■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年01月10日

第十八話『見学会の招かれざる客』(1)

第十七話へ 1       第十九話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q
【 トラキア・ポリス軍 アーミィベース 講演会 会場 】

                                 ,〃.⌒ノノ
                                 ( (((!´゙リ))
| ||::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::|  | |       ./         )ヽl.゚ ヮ゚ノl                \
| || : : : : : : : : : : : : : : : ::::::|  | |    /          ( ⊂)У}つ                   .\|  |
                 :|  | |   /             )ノんムゞ                    .|  |
..              |  | |./                UU                      .|  |
..              |  |__________∩._____.∩___________..|  |
..              |  __________. |├─────┤|____________|  |
..              |  |i i iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii .| |_______| | iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii. |  |
..              |  | i iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii |├──────┤| iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii |  |
                                | |_________| |
                                  |├───────┤|
                              ~~            ~~
 |!     / .//  '´         / Yト、
 |!    く / / ,         /     | / !__ヽ
 {!     Y  /       /  /   ノレ' /  \
  ヽ   /{   !      /  /   /1/  ヽ トヽ
   ヽ、//! ヽ |i    { .八 イ|!  /リ__1/ } 、'.ハ}
    / ./ {ヽ.A{! 、  iト、{二v´リ! |レr=ァ、 ./ } } ノ    ポリス市民の皆さん。
.   / ./  }、 { {!ヽト、 ト{! 心1` `ヽ!{r1}ノ//i /
  / ./!  .|!ヽヽ! ` `!` ┴ '´   、 ̄1 ハヽ'       永久機関は戦争を終わらせ
. / ./ j!  j!ノ7`!  ヽ'        〉./ .| ∨       人々に、平等で平穏な日々をもたらしました。
../ ./ .ノ  .ij ノく.|  i トヽ、    r‐ァ,イ  i|
' / j / .// i! j   !.| `丶、  ´/ー!  .ハ、_
 { ノ,/ イ  V   .N.    /`¨´ヽj  | `  `丶、
 ! ノ'´  |  /イ   !ヽ.  ∧! 1トヽ ノ!  {i     ノ
/    '   !|  | ヽ∨∧ヽ!| ,>-、'.  '.'.    /
      '   {i!  i| ! ∨ 〉,/ノゥ'{ '.  '.'.  ./
.       '.  i!  i!, ' '´ ̄ -彡く | '. '.  }! ./ト-- 、
          }  i!/ /´/ / |  } .} ハ / .|!  ノヽ


2 :◆vsQyY1yD2Q
::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:::{:::::::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.:|/ }:.:.:.:.
:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:::.:.:.::::/!::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::ハ/::.:.:::::
::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:./:::::.:.:.::./ {:::::::::.:.:.:.:.:.:.:./::/  .}:::::.:.i:::
:::/::::::::::::::::::::::::::.:.:.|、::::::/|:{__...V::::::.:.:.:.::.:/:./´ ̄.|:::::::.:}::
::{:::::::::::::::::::::::::::::::::i¨∨:|¨リ  V:::::::::::::/::/ィ≠ミ|::::::::::ハ
::|::i::::::::::::::::{::::::::::::| zN≠テ_ ∨::::::::ハ/ 'ト-'::} |::::::::::}     しかし、いまだ完全な平和は訪れていません。
::N|\:::::::::::\:::::::{〃  し'´::}  ヽ:::::l   `¨¨7::::ィ/
:{   |\:::::::ハ\::ヽ ─┴…'´   ヽl ヽ、 ∠..ィ::く      ガイアを捨てない人間、魔獣がいる限り
:ヽ  .|::::::`¨\\` `            ヽ  .,::::::::\
、_、_|::::::::::::::::\ヽ、             , ' ∧:::::::::::     人々は常にガイアの脅威に晒されているのですから。
∠:::::::|::|:::::::::::::::\`ヽ               ∧:::::::::::::
 /:/|:从:::::::::::::::::ヽ        _.. -‐ ' / ヽ\::::: 
./' /{::::ヽ::::::::.:.:.:.:.:ヽ         - . '      \
  |、: :\{ハ:::::::.:.:.:.:.:.::ヽ、_        /
  \: : : \:::::::::..:.:.:.:.:.:\  `┌─- '



                                                ____
                                              /      \
                                             /─    ─  \
.                                  ………。    / (●)  (●)   \
                                           |    (__人__)      |
                                           \   ⊂ ヽ∩     <
                                             |  |  '、_ \ /  )
                                             |  |__\  “  /
                                             \ ___\_/


3 :◆vsQyY1yD2Q
                                /            /        /:::; -'"    ,. -'"  / \:::::::::.::
                             // /           l       /:::::;/  ,.. -'"   /   ヽ、::::::::::.
                            /"/ /           .:|  .:      /::/,.ィ "   ,... - "     };;;;\:::::::.
                          /;;;;;///        ::: .: .:::l  ::     //"'"/ ,..-ィ'"  :      ノ;;;;;;;;;;\::
                          ;;;;;;ノ/ /      i  .::::.::: :::l .::: :   : 〃 / "   }  ::      `ヽ、;;;;;;;;;`
                          ;/   l      ,, ヽ  ::::!::l、 ::ハ :::、::  :/       l .:::       :::|::::\;;;;;;;
                          __ ,... - ''l  .:  ::. ::::.ヽ ::|l::| l :|、ヽ,::ヽ:::. ノ|  _,, ......-/ /,:  .::::  .:::/:::::::::::丶、
   ガイアを持つ者達に           __ , -  ヽ :|l :::::.. ::、::7、:|ァヾ゙、:|ミ、"\、::::|ll "" ,彳=7/'"/'フ .::::   .:::/::::::::::: ::::
   私は問い掛けます。                .ヽ:l ヽ ::::、::::丶彳'{__/';;;}`  `ヽ|ヽ  "{__/;;;;}`/_,, '" :: :::::/::::::::::: /::::
                                !  ヽ、::ヾ、:::`ヽーヽ--'"    `    -ヽ--="' / .:::::::::::::/:::::::: 〃:: /
   あの戦争は                      .....  丶、:::7ー、        ,        /:::; -:;; -ィ/::::::: //: /
   何を以て 殺し合ったのでしょうか。   ::::::::::::::::::::   ../  :::::|_1         |      / '"ーI ":  l:::;; -'"/ '"
                          ::::::::::::  .......:::::/  :::::|::ヽ        !         /"|:::::  丶 - "'
                           ...:::::::::::::::::;;:ィ'  ::::::::|::::::\               /- |:::::::  ヽ
                          :::::::::::;; - '" "  : :::::::ノ__::::::::ヽ、   ' ̄  ̄`     /    {::::::::  ヽ
                          - '"  - "   ::::::::::::ノ/- '",,ヽヽ、   "   ,./|-、__   l::::::::   ヽ
                                 .::::::::::/ __ -i、、"  |  丶、   ,.. '   l  〃、 ヽ:::::::    ヽ、
                                 :; '"/''  _/ヽ、__, l    `''''"    |、 〃ヽ  ヽ:::::::: ::  ヽ,_ヽ、
                          ...      `""'ー−'"ー'" '"/           ソ/  l   ヽ:::::::.:::.  ヽ`ヽ
                           :::::::::... ::::::     ̄`" 丶゙ー 、          〃    |    } 、:::::::::::.   `ヽ、
                              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...........  `ヽヽ  /^\/"    l    l ヽ、:::::::::::.


4 :◆vsQyY1yD2Q
            \           ,. -,'- '"´      `´ `" ' - ,ヽl ヽ lヽ
            ヽ        ., '´_,. '                 >'  ',.,' !
              !      ,.. ', '´          , '     /   i'  l
             ,'      / , '          , '     .i'´  , '"  .,'` 、
           /       i, '     ,     ,  /      l _,,. '"   ノ`' 、,ヽ
           ,. '        ./ .,    ,'  .,ィ ,l  /.!     ., !,'´/ ._,,.. - '´   ヾ`、 ``ヽ、
        ,. '´          ! !    !  ./,'/_! ./,,i     /,/,,_'"´ ,'      、 .!     ',、     _
        /         /! ! !  l,  l"l、,,_!/  !   , '  _,_,.`゙7,.ィ     .|ヽl     !.!  .,. '.,.- '""``ー
.    /         /  .', l, ヽ  iヽ.l彳 .,,-;iヽ ', ./ 彳 ,`i'ヽ/  ..:: .i .! '!    /,' ./ ,.'
.   , ' /          , '    ',!'、,、,゙i.、ヾ` ,ゞ-‐ '  ヽ'   -ヾニノ,,.,' ,ィ'  ., ,| /     , ',.', ' ./
  /., '/        /        i .l |`ヽ        l      / ,_'_,,.、/' l/    ,. ',. '.´/
 ,.' / .i        /        ゝ' .l,         !       ;'  '´ヽ、 __,,. -,'- ' , '
 ! ,'  !           !        , '  ,'、)、.       ,_-,、      /,!、    `'ー- .,_- '´
 ',.',  '、       ヽ       ,.'    i-=!, ' ,、      '''    .,. 、'-_ .,ヽ、      `"''-=== ‐- ..,,_
  ヽ'、 \       ` 'ー---.;'.!    ヽ´ l,.-',.`' ‐ .,    , イ,、ヾ  `ヽ、!ー- ..,,,,___      ``ー=`_=、
   `ヽ、 `' .、           l l    ヽ\ i.!    ` ー '´  .|, `   //'ー'´       ̄ " '' ー- ..,,_ `' ,ヽ
         ` 'ー――――‐ ヾ' .、   `'`.=ヽ_、_      .l ',.     //                 ` ‐.、ヽ
                     _>ー,-- .,,_`'ー-- 、..,,,_ /./!   .//、_                    ', .i
              _,,.. -‐ ''"´   ','、  .i ヽ`'、'''ー-- ,、`_''‐ 、 //  `"'' ー- 、..,,_              /,.'
          _,. -‐ '".,.'         ヽ'、 ! ヽ ヽ __,.'_ ,.' l`''‐,.ヽ、        \`"''ー,,、_       '´
      ,. - '"    ,.'           '、'、.!  r'‐'´-‐-_ '、_,' .//  `         \   `7
     ヽ、       , '             ヽ',l .//, '´ ̄__`く //             ヽ  ,ィ
      ヽ' 、   /         ,      ヽ/ / ‐'´ ,...、`ニヾ      i        ///
        ヽ `' 、 ' 、        ,l       !     r' ,、 `' i       !       /,.イ ./
        ヽ  `' ;、' 、      !|       l.      ',' `  !       ', i   .// ! /
.         \  i `'`,.、     !l       .!       ',    l.        ', ! //  r/

              それはガイアです。 ガイアは人々に恐怖を与えるのです。

   私達にガイアの勇者は必要ありません。 何故なら、平和な世界に勇者など必要ないのですから。



5 :◆vsQyY1yD2Q
.   //  .:. .::::::::::::{  ,イ     .:   . .:.     / ∧
  /イ   :.::::::::::::::ヽ/:、/   : ::i:! :.:i:l;    .:.;イ/ ノヽ
    {   ::::::::::::::::::ノ!::/.: .   ::、从.::lハl';. .:::;/ ´lィ´ 、 ヽ
   ヽ   :::::::::/. |;:{:i:: l.  . :::{`,ィゞミ、ヽ.::/l   l/:/ .l ll
     `i   ,.-'´ _,イ::"';';:';.:.、:.:::'、、{‐'´}` ヽl イ=イノ:. ;i:./l
.     }/  /::::{::::{ 7ト`.-ヽ、ヾ  ̄`   、 ヒ/7//ル'
    /  /:::::::::::`ヾ..、l:::  ::l `゙`     , ノ彳'′      平和な世界に必要なもの
  ‐r'′ /  :::::::::::::::::`}l:::  : l      ,,...._‐  / {
  {  /ノ . .:::::::::::::::::フ!l:: : : ト、     ‐ `/:. !l        それは誰かを傷つける勇者ではなく
  ..', //  .::.::::::::::::::::;イ !l::: :. :.', `丶、  ィ::::: : ',ヽ
  -'"´ ..____,, ィ" `l:l;::';:::.. ;:.',  / ̄ .{:::;:: :. '、        永久機関と、市民を守る 忠実なポリス軍なのです。
  =ニ二~-― 、 ̄ \ jハ:::ト、:::.ヽヽ j{ヾヽ、ヽ:::;:::::.. 丶
     ,r'" ̄丶   ヽ 丶! ヽ:::.ヽソ',', `_jj_`ヽ、:;::::::.`丶
     /     \   ヽ ヽ__ヽ::. ! .Yヽ  ',‐r-;ゞミ、:::.ヾヽ、    私は、全ての人が、魔獣が、ガイアを捨て
  ヽ ./       丶  ヽ {;;;;ハ:: l=l ',  7`゙iヽ {_ヽヽi `ヽ
  :::} {   、      \  ヽl;;;;! }:ノ: :l ! l /::::::', l: : :}} ';l   /  真の平和が訪れる事を祈っています。
  ::ヽ 丶  `丶、    ヽヽ l;;;;|:'′: l {  ,'::::::::::', l: : :l j',.- '´
  :::::::`-ゝ     丶  { ! j j;;;;l: : : : {_ヽ. /:::::::::::::',l: : :! /
  :::::::::::::\      `丶}l/イ;;;;l: : :/  `ヽ、::::::::::: ゙}: :l, イ
  ::::::::::::::::::l丶 _ -‐  ̄`ヾ、l;;;;lrニ_      ゙ヽ、::::ノ: :l |
  ヽ_,,.. -'‐'"    _ - 、_ `/ヽ /ヽ、      `ヽ : ! {
  "       _ - '´    `゙ヽ‐7   丶、     ∨ ヽ  _ -――― 、
  _  -― ''"   _ -て 丶、_ソ     `丶    ∨-┴'"     ___


         、        、        、       、        、
       /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
       / /       / /       / /      / /       / /
      / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
      \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(    )   ラクス様! ラクス様!!
        \    ⌒\\    ⌒\\    ⌒\\    ⌒\\    ⌒\
        /     /ヽ  /     /ヽ  /     /ヽ /     /ヽ  /     /ヽ
        /     /   /     /   /     /  /     /   /     /


6 :◆vsQyY1yD2Q

              _, ..、-,、.. ,_
            /´ ̄   ̄` ヾ,、
           ,:'´ー‐'`l  ノー- ヽ;'、
         _lヽ':.:.:.:.,:.:.:.:.:lY.:;:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.v 、
        `^'|:.:.l:.N;丶ハ|/lハ/| //l=K´,_
          レト;|´, =,、   `,.三z!|:.:.|::.|`´
           l.::.:l` ゞソ    ゞ'沂:.:|:.:|      ……詭弁だわ。
          ハl、:;ト   '   イハ、ノ:: |
           |: l:リ> 、 =¬,、イ|:|:.:.|:.::.l      ポリス戦争を起こしたのは元老院で
            |;/-、l:.:.|:f, ̄/-|:.:.|:|:.:.|_:.:.|      人々を傷つけたのはポリス軍。
         ,ノ   ヽ-‐'| | |  `ー r ´ \!
       r '´    ノ   じソ    |     ヽ      ガイアが人を傷付けるわけじゃない。
     _  ヽ.    /-‐'^ゝ- '^ヽ、 |     〉
    く ヽァノ    { l   |     ハ  -‐ 〈      そうするように命じたヤツが 一番悪いのよ。
    ゝヘ/ヽ ヽ、/l. !  |    /  ソヾ ,、-‐ ァ/>
   ,、- '゙\ヽ>ー':.:.:.}ニ〉  l   r/ 、/|:.:.:.< ,、-‐ Kニコ
  /  ̄ >< └┴-| |  !   l /--ハ_:.:ヽ_ノ_  ヽ,
  ゙ 、  | r‐‐\.  | |   !   | |__,、レ-、ヾ     }
   ヽ l | /r´-ヽ┤.  {  メ'´,、 `lヽ  | |   /
    \!//二ヽ).-─┴/‐-// '人ヽ| |  /


                              |   .:..:| | .:.:.:|∧.:.:.:.:.:.:.:.:.    .:.:.:.. lヽ.:.:. .:.:ト、.:.:.:.|   |
                              |   .:.:.| | .:.:.:.:|  ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:lヽ ! ヽ.:.:/ |∧.:.:|   |
                              |   .:.:.| X .:.:|    `ヽ.:.:.、.:.:.:. .:.|.;ノ|  |,厶/-ーl'/ ,. -─-- 、_
   ミィの言う通りね。                 .|   .:.丁7゙'\_\    \:!.:.:.:.:/ _, -ー'/__     |/        \
                              |   .:.ト,!  _`二≧ュー'゙ } X≦弋:: ̄:::ノ ̄/           ヽ
   なんでもかんでも ガイアのせいにすれば  ∧   ∧´ ̄ヽ:::::::::ノ  ノ/    ゝ一'   |  /              l
   いいって思ってるんじゃないの?      ./ ∧   }.   ` ̄                 | ,'   /   l   /   !
                               .:.ヽ   ヽ                     | |   !    /   /   |
                               .:.:.∧   ヽ,                 / |  l  /   /  /|ヽ
                              .:.:.:.ノ ヽ   ヽ               /   }.   !-ー' 一 '´ ̄  /  \
                             .:.:.:.rー'::`:ト、   \     r一一っ   /ゝ一'∧  |        ,イ    /
                             .:.:/:::::::::::::| ヽ  .:.:>- 、  ̄    イ {.:.  / |´ `ト- 、_   //   〈
                             :/::::::::::::::/    .:.:.∧   弋 ー-ー ゙/  !.:.:.:.. ヽ ゝー゙            ヽ


7 :◆vsQyY1yD2Q

                                                . -―−- .
                                              /: : : : : : : : : : `丶、
                                             /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                               { : : : : /\ : : : : : : : : : : \
                                             ヽ:,.-‐{.   〉−- :_: : : : : : : `、
                     そこ!                   __,.〕―−-  ::_:::::::::`ヽ、 : : : : :〉
                                           ‘ー_ェー、- 、.__::::::`丶、_::::`i _;/
                     何をブツブツ言っている!        ヽ} モrヘ._r‐rtテ¨7´!:.`Y´
                     私語は慎め!                ト- ' 厂`ー-‐' /ィ´リ
                                                .  `__    /tシ;′
                                                    ヽ、 マ_,〉   イ:./
                                                   ,.-l\__, '´ l^′
                                       ,.―-、 __   _,ィ′ `ヽ、   ト、
                                        Y丶、 \ ̄: :_:t    、\ / ヽ



          ____
        / .u   \                ルイズ、ミィ、静かにするお!
        ((○)) ((○))
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)   目を付けられたら マズイお!
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


8 :◆vsQyY1yD2Q
                                  /  ,   .   . l   .:::;イ .::|    .:::::∠-‐   ̄ ___ノ:ヽ
                                 j l | : ::  .:i: l! .::/-!.:/|   .::::::/ /-―  「:::::::::::::::::::::::::',
                                 lイ | :::::. ::lV ∨  l/ !  .::::::/´ ̄ ̄`ヽ.lイ:::::::::::::::::::::}:|
                             .     ',  ',  :::、: ::::l_z;==;ミ、 i  .::::/         `l::::::::::::::::::::::l:!
          あら、構いませんよ。.           ヽ |ヽ:::::ヽ::::{ {、_ノ::::}` 丶 :::/ -;==;ミ;、 l::::::::::::::::::::;':|
                                   ヽ| ヽ:::::ヽ:|``ー一'‐  丶/  {、_,ノ::::八 }/::::::::::::::/:::|
          私も、皆さんとお話しするのを          /\:| `         i    ``‐--く_  /::::::::::::::ノi::::{
          楽しみにしていたのです。           _....イ :∧         ,         ノ:::::;ィ:::/:::::ト、:',
                               _. -< ̄   ,' ::l ヽ.         '        ∠ ;-'"::l'´::::::::::{ ゙ヽ.
          あなた達のお話を          ,、   フ  .l l :::|   ト、  `` _ ‐-      /  ::::!- 、_::::::ヽ
          聞かせてもらえませんか?     ノ  /    j l :::l   ヽ\   `゙`     . イ  . :::|   `丶_ヽ
                                /    l l :∧    ヽヽヽ、    _ .ィ /l   : ::l      `丶、
                              /       |.l :|ヘヘ   ヘヽ ` 一 '´// /l  ::: ::::|      「 ̄
                               、     | | :| ヘヘ |  ヽヽ   //  / | .  ::::::::|      ヽ
                              ヽ\.    l | :|  ヽ、|  ヽヽ.//   / /!.|  ::::i:::|
                                \\  ヘ| |   } |   _y /    /'/j.i! :::::j:/
                                 丶、|   ヽ.|    | | //     /イ  j.l! :::/l'


         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \   あ、はい、それじゃあ え〜っと……。
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /


9 :◆vsQyY1yD2Q

         ___       そ、それじゃ、ひとつ聞きたい事があるお。
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(○)  .(○)\    なんで、ポリス戦争なんか やったんだお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)  u.\
  .  | ≧シ'.u  ´ ⌒`     |   やる夫は 話でしか聞いた事ないけど
  . \ ヽ           /   悪い事ばっかりで、良い事なんて ひとつもねーお。





                                 l /       / l/ l /l :::: ::/ .:::/| ::::: l    ::.:;::::i::::ハ
                                 j'´     .:   :/   |, ' j :/:::.::/i;l.::/ '!.::i:: l  .: :j:/::;イY::::}
   良い事なんて ひとつもない、ですか……。     ./       ::|  :. |   '  l,イ::::;:' i!l/  |;イ:::/ .::: .::j' /j!:l:::人_:..
                         .       /       :::i i ::. '、    ' j/_,.-‐''´ ̄ l:/ :::: ://ト;::/l:::}イ::`ヾヽ:...
   そうですね、その通りです。            |,l    :i :::i;:ト、::、:.'、  `ー'"´ _z,.ィヘf;=ミ'イ :/:::;〃::|`}:/:::/j、::::::::::`ヽ、
                               |l|  ::: ::', :::iヾ',>=ゞ‐     〃t‐''::::::シ !.:/;:イ/::::::| j/:;イ/\\::::::::::::`
   しかし、当時はエネルギー問題が深刻で    .';:l|  :::i, :::ヽ く _zミ、       ゞ‐''´  !〃/ : ::::j/::;::/:::::::::`::、ヽ;:::::::
   誰も 戦争への歩みを           _,,..-===ヾ゙、 ::lヽ ::ヽヾ,fヘr'':::`,`          ´ //  .:::j'/イヽ::::::::::::::\\::
   止める事が出来ませんでした。     ._,,..-‐''" ̄ ̄ヽ ::lヾ;、::`メ、 ゞ''´  l ::::::.       //  :::/''丈:::ヽヽ::::::::::::::::ヽヽ
                                     ヾ, ヾ`'';、ミヽ    ' :::::::      , '/  .:::/彡'ヽヽ::::;:;:::::::::::::::::::ヽ
                          .........        ``  / ::i:ヽ     ` _  _,.ィ  ,.' '′ /:∧ヽ彡'ヽヽ:;:i:::::::::::::::::::::
                          `ー::−::::_::::::::::......  /  ./::::/ヽ、    `'''彡´ /  .:: .:/;〃´ ,.ユヽノ:i::}:il:::::::::::::::::::::
                          `::ー::-:::::_`:::ー:::::_::,.'   /:::/:::::::::`:::‐....._  / .:;ィ":;/ /   ∨//:::::::::::::::::::::
                          ==-:、::::::::`::=、:/  .:::ノ、__;::-‐彡`>' ..::;: ', ';:〃 /     `ヾ;;::-、:::::::::::;_
                           ̄ ̄`''゙ ==、;ィ′ ..;::∠-::――‐;ニ-'7´,.ィi´/'´ ,/        /  `''ー'ー
                              -==彡' ..:;ィメ、_:::: ̄ ̄ ̄:::::;: '// /!/ /         /


10 :◆vsQyY1yD2Q
         ___
       /     \
      / _ノ ヽ_. \      分からないのは、そこなんだお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |     ポリス戦争って 随分 長い事やってたらしいけど
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      戦争してなかったら、もっと早くに永久機関が完成してたんじゃないかお?
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |.      そんなに、エネルギー問題って深刻だったのかお?
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




                                          ┌=く_/ `ヽ、/ヽ\
                                       _, ェ彡!__{zr――-、 ∧ヽヽ
                                      {'´//´             `∧: ト.}、
                                      ィ ´ /           .ノ .},ィ、 丶、
                                   /> 7         . . /´ _ .イ jハ丶 丶
                                  / /   {    .: .: : :  : :./7__, . : '´: : !  .ヽ ヽ 
                                 / /    .ハ . .{ : { :Nハ: : . ::/  __j,ィ. : : : !   ヽ ヽ
                               / /    {:i: : : ヽ、トr==ミヽ:ト{  ,r≠ミイ: : : }:ト、   '.  '.
                   ……ッ!!     ..' '    /.∧: {: 、:'.⊥"⊥ ヽ ⊥'⊥/: :イイヽ.ヽ    '. .'.
                              .' '     ././  `ト!-トヽ     !:::    イイ: i':.! ヽ.ヽ   '. .'.
                              .' '    /./   .' :| :ハ       '      イ : i: :!  .ヽ 〉   '.  '.
                             .' '、   ∨   ノ . ! :.| :丶、 ´ ̄` ィ: : | :i| :ヽ、  `    レ! !
                             ' ' \    イ' :j{ :ト!: :イ!`  - ´ トィ!i! :ト!: ヽヽ、   / i .!
                            . i !   \  /  :/| |!_ハノ       ∨ト| . ハ: : \  /   ! i
                            . ! .i    ._ >‐‐ ´ ̄! :.!:|:.:.:ヽ∧ ∧ノ/:.:j|:./}` ー- .∨_    ! .!
                            ..! !r‐ "´         ト、:!.ト、:.:´ヽ∨/`´:.:/!!/ |       `.‐-、! .!
                            .i! ハ          } ヽ!:.ヽ:.:.:/./:.:.:.:./.{ リ .j           /! .!


11 :◆vsQyY1yD2Q
          {/            .:: ..... / |ノト、
         〃      .: :    .: .:::..:::; - '´ _/ / }
         /   . : .  .::::::   :..::::/イ_ ィ ´  _/  ハ
        // .:  .: :: : :::i::i :  .:::::/   /, - i´    } :',
         {,{ :{ :: ::{:::.l, :::ハハ{:  ::::::{ _....'´........}/: .:::  .:: }
        lハ ::i:. :. ヽi{,ゝ{=;ミヽ. ::::i{ -z=;ミ、}::/ .::..::;へ           ……そう言えば、あなたの お名前を
        /ヽ::、:::、:::〃{-‐'::}` \::{  ´{-‐':::}彳 .::::::ノヽ : \         まだ伺っていませんでしたね。
       /: : ; へ{\ヽヽ ̄ ̄   ,``   ̄ ̄ノ..::::;; ィ 1  \: :\
      /: : /  / | :`ヾ゙`           フイi´  ! ',    \: :\      よろしければ、聞かせてもらえますか?
.   /: : /   / j ::::|ヘ      '      /1:  |  ',     ヽ: : ヽ
 /: : /   //::l  :::|:::}ヽ、  ー = 一  /:::::|::  l: 、ヽ      \: :\
 \/  _// .::::j  ::::|/7/}ヽ、  ̄  /{トト、::!::  |:. ヽヽ       ヽ/
   ‐=  ィ .::::::::l| :::::|::rr=1  ` ー‐ '′ ト、:::::|:::  l::::. ヾ`
     /'/ . .:::::::リ ::::::!ハヽ }          {_/ハ::|:::: l|::::.. : \
    / ノ  ::::::::::| :.:::!|} ヽヽ/ヽ  /ヽ// }`l:::: !|:::::::::.  ヾ丶
    __{,,. -――} ::::ハ|   ヽ人ヽ /./} /  ! l:::: : l,lー- ,,__ ヽ
 ‐''"~       /! :::{ l      ∨/ ~   ||:l::::: ll!      ̄`丶、
          / j ::::lハ     /./       /| l/::::: lヽ

                                                 ____
                                                /― ― \
                                              /(●)  (●) \
                          ……やる夫と言いますお。   /   (__人__)     \
                                              |    ` ⌒´      |
                                              \           /
                                                /         \
                                               |             )
                                        .     |  |         /  /
                                               |   |       /  / |


12 :◆vsQyY1yD2Q
                                                { : : : : /\ : : : : : : : : : : \
                                              ヽ:,.-‐{.   〉−- :_: : : : : : : `、
                                             __,.〕―−-  ::_:::::::::`ヽ、 : : : : :〉
                                            ‘ー_ェー、- 、.__::::::`丶、_::::`i _;/
                    ラクス様、そろそろ終了の時間です。    ヽ} モrヘ._r‐rtテ¨7´!:.`Y´
                                               ト- ' 厂`ー-‐' /ィ´リ
                                                 .  `__    /tシ;′
                                                     ヽ、 マ_,〉   イ:./
                                                    ,.-l\__, '´ l^′
                                        ,.―-、 __   _,ィ′ `ヽ、   ト、
                                         Y丶、 \ ̄: :_:t    、\ / ヽ


            _,. -‐ァ'´ /  /    \:::::::::::::::.......
        _,. -‐''´   /,. '´ __/`ヽ、    ``ヽ、:::::::::_
       /,.ィ    // , -‐ '´     、\     \:::::
      ///..::: ...::/ィ´ .:  .:    ヽ ヾ:、:..  :. :. :. ::ヽ:
    〃/ .:::::/::/ .::::/:: ,ィ   .::. .:   |:::. |::::::::..:::. .::::. :::
      //::::/::::|/::::/┼ト!.::  :::::::    ト、::. |::::::::::::::::::::::::...:     もう少し待ってください。
     |/|:::/|:::::||:::/ |L..|:::::. .::|::::::. .:  jニ|::/::::::::::::::::::::::::::::
     l! |/ |::::/|ヽ! 'l」ヾl:::::||::||:::::::::. /--lハヽ::::::::::::::::::::::/:     私は今、この子と話をしているのです。
        ! |:/ |:::〉 |:レ ヽ:::||::|ヾ!::::::ム   )} }::::::::::::::::::::/:::
        !,.  '′ '´   ヾ!|:! ||::/::ヽ--' 人::::::::::::::::::::::::
        ヽ、         !  l/:::::::ヽ'´  ゝ:::::::::::::::::::/
          l___         ヽ  :::::ヾ::、   ヽ::::::::::::/
          ヽノ        ヽ  ::::ヽヾ:、 j|::::::/
             ヽ      /ヽ  :::::ヽ \/y'′
            ',    __   ヽ、 ::::ヽ /
             `  ̄´ | :::`ヽ、ヾ、 :::ヽ    , -─
                 ',l :::::::| >、 >、:::ヽ  /
                 '!ヽ:::::|/ /7 ヽ  :',/


13 :◆vsQyY1yD2Q
               /: : : :ヽ``ヽ、| \
            /ィ´',─- 、',: : : : |: : : :\ .∧
           /' {: : : \: :_,.丶´: : ̄````.>' >'i
             l: : : : :>´: : : : :: : : : : : :r'.,.- ' ,.〉
             |: : : /: : : : : : : : : : : : :/7,.ィ ´:ヽ.\      ポリス戦争がなければ
             }: : /: : : : : ; : : : ; : : :; { _ }: : : i\\     もっと早くに永久機関が完成していた。
            _,.ノ'//: : : : : ト_,.V-、: :トi´z=ミ|: : :トi  `´
     <ヽ 、-‐',.. /ノ:ヽ 、: : :ヽ,,=ラ}`ヽヾ、ヒjソ ,/        確かに、そうかも知れませんね。
       `ヽ>‐'‐‐'〈: : : ヾ!ヽ、 ヽゝ'┘  ',   'イく
     ゝ`‐ 7´ノ  i .i \: : : : ヽ',: ハ`  _,. -,  .∧: 丶、      しかし、現実にポリス戦争は起きてしまった。
      >:{ノ   ,.......,__..}: : : : : :>: 丶、 ヽ、ソ/  \: :`ヽ、
    /: : : :ト--‐'    ,.j: : : : :/ ト; 丶` ‐- ' }ヽ.、_\: : : ヽ、  悲しい事ですが、そう言う時代だったのです。
   /: : : : : : 丶ヽ、   //ノ: /_/ヽ',: :\ !``l: ヽヽ  `|丶; :ヽ
  ./: : : : : : : : : >フ‐r‐ニ ─,.フ' ',: : : i丶: :ヽ、 .|  〉丶 .i .|  ヽ`}
  '⌒`}: : : : : ://:::/ ,.二ニニヽ ,. l: : : l 丶;ヽ`y  l丶ヽ i.|   リ
    l: : : : :/´:::::::l /\``>.、 i  l: : : ト、 ヾV  .}::::ヽヽlL,....,
   ./: : : イ::::::::::::l/!‐‐`┴--ゝ、.._l: : : l::\ /  .}::::::::'i ヾ-': :ヽ


                                              ___
                                            /   ヽ、_ \
                                           /(● ) (● ) \
                          時代……ですかお?  ./:::⌒(__人__)⌒::::: \
                                         |  l^l^lnー'´       |
                                         \ヽ   L        /
                                            ゝ  ノ
                                          /   /


14 :◆vsQyY1yD2Q
                  /イ  ..:::::|  `<  ヽ`__'- 、
                 /  ...:::;;;;-''" ̄ ̄`丶、/ ヽi``
                /  .::;;/         `ヽ、l l、
                 , '  ./ .:  .:  .  .:       `゙i ',l、
                /  .:/::::::::  ::.  ,.:: .::::   ....:;;::::./ .j|
.      i、___,,.. - '´ _ -'''7/::::::::. ト、. ハ:∧::..: /::/`7-‐'´ノヽ
     _,, ゝ''" ̄ _ - ´_ - ´::lハ;ヘ::::、.リ=ト{ッミ、'、::::l{/、_  }´ ̄  .}  古代ブランティカ文明をご存じですか?
  ,.-''´.:::;;-  _- ´ _ -'´ .:::::::::::::{八::::',` ゞ、ノ` ヽ{ `_zミノィ..::: . : ::!  かの文明も、戦争が原因で滅亡したと言われています。
/:;;-''"´  / /  ..::::::::::::::::::/ .::7-ヽ      、 _{-'ハノ:::::.: /:ノ'
'"7     { /  .:::::::::::::::::::/ .:::∧        ,  `゙∠;;;ィノj/    しかし、私達は こうして戦争を乗り越えました。
 ヽ      `´   ..::::::::::::::::::/ .:::/L ヽ    -‐ 、     / ∧′′
  ノ    _______ノ .:::ハl/  丶   `   _,.ィ: ∧丶      戦争が起きたと言う事実は消せませんが
-'   r'"´        /.:::::/  ',',_ ヽ、_,,. 7´/:.:: / l, l       悪しき過去から学び、前に進むことが出来るはずです。
   :::::ヽ       , ' ..::::::/|  └-, l  ∧::::::l. /::: !   l, l
...::::::: :::ハ       /:. :::::::/ |ヽ    l l/`个、{Y:::: l   .! l
   :::ノ  丶     !イl.:::::::{ | l    //``7 }7:::: l   `′
.`>'    ',    ヽ八:::', l  l  / '   / 〃:::.: l_
 丶、    l      /ヽ:Y  レ , '   , イ 〃::;i: / 丶


           _,,..-‐'''" ̄ ̄ ̄` ''−=;- ,._
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::...... :.... ..`ヽ`ヽ.
        /;;-―――-;;;;::::::::::::::::::::::::;-‐;__j;-、}_
        ,.-:::::::: ̄ ̄ ̄::::`−-、_,ィく__ノ‐- 、_Kニュ_
       / ....:::::::::::::::::::::::::::;;;;;ィ´.::j';:-::`::::::::::....`ーァ'`--、   ,
      / .:::: ...::::::::;;−::´;;-イ:ハ/::::::::::::::::::::::::::::::´::...::  `'/|
      ,' : .:::::;;-:::´:::;;:-‐''`::::::{::yイ:::;::::::::::::::::::/:::::::::::::.::   { l7
.     j .:::;:‐:::::;;;-::''´..::::::::::::::/{7:{:'、;1:::::: ::: :: :l:::;::::::::::: .:   `l{`'';=-  ……そう、前に進まねばならないのです。
    /:::;;;;-''"´ ....:::::::::::::: /ヽト:::;:-';::l:: : :; :;::{;:{!::::;:::::.:  :.:  j: : ヽ
  ,.-'''"~::... .....::::::::::::::: , '/  _j}::{{/7ヾ;:::. {`rミ、ヽi!:::: ,ィ: : . / :: ヽ  ポリス戦争で犠牲になった者達のためにも
   .::::::::::::::::::::::::::::: , '/Fニニニゝ'、/:::: :r 、! 、f-'ハ`';:/ l/彡'::: ::.  }   世界に真の平和をもたらさねばなりません。
  ::::::::::::::::::::::::::: ,イ/  |    `-イ::::: : !- 、 ``   ` ,z、ナ::: : ,i:.:j/
  ::::::::::::::::::::: / {{  . |     〃::: i!゚ /     、'ィィ;:イ;: /ノ'´    それが、ポリス戦争が起きるのを止められなかった
  、::. ::::::::::::: /     __j       /l:::::: |、./   ..._   _ノヽヽヾ''´      私の贖罪であり、使命なのです。
  ';::;. :::::::: :∠ァ''く´ ̄       {: :::: l∧   ,. `''´  〃丶、
  j:::ii:::::::::「r― r―`- ,,.__      |:; : :. l /_`'''´    /イ:;:::::. ヾヽ
 ノ:::jj::::::::::|.|  /     ~``丶、  li!: : :: ',ミヽ、   〃 ヾヽ::::. ',``
  ::〃:::::::::::!| /         ゙、', ヽ'、  'ト、`ヽ 〃`丶、 ';l ';:;:. }


15 :◆vsQyY1yD2Q
                               : : . . ./// ///レ / . : . N. /レ //. :  . . . . . . レlハ
                                 ./ ´/:/.´ . . : . :/: . . : :|/l//. : . : : :/ ̄ ̄...レlハ : . . . .
                                  . / ィ. . :/. : :/l. : l . : l: :  N: /: ∠ミ7  ̄ ̄´ ハハ: . . . .
                                  /'´ l:l: : l: . : 、!_! : lヽ: ハ: .  : :{: :l  └┬― 、/ Vハ: : : : :
                              . . . . . . . . 从 : l、: . :l人: l=ヘlミ 、. : : lヽi ̄`丶/: : : : : : :∨
   やる夫、でしたね。                 . : : : : : -‐: :ヽ:l:ヽ: 、V、トl彳i` 丶: . : l ,≠z  /ィィ: : : : : : :l: : : : : .
                               ---_ 二 . .`: :へヽ.  ̄ ̄   \: l iLィtケK/: : : : : :,l l: :__
   今日 ここで、あなたと言う人に会えたのは  .三三.  . : : :_ へ_l `丶     i .:. ``  ̄` ∠ィィ: : : : /l/: . \
   私にとって幸いでした。             /. : : : : // :.:.:.:.:、      , :::::       ノ: :彡':\ : : : . .\
                               : :// /  :.:.:.:.:∧    r=ミ. 、     -=ニ: ィ: : : : : :\: : : : :
   忘れてはならない 私の使命を          .ィ:/  /  :.:.:.:/::l \  ゝ   ソ    . ィ. /:.l l、: : : : : : : `ー-
   再確認させてくれた事に 感謝します。      ./   /    :.:./::::l L..\  ニ´  _ '´/ ィ:.:.:.l l:.\  : : : : : : : :
                                  /     :/::::└┐ l  ー‐ ´__.///:.:.:.:.:、、: : >    : : :
                                  ,     /::::::::::::::l l   / _/:::/:.:.:.:.:.:.:.`\     ̄ ̄
                                 ,     ,::::::::::::::::::l l `/ /::::::::::::/ :.:.:.:.:.:.:.:.:/ ` .、
                                  l     l:::::::::::::::::::l l/. /:::::::::::::::/ :.:.:.:.:.:.:.:/    `\  /


         ____
       /     \
      /  u   ノ  \    あ、はい。
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|   どういたしましてだお。
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


16 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (○)  \    ………。
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


17 :◆vsQyY1yD2Q
        ____                      __
        \  /                    [`-´ _  \.    〈\_     lヽ
        │ |     _      ,-―-,     ヘ   t  / ヽ  | .,--、|  `i    .| \
        │ |     \ゝ、 ./ _  .|  /  |   |  .l   | / [_ _/.|  .r―- 、.|  [
        │ |    , ´ ̄  `i| 〈 ,ヽ、|___]   |__ |  `-´ ヽ .l ̄| |      i.|  |  ,-−―-、
        │ |    l  ,-、 .|\ \<___   __>| .|`-´ヽ ヽ.|  | |  .i⌒ヽ ||  | / ∠´_) l
        │ |   /|| .l   l .|  \. ヽ   |  .|  .|  l     |  |.|  | |  |   | ||  ||  ,-−―´./l
.        /  ヽ-´ || .ヽ_/  |l´〔 ヽ  `i |  .|   .|  |____/  /.|  | |  l、_/ ||  || 丶 __,//
       /_____|ヽ__l__.|| .丶__l  | |  .|  [____/ [__][_____/]   | \___,/
                     \___.ノ/   |                    ヽ/
                           .\ |  やる夫 で ラストバイブル3
                            ヽj
                             ______
                            \ ,-、 ,-、 /
                             | | | | .| |
                             | | | | .| |
                             | | | | .| |
                             | | | | .| |
                             | | | | .| |         第十八話 「見学会の招かれざる客」
                           /  `´  `´  \
                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


第十七話へ 1       第十九話へ

posted by 文月みと at 01:23 | Comment(5) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
ラクスって、原作でも二次創作でも嫌なヤツだよな。
キラとセットで、よっぽど嫌われてるんだろな。
Posted by at 2011年09月15日 18:41
↑そら自分以外の考えは排斥するってヤツだもの。
どんだけ優秀だろうが誰だって嫌だろそんなヤツ
Posted by at 2012年04月22日 04:48
他人の意見を聞いてみたいとは言っても、質問の返事はしないのなw
Posted by at 2012年07月13日 05:09
「聞いてる」し、質問には「その通りかも知れないが、戦争は起きてしまった」と答えてる。
補足としては「事実は消せないが、やり直せる」が結論に相当するかな?
Posted by at 2016年03月09日 21:54
>>ポリス戦争って 随分 長い事やってた
>>そんなに、エネルギー問題って深刻だったのか?

そうだよな、そんなに深刻だったはずなのに、どうやって最低で30年も戦争できんだよ?
Posted by at 2017年09月29日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34651576
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ