■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年01月10日

第二十五話『家族の再会、新たな出会い』(3)

第二十四話へ   3    第二十六話へ

36 :◆vsQyY1yD2Q
                                                  |  |: : |: :
  ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                                   |  |: : |: :
     |            |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    ______    :|  |: : |: :
     |    //    |    |                |    |INFOMATION|   |  |: : |: :
     |            |    |                |    | ========== |   |  |: : |: :
     |   //     |  从从________|    | ========== |   |  |: : |: :
     |            |  ハvVv                     | ========== |   |  |: : |: :
     |            | ルwwヽ                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |  |: : |: :
     |            | Wwwリ                              |  |: : |: :
     |   //     |   |:|_                              |  |: : |: :
 __|______|____|~~;|________________________________________|  |: : |: :
 ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'\ `--'::::    : : : : : : : : : : : : : : : :|\ /受付/| _\:::: ::\|: : |: :
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^           : : : : : : : : : : : : : : :|  \ ̄ ̄ \:  ̄|      ̄ \:
                            : : : : : : : |   \    \::|       \
                                  \.    \    \_______
                                   \.    \__________
                                        \.   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                         \.  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                        \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   ∧_∧
  ( ´∀`)  モナが、S&W商会 メガロ支部の 支部長モナ。
  (    )
  | | |    モナー ( 2chAA )
  (__)_)


37 :◆vsQyY1yD2Q

                                                   / ̄ ̄ ̄\
                                                 /       .\
                              これ、会長さんから      /   ─ヽ  .─   \
                                                |   (●)  (●)   .|
                              支部長さんに 手紙だお。   \.  (__人__)    /
                                                 ( ヽ  ___ ././
                                                 .\ \|  .,レ゛/
                                                   .\旨 爻ン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                       ∧_∧
   スミスだよな、俺等。 .∧_∧  (´<_`  )
                ( ´_ゝ`) /   ⌒i  俺はウィリアムだけどな。
                /   \     | |
               /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |          原作:S&W商会 会長 スミス&ウィリアム
             __(__ニつ/  FMV  / .| .|____    流石兄弟
                 \/____/ (u ⊃        ( 2chAA )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ∧_∧__
  ( ´ー`/  /   流石兄者から?
  (   ,/_〇    どれどれ……。
  |   |旦        
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
  |                .|


38 :◆vsQyY1yD2Q

   ∧_∧__
  ( ´Д`/  /   あ〜……
  (   ,/_〇    とうとう この日が来たモナね。
  |   |旦        
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                               |
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |                           ┌‐‐┴- 、
  |                .|                           |      ``丶、   .:.:.::::::::::::
                                         __」        .:::.ヽ  .:.:::::::::::::/
                                       , .:´:.:.::::.:.:.: ̄``::.:.、  .:.:::.\ .:.:.::/
                                        .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/
                                       .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
                                      | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
                                        `V.{.:l.::lrr_l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´
                                         V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
                                           `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/
                    何が 書いてあったんですか?   .|.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/
                                         |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ
                                         l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
                                         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」
                                         ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ
                                         〃 /.:::/ fシ′    ',   ヽ
                                            V/::::/_fシ′       ',    \
                                         ノ /   ,    ,′   ヽ   .::.\
                                        _,フ´     /   /     .:ヽ  .:.::::.\


39 :◆vsQyY1yD2Q

                                            ∧_∧___
                    このメガロ支部を閉鎖して.         (´∀` ) / |
                                          ⊂ へ  ∩)/ .|
                    戻ってこいって言う 命令だモナ。 .i'''(_) i'''i ̄,,,,,,/
                                          ̄ (_)|| ̄ ̄
                                              ̄ ̄

          ,  ' ´ ̄ ̄ ̄ ー- 、
        /             ` 、
      /     /     ヽ  、    \
     /     | |      |   ヽ  ヽ ハ
     /     |,斗 ミ    弋T ト、 |   |i i |
     | |  | |/| | |\ヽ   | _」_ハ |   |i | |
     | |  | リ  >― ミ\ヽ イレ-、\|  :|乂ノ     え……?
     | |  V / ん.ハ   }.ノ{ハ...i} トレ ∧∧
    /i|   ', ヘ {こリ    ヾ.シ  レ'  | \     閉鎖って、どうして!?
   / |.   ', ...::.::'''      :`゛::::: |   ',   \
. /   i|     ', ::::::           ノ   \
    / |     \..    , -‐、   / |      \
   / ∧       `ー- ニ._´ ィ´ |  \     \
  /    \ /::⌒ヽ、       \|-ュvヘ--、 \
 /      /:::::::::::::::::',       //^/ィ__,⊥..._\
/      ./::::::::::::::::::::::ヽ、   ./   rヘ{Y// ヽ \


40 :◆vsQyY1yD2Q
     ____ 
   /       \
  /  \   ,_\
/    (●)゛ (●). \   もしかして、やる夫達のせいかお?
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃   /    メガロに入るために、S&W商会を使わせてもらったから。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                                          __ _     _ __
                                        〈     `> ` ̄ ̄´ <´     〉
                                        ',  /          \  /
                                         ∨  -‐         ‐-  ∨
                                          |                |   _
                   ああ、そう言うのじゃないから     .|      ト―ー┐     |/   `ヽ
                   気にしなくていいモナ。          |     l     l    /       }
                                          \___ `    ´   /      /
                   『ガイア禁止法』の強化で           ノ'´             /
                   時期を見て 閉鎖する事は          /              ,, '"
                   決まってたモナよ。              /     i         i
                                         /    /|         |
                                           {    ,/ |           |
                                            `ー- '   |            |


41 :◆vsQyY1yD2Q
         > ´                    /
      く         . -‐====== ー-く
          \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ
         >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l
          i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ /ハ: l.: !: : : : : :}
          |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ、 // V: :l: : : l : ;
          |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ_〃> Vく: :./}:/     あ、もしかして
            \|: :.|: : : |:.|: : :`弋夕ソノ` tり:.:/ l/      ルルーシュさんが 言ってた……。
           \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:| ̄    ヽjW
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l         ここでも 『ガイア禁止法』 かぁ。
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l
            /        V  `ー ユヽ.:.|
        ,ん子こ`ヽ     |     ユ、l./
       ,ん'´: : : : `ヽヽ   |     l ハ'′
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                       l:::: /.::: : .::: .:: ./ :/. : :/. : . ://:}: : : :::. i: : : :| :l: |
                                       l:::::}:::::: ::::..:: / :/. /}. : : //}::ハ: :i: ::. :}: : : | :|: {
                                       |:::::|::::i::. !:::::/.:イ: / /: : イ:/ l::l  l: ト、::. |: : : | :|: l
                                       }i::::|::::i:::.{:::イ:/_i:/ /:::./// j::{ .」斗ヘ:::}:/ : }. ト、!
                                      イ:::ハ::|::::V十rfリミ」:::/// , //ィf≧=ヘ小/. :イ: :ハ:ト、
     「ポリス軍以外でも トラブルを解決出来る」         }/  lハ:::::ヽ、近Zソ|/メV/7/ーヘ北シメ/. :/ }/ }{
                                      ノ′ |ヽト、:::ヽ    i{   ノ′       /. :/.ィ:!  `
     これは、連中にとって 面白くない事実だろうからな。     .|:::ハ:::ヽト\⌒´  ノ!      /: :イ: .イ:l
                                         |/ }::|::::\   、____.ノ イ: /i |/ リ
     せいぜい騒ぐがいいさ。                      }!  |ハ::::::i\  `二二´ /イ:!: ハ::{
                                             }从Li」 ヽ、   ∠_.」」:::{ }:l
                                               ト--T r‐`´─┐|‐‐イV .リ
                                               }_ハ_」 |: : : : : : :| L「!」
                                             __ノf7/,イ |: : : : : : :| ト斗ト、‐-、__
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


42 :◆vsQyY1yD2Q

           /|     /|
         /  ヽ、、、_,/ |
        /          ヽ、
        /    ノ      ヽ  l  〃⌒)    あ〜、勘違いしている人が多いんだけど
        | u    、___,   l (^   ノ
        ヽ、 u    \/   ノ/  /     『ガイア禁止法』は、ただ単に
        /             "    /      ガイアを使うなって法律じゃないモナ?
        /             _ _ノ
      (   ヽ、         /´
       \   ヽ、      /





                危険は全て、ポリス軍が排除する。         /  ̄ ̄ ̄\
                                             /     . : : : :\
                だから、ポリス市民は ガイアに頼る事なく  /       . : : : : : :\
                存分に 平和を謳歌せよ。           .|         . : : : : : : : :|
                                           \_     . : :〃: : : :,/
                ……ですよね?                    /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
                                            / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\


43 :◆vsQyY1yD2Q
                               |┃
                               |┃ 三
                               |┃
                               |┃    ガラッ     ____
                               |┃ 三      /     \
                               |┃        /  ⌒  ⌒  \
             やる夫君、ルイズさん。     |┃ .      /  (⌒)  (⌒)  \
                               |┃ 三   |   '"  __´___  "'   |
             お久しぶりです!        |┃       \    `ー'´     /
                               |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
                               |┃ 三   /              \
                             ,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
                             ⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
                               |┠ '       |              l/'⌒ヾ
                               |┃三        |              |ヾ___ソ

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )    できる夫!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |   ドラクルになるため
    ,┌、-、!.~〈. `ー´    _/   メガロ・ポリスに行くとは聞いてたけど
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |.      ここで会えるとは 思わなかったお!
    `ー---‐一' ̄


44 :◆vsQyY1yD2Q
                                             ____
                                           /     \
                                         /⌒   ⌒  \
            聞いてください、僕は メガロ・ポリス軍の   / (● )  (<)   \
            ドラクルになったんですよ!           |    __´___       |
                                       \    `ー'´      /
            今は 魔獣隊に所属しています!        /           \
                                   .    /               i


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |     魔獣隊?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /      『フェンリル隊』 の 親戚かお?
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


45 :◆vsQyY1yD2Q

          ___
       /)/\  /\     仲魔を連れた者達だけで構成された部隊ですよ。
      / .イ ' (●)  (●)\
     /,'才.ミ).   、_',__,    \   やる夫君の言う 『フェンリル隊』 と言うのは、その中でも
     | ≧シ'           |   フェンリルを連れる事を許可された エリート集団の事です。
     \ ヽ           /


           ___
          /⌒  ー、\
        /( ●)  (●)\         流石の僕も そこまでは行ってませんよ。
      /::::::  __´___ ::::::: \.
  cー、  |     |r┬-/ '      |⌒,一っ   『フェンリル隊』 は、当面の目標ですね。
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、
<<</ヽ                     /\)))


46 :◆vsQyY1yD2Q

              ____,. -―‐-- 、
            /            \
          /            ヽ  \
         /   /           \ \____,
        /    /   /        ヽ   ヽ ヽ__,ノ´
       ,'    /   /  /    ヽ i    \ \
       |    /   i  /  |  i  ∨   ヽ. ヽ !
       |    |    | \!  ハ. !   !  」  |  |∨
       |    |    レwリ`<  V!   // |  | /    それで、ドラクルになった できる夫が
       |    |    | ィflテトミー ヽ /rえV /|/      どうして ここに居るのよ?
       |    |    | Vr少'    |/ ヒソ ムイ
       /   八    ', :::::::::    、:::::: ! |        ポリス軍は、S&W商会を
     /   __ハ.   ',          人 |         敵視してるみたいな話聞いたけど?
    /   /..........:::',    ',    -‐',. イ   |\
   /    |::::::::::::::::::::',    ',>-、<::::::V   |  ヽ
.  /  / / ̄ ̄ ̄`ヽハ    ∨丕 !:::::::::{    `ー ┴‐--、
  |  ノ |::::::::::::::::::::::::...::::}    ∨V}:::::::人          \


                                                    ____
                                                  /     \
              そこは、まぁ、ポリス軍の抱える矛盾点と言うか      / _,ノ  ⌒ \
                                         .     /   (一)  (ー)   \
              自分の魔獣を強くするためには              |        ´    ij   |
              ここに居る 魔獣合成師を頼るしかないんですよ。  \     ⊂つ      /
                                              /            \


47 :◆vsQyY1yD2Q

       ____
     /      \     軍からも 専用に訓練された魔獣を支給されますが
    /  _,ノ   \ \    上を目指すには それだけでは足りないんですよ。
  /    (●)  (●) \
  |        '      |   与えられた魔獣だけで十分だと言う同僚もいるのですが
  \      ⌒   ./   僕自身の仲魔を持ちたいと言う拘りもありますからね。
  /            \


                                                r 、
                                                | >―─‐─‐┐
                                                |/       ヽ/
                   できる夫君はね、魔獣を強くするために    |−   ─  |
                   最近 熱心に、ここに通ってるモナ。     .(^{   マフ   " }
                                                 \`T     ̄ ̄〉
                   モナも、一応 コンバックが 使えるモナ。     `|     ┬'
                   メガロ・ポリスでは、モナだけモナ。            |        |
                                                   {      ノ
                                                     ヽニ^ヽ_)


48 :◆vsQyY1yD2Q
                  ,.ィ'´       ` .、
                /            \
               / / /          \. `.、
              / / /      lヽヘ     \ ヘ
            ./ ,' /      l゙゙`´V   、. ヘ. :i
            ./ ,' .l       l   V   ゙、  :i l      できる夫の拘りも もっともな話ね。
           / l l/     /、    .〉    \ } }
           /_,. レ'   ,   .,ヘ、`  ´ >、.    \l      どんな強い魔獣が支給されてるかは知らないけど
           ,' >ーrヶ  ,.ィオ:リ゙   '´ヒtォ、    \     マスターと 仲魔とで 培ってきた強い絆は
         / '´  |: y' ,.X´`ー '     `ー'`ゝ、ヾtー-ヽ、   力には換えられないモノよ。
        /へ、 ,j '‐'l|}-'ヘ           /-'l`ー-`  ,ハ
       ,ィ'.  \/  ノ!j} ゙iゝ、 、__,___,   /i{ ∨|  /  ';   私が言ってるんだから、間違い無いわ。
       / :{   /   // }! .:} ':;ヽ、 ‐ ,..ィ' l :{ |  v/    .}
     /  j、  /   /,:'/l  / ヾミミーチ:'´/ :l  、:|  V      }
    /  ノ/〉、{  /':./  l  Lz-‐ヾ'ゞl'´.r<ヽ.l  ヾ!  V     ./
.,..イ  ,.ィ',/.ノ i、{ :lr'   l /"´ /     V:ヽ、 ` 、. ∨   /


49 :◆vsQyY1yD2Q
                                                 ____
                                               /      \
                                              /─ 鯖 ─  \
                   そう言えば、できる夫の サバピー は    / (●)  (●)   \
                                            |    (__人__)      |
                   今、どうなってるんだお?           \   ⊂ ヽ∩     <
                                              |  |  '、_ \ /  )
                                              |  |__\  “  /
                                              \ ___\_/
       ___
      /     \
    /   ⌒ 馬⌒\    「ケルピー」 ですよ。
   /   ( ー)  (ー) ヽ
   |  u   ___`___    |   今は、ヴェパール となっています。
   ヽ、    `ー '´  /
   /          \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 ,‐- ,、
        ヒヒーン! > .lヽ丶◎`ヽ
                l \_ 、: :::`ヽ、
                ヽ:   ´ )::::::::::`ヽ/lヽ
                 ヽ::   (   |:: ::::`ヽ_ヽ、
                  \:ヽ_/  Y `ヽ、::::::::::`‐_
                   \_   | 、___ヽ、::::::::ヽ_/ヽ、
                    'ヽ `‐ ´ 三/ `ヽ、:::::::`ヽ、
                    /\  ' ̄:     `ヽ::::::`ヽ
                    ヾlll|ヽ          丶:::::::::ヾ 、      - ― - _
                     `  `ヽ         / :.:.:. ::::::::ト、ー '' ̄       三
                          \__  Y: :   ::::! ヽ::_:.:.:.:._ -― - 二ニ=
                          {:::::::::::/ ̄ヘ:.:     /      ̄
                          ゝ:::::::i    `ー:.:._:. ゝ
                           .〉:::::>      /:.:/
                           /::/       i:.:/
                          //        i:./
                        ,ノ:/         i:.{
                        ノ::イ        /:.:Y
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


50 :◆vsQyY1yD2Q

                                 /lヽ
                               / / ヽ
                               /'ー ◎ ヽ < メガロの夜明けは近いぜよ!
                              /l     ;;;l
                             / l      ;;l
                             ∧_`フ   , ;;;l
                             l `ー--一 '  ;;l
                          _...‐-、    ∧ r─、
                         ー‐| .ト、ニニニ´、 | ∨ .ヘ 、
                           ヽ.|   r.、ヽ``l.∨. ヘミミ、
                             |    ∨ヘ  | ヽ- '、      原作:ヴェパール
                             ∧   ∨ヘ、ヽ-   .|      カツオ武士
                            |/ー- .._ 'ー、'´/´`ヽ /       ( カツオ武士のガイドライン )
                            |/、]‐-〃ーソ;;;;;;;;//
                          ,.'´,.'´____ ___/;;;;;;;/.'_.|
                         (, イ`ヽ==== .___|___〃 ==l
                        〈/ ヽ===== =/.ノノ====l
                         ヽ_____=== =.uu∪=====.|
                           ト-、_....__ニニニ ̄_.../
                           /: .:.: :.:.・ |
                           |..・ ・.:. : : :|
                           ヽ─‐ 、.人:,.'´.>l
                           |`ー─|'´  \<´;;;;;;;ヽ
                           |;;;;;;;;;;;|'⌒``ヽ、ヽ;;;;;;;;ヽ
                           |;;;;;;;;;;;|     `ヽ;;;;;;;;l


         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\              え〜っと……
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒) / / /    前より、凛々しい?
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


51 :◆vsQyY1yD2Q

                                                    ∧_∧
                               ちょっと前までは.          (´∀` )
                               ルサールカ だったんだよね。  (    )
                                                   | | |
                                                   (_(_)


          ____
        /     \      正直、回復魔法が使えなくなったのは キツいですが
      / ⌒   ⌒ \     それは、他で補うとします。
     / u (=)  (=)  \
    |      __´___      |   ルサールカは、何と言うか、その……
    \     `ー'´     /    見た目的に 落ち着きませんでしたからね。
    /            \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          /  l {/_l |:::ゝ `-一  └ノ / /: : : : :/ ,   : ', `丶
                        /,'  /ハノ'´ゝ廴::::> 、 __ . ィ´///: : : : / /i| l  : l :: : :
                       //j   //     / \__/ -‐'_ . イーヵヘ' /jリ! l  : l :: : :
                       リ  ヘ. !’     / f/ _! { ィ≦´  / `ヽj| ∨レリ ,   : l :: : :
                       {/ /丶|        |/ |/ \レi   /   l! : Vシ /   , l :: : :
      できる夫さん。         W/      r 、_」レ^|     |/   ┌―| : ヒ{_l   rタ/:: : : :
                       レ’      ,し≫、  \   |ヘ、 r┘ / :.   `丶 v/::: : : :
      どうして、私の胸ばかりを       /〈/_/´ ̄`ヾl  _l ヾl  /  i     ∨:::: : : :
      見るのですか?           .{//___/_  - 、_ Vレ ヘ、i \l  xイ三二メ、 |:::: : : :
                         /キ /'´   `> 、/ l| r⌒メ、}←| //  l___V \: : :
                        r/  /{/         /  人 ゝ__ノ |_ヽ〈{  / i  `ヽ  ヽ/
                       l〈!  l l       /   /  \_/、  ̄`ヾ- ´ ヽ  \ /
                       ヽ\ ゝ \  /ー 、 /   / 》  i\ー--ハ   ',   /
                         \_`¨`ーj7′  /、   / /  |_」 >イ: :V   ',  /
                         / 厂丁{:匕-‐/  \./ /  |ノ ィヘ}: : :V   . /
                         |/`ー1し'   /     / /   り /ノ /: : : : V   /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


52 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           ___________ /ゝ      __
                       ,,ー‐‐丶;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ  ゝ /|_廴._ \
                      〃/\ヾ (●);:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ ///   _  ̄\
                      ヽヽ   \ゝ:;:;:;:;////;:;:;:;|;:;:;:;: __;:;:;:ム壬三ゝ/ :\_/
                        | |    》     ;:;:;:丿;:;/  /;:;:;/: : : : :/ ,   : ', `丶
          できる夫さん     .//    〃ゝ     丿(〆  /;||||;:/: : : : / /i| l  : l :: : :
                      (二二ノソ      ノ   ⌒ ̄;:;:_ . イーヵヘ' /jリ! l  : l :: : :
          エッチですね♪     ヽー-ニニーーー'''''´     .ィ≦´  / `ヽj| ∨レリ ,   : l :: : :
                           ヽーーヽ_    / \レi   /   l! : Vシ /   , l :: : :
                                r 、_」レ^|     |/   ┌―| : ヒ{_l   rタ/:: : : :
                               .,し≫、  \   |ヘ、 r┘ / :.   `丶 v/::: : : :
                            /〈/_/´ ̄`ヾl  _l ヾl  /  i     ∨:::: : : :
                           {//___/_  - 、_ Vレ ヘ、i \l  xイ三二メ、 |:::: : : :
                         /キ /'´   `> 、/ l| r⌒メ、}←| //  l___V \: : :
                        r/  /{/         /  人 ゝ__ノ |_ヽ〈{  / i  `ヽ  ヽ/
                       l〈!  l l       /   /  \_/、  ̄`ヾ- ´ ヽ  \ /
 原作:ルサールカ            ヽ\ ゝ \  /ー 、 /   / 》  i\ー--ハ   ',   /
 KOS−MOS+ブラックバス       \_`¨`ーj7′  /、   / /  |_」 >イ: :V   ',  /
 ( ゼノサーガ/動物・植物AA図鑑 )  ./ 厂丁{:匕-‐/  \./ /  |ノ ィヘ}: : :V   . /
                         |/`ー1し'   /     / /   り /ノ /: : : : V   /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ____
        /   u \
     :/  \   / \:
    :/ U (@)  (@) \   ( 顔を直視出来なかったんですよ、流石に!! )
    |    u  __´,_  U |:
    :\u    ./__/   /:


53 :◆vsQyY1yD2Q
          ____
        /     \
       /  u   ⌒  \    ……ハッ! し、失礼しました。
     /      u (●)  \
     |           __´_ |   ところで、やる夫君達は いつメガロへ?
      \    u   .``ー/
     ノ           \

                                              ___
                                            /   ヽ、_ \
                      ついさっきだお。           /(● ) (● ) \
                                         /:::⌒(__人__)⌒::::: \
                      今は、仕事で 支部長さんに  |  l^l^lnー'´       |
                      手紙を届けに来たんだお。   \ヽ   L        /
                                            ゝ  ノ
                                          /   /


54 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /     \
    /  \   /\      なるほど、仲魔を連れて入るために
  /   (_)  (_) \
  |       、__',_,    |     S&W商会の名を使いましたか……。
  \           /


       ____    ━┓
     /      \   ┏┛
    /  ─    ─\  ・
  /    (●)  (●) \     ……って、あれ?
  |        ___'___    |
  /     ∩ノ ⊃  /      どうやって メガロに入ったんです?
  (  \ / _ノ |  |
  .\ "  /__|  |
    \ /___ /


55 :◆vsQyY1yD2Q
   .::: .::::     /i |:::::!::i\| .|::::.   .!.. :.  __,,,i,,,,__
.......:::: ::::::    ''メ-、;;;_人:';:::!\!::::: ,.-'^|:  !::/ .,.┬ 、 `ヽ、
:::::;::' ::::::::    | |  `'ァ-、;|_ レ'!::'゙ .:;':: /::|__|::::!  .)  i
'" .:::::::i::::    | `ー-‐'      ノ、;;_ノ|::/:::::ノ:::;/レ'r‐'゙ _/
::::::::::::::|:::    i /',       / ノ`'ーノ_/レ'  .|__「    は? 何 言ってんのよ。
:::;-''" ̄ ̄``ヽ、 `''゙       `''゙  ./ :;'       ┌┐
/  r'" ̄ ,)  )'、   _,,,.. 、       i' :|         ̄     入国手続きして、堂々と入ったわよ。
!  _,ゝ'、;/ /.. \ \_,,.ゝ     !  ',
`''";;;;;;;;;;| r'゙:::::::::::. ',ヽ、,,__,,. -''゙   `ヽ、
;;;;;;;;;;;;;;;;;i二!>:::::::: ,! ∧,ヘ;;;;\;;_::::::::......  \
;;;;;;;;;;;;;;:-''"::::::::::::::: //r''⌒ヽ;;;;;;;;;;;>:::::::::::::::::::. ',
;;;;;;;/::::::::::::::::::::::/;;\!    );;/::::::::::::::::::::: /
                                            / _ 、   ノ-―-、\
                                          /7´     ̄     l ヽハ
                                          / l l           lい
                                          い       /  , -、 Vl
                                          |〈 /ニ=‐一 〉 ` ̄ィfテ‐、  レ、
                                         _j | ィ fテミ  l   `  ´  |/ |
                僕の後輩に頼んで             .lヘ`l     ´   l        イ〉 l
                手早く済ませてもらったけど         .l lト、    〈! _     lノ/
                                         ヽ.ハ      '      ┐lノ
                手続き自体は、ちゃんと済ませたよ。    ーl  、_,  -―_イ   l
                                           ヽ  丶----― '  /l
                                            l\    ̄´   //l
                                            /lヘ ヽ. ___// lヘ、
                                          // l ヘ         / / ヘ\
                                         / /  \         /   l  \


56 :◆vsQyY1yD2Q
            ____
           /     \
          /  \   /\
        /   (●)  (●) \.     なるほど、そう言う事でしたか。
      |         ´     |
      \       ⌒    /     手続きカウンターを通らずに入国したのならば
    / ̄ ̄ヽ           \      報告が行っていないのも 納得です。
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \

                                               ___
                                          /      \
                                         /ノ  \   u \
                     え? それって         / (●)  (●)    \
                                        |   (__人__)    u.   |
                     何か問題あったのかお?   \ u.` ⌒´       /
                                       ノ            \
                                     /´               ヽ


57 :◆vsQyY1yD2Q
              ____ _
            /          \
          /              \
         /    _            丶
         l    ノ }    ⌒\   /⌒ l     問題と言うか……
         |   / .ハ ::;;(  ●)  ( ●)|
        .l   // .ム-,..,. ´"''"  , "''"´ l     やる夫君が入国したら すぐに元老院に報せるよう
         \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /
          |フ入     l       /       ラクス様 直々に、命令が出てますよ?
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ         やる夫君、一体 何をやったんです?
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
     / ,..........    ',       l}_|./   j
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
   //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
  j j       、    l        l ,._ll′
  l |      `ヽ  ヘ        l! /


                                           ____
                                         /     \
                                       /_ノ  ヽ、_   \
                               え゛?   /(●)三(●))   .\
                                      |   (__人__)      |
                                      \ ヽ|r┬-| /    /
                                      /   `ー'´       \


58 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        /                j Y |
         , '                ノ  ノ. lヽ
.        //.:::   ..::         _/  , ' ./ ',
      /イ:::::.  .:::::::. .:.  .:::   /| _/ ノ   !
      l! l::::::. .::::::::::::. :::. ;:::::. //  7 _,.-'´ .::  |
        {::::::::::::::::::::::::l;:::::ハ::::::. lリ  `´ j::;j::.::::: .::. !
       ';::l;::::::::::::ト;::::lヽ:|`、::::::| ` ̄`ナ/ィ::::::;:イイ      申し訳ありませんが
         ヾ,ヽ:::::ヽ',_ヾ=ミ ヽ::{  z==、ノ:::/ イ l
         /lヽ:ヾ.      ,``    `7::::  l:.|      やる夫と言う少年が メガロを訪れたら
         /.j::::: `,`      '        l:::::  l:::. ',      私に報告してもらえませんか?
        /.:l::::::: lヽ  /}{{゙、_      ,//::: l::::: ',
         /.:::{:::::::. l::::`ァ'r;ヘヽ',`   /l:/:::  l:::::::: '、     いえ、元老院に 連れてくる必要はありません。
       _/ -rl:::l::::. l::::jl/ { l l ゙r‐'´  {l::::   l::::::::.  }
      /   |ト;ト;:::. l// l} l l 丶   {:::: //7"´ ̄`丶、   ただ 監視するだけに留めておいてください。
    /    ||`ヽ::. |   l!.   } _,. -1:: ///       ヽ
.    {      |.|  ゙;:. !   |     「   |:: ///       |
    」___   、|.!  };i|  |    |   |:///  /      |
   j,   `ー-Ll_  _`}  |    {   リ//_」 -‐'"´~ ̄ ̄},
   / |       r‐'"´ /   '、   ヽ ̄` ''−-、          ll
  /.|       {   /   ハ    丶       `7        | !
  { |      ヽ  ノ    ∧ ヽ    ヽ     /       ||
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


59 :◆vsQyY1yD2Q
            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \    そんな事 言われても
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /    ラクスとは、トラキア・ポリスの 講演会で
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ     ちょこっと話したぐらいで
       :|  \|  .i  イ |      他に これと言って 心当たりは無いお。
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:      軍艦島とかは バレてないだろうし。
         |        /
         |         /

                                                   ___
                                                 /     \
              あ〜……言いにくい事なんですが             ./ノ   \  \
              軍艦島の事は 多分バレてますよ。           /(●) (●)  u \
                                              | u  __´__   U    |
              僕が 年齢制限無視して ドラクルになれたのも.    \_ `ー'´    _/
              あの時の功績を評価されての事ですし。     ⊂ ヽ∩ /        \
                                            '、_ \|          |
                                              \ \    /  /


60 :◆vsQyY1yD2Q
                                    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
                                    \/  /   /, {     `ヽ  !
                                     , '   , '    // ハ   |  ト、 |
                                   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
                                    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
            軍艦島には 僕も行ったけど      j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
                                      ヽ{   `    u. ノ   / /
            もしかして、僕も手配されてるの?       八   ´`     ー=イ  fl /
                                      ハ\     ...::::::|  jハ{
                                        \{` ー‐、.:::::::::::| /
                                           `    」::::::/j /\
                                          /x=く  ´ _f〜、
                                         f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ

       ___
      /     \      いえ、やる夫君だけですね。
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ー)  (ー) ヽ   それに、手配と言うより 捜索願いですよ。
   |  u   ___`___    |   逮捕しろとかは 言われてませんし。
   ヽ、    `ー '´  /
   /          \


61 :◆vsQyY1yD2Q
                                       /             ヽ       ヽ  ヽ
                                 .     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
                                      ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
                                      i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ
                                       !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、  
                                      リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \
       ウエスターって人も ポリス兵よね?              / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \
                                      /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
       どうして 元老院に報告しなかったのかしら?   ./    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __
                                 .   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:
                                    rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::
                                    |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::
                                   イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_:::
                                 ./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾ
                                 ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::

        / l {  / , -―-、   \
        //⌒ ー一 '゙     ヽ、  ',
         l/          〈  l \  |
       |                 〈    l
       / _   }  }     __  l\   |
       V-、ゝ{   { -=ニ  ― 、} |  へノ
       l 、___、   、___,   Y ヘ |    多分、気付かなかったか
       l   ̄ }      ̄    〈ヘ ,
          ヽ.""/     """  U ノ /     忘れてたんじゃないかな?
         l {_  ,           l /
         |  `、___     /´|      彼、結構 抜けてるとこあるし。
            \  `二二´   /  |
           |          / /   |
            人_____/ ,'    人
        /{  \ l     /  /  }\
        /   l   ヽ.     /   l  \_
   -―'/   |     \ /       l     | ` ー
     /    |     /⌒ヽ.      l    |


第二十四話へ   3    第二十六話へ

posted by 文月みと at 03:37 | Comment(9) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
ルサールカのAAの詳細キボンヌ
Posted by at 2010年09月17日 23:56
ひでぇクリーチャーにw
Posted by at 2010年11月14日 22:48
魚介類の因子が強すぎる・・・できる夫哀れ!
Posted by at 2011年06月29日 17:50
できる夫…(;ω;
Posted by at 2011年08月11日 01:39
DQ3のできる夫も同じ呪いを受けていたのかな。

境遇は天と地の差だけど
Posted by at 2011年11月03日 07:16
できる夫…強く生きろ…
Posted by at 2012年04月22日 05:45
Vの嫁がイカちゃんなのは仲魔きてんのか…
Posted by at 2014年05月05日 13:58
できる夫ww魚に愛され過ぎてるww
Posted by at 2016年04月25日 21:41
ブラックバスが照れてるAAなんて初めて見たわw
Posted by at 2018年07月03日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34652724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ