■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年01月18日

第四十一話『突入! フェレストタワー!』(6)

第四十話へ      6  第四十二話へ

96 :◆vsQyY1yD2Q
                                        /.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::,:、.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:`:...、
                                      ,:::.:::.:::,イ:::.:::.:::.::/'7/.:::.:、.:::.:::.:::.:::.:::.', ̄´
                                      ,'.:::.:::.:;' ` 、:::.:://:://.:::.:::.::':;:.:::.:::.:::.:::.::l
                                     l.:::.:::.:;'__  `¨ヾ=' ァ=-、::____、.:::.__.:::.:l
                                       、.:::.::l _`     /lミ≧,ヽ  l::/  ヾl
                                       、:::.|、l fミt、    マゎノ   !   リ、__,
          やる夫、ここは彼女達に任せて          ヽ:r.ムヾぅ}     `´    ,i.__,./-‐'´
          頂上に向かいましょう。                 | lハ ´     _    / {ァ゙Y--゙'
                                         | }. ヽ.  tzァ''" .) ./ / :|
          できる夫は、時間稼ぎのために            | ヘ、 ヽ≧t,、  ./―‐'--''--ェァ‐:.、
          ここに配置された可能性も考えられます。    .|   Y ヽィ'",二)  ∨XX>''"´VXXi`ヽ、
                                         |    l    /l∨∧ ,..ィ''Xミ   VXXl.,,.-≠ヽ、
                                          |   !  / .l´XXl´  lXXミi ,,..-'゙"´   `ヽ三ミぇ
                                        ,.ィ;l  __,. -''゙  |XXl:l _,,レ-''"l|        /"ヾミミ
                                     /./ヾ、 |ム,)    l,.:-‐7´,,...-=ニニ|       /
                      ,. -'"´ ̄`ヽ、
                       /::...::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                    i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、
                 ,!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::ヽ
            {ヽ.,_,ノ::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::;イ'!i:;i;::;::|
      ,.-'''" ̄``ー`ー:::::::::::;:':::::/;:;イ;::::::::::;::::::::/|;|!::::: ::ハ,
    /::::::::::::   ...:ヽ=;::ッ:'":::::;イ::!:;:i::i::;::::ト;::::/ |;'|::::::;:/::::ヽ、   メデューサの言う通りだ。
     !'::::::::::::::::::::::::::::;r'" :::::::::::::i:::!::::|'!:|::!::!:|,;、:!--;ノ::ノ/;::::::;iヾ、
 ,イ:、_,)::::::::::::::::::::::;i:: :: : :: ::::::::::::;イ、:i:::::'!:l!:i,`゙゙´イi'::::::::iヽ:;::}     今、最優先に考えるべき事は
. i;--、:;::::::::::::::::::::::::::::|::::: :::: ::::::::::;イ'ヾ、i;、::| ヾ、  _j、::::;::::::i'!     アークの打ち上げを阻止する事。
.{;!   ヽ::::::::::::::::::::::::;!:::::::::::: :::|::::i  \ヾ、ヾ `ァ''ヾ. ヽ'iヽ::|、
 '    !、::::::::::::::;:‐´ヽ、;:::::::ヾ!;:|   !.イ,!`ー‐|:::i::::ヾ;‐-!:| '!       行こう、やる夫君。
     r''ニ;:-‐'´    ヽ;:::::::i、!,  //l ヾ、 i;、::  :::;ヽ、`ヽ
    ,.ゞ‐'"        'i:::::;:iヾ、_!'   \ /!,ヾ;:::::::::::'`;イ
   /              |::::i;::i  |    ヽi\'  ヽ;:: :::ノ `ー-、


97 :◆vsQyY1yD2Q

        /ニYニヽ
       /( ゚ )( ゚ )ヽ
      /::::⌒`´⌒::::\     そんなに みんなが心配なら
     | ,-)___(-、|
     | l   |-┬-|  l |     とっとと ラクスを倒して
      \   `ー'´   /      戻ってくれば良いっていうwwwww
    _, ‐'´  \  / `ー、_
   / ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
   { 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
   'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
   \ヽ、   ー / ー  〉                  \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
     \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-く                  /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
                                    , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
                           .        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
                                   ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
                                     Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
             行こう、おにいちゃん!            ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/
                                     `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
             この戦いを 終わらせるんだ!!       |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
                                         l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
                                         リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
                           .              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                                           ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
                                        ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
                                          r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
                                         } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:


98 :◆vsQyY1yD2Q
          ____
        /      \
       /          \
     /           \
     |     \   ,_   |   〜〜〜〜〜っ!
     /  u  ∩ノ ⊃―)/
     (  \ / _ノ |  |
   .  \ “  /__|  |
       \ /___ /



          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \    分かったお! やる夫達は 先に進むお!
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/     ミィ! ルイズ! のぞみ! ウィンリィ!
      ノ          \     やる夫達が戻ってくるまで、無事でいてくれお!!
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


99 :◆vsQyY1yD2Q

                  , ---- 、___
              ,. ‐(  ' ¨ ̄    `ヽ、
             /     ' ¨         \
                /  /              ヽ
           ,'  /                 \
           |  i   /      ヽ        ヽ  ,
           |  |  '   !   ! |  |   |  '  |                そんな心配は無用よ。
             ,'  | ⊥ 」_ /|   |ハ !, ィ T  | | |          /7
          /  /!  |! 从 `ト、N   |イ zx!/!    リ           //
         /  ,' |  V才テぅト ∨ /仗 リ 〉 /ムイ         // *,     逆に追い掛けてあげるから。
         /    / ∧  ', v:少   |/ ゞツ 厶イノ           //   ;*
       /      / ハ  i         、   / 八            //     ; *  先に行って 待ってなさい。
     /   /  ん-:┤ !>、  ` :. ‐  ,. イ  '  \        //}      _!_
     ,'   ,'  /|::::::!:::|  | 〈 > r<:::::/  厶    ヽ       /Y//7、     ;: !
     |   !  /::::::|::::::∨  |  >vく  /::/  /:::::\!  ノ    / ,ム/// 〉   ;*
     乂   i:::::八::/  八 /_∧_ヽ/:::/  /:::::::::::∧(     !  ノ`7ィノ   ;。
       )  |::::::/  /::::::〈 ×/::::/  ,:::::::::/::::::. \    ノ   /  ;: '
     / ,' |/  /\:::::::::`ー/:::::::::{  {:::/::::::::::::::', ) / \_,/}  ,:
    /  , '  {   , ':::::::::::::>:::::_{::_:::::',  乂:::::: ̄::::::::∨ / ヽ __/

                                    /´   ,   、     `ヽヽ,
                                   /    ,/    }ヽ,      ヽ:ヽ
                                  /  、 ':゙:.:.ゝ、_ /:.:.:.:|` ‐ ..,   ヽ;ヽ
                                  //:.:.:.:.|:.:.ハ|:.:.:.:.:./|:.:.:.:ハ:.:.:.l:.:.:.l `¨' ‐-:.:.',、rヽ
                              r 、  i':.:.:.:.:.:.:l |:.| |:.:l:.:./ |/|/ |:.:/|:.:.:|:.:.:./:.:.:/ _|
                              └-、`|:.:.:.:.:|:.:| _/,_ ヽノ /ノ─‐‐- 、,|/:.:./‐|'/´|___
                                ,ト、:.:.lハ|'´             ノィ/ニ_ト .、 _   /
          そうそう。              ./ /|:ト、:|               イ:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:iヽ/
                              ヽ/ /`:.: ヽ __,、r' ,   `ヾ==≡/:.:.:.:.:|:.',:.:.:.:|,
          できる夫なんか            /:.:.:.:.:.、|  ̄            /:.:.:.:.:.{|:.:.',:.:.| ',
          けちょんけちょんに.         ,':.:/ヽ、ヽ._  r ' ´  ̄ ̄ヽ ∠__;:.:.:.:.:.:.:}:.:.:..',:.:.:.:゙、
          やっつけてやるんだからっ!    レ' ';.:.:|人    ',       l   /:.:.ノヽ:|\:.:.',:.:.:.:.ヽ
                                  ヽ;|:._ \  ヽ、 _ _,ノ  イ/´}:.:.l:.|:.:.:.ヽ,、-‐-、'、
                               __ /`  `ヽ>,.、_  __,.、  //|`ー-r ' ´     \
                             /´       //  ヽ ̄ヽニ//    |         \
                             ,'        l |    \ヽ/ /      |          ヽ


100 :◆vsQyY1yD2Q

                       ____
              ―― [] ] /      三\
             | l ̄ | | . 三     \ 三/
             |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'     それでも、待っててくれお!
                | |  三  u   (__人__)  |
                 |_|   三    .  ` ⌒´ /
           [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }       みんな、ダッシュだお!
             //   三    i/ | ノヽ
           匚/     三   三   /    )≡     全速力で 頂上に向かうお!
                   三  三  /   /≡
                 ニ三   ./   /
                二≡、__./    /、⌒)
                三          \  ̄
              三     /\    \
              三     /ニ ヽ 三   三
             三    /  ニ_二__/
             三  ./ .
           ≡  /  |
           ≡ /
          三_ノ


101 :◆vsQyY1yD2Q
               ,. :':´-──、「7,. -─-、丶、
              /                  ヽ ヽ
             〃                 ヽ ヽ
            /       イ    ト、      ゙,:: ',
            ,'|_,,.. ‐ '"´:: 〈     〉:: 丶、 __」:: l    さぁて、できる夫!
          |\l:: l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \ __/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ::|/|  随分と 好き勝手に言ってくれたわね。
          ,二ト:|\|:: l |:: :.:.ハ:: |:: :: :| .:l::l ..:|::. ::l |__|/r‐┘
          \二ト、 | ::|\!ハ/ V ヽ ∧::N ::ノヽ/::lニ|〔ト、    あんたに 逆に聞くわ。
          /:: |:: l: | <\_  ,   .   _/>リl─|:.:.\〉
        ,. '´:.:::::ハ:.:.:.ヽ!   じ``ー'  `='~゙J    /:.:.:/:.:.:..ヽ、   あんたは、世界中の人達に
      ,.::´: . :.:.:.::::::|:.:.ヽ\` ー‐ ":.:.:.:.:.:.:.:ゝー '´/:.:.:.:ヽ:::::.::.:.:.ヽ.  ポリス市民のために黙って死ねと言うつもり?
     ,:´: . :.:.:/´ ̄ jハ:.:.`トム、    '     _ノ:.:.ィト、:|´ ̄`ヽ: ヽ
    /: ._;;、-'"     \!`\     ,‐、     /jソ  ´     \'、
    /´           /L> 、  !_ノ  .. イ\〈          `ー-、
    |           / : : ハヾ=ヘ`ニ7´彡'ハ  |
    {...ィ          |: : : : : : : :ヾ、 〃: : : : : : |
    Y____  ヽ ヽ  j: : : : : : : : : :又: : : : : : : : l    /
 / ̄___  `ヽ、 ヽ l /: : : :_ :〈{  }〉: : : : ヽ l: /   ,. - '"´ ̄ ̄
 |'´     `ヽ、 \: j/:,..r‐ ''"´ |: ヽじ.ノ: |´ `ヽ、_: ∨:. /  ,、-──-





                                               / ̄ ̄ ̄\
                                              /―   ―  \
                                 ――― ッ!?   ./;;;(◯)::::::(◯);;;. \
                                             |    __´___      .|
                                            \   `ー'´     ./


102 :◆vsQyY1yD2Q
        \_ヽ/ニ/: : : : : : :ヽ_ ノ: : : `: ー:- イ| _
       / ̄ 7-/: :イ:イ:イ:/: :/: :l : イ: |:l | : ! lニ|ニ -┘
         ´ ̄/!´{イノ_フ≧、/lイ/j/ノ´_lヘl_ハ|イ-ト,、>
        ノ: |,: : :lヘ fj:::ヽ.ー' ーイj::ヽヽ ハl:/ |
     ,. .-. '´: : / : :、:ヽヽ辷ク     辷クノノ: : : !: !
  /: :ィ:´ /: :/´ヽ: :l:.jー  ̄    '    ̄_/:ノ:l: :ノ: |      ポリス市民は、強くなるための努力もしないで
/: :/´..::/:/:ァ― ヽ! \ i⌒ ー‐ ⌒ヽフ!:./:.ハ:|
: //: .::::/:.:.:{、     /l> 、 _  イソくノ'--、!:.l      ラクスに 縋り付いてるだけじゃない!
/ /:.:.:.:/:.v--v´`ー、 /´   }l'/    ´ /    ヽ:l
./.:.:.:.:.:,∠-`ヽヽ.  /_  -ォ 〃`i      ,′       }:.!
.:.:.:./- 、 ヽ.ヽl Y1´/  { ヽニノ 人  /       {.:.:ヽ     甘えるんじゃないわよっ!!
:/, -_-ァ'7´ 二i、! |   ` ー   V          l:.:ヽヽ
くく´  / /{  _‐_jノヽヽ        ヽ  ィ ´-‐   ノ:.: l:: ヽ
、ヽヽ.|l-、_,r_-ノ イi` i┬ ヽ      /`Y     lイ:l:.:.: :l:. :
 ヽヽ l {  ノァi´   | ∧l   丶   ノ r┴_ー、/_:l.:|.:.:.: ト:.:
    ̄ アーァ1   l !|ヽiつ   丁ニ l´-― `ヽ 〉 \.:ト:| l:.
     _Y´  l   ヽイ     とl二/  ̄ `ヽ Yニ二 lA|
    }-|   ヽ    ヽ、_   rt‐-/       ∧`>∧イ_
    ゝl    l\  ノrj r}∠ 二/      | ´ / j_ j
    辷!  _ ィヽ `く_ /    /      |  /< ニ{



                                                   ____
                                                 /     \
                    あなたは、全ての市民に            / \   / \
                                              /   (○)  (○)   \
                    それを強制しようと言うのですか!?  .|      __´___     .|
                                             \    |il!|!il|     /
                                             /      ̄ ̄     \


103 :◆vsQyY1yD2Q

                                                          , -――- 、
                                                      lヽ /  __  \
                                            /|      | \ /__ヽ\
                                      ,   ̄ ̄\/ |. ―-―┴- 、l/´     `ヽ}
                                   /       {   / . -― 、 、 `丶\      ノ
                                    /  / ̄ ̄` ン'´ /      } !\. \\    /
                                   {  {     /  /     イ 'l  !|ヽ. ヽハ―く //
                                    ゝ  \.  /   l ____/// l/リ_ |||!   l彡'′
                                   \  \_l ,  l´  /`/ '〃ナ_ミ!/l | l、 l
                              .        \_/ l l  lゝ,≠<    fLハ K | ムハ\l
         だからと言って                     ゝ l l   l-i{ fL.ハ   弋tリ  lイニヽ ヽ
                                       V ハl\ l  弋tリ  ' __ "´   K  }、 丶
         私達にまで それを押し付けないで!          V ノ ,i{ヽ   "´ / , -ヽ   ∧, V ヘ  \
                                        / 〃{ ヘ    V   }   ムソ }}  ヘ
                                         / /i{ ゝへ    ゝ__ノ /  、ノ' / ̄丶
         私達は、ただ自由に生きてきただけなのに!   / //゙ゝ |`¨l> .   _/|  _/     }‐
                                      /  ' '   /l |  ヽ.   L../ /  r―<
                                       /. / { ___j  、    }    /-‐i   \ヽ ヽ
                                       { '  V   > ⌒_ン  /  ,l     `ヽ
-ー ''´   ̄ ̄ ̄  ー- 、                          V  __j_   !  「`丶、   /   /l \ r-、_ノ
/                                     |  {    | |    \{   / l   |
                 \                     ゝ.      ゝ   /^)  / /
                \     \
     ..:.l:   `、.      ヽ   ヽヘ
  :.:.i :.:.:l:..   \:.  ヽ  \:.:.....',:ハ
 .:ハ:.{:. :.:.:.!{:.:..  ヽ丶/:l:.:. :.:.ハ:.:. | l|   そうよ。
`:/、!_|ヽ:.. |:.ヽ:.:.:...、_}イヽ:.:|:.:.:. :.:.l:.}:.: j リ
:.:{ j:.厂ヽ:トヘハ:.:.:.:.辻≠テミ-:.:.:从:./     私達には ポリス市民のエサになってやる
 ァ行テ气F`  ノ:/ チ乏/ //.:l/´      義理なんてないわ。
   r'乏:_j       ̄  イ:.:{:.{
.  ´        、      {:.:ヽ`
:ヽ               八:. \
:.:.:.\         ' `   /:.:.:.:.:.:.: ヽ


104 :◆vsQyY1yD2Q
            ___
       /      \
    ,---、  \    /\ ― 、
    .l   l  (●)  (●) \  |  ガイア弱きものが虐げられる世界は、ただの獣の世です!
    .|   |      '     |  |
    .|   |   |!!il|!|!il|  / /   ガイア弱きものでも、生きられる世界にしないといけないんですよ!!
     ゝ     |ェェェェ|    ノ
     \          /
      /             |                                  ,. -―- 、
     /             |                                   ,.  ´     \\
                                              ,.  ´/         ヽ \
                                              /  /             '.  \
                                              /    /               '.   \
                                        く     / ,. -――――- 、 i      >
                                              \ー‐/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\--‐/
                                             `7.:.:.:./:∧:.|\:/|:∧:.ト、:.:.:.:.Y´
                       できる夫、これ以上は         {ハ/N-z≦、  ,≧zリ-|∨ハ|
                       水掛け論でゲソ。             l|:.:.|Y fィハ    fィハ`Y:.:!:.:!
                                               j|:.:.l 弋り    弋り |:.:|:.:|
                       かくなる上は               /:|:.:.|           |:.:|:.:|
                       力で侵略 や ら な イ カ ?     ./.:.:|:.:.|\   tーっ   /|:.:|:.:|
                                          /.:.:.:.|:.:.|:.|:.:`_t----r_'´:l:.:.!:.:!:.ハ
                                             /.:.:__/|:.:.l/:.:,バL_ _」ハ.:!:.:|:.:lハ:∧
                           .                  /.:.:∧ |:.:.lーr=x、V,x=ォー|:.:|才:∧


105 :◆vsQyY1yD2Q
          ____
        /     \
      /        \
     /  \    /  \   クッ……結局、ガイアで決着を付けるしか
    |    (一)   (一)   |
    \      ´   u /    ないと言う事ですか……!
    /     ⌒     \



                                  /    /     、        ヽ:.:.:.:..:.\
                                 /--─ '' ":.\    ノ \        !:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.: ̄:.:.:.:.:.:.:.`:.:.ー- ..、 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_
                               /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:/ |
                              /|ィ:.:./|:.:.:/ハ:.:|:.:.トト、:.:|:、:.:|ハ:.:|ヽ:.:.;|:.:.l:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:./ ,、- ┤
                             └- |:/`|:.:.;|:.:|ヽ|\|  ヽ! ソ ヽ、ゝ"ヽト|:.:.:.:|二ニ|/ ∠ -─‐ト,
                              r‐|''`ハ|ニ! `,弍-、  丶-'',゙ィ;ゥぇ 、 |ハ:/_.二イ--───'ヾ
     バルバロイは、そうやって          ヽ/!:.:.: ト〈 ひオ`      {:;うが 〉‐/|:.:.:.:.:.:|‐.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
     フェレストに人を集めてきたんでしょ!     |:.:.:.:.|  {ーリ      ヽヒ:ジ   .|:.:.:.:.:.:.|: }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                  |:.:.:.:.:l.  ゙"   .       ̄ ´   |:.:.:.:.:.:.| ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     望むところよ!                   ./:.:.:.:.:ハ    ヽ         /:.:.:.:.l:.:.|´l:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:
     さぁ、掛かって来なさいッ!!        ./::ィ:.:.:ト;:.:ヽ     t-‐ ⌒ 、   / イ:.:.:.:ハ:|::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                               レ' |:.:.|:::` 弋    ヽ    }     .|:.:./|:::::ソ::::::::'、:.:.:.:.:.:.:.:.:
                                  \!:::.:.:.:|> 、  ヽ __ ノ   , イ ゚ン |二ハ::::::::'、:.:.ヽ:.:.:.:
                                  /`/:.:.l:.:.::::::`丶、__,..:.:.':´:. _,、 -‐ '´ イ::::::::::::':;:.:.ヽ_:_
                                  /:./、-─- 、:::::〔 ゙ー|-r "_,  -‐ ´:...|、::::::::::::/
                                  //      _>ヽ┐| f          〉  ̄/
                                 /       /  ノ | | |             |


106 :◆vsQyY1yD2Q
                        __
                      ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                    ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 .,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ                 _____
                 .;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,      ,. ―一<´        `  、
                ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!     /: : : : : : : : : :`  、         |\
                 !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l  ./イ: : : : :,l : :,:|: : : : : :\       !  .
                ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!      |: : :/┼/、|: : :,.イ: : : \   /   i
                ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ       |/| ,r=ミ、l/―|、:イ: : : :'.  /    :|
                 \::::::::::`':::::':::::::::`ー':´::::::::::::<      .|: l〃 ん}   r=ミ、| : : : : V_____!
                   ヽ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 'ー`、      .| : j  弋リ    んィ}Yイ : / iア´ ̄
                    `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´         |: :{   ,   弋tソノ:|イ :|
                         ̄ ̄             |: :|\ ┌‐   、  | : |_ノ: : |
                                        |: :| f´\ _ ノ_ . ィ| : | : : : |
                                        |: :| | / / }     | : | : l : |
                                        |: :| |./ ∧       ! : !>、 |
                          ,. ―‐  、         ________|: :l_ノ  :{    ___| : |  .ノヽ
                     ,. ´       \-‐ ¨ ̄: : : : : : : :! :/   '、    /| : |/   ',
                     /          \: : : : : : : : :__」 {       ` ̄   | : |     :
                     /                \ : : : : : |: :┌‐ヘ、 ノ        | : |-、    :、
               /          /、         ヽ: : : :_!: : l_: : /    {      .| : | ,ハ   :,\
               /       . ィ/: : : :ヽ        ',: \;/: /             | : |′: :,   :, : \
               /       .   ´ /: : : : : : :'.      ,.--ミー―一'              ! : ! : : : :,   :、 : : ヽ
          /     .   ´     i: : : : : : : : :'.   /     \      \       / :/: : : : : :,   :,ヽ: : i
       .,.  ´  ,.  ´       |: : : : : : : : : :)'´       \      ヽ     〈 :〈 : : : : : : :.   :, | :|
   ,.-‐ ´   - /            |: : : : : : : /              ヽ         /:/ :/: : : : : : ;ハ ,   }.| :|
  ./__       _/             ' : : : : /        /      '.   _ .  ´| ̄ : !: : : : : : / /   / :  :
 〈_,. ´ ̄ ̄                ヽ:/        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : :└―┘: : : : :/ .:  .:
                           /       .  ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , '
                     /       ,.   ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
                     _,.  ´     ,. ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/


107 :◆vsQyY1yD2Q
【 フェレストタワー 頂上 】
                                 |i
                               {ニニニIニニニ}
____                          ヽiロi∨//
     |                           |:::::|;;;;;||
ニニニニニニニニニニニニニニi                     |:::::|;;;;;||
                |            , '' ̄,r''"´⌒`"'ヽ、
[] [] [] [] [] [] [] [] [] [|__          r'´  r'´_____ ___ ヽ
ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ].................................| ̄ ̄:|:    ┌─┐  |
,','| | |,',',',',',',',',','| | |,',',','|卅卅卅卅卅卅卅卅卅ij|:    | :i:. |  .|卅卅
┌´ ̄`┐´ ̄`┐ ̄ ̄´´゜゜'""''´`''""''´´゜゜'""'' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´`''""'"
 `´ `´ `´ `´




      ./: : : : : : : : : : : : : : : : : :./L.. ィ '     ,. イ
      /: : : : : : : :,': : : :.,: : : : : : :/.   └┬─ ' ´: : : :',
     /': : : : : : : :': : : : {: : : : /: '      .}: :ト,: : : : : : :.',
     /: : : : : : : : :ト、: : ハ: : : :ト::{    .__,' .ハ: : : : : : ':.}
    /ハ: : : : :': : : {_ヽ:从-ヽ: :{ リ   .'´_/ '`/イ: : i: : : トl
    l:{ ',: : : : :\: :',.z=テ_ヾ',   zテ ̄テ_/: :/: : :/:ト!     来ましたね、やる夫。
    ',i l: : : : : : ヽ〃!_,r'::} `  `   iト‐'::ノ/: ィ: : : /:ハ{
     '! }: ヘ: ヽ、: \ゝ‐'‐   .    ̄ ̄' ´ /: : : イ\`      待っていましたよ。
      /::,イヽ'、',``      !       ./!: : : : |ヘ::\
    /:::,.ヘ!.}|: : : : !、.      '      ./,': : : : :|:{ ヽ;::\
   ., '::::/  /:|: : : : |: ヽ、   ‐---‐   /: !: : : : :|: !  ヽ;::丶
  /::::,.'   /: :|: : : : |: : :|`ヽ、  ‐  ,  イ.: : :.l: : : : : |: ',   ヽ;::ヽ
  ∨   ノ: : :|: : : : |: : :|__.l  ` - '   .|__.|: : : : : |: : \   `´
   ヾz=ニ イ: :.|: : : : |: :∧: !       .|: /.|: : : : : |: : : : ヽ、___,.
      /: : |: : : : |./: ヽ.}      , | /: |: : : : : |: : :`‐- ..、- '
     /: : : : |: : : : :|: : :∨ヽ、   ∧/: :.|: : : : : |: : : ` 、_ ``ヽ
_,... - '─.┬' ̄!i: : : : |: : : : : \ ./: : : |: : : : : :ト: : : : : : \ ``
      .|::::::::l ト: : : :|: : : : : :.`/: : : : |: : : : : :|`!ヽ、: : : : :',


108 :◆vsQyY1yD2Q
                                        /        /     /  /  |
                                       /     /  /    , -ァ'´  /  /ヽ
                                      //     /  /      /∠ィ ̄  _/    ヽ
                                      //     / / |    | /  └─イ| /    ヽ
                                    |/| l     |  |ニ|   /||     // 〃//    |
                                     l! | ||   ||/|⌒ヽ  |リ  `ー メ//// /  l   |
        それにしても、デュランダルが            ヽハl   | >イ丁ヾ、 |   _ィニヾ メ// /  /  |
        やる夫君に協力するとは 予想外でしたわ。     ! Vト|ト| !├':::::| ヽ!   「_ノ:::ハ /彡  /  /
                                         /))┴rァ' /     └-く  彳 //! / /
        予想以上に早く アークが破壊されたので         /// / / / 〈         イ / レ1}/ /
        ビックリしてしまいました。             __/{ { | { / /  ___        // /ノ/ !
                                , - ''"´  /  ヽ!l ∨ {   V }      //  ト 、  |
                                /      //   ハ    ヽ、 `ニ     , イ /  ├一〉 |
                               /      //  /⌒ヽ     ヽヽ ---一'┬┴|  │ / |
                            /       Xリ/ /   ',    ヽ      |   | | |∠--、|
                             |         | || /     〉     人     /  / / /    `ヽ
                            /     / |  レ'    ,'   /  \  {{ //   /        |



:::::::::::.:..::::::ヽ::'、::ヽ::::::::::::::::::::::::!     ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
::::::::::::::::::::::/ヽl'、:::ヽ::::::::::::::::::::|     '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
:::::::::::::::::::/__ヽ:::ト、::::::::::::::::!  ,,..___ゝ、:::';:::::::::::::::::::::::::::::}
:::::::::::::::::::l   ̄`ヾ'、ヘ;l:::::::::::l〈/-―_―‐'''"゙ヾ::::::::::::::::::::::::::〈
::::::::::::::::::::l ‐'〒てフ〒ヾヽ::l、::',  彳_フ~〒ア/::::::::::::::::::::::::::::l   時間はともかく
::::::::、:::::::::::'、   ̄ ̄´   `i ヽ',    ̄ ̄´ /:/::::::::::::::::::::::::::l    破壊されるところまでは 織り込み済みか。
: : :::::`ヽ、::::::'、           , ゙`      /‐7:::::::::::::::::::::::::/
:. : ::. ::. ::`r 、ヽ       '        /;ィ´:: ..:: .:::::/    そろそろ 君の目的を聞かせて欲しいものだな。
:::::::...:. :. :.. :', `゙ヽ        ,       /'´ノ::: . ..:::::/      ラクス・クライン。
::::::ヽ:::::::::::::::ヽ、                   /::::. .:::::::::::',
:::::::::::ヽ;、::::::::::',、    ,.-- ニ--、     ,:'::::/:::::::::::::::::',
::::::::r‐「ヽヽ:::::::l ヽ、    ---     ,.イ ̄1::::/:::::::::::::'、
:::::::::l `ヽ、`、:::|   ヽ        /  l __!::/-7:::::::::::::\
: .::::::l   ``;::lヽ、   ヽ、    /,. -‐'',.-‐l:/ ./:::::::::::::::::::::`ヽ、


109 :◆vsQyY1yD2Q
            /::::: .: .:      .      ノV|
               /:::::::.:::: :::.::  /: .::/  .::    } ノ.|
           /:::::/::::::::::::  /: .:;イ:::: /::::  //ヶ' 」ヽ
           }:::::j::::::l::::::: . {:::; '-1::;イ/l::::: ,ィ, '∠- '  ',
           |:::::{:::i::{:::::: ::.ト/z;=∨、 l::::// ‐-l:: .  }
           |::::::Vli::ヽ::::i!:|´、_{‐' }` ∨  zミ、 }: .:: ト/,_
           |::::/ rl:::::::トヾl    ̄`   、{‐'}`ノ/::: /7/.l
           |::::{.、r}::::::|          ``"フ;、ノ/,' }| ,、
           |:::::゙ヽj:::: |        、_ .. ' j:/ }.// !| //   最初のアークは、言わば
          ノ::::::::::j:::: l丶、       _`` .イ .// ' /. レ' /    本命が 完成するまでの時間稼ぎです。
         /:::___/:::: l   `丶、    ∠_:{ ゙′    ` /
        /:「 ̄ 7:: /ー―――`=;=;ニ´-- l   /.  /      あれには、攻撃対象を
      , ':::::::::l  /:. /        } }    j,  / .   /       任意に指定する事が出来ないと言う
        {:::::::::::::l //  i        .l l   /::ヘ     {        大きな欠点がありました。
      ,ゝ''´ ̄ }//  {        l l   /:::: },    ト
      ./     j',1:: : |        l l  ノ:::  /_}    ∧l
     .,'     /l{ ヽ: :::|        l l /:::: /  l  / }L
    {    、 l `  ヽ:|          l l/イ /.    }/   | 、ヽ



            __,,,,、、、、,,,,,__  ゙!ヽト、
        ,、-''"´   _,,、-‐   `ソ .! ゙i
      /     /::     ,ノ  ノ l\
     /.:     /:::::    _/ ;/  /   ヽ
    / ..::: .:  .:  :j:::: .: i //,.イ /   :  ゙、
   / ..::::::.:: ..: .:/!:::::..:: l / '´ // ゙i .:: .:::  ゙!
   i ..::::i:::::::: i::i:..::l l:i::::::::::|;:l,   _,,,,,_ノ:::::;ィ:::  jl !
   | i:::::|:::::::::l::l:::::|-゙!ヽ::i;:l,ヽ  ´  ///;ハ:::. / i!
   ゙i.|::::|;::::i:::|::l'ヽ! ゙ ヽぃ:、   ,r=;''ヾ、 /::;.イ    マゴクの箱船を破壊出来たのは、嬉しい誤算でしたね。
   :.!゙!::|ヽ:l::|ヽ! rテ"゙ヽ      l`';;:::} 'イ:: |
    Y::ヽ:!:l, `i l`';;::::|      `゙''''''"  !::: |     あれが 唯一の対抗手段でしたから。
    j:i::::l´iヾ: ´ ̄     i       l::::  l
   :/::l:::::::j:::::゙!       '   ,   ,/i:::  .!
   __,ノ::::_/:::::::| 、    ー‐ '''"´   //:::  |つ
   ,;/レ' ::::::j、_ ゙ヽ、     `"   ,.イ /::  /´ i゙
   :::::/  .::/:/  `゙''''‐` - 、、,, /_⊥/::::: ./:j ,r''" ゙̄ヽ,
   / /:::/            //:::::;ィ//i!/ _


110 :◆vsQyY1yD2Q

         ____
       /   u \.     その、ラクスの後ろにあるのが
      /  \    /\    本命の 2つ目のアークかお?
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |    もう完成してるのかお?
    \  u   `⌒´   /


                                    /                j Y |
                                     , '                ノ  ノ. lヽ
                            .        //.:::   ..::         _/  , ' ./ ',
                                  /イ:::::.  .:::::::. .:.  .:::   /| _/ ノ   !
                                  l! l::::::. .::::::::::::. :::. ;:::::. //  7 _,.-'´ .::  |
                                    {::::::::::::::::::::::::l;:::::ハ::::::. lリ  `´ j::;j::.::::: .::. !
                                   ';::l;::::::::::::ト;::::lヽ:|`、::::::| ` ̄`ナ/ィ::::::;:イイ
              残念ながら、まだなのです。     ヾ,ヽ:::::ヽ',_ヾ=ミ ヽ::{  z==、ノ:::/ イ l
                                     /lヽ:ヾ.      ,``    `7::::  l:.|
              あと 2つのパーツを          ./.j::::: `,`      '        l:::::  l:::. ',
              組み込まなければなりません。   ./.:l::::::: lヽ  /}{{゙、_      ,//::: l::::: ',
                                     /.:::{:::::::. l::::`ァ'r;ヘヽ',`   /l:/:::  l:::::::: '、
                                   _/ -rl:::l::::. l::::jl/ { l l ゙r‐'´  {l::::   l::::::::.  }
                                  /   |ト;ト;:::. l// l} l l 丶   {:::: //7"´ ̄`丶、
                                /    ||`ヽ::. |   l!.   } _,. -1:: ///       ヽ
                            .    {      |.|  ゙;:. !   |     「   |:: ///       |
                                」___   、|.!  };i|  |    |   |:///  /      |
                               j,   `ー-Ll_  _`}  |    {   リ//_」 -‐'"´~ ̄ ̄},
                               / |       r‐'"´ /   '、   ヽ ̄` ''−-、          ll
                              /.|       {   /   ハ    丶       `7        | !
                              { |      ヽ  ノ    ∧ ヽ    ヽ     /       ||


111 :◆vsQyY1yD2Q
                                     /            `,イ、,
                                  ,.-''7´       _,. -‐'´ 」' l\
                                 / ./  .     ,ィ_,. -‐''´ _」  丶
                                 , ' .::.:::!  .:::   / / └‐r‐''"´    丶
                           .    / .:::::::::{: .:{:::::..  /{./ ,.-‐j,イ:..j:.  :  } l
                              /, ::::::::::::ヽ::ヽ::::: l、`-'´,.ィ‐;ミl;イ::: .:;::  ノ|
                           .   l/{ .::::::::::::;:::トlzヽ:::.{  '´ ゙r'_ノ/::;:-‐/-r'1} l
                           .   ' ';:::;::::::::::ヽlr1フ:j`ヽ    ̄ ´7::    | y! {
                                ';::lト、:::::、:ヽ_ゞ'',´      |:::   l_ノ  '、
       この第2のアークでも 地上から.       ヾ ヽ、;ヽ;_` ヽ         |::::    |::::.  ヽ
       攻撃目標を指定する事は出来ません。       l:::`へ   r;ニ''   |::::: :  :ll:::::::.   \
                                       |:::: :: l`r.、 ´   _j::;::::::  ハ:::::::::..   ` ー‐;:=‐'
       それを判断するための 『頭脳』 を        j::::: | l::::` ー< !:;l:::::  j lー 、___,,,... ---ミヽ、
       これに搭載する必要があります。         l:;::: | }::::::::::::::::ヽl:ll:::::  l   _,. -ァ/     ゙ヽヽ
                                      l:;l:: , | ,ノ::::::::::::::;;ノll l:::: /‐''"´   //        ヽ丶
                                   l:;'l:: l |ー1:::;;-<.  l' l:: /     //          }
                                   リ,l::. ,l |/ ̄~    `   l:: /     /,1         l
                                    / ';:. ll !        j:ノ     //{           l
                                  /   ヽハ|       _,,..´-―┐ __」」,.ゝ-―――- 、__|
                                /  ,.-ゞヽ- 、_r-'''ヽ/      }~            `ヽ

                 _,.−-、
             _,.-''"´::::::::::::::::`ー--..、
          ,.-'"´::::::::::::::::::::::::::;;;;;:::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::i;;;;;;;;;;;;:::::::::::::',
        /:::::::::::::::::::::{:::::::::::::::|'´ `ヽ;:::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::i::::l:::i:::::::::::::::!     !:::::::::::::ヽ
       {::::::::::::::::;::';:::';::l;::::::::::i;:!    l::::::::::::::::ヽ
         ';::::::::::::::l:::ト;:::';:ト、::::::lヽ     !:::::/:::::::/
          }:::::::::::::i/ ̄`ヾヾヽ;:', ,.-‐'"´l:::/::::::; '
         ノ;ィ:::::::::i::KTフ::jヽ  `゙ィフ::T/:/:::;ィ´    ………!
       /''´ l::::;:::::ヽヽ ̄´     ` ̄/;イ/::l
          l::;::\:::ヾ`        ´ 7:::::::i'、
        {::::ヽ;:::::‐::;:ニ=- '" ̄` _,.-''::::::;ノ
         `ヽ:}::::::::::\`''ー−''T´:::;:-'"´
          '、::::::::::::::::::ヽ、   ゙;::/
            ̄ ̄ ̄ヽハ!   ヾ
                ´ ′


112 :◆vsQyY1yD2Q
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::. ::::. :::::::::::':;:::::::::. . ヽ
:::::: .:: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ::::: .:::::::::::l::::::::::::. . :',
:: . .:: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::: .: .:::::: :::::::::!:::::::::::::::. :::',
..:: : ::::::::::::::: :::: ::: ::::::::::::::l:::::::::!:.:::.:::::::::.::::::::ト;::::::::::::::.::::::'、
:::::. :::::::::::::::: ::. :. ::::::::::::!:::::::::!:::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::',
:::::::. :::::::::::::::::. :. :::. :::::::::::l::::::::ハ::::::::::::::::::::/r≦/::::::::::::::::::}
、::::::::..:::::::::::::::::..:::::..:::..::::::::ト、:::::! ヽ::::::::;:::::::lテ7ス::::::::::::::::::/     ……読めたぞ。
. ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::!‐ゝ;!='、:::::ト、::::', ̄ l::::::::::::::::::!
.  }::::::::::::::;!:::::::::::::::::::';:::::::!‐rtテシ‐'ヽ::l ヽト'、 !::::::::::::::::::!      第2のアークに組み込まれる残りのパーツ。
. ノ::::::::::::::{l:::::::::::::::::::::\:::ヾ ̄   `ヾ    ,l:;:::::::::::::::::!
''´:::::;:::::::::::゙';::::::::::::::::::::::::::`r、::'、        イl`ヽ:::::::::::l\    それは 君自身だな、ラクス。
:::::;:::::: :::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::ヽ``     _,.-/、ヽ_ ヽ:::::::', ヽ
:::::;:::: :. ::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    ‐'´ -,'   ̄'、  ヽ::;:'、  \
:::::::;::::. :::::::::::::::;:::::::::::::.::::::::::::::::::',      !     \ ';l';!   }
:::::::`;、::.. :::::::::::::l丶、:::::::::、:::::::::::::::`f‐r―‐r''`ヽ     `ヾ、'   /
:::::::::! ヽ:::..::::::::::!  `ー::_`_''ー、::::゙ヾ、 |   \     ヽ  /
::::::::l   ヽ:::::::::::l`''ー-,,.._   ̄` `7´ヾ',/     ',      ', l
::::::::!    \::::::'、     `''−- '−- _      ヽ     l



                                                  ___
                                             /      \
                    え!?                   ./ノ  \   u \
                                          / (●)  (●)    \
                    それって、どう言う意味だお!?   .|   (__人__)    u.   |
                                           \ u.` ⌒´       /
                                          ノ            \
                                        /´               ヽ


113 :◆vsQyY1yD2Q
                                             ,.-'´          _ゝ-ヘ
                                           _,./ . .:/ .    r'"´ __ノヽ
                                         // .::.:::/ .::    ../,.-'"´ __ ト、
                                        /:;;/:: .::::::::{: .::   /`7,.ィ"~~     ヾ',
                                      ,::';-ァ':,'::: :: ::: ::l:.:::: :: /  '´ /:/:: .:::: :    !',
                                  .   /'´./. .:l:{:::::;.::;:..::i::::: ::i:;' ,.-―/イ:::;イ/:.::: .:  }::l:!:!
                                       /.:: :::l;1::::{::::;:::::;:::::::l{   z;テメ/ィ/::.:: ./l:ハl:l
    ……その通りです。                       /:;::::::::'ヘ::::ヽ;:ト;::l'、::::{`  '´{r',,.」 /::/:.::ノ::/ト;::!
                                      ,':;1::::::::l::::ヽ::ヾfゞフ,ヽ'、  ´~ /Z;:-ァ'::::  l }:l
    私自ら ネクロノミコンの秘法をもって不老不死となり   l:ハ:::::::l:::l:::::ト、`'ゞ‐'/        //::  l/ |
                                      i! ヽ::::ト;:ト;:::l:::`;ヽ、丶       ´7::   ,l:: |
    そして、アークの一部となって                   ヽlメ::゙ヾ、::丶  < ̄ 7     /: .:  l:l:: !
    永遠に地上の平和を守る守護者となりましょう。      _,.-''´`::::::::::::::::::::::ヽ、`ニ´   _,.イ::.:::  iハ |
                                    ‐=;;-'"´:::::::::::/::::::::::/:::::`ヽ,,.. 、''´ /::::::   l.l:: |
                                    -''´..:::::::::::::::;:':;::'::::::;:イ::::::::::::::::::::j  /::/:::   l l:: |
                                    .::::::::::::;:-‐ァ/`ーくノ;;;::::::::::::::::ノ /::/:::   lリ ヽ:!
                                    ::::;:-''´_;ニ''´     `ヽ ̄ ̄´   /;イ::::.:  j   ヾ、_
                                   /  '"´          ヽ、   '´/::::::::  /
                                                    ヽ  /:::/::
                                         \           `ノ;:ィ


114 :◆vsQyY1yD2Q

            /⌒Y⌒uヽ
           /(○) (○)ヽ
        _. /::::⌒`´⌒:::: \     こ、こいつ
       /´  | ,-)     (-、|
     /'    | l  ヽ__ノ l. |     そんな事を 考えてたのかっていう……。
    ,゙  / )  \   `⌒´   /、
     |/_/             ヽ
    // 二二二7    u' __     ヽ
   /'´r -―一ァ"i         .-‐  \
   / //   广¨´  /'      /´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ   :::/      /       ヽ  }
_/`丶 /     ::i       {:::...       イ
                                            |              \
                                           , -┴==――-  .. _        〉
                                    .    //´             、 、 /
                                        { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
                                        \/  /   /, {     `ヽ  !
                                         , '   , '    // ハ   |  ト、 |
                                       /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
                                        l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
              自分で 誰を狙い撃つのか         .j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
              判断する頭脳になるってことか。        ヽ{   `    u. ノ   / /
                                          八   ´`     ー=イ  fl /
              そんなことになったら、地上は……!     ハ\     ...::::::|  jハ{
                                            \{` ー‐、.:::::::::::| /
                                               `    」::::::/j /\
                                              /x=く  ´ _f〜、
                                             f^ア 〃ノハ ヽ  ノメ〜ヽ


115 :◆vsQyY1yD2Q

 <_ ゝ-ー'-<´      ,.r;;ヽ 、  /;;;ヽ.
  / , ,   ヽ    /,. r '´  ̄ ` ヽ.ヽ ,. -┐
 ,'    ’..._’     ヽ.r ,´,ィ Zイ7 ,.r:ァ 'z . ...`ヽ;;i;;;;;;|
   r'´   ` ヽ、._  l/イ/.: .:. .:'´.:.:. ´.:.:.:.:.:.:.,、_:.:ノ|;;;;|
  /          ' : : : :.| : :.:.イ .:.:,r "`/,._. ̄ レノ
 '         ,.../.:: ::l:ム:A::l ::|.| :/ __ ./、. ` ´トヽ 、
 .ト、      .r'.,ィ: :l: : :ト|zr-ミトヽ';:| ,_.._`ヽl:;.`ヽハ;;;;;;|     頭脳だけではありませんよ。
  ヽ、ヽ.ry;}_,.´イハ:.:.:',:.:.,〈 ゞタ  . ヽ イr;オノ .:.:.:.:.:.}:ト;/
  .r、 .,','.イ  ヽ 〉,:.:|ヽトヽ.  ,    `>'イ/:.:.:ハ:|ヽ、     私自身をエネルギー源とするのです。
   |.l ./,',','、   ./:.:〉:|:.',.   .r='= 、   ´フ.ィ/イ:.}|、;;;;ヽ
   l V i::;i{ l   ./:.:.,'.ヽ:.ハ.  ヽ _ ノ   ̄,イ|:.:.:.:.:',:.':、ヽ;;;
   .l ヽ.`',| .i. ./.:.:/.:.:.:.:|:'イ;ゝ、 ー  ,. イハ}:.l :.: :.:.:',:.:ヽ `    『第2のアーク』
   .| ヽ. ` | /.:./.:/ .:.:|,-ミ;| `ー ´. ハ`:.:.:| :ト: :. ヽ:.:`
   ハ.  .l ノ_/.:/:ノ: .:.:.|'{∧:j   /ヽ|::ラj:.:.| :lヽ :. ヽ、     いえ、もっと相応しい名前がありますね。
  ,': :', , .r' ー'.イ/.:.:.l:.!ハ〈  .// ヽ´/|:.:.| :l:.:ヽヽ 、:.:
 ..,': :::::',./ .:  /.:/.:.:.:l:l ': ',.〉' /: : : : `: : ::|、:_|、:l:.:.:.ヽ、ミ
 ,': ::::::::,イ .: ..::,':/l .:.::l.|l: : // : : : : : : : ノ::::::.ハ.:|ヽ.、:.:.ヽ     地上に、永遠の平和をもたらすもの……。
 : :::::::::ハ:::::,.イ,' .| :.:ハ{ ´/  : : : : : ./:::::::::::::::l:|:::::::::`ヽ
 .::::::::/  l/  { ヽ.::{.´>´    : : : /::::::::::::::::::::::リ:::::::::,.、
 :::::::,'、_, '    ,r`>ゝ: .   .: :/:::::;: -  ´ ヽ::::/ ヽ
 :::::/::/    .//     .:/ ´         .:/
 :::/::,' ,.、  , ' , '     .:/           :; '
 :/::::l/:::::::/ /_    /           :/   、
 ':::::::l::::::::,' ,': : : : : : :/::::ー- 、 _ ,/::ヽ:/  _,ri
 ::::::::ヽ::::l .l: : : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ:::/:.ヽ


116 :◆vsQyY1yD2Q

                                     ....__     , ,、,.、 ,.ィ
                         ==ー.、.、         ̄ ̄ = ->ゝ'` ̄>イ|
                         /r,.-<.、::`ヽ..、   ,.    ,/イイ/,.イィ‐,.ハ
                         レ'´     ヽ 、:::::`:ヽ{ヽ_  r  {ハ::ヌ::{ zjイ,.::.,、∧
                                  > 、:::::::ヽ、:::ゝニゝ:{ソ__ イ:ノ:イ .l;l
                                .,.'  .: : :ヽ、::::::`ヽニ、、:.ヾノ,.イ::ハハ .l;l
             そう!                / −=-: : : : :ヽ、ノ ヽ .}: ミゝノVヘ.  .|;l
                                .{. . : : : ,. -ゝ-z−`ヘ. V  ヽ. Vトヽ、
              エターナル             ヽ: : /  { / : : : : ∧ |、  _ .V,' ト、)
             『 永 遠 』 です!!        }ト:ヽ_ , .l ' : : : /. :ヾ:.:.´:.:.:.://: :j:..Y
                              ヽーr'' ,. -‐ }  : : /. :ノ}:|:.:.:.:.:.//: :/:.:.ノ
                                /./. . : : l : :ノ ´ ノ.::l:.:.:.:/ヘ./:.:./l
                                { . ::ヽ'_ノ,./ ヽー ',..イr−く  ト、L;|
                                .V::(` ー‐     ̄   /_..__ .>イ |_.j:|
                                 `ー='      /:.:l//'  j/'i:.:.:|
                                          /:.:.:/ ,.イ:.:  l:.:.:}
                                        /:.:./ ./ /. :.:.:./l:.:.:|
                                      /、:. < /l|: : l.:.:.:.:./ |.l:.:.l
                                      <、、. `ヽ`、.:|l: : |:.:.:r-'´ l l:.:.l
                                       | ヽ、_..._ |l: :'ー---‐':| l:.:.l
                                       .|    `.T―r--===r'T、ヾ、
                                       |     ,'  .l      |  ヾゝ
                                      .|    .,'   l    |
                                      |    /    .',    |


117 :◆vsQyY1yD2Q
             \    `''ゝ_、                      /       _/        _,..-‐''"
              ゙ゝ     `ゝ、                    /         /       _..-‐'''"    
               \     ` \            _.   ..../ ___    /   _,,..-‐"´    _..-‐"
                 `'、      ゙ヽ.._   ヽ |! ,./   / `ゝ  _./  ,l-‐"´      _..-'''´
     ..,,__           丶        \ _ lニl ゝ、 ._../. /、  \<   /´       _..‐"
      `'くニ''ー-....___      ゝ、-........... _  \,,.....l ,, ヽ /..1 ゙1  |(' ,..;ゝ、ノ      _/
        `'-....__  `"''‐ー-....__  \ ヽ^''冖ー:〈 "゙ーl'( ‐  ! l_...ヘ、 `| " ``l\    .,.r┴─--------------
           "゙''ー-....__、  `"''''' 、 \_  ィ´`1___ l 辷コ}<´、   l l __.. ゙゙{ゝ,..../
                 `ヽ、    \_ `'lー゙V''' l`  l ヘ/ `'│__| 1ヽ `'ハ, ゙l__               ___
                   ヽ......_,..-‐;ilヘ 丶l   l / ゝ,/    l 、ヘ ゝ_..ノ ハ`"゙''(ー--....____ _,,..-‐'''"´
                 _....-‐'' 「ノ'^ /ノ'´ ..r‐'|コ‐<,,ヽ ゝ. _   ヘ l\ ゙{  1   `\
             _,..-‐'''"`   '〈_..〉 ,/./ ./l" 1''''l  」 `> \ 、  ヘ ゙l,  '、  1     \
        _,,..-‐''"`       _./` _..:'ン' ../''1_│ { _..r''  !'、 ヽ_ ゙ゝ   l "\  ヘ.      `\
    _,....-‐''´    _,,..--‐''"">´ ...:' rl ! ,'|  │ ゙':│  /ソ''(  \ \  l  ヽ ヽ ベl 、     \
.. r:エ__..--‐''"´    _...'" _,..‐ン"  !│/ ヘ  ''、  | ./ ン^l  \ \ \ ヽ  ヘ. ゙l 1 ゙l ̄\_   \
             j<ニ_../ン"  ..-''lr'リ │\,/`- l /\  ヽ  \  \  ヘ ゙' 、 ヘ. ゙l1丶   \  \
           _:r' ..r'/‐" ,.r'''´  /^ノ’ │ ´  {     \ _、、  \ \  ヘ、 ゙':⊥ "ll、 ヽ    \   \
          ..:彡''ン'´ _...‐´   / . ,'/'、r \ ../      ''、  \.   \ \  ゙l 、  ゙l `l1  丶     \  \
           ,/ _,./     ./  ,'/ /!、/^‐ !      ヽ    \. `ゝ  \  l 、 ヽ .λ  ヽ     \...
         ..=一''"       ,/  /ノ゙'、,' `゙ン'''´│       ヽ     ヽ   \  \ ヽ   ゝ |    \     
                  ./   ,' 」 │'/′ │        ヽ、   \  '\  \  ゝ ヽ| \   \
                  /  .彳 ! │′  /         l\、   .\   \   \ 丶 .|  \   \
                 /  r’ ゙'''' ゙l | |   ノ゛          \\.‐: .. 丶 ,/ \  `\ ヽ!    \
                ノ ,/    丿-|_,,/            `'- \゙ ‐ \  \/ `‐^       
               ./!'''^    _./  ‐ `/ '''、              `‐ヽ、  '、 Y、          
               ´      / . ノ   ノ                   `';‐´  ! 丶          
                     i{'- 、  ,く丿                   ヘ..-'"\ | .
                    ./ ^> . )―'′                    ゝ  _...゙' .〉\
                   / ン . 丿                        ー'(  /  |
                   ,' :く:>''´                           ゙'、゙'、 ヾ、

                     エターナル
                    『 永 遠 』 / フリーダム ( ガンダムSEED )


第四十話へ      6  第四十二話へ

posted by 文月みと at 20:59 | Comment(14) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
このラクスとできる夫には、ナムカプでのストライダー飛竜の台詞を言ってやりたいな。
「多少の犠牲が付き物だ」⇒「ならば貴様が最初に死ねばいい」

実際、他人に犠牲を強いる前に、貴様らが犠牲になれって話だよなぁ。
自分達は死にたくないけど、他人なら幾ら死んでも良いって、
典型的な悪党だよ、ラクス・できる夫。
Posted by at 2010年08月20日 22:53
その体を生贄にするなんてとんでもない!
Posted by at 2010年09月18日 06:29
 献血みたく、細切れにエネルギー源に出来れば良かったのにね。
 それなら累進課税みたく結果の平等を期待できたろうし。
 
Posted by at 2010年09月24日 16:36
「多少の犠牲が必要だ」と言わせた民衆にも責をとってもらう。
某首相が郵政なんたらでやった事と同じだろ。

大多数は気付いてないけどな。

本当に悪なのは民衆ってのはどのゲームやどんな話でも同じなんだよな。無論リアルでもな。

Posted by at 2010年10月03日 23:52
ならば、そのたわわなおっぱいはどうなるというのだ!?
Posted by at 2010年10月28日 08:52
え、犠牲になろうとしてるじゃん、ラクス。今まさに。
Posted by at 2011年06月10日 20:09
他人に犠牲を強いる必要がある計画で、その計画を進める人物が最初に犠牲になったら意味無いじゃん。
計画が失敗するか、最悪予期せぬ方向に転がり最悪の事態を招くかもしれない。

一番上のコメントをした人は、何のために犠牲を必要としていたのか考えような。
Posted by at 2011年08月02日 23:53
思想には賛同するが、方法が間違ってたらダメだっていう単純な話だよね。
作中でも言ってるけど、犠牲になってるのがガイアが弱いものから強いものに変わっただけで結局犠牲が出てる。
互いの立場が変わっただけ。ミィもできる夫もラクスも極端に行ってバランスを取る事を放棄してるから賛成できないな。
Posted by at 2012年02月03日 12:45
一番上は文字が読めるのかどうか心配になるレベルwww
今正にラクスが「人間辞めて弱い人達の為に犠牲になります」宣言してるじゃんかwww

方法が間違ってたら、と言うが、この世界の比率はガイアが弱い者>>>強い者だろ。
やる夫やミィみたいにガイアが強い奴なんて全人口のほんの一部。
その少数がフェレストの餌になれば世界の大多数は平和ですよ、っていうのがラクスで、
勝手な理屈で他人の為に死んでたまるか!ってのがラガの村やマゴク
少数で多数が救えるのは確かなんだから、ラクスの方法は間違ってないと思うけどね。
やる夫やミィが間違っているとも思わないけど
Posted by at 2012年05月07日 15:40
本質的に弱肉強食であることには変わりないんだよね。ガイアの強さを物差しにしてるだけで、今追い詰められてるのはラクスとできる夫いわく強いほう。
ラクスの理屈もミィの理屈も本質的に弱者が強者に食われるという関係は変化しない。
Posted by at 2012年08月21日 19:09
つーかできる夫、分かってんのかね?
ガイアの強いのを片っ端からエサにって事は自分自身と使役してるダゴンが最有力候補の一人だってことに

自分達は特別〜、だとかナメた事考えてたら氏ねってレベルじゃねーぞ
Posted by at 2014年09月25日 17:17
結局どちらも弱肉強食じゃないか、
大きな力を持った少数が勝つか小さな力を持った多数が勝つかの違いでしかない、
設定見る限り少しの努力と我慢で多数の人も生きていけるはずなのにそれをしていないだけ。
Posted by at 2015年02月04日 04:33
不老不死になって人工衛星に乗りこんでついでにエネルギー源にもなりますって話だけど
機械は経年劣化でいつかダメになるんじゃね?
Posted by at 2016年09月27日 23:56
そのためのフェレストタワーでしょ。
完全なソウルイーター化したラクス本人とやる夫がエターナルに鎮座、
そこから忠実な部下たちに指令を出す、ゆくゆくは設備の完全自動化して
新しいアーク3号機を造らせて
経年劣化したアーク2号機ことエターナルから
またそこに乗り換えればいいだけなのだから。

というかできる夫のような忠義心厚い連中を完全なソウルイーター化して
ゴモラへ送っていれば何もバルバロイなんて特務部隊結成して
一般庶民や魔獣攫わなくても良かったんじゃないのかね?
Posted by at 2018年06月12日 10:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34819306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ