■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年01月18日

第四十一話『突入! フェレストタワー!』(5)

第四十話へ     5   第四十二話へ

74 :◆vsQyY1yD2Q
【 フェレストタワー内 】           ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                           ;;;;;;;;;;;/
                            ;;;;;/
  \                         :/
  :::::\                        ./
   :::::::\                      / ..|
      :|\                   /  .|:
      :|:::::\                 /::::   |:
      :|   :|                .|:   |:
      :|   :|___________.|:   |:
      :|   :|    :|:        :|:    |:   |:
      :|   :|    :|:        :|:    |:   |:



 |\                                 /7
 |  |                                /  /
 |  |            ___               /  /
 |  |          / __ \      __      /  /
 |  |         (__/   \ \__/ )     /  //⌒i
 |  |      ∧          \___/     /      |   ∧
 \ \__ノ ノ                     /    /|  \_ノ ノ
   \___ノ                     (___/  \____ノ


           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、    この上で ラクスが待ち構えてるって割には
      |      u.      (__ノ_)
      \            `_⌒    やけに 静かじゃないかお?
      /           \


75 :◆vsQyY1yD2Q

              ____,. -―‐-- 、
            /            \
          /            ヽ  \
         /   /           \ \____,
        /    /   /        ヽ   ヽ ヽ__,ノ´
       ,'    /   /  /    ヽ i    \ \
       |    /   i  /  |  i  ∨   ヽ. ヽ !
       |    |    | \!  ハ. !   !  」  |  |∨
       |    |    レwリ`<  V!   // |  | /
       |    |    | ィf予テトミー ヽ /rえV /|/    こう言う場所だし
       |    |    | Vr少'    |/ ヒソ ムイ
       /   八    ', :::::::::    、:::::: ! |      敵が来る事を 想定していないのかしら?
     /   __ハ.   ',          人 |
    /   /..........:::',    ',    -‐',. イ   |\
   /    |::::::::::::::::::::',    ',>-、<::::::V   |  ヽ

                                           ,.ィニ三ニ=-.、
                                         /ミ,三三三三ミォュ、
                                        /.三/、三ニレ'三三i ̄
                                       _,イィニ/-、 `>'-、ミリ三ミl
                                        ヽミl.'ヒj  セj`l'6 }'、_
                                         ヾ 、  _ `゙,.ィマ〈 ̄--ァ、
            どうでしょう?                       ヾ≧=ィ'  l「ミニ//,.ーヾ!
                                      _,.. --,、 ミ, ;シj_,/三,イ´
            私は むしろ                  ヾ、/‐/‐/->ュ、lュノヾ壬シ、
            少数だけが攻めてくるように          `ヾ士士ヲィ'   .  ,.ヽ
            仕向けているんじゃないかと思うのですが。    ./=゙  ..:.、.l/  ,|
                                          ; ::.  .:.:.:::ヾ:l: .  ;:|
                                          ;::.:.:. ..:.:.:.:::::::';l  ;: |
                                         .,'::.:.:.:...:.:.:.::::::::::::'l  ;! .|
                                       ー-〈チミ「二ニニーt、:::l ,! |
                                       'ミ三`リ三三三ミk-゙';:.  |
                                    _∧ヾミシ'´三三三三ミミ、l:.  |
                                   .ー-'ー'iチ、三三三三三三ミ,!: /゙,>
                                   \  `ーミリ、三三三三三ミl /./゙i
                                     L_   `゙',ヾ三三三三三シ /./〉
                                      ヽヽ、,、 ', ゙'"ヾ三=ニ三ム/チ'"ヘ
                                          `゙'.  '.`゙    l ヾッrャ'


76 :◆vsQyY1yD2Q

               _,.-――-、___
            ,.-''":::::::::::::::::::´:::::::::::::`''ー- 、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ヽ::ヽ、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::`:::ヽ
         i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::!::::::::::::::::::::::::!
     i    ,l::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::l::/::::;イ:::::l:!::::::::::::::::l
      l'、___ノ:::::::::::::::::::::::/::::::::::::i:::l:!:::/_ ゙;::ノl::/::::::::::::j
   __ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::l:::{r;‐;b;!/:/::/;イ:;'      私も 同意見だ。
  (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::;:::::;::;:', ̄  !::/、/j/ ll
.   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::;::ヾヾ、  j/::ヽ'、 /       ラクスは、あえて隙を作っている。
  _ノ::::::::::::::::;::ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::;、゙、  , -;=‐;ニァ;-、_
 ̄::::::::::::;:-''´ ヽ、:::::::、:::::::::::::::::::、::、::::、ヾヽr'_ノ_,ノ/ , -‐'、     何故、そのような事をしているかについては
::::::::::::/      `ヽ、::ヽ:::::::::::`r−;'i"::::∨ `  `"´, -― ヽ_    本人に 直接 尋ねるしかないだろう。
::::::/          `ヾ、;:::::::::::`ヾ `7´ ̄ ̄`ヽ,   ̄`ヽ ヽヽ
/      _,.      ヽ::::i::::::::::∨       ヽ  、 ∨  }
  ,.−ニ_ ´        l ゙l:::l:::::i:::::j        厂 ̄l゙-'  l
 ̄7  `丶、` ー      | ハ::l;::::i:::/        j   ヽ  !
  !      `ー- 、    lメ j/l:::;::/       //    ヽ {
  {           ̄`ヾ、`ヽ j;イ/       /´!      ヽヽ
  ヽ        ー- 、 }, /´/       / ヽl       } }
                                                    ____
                                                  /      \
                                                 /─    ─  \
                                               / (●)  (●)   \
                             あのラクスに、直接……。  .|    (__人__)      |
                                               \   ⊂ ヽ∩     <
                                                 |  |  '、_ \ /  )
                                                 |  |__\  “  /
                                                 \ ___\_/


77 :◆vsQyY1yD2Q
        :::::::::::::::::::::::::::::::
        |        /
        |       ./     それは、僕も気になりますね。
        |   r   /      是非とも、尋ねてみてくれませんか?
         ヽ  ヽ/
          >__ノ;:::...... ザッ





                                                    ___
                                                /      \
                                               /ノ  \   u \
                             その声は、できる夫!? / (●)  (●)    \
                                              |   (__人__)    u.   |
                                              \ u.` ⌒´       /
                                             ノ            \
                                           /´               ヽ


78 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \      お久しぶりですね。
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |     皆さん、無事なようでなによりです。
   \      `ー'´    /
    ノ           \



                                      7-v':./: イ/ |: ハ l: |:l: : ト、: |: :|: : lハ:!!: !:_j: l: :
                                      ' 7.:/ノ┴ 、V `トトト、:| jハハ/, lイハ:/l/:/:
                                      : :|/!  - ァ=.\、   ヽ   ∠==、- /イl/
               できる夫!                .: : :|ーf´ ,、_)::::ヽヽー   ヽ彳_)::::ヽ`ヽー|: :
               あんた、なんでここに!?         .: : :.| ヽ !::::::::::::|       {:::::::::::::! /′l :
                                      : : :ヽ   辷.クノ         ヽ辷.クノ  / : :
               ここは 限られた一部の人間にしか  : : :、: \  ̄ ̄   〈!     ̄ ̄ /: : : :
               知らされていないはずよ!?      :. ::/` 、 ̄  r ァー―― '⌒ヽ  /: ..:::: : /
                                      ヽ:{   \   {´        }  フ7´:: :/、:
                                        ヽ  / 丶、ヽ       ノ イ /:: /
                                          l′  \` ┬iァ┬ ´/   ̄


79 :◆vsQyY1yD2Q

                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                     /             \
                    /       " ̄ ̄`    \
                    l  '´ ̄`   (  ●);;:::    ヽ   それは、この僕が
                   l ;::( ●)    "''"´       l
                   |  ´"',                |   「限られた一部の人間」 だからですよ。
                   l    ヽ              i
                    \   、__,__,         丿
                     \             /
     r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,i-'"i`i、  ‐  /_,,| ヘ、    _ . -‐ 、
     ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
  {ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
  .|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
  .ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
    `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
       `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //


80 :◆vsQyY1yD2Q

                                       , -- 、   .  -―- 、_
                                      /⌒` rくソ´ -―‐-、   \  , -―-、
                                      | /⌒}/´  , -―- ´'ー- 、 Y´Y‐  、 1
                                      Vレ' /'  /     /|    VT¨Y   |l |
                                        イ / /x‐、   /‐x'lノ!1 |/}T⌒ヽW
                                        | ! jy=≠ ´ ≠=x' 川 l|/ ハ
                                        Y/{ ハィ}    f.ィ} }/ |リ / / ハ
             ほへ〜。                     /´lj 弋り   弋り ulイニY   ',
                                      | ノ!"   '     ""  〈`V: : . l
             できる夫君、えらくなったんだね〜。      / ハ  f⌒ ⌒ヽ   -- '|: : : . .|
                                       .l |: :>、 、 __ .ノ イ、: : : : i: : : l:|
                                        V{ /⌒ T マ     〉 ` T ⌒ヽ:ノ
                                          / ∨{  \./   / }/ ハ
                                        ./  レ⌒ト、‐Aーr‐xへ、 /  l
                                        {   { ⌒V__H___{/ ヽ }   }
                                        .〉  l   〉l  l 丿  /   〈
                                       .,'  /\  ノl  l{  /\   ',



          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \     え、ええ、まぁ、そんなところです。
     / u (=)  (=)  \
    |      __´___      |    あなたは 変わりませんね。
    \     `ー'´     /
    /           \


81 :◆vsQyY1yD2Q
                                  /       /    、  \   ヽ  、
                                 l /        |     \   ヽ   ヽ  ',
                                 |/     / 人      ヽ,   ',   |   !
                                 ||  !. l 、| /  ヽ l    /l   |_,  !  ヽ
                                 ヽ |l | /ヾ|、 ノイ  /! /_,|イ'l´    |   \
            で、ここで ご登場って事は      〉!ヽ\|ー,‐≧、,ノ /_ノ≦___| /   ト、    ヽ
                                 /   |\! ゝー'゙  ̄ ´ ゝ、_ノ  7   .!  ヽ     \
            足止めでも 命じられたの?  ./    |  |             /   |ヽ、|     〉
                               ヽ     |  l u          u./.    |:::::::メ,    /
                                〉  r'゙/   ヽ   ー─--、   /     |::::::::::::}_  /
                               /  {./     |>- ` ー一'_, イ      /:::::::::´::::::ヽ `ヽ
                             /  r'7     ノ:::::∧` >< /     /:::::::::::::::::::::::ハ  ` 、
                            /   /´/     ∧:::::::::∨ ,、 ∧     ヽ; -ー' ´::::::::::::}.    \


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\   それは、あなた達の目的次第と言ったところでしょうか。
  | / .イ    '       |
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /    ちょっと 周りを見てもらえますか?
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ


82 :◆vsQyY1yD2Q

             | ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄ ̄|
             | 三三 |    | 三三 |
          | ̄ ̄ ̄ ̄|三三 |    | 三三| ̄ ̄ ̄ ̄|
       | ̄ ̄ ̄ ̄| |三三 |    | 三三| | ̄ ̄ ̄ ̄|  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l_
       |三三三三| |三 | ̄ ̄ ̄ ̄| 三| |三三三三|  |.|「「「「「「「「「「「「| |(.~\
       |‖‖‖‖| |三 |≫≫≪≪| 三| |‖‖‖‖|  |.|「「「「「「「「「「「「| | \(~\
       |‖‖‖‖| |三 | _  _ | 三| |‖‖‖‖|  |.|二二二二二二| |   .\(~\
       |‖‖‖‖| |三 ||l0l|  |l0l|| 三| |‖‖‖‖|  |.|llllllllllllllllllllllllllllllll| |___|___|___
       |三三三三| |三 ||l0l|  |l0l|| 三| |三三三三|  |.|============| ||┌───┐ … ||  _____
       | ○。    | |   ||l0l|  |l0l||   | |    。○ |  |.|llllllllllllllllllllllllllllllll| ||│      | 目 ||  || ̄ ̄ ̄|| |
       | LLLLLL | |   ||l0l|  |l0l||   | | LLLLLL |二))| ===========| |||      | 目 ||  ||___|| |
                                             |└───┘ Φ |□□||目∞◎|| |
                                             .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| /∴¨θ∞ヽ/ ̄.|
                                             .|:     ⊂⊃ :| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:   |
                                               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |     周りって、普通に ガイアパーツが並んでる部屋だお。
. |   (__ノ ̄    /
. |             /      何の ガイアパーツか分からないけど。
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


83 :◆vsQyY1yD2Q
              ____ _
            /          \
          /              \
         /    _            丶
         l    ノ }    ⌒\   /⌒ l
         |   / .ハ ::;;(  ●)  ( ●)|   では、教えてあげましょう。
        .l   // .ム-,..,. ´"''"  , "''"´ l
         \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /    この部屋は、「フェレストタワーの制御室」 です。
          |フ入     l       /
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´       こう言えば、ウィンリィさんや
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ       そちらの 『死神』 さんは、分かるんじゃないですか?
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
     / ,..........    ',       l}_|./   j
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
   //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
  j j       、    l        l ,._ll′
  l |      `ヽ  ヘ        l! /


84 :◆vsQyY1yD2Q
     // //!              \
     //// 〃r'¨l!     、    \   L....,,,,,,,
   , '`/: ̄l/ / /  l. ト ヾ`ヽ、 \ー、 ヽ、   ',::::::l::::\
  /:::::::::::::/   /  ', l丶 ヽ、\`ヽ、`ヽ,\丶  ',:::::::l:::::::',
 /:::::::::::::::::l    l    ',', ヽ,\ヽ、  \ 丶トヽ  ',::::::l::::::::',
-':::::::::::::::::::i l  /|  ヽ, ヽ  ヽ、'、 `ー,、=ヽ l',    ' ,:::::::::::::l_   制御室と言う事は……!
::::::::::::::::::::::l l  lr,l  i⌒ぁ、_,、  ヽ ィO::::) ) lノ!    ',::::,-'´/
:::::::::::::::::::ノ |  ト、!  ゞ==^    ´ ゞ= '  l ハ    ',:::::'、:::   この部屋を調べれば
::::::::::::::::/ /  ||::::l              r-'::|;ヽ   ヽ\:ヽ   世界中のフェレストの場所が分かるって事ね!
::::::::::::::/ /  l |::l;'、      l        ノ::::/;;;;ヽ    ヽ `ー
::::::::::::/ /   |l'l::|::::ヽ  r,,,,..... -''二} ,ィ゙::::::l;;;;;;;;;ヽ  l  \
:::::::::::| /   |::',l::l::::|、ヽ、._`ー‐‐…'',´‐´,.|/:::::l;;;;;;;;;;;;ヽ l
::::::::::|  |  l |::::',,:ヽ| `ー-、'ー-‐'''´、-‐ ノ::::::/;;;;;;;;;;;;;∧ l
::::::::::|  |  ',. l::::::',、:::l   `ヽ ノ´    '、:::::|;;;;;;;;;;;/::::::\',:、
::::::::::|  |   ', l:::::::',',::|ヽ、._       , 、-',::::l:;;;;;;;/::::::::::::::\\
:::::::::::l  |    ',.l;;;;;;;;l l!   ``ー‐一''"    ',:::ヽ/:::::::::::::::::::::::ヽ





                                         _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
                                        ,r'        \
                                       / ⌒         ヽ
                  ハイ、正解です。            ( ●)   `―    ..i
                                       i.      ( ●)    |
                  そこまで分かれば            \ _´___       /
                  何故、僕が ここにいるかも       \`ー'´   __/
                  分かるでしょう?            ,-'"X ヽ  ̄,イ !:: ヽ __.
                                      __イ:::::::|l, \/  | !:::::ゝ::::::::::::::~゙l
                                      ,-‐'":r┤::::/|,イソ\ ! ヽ: ̄!::::::::::::::::ヽ
                                  |::::::::|:::::::::,! .' / l     〈:::::::|:::::::::::::::!::::``ー-、
                                   |:::::::::::|:::::::j    !-|     ', :::: !:::::::::::: !:::::::::::::::::::`ー 、_


85 :◆vsQyY1yD2Q

     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l.    永久機関 『フェレスト』 は
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |    ポリス市民のために必要なのですよ。
: : : : : : ´"''"         "''"´     .l
: : : : : : . .      ゝ         /     これを破壊させる訳には いきません。
\: : : : : : :.   、_,-‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \



         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●):::::(●) \
     |       ___´__    |     来なさい、海神 ダゴン!
      \      |r┬-|  ,/、
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i     ※ ダゴン : 海の魔獣 イクテュス種の 最強の魔獣
       ̄`ヽ        | l


86 :◆vsQyY1yD2Q

                                 ,. -‐__¨ ̄ノ_   ,. -――‐- 、
                                   /´ ̄ ̄__ノノ /  //´ ̄ ̄`\\
                        /´ ̄`> ´   ´ ̄  _,/=ー┴┴―― -- 、 \ヽ
                      /   /   /  7¨ ̄              ハ  j L
            .         ,.イ     {  _,/´ ̄ /                / ', `} L...,
                   / {    \      ` ー- 、               /   . く   /
                   {    \     `7¨ ̄ ̄` ー<            /    ', \/
            .       '.   ____,≧┬一ァ′,.イ/     \           ,     マ二≧x、
                     \     |/、|/-/'、|   /| /| ヽ.      /       '.    \\
                     \     //,r≠ミ、|./⌒jX |   ヘ   /       i     \\
    お待たせ、できる夫!.      \/ 〃 んィカ      ∨    '.              |      ヽ.ヽ
                       // /   ヒ少′   テミxハイ    マニニニニニニニ=┘ /\     i|
    私に 任せるでゲソ!     //´ ̄ {     '     んィカハ./// i ./ /         \ 〈    」 |
            .         / /   /ヘ   「> 、  弋ト少ノイイ/イ |/ 厶-――‐-、   〈 〈  __」 〈
            .       /   / / ./ ヽ.|   ヽ     /  /_ノ  l/  x≦二≧、 \―┴-'、 \   \
                  |   f / ./ ,. --、\  ノ    /  ∧  /  /´ _,.. -―\ \7 7ヽ\  ̄ ̄
                  |  ∨ /  / ハ. ヽ l` ┬<´|   | ∨  /_,x<        / 〈 ./  '. ハ
                  ヽ.   V__.ノ /  } :| !  ト、 __!   !/  / ̄ヽ  ハ     7   ̄/ | |
                     \ ____ >′ / |'.  :廴_,!   ヽ  /   }    !≧==ニ7    /  :| |
                    |./       〈  ./  \  ̄ ̄\___/,    /   |ー- 、   ̄ ̄    ,' :!
                    |{      __〉 〉   / `ヽ.      {{_/   /    :l   ヽ\       / ./
                    |ヘ.    |  〈   ∧    `ー┬<7  ./     l    | |      〉  〉
            .         '. \   !_____〉 〈()ハ.      !  /   ィ′         | |   | ̄  /
                      \ `ー、._      ∨ ヘ.    ヽ.f  /            j(.)!   !   >
                      \_  \    ヽ. \   ,r|  /、         / :|   | /
                            |    \   ∧(_)\ {. ゝ ′}         /  /   .l/
                           ̄ ̄ ̄ ,r‐/ ム、  `;ー‐r'′      ___/  /
           原作:ダゴン              {. ゝ-' } `と´   }ー―一 ¨´(__)_ .イ }
           イカ娘                 /ゝ--ァ'′  /,.  |――一  ¨´廴_,ノ!
           (侵略! イカ娘)         / ー-/   〈/ |_|」」        〈 -一 |
                                {   /                   |    |
                              `ー'′                  {    j
                                                 `ー‐'′


87 :◆vsQyY1yD2Q

          , へ、
        //   \         /\  ))
       / /     \       | 「
     / /        ヽ\      | |
    く   厶 -───‐-、 〉\   | |
     >仏イ/}ノ∨∨\jN|/   | |    さぁ、ご主人様の敵は
   //| |.  \   /  | ト-─ー-l |
  / //| | ●    ● | ト-─‐、j j     まとめて 海のもずくにしてやろうじゃなイカ。
-‐/ /  | | '''     '' | ト、___ノ ハ
//   | |\__ 口 _ノ| ト、_____ノ |
/  _ノ! | / i「 ̄7`ヽ| |       | |
  / _ノ| /}!  \/   j{\!     | |
_,/ /   / __A⌒ー--<⌒ハ    _| |_
/ /   〈    _>ー- ..,__  ̄_ノ     \/ ))
/   _,ノ| ̄「        丁 |



                          l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                         . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   \ 、;;;;;;;;;;;;;;;| レ-‐ュ;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                         . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l__   \\-‐'´ィ l'゛´;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                         . l:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l__`    .\.\;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                          ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;l_}___`      .、.丶|_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト‐-、;;;;;;;;;;;;;;;l
         やる夫、気を付けて下さい。 `、;;;;;;;;;;;;l.尓乏タ     r=示テ式;;;;;;;;;;;;l/ / };;;;;;;;;;;;j
                            `マ;;;;;l l ヒシ         ヾこシ \;;;;;∧j /;;;;;;;;;;/
         ああ見えても              `マ l                   丶L_,ノ;;;;;;;/
         最強クラスの魔獣ですよ。        l                  , /.|;;;;;;;;;;;;;;;;<          _,,/
                                   `、                 / .|;;;;;;;;;、;;;;;;;` ー-, / ̄ ̄ ̄, , , , ,
                                     \     ̄    ,-'´   !;;;;;;;;;;;\`ニ-''´   , , ; ; ; ; ; ; ;
                                    丶、    ,ィ ' ´     `ゝ-‐'´,‐‐‐-- 、; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
                                        ̄  \     ,-‐´f'´    丶、   `ヽ ' ' ' ' ' '
                                            \ /  /        `丶  \
                                            `y'   /           `i   `、 r‐'゛´
                                                 /  /            l    `、


88 :◆vsQyY1yD2Q
                                                 ___
                                                /     \
                                          /ノ   \   \
     ちょ、ちょっと待つお!             、nnn       / (○)}liil{(○)   \       nnn、
                                | l l l        |   (__人__) _     |      l l l |
     できる夫、お前 分かってるのかお!?.   と  ノ‐─‐─-、\   |!!il|!|!l|      /、-─‐─‐!、  つ
     永久機関の エネルギー源を!          ヽ___      |ェェェェ|       ___,r'
                                          │              │
                                       │             │

      ____
     /\:::::::::/\
   /:::<○>:::<○>::::\ ,. -- 、
  /::::::::⌒._´_ ⌒::::::/    __,>─ 、       無論!
  |     |r┬-|   /          ヽ
  \    ` ー'´   {            |__    言ったはずです 「ポリスの秘密を知った」 と!!
              }  \       ,丿 ヽ
             /   、 `┬----‐1    }
            /   `¬|      l   ノヽ
           /    、 !_/l    l    /  }
           {       \     l   /  ,'
           \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ
             \     ヽ、\ __,ノ /
               ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/


89 :◆vsQyY1yD2Q

.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \      逆に問いましょう。
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :  ,.r-===='   ヾ=⌒    l     やる夫君、あなたは ガイア弱きものは 死ねと言うのですか?
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l      ラクス様は ガイア弱きもの達を守ろうとしているのです。
  ,_ ヽ___        ゝ       /__
/:: r' | r' ̄二ユ   --、__      / : :: :: :`:、__  今からでも遅くありません。 ラクス様に降伏しなさい。
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|





                                                  / ̄ ̄ ̄\
                                               γ⌒)      (⌒ヽ
                        そ、そんな事を言うつもりは……。  ./ _ノ ノ    \  \ `、
                                              (  < (○)  (○)   |  )
                                              \ ヽ (__人__)   / /


90 :◆vsQyY1yD2Q
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|            |p|q|            |ミ|
              |ミ|         _lニニニニl._          |ミ|
              |ミ|        _lニニニニニニニl_        |ミ|
              |ミ|      _」二二二二二二L_     |ミ|
              |ミ|    _」二二二二二二二二L    |ミ|
              |ミ|  ┌┴─────‐───┴┐  |ミ|
              |ミ[__l ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄L]ミ|
          __| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L_
         / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄\
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
_,,. ‐ ''' "~´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : :"'''' ―- ,,..
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : ::. : : : : : : : :: ''‐- ,..
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: : : : : : : : : : : : : : : :- ,..
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ''-





       ____
..     /      \.     ラクス様に会いに行くと言うのであれば
    /  ─    ─\    あちらの階段からどうぞ。
  /    (●)  (●) \
  |        '      |   僕の使命は、ここで フェレストのデータを守る事です。
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ    それに 「自分に会いにくるのであれば、通すように」 と
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |.    ラクス様から仰せつかっています。
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


91 :◆vsQyY1yD2Q


                     ____
                   /      \
                  / ─    ─ \
                /   (○)  (○)  \   この先に……ラクスが……。
                |      (__人__)     |
                \     ` ⌒´   ,/
                /           \


92 :◆vsQyY1yD2Q
         \                                /
          \   \  丶                      /    /         /
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \
                                                 ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---
                                                    -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――
____________                                         -----------
            二二二            行きなさい、やる夫!        === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐                                 ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
             ---‐‐‐‐‐                               ‐‐‐‐---
               /  /
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \
            /  /     /     /        |    i,      丶     \   \
           /  /      /     /        |    i,       丶     \   \
             /       /     /        |     i,        丶     \   \
           /         /     /        |     i,         丶     \


93 :◆vsQyY1yD2Q

                      . -‐‐- 、. -‐……‐-  .
                   / , ⌒/     . -―‐-\
                  /  / / {\  く        ヽ
                        '  r―≧レユ/` ‐---<__,ハ  , -‐
                     /  .二フ'⌒/--‐く ̄/  ノ {`ニ∨/
                     / /     { __, -‐-∨//   \ \
                /   .二二フ´   |  { ,ィテヽ'}く_,   / { ̄}-┐
                 /   ´     /  ノ{ |  {辷ツ    ,≦ヽ ハ_ノ-┘   迷う事なんてないわ!
            ///      {/\.ソ二)` ̄    仏リ/,イ⌒ト、フ
         // / rー---‐ ´ ̄ ̄ヽ   . -‐==、' `¨Y 丿 {      素通りさせてくれるって言うなら
           / '/  ,′|           | /      }   <.__, ト\
        /' l   {   、          ├ 、` ‐---‐'   人ノ}ノ       行って、ラクスを
        ./  | |二二. 丶>-‐=     |⌒!}≧=ー┬  ´  ヽ         ぶっ飛ばしてきなさいっ!
        ′  ||    \ \     ____|  |{{ア ,イ        }
      |,__人_ソ     \ \-<     _ノ   //|/     〈
      |>‐'´,.-―- 、   }  }   \_\三〉 ∧  . -rーく
       /     ̄ ̄`丶}'´ ̄丁     ′ \__/  ∨ __ソ/\  ∧
      く          \  \_   |        ∨-‐ ′  ∨-く
       `ト、            \  |\__|      }    } ==='´  }‐-、}
      |  \           ヽト--{.|            /        /
        、   \         ',  |     /  /     /
                                                        ____
                                                      /ヽ  /\
                                                     /(●) (●)丶
                                           ミ、ミィ!?  ./::⌒(__人__)⌒:::uヽ
                                                    l    |r┬-|     l
                                                    \   `ー'´   /
                                                    /         ヽ
                                                    し、       ト、ノ
                                                      |   _    l
                                                      !___/´ ヽ___l


94 :◆vsQyY1yD2Q
                                  /: : :/: : : : / : : / : : : : ;' : /: : : : : : : : : : : 丶: :ヽ : : : \ : : : : :ヽ
                              ;. :/,': : : : : |: : :,'! : j: : : {: :.|: : ヽ: : : : : : : : : : : : : !: : : : : :! : : : : : '.
                               { {:|: : : : : :|: :⌒\|: : : ';.: |: : : | : : : : : : : : : : }: :.|: : : : : :|: : : : : : i
                              ヽハ: {: : :.∧:/ |: : :lヽ: : ヽ{: : : |: : :|: : : :l: : : : |: :.|: : : : : :|: : : : : : |
            ここは 私達に任せて。        ヽ乂 : {,ィ≧k: : {: : : : : : : : '|⌒:| :丶:| : : : ; : :j:.: : : : :.|: : : : : : |
                                  ノ个:、Y でヾハ: : : : : : : :j-:./!: :/|\ /: : ′: : : : :!: : : : : : !
            やる夫は ラクスと           ,l : | ヽ!fトvト:ハ: : : : : : ///∠. _|: :./: : ,: : : : : : :.l: : : : : : |
            決着を付けてきなさい。        /:|: :!  込リ   }: : : :/行戈三≧k./: ノ/: : : : : : :,': : : : : : :|
                                ./: :j: j        ノノ/   fトヘ  ノハY:/ : : : : : : /: : : 、: : :│
                                  { : ノ八 :.:::::::.: ,         込::>イ/  ∨: : : : : : :/ : : : : ヽ : :l
                   _, ヘx-、, -、          ∨/ : :丶           ヾン  / : : : : : : :/! : : : : : : \{
                 (_/ / r┴ヘ、,     / : : : : : :\  `  ._    :.:::::::.:.: ,.:′: : : : : :/: |: : : : : : : : : \
             (乙}二二(_,ィ(__/__ゝ-イ工}ニニニニニニニニニニニニニニ)         / : : : : : : ,:イ: : l: : : : : : : : : : :
                /     ̄/ xr'     /: : : : : : : : : //::\__   -=// : : : : :/ :i: :八: : : : : : : : : :
            .   /  〃   Y  ,//     /: : : : : : : : :.:/´.:.:::::::::::::∧_ -=彡: : : : : : :xく: : : : : : : :ヽ: : : : : : : :
            .    {   /      /     /: : : : : : : : :.:/.:.:.:.:::::::_:;:ニ:¨: : : : : : : : : : :/:::::::ゝ、: : : : : : : : : : : : :
            .  r<!  _、   ,.イ      /: : : : : : : : :.:/:.:.:.:.; '´ : : : : : : : : : : : : /::::::::::::::::::::\: : : : : : ; : : : :


  l  {    _〈ヒ価/  /    l l  \\   ::  :: \
  、 ヽ / /7T/   /     /!ハ   ヽ l   ::  ::  ̄
   ヽ.   `¨フ / /   /     // l l  l __」_\_ .::[)(]¬ _
    /`¨¨7  /   /     / / / j∠ (广r‐7 / ∠二7L |_     大丈夫だよ。
  ∠ -‐ |   イ /  |lー 、/ / / イ⌒Y| 匕7 / ノ厂刀人] } 〉
        l / |/l   lレイ,ィ=ャ    lハー'リj/ト1L{ く广匕.ノ / ]      みんなは、私が守るから!
        ∨ / ハ  V/lハー'リ     ゞ-'  l人! | \ 〔 {] ] 厂三7勹
        / /  \ \ ゞ‐′ {! _    //」  ̄L人「/⌒7{l /
          / /  //  ̄\    {  〉 /イl/ [   /二二ニニ¬ | l|:\
        /   //     >   二 イ /しl| _」ハ |   / |__l | | l|   \
      / /  /| レ'二二二二二 \ //  /〔  ∨  /   /// /、   \
     / /   / j/ 丶 く (  _) 7/¨Y | \ /  / ̄l_厂 イ/ /_ \
    / /  ∧  r―、   \\_  l l  |_,ノl\ /  /   /二フ 〉|/\
   / /   / ∧  | 「ヽ二二ス\\ゝニ/\l /  /   /人_|/ノ    |


95 :◆vsQyY1yD2Q

                ,.-, r‐ 、 _,,.........,,__
               ,.'-―' ./,.'"     `''-.、
            __  ,i ,."",..-'/       、  ヽ
         ,,.-'' 、''ー.、'/  、'___       ヽ ヽヽ
        ,-''  、.ヽ.ヽ :i..,  〃 i'-.、"'''‐ ..,,_. : : : :ヽ i: ヽ
      ,.、'  ,、_ ヽ.)='ニノ / !| i ,,.、ヽ  =_‐i 、: : 、ヾK
     く ヽ,-' /ー"    ' '! !、 `  ´´r'ヾ ! ヽ: :i: ノ
     / ヽ'==!         .i i  i    ` ー'! i i")7:ヽ.     ほらほら、早く行かないと
    /   :/         .! iヽoミ''ーュ  ! ' !/:i : i:ヽ
   ./    /  _ ,...、     i ! :ヽ、`~_,,. - !. ,. !:!:i: : !:. ヽ    ラクスが アークを打ち上げちゃうわよ。
  /    .,!くヾヽヽ ヽう-''"~~! ! : i :H´: :  :.! //!i:i: : :! : ! ヽ
 .ノ    ' ヽ     !、   ! ' ;//_ j   ノ'",': ヾ; ; : ! :.!イ
 !、  . . . . : :iー―-、ノ. . :,i/ . // `,.,='"--'- ..,,ノ:i_: KT´    やる夫、あんたは ラクスを止めなさい!
  `~~"'''ー―!、i"'''ー,!'''' .Y . ://   /'"     ヽ‐' T´
          !  ヽ.,.-'! : : : i_ ,,.-‐'        i: :! i      あたし達は、フェレストの情報を手に入れとくから!
          i    ヽ::ヽ,.-''"´       . . . .i : ! !
          !   ‐''"        . :__: : : : /!: :! !
           !        . ._;; :-‐''ヽ  /: i : i  !
           i _,,.,...-=―'''":::::::::::::::::::ヽ/i: : :!:   .!
            `  !   `"''- _::::::::::::::/  .i: : !: :  i
             ノ      : :':‐、/   i/: !: i:  i i
          ,...-/        : : /......、  /: : ! :!:  !i
          !ヽヽ.,.-、'__  _,,,..-‐''"~: /  /: : : : !: //!
         .rヾ ヽ! i:/ .i>". _ . _. - ''ヽ !!!:!,、: ! // '
         j ー/7! !  :/ヽ=―-----―''"i ` ヽ,:i/'
        ヽ ̄/ /ヽヽ/ヽ !ヽ: : : :    : :i


第四十話へ     5   第四十二話へ

posted by 文月みと at 20:56 | Comment(19) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
できる夫って、自分が何言ってるのか理解してるのかな?
ポリス市民のために、ポリス市民以外の生き物は全滅しろって言ってるようなものなんだぞ……。
しかも、その内生贄が足りなくなって、ポリス市民の方に求め始めるのはまず間違いないし。

ラクスといい、できる夫といい、天才なんだろうけど、まともな思考が出来ない馬鹿なんだな。
Posted by at 2010年08月20日 22:42
分かってたからこそ……迷ってたんじゃね?

エネルギー資源の取り合いで戦争を起こすか、
生贄を使っての永久機関を使うか……
どっちが正しいか?……って言われたら、あなたは答えられますか?
Posted by at 2010年08月21日 11:03
鉱石は増やせないけど・・・
人は増やせるからねえ・・・
Posted by at 2010年08月26日 08:39
弱い人々を守るためにシステムを守ってるのか
システムを守るために人々を弱くしてるのか
もう分からなくなってんのかな
Posted by at 2010年09月18日 06:25
おそらくは次の打開策の為の時間稼ぎでしょうかねー。
まともな思考で考えてる間に資源尽きちゃうだろうさ。

少なくとも多少の犠牲で時間が延びたのならそれは偉大だと思う。
犠牲なくどうにかできるだけの何かが今の段階じゃあしっかりしてないからね。
Posted by at 2010年10月03日 23:44
そんなことより魚頭の呪いから抜け出せたことに感動した
Posted by at 2011年07月01日 21:15
実際一度滅びてるんだよ。
ラクスとできる夫は、一人のために千人が死ぬ地獄よりも、千人のために百人が死ぬ地獄を選んだんだ。
これはあくまで比喩的表現であって、実際には解らない。

ラクス達にとって本当に重要なのは、「弱いというだけで虐げられることのない」「滅びることのない、秩序によって管理された平和」だよ。
ガイアの供給元は、あるいは人間や魔獣には限らないわけだしな。

なのにどうしようもなくラクスに嫌悪感を覚えるのは、ラクスが間違ってるからじゃない。
傲慢だからだ。
人間は誰かのために犠牲にはなれるけど、誰かのために犠牲にされる筋合いは無い。
テンホウゲンスイや道下やマヨイ先生達と、ミネバ達生け贄の間には、埋めようのない絶望的な差がある。
ロウとカオスの対立って、つまりはこういう事だよな。
Posted by at 2011年09月16日 12:24
↑なるほど…
自分の意思の有無か
Posted by at 2011年10月01日 15:59
さすがはアトラス原作、子供向けメガテンシリーズとはいえブレてないな
Posted by at 2012年03月05日 06:20
みんな真面目な話してるのに、一人だけロリペタ海産物にツッコミいれてるのがいる…


だがそれでイイ!!
Posted by at 2012年03月27日 14:58
米欄みて納得した。
なるほど、傲慢か。だからか
このラクスの顔面思い切りブン殴りたいわ
Posted by at 2012年04月22日 07:12
ぶん殴ってラクスを止めた結果、ポリスで守られてたガイアの弱い人たちはどうなるんだかな。
その辺分かってて皆殺しだー!するのがアトラス作品の主人公だけどw

とりあえず、ラクスやできる夫がただの悪役だと思ってる奴は視野が狭いと言わざるを得ない
Posted by at 2012年05月07日 15:18
消費量と供給量が成り立ってる間はいいが、
消費量がオーバーするようになったら破綻するだろ、これ。

一時しのぎとしてはマシなもんかもしれないが、
永久機関なんて言い方したら際限なく消費を加速させていくだろうし。

今だけ平和であればいいという、それだけしか見てないんじゃないか。
Posted by at 2012年07月20日 21:01
ガイアの強い生物を食いつぶしていくわけで最初はいいけど先細り確定だからな
Posted by at 2013年07月28日 09:11
1000人のために100人犠牲にの平和だと、
次が900人のために90人が犠牲にになってだんだん減ってく
まあ、ちょうどいいくらいに人口が減ったあたりで
死ぬまでガイア吸い取ってエネルギーにしないで
献血や元気玉方式でガイアをちょっとずつ定期的に吸い取って
市民に配布する方向に切り替えるのかな

今は不穏分子を抹殺してラクスが思う平和的な人間を選民しながらついでにエネルギーとってるのかも
Posted by at 2016年04月27日 21:23
僕らの生活だって発展途上国の人々の犠牲の上に成り立っているようなものだけど、
そうと意識することはほとんどないよね。

できる夫とイカ娘はドラクエでも夫婦になってたし、そういう運命なのか。
Posted by at 2016年09月18日 20:03
できる夫、魚頭からの解放おめでとう……!
Posted by at 2018年07月02日 09:41
ラクスのやってる事も結局は弱肉強食なんだよなぁ
Posted by at 2018年07月04日 10:47
こういう対立に正解なんて無いからなぁ
弱者の為に強者を犠牲にするのか 強者の為に弱者を犠牲にするのか
話の現状だと前者が優勢ってだけだな
犠牲にされる側がする側を倒してなにが悪い って話でもある
結局は血を流しながら現実を見てすり合わせていくしかないんだよなぁ
Posted by at 2018年12月17日 01:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34819270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ