■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年01月10日

第二十六話『永久機関フェレスト』(5)

第二十五話へ     5  第二十七話へ

94 :◆vsQyY1yD2Q
【 ラクスの執務室 】
\    ;;;;||  o;;;;;||   ;;;;;;;||  ψ;;;;;||   ;;;;;;;||
 ll\..,,__||__iii___||___||__ζλ_||___||
 ||ll ||================
li ||li || || il;;||| ll |y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
lli|| il|| ||lljjj|||l;;L|y|| ll ||y| il;;||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || ||llliii|||l;;L|y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || || ll |||llliii|y||lljjj||y| il;;||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
lli|| || ||l;;L|||llliii|y|| ll ||y|lljjj||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
 ||lli||====   ________=lヽ/|ヽ/|ヽ/|==
li || ||(○ ||llliii| /      \:::;| | | | | |
li ||lli|| Y:::;||l;;L| |;;;| ̄ ̄l ̄ ̄|;;;| :| | | | | |
li ||lli||_||________,||' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| :| | | | | |_____
 ||/       '[] '' ̄ ̄ ̄ ̄'''[] i|/ヽ|/ヽ|/

                                     . -―−- .
                                   /: : : : : : : : : : `丶、
                                  /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                    { : : : : /\ : : : : : : : : : : \
                                  ヽ:,.-‐{.   〉−- :_: : : : : : : `、
                                 __,.〕―−-  ::_:::::::::`ヽ、 : : : : :〉
                                ‘ー_ェー、- 、.__::::::`丶、_::::`i _;/
              ラクス様。              ヽ} モrヘ._r‐rtテ¨7´!:.`Y´
                                   ト- ' 厂`ー-‐' /ィ´リ
              やる夫と言う少年の所在が      .  `__    /tシ;′
              メガロで確認されました。         ヽ、 マ_,〉   イ:./
                                        ,.-l\__, '´ l^′
                            ,.―-、 __   _,ィ′ `ヽ、   ト、
                             Y丶、 \ ̄: :_:t    、\ / ヽ
                            l: : : : ヽ  Y´: : :゙、 </ ,.-へくヽ.}ーぐヽ
                          j : : : : : : ', l: : : : :ヽ //´: : ヽ' |`ーl }
                         r': : : : : : : : i. |: : : : : : くく O: : : : : :` : : | /!
                          j: : ::. : : : : : :|,!: : : : : : : ヽ`、 : : : : : : ゙、:V/!
                          /: : : : : : : : : /: : : : : : : : : `、',: : : : : : : :i ト : {
                        /: : : : : : : : : /____:_:_:_:_:_i } : : : : : : : t|}i:tヘ


95 :◆vsQyY1yD2Q
           ,.-'"        ヾ、!i.、
         /          /./ )ヽ、
         /         ,   /./ /  ヽ
.        l   ,'       ,'   /`|イ i   !|
        |   !       ,! ! i !  ノ,ノ,i l lリ
         i、  l;' l  、 l |,l,r、 ト! ,.',;:リ l ノ
         i  i゙ヽ'、 'i、 !'_,.-='! ,'" ,'ソノ      そうですか。
          i  ト、,! ヽヾ、    ヽノ|
         /  / ハ .|`    、_;ァイ |       やらない夫が 滞在しているので
         /  / / | | `丶,、__,.イ | ,!、,...、     いずれ来るだろうと思っていましたが
         /  /,.'  | |  〈__ ヾ;-|,r`ヽ、ヽ、.    予想通りでしたね。
.        /.  ,.'   -', .',--,.!‐'r 、l r‐、`ヽ ,イ
       /  ,.i'─‐、,.、.ヾ';! 'i / /´/゙iヘ ` /      早く 報告を見せてください。
     /  / i    ! `ヽ、ゝ__' '  'i  /
    /   / !    '、  ヽ-‐'!゙゙`  ,!  !
.   /   {  |    ',   ヽ、|   ,!  i
   /   ヽ ,ゝ、   '、   '!`l   .|   ',
  ,'      i, |.: ヽ、  ',ヽ.   '/    !    ',
  {     |`':::.   `ー' `' /    |    !
  '、      | .::::::.       ,.!    ト、  /


96 :◆vsQyY1yD2Q
                                              /´ , 、      .`ヽ
                          .                  ,/   /∨',     .:::... ヽ
                                           /´   ./ ./ }  , :!..:::::::::::.ハ
                          .                //   .,/.//  . | !__::::::::::::::i
                                          iイ  ::{ Mイ!、.!:. .::/リiヽ!}::::::::::ハ
                                          l∨ヽ,ヽ、,==リl:;イ/ :::i.,イ::::::::::::ハ
                  あらあら、やる夫は S&W商会の    ヽヽ、_ヽ、_弋}.リ'´|  :::| !::::::::::::::::ヽ
                  ハンターになったのですか。           `フ´    l  :::| ∨::::::::::::::::ヽ、_
                          .                    `ーイ_   | :.::! ヽ::::::::::::::::::::::::``ヽ
                  ……そう言えば、メガロの支部が           !::`ー:'´! :::::|.  \::::::::::::::::::::
                  閉鎖すると言う報告が来ていましたか。       !::::!;-‐リ.:::::l _,. -,.イヽ、::::::::::
                          .                     /.ハ::i| /.!,i::/  ./.'´   .ヽ::::::
                                               {/ .レ` ./イ/  .,','     !:::::
                            _____              ノ'´/'コ`7=-´、_.!l____/:::::
                           \ ̄ ̄´.∧.            },   ノY` ``7     ./!  !:::
                             ヽ    .∧           ∧_,イ | !  /     ./ |  |::
                              ヽ    .∧          / 〃 ,イ `!-'     / |  |:
                               ヽ    .∧ー--.、     lイ/  l |  !∨    ./ /!  |
                                ヽ   ⊆ニ´  ヽー- 、...ノ/ヘ !ハ  !::ヾ   ./ //!  |
                                 ヽ.   `ミ、   ``ー-- .._.∨/!ヘ! __,\ / /.ハ==!
                                  ヽ___`ヽー- 、_     ̄ ̄ ̄´   ` / l
                                            `` ー- 、..__      / ハ
                                               /   ` ̄`` ー'   .}
           rー=ヾ-、
          ,|ニ  _,||_ l
          |ニ,,'´  ̄ヾ,     はい、近く 閉鎖して
         _rl-l| (⌒) |l
        r ,{  ヽ_ ̄ ,イヽ    メガロから引き払うと 申し出がありました。
    _ , -―| rl-n   ̄ )-|_
  ,_´    └---|_|___ノ‐´ \
  | `ヽ      \  ll |    `l


97 :◆vsQyY1yD2Q
          /            `,イ、,
       ,.-''7´       _,. -‐'´ 」' l\
      / ./  .     ,ィ_,. -‐''´ _」  丶
      , ' .::.:::!  .:::   / / └‐r‐''"´    丶
.    / .:::::::::{: .:{:::::..  /{./ ,.-‐j,イ:..j:.  :  } l
   /, ::::::::::::ヽ::ヽ::::: l、`-'´,.ィ‐;ミl;イ::: .:;::  ノ|    バウンティハンターの中には
.   l/{ .::::::::::::;:::トlzヽ:::.{  '´ ゙r'_ノ/::;:-‐/-r'1} l
.   ' ';:::;::::::::::ヽlr1フ:j`ヽ    ̄ ´7::    | y! {     報酬のために 犯罪行為に手を染める者もいる。
     ';::lト、:::::、:ヽ_ゞ'',´      |:::   l_ノ  '、
     ヾ ヽ、;ヽ;_` ヽ         |::::    |::::.  ヽ    確か、議会の方でも 議題に上がっていましたね。
            l:::`へ   r;ニ''   |::::: :  :ll:::::::.   \
            |:::: :: l`r.、 ´   _j::;::::::  ハ:::::::::..   ` ー‐;:=‐'
.          j::::: | l::::` ー< !:;l:::::  j lー 、___,,,... ---ミヽ、
         l:;::: | }::::::::::::::::ヽl:ll:::::  l   _,. -ァ/     ゙ヽヽ
           l:;l:: , | ,ノ::::::::::::::;;ノll l:::: /‐''"´   //        ヽ丶
        l:;'l:: l |ー1:::;;-<.  l' l:: /     //          }
        リ,l::. ,l |/ ̄~    `   l:: /     /,1         l
         / ';:. ll !        j:ノ     //{           l
       /   ヽハ|       _,,..´-―┐ __」」,.ゝ-―――- 、__|         . -―−- .
     /  ,.-ゞヽ- 、_r-'''ヽ/      }~            `ヽ       /: : : : : : : : : : `丶、
                                            /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                              { : : : : /\ : : : : : : : : : : \
                                            ヽ:,.-‐{.   〉−- :_: : : : : : : `、
                                           __,.〕―−-  ::_:::::::::`ヽ、 : : : : :〉
                                          ‘ー_ェー、- 、.__::::::`丶、_::::`i _;/
                        ハッ、S&W商会を        ヽ} モrヘ._r‐rtテ¨7´!:.`Y´
                        解散させるべきではないかと    ト- ' 厂`ー-‐' /ィ´リ
                        意見が出ておりました。       .  `__    /tシ;′
                                                   ヽ、 マ_,〉   イ:./
                                                  ,.-l\__, '´ l^′
                                      ,.―-、 __   _,ィ′ `ヽ、   ト、
                                       Y丶、 \ ̄: :_:t    、\ / ヽ
                                      l: : : : ヽ  Y´: : :゙、 </ ,.-へくヽ.}ーぐヽ
                                    j : : : : : : ', l: : : : :ヽ //´: : ヽ' |`ーl }
                                   r': : : : : : : : i. |: : : : : : くく O: : : : : :` : : | /!
                                    j: : ::. : : : : : :|,!: : : : : : : ヽ`、 : : : : : : ゙、:V/!


98 :◆vsQyY1yD2Q

               rー=ヾ-、
              ,|ニ  _,||_ l
              |ニ,,'´  ̄ヾ,      しかし、ポリスから出て行ってしまえば
             _rl-l| (⌒) |l      元老院の命令で 解散させる事は
            r ,{  ヽ_ ̄ ,イヽ      出来なくなってしまいます。
        _ , -―| rl-n   ̄ )-|_
      ,_´    └---|_|___ノ‐´ \   何とかして、閉鎖を引き延ばすべきでしょうか?
      | `ヽ      \  ll |    `l
     レ^ヽ 丶      ヽ || |.     ||
     /  ハ |  | ̄ ̄ ̄| || |`ー-、 / |
    /⌒^  | |  |┃┃┃| || || | | |/ |


                                        /. : :  . :          ,/  / | ヽ
                                         //: : . : :  .  . :   //L../  /  ハ
                                      i/!: : : : : : . : |: ./!: .   //  |__/    i !
                                      ' .l: |: : : : 、: :!:/_| : . /!'  __|ィ: :  : ハ|
                                         ヘ:i、: : 、 iゝ|=ミ.ヽ : i|  r≠_ノイ: : : /!
             ……それは 止めておきましょう。       `\ : トi {イt}  ヽi!   {-イt)^ノ: /| |
                                          | ` ゝ ̄ ̄  ,    ̄ ̄ ~7:  | |
             今は、メガロから                   .l: : ハ       ,       ∧:   | |
             無法者のハンターが いなくなると言うだけで  .,l : : : \    .      イ: : : | | |
             良しとしておくべきです。              /:!: : : |: :ヽ、  ゙.'    イ: |: : : | |: |
                                          i :|: :   !: : : ゝ _  '   !: :|: : : i/ |
                                        i : | : : | |: : : : :|        |: :|:|: : l: : |
                                          i : :|: : | |_ -‐i       丶|:|: : /: : : ハ
                                     . - ノ- へ: : |:|           j:| /`‐-、_ハ
                                    /  '||   ヽ !i―- 、   , -――リ:/―一 //`'‐-、


99 :◆vsQyY1yD2Q
                                              /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                                { : : : : /\ : : : : : : : : : : \
                                              ヽ:,.-‐{.   〉−- :_: : : : : : : `、
                                             __,.〕―−-  ::_:::::::::`ヽ、 : : : : :〉
                                            ‘ー_ェー、- 、.__::::::`丶、_::::`i _;/
                     ラクス様、もうひとつ ご報告が。.      ヽ} モrヘ._r‐rtテ¨7´!:.`Y´
                                               ト- ' 厂`ー-‐' /ィ´リ
                     やらない夫が、バトルアリーナへ.       .  `__    /tシ;′
                     参加するそうです。               ヽ、 マ_,〉   イ:./
                                                    ,.-l\__, '´ l^′
                                        ,.―-、 __   _,ィ′ `ヽ、   ト、
                                         Y丶、 \ ̄: :_:t    、\ / ヽ
                                        l: : : : ヽ  Y´: : :゙、 </ ,.-へくヽ.}ーぐヽ


/ .:: .: :/::::/ .            _         } l l  ヽ
 : :::.: /::;ィ´::..:::         /         / ノ !   ヽ
  :::: ./:://..:::::      / ,ィ´::: .:    /  ,.イ / /     ',
 ::::::: {://::::::: ..::   /: //:::::::    /.,.-‐'´ / / /       l
..:::::/;-l{7{::::::: .::::  /{::::/  {:/:::   ,ィ´:/   ノ-ク ,ィ:        |
::::://,ニl:::';:::::i::::::  /~l::/―-l{l:::: / i::/      '"´ j::     } !
:::/{ , j:::::ヽ:::';:::::. {_z=ゞ三ミ;、';: /ヽ、i/         ノ:..: : ::.  ノl/
:/: ',ヽ」:::::::: ゙ヾ;:::::.',__{-‐''´:::rヘヾ       、___ /:::::::/ /:: //
':: ;:::'、!:::::::   |\::', ̄`'''‐''       _z;:=;_ ノイ/:;:':::: /    やらない夫が、バトルアリーナに?
 j:: :::゙l: ::::  | ゙ヾ           /-‐'::ノ〒フ:::;イ:::/
. l:: .:::::!: :::  |               , `''−く,.-';;-'´ノ/       急な話ですね。 彼は、このような大会には
⊥;;;;;;::l:.    |ヽ           {   ‐''ラ´  '´        興味が無いと思っていましたが……。
   ゙̄1: . :   | ヽ        、__ 、 ‐'    ノl
    ';:: ::   !ー‐ヽ     `ニ''`   ,...'´ |             私に直接会うのが目的でしょうか?
     ';::.::.  |    ` ー- 、_ _,,.-''´:: :   |
     ';:::::.:  l         `゙'''ーr;=、  l
      ゙、:::::. l           〃 ノ  !
       ヽ::::. ',          〃./: /
        ヽ:::..',         〃 {::: /


100 :◆vsQyY1yD2Q

                                                ,.-ッ=ーr
                                               l _||,_   ニ|,
                  ……あ、例のアナーキー師弟の          .|/ ̄ \,ニ|
                  ためかも知れません。                  .l|(⌒) |l-lr_
                                              ,r'丶 ̄.ノ  }, 、
                  片方は ラガ出身の少女ですから。       _|-(  ̄  n-lr |―- , _
                                           / `‐(,___|_|---┘    `_,
                  優勝して、恩赦を願い出るつもりでは  .l´     | ll   /      ,r'´ |
                  ないでしょうか?              ||     .| || ,r'      , '  ,r'^J
                                          | ゙i 、-ー´| || | ̄ ̄ ̄|  | ハ  ゙i
                                          | ゙i| | | || || |┃┃┃|  | |  ^⌒゙i


             /::::: .: .:      .      ノV|
                /:::::::.:::: :::.::  /: .::/  .::    } ノ.|
            /:::::/::::::::::::  /: .:;イ:::: /::::  //ヶ' 」ヽ
            }:::::j::::::l::::::: . {:::; '-1::;イ/l::::: ,ィ, '∠- '  ',
            |:::::{:::i::{:::::: ::.ト/z;=∨、 l::::// ‐-l:: .  }
            |::::::Vli::ヽ::::i!:|´、_{‐' }` ∨  zミ、 }: .:: ト/,_
            |::::/ rl:::::::トヾl    ̄`   、{‐'}`ノ/::: /7/.l     なるほど……有り得る話ですね。
            |::::{.、r}::::::|          ``"フ;、ノ/,' }| ,、
            |:::::゙ヽj:::: |        、_ .. ' j:/ }.// !| //   軍の方には、これまで通り
           ノ::::::::::j:::: l丶、       _`` .イ .// ' /. レ' /    監視するだけに留めるよう通達を。
          /:::___/:::: l   `丶、    ∠_:{ ゙′    ` /
         /:「 ̄ 7:: /ー―――`=;=;ニ´-- l   /.  /.     彼の出場についての 箝口令は不要です。
       , ':::::::::l  /:. /        } }    j,  / .   /      彼は有名人ですから、いずれ知れ渡るでしょう。
         {:::::::::::::l //  i        .l l   /::ヘ     {
       ,ゝ''´ ̄ }//  {        l l   /:::: },    ト
.       /     j',1:: : |        l l  ノ:::  /_}    ∧l
.      ,'     /l{ ヽ: :::|        l l /:::: /  l  / }L
     {    、 l `  ヽ:|          l l/イ /.    }/   | 、ヽ
     i{    :ソ    リ           l l  }. ス_  /     .|_ノ |
     _八―‐‐}                l l. イノ v ´       /  |
  , - '´:::::::}  /               l/  ヽ {.     /   |
. / .: .::::::::::', /              ||\ ヽ ヽ   /     .|
/ ::/ ::::::::::::ヽ{              ||  ヽ ヽ ノ/       |


101 :◆vsQyY1yD2Q

              , -、
             くr公ン   /
              _,ム__イ_ ,rく     ……それと、もうひとつ。
           rくヽ._X_ノ,マン′
           ,ハ.} jレ'´} l'l ヽ、    やらない夫のチームメイトですが
              { 7´{_ィ^゙lj}」 {.ノj
           ヽr'´ l|  |'' |`¨´     その中に、「やる夫」 の名がありました。
            j.__ |!  l.__l
            f ̄‖ 「~゙l
             |   |!  |  |


                              .      , -'´    .::     /  _ -'´|ヽ、
                                   , ':::::: . .:: /:   .::∠, -‐ ´   ノ   \
                                  /フ:..:::.::/: /::   :://__,,.. -一 '´     ヽ
                                  /::::::::::::j:::/:::   ::/ '"´___/:: イ:::./ . :.   ヽヽ
                                  /:;ィ::::::::::{:::ト;::::. /  '´/-‐''´/イ::..: .:::::.  :. lヘl
                              .    |/ {:::::::::::ヽ{へ::. {    z;=;=ミ、 lriヽ:::::::::. .:l:.l |
                                 ′ ヽ:::::::{:::|`z=ミヽ   ´}_ノ::} トji|{::::::::::.ノ}/.|
                 まぁ、そうなんですか?     ヽ:::ヽi´{ノ:}     ゝ‐/゙} /:} | .l、::ィ⌒ヽ |
                                     ヽトヽ '" ´         }. l´7. |. |.}::| ヽ } !
                 会場へは、決勝戦の日だけ     .}{ ヽ__     } V  { !|::|‐__ノ: |
                 顔を出そうと思っていましたが    }ヽ ∨:;-7    ,'  `  '  l::「:::::::::. |
                                          j :ヽ ヽ{ノ     /        }::|-‐┐: i、
                 それなら、初日から行った方が   .j ::::::|ヽ ‐   /        /:::|  |::::..ヽ`‐- 、__
                 良いかも知れません。           j ::::::| __ゝ-;一}      /  {.  l::::::. ヽ::...    `ヽ
                                        / _ -‐"´ 《  {      /  ,ヽ  {:::::::: ヽ:::::::...   ',
                                     / <       ',', ヽ    {:: .: ル' , ゝ--- 、 \:::::    }
                              .       /  ヽ      ',', ヘ    ヽ, イ  /      丶ヽ:::.  /
                                    //   :ヘ      ',', ヘ   / ヽ. {        ヽ .ィ′


102 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ___       そ、それじゃ、ひとつ聞きたい事があるお。
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(○)  .(○)\    なんで、ポリス戦争なんか やったんだお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)  u.\
  .  | ≧シ'.u  ´ ⌒`     |   やる夫は 話でしか聞いた事ないけど
  . \ ヽ           /   悪い事ばっかりで、良い事なんて ひとつもねーお。


         ___
       /     \
      / _ノ ヽ_. \      分からないのは、そこなんだお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |     ポリス戦争って 随分 長い事やってたらしいけど
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      戦争してなかったら、もっと早くに永久機関が完成してたんじゃないかお?
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |.      そんなに、エネルギー問題って深刻だったのかお?
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


103 :◆vsQyY1yD2Q
                __
              ,.' .::::::::` ''-、
                { :::::::::::::::::ト'、
              ノ :.:::::::::::::::/
            -;'´ィ :::::::::::::::::l
           '"´ノ.:::::::::::::::::::l_       このような事を考えれば
          -=;´.:::::;:::::::::::::::〈 }       ポリス戦争で死んでいった者達に
       ,ィ   /..::::;:::::::::::::::::::トくヾヽ     申し訳がないのですが
      ゝ''ー''´::::::::::::::::::::::::::::::::l=r''´
      /, ‐'':::::::::::::::::::::::;::::::::::::/! !       もし、あの時、やる夫が いてくれたらと
     /´    ..:::::::::::;::::;::::::::_ ‐' l, }        どうしても考えてしまいますね……。
     /‐ァ、::::::::::::::::::::;:::;:::::/   {`''
      ` ゝ、:::::::::::::;::;::ハ:/     ヽ
      _ _,ィrrァイノ'jリ `   | l
     _ff、ニf‐',. //   l   !  ',
     f´_l___/ /   /l   l!  ',
    _,ィ /ff ̄フ  /   /|   ll  ',
    >f、j' j//  /   / l    ll  ',
    ̄` 〈  /    /  !    l !  ',
       ヽ/     / |    l l  ',
        '、   /  l     l l  ',
         `丶、l‐‐ 、!     l_ゝ/
               f- r―r―'


104 :◆vsQyY1yD2Q
【 ポリス戦争 開戦前夜 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ./
: : :: : : : : : :::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/.:: : : : : : : : : : : : : ./|| ̄ ̄ ̄ ̄:::|l: : : : : : : :
: : : :: : : : : :::l|_____||::|: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : :./  ||____;;;||: : : : : : : :
. : . : . : . : . : ∨,-‐──: 、::ヘ|. : . . : . : . : . : . : ./: . . : : . : . : : . :.:| /, -‐──: 、::/. : . : . : . : .
______.`|     . :.:.:|‐'_______/________└─|     . :.:.:|´_____
      i    |    . : :.:.:.|            |                  |    . : :.:.:.|   |
      |    |    .: : .:.|            |                  |   . .. :.: .:|   |
___l___. |    .: : .:.| ______l___________ |   . .. :.: .:| _l_____
::::::::::l二二|l:::::: |    . : :.:.:.|:::::::l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::l|二二 l::::::::::::::::::::::|    . : :.:.:.|:::::::::::::::::::::l:|二
::::::::: Τ`Τ::::::::|    .: : .:.|:::::::Τ ::Τ::::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ:::::::::::::::::::::: |   . .. :.: .:|:::::::::::::::::::::Τ .:
┬─::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::| ┬─┬─‐|    . : :.:.:.| ┬─┬─| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:
┬┴::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴‐|    . : :.:.:.| ┬┴┬┴| .:



   ,.‐'´  _,-'´/::. ,-イl::   :l : :::::l::|:::l:;イ:::/|  .:::::l::::::// /:::::::ヽ
 ‐'´ _,. ‐'´::::::::l:::/ _/ l:;i  .::| :::::::ハ;{::|リ,{:/、」  .:::/l:::/7/::::::::::::.ヽ
 ,.-'´ .::::::::::::::{:::{ /7 リ:', ::l ::::|::{7/ネ7ミ; l  ::;1:l|::{ '1:::::::::::::::::::.ヽ
    :::::::::::::::::';::', ∨/ :: :::、::::; ::::;:lゞ、_ノ  } ヽ:::{`"l l| /::::/::::: :: l::: l  待ってください!
    .::::::::::::::::::ハ::`7/  : :::ヽ:ヽ::::ト、 ゙ヽ    ヽ| z_`フ,ィ":::::::: :: i;:: !  私に、もう少し 時間をください!
  ..:::: ::::::::::::::/:::;ヽl1   :::::| ``ヽヽ         イフハノ:::::;/::: /::ハ:|
 .:: .:::::::::::::::/::/;ラ:::    ;::::| u  ``       ヽヽく 7:::;イ:: ,ィ:::/ j/   .必ずや、ラピス鉱石が 尽きてしまうまでに
 ..:::::/::::::ノ:ノrく 7イ   ::i:::|           , /'"T/::ノj/      エネルギー問題を 解決してみせます!!
 /_,. -‐'''"∨`ヽヾ|   : :::l::l       ,. ―-、 、'´ /:::::: |''´
 ニ‐ヘ     `ヽ `゙|   :. :::i;:lヽ   ヽ、_::::}フ ,.ィ:::::::::|
 -''" ヽ     ヽ`|  :. :.:::ハ:! 丶   `− / |::::::::::|


105 :◆vsQyY1yD2Q
                     _,,_
                  _ -‐ヘ |   >、
                 z' ̄_\ l / ,_ \
                礼 /  ヾi」,j/ ヾ入
               __,/ ,仏、_      _,以.ハ
           _,,/´| |/ 〔_ー-`⊥!'-‐グノト、          ラクス君、君は優秀な科学者だ。
         / ||  | l rtヾ`'====='ラr ァ| \
        / j  ||   | ゝ_ヾト ̄犬_jス ̄ム'//   \      君の言葉を 信じない訳ではないが
          l |   |l   l  ヽ`\{辷=弍} イi´ /    r/\     我々は、ポリス市民の命を預かる身。
        ノ い,  |l  \ 〉 〉ヽ'二ン/ /   〃     ヽ
      /_〉ヽ」  L-、  \_//_`l 「ヽ /    〃    / !     市民の命を、出来るかどうか分からぬ
     /´`ヽ ヾヘ    ||   // || L/  _〃   /  |     ギャンブルに賭ける訳にはいかん。
      |    ヽ、り   |l   ヽ辷'_」    // ̄    ん     |
    /    _,人/    !L_  | || |   〃     / 八/  |
   /     ̄ 'ー|    `l|  | || |  _〃      / //   |
  /l       /|       ll  l‖l 〃´   ヽ、/ 丿       |     原作:元老議員
 /  ̄ ー一¬' _) |      ll l ll l ||    _,r/         |      キール・ローレンツ
 l   二ニ= ' l |   ,イ⌒^ ⌒ヽ_|L ‐'  ̄/ /^ヽ、_ __    |     ( 新世紀エヴァンゲリオン )
  l        〉 \ ゝ!  ヽ  _y′   / /    Z_    ̄`ヽ|

                                         _, -──--_、
                                         _/  ̄ _, ニニ =-ヽ_
                                      「/ / / ̄_ _ ─ ニニ \
                                  f爪|{ 〃/  ∠二=¬ _ 三二 `ヽ _
                                  「三≧V/  ィf>ミY⌒! 「 `寸ニ≧- 、\ヽ{
      我々が成すべき事は            /|弍ア´,仏ィ´   jリ   Vト、_ \ヽr- 、 \ヽ廴__
                                く  /∧} /小ヽ‐'⌒)  ∠ _`<ミハ リjニ、Y  ヽ   ミ、
      「確実」 、かつ 「速やか」 に.          ∨〃ハレヘ{ヾ| _/ イ ィ_,`′  ゾ  `レ jヽミ、ノ\ トリ
                               /|r'///  ∠{! _, -、‐         し1トヾ \ y′
      エネルギー問題を解決する事だ。  、_rノY(/  ,ィ テ‐'  _ ノ           ヽ 川W  ト!
                             `T{{ /^ ミヽlレ'   イ       r     }    `く__
      それが分からぬ 君ではあるまい。   .| `ド  リソj  ,イ  ー ^ _  ='´      / _, -‐'_,-ヘ
                              |  \    ,ハ、  ー 二´-'     //, -'´   ヽ
                               |        ト  }ト、_           / ´/      rヘ、
         原作:元老議員             |       |  ノ勹ハ「>、     _//    「r‐`ー<_ `ーュ____
         芝村 勝吏                |       |      _{トニフt_‐'    _人ヽ __/  ̄`┐  ̄`ヽヽ
         ( 高機動幻想         「二二ミヽ、     厶仁二コ{[__jトl f─┘  ´    >─‐===彡 _ ノ ハ
           ガンパレードマーチ )  _j_     `  ミヽ、,/ノ/`iT7才7ア'丁} |   /     ,ヘニ二二二ニ -r‐r‐く{ ヽ
                         ト--ミヽ、_     ` ミヽ、 川 ' // r'//レ'´_    / / j ハ!儿 }八 | !  ヾ  ヽ


106 :◆vsQyY1yD2Q
                        /"/ /           .:|  .:      /::/,.ィ "   ,... - "     };;;;\:::::::.
                      /;;;;;///        ::: .: .:::l  ::     //"'"/ ,..-ィ'"  :      ノ;;;;;;;;;;\::
                      ;;;;;;ノ/ /      i  .::::.::: :::l .::: :   : 〃 / "   }  ::      `ヽ、;;;;;;;;;`
                      ;/   l      ,, ヽ  ::::!::l、 ::ハ :::、::  :/       l .:::       :::|::::\;;;;;;;
                      __ ,... - ''l  .:  ::. ::::.ヽ ::|l::| l :|、ヽ,::ヽ:::. ノ|  _,, ......-/ /,:  .::::  .:::/:::::::::::丶、
      ですから!         __ , -  ヽ :|l :::::.. ::、::7、:|ァヾ゙、:|ミ、"\、::::|ll "" ,彳=7/'"/'フ .::::   .:::/::::::::::: ::::
                           ヽ:l ヽ ::::、::::丶彳'{__/';;;}`  `ヽ|ヽ  "{__/;;;;}`/_,, '" :: :::::/::::::::::: /::::
      私が 問題を               !  ヽ、::ヾ、:::`ヽーヽ--'"    `    -ヽ--="' / .:::::::::::::/:::::::: 〃:: /
      解決するために……!         .....  丶、:::7ー、        ,        /:::; -:;; -ィ/::::::: //: /
                      ::::::::::::::::::::   ../  :::::|_1         |      / '"ーI ":  l:::;; -'"/ '"
                      ::::::::::::  .......:::::/  :::::|::ヽ        !         /"|:::::  丶 - "'
                       ...:::::::::::::::::;;:ィ'  ::::::::|::::::\               /- |:::::::  ヽ
                      :::::::::::;; - '" "  : :::::::ノ__::::::::ヽ、   ' ̄  ̄`     /    {::::::::  ヽ
                      - '"  - "   ::::::::::::ノ/- '",,ヽヽ、   "   ,./|-、__   l::::::::   ヽ
                             .::::::::::/ __ -i、、"  |  丶、   ,.. '   l  〃、 ヽ:::::::    ヽ、
                             :; '"/''  _/ヽ、__, l    `''''"    |、 〃ヽ  ヽ:::::::: ::  ヽ,_ヽ、
                      ...      `""'ー−'"ー'" '"/           ソ/  l   ヽ:::::::.:::.  ヽ`ヽ




       /    ∠_      `丶、
      /      ∠     丶    \
  __/    ィ / ̄   ‐¬ミ、 \   ヽ
/(:::/_ /:::::/イ      ヾニ三≧\ ヽli  |
  \::::::::::::::::::::〈      ヽ、弋ッミメ;;ヽ }|  l、     エネルギーが足りぬと言うのであれば
    ` ー- _::::::ハ、        ` 二^彡ヘル'厶〉      奪い合うしかあるまい。
        >- 、ヽ            〈テ7
\        /::::::::::::l }         _,,.ィ  __Y      エネルギーを消費する母数が減れば良いのだ。
  ` ー- 、 ::: |::::::::::::::| |  ,,..   ''´ ー ¬;;/ ' 
   /⌒Vヘ:::::::::::/  〃z‐__,,,,,,......、´ /       さすれば、エネルギー問題も
、  /:::::::::::::ト-`ー</| ´  z.,,__   `7/        おのずと 解決するだろう。
:::∨:::::::::::::::|      >┐  `ヾ三三≧'' /__ ̄>、
:::::|:::::::::::::::/    / ィ´|/l____/|  /|  {:::::∨::::::::}
:::::|、::::::/   //:: | ト、:::....   └ ′ヽ/|::::::|::::::::/
:::/  ̄  //::::::::::| |/\::::....::.:......::.:... ト-^ーく
/    // :::::::::::::::| |ヽ:::|:::::::::::::::::::::::::::::|::::/ fl|


107 :◆vsQyY1yD2Q
                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }       ラピス鉱石は 遠からず枯渇する!
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }        それは確実なのだ!
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_        ならば、やるしかあるまい!
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ    より優れた者を 未来に遺すために!!
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }
                                                /\へ
                                          ∠へ⌒  |    ̄へ⌒ヘ
                                         <⌒  \ |   く  ⌒ ミ
                                        彡  /~\\ | / /^~\ノゞ>
                                        <</     ̄`-´ ̄    \ヽゝ
                                        彡(_≧二―_亅l_―二≦___)ミ、
           君は 恐ろしい男だな、シャルル。         /θT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~Tθ|
           ポリス全体で 口減らしを行おうと言うのか。  .|   \________/  |
                                        |  Θ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\Θ |
           だが、確実な手ではあるな。           .|  /__     /^\     __ヽ  |
           一部の犠牲のみで済む。              .| |   ̄`―<_  _>ー´ ̄~  | |
                                         | \\   / ̄\    / |
                                         厂t┘ | /__   __,ヽ |└´T入
                                       / \L_ l \ .  ̄ ̄  />l 」/  \
                                     /     \ ̄\___/ ̄/     \


108 :◆vsQyY1yD2Q
                  r‐//` ヽ、\ヽ { } /ハ/ ∠ー_、
            __ } /′ イ仁≧トミヽV ,仏イk∠二 ヽ { __
           / ーーノイ / /{/′  /{´` ′ }ハY゙ ̄Y jハ、 -- \
          /∠ .:.::人 Vi { ヽ   ヽト     j}   リ /{ ヽ\::.:∧ ヽ
       |7.: .:::ヽY≧ ミヽ_           {イ{〈 バ∨::: : .L|        ( ククク……元気な御仁だ。
        |ニ. : :::::_ノ/ニVリノk‐、ミz、_,  〈_,.ィ弌テ‐いV^ヽ込_::: .:.{ |
         | 「{ .:::/ 八 //                  ヾミァ ハ j〉:::::. 〕|          自分が淘汰される可能性には
         \〉__ ゝ{〈 {Y {廴_       |           r 厶イリ __∠r──_─_--、
 /_,二二 ,ニ=── `ヾ辷T´      L         k'イ´ ̄丁「 ̄ `ヽ    ゙ヽ|  全く 考えが及んでいないと見える )
 ン    //´      _ノ/ l    、_ `_^ _ _, ヽ  / トドミ辷二二二彡′    |
{     ヽ辷二二二ィハ{   \ (_ `  ─‐‐ '´¬   / /ハ{      ト-ミー- -一彡
. ミー──一_ イ「/|   \ヽ _ r ' `二ニ=-─<  イ /  ′    |   `T丁 ̄ハ
 /フ了丁i「ヾ l{  ',      ノ>'´, -──-、__`) `Y       // ′′i  { ゙
〃 /   l|  Y! い、   /  r‐'´ , -───- 、  ',     /イ / / ハ   ヽ
           ト、ヽ  /    ー'  ィ--──ー'   v‐¬    く 厶/ j/   ヾ、




                         =‐''"   ........:::::::::::::::::::;::::'/       `丶ゞ'、_::::゙、::::..  .:j/  ト;:::....
                         ......::::::::::::::::::::::::::::_,,.-‐ゝ┴‐- 、_         `'''丶、::.:::/:.:  /j}::::........... ...:::::: ....
                         ::::::::::::_::::-‐''"_::;::''´;:-'"´     `            `t‐'::. :///:::::::::::::::_;:-‐''"´
                         ;::_ニ-‐'"´ ̄ /ァ7´                      'r、_ノ‐'/ ̄ ̄ ̄ ー――‐
                                /イ´;:::/                       l;';:::::::ノ`ー−― ''"´ ̄ ̄
                               '/:;:;ィ".:/               ⌒丶、  :il::T'´
    あなた達は……!                /, './ .:/.:  .:/,         、   ,.イ  \l|:::|
                              /′/.::/.:: .:;:'::, '´  ..::      }:.::/ /, イ  ヽヽj
    全てのポリス市民を巻き込んで         .!::;イ:/.:::/::/  .::/.:/_,. -、 _ノ''´ _」' /  :. ゙、'、
    戦争を起こそうと言うのですか!?    _,. -''|:::l'l:l:::::l:;イ .:::;ィ .::;:';〃7" ̄ _,. -''´ ノ    !::.}゙、!
                         __,,.-ァ"ィ"  ヽi.:i:l';:::i:トl .::://::;イ/  ケ"´ __,.-‐'´     l:i:j ′
                         ,.-ァ'7´   .::::;::メ!i';:i!i゙';:::メ,l:/ {l    ̄ ̄!:::: / .: .:: :: ,!l'
                         .〃 /;イ: :.:::/;イ:/ lトミ,` ∨`l'イ 'i、____// / .:/: ::;:: /: /i:!、`‐-,_
                         /  !:{l::::::://.l::l! l l ヾヽ  ,   `=;、_7/::;:イ::::/::/:;ィ:/::ヾヽ  `丶
                           ';:l,!:::::{/ !:l||i  `,`、'      ̄;;7:ィ"7::〃;:イ ii:::i::, ',ヽ \ |
                            ヾ';::::i!  i:l  !ヽ  | !ヾ`ー _ ,. -‐''不/ /イ '´ ヽヽ::l::. ヽヾ'、`, }


109 :◆vsQyY1yD2Q
 / '、ヽ___,. 'ノ        , '                 l ! l   ヽ ヽ
    〉,、___,ノ 、ヽ`   / ,.'               l l |.   ヽ i
   /,'  ! ! '、 ヽ`、ヽ、,' ./              ヽ、!||     ゙i.l
.  / i  ! ゙、 `、 `、\,' ! ,       /      ヽ!|| 、 .  ソ
 /,! !  ヽ `、 ヽ ,.. ,| l  !   ,   ,'     ,   ∨ノ ヽ ヽ |
 ' i |   ヽ ヽ  ,'r'ニ| 'i |.   l   l !    ,' ,  、.Yヽ 'i. ヽ l.  ( このままではいけない。
  | ! ,r',.ニ\, \!l´r''!  '、 !   !   ,i !    l. i  'i }、   | iノ
  '  ,.'、V,.ァィ、i'、ヽ、!;.!  `,!ヽ   !   |:!.!'、   !l i:、 !i ハ  リ! !   戦いの果てに滅亡した ブランティカと同じように
.   | ヽ.ヽ〈! ` ゙^ヽ,|    |゙、 '、  |:!|::'、.  |ヽ',!、!リ !| / ! ノ    ポリスもまた 滅んでしまう。
   |  ゙ヽ.゙ヽ、   l      l `ヽヾ、、 |::゙:::ヽ.  l:::|ヾヾ  'ソ ノ,'
    |    `ヽ、`ヽ、 'l    |   `ヾヽ、:::: ゙ヽ、!:. 、      '      なんとしても
   ,|       `ヽ、` l,    l         ,..... ゝ          エネルギー問題を 解決しなくては…… )
.  /|          `l     i、    ─r‐') > ヽ
 i´ l、          'l    ヾヽ   /´/<     \
 |  \            ヽ    ヽ!^ー-イ',イ´ ヽ、    ` 、 
  !   \         ヽ    \//l.|    ヽ、    ` ヽ 、
.                ヽ 、ヽ、  ヾ 、 ,||     `ヽ、     `ヽ 、
                   〉yヽ`ヽ、   `'ヽ 、     ` ー- 、 _    ヽ、
 -──、           //::゙ヾ`ヽ、゙ヽ 、   ` ヽ、         ̄`ヽ、 ヽ,
.   rヘ, \          ヽヽ;::::::::::::i !ーiニキ、゙ー-  、\          ヽ. !
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


110 :◆vsQyY1yD2Q

             _,,.. -――――- 、}ヽ
           ,.-''´           ! ',_∧
            , '            ノ  y l
        , '           _r''"´_ -''´  ハ
        , '          / l ,ィ   _ -'' ヽ
      /      l     /  ´/-r''"´    l
      /    、 、|   ,ィ|  __/        !
       l ,    l, l、ト、  lヽ! ´  /,ィ ィ    ,'    ( そして 今や、当時の元老議員で
       l l!   '、,ィ=テfミ、_'、   ,ィテ/-''/    !
      ',ハ ヽ  、ヽゞ='     ゞ‐''"/    ,ィ l      生き残っているのは 私1人……。
       ヽlヽ 、ヾ`    '        ノィ _ -''/´!
        ` `r`T`  、      ‐''"7  | !       責任重大、ですね )
           !  \  ー 一    /l   ! !
          l    fヽ、 ̄  _,.-'' /   l  l
          !   /  `r‐''´   //   l   ト,
         ノ   /    !    〃 !  |  l ヽ
      ,.-―'-/  /、__,.-''`    / /   ト,_ _,.ゝ...,,,_
    /   /  /  `''ー、   _,.-‐/    ! `7/     `ヽ
.   /     /  ,/      _,.-'´   /   / //       ',
.   /    /  /            /   / l l         ',
  _,!    l ! l            /   /  l !         _j、
  / 7- 、  ll! !           / /  /   l !    ,. -‐''"  ヽ


111 :◆vsQyY1yD2Q

                                            . -―−- .
                                          /: : : : : : : : : : `丶、
                                         /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                           { : : : : /\ : : : : : : : : : : \
                                         ヽ:,.-‐{.   〉−- :_: : : : : : : `、
                                        __,.〕―−-  ::_:::::::::`ヽ、 : : : : :〉
                                       ‘ー_ェー、- 、.__::::::`丶、_::::`i _;/
                            ラクス様……?    ヽ} モrヘ._r‐rtテ¨7´!:.`Y´
                                          ト- ' 厂`ー-‐' /ィ´リ
                                            .  `__    /tシ;′
                                                ヽ、 マ_,〉   イ:./
                                               ,.-l\__, '´ l^′
                                   ,.―-、 __   _,ィ′ `ヽ、   ト、
                                    Y丶、 \ ̄: :_:t    、\ / ヽ
              __
           .  "´  . : :`ヽハ、
            , '     : . : :「ノ ハ
         i    . : . : : :i/L/: :ヽ
          |  :、 :i、 i、: : i{二|イ: :i |
         |l、i . :Vレti`\i ヒtオ:ノiハ|
         `l:`t: :ゝ ̄   ,  ´}ハ.          いえ、何でもありません。
          V i: i、    ; ∠ ハ   ヽ.
           V:i ハ>  _/: : : :ハ   ノ:}      さぁ、仕事を再開しましょう。
           ノ i: :ハ   {: : : : : : . `ニ∠.....
        . -‐f>ゝy┴ 、 `_ ―yッ-、: : : : : : :`ヽ   バトルアリーナを、初日から観戦するには
.        /  /{f⌒ゝrt‐ュ::V  〃  V: : : : . .ヽ、i   その分、仕事を 前倒しで済まさねばなりませんからね。
      | .lL{_厂:::::: ̄:::::\ ll   |: : : : : : :j} `
     /厂 ̄厂~~フ⌒ヽ、トトトlt┴―r┼、: : : : :ハ
    く/   /. : :くr、  ∨      、ヽヽ: : : :{ {   、
     >t―-> ‐く/ハ  ∨       | }ノ: : : :ゝー一j}
     レ'|/|  K ̄  V ヘ.  ∨ ̄「 ̄`i「 | |: : : : : : : ̄´ヽ
       j  Vゝ__ノハ  ∨/|   |ヽト|: : : : : : : : : : .ヽ
       /  ∧|\  /ヘ  丶j.  | : : : : , -- 、: : ヽ: : ノ
       /  / ノ|| f水  |∧   \ .|: : : : /   ハ: : }/
.     /  / j || /j{j}ハ  | ∧    |: : : : {    j: :ノ


112 :◆vsQyY1yD2Q

                     ,. -―ー - 、
               _,.:=;ニ´ ̄     .........:`ヽ
                  /       ..... ....:::;;;---∧
               /     .:; .:::;ィ:;:-'''`ァ;―‐-y1
              レ/   . :i; :ハ :::/ l' ―;:/ ̄`丶ヘ
               {.:::j .: ::、{zぅミ、'、 ィうtニ;イ.:::.:::::: }
              ノ''1;ィ:、{:!ゞ‐' ' :::.  ̄~ `/.::::::::〃
                'ノ :.ヾ、  ,'..,_    ノ.:;:::::::::l゙}
               / .::::::::',   { ,-ヽ ''"‐''フ ::::i!iノ            やる夫。
       ,   __,,.. -‐''´.::.;;;;ィ::::::ノ\ `ニ´   / .:.::j:リ
      i{ ,-' -――‐;:ニ‐''::;:‐イ/:::::::ヽ,. -‐' フ  ..::ノ: l
      ヾ;ー―‐';'"´::;r‐''´::/:::::::;、::::} __,.彡.:::;/:: :: |             もし、あなたが
       `;:ニ'''",.-''´..:::::::: .:::::::::::::`''ァ‐彡‐ ''´'、:::::::. {
      ,-'",.:;=''´   ....::::::___,.、-'´      _`ニ;ニ;゙ー;r- 、         あの時、あの場所に居てくれたら
     ,'/, '   ...::::::::::::/   ヽ',  ̄ ̄ ´`,._,r;///7  ',',  ヽ
      " /  .:::::::;;;;;;;;;;/.     ',',     ハ;`゙、ヾ、ヾ;ゥ  }}   };、__
       {  ,:-‐'",.―、{       ',',    { r 、`ヽ丶`ヽ ll _,.-'´ヽ 丶     そう考えてしまう 私は
      }  j,.‐''´   7"´「~−'-、 ',',.   j `ヽ,`''   ゙<く    lヽ ヽ
      ノ ,.く   ,ィ7′ !     `''ゞr―イ   /ゝ、   丶   ヽ `ヾ,     さもしい女でしょうか?
    `''‐ク ヽヽ/ / _ - r'        |l /    /l{  `ヽ、  ',   」 ,ィ、
      /  ::フ └'_  /        l!./   / ll   ヽ   ',-〃ヾく |/
      (  ::.:ヽ   _之イ`ー―r、  j/    /  l|    ',   ', ',  ヾ「
      `丶、:::::` ̄:::::::::`!     i,`‐ァ'′  /_ | ! ,.‐''1ヘ  丶',
  、      `ヽ::::::::::::::::::!     !y '   / { - ''´ ` − ヾ',!   ',',
  ヾ、      /:: ::::: ::::::!    /    /  ` ー―;= f'(  l    ヽ
   ヽ`ー--- ''´   .: .:::: :| r'´    , 'l ̄ ー ‐;:rァ、  ', ヽ !    ',
    `;=‐    .: .::::::::|      ∧ !    /,クハ }}  l ', ヽ    ,'
     /.::;ク    .:::::::::::::::::',    /  l! ',  /ヾj/ トj`ヽ'、 ', .\  /
    {:;:'./   .:::::::::;;‐:::::::::;;ゝ__,.ィ__,.イ l  ∨  // ',',   ヽ丶 .`´
.    リ {   .::::;:'/:;-'"~    __,.-''"_,.イ  !  {ノ  .L',   丶ヽ
     ',  ::://.r'´    ''"´~ ̄ ̄ j   !           ', ヽ
      ヽ  :{ '、{           ノ   |      ___,,... -へ ヽ
       ` ヽ. `        __,/    !~ ̄ ̄ ̄ ヽ     丶
             __,.-‐'"´~/       l       l !     丶
          _,.‐''´   ,.‐'´       l        l l      ヽヽ
        ,. '´      /         l        l !      丶
       /       /          |          l l


第二十五話へ     5  第二十七話へ

posted by 文月みと at 04:02 | Comment(6) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
ラクスがヒロイン格ってのも珍しい
Posted by at 2010年09月18日 00:38
このラクスは比較的きれいなラクスだな
Posted by at 2011年06月30日 03:29
比較的ってだけで唾棄すべき悪ってことに変わりはないな。
Posted by at 2012年04月22日 05:54
○○歳のヒロインェ…
Posted by at 2012年08月11日 18:52
善とか悪とかの一面的な作品じゃないと思うけどな。
戦争をとめることが出来たのはラクスの功績で、戦争状態が続くよりマシと思う人には英雄だろうしね。
これが戦争の引き金を引いた張本人でした、とかなら手に負えんけどw
Posted by at 2013年09月03日 12:49
これが唾棄すべき悪に見えるような義務教育期間中のお子様にはちょっと難しい話だろう。
Posted by at 2013年11月29日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34652970
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ