■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年01月10日

第二十八話『やる夫 大勝利! 希望の未来へ レディ・ゴーッ!!』(8)

第二十七話へ        8 第二十九話へ

145 :◆vsQyY1yD2Q

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     え〜っと
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\    呼ばれて 飛び出てみたお。
 |        ̄      |
 \               /   一体、何の用かお?
 /           \



                                : : . . ./// ///レ / . : . N. /レ //. :  . . . . . . レlハ
                                  ./ ´/:/.´ . . : . :/: . . : :|/l//. : . : : :/ ̄ ̄...レlハ : . . . .
                                   . / ィ. . :/. : :/l. : l . : l: :  N: /: ∠ミ7  ̄ ̄´ ハハ: . . . .
                                   /'´ l:l: : l: . : 、!_! : lヽ: ハ: .  : :{: :l  └┬― 、/ Vハ: : : : :
                               . . . . . . . . 从 : l、: . :l人: l=ヘlミ 、. : : lヽi ̄`丶/: : : : : : :∨
   そんなに警戒しなくて良いのですよ。       : : : : : -‐: :ヽ:l:ヽ: 、V、トl彳i` 丶: . : l ,≠z  /ィィ: : : : : : :l: : : : : .
                                ---_ 二 . .`: :へヽ.  ̄ ̄   \: l iLィtケK/: : : : : :,l l: :__
   ただ、やる夫と 話したかっただけですから。  三三.  . : : :_ へ_l `丶     i .:. ``  ̄` ∠ィィ: : : : /l/: . \
                               /. : : : : // :.:.:.:.:、      , :::::       ノ: :彡':\ : : : . .\
                                : :// /  :.:.:.:.:∧    r=ミ. 、     -=ニ: ィ: : : : : :\: : : : :
                                ィ:/  /  :.:.:.:/::l \  ゝ   ソ    . ィ. /:.l l、: : : : : : : `ー-
                                /   /    :.:./::::l L..\  ニ´  _ '´/ ィ:.:.:.l l:.\  : : : : : : : :
                                   /     :/::::└┐ l  ー‐ ´__.///:.:.:.:.:、、: : >    : : :
                                   ,     /::::::::::::::l l   / _/:::/:.:.:.:.:.:.:.`\     ̄ ̄
                                  ,     ,::::::::::::::::::l l `/ /::::::::::::/ :.:.:.:.:.:.:.:.:/ ` .、
                                   l     l:::::::::::::::::::l l/. /:::::::::::::::/ :.:.:.:.:.:.:.:/    `\  /


146 :◆vsQyY1yD2Q

               ,. -‐ '' """ '' ‐- .,
             /           `' /| ,'!
            , '       , '´     ノ |>'.l
         /,    /  ,.'/   ,.-,.‐',.. - '´ !'、
         ,'イ./ , .,' ,./ l'l  // '''Z,..r‐ ''"´  ',
          l'.l,'.! l  l ,'li,,...,,l .N     ,'.ノ /   .!
         l' .i l、l l,!ィ=-;、ヽi  -‐-ィ' ,/, ./  l
          Nヽ',!、l'::'-!` `  ,.,-'</rノ   ,'
          l.l |!`  ̄  ,   ,,!'':':;!'i/  i.//
           !i  !',.    !.:   `"/ィ,.イ/'/     まずは、昨日の試合 見事でしたよ。
          ,'l  .! '.、.  、‐- ,.   /,!´ ! /
         ,' !  l-‐.ヽ. `"´ ,. -'.,´!  .! !       貴方は あの試合で ガイアの戦士として
.           ,' .|l  !''ー'-`ー=.´l-.r‐ '1  .! l
        ,'  'i, l        .!|   ! .i.! .!       一段上のステージに 進んだのですね。
        /,.. イ',. !          .!!  .! ,',' ',
        , '´   !. ', l   ,、    }}  ,' .,'!'`"'‐.、
     /    .,'  ヾ, (ヽ,>ン','´' _!! .,' /' ',    ',      身体の方は、もう大丈夫ですか?
     !    !   '、ー/´´'-‐,ニ-{,l.,'/  i    .l
     !   ヽ.!   ,ゞ`   ´r'‐7,!!'   .! /  .!
      ト、  __!  /l     ,. ‐''´ ヽ',   .!'   !
     ,i.  ̄ .l, .ノ! '、 ,..、'´''ー、  / l、  !--‐ '.l',
    /.l    i >.!  i./  ',  / .',,.'  !.'、 /     .l ',


                                               /  ̄ ̄ ̄\
                                             /;    . . : : : :\
                    あ、ありがとう ございますお……。   / ∪   . . : : : : : :\
                                           |         . : : : : : : : :|
                                           \_    . : :〃: : : :,/
                                             /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
                                            / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\


147 :◆vsQyY1yD2Q
/ .:: .: :/::::/ .            _         } l l  ヽ
 : :::.: /::;ィ´::..:::         /         / ノ !   ヽ
  :::: ./:://..:::::      / ,ィ´::: .:    /  ,.イ / /     ',
 ::::::: {://::::::: ..::   /: //:::::::    /.,.-‐'´ / / /       l
..:::::/;-l{7{::::::: .::::  /{::::/  {:/:::   ,ィ´:/   ノ-ク ,ィ:        |
::::://,ニl:::';:::::i::::::  /~l::/―-l{l:::: / i::/      '"´ j::     } !
:::/{ , j:::::ヽ:::';:::::. {_z=ゞ三ミ;、';: /ヽ、i/         ノ:..: : ::.  ノl/
:/: ',ヽ」:::::::: ゙ヾ;:::::.',__{-‐''´:::rヘヾ       、___ /:::::::/ /:: //
':: ;:::'、!:::::::   |\::', ̄`'''‐''       _z;:=;_ ノイ/:;:':::: /    しかし、それは同時に
 j:: :::゙l: ::::  | ゙ヾ           /-‐'::ノ〒フ:::;イ:::/     貴方に大きな責任を課します。
. l:: .:::::!: :::  |               , `''−く,.-';;-'´ノ/
⊥;;;;;;::l:.    |ヽ           {   ‐''ラ´  '´        強くなると言う事は
   ゙̄1: . :   | ヽ        、__ 、 ‐'    ノl             大木となり 天へ向かって成長していくようなもの。
    ';:: ::   !ー‐ヽ     `ニ''`   ,...'´ |
     ';::.::.  |    ` ー- 、_ _,,.-''´:: :   |              それだけ 不本意な嵐にも 晒されると言う事なのです。
     ';:::::.:  l         `゙'''ーr;=、  l
      ゙、:::::. l           〃 ノ  !
       ヽ::::. ',          〃./: /
        ヽ:::..',         〃 {::: /


        /                j Y |
         , '                ノ  ノ. lヽ
.        //.:::   ..::         _/  , ' ./ ',
      /イ:::::.  .:::::::. .:.  .:::   /| _/ ノ   !
      l! l::::::. .::::::::::::. :::. ;:::::. //  7 _,.-'´ .::  |
        {::::::::::::::::::::::::l;:::::ハ::::::. lリ  `´ j::;j::.::::: .::. !
       ';::l;::::::::::::ト;::::lヽ:|`、::::::| ` ̄`ナ/ィ::::::;:イイ
         ヾ,ヽ:::::ヽ',_ヾ=ミ ヽ::{  z==、ノ:::/ イ l     と言っても、今の貴方には分からないかも知れませんね。
         /lヽ:ヾ.      ,``    `7::::  l:.|
         /.j::::: `,`      '        l:::::  l:::. ',     今は ただ、しなやかな心を忘れないでください。
        /.:l::::::: lヽ  /}{{゙、_      ,//::: l::::: ',
         /.:::{:::::::. l::::`ァ'r;ヘヽ',`   /l:/:::  l:::::::: '、
       _/ -rl:::l::::. l::::jl/ { l l ゙r‐'´  {l::::   l::::::::.  }    ガイアの誘惑に、呑まれてしまっては いけませんよ。
      /   |ト;ト;:::. l// l} l l 丶   {:::: //7"´ ̄`丶、
    /    ||`ヽ::. |   l!.   } _,. -1:: ///       ヽ
.    {      |.|  ゙;:. !   |     「   |:: ///       |
    」___   、|.!  };i|  |    |   |:///  /      |
   j,   `ー-Ll_  _`}  |    {   リ//_」 -‐'"´~ ̄ ̄},
   / |       r‐'"´ /   '、   ヽ ̄` ''−-、          ll
  /.|       {   /   ハ    丶       `7        | !
  { |      ヽ  ノ    ∧ ヽ    ヽ     /       ||


148 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                            /  ̄)
                                       _,,.. -― ´-`,r'´
                                    ,. '"´ ̄ ̄` -、 ヽ
                                   /   /;!     '、 ',
                                   |   l./| ,     ', /|
                                   |  __|l l,'.| _,,,_  _,.!-、|
                                   '-i l,!;;! l' .l't;;j''r'´i), ,! !
     そうね。憧れる気持ちは大切よ。            |!  !     | !-´ .|
                                     |ヽ `_,  .! .|| |. |
     でもね、これだけは忘れないで。             | | ` 、__,. ‐'.! ;'‐"l !
                                         | !  ,..!..-'//-‐'ヽ ',
     強くなると言う事は                    ,,.!..!、r''ヽ, ,'.r'    ヽ!
                                  , '´、ァ'`;r'"ヾ      ';、
     木が大木へと成長していくようなもの。      ./ ヽ'ヽ‐'ヽ,,,ノ     l ./ヽ
                                 l  .〈,イ  ./ !|     |./  |
     風にも、雷にも、当たりやすくなっちゃうの。  !、,,..-'|  !_ 'i      ',  .,'
                                 ヾ-‐:'|   | ̄|      ', /
                                  ヽ |   .! .|      .',/
                   ,、--、          r''"´`',r'ー--.|  |      ',
                   i   }          ',   l    |  |       ',
                  ,⊥、,_ /
             _,、-‐─┴--、,〕
           ,r‐'‐'´ ̄ ̄``ヽ、 \
          /          \ヽ,
          /             i  i
          ,'    //!/!       |  |
        i     ||| || |       | ノ!
        |    | || || |,、-‐-   _ノ‐{ |
           ',   '⌒ト || | .| ,rr‐-rイ´|'^ヽ|   今は分からなくてもいいよ。
         `T-fくL〉ヽ !└iヽノ′| レ /|
          | i `         | レ′!   みんなが、しなやかな心を失わずにいてくれれば。
          |i ト、 ヽ -     l |   |
          || | \ `ー''´  /ヽヽ  |
      ,r'´ ̄`i |‐/ト、_,、‐'´   ト、i、|
     /     | j∧ ヽ     i >ヽヘ`ー─‐-、
      i     // ヽ__ ヽ      / ヽヽ!     ヽ
      .|    // (  ) 丶   / f⌒ヽヽi      i
     |    //   ゝ‐`‐、 ヽ/r‐‐ヽ_ノ  |i      |
    /  f⌒ヽ   '、_,,ノ''⌒ヽ┐ ノ  f´ ̄ヽ   i
   /   ヽ-r'      人. O .} ̄  ヽ__ノ   ,'
   /    / i′    / ヽ  ノ     ハ   i'′
  ./⌒ヽ / |     /   /ー'′     j  i   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


149 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   ( 真宵先生と同じ事を……!? )
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     ( でも、あの時より…… )
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |    なんとなく、分かる気がしますお。
 \      ` ⌒´   /


150 :◆vsQyY1yD2Q
              _ _ _ _ _ _ _ _ \
 .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .曰田田田田田  \ 廾廾廾廾廾廾廾88888888888888888888888888
 .|   ∧_∧   |  ヨ|三‐ 〒. ▽。。  |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
 .|  (´・∀・`).  |  r.r.r.r、 ::::: ::::: :::::/  .l l二二二二l ..l::::::::::::::::區l l區:::::::::::::::
 .|______|  LLLLl ::::: ::::: /    .l .______________________________
                   | ̄      l | PS2 DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー 好評発売中! |
                   |       l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   |   __________l______l________l______
                  │ /  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  .∧_∧  ∧_∧
                  │/  (´・ω・`) ( ・∀・ ) ( ゚∀゚ ) (*゚ ー ゚*) (.`Д´ .) ( ´_ゝ` )
                  │   ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧
                  │  ミ,,・∀・,ミ (´∇`* ) (`・ω・´) (*´Д`*). ( ゚д゚ )  (.=゚ω゚=)
 l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄レ ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄
 ────────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────────


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)    妙に長いな……。
     |      ` ⌒ノ
      |        }      壇上だから、声も聞こえん。
      ヽ u      }      ラクスめ、やる夫に 何を吹き込んでるんだ?
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ


151 :◆vsQyY1yD2Q
                     __
              _,.-ー'''" ̄, -'" ~"' - .,_
           , - '"   ..:::/     ......... ` 、
         , -'"       .::/      .....:::::::::::::ヽ|l
        /                ..::::::::::::::::l l
       /         .::         ....: ......::::::;ノ l |l
       ,'        ,  .::: .:.   ....:::::::  ..::/"   !' !、
      l:        ハ .:::/; .::  .: .::::::::::::  ,.-/   _ノ |:::',
        l:: .::. :.  .::/-;l::::l‐| ::::l:::::::::::::::,ィ::/  7 ̄  _,,!::::::',
      |::::::::, ::. .:::ハ::_lヾ!ミ、l::::',::::::::::/l:/‐- .,_'‐┬ '''" ::::::: ::',
      ゝ::::ハ:::::::::::l彳",,-::iヾ、',:::::::;' l'    ヽ/:::. ..:  ::::';:.::l
       |`ヾ::\:::::::|ゞ-=ニ'   ヽ!、:,'  ,,..==ミ;,ノ_, '.:::::.  :::::lヾ;'
        | :::|:: ::| ヾ、l       ヾ  {_,.‐':::j`ミ/.::::::   .::;' '    話は変わりますが
.       l :::|: :::::l   `            `''‐=く ノ, ' ..:::: ..::/
       | :::l :: ::|、        ,'      -'イ::::::::/::::; '       やる夫、あなたが トラキアで
      ,'::::::l :: ::|ヽ.    r‐‐- 、      /::, -"::; '         私に言った事を 覚えていますか?
      /:::::::l  : ::l ヽ.   ヽ__,ノ     , 'イ:::::; '"
    /:: :::::l  :::',  ヽ.      _,. - '´  { "
   /  .::::::l  ::::',   ヽ..__,, -/::::: :::   l
 /   ..:::::::::.l   ::::',      /:::::: ::   l
'"   ..:::::::::::::::::l   :::::',      l::::::::: :    l
  ..::::::::::::::::::::::,.|   ::::::ヽ    ゝ、__,;.     l
                                             ___
                                          /)/ノ ' ヽ、\
                   え、え〜っと              / .イ '(○)  .(○)\
                   なんでポリス戦争をしたかとか.  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                   その辺ですかお?          | ≧シ'   ´ ⌒`   U |
                                      . \ ヽ           /


152 :◆vsQyY1yD2Q
                   、         ,
              _   -―-、ヽヽ、      ノ}
            .  ´      \ヽヽ ̄ ̄ .ノ
        .  ´       .     ヽヽヽ ー≠‐-
.     / .::.        / .: .   ハ. ', ':.   ヽ ー - 、
.    /  .:::.::.   /  .::.,' .:.:: .: :  {::.} | }:.:.、 :. \
   ,′.:::.::.::.::../.::.::.  .:.::{:.:.:.:i ::. ::.  ::V C::.::.ヽ \ ハ
   | :::::.::.::./.::.::.::.:.:.:. .:.:.:|:.:.:.:.、:::.:.:. . {]ノ.::i::.!::.ト、::}ヽ }
   { :::::.::./イ .::. .::.::.:.::.::{::.::.::.::ヽ::\::.` ミメィ!:.::} }ノ ノ′        ポリス戦争が なければ
    '、 ::::.::.:.{  / .::.::.:.i::::ム::.、‐::.:ト ::`::.:,x恭ミリ.:ノ/'            もっと早くに永久機関が完成してたんじゃないか。
     ヽ ::.::.:ヽ{ヽ ::.::.::.:ト::{、x=≠ミ、  ` ̄}r'::{_ {::.丶、
       :. ::.::ヽ ::` ー-〃 ノ:::{      ̄´ !::.::.:.. ヽ、          貴方は、私に そう言いましたね。
      } ::.::rヘ .::.::.:::::.i:{ _}.斗'‐'   .:::::.ヽ.  j、::.::.::.:.:.:... ー==-   .._
       / .::.::{ ヘ ::.::.::.::.:ヽ、        _′/ ヽ ::.ー===─ - ::.::.:.:.`丶、
     / .::.:::.::厶._ ヽ ::.::.::.:.:.:.ヽ、   , ´\} /`ヽ、 `ー==‐-     `丶、::.ヽ
   / .::.:::{´ー 、} ` ト、::.::.::. :.:... 丶、 ヽ、__.ノ′  }               ヽ::. }
    { ::.:::!::'.    ` ̄ 丶、::.::. :.. ... 丶、 ノ_   イ                 }:: !
.   '. ::.:!::::'.        ` ::.:.::.:.:...  ` ー=ミ、{- .           ー=彡 ′
.    ヽ、l:::::::'.         ` ー-- .::.:.:.:.. . ヽ  ヽ.
.      `}::::::::'.                    ̄ }`丶  ヽ:. ー-‐‐‐--   .                _____
        ;:::,  ´`ヽ、               ⌒i、 ヽ}   }::.:..        `ヽ、         .  ´    ー=ミ、
.      ,':/     ヽ、               ヽ  ヽノ:::.::.:.:.:.:.....   ヽ   ヽ        /     , -‐- 、
     /::′      ヽ、               \  ヽ、:::.::.:.:.:.:.:.:.....  ヽ . -=-   ._ '、     ./
    ,:'.:::{         ヽ.                ヽ  . :::.::.::.:.:.:.:.:.:.:. /  -≠‐-    ヽ   .::{
   , ′:::!          ヽ.                '.  } :::.::.::.:.:.:.:.:., ' /{  {         } .::.:.}
.  /  ..::.::.、           ヽ.                | j .::.::.::.::.:.:.:./ .:/  ` キ==‐-‐ ´ .:.:::′
 / .::.:,'.:::::::ヽ.          ノ ヽ.   .  -‐‐‐-  .    | |ヽ .::.::.:.:.:/ .:.:j::.::. .         ..:.::.:/
./ .::.:::/l::.::.::.::|::ヽ、     /     ヽ´ ‐=≡==- `ヽ、 ! :{  ヽ ::.:,:' .::.:.′.::.::.:.:....   . .:.:.::.::-≠−-  .._
{ ::.::.:::{ {::.::.:::.{:::::::::\   ´    /     . . . ..:.:.::.::.::::::ヽ.:::!   / .:.::::.::.::.:.:.:.:.:.:.:::.::.  ´   .::.::.::.::...    `ヽ


153 :◆vsQyY1yD2Q

              -―― ..}ヽト、
            ,  ´        ノ ノ |
        / /レレl .′lW__/ / ノ`ヽ
.        /  ヘ./l/ l   / レ/_/ lv | |
      .′     ト.  {  斗|/l :/ l !
        l :!   ヽ  ├ヽ∧  rf心′' l          実は 私も、ポリス戦争が始まる前に
        |∧   仆rf汽 ``  辷斗イ/}'
        l′ヽ.  V乏斗       /´|_,| ィュ_        他の元老議員達に対し
         }个‐≧     _,   / /    `ヽ     貴方と同じ事を言った……と言ったら
        / ヽ|  |ヽ.   `´‐  / 'ー‐‐ ュ_‘ , ',
.      /: :/ :′.' \__}≧‐ - '/  .' ̄   ヽ    |     貴方は 信じられますか?
   /: :/: :∧∨   \   /  人     '   /
.   /: :/!: :. ∧ ∧      ヽ/  />´ゝ __ ィ ぅニュ
  //  .!: : :| ∨: :〉、   ./   /´ / ´  _z‐≦ ̄ ̄
./    ∨ハ {:/: : :>"´   //  /  ,イ : : : ヽ|
.\    ∨: ゝ|,,, ´   /l'レ'  /  /: :|: : : : : :|
ヽ \ ヽ、_.> ´    /lヽ __ /  /: : :|: : : : : :|
 `| ./`¨´      /: :イ.:| : : : ′ /: : : :|: : : : : :|
/∨        ,,ヘ.:/ ∨: : ′  /: : : : :|―┬ ┘
'’ |   _,,, ´ /    ∨   .′____|: : /
. _ 仆-‐’   /     . ′   ∧     ハ/
.’      /      /     〃 ヽ__|
 ̄ ̄ ̄          l     人   /
                人__ /  l`ー ’
                                             ___
                                         /      \
                                        /ノ  \   u \
                        え、いや、その……。 / (●)  (●)    \
                                       |   (__人__)    u.   |
                                       \ u.` ⌒´       /
                                      ノ            \
                                    /´               ヽ


154 :◆vsQyY1yD2Q
           ,.-'"        ヾ、!i.、
         /          /./ )ヽ、
         /         ,   /./ /  ヽ
.        l   ,'       ,'   /`|イ i   !|
        |   !       ,! ! i !  ノ,ノ,i l lリ
         i、  l;' l  、 l |,l,r、 ト! ,.',;:リ l ノ
         i  i゙ヽ'、 'i、 !'_,.-='! ,'" ,'ソノ      信じられませんか?
          i  ト、,! ヽヾ、    ヽノ|
         /  / ハ .|`    、_;ァイ |        でも、本当の事なのですよ。
         /  / / | | `丶,、__,.イ | ,!、,...、
         /  /,.'  | |  〈__ ヾ;-|,r`ヽ、ヽ、
.        /.  ,.'   -', .',--,.!‐'r 、l r‐、`ヽ ,イ      私は 嬉しかったのです。
       /  ,.i'─‐、,.、.ヾ';! 'i / /´/゙iヘ ` /
     /  / i    ! `ヽ、ゝ__' '  'i  /         貴方のような人に出会えて。
    /   / !    '、  ヽ-‐'!゙゙`  ,!  !
.   /   {  |    ',   ヽ、|   ,!  i
   /   ヽ ,ゝ、   '、   '!`l   .|   ',
  ,'      i, |.: ヽ、  ',ヽ.   '/    !    ',
  {     |`':::.   `ー' `' /    |    !
  '、      | .::::::.       ,.!    ト、  /

                                                 ⊂ニニ⊃
                                 ____             ____
                               /    \          /      \
                             |\/   ノ' ヾ \/|       /─    ─  \
                信じられるか?   |/  ≪@> <@>\|    / (●)  (●)    \  微妙なとこだお。
                            |      (__人__)   |   |    (__人__)       |
                            /     ∩ノ ⊃  /    \   ⊂ ヽ∩     <
                         .   (  \ / _ノ |  |:   γ⌒|  |  '、_ \ /  )⌒⌒ヽ
                            .\ “  /__|  |;.  (_ノノ|  |__\  “  / ししし_)
                            .  \ /___ /       \ ___.\_/
                                ::::::;; ::::::: ::::: :::     ::;;:::;;:: :;;: ::;;:::;;::::::: ::::: :::::;;
                                  ::;;; :::::::::::::::::         :::::;;; ::::::::::::::: :::;
                                       ::::::;;::./ ̄ ̄ ̄\:::;;;;::::::::;;;;;;;:::''
                                        / ─    ─ \
                                       /  <○>  <○>  \
                                       |    (__人__)    |
                                       \     `⌒J´   /
                                       /              \


155 :◆vsQyY1yD2Q

                ,. -‐''"´. .....::::::::::  `丶、  ト,
               `;=´:::...:: .::::::::::::::        _>' |、
             ,.':::::::::::::::.:::::::::::::::     r'"´   .l/ !
              /:::::::::::::; .:::::::/::::   .:;:-‐'7 _,,.. -― '′!
              /::::::::: / .:::{:::/!::/ .:/   ´7      .l
              /::::::::: ::{: ::ハ{~`{:. :/   ―/くT~ ̄ ̄~ヽ
           j::/:::::;. :::ト、! _zミ、'、::{    __  !:::/:: .  l
           l:l'l :::::l:.:::l,イてノ::ト `゙ヽ  z=;ミ/ノi::: .: , !     私にとっては
           リ '、::i;:ト、:',‐ゞ--'      jー':::} lソ: ,.::..: .j/      それだけ大きな出来事だったのです。
             ヾ;`:::!゙`    .::;   ` ̄`ノィ//::/′
                  }:::::',     __;__      /'´:::イ        トラキアで、貴方と出会った事は。
              l:::::::iヽ   ∨ ̄`7     /l:: : : !l
             ,1:: :::!:::::ヽ、 丶;;;-'  _,.-''´:l:: : : l !
     _r 、 i_  ,<ーl-{; ィ::lィ:::::::l ヽ、__,,..-'´ l:::::::::l:  :l: '、
   r'⌒ヽ ` } rゝ `ヽ  ス'_l::::::::!         !::::::::l::  l:.ヽヽ、  __ノ
   _ゝ、  _`'     r'"~ `ヽノ       {::::::::!::   l:::.ヽ` ニ‐'′
-ト,{_,    丶 ` _> -‐'      \      `ーj:;l:. : l::::::...\
 、ヾ ___r`/            \      /;'1: ::.: ! ̄`ヽ、丶、
 / ̄ ̄`/                ヽ , -―ナ /.:::/:/     `ヾ.、

                                                 ⊂ニニ⊃
                                 ____             ____
                               /ι   \          /      \
                             |\/   ノ' ヾ \/|       /─    ─  \
                            |/  ≪@> <@>\|    / (●)  (●) U \
                            |      (__人__)  U|   |J  (__人__)      ι|
                            /  し  ∩ノ ⊃  /    \   ⊂ ヽ∩ u   <
                         .   (  \ / _ノ |  |      |  |  '、_ \ /  )
                            .\ “  /__|  |;      ⌒^ ヾ _\  “  /
                            .  \ /___ /   (,,"⌒ ''..ヾ)__\_/
                                ::::::;; ::::::: ::::: :::  ノ( ソ( 、ノノ ::::::;; ::::::: ::::: :::::;;
                                  ::;;; :::::::::::::::::   (, イ")ノ ブスブス...::: :::;
                                       ::::::;;::./ ̄ ̄ ̄\:::;;;;::::::::;;;;;;;:::''
                                        / ─    ─ \
                                       /  <@>  <@>  \
                                       |    (__人__)    |
                                       \     `⌒J´   /
                                       /              \


156 :◆vsQyY1yD2Q

                    _.. -――‐- .._  、
                      , '´.:::::::::::::::::::::::::::::`ソi、
                    /..::::::::::::::::::::::::::::::::_/ ノ|:ヽ
                / .: .:::::::::::::::::::::::;-‐ ヶ‐'´_」:::::ヽ
                ,' : .:::/::;i::::;イ:i:::::/ __.二「::::::::::::: !
                  i . :::{ :八/ミiハ:::{  z==jイ: :::::::::|
                  i .{ ::::、::VT-'j ヽi  T-'_jソ.::ノ:;:: i    ………。
                 l' '、 i;::`ゝ ̄  ,   ̄∠ィ::イ}iイ
                     `lヽ::'、   ,       ´}::::i::: {     やる夫。
                      | :::\  ‐:‐   .ィ´i:::::|::: |
                  j ::::i::::丶、  . ´|:l :::|:::: ',     もしも、私が ―――
               _/! ::::i::::::::| ` ´   .l:::i ::::|::::::.'、
                  /..:::::/.::::/::::,、j     L」 ::i:|::::::::.\
              /.;;;;;_/.::::/ ̄ \   / | ::i!:|‐- 、_:::.
.            / /  ヽ }.::::/: : : : ヽ/  j ::ル': : :
            / /    ゙!://: : : _/ \: /.:/: : : ィ
.           {/l     i:i{:{ー―イ : : : lソ::人_//
         ヽ}     |:从   |: : : : |/   ∠... -
          |     i' |   |: __ ....⊥ -− ´
           |      、i    |/
          /     ,へ{.  /
         /    / .::ヽ/


157 :◆vsQyY1yD2Q

             ,. -' ´ _,.-: : : : :`'''- ..l`,.|、
           ,. '´: : : , ': : : : : : : :,、: : : : ノ .,' ',
         _/: : : : : /: : : : : : :,::/-ヽ-'´_,ノ  ',
        ,,;ニ‐'´: : : : :l: : : : : : : :l:,' ./,. ‐'´ _,. -'ヽ
       , '´.:::i: : : : : ::l ::: : : : :::ll::| Z..-Ti',:: : : i: : ',
       .i: .:::,イ: .i: :,. :::ヘ__::i_:: ::::|.リr '_""リ''l::/:::}: ::i::l
       {: ::,' :l: ::::',;lヽ;「__ヽヽ、:::{  ,彳うヘ}::イ::::::}::}
       .},イ ::ヽ、::ヾl〃{_,フ。}` `  ,ゞ=゚ユ'イ:::::,,ィ/        ――― あの瞬間、貴方に 恋 をしたと言ったら
       .|' .l :::::、ヽ,ヽ_.┴'''''"  :{   ///''T"::|,':|
         ヽ::::ミ-,ヽ, ///   ` __,   .}:i::::l::::l
          ,トヽ、} ::ヽ、   T" ̄ .,'   /|::l:::ヽ: ',        貴 方 は 信 じ て く れ ま す か ?
       ,,.-'".::::ノ.::::::::',ヽ、   `=´ , イ'' |:::ヽ:: : :ヽ、
    , ‐'´: : ..::::/ :::,::::::}  l` '- .__ ./ .i  .',:::::::ヽ、: : ヽ...._
    :: (_ ... =ニイ:-:':;:-::ノ  rl      , .ト,  ヽ、:::::::`:::‐- 、: :`ヽ
    : : ::::;. '´.:.;:‐ニ - '  _,l.....,_   / .'`l    `"''ヽ、:::::ヽ;::::: : :',
    `フ': .:::;-r'ヽ 、 ., ´  / ,`ヽ‐T ̄" ヽ、  !、_ ,ノ,:::::: ハ,::::::: }
    /イ.::/ ヽ-', ヘi  / / r--、メヘ=y、/ヘ  /-':;..- ',/ |:;:;:/
     l:/   / ( `Tー―--,ッ>、ニV{(v),}》Y´,,|-,、i:r'´    |/
     |'   (  ,..>-'っ=,.,"ゝ‐>愛<ミ彡r'、,'7,/ `{ . . ::イ  |  i
    ‐.+'',: : :.ヽ、(、,.- '´, '´,' ,.-`'ツ'´~i'`、ヽ、ヽ、./`''/    ト- 'ノ
    ', ヽ : : : :`(_ _,. ´ .//`}::; '  .r'、{ ',  ヽ }: : /   ,'、"´
    /:、   ヽ: : : : ヽ_ '_/ ノ_   .| 'ト, `i_ ,l"´/  . : :/: . `'‐ 、
    . : : .    `-、: /`´`ー'´ `>,< ', ,ト- .'ヘ :, ´ . : : : : : : /    }
    : : :   ー--、./     /.,'l l:', `´    ',: : : : : : : : :/ . : : : /
    : : : : : .   , '′    /・/| ..|:',      '.,´ ̄ ̄ ̄. : : : : :/
    、: : : : : :/      / /'┘.└',      '.、: : : : : : : : :./


158 :◆vsQyY1yD2Q

         ____
       /   u \
      /  / 変 \\
    /  し (○)  (○) \    え、えと、いや、あの……。
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /     なんて 答えたらいいのか……。
    /           \



                                      ,. = − 、` ヾ ヽ、
                                       ,.-‐''"´ ̄ `    `''‐-..,,_
                                     , ' ,.-‐_,. -           `'' 、
                                    /,.ィ ,.ィ´                `ヽ、
                                     ´/〃     /               \
                                     /    /    _,,,,....、             ヽ
               .                      l  ノ  /l  /    !            ',
                                     lイ/,ィ /ミl  /、    ノ              ',
                                      ´リj lヒハ/  ヽー'' _             !
                        ………。.        - r―''´  ` テミ、ラ,,...     /          !
                                       ', ::::::::    ビ_ ミ/     /           j
                  .                     j、     -=´ァ -  /  /      /
                                      ノゝヽ    ,.ニ´ィ ,.-‐'´   /ヽ     , '
                         、             /. {        / /     ,'ノ ノ    /
                       ヾヽ、         __,. -''´   `''‐ 、.,,_   /イ     ! t'´     !
                    ,.-''" ̄`ヽ、`'' -‐−''            `| ̄  !     l|      ',
                   /                          !   l     l ヽ      ヽ
                   レ''ァ――                 _,. ‐   l   ',       ` ー ‐ ‐ イヽ _,. -‐
                  ,.-''´              ,. -―ァ´   ,. -‐ l   ヽ            `ヾ、
               .  /   _,,,,,,..... -‐−_,.―  /   /ィ ,.ィ ´    }    `ヽ、            \


159 :◆vsQyY1yD2Q
                                      _,,.. -――――- 、}ヽ
                                    ,.-''´           ! ',_∧
                                     , '            ノ  y l
                                 , '           _r''"´_ -''´  ハ
                                 , '          / l ,ィ   _ -'' ヽ
                               /      l     /  ´/-r''"´    l
                               /    、 、|   ,ィ|  __/        !
                                l ,    l, l、ト、  lヽ! ´  /,ィ ィ    ,'
                                l l!   '、,ィ=テfミ、_'、   ,ィテ/-''/    !
                ……時間です。     .',ハ ヽ  、ヽゞ='     ゞ‐''"/    ,ィ l
                                ヽlヽ 、ヾ`    '        ノィ _ -''/´!
                                 ` `r`T`  、      ‐''"7  | !
                さぁ、お行きなさい。        !  \  ー 一    /l   ! !
                                   l    fヽ、 ̄  _,.-'' /   l  l
                家族が 待ってますよ。      !   /  `r‐''´   //   l   ト,
                                  ノ   /    !    〃 !  |  l ヽ
                               ,.-―'-/  /、__,.-''`    / /   ト,_ _,.ゝ...,,,_
                             /   /  /  `''ー、   _,.-‐/    ! `7/     `ヽ
                         .   /     /  ,/      _,.-'´   /   / //       ',
                         .   /    /  /            /   / l l         ',
                           _,!    l ! l            /   /  l !         _j、
                           / 7- 、  ll! !           / /  /   l !    ,. -‐''"  ヽ


160 :◆vsQyY1yD2Q
              _ _ _ _ _ _ _ _ \
 .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .曰田田田田田  \ 廾廾廾廾廾廾廾88888888888888888888888888
 .|   ∧_∧   |  ヨ|三‐ 〒. ▽。。  |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
 .|  (´・∀・`).  |  r.r.r.r、 ::::: ::::: :::::/  .l l二二二二l ..l::::::::::::::::區l l區:::::::::::::::
 .|______|  LLLLl ::::: ::::: /    .l .___________________
                   | ̄      l | ソウルハッカーズの移植は まだですか? |
                   |       l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   |   __________l______l________l______
                  │ /  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  .∧_∧  ∧_∧
                  │/  (´・ω・`) ( ・∀・ ) ( ゚∀゚ ) (*゚ ー ゚*) (.`Д´ .) ( ´_ゝ` )
                  │   ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧
                  │  ミ,,・∀・,ミ (´∇`* ) (`・ω・´) (*´Д`*). ( ゚д゚ )  (.=゚ω゚=)
 l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄レ ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄l ̄
 ────────────────────────────────────────
 ────────────────────────────────────────


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)    お、戻って来たみたいだな。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \   まぁ、ラクスも こんな公衆の面前で
     /ヽ       }  \  手荒な真似は 出来んか。
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


  広告枠
 ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
 |【デビルサマナー】やらない夫が電脳都市を駆け抜けるようです。5スレ目【ソウルハッカーズ】     .│
 |ttp://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1253973123/                          │
 |やる夫のソウルハッカーズ                                           ..│
 |ttp://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1253700792/                       .│
 └―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘


161 :◆vsQyY1yD2Q

                                              / ̄ ̄\
                                            /  ヽ、_  \
                                           (●)(● )   |
                 やる夫、ラクスに 何か言われたのか?   (__人__)     |
                                           (          |
                                       .    {          |
                                           ⊂ ヽ∩     く
                                            | '、_ \ /  )
                                            |  |_\  “ ./
                                            ヽ、 __\_/
             ____
           /      \
          /  ノ   ヽ、_. \
        /   (○)}liil{(○) \   な、何でもないお。
        |  U   (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/    トラキア・ポリスでの話とかで
 r、     r、/          ヘ    大した事は 言われてないお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |


162 :◆vsQyY1yD2Q

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)     そう、か……。
  .|     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃    なら、帰るとしよう。
   ヽ / /  '‐、ニ⊃     もう ここには 用は無い。
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|
                                     , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
                                   / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
                                 /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
                                / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
                                Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
                                 / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
                そうね。            .,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
                                ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
                早く、ウィンリィ達を    .l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
                迎えに行きましょ。     l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
                                l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
                                l   / l`r-、、_    /   /    ',
                                リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
                                | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',


163 :◆vsQyY1yD2Q

                   _-─―─- 、._
                 ,-"´          \
                /              ヽ
                 /       _/::::::\_ヽ
               |         ::::::::::::::  ヽ   わ、分かったお。
                l  u    ( ●)::::::::::( ●)
               ` 、        (__人_)  /   ( ワケ分かんないお…… )
                 `ー,、_         /
                 /  `''ー─‐─''"´\


164 :◆vsQyY1yD2Q

                            __
                          ,.' .::::::::` ''-、
                            { :::::::::::::::::ト'、
                          ノ :.:::::::::::::::/    やる夫……。
                        -;'´ィ :::::::::::::::::l
                       '"´ノ.:::::::::::::::::::l_
                      -=;´.:::::;:::::::::::::::〈 }
                   ,ィ   /..::::;:::::::::::::::::::トくヾヽ
                  ゝ''ー''´::::::::::::::::::::::::::::::::l=r''´
                  /, ‐'':::::::::::::::::::::::;::::::::::::/! !
                 /´    ..:::::::::::;::::;::::::::_ ‐' l, }
                 /‐ァ、::::::::::::::::::::;:::;:::::/   {`''
                  ` ゝ、:::::::::::::;::;::ハ:/     ヽ
                  _ _,ィrrァイノ'jリ `   | l
                 _ff、ニf‐',. //   l   !  ',
                 f´_l___/ /   /l   l!  ',
                _,ィ /ff ̄フ  /   /|   ll  ',
                >f、j' j//  /   / l    ll  ',
                ̄` 〈  /    /  !    l !  ',
                   ヽ/     / |    l l  ',
                    '、   /  l     l l  ',
                     `丶、l‐‐ 、!     l_ゝ/
                           f- r―r―'


165 :◆vsQyY1yD2Q
                  ._
                   \ヽ, ,、
                    `''|/ノ
                     .|
                 _   |
                 \`ヽ、|
                   \, V
                      `L,,_
                      |ヽ、)   ,、
                     /     ヽYノ
                    /   r''ヽ、 .|
                   |    `ー-ヽ |ヮ
                   |       `|
                   |.        |
                   ヽ、      |
                     ヽ、   ___,ノ
                        , '´⌒' ー-.__
                      /: : : : : : : : : : : `ヽ
                   /.: : : : : : : : : : : : : : .:.l
                   /.: : : : : : : : : : : : : : : :.:.|
                 く: / : : : : : : : : : : : : : : : :|
                 ,x<三ミ.く,/.:. : :/: : : : : : : : : : .:|三三ミz、
             ,ィ彡''’´ ̄`ヽ|\_:/.: : : :|: : :|: : :|_.:」    `ヘ≧、
          ,ィ彡y′___r-‐气    ̄丁 ̄ ̄下、____      `辷廴__
       ,ィ彡z彡'/  ̄{.| |  八     |    ,ハ  .| |l'=ー‐、 `辷三三≧彡,
 `ー=≦三三彡'  `ー―|_|,廴_____ 〉'⌒' | ⌒'く  ___|_|廴___ノ
                        /⌒ヽ、八/⌒`Y´
                      /   /  \   、
                 _/  /      \  \___
                   /´   /            \    )   ┼ヽ  |    | |
                  ノ  /            \   {.    d⌒)  !__ノ  ._ノ
               {  /                  ヽ }
              し'                    し'


第二十七話へ        8 第二十九話へ

posted by 文月みと at 04:40 | Comment(11) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
あわれ・・・
Posted by at 2010年09月30日 05:07
カナ マジ プリティw
Posted by at 2011年04月20日 15:08
肛門から茎が伸びてれば完璧だったのに
Posted by at 2011年06月26日 12:16
ソウルハッカーズの移植は確かに欲しい
Posted by at 2012年04月08日 11:41
なんだろう、このラクスに好きとか言われても俺だったら気持ち悪いとしか思えん
ガイア否定ってやる夫の根幹全否定じゃねえか……
Posted by at 2012年04月22日 06:05
やる夫とラクスがどうあろうと、誰が誰を好きになるかってのはまた別物だろ
Posted by at 2012年05月05日 01:02
ガイアを否定してるわけじゃないんだろ
自分だって隠れて作ったのは、ガイア生成装置なんだから

戦争が起きないように、
ガイアがなくても生きていける環境を作った、
と公言してるだけだから
Posted by at 2012年07月19日 21:09
残念、やる夫を口説くには胸囲が足りなかったな。
Posted by at 2013年11月04日 20:56
ラクス自身は既にそのしなやかさを失ってしまった、ということだろうな。
それが彼女の選んだ道であり、もう引き返す気はないけど、
だからこそ昔の自分と似たところがある(容姿的な意味ではない)
やる夫がまぶしく見えるのだろう
Posted by at 2016年09月16日 20:22
30年続いた戦争が15年前に終結して、開戦時には既に元老院議員だった
仮に45年前の年齢を永遠じゃない17歳と仮定しても現在62歳、そしてやる夫は12歳
実際にはこれよりももっとずっと歳が離れているわけで……
Posted by at 2016年09月27日 16:25
Q「実は 私(らくす永遠の17歳)も、ポリス戦争が始まる前(45年前)に他の元老議員達に対し
貴方と同じ事を言った……と言ったら貴方は 信じられますか?」
A「元老院に言った内容より、今自称17歳が当時の元老院に何か言ったって時点で信じられんお。
っつーか、かーちゃんが生まれる前からすでに元老院に居るのに、ガイアの力で若々しいかーちゃんより
どーみても見た目年下って、現役バリバリですげーでけぇガイアの力使ってるんじゃないのかお?
そんな奴がガイア禁止法なんて言い出して、信じてもらえるって思う方がおかしいんじゃないかお」
Posted by at 2017年08月23日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34653295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ