■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2009年12月30日

第二話『ブルトンタワー』(5)

第1話へ     5    第3話へ

99 :◆vsQyY1yD2Q

                         ,、ァ
                         ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|    ま、やる夫自身が戦うのであれば
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|    話しは別ですがね。
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /
        / ./:::::::::::::            ',       /         /
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.      /   ,.、     /
       /:::::::::::::::::::::.                 ',      ,'  ,:':::/    .,'
                                         ___
                                    ./      \
                                    /ノ  \    \
                       ……え?     / (○)  (○)    \
                                 |   (__人__)        |
                                  \  ` ⌒´       /
                                  ノ           \


100 :◆vsQyY1yD2Q
                      /:.:.:.:.:.:.:.://
                    , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ′
ニニニニ.._:.:.‐-...._     _.......-―'――-:.、:.:.:./
       ``丶、:.:.:`:ー:'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|       このような時が来るのを待っていました。
ヾ、           〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'":,.,,-ァ、
 ヾ、         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.`:.:.:   ''_´:.:.:.:\      このケット・シー、痩せても枯れても
  ヾ.、     ',:.:.:.:.:.:.:._.ィ:ニゞ'‐:'`.:.:  r 、 ! フ :.:.ヽ       ガイア弱き者の友にはなりません。
   ヾ::.、    〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. _.      ̄|    }_:l`` ‐ 、 
     ヾヽ、 _|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.. -‐ T     _.,ノヽ、.人:/`丶、 ``丶、   やる夫が戦うと言うのであれば
         ` ーi:.:.:.:.:_..- '"  , '´ヽ、_..-、"ヾ、:::|  /\  `ヽ、   ``丶  私は、やる夫の仲魔になりましょう。
         ',_.ィ.:.:.:  /   /  ヾ、、ヽ... V.、 /   \   `ヽ、 
         /ヽ:.:.:.:/   /      `ー、=='ノ,'     \    `ヽ、
      /    /:.:.:.:.. /     _... __ノ ハ         \      \
     /   /  ヽ:.:./          ,' ,'  :.:.',        ヽ
       /   //:.:        ' '    :.:.',         ヽ
      /     ,':'.:.:.:.:             _ :.:.', 
          /:.:.:.:.:.:             _f´`ヽ`ヽ:.',
           /:.:.:.:.:.:           i´ `ヽ l  |:.:'.,
         /ヽ、.:.:.:          f ヽ、 '   !:.:.:.'.,
          /: : : : : `: -. . ._      '、       |:.:./:',


101 :◆vsQyY1yD2Q

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,   ギルタブはどうですか?
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈                }゙i                       「i
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /                .ノ |               l            | ヽ
   //:::::       ',    /    ,:'゙            ト、    | |           |              l  {    /}
                                 ヽ ヽ  〈、 i、              |           |.ム   / !
                                .  ヽ ヾ,、_rL |            |          _r}∠>=‐' /
               そうだね〜。             \ : ∵爻、       ヽ |!         j゙ソ゛.: . /
               戦うのは怖いけど.            ヽ ∵ ヾk         l||!        _}i}∴ ∵ /
               やる夫と一緒ならがんばれるかな。  \ ∵{=、,       cr炎ro     _fiヾk: :/
                                           ヽ∠__ノァt-、  /,仝yハ    ∠rtゝ-‐ '
               なんてったって ともだちだしねっ!        ゞニヾハ.  }K以ムハ  //> ′
                                                 >、ヽ }ニネネ冫:i/∠、
                                             /へ\ `ー八‐‐'_/' へヽ


102 :◆vsQyY1yD2Q


         / ̄ ̄ ̄ \         ケット・シー……ギルタブ……
      /   :::::\:::/\        お前らがそんなにやる夫の事を……
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j       すまぬ……! すまぬ……!
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


103 :◆vsQyY1yD2Q

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,     ま、やる気出さないなら
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ     それはそれで楽だと思ってましたけどね。
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙

  ___                  r'|
 |.:::::...  ̄`丶、             l |  ト、  r'7
 |:(_)::::(_):::. \       _,. ィ| ¬Y、_ //
  !::(_):::(_ゝ:::::::::::..\    ト'´/ ,   ト ンく      ___
  ヽ::(_ゝ:::::::. /ヽ<_,>\  l V /,.-/ ,.ハ |ヽト、  ,. イ´ヽ::(_):|
   〉.::::::::::::::::>--く:::::::::\V!/,レ∠ -'⌒V ハ.」<::::::ゝ <:: :::/
  |.::(_)::::::_ヽ--'::( ヽ>、ヽ/u⌒ , 冖 〉ハ |::r⌒)::::ヽノ(_)/
  |:::(_):::(_,)::::_::: ̄:く `ーゝヽフ_,u'ィレ' V::r⌒):::::::::(_):/  そ、それは
  l.:::..::::::(_,):〈___ >:::∠、r 二ヽ「[i_,.ゝ 、i,>:∠フ::::::::(_):/    心の中にしまっておいた方が
   \:(_)::::::::::,.-- 、:::: /,.>l  ニYl;r<ヽ` 〉-、::(__,〉:::::: :/      いいんじゃないかな? かな?
    \(_)::: ヽ__ノ::::/´  ヽ rィi lハ、` イl.∠::(__)::(_):/
      ヽ-─ ニ=‐〈.___,. イ]「=Tラi ´ ヽ_ノ:::::::(_)::/
       /.:::::::::/ン.:.:.:.:.:.:li o fハ\.___ノ_::::::(_):/


104 :◆vsQyY1yD2Q
           ___
       ,. '´r―ァ__:.``丶、
      //⌒` ´  `ヽ、:.:.:.ヽ
.      //   ,イ    l、   ヽ:.:.:.ヽ
    /___/:.:!   /:.:` ー---`:.:.:.:∨ヽ
  /\ |:.:.:|:.:.:.:.:!:lヽ/:.:.:.:.:.:.|:.:!:.:.|:.:.:.!//
  `ー-ヽ、_N、|、|、|:.:|:.:.!:.|リ、;ハハ;ハ≦|ニ二!   ……いい仲魔じゃない、やる夫。
    /,.イ=| -―-ヽ!:.:|/,.-‐_二、__!-‐!:.:.|
    `'´|:|:.:ヘィ卞心 `'  イ{lヒri} '/.:.:.:ヘ:.:|
      j:j:.:.:.:ヘ 弋;ソ     ゞ=' /ィ:.:.:.:トヽ|
    //イ:.:l、ド、   '     ,.イイ:.:/:.:.:.:.!
    /'´ ∨ `i_≧t、_`ー'_,. ィ´ノ_/l/ ̄ヽ:.|
,r‐r〈      |  `ヽ ̄-ァ// !    \
                                     ____
                                   /      \
      本当に……                   /         \
      やる夫は良いともだちに恵まれたお。  /     ─    ─ \
                               |     .(ー)  (ー)  |
.                               \     (__人__)  ,/
                               ノ      ` ⌒´  \


105 :◆vsQyY1yD2Q

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,   しかし、お嬢さん。
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ   私達の協力を得ても3階の試験をクリアできなかったら
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈     私と――
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙


106 :◆vsQyY1yD2Q
    |.   :::::::::::::::::ヽ、. .\                       / .o/::::u:::::::::::::   |
.     !   :::::::::::。:::::::\ . . \                  ,r':: . .,.'::::::::::::::::::::::::    l
     !.  :u::::::::::::::U::::ヽ . . . ヽ,__,,,,,,,....、、、、、、、、、、.....,,,,,,,___/::: . ./:::::::o:::::u:::::::::     !
    ',  ::::::::::::::::::::::::::::冫. . ...:::::::u::::::::::::::::::::u:::::::::::::::::::::::o:::. . '、::。:::::::::o:::::::::::   j
     ',.  :::::::::::::::゚::::::,r'. . .::u:::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::。:::::::::::::::::... . . ヽ,:::::::::::::::::::::::   ,'
     ',.  :。::::o:::::::::! . . . . . . .:::U::::::::::::::o:::::::::゚::::::::::::::::::: .u . . . . . l:::o:::::::::::::::::  /
      ゙、  :::::::::::::::::i . . o . . . ::::::::::::::::::::::::::::::o:::u::::::::::::......... . . . . ゙、::::::::::::::::::::  /
.       ゙、  ::::u:::::::::〉 . . . u ...:゚::::::::。:::U::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::u... . .゙、U:::::::::::  /
       ゙、,  :::::::ジ. u . :::::::::::o:::::::::::::::::::U:::::::::u::::::o:::::::::::::::゚:::::::. . . ゙、::::::::  ,/
          ヾ,、. ,r'. . . .::::::u:::::::::::::::。::::::::::::::::::::゚::::::::::::::。:::::::U::::::::::::.. . . .゙、: ,rツ
          ゝ". ゚. . o.::::::::::::::::u:::::::::::::u::::::::::::o:::::U:::::::::::::::::::::::::::u:..U . ゙''/
            i . .。 . .:::::::::::U:::::::::::::::::::::::::::u:::::::::::::::::::::::::::::::::::u::::::::::::: . . r'
           j . . . . . ..:::::::::::::::::::::-‐'::::::o:::::::::U:::ヾ、:::::::::::::u:::::::::o. . . . .l
           l, . U . ..;;;;,r‐-;;;,、:;:::::u:::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::;、r、ー-、,,,, . .u . !
,,_            ! . . u . .''l,.  lll! ヽ::::::::゚:::;:r‐‐‐、:::U:::::i'´ lll!  j''' . . .。.j         ,,,
 ~゙゙'''ー-- 、,,_.  ', . . . 。 .::゙'ー-- 、.ノ'''::。:::/::::::。::::::゙、::::;''ヽ、--‐‐‐'::.. . .u ,'    ,,、 -‐'''"~
          ~゙''ーゝ、,,,_ . .u::::::""~~:::::::::/:::u:::::::::::゚::u::::::::~~~゙゙:::::::u . ._,,/、-‐'''"´
           ゙lヽ、゙''ー-、,_u_____;、-':::::::::::u::。::::::::゙'ー-、;;;__ .,,、-‐',r'l
               l:::::::゙゙,'-=、~゙'ヽ、;;:::::::::;;、;_____;;、;::::u:::::;;;e-''",、-i'"U::!       
---‐────‐‐‐!‐‐Uー---=L、、::::::ゞ、;;;;;;;;;;、ン:::::;;;;;;jニ二、、、、';;;,,,,,,j__
           l . . . ,'.::::u::::;;;、ゝ-:::::o:::::::゙'r'":::::::::::'ーッ、;;;_ ::o::::U, . .。.l   ~~゙゙゙゙'''''ー‐---
              l . _,、-‐ '''"~:o::::::゙''t--、-''"゙'ーァ-ッ- '゙::::::::::~'''ー-、',. . . .!
        ,、 -‐'!"´. .,'  :::::::::::::::::::::::ヽ、、゙゙'''''''",,r'::::::::::::u:::::::::::::..  ',゙'ヽ、l,_     結婚してもらいますよ!
  ,,,、-‐ ''"´   .l .U. .,'   :::::::::U:::::::::::::::::`~~~´::::::::::::::::::::::::::::::::::  ', ゚. . .!゙ヽ、,,_


107 :◆vsQyY1yD2Q
                            _,.  ---  ._
                     、-─┐ イ___,/  }   `ヽ、
                      \ /     L -' \   \
                      _/イ/ /_イ /レ1 i ハ ,` ー- -ヘ
                    「 ̄/,ィ' l7{__l`  l/┼l、/N}   j i
   それじゃ どうする?     ー '´/ i{ ィ'テミ    ,二j/ヽリ--、/-┴‐‐ァ
                     /  / .ヒソ   イ_ッ:ハ L-、ん.-t--' 
   早速 3階に向かう?     /イ ,  {    '    ゞソ / 公 `ト、
                       l/Vヽ\  { ̄〉  _/  /_,ハ  /
                      _,∠  >、ー_,ニ‐ァ// /7  ∨|
                   _ィ´   〈ムVーァニ/イ/l      | 
                  /      , '  〉〉7/  _, へl_,. ─ 、 l
                    ヽ.      /   { { } }  _/     l  i
                   { __  /一¬ミ三へ_/       j   i
                    r┴─-{   /    r{     / {   l !
              __  |__ _ i   { , -‐┴、 ヽヽ  '   }  l l
              |   __`_l-─- 、 〉‐ァ i/─ 、   ヽ 〉}、.__,ノ l j |
              └ '_/ 1─‐-、j}YT /二._ヽ、ヽ  }/ / / / j /l l
                /  /i    / { /   \ヽ レ'{ /,〃,イ_/ ソ
               \/ !     l /       ×\ `く /
                 /    レ′    /|  ト、 ヽ ヽ
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\     他に準備する事もないし
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    そうるすかお?
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /


108 :◆vsQyY1yD2Q

       }゙i                       「i
      ノ |               l            | ヽ
 ト、    | |           |              l  {    /}
 ヽ ヽ  〈、 i、              |           |.ム   / !
.  ヽ ヾ,、_rL |            |          _r}∠>=‐' /   ねぇ、やる夫。
   \ : ∵爻、       ヽ |!         j゙ソ゛.: . /
      ヽ ∵ ヾk         l||!        _}i}∴ ∵ /     僕達をジップデークレ先生のところへ
       \ ∵{=、,       cr炎ro     _fiヾk: :/       連れて行ってよ!
           ヽ∠__ノァt-、  /,仝yハ    ∠rtゝ-‐ '
            ゞニヾハ.  }K以ムハ  //> ′
                  >、ヽ }ニネネ冫:i/∠、
              /へ\ `ー八‐‐'_/' へヽ


109 :◆vsQyY1yD2Q

                / ̄ ̄ ̄\
              / ─   ─ \
             /  (○)  (○)  \  ジップデークレ先生?
             |    (__人__)    |  お前ら、まさか……!
             \    ` ⌒´    /
             /             \


110 :◆vsQyY1yD2Q

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,  ………。
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙


111 :◆vsQyY1yD2Q
【魔獣学の教室】 /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
               ...__           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]    .|]______]...| ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||


112 :◆vsQyY1yD2Q
         _,. ----、 _,_
      ,r''"          ヽ
     /    r' `゛  ― ミ.ミミ
.     l   彡    :.     i
     .!  r' r'"     、    l
     l.r-、"      ,;;;::::::;;:,;,, ,,_i_
     l  ヽ      ,r'i_lヽ "!irt、!   なるほど。
     .! 、      - 、    iT    君達二体を魔獣合成すれば良いのだな。
      ヽ          r 、 l,!
    ,. r       ;ミヽ;:: -、,,,ノ
   / ヾ、    ,.r'" r ,: ':  ヾ
  '´    ヽ、. ;' ;r' ;'" r''";"'  ,;!
          ヾ; ; ,; ; '"   ミ
           ヾ;i:'        ミ              .}゙i                       「i
            ヾ、, ;r;,  ,ミヽ             ノ |               l            | ヽ
                "''"  ヽ      ト、    | |           |              l  {    /}
                           ヽ ヽ  〈、 i、              |           |.ム   / !
                          .  ヽ ヾ,、_rL |            |          _r}∠>=‐' /
                             \ : ∵爻、       ヽ |!         j゙ソ゛.: . /
          お願いしま〜す。           ヽ ∵ ヾk         l||!        _}i}∴ ∵ /
          僕達の力じゃ              \ ∵{=、,       cr炎ro     _fiヾk: :/
          あんまり役に立てないしね。         ヽ∠__ノァt-、  /,仝yハ    ∠rtゝ-‐ '
                                      ゞニヾハ.  }K以ムハ  //> ′
                                            >、ヽ }ニネネ冫:i/∠、
                                        /へ\ `ー八‐‐'_/' へヽ


113 :◆vsQyY1yD2Q

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\      お前ら、早まるんじゃないお!
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |     せっかく仲魔になったのに、なんでいきなり!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl


114 :◆vsQyY1yD2Q

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _    そうは言いますが
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,   やる夫の力になるためには
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ    私達も強くなる必要があるのは確かですよ。
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ     もちろん、私も魔獣合成に賛成です。
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙
                                                    ____
                                 ri               ,.ィ'´.:::rュ:::〉
                                ,.ィl.!           / く_,):::::(_)::}
                             ト、  ゝレヽ¬ヽ、__   /、:::::::<_)::::::::/
                         _   ` y'i ト、 、_ 、ヽ./| /i_.ノ⌒):::::::::(_):|
        ケット・シーさん……。    |i::::\   ハヽL..`>ァェ、 Vレ':::::::::ゝ'⌒):::::::::(_):l、
                         {l:〈_):::>| } lィテi , ヾ彳/j:::(_)‐、:::: ̄(⌒)::::(_):|
                          \(」::{_)lへ{ゞ'゙ <.フ,.j/-ィス`ー';. -、:::(⌒)::::::::|
                            \(_):::(_)::ィ`二I_/;  iハ:::::`- '_::::: ̄::(_):/
                               lY_)::(〈{_,r、j,>'´}_,<. \:::( __):::::(_)::/
                              ヽ:<ハ:Vl_ン<¬<.:.l\ 丶─_---‐'′


115 :◆vsQyY1yD2Q
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__    でも、でも、それは 今のお前らがいなくなるって事だお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |    お前ら、それでいいのかお!?
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ          i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /


116 :◆vsQyY1yD2Q

                           _,,..-ヽ,,、-‐'''''" ̄``'';;;
                        //     , ; ; , , , ;   i
                     /彡'"; ; ; ; ; ; ; ; ; ,r''"⌒'!; ; ; ; `''ー-、
                    / i" , ; ; ; ;,/'⌒'i; ; ;/:   ,i; ; ',,、、,   `i
                  /  ,i ; ; ; ; /: : : : i; ;i: : . : : ,/; /. . !    i/
                 / /,i ; ; ; ; ;i; : : : ノ; ;i: : : :/; ;i: : : : /: :  i"/
                    / / , ; ; ; ; ; `''''"; ; ; ;`'''"; ; ; ;i: : :∠;,  ,,ノ/
                 // ,/ , ; ; ; ; ; ; ; ,,..---‐''" ̄``ヽ;`フ. . .ノ.,''"//
              //彡", ; ; ; ; ; ; ; /: :  : : : : : .  :/; ;!: : ////
             /  /i" ; ; ; ; ; ; ; ; /: : . . : : : : : : . : :'; ;`''"; ;/
              / ! ;r'⌒'i; ; ; ; ;'、;,; ; ; ; ; : : : : ,,.ノ; ; ;,.彡'
 r-、,        ,.r/`i   /i ;i: : : ノ; ; ; ; ; ; ; `'''==;;,;,:.:r'''"; ;,;彡
 !'`ヽ`'ー----'"く.  i  //i ;`ー'; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,彡'
 '、 i       ',ノ  / / ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ' ' .,.r''" /
  .ヽ'. =・=r‐、=・=i'    ,r! ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;(つ; ; ' ///
  三iニ=人,=ニノ三 /: i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;,..r''" //          
    .`iヽ、'、_ノ''",,>‐‐'": : : :\; ; ; ; ; ; ; ; ,.r''"  /
    i.   ,,r'''": : : : : : : : : : :.`''''ー─ァ                    
    i. ,.r'": : : : : : : : : : : : : : : : : ,,/  ネ コ パ ン チ !
     r" : : : : : : : : : ,,,...--─'''''"
    ,!  : : : : : : : : i"
  /!  : : : : : : : : :.!         
/ i'  . : : : : : : : : i


117 :◆vsQyY1yD2Q
      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|         ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
       \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /

        / ̄ ̄ ̄\_
       /:::/:::::::::::\( ;:;:;)
      /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<−> \
    (;:;:;:;;;:;  (__人__)   .:::::)   な、なにするんだお、ケット・シー。
    ./ ||    ` ⌒|||    ,/
   / / |\/ /  /l |  ̄
   / /__|  \/ / | |
  ヽ、//////) /  | |
   /  ̄ ̄ /   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ


118 :◆vsQyY1yD2Q
 +             +        /:.:.:.:.:.:.:.://    十
         十         , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ′           +
ニニニニ.._:.:.‐-...._     _.......-―'――-:.、:.:.:./
       ``丶、:.:.:`:ー:'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|          +
ヾ、           〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'":,.,,-ァ、+             やる夫、ここは笑って見送る場面です。
 ヾ、         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.`:.:.:   ''_´:.:.:.:\
  ヾ.、     ',:.:.:.:.:.:.:._.ィ:ニゞ'‐:'`.:.:  r 、 ! フ :.:.ヽ  +     +   魔獣にとって、強くなる事は喜び。
   ヾ::.、    〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. _.      ̄|    }_:l`` ‐ 、         新たに生まれた魔獣を
┼     ヾヽ、 _|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.. -‐ T     _.,ノヽ、.人:/`丶、 ``丶、┼    改めて仲魔にしてください。
         ` ーi:.:.:.:.:_..- '"  , '´ヽ、_..-、"ヾ、:::|  /\ +`ヽ、   ``丶
    +    ',_.ィ.:.:.:  /   /  ヾ、、ヽ... V.、 /   \   `ヽ、     私達は、その魔獣と共に在ります。
         /ヽ:.:.:.:/   /      `ー、=='ノ,'     \    `ヽ、
  +    /    /:.:.:.:.. /     _... __ノ ハ         \      \
     /   /  ヽ:.:./          ,' ,'  :.:.',  十    ヽ
┼      /   //:.:        ' '    :.:.',         ヽ  +
      /     ,':'.:.:.:.:             _ :.:.',    +
          /:.:.:.:.:.:             _f´`ヽ`ヽ:.',            十
 +       ┼  /:.:.:.:.:.:           i´ `ヽ l  |:.:'.,+
         /ヽ、.:.:.:          f ヽ、 '   !:.:.:.'.,     ┼
  +       /: : : : : `: -. . ._      '、       |:.:./:',           +


119 :◆vsQyY1yD2Q
      ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (.ー)  (ー) \    ………。
 |       (__人__)    |
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /

      ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \    ……分かったお。
 |       (__人__)    |
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /


120 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /  \    /\
    /    (>)  (<) \    ジップデークレ先生、やってください。
    |      (__人__)   |
     \.     `⌒´   /


     /    r' `゛  ― ミ.ミミ
.     l   彡    :.     i
     .!  r' r'"     、    l
     l.r-、"      ,;;;::::::;;:,;,, ,,_i_
     l  ヽ      ,r'i_lヽ "!irt、!    ……よかろう。
     .! 、      - 、    iT
      ヽ          r 、 l,!     では、魔獣合成の秘儀を見るがいい。
    ,. r       ;ミヽ;:: -、,,,ノ
   / ヾ、    ,.r'" r ,: ':  ヾ
  '´    ヽ、. ;' ;r' ;'" r''";"'  ,;!
          ヾ; ; ,; ; '"   ミ
           ヾ;i:'        ミ
            ヾ、, ;r;,  ,ミヽ


121 :◆vsQyY1yD2Q
          ー ,,   \         ,,       ;  .l     ィ"´''┐
                `ヘ、 .\     /'" `l.       !   l      └-r'"
                `'-, `!、    ´゙'v'"      ./   !
                  \ ヽ,           /   ./                  /
                  ,,,,,,_.  ..\ヽ.    、    ./   ,/             / ,
      ________       .`゙'‐、 `' !、    l   /  ,/                ,/ /
    ‘゙ ̄゛ ._______,゙_;;'ー-..,,_.   `'-,゙'.li、  .! .",,/             ,,/ /
   ―''''"´       ゙゙゙̄'''ーニニ、  .゙-    "      . /       .,, ‐´., /
                 -――- ..,,           _./     . _..-'´.,..-"
                   _,,.. -¬'、            `゛    ,,.. ;;ニ―'''"゛
            _..-''"゛ _、ー''"               -=`-''″             _..-''"゛
         _..‐"  . /    /  ,i                    _,,.. -''". _,,.. -‐''
       ,/゛   /    ./   /           ................ -‐;;二.... ー''''"゛
     .../    ,,ヾ     !  / :!   .! .,   -,¬¬―ー''''''゙゙´
    /     /       .゛  ! l   .゙l、`''ー..,,..`''- ,,,
   '"    /              ! ..!   .ヽ、  . `'''ー ..,~''ー ..,,_
       /      ,、      l  .!、           `゙''ー、,_ ´゙'''ー ,,,、
      /     i!゙´ `/     !  .ヽ               `'''ー ,,_  ⌒゙゙゙'''"
     ″    `>  ,ゝ     .′  "                      `"''ー ..,,,,
            ´⌒´
                 合成魔法 『コンバック』!!


122 :◆vsQyY1yD2Q



                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \





123 :◆vsQyY1yD2Q




        モクモク           ;;;;;;;;;
        (⌒;;;;,,.⌒)          ;;;;;;;;;;;;;            (;; `)⌒;;,,.⌒)
        (⌒;;;;;⌒;ソ⌒;;)       ;;;;;;;;;;;;;;        ,,,,,, (⌒;;⌒ヽ;; `)⌒;;,,.⌒
        ;;;; )(⌒;;ヽ;;`)⌒;;,,.⌒)             (⌒;;;ソ⌒)(⌒;;ヽ;;`)⌒;;,,.")
        ⌒;ソ⌒;;;;''')ヽ);;;;;;;,,,,,,)ソ''⌒;;)⌒;ソ⌒;;;;!"''')ヽ);;;;;ソ;;,,,,,,)ソ''⌒モクモク
        ⌒;;;;!"''')ヽ);;;;;ソ;;,,,,,,)ソ;ソ⌒)(⌒;;ヽ;;;;;''')ヽ);;;;;;;,,,,,,)ソ'';`)⌒;;;;''')ヽ);;;;;;;


124 :◆vsQyY1yD2Q

                       _,,.. ― ,,
                    ,..-''″  ★   ゙ヘ、
                  ,,-,゙ -;;;;;;―''''''''''― --..,,,,\
                  //ン'シ'‐、.`'i:::::::::::::::/ 二 _ヽ' l
                /i./ /;;;;;;;;;;;l |:::::::::::/ /;;;;;;;;;;゙l, l.l
                / ! ! .l;;;;;;;;;;/ /:::::::::::l ヽ;;;;;;;;丿,!.| l    我輩、ヘケット軍曹であります!
                !│ ヽ,.゛_/:::::::::::::::\_ __/ | .|
               l l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! |    やる夫殿
               .|  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./  .l    改めて、よろしくお願いするであります!
               .!   ヽ .___,,.. -―‐、  ::::::::::::/    ゙l
               .|.   `'-,,.  `ーー'''" `''ー-./    |
                ゙''ー- -ー'゙.゙>___ -イ″゙'ー---ー'"
             _、   .,/゙., / ,,,    ヽ...\
             /   ´゙"''゛ .,// _ノヽ_.. ||\.\
  原作:ヘケット     ̄"''''―‐" / `、    ゝ |.| \ !
  ケロロ              /  /__  .「  .|.| / ノ
  (ケロロ軍曹)         {  '´ `V   .|..| /


125 :◆vsQyY1yD2Q
        __......._
     , '´ .:☆::  `ヽ,   ケット・シーから素早さを高める「デクスジャ」
    /_.._... -―- ..___ ',   ギルタブからは火属性攻撃魔法「アギ」を受け継ぎ
   /'´   ヽ,:::::: , '´ `' '、
  /i ⊂ニ⊃i::::::i⊂ニ⊃.i,   自らは、回復魔法「ディア」に、知力を高める「イントジャ」
 ./ .i' 、   ノ:::::::'、    ,ハ   更には、ガイア弱き者を遠ざける「エストマ」まで使える。
./  '、  ̄:::::::::::::: `ー ''/ ',
!    `、-―<⌒>、..__/.   ',   正に万能選手であります!
` 、__..ノ´`>ー---r‐i´'、   i
     (_'二ニつ' _ノ! `ー- '
     ', '、 ☆ ̄ノ ,'
      ト、`ー- ' ノ!
        ! `/ ̄、 ',
      ノ i    '、 '、
     '-‐'    `ー'


126 :◆vsQyY1yD2Q
ルイズのラストバイブル3講座 『魔獣合成』
 ┌────────────────────────
 |女神転生シリーズと言えば、仲魔! 仲魔と言えば悪魔合体!
 |ラストバイブル3(略してLB3)もシリーズの例に漏れず「魔獣合成」ができるわ。
 |『コンバック』と言う魔法を使って合成するのよ。
 |
 |しかも、合成前の仲魔が持っていた魔法の内、2つを選んで継承させる事が出来るの。
 |ランダムじゃないわ。選べるのよ。
 |
 |便利な魔法を持っている仲魔がいれば、ずっと継承させていくといいでしょうね。
 |ヘケットの場合は言うまでもなく「エストマ」!
 |これが前回言った鬼のエンカウント率への対抗手段よ!
 |
 |ゲーム中でも、ギルタブとケット・シーで合成出来るから
 |これからプレイするみんなも、合成してみてねっ!
 └────────────────────────────
     _
    〃 ` ヽ
    l lf小从} l /
   ノハ{. ゚ヮ゚ノハ/  エストマハ コウカジカンガ ミジカイノガ ネックナンダケドネ
  ((/} )犬({つ'
   / '"/_jl〉` j
   ヽ_/ィヘ_)〜′


第1話へ     5    第3話へ

posted by 文月みと at 02:56 | Comment(5) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
ケット・シーとレ・ミィお似合いです
Posted by at 2010年09月16日 02:07
ああ・・・畜生・・・猫先生が消えちまった・・・。
Posted by at 2011年08月12日 10:54
仕方がない。このゲームでエストマがあるのとないでは難易度が天と地ほども違う。
特に各魔法を教わる小部屋へとつながる中央部では
何度も落とし穴に落ちては上がるを繰り返す訳だから必然的に戦闘数も増えてしまう。
Posted by at 2011年11月07日 20:05
メガテン系はシリーズ通してエンカウント率高いと思うけど、
ラストバイブルってエストマ使わなきゃならんほどなのか…
Posted by at 2012年01月11日 16:26
プレイしてた頃はそう高いとは感じなかったけどなあ。実際エストマ使わなかった
そりゃ街から出て2歩でエンカウントするとちょっとイラッ☆とはしたけど
Posted by at 2012年09月13日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34455216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ