■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 11/17 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 10/6
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2009年12月30日

第二話『ブルトンタワー』(4)

第1話へ    4     第3話へ

68 :◆vsQyY1yD2Q
【ブルトンタワー 2階】
                   |        \
                   |          \
                   |            \            |  | ̄
                   |              \          |  |──
                   |                \        |  |──‐
                   |                  \      |  |
                   |                    \    |  | ̄ ̄ ̄
                   |                \  |  | ̄ ̄ ̄
  ____________|                  \|_|____


69 :◆vsQyY1yD2Q


                         ,、ァ
                         ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|        やあ、おはよう。やる夫君
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /   原作:ケットシー
        / ./:::::::::::::            ',       /         /     猫先生
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.      /   ,.、     /      (プリンセスチュチュ)
       /:::::::::::::::::::::.                 ',      ,'  ,:':::/    .,'

                             }゙i                       「i
                            ノ |               l            | ヽ
                       ト、    | |           |              l  {    /}
                       ヽ ヽ  〈、 i、              |           |.ム   / !
.                        ヽ ヾ,、_rL |            |          _r}∠>=‐' /
                         \ : ∵爻、       ヽ |!         j゙ソ゛.: . /
.           やる夫〜。          ヽ ∵ ヾk         l||!        _}i}∴ ∵ /
.            今日はなにして遊ぶ〜? \ ∵{=、,       cr炎ro     _fiヾk: :/
                                 ヽ∠__ノァt-、  /,仝yハ    ∠rtゝ-‐ '
                                  ゞニヾハ.  }K以ムハ  //> ′
                     原作:ギルタブ      >、ヽ }ニネネ冫:i/∠、
                      (動物・植物AA図鑑) /へ\ `ー八‐‐'_/' へヽ


70 :◆vsQyY1yD2Q
                                  ヽヽ、   (   :.:! ||             
                                 \ヽ、 ,.ゝ  :;「 ̄| |‐- 、           
                          r─..-..、    `>、ヾ        | !   `ヽ、         
                          l:.o:.:r‐、\ ./  `'’       'J       ヽ.      /:::.
                           |.::.::.::゙ー'::.:;:>'     .:ハ     .:|   :.      ヽ、  /::/´
                          l:.0::.::.:.:f´/ .:/ _」__/ ヽ   :.:l\  ::ヽ   ;.  \'__:..:.ゝイ
.                           !:.::.::.:.:::V .:/   :.!V `  \ 弋_卞、::l   :!::.. ..:::∠ ヽ::.::.:
    ケットシーと……ギルタブ?       V^!:.::.::l..;イ.:: .:.:|/,不    `>ァ=ミ、V  .::|:.: . .:/: :{:.:.r
    やる夫、ボク以外に仲魔がいたの? V:.:.::.:l/::|::i :.:〈 l.J::l    ' 勹::::::!V   :.:!::.:/ : : : : }:.:ー
                            ヽo:.::.:.::N、 :::l 弋_ソ    「廴xリ/.:   .:;ムイ二) : :r‐'::.:::.
.                              l::.::.:.:::に\ト、u  '___ `ー‐'/.:;  /! : : : : : : :!:.:(___
                               V_)::.:::.::(二)i:> 、Y__.ノ_uムイ/ ヽ| :(⌒) : r'::.:.:::.::.:
                              V_)::.::.:.:.:.:{´   |{、'  ,ィ'´ `ヽ、: : : : : : : : :{:.:(´ ̄
                              ヽ::。:.::.:.:.::ト、,.-、ヽ_,ィ'_  ___ 〉 : : :(´ ̄): :!:.:`ー‐':
                               `ヽ、o::.:', !:.:.::Y:Y:.:.:.:/^´ /: : : : : : : : :_:ノ::::.:::.::::.
             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,  おや、新顔さんですか?
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ  私達は仲魔ではありませんよ。
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ   このブルトンタワーに放たれた魔獣です。
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙


71 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  ほんとは こんなタワー上りたくないんだお……。
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  でも、1階でさぼってると、先生達に怒られるんだお……。
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから、2階でサボるお!!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


72 :◆vsQyY1yD2Q

  ___                  r'|
 |.:::::...  ̄`丶、             l |  ト、  r'7
 |:(_)::::(_):::. \       _,. ィ| ¬Y、_ //
  !::(_):::(_ゝ:::::::::::..\    ト'´/ ,   ト ンく      ___
  ヽ::(_ゝ:::::::. /ヽ<_,>\  l V /,.-/ ,.ハ |ヽト、  ,. イ´ヽ::(_):|
   〉.::::::::::::::::>--く:::::::::\V!/,レ∠ -'⌒V ハ.」<::::::ゝ <:: :::/  よ、よく分かんないんだけど
  |.::(_)::::::_ヽ--'::( ヽ>、ヽ/u⌒ , 冖 〉ハ |::r⌒)::::ヽノ(_)/
  |:::(_):::(_,)::::_::: ̄:く `ーゝヽフ_,u'ィレ' V::r⌒)::::::::(_):/   確か2階より上って
  l.:::..::::::(_,):〈___ >:::∠、r 二ヽ「[i_,.ゝ 、i,>:∠フ::::::::(_):/     魔獣が放たれてるんだよね?
   \:(_)::::::::::,.-- 、:::: /,.>l  ニYl;r<ヽ` 〉-、::(__,〉:::::: :/
    \(_)::: ヽ__ノ::::/´  ヽ rィi lハ、` イl.∠::(__)::(_):/
      ヽ-─ ニ=‐〈.___,. イ]「=Tラi ´ ヽ_ノ:::::::(_)::/
       /.:::::::::/ン.:.:.:.:.:.:li o fハ\.___ノ_::::::(_):/


        その通り!                                  ____
   .     放たれてる魔獣がやる夫を襲わなかったら             /ノ  ヽ、_ \
                                            o゚((○)  ((○))゚o   ,. -- 、
        だ〜れも やる夫がサボるのを止められないお!!     /:::⌒(__人__)⌒::::: \/    __,>─ 、
                                            |    |r┬-|     /          ヽ
                                           |    | |  |    {            |__
                                           |    | |  |     }  \       ,丿 ヽ
                     ___,.-------、      .     |    | |  |    /   、 `┬----‐1    }
                   (⌒    _,.--‐    `ヽ    .     |    | |  |   ./   `¬.|      l   ノヽ
                    ` ー-ァ''"/ / r'⌒)     ̄ ̄`ー‐-- \     `ー'ォ  /    、 !_/.l    l    /  }
                        \\\_/   ノ___       `''ー     {       \     l   /  ,'
                           ̄ `(_,r'"        ̄`ー-、    .   / \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ
                                           /     /    \     ヽ、\ __,ノ /
                                         /     /        ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/
                                         /  _  く               ̄
                                        / /  \ \
                                      / /     \ \
                            .        / /       / /
                                   / /        ゝ、 ヽ
                                 / /             ̄
                                /  /
                               r___ノ


73 :◆vsQyY1yD2Q
           l/l//.            \.      戦
.     絶       /             _\.     い
      対    /              \  ̄    た
  な  に    /__     ____    \.     く
  い  戦      /   /    ノ└ \   <    な
  お  い   ∠   /     ⌒   .\  /     い
      た   /.  /  '´\、  ,,ノ⌒`` ヽ/      .お
.  ///  く   /   .|   ((○)}liiil{((○))  ///.   ///
  ’’’    .′   .|   ::::⌒(__人__)⌒:::::   .|.' /| ’’’∧
  /`Vヽ. /\   |     ./ー--‐1     //  l  / .∨\
∠__  ∨  ヽ  \     ト、.!il|!,ィ}    /   .| ./
 ゝ   `V , ‐ァ .' メ、トく `''ー. ヽ辷ク ,- ー'    ..._  l /
  \  // / //  丶 \\ \_/// / / / `メ 、
 ー- ヽ/   / // /〉   \ ヽ.ヽ    /{丁iヽ /  /   \       /〉
  // ー- / // /// ̄ ヾ 、 ヽ}     `l | ィ\ / /   /∧ /   //
./ /   / /ー//,′   }`ヾ i|  L___// | ,.へ,.イ/} // ,レ'  //
  /   / /  //7    /  !`ヽ、 // ,.ィ' / ト、く  /|  〈/
. /‐- / /  ///    /  /   ├く// l     l 丶>'  ノ  〇
.    / ー-///    /   ′  /  |   /     ヽ/ ̄/
        //´    /  /    '   /ー-' .. _         ̄l
.      〈/           '   /  /              `ヽ


74 :◆vsQyY1yD2Q

       }゙i                       「i
      ノ |               l            | ヽ
 ト、    | |           |              l  {    /}
 ヽ ヽ  〈、 i、              |           |.ム   / !
.  ヽ ヾ,、_rL |            |          _r}∠>=‐' /
   \ : ∵爻、       ヽ |!         j゙ソ゛.: . /  僕達にとっても このタワーは
      ヽ ∵ ヾk         l||!        _}i}∴ ∵ /   生徒と戦ってケガする危険と隣合わせだからね〜。
       \ ∵{=、,       cr炎ro     _fiヾk: :/
           ヽ∠__ノァt-、  /,仝yハ    ∠rtゝ-‐ '       戦わないで楽できるなら、その方がいいよ。
            ゞニヾハ.  }K以ムハ  //> ′
                  >、ヽ }ニネネ冫:i/∠、
              /へ\ `ー八‐‐'_/' へヽ

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,  ギルタブは元々ラガ近くの生まれですが
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ  このタワーに来るためにわざわざシップに潜んで来たんですよ。
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈    実際この塔なら、外の世界よりも安全ですしね。
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙


75 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /⌒  ⌒\    つまり、戦いたくない生徒と、戦いたくない魔獣が手を組めば
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  放課後までサボりでメシウマ状態!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /   真面目に試験なんかやってられないお!
       ̄ ̄ ̄



                     ピクシーも知ってるだろうけど
                     ラガや、あの周辺の高原は平和なんだお。

          / ̄ ̄ ̄ \    やる夫は座学が面倒でこの授業選択したけど
         /  ─    ─\   そもそも、ラガに住んでりゃ
       /    (ー)  (ー) \   戦う手段なんて覚える必要がないんだお。
       |       (__人__)   |
       \      ` ⌒´   /
         / ヽノ   ⌒\__
        / |      \___)⌒\
        ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
            \         /\ \__
              ` ―─―─´   ヽ___)


76 :◆vsQyY1yD2Q

           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人    この方法なら、平和的に学生生活を送れるんだお!
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´    さぁ、ピクシーもレッツトライ!
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \
                                          }゙i                       「i
                                         ノ |               l            | ヽ
                                    ト、    | |           |              l  {    /}
             . ィ                       .ヽ ヽ  〈、 i、              |           |.ム   / !
.._ .......、._    _ /:/l!                       . ヽ ヾ,、_rL |            |          _r}∠>=‐' /
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _                \ : ∵爻、       ヽ |!         j゙ソ゛.: . /
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,   ぐーたら        ヽ ∵ ヾk         l||!        _}i}∴ ∵ /
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ    サボリ生活!      \ ∵{=、,       cr炎ro     _fiヾk: :/
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ                       ヽ∠__ノァt-、  /,仝yハ    ∠rtゝ-‐ '
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈                         ゞニヾハ.  }K以ムハ  //> ′
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /                               >、ヽ }ニネネ冫:i/∠、
   //:::::       ',    /    ,:'゙                            /へ\ `ー八‐‐'_/' へヽ


77 :◆vsQyY1yD2Q
.                          ヽヽ、   (   :.:! ||                ,.. -‐一ー-、
             だ           \ヽ、 ,.ゝ  :;「 ̄| |‐- 、            /::.:.:.r_つ::.::.0:!
          は  め    r─..-..、    `>、ヾ        | !   `ヽ、          /::.:.:.:.:::.::.:::.:.::.:::.::.|
          や.. だ    l:.o:.:r‐、\ ./  `'’       'J       ヽ.      /:::.::.:::.::.:.とつ:.:::.::.::::l
.          く  こ     |.::.::.::゙ー'::.:;:>'     .:ハ     .:|   :.      ヽ、  /::/´ ):.::.::.::.:::.:.:::.:.:.0:.l
          な.  い    l:.0::.::.:.:f´/ .:/ _」__/ ヽ   :.:l\  ::ヽ   ;.  \'__:..:.ゝイ:r‐‐ァ::.:::.::.r 、:.::/
          ん.. つ .    !:.::.::.:.:::V .:/   :.!V `  \ 弋_卞、::l   :!::.. ..:::∠ ヽ::.::.:.:ー':.:.:.::.::.:し'.:/
          と  ら     V^!:.::.::l..;イ.:: .:.:|/,不    `>ァ=ミ、V  .::|:.: . .:/: :{:.:.r―-、::.:::.::.:.:::.:.:l
          か        V:.:.::.:l/::|::i :.:〈 l.J::l    ' 勹::::::!V   :.:!::.:/ : : : : }:.:ー一':::.::.:::.:n:.:r'
          し         ヽo:.::.:.::N、 :::l 弋_ソ    「廴xリ/.:   .:;ムイ二) : :r‐'::.:::.::.::::.:::.::.:.:.U:.:!
          な    .       l::.::.:.:::に\ト、u  '___ `ー‐'/.:;  /! : : : : : : :!:.:(___)::::.::::.:.:::::.::.:.:|
          い            V_)::.:::.::(二)i:> 、Y__.ノ_uムイ/ ヽ| :(⌒) : r'::.:.:::.::.:::.:.::::.::::.:.:0:.::|
          と           V_)::.::.:.:.:.:{´   |{、'  ,ィ'´ `ヽ、: : : : : : : : :{:.:(´ ̄ }:.:.::::.:::.::.:::.::::i
                      ヽ::。:.::.:.:.::ト、,.-、ヽ_,ィ'_  ___ 〉 : : :(´ ̄): :!:.:`ー‐':.:::.:::.:.:::.:.:::.::ノ
                       `ヽ、o::.:', !:.:.::Y:Y:.:.:.:/^´ /: : : : : : : : :_:ノ::::.:::.::::.:.:::.::.::::.:.:/


78 :◆vsQyY1yD2Q
  ___                  r'|
 |.:::::...  ̄`丶、             l |  ト、  r'7
 |:(_)::::(_):::. \       _,. ィ| ¬Y、_ //
  !::(_):::(_ゝ:::::::::::..\    ト'´/ ,   ト ンく      ___
  ヽ::(_ゝ:::::::. /ヽ<_,>\  l V /,.-/ ,.ハ |ヽト、  ,. イ´ヽ::(_):|
   〉.::::::::::::::::>--く:::::::::\V!/,レ∠ -'⌒V ハ.」<::::::ゝ <:: :::/
  |.::(_)::::::_ヽ--'::( ヽ>、ヽ/u⌒ , 冖 〉ハ |::r⌒)::::ヽノ(_)/
  |:::(_):::(_,)::::_::: ̄:く `ーゝヽフ_,u'ィレ' V::r⌒)::::::::(_):/  でも、それってさ
  l.:::..::::::(_,):〈___ >:::∠、r 二ヽ「[i_,.ゝ 、i,>:∠フ::::::::(_):/
   \:(_)::::::::::,.-- 、:::: /,.>l  ニYl;r<ヽ` 〉-、::(__,〉:::::: :/    サボるために、わざわざ別の苦労背負い込んでない?
    \(_)::: ヽ__ノ::::/´  ヽ rィi lハ、` イl.∠::(__)::(_):/
      ヽ-─ ニ=‐〈.___,. イ]「=Tラi ´ ヽ_ノ:::::::(_)::/
       /.:::::::::/ン.:.:.:.:.:.:li o fハ\.___ノ_::::::(_):/
                                                   ____
                                                 /⌒  ⌒\
                           魔獣と戦う事に比べたら     ./( ―)  (―)\
                           取るに足らない事だお。     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                                              |              |
                                              \               /


79 :◆vsQyY1yD2Q
                           __,. ---- .. |  |___
                         /  ̄⌒´  ̄`丶 `|  |―――
                        /   j    ト、   ヽ|  |___
   あ、やる夫!          ,、  〉ー:´:ヽ- ': : :`: ー: ´|  |―――
.   こんなとこにいたのね!   ヽ _V_: : : : : :ハ: : :ィ: ト: : ィ: :|  |___
                    <_ イ-.VjAA{ j/ }/ }/-lA|  |―――
               _rv、       ト-:| ィぅ:i    ィぅ:iヽl:|  |___
           ,  r{ { { {         } : { `辷j    辷j^ r|  |―――
          //  ! _/´l      ノィ、ト>   丶_    /:|  |___
          l l  r/ _| l       ノ: :{: へ、  V_)  /L:|  |―――
            r !{_/ j  ヽ     /⌒ヽ:__l>┬ ァ' '´/|  |___
            r{_ト′   ノ_   /    |  ヽ.⊥/_/  r|  |―――
            ー^>i   レ } /      | _ ノ ノj {--、j |  |___
             {二二 ´./ V     jイ   { ー ノ  | |  |―――
             ヽ | |    ヽー 、 ヽ{ !  ` T´  _r‐.|  |___
              V /     {ー 、 Vヘ. ヽ   |    ト二|  |―――
              V       〉、 ヽレヘ |  ヽ_   !ー-|  |___
               ヽ     /  7′ ヽ〉   {.    ̄|  |―――
                 \      /      ヽ __ヽ.   _|  |___
                  丶 /       {_{_j l   {__|  |―――


80 :◆vsQyY1yD2Q
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    ミィ、どうしたんだお?
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |
 \              /
                              _, ..、-,、.. ,_
                            /´ ̄   ̄` ヾ,、
                           ,:'´ー‐'`l  ノー- ヽ;'、
                         _lヽ':.:.:.:.,:.:.:.:.:lY.:;:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.v 、
    それがさぁ、真宵先生が      `^'|:.:.l:.N;丶ハ|/lハ/| //l=K´,_
    あんたと一緒に行動しなさいって   レト;|´, =,、   `,.三z!|:.:.|::.|`´
    言ってきたのよ。.             l.::.:l` ゞソ    ゞ'沂:.:|:.:|
                          ハl、:;ト   '   イハ、ノ:: |
                           |: l:リ> 、 =¬,、イ|:|:.:.|:.::.l
                            |;/-、l:.:.|:f, ̄/-|:.:.|:|:.:.|_:.:.|
                         ,ノ   ヽ-‐'| | |  `ー r ´ \!
                       r '´    ノ   じソ    |     ヽ
                     _  ヽ.    /-‐'^ゝ- '^ヽ、 |     〉
                    く ヽァノ    { l   |     ハ  -‐ 〈
                    ゝヘ/ヽ ヽ、/l. !  |    /  ソヾ ,、-‐ ァ/>
                   ,、- '゙\ヽ>ー':.:.:.}ニ〉  l   r/ 、/|:.:.:.< ,、-‐ Kニコ
                  /  ̄ >< └┴-| |  !   l /--ハ_:.:ヽ_ノ_  ヽ,
                  ゙ 、  | r‐‐\.  | |   !   | |__,、レ-、ヾ     }
                   ヽ l | /r´-ヽ┤.  {  メ'´,、 `lヽ  | |   /
                    \!//二ヽ).-─┴/‐-// '人ヽ| |  /


81 :◆vsQyY1yD2Q
                                                  .____
                         はぁ?                   ./     \
                         ブルトンタワーは           /_ノ  ヽ、_   \
                         原則1人行動のはずだお?   ./(●)三(●))   .\
                                             |   (__人__)      |
                                             \ ヽ|r┬-| /   /
                                             /   `ー'´      \
                       . -‐‐- 、. -‐……‐-  .
                    / , ⌒/     . -―‐-\
                   /  / / {\  く        ヽ
                         '  r―≧レユ/` ‐---<__,ハ  , -‐
                      /  .二フ'⌒/--‐く ̄/  ノ {`ニ∨/
                      / /     { __, -‐-∨//   \ \
                 /   .二二フ´   |  { ,ィテヽ'}く_,   / { ̄}-┐
                  /   ´     /  ノ{ |  {辷ツ    ,≦ヽ ハ_ノ-┘
             ///      {/\.ソ二)` ̄    仏リ/,イ⌒ト、フ  私に聞かれたって知らないわよっ!
              // / rー---‐ ´ ̄ ̄ヽ   . -‐==、' `¨Y 丿 {
            / '/  ,′|           | /      }   <.__, ト\   なんで、あんたみたいな白饅頭と!
         /' l   {   、          ├ 、` ‐---‐'   人ノ}ノ
.         /  | |二二. 丶>-‐=     |⌒!}≧=ー┬  ´  ヽ
         ′  ||    \ \     ____|  |{{ア ,イ        }
       |,__人_ソ     \ \-<     _ノ   //|/     〈
       |>‐'´,.-―- 、   }  }   \_\三〉 ∧  . -rーく
        /     ̄ ̄`丶}'´ ̄丁     ′ \__/  ∨ __ソ/\  ∧
       く          \  \_   |        ∨-‐ ′  ∨-く
        `ト、            \  |\__|      }    } ==='´  }‐-、}
       |  \           ヽト--{.|            /        /
         、   \         ',  |     /  /     /


82 :◆vsQyY1yD2Q
          ___
       ,r‐'7´: : : : : : ::`:::..、
    _,, -´゛ " ̄ ̄ ` ヽ; : : : :ヽ
  /     r、     ヽ: : : : ヽ
  / _ノ{   ノ::`ヽ、____〉: : : : i
  /'´: : : :ヽ/: : : : : : : : : : : : _ : :|
 |::,: : : : : : : : : : : : : : : : l_|,´-‐゛: :|      まぁ、想像はつくけどね。
 |イ:;: :ハ::i:::ト;::i::ィ:::ノ;;///|―|ニ二l: :|
 ゛V|::|、__V Vレ_|ノ__从j::| ̄|-、: : : : :|      まだ一つも試験クリアしてないのって
   |::|_,`  '、__  W::::::|)/: : : :: :|      私とやる夫と、ジャイアンだけだし。
  ノ:::{. ̄,    ̄ ̄`ノ:::::::|ノ: ::\: : :',
  /イ::>::`    ::::::: フノ|ノ::::ヽ::::\::ヽ     真宵先生は、私達を早く合格させたいんだと思うわ。
   V  \ ⌒    ,イ  | ):::::::ヽ::::\::',
      |;_`_ー‐イ´_ //!`ー-、_\:::ヽ:',
      y  ./ トー//     /  ̄\:::',
     /   |  〉,、く      /     \ヽ
     〈   /  l(_).|r、    /       ヽ|
     ',  |/ \ーノ \  /        /:|
      r  { |.  Y    /`"\       ノ::::|


83 :◆vsQyY1yD2Q
      /: : : : : : : : : ::\丿: : : : : : : : : : : `ー-、__  |: : :|
      .l: : ::/: : : : : : ::l: : ::|: : : : : : : : : : : : : : : : : :: ̄: : : :|
   __  |: :l::/|: : : : l::/::|: ::/|: : ::イ: : /|: :|: :|: : ::|: : : : |: : /| 
  / `\l: :|: :|: : ::/|ハ::| |::| .|: :/ |: :/ |: :ハ::| i: : |__|//|
  ⌒` >ヽ|ゝ|: :l::|  " V  |::|  v゛ V レ |: ::|ー-一|<; :::
  <_´/「コ _.゙      ヽl    ___|/|::|----´|ヽ>
      |: : :',   ̄'''''ー、  ヽ -ー' ̄     V|: : : : ::|: : ::|
      |: : : | ____    _____  |: : : : :|: :|::|    それとも……。
      |: : : :|` 、ヽ゚ノ ノ     ` 、ヽ゚ノ  ノ  .ノ: : : ::ヽ: |::|
      |: : : : |    ̄        ` ̄´   /: : : : : :ヽ|::|
      |:::,: : ::|               /: : : : : ::人: :|::|
      |/|\::ヽ            ∠- ´フ: : :/:: :丶!:|
        |: :\lヽ   -=====ニフ   ノ//ノ:::|: : :i: : :|
        |: :|: :゛:::::` 、        , '´|⌒),::l: ::l: : : :l: ::|
        |: ::ヽ: :ヽ: :{⌒|゙ー―一 '_; -一'_´イ:|: : !: : : :l: ::|
        |: : : l: : : : :`l、`'''T´ ̄--一 '''´  |::i: :l: : : : |:::ノ


84 :◆vsQyY1yD2Q
      /: : : : : : : : : ::\丿: : : : : : : : : : : `ー-、__  |: : :|
      .l: : ::/: : : : : : ::l: : ::|: : : : : : : : : : : : : : : : : :: ̄: : : :|
   __  |: :l::/|: : : : l::/::|: ::/|: : ::イ: : /|: :|: :|: : ::|: : : : |: : /|
  / `\l: :|: :|: : ::/|ハ::| |::| .|: :/ |: :/ |: :ハ::| i: : |__|//|
  ⌒` >ヽ|ゝ|: :l::| ∧" V  |::|  v  ∧ .レ |: ::|ー-一|<; :::|
  <_´/「コ _.゙ | .|    ヽl    | |___|/|::|----´|ヽ> 
      |: : :',   ̄| |ー、  ヽ -ー'''| |    V|: : : : ::|: : :| 
キュピーン ! .|:__---ー┘ └-----――┘ └―----、_: : ::|: :|:|    私と組むのがイヤとか
      |: :  ̄l`''、l .lフ´  ̄ ̄`''''、'i  l''フ ̄フ''´: : : ヽ: |:|    言わないわよね?
      |: : : : |   | |         | .|   /: : : : : : :ヽ|:|
      |:::,: : ::|  | |         | | /: : : : : ::人: : |:|  
      |/|\::ヽ  v           .V∠-´フ: : :/:: :丶!::|
        |: :\lヽ   -=====ニフ   ノ//ノ:::|: : :i: : :|
        |: :|: :゛:::::` 、        , '´|⌒),::l: ::l: : : :l: ::| 
        |: ::ヽ: :ヽ: :{⌒|゙ー―一 '_; -一'_´イ:|: : !: : : :l: ::|
        |: : : l: : : : :`l、`'''T´ ̄--一 '''´  |::i: :l: : : : |:::ノ



            / ⌒`"⌒`ヽ          滅相もございません。
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\        謹んでお受けさせていただきます。
          /,//::         \
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ
       /  /、:::::...           /ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"


85 :◆vsQyY1yD2Q


            / ⌒`"⌒`ヽ、          ところで、なーんで ミィはクリア出来ないんだお?
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\         やる夫や ジャイアンと違って
          /,//:: (●)  (●) \        ミィは普通に3階に挑戦してるはずだお?
         ;/⌒'":::..  (__人__)    |⌒ヽ 
       /  /、:::::...  ` ⌒´     /ヽ_ \ 
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"

                                ,. ' ´  /      ,、 `ヽ,
                               /    /    _ イ  ヽ、 ヽ
                             ,.'  /` ヽ└─ '7´ /  |  ,   ヾ、
                             ,'  ` ‐- 、〉‐-、,'  i /リ| / ハ l   ヽ
                            .!  ヽ´  ィ ⌒| l ハ|  |ハ{ | ハ| |  ゙,
    うぅ……。                   |    `´ |-‐─|ハ|_'二 _ ー-  | ノ   |
    しょ、しょうがないじゃない。        .| |    _.|    | ´{ ひムヽ    〈ィ:  l !
    試験の部屋に辿り着く前に       .| !  / f 'j    ', 'ヒ:ツ    ,、 / ;/ソ
    ガイア使い果たしちゃうんだから。    | ,'  ./ ハ、/   ヽ::'、:.:.      {ソイ/´
                            |,  / / `レ_\ .| ヾ、      〉:| !
                            | / /   7  ヾ、       c.、 ノ !
                           //  /  _./_         / ハ|
                           /'  ,、 -┴=、 ` ヽ、 r --イlノ|ノ
                           ,'  /      ヽ\ ヾ、、/ //
                          ,' /         ', ヽ l Y´
                         ./ /           |   | | .|


86 :◆vsQyY1yD2Q

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _      そう言えばお嬢さん。貴女の仲魔は?
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ     このタワーが原則1人で行動する事になっているのは
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ      仲魔を作り、共に戦う事を学ぶためでもあるはず。
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈       1人で進むのは無謀ですよ。
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙
                                         ____
                                       /      \
              ジャイアンが1人で吶喊してるけど   / ─    ─ \
                    バ   カ            / -=・=-   -=・=- \
              あれは「特殊な例」だお。        |      (__人__)  U  |
              ミィは真似しちゃいけないお。     \     ` ⌒´    ./


87 :◆vsQyY1yD2Q
7-v':./: イ/ |: ハ l: |:l: : ト、: |: :|: : lハ:!!: !:_j: l: :
' 7.:/ノ┴ 、V `トトト、:| jハハ/, lイハ:/l/:/:
: :|/!  - ァ=.\、   ヽ   ∠==、- /イl/
.: : :|ーf´ ,、_)::::ヽヽー   ヽ彳_)::::ヽ`ヽー|: :           バ   カ
: : :.| ヽ !::::::::::::|       {:::::::::::::! /′l :     あんたも「特殊な例」でしょっ!
: : :ヽ   辷.クノ         ヽ辷.クノ  / : :     こんなに仲魔がいるのに
: : :、: \  ̄ ̄   〈!     ̄ ̄ /: : : :      3階にも行ってないってどういう事よ!?
:. ::/` 、 ̄  r ァー―― '⌒ヽ  /: ..:::: : /
ヽ:{   \   {´        }  フ7´:: :/、:
  ヽ  / 丶、ヽ       ノ イ /:: /
    l′  \` ┬iァ┬ ´/   ̄

   /: : : : : :|              x.       |''-,,.    |、
   /: : : : : : :|          /: :\.     ノ: : : `ー-┘::ヽ
  /: : : : : : : ヽ__.,.,. -‐ '' ゙´: : : : : : : `''‐,,、 /: : : : : : : : : : : : :、
  .|.| ゙̄ー-、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ´: : : : : : : : : : : : : l、::.l-┐
  |└―-- 、|、: : : ::|: : : : : : l、: : : : :l: : : : :|: : : : |:: |: : |: : : :l::l: :|ヽ|_|
  |: :,,――--|. \_|: : : : :,,.::| ヽ: :|、:ト: : :: :|、ト: : ∧: |: : |: : : | |: :广、
  |: |     _|ー--  |: : : : / |ノ ヽ .|V ヽ: :/  |: ノ |/|:/|.∧::トノ、:|ヽ/
  |: \/ ̄ |-、___|: ::,、|ー-;;,,,, ゙   V   レ._,,;;〃 l/: ;V  ノ
  |: : : : : : /`|: : : : : :レ. 〉て)  ̄`'''ー┘   ~lし゜ !`i/|: : : |     それに、こっちは家の事情が絡んでるのよ。
  |: : : : : : | .|: : : : : |ヘ,ヽ    ノ `      ゝニ=ノノ|l: :::〈.     私、メガロ・ポリスの人間だから……。
  |: : : : : : ヽ/: : : : : :丶  `=ニ-ー         ̄゛ lノ: : : ヽ
 ノ: : : : : : /|: : : : : : : : :\          ヽ    ∠イ: :ト、_\
 : : : : : :/::::|::, イ\: : ト、__\              ノ|;;;|/   ̄
: : : : : :/::/レ' /: ::|\:|、   ̄       ⌒゜   イ::|::|      
: : : ://: : ノ: :/ .ト ヾ _ `''ー ,,_       _ '"::::|__レ_     
: :/: : : :/::::/ノ .  \.._`丶 _`コーi´ ):::::|/     ` 、 
   ̄ ̄ ` く/       `ー 、 \|ノ /ト∠       ヽ
        \           \ ヽ ( .! . \       ヽ


88 :◆vsQyY1yD2Q
                                      ___   ━┓
                                    / ―  \  ┏┛
             メガロ・ポリスだと           ./  (●)  \ヽ ・
             何か不味い事でもあるのかお? /   (⌒  (●) /
                                  /      ̄ヽ__) /
.                               /´     ___/
                               |        \
                               |        |
             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _     そう言えば、先生達が噂してましたね。
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ    もしかして『ガイア禁止法』ですか?
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙


89 :◆vsQyY1yD2Q
                                    /´ ̄   ハ   `ヽヽ
                                   /  人  /  \   '、.',
                                   / /  ヽト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ̄:.:.:.l
                                  ,'´:.:.:.:.|、|:.:.| ',:.|;lハト;:.|:.:ヽ._/|.|
                                 、,l:.:.:.l:ヽ| !'ハ| ':|,.⊥ハ|:.:.:.|-ト<::|
    そうよ。                         7ハ::ト;|レ''"゙'   ´  _ ハ/´:.|´:.|
    ポリスには『ガイア禁止法』ってのがあって    .>ヘ|-|;_/ひj'   ひ:ふ;、:.:.,:.|:.:.|!
    ガイアを使う事が禁じられてるの。          .| . ハ ゞ-'    ゞー'ノィ/ハ:.|:|
                                   |ハ.人    '_   /|:.:.|:.l:|:.::|
                                     |:.:.|,、≧r - -<ィ|〉|:.:.|;.l-‐、!
                                   _lノ  / ','|==仆´`゙f´   \
                                   i     /_〉 ,ニソ   |      ヽ
                                   ', -‐ 、// ゝノノ  ̄ ゙',〈  ,r_   ノ
                               、ヘ r==、、  { {   |´    ハ /  r '゙
             ____
           /      \
          / ─    ─ \      なにそのバカな法律。
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |     ガイア使わなきゃ、火が出せないお。
         \     ` ⌒´    ,/      かーちゃん料理出来ないお。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ     バカじゃないの? て言うかバカじゃないの?
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |


90 :◆vsQyY1yD2Q

               ,.、  -──-  、,
            ,、 '-─‐- 、l ̄l,、 -─‐'、、
          /                \
         //       ィ    l       ヽ
    ,      ,','     ,、イ:.:ヽ   人、       ',
   / \  ,':レ-:.:.:':.´:.|:.:.:.:.|:.:.ヽイ:.:.:.|:.:.`:.:. 、 __  |   ,.、-‐ヽ
   ヽ、  \ |:.|:.:.:.|:.:.:.:.:/!:.|;.:.|l:.:.::|::.:.;|:.ハ:.:.ハ;:.l:.|:.:.: ̄| /    |  ポリスには『永久機関』があるからね。
    __`ー二|ヽ-|:.:.|;/廊;;| ∨リl:./|/;ムjハ!:|-‐|Z -‐=ニ二  エネルギーはみーんなタダで送られてくるし
   ヽ    , イ|,>|:.l´ __  `  ´ ´ _ `/;|ニー||` ' 、  /   食べ物だってタダなのよ。
    `ー ´  l:|:.:.:.:.|_/ふ;が'     '゙か心ヾィ:.:.:.:.`|    `´
        ノl;:.:.:.:.'、' ゞtツ       ゞtツ 'ソ:.:.:.:.:.l
        /:.,'、:.:.:.:.\  ̄   ,     ̄ /:.:.:.:.:.:'ヽ
       /ィ :ハ:.:.:.ト、,_ヽ、_       ∠:.:ィァ:.:./\:|
        /:./l:..\|:.:.\ ̄  ⌒   , .イ/:./:.:.',:`
        ,':./:.:|:.:.:/`:.:.〈、`.i-   ._,  <!ヽ|:.':´:.:|:.:.:.:',:',
       /´ ̄\:.:.__;人ヽヽ、,,_,、.ィ/ ノ、:.:.:.:.:.|.;、 -、.',
      /       /  ヽ\`ヽー/ ,r '´ l  ヽー'     \
    /        |     `l Y. l        ',      '、
   〈           |     / .ハ ヽ      l'       !、
    l          |     { 〈  } }      |        l
                                           ____
                                         /_ノ   ヽ_\
                  なに、そのユートピア。        /( >)  (<)\
                  やる夫もポリスに住みたいお! ./::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                      |     |r┬-/      |
                                      \     ` ̄'´     /


91 :◆vsQyY1yD2Q
         /ヽ /:{  __ ノ: {     }\       }l
        \_ヽ/ニ/: : : : : : :ヽ_ ノ: : : `: ー:- イ| _
       / ̄ 7-/: :イ:イ:イ:/: :/: :l : イ: |:l | : ! lニ|ニ -┘
         ´ ̄/!´{イノ_フ≧、/lイ/j/ノ´_lヘl_ハ|イ-ト,、>
        ノ: |,: : :lヘ fj:::ヽ.ー' ーイj::ヽヽ ハl:/ |     なにがユートピアよっ!
     ,. .-. '´: : / : :、:ヽヽ辷ク     辷クノノ: : : !: !
  /: :ィ:´ /: :/´ヽ: :l:.jー  ̄    '    ̄_/:ノ:l: :ノ: |     おかげで、私は魔獣を仲魔に出来ないのよ?
/: :/´..::/:/:ァ― ヽ! \ i⌒ ー‐ ⌒ヽフ!:./:.ハ:|     家に連れて帰れないからっ!
: //: .::::/:.:.:{、     /l> 、 _  イソくノ'--、!:.l
/ /:.:.:.:/:.v--v´`ー、 /´   }l'/    ´ /    ヽ:l
./.:.:.:.:.:,∠-`ヽヽ.  /_  -ォ 〃`i      ,′       }:.!
.:.:.:./- 、 ヽ.ヽl Y1´/  { ヽニノ 人  /       {.:.:ヽ
:/, -_-ァ'7´ 二i、! |   ` ー   V          l:.:ヽヽ
くく´  / /{  _‐_jノヽヽ        ヽ  ィ ´-‐   ノ:.: l:: ヽ
、ヽヽ.|l-、_,r_-ノ イi` i┬ ヽ      /`Y     lイ:l:.:.: :l:. :
 ヽヽ l {  ノァi´   | ∧l   丶   ノ r┴_ー、/_:l.:|.:.:.: ト:.:
    ̄ アーァ1   l !|ヽiつ   丁ニ l´-― `ヽ 〉 \.:ト:| l:.
     _Y´  l   ヽイ     とl二/  ̄ `ヽ Yニ二 lA|        }゙i                       「i
    }-|   ヽ    ヽ、_   rt‐-/       ∧`>∧イ_       ノ |               l            | ヽ
    ゝl    l\  ノrj r}∠ 二/      | ´ / j_ j  ト、    | |           |              l  {    /}
    辷!  _ ィヽ `く_ /    /      |  /< ニ{  ヽ ヽ  〈、 i、              |           |.ム   / !
                                   ヽ ヾ,、_rL |            |          _r}∠>=‐' /
                                    \ : ∵爻、       ヽ |!         j゙ソ゛.: . /
                   僕達魔獣は,           ヽ ∵ ヾk         l||!        _}i}∴ ∵ /
                   ガイアと共に生きてるからね〜。 \ ∵{=、,       cr炎ro     _fiヾk: :/
                                            ヽ∠__ノァt-、  /,仝yハ    ∠rtゝ-‐ '
                                             ゞニヾハ.  }K以ムハ  //> ′
                                                   >、ヽ }ニネネ冫:i/∠、
                                               /へ\ `ー八‐‐'_/' へヽ


92 :◆vsQyY1yD2Q
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\      で、でも、できる夫だってポリスから来てるのに
    / ∪  (__人__)  \      あいつは普通に仲魔作ってるお。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /              ./  ,        \   \
  ヽ __     /   /   /               /   /    〉、     〉     ヽ
                                 ,(___, イ   /   ̄ ̄ ̄       ,
                                ./  / , {   /    、    ヽ `ヽ   i
                               //  / / /Y , 〃  |li !ヽ ヽ | | _」-1‐┐
                               | |  | | | ! | || |i ハ}l | lハ.| ii  !─ |´ ____」
 できる夫はメガロじゃないわよ。別のポリス。   .| ! i|| ! N_」 ll_||/ ムH‐l‐|H}|、 lニニ K´  !
 『ガイア禁止法』お膝元のメガロに比べて      ||l | i| | lxく!Nニ_!`!   j'eiぅ_x乍=ト、`ヽi
 そこまで厳しくないんだと思うわ。         .「 {{N i{ { { i k'そ::ヽ     い:::/ j i | ii\ \
                               .V´ ヽ!N\ヽゝ ゞツ    ¨^^` / | | || i \__/
 ウチの場合は 親が                    ./ .刈`ハ     :.   ー=彡ィ   ! |l| i|
 『ガイア禁止法』推進派だから特にね。         く  / |  人.    vっ  / ノ人〈 |! | |
                                 ヽ' |{  ト `ニ = ‐ r '  /イ !`\   i
                                     lハ |  __」L =}   , ⊥」.     !
                                    〉 ヽ/´  X/、  __ /´  ヽ i   |
                                    / /  //___ー‐‐' /     i |


93 :◆vsQyY1yD2Q
                                  r、      ,.、
                               _  i |  ィ'7//
                            /::ヽ、 y ┴'-!ト、
                            |:{_}::::V //  !|、\
  でも、それなら                 |:(_):イ/レ-、ヘ|-、| i `>     _,.. -───-、
  ミィが ガイアを勉強するのも     .,.、-.( ー-'、): {/j‐、 ィテiy j l/_,. -,.ニ、´::::::::(__):::::(_):::}
  よく思われないんじゃないの?    ヽニ'´丶 l:(j:レl、'、__゙'彳レiィ'´::__::::ゝー<::::::::::::(_)::(_):/
                          ` Y  |::(ィ` ニァ ,「'^ニ_::(_)::ヽ__ノ :::::::::::(_):/
                            |  j/レヘ_j_/  /<:: (_)::::::(⌒)::::::(_):/
                            |   {__,.「i  ̄! /  ヽ:::::::::::::( ̄) :::::::::/
                            ヽ_,.∠L∠.ゝイ 7:::\_,. \`):::: ̄::::(_):/
                                /.:ijo.j{´.:〈.. - '´   )::::::::::(_):/
                _____
           ,,-‐':´: : : : : : : : : : :`''ー-、
            /:,-‐´ ̄`ヽr ̄レ'' ̄ ̄`ヽ、::\
       //               \: :\
      /: :/                  ヽ: ::ヽ
      /: /        l,      ∧       ヽ: : ',
     ,': ::|       ハ    ノ:::ヽ       |: : :|
     .|:: ::|      ノ: :: :\/: : : : :\      |: : |
  r、  |: : :|___,,-イ´: : : : i: ::i: : : : : : : : ::`ヽ、__l: : |
  |__\|:|: : :::i: : : : |: : : : :/|: ::ト、: :: ::ハ::: ::i::::i: : ::i: : : |_レ'´|   ……そうね。
   ,二=|ー--|: :ト;: ト、:;; :/ .|: ::| .|: ::/ |:::/|: :|: : :|―‐|┬‐'    あまりよく思われてないどころか
   ヽ‐「|二ニ|: :|_V__Vl/_V、l W、_|/__W_|: ::|ニ二|ニニコ   ブルトンに通うのを止めろって
     |::|: : : :|::| ,┬―┬、    r┬―┬、レレ: : :/:/      しょっちゅう言われてるわ。
     |::|: :: ::ヽ|ヽ辷ー」ノ     ヽ辷一lノ/: : : ::|::|
     |:::〉: : : :、\__ ̄          ̄/: : : : ::|::|
     |:::|::r、: : :ヽー`      l     ∠ィ7: _;: : :|::|
     |: :V::i:\_ゝ|`' r 、.  ―   ,イl:::/ノ´|::ヽ|::|
    r┴-、::|:::l:::::l:;,-‐|ヽ_''ー―一_'´ト、|_i::::::|:::l;;;;;L
   /     ̄| ̄´     `ヽY/´ ̄    `l ̄   \


94 :◆vsQyY1yD2Q

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _     先生達も話してましたよ。
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,    ポリスの子供達がみんな
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ     ブルトンに来られなくなるかも知れないって。
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙
                                                      ____
                                   ri               ,.ィ'´.:::rュ:::〉
                                  ,.ィl.!           / く_,):::::(_)::}
                               ト、  ゝレヽ¬ヽ、__   /、:::::::<_)::::::::/
                           _   ` y'i ト、 、_ 、ヽ./| /i_.ノ⌒):::::::::(_):|
     ……やる夫。               |i::::\   ハヽL..`>ァェ、 Vレ':::::::::ゝ'⌒):::::::::(_):l、
     ミィに協力してあげられないかな? {l:〈_):::>| } lィテi , ヾ彳/j:::(_)‐、:::: ̄(⌒)::::(_):|
                            \(」::{_)lへ{ゞ'゙ <.フ,.j/-ィス`ー';. -、:::(⌒)::::::::|
                              \(_):::(_)::ィ`二I_/;  iハ:::::`- '_::::: ̄::(_):/
                                 lY_)::(〈{_,r、j,>'´}_,<. \:::( __):::::(_)::/
                                ヽ:<ハ:Vl_ン<¬<.:.l\ 丶─_---‐'′


95 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /   u \
      /  /    \\      そ、そう言う事情なら力を貸してあげたいけど
    /  し (○)  (○) \     やる夫とピクシーだけじゃ……。
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /
                                         ,.-、
                                ,-,     ,r-‐ァl i´
                               ヽヽ   / Y ! i             ,z---- 、
                                ヽ.ヽ  ゞ、 .l‐-! !- 、          /;:;:rっ;:;:oi
                            r- ...、   ヽ`く    l l   ヽ      /;:;:;:;:;:;;:::;.::::::l
                            !o:rっ:ヽ./ `'",.    u    ヽ   /;r-y:;:;:とつ::o:l
        ケット・シーとギルタブにも     !:n::.:.rチ :/ _」_/ ヽ.  .:ト、 .:、   , ヽ/:;:く_,.イ::r‐ァ::;、;:::/
        協力してもらったら         l;:u::::,ン :/  :V`  \:弋~ゝ :l   :l::. .:`Zヽ:.:::.::.:.:::::::'J:/
        なんとかなるんじゃない?     VY:::l ;イ .  ,:;レ公   `r::=ミ V  .:l:.: . ./:{:r- 、:::.::::::/
                             V::o::'::l::l .:l.:トzJ    l孑リ/  .::l:.;∠: : : :}::一'::.:::.0:l
                             `i;、::.:.Nヽ.:ト`¨ '__ `ー'/  ,.イ:こ) : : r':.:仁) . .:::.l
                              V::.::.:.こ) i>、Y__ノ_ ,.,ムイヽl⊂⊃: :,!: :.: . .::::::.:ol
                               ヽ。::.::.:.::ト、,..、 T´,r'´  `ヽ: : : : : :{:.:r'⌒) . .::.: ナ
                                ヽ、_:_.l !: :`o':~:ブ`~ナ´: : : :_:_:ノ:.::`ー':.::::. /


96 :◆vsQyY1yD2Q

             ___,,,,,..... -一ァ
         / ̄      -──--、,!
.        /    l  /       .!
.         /    |  i   断  だ ,!
       /     .|  i  る  が ,!
.      /      |  ヽ       !
.       /     ヽ |!    〉 __,.,!
     /      l||!  //     !
      /、,     cr炎ro    _fi .!
.    /__ノァt-、  /,仝yハ   ∠rt.!
   / ゞニヾハ.  }K以ムハ  //> !
.   /    >、ヽ }ニネネ冫:i/∠、.!
  /     /へ\ `ー八‐‐'_/' へ .!
. /     〃   >,才¨^¨弋ヽニニ!
/    .{/,<- '/ /      \\ !
ヽ、    .|{   トi′      >・!
   ``ヽ、_|l  ./7        //!
       ``ヽ.}、..    z'_/ !
             ``ヾ、    !
                 ``ヽ,!


97 :◆vsQyY1yD2Q

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _     右に同じく。
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,    私達はやる夫の友人であって
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ     仲魔ではありません。
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈     やる夫がそちらのお嬢さんに協力するからと言って
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /      私達も協力しなければならない理由はありませんな。
   //:::::       ',    /    ,:'゙


          そんな……。                       ___
          なんとかならんかお?             ./      \
                                    /ノ  \   u \
          やる夫達だけじゃ             ./ (●)  (●)    \
          ミィを試験の部屋まで連れてくのは   |   (__人__)     u   |
          どう考えても無理だお。          \ u.` ⌒´       /
                                  ノ           \


98 :◆vsQyY1yD2Q

                ,. -‐…‐-  .
          ,.‐=ァ'´ノ ,.-‐<._>、\
         〃  /  `7´ /'Ti     ト、∨ ヽ
           ″ ,' ′ ハ /  }ハ }  「`ヽ .   .
        i{  ||  |v' ,示ミ、 jハ,⊥. ノ }  }
.            |U  |j{ {廴ソ    ft_} }!∧ ,ハ    ………。
.            l ハ  .^¨ ‘ ’     ーぅ〈  { }
             .{._}  ゝ         }   ∨
            ∨}ハ{    (⌒フ    ノ   }ハ
               },.-‐<⌒}i____ . イ ∧/
              /     〉 l{ /⌒ヽ }レ′{
            {     {‐-〈  t.ノ     .
             ,ノ    _∧   ヽノ⌒)‐- 、 \
            /    -‐ァヘ \   マ7 , ⌒ハ  \
            `7冖ァ´/  ` -ヘ }{/二´  1   ヽ
         /  ノ, '7        ∨     |     .
.           '  〈/ ′       |     |     }
       /   ∨{          j       ノ     ノ


第1話へ    4     第3話へ

posted by 文月みと at 02:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
強制イベント大っ嫌いデース
Posted by at 2010年08月26日 12:09
原作とどう違うのか分からんけど、
面白そうな設定だな。キャラも。
Posted by at 2010年09月16日 02:03
サボるために魔獣と友人になってるやる夫凄いw
Posted by at 2011年01月17日 21:47
やっぱり裏ワザでサボってたぁ〜
っていうか、仲魔でもない魔獣と友人になれるって、このやる夫、実はすごい才能の持ち主じゃなかろうか・・・
Posted by at 2019年09月22日 15:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34455195
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ