■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年01月10日

第三十九話『託された者達』(3)

第三十八話へ   3     第四十話へ

37 :◆vsQyY1yD2Q
::::|    .       |    \: : : : :\ \/ /: : : : : :./ .|:|   |      |::|   \: : : : ::\\/
::::|   |      .|   |:  \: : :/∨ /:\ : : : /   |:|   |      |::|     \: : :/ ∨ /
::::|   ∧      :|   |::|:... ∨   |  |: : : \/      |:|   |      |::|   l   ∨    |  |:
::::|─ | :| ‐──┘  └─‐. |   |  |: : : : : | ───┘   └────┘  └‐ |    |  |:
::::|   |_:|             |   |  |: : : : : |                           |    |  |:
::::| ̄ | :|  ̄ ̄ ̄|   「:| ̄ |   |_ |: : : : : |  ̄ ̄ ̄「|   | ̄ ̄ ̄ ̄「:|   | ̄ |    | _|:
::::|   | :|       |   |::|   |-‐'''"|  |゙ :‐-.::;|       |:|   |        |::|   |   |-‐''' ゙゙|  |`
::::|   | :|       |   |::|   |   |  |: : : : : |       |:|   |        |::|   |   |    |  |:
::::|   | :|       |   |::|   |   |  |: : : : : |       |:|   |        |::|   |   |    |  |:
::::|   | :ト、          |     |   |  |: : : :        |:           |            |:
::::|   | :ト、\              |  |: : :
::::|   | :|∨:||               |  |: :
::::|   | :|│:||                   |
::::|   | :||〔三三三〕
::::|   | :|└──<| |
::::|  〔三三三三三三〕
 ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|
 ̄ ̄ ̄ ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                          _ゝ      \ ヽ!  j       _ノ_      / /|
                          \        ヽ  |    ,ハ    /   ,  / //|
                         -=ニ´     j 、,.、     ,.イV  V{   \__,/|////   !
                         ∠...,    l`'   `ベヽvV″    レl         ノ  |
                          <   Z,            jVム}       ,/   /
   グライアス・ド・カナよ。           `マ  {,            ,ノ / ,ゝレヘ.  ´ ̄>‐ /
                        ヽー----' _」__,'>、ト、 ヽ. / ,ノ 厶, レ |ム. |   /   /
   亡命を受け容れていただき     __,こニ=ー `'Z -―-、\J しノ∠./ノハり ノ ∠_  /
   感謝する。            ー=ニ.._       「ニヽ \二>='Y=ニ二´__  Vイ   / /      /
                     ,. -ー_,.二ニ=ー  { 'ン〈`` ̄/´ {          | | // /,.イ⌒ヽ  /
                -一''"´__,. -―三二ニ=ー ヽ、ハ  `  ,ィ ',  >---‐、 !| ||/'´>ノ/  ヽ  |/
                   ` ̄`'ー-、` ̄,.ニ=-ー  ヘ.l┌‐ノ `''ー'´ __, イj ||l.|/ ノ〈    〕'⌒'´ ̄
                     ,.へ.  \  ̄ ̄ ̄> ヽヽ〈ァ'Zヱニ¨┴シ ' | | | /  \_∠ィ
                  `\{__/\   `\ ∠. -―-|ヽヾ''  '" ̄`` _,ノ_,Ll/     /
                 ̄「 ̄/     \     `\   |  \__,,.._-≦デ'"´ /      /    /
                 |        ヽ      ヽ 「`ー‐''"丁´  |    /    /   /


38 :◆vsQyY1yD2Q

                                       ___
                                     /     \
          お義兄様〜!              _ , ┐/ ノ  \ u \
                               , ├@ニ!ミ、●)  (●)  \
          この人、顔が怖いかしら〜!   ,'  又l」ノu 0ヽ_人__)    u. |   カナ、そりゃ失礼だお。
                            r  !   { _ u 、ノ   _     /
                            r  r┴、 _r┴ァ__レ'-' ̄| )   \    確かに 怖いけど。
                              {{二. {二゙  _    Y冫    |
                              L.  _|  l ( ̄ ̄   /   |
                             /く/| ヽ   \ヽ___ノ   |
                            九    ̄    イ         |


          ___
       ,r‐'7´: : : : : : ::`:::..、
    _,, -´゛ " ̄ ̄ ` ヽ; : : : :ヽ
  /     r、     ヽ: : : : ヽ
  / _ノ{   ノ::`ヽ、____〉: : : : i
  /'´: : : :ヽ/: : : : : : : : : : : : _ : :|
 |::,: : : : : : : : : : : : : : : : l_|,´-‐゛: :|
 |イ:;: :ハ::i:::ト;::i::ィ:::ノ;;///|―|ニ二l: :|
 ゛V|::|、__V Vレ_|ノ__从j::| ̄|-、: : : : :|     ゴメン、おじさま。
   |::|_,`  '、__  W::::::|)/: : : :: :|
  ノ:::{. ̄,    ̄ ̄`ノ:::::::|ノ: ::\: : :',     私、否定出来ない。
  /イ::>::`    :::::::u.フノ|ノ::::ヽ::::\::ヽ
   V  \ ⌒    ,イ  | ):::::::ヽ::::\::',
      |;_`_ー‐イ´_ //!`ー-、_\:::ヽ:',
      y  ./ トー//     /  ̄\:::',
     /   |  〉,、く      /     \ヽ
     〈   /  l(_).|r、    /       ヽ|
     ',  |/ \ーノ \  /        /:|
      r  { |.  Y    /`"\       ノ::::|


39 :◆vsQyY1yD2Q
                                 _ゝ      \ ヽ!  j       _ノ_      / /|
                                 \        ヽ  |    ,ハ    /   ,  / //|
                                -=ニ´     j 、,.、     ,.イV  V{   \__,/|////   !
                                ∠...,    l`'   `ベヽvV″    レl         ノ  |
                                 <   Z, U          jVム}       ,/   /
                                  `マ  {,            ,ノ / ,ゝレヘ.  ´ ̄>‐ /
                               ヽー----' _」__,'>、ト、 ヽ. / ,ノ 厶, レ |ム. |   /   /
    ……………。                   __,こニ=ー `'Z -―-、\J しノ∠./ノハり ノ ∠_  /
                            ー=ニ.._       「ニヽ \二>='Y=ニ二´__  Vイ   / /      /
    ミ、ミィ、お前が何故ここに……?   ,. -ー_,.二ニ=ー  { 'ン〈`` ̄/´ {        U | | // /,.イ⌒ヽ  /
                       -一''"´__,. -―三二ニ=ー ヽ、ハ  `  ,ィ ',  >---‐、 !| ||/'´>ノ/  ヽ  |/
                          ` ̄`'ー-、` ̄,.ニ=-ー  ヘ.l┌‐ノ `''ー'´ __, イj ||l.|/ ノ〈    〕'⌒'´ ̄
                            ,.へ.  \  ̄ ̄ ̄> ヽヽ〈ァ'Zヱニ¨┴シ ' | | | /  \_∠ィ
                         `\{__/\   `\ ∠. -―-|ヽヾ''  '" ̄`` _,ノ_,Ll/     /
                        ̄「 ̄/     \     `\   |  \__,,.._-≦デ'"´ /      /    /
                        |        ヽ      ヽ 「`ー‐''"丁´  |    /    /   /



   ,rn             .n!inn
  r「l l i.n  .,. -──-、   .ni l l h
  | 、. !j/. : : : : : : : : :\ .i !.:  |
  ゝ  f. : : : : : : : : : : : : :ヽ.ゝ ".ノ   ひでぇ言われようだな、ジーン。
  |===┤ : : : :,-…-…-ミ: ::',|==┤
  |─-┤ : : : :i '⌒'  '⌒'i: : :}─┤   それにしても、お前まで マゴクに来るとはねぇ。
  |─-┤ : : : :| ェェ  ェェ |: : }─/
  |─-┤ : : : :|   ,.   |:::;ト-/     .俺達が まとめてラクスの敵になるなんざ
  .ヽ─ヽ : : : :i r‐-ニ-┐|::ノ/      狡兎死してってヤツか?
   ヽ─' ゞイ! ヽ 二゙ノイゞ/
    |─    `ーー一' ´ /


40 :◆vsQyY1yD2Q
   ヽ: : : ::l ハ|ヽト ト, l: ; : : : :i: :ノ|,イィ: : : : : |
   ノ: : : |´   ゛ヽ|ハ: :ノノlノ "  |ノr: : :: ',
  /: : : :レ|       ゛       レ|: : : ::',
-': : : : : _:ト!  z,,、_    /  , v;,,,  ノ: :__: : \        ドナノレドか……。
=-: : : 「 ヽ゛. ー-;;;;;;,,,,`l.| _,,;;;;-―` 彡'´ /: : : :`ー
=-: : :{ 〈 |  ニー--‐ , ` ‐---一  | /、}: : : : : ::       確かにな。
`ヽ; : :ヽ 〈|     ノ  ;  \   ´ | >/: : : : :-=
  \: :ヽ_|  -‐´   |   `ー‐ U.|_.ノ: :/ ̄ ̄       ラクスの世界に走狗の居場所は
    ヽ; : rヽ   r、.  !   ,、     イ|::/            無いのかも知れん。
     ヽ| |.  , '   ヽ / ` ヽ  | |/、
     ,,,| |  |`ー―――‐一´」 ノ |  'ー 、__
    / | \`  ノ―‐、    / | |Y     ̄
, ‐'´   ヾ | \        / ノノ /
       `ヽ  `ー‐―‐一 ´ /´ /
                                            ,":: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
                                             ":: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
                                           `,: :: :: :: ::,;---'''''";i:: :: :: ::
                                           ,':: :::i::,;-'"~      ;i:: :: :: ::
                                          (:: :/,.-...,        ;i:: :: :: :
                                          (::;/'´  `i       "i:: :: :: ::
                                           i:: i             i:: :: :: ::
                                          いi',エエ          L:: :: :: :
          だったら、なんで 『ガイア禁止法』 を           !!'i               i,:: :: :: ::
          推進してたんだよ。                      i/ '       ::::::::   `-'~`-'i~:: ::
                                          / ..,,        :::::::     iソ|:: :: ::
          軍人に影響デカい お前が、ラクスの対抗馬なら   (; σ`)     ;;;;;;;::::::::::::::   l-i }:: :: ::
          現状も変わってたかも知れないのによ。         `|i "      ;;;;;;;;:::::::::::::::  _,;ノ:: :: ::
                                      ,,,,,,,,,,,,,,,,,, i',----、  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::    :: :: :: ::
                                  ,;-'''.~ '-;_ =.`i ̄`i.- |  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::   ., :: ::: :: ::
                                  i ≡ l . | = i|  |--'  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::  `''--''~'-,,,ノ
                                 i"-i= | ≡|   i|i ̄i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::
                                 |  ;i.r-| =|i ̄i.i`=="`、_________;;- ::::::
            ※ 本名 ドナノレド・ヌケドナノレド  i  `-"i r-i`==" !     I,,,,,,, ,)、;;:::::::::::
                                 `i    .`-"    i..;--'"""    \::::::::::


41 :◆vsQyY1yD2Q
    ヽ: : r⌒ヽ: : : : リ从∧|       "  vレヽ|::::::::イノlノノ/:::: 彡  /
     ヽ ノ r‐、 ヽ: : : ノ                V´ "  丿::>   /
      ( l  } | | レl     /              /'´    /
      ',ヽ// ゛ ゛     /r、 ,,           /     ノ
       ', 〈        Σ `'' `'、lヽ      ノlr-z  , -‐´
ヽ,      ',    /    ー- `ニー-、゛、_, !/_w;;',,-'ン゛ /
: : ヽ     ',   〈      `ー-`"´ニー`'-ノノー'フ7´/   __     フッ……軍人としての責務を放り出した
: :: : ヽ     ',   ヽ              |` ̄ ノ´  , -‐ヽ ヽ
: :: :: :ヽ     ',   ヽ              |  ノ  /´: : : : :', |    貴様にだけは 言われたくないわ。
: :: :: :: :',     'ヽ   |   ,  _ノ.i´    .|/ /: : : : : : : : : V
: :: :: :: : |     ', \   r´ r      ̄ヽ_/ /: : : : : : : : : : : : |
: :: :: :: : |     .|  ヽ  ! ゛'====----,イ  /: : : : : : : : : : : : : :|
: :: :: :: : |     |   \   ` --―‐-ノ/ /: : : : : : : : : : : : : : ::|
: :: :: :: :ノ      |    |\_,,,,----┘/  |: : : : : : _, イ: : : :/
,,___/       .|  ノ     ノ   /   `ー--‐´  /: : : :/
           | /     /   /         /: : : : :/





                                                ,..-──- 、
                        戦争の無い時代に           /.: : : : : : : : : : : ヽ
                                              !:: : : :: : : : : : : : : : : ',
                        俺みたいな 荒くれが残ったって   {:: : : : : : : : : : : : : : :}
                                              {:: : : : : : : : : : : : : : :;!
                        しょうがないだろ。           ヾ:: : : : : : : : : : : : : ノ
                                               ゞ : : : : : : : : : :,‐′
                                            /i ̄゛ ─---─ '  ̄iヽ


42 :◆vsQyY1yD2Q

                                                _ / ̄ `ヽ
                                            __ ―{_」¬ '´ ̄` }
                                          / _ '´  `¨`ヾ - ヽ
                                      ___r‐ヤ /    /ノヘ \ \‐-}
                                     / ___V´}V  -  /| , ―\ 、 ト ノ
                                    /´ ,  Y | /, -|/|   u\l/}j┘
                   え〜っと            l / 〈|丶!{   /! l  , = 、 |:{__
                                    ∨ { 入 V /, =  __ 、   /::::ヽ`
                   あの2人、お友達なの?   .廴{〈  {´ハ.   V_ ) /:::::::::}
                                      └ ゝ  乂」>-- , ―x._⌒ヽ/
                                          {| ノ::::://  くル〈__ ノ゙ヽ
                                           ´ヽ〈:} ト--イl ヾ\__/
                                              トl__/    ヽ}


                 _, -ー-、
            /:.:llllllll_:.:llllll
           ,/:.:.:.:.:.:ィ'・ !::l・`l
           ,/:.:.:.:.::.:.:`‐'  ゙‐'`!        ウチの船長が 「空軍大将」 なら
        /ヾYヽ:.:.:.:.:'"`‐ニニ‐~:.|  ,-∠ィ   唯一絶対神 ジーン元帥は 「陸軍大将」 ですよ。
        .| l  \:.:.:.:.::.:.:.:.: ̄:.:.:.:.:! ,/:.:.:!ヽゝ
        )、:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:):.:.:.:.:.:.:.:,'   ポリス戦争当時の 軍での立場なら
       /:.:.!、:.:.:.:.:.:.7:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:":.:.:.:.:r'     影の特務部隊である シャドーウォーカーよりも上です。
      ,/:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.:./
     ,/:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.:',


43 :◆vsQyY1yD2Q
      、_ _ _,.'´. : : : : : : : : : : : : : : `丶、
       \ . : : : : : : : : : : : : : : : :´  ̄ ̄ `ヽ`丶、
        \. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | ̄ `ヽ: ..ィイ
        /. : : : : : :1: : : : : : : :, -‐‐- 、: : :.!: : : : : ト、イ
  、 _ _ ∠: : :r===1: : :!: :.!: :./三三ミミヽ、:!: : : : : :!: :ヽ、
    \. : : : : : :L___ _」: : :!: :.l: /  ̄ ̄¨¨`ヽミレ'彡1.:.:!. :.:.:.:.:.:.:フ
      `>. .: l .: : : : l:!: : :!: : l/ ̄ ̄`¨¨ー-- 、``1.:.:L. .: .:/
    / . : : : /:, :イ:!: : :!: : l`二二ニ ̄``   `ヽ!.:.:|  ̄
   /  . : : :/.:.:.:ハ l:.|: : :l: : l云テtrく    ∠ニ' .:!.: ト、     あくまで 一特務部隊に過ぎない
 ∠ _ _, ィ´.:.:.:.:./.ハ.l.:|: : :l :/辷ンノノ     ,rテテ.:.:. !.:.:l.:.:.>    シャドーウォーカーと違って
     ̄/.:.:.:.:.:.////l:.|: : :l |´ ̄       じジ.:.:.:. !.:.:l'´
      ̄ ̄フノノ/l l:.|: : :l |       ,:  ,ハ.:.:.:.: !.:.:!      2人は、それぞれ陸軍、空軍の
        ,.ヘ   l.:|: : :l | 、     _,  ,.イ.:.:|.:.:.:..!.:.:!      トップだったって事ね。
         /: : : .\ l:.|: : :l | \  ´, .イ.:/ ̄|.:.:.:..!.:;′
      /. : : : : : :\N: : :l | /.:.:.`ニ´   !/  |.:.:.:.:l/
     ノ. : : : : : : : //:l: : :l |'.::.:.:.:.:.〉〉   ′  |.:.:.:.;′
  ,. .:'´. : : : : : : : : //.:.:.\:l | ';.:.:.://.:l「.:.:.:`ヽ、|.:.:.,′
..:'´. : : : : : : : : : : :.//.:.:.:.://ヽl ';://.:.:.l| ̄ `ヽ: l: /
: : : : : : : : : : :「 ニニノ.::.:.://     V.:.:.: l|:. : : : : :l/
: : : : : : : : : : :| |.:.:.:.:.:.:.://      ぃ.: l|: : : : : : :!
: : : : : : : : : : :| |.:.:.:.:.:.〈〈       い.:.:l: : : :: : : !


                                            ,. -―― ― 、
                                          /           ヽ
                                         // /  ,.イ  ヽ ヽ ヽ';
                                          イ/ l lィ ト、ム  ム斗}  }|
                  ヌケド船長が                ∨l从! ○ l ノ ○ リ  ||
                  そんなにエライ人だったってのが     ./{. /       l  ||
                  まず驚きなんだけど……。       / .|人   △   u/  ∧
                                        /   ∧  ≧,ェ‐ェ '/  ∧. \
                                      〈   ムィ!  V /Tl /  ム ヽ l!\
                                        ヽ   l/   Y ☆V  /:.:.:.∨ ;  }
                                       ノ ./   /:,ヽ/!  ヽ:.−;!    /


44 :◆vsQyY1yD2Q
                                            ∨三三三三三三三三三三ニ/
                                       __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
                                      〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
                                      ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
                                        ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
                                        Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
                                 .       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
                                       |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
                                        {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
                        ちなみに、海軍は?     .!::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
                                        |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
                                        ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
                                            \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
                                              ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
                                             __,. '´_>v< `ヽ、′
                                        ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
                                        /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
                                 .      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
                                      /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|


                    ___
                  , ‐'二ニニ‐--、          , - 、
              ____, -|/= = = = _/v、      /   |
             /ノ /= =l  ̄ ̄ ̄ ̄`'ヾニヽ    /, -''i .j‐' ´ヽ       無いわよ。
             T/゙   /      ニト,  ゙ヽ|   /r'´  !    .! -、
             /イ / Xニメ  (・ ) ,- 、|┬ン´    ´_,__ ,/   |  |  メガロに 海は無いし。
                |  ,イ   (・ )/ ̄ ̄  |:|./  ‐' ´゙1   /⌒.!  / /
                |  /     /  _--'7 , ''j>,-‐- 、  !  / / ´     ノルディアに
             ヽ/.!  ィ─'´  /  / 7''|     ./ ̄'l、 イ´つ ノノ   守備隊が居るぐらいね。
           ミ ヾ,/\ (  ー<´ー-‐' / .ヽ'‐´ ̄j   ./   _/
          ー─' \/`>ニニニ ̄ ̄ ̄ ._, -‐′ `'〈、  `| ̄
 / ./  ̄ ̄「 ̄_ニノイ彡ハ'、    ヽ\  , -'´: : : : : : : : : :゙T. ̄
 ヽ \   r'´   ノノ 川 |./   l: :  ̄: : : : : ,-‐、: : : : : : : :\
  `ー `''ッ`ヽ-、  _ ,、  ,ゝ `'‐  !: : : : :r‐-‐' rヽ、\: : : : : : : :ヽ


45 :◆vsQyY1yD2Q
   /: : : : : :|              x.       |''-,,.    |、
   /: : : : : : :|          /: :\.     ノ: : : `ー-┘::ヽ
  /: : : : : : : ヽ__.,.,. -‐ '' ゙´: : : : : : : `''‐,,、 /: : : : : : : : : : : : :、
  .|.| ゙̄ー-、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ´: : : : : : : : : : : : : l、::.l-┐
  |└―-- 、|、: : : ::|: : : : : : l、: : : : :l: : : : :|: : : : |:: |: : |: : : :l::l: :|ヽ|_|
  |: :,,――--|. \_|: : : : :,,.::| ヽ: :|、:ト: : :: :|、ト: : ∧: |: : |: : : | |: :广、
  |: |     _|ー--  |: : : : / |ノ ヽ .|V ヽ: :/  |: ノ |/|:/|.∧::トノ、:|ヽ/
  |: \/ ̄ |-、___|: ::,、|ー-;;,,,, ゙   V   レ._,,;;〃 l/: ;V  ノ   でも、ヌケド船長の言う通りよ。
  |: : : : : : /`|: : : : : :レ. 〉て)  ̄`'''ー┘   ~lし゜ !`i/|: : : |
  |: : : : : : | .|: : : : : |ヘ,ヽ    ノ `      ゝニ=ノノ|l: :::〈.      今まで、さんざん ガイア禁止法に賛成して
  |: : : : : : ヽ/: : : : : :丶  `=ニ-ー         ̄゛ lノ: : : ヽ     ブルトンまで 潰そうとしたのに
 ノ: : : : : : /|: : : : : : : : :\          ヽ    ∠イ: :ト、_\
 : : : : : :/::::|::, イ\: : ト、__\              ノ|;;;|/   ̄    今更、マゴクに亡命なんて どう言うつもり?
: : : : : :/::/レ' /: ::|\:|、   ̄       ⌒゜   イ::|::|
: : : ://: : ノ: :/ .ト ヾ _ `''ー ,,_       _ '"::::|__レ_
: :/: : : :/::::/ノ .  \.._`丶 _`コーi´ ):::::|/     ` 、
   ̄ ̄ ` く/       `ー 、 \|ノ /ト∠       ヽ
        \           \ ヽ ( .! . \       ヽ



                                       ヽ: : : ::l ハ|ヽト ト, l: ; : : : :i: :ノ|,イィ: : : : : |
                                       ノ: : : |´   ゛ヽ|ハ: :ノノlノ "  |ノr: : :: ',
                                      /: : : :レ|       ゛       レ|: : : ::',
                                    -': : : : : _:ト!  z,,、_    /  , v;,,,  ノ: :__: : \
      私なりに、平和について考えた結果だ。      =-: : : 「 ヽ゛. ー-;;;;;;,,,,`l.| _,,;;;;-―` 彡'´ /: : : :`ー
                                    =-: : :{ 〈 |  ニー--‐ , ` ‐---一  | /、}: : : : : :
      ……と言っても、お前は理解出来んのだろうな。 `ヽ; : :ヽ 〈|     ノ  ;  \   ´ | >/: : : : :-=
                                      \: :ヽ_|  -‐´   |   `ー‐  .|_.ノ: :/ ̄ ̄
                                        ヽ; : rヽ   r、.  !   ,、     イ|::/
      お前は、マゴクの正義の是非について            ヽ| |.  , '   ヽ / ` ヽ  | |/、
      考えた事は あるか?                      ,,,| |  |`ー―――‐一´」 ノ |  'ー 、__
                                        / | \`  ノ―‐、    / | |Y     ̄
                                    , ‐'´   ヾ | \        / ノノ /
                                           `ヽ  `ー‐―‐一 ´ /´ /


46 :◆vsQyY1yD2Q
                  _  __ __
                 _j  ` ー   r_`r-、_
               , '´ ゝ,.      r r ⌒ 、jニ、ヽ
               /    / \   _j |   ,rr<ァ、ヾj
              '  ,  ノ   ` 、 ゝヽィ'ゝtテン'、ノ
              | //       ,`ニ`!ィ´ ` ~ヾ∧!
              レ/, ⌒        `LYz_ rく_ ノ
             | |    ヽ    "     ゞ\/    そりゃ モチロン
              ゞ. __ ,     、___  ,j_ ゝ|
             , ,=l'T',` ̄   、    ` ̄´  ト、 Y     マゴクには 『ガイア禁止法』 なんて無いかしら!
           i/  ゝヘ     、--,      ,r イ
           ゝ-'、⌒ゝ.    `       ィ=<´ノ      ポリスと違ってガイア使ってもOKだし
            __{::::!_--、ゝ 、__   __ ィ' _  /::ヽ      とっても 自由かしら〜。
         r' ´   ゝ=--<__r-z二=、ヘ_,ゞ::::ヾ:::::ノー 、
         '       {:::j_ノr::::_イ-fト、::ヽ)´ ̄!:ヾ    ヽ
         |::::/   r:::!  |! `'l::! ゚ |::! `ゝ─ 、ノ   r /
         ゝ::!::_   ゝァ"|! ,/::| 。 |::|  ゝ_,l::ノ  . ::::::/:::!
        /.. ヽ   ゝ=イ ゝ- 。 レ' 、 __j:)丶 _:::::::::::: \
       /   , ー /  ゝ、 _ __ _  /  ト ー ´\    \
      /   ヽ    /   r:::::zl::j:::ヽ,   |     ゝ___    \
     /!     \r /    `´/\ー'   ヽ__   /      ノ


47 :◆vsQyY1yD2Q

                                              ,. イノ〜'´'フ ,              /
                                    {\|`ニ='\」Vt/  /  ///           /
                                    ト、ゝ `丶、`丶. i  /      └ーァ        /
                                 _ゝ      \ ヽ!  j       _ノ_      / /|
                                 \        ヽ  |    ,ハ    /   ,  / //|
                                -=ニ´     j 、,.、     ,.イV  V{   \__,/|////   !
   それがいかんのだ。                  ∠...,    l`'   `ベヽvV″    レl         ノ  |
                                 <   Z,            jVム}       ,/   /
   『ガイア禁止法』 とは、本来.              `マ  {,            ,ノ / ,ゝレヘ.  ´ ̄>‐ /
   ガイア弱き者達を 守るためにある。       ヽー----' _」__,'>、ト、 ヽ. / ,ノ 厶, レ |ム. |   /   /
   ラクスとて、それは分かっておろう。        .__,こニ=ー `'Z -―-、\J しノ∠./ノハり ノ ∠_  /
                            ー=ニ.._       「ニヽ \二>='Y=ニ二´__  Vイ   / /      /
   では、マゴクは どうかな?         ,. -ー_,.二ニ=ー  { 'ン〈`` ̄/´ {          | | // /,.イ⌒ヽ  /
                       -一''"´__,. -―三二ニ=ー ヽ、ハ  `  ,ィ ',  >---‐、 !| ||/'´>ノ/  ヽ  |/
                          ` ̄`'ー-、` ̄,.ニ=-ー  ヘ.l┌‐ノ `''ー'´ __, イj ||l.|/ ノ〈    〕'⌒'´ ̄
                            ,.へ.  \  ̄ ̄ ̄> ヽヽ〈ァ'Zヱニ¨┴シ ' | | | /  \_∠ィ
                         `\{__/\   `\ ∠. -―-|ヽヾ''  '" ̄`` _,ノ_,Ll/     /
                        ̄「 ̄/     \     `\   |  \__,,.._-≦デ'"´ /      /    /
                        |        ヽ      ヽ 「`ー‐''"丁´  |    /    /   /





    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |   そりゃ、『ガイア禁止法』 が無いから……。
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

                 ┏┓┏━━┓
    / ̄ ̄ ̄\.      ┃┃┃┏┓┃
  /        \..   ..┃┃┗╋┛┃
 /    ─   ─ ヽ.   ┃┃  ┃┏┛
 |    (○)  (○) |   ┗┛  ┗┛
 \  ∩(__人/777/  ....┏┓  ┏┓
 /  (丶_//// \.   .┗┛  ┗┛


48 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   え、え〜っと、もしかして……?
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ



                                       ,,,,-:::::::::::::::::::__:-、:::::- 、
                                    ,,,::::''::::::::::::::::::::::::::ヽヽ/入::::::::`'' 、
                                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉' /:::::`ー、::::::::\
                                  ,;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /ヽ、::::::::::ヽ、::::ヽ、
                                 /::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::/ /::`; >::::::::::::::::'、:::::::;;,
                                ./:::::::::::::::::::::ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /ヽ:::::::::l
   ガイア弱き者を守るポリスとは逆。       ./:::::::::::::::::::::::::::ヽ            /   ',::::::::l
                               /::::::::::::::::::::::::::::::::l ,,、-''" ̄``'      /⌒ヽ;:::::::l
                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::|      _         f'゚ヽ .!、;:::i
   つまり、ガイア強き者が 好き勝手出来る   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l   ./ ヾ゙`'     .ヾzノ  !, ';!
                             ./:::/l::::::::::::::::::::::::::::l  /、__ノカフ|        ヽ` .〉
   弱肉強食の世界って事ですね!     .//  l:::::::::::::::::::::::::::!.    ヾ_zノ       r、  /
                            .'´    i:::::::::::::::::::::::::ヽ、           ∧/!、 /
                                 ヽ::::::::::::::i'"^`'''ヽ   ヽ\  、-‐'lー'i ヾ'、、
   肉食系ってヤツですよ!                `ヽ、:::::l T ̄'- 、 、_      `ー-| ヽ、\ヾ、、_
                                     >::ヽ,`ー'''" ノ`''ー- 、__  _入  ヽ、\`ー'`''ヽ
                                   ,、';:、-'i `''ー-t'"      / ̄r=ニミ、_ `-、`ー  |
                                      .l:::/  .l       .l   `''‐< ヽ      .|
                                      .ノ'" ,;;ヘ/       l     .`i .|      |
                                       /::::::::::`ー、    .l       .|. |      |
                                     /::::::::::::::::::::::::`ー、   l      .!、      |


49 :◆vsQyY1yD2Q
                                       ヽ: : : ::l ハ|ヽト ト, l: ; : : : :i: :ノ|,イィ: : : : : |
                                       ノ: : : |´   ゛ヽ|ハ: :ノノlノ "  |ノr: : :: ',
                                      /: : : :レ|       ゛       レ|: : : ::',
                                    -': : : : : _:ト!  z,,、_    /  , v;,,,  ノ: :__: : \
                                    =-: : : 「 ヽ゛. ー-;;;;;;,,,,`l.| _,,;;;;-―` 彡'´ /: : : :`ー
            分かるか、ミィ。               =-: : :{ 〈 |  ニー--‐ , ` ‐---一  | /、}: : : : : :
                                    `ヽ; : :ヽ 〈|     ノ  ;  \   ´ | >/: : : : :-=
            それが 私が 『ガイア禁止法』 を       \: :ヽ_|  -‐´   |   `ー‐  .|_.ノ: :/ ̄ ̄
            推進していた理由だ。               ヽ; : rヽ   r、.  !   ,、     イ|::/
                                         ヽ| |.  , '   ヽ / ` ヽ  | |/、
                                         ,,,| |  |`ー―――‐一´」 ノ |  'ー 、__
                                        / | \`  ノ―‐、    / | |Y     ̄
                                    , ‐'´   ヾ | \        / ノノ /
                                           `ヽ  `ー‐―‐一 ´ /´ /



/  \/ 〃 ,   〃 // /|       |   ヽ ∨ |
 ̄下、| / |/| / | /|/  | ,| |   |     | , -―ァ
    |′  `∨ーjノ--/   //| | ,ハ  |-‐  ̄|/__/
 |  |ー\          /ヘノ厶ハ/-j/|イ ̄ ̄`7\ |
 ヽ  、   丶、_‐        _      | ̄\_∧  \
  |\ \             , ´下うミX、/    | |_,ノ    でも、『ガイア禁止法』 と 永久機関 は
、  \  ̄          、_ 弋ー_ソ/  / 、|   |
ヽヽ--ヽ       、       ̄ _/   イ ||   |      ポリス市民の犠牲も 強いるものだった。
  |、                 `ヽニ -‐</ _ イ_ ヽ !
  | ヽ        ‐〜           /フ ̄|ヽ ヽ ̄ l
  |   \             _,.  -―' ┘ ,ノ |\ \  !     ラクスに騙されてたって事ね。
  |\/ハ丶、_     /         -ヘ. \ \l
  |._/ | |     ̄ ,二フ         ー T′   `ヽヽ
  | |、  ̄\   //|  ヽ、___,ノヽ- ′    ||
  | ヽ` ー 、 Y /   ヽ   / / |           ヽ|
l |  \ | ||    |___/ /  |          \


50 :◆vsQyY1yD2Q
    ヽ: : r⌒ヽ: : : : リ从∧|       "  vレヽ|::::::::イノlノノ/:::: 彡  /
     ヽ ノ r‐、 ヽ: : : ノ                V´ "  丿::>   /
      ( l  } | | レl     /              /'´    /
      ',ヽ// ゛ ゛     /r、 ,,           /     ノ
       ', 〈        Σ `'' `'、lヽ      ノlr-z  , -‐´
ヽ,      ',    /    ー- `ニー-、゛、_, !/_w;;',,-'ン゛ /
: : ヽ     ',   〈      `ー-`"´ニー`'-ノノー'フ7´/   __     ……否定出来んな。
: :: : ヽ     ',   ヽ              |` ̄ ノ´  , -‐ヽ ヽ
: :: :: :ヽ     ',   ヽ              |  ノ  /´: : : : :', |   今のポリスに、我々が求めた平和は無い。
: :: :: :: :',     'ヽ   |   ,  _ノ.i´    .|/ /: : : : : : : : : V
: :: :: :: : |     ', \   r´ r      ̄ヽ_/ /: : : : : : : : : : : : |
: :: :: :: : |     .|  ヽ  ! ゛'====----,イ  /: : : : : : : : : : : : : :|
: :: :: :: : |     |   \   ` --―‐-ノ/ /: : : : : : : : : : : : : : ::|
: :: :: :: :ノ      |    |\_,,,,----┘/  |: : : : : : _, イ: : : :/
,,___/       .|  ノ     ノ   /   `ー--‐´  /: : : :/
           | /     /   /         /: : : : :/

                                             ,..-──- 、
                                             /. : : : : : : : : : : :\
                                           /.: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                                          ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
                                          {:: : : : :i -'  ゙ー i: : : : :}
                   俺が言えた義理じゃないけど      {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}
                                          .{ : : : :|   ,.、   |:: : : :;!
                   何やってんだよ、まったく……。     ヾ: : : i r‐-ニ-┐ | : : :ノ
                                            .ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′
                                            __ィrlニ` ー一'´二 |二=、
                                          〃ヽ、_=--,-|_ :::::::: !:::|  ! ヽヽ
                                          / |::| .|::,i":::::::``)l/|| .|:::::: !|
                                          ヽ_|__L,-| lア丁 ̄了`ー=ニ' |'/


51 :◆vsQyY1yD2Q

               ,.'´  ,rー≧~~~`ヽ
         <´: : : : : : :{ (⌒~'⌒ヽ.ム
.           ,へ : : : : : :{ レ‐{薔}ニ].}
         l: : :i`゙ー- 、_ゝ、,く_l::!、∨ノ
         '; : :! __  `゙=‐l::lハ:;〉
.            '; :ハ,.-r.、`  ´ゞ' 7/)ヽ     つまり、ジーちゃんは
           〃八. ゞ'   ,   /'⌒ヽ
             ゙ '⌒ヽ、rvy.、_ィ_ |=シ     マゴクは 焼 肉 定 食 と言いながら
           ヾ,-‐{y′ ´r‐'ヽ. ラ-、     それとは違う平和を求めて 亡命してきたと言うの?
           ∧ラ ヽ、 ヽ.、-.!、  ヽ
          .ハ └' r'7   { ヾ;j .!   ハ    それって ムジュンしてないかしら〜?
          i    {. ヽ バYヾ!|    }
          :、  ノ ヽ∨. ', }、. |    〈-┐
             >介1   ヽヽ l.}v',.>   ハニ.、
           `1/<    ゙iゝ}´     ,}、}}
          //- {`て ̄ ̄´    ,. へlj`
           `  >、 ヽ      /    \
            /ヽj_!、,、\_ _ ,人      \


                                __,,, - '  ';:::::::/                   ,,,
                              ー\        ';::::|  ト、_r、     /   ,イ__,,,,,,,//,,,
                                 ヽ       ';/ _Z____\r、ヾ  / ノ____Z"
                              \    __ _,,--i⌒ヽ ヽー、―‐ァ- 、゛ i /",-‐、―‐ァ一フ
                                ヽ   \`ー:::::::}ヾ ノ ヽ "  ̄ ̄/ ´ ゛\`' ̄ ̄ ̄"゛,,,-‐
      理解したか。 聡い娘よ。.           \   \::::::::| /        i     `
      ミィにも 見習って欲しいものだな。       ヽ、   \/ヽ{         |
                              _,,,,,,,,,-----------,,,,ヽ_ _         !
      ならば 全てを話そう。.           `''''ー―――――‐ヾ|'''´||     /、    _入
                              __/_\      |ノ||´\ '´  `ー一´  `'     __
      私の目的は、ラクスを止める事だ。.   il   r―‐、lノ|_/  \__.||  ノ_________ノ、  /
      それ以外に無い。                 .}__ノ|:::::{ \  / |::|| 人ー――――――――‐/
                              ,,,--――‐´/|   i  ノ::|| / ヽく_______ /    /
                               ̄`'''r---、-、::`ー-」/::::||/   `'''ー――――――´    /
                                 |___.i}:::::i´::::/:::::::::::||\     ____      /


52 :◆vsQyY1yD2Q

                                              ,. イノ〜'´'フ ,              /
                                    {\|`ニ='\」Vt/  /  ///           /
                                    ト、ゝ `丶、`丶. i  /      └ーァ        /
                                 _ゝ      \ ヽ!  j       _ノ_      / /|
                                 \        ヽ  |    ,ハ    /   ,  / //|
                                -=ニ´     j 、,.、     ,.イV  V{   \__,/|////   !
                                ∠...,    l`'   `ベヽvV″    レl         ノ  |
                                 <   Z,            jVム}       ,/   /
   ラクスは 何としてでも                  `マ  {,            ,ノ / ,ゝレヘ.  ´ ̄>‐ /
                               ヽー----' _」__,'>、ト、 ヽ. / ,ノ 厶, レ |ム. |   /   /
   止めねばならぬ。                  __,こニ=ー `'Z -―-、\J しノ∠./ノハり ノ ∠_  /
                            ー=ニ.._       「ニヽ \二>='Y=ニ二´__  Vイ   / /      /
                            ,. -ー_,.二ニ=ー  { 'ン〈`` ̄/´ {          | | // /,.イ⌒ヽ  /
   老兵に出来る事は.         -一''"´__,. -―三二ニ=ー ヽ、ハ  `  ,ィ ',  >---‐、 !| ||/'´>ノ/  ヽ  |/
                          ` ̄`'ー-、` ̄,.ニ=-ー  ヘ.l┌‐ノ `''ー'´ __, イj ||l.|/ ノ〈    〕'⌒'´ ̄
   子供達に未来を残す事だけよ。     ,.へ.  \  ̄ ̄ ̄> ヽヽ〈ァ'Zヱニ¨┴シ ' | | | /  \_∠ィ
                         `\{__/\   `\ ∠. -―-|ヽヾ''  '" ̄`` _,ノ_,Ll/     /
                        ̄「 ̄/     \     `\   |  \__,,.._-≦デ'"´ /      /    /
   私は、そのために戦おう。.      |        ヽ      ヽ 「`ー‐''"丁´  |    /    /   /
                         |            ',       | |     |     |  /     /   /   /
                        !         }       |ハ___,ノ    |__,/     /   /   /
                         ',     _____,ノ       | ヽ       /     /   イ   /
                       \ ヽ     \            |  ヽ      //    /    |  /
                         \ \.     \         /   ヽ   / /   /        | |
                          \. \   |\     /    ヽ/   /  厂        ||
                            \  |   |  ヽ.   /          /   /|          ||
                             \|   /   |  /         〈  / !           !|
                              | /    ヽ /          ∨  ヽ        \


53 :◆vsQyY1yD2Q
                     _
                    ..入 ` フi/ ⌒_⌒ヽ
         ,:rr ._          /  イ\.  \ィ@)、/
         _l !! ,j ヽ_       ,   /  `ーゞ、ヽ.イ
      _r,| _ヽ j/\     l! i,/ ',二    二ゝj             ,ri
     \ i` \ 〃  ヽ.  ヽ、,l  辷'   に  ト、          _,ィ_h    分かりましたっ!
        > !!  <〃    ヽ   ゞ(__    r ャ   / )      ,  ´  ヾ └-,
      ゝ !!< ll  ヽ    `ー √ _)、. _ ‐'__∠フ--、   /      ll <_
      < i,ノ ll     _   (__.)>:rt::ト、_)   ー ´ __       ll <    それなら、これからは
       7/  ll __ /   ヽ_,.`llイ_ji ヾi_7|| !   r ´\,      ll >
         ̄ ̄          /  \  : 〃 | ‐ ´       、 ___ 〃 ゝ    マゴクに協力して欲しいかしら!
                   (    >rt<  )
                  /    ゝ/!!ヽ'  \
                 /       / ヾ.    \
               /     _, ィ'     \    \
             /, _ _,. = ' ´        i ` = 、  ヽ
            //´ フ      \   /    \  `.
            (  /          ,         ゙!  |
             \i            l'         )/
               、  ヽ       |        /
                \        ,. ト      /
                  ゝ      ノイLi  ri__'\
                  ノ` ー   \!:ー∨::::|

                                               _, ..、-,、.. ,_
                                             /´ ̄   ̄` ヾ,、
                                            ,:'´ー‐'`l  ノー- ヽ;'、
                                          _lヽ':.:.:.:.,:.:.:.:.:lY.:;:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.v 、
                                         `^'|:.:.l:.N;丶ハ|/lハ/| //l=K´,_
                                           レト;|´, =,、   `,.三z!|:.:.|::.|`´
                    まったく、ラクスがダメな事ぐらい     l.::.:l` ゞソ    ゞ'汗:.:|:.:|
                                           ハl、:;ト   '   イハ、ノ:: |
                    もっと早くに 気付きなさいよねぇ。   .|: l:リ> 、 =¬,、イ|:|:.:.|:.::.l
                                             |;/-、l:.:.|:f, ̄/-|:.:.|:|:.:.|_:.:.|
                                          ,ノ   ヽ-‐'| | |  `ー r ´ \!
                                        r '´    ノ   じソ    |     ヽ
                                      _  ヽ.    /-‐'^ゝ- '^ヽ、 |     〉
                                     く ヽァノ    { l   |     ハ  -‐ 〈


54 :◆vsQyY1yD2Q
      ヽ: : : ::l ハ|ヽト ト, l: ; : : : :i: :ノ|,イィ: : : : : |
      ノ: : : |´   ゛ヽ|ハ: :ノノlノ "  |ノr: : :: ',
     /: : : :レ|       ゛       レ|: : : ::',
   -': : : : : _:ト!  z,,、_    /  , v;,,,  ノ: :__: : \      そうだな……私の目が曇っていた。
   =-: : : 「 ヽ゛. ー-;;;;;;,,,,`l.| _,,;;;;-―` 彡'´ /: : : :`ー
   =-: : :{ 〈 |  ニー--‐ , ` ‐---一  | /、}: : : : : :     それは認めよう。
   `ヽ; : :ヽ 〈|     ノ  ;  \   ´ | >/: : : : :-=
     \: :ヽ_|  -‐´   |   `ー‐  .|_.ノ: :/ ̄ ̄
       ヽ; : rヽ   r、.  !   ,、     イ|::/          その上で、マゴクが ラクスの二の舞になるのは
        ヽ| |.  , '   ヽ / ` ヽ  | |/、
        ,,,| |  |`ー―――‐一´」 ノ |  'ー 、__        避けねばならんからな。
       / | \`  ノ―‐、    / | |Y     ̄
   , ‐'´   ヾ | \        / ノノ /
          `ヽ  `ー‐―‐一 ´ /´ /





                                             ___
                                           /   ヽ、_ \
          やる夫達が 勝ったら                   ./(● ) (● ) \
                                        /:::⌒(__人__)⌒::::: \
          ラクスみたいになるかも知れないって事かお?  .|  l^l^lnー'´       |
                                        \ヽ   L        /
                                           ゝ  ノ
                                         /   /


55 :◆vsQyY1yD2Q

          ,..-──- 、
        /. : : : : : : : : : \
       /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
  .ni 7  .,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
l^l | | l ,/) {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}           やる夫、それは違う。
', U ! レ' / {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}
/    〈  { : : : |   ,.、   |:: : : :;!   .n
ヽ    ヽ-っ::: ::i r‐-ニ-┐ | : : :ノ  l^l.| | /)      弱者が虐げられる世に なっちゃいかんって事だ。
 >'´ ̄ ̄´ ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐'    | U レ'//)
/ヽ、_ィ-r―‐< \` ー一'´_|      ノ    /
.\ 丁‐イ   ヽ、  ヽ=/  ヽ  rニ     |       マゴクの正義ってのは、自由である反面
  レ' ̄7     ヽィ'.ト、  / ̄ヽ、  `ヽ   l
. !/ ̄7      /::::/ `'´    /_>、匸ニ/|       そう言う危険性を はらんでるんだよ。
/厂~/      /::::/   __、  .∧__厂 !jlヽ,/ |
 .l'〃     /::::/ . /   ヽ /ヽ、 l‐"_ lヽ、_/|
 .|      /::::/   ! 抜  | l、 |/ ∧--/ヽ
 !      /::::/   ヽ、___ン .j  ア!、,r' /レ---┤
./     /::::/         !/'    ヽ_ハー─ノ
      /::::/         /
                                     , -- 、   .  -―- 、_
                                    /⌒` rくソ´ -―‐-、   \  , -―-、
                                    | /⌒}/´  , -―- ´'ー- 、 Y´Y‐  、 1
                                    Vレ' /'  /     /|    VT¨Y   |l |
                                      イ / /x‐、   /‐x'lノ!1 |/}T⌒ヽW
                                      | ! jy=≠ ´ ≠=x' 川 l|/ ハ
                                      Y/{ ハィ}    f.ィ} }/ |リ / / ハ
                 そんなっ!?             /´lj 弋り   弋り ulイニY   ',
                                    .| ノ!"   '     ""  〈`V: : . l
                 私たち、そんな事しないよ!    / ハ  f⌒ ⌒ヽ   -- '|: : : . .|
                                     .l |: :>、 、 __ .ノ イ、: : : : i: : : l:|
                                      V{ /⌒ T マ     〉 ` T ⌒ヽ:ノ
                                        / ∨{  \./   / }/ ハ
                                      ./  レ⌒ト、‐Aーr‐xへ、 /  l
                                      {   { ⌒V__H___{/ ヽ }   }
                                      .〉  l   〉l  l 丿  /   〈
                                     .,'  /\  ノl  l{  /\   ',


56 :◆vsQyY1yD2Q
                                   /             ヽ       ヽ  ヽ
                             .     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
                                  ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
                                  i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ
                                   !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、  
            否定出来ないわね。          リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \
                                    / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \
            マゴクの民は 大半が魔獣。      ./  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
                                 /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __
            魔獣の世界は            l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:
            本来 そう言うものだし。     .rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::
                                |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::
                               イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_:::
                             ./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾ
                             ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::
         , . :´: :./      人`丶、
         /:_: : : /     _ イ : :丶、 ヽ
        /: :/ `ヽl -‐ :7: ̄ :l: l: :/ : : :`ヾ、
      /: : : ̄ _`_V`ヽ/: :.イ:/}/!:/:ハ: l: : : : ヽ
     i : : : l ̄ .イ ̄ |: ハ|V / jハ:{ |:/:l:. :} : :ト
      l: : : : ヽ:´:.:.|´: ̄|:.l_j|三_ ー- lハ}:/:. : :|!
    j : !: : : : :.;:-l:.: : : N l!fJ:::iヽ   くイ:. /リ    それが自然なんだけどね。
    |: l: :.:. /:/イY:.: :、:ヽハ辷ソ ′ ,.ィv:.:l//
    |: !:.:.:/:.ハ. V:.:.:. :.ト:.ヽ::::::. `   {リイイ′     ガイア強き者から ガイアを奪って
    |/.:.:/:/:.:.:.7く_\:.l `ヾ、_     ノ |〈       弱き者に与える ポリスよりかは、よっぽど。
    l.:.:/:./:.:.:.:l.:.リ  \    こゝ イハ
    /:/:.:/:.:.:.:.l‐┴- 、丶、      イi:. ハ|       だいたい、ポリス市民は ラクスに頼りっきりで
    //.:.:.;: - ┴=、-、 \ /7:ー:1/l/ j/         強くなろうとしないのが いけないのよ。
.   /':.:./         ヽ\ ヽく/://
  /.:.:./         i ヽ i V
. /.:.:./           |  | |/


57 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \
      / _ノ  ヽ__ \
    /   (─)  (─)  \    ( なんとなく……
    |  .u   (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/      できる夫が、ラクスに付いた訳が
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |       分かったような 気がするお…… )
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
                                             _____
                                            ┌<二三三三三≧
                                            ∨三三三三三三7
                                           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
                                       r==ニ二ニ三三三三三二≧
                                          `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
                                .          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
                                         l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
                なんか、めんどくさい話だね         .|::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
                おにいちゃん。                 ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
                                         }:l::.|:ゝ       /:/:,′
                ラガは マゴクに近いけど           /人:ドヽ、_ rっ .彡l::リ
                そんな心配する必要なかったのに。   ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
                                          rt<   /ニ7弌ー、
                                         / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ
                                          /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:|
                                .         /:.:/:.:.:.:.:.{ }   | |}{| L |}ヽ
                                        /:.:/:.:.:.:.:.:.:.{ 〉   | lXト 〉|}:.:.\
                                      く:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.; 七ZュHXkzz|}〒´
                                         `7ー―r勹::..::..::..: }X{`:〈 |


第三十八話へ   3     第四十話へ

posted by 文月みと at 14:31 | Comment(8) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
蒼星石……周りのヒトに恵まれただけだよ。
Posted by at 2011年05月17日 17:43
毎度同じみのカオスかロウか、二者択一ですね
Posted by at 2011年11月29日 01:32
自然の営みを全否定してるからな。
草食獣を食うから肉食獣を絶滅させようとかほざいてるみたいなもんだ。ゴミ以下の考えだな
Posted by at 2012年04月22日 07:00
お前それサバンナでも同じ事言えんの?

今の人間社会は自然の営み全否定のゴミ以下の考えから成り立ってますけど?

家族やら自分やらが殺されても「弱肉強食だしwww」とか言われて納得すんの?
もうちょっと頭使ってから発言しろよ?
Posted by at 2012年05月07日 02:16

お前は何を言ってるんだw人間社会も弱肉強食だろwww

人間は力の変わりに創意工夫とか知識・知能で競ってる
殺されたら〜という話は社会基盤からの逸脱、つまりルール違反の問題だ
「競争のルール」と「競争」を比較するな

社会に出るか、社会学を勉強しろ
Posted by at 2012年09月12日 09:58
荒れてんな
原作知らんけど死体とか死にかけの人からとったりできないのかな?
Posted by at 2012年12月18日 16:26
見た限りガイア吸われても即生命に影響あるわけじゃないようだし、
回復も可能みたいだからシステムを公開して職業として人員を求めればいいんじゃないかな?
4交代制ぐらいにしてやれば負担ももっと減るだろうし、
カプセルの中で夢見てるだけの簡単なお仕事なら人も集まるやろ。

問題は倫理面か・・・
Posted by at 2014年06月29日 13:54
ポリスの住民はガイアが小さいからポリス住民
を餌にするには大量に必要になる
ポリスじゃない生物からは命に脅かさない程度に
取れるだろうがその結果発展性の薄いニートたちを
助ける一方向システム

おまえらニートを助けるために命削られてくれ
ニートはお前らには何も返さないけどなで納得できるか?
Posted by at 2016年12月13日 18:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34659496
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ