■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年01月10日

第三十九話『託された者達』(1)

第三十八話へ 1       第四十話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q
【 15年前 ラクスの研究室 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  ./ ̄ ̄ ̄ ̄\
  [[:|l________l|]]
 _.|000OOO000|_                                ∧∧
 |::________|   ┌────┐                      (゚ー゚*∩
 |||。 ゚  。    |.    lL =@-T  │   ノ ̄ ̄ノ」            〈,У、ノ
 {:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄} [[|l_____ ̄_l|]]::: | ̄ ̄| 」            くノ_ゝ
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(((ニニ || | ̄| ̄| ̄ ̄(((ニ|__|    ∧∧       し`J
_|||。 。 ゚     |   ∧_∧ __            (,,゚Д゚)
_||| 。      。|   ( ・∀・)//  /   ∩_∩    〈, У、〉
_|||゚  。 。  . |   / ̄(つ__//__/   (´ー` )  〜|  0
_|||_________,|   | __ ̄{ニ=====|   (    )    し'´
_{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}  ゝ_| ̄| ̄ ̄ ̄|  | | |
_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(((ニニ || | ̄| ̄ ̄ ̄|  (_(__)



                           l /       / l/ l /l :::: ::/ .:::/| ::::: l    ::.:;::::i::::ハ
                           j'´     .:   :/   |, ' j :/:::.::/i;l.::/ '!.::i:: l  .: :j:/::;イY::::}
                           /       ::|  :. |   '  l,イ::::;:' i!l/  |;イ:::/ .::: .::j' /j!:l:::人_:..
                   .       /       :::i i ::. '、    ' j/_,.-‐''´ ̄ l:/ :::: ://ト;::/l:::}イ::`ヾヽ:...
                         |,l    :i :::i;:ト、::、:.'、  `ー'"´ _z,.ィヘf;=ミ'イ :/:::;〃::|`}:/:::/j、::::::::::`ヽ、
     そう、ですか……。          .|l|  ::: ::', :::iヾ',>=ゞ‐     〃t‐''::::::シ !.:/;:イ/::::::| j/:;イ/\\::::::::::::`
                   .       ';:l|  :::i, :::ヽ く _zミ、       ゞ‐''´  !〃/ : ::::j/::;::/:::::::::`::、ヽ;:::::::
     今日もまた        ._,,..-===ヾ゙、 ::lヽ ::ヽヾ,fヘr'':::`,`          ´ //  .:::j'/イヽ::::::::::::::\\::
     チタと言う村が……。   _,,..-‐''" ̄ ̄ヽ ::lヾ;、::`メ、 ゞ''´  l ::::::.       //  :::/''丈:::ヽヽ::::::::::::::::ヽヽ
                               ヾ, ヾ`'';、ミヽ    ' :::::::      , '/  .:::/彡'ヽヽ::::;:;:::::::::::::::::::ヽ
                    .........        ``  / ::i:ヽ     ` _  _,.ィ  ,.' '′ /:∧ヽ彡'ヽヽ:;:i:::::::::::::::::::::
                    `ー::−::::_::::::::::......  /  ./::::/ヽ、    `'''彡´ /  .:: .:/;〃´ ,.ユヽノ:i::}:il:::::::::::::::::::::
                    `::ー::-:::::_`:::ー:::::_::,.'   /:::/:::::::::`:::‐....._  / .:;ィ":;/ /   ∨//:::::::::::::::::::::
                    ==-:、::::::::`::=、:/  .:::ノ、__;::-‐彡`>' ..::;: ', ';:〃 /     `ヾ;;::-、:::::::::::;_
                     ̄ ̄`''゙ ==、;ィ′ ..;::∠-::――‐;ニ-'7´,.ィi´/'´ ,/        /  `''ー'ー
                        -==彡' ..:;ィメ、_:::: ̄ ̄ ̄:::::;: '// /!/ /         /


2 :◆vsQyY1yD2Q
   ,.‐'´  _,-'´/::. ,-イl::   :l : :::::l::|:::l:;イ:::/|  .:::::l::::::// /:::::::ヽ
 ‐'´ _,. ‐'´::::::::l:::/ _/ l:;i  .::| :::::::ハ;{::|リ,{:/、」  .:::/l:::/7/::::::::::::.ヽ
 ,.-'´ .::::::::::::::{:::{ /7 リ:', ::l ::::|::{7/ネ7ミ; l  ::;1:l|::{ '1:::::::::::::::::::.ヽ
    :::::::::::::::::';::', ∨/ :: :::、::::; ::::;:lゞ、_ノ  } ヽ:::{`"l l| /::::/::::: :: l::: l   このままでは いけません。
    .::::::::::::::::::ハ::`7/  : :::ヽ:ヽ::::ト、 ゙ヽ    ヽ| z_`フ,ィ":::::::: :: i;:: !
  ..:::: ::::::::::::::/:::;ヽl1   :::::| ``ヽヽ         イフハノ:::::;/::: /::ハ:|   ラピス鉱石は まだ保ちますが
 .:: .:::::::::::::::/::/;ラ:::    ;::::| u  ``       ヽヽく 7:::;イ:: ,ィ:::/ j/
 ..:::::/::::::ノ:ノrく 7イ   ::i:::|           , /'"T/::ノj/       その前に 世界が滅びてしまう……!
 /_,. -‐'''"∨`ヽヾ|   : :::l::l       ,. ―-、 、'´ /:::::: |''´
 ニ‐ヘ     `ヽ `゙|   :. :::i;:lヽ   ヽ、_::::}フ ,.ィ:::::::::|
 -''" ヽ     ヽ`|  :. :.:::ハ:! 丶   `− / |::::::::::|



=‐''"   ........:::::::::::::::::::;::::'/       `丶ゞ'、_::::゙、::::..  .:j/  ト;:::....
......::::::::::::::::::::::::::::_,,.-‐ゝ┴‐- 、_         `'''丶、::.:::/:.:  /j}::::........... ...:::::: ....
::::::::::::_::::-‐''"_::;::''´;:-'"´     `            `t‐'::. :///:::::::::::::::_;:-‐''"´
;::_ニ-‐'"´ ̄ /ァ7´                      'r、_ノ‐'/ ̄ ̄ ̄ ー――‐
       /イ´;:::/                       l;';:::::::ノ`ー−― ''"´ ̄ ̄
      '/:;:;ィ".:/               ⌒丶、  :il::T'´
.      /, './ .:/.:  .:/,         、   ,.イ  \l|:::|       『フェレスト・システム』 を使えば
     /′/.::/.:: .:;:'::, '´  ..::      }:.::/ /, イ  ヽヽj
       !::;イ:/.:::/::/  .::/.:/_,. -、 _ノ''´ _」' /  :. ゙、'、       元老院を説得する事は出来る……。
    _,. -''|:::l'l:l:::::l:;イ .:::;ィ .::;:';〃7" ̄ _,. -''´ ノ    !::.}゙、!
__,,.-ァ"ィ"  ヽi.:i:l';:::i:トl .::://::;イ/  ケ"´ __,.-‐'´     l:i:j ′
,.-ァ'7´   .::::;::メ!i';:i!i゙';:::メ,l:/ {l    ̄ ̄!:::: / .: .:: :: ,!l'         でも、これは ―――
.〃 /;イ: :.:::/;イ:/ lトミ,` ∨`l'イ 'i、____// / .:/: ::;:: /: /i:!、`‐-,_
/  !:{l::::::://.l::l! l l ヾヽ  ,   `=;、_7/::;:イ::::/::/:;ィ:/::ヾヽ  `丶
  ';:l,!:::::{/ !:l||i  `,`、'      ̄;;7:ィ"7::〃;:イ ii:::i::, ',ヽ \ |
   ヾ';::::i!  i:l  !ヽ  | !ヾ`ー _ ,. -‐''不/ /イ '´ ヽヽ::l::. ヽヾ'、`, }


3 :◆vsQyY1yD2Q
      ゙'-,;;;;;~゙''''ー、,      `'∴;;,..-'''"                i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
        \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
      : t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       .ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
        .ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
      !、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│     ,!;;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
      ;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;;;;;/, ┐  、 .i、.iii ゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;; l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
      ;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    .|;;;;;;;;;;'!゙;./  . |ハ、,_.x、   .|;;;;;;;;;;;;;;;;│  .!;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
      ;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;` !   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
      ;;;;;; !  .!;;;;;,./ '´ `''i;;;}    .!;;;;;;;;.!  /;ヾヘ;i、;;; l  ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  !;;;; l !;;;;`'''√''''ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
      ;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、.!;;l゙  _,,!;;;;;;;;;;;| .l゙;;;;;;;;;;;;;;;.│  ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│  !;;;;/.,/;;;;;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
      
                      ――― 更なる地獄への扉……!
      
      ;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~''"| .!;;;;;;;! .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l, リ、'│;;;;;; /  ./丶;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
      ;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;xv、 _;ヽ.l}、ヽ;;./  ,,/;;;;;;;;;;;;;;,,./ ゛ ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
      ;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;_.;;;;;;;;`'' |>,゙l|/;; `゛ ./゙;;;;;;;;;;; /   ┴¬'ー-、;;;;;;;;;;o ィ″
      ;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙゙゙";;;;;;;;;;;゙゙ー ,_`゙''ー、.;;゙'.l'''''゙  ./;,、;;;;;;;;'リ′         __,,,,ゝ;;;;;;;.\.
      ;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ..,,;;;;;;;;;;;;;;;`''-、 ゙く;;ヽ   .!'",/;;;; /    _,, -‐'''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
      ".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .,,、 `'''、.;;;;;;;;;;;;;;;゙'、 .l;;; l   / ;;;;;;.l  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′  ヽヽ  `ぃ;;;゙ミi.;;;; l .!;;;.!  l;;;;;;;;;;;.! ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,    !ヾ   _.`マ   ヽ; l. };;;/│;;;,!  .l;;;;;;;;ノ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     iー ,,.
      ;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八=@  .,..,ii''7ニ'>i、   _,r、/;;;l/ / . !;./   l;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ., ┐   `'、;;゙'、
      '.!;/./;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;l   .,i'゙‐';~丶;`;;;/  /丶;;;;;;;;;;;lr‐'ジ    .l; ! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ./;;;/     .ヽ;/
      . ゙",!;;;;;;;;;/'l,;;;;;;;;;;,!   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  !;;;;;;;;;;;;;;;;;,/      .‘゛ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  '、_./     ..
        .!;;;;;;;;;;;! . l;;;;;;;;;l   ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./ ;;;;;;;;;. /              l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!'゙!     ,゙ 、,, r‐''''〜


4 :◆vsQyY1yD2Q
   / '、ヽ___,. 'ノ        , '                 l ! l   ヽ ヽ
      〉,、___,ノ 、ヽ`   / ,.'               l l |.   ヽ i
     /,'  ! ! '、 ヽ`、ヽ、,' ./              ヽ、!||     ゙i.l
.    / i  ! ゙、 `、 `、\,' ! ,       /      ヽ!|| 、 .  ソ
   /,! !  ヽ `、 ヽ ,.. ,| l  !   ,   ,'     ,   ∨ノ ヽ ヽ |
   ' i |   ヽ ヽ  ,'r'ニ| 'i |.   l   l !    ,' ,  、.Yヽ 'i. ヽ l   しかし、このままでは
    | ! ,r',.ニ\, \!l´r''!  '、 !   !   ,i !    l. i  'i }、   | iノ
    '  ,.'、V,.ァィ、i'、ヽ、!;.!  `,!ヽ   !   |:!.!'、   !l i:、 !i ハ  リ! !    ブランティカの二の舞になってしまう。
.     | ヽ.ヽ〈! ` ゙^ヽ,|    |゙、 '、  |:!|::'、.  |ヽ',!、!リ !| / ! ノ
     |  ゙ヽ.゙ヽ、   l      l `ヽヾ、、 |::゙:::ヽ.  l:::|ヾヾ  'ソ ノ,'
      |    `ヽ、`ヽ、 'l    |   `ヾヽ、:::: ゙ヽ、!:. 、      '      もはや 世界は
     ,|       `ヽ、` l,    l         ,..... ゝ
.    /|          `l     i、    ─r‐') > ヽ           滅ぶか、地獄か、二つに一つ。
   i´ l、          'l    ヾヽ   /´/<     \
   |  \            ヽ    ヽ!^ー-イ',イ´ ヽ、    ` 、       それならば……!
    !   \         ヽ    \//l.|    ヽ、    ` ヽ 、
.                  ヽ 、ヽ、  ヾ 、 ,||     `ヽ、     `ヽ 、
                     〉yヽ`ヽ、   `'ヽ 、     ` ー- 、 _    ヽ、
   -──、           //::゙ヾ`ヽ、゙ヽ 、   ` ヽ、         ̄`ヽ、 ヽ,
     rヘ, \          ヽヽ;::::::::::::i !ーiニキ、゙ー-  、\          ヽ. !


5 :◆vsQyY1yD2Q


               .:;i    : :l .l  .::::/.:     .:  .:::; イ .イ  _..-‐ ´    :
               .:/l    : .::| :l ::::/!::   . :: .:/ '"´/ ...イ ::::/:::::    :: :
               :{ .| :.   :.:::l,:jl ::{ l:{   :.::: ::/    '´  j .::/ ./:  .  ::.::
              l::Vl ::.  :::::|ヘ!\:| l八  :.:::i;/      _/::イ ./  .:: .;イィ:::
              ヘ:{ ヽ ::、  :::::{斗ニ;=≧ミ、 :::l{ 、 、_..-≦ニ/イ/ィ/  .::: .::// }:/
 ならば私は ―――   ` 八 :ヽ  :::',ヘ {、_ノ::}ヘ \ {  `` 彳__ノ:::j`7/ .::: .:;:':::ヽ/′
                /  丶{:\ ヽ 、ゞ='-   `` ,、  ゞ==''-ノ .:イ::イ::::::::/
               /    }`::::::`i ‐\        i |::ヽ     /-‐/ ".:::l:::::::::::: ::  ――― 地獄を選びましょう。
              /.    /| :: :::::l.          i |:::::}      /  ::::l:::::::::::::::::
                 /::j  :: ::::lヽ        , ヽ/      /  :::::l:::::::::::::::::/
              _ -' , -'7  : ::::l::丶    _, ‐--‐ 、_    /|. |  :::::|::::::::::::::/
              ‐彡..::::j    ::::|:::::::ゝ、    ー‐    .イ:::::::|| : ::|:::::::::::/
             / .::::::::::l    ::::|::r''"| 丶、      / l丶、l l :: :::l::::::::/
              .:::::::::::::|    :::::lヘ. |   丶、__ 、 '´   |  /|.l : :::l:::::/
              ::::: :::::|    :::::|ヽヽj           { //!l   :::l::/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6 :◆vsQyY1yD2Q
【 ラクスの執務室 】
\    ;;;;||  o;;;;;||   ;;;;;;;||  ψ;;;;;||   ;;;;;;;||
 ll\..,,__||__iii___||___||__ζλ_||___||
 ||ll ||================
li ||li || || il;;||| ll |y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
lli|| il|| ||lljjj|||l;;L|y|| ll ||y| il;;||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || ||llliii|||l;;L|y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || || ll |||llliii|y||lljjj||y| il;;||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
lli|| || ||l;;L|||llliii|y|| ll ||y|lljjj||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
 ||lli||====   ________=lヽ/|ヽ/|ヽ/|==
li || ||(○ ||llliii| /      \:::;| | | | | |
li ||lli|| Y:::;||l;;L| |;;;| ̄ ̄l ̄ ̄|;;;| :| | | | | |
li ||lli||_||________,||' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| :| | | | | |_____
 ||/       '[] '' ̄ ̄ ̄ ̄'''[] i|/ヽ|/ヽ|/




             ┌=く_/ `ヽ、/ヽ\
           _, ェ彡!__{zr――-、 ∧ヽヽ
          {'´//´             `∧: ト.}、
          ィ ´ /           .ノ .},ィ、 丶、
       /> 7         . . /´ _ .イ jハ丶 丶
      / /   {    .: .: : :  : :./7__, . : '´: : !  .ヽ ヽ
     / /    .ハ . .{ : { :Nハ: : . ::/  __j,ィ. : : : !   ヽ ヽ
   / /    {:i: : : ヽ、トr==ミヽ:ト{  ,r≠ミイ: : : }:ト、   '.  '.     『フェレスト』 を使うと決めた あの日から
   .' '    /.∧: {: 、:'.⊥"⊥ ヽ ⊥'⊥/: :イイヽ.ヽ    '. .'.
  .' '     ././  `ト!-トヽ     !:::    イイ: i':.! ヽ.ヽ   '. .'     私は、立ち止まる事も、
  .' '    /./   .' :| :ハ       '      イ : i: :!  .ヽ 〉   '.  '.   退く事も許されなくなった。
 .' '、   ∨   ノ . ! :.| :丶、 ´ ̄` ィ: : | :i| :ヽ、  `    レ! !
 ' ' \    イ' :j{ :ト!: :イ!`  - ´ トィ!i! :ト!: ヽヽ、   / i .!   私の身体は、命は、
. i !   \  /  :/| |!_ハノ       ∨ト| . ハ: : \  /   ! i   私だけのものでは なくなってしまった。
. ! .i    ._ >‐‐ ´ ̄! :.!:|:.:.:ヽ∧ ∧ノ/:.:j|:./}` ー- .∨_    ! .!
..! !r‐ "´         ト、:!.ト、:.:´ヽ∨/`´:.:/!!/ |       `.‐-、! .!
.i! ハ          } ヽ!:.ヽ:.:.:/./:.:.:.:./.{ リ .j           /! .!


7 :◆vsQyY1yD2Q

           _,,..-‐'''" ̄ ̄ ̄` ''−=;- ,._
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::...... :.... ..`ヽ`ヽ.
        /;;-―――-;;;;::::::::::::::::::::::::;-‐;__j;-、}_
        ,.-:::::::: ̄ ̄ ̄::::`−-、_,ィく__ノ‐- 、_Kニュ_
       / ....:::::::::::::::::::::::::::;;;;;ィ´.::j';:-::`::::::::::....`ーァ'`--、   ,
      / .:::: ...::::::::;;−::´;;-イ:ハ/::::::::::::::::::::::::::::::´::...::  `'/|
      ,' : .:::::;;-:::´:::;;:-‐''`::::::{::yイ:::;::::::::::::::::::/:::::::::::::.::   { l7
.     j .:::;:‐:::::;;;-::''´..::::::::::::::/{7:{:'、;1:::::: ::: :: :l:::;::::::::::: .:   `l{`'';=-
    /:::;;;;-''"´ ....:::::::::::::: /ヽト:::;:-';::l:: : :; :;::{;:{!::::;:::::.:  :.:  j: : ヽ
  ,.-'''"~::... .....::::::::::::::: , '/  _j}::{{/7ヾ;:::. {`rミ、ヽi!:::: ,ィ: : . / :: ヽ
   .::::::::::::::::::::::::::::: , '/Fニニニゝ'、/:::: :r 、! 、f-'ハ`';:/ l/彡'::: ::.  }
  ::::::::::::::::::::::::::: ,イ/  |    `-イ::::: : !- 、 ``   ` ,z、ナ::: : ,i:.:j/      地獄を往くしかないのです。
  ::::::::::::::::::::: / {{  . |     〃::: i!゚ /     、'ィィ;:イ;: /ノ'´
  、::. ::::::::::::: /     __j       /l:::::: |、./   ..._   _ノヽヽヾ''´         全てを投げ打ってでも……!
  ';::;. :::::::: :∠ァ''く´ ̄       {: :::: l∧   ,. `''´  〃丶、
  j:::ii:::::::::「r― r―`- ,,.__      |:; : :. l /_`'''´    /イ:;:::::. ヾヽ
 ノ:::jj::::::::::|.|  /     ~``丶、  li!: : :: ',ミヽ、   〃 ヾヽ::::. ',``      そうしなければ
  ::〃:::::::::::!| /         ゙、', ヽ'、  'ト、`ヽ 〃`丶、 ';l ';:;:. }
 :::/::::::::::::::{.{ '、          ',',   ヽ  ヾミヽ.トミ 、 ヽ l .」j,. -'フ  _.    力なき人々が……!!
 ::{::::::::::::::::::`,',ヽ          ',',   `丶、\o ヽヽ ヽ .∨_,.-''"_ニニ''ィ_っ
. 、;::::::::::::::::::::'、', ',         ',.',      `ヽヽ、',_ゞ、/'´     _,.-ィ'、
  }:r、 :::::. ::. ::::',','、     \  | } }   __,,.. -‐''"´  「        -ク,j′
 ノ'′ヽ ::::ヽ._ハ',',    \ ヽ |//  r'「          |        _'ノ-'
     } :::: ,}  `7     ヽヽ|./ _,.| |          |.r''「7て  ̄~ヽ
     ノ :: : }    |    , −_z'''"~  | |         |.| `ヽ ヽ   \
  `ー''- -‐ '   j  _/ r ´     ,| |        ||    \ヽ    \
            /‐ ´ /      / | |         | |    ヽヽ    ヽ
          j  /      / ||         |.|\    `ヽ     ',
           /        /    | |         ゙,| .| ヽ、     \    l
           〈                 ||         ゙|-ヽ、_ \   ヽ  |
        ノ\          _,. -1 |          | __,ゞミ-く\  \|
       /    \  __,,.. -‐''"~   /! ',          !   ヽヽ、ヽ\、__ ノ
     /       ̄        ノノ| ヽ         |    ヽ`ヾヾ"´
     , '                / /  |  \       _」     \ ヽヽ、
   /                 , ' /   |   _>―'''"´         丶
 /                / /.    `~´「
                  / /      |
                    / /       |


8 :◆vsQyY1yD2Q
/ .:: .: :/::::/ .            _         } l l  ヽ
 : :::.: /::;ィ´::..:::         /         / ノ !   ヽ
  :::: ./:://..:::::      / ,ィ´::: .:    /  ,.イ / /     ',
 ::::::: {://::::::: ..::   /: //:::::::    /.,.-‐'´ / / /       l
..:::::/;-l{7{::::::: .::::  /{::::/  {:/:::   ,ィ´:/   ノ-ク ,ィ:        |
::::://,ニl:::';:::::i::::::  /~l::/―-l{l:::: / i::/      '"´ j::     } !
:::/{ , j:::::ヽ:::';:::::. {_z=ゞ三ミ;、';: /ヽ、i/         ノ:..: : ::.  ノl/
:/: ',ヽ」:::::::: ゙ヾ;:::::.',__{-‐''´:::rヘヾ       、___ /:::::::/ /:: //   そう、どんな犠牲を払ってでも……!
':: ;:::'、!:::::::   |\::', ̄`'''‐''       _z;:=;_ ノイ/:;:':::: /
 j:: :::゙l: ::::  | ゙ヾ           /-‐'::ノ〒フ:::;イ:::/
. l:: .:::::!: :::  |               , `''−く,.-';;-'´ノ/        ………………………。
⊥;;;;;;::l:.    |ヽ           {   ‐''ラ´  '´
   ゙̄1: . :   | ヽ        、__ 、 ‐'    ノl
    ';:: ::   !ー‐ヽ     `ニ''`   ,...'´ |
     ';::.::.  |    ` ー- 、_ _,,.-''´:: :   |
     ';:::::.:  l         `゙'''ーr;=、  l
      ゙、:::::. l           〃 ノ  !
       ヽ::::. ',          〃./: /
        ヽ:::..',         〃 {::: /


9 :◆vsQyY1yD2Q

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              ____
                            /⌒  ⌒\
                           /( ●)  (●)\
                         /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                         |     |r┬-|     |
                         \      `ー'´     /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.


10 :◆vsQyY1yD2Q
                ノ:::: ::.l:. : :::: ::;i:.: :: .:::::///ヶ−   ̄´ト,}
             //::::::::::、ヽ::.::::i::l::ll::. :::::::://   "T  ̄ ̄`" ヽ
             //:::::ヽ::::ヽ:ト、:::';:トl゙ヽ::::::::l'´ ´ ̄ ̄/イ:l: . ::  ヽヽ
           /!{::::: ::;::ヽ:::l` _ゞ=ミ、 ヽ::::{  -;=/、jイ:.: : .:: . : }`ヽ
          /  l'l:l:::. ::i:::. ヾ,〃{-‐':}`  ゙ヾ  '´{-‐':}/ソ:::/ .: :: .j,   \
      .  /  / ';ヽ::. ';:、:. :.ヽ ゞー'‐  l   ゞー'/ィ:::: ..ノ:/.丿、   ヽ、
      /  /   ヾ゙ヽ、iヽ丶、\     ,      イ:::://ィイ   ヽ    \
       {∨         /::lヽ::`::;‐ ̄   , -- 、    /ィ´::::::::{::.'、_   \ i、
      .八:ヽ      ノ.:::j  ::::::ト、   丶...... '    ,イ:::: :::: ;ヽ::::::.ヽ.   `}.}     ――― ッ!
        ヽ` ー‐_'´‐.::/ . ::l:l::::丶、    ̄   , 、'´::l:::::: :::ヽ::::::::{ノ  ノ丿
      / ̄ ̄ ̄.::::::;;ノ.: .:: :::l:l:ri'´ l 丶、  _  ´ ! ``ll::l:::: 、::.ヽ::ヽ`−'/
       . .:::::、_;;;二-.:.:::ノ .:::j::!1', |   `´    |  /ハ:;::::. ヽ:. :.ヽ`= ‐-、
      .:.::::::::::::::::::/// .::::l/l、', ',ノ, ヘ   ,ヘ `y' / ハ:;::::. : ヽ:..ヽ:\::::.. : ヽ
      _  -― /;イ.:;イ  :::::/ l:l \/l丶 /,ヘ`v / l `ヽ::. : ヽ、:ヽ::.ヽ__:.:. }
           /´/:/,' : .::::/  .|:l    ヽ∨/ `‐'  /l   ヽ:::.  ',ヽヽ::.!  ̄`
            // l: : :::/   l:丶    //     /: :l    |丶: : :! ';',リ
      .     l/ l:. :.::::l    l: : ヽ  , ' /      / : : l    ! };l.:.:l  l:l
      ヽ    i i  ';:..:::::{  |: : : ∨/    ノ: : : : l   l ' l::/  リ  /


11 :◆vsQyY1yD2Q

  そんな目で 見ないでください、やる夫……。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               ____
                             /      \
                            / ─    ─ \
                          /   (●)  (●)  \
                          |      (__人__)     |
                          \     ` ⌒´   ,/
                          /           \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                        誰かが、やらねばならない事なのです……。
.


12 :◆vsQyY1yD2Q
.          /    .:::::::,_'´‐ ' "´ ̄` ゛ ` '‐-、/ ,! `〉
         / ./    ./.-'´      _,.._   `ヽ、.'
        / /  .:: ,..-'´       .,/ ......   .,'! ヽ,
      / ./  .: .://       .:/  .::::::,:::_,.-'´ノ,! 、:',
.    / /´   ..:::/:'/ ./ , ./ .::,' .:::/ ..::::/'/´_,..-'´ノ  .',:!
   /´/   ..::::::::::::,' .:,,! ,'.::! .:/! :::/i .;:::/ ''7´,..イ'´   ',!   あなたが、このような事を望まないのは
.  //   .::::::::::::::::::,i.:〃! .:i :::!./、',:::!_.! :ii::,'  '´  .i:: .::,'. .:|'
.  ,!'´ ...:::::::::::::_,: -.'´.i' ! ',::!,:::!〃'ソリミ`',i 'i, ヽ、_//:::,/::: /::!    分かっています。
. /  .:::::_,.-‐'´/     ,  ,〉!ヾ、ヾ'=ソ'  .`  '/!^,メ、'ソ::/::/
/ .:::/::  '、. '、. _,. -彡.'´/ .:::,i, `     ,:::. ヾニ'ソノ7::::::ノ
 ::/!::::::::...  ` ̄  '´,..-'ソ .::/iヽ.     i:   -=ニ´‐'、´、      しかし、最早 私は 立ち止まる事も許されない。
, ::!:i::::::::::::::::::::::::_,,-.'´./ ..::/ '',\  ‐=:、   _ノi::: !.ヽ!
ヽ::::\,:::::::_,..-'´'  /'´ .:::/ヽ  ヽ,::\ ` _,..,-i'´ !! !:: !,〃
 ``ー ' ´ /  //  .::/´ `、  `ヽ、`"´ !il .,/ .',::. ','、      そのようなところは
      ヾ、ー'´/  .:/´.   \  ヽ`7  〃/´  !'、:. `,
       ヽ'ヽi  .:/         }/\/' .l!   !:::',:;. '!',      遙か前に過ぎ去ってしまっているのです。
.       ,/  :|.! :,'、         i! ./'  i!   .!:::!',i ,'',.!
      ,//   ',!.:i\、 ',       i〃  ./`'7 .ノ::i,ノノ .リ
     /'´    '、!  \、,      /'',  ./ .i/ ./:: /i´ ´
    /'      ..`'、 /´``     く_ ! ./ .//´::::´ .'、
  /         ./         `7.'´:::://'、    .ヽ,
. /         ./         /::::::::::i .i  `     ヽ


13 :◆vsQyY1yD2Q

  もし、あなたが 私の前に敵として現れたら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          ___
                       /::::::::::::::::\
                      /::::::─三三─\           :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
                    /:::::::: ( ○)三(○)\     :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
                    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
                     \:::::::::   |r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
                    ノ::::::::::::  `ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
                  /:::::::::::::::::::::     ∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・
                 |::::::::::::::::: l


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                        その時は、私は、あなたを この手で……!
.


14 :◆vsQyY1yD2Q
    | .::. ::ヽ::丶 \ /                   ヽ
    :|:::::.:::::ヽ::::\//..:/ /:/     ..:::::  .:..       ヽ
    : :|:::::::::::::ヽ:::://.::/:/::/ / / .:/ .:::::::// .::::.       |
   ..: :|:::::::::::; --/ |::::|/::::| / / ::/:::::::::///::::::|:/ .::. :  .:: |
   .:: ::|::::/ '⌒| |::::||:::::|ル'1::j|..::::::///::::::::/ /::::..:. .:. .:: |
  ..::: ::|:::{  r' | ||::ハ::::::::::::ハ|`i::::/|/|::::::::/::/::::::::,イ:: .:::/
  .:::: ::|:::ヽ   (|: !:::: ヽ:::::::|::::::::::::::::::::`|:::::/:::/:::::::/ |::/l/
  ::::: :::|::::::ヽヽ|::    ヽ;::|::::::::::::::::::::::j///:::::::/ j/〃
  .:::::: ::::l::::://‐|::      | ヽ! :::::::::::::::〃 r'イ:::/  /
 .:::::::: ::::||::||:! |:::    |         ! ´         ……………。
 .:::::::: :::::|`ヽ、 .|:::  |  |            ヽ
...::::::::: ::::::|   `|:|  |  |         ,.. --'
:::::::::::: ::::::|   |:|  |  |     `_y'′
:::::::::::: .:::::::j   |:!| |:.  |     //
:::::::::::..:::::::/     ||l |:::. | ヽ、__.ノ::|
:::::::〃:::::/  ...  |∧|::::::..| ||::::::::|::|
:::::/:::::::/      `''-ヽ、:::| ||::::::::| |
/::::/          `ヽ.||::::::::| |
::::/              ヽ:::::::| |
'                   ヽ:::| |


15 :◆vsQyY1yD2Q


                   それでも、私は 往かねばならないのです。

              たとえ、この先 世界が永劫の地獄と成り果てようとも

            \           ,. -,'- '"´      `´ `" ' - ,ヽl ヽ lヽ
            ヽ        ., '´_,. '                 >'  ',.,' !
              !      ,.. ', '´          , '     /   i'  l
             ,'      / , '          , '     .i'´  , '"  .,'` 、
           /       i, '     ,     ,  /      l _,,. '"   ノ`' 、,ヽ
           ,. '        ./ .,    ,'  .,ィ ,l  /.!     ., !,'´/ ._,,.. - '´   ヾ`、 ``ヽ、
        ,. '´          ! !    !  ./,'/_! ./,,i     /,/,,_'"´ ,'      、 .!     ',、     _
        /         /! ! !  l,  l"l、,,_!/  !   , '  _,_,.`゙7,.ィ     .|ヽl     !.!  .,. '.,.- '""``ー
.    /         /  .', l, ヽ  iヽ.l彳 .,,-;iヽ ', ./ 彳 ,`i'ヽ/  ..:: .i .! '!    /,' ./ ,.'
.   , ' /          , '    ',!'、,、,゙i.、ヾ` ,ゞ-‐ '  ヽ'   -ヾニノ,,.,' ,ィ'  ., ,| /     , ',.', ' ./
  /., '/        /        i .l |`ヽ        l      / ,_'_,,.、/' l/    ,. ',. '.´/
 ,.' / .i        /        ゝ' .l,         !       ;'  '´ヽ、 __,,. -,'- ' , '
 ! ,'  !           !        , '  ,'、)、.       ,_-,、      /,!、    `'ー- .,_- '´
 ',.',  '、       ヽ       ,.'    i-=!, ' ,、      '''    .,. 、'-_ .,ヽ、      `"''-=== ‐- ..,,_
  ヽ'、 \       ` 'ー---.;'.!    ヽ´ l,.-',.`' ‐ .,    , イ,、ヾ  `ヽ、!ー- ..,,,,___      ``ー=`_=、
   `ヽ、 `' .、           l l    ヽ\ i.!    ` ー '´  .|, `   //'ー'´       ̄ " '' ー- ..,,_ `' ,ヽ
         ` 'ー――――‐ ヾ' .、   `'`.=ヽ_、_      .l ',.     //                 ` ‐.、ヽ
                     _>ー,-- .,,_`'ー-- 、..,,,_ /./!   .//、_                    ', .i
              _,,.. -‐ ''"´   ','、  .i ヽ`'、'''ー-- ,、`_''‐ 、 //  `"'' ー- 、..,,_              /,.'
          _,. -‐ '".,.'         ヽ'、 ! ヽ ヽ __,.'_ ,.' l`''‐,.ヽ、        \`"''ー,,、_       '´
      ,. - '"    ,.'           '、'、.!  r'‐'´-‐-_ '、_,' .//  `         \   `7
     ヽ、       , '             ヽ',l .//, '´ ̄__`く //             ヽ  ,ィ
      ヽ' 、   /         ,      ヽ/ / ‐'´ ,...、`ニヾ      i        ///
        ヽ `' 、 ' 、        ,l       !     r' ,、 `' i       !       /,.イ ./
        ヽ  `' ;、' 、      !|       l.      ',' `  !       ', i   .// ! /
.         \  i `'`,.、     !l       .!       ',    l.        ', ! //  r/

                      1000人の命を救うため

                   100人の命をフェレストに捧げましょう。

.


16 :◆vsQyY1yD2Q

            r-、  r- ー、
            ヽ `ヽ-.、  ヽ _
              ヽ  ヽヽ   ヽ`ヽ、
               ',  `''   `゙  ` ー、
                }               ',
            ,- 、  |               ',       そして、私も また……。
            ',  ',_  l                ',
             {   ` -'        ,.-‐――┴- 、
           `ヽ.         /         \
             ヽ       /            ヽ
              \   /               \
                `ヽ、/                     \
                    /         _,.-‐ '''''''ヽ     \
                    {        , '       \     \
                  ヽ        /         \
                    \.    /            ゙ー―-


17 :◆vsQyY1yD2Q
..:::::::::::::::::::::>'´  {: :}ノ..::::::.... .::::..          `丶、
:::::::::::::_ -'´    ∨:\::::::...    ...           、ヽ
::::::::∠..._      :ヽ::::::\:::::/: .:::::     ..::::. . ..    `ヽ
::::::::::\:  ̄ ー‐-、 ヽ:::::::ヽi:::..::::::::.   ..:::::::::::: :::. ::::.. ::.  . ヽ
::::::::::::::::\____}/:::::::::::::|:::::::::::::. .::::::::::::::::: .::::i、:i:::::. ::::. ヽ. ',
::::::::::::::::/: : //\:、:::::::::::::::::|:::{:::::::::::.:::::::::::::::::::::::/-}ハ::::::};:::: :ト、:',
:::::: ::::::/: : //{ :{:::\:::::::::、::ハ:::i、:::::::::::::::::i::::::/:::イヵ、ノ}::/::}::;.::} .}/
: .::::::/ : //ハ ::、::::::\:::::゙{ rヘ! >::、:::::::/|::://、f{ 〈://:;イ::ル' ′ やる夫。
..::::::::/: : ///  '、:::、::::::::::::::::ヽ -/::::::\:{ レ'´   ` ノ'、/ j/
::::::::/ : //i {  ii \:::::::::::::::::::`7::::::::: :::i`        丶      ソドムの夢から抜け出した あなたならば
::::::/: :///1|  ,ii 、_>.:::::::::::::;//::::::: ::|        r '´
::::::}: /// l{  ii  ` フ::;::::/イ:/:::::::  i::i      -‐r'′       私を 止める事が出来ますか?
:::::j: ///  ヽ ii   /イ{:/ //:::::::::  i!:|      〈
:::////    ,ii    } ̄``7:;1::::::::::  ト.| r‐r ..... ノ
////      〃   / ̄ \i/ |:::::::::::. { ハ{ 、!              早くしないと、私は
// '     〃  ,-L__ 、  iヽ{::::::::::::. ゙、::丶',
/ i    〃  /: :, -、``丶、ヽ:::::::::. :.. ト、:::. ',             あなたの手の届かない所に行ってしまいますよ。
 |   〃  //   丶、: :`゙丶:::::::. ヽ`ヽ.'、
  |   〃  /'       ヽ、: : : 丶、:::.. ヽ ゙ヽ
  {   〃  ./           \: : : : `丶、\、 ヽ.
:. '、 〃  /               \: : : : \`゙ヽヽヽ、
::::... `ー一7              ヽ : : : : \ \ヽヽ
:::::::::::::::::::/                { : : : : : : \ \}丶


18 :◆vsQyY1yD2Q





                     貴方が正しいと信じる道があるのならば

                     私を 倒してみせなさい、やる夫……!!




.


第三十八話へ 1       第四十話へ

posted by 文月みと at 14:27 | Comment(18) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
1000人の命のために100人の命を、っていうけど、
フェレストを稼動させ続けるためには永続的に生贄が必要になるんだよな……。
100で済むわけねーじゃん。1000の命のために万以上の犠牲が必要になるわ。

ルリの言葉じゃないけど、こんな当たり前の考えが出来ない辺り、冗談抜きで馬鹿だよな、コイツ。
理論だけで現実が見えてない典型的な例だな。
Posted by at 2010年08月20日 22:08
↑こいつアホ過ぎ
フェレストを使ったほうが戦争で滅ぶより犠牲は少ない、ただしそれは地獄の道だっていうのがこのストーリーじゃん

たまにこういうこと言って、登場人物馬鹿にする奴がいるけど
もうすこし物語の中の視点から考える力を持てよ

Posted by   at 2010年09月02日 18:05
1000人でも100人でもいいけど、このラクスにとって本当に生きててほしい人なんて自分を含めて1人もいないんだろうな。
せいぜいやる夫くらいかな。
悲しいな。
Posted by at 2010年09月18日 05:47
地獄の道でもなんでもいいけど、
物語の視点で考えても力を持った奴の視点から考えだろ。地獄だろうがなんだろうが自分の自己満足だろ。
それを押し付けんな、つー話だろ。
まあ、最終的に自己満足に行き着かないことのほうが珍しいが。
結局は、文句があるなら力で解決しろってことに落ち着くわけだ。
Posted by 名無し at 2010年10月17日 17:59
そんなことより、やる夫MOGERO。
Posted by at 2010年10月28日 08:12
結局、逃げただけなのね。<楽す
Posted by at 2011年05月16日 02:17
ラクスにとって、
ガイアは核兵器や原発か・・・
Posted by at 2011年05月17日 17:34
確かにフェレスト使った方が全体的な犠牲は少ないわな。
やる夫は1ヶ月入れられてもピンピンしてたし、ミネバはもっと長いのに生きてたし。エサのガイアの強さによるだろうけど、効率だって良さそうだ。

500人入れとくだけで何千人も住んでるポリスが何日も保つんだから、戦争で資源や人を消費しあうより断然平和。

人道も倫理も無視して、大多数の平和だけを突き詰めてるんだから、逃げでも自己満でもねーだろ。
ある意味完成された答えだわ
Posted by at 2012年05月07日 01:59
まあ交代で入ってもらえばいいんじゃねとは思うけど。
心身を掌握してんなら行けるんじゃないかな?
どちらかというと『無料配布の食料はどうやってるのか』の方が気になる。
Posted by at 2012年07月07日 07:21
周囲に隠して実行してるものは、自己満足以外の何物でもないぞ
Posted by at 2012年07月20日 20:28
底辺ブラックの犠牲の上に、大多数の人々の生活が成り立ってる現実と同じじゃん。
Posted by   at 2012年08月03日 13:07
でも、これすごく合理的なんだよね、犯罪者の処理だけじゃなくて人類が存在する限りエネルギーに困らないし、永続的に口減らしできるし・・。
Posted by at 2012年10月15日 04:10
問題は庇護されてるポリスの連中のガイアが弱ってることなんだよなぁ。
庇護が広まるにつれ、必要エネルギーは増え、一人から得られるガイアは減り、だとフェレストにくべる頭数も桁が上がりそうだ。
せめて別のエネルギー源開発のための一時しのぎと割り切ってれば、なんとかなったのかなぁ?
Posted by at 2013年02月10日 05:57
マゴクを滅ぼせば国家としてガイア禁止法に反対するものはなくなるから、犠牲ありきの平和を勝ち取ることは出来る。
それでもガイアとともに生きる魔獣や、ポリスに対抗する散発的なレジスタンスは生まれるだろうから、今後はそういった存在を罪人として処刑という生贄にすればエネルギー問題は解決するしね。
フェレストの庇護下にない存在だから極端にガイアが弱くなるということもないだろうし、増えすぎず減らしすぎずで調整してけばいい。
それにポリス人口が増えすぎる前までにはエネルギー問題も別の糸口が見つけるだろう。

上手い打開策だと思うよ。
資源の取り合いという戦争が起きずに、一部の反抗勢力との小競り合いで済むんだから十分平和でしょ。
Posted by at 2013年09月03日 15:39
ラクスが正しいわなー
少なくとも救ってる人間がいるんだからね
間違ってると言うなら代案を出さないと駄目だろう
そうしなかったら全員死んでる、何が自己満足なんだか……あほらし
Posted by at 2014年05月06日 01:52
ガイア禁止法なんて作らずに、人類のガイアの保有量を伸ばす方向に注力して、外部資源に頼らずに自分のガイアで生きていくラガの村の様なスタイルを推進していければ、フェレストなんて不要なんじゃないの?
Posted by at 2014年12月04日 10:11
ラガの村の様なというのは、いわば産業革命以前の生活スタイルでしょう。
作中世界ではそこからラピス鉱石(化石燃料)を大量消費する段階を経て、
生物のガイアエネルギーを直接抽出する永久機関に辿り着いたわけだけど、
おそらく総人口は何倍にも膨れ上がり、その全員が昔のような生活に戻るには
世界は狭すぎる。おまけに、安楽な生活に慣れきったポリス市民の大半は
それを捨てることができない。

おまいら電気・ガス・水道・ネットなしの生活に耐えられるか?
Posted by at 2016年09月18日 14:11
有償の献血のノリでガイアエネルギー供給ができる制度と技術が整えば最良に近くはなるんでしょうが…難しそうです
Posted by at 2016年09月18日 18:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34659452
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ