■ 収録シリーズ

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  ドラゴンクエスト4コママンガ劇場 1日1本365日連続更新 挑戦中
   現行スレ NEW! 1/21 毎日更新 投下時間は不定期です。
  ファイアーエムブレム グルニア流離譚
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。

  やる夫はDQ5の主人公に転生したようです、ただし双子で(完結) 最終スレ
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵

  ニセ予告『魔神殺しの風騎委員 世界平和は業務に入りますか?
   〜勇者と魔王の魂を受け継いだ俺ですが、そこまで責任持てません〜』
   →小説本編 【1巻発売中!】 NEW! 2/25 毎週 日曜に更新しています。

  ニセ予告『異世界混浴物語』 →小説本編(完結)
  ※ 小説本編は 『小説家になろう』 に掲載されています。

  ※ 投下・更新が延期される場合もあります。あらかじめご了承ください。

 各掲示板へは、こちらからどうぞ。
  やる夫deLiveAAA板管理スレLiveAAA板避難所避難用スレ小説系掲示板

2024年01月28日

引きこもり首脳

143 :◆vsQyY1yD2Q



『DQ4コマAA化365日チャレンジ 3年目 1/28』

ドラゴンクエスト4コママンガ大全集 7巻

龍波小鳥 先生
「引きこもり首脳」



144 :◆vsQyY1yD2Q

                   ∨//厶イ  ィヘ, i    |   |    \  ` ≪/////////:′
                    Y´    /   | |    |   |     ヽ    `トミ:////{
                       |      .′ ! |   |   ト        l      |   \/ハ
                       |    i    | !   |   | 丶.     l      |    了′
                       |     `ト、  !ハ   ト、  |  \ x<l      |     |
                       |    l ィ≧ュ、{  ヽ  l \ム斗≦弌:.、l      |     |
                       |    f//ん:::ハ`   \{  〃ん::::::ハ ヾ:l      |     |
                       |  ー个’'ぅヘ:::i|        'ぅヘ:::ノi|  '个ー   '     |   お兄ちゃん。
                       |    小 Vこツ        ∨こツ   |     |     ,
                       ;    川        ,            ハ      |     l   私も連れてってよ!
                    1  / 圦                     l:i , l   |     |
                    ' |   '  }∧     '⌒ヽ         从/}ハ ,  |     |
                   / |     ;   \                 /ハ //}/   |     |
                  '   |     i   t丶           /|///}/    |     |
                 {  .:    |    W//>、    _ . ´   |// ′    |     :.
                  j  /     |  斗≠≡7√ ̄       [「{      ハ    ヽ



       ,  ──  、
   ゝ/_____\
   ./  | / , ─ 、 ─ 、l
   |  | l   .|.  l
   Y⌒ ̄l     |   l   お前はダメだよ。
   ヽ_   ` ー‐ ヘー ´l
     ヽ、     3  ノ
       >─∩─、 ´
      /l// レヽ ヽ
      l l  ヽ _ ノヽ |
      | |   \__ ノ


145 :◆vsQyY1yD2Q

        .           彡爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻彡
        .           卞ミ爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻彡
                      |  `^7^゙'ミ爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻彡
                      |   .∧  .|  `゙゙iミ爻爻爻爻爻爻爻爻爻彡
                      |  厶,_\ '     l\   │/.|`^^^^^|ニ^^^'.
                      |  .' ̄`゙'ミメ、 \ │ _\_,.イ   |      |`l.   \
                  |  {//,    \| r==\|==ミ     |ノ|.    \      どうして?
                  /| ::::.      ,     '///,|` ̄´  |ノ      \
                ///| ::::: :.   .r::ァ─-  .        |      |〉、___彡'⌒\}   私もロトの子孫だもん!
                  l //| :::::::::|\ |/       \     .|      |///////////∧
                  l'//l :.:.:.:.:.|│` '.       }   /|: .     |///////////∧
                  |//| :.:.: : :|∧: :/\____,ノ-. . '"\|: :     |////////////∧
        .       ///| : : : :|/∧{: : : : :│: :___.: : : :|: :     |/////////////∧
              ///│ :   : :|〈 ̄ ̄ 〉┐|: / ./\ \ :|: :   . : |///////////////∧
                |'///|    :|/   二〉│|└/\.    〉|: :   : : |//////〈|'////////∧
        .      |'///l│  ./{  __〉i゙:│: {\   ∧|: : : : : : |/////∧|//////////|
        .       |'///|│ /V∧  ,ノノ : |: /\   ///| : l: : : : |////∧/|//////////|



           , ――― 、
         ,, / _____\
            / | / /⌒  /⌒ l
           |.  |―|   ・|・  |
           ゝr‐! ` ー  っーヽ)   同時にローラ姫の子孫でもあるだろ?
            ゞ_        __)  !
            \     、_.) /
      ∩    __ゝ ――、 ´   ,/ 二⊃
   ⊂二 ヽ― /  \/.ヘ|  ̄ ̄.! . )|
     i!)._i___ /     |――┴―´
             |        |
             l____)
           i.      |


146 :◆vsQyY1yD2Q


   姫は暗い洞窟の中で忍耐強く 助けを待ってたんだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


/ || || || ,/ .|| |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;";゙|; ; ::  : :;: ;": :"#
| |l || ||,/|| || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: :  ;; |\ :: ゙::
| |l ||,/|| || || || | ;  :   ;:゙:# ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;   | ::   | ||.\ ; ;"
| |l/.|| || || || || |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;"゙;| ;; " .| || || \ ;
/..|| || || || || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙|;; ; ゙  \ || || |
| || || || || || || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: : ; ; ": \.|| |;
| || || || || || || || |;  :   ;:゙: ;": :;: ;": :;  ; ;:: .:  " ;; ゙:::| :: ; ::; .; ゙\! :
| || || || |レ|| || || | ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;  # |;;";;゙ ;; " :: ; ::
| || || |レ|レ|| || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙| :: ;: :;: ;": :; ; ;
| || |レ|レ||_|| || || |;; :  " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  : ": :;  ゙; |:: :;:  :: ;
| |レ|レ||_|| || || || | ;;: ; ,;   ;:゙: ;": :;  ;  :   ; ;": :;   | : :;: ;": :
レ|レ||_|| || || || ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  : ;": :;
レ||_|| || || || ||                               \: :;: ; ;; ":
|_|| || || || ||                              \: :;:: :;  ;

              /'  , . -‐: :': :": :": :': ‐- 、 (_ノ.〃
             .〃..<: : : : : : : : : : : : : : : : : :丶  ヽ',
             /: : : : : : : : :.l : : : : : : : : : : : : : : \. l‘,
           / : : : : : ‖: : /{: : : : : : : : : : :\: : : : :\.l
           ! : :‖: :|:.‖:_:/ !:!、 : : : : ヽ、__: ‘; : : : : : \
            {: : : !: : +:'ハ: xzx_‘:, \: : :/xzx、:`丶: : : : : : :}
           ': : : {: ‖/イ .ノ! \ `:./ /¨`:ミx}: : : : : : :/
           , :V: :.!: 〈《 ト-ィj::}     } ん_ノ} 》}: : : :/:/
         /: /:\:';.:ハ 乂z:シ        ゝ:_ノ  ': : :/:/:ヽ
        / : :/ : : : \: i       l       /}: :/:'l: l: : ',
       ./: : /: : : :〃: : ハ       _        ///: :.!:.ヽ: :l
      |/: : : :/:/: : : :.ヽ     `=’     ノ: :′: : :l: : ヽ:|
      ./ィ:l: : : /: :/: : : : /: !:>.、     _.。<: !: : : : : : :'; : : ヽ,
     /'´ l !l: :./: :/: : : :, ': /:.:.;:l ヽ`._ー_'__ノ'l:.:.:.:.:!: : l: : : : : '; : : l: }
     ′ '{.-.:′: : : /: :/‐´、 、{_) /¨,.n ノヽ:.:.:l: : :'; : : : : :ヽ: :リ
       / l: : /: : : : /  _ r.、r.、乂ノ.,.‐う' ) _`ヽ: :.丶 : : : : :‘,
     /   '、: !:/: :/   ゝ'ゝヽノ.)'′ノ 〃イ.  \: :ヽ: : : : : ト、
          `V:/_. -‐ .{ヽ',./ /  ./  /.{ ∩   \:'; : : : :}. ヽ
           /_'"    ',./ _/  ./  /./ ‖ ! `ヽ.  ヽ; : :./  丶
     ./; ,. '"      /   , -=- 、.V .〃 .ノ   __  .';/
     ′/         ! ./ ., -- 、ヽ', { ハ     丶、
     ., ′         .∨/  >   } .リ  /.\!_.       \ .、    原作:ローラ姫
     ′          /./  〈__./ヽ'〃 ,. ′/ )、        ‘、 ',    アンリエッタ・ド・トリステイン
           /     ,.′ \  __ .〃/   ,  ヽ 丶.     ! l     ( ゼロの使い魔 )
           .′    , ′    -_丿¨ Y _/    ヽ  ',     ! }
     、     !   ./   、\ / l    `\      \    l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   お前も その血を引いているなら、じっと待っててくれよ……な?


147 :◆vsQyY1yD2Q

┌───────────┐
│ラダトーム 武器屋 2階。 │
└───────────┘

                                  _ノ`⌒`ヾ´⌒ヾ、
                               ノ´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
                               ノ;':::::,ィl::::;i_l」トl、::::::::::l
                                    〈;ィイレ'ハlf⌒ r==、ハ:ll
                                N(  )^ー' j rソ:l    俺も姫の子孫だから
                              +    l´ノ .  r´ ノ ヘ',
                                  〈(  ヽ`_.ィ j /__/ヽ    じっと待ってる……ね ♥
                                   `  ヽ´__ノ´ ̄`7:::ヽ
                                  ,.-'^,ゝ、  /'´:; ̄:`ヽ::::::ヽ
                                〈l l | |ニlヽ、ノ//.:.:.:.:.::::::::::ヽ
                                 ヽLbj‐'トノー'´.:.:.:.:.:.:.ノ:::::::::: :|
                                 {:L._,ノ..:.:.:.:.:.:.:.:.:/ノ:.:: : : : : :|
                                ,.‐7´リ.:.:.:.:.:.:.::/:/:..:.:.: : : : : : |   原作:ラダトーム王
                             / /.:.:.:'.:.:.:.:.:/:,:.イ〉.:.:.:.:.:.::.:.: : : : |   カズフサ
                              〈__ゝ.:.:.:.:.:.:.:.;/ー|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ( ラブやん )
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   ヽ:.:.:.::.:.:.::.:..:.:.:.:.:l
                                       | |   ハ---- ──イ



        ( ,ゞ ─┴"─"、) _
      、ゞ"           \=
     ヾ/   ________ヾ
   `゙/   |    ヽ、_(_)ノ   |`
    ヾl    |  /´⌒ ヽ/ ⌒ ヽl
    =|     |  |     |・     |
    ーY⌒ヽl─l      ・l、    l、
     | )     `ー─‐,/ヘ、ー‐〈 ノ   あなたは出といてください!
     ヽ_         "    `   l
        >、     ,−───、ヽノ
      , ヘ `(_∠ 、───-、ソ
     / \ \/\ノヽ
    l   ヽ     | l
    |   |.     | |


この記事へのコメント
本来なら王の方が先頭に立って戦うべきなんだよねぇ〜
青年になったばかりの(確か16〜18歳)の王子王女達だけに押し付けるのではなくwww
Posted by at 2024年01月28日 15:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190753376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ