■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年01月10日

第十八話『見学会の招かれざる客』(2)

第十七話へ  2      第十九話へ

18 :◆vsQyY1yD2Q
【 ジサクジエン校長の家 】
    |
    | ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙̄/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙̄/|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    | ||二二二二二二二二二二||二二二二二二二二二二||  |  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    | ||llllllllllllllllllllllllllllllllllllllll||llllllllllllllllllllllllllllllllllllllll||  |  || // ...:::: ||
    | ||====================||====================||  |  ||_____||
    | ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[||  |  ||0────‐||
    | ||====================||====================||  |  ||          ||
    |_||[][][][][][][][][][][][][][][][]||[][][][][][][][][][][][][][][][]||  |_||_____||_
  /゙ ||二二二二二二二二二二||二二二二二二二二二二||/  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄/|
/  |       ,,彡゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙,,彡
  /      ,,彡   _/ ̄/|  ,,彡        rェェェ、      .rェェェ、
/      ,,彡 ゙"゙ //  / |,,彡      __||_||_||____||_||_||__
       ,,彡    //  /  ..::|'"      /                       /|
      ,,彡    //  /     /      ./rェェェ、      .rェェェ、    ./ ,i|
.   ,,彡   / ./ ̄ ̄|   /        /_||_||_||____||_||_||___/ ノ|_」


                __
           _, '"´      `丶、
          /            \
            / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ
         l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ
         l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/     やる夫、フォローしてくれて ありがとう。
          | l Vf゙i圷/ jl ノィアト、ヘ// /
           j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ       でも、よく あんな質問が 咄嗟に出せたわね。
         ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
          / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ
        //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ
    / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ
   /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }
   ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    ヽ


19 :◆vsQyY1yD2Q
             ____
           /      \
          / ─    ─ \      あの質問自体は 前々から思ってた疑問だから
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |     咄嗟でも なんでもねーお。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ      向こうが、あんなに食いついてくるとは 思わなかったけど。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
                                                   ____
                                              ,  ´ : : : : : : : .`ヽ、
                                              /   . : : : : : : : : : : . ヽ、
                                             / : . . : : / . : : : : l: : : : . ||≫、
               ポリス戦争が起きなければ、か。         ./ / : : :// : : : ノ. :イ: : : : : : ||≪|ト、
               私達にしてみれば 夢物語よね〜。      V : : ://l: : :/\ |: : : : : : :||≫|| :l
                                           〈 : : / ー丶/  ー |: :/ : /, '⌒ヽ⊥
               私もね、トラキア軍で戦ってたのよ。     .人 //// __  ///|ノ: :││    |: : .`ヽ
               その頃に ウチの宿六と出会ったの。   / . :ヽ   ヽ 丿     |: :││   ノ: /⌒ヽ
                                         l : : : ,∠>─ 、 _,  <|/ ヽ>-イ<⌒ヽ: : l
                                         > ´. : :┌┐、: :) ノ. : :∠ _ 丿. : :ノ : . \ノ ノ
                                       (: . . :<>⌒ノ∠二 / . : : : : : : : : . _ ∠厂
                                        ` <>´ ̄. : : : : :( : : :( : ¬: :二└‐´
                                          / ,−、_, ¬: :二-へ、: .ヽ ̄
                                           レ' ̄   ̄        ̄`


20 :◆vsQyY1yD2Q
                                             _
                                         ,、 -'´rv─-- `'...、
                                       /´ ̄   ハ   `ヽヽ
                                      /  人  /  \   '、.',
                                      / /  ヽト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ̄:.:.:.l
                                     ,'´:.:.:.:.|、|:.:.| ',:.|;lハト;:.|:.:ヽ._/|.|
             ポリス戦争って30年続いてるから   、,l:.:.:.l:ヽ| !'ハ| ':|,.⊥ハ|:.:.:.|-ト<::|
             当時の軍人が集まったら         7ハ::ト;|レ''"゙'   ´  _ ハ/´:.|´:.|
             幅広い年齢の人が揃うって        >ヘ|-|;_/ひj'   ひ:ふ;、:.:.,:.|:.:.|!
             聞いた事があるわ。               | . ハ ゞ-'    ゞー'ノィ/ハ:.|:|
                                      |ハ.人    '_ ,.  /|:.:.|:.l:|:.::|
                                        |:.:.|,、≧r - -<ィ|〉|:.:.|;.l-‐、!
                                      _lノ  / ','|==仆´`゙f´   \
                                      i     /_〉 ,ニソ   |      ヽ
                                      ', -‐ 、// ゝノノ  ̄ ゙',〈  ,r_   ノ
                                  、ヘ r==、、  { {   |´    ハ /  r '゙

       _
      / --、`:〉 __ , -―‐-、r= 、
    l/  --rく_)/ , '´ ̄ ̄` ー、ヘ
     |:/.;-‐ォrイ/ /    /lハ  ヾ
    V:{ /.:.l:/..:/:.:, -‐x∠ / lヽ:.l:. !
     ` l :.:.:|l:.:l; -≠ィf_/ /´ト:.l:/
      l :; -ヽ{  { 弋ソ   fi_ヌリ:/     戦争は終わる頃には 兵士が足りなくて
      / :!「X´    ー   、 ゞ' l/      子供も参加してたって聞いた事があるよ。
    /  V ゝ       _   l)
    .' /  :.{:.T:.'、   /∨  /       ウチの村の エルフが言ってた!
    |/ / /.:.:.:l:.:.l\  ー ′/ヽ
    V{ ハ:.:.:.:..V  ` ┬.:'´:. 「} |
    , --、>'^\   /:.:.:ノ:.//ノ
   /   \   \ {\{/二}フ
  '     / l、_r― マf−|  一}
  {         } }__」」_j   /'l


21 :◆vsQyY1yD2Q

      r-ーー'-二 ̄` ー 、,--、
    「 ̄`     ̄ ミ 、  `ii.j \
    \ヽ、ヽ、  、 `|   l 」' l |
   .  l\=\ _\- _\┤  |彳.| |      その辺、私達はピンと来ないんだよね。
   .  l | `,ミ_、  'rーミ`~|  ├!、| |
   .  |ハ.」( q   ( 9-|   |6 | l.|      ラガは、ポリス戦争には全く関わってないから
     !ハ ` ′   ` ′|   .|c/ |      村の大人も、戦争を知らないし。
     `、|.  '     |  .||Y~| |
      |. ゝ.、 ⌒  ._,|  ノ| | !| |      やらない夫おじさんも、そう言う話はしなかったなぁ。
      |  ||.|` T ~  |  .リ|_ | l |
     .ハ  ノ/ア'|  ./ /ノ' ̄`'ゝ|
    / | /ノ/^ ` '~ 7 /    | |
                                             \
                                           __  }ヽ
                                           /_:::::::`ヽi/
                                          /7::::::::::,:::::::: ̄`ヽ
                                          イ:::::::∠!::::::::::::::::::::ヽ
                                            |:::/7 |ト、:::::::::::::::::::ヘ
                でも、その割には 皆強かったよね。   r' ム  l! `ト、::::::::::::ヘ
                                        ヽ、_     ' rヽ:::::::::::ヘ
                現役ポリス軍を撃退しちゃったし。.       〕  ___ト-ィ:_ -‐‐'
                                             `ニ!___[_,.--、
                                          _f^Y^iア⌒V ∠ゝ_\_
                                             }   ,ハ___」ゝィ_ゝ-r'
                                          `Tハ ∨ /> /f r‐ 、ヽ\


22 :◆vsQyY1yD2Q
                                       /: : :/: : : : / : : / : : : : ;' : /: : : : : : : : : : : 丶: :ヽ : : : \ : : : : :ヽ
                                   ;. :/,': : : : : |: : :,'! : j: : : {: :.|: : ヽ: : : : : : : : : : : : : !: : : : : :! : : : : : '.
                                    { {:|: : : : : :|: :⌒\|: : : ';.: |: : : | : : : : : : : : : : }: :.|: : : : : :|: : : : : : i
    そりゃそうよ。                       .ヽハ: {: : :.∧:/ |: : :lヽ: : ヽ{: : : |: : :|: : : :l: : : : |: :.|: : : : : :|: : : : : : |
                 .                     ヽ乂 : {,ィ≧k: : {: : : : : : : : '|⌒:| :丶:| : : : ; : :j:.: : : : :.|: : : : : : |
    そもそも、ラクスの言ってたエネルギー問題って       ノ个:、Y でヾハ: : : : : : : :j-:./!: :/|\ /: : ′: : : : :!: : : : : : !
    ガイアが弱い人のための代用品 『ラピス鉱石』 が     ,l : | ヽ!fトvト:ハ: : : : : : ///∠. _|: :./: : ,: : : : : : :.l: : : : : : |
    足りなくなるかも知れないって話でしょ?          /:|: :!  込リ   }: : : :/行戈三≧k./: ノ/: : : : : : :,': : : : : : :|
                                     ./: :j: j        ノノ/   fトヘ  ノハY:/ : : : : : : /: : : 、: : :│
    ラガの民はね、そんなの要らないの。           .{ : ノ八 :.:::::::.: ,         込::>イ/  ∨: : : : : : :/ : : : : ヽ : :l
                        _, ヘx-、, -、          ∨/ : :丶           ヾン  / : : : : : : :/! : : : : : : \{
                      (_/ / r┴ヘ、,     / : : : : : :\  `  ._    :.:::::::.:.: ,.:′: : : : : :/: |: : : : : : : : : \
                  (乙}二二(_,ィ(__/__ゝ-イ工}ニニニニニニニニニニニニニニ)         / : : : : : : ,:イ: : l: : : : : : : : : : :
                     /     ̄/ xr'     /: : : : : : : : : //::\__   -=// : : : : :/ :i: :八: : : : : : : : : :
                 .   /  〃   Y  ,//     /: : : : : : : : :.:/´.:.:::::::::::::∧_ -=彡: : : : : : :xく: : : : : : : :ヽ: : : : : : : :
                 .    {   /      /     /: : : : : : : : :.:/.:.:.:.:::::::_:;:ニ:¨: : : : : : : : : : :/:::::::ゝ、: : : : : : : : : : : : :
                 .  r<!  _、   ,.イ      /: : : : : : : : :.:/:.:.:.:.; '´ : : : : : : : : : : : : /::::::::::::::::::::\: : : : : : ; : : : :


       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒  \      そうそう、ガイアがあったら
   /  (ー) (ー) /^ヽ     永久機関も ラピス鉱石も、必要ないんだお。
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )


23 :◆vsQyY1yD2Q
   / .:/ .:::::/,.- ヘ l      `ヽ、\
    | .:::/ ::://|  /イハヽ, ヽ      \\
    |.:::/ .://ト|::/  |:l|:::\-、\   、ヽ\/
   l:::l .:/::/|:l:::|:. |‐ヘ‐‐-\ヽ、_ヽ、 ト、ト、!
   ',::| ::|::/:イ:|::: |rイ::0ゞ`   ,-r、:;ト、ヽト、
    V.:/:/::{ |:l:::: トL:::」     |::::1)|:::ト|     トラキア・ポリスで過ごしてて思ったけど
    | .:|::|:::::ト|::::: |.         └'" .|::| |      ポリス市民って 全体的に ガイア弱いよね。
    ! :|::|:::::|::|:l::::: |        l     ,'::| |
   | :::l/::__」」:|::::: |      ´   ,.イ::::| |      あたしも、ラガじゃ ガイアが弱い方だったけど
    | ::ノノ::::::::|::|:::: |\  ´ ̄ , '  .|::: | |      ここじゃ 私より強い人探す方が難しいわ。
   |_,;;」::::.  |:::l::: | ::`ーr‐,'´   .|::: | |
   :::   `ヽ,|:::|:: |\  l::::`ヽ.、  |::: | |
  ::::::::::::......  |:::| : | `ヽ、ヽ:::::... ヽ |::: l |


                                     /: /        l,      ∧       ヽ: : ',
                                    ,': ::|       ハ    ノ:::ヽ       |: : :|
                                    .|:: ::|      ノ: :: :\/: : : : :\      |: : |
                                 r、  |: : :|___,,-イ´: : : : i: ::i: : : : : : : : ::`ヽ、__l: : |
                                 |__\|:|: : :::i: : : : |: : : : :/|: ::ト、: :: ::ハ::: ::i::::i: : ::i: : : |_レ'´|
        それは否定出来ないわね。         ,二=|ー--|: :ト;: ト、:;; :/ .|: ::| .|: ::/ |:::/|: :|: : :|―‐|┬‐'
                                  ヽ‐「|二ニ|: :|_V__Vl/_V、l W、_|/__W_|: ::|ニ二|ニニコ
        私も、メガロじゃ ガイアが強い方だけど     .|::|: : : :|::| ,┬―┬、    r┬―┬、レレ: : :/:/
        ブルトンじゃ、ガイアが少なくて苦労したし。  |::|: :: ::ヽ|ヽ辷ー」ノ     ヽ辷一lノ/: : : ::|::|
                                    |:::〉: : : :、\__ ̄          ̄/: : : : ::|::|
                                    |:::|::r、: : :ヽー`      l     ∠ィ7: _;: : :|::|
                                    |: :V::i:\_ゝ|`' r 、.  ―   ,イl:::/ノ´|::ヽ|::|
                                   r┴-、::|:::l:::::l:;,-‐|ヽ_''ー―一_'´ト、|_i::::::|:::l;;;;;L
                                  /     ̄| ̄´     `ヽY/´ ̄    `l ̄   \


24 :◆vsQyY1yD2Q

                  __,r'ニ=-、
            __  ,∠´ <    \ヽ、
             /  `Y 二 l  く ト、_,二=ミ、
         /   〔ト、.___」   トヽメ、  ̄r1     ガイアって、生き物の本来持つ力だからね。
          /    ハ、  !  ゙, ィハ`  {'j
           !    /ハ.ヾーrヘ  ',ゞ゙'.  `}     人工的に守られた ポリスで育った人間のガイアは
        .!   ,イ/  `ト、_ゞへ ヽ  ∠!八     弱いのかも知れないわね。
        l  //   {二ニ=-‐-、ヽーく l|
          ,イ'´ /   /´∠,ィ'777メ} \ } l|
       // / / / ノ ノ /// / 〉l 〉||!


                                           ____
                                         /⌒  ⌒\
                  そりゃ、要するに            /( ●)  (●)\
                  田舎者は強いって事かお?   ./::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                        |  _    __     |
                                       \r , -`―'- 、イ、   /
                                  ____/イi イ人ルレ ン、 "⌒ヽ____
                                 |____し/ヒン__ ヒン)| i、| /"⌒し′__|::|
               いなかで ゆっくりしていってね! >_.("  ヽノ " []ノ i/_______|::|
                                  |____/⌒ ヽ、  .'レル'/______|::|
                                  |____しイ"i ゛`   ,,/._______|::|
                              l二二二二二二 l |二二二二二二二二l__:|
                               | |::|   | |::|  し′        | |::|  | |::|
                               |_|;;|   |_|;;|            |_|;;|  |_|;;|


25 :◆vsQyY1yD2Q
                   _ __
                ,.f⌒´ ̄`ヽ`ヽ、
               イ lト、ト、    \ ヽ
                 l |,zニ、`ヽ上ミy'j 〉
               ,! j{.lrリ   .tr1.}l/ /
                / ,.イ `´ r , `´ l| /    そう言う事でしょうね。
              //r八 ヾ._ヲ   !| !
            __//r'ニ7j` .__ ィ´l|l |     村に 野生の魔獣が来る事だってあるし。
          ,∠ k┬ミ、 ソ__    { ||l l |
            / r'// ||:::::::::`ヽ.` ‐-rY !l l!
          / ノ{ | | ||:;;;;;;:::::::::::`ー-<l|ト、
       // {l |」_Lj 〉__:::::::,.、::::::::::::::::`Y/>、
      ,イ / ,イ ||| 「  /ィ7::::;;;;;;:::/>j l´!
     < L/__/ ! | |||/´∠y'`ヽ_r'/ / /./              ./         \
                                        /  /   ヽ  \ ! ヽ ',
                                  .     /  | / !  ヽ   !  ! !
                                       ハ !  !>、! _, ィf广 ト  ! ヽ
                                       从 |r武 |/ ffチリ!  !  \
             それこそ日常茶飯事じゃない。         ./.!:::::    :::: /  / \  ` ー 、
                                  .      /!人  ,_    /  /\__ \    \
             私達、村の外の ザマの丘で遊んでたし。  / |  !>‐― {  〈:::::::::::::}  \ヽ  )
                                       〈 !  〉:::::|r‐く.|   \::::::/   ヽ! /
                                       ∨  /::::::::!女/:\   \:}     ! {
                                       /  /::::::::::::∨::::::::::〉    }|   \.   \
                                  .    /  /|::::::::::::::∧::::/   /::ヽ   \   `ー-、
                                     〈    |::::::::::::/i i∨    /::::::::::::\   )      )
                                      )   ∨:::::/|ヘ! !|    ! |::::::::::::::::::}  /     /
                                     /    |/ |:::〉 | !    >::::::::::::}  !     ./
                                  . <._     |   |::| ∨|    \::::::::∧ !    〈


26 :◆vsQyY1yD2Q
                                     j/: : : :_ノ /: : -―一': : : :\z L: : :ヽ: |
                                    /:/: : | /: : : /: : : /ハト、: : :l:|  L: : :l:ノ
                                    Vl: : : :[_/: : : /: : : //  l _l: : |:ヽ _ノレ'′
                                        \:/ l|: : ィ: >'´/  7´ l: /:/: |
                                         |: : l/ィf ハ    __,yl/レ:!rー、
                    村 抜け出して             N:_l| 弋り      ̄`Y l ノ |l |
                                         l:」ヘl `¨  〈! _    l ノl:!  |
                    外で遊ぶのは基本だよネ♪   /:八ム   マ  /   /: : :| l
                                         l:/: : : :\   ー'  /: : :l:_l ├ 、
                                     _   |ハ: : |: : : :>r-  个ーr'´」/   |_l
                                    | l     ヽl>‐r‐イ   |/l  /  / /⌒l
                                    | |     / l | 〈 ̄` <// /  |  / /⌒l
                                    l l  / )  キ l l\___  ̄`   し〈__/  /,/
                                   /⌒ヽ‐/ //  l/  l l  / \   \  ` ー' /
                                   /  丿  〔/ー‐、|  八|/  / \       /
         , . :´: :./      人`丶、
         /:_: : : /     _ イ : :丶、 ヽ
        /: :/ `ヽl -‐ :7: ̄ :l: l: :/ : : :`ヾ、
      /: : : ̄ _`_V`ヽ/: :.イ:/}/!:/:ハ: l: : : : ヽ
     i : : : l ̄ .イ ̄ |: ハ|V / jハ:{ |:/:l:. :} : :ト
      l: : : : ヽ:´:.:.|´: ̄|:.l_j|三_ ー- lハ}:/:. : :|!
    j : !: : : : :.;:-l:.: : : N l!fJ:::iヽ   くイ:. /リ    あんた達の話を聞いてると
    |: l: :.:. /:/イY:.: :、:ヽハ辷ソ ′ ,.ィv:.:l//
    |: !:.:.:/:.ハ. V:.:.:. :.ト:.ヽ::::::. `   {リイイ′     自分がいかに温室育ちだったかが
    |/.:.:/:/:.:.:.7く_\:.l `ヾ、_     ノ |〈
    l.:.:/:./:.:.:.:l.:.リ  \    こゝ イハ       分かるわね……。
    /:/:.:/:.:.:.:.l‐┴- 、丶、      イi:. ハ|
    //.:.:.;: - ┴=、-、 \ /7:ー:1/l/ j/
.   /':.:./         ヽ\ ヽく/://
  /.:.:./         i ヽ i V
. /.:.:./           |  | |/


27 :◆vsQyY1yD2Q

         _,. ----、 _,_
      ,r''"          ヽ
     /    r' `゛  ― ミ.ミミ
.     l   彡    :.     i
     .!  r' r'"     、    l
     l.r-、"      ,;;;::::::;;:,;,, ,,_i_
     l  ヽ      ,r'i_lヽ "!irt、!    ごめんください、ルカさん。
     .! 、      - 、    iT
      ヽ          r 、 l,!     やる夫君は おりますかな?
    ,. r       ;ミヽ;:: -、,,,ノ
   / ヾ、    ,.r'" r ,: ':  ヾ
  '´    ヽ、. ;' ;r' ;'" r''";"'  ,;!
          ヾ; ; ,; ; '"   ミ
           ヾ;i:'        ミ
            ヾ、, ;r;,  ,ミヽ
                "''"  ヽ
                                                 ____
                                            ,  ´ : : : : : : : .`ヽ、
                                            /   . : : : : : : : : : : . ヽ、
                                           / : . . : : / . : : : : l: : : : . ||≫、
                                         / / : : :// : : : ノ. :イ: : : : : : ||≪|ト、
                    あら、ゼッヒさん。.         V : : :/ ̄l: : :/ ̄ |: : : : : : :||≫|| :l
                                         〈 : : / ●丶/  ● |: :/ : /, '⌒ヽ⊥
                    ちょっと待ってくださいね。      人 /    __     |ノ: :││    |: : .`ヽ
                                        / . :ヽ   ヽ 丿     |: :││   ノ: /⌒ヽ
                                       l : : : ,∠>─ 、 _,  <|/ ヽ>-イ<⌒ヽ: : l
                                       > ´. : :┌┐、: :) ノ. : :∠ _ 丿. : :ノ : . \ノ ノ
                                     (: . . :<>⌒ノ∠二 / . : : : : : : : : . _ ∠厂
                                      ` <>´ ̄. : : : : :( : : :( : ¬: :二└‐´
                                        / ,−、_, ¬: :二-へ、: .ヽ ̄
                                         レ' ̄   ̄        ̄`


28 :◆vsQyY1yD2Q

                                         _∩
                                        / 〉〉〉
                                        {  ⊂〉     ____
                                         |   |    /⌒  ⌒ \
            ジップデークレ先生!               .|   |  /(●)  (● ) \
                                         |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
            蒼星石が そっちで迷惑かけてないかお?.   ヽ   |     |,┬‐ |       |
                                          \.\   `ー ´     /
                                            \       __ ヽ
                                             ヽ      (____/


     /    r' `゛  ― ミ.ミミ
.     l   彡    :.     i
     .!  r' r'"     、  u. l
     l.r-、"      ,;;;::::::;;:,;,, ,,_i_     いや、その蒼星石君なんだが
     l  ヽ      ,r'i_lヽ "!irt、!
     .! 、      - 、    iT      ウチで修行してた 金糸雀君と一緒に
      ヽ   u.      r 、 l,!      ゴトランドの方に出掛けて行ったんだよ。
    ,. r       ;ミヽ;:: -、,,,ノ
   / ヾ、    ,.r'" r ,: ':  ヾ      その事を君に知らせておこうと思ってね。
  '´    ヽ、. ;' ;r' ;'" r''";"'  ,;!
          ヾ; ; ,; ; '"   ミ
           ヾ;i:'        ミ


29 :◆vsQyY1yD2Q
                                               ____
                                             /     \
                       え? マジかお?         ./_ノ  ヽ、_   \
                                          /(●)三(●))   .\
                       蒼星石、何やってんだお。   |   (__人__)      |
                                          \ ヽ|r┬-| /   /
                                          /   `ー'´      \

   r-ーー'-二 ̄` ー 、,--、
 「 ̄`     ̄ ミ 、  `ii.j \
 \ヽ、ヽ、  、 `|   l 」' l |
.  l\=\ _\- _\┤  |彳.| |     あの子、なんか落ち込んでる感じだったし
.  l | ` ミ    ー- `~|  ├!、| |     カナが それを見て 何か吹き込んだのかもね。
.  |ハ. レ'     ● |   |6 | l.|
  !ハ ●     ⊂|   .|c/ |     とりあえず、ドゥー と でっていう が一緒なら
  `、ヘ⊃.  ,__,   |  .||Y~| |     大丈夫なんじゃない? 物理的には。
   |. ゝ.、 `´    |  ノ| | !| |
   |  ||.|` T ~  |  .リ|_ | l |
  .ハ  ノ/ア'|   / /ノ' ̄`'ゝ |


30 :◆vsQyY1yD2Q
      / /. : : : : : : / : : /: : : : : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :ヽ: : : l
     {/ {: :.|.:|: : : |: : :/: :l: : : : : : : : !::l: :|l: : : : : i: : : : :l: : : :l
          |: :.|.:|: : :⊥.:ム:!: : : : :ー十1‐|l‐- 、: :}: : : : :l: : : :l
        \|.:|: : :1ヽ| ヽ|\. : : : : ::l: l l:!:::ハ: :}: : : : l: : : :l     カナも一緒なんでしょ?
         `ト\1,.テ弍ヽ  \: : :/l/-_リ:仁_.l/l : : : :.:l: : : :l     それなら大丈夫よ。
             |: : :| {{ し。1   )ノ そ〒テ弐ミヽ: : : : :!: : : l
             | : ! ヽ廴ソ       辷 ソノノ V . : : :.!: : : :!      信じられる? あの子、私達が
           /:| : :!          ´ ̄⊂つ/ . : : : :ハ: : : :ヽ     ここに連れて来たんじゃないのよ。
          /: .:| : : :l     ′      ,r┐/. : : : : :.ハ: : : : :.\
         /. : :.:| : : : \          / l ∩: : : : : /: : :ヽ: : : : : :\  1人でラガシップを飛び出して、ここまで来たの。
       /. : : : :| : : : : : lヽ、   `   ∩ l!l: : : : /L....: : : \: : : :
      ( . : : : /\: : : : V::::〉ゝ --‐ < l / / 〉.::::/.:::::::::::`ヽ: : :\: :
      ヽ:::::/.:::::::.\: : : V:::l L ,.ィ´//    /.:.::/.:.::::::::::::::::::L__: : : :


                                                  ____
                                                /      \
                 なんつーバイタリティだお。              / ─    ─ \
                                             / -=・=-   -=・=- \
                 でも、確かに それなら 大丈夫そうだお。    |      (__人__)  U  |
                                             \     ` ⌒´     /


31 :◆vsQyY1yD2Q
         /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ト、
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//l:.:.:ハ.:.:.:.:.:.:.: : : : :.ト、ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://‐-l:.:/l:l.:.:.:.:j.:.:..:.:.!.:.:.! l:! !
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./,.イ,. ==ミl/ リ.:.:./‐.:.:.:.:l.:.:.:l リ
     /.:.:.:.:.:.:,r=ミ.:.!  ,.ィてハ   l.::/ハ1.:.::/:/l/     そうだ、やる夫。
    /.:.:.:.:.:.:.:.〈 い リ   辷ソノ   l/ り1:.:/l/
    `ヽ.:.:.:.:.:.:.:ヽ __    , , , , ,   ゝ'‐l/         ジップデークレ先生に
      `ヽ.:.:.:.:.:.:.:l \      、_ _, ' ' }          あのホネ、見てもらったら?
        `ヽ.:.:./  ヽ.      ー   ノ
       /´  ̄ ̄ ̄ ̄/l ヽ、  __,. ィ´
        /_ __ ___,/ .l  /´ ̄ ハ


                                                (ヽ三/) ))
                                            __  ( i)))
                                          ./⌒  ⌒\ \
                  おお、そう言えば             /( ●)  (●)\ )
                                       ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
                  魔獣の骨の事を忘れてたお!   .|    (⌒)|r┬-|     |
                                       ,┌、-、!.~〈. `ー´    _/
                                       | | | |  __ヽ、    /
                                       レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                       `ー---‐一' ̄


32 :◆vsQyY1yD2Q
     /    r' `゛  ― ミ.ミミ
.     l   彡    :.     i
     .!  r' r'"     、    l
     l.r-、"      ,;;;::::::;;:,;,, ,,_i_
     l  ヽ      ,r'i_lヽ "!irt、!
     .! 、      - 、    iT    ほほう、魔獣の骨かね。
      ヽ          r 、 l,!
    ,. r       ;ミヽ;:: -、,,,ノ     なんと、ミュートの種もあるのか。
   / ヾ、    ,.r'" r ,: ':  ヾ
  '´    ヽ、. ;' ;r' ;'" r''";"'  ,;!
          ヾ; ; ,; ; '"   ミ
           ヾ;i:'        ミ
            ヾ、, ;r;,  ,ミヽ


            ;'⌒ヾ____________'⌒ヽ     ゚  /ヾー、
             '、                    .::`;. .::;i        r!: : `、ヽ
              ;'                  ..:.:.:::;  `!       l:l::..: :.|i: 〉
            、_ ,.イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄、 _;:ノ       ヾ;::::..:lシ′
                                              `ー┘


33 :◆vsQyY1yD2Q
                                           ____
                                         /      \
                                        /─    ─  \
                よく分からんで集めてたけど     / (●)  (●)   \
                                      |    (__人__)      |
                それ使って何か出来るのかお?.   \   ⊂ ヽ∩     <
                                        |  |  '、_ \ /  )
                                        |  |__\  “  /
                                        \ ___\_/


     /    r' `゛  ― ミ.ミミ
.     l   彡    :.     i
     .!  r' r'"     、    l
     l.r-、"      ,;;;::::::;;:,;,, ,,_i_
     l  ヽ      ,r'i_lヽ "!irt、!    ウム、我々 魔獣合成師は
     .! 、      - 、    iT     骨から魔獣を復活させる事が出来る。
      ヽ          r 、 l,!
    ,. r       ;ミヽ;:: -、,,,ノ     丁度、古代の魔獣 『キリン』 の骨が 1体分揃っているようだ。
   / ヾ、    ,.r'" r ,: ':  ヾ     やってみるかね?
  '´    ヽ、. ;' ;r' ;'" r''";"'  ,;!
          ヾ; ; ,; ; '"   ミ
           ヾ;i:'        ミ
            ヾ、, ;r;,  ,ミヽ


34 :◆vsQyY1yD2Q

                                          ___(⌒ヽ
                                         /⌒  ⌒⊂_ ヽ
             古代の魔獣とか格好良いお!.   (⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ
                                   ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
             見てみたいお!              \ \    )┬-|   / /> ) ))
             すぐに やって欲しいお!      (( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
                                    \ \ /          /
                                      ヽ_ ノ       │


         _,. ----、 _,_
      ,r''"          ヽ
     /    r' `゛  ― ミ.ミミ
.     l   彡    :.     i
     .!  r' r'"     、    l
     l.r-、"      ,;;;::::::;;:,;,, ,,_i_     ではまず、骨から 『キリンゾンビ』 として蘇らせる。
     l  ヽ      ,r'i_lヽ "!irt、!
     .! 、      - 、    iT      そこから更にミュートの種で命を与え
      ヽ          r 、 l,!       完全な 『キリン』 として復活させるぞ。
    ,. r       ;ミヽ;:: -、,,,ノ
   / ヾ、    ,.r'" r ,: ':  ヾ       ここまでの行程を、一気にやってしまおう。
  '´    ヽ、. ;' ;r' ;'" r''";"'  ,;!
          ヾ; ; ,; ; '"   ミ
           ヾ;i:'        ミ
            ヾ、, ;r;,  ,ミヽ
                "''"  ヽ


35 :◆vsQyY1yD2Q
                \                    /
                 \  丶       i.   |      /     ./       /
                  \  ヽ     i.   .|     /    /      /
                    \  ヽ    i  |     /   /     /
                 \
                                                -‐
                ー
               __            さまよえる魂よ!         --
                   二                         = 二
                 ̄           汝の器へと戻れ!          ̄
                  -‐                            ‐-
                  /
                          /               ヽ      \
                  /                    丶     \
                 /   /    /      |   i,      丶     \
               /    /    /       |    i,      丶     \


36 :◆vsQyY1yD2Q


    我が名はキリン……             _
                          .、r'三っ彡彡彡    _
    今後ともヨロシク……      _r'`r‘'・シァ彡彡彡__∠-‐"⌒ミー、_
                   ,-、 ‘ー゙三"ニ=ミ彡 _/∠_て_  _r、    ̄ミ
                  ,r',;へ.`y'"~   _∠/ _⊆ニ;;;`ヽ、  ̄_) ノ_    ミ
                〃フ~'  ゙(   /~⊂ニ彡;;;;;;;ヾ.  ̄三    ̄\_ミ
                . ̄  /二ニ(⊂二ニ~;:-:;;;;_L_   三 _ ,,
                   } f~'  \ ̄ミ三ー'_|_|」⊥ゞ.⊆工__ 彡j ,r "       原作:キリン
                  〃フ     ̄`ー"~     _`フフ_二ニへ\_/彡_,-、  キリンビール・ロゴ
                .   ̄          /,二下ャ─"      `ヽへ.__.ゞ-"   (ロゴ・マークAA集)
                    K I R I N 〃フ   `゙ B E E R
                              ̄



37 :◆vsQyY1yD2Q
ルイズのラストバイブル3講座 『骨から復活するゾンビ魔獣』
 ┌────────────────────────
 |ゾンビ魔獣は、いくつかの骨を集めて蘇らせる古代の魔獣よ。
 |1体の魔獣につき、だいたい2個から4個の骨があるわ。
 |キリンの場合は3個ね。
 |
 |ゾンビ魔獣は それぞれ強力な魔獣なんだけど
 |ゾンビの時は「マイラル」って種族で 合成には使えないの。
 |
 |ミュートの種で完全復活すれば「カルマン」になって 合成出来るようになるんだけど……
 |1体しか仲魔に出来ないわけだし、ちょっと もったいないかも。
 |
 |でも、魔獣を預けられる数には限りがあるし
 |骨のまま取っておくにも、アイテムを預けられる数にも限りがある。
 |リメイクするなら、この辺を改善して欲しいわね。
 └────────────────────────────
     _
    〃 ` ヽ
    l lf小从} l /  イベントで仲魔になる魔獣にゾンビ魔獣
   ノハ{. ゚ヮ゚ノハ/   全部を預ける事は出来ないわよ。
  ((/} )犬({つ'   預けられる数が足りないから。
   / '"/_jl〉` j
   ヽ_/ィヘ_)〜′


38 :◆vsQyY1yD2Q
           ,. ,.
          i'"゙i ゙:, ゙'i
    ゙ i ~ `ー、 |: :|、、|: :| 、
      l   i_,i": : : : : : : `!-‐'''" ̄l
      ゙i、  : : : : : : : ゙i、: :゙i、_/
        ;r〒>  : : : : ! くi;''      ……さて、大勢いるようだが
        i、```  : : : l /
       /i     : : V         誰が我がマスターなのかな?
      / l    : : : : |
    /: : : ゝl  :・ : ・`l
   /  : : : : ゝ、: : : : : 丿 ※ キリン
 /: :   : : : :/   ̄  ̄

                                                 __ __
                                              ,. '´       `  、
                                            /        、    \
                                           /           \    ヽ
                                          /              \    ',
                                        /  /  /     ヽ      ',   |
                                        |   !  i  !    !  ヽ 、      !
                                        |   !_|  |  ! /\__」⊥  |   |
              それは、やっぱり やる夫じゃないの?   ! ! |  |`トハ  V  '" \ |   |  八
                                        ヽハ. 从代ト、 \| ,.ィ圻うト  ,  /  \
                                         /〉 ハ Vr}     v少/  /      \
                                          /   ! :::  、    :::: /  //\     `
                                          /   /ヽ、  。   /  /::::::::::::::
                                        /   /   }> ,. ィ    /:::::::::,.:::::―气ヽ
                                          , イ } i レ'::/     /|::::/:::::::::::::::::ハ  
                                        ,. ィ"::└くノノ/     ,.イ\|:/::::::::::::::::::::::::::} 、


39 :◆vsQyY1yD2Q

       ____
     /⌒  ⌒\      やる夫より、ミィが仲魔にしたらいいお。
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   ガイアの戦士なのに 仲魔がいないのは
  |             |   やっぱり よくないと思うお。
  \              /

                                        ,.、  -──-  、,
                                     ,、 '-─‐- 、l ̄l,、 -─‐'、、
                                   /                \
                                  //       ィ    l       ヽ
                             ,      ,','     ,、イ:.:ヽ   人、       ',
                            / \  ,':レ-:.:.:':.´:.|:.:.:.:.|:.:.ヽイ:.:.:.|:.:.`:.:. 、 __  |   ,.、-‐ヽ
                            ヽ、  \ |:.|:.:.:.|:.:.:.:.:/!:.|;.:.|l:.:.::|::.:.;|:.ハ:.:.ハ;:.l:.|:.:.: ̄| /    |
                             __`ー二|ヽ-|:.:.|;/廊;;| ∨リl:./|/;ムjハ!:|-‐|Z -‐=ニ二
                            ヽ    , イ|,>|:.l´ __  `  ´ ´ _ `/;|ニー||` ' 、  /
     確かに、私も 家を飛び出した今なら   `ー ´  l:|:.:.:.:.|_/ふ;が'     '゙か心ヾィ:.:.:.:.`|    `´
     魔獣を仲魔にする事が出来るけど.       ノl;:.:.:.:.'、' ゞtツ       ゞtツ 'ソ:.:.:.:.:.l
                                 /:.,'、:.:.:.:.\  ̄   ,     ̄ /:.:.:.:.:.:'ヽ
     ……いいの?                  ./ィ :ハ:.:.:.ト、,_ヽ、_       ∠:.:ィァ:.:./\:|
                                 /:./l:..\|:.:\ ̄    ‐    , .イ/:./:.:.',:`
                                 ,':./:.:|:.:.:/`:.:.〈、`.i-   ._,  <!ヽ|:.':´:.:|:.:.:.:',:',
                                /´ ̄\:.:.__;人ヽヽ、,,_,、.ィ/ ノ、:.:.:.:.:.|.;、 -、.',
                               /       /  ヽ\`ヽー/ ,r '´ l  ヽー'     \
                             /        |     `l Y. l        ',      '、
                            〈           |     / .ハ ヽ      l'       !、
                             l          |     { 〈  } }      |        l


40 :◆vsQyY1yD2Q

   (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i ) __ ( i))) 
      / /⌒  ⌒\ \      なぁに、これから一緒に戦ってくんだから
     ( /( ●)  (●)\ )
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \     気にする事はないお。
     |              |
     \             /


                                    /__,| |  ,ィLト、ト(__| .|     \
                                   /_,,--┤ |ノ /⌒^^ー-ヽ!、      \
                                  /     | |/ ,ィ   ト、  \ヽ、
                                 ./      レ/__/:;;ィヽ/::::\__|::l  \/
                                /      /ヾ_i::∧/__レl∧|_i:::i:::::i__L_ / ⌒
          ありがとう、やる夫!         ./     /辷|-レ _    _`レ=|-ニ /__
                                ',   ー ヽ__ ノ:::| ´ ̄` ,   ̄`/:::|`iVく\\  /
          やったー、初めての仲魔だよ!   ヽ   /r-へ|人ゝ .r―‐┐∠:::::l::::ト、 .\\`/二
                                __>/// /^ーヽ、`ー‐'  ノ⌒ ̄ \ \イヽ
                                l__ノ|l/ /     ヽiー--‐ィ ヽ     /ー┘L」
                                  V |_/┐     / >Y <  ヽ  / )、
                                      丶 l  / ,ィ(() )ヽ_\//i::i:l
                                        |ヽ_/イ ヽニノ   | ̄|:::|::l::l:::|
                                        |::i:〈 l    |´   ノ ノ:::|:::l::l::|


41 :◆vsQyY1yD2Q

                                               _
                                           .、r'三っ彡彡彡    _
                                        _r'`r‘'・シァ彡彡彡__∠-‐"⌒ミー、_
                                    ,-、 ‘ー゙三"ニ=ミ彡 _/∠_て_  _r、    ̄ミ
                フム、ちと 心許ないが     ,r',;へ.`y'"~   _∠/ _⊆ニ;;;`ヽ、  ̄_) ノ_    ミ
                熱い、良いガイアだ。    〃フ~'  ゙(   /~⊂ニ彡;;;;;;;ヾ.  ̄三    ̄\_ミ
                                 . ̄  /二ニ(⊂二ニ~;:-:;;;;_L_   三 _ ,,
                娘よ、よろしく頼むぞ。      } f~'  \ ̄ミ三ー'_|_|」⊥ゞ.⊆工__ 彡j ,r "
                                   〃フ     ̄`ー"~     _`フフ_二ニへ\_/彡_,-、
                                 .   ̄          /,二下ャ─"      `ヽへ.__.ゞ-"
                                               〃フ   `゙
                                               ̄
                          _ _
                       ,..:.':.´:.:r──、`丶、
                    /´ ̄ ̄`ヽ  /─-、:.ヽ
                   〃      /  、    ヽ:`、
                ┌、 /     __ /{    ト、     l: ',
                \V仁丁:/:.:/:/l:.:.\/:.:.:.:.ヽ、__|:.:.}
                   r‐仆三l|:.:l:.i_|/ |:.:.:.:|:.:.l:./!:.:.i:.:.:.:.:.:.|/>
                    ̄ |:.:.:.:.|V´  ` NV∨~´jハ!:.:.j三K´
                 |:.:.:.:.|、r'´´`ヾ     _ _  |:/:.:.:.|\>     こっちこそ、よろしくね キリン!
                    j:.:.:.:.:ヽ       ´  `ヾ/.:.:.:.:.|
                ノ八:.:.::犬`   _ '    _ノ.:.:.:.:.: .|       やっぱ、魔獣を連れてこその
        r‐、       |:.:\|:l:\ └^- ア  厶jノ\:.{       ガイアの戦士よね!
        |  }         |:.:l:.:.:l::::l:_i>、 __,..  イ:::l:l:::.:.:l:|``
       / ̄ ̄)       |:.ノ:.ノ:/:::厂`ヽ ,r┴マ::::l:l:::.:.:l.|
      {  ´ ̄ }   / ̄ \_{:厶ソ  ヽV   {_::::l:|!斗┴ 、
       !  ‐ '´}、/       }      /∩ヽ    ̄{      \
      ∧   / } 、      |     _ ヽしノ __   |        \
      ∧∧  /   i、     j,. ‐'/´  \__/  \ |        )
    ./  \\{    ヽ::ヽ  /  /     i     !`ヘ   /:  /
    /     \\ 、ーヘ:ハ::.;.゙  ,'       !     i  ∨ .:!:/ニ{_,.、-┐ __
    ,′.. -‐ ─ヽ \ ー゙仏i::.  !      i     j   :} |. /:. / _、-‐|// _
    !'´-''"´  ̄ ̄`ヽ }./  {:.  :、   . ...:::::!::::.... .. . ,′ .:厂 ̄∨ / ,、‐レ'´┘


第十七話へ  2      第十九話へ

posted by 文月みと at 01:25 | Comment(8) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
うーん、どうもやる夫たちが「ガイアyoeee」人たちを見下しているような気がして、高感度がダダ下がりですな。

Posted by at 2011年03月05日 10:59
単純に考えの違いからじゃないかな?身近でいえば、山で育った人と海で育った人、北国出身と南国出身って感じで。
Posted by at 2011年04月27日 21:07
やる夫達は、ガイアを持っている事を当然だと感じてるからなのかもね。
Posted by at 2011年06月21日 01:35
たとえば貨幣経済がなくてそれでうまく回っている場所に、いきなり「今日から貨幣経済だ、お前らも従えよ」って言ってきたらそら反感もあるだろ。
好感度うんぬんじゃなく他の考えや常識も尊重しろって話だよ
Posted by at 2012年04月22日 04:51
「なんでエネルギー問題なんて起きたのかな?」
「ガイア足りないからだろ」
「あぁそういえばそうね、自分達はガイア不足してないから実感なかったよ」
って流れでおぼろげにしか認識していなかった差異を言葉にしただけでは……
(実際二人以上で話し合うことでそこら辺明確にできるってのはよくあることだし)
どこをどうしたら見下した感じに受け取れるんだか、わからないや
Posted by at 2012年08月11日 15:30
どうやったら見下してるように解釈できるんだか
Posted by at 2013年10月20日 01:19
無知から来る無意識の見下しであってるよ
エキンムあたりの会話ちゃんと読んだか?
Posted by at 2013年11月29日 18:32
見下しまではしないが、疑問に思うわな
誰もが持ってる力で鍛えることも出来る
そのための施設、環境もある
なぜ禁止する必要があるのか疑問に思って当然でしょ

それに知らんとはいえ自分の親父を殺そうとしてるポリスを崇拝してる連中だしね
Posted by at 2014年05月03日 02:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34651592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ