::;.: : ̄_r―┘,ハ  !    \:::: ::  l'::;;;;;;;(
ー=ニ7.:;/;ん、_rく_r(_,ノく/   /    /: :::::l!::::/.: .:_丿    / | |     / /|::::: ::  :|::;;;;;;;{;;
  { ::{;;;{ __       {  /    /⌒廴_メr一'´   / /   | i    '//|:::::   .::|\:;;;;;;
   ゝ:;丶;;;:ノ       ,.>'     / ヽ._  | \ _ /    | :  // |::::  .:: :|!}ヾ;;
       ̄_r―(⌒i<,__     ( }  ヽ.う |  ノ)、____   -=彡イ | |::: .: :: :|/::;;;;;
       ( `ー'^ー'ー'ー `      人)_)ー'   ! 〃`ー┬┬‐┬…''"   i  | !:  :: :: :|::;;;;;;;;;;;


ニュー速で家の軍師。

配役理由に関しては 『裏話「史上最大のヒロイン・ザ・ヒロイン」』 参照。


サマンオサ編のために登場した彼女ですが、それ以降も参謀として活躍してくれましたね。

この子がいなければ、VSヤンは厳しかったと思う。


母・真紅と絡むようになってからは、彼女自身の成長も見られるようになっていました。

特に礼儀作法方面w


「年齢の割に幼い外見のヴィクトリカ」 と 「幼い外見に大人な精神年齢のアナ」 。

「軍事担当」 、「政治担当」 などなど、この2人に関しては意識して対になるようにしていました。

「伏龍」 と 「鳳雛」 のイメージも ありましたね。


世界が平和になった後は、しっかり妊娠して無事に元気な赤ちゃんを生みました。

あと、ヴィクトリカも読書が趣味なので、やる夫、タバサ、パチュリーの輪に加わっていそうですね。


161 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で タバサ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

: : {
: : {
: : {                      . : : : ―――: : : .
: : {               . : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : :`: : .
: : {                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
: : {            . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
: : {           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : :.
: :∧        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : :|: : :|: : : : : :.
: : : :.       /: : : : : : : : : : :|: : : : : | : : : : : : : : : : |: : :|: : :| : : : : : :.
: : : : :.      /: : : : : : : : W:.:.|、: : :. :.ト、: : : : : :|:. :. :.|: : :|: : :|: : |: : :|: :
: : : : : :.     {: : : : : :. :. :. : :,:斗 \-: |- 、: : :. :.|: : :斗-:/- イ、:./.:. :.|: |
: : : : : : :.    .{: : : : : : : :.|::.∧: :.  \l   \:. :.|: : : /l:/l:/ |:./: :| : |: |
: : : : : : ∧   .八: : : : : : : ∨: :ィ斧芋芋ミ   ∨|:.:.:.ィ斧芋ミレ:. :. :.:.从!
: : : : : : : ∧    ∨: : : : : : : 癶  _)示V    レレ'  _) 小ノ/: /Y/
: : : : : : : : ∧    ∨ : : : : : ∧  乂zソ   「|==「|  ヒzソ /: :/r 、
V: : : : : : : : :}    ∨: : :\: :∧、 ____ノノ   ゝ=====ムイ .| fヽ
.∨7777777ハ     ∨: : : :\: :.   ̄ ̄ ̄    `      ./ l | | |
 ∨///////}     W: : : : :.\                   ,′l | | |
.  ∨//////}    |V:\: : : :}           ‐       イ / l | | |
   l////// l      从W: W: :.}>          イ::./ .{   | |
   l/ ̄ ̄ } _/二≧s。V|ハ: : }    ≧s。.,,_  <l:./| / ノ      |
   | : : : : : : :./二二ニニニ\ヘ:.:}     _|:.:./_レニ:八    / |
   ∨: : : : : : :.二二二二二ニ\ ̄\/         ̄ ̄`  、  |          。s≦  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ __
.    ∨: ///∧二二二二二二r‐< ___             ≧s。       /         。s≦:i:i:i:i:i:i:/
.    { //////∧二二二二二/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。        ><      。s≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
.    ∨//////∧二二二二/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。.,,,,,,,(___)。s≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
     ∨//////∧二二二/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/


やる夫の趣味仲間というかオタ友。

配役理由に関しては 『裏話「史上最大のヒロイン・ザ・ヒロイン」』 参照。


紆余曲折を経て、嫁入りまで到達した子ですね。

物産展前半ではゴジャースの刺客として読者からも警戒されまくっていた子でした。

それが後半の面談シーンで一気に好感度を爆上げできた時は、かなり手応えを感じましたね。


原作では白兵戦能力も持っていますが、作中では魔法使い特化の子でした。

これは冒険者として生きてきた訳ではないので
まんべんなく成長するのは無理だろうという判断ですね。

という訳で、戦闘では基本的に魔法砲台になってもらってました。

ヒャド系が得意なのは、原作つながりです。


世界が平和になった後は、やる夫達と一緒に読書趣味に邁進しているでしょう。

もちろん、子供も無事に生んでますよ。

この子、むっつりスケベなので 結構 子だくさんになりそうな気がw


162 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 魔ゐ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   _,. -‐…−- ._
                     /: : : :_:_:_:_:_:_:_:_: : :丶.
                    /: : : /´ ̄ ̄ ̄`>、yヘ:_>、
                  /´: : : : : : : : : : : : : : : : :/`  。Y:.,
              /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : :\゚__,ノ: ハ
                 ': : : :l: : : : : :\:ー--;==ニ/l: : Y |
             |: :|: : \: : : :_: :`:ー≠ァ斤示、l: : :X|
                  l: :|: : : | `/ー---一'´/l:f::::};〉ヽ: : :ヾ
               l: |: : : :V        弋彡'  卜: : ヽ
              ヽl: : : : ', 、y:==       '' ' |∧: : : \
                ',: : : : '、〃    丶_     /、__),: : : : :',
                 ヽ: : : : \'' '   ヽ )   ,〃: : : |: :/\|
                  \ : : : \_    ´ . イ` ー一'jノ
          _    ∩      >ミトテ`Tニ"´  l
      ‘ー、\  _ 〉ヽ    /⌒` ー ニ´_    __` ¬ "´ ̄`ヽ.
         \ / /`ヽ! /⌒\_      `  ´       __」_
             〈 / / ,つ     ̄ ̄ ̄厂>、_ィ ┬---‐ '´    |
           ヽ.  〈 |            / /´  l |         l
             ',  |、        / /   l |         ヽ
                |   |ヽ二 丶 __/ /  ○ l |        -―〉
                |  |/ l 丶-----'     l └---― ´ . -‐ァ’
            rj   卜 |  |         丶-―ァ¬ナ"´ //
            /丶--'|    |            /  /  /′
          /     |    ノ}               /    /


ニュー速で商会の芸能プロデューサー。

配役理由に関しては 『裏話「史上最大のヒロイン・ザ・ヒロイン」』 参照。


この子も当初はヒロイン化の予定は無く、読者人気の高さに押されてヒロイン化しました。

結果として 「やる夫がフラられても諦めきれずに口説き落とした少女」 という事にw

それだけの価値がある子に できるかが勝負でしたね。


世界が平和になった後は、あくまでアイドルである美希と違い
こちらは人が歩む道を作る事に楽しみを見出して、プロデューサーの道を歩み始めました。

なお、切っ掛けは 『銀河美商人』 。

これからも 『銀河美商人』 シリーズを中心に、様々な歌劇などをプロデュースしていくでしょう。

多分、神夜が不貞の子という噂を払拭させたのも この子。

当然、カガリのアイドル育成にも関わっています。


163 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 伊織
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                             ___
                   , . . -─‐:/ ̄ : : : : : : : : : . . _
                    ィ: : /{:: : : l{: :l{⌒≧ : :_: : : : : : : : :丶
                 /:く ̄  >二l{: :l{ : : : : : :≧:、 :: : : : : : : :\
           / : : /_  / ̄: : _:_{レ-‐ァ_: : :\: : : : : : : : \
              /: : : :/ /: ∨ァ´ ̄ ̄       ´ ̄∠\: : : : : : : : ヽ
          /: : : /  /|: :ノ´                     ヽ : : : : : : : : :.
            /: : : /  /l |/                   ∨: : : : : : :∧
         i: : : /  /l l |7  -‐   ̄ ̄\          ∨: : : : : : :∧
          |: : /  /: l l |       ___              i : : : : : : : : i
          |: /  /: : l l |,   iマ ̄んjゎ、               |: : :│: : : :│
          |〈_/ : : :l_l_L    {{   )廴カ lト           ̄\|: : : | : : : :│
          j/: : /_\l       乂ソ              | : : l|: : : : :′
         |: : :{ イ   \                    _,   |: : :l|: : : :/
         |: :八 ∨  ,ノ                、 ´ ̄^ヾ  |: : /: : : /
         |: :| : :.   ヽ                   ′      /: :/ : : :/
         |: :| : : :\             (ヽ\            /: :/ : : :/{
          |: :| : : : : lト--ト         \   __         /: :/ : : :/:l|
           |: : : : : : /|: :l: |           ー'       /: :/ : : :/: :l|      -─ ,
.          l: /: : : :/:/ : |│ \              イ: : :| : : :/: : :l| /     ´
         l/ : : : /:/ : : l: |   丶         _. .i〔: : :| : : |: : :/ : : :l|/    /
        // ̄ ̄ ̄\__|       __ ィi : : : |:| : : |: : :| 「`ヽ: : :/   /
         /´ ̄ ̄ ̄\  \     /  _\:| : : : |:| : : |: : | :|   } :/  /
.        /         \  \  { / ̄ ̄ }__|」: -‐\|: :l   |/ / ̄\
     /:i         l \  \ ∨   / ̄\ | |      \| / /      {_
.   / : :│        |   \   \/ / \} | |       ノ  │ /  │
 /: : : : :│        |    \__/ /  /\l |      i    l/  _  ヽ
: : : : : : / |         |        | /  /  __}│  |  |   / /    /


ニュー速で商会 幹部。

主に劇団担当ですけど、新商売が あれば進んで凸を……もとい首を突っ込みます。


配役理由は、まずヴィクトリカ役が できる子というのが あったのですが

この子に関しては、最初からヒロイン化を考えていたので
嫁入り後、どう関わるかを まず考えました。

やはり商売を通じた関わりになるかな〜と考え、条件に合いそうな お嬢様。
芸能関係でアイドル……と候補を絞っていったところで

歌劇にするシーンで、ヴィクトリカが変態 変態と言っていたのを思い出して伊織に なりましたw


なお、登場時点では家族の配役は考えていませんでした。

結構ハマり役だったと思います。
フリーザパパと、天津飯・クリリン兄弟。

おかげで最後はクリリンが家臣になってくれましたし。


世界が平和になった後は、魔ゐと同じくアイドルとしては一線を退き
プロデュースと後進の指導に進んでいきます。

また、やる夫の夫人として社交面でも活躍するようになっていくでしょう。


164 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で ゆかり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         >-、!  __     `ヽ
          `ヽ `ー         `…--  _
            >‐-._           ̄    …--  __
           /: : : : : : : : :`: : : -. . _                ` ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` ‐- _                 !
           /: : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : : :\: : : ヽ‐-              }
          ./: : : : : : : : :/\: : : : : : : :-: : _: : : ヽ: : : \ `  、      ,′
         ! : : : : : : : : {   \: : : : :、: : : :_:ヽ: :_\: r-:ヽ   / ̄    ,′
          |: : : : :!: : : : |    _≧x: : :ヽ<_,ニ、 ヽト、! `ヽ .,′    .,′
        ,: : : : : |: : : : |  -‐         /{i爿 ! }ハ  ./「,′     .!
         !: : : : : ト、: : : }     -‐、     ' 弋リ  !   ノ.:.}′     ,
          |: : : : : :!::ヽ: : :!  x==≠=        |--:'.:.:.:.,′
          |: : : : : :{ r=\:.ヽ         ,    {!.:.:.:.:.:./      ,′
          |: : :| : : ヽ!_ /!\:..、             .八.:.:.:./       ./
        ,: : : | : : : ミヽ:\` ヽ     _,.. -‐ァ  /.:.:.:.:.:.;′     /
         {: : : |! : : : ヽ.:.:.:.:.ヽ     `ー   /.:.:.:.:.:.:ノ      /
        从: : :!ヽ: : : : \:.:.:.:ハ ` ‐-   _,.イ. ,イ.:.:.:.:/        ./
        ヽ: :| '; : : : : : `: ー'- __,. イ:/  !.:.:.:/         /
         ヽ|  \: : : : : : : : : : : : : /    !-/ :.       /
              >-‐  ‐ 、=r '"      ヽト、      l /
               /         ` ー-r、___    ! `ヽ    ! {!
           /               ヽ   `       ` 、 .|、
            /             l!              7`>:..、
          .:              }{_             //::::::::::::::ヽ
          ,′            / _>- .  \   //::::::::::::::::::::::}
          !       ,.: :ヽ   //:::::::::::::::::::`ヽ ヽ //:::::::::::::::::::::::;
            /!      ,イ: : : i   //::::::::::::::::::::::::::::..、 }//:::::::::::::::::::::::/
        /        / .!: : : {.  //::::::::::::::::::::::::::::::::::∨/::::::::::::::::::::::V


ネリーでは できなくなった、やる夫を叱れる人です。

この子も妹沼にハマりましたが
それはそれとして、妹の立場から お兄ちゃんを叱れる子でした。

でも やる夫にとっては、心のお姉ちゃんだったり。


配役理由は、ねらう夫パーティの一員としての登場ですので弓が使える事が第一でしたね。

更に原作では回復系なので僧侶役に丁度良いという事で配役しました。

もし ここで、弓を使う巫女という事で 浅間・智 ( 境界線上のホライゾン ) とか配役していたら
今とは全然 違う関係になっていたでしょうね。


僧侶としての実力はイングリッドに一歩 及びませんでしたが

最終的に やる夫と一緒にアスラゾーマ≒を誘き寄せる囮役になったので
結構 良いポジションだったんじゃないでしょうか。


世界が平和になった後は、子作りを目指す事もあって冒険者はキッパリ引退してそう。
教会に仕える僧侶も止めたかもしれませんが、敬虔な信徒では あり続けたと思います。

ええ、隣の席で精霊神様が飲んだくれていても。

それでも放っておけずに お世話しちゃうあたりが
やる夫から お姉ちゃんと思われる所以だと思います。


165 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 雫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           __
                       _ 抖-‐/:.:.ヽ=ミ
                   __,/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨: \
                  /:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.: ∨:.:.:.\
                 /:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:W:.:.:.:.:.\
                   √:.:. /:.: ,′:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.',:.:.:.:.:.:.:'/
                 √:.:.:.:.:.:.:.:.:./ : |l:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.|:.:.:W:.:.:.:.: W
               |:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:. |:.|l:.:.:.:|:.:.:|:.:.人:.:| ∨:.:.:.:.|
               |:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.|l:.:.斗r七:|.}:.:. ⌒∨:.:.:.|
               |:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:|/}ハ:}  W从:.リ _,,,}:.:.:.リ
                  从:.:.人:.从:.:.:.∧   ,.ィ≠ミ }/ ⌒´)イ(
                   人:.:.:.:{⌒',:.:.:.∧ ^´       、:.:.{ノ
                     ヽ:人  \(⌒ :.:.:.:.:.:       ,
                     }从r-、ィ       ー  ´ ,イ
                    从/:/::ヽ  )h。,_     ,ィ(
                 __{:ノ::/::::\}    /ぅT爪
                  ,.イ、.人:::{::::/:::::}ヽ.. / 、ヽ
             /:::::::::::ヽ::\::}:::::/:::::/`T:´::〉
             /´ ̄::`ヽ:::::\::ヽ./:::::::{:::::{::::/ヽ
          ,イ=== ミ、::::::::',::::::::}::.ト、:::::ノ::::`i´::::メ≧=-.、
         /{:::::{:::::::::::::::Y::.V:::::::::/:::::У`:T::¨',´:::::::::::{:::::Y
         i::i:::::::',::::::::::::::}::/:::::≠::::--}-:::::{:::::::ヽ__::::::乂:::}
         |::i:::::::::',:::::::::::.イ:::::ノ __... == --`----、--- =<
            ',::ヽ:::::::::::r彡> "´           ヽ    \
            ',::::',:::::::/ィ 乂                ',   ..ィ ヽ:ヽ
           ',::::i:::/::/:::::::::.≧=-- .._____  -=≦:::::ヽ.:::::',::::',
           ',::|:,::::,:::::::::::::/:::::::::::::′:::::::::',::::::::::::::::::::::',:::::::::',::::!::::}
            i:::{::::{:::::::::::,:::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::i:::::::::从
            |从::::',:::::::::{:::::::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::_彡::}::/:/
            |::::.ヘ.::',:::::::::,:::::::::::|::::::::::::::::!:::::::::--=::::.T:::::::,::::イ、
                ',::::{::ゝ、:::::::::',:::::::::::',:::::::::::::::,::::::::::::::::ィ::/__::::イ--ヽ\


神夜と並ぶニュー速で家の双璧。 山なのか谷なのか。

配役理由は、登場時点でサクラの国を興す事が決まっていたので
モンスター牧場を任せられる人を探しました。

何故おっぱい? そこに おっぱいがあったから。

そもそも牧場関係者というだけで、かなり数が絞られていましたね。


ちなみに牧場長がヴァンプ将軍だったのは

結構人気のあったルージュ達を預ける事になる訳ですから
読者視点で この牧場は信用できそうという人を配役しました。


バラモスを倒して、サクラの国を興す時点で ニュー速で家にいてくれれば良かったので

嫁入りに関してはサマンオサ編前の登場から じっくり時間を掛けてやりました。

逆に結婚を先送りする理由付けにするために姉を登場させていたり。


世界が平和になった後も、サクラのモンスター牧場で活躍してくれるでしょう。
雫は子作りにも積極的です。

ただ、モリーが言っていましたが、性格的にモンスターマスターには向いていませんので
そちらの道は難しいでしょうね。


166 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で ミネバ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        ____
                    '"             \
                 /              ):\
                /                }/::::::::::\
                             / ̄ ̄\:: \
              /  \                     |
              i {     ̄ ̄ ̄       /     |  |
              |  、            /   /    / |
             ∧   二ニ=-   /   /   / / ' |/
              i:: \‐-=====-‐―/ //―/-/ /
              | :: :: \___ yぅテミ// ィテミ/从
                八:::::::::: | :: ::|  乂ツ /    ヒツ ∥:::\
                \:::: |::::: 八           、   ∥::::/
                \\::::::::\       '   . :⌒´
                  | :::: ̄ハト. . .  `  ´ /::::\
                    ノ:::::::::::::::〉、: : : >-<|----<⌒
                 ⌒¨>´ /〕 _Y_   У⌒ニニi⌒\__
                    _|ニニ|\ 二二 //ニニ//ニニニ|__
                 /ニ∧ニ |    ̄| ̄  /ニニ/./ニニニ=- 二\
                   ∧〈ニ=V∧  /\ /ニ/ニニ=- ニニ/|ニ-_
                /ニニ、 ニ ∨∧{     /ニニニ=-  ニニ/ニニニ-_
                |-ニニ \ニ∨∧___/ニ=-‐ ニニニニ/ニニニニニ-_
                 |-=\ニニ\ニ ∧ /ニ=- -=ニニニ /ニニニニニニ_
                  |-=ニニ〕ニニ\○ 、-_ -=ニニニニニニニニニニニニ_
                   |-=ニニ〕ニニニ=-}-=ニニニニ\-=/ニニニニニニニ_
                    |-=\={ニニニ=-/\-=ニニニニ.∨ニ/-=ニニニニニ_ \
               |-=ニニ〕ニニ=- , -==\-=ニニニニニ./-=ニニニニニ._ニニ.\
                /-=ニニ{ニニ=- ○-=ニニ\-=ニニ=-/-=ニニニニニ=-, ニ\ 〉
             /-=ニニ /ニ=- /ニ-\-=ニ=- _-==/-=ニニニニニ=-/ニニニ〈
               /-=ニニニ\_/ニニ=- \-=ニニ=-〈__-=ニニニニ=- /ニニニ〉
              \-=ニニニニ ∧ニニニ=-〉-=ニニニニ|〕ト -=ニニ=-===-
                 |-=ニニニ=-匕:、ニニニ○ニニニニニ|     // |\__
                ̄ ̄| ̄ ̄   |\ニニ=-\ニニニ=|     /   | /ニニ \
                   | \    | |〈(⌒\ニニ\ニニ/  /    |./ニニニニ\
                   |   \  | \(⌒ニニニ〈ニ 〈. /⌒    /\ニニニニニ\


ニュー速で家で、一番 真っ当な貴族夫人になってると思う。

もう1人の候補である魔ゐは仕事の方を優先しそうだし。


配役に関してはザビ家が先にあり、ドズルの娘=ドムというネタを思い付いて
「あ、これならミネバをヒロインとして出せるわ」 みたいなノリで登場させました。

ニュー速で家に入り込んで以降は、いかにしてスムーズに溶け込ませるかに苦心しましたね。

「別邸組」 が、それを助けてくれたと思います。
というか、別邸組それぞれが それぞれの比較対象となって お互いに助け合っていた感じでしょうか。

「ミネバは (他の別邸組と比べると) アグレッシブ」 みたいな、個性を際立たせる感じで。

おかげでスムーズに嫁入りに到達できたのではないでしょうか。


世界が平和になった後は、やる夫の夫人として率先して活躍しています。

また、ファサリナから誘惑の仕方を習いましたが
三つ子を生む時 苦労したので、次の子作りは ちょっと躊躇しているようです。

他の嫁達の妊娠が分かり始めると、うらやましくなって すぐに折れるんですけどね。


167 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で モルジアナ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                              /: : : : -:-:-:-: : : ニ=-
                                / : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ニ=-
                     . -―━━┴≠ミ--、´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  -=ニ: : :\
                       /: : : : : : : : : : : : : : `:.、〉             `ヽ: }
                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \-- . 、            }/
                  /: : : : : : : : : : : : :\: : : : : \: :.\: : : . 、       /
               /´: : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : \: :.\: : : \
                /: : : : : :.:|: : : : : : : : ∨: : ∧ :∨: : :.\: :.\: : : `ー‐ . .、
                  / : /: : : |: |: : : : : : : : : ∨: : ∧: ∨: : : :.\: :∧: : : : : : : :.:\
              / : / : : : :|: |: : : : : : : : : :.∨: : ∧: |: : :\: : ∨:リ: : : : : : \ : :.\-.、
                / : / /: : : :|: l: : : :\: : : : : :∨ : : |: |\: : :|: : :∨ : : : : : : : : \: : :\\
            /:./: :|: : : : |: {:\: : : \: : : : |: : : :l::」/‘,ト、: :}-‐━=ニ二: : :\: : l : :\
.             / : : : |: : : /⌒X: :\:-:=廴:_:_| : :_:」,xチア∧l: :|:/:_:_:_:_:_:_彡'´ ̄ ̄ \{ : : : |ヽ
             /: : : : :.八: : :∨({ ヽ癶艾ア^~´l/  ゞ' /: : : ノ': : : \           }⌒ヽ| ノ
          {: : : : : : : :.\ : \_ \{`¨       ,  / ̄ ̄\{ ̄ ̄\          }   } _
             \: : : \: : : \: : : {\        __   /∧     \    )      `ー '   / )┐
              \: : : \: : : \八       <ノ. イ / ‘,      )             厂 (/^J
               \: : : \: : : \\   /≧=チ/ ‘,  |                ノ  / ̄ ヽ〉
              /_\: : : \: : : \\,/_  / {  \{   ,                  {   { ̄`У
            〈厂/\  ̄ ̄ \: : :.\}\   /  \}  ,                 /j   └'´/
.              / /   \     \: : :|  `⌒´  | \ ′        .  '"      /
              └,'       \   }  ∨:|   \   |   ∨ \    .  '"       . "
                        \ |  |: |     ∨ |   l|   > '"       . '"
.              ′        /´ 〉   |:八     }  |   ,人 /´       . '"
             ,′      /.......{  /        | /\      .  '"
                     ∧.......|          ∧ l /∧  \__.  '"
          /        /::∧....′ 、      / ‘, // ∧
            /        /∨::∧{   ≧=≦    //∨ ∧        -―――-
                  /  \\〉   -‐    /:.O:.}】{{ \  -‐          __  \
        /  -- 、   /    {\       __/ ___:.:>┐}厂 ̄            /::::::::\ \
          /      \  -‐=ア^ー┬‐=≦ 彡'´ --'´ /)/              /|::::::::::::::::::∨ ∧
       {        ``   廴_彡'\_/        /〉            /::::::|::::::::::::::::::::∨ ∧
        \             ̄ ̄ ´        _.イ            /::::::::::::|::::::::::::::::::::::}  }
.        /\                        -┘           /、 : : ::::::l:::::::::::::::::/::|  /
.      / / ``      _____  ----- 、 -‐'´    }       /  \::::::::|::::::::::::::/:://
      / /          / /     \   \    __ノ   /    /    \::|:::::::::::::::/


ニュー速で家のエリミネーター族代表であり、太陽神の巫女。

当初は ですぅストーカー族という事で 翠星石 ( ローゼンメイデン ) にする予定だったのですが
サマンオサに出現するのは エリミネーターだったので、エリミネーター族に変えました。


配役理由は……当時、アニメの 『マギ』 を見ていたからだったはずw


最初は敵として登場するので、読者から嫌われないよう
悲惨な境遇である事は、意識して すぐに分かるようにしていました。

助けたエリミネーター族が すぐにロマリアに行ったのは

その前のエムロームで、大量の難民をルーラで送っていたからです。
できるのに やらないのはダメだろうという事で。

その後、エリミネーター族の境遇を どうするかって話になったりしたのも
サマンオサ編が長くなった原因の ひとつなんでしょうね。


仲間になってからは超パワーを持つ武闘家として活躍してもらいました。

単純に力が強いので、仲間を救出したり戦闘以外でも大活躍でしたね。


世界が平和になった後の第一の目標は、やはり子作りでしょう。

またニュー速で家とエリミネーター族の橋渡しとして
エリミネーター族の立場を向上させる方面でも活躍してくれると思います。


168 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 美緒/原作:サイモンの子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       ,.. ---- .
                    , ':´::::::::::,:::::::::::::::::`丶、
                  / :::::::::::::::::,':::::::::::::i:::::::ヘ;::\
                 , ':/::/:/::::::::::;イ:::i::::::::::|:::i::::::ヘ : ヘ
                /::/::/:/,'::::::::/ i::::|:::::::: |:::|:::::::::i:::::::',
                /::/::/{:i::i:::::::::{ |::::|:::::::: |:::|:::::::::|ヘ;::::}
                {:::i::イ__,,,...<´,/  ''‐ .`゙'' 、! }:: |
                ヽ、::i/´/::/ }     、,__`"''‐- .i:: }
                 〉{./::/   i           /:::/
                 {/ヘ/ _,,/      ミ===ゝ /|!}'
                 |!、 }  ̄   ヽ         / .|/
                 |  ‘、            /_,} |
                 |    \  丶.. '     イ:-‐'゙|
                      .\.     ,.イ::::::::|
                          .ゝ - -  |.|:::::::::|
                          r'f、}   _..r-f! /:::|
                     λ_~勹.「j 乃, イム:::|
                       _.. У/7⌒ニ:/:'':",.ィ'’ i!._
          ,..   - -‐ ‐ =≦ // : /' : : i:.;'彡'´     `ィ:ゝ.,_
            /: !:.:.:.:.:.:.:.:.|.l   .}´// : /: ; : :.i i      . ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:≧z:.、
.           j:.: ',:.;.:.:.:.:.:. l ゝ イ/ノ: :/: ::::: : : :{   ゝ..,_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:' :.:.: ',
            ,':.:.:.:';j:,:., イ: : : :/:´ : /' : :::: : i.: :',    ,イ:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.i
         ! :.:.:.: /、 : : : ;イ: : : /!i: : ::::: : i:: : !  ,.イ .:.:.:.:.:.:. ';.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:}
           !>:´{ ,イ Y:/: : : : /.!i:i: :::::r‐ァ:::';._!:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'{:./:/:.:.:.:.:.:.: リ
.        /:.:.:.:.:.:.:.:.人ッ.、 : :r '' ,{しγ´:.乙/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘' イ:.:.:.:.:.:.: /:.〉
        , ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:,:ィ:,:‘ー':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.: ,.イ:./
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:'/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ハ:.:.:/ノ:/i
.      ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ’z≦:.:.:. |
      V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‖:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }:.:.:.:.:.:.:. |
.     ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{! :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:!
       ‘:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ゞ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
         \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.イ :.:.:.:.:.:.:.:.: |
          >。.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:イOミ:s。.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ ζ丶:.:.:.:.:.:.:.:!
.         j:、:.:.≧=---=≦/イ/:i!\ : ≧=- ニ -=≦彡  {ゞ、:\:.:.:.:.:i
          ,':.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:≧=z--/  i:.ヾ\:.:.\;_!


ニュー速で侯爵夫人であり、同時にエムローム辺境伯。

配役理由は サイモン と もっさん の、微妙に名前が似ているつながりです。


後で配役が決まった サイモン=ファーザーは


【 親子の証 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      /__/ /                     V
                 /  /                   {
     _____     /   /⊂⊃                   {
      >‐- 、    ̄ ̄´‐-- 、.>  ̄`ヽ、    ==ェェ、__    {
    /     \         ` ー-、  `        ̄`==  ノ
   /        \           `ー 、 __   ___∠__(
   j    --‐‐,ァ-- 、_\、___..-‐─.─...-.`.エ< ̄ ̄ っ    \
   {     /      /:`::ー:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::ー....--.......__ \
   ゝ, /          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::::::::::::::::::::::::::::::i`ヾ,ヽ
    \        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::i   }
        \     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::i_ノ
        ,へ_  /ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::!
         /     y    ` ヾ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::!
      /_     j         V::::`:::::::ー::-::、:::_;;;::::::::::_::_:_:_::::::::::::::::::::::::::{
       ノ \.  j         \::::::::::::::::::::::::/         ̄ ̄ ̄``{
     ,イ    ,`j         ヾ;;:::::::::::::::/                   ヽ
      / !  / j           ゙ヾ;:::::::{                 ヽ
    〈  ! { ,,ィ!             V'' !                    ヘ
    ! j j/ /j:i                !  !                 ヘ
     !,j../.ノ‐'┤                   !  !                       i
          l                    ! ヘ                  i

      「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」↑ ↓「パンツだけど恥ずかしくないもん!」


                                    | ├───(⌒v⌒)───┤ |   | | |  |
                                    | │___ \ / ____|  |   | | |  |
                                    | / ̄─_  ̄ ∨ ̄   _─|  |   | | |  |
                                    | / \    ̄     ̄ ̄  / | |   | | |  |
                                    |/         /|     /   | |   | | |  |
                                    /        /  |        | |  | | |  |
                                   /        /   |        |   |  | /
                                   /        /,-─、 |        |  |  |
                                  /       /( ο о) |        _|  |  |
                                   ̄──__/ ヽu"ur  |__── ̄|  |__|
                                  ─|   |  \ └─┘  /   |   |─-/ |
                                     ̄─|    `-___┬´    |─ ̄  UUU
                                      |     /    |      |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【 親子の証 】


この辺が理由です。


もっさんは、明確に勇者と呼ばれるだけの力を持って登場し
やる夫パーティの一員としても最後まで活躍してくれましたね。


世界が平和になった後は、エムローム辺境伯として活動していく事になるのでしょうが

そのためにはエムロームにいる時間を増やさなければいけない訳で
多分、サクラとエムロームを つなぐ旅の扉を開いているんじゃないでしょうか。

あと、子供が勇者の後継者として相応しくなるよう子育てを頑張っていると思います。


169 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で アリス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                         ____
                                     _  -=二二二-_
                                  /  /二二二二二二二_  \ \
                                  /  /二-7 ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄\|       \
                                       /  /      |
                                /   /  /     /  |     |  |    |
                            /   /  /   /    Λ   |  |    |   |
                                     /  ⌒7ト|  l イ~\  ̄「` |    |   | |
                                |    斗‐=ミ_ |  |  |_,.斗zミ、 N    |   | |
                           || |   ノ'´rノハ人   N´ ノ rハY ト   |   |
                           {Λ |   |Λ  {(;;リ\{\{   {::(;;ノソ ノ|        |   |
                               }八  | } ` ''′      "^ ノィ |   |   |   |
                               /  \{V|            //   ノ    |   |   | ( \  (\
                         __   //  |    八    、   ,    /     |  |   |   |  \(\ ∨|
                  /へ   \_/  {   い、        ̄    //  |   |  |   |   |   \  | |
                 厂 \ \ ー┘  い   |\ {   \       /    j  ノ      j  r―┬ 、 | |/ |
                  /  \ \ \つ )ノ\ト{_|__    )ニ7⌒/ノ     /    ノ   ノ  /  ̄\ V  |
                 __/  ノ\_〉__>┘<;i;i;i;i;i\{;i;i;i;i;i;i;i;i>{;i;i;i> /'''~ ̄}/ ̄ ̄Υ / }/r‐┬―‐┘   /
           /   { /    /ニニニ`''<;i;i{;i;i;i;i;i;i/;i;i;i/i;{              |/      ̄ ̄)      / フ
       __/ /  /    //二二二二二二/ ̄ ̄{i;i;i;i;i;i;i;i;i;{              |        /´       //
     /     {  / ̄ ̄  /二====二二二/                      ノ }      /|       /
.     /           ̄{ / ̄ニ-\/ニニニニ/ ̄\                    Λ__/ |   /
    /          ∨二二二/\二二二-{_  \      |           /   /   {  \ 厂|
.   {    \     {ニニニニニ{二二二二二二|   \    |  |    //    /    \  ノ |
.    >ー―く ⌒>ー八二二二=={==二二二二二|_  |   |  |   / /     |         ノ
        {     {二-=ニ二 人二二二二二二二|   |   |  |   / /    /         /
.           \    /二二二二二ニ=-ニ_二二二二 |   |      \_./ /   / j    /  /
           {   /ニニニ\/二二二二ニ=‐=ニ二|_ \       |   /   {_/  /
           \ノ二二二二/\二二二二二二二二二|  \  __|  /            /
          /二二二二二二二二二二二二二二- Λ   \       /           /
             {二二二二二二二二二二二二二二二 /  \_   ̄ ̄ ̄|          /
____     〈:i:`''<二二二二二二二二二二二二厂      \/\ |\       /
:i:i:i:i:i:i:i:i:i\_ 厂:i:i:i:i:i:i:i`''<二二二二二二二二二 ノ ̄\_/\_/\_,ノ\_/
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i~^''¬==ニニ二二二二}
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/二二二\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iΛ


元・ラーミアの巫女で、今はサクラの精霊。

配役の理由は、以前どこかで お話ししたと思いますが

一番 意表が突ける 『聖双生児』 の配役は何かと考えた結果
「双生児なのに1人しかいない」 という結論に達したからでした。

上海人形と蓬莱人形で、最初は2人と思わせられるのもポイントでしたね。


ヒロインにする予定は ありませんでしたが
読者が 「ぼっちを救わねばならぬ」 という方向性に進んでいたためヒロイン化する事に。


という訳でサクラは、精霊親子3人で運営する事になりました。

結果としてアリスがサクラに縛られてしまい
娘のプラスの方が目立つようになってしまったのは反省点ですね。


世界が平和になってからは、そういう心配をする必要も無くなり
親子で仲良くやっています。

アリスにとってはサクラの住人が子供達のようなものなので
今のところ2人目は考えていないようです。

なお、ホビット娘達は いずれ同じ嫁になったり ならなかったり。


170 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で キル子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   -―――-
            /::::::::::::::::::::::::::::::\
             ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
           /::::::: |:::::::::::: | ::::::::: |:::::::|::::
            |:::::i::::|_:::::::::::i|:::::::::::i|::::::」i::|
            |:::::|::::::|x==ミ ̄ ̄x=ミ::::|::|   .      ̄ ヽ
            |:::::|::::::《廻}     廻} 》::|::|.  ´   ,     .}
            |:::::|::::::|      、   {: |"    /     /
            |: / /|         /:\、 __,/       .′
            /:イ:::::ト、   ー '  .イi:::::| ̄ イ       ′
            |:::::|::::::|   ーr<___.|::: |イ( ∧     /
        .ィ(.  ̄|::::::|:k_  {< ___|: / 、  .∧  /
        i{    ∨::|i   )k  へ |/ .}!    ,)イ
        l{      ヾ|l     .)k__}!  \  },/
        {      ,′-―   、  ≧ー{_
       i}     ∨′      ≧=-  ̄ ` 、
       i{_    }′                 \
      く__  ーi{                  、
       .′ ` 、八                  }!
       i     {k、 、                   /
       |     ∧ \__                ィ(
       {    ,′}k   __  -―   ̄ -=≦/
       /    | 八 \      ィ(       /
       .′   } )k. \  -=≦        ィ;′
     ′   /^〈   \  、_       / {
     .′  .ィ(∨∧   `  ._____, ィ(
      ′ , ( / ∨^\′      i{   i }ト
    ; ./ [ ̄ ̄)k_  ≧r  .    {   ィ(/
     ,′/    、 ≧ー< ≧=-=≦/ }!
    ,} .′,       \ } }!  ≧L_}イ }/ },
  / { :{     \ ∨,/    / /  /  ,∧
 /   :{ :{     ̄≧)k∨   ,/ . ′,/   / ∧
{_  :{ :{        )k_,/∠ ィ     / .∧
  ヽ_ノ_{ :{          }f ̄ {        / ∧
      ,  ,         {\  {        /  ,
     ′ ,         ', )k ,             ′
      ',  ′        }!  )k          }!


配役理由は 「武闘派」 ですね。

キル子の配役が決まった時、1人目の勇者がキル夫という事も決まりました。


どういう立場で登場したかはジパング編の裏話で お話しした通りです。

一番 若手の勇者だったため、アレフガルド編では幸子と良い友達になってくれましたね。


この辺りは、さやかが お姉ちゃんっぽいところを見せてくれて成長が感じられたと

色々と うれしいシーンでした。


アバン流刀殺法や幻魔剣が無かったため、勇者としては二線級でしたが

その分、カワイイ後輩っぷりに全振りできた気がします。


世界が平和になってからは、着物風ローブ以外も着るようになっていたり。

実はこれ、彼女の中で故郷に対する想いに けりをつけたという意味合いが あったりします。
着物が故郷の象徴だった訳ですね。

そして真の意味で自由になった彼女はカワイイ後輩から、カワイイお嫁さんになっていくでしょう。


171 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で アルフィミィ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              r    ≧/\  y ノ}彡  ⌒7 }
            / l  _,イ  〈ミミ V//ノ ヽ   //
    _ ,  --=   _ lV    }   ノ彡'''' \> イ Y ヽ\
   /        人ミ=-<彡从/   /  /   Y ヽ
   ゝ        /  / T / / /_,イ/ ,イ /  ;l \ト
      / ⌒    ( V  Y /  / / ィz=ミイ  ノ ヘハ
     /        ハ V }{   从{/{ 弋゚ソ_l /イ ノ i从
    / {      i    ) ノ 八  ゝ,l l八 O    >イ、
    {{ハ  \  ゝ-==彡_o= > 、  l i ヽ ゚  _ィ ん  \
    ゝ ヽ  ノ )   < ィ  ゝ>£.へl  >_\  .イ7  ノ ノ
      ≧ -=    ノ //> >ィ   ヽT ;//   lイ
    / イ / { T≧ -=イ_/  /◎  ̄ `ヽl l/-ヽ 从
    l{  l l 人 {     /  /::://`丶、   l j<r l --ミ、
    ゝミ_ V  ヽヽ  / r - /::/ {  l   ̄l リ_  ノー-/ム
      フ  /  ハ { 八 (;ノ入 ヽ_l_  lノゝミl_ /ニ/
   /_彡 7  /   } Vハ / /-=<_ニニニニミ>/liニニニ/
   i   V     /  l l |イ\ _  l   l  ノ ヘ
       > -- _    ノ/ l  \ \<ニニミ> /   '
      {    / イ- ' 〈 ノ    \ |    |イ ヽ   i
            , - ^- ヘ   <ニニニニ> \   l
        _,,.   ィ-====-- 、\ l   l    ヽ _ノ
   _,,. -‐'',,,,,;;;;;''''''   ヾ;;;;;;;;;,, ヽ il.   l
_,. -'´ i;;;;/;;;;;;/        '''';;;;;;,  l   l
    l' ヘ;;;;{           ,,;;;;;;;, li    l
   /  i;;;i            \ il   ,
  ,    ;;l             \   i
  i     ヾ,,             \ i
  l      '';;;;;;,,,            ヽ
  ,         ''''ト 、
   ,         l \          \
   ,          ノ / ト 、         \
    ,         i    /> 、        ヽ
    ,        l        > 、      ヽ


配役理由は、作中でも触れましたが 「斬る子」 に対する 「刺す子」 です。

原作での攻撃方法ですね。


実はアルフィミィである事が先にあって、神夜の親戚であるとかは全て後付けでした。

結果として楠舞家という味方が できましたので
そういう意味でも悪くない配役だったと思います。


勇者パーティとしての役割は、キル子のところにある通りですが

キル子は真面目な子なので、この子のノリの良さには色々と助けられましたね。


世界が平和になった後……というか、数年後に

[14歳]病を卒業して、当時の事を思い出しては悶絶するようになります。

その時 彼女は、恥ずか死から逃れるために真の意味での甘えん坊大将軍に覚醒する事でしょう。


172 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 愛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              /⌒ヽ _
.             /⌒i /  ヽ                   \:ヽ
          / , - 、「 `ヽ  i                         ヾ:. .
          l/⌒',_j /   i{            _.. -=ニニ=- 、 }:/
          ' ニ>,  i    ム           /     _.. .. -ヾi:'.. -.. .,_
           ∧       ノ i  v/              .ィi「:. :. :. :. :. :. :. :. :. :≫.、
          i込、     / ,’   v/           /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. \
          i { マ’, / '    ヽ       .:'゛ :. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ヽ: :.
          ヤ! .∧  /   リ  ヽ      /:. :. :./:. :. :. :../:. ∧:.、:. :. :. :.V:. :. V∧
           }i   ヾ"     /    ‘k,    /:. :. :./:. :.斗/:./ ヾ:. -=ミ:. '/ :. :.'/ :.
             乂ニ  ̄    /     ’,  .: :. :. :.i:. /:./ ''"    \\:. :..i{:. :. :.'/ :.
             ` .,___ 彡          ’.√:. :. :..i:/'x:i斧ミ      ィi斧㍉ヾ:. :. :. :..'/:.i
                   `            l:. :. :. :. l゙ i{ rい!     rい:} ヤ }:. :. :. :.l:. :
                   `            |:i:. :. :. :i{   ゞ‐   ,     ゞ‐   l:. :. :. :..!:. :!
                      > .       ヤ:. :. :.ムi ' ' '  __   ' ' '  ;. :. :. :. :. :.;
                      `ヽ       V:. \:.ミ -'  「     i     /:. :. :. /:. /
                        \     寸:. :`:. ー..ァ丶   ノ 〈:.、 彡:. :. : /:. イ
                         ヽ      `'ミ  ̄ > 、     ィi〔:. :. 彡:. :./^' 、
                             ∧      i !/  う7爪 彡'⌒,、 "´    `.
                           ∧  /   : /      / _∠〈__   ヽ 彡1
                              >"     イ      ,xセ/´ く⌒ヽ }  ̄     !
                   / ヽ         .ィi「  、丶` ',     r// / ' ヘ ゚  i/     /
.            _,.、 -‐ ヽ―` ‐==ニ二 _ 斗ァ ´     /`ー r 1 ヤ. ゝ _ .. - '/=ミ,  /
          /       _ -== ^   7        _ノ/ 、 ⌒ =- '彡/   ム/
        ,x<     x:≦             7        i{ア     ‐--彡/  /
.       /      、 `   `ヽ           7           /           /  /
          /          \       /        /       ィ'’ /
     |   /           ` 、 /            i          i  {
     ヤ_、`                  _/             ,゙        √/
       ´                /                {           i{ ,゙
                   /              ∧       /
                  //!                   ヽ _  -‐  V
                 イi//∧                 |       `ヽ
               r/i//////,\                 |            V
                  /i{//////////≫               l            ,
               ヤ//////////////≧         ',         ′
              iv////////////∥/////≧=‐--‐=7          ’
              | ヾ'//////////∥/////////////7’,         }!
               l     ‐-=== /{//////////////7  ’,        }!


配役……というか、キル子パーティに参加させた理由は

当時、アイマスのTRPG動画とかを見ていてパワー系愛ちゃんのイメージが あったからです。


パーティ内では戦闘特化なキル子達を支える、何でもできるポジションでした。

この辺りはジパング編での修行中に触れられています。


性格面でも、意外と冷静なツッコミも できるタイプで

パーティを まとめるのに役立ってくれました。


反面、当時は攻撃するAAが日高チョップぐらいしかなくて困った覚えも。

支援AAで、使いやすいものが一気に増えて助けられましたね。


世界が平和になった後は、娘ポジションの嫁として可愛がられています。

それはそれとして、メイドガイの後継者として名乗りを上げそうで ちょっと怖い気もw

能力的には、意外と できそうな気がします。


173 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で ハルヒ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       ___,. : ´ ̄ ̄::::` : 、
                      , : ´:::::::::::::::::::=ミ:::::::::::::::\
                   , ':::::::::::>---<:::::::\::::__::::::\
                      /::::::::/   __,.........\::::::\ \::::::ヘ
                   /::::i:::7 ,.xく:::::::::::::::::::::∧::::::∧ヽ\:∧
                     7:::i::|:::{/:::i:::\:::::::::::::::::::::ハ::i:::∧ ヘ !:∧
                   7::::!::!::::::!: |ヽ:::::\ト<::::::::::::i::|:::::∧ ヘ}::::::',
                  7:/ |::!::::::|:::|  \ ー- /冫x=ミ、::::::ト、イ::::::::!
                  !:{_i |::V::i:|i::ト- _ ヽ、_ i仆r沁::::::! }i::::::::::|
               i:::::| i::::ヘ∧リx=ミ。      )z:ソ::::::| /::::::::7
               |:::::ヽ!::::::\'、{Vt沁       |::::ハ |::::_/:{',
               |:i!::::||V::ム::::>\ゞ '  ' _,. ヘ   !::::i::i{:{/:/ト、
                    |{ V||::∨:ム:::::::::::=ミ、 ゝ __ノ  ':::,:{::::|/::{ }:! \
                    |i ヾ',ト、:::、:\::::::ニ==- y .. イ.!::7 }〉:iリヾ/j__
                八  iリ }',ヽ:::{ヽ}>'´zz_⊃ :} .|::{_/∨}: : : : /7Y
                 `ヽ{ .>' ´    -=}⌒>'´i:ト、 /: り: : : /:/:./ ヽ
                      /      __ヽリ〃-===<,'イ: :/ /:/:./  }
                     ,'   ー r=二: :.}'´i/: :/: :/ゝ-:': : /:/:.//  !
                  ′   ,'i ',Vム: : :!V  , ': :7:/: : イ/:イ/   }
                   ,'   ,ヘ! ,:i::i: : :!´ 人 //: : : xく// ,'   ,'リ
                 _,'     { | ∨{: ハ{{ i:7/x<>'<  },'   '{
                {,′  |ミi   \ヽ∧レi/':/イ      ,:'   ' }Y
                    /     i:::::|   ト,.===ミ/{ヽ   ! ∨/  ムイ:リ
                {     }∨! , : ´     \   i __Y-='::::::::/
                ヘ    .' 入!/          \ |   ∨:::/{
                    i    /ー.i :     .:       ヽ i   ∧´   ',
                 ゝ- '   ||.::    .:::'.        ヽ   .∧   !
                        / {j::::   :'      }   ヽ_,. - ',  i
             , : '⌒ヽ   ./ / ヾ         i    Yト、 ', |
          > '/  __}z<: :.i_,.'               {::::.   ゝ..\', .!
       __ /..:::/    <../............〈.′               ',::::::::::.. }......ハヽ.i
       夊z、 /  , : ´ {_x.............i  .:            ,::::::::::::::7...\.....} !
        , '  , '       \......|  .:::           i::::::::::::7..........ヽ.{、,
        /   , '          \.! .::::::               |:::::::::::{...................} V
.       /  , '          .::::}i:::::::::              |:::::::::::∨.............リ ;V
       i 〃´            .:::::::::Y:::::::             i::::::::::::::∨.........ハ { ∨
.      |          .::::::::::_::::-:i:::::::            i:::::::::::::::::::}::::<7ヽ_j-.Z
     j           .::: <⌒ー' i::::::::            ,'Z二二二r--ミ}ヽ- '
     {          ,.: ´       ',:::::::            i
      ゝ--==--- '             ',::::::::        |
                 _,...._     ',:::::::          !
                  /   ヽ  〃⌒Yr=ミ、 __     !
               {     ', {    ::   i´ ヽ,..._ i
                    i      ', i     i   i   ゙  ',i
                    八:..    リ,ハ:::::::::::!::::::::!::......j:::. Y
                     ヽ:::::::::::::::Y}::::::::::`::::::丶::::{_:::::::} ,
                  i::::,. '             `ヽ{ ,
                  |::'               ヘ∨
                     i                  ハ∨
                 从                    } i
                   ヽ                    i:リ


皆勤賞ですが、結婚までいったのは このハルヒが最初ですね。

キル子パーティに参加させた理由は、この子は性格的に参加するだろうと思ったからです。


この子、作品によって色々とポジションが変わっています。

『LB3』 では、やる夫が年下の子供だったため 「体育会系姉御肌」 に。

『悪魔のいる日常』 では、最初は友達ポジションで、そして何度も悪魔合体を経て戻ってきて
最後は 「自称・母」 ポジションに。


そして 『DQ3』 では、「後輩勇者パーティ」 ポジションですね。

古泉家でも 「甘やかされた末妹」 ポジションとして妹力を発揮していました。

キル子パーティでは年長者として まとめ役も やっていたのですが
性格的には真面目なキル子と愛に対し、アルフィミィと並んで 割と妹ポジション。

やる夫と一緒になってからは特に後輩として妹力を発揮していましたね。


世界が平和になった後も これは変わらず

妹ポジションの嫁として甘えまくっているでしょう。


174 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で ゆうこ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        /      ,/ ハ             ヽ
       〃     /' / ',     、        ',
      ;'      /  | /  ヽ    ',         ',
      {   l  ,′ l i    ヽ    }           ,
      , | | ,'´ ̄` |    ―',- 、∧          }
     ',八人 {  、`    _  }/ ヽl        ;
      :.、 、|               |   /    /
      ',\.} ィ=气     ィ≡ミ:x、 }  /    /
       ',  l , ,          `  ノイ    /
         i .l    {        ' '  /     /
        } 八     r、‐- 、    /     ヽ _
        ノ  i::....、  V ̄ノ    / .  . : : {:_:_/
     ∠  イ : : : 丶 ニ′ -‐= /. : : : . : : :\
        ∠ -‐く: :人: :}   ∠:, =-―‐-<´
       //    ` フノ    . '´  ,  '" ̄`ヾ
       〃 l     /‐ 、 > '´   /        |l
     / l ハ    /   /     /        リ
     / l/ ∧  / /    /  '       /
    //  ∧.// _,.  '´  / /         /
    〃 0/{~l\ ̄  / ̄ヽ  V       /
   /{ ///T ヽ ヽ0/  ̄`/ /         /
   /八{ {_./ |  }  }ヘ__/ /         /


QT卿、大勝利ですね。

配役の理由は、メイドができそうな子の中で
「QT・ハニー」 というネタが できるキュアハニーだったからです。


登場させた目的はパデキアのためで、それを竜の女王に つなげるためでした。

当初はヒロイン化の予定は ありませんでしたが

ウェディングAAを募集する際に、募集外でもウェディングAAが来たら嫁にしようかなと考えていたら
ゆうこにも元々ウェディングAAが あった訳で

じゃあ、エンディングで嫁にしようという事に……。


おそらくQT卿からプッシュがあって、やる夫も ゆうこなら……と考えて
ゆうこも やる夫様ならと受け容れた。

お見合い結婚的な流れが あったのでしょうね。


175 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で ヒミコ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                ,.;:-:: '."⌒ヽ、_,.、..-ー- ,,,__
              ./゛::..::.:.:.:.:.:.;,::::'';".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´"''ー 、
           ,./:::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/〆゛:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,
         ,/:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;/:/::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       . ;;;マ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:;""'*メ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム
     ,,ィ"::.:.!キ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.i:/.:.:.:.:.:リ,_\∠,"  ̄"`゛¨"'''‐_;〆.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'r:ー:,
   ∠,,_.:.:.:.:.:!:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.!ャ.:.:.:/、,_y  ,__,,、.,;-:.'_"ッ,ムー''´}.:.:.:.:.:.:.:.ヤ:.:.:\
 〆"`'.:.:-゛',,キ:,',,:.:.:.:.:.:.:..,:´_,ヤ;/ / .,,、、..\   ´ ̄  ,._   .}.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.'
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:メ.:`,ヾ;:_/./ ,.;リ /  ◯;;心      ,_.  \  |.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:}
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.' ;:.:.:.::_ツ"'{. 〈 ..!| .ん匁/./      .ン‐ヽ'.、,. `  ,ヘ  ,./.:.:.:.:.:.:.::;
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.ム;;.''''´  ヽ ゝ'  .弋_:oク      ,.;C;心. ヽ  .ハ,X"ン.:.:.:.:.:.:.:.:.イ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:..,..'-'       `"{     ´      ん:;:匁 .} .} /" .',〆.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';
.:.:.:.:.:.:,./           `,        、   ャ弋,ソ / /.∠_,/ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.:.:./              '     ' ー .    ヾ∝'" /,ム-'ヾ'.; i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
/'                 ヽ  弋  ソ       ´/,メ ノ./ 丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ム
       ,  ー―-≠,⌒ヽ., ー-..ゝ.  `"       ,./、,'_,,.ン"   }_.:.:.:.:.:.:.:.:/,/.
.     /        ``ー'_.:.:.:.:.:.:.:::::`.::,,y―ー‐''' ´          ヤミヽ,_/シ.:.:.:;
.    /,,.:.:'.:.:.:.:.:.....  ., -::、,. -; ー‐- :;.:.:.:.:\               } "'X,;ヾ:,.:.:.:',
    i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ.i ,/ ;;ン      \;:ム、,,,,,_            |.〆,/.::"'.,". ;:,
    {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;/ ,、..;:::":::-;.... .     .",.   \          .ム/".:.:.:.:.:.:.\ヽ
    .i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‖:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.,  ヾ    i.          ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:."
.    ''.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ リ    .!          |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'
     /\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::;;'    /          ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
    /  .}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.../    ./          .'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
  .,/   i.     "::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .,/     ./          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 ノ   ノ::::..       :.:.:.:.:.:.:.:.:.''`/¨"´'ー-;...    <         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


幽霊の嫁。 一応モンスター嫁?


         / /   ,ィ /ヽ、  ヽ     \
        /  ,'  / //   ヽ、v´lヽ、     ヽ
.        /   l >r/ '" .r─-、 ヾ `r-lヽ、      `ュ
       /   l l /_    f、ヽ. i  レ'r^ i ヽ、.   /ハ
      /    /ヾl.f:、   ヽン ',,  ,) ノ   '、ー-//、..
    / ヽ_,,  ./.   l 、j . , ィ-、   /'"     ヽ.//  `
    ././^、 7    ' 、 (_ ノ ./l        ヽ'
   /'    ヽ/       `ーイ‐'"^>- 、       '、
  /.      /       ,ィ'" ̄ ` '/    ヽ      '、
. /      /    ,./´/     /  /´_,..ヽ       '、
/     /.     /  .i        }'/,./ l.ン
     /     l、        ヽ.ヘ   i
    ひゃあ!わたし知りません〜 !l   '、
    /魔女じゃありません〜 !! /  '、   '、
   /       /  /       l    '、   '、
   ,'      ./ ノ ヽ/     '、   '、.  '、
  ,'      /  >‐-、 ___,,.. -‐ ^ヽ   '、.  '、
  l      / / ,ィ    l    '、 ヽ    '、.  '、
   l     / /'  /   i     '、   .ヽ   ',   >-ー
   !  _,,/ /  /ィ-‐っ! __  '、    '、  l    ,r‐
   r┴'" ノ _f7::.::.::.::T´::::::: ̄ヽl-ー-r 〉  ヽ、__,,ノミ/
  く 'フT7'>T::::::::'   ::::l::   ..::::.:.::.:::::::l       `´
  /^ー^'" l      :.:.l:      :::::::::l
  〈     .!      :::::l:       ::::::::l
   ヽ    l       :::::l、       :::::::l
   /    l       :::::l '、       :::::l
  /      l      :::::l '、      ::::::l
   (口) (指) (視) (触) (禁) (濡) ] :::::l


配役理由は、ヒミコに化けてるヤマタノオロチという事で
このAAがネタに できそうだったからですね。


幽霊として登場後は、悲壮な空気にならないように気を付けていました。

結構 食いしん坊になったのは、その辺の影響です。

イングリッド、アリスという前例が あったおかげでもありますが
ニュー速で家の面々が、幽霊でも平然と受け容れてくれたのも良かったと思います。


そういう家だから、敗者復活させてでもヒロイン化できると考えました。

「通い妻」 と言われるような状況にしたのは、意図的に やりました。


立場上、結婚は少し遅めになるでしょうが

嫁入りしたら一晩でタマゴを生んでくれるでしょう。


176 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 雷
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ∧
               ∧      ,.-―…―-   、
\  ※ やる夫      ト∧  ,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  \             ヽミ/.:.:./:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   \            -=彡:.:.:/:.:.:.:./:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
    ∨__           {:.:./:.:.:.:.≧=-l:.|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
     〈  )            l:イl:.:.:.:/_   Y:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:l:./:.:.:.:.:.:.:.:',乂_ノ
    / ̄ ̄)         /:_从:/ ==- Y:.:.:.:. l:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.',  ̄
    ( ̄ ̄.)         /:.:}     .:::::::   /:.:.:.:.リ:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.l
     ヽ ̄__)       /:.:.:.イl        /:.:.:.:.:/乂:.:.:.:.:.ト:.:.〉:.:.:.:.::}   ヽ
.      \〈       /:.:/l:.{ r,     /:.:.:.:./:.:.:.∧:.:.:. l:./:.:.:.:.:.:/\__ノl
       V    /:.:/  lトヘ   __/__/:.:.:/-<:.:.:.:l:.:lハ:.:.:./\:.:.≧=-
        f´(    {:.:l  Y込 /  \  l/\_メ:.ノ:/:.:ト:.:.:{  ヽl
       / 入    ヽ\-―<      \   -=彡へ/Y:.| Yハ
       {/┴┴―<                       \} l/  Y
       /                      l     ヽ     乂
       {                        / |      \     ヽ
      丶               =- \    / l       \
          \              \              \
         \ __ -――┬―\ \               \
           }           ∧   \                ハ
           }           ∧ ',     、            }
           }           ∧乂     丶 、           ヽ
            /          }  ',        `


サクラの最初の移住者。

ちなみにラーが雷達に啓示を与えてサクラに導いたのは
彼女達が故郷を持たずに放浪しているホビットだったからです。


配役理由は ちみっこで、それなりに人数が揃う事。

雷がハーレムダンジョンの方でアナと共演していたので
その辺りもネタにできるという理由も ありました。


作中ではバブみというよりも
「お世話したがる おしゃまな子」 みたいなイメージでしたね。

これはニュー速で家は、母親になれる嫁ばかりで
雷達は おのずと娘ポジションになっていたからだと思います。


世界が平和になった後 やる夫と結婚しましたが、ちゃんと子供は生めましたよ。

『DQ7』 の代々ホビットと結婚しているコスタールでも、普通に子供は いましたので
公式で大丈夫と認定されています。


177 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 電
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  }`ヽ    ....-―..ァ
               _ }:.::.:‘: /.:.:...:/_ -..
           -=ニ、:.:.:_ノ:.:.:.:.:.:!.:.:.:-――..:.:.`ヽ_`.:.、
             /Y:.:.:`ヽ/:.,:.-.:.:―:、.-―:.、:.:.:.`ヽ
               ヽ:i:!:.:.:.:,.:'.:.:.:/.:.:.i.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.`:..、
              >、:/:.:.:.:./.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:*、:.:.:.:.ト:.:ヽ:.:.::._`ヽ
             /イ;イ:.:.:.:.,.':.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.l:.:.:.:}.:.!:.:.:.:| ∨!:.:∧ ¨`ヽ
         _   /' /{:.:i!:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:,i:.:.,イ:.:!:.:.:i:{ _}_:!:.:.:.‘
      _  //\  i! .'.:.!:.:i!:.:.:.!:.:.:.:.:.:..:!:.:.:イ_:./ }:.:|:.:/:| イ/|:`:.:.:!、
     //ヽ. \// 、∨ハ:!.::*:.:.:|:.:.:.:.::.:.:|:,イ/:./` !:/:.':.:{ /' }:.:.:.:.トヽ
     \//\ \//,'.:!.:ハ:.‘.ヽ!:.:.:.:.|:.:.:{:./:ノ /イ::.:;イ芹寸:.:;イ::.! `
       \//\ \!.:|:.:.:|\、:.!.「ヽi:.:.:.i,ィ芹_ }:/ r'::ソ/:/.:.:/i{
        \//,>、|:.‘.:.:.!`/ハ:!:!´`!:.:.:{t'::::ソ     、 ー':;イ:.:.:/ /!
         \/Y,ヽ:.: `:.ー-ヽ>∨:.ト`¨::::::  ,   ∧イ.*' i!
           `!/,「ノヽー-ァ―`ヽ:ヽ`≧o。`  イ:.:!:.:!/  '
                ¨`|//∨´i_i:i:_ ̄`ヽ:}:\ /YT{´i、!:.:|/'
             |///.ァ― 、i`ヽ.、'i:ヽ:{  !i:!|:i:| ∨ト、
             |/Y  - 、 ‘.i:i:\、i:i'∨´イ|:i:| | ∨、.:.、
              /:i:i:i:! /{   ヽ ∨:i‘.:i:i∧:i:i|.!:!i |  ! }:.:!
           〈:i:i:i:i:i_i!'  :.  ` ∨i:i:i`、:/∨':i:{、{  | jノ
            ` Y/.|   `ヽ   ヽ:i:i:i:iヽ:i:|、:i{ !  〉'
              |//〉    \ \:i:i:i}´...ヾ | ' !
              |//}\ 、     |\|..ヽ...∨   |__ _
              |//| `ヽ {      ‘.ヽ......{   |//}///{
            , -┴ ┴-r_∨       ‘. \..}   }ヽ二二
             |///|/ ̄「/「/}        ヽ Y    !7//}//}
             |///|=r== ゝ'ヽ  、     ‘. `ヽ i ̄_ ̄    _
            }//-!/////{/} \ ‘.      \/   }`ヽ ̄`ヽ´-―- `ヽ
             {///!/T二 ̄     \!       〉  |:i:/´ ` <ニニニニニニ}
             |//| {//\       }_!       ∨  }:i|      ` < /
             Y//\/,\   イ:i:i|  }       !  {:i!          `*、
               } ̄:i|:i:i:i:i:i:i`T´ヽ{:i:i:i}  |       }  `ヽ           \
            イ:i:i,i':i:|:i:i:i:i:ニ=`ーi:、!:i:i:ハ i     |     〉             \
          /:/:i:i:|:i:i:!:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`ヽヽ:ヽ!      \   イ                 !
       _/:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i/':i:i/´ ̄ヽ        ヽ' !___        /
     <´:/,-<:i:|:i:i:i:|:i:i:i:i\`:,ー-i'_:i:/    ‘ .     /{イヽヽ     ̄ ̄ ¨  ̄
     _`ヽ|/ ヽ`ハ:i:i:ハ:i:i:i:i:i:i//:i:i:i:i:{:i{       ` 、./イヽ { !{
    イニニニ'ニニニゝ-ヽ_ヘ:i:i:i:i:i| !:i:i:i:i/-'          `<} .{ {、ヽ{
  /ィ≦ニニイ三/´:i:i:i:i:i`ヽ:i:i:i}/:i:i:i/            ヽ \ヾ'
  {ニニニニ イー-―`ー - 、:i:i:i:\:i:/             ‘.`¨´
  `ー ´          `ヽ< ` 、              ‘.
                   \   `  、             ‘.
                    ` 、     `ヽ           ’.
                      \     ヽ        !
                        `               /
                           ` *ー-   __ ノ


サクラの最初の移住者その2。

素直に甘える子供っぽい子ですけど
年齢的には中学生〜高校生ぐらいを想定していたり。

危険な旅を経て、安住の地・サクラに たどり着いているというのも
庇護者となった やる夫への想いが強い理由の ひとつでしょうね。


でも この子、結婚して子供ができたら

精神的に一気に成長して、しっかりしそうな気がしないでもないです。


178 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 暁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    ,. ─<//////////ゝィ’≦ニニヽ__
                 ////////////////'///////////>- 、
                 |////////////////////////////_____ノ
                 l//////////////////////////:ヽ:::::::ヽー'ノ
                 |三三三三三彡ー= ___  ,/::::::::: i::::<´ ̄
                 i::::::::::://ヽ::::::::::::::::::::::::ト::::::::::::::::::: }::ハ:::::: j :::::ヽ
                 {::::::::/:::::::::::| :::::::::::}::,:/--\::::::::::: |个ト、:/::: }:::: i
                  j:::/::::::イ:::::', :::::: イ:/ __   ヽ :::: jイrミV}::::/::ハ |
             -=ニ二__::::::ノ:/{:::::: ヽ:::/ jxf示ミx  }::::::/心 リj:::/:::! .}:|
    ____        /:::::::: /:::ゝ :::::::ヽ /んi心    j:/ ヒ:ソ,ハ:∧:ノ .j/
 /::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄:::::::/:::::::/::::::::: /ハ\::::ヾヒ::ノソ   /    ´,.、i:::ハ,ノ
/:::/⌒ ー:::_::::::::::::::::/::::::://:::::::::::/{ ゝヽ:\::ゝ¨´.,.、     `   ノ:::::::\
::/         >:/::::: /::::/::::::::: /:::>-∧::::\     r  ̄ ) /:ト:\::::::ヽ
:{      >::´ /::::: /::::/::::::::/:::>=ミ::::ヽ:::::::\_   `   ´イ:::::: } }::l \::::::..
    /::::::::/::::: /::::/:::::: /::://ニ{ニV´ヽ::::::: \ f ̄::::::::j::::::: j j::j  ヽ::::..
.  /::::::: /::::: /ー''/:::::::/::://ニニ\ニヽ. \::::::::\_:::::::/::::: ノ/:/   }:::::}
. /::::::::/:::::::/   /:::::// ̄ニニニニニ二ヽニ二 \ ::::::::::: ̄:::`::: <    |:::::|
/:::::: /::::: /     {:::/ ⌒\\ニニニニニ二二二二二 > ‐==ミ、_::::::::::\ jハ::|
::::/:::::::/  i^i/i   l:::{    ./\\ニニニニニニニニ二//  ̄ ̄ ヽ.j  ̄ヽ:::}  l: |
./::::::::::/ 「\ j ヽ ヽ .V_ /   \\ニニニニニニ// /     lゝ  j:/   l::|
:::::::::::::{   \ ヽ  //       } }ニニニ二//  '         |ヽ    ,ノ:ノ
:::::ハ:::::! ⊂ニ_  ///         入.\ニニ//   /  )     | }
::::| ヽ{     `////i  {       /   \.ヽ//     ! /     |,'
ヽ{        i l///!_\ -<       ヽ/ ヽ.   |/         l/
           ̄ ̄             ∧      /           }
                         ∧    {       /  |
.                           ∧    〉     /     ハ
                           〉  {        / }


サクラの最初のの移住者その3。

自称・レディ。
やる夫へのアプローチを、一番 積極的にやろうとしている子ですね。

なお、実際に できているかどうかは微妙なところ。


まずは しっかり準備を整えようとファサリナを師匠と呼んで学ぼうとしたり
そういう面は、実は やる夫に似ているのかも。

……努力の方向音痴なところも含めて。


実際に結婚して、無理に背伸びする事はないと気付ければ

素直に甘えられるようになるんじゃないでしょうか。


179 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 響
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                -─ ━ ─-
            ´
          /            _.     ,
         r--- 、_,へ ̄ 「⌒l`ー‐〈  } l\.  ′
      _ --l ヽ  ト、 V|⌒ノ´¨`ー―⌒7 {⌒l.   ,
      \__/八ノ´¨`¨¨´       `¨´ く`ー、 ′
       、_/                    `⌒、/
       .′    /           '.     〈__X
            ハ       ト、   i|     {_イ
       /      |. X.     | X  j{  i|   八
.     /′| '   |  Xト、   |.  | / |   j{.   ト、{
        l  '.  ,ィ灯圷 \  {ァ灯圷 }.  j{   |
        |  ' 八∨ツ    \ ∨ツ /  .′  |
        |ハ   ム    '     /7  /.     |
       ノ ム.   ト、    。     /  ′  ___
       ´    }   |≦   __  < /  7`¨¨´    /l
        }__l  .'  j{  八  /  ′ }-<.   { ′
       〈.   .'    j{  ≧=≦/  ' ′;      ノ
       \_ -  .′ ji:i{ /i:i:i:i:i:X  li:{  l≦  ハイ7
.        〈 .' / .| |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i.′ {i:!:|  |-   }i:i, /
.        X '  | 八i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  |__ノ  |`  ノ:i:レ
.        / r   |  `¨¨X¨¨.|  |   } __/i:i:i′ |
           | ト、 |.     i|  |    「_´i:i:i:i:ii:,  |
        ′ |i:i: \       八 {.  ,i:i:i:i:i:i:i:i:i′ |  ___
       .'   リi:i:i:i: \        '. .′i:i:i:i:i:i:ト、.。o≦  }
.      /    ,i:i:i:i:i:i:i:iト、       Xi:i:i:i:i:i:i:i: レ ¨¨´  /
     ,      li:i:i:i:i:i:i八_ --、_X__.ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i|{-=ニ  .′
      ハ      |i:i:i:i:i:i:i:i:从      ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i′\   |
    .′{.      |i:i:i:i:i:i:i:i:i 「¨¨¨¨¨¨¨.′i:i:i:i:i:i:i: | X \__.ノ
    |        |i:i:i:i:i:i:i:i:i: ,     ,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: |.  Xi:i \
    八  \    |i:i:i:i:i:i:i:i:i: ′     .′i:i:i:i:i:i:i:i:i:|   Xi:i:i: ,
.    \  `___./|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,    ,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   Xi:i:i:′
.         / .|i:i:i:i:i:ii::i:i:i:i:′  ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: |.     Xi:i:i:i:.,


サクラの最初のの移住者その4。

一番 素直に甘えられているのは電か響の どちらかだと思う。


Ураааааааа! なセリフが似合うディフォルメAAが豊富で

ホビット4人の中では、一番 動かしやすい子でした。


そのくせメイド服やエプロン姿の可愛いAAもあって

そりゃネリーも愛情が鼻から溢れ出ますよw


ホビット4人組の中で、結婚後 一番 積極的なのは多分この子。

妊娠するのも この子が先のような気がしますね。

180 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 幸子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     _ _____
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ、
               .:´.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
              .:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:., イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
             ,:.:.:.:.:/.:.:.:/.:/  |.:.:.:.:.:.:.:iヽ.:.:.:.:.:.:.:',
            ,:.:.:.:.:,イ:_/:/'⌒¨ `:.:.:.:.:.:.:| V.:.:.:.:.:.:i:
           /.:.:..:.:./辷コ/     \.:.:.:.|^ヽV.:.:.:.:.|::::::
         /:.:____:.,ィ.: ̄::斗千斥、  ヽ、l  |.:.:.:.:,i|::::::::
          ̄^i.:.:.:| |.:.:.:.:.|  ̄ ̄    f=z、 !:.:.:/.:iヽ:::
           |.:.:.:ヾ,|.:.:.:.:.l .、.、.   ,  ヾ心ゝ|.:/.:.:_ノ::::
           ',:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.|        .、.、. .j/.:.:メ::::::::
            ',.:.:.:.:.:i.:.:.:.:ゝ f  ̄ ヽ      ,イ.:.:./:::::::::
            ':、.:.:.:i,.:.:.:.ト  ‐一'    ,イ.:.:.:./::::::::::::
             ヾ:、:.ヘ、.:.:|  =-- ┌‐.:.:.:.:|.:.:./:::::::::::::::
       _      ゝ、个xj      |.:.:.:.:.:.:.j/:::::::::::::::::
     /ヽ `ヽ^7⌒了 ̄        ¨ヽ.:/:::::::::::::::::::::::
    / \ \_j {  _i           _ノ⌒ 7 ̄ ̄`ヽ:::
    ,ヘ \ \_〉 i ___\ ̄``丶 -一, イ\ _ノ     |::
   〈 ヽ、_\_〉 ゝ、   ヘ、___,ィヘ  _ノ       |::
    \〉      〔 /  へ、,ィヾ  _ノ         ハ:
      I   Y゙   ゝ、/  へ __ノ     \/     i::
      /   /      ^ヽ/__/^ヽ       ヽ    l::
    /    {         _ヽ 入         i    |::
    ,′    ヾ:、_::.. -‐"´ ̄゛ ̄Ξニ^ヽ      j    {:::
    | >=--‐テ         二二ゝ>..,_..__  ,ィ    ]::
    レ′    / ,..' ̄ヽ一'  ̄     ```〜、、{     `_
   f′    !/´                   ヾ:、     }
   〈    _ノ                      Y   〈
   ヾ_/⌒                      , ィ^ヽ   {
     /                        〈_/  \ j
   /                        /    /У
   ,'                       /      レ′::
   i:                      / イ     ,'::::::::::
  ,j:::.,                      j_// ,     ,′`ヽ
 ,イ:::::....,_                  ..  / / / /' ノ.::..
     :::.、                ......::::.Y_,イ_/,ィ


ラダトームの勇者であり、オルテガの隠れ子。

オルテガ復活後は、ちゃんとアリアハンでも認知されました。


配役理由は、まずゾーマの反撃としての 「ギアガの大穴を閉じる」 があって

それへの対抗手段にDQ6世界に行く必要があり

そのカギになって、DQ3世界に出現しても不思議ではないダークドレアムの書が出てきて

それを使ってラダトームを滅ぼしかねないのは……としてヒロイン候補・シオニーが配役。

シオニーが召喚する理由は? 勇者である娘を戦わせないため……となって

どうして勇者? オルテガの隠し子? となったところで
オルテガが生きているためヒロインに しにくくなって

その娘・幸子の方がヒロインになりました。

幸子がカワイイから仕方ないですね。


キル子達との やり取りもカワイくて、結果としては大成功だったと思います。

実は彼女達の関係は、二線級であるキル子パーティを補強するという意味も ありました。

幸子が いなかったら、キル子達は やる夫の側仕えみたいな立場になっていたかも。


世界が平和になった後は、勇者の使命からも解放され

やる夫の妹ポジションの嫁として幸せにやっています。

幸せ太りじゃないですよ?


181 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 山田 真耶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                , '.: : : :.,': : : : : :ヘ: : : : : : : :',: : : : :.ヽ: : ヽ
            , ': : : : : :.|.: : : :. :.ム ',: : : : : :ヽ',.: : : :. :.', : : ‘,
             /.: : : : :.|: :|.: : : :. :. :.} l.: : : : : :. :.',.: : : :. :.',: : : :',
             ,'.: : : : : :.|: :|.: : : : : :./イ: : |: :!: : : : ',.: : : :. :.',: : : :',
             ,'.: : : : :. :.,|: :|: : : : :.ノ: : : :,イ: | : : : : i.: : : : : :.',: : : .
           .;イ.: : : :. :.i.|: :ト、: : : :_: : / | ハム: : :| : : : : : : i: : :.i
          !i|.: : : :.i: :| !: l__マ.: : : : :.7 ‐レ―∨―!-.: : : :. :.|: : ,'
          !l.!: : : : ,斗弋i  マ.: : :./  ,ィf芹ミ、ヽl: : : : : : :.| ,'
.            l|.!.: : : :.E ,ィ芹ミ: : :〈    ∨ハ 》 ,' : : : : : : | ;
              l! l: : lマ |. ヽ ヽ沙}ノゝ≧=- `¨´ ,' /: : : : : : : :,
               ', :| マ! ゝ、___ ノ ⌒ ゝ、. __ /ノ|: : : :|: :|: : |
.              マ| ;|: : :.ハ /i/i/i     /i/i/i/i |: : : ∧ |: : |
                八!: : : :ハ    マ   フ    |: : :/: :El∨
            ムイl.: : : :.}ゝ,ヘ、       / ,': :./:/! { ゝ
               ',: : : :ハ/ /ヽ _  イ.  ,': :/|/ .レ'
               ',: : {.// / l: :|    / , ' .ト、
                ゝ 〈    / ヘ  .ノイ  ¨ハ
                    =-‐∨    r.ヘ_}    __,'  `  ‐-==
                  ,'     ∨    ',ヽ、   /   .,'          イ∨
               { ',   i .∨   .',        ,'      /   i
             」  ',  !  〉   〉       ,'     /    ', |
            r'    ', ノ  /   /      ,'       /      ', |
            |    /  /   /  ./    /   |  /   /    ',!
              ノ  /   ,イ   /  ,イ  r‐/     ! ,'   /    .ヽ
             ∧ , '   , '     /  ノ⌒´/      i!i  /      }
            ///∨  /     /`Y´  ,.'        {  ./       ュ
.          /////,' ,イ     /  |  .,イ ..........      _}/  x≦7777ハ
.         //////{,.イ      ,'、:::::::,'..::/:::::::::::::::::::::...   { x≦/////////∧
      {/ヽ///,イ      ,'::::ヽ:::{:::/::::::::::::::::::::::::::;'::::::::}//////////////∧
       ヽ/7T.{       ,'::::::: ヽ∨::::::::::::::::::::::::::;'::::::::////////////////∧
           ̄{ |      ,イ::::::::::l>::ゝ::::<l::::::::::::::::;':::::::://////////////////∧


山田の母の山田。

未亡人は雅音が いましたが、子持ちの未亡人が彼女が初ですね。


配役理由は山田。


性格に関しては、数年家出していても問題にならないのは どんな性格だろうかと考えて
逆算した結果ああなりました。

時間感覚がアレですが、子供への愛情は しっかりある人だと思います。

だから 「山田の弟・妹がいる」 と聞くと、速攻でサクラに来ちゃった訳ですね。

その母性で やる夫を甘やかす事が できる、子育て歴100年以上の大ベテランです。


世界が平和になっても、この人は変わらないと思います。

公式設定は分かりませんが、ここではエルフの妊娠期間は人間と変わらないという事で。

山田妹が誕生するのも そう遠い事ではないでしょう。


182 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で パチュリー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

|i:i:i:i|i|..  | i........... |l............ |.. .. .. ..||....  |...    |i...  ...|i.... |.......  |i:i:i:i|i|   }.......  }.........     }
|i:i:i:i|i|..  | l.......  |l.......... |.. .. .. ..|| ,. ┴‐‐- L., .......|l.... |.....  |i:i:i:i|i|   |.....  i.....
|i:i:i:i|i|..  | l..    |l.....   |.. .. ..  ´.: .: .:⌒\.: .: .:.`.: .,|l.... |     |i:i:i:i|i|   |...   ....
|i:i:i:i|i|..  | l..    |l...    |.. ./.: .: .: .:   -- - 丶.:__ .: .: \ |     |i:i:i:i|i|   |   ,..
乂i:乂..... | l    |l:    l '.: .: .: .: ´.: .: . :.: .: - ''^⌒.: .: .:.、Y    乂i:乂   i
^Y^Y^.   | l    |l:    /.: .: ./.: .: .: .: .:/.: .: .: .⌒\.: .: .: \',  ^Y^Y^
.. |i:i:|....   | l    |l:   '.: .: .:´.: .: .:/.: '.: .: .: .: .: .: .: .: .\.: .: .: 丶/  |i:i:|....      .:       '
.. |i:i:|....   | l    |l  .: .: .:/.: .: .: .:'.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:ヽ.: .: .: .:V/ |i:i:|...... .:          /
.. |i:i:|....   | l    |l .: .: ./: .: .: /: .:/.: .:/.: '.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:',.: .: .:Y|i:i:|....             /
.. VV..   | l    |l i.: .:' .: .: .:/.: ./.: .:/.:/: .: .: .: .: .:..i.: .: .: i.:..i.: i.: .: .V|i:i:|...  '         '
.. }i{.....   | l    |l {.: .i.: .: .: '.: ./.: .:/,.:.': .: .: .:..i.: .: .|.: .: .: }.:..|.: l.: .: .:}VV.. /
.. /∧...... | l   _|l_ {.: .{.: .: /.: /.: .://.:.i.: .: .: .: |:. .: .|: .: .: , .: }.: }.: .: .:i }i{... /  '     /
.. {i:i:i}...   l_j_ ィi〔i:i:i:i:|.: .i.: .:,.: .:'.¨ア7/:メ{.: .: .: .: }i.: .: }.: .: /.: .: .: ' .: .: .|/∧/  /
.. |i:i:i|... 「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:__|.: 八.:{.: :{.:笊示ミ八.: .: .:i八.:-人-/-.:,.: :/.: .: .:..}{i:i:i:}  ′
.. |i:i:i|.... }i:i:i:i:ir<ニニ|.: 个.:ト、:Wビツ^ ⌒ヽ.: .{ ィぅ笊ミ.: /.: /.: '.: .:.., |i:i:i:|../   /
.. VV(__,ノi:i:i:i:i}ニニニ|.: .:j.: i: .:乂_:.:.:.:.:.   ⌒  ヒrツ⌒7.: .:': /.: .: /〔ニニ>、_ /
._ノi:i乂i:i:i:i:i:i:ノニニ>´「^}.: l: .:圦⌒.:.:.:.:     .:.:.:.:.:_,ヘ⌒}イ.:/}.: .:イ_ ィi:i:i{_⌒〔
{i:i:i:i{i:i:i:{⌒¨¨¨¨ア    Y.: l: .: 个:.    、  ′  rく \ V.:乂ノイi:i:i:i:i}i:i:i:i}... ∧
|i:i:i:i|二j__  .... '     j.: .l: .: .:}∧  ..    ´... }_ノr  }.:个: .:乂ニニ}i:i:i:i|../..∧
|i:i:i:i|ニ/⌒ ....ノi      , .: .:l: .: .:}/∧  > .ィ /,. '´   /.: j.: .: 个Vニ|i:i:i:i|... /..∧
|i:i:i:i|/^¨../⌒7    /.: .: j.: .: .| / 入 ___,ノ_ハ   ,. イ⌒:ノ: .: _人 Yi:i:i:|..  /..∧
|i:i:i:/ _/ .... /    , .: .: .'.: .: .ノ/>:fi:i:i:r_< ∧    V{ー=彡⌒  \Yi:i|.   /..∧
|i:i:,' 「....   ノ.'   .: .: .:/.: .: /{'/i:i:i:i:{i:i:i:}i:i:i:\',  }_^\     :..、} }i:i:|    /... ',
ィ 乂乂.../.../     {.: ./.: .: /.人i:i:i:i:i:イ¨ 7}Vi:i:i:i:}ハ _ノ^ア ハ     〉 ̄〕iト .,    :
(⌒ 介「 ...'      ∨.: .: /.: .介ヽi:i/:} //j:i:Vi:i)⌒7⌒}   ∧ ..\...人.: ........、 〕iト ., }
ヽ.:.)⌒7乂/      }.: ノ.: .ノ: }.: .}'i:イ //ハi:iV⌒7  /  /个', 乂(入⌒)ノ    〕iト
´/_ ^乂「⌒¨>- ⌒7¨ ミ、.:八.:j:i:i:}//(__ }i:i:{ /^ア     ノ W_)⌒.: :}´.....    .....
.( /i:i:>__ / //ノ´  ノ(     .,/i:i:ノイ乂¨ }i:ノ´(/´     '   }Y{、_ 乂......       ___
,イ/.: .: 〈 ' /   (⌒7       ` .,⌒¨>乂__/          ノ Y/....  --   ̄ ̄
/⌒\.: { ヽ     ノ 人         :.`ー‐ ァ > ´  ̄ ¨二ニニ=- j.:}__  __    ---
   -=ニ〉 ⌒  _)⌒^ヾ} ,..:i :. ', Vー</.............................    ̄ 二ニ=-  _
 /   人   ノ⌒フ(_ / /¨:| {i:. .:i |..... ∨/......................             \  ---
./    介  _,ィ厂(,ノ^/ /.  |゙ 'i|  | i......  V/..............                      \
    〈_ ィi〔⌒)'⌒´ノ /..... |  i  i、,ノ.......  V/.........                    \
    辷彡⌒.......└ ´.......  、.人_ノ ......    V/.....                      \


元・妖精の村の司書。
今はサクラの書庫の司書になっています。

やる夫のオタ友でもあります。


配役理由は、既に 『双子DQ5』 の方で 「ベラ=大妖精」 と 「雪の女王=チルノ」 の配役が決まっていたので

『東方project』 から、「ポワン=八雲紫」 と 「司書のルナ=ルナチャイルド」 の配役を決めたのですが

ここで 「せっかく妖精の村に行くのだから、ヒロインとして1人 お持ち帰りできないか?」 と考えました。


結論から言ってしまうと、『双子DQ5』 側にも登場する面々なので
原作でも この後の青年期後半で登場する子は まずい という判断になり

『東方project』 で一番 司書っぽい子という事で
パチュリーをオリジナル司書として登場させたという流れが ありました。

作中で 「やらない夫が結婚する少し前」 と、『双子DQ5』 での時間軸をハッキリさせたのも
この辺りの事情が あったからだったりします。


ちなみに作中では、雷にダメな子にされて お持ち帰りされましたが
この辺は計算通りで、むしろダメな子にするために途中で雷を妖精の村に呼ぶ流れにしました。

( なお、呼ぶように要請したのは他ならぬパチュリー )


最後の押しの一手として、一時的に雷を離れさせて 雷がいないとダメだと気付かせようと考え
どうやって離そうかと考えた結果 生えてきたのが

実は 「幼女冒険記」 だったりします。


この後、チルノとマサムネがサクラに来たのは
原作の青年期後半では登場しない&イベントが無いからであり

大妖精が通いになったのは、原作で青年期後半に登場するからですね。


やる夫との関係は、サクラに来てから本を通じて育まれました。

結婚のために体力作りを続けていたので
なんだかんだでパチュリーの方も その気になっていたのでしょうね。


自分で本を書くとか言っていましたが

最初に書く本は、この一緒に体力作りする日々を やる夫への想いと共に綴った本になりそう。


183 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 翔鶴/原作:ショウカク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    , ィ ニ >ー―-、              /^}
                    /, -i.o.i― - 、ヽ\        / 77
                  / //i ̄ ̄ `ヽハ.  ヘ         / / /
                   ,′ ,.′ !    ハ ハ  ハ      / / /
                i i: | !.八   _i__ i  i ハ    ./ / /
                | |: |斗|‐ \\ |ハ |  | |    / / /
                |i 从!八!ォ     ,示_|  ト、i!   / / /
                |::. |爪付    込リ'|  l 从 / | |
                   从:八 `´      |! |イハ  | |
                    | i :从、   `     从 |// }   ! !
           ,   -‐<》-<7:7 \  ` ´ / l  |Y: リ  | |
           ///////// />'\以` ー-: ´ ト、|  |'  {  | |
.       , イ/////// <//_入ヾ.\\     :Y! リ:  ハ  | |
      /: : :/> ' / / ///:  ハ ヽ ハ \   リ /i⌒\} .| |
.      '<7  / / / ///: :   从__川}__ヽ`Y レ'.|   Y } |
        /  / / / ///__: : .    } 〓┃Y┐|   | :{  ハ/ ,′
.       /  / / / ///::::::\:. i:|r' | ━┛:|:├―― -、i__ / /
      /  /7 7 ///:::;ィ=、:::\》 ノ===L二⌒ヽ====/ / i
    /  /;;:::_/ ///::::《: . . \/彡'ニニニニ,′ニニニニ== / /〉 |
.   /7 / / / /// \_ミヽ_{{ZZZZZニニ/ニニニニニニニ / / | ハ
  /:/ / / / /// : : . ヽ  \ハZZZZZ/Zニニニニニニ / / リ|   \
. /:/ / / / /// : : : .      {ZZZZZ/ZZ/)ニニニ./ /ニiノ    \
 ::/ / / / ///=---┬-、ヽ  }:ZZZ / ://ニァ ./ / ニニ|/⌒   }
  / / / ///:::::7/::/::: __\ノ\ニニニ/:.:イ::ニ⊃/ /.ニニ /ィく´⌒>ヘ\
. / / / ///:ニ//::/:::/  ̄.: 7 7´ ̄77:.:..| ニニア⌒ く==く- '⌒ヽYヘ V \
. /:77 ///{ {:::{::{:::{::人____{ {/:.:.:.{ {:.:.:.:}ノ {三-   }::}. . }    } }::::〉:::〉: . ハ
/::/:/ /// \ヾ、二ァ------、:::::::::::>ン   /` ァ-‐' <ノニニニニ))//: . : . ハ


配役理由は名前つながりですね。

この配役で、ブーム君な大賢者の相手をさせたところ
ものすごく おいたわしい事になって

その結果、やる夫に お持ち帰りされる事になりました。


それからサクラの門番となり、やる夫と一緒に大魔王戦にも挑みました。

彼女にとって やる夫は良い上司で、好意的では あったでしょう。

ですが、この時点で やる夫に対して向けられていたのは忠誠心だったと思います。

多分、嫁入りした時点でも。


この辺、なんだかんだでモンスターという事ですね。

愛情というものを理解するのは これから。
夫婦として子育てしながら育まれていくんじゃないかな〜と思います。


184 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 瑞鶴/原作:ズイカク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 〈∧    _ ,,..  ..,, _    i⌒'
                 _」 」≫''~.::.::.:.::.::.::.::.: ``ヽ、l /⌒ヽ
                 {≧=ァ'゙.::.::.:.::.::.::.::.::.:.::.:: `丶、:.:\ー‐‐'┐
              /.::.ア゚.::.::.:.::.::.::,.::.::.::.::.::.、.::.::.:.::.\::.`、: ̄、
           、'゚.::.: /.::.::,::.::.::.::./L.::.::.::.::.::.`、::.::.::.::.::`、∧.::. \
             、`.::.::.::,'.::.::/ .::.::. /⌒`,::.::.::.::.::. ‘,:.::.::.::.::. ∨゚,::.::.::.:\
         ,.::.::.::.、`゙.::.::'::.::.::.::,'___  ,.::.::.:}、 ___'.::.::.::.::.::.:.Y、::.::.::.::.:`、
           /.::. 、` i{.::.:{.::.::.:´′    }.:}.::.}^\l{`、il.::.::.::.::.,:.::.\:.::.::.::.::..
.          /.::、`′ l{.::.:{.::.::.::.斗劣ミ j/}:./ 芹テ_iト、 .:.::. {`、.::.:.\.:.::.::.::.
.       /.:,:`:,'   从.::. 、.::.:{{ V ツ  ノ'  V ツ リ:: \.::.{  , .::.:}^ヽ :.:.::.,
       /.:/{.: {     \「\「  ~´  ′  `~  从 ::}^ヽ{  ゚.::.::}   ゚:,:.::.′
.       /.:/^乂{        {.::.::.込. "   r  ┐  ".仏}}.::}     }.::.:}    .::.:}
.    /.:/          、::.::{⌒iト  `  ゙  イ   }.::}     }.::ノ   }.::.}
    ' /             \{  /{i{≧ ≦ } }\__}ノ    .ノイ    .}.::,
.    {{     __,r┐      , ‐七I{!  V.,    , ,  厂 ̄ ~"ヽ       ノイ
.   人、 /...__}_」     /   i.....i゚,   V 、  / /  ,            _r‐ 、
       {....´.___ノ‘,      l.....liム  \_/ /  /     , }  _{``ヽ ∨
      ∧....{--'、__,   j{   厂 ̄\__  `/  /     /  , L(`' 、
      /∧..乂´ j}  j{   {ニニニ人}三二ニ=‐-   .,,_r'′ ∧ {^'    }
        ∧......`¨{ /^, /≧ァ≦ニニ≧=‐- -=ニ二ニヽ '゙ ∨ム
         l}≧≦∨  Y≧=‐'---------------‐=≦~}    、 j}   /
.          〈`¨¨¨¨゙`,  l=ニ!二二ニニニニニニニニ/}   ___,/辷= '^i
.         `マ^^^^´ 、∧ニ=!二ニニニニニニニ=/ニニ}/ニニ乂竺彡'
           ∧    V ,ニ!二二ニニニニニ/=ニニ7ニニア   /
           /∧    W , =!ニニニニニ/ニニニ7{ニ7     /
              、     }il∧=!ニニニ= イニニニ=-r' \{    '
                ≧=彡' }l\}_ .。s≦=-‐ '' "~ _,.ィ^、   ` ‐ ''゚
                __/ \l{弖Ξニ=-‐ '' "~    〉、__
               //^、    /⌒i^i⌒\  /``マム


配役理由は翔鶴と同じく名前つながりです。


2人の差として、翔鶴は生真面目なのに対して瑞鶴は感情的だと考えていました。

その分 人間的な面があり、人間の感情に対する理解は翔鶴よりあるという設定が。

やる夫や やらない子に対して恐怖していた理由は、この辺りにも あったりします。


おかげでサクラに来た後は
やる夫の事を 「怖いと思ってたけど優しい!」 と思うようになり
人間的な好意を抱くようになります。

ただし その時点では、それが好意であると気付いていません。


彼女が それを好意 ―― 恋だと気付くのは、多分 嫁入りを決める時。

きっと実際に嫁入りする時は、赤面しまくっていたでしょうね。


185 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ニュー速で 潮 と 他のホビット達
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ,.ィ⌒   ......:::::¨ ̄ ̄ ̄¨:::::.....
      {廴_./:::::/:::::::::::::::::::::::::::\:::::\
      `¨¨ア:::::::/::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::゚。:::::::ヽ
        /:::::::::::|::::::::::::/:::∧::::::::::::::::\}::::::::::゚。
      /イ::::::::/| :::::::: |:::/ ∨:::::::::::::::::\:::::::::}
       /:::::::/斗:::::::|::|7‐- ∨:}::::::::::::{::トゝ:::::.
       /イ::::::{ 从::: |::|    〕ト:::::::::::::V::::::::\:.
       /;|乂N芸ミ乂N z芸ぅミx|:ト、::::::::::\::::::::::\
      .//j:|::/:} ヒリ     ヒzゾリ .}:〕ー≧⌒:::::::::::ト`==  _____
    ./´ .|:|:{ヘ!  '         j/rヘ }:::::::::::::::::::::.      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ==ミ
    /   /,'!:::::{           ノ   ノ:::\:::::::::::::::\                 \
   ./   〃 |::::::::.  、  _         f:〔:::::::::::::\:::::::::::::::\____           }}
  ./{   {{ .|:|:::::::|\      <z.ニ≧\::::::::::::\::::::::::::::::\::::::::::::::_ ̄¨ニ==ミ_..⊥..__
  {∧   ハ .!:!、:::::\` r=≦| , / ̄¨ ミ<.\{\::::::\::::::::::::::::::::::`¨::::―-‐::::::´ ̄::::::::< ̄`ヽ
  乂:\ .{∧ 从 \::::::\ >'///      `ヽ>≧`¨¨¨`ー―--=ニニ¨ ̄ ̄:::::::::::::::< ̄`ヾヽ
   `¨` V∧   `>´///,イ/        V:i:i:i:i:i:i:≧=‐-―――‐ァ  ̄ ̄ ̄ ̄`¨ヽ\  }
       \≧ /'//// !/    |      V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/            )
 ∧  /ミ、 {ハ /> ´ ̄   i!             }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/`\
 \\込z台≦zzァ    =ニ.’ !    ∨  ゚。 |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   \、
   `¨¨ /`¨¨¨´       ’ |      ∨  |/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/      V゚。
    /           ’ ノ      ∨ }!:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>         Vハ
     {               {     __.⊥⊥i:i:i:> ´                }:}
                   〕 <¨   __.  -‐|´                jノ
                 {r―_ ニニ -― ¨ ̄ト、              /
      |         |/´   _  -r‐=≦フi:i:i:〉           /
     ゚。∧         L. イ´     |>´ヽi:i:iY
     ∨ハ        \   .|     |    \!
       ∨} \     \ .|     |     \
       ∨  \      |     | _>v‐=≦〉
        V     Y¨ ̄ ̄_」      |´_>'ー:i:i¨i´
         ∨_ 。<ニ「 ̄  |     | V. イi:i:i:i∧
         }:::::>く      |     |  ゚。 ∨i:i:i∧


配役理由は、雷達と同じ駆逐艦つながり、かつ駆逐艦BIG7である事ですね。


      \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
      ≫                       ≪
      ≪    ナ ヽ /    ─ァ || ーレっ /7     ≫
        ≫   d、  /^、_ノ  (     |   O     ≪
      ≪                         ≫
      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
            ¨ ¨       フ ル フ ラ ッ ト!
     ¨ ¨ ¨ __r:i:i:i:i:i:ュ____       \
    彡==-マニム 寸:i:i:i:i:i:i寸=──: : :.....     \
    |    マニム )i'<:i:i:i:i:V: : : : : : : : : :\   \|
   :.|   「 ̄>≦ム   Y:i:i:i:|: : : : : : : : : : : : \二二
   :.|ー-ー(.   Vニム-ー|i:i:i:i:!: : : : : {|: : : : : : :/∧: : : :}  ぬ
   :.|   ハ   ヽ ̄Zli{:i:i:i:i:|: : : : : : : : : : : : 乂6,V| ̄)\  が
    |  .{  V彡ハ. :Zム.i:i:i:|: : : : >' ⌒寸: : : :\  ーく Wム  あ
    .:匕¨弋  V   }  寸ll):i:iリ>'       \: : : :.\トトルY´二⊃ ぁ
   : V二ニ\ V ト、  ヾ彡'             \: : : :.ヽ⌒寸}} :   ぁ
   : V  (\\VニY\             : Y: : :.ム:i:i:ム「    ぁ
     ノ  ノ\\)|  |寸\:              : |: : : : |:i:i:i:ム :  ぁ
   : `<.   \.|  |\寸) :           :[二二二]:i:i::ム :
      .: `' <ノ ーく  \ :            : 匕ソ:i:i:弋i :


なお、例外が若干約一名。


彼女達に関しては、移住してくるホビットが必要だけど、あくまで脇役と考えていました。

ウェディングAAを募集する際に、来ればエンディングで嫁入りさせようかなぐらいに。


ところが 『悪魔のいる日常』 の方で、南条 光のmltを見ている時に気付いてしまったのです。

このAA……潮に改変できるのでは?

気付いてしまったからには、やらずにはいられませんでした。


結果として潮は、自援AAによって
他のホビット達を代表してエンディングで嫁入りする事にw

流れとしては、やはり雷達の嫁入りの影響でしょうね。

ホビットでもOKならば私達も……って感じで。


186 :◆vsQyY1yD2Q

        l\            /|
        |  \         /  |
        |   \      /    |
        |     \   /     |
        |      \──     |
        |                 |
        |                 |
        l     -───   `ー‐- |
        |     <(__)>  /<(_)> |   以上、ヒロイン達についてのコメントでした。
        |           |    |
        |   し       \     |   そういえば 『LB3』 の最後に、こういうのやったな〜と思って
        |          ∠l   |   やってみたんですが……甘かったです。
        |    し     l l   |
        |       ―===‐  |
        |         ー―    |   改めて思います、人数すげえ……。
        |   \         /
           〉    \____/
        /         |
   , ── '           i-、
  /                \
/                     |


187 :◆vsQyY1yD2Q

          _ ,, ,,_
          ,r'     ヽ
        i         ',
         l         .j   いよいよ、裏話も終わりだね。
        {        }
         >       .ヽ
   ._, r '"             `.‐ 、
. .r'"               ` 、
 ,'                    ',
..,'       黄金の光         ',
.,'                      ',
.l                          `、
.|                         `n.fi..n
.}                       ll ヒ!.!‐- -,
.|                      ト         r'"´
l                   ', ゝ    ,イ.`'
!                      l  .` ´



       |\            /|
       |  \        /  |   それでは、最後の ご挨拶を。
       |    \     /   |
       |     ` ― ´     |   この10年間、私にとっても色々と勉強になった連載でした。
       |                |
       |                |   正直、ここでの経験が無ければ、『異世界混浴物語』 での
       |  __    __  |   デビューも無かったのではないかと考えています。
       |  |  |      |  |  |
       |  ` ´      ` ´  |
        、    ___      .′  次回からは 『双子DQ5』 の連載となりますが
       _\.          /_
      > `_ー、   ,. 一_´ <    引き続き読んでいただければ幸いです。
     /    `ヽヽ.__//´    \
   /       ヽ l l./         \


188 :◆vsQyY1yD2Q


                                  最後にもう一度……。
                             ∧ ∧
                               (,,゚Д゚) <  ここまで読んでいただき
                           ┏━┓    本当に ありがとうございました!
                           ┏━┓
                           ┏━┓
 /\ー―、_                   ,┏━┓                 _/| ̄7~~>
<   >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、,―-、  ___    ┏━┓   __ __ __ ,― ̄)/ ̄ _   / /
 \∠/ヽ ヽ~\ヽヽ D ) | _ |/|~ ┌__ll' ̄'l「| |~| l' ̄'l| || ||   // /7__//~//\)/ /
   ヽ  ヽ ヽ ヽヽ、  ´、| || | | | (~l| .∩|| `' | |∩|| ‖ || l二(_´ ̄)、ヽ///  |\/
    ヽ  ヽ ヽ_」 ヽ、 |~| || '' | | U || U || |.、 | |U|l、  || l二',-:ニ/ / / メ /  |
    ヽ/ヽ    _/ヽ | |__||__|~|__| `―-.^゙,ニフl.ニl、ロ b ∠、二'L_/(__/ | / /\|
    <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄    ┃│││`ー'   `―``―、__ノ|/  /
     ヽ∠― ̄                ┃│\│/=          \/
                                 ┃──  ──
      ド ラ ゴ ン ク エ ス トV       ┃│/│\ そして伝説へ・・・
                           ┃│││
                           ┃││



次回更新は、7/19(日) 20:00〜を予定しております。

変更があれば、こちらと まとめサイト『やる夫よろず』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


最終話へ       7 年末スペシャル2023へ


この記事へのコメント
お疲れ様!!そしてありがとう!!
Xも楽しみに追い続けますからねー!
Posted by at 2020年07月07日 01:31
ハーレムものを長く連載すると十中八九忘れられるヒロインというのが出るけど、
もちろん露出頻度は役割によって違ったけど、最後まで全てのヒロインが活躍し、
ヒロインだけじゃなくて脇役や準レギュラーまで舞台に上がり続けてたのは、
やっぱりこういう細かい設定と、役割を持たせたことによるんですかね。

既存のものと比較するというのは失礼かもしれないし、甲乙優劣語るわけじゃないんだけど、
90年代のアニメ天地無用シリーズでも見ているかのような安心感と心地よいお約束があって、
ずっと楽しく見させてもらいました。ありがとう。

双子の続きも楽しみにしてます。
Posted by at 2020年07月07日 02:02
やるいき楽しかったです
どうもありがとうございました
Posted by at 2020年07月07日 03:17
最終回でも書いたけど改めてお疲れさまでした
自分が最初に触れたDQは5だったので双子DQ5がとても楽しみです
Posted by at 2020年07月07日 08:50
総括裏話おつでした
今までの配役裏話を読むと、出す前からいろいろ練ってるなと思っていましたが
その一方で後から生えてきた設定も結構あったのですね
Posted by at 2020年07月07日 13:12
最後の裏話お疲れ様でした。
いつもワクワクしながら読んでいました。
双子DQも楽しみにお待ちしております。
Posted by at 2020年07月07日 17:00
実は黒い手を目当てに来ていました、当時やる夫系を嫌煙していた自分をぶん殴りたい。
恐る恐る読んでみれば本当に面白くて大好きなシリーズでした…DQ5の方も全力で追っかけます!

面白いお話を本当にありがとうございました。
Posted by at 2020年07月07日 17:16
魔法の玉がもう一回活躍するかとずっと思ってた
爆弾岩のエキスを抽出云々ってあったから
Posted by at 2020年07月07日 17:53
大変な名作でしたありがとうございます。
Posted by at 2020年07月07日 19:10
改めてこれだけのヒロインを埋没させず、きっちり動かしきった事に感服いたします
Posted by at 2020年07月07日 19:24
お疲れ様でした、DQ5の続き楽しみです
たまには完結シリーズの短編でも良いのよ?(チラッチラッ
Posted by at 2020年07月08日 05:48
10年前のアイマスのTRPG・・・自由奔放で太陽神の胃に大ダメージ与えてたアレかな?
Posted by at 2020年07月08日 07:47
素晴らしい作品をありがとうございます!
個人的にやる夫スレにハマるきっかけと
DQが「昔やったことのあるゲームのひとつ」から
特別なものに変わった作品でした。
異世界混浴物語も追いかけさせてもらってます
作者様からは沢山のものを頂きました。
そしてこれからも!
Posted by at 2020年07月08日 20:53
お疲れ様でした。完結おめでとうございます。
これだけのヒロインを使い分けたのはすごいです。
個人的にはまひるとかもっと出番があればと思いました。
DQ5の続き楽しみにします。
Posted by at 2020年07月09日 16:37
10年間お疲れさまでした。偶に間に合わなくて他のになった時は残念に思いながらもこれも面白いなぁと思いながら見てました。今日はステーキだよーと言われた日に寿司になったような気分?
改めて俺も思います、人数すげえ……。
Posted by at 2020年07月10日 20:22
本当にお疲れさまでした。温泉の方もぜひ読ませていただきます。
Posted by at 2020年07月16日 00:42
10年間お疲れさまでした!読み始めたあの日から完結した今でも一番大好きなやる夫作品です。
双子DQ5の続き楽しみに待ってます!
Posted by at 2020年07月17日 15:47
DQ3が一番思い入れ深い作品だったのもあり、心から楽しめました。
ありがとう ありがとう!
Posted by at 2020年07月28日 04:23
アイマスのTRPG動画…GM小鳥さんの奴かな?アレも面白いけど見るのに凄い時間かかるのよね…本編終わって番外編始まったと思ったら劇場版三部作クラスの奴だったのはいい思い出w
Posted by at 2020年09月24日 22:34
遅くなりましたが完結おつかれさまでした!

アレフガルド突入あたりまではリアルタイムで追ってたのですが色々あって追わなくなってました。さらに最近まで忘れてました。
ふとこの物語のことを思い出して見に来たら連載が続いているどころか無事に完結してるじゃないですか。一気に読ませていただきました。
大変楽しかったです。ありがとうございました。

あと異世界混浴物語の作者だと知って驚きました。が、納得しました。あの独自の世界設定の構築へのこだわりは似たところがありますね。あちらもブクマにいれて楽しませてもらってます。
Posted by at 2020年11月02日 04:51
キャラ人気の件で実感したのは前線に出ていない(出られない)嫁の扱いが本当に上手いなと。雅音がそうなんだけど、彼女はあくまでも引退者だからどちらかと言えば冒険者側。全く冒険しない内助の功が発揮されるキャラの設定と管理が絶妙。あの人数だからそれはもうホントにw
Posted by at 2024年02月24日 03:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187671087
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ