■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 10/29 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 10/6
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2009年12月30日

第二話『ブルトンタワー』(6)

第1話へ      6   第3話へ

127 :◆vsQyY1yD2Q

                                    , :: ''" ̄ ̄~ `丶 、
                                  /★-''",~''" ̄`ヽ、  \
         さぁ、やる夫殿!              //: : : :/-ー:、 : : : ヾ、
         我輩のエストマがあれば          //⌒ゝ: : : :i: : : : : `ー-}: :ヽ
         安全にミィ殿を試験の部屋へ     .〃: :/~: l: : : : \: : : : : :ノ: : : ヽ
         連れて行けるであります!       li: :/: : :/: : : : : : :`ー(__): :lヽ
                                リノ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : l
                              / i ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
                             /  ヽ_): : : : :, ァー---,、_;: :ノl
                           ̄'ー- _ ヽ: : : : :人/    l   ,/
                          : : : : : : : : : :ー-=-' _\   l /‐ヘ
                          ―‐-- : :_: : : : : : : : : ̄ヽ_-'ノ
                             ヽ   ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄~ 丁 」ヽ
        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \    それは本当かお?
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ



< 本当でもあり、ウソでもあるね。



128 :◆vsQyY1yD2Q
 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐
  ー             ジャーン!
 __                                --
     二           (・∀・)            = 二
   ̄                                 ̄
    -‐                            ‐-

    /
            /               ヽ      \   原作:キャク校長
    /                    丶     \      ジサクジエン
   /   /    /      |   i,      丶     \     ( 2chAA )
 /    /    /       |    i,      丶     \


129 :◆vsQyY1yD2Q
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー-....,_|:.:.:.:
                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/!:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:
                      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|./ヽ|: :.:./レ|:ィ/冖|、|:.:./:.:.:.:.:.:.:.|;.、-─
                      レ'|:.:.:.:.:.:.|:'´ ∨ 丶|/  ´ノ    |ヽ:.:.:.:/ニ|二二
                       |:.:.:.l:.:.:| ,r ヵ、      ,ィ';‐゙寸、ノl:.:./___ト、
         こ、校長先生!      ヽ:|ヽトイ じj:.}       u:;;ィ:.} 〉ソ:.:.:.:.:.:|_:.:.\
         どうしてここに?       ` |:.:.} 匕ノ      ヾ:_.ジ ´ |:.:.:.:.:.:.lr ヽ:.:.:
                            l:.:{   ´ 、          J!:.:.:.:.:.:〈  }:.:.::
                           人:ヽ          U  /:.:.::.:.:.:.::lノ:.:.:.:.
                      ーニ二_:.:.:ヾ`    ^ ̄^    ∠ ‐''|:.:.:.ハ:.:|:.l:.:.:.:.
                          |:.:.:.;.:ヽ、             _  /ィ:.:!|:.V:.:.l:.:.:.
                          レ1:.:.l:.:.l>、   _ . -_'千'.二二):.l:.:.:.:.:.:.l:.:_
                        ,. -‐-、|:.:.:l:.:.l:i〈ヽ:丁-ァ'´/´     |:.l:!:.:./´
                      /     ヽソ-‐┤} ゙Y゙ /    _  ゝ/
  ___                  r'|
 |.:::::...  ̄`丶、             l |  ト、  r'7
 |:(_)::::(_):::. \       _,. ィ| ¬Y、_ //
  !::(_):::(_ゝ:::::::::::..\    ト'´/ ,   ト ンく      ___
  ヽ::(_ゝ:::::::. /ヽ<_,>\  l V /,.-/ ,.ハ |ヽト、  ,. イ´ヽ::(_):|
   〉.::::::::::::::::>--く:::::::::\V!/,レ∠ -'⌒V ハ.」<::::::ゝ <:: :::/
  |.::(_)::::::_ヽ--'::( ヽ>、ヽ/u⌒ , 冖 〉ハ |::r⌒)::::ヽノ(_)/
  |:::(_):::(_,)::::_::: ̄:く `ーゝヽフ_,u'ィレ' V::r⌒)::::::::(_):/  え? 校長先生なの?
  l.:::..::::::(_,):〈___ >:::∠、r 二ヽ「[i_,.ゝ 、i,>:∠フ::::::::(_):/
   \:(_)::::::::::,.-- 、:::: /,.>l  ニYl;r<ヽ` 〉-、::(__,〉:::::: :/    頭だけだよ? 本物?
    \(_)::: ヽ__ノ::::/´  ヽ rィi lハ、` イl.∠::(__)::(_):/
      ヽ-─ ニ=‐〈.___,. イ]「=Tラi ´ ヽ_ノ:::::::(_)::/
       /.:::::::::/ン.:.:.:.:.:.:li o fハ\.___ノ_::::::(_):/


130 :◆vsQyY1yD2Q

   ゼッヒ、そろそろ休み時間が終わるから知らせに来たよ。  (・∀・ )


     /    r' `゛  ― ミ.ミミ
.     l   彡    :.     i
     .!  r' r'"     、    l
     l.r-、"      ,;;;::::::;;:,;,, ,,_i_
     l  ヽ      ,r'i_lヽ "!irt、!     む、もうそんな時間か。
     .! 、      - 、    iT
      ヽ          r 、 l,!      済まんなやる夫君。
    ,. r       ;ミヽ;:: -、,,,ノ      今日はもう、魔獣合成をしてやれそうにない。
   / ヾ、    ,.r'" r ,: ':  ヾ
  '´    ヽ、. ;' ;r' ;'" r''";"'  ,;!
          ヾ; ; ,; ; '"   ミ
           ヾ;i:'        ミ
            ヾ、, ;r;,  ,ミヽ



                    (・∀・)  そうそう、やる夫君。さっきの続きだけど


131 :◆vsQyY1yD2Q


          ,. -‐'' "   ̄ ゙゙̄` ‐-:..、、     エストマの魔法が ガイア弱き者を遠ざけると言っても
       /                ヽ、    それはあくまで、君から見て弱き者だ。
       /                    ::゙.    君が成長しなければ、使ってもあまり意味がないよ。
     i':.      __      __  ::i
     |::.::..            ト―イ       |
     ゙、::. :.:.         ヽ_ノ      /
      ヽ、::::. .:: .. ..               /
    .....:::::::::::::` ー  -  -  -  - ― ´:::::::::::::.....
....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....
                                            ____
                                         ./      \
              それはつまり                  ./─    ─  \
              軍曹は期待外れと言う事かお?     ./ (●)  (●)    \
                                      |    (__人__)       |
                                      \   ⊂ ヽ∩     <
                                        |  |  '、_ \ /  )
                                        |  |__\  “  /
                                        \ ___\_/


132 :◆vsQyY1yD2Q

       ,. -''" ̄~`''ー 、    
     /''" ___★__ `ヽ、 
    /,.==~、     ,. -=-、i     ゲロっ!? それは心外であります!
   7/',.-ー-、ヽ.   / ,.-ー-、ヽlf
   /i l {;;;;;;;;;;;;} !  l {;;;;;;;;;;;;} !li   我輩ヘケットは、ケット・シー、ギルタブより強い魔獣である以上
  / !ヽ、ー'".ノ   ヽ、ー--' ノ l.i   エストマがなくとも、ミィ殿護衛の任務 見事に全うしてみせるであります!
  /  l  `''''''"      ` ''''''" / i
 !  ヽ             /  l
 !    ゝ、__,,.. イ ̄ lヽ _,,.ィ'   l                 {`ヽ   /ヽ
 ヽ、__,.-',.ィ'l/ー、ヽノ, -┬へヽ、__ノ.                  | / /
     /  l Y^}〉 ̄マ / l  \                 〉└' (>‐……‐-
                                 /{ _> ´ -┘ └…‐- 、\
                                 , r{(__//             ヽ
                               ,イ | `7/     ノ  >‐----‐′  V´|
                             ∠.」 { /└--‐ i^T冖 |U i  __,ノ∨__」
                    .         ∧_,⊥L」    _」⊥.|i | |'TT ト j|--‐'ト、__]
    大丈夫よ、やる夫!            /  {  ,ノ| |  | |j」八_l,ハ! |,.l=ミ、|--‐'| |
    私だって今日まで1人で .        /   `てノj∧,ハ.lァr云k,    イl廴 }j厂  { |
    3階を探索して回ってたんだから  ./        / j ̄i{ l廴 }j     ト-‐'     ヽ|
    皆で行けば、余力残して .     /         { /   丶ニ´,     `7,--‐く ̄「
    試験の部屋まで辿り着けるわ!  {       Vー-、___r-‐ ′ ,  ⌒) /      |
                                   ∧ / ノ丶.r‐、 `7 7,イ      }|
                           \      / ∧{/l   ト、 ∨ 〈(,_」 -‐…‐<|
                            `7冖'爪   丿  j 〉 //\       |
                              〈_∧!ノ)7T'¬ー-〈 {//     ヽ    }
                                  // | l i  ∨ /     /|`ヽ /|
                    .              { { | l l l/ ,ニニニ´   |  }く |


133 :◆vsQyY1yD2Q
                                       ,.-、
                              ,-,     ,r-‐ァl i´
                             ヽヽ   / Y ! i             ,z---- 、
                              ヽ.ヽ  ゞ、 .l‐-! !- 、          /;:;:rっ;:;:oi
                          r- ...、   ヽ`く    l l   ヽ      /;:;:;:;:;:;;:::;.::::::l
                          !o:rっ:ヽ./ `'",.    u    ヽ   /;r-y:;:;:とつ::o:l
                          !:n::.:.rチ :/ _」_/ ヽ.  .:ト、 .:、   , ヽ/:;:く_,.イ::r‐ァ::;、;:::/
                          l;:u::::,ン :/  :V`  \:弋~ゝ :l   :l::. .:`Zヽ:.:::.::.:.:::::::'J:/
                          VY:::l ;イ .  ,:;レ公   `r::=ミ V  .:l:.: . ./:{:r- 、:::.::::::/
          やる夫、行こうよっ!     V::o::'::l::l .:l.:トzJ    l孑リ/  .::l:.;∠: : : :}::一'::.::.0:l
                           `i;、::.:.Nヽ.:ト`¨ '__ `ー'/  ,.イ:こ) : : r':.:仁) . .:::.l
                            V::.::.:.こ) i>、Y__ノ_ ,.,ムイヽl⊂⊃: :,!: :.: . .::::::.:ol
                             ヽ。::.::.:.::ト、,..、 T´,r'´  `ヽ: : : : : :{:.:r'⌒) . .::.: ナ
                              ヽ、_:_.l !: :`o':~:ブ`~ナ´: : : :_:_:ノ:.::`ー':.::::. /
          ___ 
         /      \
     ,---、   \   ./\― 、
     .l   l  (●)  (●) \ .|    こうなったら やってやるお!
     .|   |    (__人__)    | |
     .|   |    |!!il|!|!l|   / /    みんなでミィを……ミィを……
      ゝ      |ェェェェ|   ノ 
      \          ./
       /          |
      /          | 


134 :◆vsQyY1yD2Q
 ━┓
 ┏┛    ⌒
 ・    .___ ⌒  ___   ━┓
    / ―\ / ―  \  ┏┛
  /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
 | (●)  /_  (⌒  (●) /.     そう言えば、ミィはどの部屋の試験受けたいんだお?
 |   (__/      ̄ヽ__) /
  \  /´    ___/
    \|        \
    /|´        |

                 ,. -─‐- ._
               , '´   _zr '´  ̄ `ヽ、
              / ,. '´ ̄    、ー- ..__\
            / /     /ヽ._ノ    ` ヽ.
              l  l    /     、 \  ヽ Y7
              |  L - '´i l ト、ト、、 `ト}、.ィ、 i-iく.
         「`ヽ!._ l_,.イ l i l i ト l| ヽヽレ',.ニ | N├′
         _二ニlァヒ..l l ハ __l__ヽ  ィiト} }jノ lト、    あっ、そう言えば言ってなかったわね。
         \_ァ'´ l  ヽハT´  `   `゙-' j ノ丁ヽ
         _/  /」  弋 ''´ ̄`    ' ,〃l リ     3階の炎のガイア
       _/ //  !ハ  _>,‐、  r__フ /l ハ      「フレイヤー」の部屋までヨロシクぅ♪
      /  /,../..__r‐- ヽ ト-/ lー r-r ´\l  ヽ
.    //  /ゝ、   ̄`¬--{  ト.Yノ|    ヽ   ヽ
  ////  ///:(`7ーr .._      {{i-i}-l、   _/l   i、ヽ
 / 〃/  〃/-‐,/ .::{  `¬ー く.ヾソ  レ/ V }  l i}
   {l l  li::ヽ/j .:::::{ ー-- ...__r_j_,ノ__/ 人  | ソ
   ヽ |__{{:::::::Vl ::::::::ゝー-- ‐ェ‐'´:::::/ヽ-- ' //\l__
      _>‐ァ‐l :::::::::::`ー-_'/:::::::::,/_ム-- '     \
    /   /!  ヽ.:::::::_//:::::::::::::八 ̄ ̄\         }マニ、
   /    { ヽ    ̄\/:::::::::::::/ /\    \     //ニr'’


135 :◆vsQyY1yD2Q
                     _____
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)
         _/ / ヽ   /     (__人__) \   よしっ、それじゃ出発だお!
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
             /  .\     i⌒\   /
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./
         .ヽ、_./ ./  /
             ./ /
           .ノ.^/   ダッ
           |_/


136 :◆vsQyY1yD2Q


          ,. -‐'' "   ̄ ゙゙̄` ‐-:..、、     ガイアだけは有り余ってるのに、やる気の無い やる夫。
       /                ヽ、    やる気はあるけど、仲魔を作れない レ・ミィ。
       /                    ::゙.
     i':.                    ::i    あの2人を組ませたのは、真宵先生のアイデアかな?
     |::.::..       ●   ト―イ  ●   |
     ゙、::. :.:.         ヽ_ノ      /
      ヽ、::::. .:: .. ..               /
    .....:::::::::::::` ー  -  -  -  - ― ´:::::::::::::.....
....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....

     /    r' `゛  ― ミ.ミミ
.     l   彡    :.     i
     .!  r' r'"     、    l
     l.r-、"      ,;;;::::::;;:,;,, ,,_i_
     l  ヽ      ,r'i_lヽ "!irt、!     おそらく そうでしょうな。
     .! 、      - 、    iT      まったく面白い事を考える。
      ヽ          r 、 l,!       彼女の父親を思い出しますな。
    ,. r       ;ミヽ;:: -、,,,ノ
   / ヾ、    ,.r'" r ,: ':  ヾ
  '´    ヽ、. ;' ;r' ;'" r''";"'  ,;!
          ヾ; ; ,; ; '"   ミ
           ヾ;i:'        ミ
            ヾ、, ;r;,  ,ミヽ


137 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                _,:-=====‐-、
                 /''二 ̄   ) ゙ヽ
               ir'"r-__,,,,,,.:-'"  ヽ
              r_,,r''"´`i'''ヽ r‐:、 l    ジサクジエン、ゼッヒ……
             /"r'.!__..-'  `'";'ノ,! ,'    こんな戦乱の時代だからこそ
             ヽ_,r'i゙    、  'r:< ,'     子供たちのために学校は必要なのだ。
              ヽr‐=''''` ,!. 丿, `i
               `(  _,,-‐'" l _,.!>、__
                `'''".)、i ,.:-:'" ,.:'  i. `'''ー--,-.、     だから……
                  ,.:|.i゙''ヽ  /   .|    r'"  `:、    私が戻るまで、ブルトンを頼む。
                ,:r' |,!,ノ.ヽ/_    |    ,'     i
              ,-'"/ ,ィ゙i |  ,' `‐<"   ,'      .|
                i'| .<,:' .|.,' | ,'   ,:'    i       |
             l |. /  |.i | ,'   ,:'     |       |
             | |  ',  |゙ '/  /      |       |
             | .| _.', | .i  /        |       !    亜内 武文
                 | .|i" ', .i .,'  /   |     |      .|    (逆転裁判)
             ,!''|_  ノ、.V /    i    i         |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


138 :◆vsQyY1yD2Q


          ,. -‐'' "   ̄ ゙゙̄` ‐-:..、、   しかし、彼は帰ってこなかった。幼い娘達を残して。
       /                ヽ、
       /                    ::゙.   彼が亡くなったポリス戦争が終わって十五年か……。
     i':.      __      __  ::i
     |::.::..            ト―イ       |    ひどい時代だったね、あれは。
     ゙、::. :.:.         ヽ_ノ      /
      ヽ、::::. .:: .. ..               /
    .....:::::::::::::` ー  -  -  -  - ― ´:::::::::::::.....
....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....

     /    r' `゛  ― ミ.ミミ
.     l   彡    :.     i
     .!  r' r'"     、    l
     l.r-、"      ,;;;::::::;;:,;,, ,,_i_
     l  ヽ      ,r'i_lヽ "!irt、!     今や、彼等のように
     .! 、      - 、    iT      あの時代を知らない子供達が育ってきているのです。
      ヽ          r 、 l,!
    ,. r       ;ミヽ;:: -、,,,ノ       お互い年を取ったものですな。
   / ヾ、    ,.r'" r ,: ':  ヾ
  '´    ヽ、. ;' ;r' ;'" r''";"'  ,;!
          ヾ; ; ,; ; '"   ミ
           ヾ;i:'        ミ
            ヾ、, ;r;,  ,ミヽ


139 :◆vsQyY1yD2Q
【ブルトンタワー 3階】
            |                 | ::::::::: / / .:.:.:.:.:.:. |______|
            |                 |:::::: / /.:.:.:.:.:.:.:/        |
            |                 |/ / / .:.:.:.:.:.: |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |                  / ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_______,|
            |                /   | ̄|:.:.:.:.:.:.:./          |
            |              /     |  |:.:.:.:.:.:.:|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
            |            /       |  |:.:.:.:.:.:.:|_________,|
            |          /         |  |:.:.:.:./                |
            |        /           |  |:.:.: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |      /             |  |:.:.: |_________|
            |    /               |  |:/                   |
            |  /                 |  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___
______|/                   |_|___________,|___


140 :◆vsQyY1yD2Q

                                 ,...―..、
                              ‐=゙.::‘::::::.ヽ
                                  `゙7:::::ノ
                                  /::::〈
                                 i':::::::::ヽ、,,,...,,_
          ,, =,,===、                      |::::::     ::::..ヽ、
         〃 〃 U  U                   ヾ::.      :::::.ヽ、
      , -―〃― - 、                         ヾ:i、      ::::::ヽ,
    ∠_            ) , -/二ニヽ               ヽ.         ヽ,
   ( 。)ヽ-.l⌒l     //// U U                   `ヾ.'ト、i‐- .、  ヽ
    l⌒l⌒lヽ(~ヽ二エエl_/                           ヽ. ヽ   `''ー"
    (|⌒|⌒|二Y_⊥工エェ、 原作:ウォッチャー                〉 〉
     ヽ~\(\- ´      メーダ                   ./ /      原作:ベンヌ
          ̄        (ドラゴンクエスト)          _/_ /       (動物・植物AA図鑑)
                                    ==゙`ー ̄`
   ウォッチャーが出現した。
                                   ベンヌが出現した。


141 :◆vsQyY1yD2Q
          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ    2階はともだちばっかだから 顔パスで行けたけど
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    | (⌒)/ / / //   3階は知らない連中ばっかだお!
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /     早速、襲ってきたお!
ヽ    /      `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ
 ヽ    -一''''''"〜〜``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン
                           __
                       ,、r ' "__:.:.:.:.`ヽ、
       ___       | ̄|/:.:.:.:./     `ヽf`iム、__
 ,、- '' " ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、_、_ハ  |:.:.:.:/            ヽ
:.:,、 -──ァ─-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\ | |:.:./         ノ!      ヽ
     /,、-───-ヽ:::::.:./\ ヽ|,_|____ ,/:.:.|    ト、  ト、  _
    イ-────‐一ヽ;く:.:.:.:./ヽヽ;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  /:.: \}__)´ヽ:.:.`ヽ
,、 '゙´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.;/ 弋´ \ 〉゙ ,:.:.:/!:.:./:.:.:.ハ:.:.:.:.`ー';.:.:.:.:.:.:ヽ{__ン、:.:.、‐ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.,、:.:.:´:.:.:.:.,、:.:.':/:.:/:.冫' :.:.:.|リ:|ハ::/ レ'ソノ|:./ |:.:.、ヽハ:.l:.:.i:.:.|:.:ヽ_丿{|ヽ:ハ'
_.:;.∠:.:.:.:.-‐:..´:.:./‐‐/ イ´:.:.:.:./|:ト| リ ー-_、,´  ヽハノ |:ン:.:|:.:.ト;:.:i  丿 ン ノ!
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       |:.:.:.:/|∧ '   _/ びがヽ   ,ィォ;'、〉/\| ;リ
、,_l´|_____;l       |:.:/ | |ヽ,    ヒツ    {fjソ l´l:.:.:.:.:ヽ、___,.  見逃してくれそうにはないわね。
   |. |___,、レ  \   !´ / ヽ ム    `´      ¨ 人ト;:.:.:.:.l-r ''´   みんな、戦うわよっ!
 >ニ二ヽ \ ヽ    l |   /   ヽ.,. \      ´ /| l;:ハ:./}丿
      ヽヽ l |    l /  /     ヽゝ_> 、 二、 イ  l ノ ン '
|     | | | |__.ノ,_ 人___  | |//  /  -‐' ∨7/i7、


142 :◆vsQyY1yD2Q

      _ノ`-、_,-一ー- ,_                                r、      ,.、
      _)  r'´ ,____ `★、                          _  i |  ィ'7//
     /^'~/フ´,r--、`、``'ヽ、`、 l i /,                 /::ヽ、 y ┴'-!ト、
    /   .}i  {;;;;;;;;;;} .}:::::::::r´`}、i|州|i/ム'__,,              |:{_}::::V //  !|、\
   /    ,!{  ゝ;__ノ ,ノ:::::::{ r^ヽ}` "=三__ アギであります!    |:(_):イ/レ-、ヘ|-、| i `>     _,.. -───-、
  /     i::::゙ミ、___,,ノ:::::::::::! !;;;;} !,  、ミミ、            ,.、-.( ー-'、): {/j‐、 ィテiy j l/_,. -,.ニ、´::::::::(__):::::(_):::}
 /     ,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、`´ノ`、'ミミ、            ヽニ'´丶 l:(j:レl、'、__゙'彳レiィ'´::__::::ゝー<::::::::::::(_)::(_):/
./     ,!:::::::::::::::::::::::__:::::::::::::`´!  i`  `              ` Y  |::(ィ` ニァ ,「'^ニ_::(_)::ヽ__ノ :::::::::::(_):/
{     メ-一ー-ー'T´   `>、:::::;ノ  |            ジオっ! |  j/レヘ_j_/  /<:: (_)::::::(⌒)::::::(_):/
`、   ノ `>、,   `ー--'´ _,,>1 v .|                   |   {__,.「i  ̄! /  ヽ:::::::::::::( ̄) :::::::::/
  `-''´,r' ̄;r'/`ー-、__,,-'´ _ノ _,ノ                    ヽ_,.∠L∠.ゝイ 7:::\_,. \`):::: ̄::::(_):/
    /::::::/ / __ノヽ_`ト=ニ-一''´                         /.:ijo.j{´.:〈.. - '´   )::::::::::(_):/


                                 / //
                        ギャー  ,...―..、l \ \ ヽ |
                          ‐=゙.::‘::::::.ヽ/ / > > ||
                     ;...  。    ;; : :  i \ \ ヽ
                .;....;   :.. ; , :.... ;:. :;. ;.;..::.  l < < > >| l
                ヾ . : : :  l :/;.. :;  .:;。::   / /! / l
            {二:..  :.:  ;:.:ヽ.;:,.i・人从  /::::.... ::| \ \ヽ |l
                ヽ从;l;从 /、。;.:;从 ;:. /ニフ  / //l、
           ::::.... `\:;.:.从:::;.:;,:,;、;l,;l> :;.:;人:;.../ | \ \ヽ |    ┃ ┃┃
              .;: .,;:; ) ,.,;;;W_从 :;.:;/,∧ ;/..   / //l i     .┣━   ━╋━  ━  ┃
               ロ 三.,.,;:;.:,,l|二|;,:;,ゞ;;,,从 :;.;: % ~:..| / / /l l      ┃     /┃        ┃
            .... ..;; Σ;''。:。,,::从ゞ;;,;;;/*:;:,,~`=  ! || ヽ \ |                   ━━┛
               ..,::;; Y⌒:;...;:.:〃l,l;、;.:;.w: .Z\:: : :. ..::  \   i
                 / ):;。/从∵]ヽ,.,.;;>\ 、`(;´⌒;'从; /
                ..:.:. ;;.''ノ::⌒Y*W 从  ::.... :::.......!i;(;゙⌒);/´⌒)//
                 ;.:  :::;;/''`;..  :,.Y:. ..ヾ \(⌒;;从⌒)   ;:、), )//
                   ....;;:'"'   .  .:..  '' ;.i,.,/ 'y';`ヾ/ 从)人/
                    ;'' :::.    *  ;;..
                    ;`          ;      【ベンヌを倒した!】
                  ゚  ::::...:..


143 :◆vsQyY1yD2Q
              __
           .-´    ``ヽ
          /  ヽー     `ヽ
         ./ ノ    (O )ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ  バキッ!
 おふぅ!   / (●) __)⌒/ ´`ヽ _  三,:三ー三,:
        | ::⌒(__ノ/  ノヽ--/ ̄ ,    `   ` ̄ ̄ ̄
       。ヽ 。   )(  }.  ...|  /!
          ヽo (__ン  }、ー‐し'ゝL _
         人  ー   jr--‐‐'´}    ;ーー------
        /        ヾ---‐'ーr‐'"==


144 :◆vsQyY1yD2Q
        \_ヽ/ニ/: : : : : : :ヽ_ ノ: : : `: ー:- イ| _
       / ̄ 7-/: :イ:イ:イ:/: :/: :l : イ: |:l | : ! lニ|ニ -┘
         ´ ̄/!´{イノ_フ≧、/lイ/j/ノ´_lヘl_ハ|イ-ト,、>
        ノ: |,: : :lヘ fj:::ヽ.ー' ーイj::ヽヽ ハl:/ |
     ,. .-. '´: : / : :、:ヽヽ辷ク     辷クノノ: : : !: !     やる夫っ!
  /: :ィ:´ /: :/´ヽ: :l:.jー  ̄    '    ̄_/:ノ:l: :ノ: |
/: :/´..::/:/:ァ― ヽ! \ i⌒ ー‐ ⌒ヽフ!:./:.ハ:|
: //: .::::/:.:.:{、     /l> 、 _  イソくノ'--、!:.l
/ /:.:.:.:/:.v--v´`ー、 /´   }l'/    ´ /    ヽ:l
./.:.:.:.:.:,∠-`ヽヽ.  /_  -ォ 〃`i      ,′       }:.!
.:.:.:./- 、 ヽ.ヽl Y1´/  { ヽニノ 人  /       {.:.:ヽ
:/, -_-ァ'7´ 二i、! |   ` ー   V          l:.:ヽヽ


145 :◆vsQyY1yD2Q
                        ̄ ̄ ̄ ̄-----________ \ | /  -- ̄
             ---------------------------------  。
                 _______----------- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                   / / |  \   イ
 ふっ飛びなさいっ!!          . __        /  /  |    \  /
                 ///  ._,'',   ヽ_     /  /    |      /|
                / / /    爿    EK       ./.     |    /
             ,,/〃..∠(      '´|    |!`      /     |│ /|
           /b .、::::::"""---⊂((|!i|!!i|!!i|!    .  /     .─┼─ |
           ≧  ノ=_,,,,-‐ ̄   くノ,_,ゝ      /  ┼┐─┼─
             ~\(  ^     ;∴し'.l_ノ     /   ││  │    【ウォッチャーを倒した!】


146 :◆vsQyY1yD2Q
         /:/            ̄ \ヽ
           /:/    _ノ/    〉\   ヾ;、
        /:::|_,,,-―´: : : `ヽ、__ノ: : : :`'''ー-:',
        |: : : : : ::: :;;::ト;:::/|:::∧: :|V|: :ト;:: ::l: ::V ̄|
     l二>|__l: :|::V,,レ‐V-W W--V、レ:::|二|<´
      /, l-‐|::V´         ___  V|―|\/
      V: :| ̄::l゛ /  ̄`     ´  `ヽ/: : :|   楽勝っ!                     _______
      /: :/|: : : :|          '_.    /: : : :|                  :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;,;  ヽ
     ./:::/::/: :: : :\.   r ̄ ̄ヽ |  ∠: : :ィ::ヽ                :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\ :
     /:ノ/レ入:::::| ̄、  ヽ   ノ  ノーレ':l:ト、|     ら、楽勝だお     | ::|:  / -==、   '  ( ●) ..:::::|
   /ノ:/    `゛ `Y´lヽ、_`ー‐´_, イ     |ノ||                 ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::| :
  .//::/          |ヽ` -、 ̄ |ノ 人   |:::||                | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/
  //:ノ            ト、  ̄\\| /  |    ヽl|                | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
. //:〈          | \  ヽ 〈  ヽ|    l                | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\
/: :/:::',  _.         |  人 〈 0.〉 | ̄\ 、ノ                ヽ__)_/ :  /            \   ハァハァ....
: :/::/::|  \,.l      ノ ̄  \__¨_,ノ   ヾヽ
:/::/: :::ゝ    )  _,,ィ'´ |       `ヽ.    | }
:::/: : /       ノ    |          l     ノノ  【魔獣達を全滅させた!】


147 :◆vsQyY1yD2Q

               _,,. ----- 、
           _,,. -''"     ★ `丶、
         ,. ''"   __;;:ー―――- .._ ヽ.
       /  _,,.;:-'"   `ヽ、...................,>'ヽ
      /   l./        ヽ................;'   `ヽ
     /    l -━━━━━‐!...............l‐━━-l     しかし、レ・ミィ殿のフルスイングは
    ./     .l         !................i     l     なかなかの威力でありますな。
   /      l.、       ノ...................'.,    l.i、
   /      l `ー- -‐'''"...........................ヽ._ノ.l i    どうして、それで試験に合格出来ないのか。
  /       l.....................................................................i. l
  /       !.......ι....................................................../ l
 i        l;;......................................U....................../   !
 l       .l 、;;,.............................__............../  /               _, ..、-,、.. ,_
  ヽ _   / `ヽ、 ....,-‐''''" ̄`ー-'`丶/ _/               ./´ ̄   ̄` ヾ,、
                                          ,:'´ー‐'`l  ノー- ヽ;'、
                                        _lヽ':.:.:.:.,:.:.:.:.:lY.:;:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.v 、
                                       `^'|:.:.l:.N;丶ハ|/lハ/| //l=K´,_
              しょうがないじゃない。              .レト;|´, =,、   `,.三z!|:.:.|::.|`´
              3階は迷路になってるし             l.::.:l` ゞソ    ゞ'沂:.:|:.:|
              なにより敵の数が多すぎるのよ。       ハl、:;ト   '   イハ、ノ:: |
                                          |: l:リ> 、 =¬,、イ|:|:.:.|:.::.l
              試験の部屋に辿り着く頃には           .|;/-、l:.:.|:f, ̄/-|:.:.|:|:.:.|_:.:.|
              いつもヘトヘトになっちゃうんだから。    ,ノ   ヽ-‐'| | |  `ー r ´ \!
                                      r '´    ノ   じソ    |     ヽ
                                    _  ヽ.    /-‐'^ゝ- '^ヽ、 |     〉
                                   く ヽァノ    { l   |     ハ  -‐ 〈
                                   ゝヘ/ヽ ヽ、/l. !  |    /  ソヾ ,、-‐ ァ/>
                                  ,、- '゙\ヽ>ー':.:.:.}ニ〉  l   r/ 、/|:.:.:.< ,、-‐ Kニコ


148 :◆vsQyY1yD2Q
/      /: : : : ::\  /: : : : : :`ヽ、_ヽ
|    ,,/: : : : : : : : : ::゛": : : : : : : : : : : : : : ::|_
レイ""´: : : : ;イ: : : : : : : : : : ::ト;:::ト;::ト: : ::i: : : : :|__
ー|: : : : :/|: / |: : ノ';: : ::::/|:::::| ヽ| V >::::|: : ::|:::|
―|:::i::::/`レヽ |/  |::/|ノ |:::|   /ヽ:::||: ::ハノ
: : |::|レi    \   レ   V  /   |/|::/|
: : V |      \  ノ  、/     | |レ::|     つまり、すべては鬼エンカウント率が悪いっ!
: : ::',  ヽ       > ´ "ヽ     ノ |: ::〈
: : : :\  \___ ノ      `ー一 ´ /: : ::ヽ
: : :ゝー           ,      ノ;イ: : : :ヽ
|\::ヽ     /ー―-- ____  /|::ノ \|
|:::::iー\  /ー^^ー―――‐-vv、,l ノ::レ
L、::::|:|:::::l`ー‐^ー^ー―――-^^‐i´::::|
  `Tー―|  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                ____
                                              /     \
                          それは身も蓋もないおー。   /─    ─  \
                                           / =・=‐ ‐=・=-   \
                                           .|    (__人__)       |
                                           \   ` ⌒´     ,/


149 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     つまり、やる夫達で ミィの消耗を抑える事が出来たら
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    ミィは合格出来るって事かお?
  |     (  (      |
  \     `ー'     /
                             /´   ,   、     `ヽヽ,
                            /    ,/    }ヽ,      ヽ:ヽ
                           /  、 ':゙:.:.ゝ、_ /:.:.:.:|` ‐ ..,   ヽ;ヽ
                           //:.:.:.:.|:.:.ハ|:.:.:.:.:./|:.:.:.:ハ:.:.:.l:.:.:.l `¨' ‐-:.:.',、rヽ
                       r 、  i':.:.:.:.:.:.:l |:.| |:.:l:.:./ |/|/ |:.:/|:.:.:|:.:.:./:.:.:/ _|
                       └-、`|:.:.:.:.:|:.:| _/,_ ヽノ /ノ─‐‐- 、,|/:.:./‐|'/´|___
  そうね。やる夫達が           ,ト、:.:.lハ|'´             ノィ/ニ_ト .、 _   /
  頑張ってくれるんだから       / /|:ト、:|               イ:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:iヽ/
  私も絶対に合格してみせるわ。   ヽ/ /`:.: ヽ __,、r' ,   `ヾ==≡/:.:.:.:.:|:.',:.:.:.:|,
                         /:.:.:.:.:.、|  ̄            /:.:.:.:.:.{|:.:.',:.:.| ',
                        ,':.:/ヽ、ヽ._  r ' ´  ̄ ̄ヽ ∠__;:.:.:.:.:.:.:}:.:.:..',:.:.:.:゙、
                        レ' ';.:.:|人    ',       l   /:.:.ノヽ:|\:.:.',:.:.:.:.ヽ
                           ヽ;|:._ \  ヽ、 _ _,ノ  イ/´}:.:.l:.|:.:.:.ヽ,、-‐-、'、
                        __ /`  `ヽ>,.、_  __,.、  //|`ー-r ' ´     \
                      /´       //  ヽ ̄ヽニ//    |         \
                      ,'        l |    \ヽ/ /      |          ヽ
                      |         l |      } | {      |        、    ヽ
               /´ ` ー、  _|  ─-、     ヾ     / /ヽヽ     |   /  ,.、 -─- 、ノ
              l      ヾ、     i       |  /ヽ{ {  } }ノ\  /     /       ヽ


150 :◆vsQyY1yD2Q
                                                     ____
                                  ri               ,.ィ'´.:::rュ:::〉
                                 ,.ィl.!           / く_,):::::(_)::}
                              ト、  ゝレヽ¬ヽ、__   /、:::::::<_)::::::::/
 壁は天井まで続いてないみたいだし   _   ` y'i ト、 、_ 、ヽ./| /i_.ノ⌒):::::::::(_):|
 ボクが上から誘導するよ!         |i::::\   ハヽL..`>ァェ、 Vレ':::::::::ゝ'⌒):::::::::(_):l、
                          {l:〈_):::>| } lィテi , ヾ彳/j:::(_)‐、:::: ̄(⌒)::::(_):|
                           \(」::{_)lへ{ゞ'゙ <.フ,.j/-ィス`ー';. -、:::(⌒)::::::::|
                             \(_):::(_)::ィ`二I_/;  iハ:::::`- '_::::: ̄::(_):/
                                lY_)::(〈{_,r、j,>'´}_,<. \:::( __):::::(_)::/
                               ヽ:<ハ:Vl_ン<¬<.:.l\ 丶─_---‐'′
       ,. -''" ̄~`''ー 、                  ヽY_):l.`Llゝイ、;.:.:ヽ  \::::>
     /''" ___★__ `ヽ、
    /,.==~、     ,. -=-、i
   7/',.-ー-、ヽ.   / ,.-ー-、ヽlf
   /i l {;;;;;;;;;;;;} !  l {;;;;;;;;;;;;} !li    それでは、進軍再開であります!
  / !ヽ、ー'".ノ   ヽ、ー--' ノ l.i
  /  l  `''''''"      ` ''''''" / i
 !  ヽ             /  l
 !    ゝ、__,,.. イ ̄ lヽ _,,.ィ'   l
 ヽ、__,.-',.ィ'l/ー、ヽノ, -┬へヽ、__ノ
     /  l Y^}〉 ̄マ / l  \


151 :◆vsQyY1yD2Q
     //ノ ̄ ̄`ヽ、// // ////
     / ´`ヽ _  // // //
     (--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄///
     (  ...|  /!
     (`ー‐し'ゝL _
     (--‐‐'´}    ;ー------
     `ヾ:::-‐'ーr‐'"_
    _/⌒  ⌒\_
  /:●))(__人__)((● \  ぐぇあ
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'┃     /


152 :◆vsQyY1yD2Q
             ___
           /_ノ .,;;,.  \
          / .iil(○)illi(O) \
        / U   (__人__)   \
        |    U |ii!!ii!!||     |
        \     |o0Oつ   /
        /  ヽ   |ェェェU  ‐'、
       /   ∩ _rヘ U ||    ズンッ!!
       |   /_ノ U|   |  |___
      |  / / /::、::´ ̄  ̄  =―
      lヽ、__./   ヽ丶=―――_
      |        丶   ゙`゙ ̄ ̄ 
      \


153 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
       /      \ _   /  三 ニ =―
    /)─   ―___> `ヽ/      三 ニ =―
    (])(●)  ( (コ__〉__> ヽ   /=―
   (])  (__人__)(コ__〉__>  〉/   ニ =―
    (])   ` ⌒´ (コ__〉__> ,.'  三 ニ =―
     \      `――'―'"      三 ニ =―
        ̄>ニ/ ̄ ̄ ゴキッ!
          丿 ! `☆


第1話へ      6   第3話へ

posted by 文月みと at 02:58 | Comment(5) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
ぼこぼこw
Posted by at 2010年09月16日 02:10
フルボッコw
Posted by at 2011年01月17日 21:52
ゴキッ☆
Posted by at 2011年08月12日 10:59
よく考えたらヘケット(Lv.7)を合成で仲魔にしてる辺りやる夫はLv3に到達してるんやな
Posted by at 2015年03月10日 02:33
やる夫ェ〜〜〜今までの(サボりの)ツケが・・・
Posted by at 2019年09月22日 15:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34455228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ