■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 5/21 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年03月15日

第1話「やる夫が目を覚ますと、アリアハンの宿屋にいたようです」(10)

オマケへ          10 第2話へ

194 :◆vsQyY1yD2Q
       , '   /  /         rV/l \\
     /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
      .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
    fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ
    |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
    |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l
    |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }
    |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l    なんだ、もう少し ねばるかと思ったが
    |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /    存外 早い撤退だな。
    |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |
    l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |     つまらん。
    | '     i  ヾ、;,/   -‐  .イ | 小、ヾ、
    |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.
    {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i
    l   |   }   } ィ三ミ   比7   },rヘi }
     l   ,    , i   //ゞミ;,;       /  /厶 }_」



                                /                  .\
                                '                 .  . : :トヽ
                              /                  : . : : :ハ ヽ
                             .,'           .   . ∧: .  : : : : : : \
                             ' .     .     . : .  ./_,从:  :/: : :.ト、: : :`丶、
                             ,'/i  .:|   : ..i  . . ∧ハ iz≠=i /i : : :.' }: : :ヽ_. >
                            /' .{ . :|   : .トハ ト. i `¨'V代::ノ }/ } : : i/: : : : : `  .>
                          .    i : :i! . : :|〃ト!ミv'    `¨´  ./ : : i:|: :.、: <´ ̄
                              ', : ハi.\:| 弋ノ. ,        /イ : :ハ|: : :ヽ‐`丶
        おそらく、お父様に            ∨   /`.:ヽ  ,         , ィ:/i: : : :ヽ`
        私の事を報せに行ったんだろう。       ./ . :.ハ  `  _.. -   /i// |: : : : :.\
                                  //i  : : .>   '   / -'´   l``ー─ ' _
        不味いな。                   '´ /ィ : :./|: : ∧:{>‐' /´     ヽ-一'´ ̄   `ヽ
                                    /' ,' :/ .|/ >、. V    _.ィ            }
        多分、今度は                   .{/ > ´   ∧ j  - '/             ..::::|
        もっと大勢の兵を引き連れて来るぞ。     ./      /  '   /           ...::::::::|
                                   {      / /  /           :::::::::::L
                                   i  ::./ , '  ,  /              :::::、:}
                                      }./ /  / /  _  -─  ::..         ハ
                                   / ,   , '  ,          :::::::..        ハ
                                  i  ,   /  /        ........:::::ヽ::...       ハ


195 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    /          \
  /           \    何が一体 どうなってるのか
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/    そろそろ 説明してくれないかお?
  (  \ / _ノ |  |
.  \ “  /__|  |
    \ /___ /



                                                _,,. -─- .== -,..-‐、
                                             . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
        おっと、そうだったな。                      /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
                               . ,`:::,....         /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        見ての通り                ..  ,,:::....       {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        お前に紹介する仲間は カガリ王女だ。   .!、:::::::(,       Vi ハ ●     ●.^ヾイ}.リ|    |
                                  . :ソ:::::).     ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
        今現在、ウチからお前に紹介出来るのは     .`ふ,     \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |
        彼女だけだ。                      !、::!、     | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
                              .          `'~~━i⌒\| |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
                              .              \  | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |


196 :◆vsQyY1yD2Q
              /   .:  .   .::    .. :. .   ',
              /   .:l .::/ .:l :::;.   .::;:::. !::. :::. :: l
             ,' / : :::! .:::l ::/l ::/l:. .:::/ヽ: l;::::..:::..:: !
               l.:;{ : ::. ::';.::/l/ミ∨ ';:..::/;=;ヘ/l/::::::l:::::{
                l:ハ::..ヽ::∨{-':::j`  ヽ/ {-':::j l:::/:l:l::::',
                l'  ';::;:::ヽ.', ̄ ̄  '   ̄ ̄ /ィ.: :::i::::::',       待ってくれ、ルイーダ!
               /; :::::l,`     __'_     l  .::l::::::::'、
               7.:::;::l:'、   /-―-',   ,ィl .;::l;::::::ト、ヽ     誤魔化しはいらないんだ。
              /.:/::l:l::::`; 、 ヽ.__丿 /ハ:j :/lハ:::::'、 `゙`
             ∠l /'フ:リ/ ヽ`ヽ、__ .ィ  / /,イ`‐-`_ーヽ      私は、仲間に隠し事はしたくない。
             __ l//‐''´: : : ハ  ヽ /  / /´`: : : : : :`丶、
         , -‐'": : : : : : : : : : {   .! l     ! : : : : : : : : : : : `丶、  やる夫、私の話を聞いてくれ!
           / : : : : : : : : : : : : : : l   ∨   j : : : : : : : : : : : : : : : :\
.        / : : : : : : : : : : : : : : : ',   |   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉
        ヽ: : : : ヽ : : : : : : : : : : ',  |   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
         ハ: : : : '; : : : : : : : : : : :',   |  ,': : : : : : : : : : : : : : l/ : : : :'、
       r'´: ヽ: : : } : : : : : : : : : : : ',  !  .l: : : : : : : : : : : : : : :{: : : : : : :ヽ
       } : : : : : : :{: : : : : : : : : : : : :l . |  .| : : : : : : : : : : : : : : } : : : : : : : l
       /: : : : : : : '; : : : : : : : : : : : : ! ! |: : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : :',
        /: : : : : : : : :'; : : : : : : : : : : : :! | |: : : : : : : : : : : : :,イ: : : : : : : : : :',
     /: : : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : : l .| |: : : : : : : : : : : :/ 丶: : : : : : : : : ',
.    /: : : : : : : : : /  ヽ: : : : : : : : : :l  |   l: : : : : : : : : : : /  丶: : : : : : : : :'、
.   / : : : : : : : : :/     '; : : : : : : : :/ |  l: : : : : : : : : : /    '; : : : : : : : : ヽ
. /: : : : : : : : : : /     '; : : : : : : /   |   l: : : : : : : : : /     '; : : : : : : : : l


197 :◆vsQyY1yD2Q
            /: : :                      ヽ
          /: : : : :                        ヽ
         ': : : : : : : :                       ハ
        /: : : : : : : : :                        ハ
        l: : : : : : : : :      l  /   ,   l          ハ
        l: : : : : :/: : : :  / / ./l: . イ:  ,.イ:ハ: ト、. : :    ',.  l
         ノ: : : : : :l: l: :  l: l .//、メ:∠、l: : / リ,.l: l=ヽl: : :  l: l: ', l
、    _/: : : : : :.ハ:l: :  ', V斗≡≠≧ー.|:/´  ィリ_N: :  ノN: :ハ:l
ヽ ̄ ̄: : : : : : : : : l N: : :  ヽl  V::::::j_  l'    iヒ':::} リ: :,イ  l:/ リ  そもそも、ユウナが 私と結婚する事で
  >─: : : : : : : : :l  .|: : :  |` `¨¨¨¨´      、`¨¨´/:/: |  l'.    国王の座を奪おうと目論むのは
/: : : : : : : : : : : : :ゝ、|: : :   |            >  イ: l:. l
フ ̄>: : : : :/l: : : : :.l: l: :   l        _.......___'    ハ l l      本来の後継者である
:::/-── '  //l: : ハ: l: : : l       /   ∨ /: : : |ヽl.      兄が亡くなったためなんだ。
  :::::::::::ハ  '  .l: :ハ:ト、: : ト、       ゝ-- ' /l: ハ: : .|
  :::::::::::::ハ    l: l  l ヽ: l |  > 、   ‐ ∠  .l' ヽ,: l        残った 一番の年長者が 私だからな。
  :: :::::::::∧  l V    ヽl ',  /> -- '       l l
:    :::::::::∧  ',       ヽ:',/   |::::         リヽ
::    :::::::::::∧  ゝ、    / / _ t─':      .....:::    }
:::    :::::::::::::∧   丶、   l//  .l:::      ...::::::::::   /
::::     :::::::::::∧      |    l:      ....::::::::    /


198 :◆vsQyY1yD2Q
                                                  ____
                                                /     \
                                              /_ノ  ヽ、_   \
                 お姫様の お兄さん、亡くなってたのかお?  /(●)三(●))   .\
                                             |   (__人__)      |
                 ま、まさか、それも……。             \ ヽ|r┬-| /    /
                                             /   `ー'´       \



/  ,  ::i  ::i:i :,'``リ`ソヽ',  :i‐-i i_',     ..:::/::/::::::::  ::::::::::
  /  :::| :::lミi ::i====ミ, ::i  i i ',    ..::/::/:::::::  ...:::::::::::
 /  :::l :::|〃,' .r'´``,ヽ、ミ/  リ.  ',   .:イ::/i:::::  /::::::::::::::
./i   :::', ::i ゝ.,ヒ'´´,...,::}`     ',  ,./ソ'``i: ,./:::::::::::::::::
〃i  :::i.', l  '' `` ‐-'ゞ '      i/===//`/::::::::::::::::::::     いや、それはない。
ii .i  :::l ', i               "r'´`}; ミ.,//::::::::::::::::
.、i  :::|  ',',             、 ゞヒ'´`ノ ヾ'イ::::::::,イ:::::::::    私も それは疑ったが
`.i   ::l  ヾ.             ヽ ``ヾ'.,,'´/::::::/ |:::::::/    兄は、ただの事故死だ。
‐.i   ::i                ,. '    /:,./i  l:::::/.     落馬したんだよ。
 ',  .::i.、             ,     _,.'ニ‐'´::::: i  i:::/
  ',   :iヽヽ、       --‐‐- .、     /::: /',::: i  /'´      第一、ユウナに そんな度胸は無い。
  ',  :i ::\ヽ、       -  `     /:: ,' ',:: ',
   ' ,  i  ::::\ヽ、        _,. - '::::::::  i  ',: ',
    ヽ ',    :::\ ヽ、    , ‐ ',:::::::::::::::::  i   .', ',
     ', ',     :\,.>- ';;;;;;;;;;;;;',::::::::::::::  l    ヽ.'、
      ヾ、   ....;;;/ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i::::::::::::   |     ヽヽ


199 :◆vsQyY1yD2Q
        / . : : : : :  :    .   . : : }: : .   ..         ヽ
.       /. : : : : : : : : :   . : : . : : ハ: : :  ! : .  .       ハ
.      ,': : : : : : : : : : :   : : : . i!: /. '; : : }! .ト; : . :   i   .',.ハ
.      ,': : : : : : : : : : : : .  : : : : :.!}/‐-,ハ: : ハ.ハ: : . :!:  :j  :  !.ハ
.      !: : : : : : : :i: : : : : .  : :',: : :!!  _z=∨ミヽ、 .',: :/} ,イ:  : . i }ヽi
.      !: : : : : : : ;|: l: : : : : : : ヽ:.ハ ´ {、ノ::!ヽ`ヽ∨ !:/_.!:| . : : !j  ',
      j: : : : : :./, !:j|: : : : : : : : ハ\:',  `ー ミ}_,    .j/=ミ:.i: : : リ  i  私が いなくなれば
     /: : : : : { { j/ !: : : : : : : : ハ ヽ、      .::::::ヽ{':}.!: :,イ: /      後継者の権利は 弟に移る。
.    /: : : : : : :',∨`il : : : : : : : : :ハ        :::::::::: `7!:/.}:/
.   /; : : : : : : : \`┤:、: : : : : : . {.ハ          ノ K./'´      そうすれば……
 /: /: : : : : : : : : : :``!: :i、、: : : : : ト、.ヘ     __ ...  j:ハ.        後は キサカが 何とかしてくれる。
'´ 彡': : : : : : : : : : : : : :'; :lハ:!、: : : :. ! \ヽ     __  ` ,ハ、:',
/: : : : : ; : : : : : : : : : :.ハ:.ハ!ヽ: :.、: ハ.  `ヽ、     ` ,.イ: : ! ヽ
: : : : : :.ノ: ; : : : : : : :.!: :!ハ:{__}! ヽハヽハ    `     ∧: : : :!
_.> '´/,.イ: : : : : :,.イハ:.! ヽ、 `` `ヽ、ヽー- 、 _    ./ ', ∨: :!
   ノ'´ /: : : >'´ j ∧!          `77}  ̄ ̄´ヽハ ∨!
    / イ´ , イ::::`ヽ、         / .//      `ヽ リ
 , -‐ '´ ̄ ̄::::::::::::::::::::::`ヽ、      /、.//、



     ,'                  . : . : : : : : : : : : : : : : ハ
.    /                  . : . : : : : : : : : : : : : :、: :ハ
    '        l   . : . : : :  . : : : : : : : : : : : : : : : ::ハヽ:ヽ
  .ノ ,       . i、 . ;イ .,∠i!: :  . : :/: : ィ:∧: /: : : : : : : ハ ヽ|
/./ ,    l .|: :.|斗:/≠_iイ: : . : /!: /≦≠ミハ: :./: : : : : } il
/ ィ .i   i. |ヽ: |' 弋_.ィ::}` N: : : :/ i/'{_ィ':::ノ `//: : : ハ: i  i   だから、私は ルイーダに頼んでいたんだ。
./ / .,' . :  V  N` ┴‐‐'‐  }: :/   ゞ…'‐ /イ: :/: : /: V
  / ィ . : :   : : |       i '  !        //: : /: i: ヽ    信用出来る勇者が現れたら
. / '/ . : : : i  : :ト.           l       イ: : : ': : :|`ー\   私を仲間として 紹介して欲しいとな。
  //: :ィ∧  : : :l \          ,'     /:|: : : :、: |
. /'// j!: :ヽ : ハl  ` 、   ¨´ ̄``  ィ: : : :N:  : i\|
  '   /: : :∧ i ヽ   丶、     . ´/>へM : ::ト、:\
   . <´:::::::i |       `i -r '   イ::::::::::::`:|  /   ̄
/:::::::::::::::::::::::{、 |         .| /   / .}::::::::::::::::| ./::::>..、


200 :◆vsQyY1yD2Q

      __     ━┓
    / 〜\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \    そう言えば、俺 よく知らないんだけど
  \          |
    \       /     お姫様って 何人兄弟だっけ?
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.                              __ ,.-¬- 、._
       /       \. \                            / '´,  、   、 `ヽ、
      ./   /       |. \ソ                          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
    (  y'      .|                             /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
                                        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
                                        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
                      18人兄弟ですね。       | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
                                           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
                      もっとも、事故や病気で      .l\l|    |    //ィ N
                      半分ほど亡くなってますが。    .| ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
                                          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
                                           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
                                       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
                                  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
                                  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


201 :◆vsQyY1yD2Q
       _,,.、、、、、.,,_
     /.:::::::::::::::::::..`ヽ、
    / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、
    | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ
     | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j
    |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{     ……まぁ、それは 珍しい話でもないな。
    .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙
     }:::::::::::::::ノ゙  l  /.     王族とかじゃなけりゃ、事故や病気よりも
    ,xァ''ー'゙'`    '、 /.      モンスターに襲われて死ぬ確率の方が高い。
   / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_
  ''^ーァ 、_____  ̄ /
   `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、
   /           /    ヽ
  ,'        ,   /      ゙、
           l /  __      !
           l, l  く,_  、   |



                                            / ̄ ̄\
                                          / _ノ  ⌒ \
                                          | ( ●) (●) |
                                         . |   (__人__)  |
                                           |   ` ⌒´ u.|
           俺達の世界ほど、医療も発達してないからな。  .  |         }
                                         .  ヽ        }
           旅先でも、そう言う話は よく聞くだろ。             ,、ヽ     ノ-、
                                            /;;;i/      '、!\
                                        _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
                                   ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
                               .   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
                                  |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
                               .   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
                                 /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|


202 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    /   _ノ ヽ、_.\
  /    (●)  (●) \   お姫様の事情は分かったけど
  |       (__人__)    |   やる夫は勇者なんかじゃないお。
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |     その事は 城で話したはずだお。
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /



                                    ,  ´                 \
                                   //´                   ヽ
                                  / /                     ハ
                                 ./:/          . :  . : : . : .      ハ
                                 /://. : . : . : : . :i : . : :ィ: . : : . : . : : .   : : : : ハ
                                 i//./: : : . . : i: : : .イ: . : :/ l: : : : イ:}: : : : : . . : : : : :.l
                                  l:.{: : : :',: : l:ト: :/_lハ: :/  l: : / lハ: :∧:}: : : : :i: : :}
      それは 分かっている。                lハ: : : ヽ: |,rV≠ミV   |:./-z≠Vミ.Nl: /: : :|: :lリ
                                   ヽハ: ∧l'  ト-':ノ`   l/ 代ィ::::} `N/: : /:l: l|
      「お父様が認めた勇者」であれば            .}:.l: ハ ` ̄´  ,'    `ー‐'‐ /:ィ: /:./:.{
      その仲間になると言う私の行動を           /: j: .∧     、       ./ィ. リ: ィ: :.l
      止める事は出来ないんだ。             / イl: : :.ヽ     _       ィ . : :/i/: ハ
                                     /.N: : :l: :\  ´"`     ィ //. :/: : : l ヽ
      もちろん、私を連れて行く 勇者の行動もな。   ∠..ィ:ヽ: l.r< コヽ、   .  ' {>': ./: : : : ハ
                                     i: .ィ:.l: ハ  `` ー-'  r‐ ' .//: :∧:|: :ハ
                                     {/ .|N_. j      l  l  ./: : : :/ .リ \|
                                 _   -‐ ´   .{.       l  l  {::::>' 、_
                           _.  <           .l      .l l   |::::::::::::::::::::: > 、__
                          /               ハ      .V   .l:::::::::::          ハ
                        . /      、          .ハ      .|   l            ..::ハ
                        .〈:::::....    \ .:.       .ハ      l     l         l: ...::::::::〉


203 :◆vsQyY1yD2Q
                                     /          、 .             ヽ.
                                    / ィ   ,    !: :ヽ : : .  i: : }    :   ',
                                     |/ / ,  / .i:l |、_LV≧l、l :/ ./   :i  :|
                               .       / / .{: :从 : |\l7ィ_テトl/ :/    i:|  :{
                                    l :/: :i : :Vィらト!   _ヾソ/:イ  . : 从 : : :ヽ.
                                    |八: :|\:{弋ツ .::::       /   : : iV}: : : ヽト\
           私にとって重要なのは      .       ヽ|  }ド-ヽ         /イ . : : :}ノ: : : : : ヽ
           お前と言う人間が 信用出来るかどうかだ。    八   tぅ     /, : : /:ム: : : :丶ト-\
                               .        /ィ :\  `      /イ : /|/ }: : :、: : \
           そして、ルイーダは 信用出来ると判断し       / :/ >、_ ..   /: :/    |: :∠≧=-゙ー  _ ..二
           私も お前を信じた。                     |:/}/  |/lく\ {l/    」/{       . ´
                                           l′,   -‐ ¬ ハ|    /  }   /
           お前は……どうだ?                   /       |\{ノ   /   ,'  /
                                       /          l  `l  ´    / , '
                                         〈 、       l   |       / /
                                       ) 丶ヽ.     l   |     / /
                                      {    \{    l  |   / /





         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./       今回の件は 特殊なケースだ。
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /    やる夫、お前が断ると言うのであれば
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ      この話は、ご破算とする。
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ


204 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    /         \
  / U  _ノ    ヽ_  \
  |     (一)|lil|(ー)  |   ……追っ手が掛かる可能性は?
  /     ∩ノ ⊃_) /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /
                                    /´                     \
                                    //                    . . . .ハ
                                 /イ . . :  .  i  . ..;   ,        . : : : : ハ
                                  / . : : : . : . { . :/i ./|:ハ . .ィ .   : : : : : : :.}
                                   /_:/. : : :l./_{. :/ `7.:/¨z≠ミ、`| i/  : : : |: : : }
                                 ' /_: : :{: i≠V、  i/  不_r':}_ィ'  . : : : :i: : : |
                                    _j: : :ヽ| ト':}`    ┴─' /  . : : : : /: : : |
                                   / . : : : l` ̄, '      /. ィ : . : : :/: : : : |
         お父様の追っ手が掛かる事はない。   ∠ .:.: ノ: : :.|  ヽ     ∠/   . : ィ: ,': : : : : :|
                           .        ∠: : : ∧  -‐ー- 、  / . / . :/-j:/: : : : : : ト.
         ユウナの野望については            ノ . : : :\ ¨    /.// . ::/ //: : : : : : :、:.ヽ
         お父様も知ってはいるからな。       ./. . : : :ィ: : :\    '´ .ィ . : / イ': : : : : : : : :ハーヽ
                                 ∠....  ' ´ //j//ヽ.. ィ´__.|. :./__/.イ: : : : : : : ト.: :i
         私だって、そこまで迷惑は掛けん。         '´   不 ̄}  {  |.:/  '  |: : : ,、:ィ: :.| ヽ:l
                                        /ー.i  |  |  !'    j: / |`ハ :j  `
                                          ∠l  .|  |      '´  {.  V
                                         .. -ヽ l   .l         >- 、
                                  ... -‐ ´::::::::::::::::∧i  j        /:::::::::::::::::::`>-- 
                               /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ/  __,...    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               /::::::::::::::::::::::::::::::::::/¨`  '  ´    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           .    {:::::::::::::::::::::::::::::::::/    /      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


205 :◆vsQyY1yD2Q
          ____
        /      \
       /         \
     /           \
     |     \   ,_   |   〜〜〜〜〜ッ!
     /  u  ∩ノ ⊃―)/
     (  \ / _ノ |  |
     .\ “  /__|  |
       \ /___ /




          ___
         /     \
       /   \ , , /\.    分かったお!
     /    (●)  (●) \   この話、受けるお!
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/.   今から、やる夫と お姫様は 仲間だお!!
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


206 :◆vsQyY1yD2Q
                                 ´              .     : : : : : : : : : : : : : : :
                                               : : : .    : : : : : : : : : : : : : : :
                                              : : : : : . .  : : : : : : : : : : : : : : :
                                       :    :    : : : : : : . . : : : : : : : : : : : : : : :
                                    /  ./:  :  : :   : : : : :l: : : :,: : : : : 、: : : : : : : : :
                                    l  : {: : :、 : ヽ.  : : : : |ヽ: /ヽ: : : : :}: : : : : : : : :
                                 i  : l  . ト.: . ハ: . : {. . : : : : |´∨ ̄ヽ: : :ハ: : : : : : : : :
                                 l  : :、 :lニ∨‐‐ヽ: : 、 : : : : l   斗≠=ミ、: : : }: : : : :
       ホントか……?                 .{  : : ト、{ z=≠テ_ :| \: : : |  .イ r'::ハ _: :.l: : : : :
                                 ヽ  : l 〃 {__r':::::}ヽ!  \:.|   .ヒ'::::::::::}_ ヽ:l  : : :
       ホントにいいんだな?             : :\ :ヽ  弋::::::ノ     `   ` ̄ ̄´   リ  : :
                                 : ト、 \ ヘ `¨¨ ̄´     !:::          l   : :
                                 : |:  : : \ヽ         |::::::         ,:   : : :
       ハハッ……やった!.              : N:  : :.代.`         `         ,: : l  : :
                                 : : ト、  : : :\      r───ァ      イ,: ハ  : :
       今日から 私達は仲間だぞ、やる夫!.   ヽ、! .ヽ  : : : 丶 、   `ー---‐'      //{/::::l : ;
                                     {\ : : :ヽ::\ 、    ̄      . ' /::::::::::::::| /:
                                     l::::::\ : ヽヽ::::\ 丶、_ .  ´ /::::::::::::::::::::|./:::
                                     ヽ:::::::::ゝ、 ヽl:::::::::ヽ      /:::::::::::::::::::::::::::'::::::
                                      ヽ:::::::::::::∨:::::::::::::ヽ、____ ィ::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                       \::::::::::::::::::::::::::::ハ: : : : :{::::::::::::::::::::::::::::/
                                          .\::::::::::::::::::::::::ハ: : : :.l::::::::::::::::> ´
                                           ゝ、:::::::::::::::::ハ: : : |:::::::::/


207 :◆vsQyY1yD2Q

            ,. -‐ '"´  ̄ ̄ ``ヽ 、
        ,. - '´            ., ヽ、
       /                 ``ヽ、
     /                   :::::::ヽ、
    /                      :::::ヽヽ
    ,'                       ::...:::::ヽヽ
    i                 ヽ.   ',  :::::::::::',ヽ'、
    l  ,            ...   ',ゝ、 ト、 , :::::::::::',.、
    i  i           ヽ ヽ;:::... ::i =', lミヽ,',:::::::i.,::i_,.ヽ,_
    ',  ::!       ヽ、  :ヽヽ;:ヽヽ:::l"´}'ヽ`リ:::::i', リヽ、
    ', ::',     ',ヽ、ヽ\:....:ヽ ヾ、 リゝゞ-'´i /',:i ',ゝヽヽ、   よしっ! 今日、この時をもって
     i :::',   :ヽ、',=ゝ,ヽテミヽ、'、   '´   ソi'´!::::',`` ヽ,    私は、アリアハン王女である事を捨てるぞ!
     i  :::',   ::〃ゝ!.,_,!'::::},.    ヽ     /',::!';:::!',   l
     !,i :::::::ヽ'ヽ、::::ヽ、ゞ‐ '´     i    ./;;;ヽ! i::!',   !    私は ただのカガリだ!
    ./イ ::::!:::::.リ::ヽ',``',‐``     _,. -‐ 'i  /!;;;;;;;;;', i:l  , i,
    ' / .::ィ::,.::i,::::::,ヽ、 :',‐ヽ、    ヽ.,__,ノ / ',;;;;;;;;;>リ ,!/|     やる夫、お前も そう呼んでくれ!
    / ,. '7/7リヽ;::',ヾヽ、ヽ`‐二` ‐- ..,,_'´_/  ,'ヽ,;;/   ヽ,!       他人行儀はナシだ!
   / '´ リ /   ヽ',  ヽヽ,`、  ``>‐- 、   ,.. !;;>´    ヽ
      /     `   ` ヽヽ‐-く,;;;;;;,/,,.    !;イ      ヽ
      /            ヽ、ヽ‐‐-.、   ',;;;',      `,
     /,..、       ',      ```、;;;;;ヽ、  ',;;;;',      i
    ヽヽ',`` - .,_    ',;,        `ヽ;:::::`ヽ、',;;;;;',    /
       ',    `ヽ、  ';;; !         `ヽ,;;;;;ヾ,;;;;i   /
       ',      ヽ., ;; !           `ヽ;;l;;;i ,...ィ'、
        ',       !ゞ-'- ...,,_          ',!;/  !  ',
        ',      !,: : : :   ``ヽ.、      //  ,'i   '.,
         ',      l\: : : :ゝ、   ヽ,  _,. ' .l;;;|  ,!i    ',
         ',     l  ヽ,: : : : `` ‐--,‐ '   l;;|  !i     ヽ,
          ',.     l   ゝ,.ヽ、: : : : : !    l;;;! ,'/\     ヽ

                                              *  _______
                                       / ̄|  +   /         ヽ   +
                                       | ::|    /⌒       ⌒   \
                                       | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
              こっちこそ よろしくだお、カガリ!   ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
                                    | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
                                    | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
                                    | ___)  ::|   .>          \
                                    ヽ__)_/   /                 \


208 :◆vsQyY1yD2Q

                                          ,.ヘ、___ __
                                       ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                                     /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                                    〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                                    ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
      話は、まとまったようだな。             // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
      まずは 祝着至極だ。               ./  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
                                   |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
      だが、この国を離れ                 \l,! ヘ|Z仔彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
      橋を越えて レーベに辿り着くまでは        ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
      セイラン卿の動きを牽制する必要がある。       |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                                      | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                            /}         .| ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
                           /ー'/ ./}.       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
                        ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
                       /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
                      /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
                     | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
                     ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
                      l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
                      |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::



                    ___
                  /      \
                /     、_,ノ  ヽ
               /       (● ) 丶
             /         (⌒  l
            /             ̄l__)     __
         r‐ ‐-- 、               ノ    |  ̄`》    そいつは、俺達の役目だろ。
         上: : : : : :>‐-.、__         /      〉二〈
     レ<>_、: : : : : : : : :>      /        |ニニ|
    /: : : : : : : : :ヽミ、: : : :/>ヾ,__ン         |三ニ|
  /;. -‐- 、: : : : : :=ド、ヽ//   j `.-、         /ヘニ7⌒)
 //_/ ̄ヽヽ |: : ニ||: }}: ≫≪=: : :_≫      / ィニにン-、
||`|`i⌒j |||二//: :}}: 二//: /           / ノ / _/-、
/∧ ゝ二 ノ ノ: !二ノ_ }}: =//: :\            |  (__,イ_,. -<
| ヽ` ー--イ : =∀ニ|r‐_、」」、}: : : ≫    (`ー‐┴ー┴‐ー┴---'‐'")
|: : :`:ー┬': : =/二 \: : :=}}ニVX´        ̄,《「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄
": : : :|=: |=: : =|ニ: : : : \ノ=三|:、\      ri´: : | ̄ ̄ ̄ ̄|


209 :◆vsQyY1yD2Q

                .  -─………─- .
            .   ´             `丶
           /: :    .              ヽ
         ./: : :   . : :               ヽ
        ./: : : : . : . : : : . :              ハ
       /ィ: :  . : . : : : :. : : i:   :. ./l:        ハ
        /: : . : : . : : : i: : l: : _ィ:  : } l-i:  .i: .  .   ト
       ./,: : : /: : : : : .li: /i∠、l:  .イ: .|zヽ∠ヽ:.} : .   }丶
      /' l: : /l: : : :i: : lィてノ}` | / .l: .代ィfタ`∧l: . : i: . l
        |: / l: : : :.ヽ: | ゝ一'  V  V` ̄ ̄´ ヽハ: : l: :.∧     待て、これは私の問題だ。
        l ' .l イ: : i: :ヽ       !       ハ:ヽ:.l: :∧ヽ
          .l'イ: :,' :ハ        '       /-|: ヽ∨: iヽ.\   お前達には……。
        ./_.. Vi: :  .ト、    r─¬   .∠: :l: : .ヽト: ヽ
        ̄ /: :.V: ',  l`丶、  ` ̄¨  .ィ l: : :.l∧: }:ヽ\ヽ
        /: :_ ィ: i:ヽ .|   `丶、_ .  / jl: : lー ∨へ:i  ヽ
        ̄  /:|/:|: ∧l      i   ./ /:l: :,':::::::V:::`丶
        _/:::::::::::::l/:::::ヽ.     .|  ./イ  V  ::::   ::ハ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ    .l/  {          ハ
   . <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ    ヽ  .l     .      }
  /:::::::::::::          :::::ハ    }  l     ', i    /





                                                     / ̄ ̄\
                                                  /  ヽ、_  \
                                                 (●)(● )   |
                     おっと、それ以上は 言わないでもらうだろ。   (__人__)     |
                                                  (`⌒ ´     |
                     お姫様とは関係ないかも知れないが       {          |
                     俺と やる夫は 関係あるんでな。          {         ノ
                                               mm   ヽ      ノ
                                              (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                  ̄ ̄ ̄|    |


210 :◆vsQyY1yD2Q

          (⊃ ̄ ̄\
        (⊃   _ノ  \
       (⊃   ( ●)(●)
        |     (__人__)      と言う訳で やる夫。
        |     ` ⌒´ノ
          |         } \     俺達は、セイラン卿への牽制が済んだら
        /ヽ       }  \    そのまま キメラの翼で ロマリアに戻る。
      /   ヽ、____ノ     )
     /        .   | _/
    |         / ̄ ̄(_)
     \   \ /| JJJ (
      \  /   /⊂_)
                                                    ___
                                               /      \
                                              /ノ  \    \
                    となると、またしばらく お別れかお?  / (●)  (●)    \
                                             |   (__人__)        |
                                             \  ` ⌒´       /
                                            ノ            \
                                          /´               ヽ


211 :◆vsQyY1yD2Q

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ー)(ー)
      . |     (__人__)    まぁ、そうなるな。
        |     ` ⌒´ノ
      .  |       nl^l^l   だが、さよならは無しだろ。
      .  ヽ      |   ノ
         ヽ    ヽ く
         /     ヽ \



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)    代わりに、こう言わせてもらう。
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }     「 追 い 着 い て 来 い 」
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;        同じ 冒険者的に考えてな。
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


212 :◆vsQyY1yD2Q
                                                 ____
                                      , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
                                    -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
       分かったお!                    .''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
                                    //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     .|
       すぐに 追い着いて、追い越してやるお!    ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
                                  /    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
                                  \___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \


          (ヽ三/) ))
           ( i)))
       / ̄ ̄\ \
     /   _ノ  \ )
     |    ( >)(<)
    . |   ///(__人__)    その意気だろ!
      |     ` ⌒´ノ
    .  |         }     待ってるぞ、親友!
    .  ヽ        }
       ヽ     ノ
    ⊂ヽ γ    く
    i !l ノ ノ    |
    ⊂cノ´|     |


213 :◆vsQyY1yD2Q

           .            _   -─…‐-  .
                      ´          \
                  //               ヽ.
           .         //     ,             ',
                   /イ  _」厶」! イ ,  ,        }
                 ノィ ト|スメl/ l/|∠l、 /    !
                    /八| {r': }    y弋lイ|  /   i   親友か……。
                  /イ {  ー'′  {ー': 八!/,ヘ  l
                    l /l>、  、_  `¨´/ /ノ ト、|   ちょっと 羨ましいな。
                    |/  }>:>ty─‐ァ彳  ィ´{ヽ.|
                      /:/  / / : //くト、| `
                    {:{   ' / : `く: : : : ヽ
                    j: |  i l: : : : :_ン : : : :}
                     /: :l  j | : : :{\ : :/
                   {: : :|、/L.」: : : :`ーf'´
                   ヽ:_」 \: :L:_:_:_:_:」
                       '、 : : i、: : : : : :|
                       j_ : : l ヽ: : : :|
                     {__>┘ \:_:亅
                           ヽ_}


214 :◆vsQyY1yD2Q
        //__/_/ / |  ヽ \\ ',
        r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
      // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\.          やる夫、それと 姫……いや、カガリ。
    ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ         お前達は二人しかいないんだから 無茶はするなよ。
     r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}
     | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ.        ウチでは 一人しか紹介出来なかったが
   /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL
,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、    他の町でも、仲間になってくれるヤツがいないか
  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \  探してみるといい。
<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.     //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
   .,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
   /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
  .,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
 /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'



                                        (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
                                            (((i ) __ ( i))) 
                                            / /⌒  ⌒\ \
                                           ( /( ●)  (●)\ )
                             分かったお!     ./::::::⌒(__人__)⌒::::: \
                                           |              |
                                           \             /


215 :◆vsQyY1yD2Q
                                   / ./   .    . :  :  . :      . :   : :
                                   |./ l  . :   . :./ /  . :l     . :   . :    :
                                   l' .l  . l . :  . :/メ/ l . : : l  : . . : :,l  . :.|  : . :
                                     | : ハ : . : :l`lヘヽl : :/|  . : :./ l . /l  : . :
                                     l :/ N: , : | ゙斗≧:/、 l  : :./  / /_l . :./:  . :
                                     ヽ:l  N:ハ : | 、ヒ::N、  ヽ: /z=/∠二≠| : イ:  . : :
               ありがとう、ルイーダ。.           `   'ハ |  ` ̄`    ヽ  彳、__/::::/l/ミ  ./: :
                                         ,': : :.l    , '      ┴-- <_, / /: : :
               無理を聞いてもらって 済まなかった。   ./ イ .l   ,             /' / . : : :
                                        ' / . ∧  、                  / . : : : :
                                         , : : : ヽ               , . :  . : : :
                                        ,' : : : /l:ヽ `¨`丶 、      /ィ . : : : : :
                                     ___N : :./_.l/-ヽ `゙       _ ィ  . : : : :/
                                   /´    | : /   /∧、___  <:.:.:.::./  . : : /
                                 . /         l /   //   }、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::/ . : :/


          z-へ へ へー-
        ノ ̄i┴   /- // \
      < /  i   V/l \\l
     / /  / / l  l     \ゝ
    / /〈〉 l/  / ∧ l  \ l \\
   /  l / l l 彳\V/|丿( ヽ\ \
   l  / .l l トiイ l \/ヽ\ )  l  ト
   / / l l l∧ i li    レハ. /人 l 丿 〉
   l  ハ  r ー-ii-、\  ,,-ーll-、l/l l/     ノー・プロブレムだ。
   l l l i L-〒Tァ=  ,  ッtTゥ、/l ) /
    \ヽ ヾ丶=~"  . l   "~./レイ l.     やる夫は、意外と掘り出し物だぞ。
    / l、≡三イ    l      7 イ l l     少し性格に難があるがな。
    / l ヾ ミ》   .-      ./l  l  l
   /l l l  ヌ ミゞ ャ-=ュ. / l  l  l l     せっかく紹介したんだ、仲良くやってくれ。
   l l l l l  \  .ゞ≡\\/\ l  l l l\
   / l l l  l\l \   ゾ\_ {  l  lヽ \
  /. l  l  l\ .ヽ. . ゝ- <   lヘヽ_l\l lヽヾ \
 r .l l /. l  .l \ \,    \ l l l l .  l  l\\ l\
r  ー/   l  ヽ\ \,     ト\ l . .l . l゙ ゙ ゙ヘーーヾミーミ
⌒/ /   l, l ヽ  L,,     .  \l l l l  //三二=彳
,,/  /  r ヘ\,, l  \ ,,)        l . \\l /  ll /  ‖
  /  / 《 / く,, l    l,,       /\ \ \ .ll  ll .‖


216 :◆vsQyY1yD2Q

                                         ,.ヘ、___ __
                                      ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                                    /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                                   〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                                   ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
    それと、アリアハンの事は任せておけ。      .// / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
                                 /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
    ルイーダの酒場も しばらくは            |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
    ほとんど開店休業状態になるだろう。      \l,! ヘ|Z仔彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                                   ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
    その間、私が キサカをフォローしておいてやろう。.  .|lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                                     | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                           /}         .| ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
                          /ー'/ ./}.       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
                       ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
                      /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
                     /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
                    | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
                    ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
                     l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
                     |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
                     /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
                    /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::


: : : : : : : : : . .    ヽ: : .ヽ: : .ヽ `丶、 \
: : : : : : : : : : : : .    }、: . }!: : }     、\
: : : 、: : ',: : : :',: : : ..  |´\ハ: /i  i  `丶、\
ヽ: : ヽ: :ヽ、: :ヽ: : :  | .z≠_、ハ |    `ヽ`
:.|\: | \ヽ\:ヽ\: . j不フヽ i! | } \: : .  \    そうか!
.:| zヽ|二ミ`  `` ヽ/ ヒ':::::ノ,.  i /、: : .\: : : . .
.:〃不.ノ::`}        ` ̄´  イ: \: : :.\、: : :    ルイーダが、そう言ってくれると心強い!
:\ 辷_ノ'´     ヽ       }/| .\: : : \: :
: : :\ ̄        i       / `ヽ          キサカと、弟達の事は 頼んだぞ!
: \`ー-ヽ      ...ニ--,     , '
: : :\ヽ、     〈   `}  /  
: : : : :.ゝ、     ヽ、__.ノ イ   
:\: : : :\`>   ._  ‐ //
: : {ヽ、: : :\ ヽ、__ `¨¨ ./ー-


217 :◆vsQyY1yD2Q

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /     それじゃ カガリ、冒険の旅に出発だお!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /       草原越えて、荒野越えて
  /          \.         眠たい目をこすって行くお!!
 /             \                                 ______
/  /\           ヽ                              '"´        `丶、
 /   \          ノ                        /                ヽ
U      ヽ        ノ                        /                   `、
                                    .     ′                     ',
                                       { i       /  ∧  厶 ト、     ',
                                       | {   i  A /  ヽ/r≠ミ、ヽ  _ }
                                       |∧   {厶f汽ミ、    ト‐ヘ}V  }∨
                        ああ、行こう!         \  \」ー }     `¨¨Z_  レヘ
                                           }   ド ̄  、 _, 、   /  } 、_\
                        一緒に、どこまでもな!    .|ヘ ヽ、  V  }  ///リ  \
                                             ∨ _> `二 ィ´}≦二Z…¬′
.                        まだ見ぬ街を目指すぞ!    ./イ/  j   ', Y  {
                                           __/   /{  {  | } ∧
                                           〉 \_,/ 〉  〉 } { { 〉、
                                            └ '"´  /  厶 ⊥」 V し}
                                                \_{  _,  レ'`¨´
                                                    /   /| |
                                                _/   / !  }
                                                ト-r┘ V^ヾ
                                               └'′   `¨´


218 :◆vsQyY1yD2Q
          ._
           \ヽ, ,、
            `''|/ノ
             .|
         _   |
         \`ヽ、|
          \, V
             `L,,_
             |ヽ、)  ,、
            /    ヽYノ
           /    r''ヽ、.|
          |     `ー-ヽ|ヮ
          |       `|
          |.        |
          ヽ、       .|
           _ヽ、-‐…‐-ノ_
           ´         `丶
        /              ヽ.
        / /   、   ムzA /}       \
        /   _j」\/≫,ニzメ/  L.、 ヾー\
       i / 、_〕L  ″{_,ノ:V   l } 、   \
       |/|  {{.ハ    ー‐'イ   |ノ  丶r‐'′
.          |/l ぃ. ー'      / /lハ  〔`
.          |/l人  (^j_..∠l/´ ̄`ヽlヽl
           ムr'T"¨{{ く> 〉       ゙ヽ.
            { {: :{   ` ‐ '′      ヽい
            `'ー'─…ァ¬ニ二´     V
               {  ,  -──……‐ヘ
               `フ _  -─‐ァ─‐rぅ'′
               / `´    ,∠.._  ノ´
          __, -'′     /` ̄ /   ┼ヽ  -|r‐、. レ |
         「:{    ,  ri'′  , '′    d⌒) ./| _ノ  __ノ
           丶\ /   ぃ   /
           `¨´     `゙ー'′


219 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第1話 「やる夫が目を覚ますと、アリアハンの宿屋にいたようです」は終わりです。
サブタイトルは、作成宣言所に投下した予告にあった 最初の仮タイトルですね。


いよいよ 新連載スタートです。

DQ関連の書籍から引っ張ってきたネタ。 それっぽく捏造したネタ。
様々なネタが入り混じって 独自設定が渦巻く話となりましたが、いかがだったでしょうか。


今回は初回と言う事で、解説が多くなりました。

女性キャラも、まだ少ないですね。
話が進むにつれて、徐々に増えていくと思います。

作成宣言所のレスの中に、『GPM』の 森 精華の登場を楽しみにしている方がいらっしゃいましたが
彼女の登場は、もうしばらくお待ちください。
どこで登場させるかは もう決めていますが、それは もう少し先の話となります。



次回更新は、3/20(土) 20:00〜を予定しております。
変更があれば、こちらと『やる夫スレ系案内所』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


     ,..._ 
    /:::・:>-、
   ,r:::::::::::i ̄
  /;;;;;)ハノ))
   (,,゚Д゚) < オオガラス!


221 :◆vsQyY1yD2Q
【 オマケ やる夫に紹介されなかった一人 】
      、\:::::::::::::::\\:::::::\
      `ミヘ、ヽ::::::::::\\:::::::\
      ィく、:`ヽ、:、:::ミヽ\\:゙、::\
        フ、::::::::r‐、_;;:r-‐‐┴-、',:`l!
-‐‐‐‐- 、/  ゙、_.r|{´/:,:'/``ヽ、   \j
\     |    ゙、 .〉 '|::/ ヽr‐、\/´ヽ
::::::\   l     ヾ '´    `゚、'_ノ"ヽ::゙:、        マダム・ルイーダの試験に 7日!?
 ̄``ヽ.        〉.  r‐、__、 |   ゙,::|
    ヽ    ,.イ‐|   `ァ l``'     l::!        アンビリーバボー!
    /    /、ノ ヽ.__/  |.ヽ、    l:|
.  /   ヽ. |‐'゙_____  /l::::|      リ   r‐、_ :  ありえない……なんて スロウリィなんだ!
/       l | ´!     ,`´ノ::/       : rr‐-、`、
ヽ、      ,' ! ゙、   / //         _ `'r‐、ヽ|
  `''ー‐--/ |__'、 /  |〈       r'´ノ、__ノ ) ゙, :
      /  | O`〉/  |:::|       : l ´  rヽ  /
     〈    | //    ゙l:|         |  /   |
      \ |'´/   |  l|       ヽ、(   /
       // ´|    ヽ |       /´{ `ヾ. /
‐-、  O/::/  |     ヽ|、     /  ゙、  /、
   _O /::/    |      `、   /    \/ ゙、
''"´   〈::〈   |      /-‐'´       ` _,〉   ストレイト・クーガー
   O |::|   |    /           /´     職業:盗賊
      !:l     ヽ、 /           /      性格:でんこうせっかよりはやい
,,. -‐'' ´ ゙、゙、    | ./           /



                                                   _,,. -─- .== -,..-‐、
                                                . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
                                               /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
                                  . ,`:::,....          /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
                                  ..  ,,:::....       {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
              と言う訳で、コイツは紹介出来ん。  . !、:::::::(,       Vi ハ ●     ●.^ヾイ}.リ|    |
                                     . :ソ:::::).     ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
              相性が悪過ぎる。               .`ふ,     \トゞミゞ ヽ._) U../ | }.|   |
                                         !、::!、     | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
                                 .          `'~~━i⌒\| |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
                                 .              \  | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |


オマケへ          10 第2話へ

新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術冒険図鑑―野外で生活するために (Do!図鑑シリーズ)
新 冒険手帳
―災害時にも役立つ!
生き残り、生きのびるための知識と技術
冒険図鑑―野外で生活するために (Do!図鑑シリーズ)

この記事へのコメント
なんだこのスレ…面白過ぎる!
カガリが可愛い上に、なんかワクワクするのがいいな!
Posted by at 2010年03月24日 14:51
ストレイト・クーガーならしょうがないね!
Posted by at 2010年04月05日 14:47
たしかに、なんかカガリがかわいいw
彼女の良い面をうまく描写してるね。
世界観もモンハンみたいな感じで、ドラクエがネトゲになったらこんな感じみたいでいいわー。
Posted by at 2010年05月08日 11:05
性格の不一致じゃ仕方ないなあw

確かにこれは紹介できない。
Posted by at 2010年08月17日 22:52
モンハンと言うより世界樹を思い出した
Posted by at 2010年08月17日 23:44
おもしろいな
ここまでうまく変えるとは思わなかった
Posted by at 2010年09月13日 23:41
DQ3ネタでもう幾つ目だよ!と思ったが、
これはおもしろい。

キャラメイク系のRPGは発想次第で
どうとでもなるのだな。
Posted by at 2010年09月23日 04:31
いいね、サントラ掘り出して見てるよ。
Posted by at 2010年11月15日 18:59
真逆、あんなに仲間が増えるなって此頃は思いもしなかったな〜
Posted by at 2010年12月09日 02:02
久々に1話から読み直してみたがやっぱりこのやる夫はいい奴だよな。
自分がこの状況に陥ったら絶対にこんな早くに覚悟を決めるのは無理だし、
厄介事をいきなり抱え込むなんていくら可愛い女の子が相手でも断るわ。
オープンスケベだって男なら当然だし、ムッツリ野郎より余程安心できる。
つうか、なんでこいつはニートになってしまったんだろうか?w
多分不景気で就職できなくてニートになってしまったんだろうが、
バブル時代に就職してたら元の世界でも確実に大成してただろうな〜
Posted by at 2010年12月17日 08:02
クーガー兄貴ならしょうがないな
Posted by at 2011年07月17日 10:10
お前に足りないもの それは 情熱! 思想! 理念! 頭脳! 気品! 優雅さ! 勤勉さ!   そして何より速さが足りない!!!
Posted by at 2011年09月21日 20:07
別の意味での「速さ」なら足りなくていいだろ……。
男のシンボル的に考えて。
Posted by at 2011年11月11日 18:25
兄さんは腰のフリが早いんだよ
Posted by at 2012年01月06日 06:05
カガリがかわいいだと…
Posted by at 2012年02月27日 12:12
これは面白くなりそうだ
Posted by at 2012年07月02日 17:21
ていうかこのクーガーについていける勇者なんているのか?
なぜか星降る腕輪と疾風のバンダナとはやての腕輪を装備してて
かつ常時ピオリム状態ですって言われても信じられるが
Posted by at 2013年04月28日 16:50
確かに超優良物件だったな
Posted by at 2014年04月10日 16:35
210でやらない夫が「そのまま キメラの翼で ロマリアに戻る。」って言ってるけど
この時点で準にゃんはルーラを覚えていたはずでは?
Posted by at 2015年03月12日 23:31
2人が仲間になるくだりで不意にジ〜ンと来た

これが全ての始まり。懐かしいw
Posted by at 2015年07月25日 03:26
そして でんせつは はじまった!(各自で「序曲」をどうぞ)
つくづくすぎやまこういちは現人神だよなぁ…
ゲームのOPが年々派手になっていく中、(容量削りの苦肉の策とはいえ)FC版3での黒背景に白文字だけというのもインパクト高かった。

>そいつは、俺達の役目だろ。
やらない夫、頼りになるぜ…!

>女性キャラも、まだ少ないですね。
>話が進むにつれて、徐々に増えていくと思います。
よもやこの先あんな事になるとは、この海の節穴のリハクを持ってしても(ry
Posted by at 2015年08月25日 20:20
カガリは上に立つには向かないけど先頭に立つのは向いてそうだな
Posted by at 2016年09月19日 23:56
政治家じゃなく軍人でもなく戦国武将の気質だよな
Posted by at 2016年11月09日 18:29
上のお二人さんは上手い事を言う
原作のカガリは確かにおバカだったけど人望はあったし、戦士の素養も備えてたからね
Posted by at 2017年01月07日 03:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36399529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ