■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年01月10日

第二十話『空の民』(7)

第十九話へ       7 第二十一話へ

【 メガロ・ポリス 】


_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n.
ヮ,'lil、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;lfni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,тgi゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧  /  彡
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳  /    <
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖  /     <
_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ   /`       ゥ
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i|  /        フ
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三. /      ミミ/
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―  /      ミミ/
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二  ,.._   _,/       ミミ/
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \    f゙   "''"        ミミ./
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     '"ー゚ 、ヽ          ∠....
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /      ノ            <
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|     /              〈^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /                〈
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /             /        /        >'
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄ /i |       ノ/        >'
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥ /    ト    ,. '゙ ゝノ! 〉 ヽゝ,.>''゙
/川 /                       /     |ヾヽ '゙
                           / / / ,,. ィ


126 :◆vsQyY1yD2Q
【 元老院 】 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :: : : : : : :::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/.:: : : : : : : : : : : : : ./|| ̄ ̄ ̄ ̄:::|l: : : : : : : :
: : : :: : : : : :::l|_____||::|: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : :./  ||____;;;||: : : : : : : :
. : . : . : . : . : ∨,-‐──: 、::ヘ|. : . . : . : . : . : . : ./: . . : : . : . : : . :.:| /, -‐──: 、::/. : . : . : . : .
______.`|     . :.:.:|‐'_______/________└─|     . :.:.:|´_____
      i    |    . : :.:.:.|            |                  |    . : :.:.:.|   |
      |    |    .: : .:.|            |                  |   . .. :.: .:|   |
___l___. |    .: : .:.| ______l___________ |   . .. :.: .:| _l_____
::::::::::l二二|l:::::: |    . : :.:.:.|:::::::l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::l|二二 l::::::::::::::::::::::::|    . : :.:.:.|:::::::::::::::::::::l:|二
::::::::: Τ`Τ::::::::|    .: : .:.|:::::::Τ ::Τ::::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ:::::::::::::::::::::: |   . .. :.: .:|:::::::::::::::::::::Τ .:
┬─::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::| ┬─┬─‐|    . : :.:.:.| ┬─┬─| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:
┬┴::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴‐|    . : :.:.:.| ┬┴┬┴| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:
┬┴::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴‐|    . : :.:.:.| ┬┴┬┴| .:

                                     . -―−- .
                                   /: : : : : : : : : : `丶、
                                  /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                    { : : : : /\ : : : : : : : : : : \
                                  ヽ:,.-‐{.   〉−- :_: : : : : : : `、
                                 __,.〕―−-  ::_:::::::::`ヽ、 : : : : :〉
                                ‘ー_ェー、- 、.__::::::`丶、_::::`i _;/
      君が、エキンム の 軍艦島における戦いで   ヽ} モrヘ._r‐rtテ¨7´!:.`Y´
                                   ト- ' 厂`ー-‐' /ィ´リ
      民間人の身でありながら ポリス軍に協力し     .  `__    /tシ;′
                                         ヽ、 マ_,〉   イ:./
      戦功を上げたと言う少年か。                 ,.-l\__, '´ l^′
                            ,.―-、 __   _,ィ′ `ヽ、   ト、
                             Y丶、 \ ̄: :_:t    、\ / ヽ
                            l: : : : ヽ  Y´: : :゙、 </ ,.-へくヽ.}ーぐヽ
                          j : : : : : : ', l: : : : :ヽ //´: : ヽ' |`ーl }
                         r': : : : : : : : i. |: : : : : : くく O: : : : : :` : : | /!


127 :◆vsQyY1yD2Q

                   ……まぁ、壁新聞では そう言う事になっていますね。
      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \     あの記事を見た時は 驚きましたよ。
   /  (●)  (●) \    僕って、1人で バルバロイを全滅させてたんですね。
  |     、 ´       |
  \      ̄ ̄    /     それが真実かどうかは、貴女方も 御存知だと思いますが。
  /            \



                                          { : : : : /\ : : : : : : : : : : \
                                        ヽ:,.-‐{.   〉−- :_: : : : : : : `、
                                       __,.〕―−-  ::_:::::::::`ヽ、 : : : : :〉
                                      ‘ー_ェー、- 、.__::::::`丶、_::::`i _;/
                                        ヽ} モrヘ._r‐rtテ¨7´!:.`Y´
                                ………。    ト- ' 厂`ー-‐' /ィ´リ
                                           .  `__   u./tシ;′
                                               ヽ、 マ_,〉   イ:./
                                              ,.-l\__, '´ l^′
                                  ,.―-、 __   _,ィ′ `ヽ、   ト、
                                   Y丶、 \ ̄: :_:t    、\ / ヽ
                                  l: : : : ヽ  Y´: : :゙、 </ ,.-へくヽ.}ーぐヽ


128 :◆vsQyY1yD2Q
            /::::: .: .:      .      ノV|
               /:::::::.:::: :::.::  /: .::/  .::    } ノ.|
           /:::::/::::::::::::  /: .:;イ:::: /::::  //ヶ' 」ヽ
           }:::::j::::::l::::::: . {:::; '-1::;イ/l::::: ,ィ, '∠- '  ',
           |:::::{:::i::{:::::: ::.ト/z;=∨、 l::::// ‐-l:: .  }
           |::::::Vli::ヽ::::i!:|´、_{‐' }` ∨  zミ、 }: .:: ト/,_     もちろん、『赤いフクロウ』 と言う
           |::::/ rl:::::::トヾl    ̄`   、{‐'}`ノ/::: /7/.l     運び屋の活躍は存じていますよ。
           |::::{.、r}::::::|          ``"フ;、ノ/,' }| ,、
           |:::::゙ヽj:::: |        、_ .. ' j:/ }.// !| //   他に 数人 戦いに参加していた事も。
          ノ::::::::::j:::: l丶、       _`` .イ .// ' /. レ' /
         /:::___/:::: l   `丶、    ∠_:{ ゙′    ` /     そして、できる夫君。 貴方が 参加していた事も
        /:「 ̄ 7:: /ー―――`=;=;ニ´-- l   /.  /      紛れもない事実でしょう?
      , ':::::::::l  /:. /        } }    j,  / .   /
        {:::::::::::::l //  i        .l l   /::ヘ     {
      ,ゝ''´ ̄ }//  {        l l   /:::: },    ト
      ./     j',1:: : |        l l  ノ:::  /_}    ∧l
     .,'     /l{ ヽ: :::|        l l /:::: /  l  / }L
    {    、 l `  ヽ:|          l l/イ /.    }/   | 、ヽ



                                                ____
                                                /     \
                                              /        \
                             ……その通りです。   /  \    /  \
                                           .|    (●)   (●)   |
                                            \      ´     /
                                            /      ̄ ̄    \


129 :◆vsQyY1yD2Q

            __,,,,、、、、,,,,,__  ゙!ヽト、
        ,、-''"´   _,,、-‐   `ソ .! ゙i
      /     /::     ,ノ  ノ l\
     /.:     /:::::    _/ ;/  /   ヽ
    / ..::: .:  .:  :j:::: .: i //,.イ /   :  ゙、
   / ..::::::.:: ..: .:/!:::::..:: l / '´ // ゙i .:: .:::  ゙!
   i ..::::i:::::::: i::i:..::l l:i::::::::::|;:l,   _,,,,,_ノ:::::;ィ:::  jl !
   | i:::::|:::::::::l::l:::::|-゙!ヽ::i;:l,ヽ  ´  ///;ハ:::. / i!   我々 元老院は
   ゙i.|::::|;::::i:::|::l'ヽ! ゙ ヽぃ:、   ,r=;''ヾ、 /::;.イ     ポリス市民の 善意の協力に 報いねばなりません。
   :.!゙!::|ヽ:l::|ヽ! rテ"゙ヽ      l`';;:::} 'イ:: |
    Y::ヽ:!:l, `i l`';;::::|      `゙''''''"  !::: |      名誉勲章の授与と共に
    j:i::::l´iヾ: ´ ̄     i       l::::  l      あなたの望みを ひとつだけ 叶えて差し上げます。
   :/::l:::::::j:::::゙!       '   ,   ,/i:::  .!
   __,ノ::::_/:::::::| 、    ー‐ '''"´   //:::  |つ
   ,;/レ' ::::::j、_ ゙ヽ、     `"   ,.イ /::  /´ i゙
   :::::/  .::/:/  `゙''''‐` - 、、,, /_⊥/::::: ./:j ,r''" ゙̄ヽ,
   / /:::/            //:::::;ィ//i!/ _



                                              ___
               エキンムから メガロに到着するまで       ./   ヽ、_ \
               色々と考えていたのですが            ./(● ) (● ) \
                                         /:::  __´__   :::::: \
               元老院に 叶えてもらえるような       |  l^l^lnー'´        |
               僕の望みは、ひとつしか無いんですよ。  \ヽ   L        /
                                            ゝ  ノ
                                          /   /


130 :◆vsQyY1yD2Q


 ̄ ̄ \
     \
        \
     へ  \
      _\  \
  /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \.           ラクス様
  ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \
  {  {::::::::::::::::::::::} }  \        僕を ドラクル にしてくれませんか?
   '、 ヽ::::::::::::::/ /      \
         ̄          |
                     |      昔からの 夢なんです。
                     |
            ___|
           丶   /
                ヽ/


131 :◆vsQyY1yD2Q
                                            /        /     /  /  |
                                          /     /  /    , -ァ'´  /  /ヽ
                                         //     /  /      /∠ィ ̄  _/    ヽ
                                         //     / / |    | /  └─イ| /    ヽ
                                       |/| l     |  |ニ|   /||     // 〃//    |
                                        l! | ||   ||/|⌒ヽ  |リ  `ー メ//// /  l   |
                     まぁ…….              ヽハl   | >イ丁ヾ、 |   _ィニヾ メ// /  /  |
                                         ! Vト|ト| !├':::::| ヽ!   「_ノ:::ハ /彡  /  /
                     あなたは ポリス軍に           /))┴rァ' /     └-く  彳 //! / /
                     入隊したいと言うのですか?    ./// / / / 〈         イ / レ1}/ /
                                       __/{ { | { / /  ___        // /ノ/ !
                                   , - ''"´  /  ヽ!l ∨ {   V }      //  ト 、  |
                                   /      //   ハ    ヽ、 `ニ     , イ /  ├一〉 |
                                  /      //  /⌒ヽ     ヽヽ ---一'┬┴|  │ / |
                               /       Xリ/ /   ',    ヽ      |   | | |∠--、|
                                |         | || /     〉     人     /  / / /    `ヽ
                               /     / |  レ'    ,'   /  \  {{ //   /        |


         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \    ええ、僕は ポリスの平和を守る
     |       __´___    |
      \       `ー'´  ,/     ドラクルに なりたいんです!
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


132 :◆vsQyY1yD2Q
            ,. '´           / /  |` 、
          /      , '    ,.'  /   ,. '  ヽ
            , '        /   ,:'-! ,.'´ ,. '´ .     ヽ
        /       i     / '´! / '!  ,     l,
         /      ! ,'! ,  ; l   '´  l,.! ,! ,!  ,  l
          l .!    l  l | '、!、 !,l   ,. =-ナ'l ノ'!ノi ノ  i !
       l !  ヽ ヾ、!;!-‐、、ヾヽ  .,-;≦ノ='-ノ/ / リ    ……良いでしょう、あなたの願いを叶えます。
         ! l', ,、ヽ、'、_、,`ニ=ミヽ'、、 ´イ;::ヽ.)i゙ツノ ノ'、ノ
        '. !∨'ハ、ヽ>,ィ;:::ヽ.)i`     ‐'─‐'"ノ' |ソ'     しかし、ドラクルになるためには
      .  `//'/'i、ヾ、',ゝ-‐'"  .:. 、     ´ |  !' !     入隊後、試験をパスする必要があります。
        /' / /!`、ト` ゙‐    .:::: ;      l  ! l
      r',. ' , ' /! |  |ー、      _ ,. ..,.   ,.イ ,!  l     私に出来るのは、その試験の年齢制限を
.      / ' '  /,) l  |´`゙ヽ、  `''ニ´'   / ! |ヽ i     特例で免除する事までですよ?
     /     /,.' .|  |    l`丶、 ゙゙ ,. ' .|  ,! l丿! ヽ
    /    ,//‐--! |ヽ 、,. '',!    `` ´   |ヽl  !´ !-─`ー- 、
   /    ノ,.'    l |:.    ` ー ---- ‐'''"´.:! ,/ ,|       ヽ.
 ,.r'    ,.,:' '    l !:.               :,',ィ  |         ヽ
‐ーl _-イi'ー‐っ   ,! .l:.  、           ./,.'l   '、         ',
ー'"  く! !|  (.l- 、./ '、i'、  `         i,'i:|     |         l



                                                 / ̄ ̄ ̄\
                             ありがとうございます!     /        \
                                              /  \   /   ヽ
                             試験は、自分の力で     |  (_)  (_)   .|
                             突破してみせましょう!   \   __',__    __,/
                                              /   `ー'´     \


133 :◆vsQyY1yD2Q

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||     では、僕はこれで。
 |:::::::::::::::||   ⌒_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \    用意していただいたホテルで
 |:::::::::::::::||  __´__    |    式典まで 寛がせてもらいますね。
 |:::::::::::::::|| `ー´   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||


134 :◆vsQyY1yD2Q
                                            ヽ:,.-‐{.   〉−- :_: : : : : : : `、
                                           __,.〕―−-  ::_:::::::::`ヽ、 : : : : :〉
                                          ‘ー_ェー、- 、.__::::::`丶、_::::`i _;/
                                            ヽ} モrヘ._r‐rtテ¨7´!:.`Y´
                           ……よろしいのですか?   ト- ' 厂`ー-‐' /ィ´リ
                                               .  `__    /tシ;′
                                                   ヽ、 マ_,〉   イ:./
                                                  ,.-l\__, '´ l^′
                                      ,.―-、 __   _,ィ′ `ヽ、   ト、
                                       Y丶、 \ ̄: :_:t    、\ / ヽ
                                      l: : : : ヽ  Y´: : :゙、 </ ,.-へくヽ.}ーぐヽ


/ .:: .: :/::::/ .            _         } l l  ヽ
 : :::.: /::;ィ´::..:::         /         / ノ !   ヽ
  :::: ./:://..:::::      / ,ィ´::: .:    /  ,.イ / /     ',
 ::::::: {://::::::: ..::   /: //:::::::    /.,.-‐'´ / / /       l
..:::::/;-l{7{::::::: .::::  /{::::/  {:/:::   ,ィ´:/   ノ-ク ,ィ:        |
::::://,ニl:::';:::::i::::::  /~l::/―-l{l:::: / i::/      '"´ j::     } !
:::/{ , j:::::ヽ:::';:::::. {_z=ゞ三ミ;、';: /ヽ、i/         ノ:..: : ::.  ノl/
:/: ',ヽ」:::::::: ゙ヾ;:::::.',__{-‐''´:::rヘヾ       、___ /:::::::/ /:: //
':: ;:::'、!:::::::   |\::', ̄`'''‐''       _z;:=;_ ノイ/:;:':::: /
 j:: :::゙l: ::::  | ゙ヾ           /-‐'::ノ〒フ:::;イ:::/   願いを叶えると 言いましたからね。
. l:: .:::::!: :::  |               , `''−く,.-';;-'´ノ/
⊥;;;;;;::l:.    |ヽ           {   ‐''ラ´  '´      それに、ポリスを守りたいと言う意志に
   ゙̄1: . :   | ヽ        、__ 、 ‐'    ノl           偽りはなさそうです。
    ';:: ::   !ー‐ヽ     `ニ''`   ,...'´ |
     ';::.::.  |    ` ー- 、_ _,,.-''´:: :   |            彼の、平和を望む心を 信じましょう。
     ';:::::.:  l         `゙'''ーr;=、  l
      ゙、:::::. l           〃 ノ  !
       ヽ::::. ',          〃./: /
        ヽ:::..',         〃 {::: /


135 :◆vsQyY1yD2Q

               ,. -‐ '' """ '' ‐- .,
             /           `' /| ,'!
            , '       , '´     ノ |>'.l
         /,    /  ,.'/   ,.-,.‐',.. - '´ !'、
         ,'イ./ , .,' ,./ l'l  // '''Z,..r‐ ''"´  ',
          l'.l,'.! l  l ,'li,,...,,l .N     ,'.ノ /   .!
         l' .i l、l l,!ィ=-;、ヽi  -‐-ィ' ,/, ./  l
          Nヽ',!、l'::'-!` `  ,.,-'</rノ   ,'
          l.l |!`  ̄  ,   ,,!'':':;!'i/  i.//    ……やる夫。
           !i  !',.    !.:   `"/ィ,.イ/'/
          ,'l  .! '.、.  、‐- ,.   /,!´ ! /      あなたも、この戦いに
         ,' !  l-‐.ヽ. `"´ ,. -'.,´!  .! !
.           ,' .|l  !''ー'-`ー=.´l-.r‐ '1  .! l       参加していたのですか……?
        ,'  'i, l        .!|   ! .i.! .!
        /,.. イ',. !          .!!  .! ,',' ',
        , '´   !. ', l   ,、    }}  ,' .,'!'`"'‐.、
     /    .,'  ヾ, (ヽ,>ン','´' _!! .,' /' ',    ',
     !    !   '、ー/´´'-‐,ニ-{,l.,'/  i    .l
     !   ヽ.!   ,ゞ`   ´r'‐7,!!'   .! /  .!
      ト、  __!  /l     ,. ‐''´ ヽ',   .!'   !
     ,i.  ̄ .l, .ノ! '、 ,..、'´''ー、  / l、  !--‐ '.l',
    /.l    i >.!  i./  ',  / .',,.'  !.'、 /     .l ',
.   / ,i    !' l / ',   i ',  ! ,  ! 'i !    l '、
  /./,'   /  !/  .i   /  ',  ヽヽi  ヾ    ! ヽ'、
  ,' ,' i ,.,= '    !  ,! /  /  ,! !   ヽ,,_  i ヽヽ
 ,'/! i./     , '  i  !  /  ,.'  i       ! ', ',ヽ',
. i,' .! !     /、_  ヽ  ! i  l.   ヽ      l ', ', ヾ、


136 :◆vsQyY1yD2Q



_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n........
ヮ,'lil、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;lfni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,тgi゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳凵Ξ|田
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ ̄|─r‐┬|Π
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i| /⌒\ /二三
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三|i |二二! 三\


          ____
        /     \
      / _,ノ  ⌒ \    やれやれ、まさか 真実を覆い隠すための
.    /   (一)  (ー)   \   スケープゴートに使われるとは 思いませんでしたよ。
.     |        ´    ij  .|
    \     ⊂つ     /    元老院は やる夫君達の事を どこまで知っているのやら。
    /           \


137 :◆vsQyY1yD2Q
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`-、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       \
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::__,         i
         }:::::::::::::::::::::::::::::::::__ ,,             }
           }:::::::::::::::::::::::::::::'``'(;;;;;)ヾ\     \ |   とは言え、僕にとっては好都合です。
           |:::::::::::::::::::::::::     ' ̄´    ..,,_=ミ、 i
         }:::::::::::::::::::::::::::::            ̄`V l    これで、ポリス軍を 内側から調べる事が出来る。
            }:::::::::::::::::::::ヽ      '´ ’/'_,.     !
         !:::::::::::::::::::::::::..          ..   _   |
            }:::::::::::::::::::::::::::‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l    「バルバロイを倒したのは ポリス軍ではない」
           人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、 `'''´   /
           /::::... ...::::::::::::::::::::::::::::/ ̄´     /      吹聴して回った甲斐が ありました。
         / :::::::::::\::::::::::::::::::::::{        /
           ::::::::::::::\::::::::::::::::::}     ,./
               :::::::::\__:::::::::`'-‐::"/
                「`''''''''"´:::::::;;:" 人
                        .:.::::::::;;″ /' \
                  .:.:::::::::::::i' .:/'"´


138 :◆vsQyY1yD2Q
           ___
          /⌒  ー、\
        /( ●)  (●)\          まぁ、ドラクルに なりたかったと言うのも
      /::::::  __´___ ::::::: \.
  cー、  |     |r┬-/ '      |⌒,一っ    本当の事なんですけどね。
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
<<</ヽ                     /\)))



           ___
         /     \
        /   \ , , /\
      /   (●)  (●) \    せっかく掴んだチャンスです!
      |       、__',_,    |
       \         , /     無駄にはしませんよ!
  .      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
        |  ,___゙___、rヾイソ⊃
       |            `l ̄
  .      |          |


139 :◆vsQyY1yD2Q

                                  ,‐- ,、
                                 lヽ丶◎`ヽ
                         ヒヒーン!  .l \_ 、: :::`ヽ、
                                ヽ:   ´ )::::::::::`ヽ/lヽ
                                 ヽ::   (   |:: ::::`ヽ_ヽ、
                                  \:ヽ_/  Y `ヽ、::::::::::`‐_
                                   \_   | 、___ヽ、::::::::ヽ_/ヽ、
                                    'ヽ `‐ ´ 三/ `ヽ、:::::::`ヽ、
                                    /\  ' ̄:     `ヽ::::::`ヽ
                                    ヾlll|ヽ          丶:::::::::ヾ 、      - ― - _
                                     `  `ヽ         / :.:.:. ::::::::ト、ー '' ̄       三
                                          \__  Y: :   ::::! ヽ::_:.:.:.:._ -― - 二ニ=
                                          {:::::::::::/ ̄ヘ:.:     /      ̄
                                          ゝ:::::::i    `ー:.:._:. ゝ
                                           .〉:::::>      /:.:/
                                           /::/       i:.:/
                                          //        i:./
                                        ,ノ:/         i:.{
                                        ノ::イ        /:.:Y

      / ̄ ̄ ̄\
     / ―   ― \     あとは、ドラクル昇進試験までに
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;.\
    |     __´___     .|   こいつを もっと強い魔獣に合成したいところですね。
   \    `ー'´    ./
   /          \


140 :◆vsQyY1yD2Q
         ._
          \ヽ, ,、
           `''|/ノ
            .|
        _   |
        \`ヽ、|
          \, V
             `L,,_        ,、
             |ヽ、)        ヽYノ
            /        r''ヽ、 |
           /        `ー-ヽ.|ヮ
          |             `|
          |             /
          |           /
            ヽ、     ∧_∧
           ∧_∧  (´<_`  )
          ( ´_ゝ`) /   ⌒i
          /   \     | |
         /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |         ┼ヽ  -|r‐、. レ |
       __(__ニつ/  FMV  / .| .|____   d⌒) ./| _ノ  __ノ
           \/____/ (u ⊃


第十九話へ       7 第二十一話へ

グッとくるフィギュアコレクション47 キュアドリーム (PVC製塗装済み完成品)グッとくるフィギュアコレクション47 キュアドリーム (PVC製塗装済み完成品)
グッとくるフィギュアコレクション47 キュアドリーム (PVC製塗装済み完成品)

posted by 文月みと at 02:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
できる夫かっけ
Posted by at 2012年12月14日 04:46
中々に強かな男だ
Posted by at 2016年04月24日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34651940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ