■ 収録シリーズ

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  ドラゴンクエスト4コママンガ劇場 1日1本365日連続更新 挑戦中
   現行スレ NEW! 11/14 毎日更新 投下時間は不定期です。
  ファイアーエムブレム グルニア流離譚
   現行スレ NEW! 10/30 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。

  やる夫はDQ5の主人公に転生したようです、ただし双子で(完結) 最終スレ
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵

  ニセ予告『魔神殺しの風騎委員 世界平和は業務に入りますか?
   〜勇者と魔王の魂を受け継いだ俺ですが、そこまで責任持てません〜』
   →小説本編 NEW! 12/4 毎週 水曜・日曜に更新しています。
  ニセ予告『異世界混浴物語』 →小説本編(完結)
   7巻発売を記念して後日談を更新しています。
  ※ 小説本編は 『小説家になろう』 に掲載されています。

  ※ 投下・更新が延期される場合もあります。あらかじめご了承ください。

 各掲示板へは、こちらからどうぞ。
  やる夫deLiveAAA板管理スレLiveAAA板避難所避難用スレ小説系掲示板

2022年07月13日

恋仲 1

65 :◆vsQyY1yD2Q



『DQ4コマAA化 365日チャレンジ 7/13』

ドラゴンクエスト4コママンガ劇場 ガンガン編 7巻

魔神ぐり子 先生
「恋仲 1」



66 :◆vsQyY1yD2Q
【 ベラヌール 宿屋 】
 |::|__[]_____[]_____[]_____[]____
 |::|________________________
 |::|;;;;;;;;;:::::::::::::...:''''' """ """""
 |::|             ___________        ..,,,__,,,..
 |::|            |  |    | ‖    |        \ /
 |::|            |  |    | ‖    |         []
 |::|            |  |    | ‖    |
 |::|            |  |    | ‖    |
 |::|__           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__/□/l______________________
::|二二/
                                __
                           ,―γ ___ヽー、
                        | ̄ ̄|  | |(/),(ヽ)|    | ̄ ̄|
                      |   ヽ  (6  Д  )   ノ.   |   う〜ん、身体が動かないよ〜。
                      -――  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄――-
                      |  ,―  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ― 、    |
                     |  |                |    |
                     |  |                 |    |
                    |  |                  |    |
                   |  |                   |   |


     ____
    /   ローレ \
  /  \   ,_\
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)   |   こ、これは……!
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


67 :◆vsQyY1yD2Q

   l: : : : : : : : :| :l: : : : : : : : :| //: : : : /: : : : : : :l:|  |: : : : :|: : : : : :|: :|
   l: : : : : : : : :| :l: : : : : : : : :|〃: : : ://: : : : : : /:l  |: : : : ハ: : : : : |: :|
   {: : : : : : : : :| :|: : : : : : : : :|: : : :.:.//: : :._: :. :イ_」    `丶」 \: : ::|: :|
   |: : : : : : : : :| :|: : : : : : : : :|: : : :.//>'"└'´           入 j: :|
   }: : : : : : : : :! :|: : : : : : : : :|: : /                   /: :`|: |
__」.: .: : : : : : :. :|: : : : : : : : :レ´       、       /   : : : :レ′
    ト: : : : : : : : -l: : : : : :.l: : |     _... 、`ヽ-'    /z=rゝ,': : : : |
    | }: : : : : :/ ,-|: : : : : :.l:.l:.| -≠ァ=¬=z      イム。ノ /: : : : :|
__ | |: : : : : :{  l: :|: : : ::|:ハ:|  弋辷ヘノ       └'′/l、: : : :.|   ハーゴンの呪いか!
    | l: : : : : :.', {`ヽ_: : |ハ|                /v|∧ハ/
    | |: : : : : : :\`丶 \|   c            ヽ  /: :/       世界樹の葉があれば
    | ハ: : : : : : : `ヽ- 、                    ` ノ: :/       呪いは解けるはずじゃ!
   /: :.ハ: : : : : : : : V  \                    イ: :/
   /: :. :/ ヽ: : : : -―}\             __, ' / | /
.  /: : : : : : 入/   ヘ \  ヽ、         /   K――、
 /: : : >‐'" \   \l  > 、  ‐- 、 _ イ |    ハ   |
./: :./      \   \     > 、」/   | |    l |    |


68 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    / ヽ、   _ノ \
  /   (●)  (●)   \. _
  |  U   (__人__)    l^l.| | /)    それじゃ、早く探しに行くお! 2人で!
  \    |i||||||i|   /| U レ'//)
 γ⌒    ` ー'´    ノ    /
  i  j         rニ     ノ
  ヽ、 l           !ヽ、_,__/


               ___
            ,. '´____ : `ヽ、
          /厶r‐―― 、\: : : \
         /: : : : :!: :/|: : : : \\: : : ヽ
        rv'./: : : : _/ ! : : : !: : \!: : : : ',
        |//:./ ̄   ⌒ヽハ: : : :.! : : : : |
        | V{   -'      \:ノリ: : : : :.!
       八: :! rぇ、    `''   ∨: : /: : |_ノ!
         V} ヒ:リ    Tテト、/: : /: : /____|
          } :::::     ヾソ イ_:_ノ〉: /|
         人   '    :::::   ノ: /: |
         /: /\ '' _    イ¨: /: : |   !!
          /: :i/ / ` {ヽ\イ ./⌒∧: : : |
       /: : :.VY ⊂ニ  } イ  /  〉: : |
       {: : ∨/  |Y’  ノ::ム._/ /'⌒'|
       |: : //  /: |  iV: :.//    !
       |:.〃.!`个:./|  |/: //‐'     |
       V/: |::::::V:::|_人://      ハ
       /|: : |:::::::::::{  ___V      /:∧
      /: :|: : |:::::::::::{ T’  ∨ ― ' 〃: ∧
     /: : :.|: : |::::::::::::V    \  /|: : : :∧
    ,/ /: : |: :∧::::::::::::|      ヽ {::::::ハ: : : :ハ
    /イ: : : | / ∧::::::::::|       }:::/: : : : : :ハ
  ,.イ  |: : : :V   V::::/\    r‐く:ハ: : : : : : :.ハ
 /: :{  V: : .| |   ∨: : /ヽ.__/::::::::ヽ込_ : : : : : :.ヽ
.(_:>‐‐ヘ: :.V    .} : /::::::::::!::::::::::::/:::::::>、: : : : : :\
     rくヽヘ_\ _,ノ|∨:::::::::::キ―‐':::::::/::::::::::\: : : : : :\
      ヽヽ |`ー‐イ: :|::::::::::::::::::キ―‐::':::::::::::::::::::::ハ: : : : : : :\
     __,_〉    /∨::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ : : : : : : : \
    `ー―--- 彡イ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ : : : : : : : :.\
        /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} : : \: : : : : :ヽ
       /⌒∨:::::::::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::| : : : : ヽ : : : : :.}
     /    L_:::::::::::::::::::::::::::/:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/| : : : : : :|ヽ: : : :|
    /       \:::::::::::::::::::::::::::|____::::::::::::::| : : : : : :|  |: : :|
  /          ::::::::::::::::::::/       \::::::::| : : : : : |  | : /


69 :◆vsQyY1yD2Q

              _ ___
  _人_       ,. :'´: :,. -―‐-ミ:ヽ、
  `Y´     /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\    *
         /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\
        i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ!
      ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト
      `ー‐!: : :!: : : :! z=≡   ≡z.{: :.ハ    _人_
         ',: :.ハ :_Nとつ \\\ C VVリ   `Y´
         i: :弋こ \ヽ __,.   }
         |: ハ: : :}\  /   1  /    _!_    (( ハーゴンに感謝! ))
          />=くf~Y `  {_  _,ノイ|      !
 _!_.        i: : : :|ヽ ヘ,、   _「 |::!:::}
  !       i:. ::: :|  ,r‐┴く:_i⌒!::|イヽ ,-―、
        /: ::: ∨ /、     } ̄ ̄ ̄ヽ.  |
      /: : :./:/ /  `、____丿⌒  ⌒`、_丿
     /: : : : /:./   /    (≡) (≡) \
    /: : : : :/: :ヽ____ノ|      (__人__)    |
    / : : : :./: : :/ |:::::::::\    ` ⌒´   /
   /: : : : / : : / |::::::/           \


この記事へのコメント
サマルトリア王子はのんきものと言うのは聞くけど、
ムーンブルク王女の性格は全く情報無い?から、こんな妄想がはかどりますね〜
Posted by at 2022年07月13日 19:48
最強の力の王子と最強の魔導の王女が合わさって、
(サマルトリアの王子を遥かに超えた)最強(の魔法戦士誕生)が見えるwwwヒデェ〜
Posted by at 2022年07月14日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189665579
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ