■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年01月09日

第十話『闇の中で蠢くモノ』(6)

第九話へ      6   第十一話へ

126 :◆vsQyY1yD2Q
         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}          俺が時間を稼いでやる。
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、         お前達は、その隙に脇を通り抜けな。
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、
            ヽ、  /__,∠、    `'-、      いくら一本道しかないと言っても
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ   それぐらいのスペースはあるだろう。
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l.         ,.--、
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l.        l:.  `:,,,__,..-―‐-..、
                                       `:、,_:r'.,:' -‐'"´´´´´`':、
                                        .|',:'´.:::    ,  i   ヽ
                                        i  .:::::    |i i l.::::  ',
                                        |. .::::::::  __,,/|'l' |、__:,r
                  申し訳ないんだけど          | :;.、::::::ri't;;j"  i,ー'.l:|
                                        | l,r‐、-!_.`   ' '  l:|
                  それ、多分無駄だと思うな。      .| ::| /,.:',.:'‐-、 ,.-‐ ,'::|
                                        | ::`:、_  '^,',._. ´,:':| |
                                      ____.|,,;;..;:::`,:,_____) `iー,;;i.l
                              .       ,.:'   ::::: i::/',!-z-,!. , ソ,.-',',ー--、
                                    /     ,'/'"i‐'''"i. ,.!'_!_.. ,!,',   ヽ
                              .      l    \ 」;':、,'   |/_.(  )' ',',_ r  |
                                    ',    i' `:/   ,'"。`,"  i'  `i:  .|
                              .      ',    .':-:./    l'-,  !  `‐i:i'::  !、


127 :◆vsQyY1yD2Q
                                /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                                (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、
                                .l `'^'´     }::::::::::::::::::i
                                ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|
                                 !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|
                                .ソ   ``` i  ソ,iノノ::::::|
                   なんだと?       ヽ,-     !  シ_,イ、:::::l
                                  i==-    イ   ヾヘ
                                 , ゝ. ̄  _,.ィ  i
                                , ´  ゙'ーイシ″ ,
                              /   、 \ヾ   /
                              i    `  \,メ--─
              r ‐ 、             ハ.  y     /
              j  ノ            /   i     ミ
           _,. ∠ニヾ、
         /     _  `ヽ
         /, '´     `ヽ   i,
       //   /./ .i    ! ノヽ
        ! !   .,1/! l |   .lヽ-, !       いくら強くても、阿部さんじゃ
       ! l   l l !.l7ー!'´ ノ l l l
        ヽヽ ーヘヽ l' '='´'i l' |       不死身のソウルイーター相手に、時間稼ぎなんて出来ないよ。
         ヽ_,ィ-‐'   , 、 ! l _!_
         | 〉、'' 、- ' ノ,ィ1 !´  l   _, - 、_, 、
  rー ',ニヽ  l /  7''ヽ〒' ( ! !, ! .!  ,ィl、 -、ーく
  7´/ ,ノ>、//  l ゝ'ヽ_Y_fフ i ヽ !'.レ'^ヾ>‐、_ー_'、
 ,イ(´r''´ ゞ/´`ヽ、. l/ `ー! o r''く  l l/  /    ヽ))
. ((/‐' ,l ̄.l    ヽ!   /) ,.ゝr' .,' l! イ
   / ! ノ  r__ ,>‐く_/7  l_ ,ィ l Y |
   `ヽト !    ィ1、ヽ、_ l __ヽ l  !、ヽ!
     ! ヽ , ィ´l l ヽ、 -´--‐1  ! `ー
     ヽ,.イ / / lー, 、 _` ー--_,!  l
       l /  ,' ,'  l  ̄ ̄  l   l


128 :◆vsQyY1yD2Q
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|    言ってくれるじゃないの……。
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    だが、ここは誰かが犠牲にならなければ突破出来そうにない。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ     ならば、一番強い俺が行くしかないだろ。
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|        あわよくば、奴に一太刀食らわせてやるさ。
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、
                                       ,r‐┐/)
                                      / ////>
                                    ./ イ └'´/
           ま、真宵先生、阿部さん          /  .\_.ンニニス_(\(ヽ
                                   /  .__...二つヽ、_(._'弋 \\
           こんなとこで、ケンカしちゃダメだお。 (   /o゚(( ●)) (<)\`┘ ヽ\
           みんなで協力しないと……。       ヽ  .ヽ、 .(__人┌─‐' /   .ヽ、
                                    \ ヽ  ノ  (`¨乙二..__/ ノ
                                    . |    ` ⌒´    `ー‐- ィ'


129 :◆vsQyY1yD2Q

                                                 i" ̄'i
                                            __r'-:、_ノ
                                        _,.-―=:.、"`''‐'、
                                       ,:'"     `':、  ':,
                                         /  /i'i i,    ヽ  |
                                      i   i i| ||',    |,,_‐'、
                                      !  _|_| ||.|r;;i'、  r''`i i
               誰か犠牲になるなら1人だけ     ヽ__it;;i、.! `''゙´.| .i !'ノi .i
                                         _,r'、 :i_..   | | 「 .', .|
               やっぱり、そうなるよね。        r'--、ヽ -‐-  | | ヽ_,i .|
                                        ( `"''、''r`:ー-r'"i !-'"__', |
                                      `':、_ ` .|_r'!-//:'"´ ヽ',
                                       /-三i" `i /'゙     ヽ',
                                       /`'i" `ニ゙/       i',
                                        //゙)'''゙i゙  `i      ./ ',
                                     / (_.イ  `ri'"|     iノ  |
         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \    ま、真宵先生?
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /


130 :◆vsQyY1yD2Q

                   _i´ ̄`i
                   /  ̄ ̄ `ヽ
                  /    / ,ィ   ヽ
               i    /i//イ   .|
                 |  __-,i !'.l/i,.-_. .|
              i'`i |l l;;j'i   i'i;;!l'i r';、     うん、やっぱり この方法しかないや。
              '、,| |.   ー   | !,ノ
               |.| |:、 `ー―' /i |      ゴメンね、やる夫君。
               |.! i. ,i`ー--‐'i、 | |
             _|i |:'゙/ ,   , !、>:| !、__     一緒にラガに行こうって言ってたけど
              /  !,'i,..,',_! .,.、!/ ,..、!.|  `ヽ.   あたし、約束守れそうにないよ。
           ,'  、,:-'くl  i.>i゙i!l,:'__l  iゝ-、  ',
              i  ,.!_ _ノ.`l l //i 'i .)`´!___ノ   i
          |  i./ !  `i/ i l) ヾ゙   |ヽ   |
             ,|   / !  ,:|  |i .,'    .i ',  |        ,、-'"  ,、-'"      `'-、,_   `'-、
                                   /  ,、-'"  /~~`'-、,     `'-、
                                 / ,、-'" _,、-''"      `'-、,,_    `'-、
                              .   (,/ _,、-ニ'"_,,、-─'''''''''─-- 、 _''-、,
                                 |;-ニ-'",、-'"          -‐'-、`'-、ニ;;;;
                                 (/::;/_,,,,,_ヽ丶   /    _,,,,,,_  \;;;;;;;;;;;;;;
                                 /::::/ /,、 --'、、 ,  |!  ,、-,''-- .、 ヽ  ゙;;;;;;;;;;;;;;;
            ま、待て!               l:::::|  //l::::::::::ヽ'  __ ゙ '"./:/l::::::::::ヽ  __!;;;;;;;;;;;;;
                                 l:::::ト-l::| l::::::::::::;、 '" `'-、!::! l:::::::::::::l''" !;;;;;;;;;;;;;;;
            てめぇ、何考えてやがる!?   _|:::::! ヽ;ヾ:::::::,.' .,-  r 、 ゙、;ヾ;;;;;;;;;/  .';;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                              . / l::::;'   `,゙ニニ!. L '  l_ノ レ‐、,.イ     ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                              . |:i:l::/    ';;;;;;;;ヽ、__,,...,,___,、<;;;;;;;ノ_    .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                              . |:i:l:|   ,- 、_ ~      _,,、ィ ''"  ヽ l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                ';;l::!.   l、  , `"""'''''''"''"  ,  _,,、-‐''! | _!;;;;;;;;、-───-
                                ,'::l.   l `"""''''''────'''""   ,.'_,、ァ;、-'"
                              .  |:::|;', r‐i"""""")_,,,,、-------‐ァ''"" /_,,,、-───---
                                |:::|;;;;゙、~~""""~~  _,,,  .,、-ニ'"_,、-イ_/
                              . |:::|;;;;;;;/'-、_     ::::;、-'"-'",、ニ-‐''''"  ̄ ̄`''- 、
                               l::/;;;/ /ヽ`"'--、-'" ,、-",/"             ヽ、
                               |::|;/ ./ ,,,,>-''" _,、-' /                 ヽ、


131 :◆vsQyY1yD2Q

                   _i´ ̄`i
                   /  ̄ ̄ `ヽ
                  /    / ,ィ   ヽ
               i    /i//イ   .|
                 |  __-,i !'.l/i,.-_. .|
              i'`i | ,.-、  ,.-、.|.r';、       やる夫君。
              '、,| |.   . .   .| !,ノ
               |.| |:、 ヾ二フ./i |        ちょっと早くなっちゃったけど
               |.! i. ,i`ー--‐'i、 | |
             _|i |:'゙/ ,   , !、>:| !、__      真宵レッスン、卒業編だよ!
              /  !,'i,..,',_! .,.、!/ ,..、!.|  `ヽ
           ,'  、,:-'くl  i.>i'i!l,:'__.l  iゝ-、  ',
              i  ,.!_ _ノ.`l l //i 'i .)`´!___ノ   i
          |  i./ !  `/ .i l) ヾ゙   |ヽ   |
             ,|   / !  ,:|  |i .,'    .i ',  |


.                                            ____
                                          /   ∪  \
                    聞きたくない             γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
                     そんなの聞きたくないお!  / _ノ (>)三(<) \ `、
                                      (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
                                       \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://


132 :◆vsQyY1yD2Q
                   ,. -.、
                   i   .i
                   | _/
                  _,i´-‐`ー ..,
                ,. '´ ., - ''"`'''' `ヽ、
               / .,. '         \
.              ,' ./     i. i, l     ',    レッスン1、何者にも負けない強さと優しさを持ち続けなさい!
              i  i    i  !!.l !l', i  !  !
              | ,..|  l!_-_、 l l.! ll |!_|.-! !  |    やる夫君、君になら出来るはずだよ!
              |i '!/!' rr;::iヾ'|' .l .lr;::iヽ,!ィ'r'
              !', (.l. | ヽー' '    'ー' '.! !ノ
                !. ヽ,! |      i    l l       レッスン2、何だって出来るんだって信じなさい!
             ノ   | .!、   _´_,  ,イ !
              ,. '´ ̄`ヽ,! l'i ヽ,   ''' / l ,'       そうすれば、この世のどんなものでも壊す事が出来るし
          /      .! !_\.` ー i´ヽ-'!iー-.、
         ,'      i'!.! ヽ ヽ.  ,'.i´ `ヽ!   ',     どんなものでも作る事が出来るから!
           !         ト!l-r'"'ヽ',./'"'ヽ,-r.、-、 .!
          ,'      ./,.!'‐ゝ、,.ィ-'-.、 .,.く\.ヽ,ヽ l
        i      ,.i´ '´,.-‐i l:. ー' i´!.、`  ヽ'/ .l
        ,'     .,' |   、"´! ヽ .ノ `,'   ./  |
       ,'      i .!   iー´./`´  .i   /   l
        !,      !,.<ヽ,  ! ./     'i''i7!ゝ   !
   ,. ----,'    ,. ‐'"  ヾr'" /        l ̄ ',   ',
  く     ! , ‐'"    ./  /         .i.   ',  .i.


133 :◆vsQyY1yD2Q

                   ,、--、
                     i   }
                  ,⊥、,_ /
             _,、-‐─┴--、,〕
           ,r‐'‐'´ ̄ ̄``ヽ、 \
          /          \ヽ,
          /             i  i
          ,'    //!/!       |  |
        i     ||| || |       | ノ!        最後に……レッスン3。
        |    | || || |,、-‐-   _ノ‐{ |
           ',   '⌒ト || | .| ,rr‐-rイ´|'^ヽ|
         `T-fくL〉ヽ !└iヽノ′| レ /|        信じる道を進みなさい。
          | i `         | レ′!
          |i ト、 ヽ -     l |   |
          || | \ `ー''´  /ヽヽ  |         やる夫君、君になら出来るはずだから……。
      ,r'´ ̄`i |‐/ト、_,、‐'´   ト、i、|
     /     | j∧ ヽ     i >ヽヘ`ー─‐-、
      i     // ヽ__ ヽ      / ヽヽ!     ヽ
      .|    // (  ) 丶   / f⌒ヽヽi      i
     |    //   ゝ‐`‐、 ヽ/r‐‐ヽ_ノ  |i      |
    /  f⌒ヽ   '、_,,ノ''⌒ヽ┐ ノ  f´ ̄ヽ   i
   /   ヽ-r'      人. O .} ̄  ヽ__ノ   ,'
   /    / i′    / ヽ  ノ     ハ   i'′
  ./⌒ヽ / |     /   /ー'′     j  i   |


134 :◆vsQyY1yD2Q

                                           r' ̄`',
                                           _!..,,,,_ ノ
                                       ,,.:-‐‐-'--.、_)
                                     /.:     ,_ `':、
                                    ,:'.:  ,  .,    ヽ  '、
                                      /.:: ,:'  / /i .|   ',   i
                                   i ::: /‐-、'i / |-l''''‐ | ,'.|
         ハイ、真宵レッスンおしまい          | :: l ,,,_|.|,' .,','i_,...、 i r'、.| ,-、
         これにて卒業!                 '、_ l .l.l;;;;',' ' i´l;;;;llイ ,'`!_l/ /,r'")
                                     ゙i .|`   、    i,‐、´/ /,:'./,.‐i
         でも、修行はサボっちゃダメだからね。     ,' .i':.、 `ー‐' ._,,.イ ヽ`'  " '''",.-'゙
         やる夫君は、これから まだまだ        ,' .ノ i"`'iーッ'",!,//,|!     ._ニニ⊃
         強くなれるんだからっ!           ,-‐'、',' '、.`゙i"`i、//,).l`"i=-イ .l
                                   '、__,,.!、  `':,r‐゙<゙,;'゙) .', .',"´'、 ヽ
                                 / ,'i /|`'‐‐=!,__ノ .ノi.   ', .i  ヽ i、
                                ,:'  l.| i '、 / `''i `"':、!,.-‐'l  '、_ ,| | ヽ
                                !:-‐-!'`''|  ゙  -‐'゙i ヽ ヽ---',  ヽ" |.|   '、
                                  ,.:'゙:、,',    /l ヽ`l`ー-ヽ   `'、!    i
                                 ,:'   .i.'、  ./ ノ|  _,..|-,-‐''l         ヽ
                                   |    l `':゙-ッ'゙ 'ィ'゙i ,' .l   i      ,:/
                                 ',   ヽ  /   | .V i    |     /i
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \    真宵先生ぇ……。
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /


135 :◆vsQyY1yD2Q

                                                   /  ̄)
                                               _,,.. -― ´-`,r'´
                                            ,. '"´ ̄ ̄` -、 ヽ
                                           /   /;!     '、 ',
                                           |   l./| ,     ', /|
                                           |  __|l l,'.| _,,,_  _,.!-、|
          それじゃ、みんな                       '-i l,!;;! l' .l't;;j''r'´i), ,! !
                                             |!  !     | !-´ .|
          やる夫君と蒼星石君の事、お願いね。            |ヽ `_,  .! .|| |. |
                                             | | ` 、__,. ‐'.! ;'‐"l !
                                                 | !  ,..!..-'//-‐'ヽ ',
          私がアイツを引き付けるから、その隙に脱出して。     ,,.!..!、r''ヽ, ,'.r'    ヽ!
                                          , '´、ァ'`;r'"ヾ      ';、
          大丈夫、十分な時間を稼いでみせるから!       / ヽ'ヽ‐'ヽ,,,ノ     l ./ヽ
                                         l  .〈,イ  ./ !|     |./  |
                                         !、,,..-'|  !_ 'i      ',  .,'
                                         ヾ-‐:'|   | ̄|      ', /
                                          ヽ |   .! .|      .',/
                                        r''"´`',r'ー--.|  |      ',
                                        ',   l    |  |       ',
                                         ',   | ̄ ̄ |  |       ',
                                         |   |二二 |  |        ',
                _,. --- 、─-- .,                ヽ  l____|  '---r---rr‐''"
            ,. -イ          ヽー 、               ´.|     |     |   .| ',
           /   レ /,.  ,ィ   /    } ヽ
              /   iゞァ' _,.ノ  / , / /i   ヽ
          〈     !、 ',. - 、∠,. ノ. - 、'' /|   /
          ヽ   ! {   .},.- 、{   }' i  /       それしか……ねえのか。
        ,. -'" ヽ /  ,`ー'´〃 ヾヽー'  ト、/
       i    / i  (ゝ.,_,ィr--- く_ァ' )  ! iヽ        タワーレッスン受けてる、他の連中も
      /´  ,. ´ ̄`ヽ/,>    ̄ ̄     / ' ノ`ヽ_     お前さんの帰りを待ってるんだぞ……ッ!
  ,. - '"   / 、 `ヽ.  l_)________,. '",. '"    `ヽ,
./,. --‐  /  、 \  Y-'  `ー '"   / / /       ',
    / ,/ 、__ \ ヽノ \__ ,. - '7   |          ',
    i {   フ>-'"\     ,. - '/   |           ヽ
    ゝ \___ノ i 〉  `ー-‐'  /    /            i


136 :◆vsQyY1yD2Q
                                           _,,,
                                           /.:::::`'、
                                         /:::::  /
                                   _,.. --‐‐-!ミ,゙'''、 . /
                                 _..-'''''"""''''''‐-、::::::"' l
                               ,r'"::::::::::::::::::::::::::::::: \   \
                              / :::::   : : :       ヽ   .l
                              l:::::::::: : :::,;',! ....    ::::::::::::.l::::::::|
                              |::::::::::::::::l | l::::/l::::::::::::::::::::::|:,/:!
                              !:::::::::::::::| | |:| |::::::::::::::::::::,/''-,::|
    あたしだから出来るんだよ。         l;;;;;;;:::::::|、| |l L;;;;;;;;;;;r‐' !  l::.!
    あたしみたいなガイアの使い手だから。.    l l((;;;l   (.(;;;;) |:::::!.ノ /:::|
                                |:.!  /       |:: l''r':l: ::!
    これは、テンホウゲンスイさんにも       !:ヽ. `   ,    |: | |::::| :::!
    阿部さんにも出来ない事だしね。        |:::::|'-、`''''"   _l::: ,! |:_:;;!:: |
                                !::::|.  \,,_,,,, ‐'",!::/'"  .l : l
    だから……ここは、あたしに任せて!      |::::!     l _..‐ソ/...-‐'''-|,::::|
                                |::::!  _,,./" ./;/";;;;;;;;;;;;;;;.l:::.l
                               ._../‐'!、./  . l;:::;// ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:|
                            r'" .-ir'"│,-'''"!'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''l
                           ."  ."''"   .'゙‐  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \       まよい……せんせえ……。
   /  /⌒)   ⌒゚o  \
   |  / /(__人__)      |      いっちゃ、いっちゃダメだお……。
   \/ /   ` ⌒´     /


137 :◆vsQyY1yD2Q

                   _i´ ̄`i
                   /  ̄ ̄ `ヽ
                  /    / ,ィ   ヽ
               i    /i//イ   .|
                 |  __-,i !'.l/i,.-_. .|
              i'`i |l l;;j'i   i'i;;!l'i r';、      男の子が そんな顔しちゃダメだってば。
              '、,| |.   ー   | !,ノ
               |.| |:、 `ー―' /i |       ウェーブの修行だって、まだ終わってないでしょ?
               |.! i. ,i`ー--‐'i、 | |
             _|i |:'゙/ ,   , !、>:| !、__     がんばって、ちゃんと覚えるんだよっ!
              /  !,'i,..,',_! .,.、!/ ,..、!.|  `ヽ
           ,'  、,:-'くl  i.>i゙i!l,:'__l  iゝ-、  ',
              i  ,.!_ _ノ.`l l //i 'i .)`´!___ノ   i
          |  i./ !  `i/ i l) ヾ゙   |ヽ   |
             ,|   / !  ,:|  |i .,'    .i ',  |
        ,:'"`i!.  'i‐-' ./ ,!  |  ゝ、  .,'.  ', |
          i  ,!-‐-!-,. -'、´ヽ,.,!、ノ/ノ`‐.、´7''ニ- '、
        ! ./   /   ヽ:"  `'く   `'-!`ー  !
        ヽ!   ./  ,. :'´  ̄ ̄ ̄ `'-、  ',    i
         !  /_,. i'"--――''''__,ニニ二`i:、_.',   !
         i !'/.|--―''''" ̄  __| |ヽ ', ./


138 :◆vsQyY1yD2Q

                   _i´ ̄`i
                   /  ̄ ̄ `ヽ
                  /    / ,ィ   ヽ
               i    /i//イ   .|
                 |  __-,i !'.l/i,.-_. .|
              i'`i | ,.-、  ,.-、.|.r';、       大丈夫!
              '、,| |.   . .   .| !,ノ
               |.| |:、 ヾ二フ./i |        あたしは、いつでも 見守ってるから、ね。
               |.! i. ,i`ー--‐'i、 | |
             _|i |:'゙/ ,   , !、>:| !、__
              /  !,'i,..,',_! .,.、!/ ,..、!.|  `ヽ
           ,'  、,:-'くl  i.>i'i!l,:'__.l  iゝ-、  ',
              i  ,.!_ _ノ.`l l //i 'i .)`´!___ノ   i
          |  i./ !  `/ .i l) ヾ゙   |ヽ   |
             ,|   / !  ,:|  |i .,'    .i ',  |
        ,:'"`i!.  'i‐-' ./ ,!  |  ゝ、  .,'.  ', |
          i  ,!-‐-!-,. -'、´ヽ,.,!、ノ/ノ`‐.、´7''ニ- '、
        ! ./   /   ヽ:"  `'く   `'-!`ー  !
        ヽ!   ./  ,. :'´  ̄ ̄ ̄ `'-、  ',    i
         !  /_,. i'"--――''''__,ニニ二`i:、_.',   !
         i !'/.|--―''''" ̄  __| |ヽ ', ./


139 :◆vsQyY1yD2Q
ヽ.    l.      l     l.      /  .:::::::::::::::
 ヽ    l.    ._i_    .l     ./   .:::::;__;;.  /
  | 、  l_  ‐   l   ‐ _l    ./ ..::::::;;.|::::::L/
  | 、 . l.     !    ./     / ..::::::/ .|::::::|
  |.  、 /.   /  /    /_.::::/ . _」|::::::|
  |  |:::|⌒○  / _...○⌒|::_「     .|::::::|
  |  |:::|  ,.=_, '┌ . ~ | |. -‐'|::|_, -‐ '" !::::::!
  |  |:::| .:ll ||  | !  | |   |:::|:  ‖ ::|::::::|
  |  |:::| .:ll ||  | !  | |  .「|:::|:  ‖ ::|::::::|
  |  |:::| ,;ll ..||  | !,.  | |   !.! :|:  ‖ ::|::::::|
  |  |;;」.  _     `└'  -.L.l、. ‖ ::|::::::|
  |/ ‐       .          ,   `  、」::::::|
  ┘                       └‐-


                  ,.―‐:、
                  |   i
                    ヽ--:、!
                _,.-‐'゙''""''゙ー-:、
                  ,:',.-‐''" ̄"`''‐、ヽ
                i'"   , ,、   ':,',
              i    .//,i /    'i
              r'、   l l,' |i.|    _,!     ソウルイーターね!
              !,,| .i'i''i;;iィ |' |r;;j'!'i .i ,!
               | .|        | .i゙      お前が何をやってるのか、全部バレてるんだからっ!
            ____ ,! .i、.   ' '   ノ| .| __,,,,,_
          ,.:'"   .| .|'゙i'‐,、' ̄`r'"i/i |゙   `:、
          ,'    /i | ',_,i . ̄ i,_/ | |',    ',
          i.    /,'.r'"'、'、   ,:' r‐:、 i.',  ,  .|
           |   ///'-r-'、ヽ,,.:',..-!,..ノ、',.',,:'   .|
            |  .r'"`:i  !,__,rr‐-!、_,,ノ .r'"ヽ   .|


140 :◆vsQyY1yD2Q

   いやいや、本当に危ないところでしたよ。


       くヽ、__ .. -‐'^}/ ',        ,! i   ヽ     |   |. ヽ、''ー-=≠'"ノl    V , レ' ,ハ       /(. ト          !
         |`ー‐    /   ',      r'   !  V   |    !  l `>rー;<_|     V,イ   l         / `くヽ、      ,'
         ト,____,/     ',    ノ^ヽ  !  V   !   l  l/  ソ叭  `|      ∨ -‐'  !      /    `ヽ、 ー- イ、
.       /八。./       ',  /     、   ヘ  |     ヽ、  〈/^ハ〉  ト-、_____〉.    l     /        ヽtーァヘヽ
      l lii/            ',/         `ヽヘ !     ハ.   ル' |l  /   \ |   ,   ヘ. /            ヾ'|i|!l |
      ノノ/               V            >イ└─ー-/ ヽ, ,! |V      \ ノ     レ'             ヽli;l !
     .///  /´〉        ヽ、 、     /  }ヽー   /    ∨   レ'        /   ,.ィ"               ,、 r、 Yr'
    〈_'_   ー' /゙〉         ヾ ヾ  /     ヽ   /      ヽ/       / |   '´ /            ,、.「儿j U _'」
      `ヽ、 ー'/〉_           ! l ∨        l   ヽ、__ /,. -''"´ ̄丁`ヽ、トv' / l'           Y ,. -‐''"´
          \ "〈/        リ  |       〈ヽ、     // /      !    V { '         ,. -‐'"


                          私 が戻るのがもう少し遅ければ、君は助かり、私の秘密が外に漏れていた。


141 :◆vsQyY1yD2Q
                                  __
            ヽ  / ┌┴┐ i .|    / __ / ._/ __
             _./    _.ノ 丿.レ '´|        /

              /\___/ヽ
             /''''''   '''''':::::::\
            . |(●),   、(●)、.:| +     流れを見極めた者が勝利を手にする……
            |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
          .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +       可哀想ですが、君はついてなかったのですよ。
             \  `ニニ´  .:::::/     +
          ,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
          :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i           原作:ソウルイーター バニパル
              |  \/゙(__)\,|  i |           ダディ・クール
              >   ヽ. ハ  |   ||           ( 2chAA )


142 :◆vsQyY1yD2Q

          , -‐ 、
         i:.......::::)
         !-‐,.ゞ--,...,,,,_
         (/:::::/::::::::::::::`:ヽ,
        ,':. ::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ,'::';::.,'.  ::⌒::::::l',!:;:::::::: ',
         !:/.ヽ!_::.,ィ::-,、  ll;リ! ⌒' .i
       i.:', (`!.:l.ii:::::::!iー-リi',!.、::::::::|    そう簡単にはやられないよっ!
       ,'.:.:ヽ.,,l.::!. ー' '  .i:::ノi-,、:;l 
.      /.:..:::::_. ';.:i l ̄``ー、` .i:.i
    /.:..:::::::( ヽ,!',ヽヽ __ ,_',._イ::.:!
   ,'.:.::::::::::::::::,>、ヾ、',r'ヾ7‐-'、ヾ、:.'、_
   i.:.::::::::::::::;イヽ>' iヽi=く!,_ ゚ .iヽr'_、ヾ!
___(ヽ;::::::::::::ヽニ'ー1,i  )_,,'- '-!-、l、`!⌒i_,..:'1
ヽ;::::::ゝ-、:::::r ''''\'人リ"_!ヽ. - ''".','r;、l`"´`ー'
 ヾ'´  .`"ゝ、  ,....,i'_´,l.:.:'、-‐ ''"iー'
      く  ヽ,'   i_,..ニ´.. -‐ ''l
                                       /\___/\
                                     / ⌒   ⌒ ::\
        おやおや、鬼ごっこ ですか?            .| (●), 、 (●)、 ::|
                                     |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|
        フム、たまには童心に還るのも良いでしょう。  |   ト‐=‐ァ'   .:::|
                                     \  `ニニ´  .::/
                                     /`ー‐--‐‐一''´\


143 :◆vsQyY1yD2Q

                _,. --- 、─-- .,
            ,. -イ          ヽー 、
           /   レ /,.  ,ィ   /    } ヽ
              /   iゞァ' _,.ノ  / , / /i   ヽ
          〈     !、 ',. - 、∠,. ノ. - 、'' /|   /    真宵の嬢ちゃんが
          ヽ   ! {   .},.- 、{   }' i  /     奥の方へと引き付けてくれている。
        ,. -'" ヽ /  ,`ー'´〃 ヾヽー'  ト、/
       i    / i  (ゝ.,_,ィr--- く_ァ' )  ! iヽ      俺達は、今の内に脱出するぞ。
      /´  ,. ´ ̄`ヽ/,>    ̄ ̄     / ' ノ`ヽ_
  ,. - '"   / 、 `ヽ.  l_)________,. '",. '"    `ヽ,
./,. --‐  /  、 \  Y-'  `ー '"   / / /       ',
    / ,/ 、__ \ ヽノ \__ ,. - '7   |          ',
    i {   フ>-'"\     ,. - '/   |           ヽ
    ゝ \___ノ i 〉  `ー-‐'  /    /            i      、::/   .:.   、      `ヽ:::::::/
                                             ,イ   .:,:.:、ヽ:.. 、ヽ:. ヽ:.:.    Y
                                     .       /,    `/メ、ハ\ヽ,ヘ'´!ヽ:.!  ハ
                                           l/! i  :.Xf_Tト \  イT::l7!:! .;: !:!
                 そんな!                     ' N ::.: { ゞ=' .:! `  ゞ=' 7.:/: .:lリ
                                            l:.:i:.ゝ    r -、     ノィ'::::.〃
                 真宵おねえちゃんを置いて行けないよ!    !:ハ:.:\  ゝ-'     〃:::;:'/
                                            _' ヽ:ト:!ヘ.. ___ .. ィi´/:::/レ
                                           ,ェヘ`ヽ-‐ '´ ̄ヽ.  lル' レ'
                                     .      ,イ;:;:;:;:;:`7_、   , -‐ホュヽ<ュ
                                        /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;rハ  iイ´/ハヾ! ハ7z、


144 :◆vsQyY1yD2Q

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\     そうだお!
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |    すぐに追い掛けて、真宵先生を助けないと……!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl                 ,, - ―- 、
                                  ,. '" _,,. -…;   ヽ
                                  (i'"((´  __ 〈    }
                                  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
                                  ヾ|!   ┴’  }|トi  }
                  ちょいと手荒くなるぜ。   .|! ,,_      {'  }
                                   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
                                    ヽ ‐'  /   "'ヽ
                                     ヽ__,.. ' /     ヽ
                                     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
                                    /           i ヽ \


145 :◆vsQyY1yD2Q
                                      ,,,,____,..-'''- ...,,__
                                   /    ヽ    __  ヽ、
                        , -ー- .._     /          {_^ ヽ、}
              __      _,‐'      \_,,/         i____}二  /
           .-´    ``ヽ  r´    ,、    ;ヽ      、____,..''"   {___ノ
          /  ヽー     `ヽゞrr-'''" ヾ .r 、 ヽ,     ,,   |
         / ノ    (O )     { /rィァ リメ、_ノ=、        |       フンッ!
        / (●) __)⌒       `i      }_,,__   /      \
        | ::⌒(__ノ/          i´ヽ''´  /ヽー―、i     |   \_
       。ヽ 。   )(          |  ヽ-´ ヽ   ヽ_,,,,/       \
          ヽo (__ン          |      ;__,,, _/ゝ  __,,,,       |
         人  ー           ヽ、__   ノ ヽー――フ___"'-,-'{^~ヽ |
        /                  ヽ、     ゝ--、 |    〔 ノ   | |
                            \_i      ~"''' ‐- __〕  /  |
                              \____          /  /__
                                 ~""''' ‐-‐ '''""~   /;
                                     /        //


146 :◆vsQyY1yD2Q

   ドサッ…


    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    ジャイアント、やる夫はお前が担いでイきな。
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|     蒼星石は、サイクロプスが。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'      テンホウゲンスイは、俺と道を切り開くぞ。
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\
                                                         ___ _
                                                    -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
                                                ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                              r(:::::::::::::::::,、_ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::
   文字通り                          r‐、   r‐、    _,,,_ ゞ, rr〜ヅ   ミ::::::::::::::::::::::::::::::
                            _,,_      ヽ ヽ  ! l    / / !  フハ       ミ:::::::::::::::::::::::::::
   熊隊長が遺した、この剣でな。   __,,-r‐' ,r''''ヽ. _,,,,_ ヽr' ヽ !'´ !  ! ! l  l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::
                      ./´ ;  ,'    /} l、r‐、! >  l  !  ! ! l___〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::
                    ______!  ; ,'    / }_`l¨''__>、____l_/¨ヽ! l l _. /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ::::
                  //7X/ !  ,     / {XXXXXXXX!____,ノ !  !l__/..             "´ 2ノ/ l:::
                  ヽーーi '  ,    /   ヾ''''''i'''''''''''''''''''',r'’ /i l. ヽ.ニ,`           __/ :l::
                      !  ,   ,r''' _,,-"´ l   , ' /     ! i !.!   'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
                     ,/  ,   _!,,/     ヽ _    、__,ノ`:L,!」   〈..        /:{      ヽ
                    /'       ;!         `ー-、` 、 ヽ    \、   `}     /:: ! i'''‐‐‐‐-
                  /´       ;!            `ヽ、ヽ ヽ   `\ 丶、,、. イ::::::    ! _,, -
                         .    ;!                丶,   _,,-‐'''''''''''`ヽヽ ∠_     `、
                        :    ;!               ',,r''´         ヽ、  ヽ、     \
                        :   ;!             /             ヽ   ヽ


147 :◆vsQyY1yD2Q

              , -‐‐-、
             /    ヘヽ
              /ヽ /  (ノ i
              ト; , _≧_}5,.ィ    蒼星石は?
            i ;/ } s,..r 「,フ
          ノ!:>、ミ≡='豸ヽ、,,_...、_
        ,_/.::!/ ::ヽ、_j_,ノ ,、=‐  ヽ、
      , -<_::/:!,,,,、==,,r''´       :::',
    /  ー-、ソに二 ''T......i;;       :::l
    i  .| `ー、r,、-‐''"  ノ'"´::::    ,:  .:::l
    i  :/   ソ    /   :l::::..  .:/...:::;/
    ヽ,、!   :i    /    .:::i:::::/ッ::::;;;;ノノ                      ...::::´:::::::::::::::::::::::::`:::...、
     i ',     ;、 /     .::/:::::,、ィ ;:/::/                  ,..:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                            /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                            .'::::::::l:::::/!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                       i':::::::::l:::/ l::::::l!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                        l::::::::;ハ/   l:::::l !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
          残留思念が、相当負担になってたみたいね。.  l:::::::;'rミ.\ ヽ:::l l:::::::::::::::l::::l:::::::::::::::::::::::::::::l
          当て身するまでもなく、気を失っちゃったわ。.  l::::::;iト小 l\ヽ! ヽ:::::::::::l:::l:::::::::::::::::::::::::::::;
                                        l::::;'代リ    `iヽ、ヽ:::::::::l:!:::::::::::::::::::::::::::/
          こっちは任せて。                    l::;':::l      L_-\ヽ:::::l!::::::::::::::::::::::::/
          だから、やる夫の事 お願いね。           l/:::;i、        ̄`ヽV:::::::::::::::::::::::;
                                        ,...ネ ヽ `      _,. ´!:::::::::::::::::::::,
                                       l::::;ノ    ヽ`ー-   ヽ ,.l::::::::::::::::
                                       /:T       ヽ._ -┬ ´ノr"´
                                    /:::::l       ∠!   レ:´::::::;!i==ァ┐
                                    `ー┘  ,. メ、X,}    l_;::ン´│ l,....<l| || !
                                      ,/´/,>くl,ィ′ /::/!    i../::{.|::::::ヽ⊥!
                                      / / べ/Y  ヽ::::l |   /::::ヾ-l:::::::::lラ


148 :◆vsQyY1yD2Q
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|      認めてやるぜ、真宵さんよ。
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ      あんたは とびきりのイイ女だ。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′      やる夫達の事は、俺に任せておけ。
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、        必ず、無事に脱出させてみせるさ!
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


第九話へ      6   第十一話へ

posted by 文月みと at 21:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
切ないなぁ……。
Posted by at 2011年06月21日 00:27
阿部さんが「イイ女」と認めるかあ・・・重いなあ・・・。
Posted by at 2018年02月11日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34648835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ