■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/3 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年03月30日

第3話「それぞれの道」(2)

第2話へ  2     第4話へ

25 :◆vsQyY1yD2Q
【 村長の家 】
       ..,,-= ::;; .,
     ,-=;: ..: .   ミ
  彡''‐- ,,.. ::: .: ;;:爻
,-=';;::. .: :::;..ミ ...::彡三ミ         ,/ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
 ゙゙ー,,.从 . :::;.ゞr'´::. :. ...:ミ        /  ヘ三   三;;;::ヘ  ..: :-=:.
; :: .爻 :: ..: .r': :.. .::;;;爻: . li)       /   ヘ三三  ::: :: ヘ彡 ;:.爻ミ;:..
ゞ . :: :;; ::.:彡-=,, .,: :::; ::彡       ,/    ヘ :: : :... 三 ヘ; :: .从:;': : ...: :ミ
  ヾi:..l|  |l:::iヾl|:::i|         /,,___,,ヘ,,_____,,ヘ::(i;:. .. .爻 :.;:i;:.
   li:..|l  l:::i|. li:::l       .,,-―|l ,-―-,  l|l       l| ミ''-=,,..:: :;彡
   |l:::i|  |i:::| |:::li      l´ ゙゙̄'|l |l_l_l_l_l|  l|l       l|  |::ll |i::l
   il::;|i  li:::|i li:::|      |ロlロl .|l |l_l_l_l_l|  l|l       l|  i::l| l::i|
   li:..|l  |:::li  |:::li     :|ロlロl :|l '‐--‐'  l|l       l|  |::il l::li
   |l:::i|  l:::il  l:::il      |ロlロl |l       l|l       l|  li::| |i;;|
   il::;|i  |::ll  ,|:::li   キキキキキキキキキキ____,,l|_キキキキキキキキキキキキキ
  ''゙゙''゙'''゙゙`''゙゙''゙'''゙゙`''゙゙''           `''::.   `''::.
 ; ;;; ; ;; ; ; ; ;;;;;:::: .; ;: ;; :: ;:;::;; :;;:: . . . :. . .. . .: :. `'';:.、   `'';:、 ;; ;: ;:: :::. ... : ...: .... ..



       __...,,,   ...,,, _
   ,.-''"´         ` 丶、
. /                \
´                   \
                     ヽ
                      ',
    |  ,ィ  ,    / ,          |
   ,l ハl ',  ハ|  ∧ |          l
 ',  l|/テfミ∨ 、 _', /ニ',ト、 ,イ|    /    村の北東にある大きな家……。
  ヽ |'´{_ノf`    ∨,f=rfミ、メ l  , ,ィ /
ヽ/ `'、 ̄´ ,     ゞヒり `/ / /ノ !     ここが 交易所で教えてもらった
../,ィ l    ':::::      ` /'´  l'´ {      村長の家みたいだな。
/´l  ヽ   ゙        /   l /   '
  l  , \  ヽ      ノ,ィ  l/  、 '、    って、どうした やる夫?
_,.ィ   ハ | `ヽ  _,,.. - 7´/  /′  ヾ丶'、
‐イ /7 '1   ̄`''‐ァ f´7  / l  ト 、 ヽ、`
 l //__,,.!      | / / /  l,  ',  ̄``
_,.|/'"l/      | / /イ`丶、 !`ヽ、'、
   ヽ       |!  `ヽ  `  `ヾ、


26 :◆vsQyY1yD2Q
      ____
    /      \
   /  \   ,_\
 /    (●)゛ (●) \    い、いや、なんでもないお……。
 |  ∪   (__人__)    |
 /     ∩ノ ⊃  /    ( レーベの北東の家って……
 (  \ / _ノ |  |         魔法の玉のじいさんの家じゃなかったかお? )
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /





                                           _∩.      人
                                          / 〉〉〉   /V(゚ー゚ )VVVY
                                          {  ⊂〉  r'´         >
                                           |   |  / ./ノ \ \  >
                                           |   | .//(●)  (● ) §小!jゝ
                    あ、センパイ! チョリーッス!     |   |/:::⌒(__人__.)⌒::: §レノ、ゝ
                                           ヽ   |     |,┬‐ |     川リゝ
                                            \.\   `ー ´   。゜/
                                              \  ∞     ∞_ ヽ
                                               ヽ  ∞∞(____/


27 :◆vsQyY1yD2Q

         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \     おや、そちらの方が もう一人の同郷人ですか?
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |    はじめまして、レーベの村長 パー速で できる夫です。
   \      `ー'´    /
    ノ           \




                                     ☆    NNNN.人N\  *
                                       *  \  (゚ー゚ )  \  ☆
                                     +     <         `ヽ、   +
                                         * </ /" `\ 〆ヽ \ *
                                      *     //, '〆     \ \ ヽ  ☆
                                      + ☆ 〃 {_{    ⌒  ⌒\│ i|    +
       この人、俺がモンスター仲間にしたって聞いて  ☆     レ!小§ (● ) (<)ヽ、 i *
                                    *      レ §  ⌒(__人__)⌒:: | ノ
       俺を 家に招待してくれるって言うんスよ♪      *       / _/ } `ー'´   / +
                                            / ⊂  \∩ノ ⊃|
                                           (〆 ⊂ / _ノ   |
                                           .\ “∞∞/__ /
                                             \  /___/





         ___
      /)/\  /\     いやいや、まさか この 「DQ3」 の世界で
     / .イ ' (●)  (●)\   モンスター使いに会えるとは 思いませんでしたよ。
    /,'才.ミ).   、_',__,    \
    | ≧シ'           |  是非、話を伺いたい。
    \ ヽ           /


28 :◆vsQyY1yD2Q
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\    やる夫達は、できる夫さんの話を聞きたくて来たんだお。
 |        ̄      |
 \               /



                                                   ____
                                                 /     \
                                               /  ⌒   ⌒\
            おや、そうですか。                       ./   (● )  (<) \
            では、詳しい事は 家でお伺いすることにしましょう。  |       __´___    |
                                             \       `ー'´   /
            どうぞ こちらへ。                          〉         ⌒ヽ
                                         .     |          、  \_
                                               !          ヽ   _⌒)


29 :◆vsQyY1yD2Q
      ___________                      : . : : . : : . : : . : : . : : . :| i |
     |i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;||i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|                         : . : : . : : . : : . : : . : : . :| i |
     |i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;||i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;| ,-、                              : . : : . : : . : :| i |
     |゙==========||===== ⌒Y⌒| ii )                            : . : : . : : . :| i |  iヽ
     |i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;||i;i;i;i;i;i;i;i;i;i || ;i; `-'                                : . : : . :| i |  ヽi`i:|\
     |i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;||i;i;i;i;i;i;i;i;i;i || ;i;|                                     : . :| i |  |`i :| i;;;\
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|| ̄                                        | i | |\ ' | i;;;;;;
                     ||                                    | i | \i .| i;;;;;;
_____________ ||___,___,________,________,__| i |    | i;;;;;;
                    /|\                       :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: `- !、    | i;;;;;;;
                ,-;,------、                         :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: \  .| i;;;;;;
                i;; ヽ,,.. ........ヽ.、                         :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: \| i;;;;;;;
                ! '';,)::).............)::)                               :'. .,: :'. .,: :'. .,: \
              :'. .,:\'i--------i:              ,--- 、               :'. .,: :'. .,: :'. .,: \
             i\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ((,',',',',','  \ \                :'. .,: :'. .,: :'. .,:
           :'. .,: |i\\               \ i\    \  \ \                :'. .,: :'. .,: :'.
                \\_________ \  \    \  \ \                 :'. .,: :'





         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \     さぁ、どうぞ。 ようこそ、我が家へ。
    /   (⌒)  (⌒)  \
   |      __´___     |   それじゃ、そちらの やる夫君の話から伺いましょうか。
   \      `ー'´    /
    ノ           \


30 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \
      / _ノ  ヽ_ \     それじゃ、ぶしつけな事聞くんだけど
    /   (●)  (●)  \
    |  u.   (__人__)     |    できる夫さんは、
     \    ` ⌒´    ,/    なんで レーベの村で村長をやってるんだお?
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ.
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     元の世界に帰る方法を探すのは 諦めたのかお?
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                                                    ___
                なるほど、それですか。                  ./      \
                何度か聞かれた事がありますね。            /_,ノ   \  \
                                               / (ー)  (ー)   \
                僕も、この村に住み始めて                |      '         |
                かれこれ 1年近く経ってますから。    ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
                                        ヽ_ノ   /          \


31 :◆vsQyY1yD2Q
: : :   : : : :  : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :  :  丶`ヽ`,
: : :   : : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : :/',: : /:   ',  ヾ、
: : : : : : : : : : : : : :.i: : : : ; :/: : : iヽ: :/-‐|:: /:.   :. ヽ
: : : : : : , : : : : : :,.イ: : ;イ:i-',: : .||: 〉' z=リミi: : .ト、ト、:.ヽ、
: : : :: :/: : : : :,.イ'/: /z=リミ,ヽ: :| V ' iト‐ノ,.|: : ./ ヾ、`丶...、
: : : : /: /,. - ': : |/イ' !ト‐-ノ, ヾ!   '´ ̄ i: :/   l      確か、この世界に最初の 「客人」 が現れたのは
: : : :/: :': ,: : : : :.|  -ゝ‐'"      ヽ   .}: : ,  |
: : : /': /: |: : : : :|           /   /: : .ト,  |      一年ほど前の事だ。
: : :/:./: : |: : : : |         __,,..  ./: : .| .l l
: : .i/: : : :l: : : ∧:|丶      '´ - /: : : : | .∨ 
: : : .イ: : :l: : ,イ ヾ  `丶、      / |: :∧: :.|
,./ .}: :/: : /. \      ` ‐,- '::::::}::/::::ヽ:.l`i
   /,イ /    ヽ      /:::::::::::/':::::::::::ヽ|/
 ,. -' ヘ、    l´|     ∧::::::::::::ト;:::::::::::::/ `丶、
'      ヽ、  |:::i     { !:::::::::::| \:::/    \





                                               _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
               僕は、最初の一人ではありませんが          ,r'        \
               だいたい同じ時期に こちらに来ましたね。    / ⌒          ヽ,
                                               ( ●)   `―    ..i
               一ヶ月ほど旅を続けて                i.      ( ●)    |
               それからレーベに腰を落ち着けたんです。     \ _´___       /
                                                \`ー'´   __/


32 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \    腰を落ち着けた理由は……そうですね
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /    この世界に 骨を埋める決意をしたからですよ。
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /
                                                   ____
                                                 /     \
                                               /_ノ  ヽ、_   \
                                              /(●)三(●))   .\
                                 それって……。   |   (__人__)       |
                                              \ ヽ|r┬-| /    /
                                              /   `ー'´       \


33 :◆vsQyY1yD2Q
     /                          \
    /                             .ヽ
   ./                  : .   : : .       \
   ./             : : :     : :    : : :       : ヽ
   l .          : .  : ; : ; : .   ト、: :  トi: : l: :      ヽ ' 、
   |. : . :       : ; : . : :.ト,ト; : .  | 丶: : .ハト; . .i: : l   : . ヽヾ!
   |: : : . :   、  : :\: : :.| !ハ: :. :|  ',: : l-‐',: ,イ: : i  . : : : l ヾ、
   .|: : : i: : . :  ヽ.  : :ヽト、: | ._ ヽ: ..l  丶:lz=Vミl: : / . : , : l
   |: : : リ: : :    \: : |-‐z=_ ̄ ∨   Vi_,.'::ノ` l∨: : イ:ト;: ./
   .|: : : ゝ: :   : .  :l`ヾ〃'´}`!`       ゝ-‐'´/: : /l/ l/    骨を……埋める?
    |: : :i .l: : :  \ :',〃!{_,.':::::},.      、   /: :/ .'|  '
    |: ,: { i.l: :    \'、ゝ-‐ '       ヽ  /.イ: :  . .|      どう言う意味だ?
    |:/: :ヽ! l: :     丶          /  ,.イ: :  ト;|
   .lイ: : : : :l: : : . : 丶、\        _,.   /!': :  ト!丶
    /: : : : : :',: : : : .  `ヽヾ、     -‐'  /::::j! i:  l. !
   /: : :.イ: :/〉:ヽ: : . . : .ヽ‐- 、    ''  /::::::/lハ  ,イ、
   /:,イ': /:/:l.∧:\: : . ト、`‐-`=‐-  - ' :::::/ リ |: / |l:ヽ
  ' /.i /' r‐' }‐-ヽ‐\: : .',:ヾ、{{:::::::::::::::::::::/    .l/ .||: :\



                                                       ___
                                                  /      \
                                                 /ノ  \   u \
                                               / (●)  (●)    \
                    この世界で、一生 生きていくって事だお。   |   (__人__)    u.   |
                                                \ u.` ⌒´       /
                                               ノ            \
                                             /´               ヽ


34 :◆vsQyY1yD2Q
               ____
             /     \
           /        \     あの頃、僕のパーティも
          /  \    /  \.    ロマリアまでは 到着したんですよ。
         |    (●)   (●)   |
         \      ´     /    しかし ―――
         /      ̄ ̄    \


35 :◆vsQyY1yD2Q

  アリアハンとは比べ物にならない凶悪なモンスター達。

  そして、北国の過酷な環境。

       : : : : : : : : : : : : : : : : : ; ;_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : :._:.;;''".._:.::;;:':.:. ..        ..:...:..:::.:::;;:;:;';:
       : : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´: :: : : : : :_,..:''""`..:.;:;:':::.:.. . .      ....:...:....:.';;..:.:'.';;:::.::
       : : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':'
       : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..      . . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':':'"´
       "..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     ....:...:...:.:.:::.:::.:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:..
       :'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'" : .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : .
       . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ....::.:::;;;:';':'':'"´: : `_,.,...::.':'"...:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :
       . . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. . ..:.:.:;:;;':':'"´ .  _.,..:''"、:.:::.:::;;:;:;';';':''':'"´. : . : . : . : . ::
        . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . .  .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
       . . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
            ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
         _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
        ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'、;':'":'"  . .
       ,.,:'".,:::;:':;'' .                . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
       ';'::'''"                              ;、.x,,;..v、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
           、v,..v、                     :w爻爻爻彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
       ─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;..─'ー ッ森k ー─---xw‐ーー;、x,v、;爻ミミ爻炎彡ミx;: -─: ッ森w ー ywv、‐ー
       ゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ;∠二ヽ,....:;~'' ,;: ; :; ::..::::y爻爻ミ゙'爻ゞ炎炎彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
       '' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ;:; '',;: ;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
       ";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
       :  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
       :;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
        :  ; .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . '  :   '',  ; ' '  ;  '


36 :◆vsQyY1yD2Q

                                                   _____
                                                 /       \
                                                /_ノ   \   ヽ
                                                  i(ー)  (ー )    |
                      僕はね、怖くなってしまったんですよ。   .ゝ  __`____      j
                                                 ` _`ー'´    /
                      それ以上 旅を続ける事が。          /    _    `i
                                                /  ̄`Y´   ヾ;/  |
                                               ,|    |    |´  ハ
                                               |    |    |-‐'i′l
                                               |__ |   _|   7'′
                                                 (   (  ̄ノ `ー-'′



       : : : : : : : . . . . : : : : : : :  : : : : : : : : :` ‐- ...、
       : : : : :  : : : : : : : :: : :   : : : : : : :ヽ--─ ' ´
       : : : : : : :   : : : : : : : : :     : : : : : ヽ
       : : : : : : : : : : : : : : . . : : : : : . . . : : : : : : 丶
     . : : . : : : .i: : : : : ト、: : : : : : ; : : : . : : : :,、: : : : \
    : : . : : : : : : .ト; : : : :l \: '.: : : :ト; : : :; : : : :|``丶 、_>
     : :;: l_ヽ: : : l-',: : : :l ‐,.>=、:',ヽ: : i: : : : :l
   :::ト, : :ト;|z=ミ、: :l \: :l〃r'`}ヽ\i:.\.ト.、: : :l
    l.,〉: |r' )ヽ`ヽ|   ``' ヒ:;:シ, .l`: : : :`ヽ、:丶
    〃V{_r'::::ノ,    、  ' ̄ ̄ .|: : : : : : :ヽ`ヾ、    ……………。
    : :\-ゝ‐'´     丶     l: : : : : : : : 丶
     : :ト; ヽ        !     /: : : : : : : : : ヽ'、
: :;     : ', `ヾ、     _   イ: : : : : : l`丶、: :ヽ、
: :〈ヽ   : :i     rニ´.. -'  ,.ヘ: : :ト; : : |   \: :',
: l`丶: .   : ヽ、     ´ /::::::::::∨ヽ: : |     ヾ!、
`   ',: ト、. . : ヽ` ‐ 、._,.イ::::::::::::::::::::ヽヽ: ト、    丶
ヽ   ヾ! 丶、: \     /:::::::::::、::::::::://ヾ!. i
 丶      {` ‐-ヽ、  .∧::!::::::ト.、;;:'/   }
   \    l:::::::::::{   i  }:::::::::i `'     イ
    丶  __ヽ::::::::l   `  }::::::::::ヽ    / .|
          ',ニ二、    l::::::::::::::〉   ' .イ
          丶::::::ヽ   |::::::::::/    /.|


37 :◆vsQyY1yD2Q
      ___
    /_ノ  ヽ_.\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\    ……それで、どうしてレーベに?
 |        ̄     .|
 \              /





                                                           ___
           有り体に言ってしまえば、安全だからですよ。                 /      \
                                                     /ノ  \   u \
           あなた達、アリアハンからレーベまで 旅をしてきましたよね?    ./ (●)  (●)    \
           この周辺に出没するモンスターを考えてみてください。        |    __´___    u.    |
                                                    \ u. `ー'´       /
                                                    ノ           \


38 :◆vsQyY1yD2Q

  NVVVVV人\
  \   ( ゚ー゚) \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     \ \ ヽ    この辺に出てくるって言えば
  〃 {_{   ─   。─ │i|
  レ!小§  (●)  (●) .| イ     スライム、大ガラス、一角うさぎ、大アリクイ
   レ §    (__人__)  |ノ
  /     ∩ノ ⊃ 。/l.        こんなとこっスかね?
  (  \ / _ノ  |. |
  .\ “∞∞/__ノ  |
    \。/____ノ



                                                    ___
                      あと、東に行くと ホイミスライム         ./     \
                      バブルスライムなども出てきますね。     /ノ   \  \
                                               /(●) (●)  u \
                      しかし、それでは足りないんですよ。   | u  __´__   U    |
                      「 食 物 連 鎖 」 として考えた場合。    \_ `ー'´    _/
                                            ⊂ ヽ∩ /        \
                                             '、_ \|         |
                                                \ \  /  /


39 :◆vsQyY1yD2Q
       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\    食物連鎖……。
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /     あっ! この辺、肉食動物がいねーお!
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ
     r     ヽ、__) (_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ



                                                    ___
                                                  /   ヽ、_ \
                                                 /(● ) (● ) \
                     そう言う事です。                /:::  __´__   :::::: \
                                               |  l^l^lnー'´       |
                     それだけ安全なんですよ、この地域は。  \ヽ   L        /
                                                  ゝ  ノ
                                                /   /


40 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /     \
    / _,ノ  ⌒ \           もちろん、肉食の捕食者がいないのには訳があります。
   /   (●)  (●)   \
  |     、 ´       |  (( ∩))    正確には、彼等は追いやられたんですよ。
   \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
   /          \



                                                     /VV人VVVY
                                                    /  (゚ー゚ )  /
                                                    r'´         >
                                                 / /ヽ/ ゛゛\  \>
                                                / /  (     ゝ'   ,ミ
                                                |i│ __ノ \_   }_}  ヾ
                             彼等……って、誰っスか?   ト | (●)  (●) §小!、ゝ
                                               (,|  (__人__)     § 、ゝ
                                                \ ⊂ ヽ∩ 。゜ \
                                                 |  |  '、_ \ /  )
                                                 |  |__\∞“  /
                                                 \ ___\_/


41 :◆vsQyY1yD2Q

   サソリ蜂、フロッガー……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       /lハ
                       | |:::∧..          /⌒)
                       l |:/三ハ..         ;′ /  ,. - 、 ,. -、
         「ハ             l |/ /;;:;:〉        .,l  /  l  ,.ィ゛,.-、 ヽ
         | |エハ            !|メく//ハ       l   {    ゝ'  { 'ヲ ,ノ-、
         l |::三ハ           | |///彡∧.      ヽ ゙、,r''"‘__   `` r'⌒ヽヽ
         ∨::::::::∧          l |// /彡ノ        `ヽ、`‐-=ニ ̄`丶、゙、._,ノ \ (⌒)
          ∨:  ::∧      ,,,,,,,,,,,| |///_/    ...  (⌒'(⌒)`ヾこ''ー'´ ̄``     (⌒)' ソ⌒)
           ∨: >:∧   ミ; ;;:;:;:;:;:;:;∨,/        (´`'   '⌒)_ノヽ、__,     `ゝ  ,、⌒)
            ∨イ\∧ミ:;;:,---、,---、;:;三        `¬、'゛ イ''´ ̄``ー-、      {、  ,!  ̄
             `ー⊂=={l:|、  | ,,ィl0:}==っ           ヽ /             、   ,/
                  ミ;;l::| ヾゝ/ j::ノ;:lミlハ.        ,r''⌒|               _ニコ_
                  lミ;ヽl/: : : : //:ミ;|::l:::ハ       _|   ゙、          ,.-'"    ヽ
                     |::ト-K〒ヲ''ミ'''lノ ∨::|     (_`'ー、__丶、       /  ノ      }
                  /:::} ヽ:::::l   iム Lノ、     (´ rー ,r--‐`ー-     _,/     ノ
                  |:::」  \:|      `ヽヲ     ´'--'        ̄ ̄く  -―‐v−、
                 ノヲ    ト}.                           `r−,、⌒)ー'′
                 リ´     Y)..                             `ー'  ̄


                     { ̄ミヽ、 \___/,.r:;'"´ ̄)
                     ヾ 。 o /__.))ノヽ  o 。{
                      {  o |ミ.l _  ._ i.)pO  ;:i
                     ゞ-r  .'ミ/.´・ .〈・ リ ―‐ー'  < アリアハンはワシが育てた。
                       f 。 i   r、_) |  。 。 }
                      ヾ o. \.`ニニ' /..o 。 /
                       ゞこ:ノ `ー―′._,,.ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                  それに、人面蝶ですね。


42 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /::::::::::  u\
     /:::::::::⌒ 三. ⌒\
   /:::::::::: ( ○)三(○)\    え゛、アリアハンじゃ
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |    昆虫と両生類が 食物連鎖のトップなのかお!?
   \::::::::::   ` ⌒´   ,/
   ノ::::::::::u        \     あ、でも、でっかいスズメバチって考えたら……。
. /::::::::::::::::     u



                                                     ____
                                                  /     \
                  そう言う事になりますね。                 / ⌒   ⌒ \
                                                / u (=)  (=)  \
                  今は ちょっと状況が変わってるんですけど。  |      __´___      .|
                                               \     `ー'´     /
                                               /            \


43 :◆vsQyY1yD2Q

   僕達が この世界に来るより はるか昔の話なんですけど
   元々、サソリ蜂も 人面蝶も アリアハン大陸の全域に棲息していたそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         ''';;';';;'';;;,.,    か・・・ま・・・
                          ''';;';'';';''';;'';;;,.,   開拓・・・し・・・
                           ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                           ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                rっ        vymyvwymyvymyvy、   開拓します
                ||       mVvvMvyvmVvvmvyvmVvv、
                | ハ,,ハ   .ハ,,ハ (゚ ゚)ハ,,ハ (゚ ゚) /ハ(゚ ゚) ハ,,ハ  開拓します
                ( ゚ω゚ )( ゚ω゚ ),,ハ( ゚ω゚)/,,ハ ゚ω゚)  ( ゚ω)-っ 開拓します
           ハ,,ハ   |   _二二二つ ω゚ )(\ ( ゚ω゚ )二⊃   ハ,,ハ      開拓します
     ((⊂二( ゚ω゚ )二ノ   /( ゚ω゚ )  ⊂二\\_/ハ,,ハ二二(  ゚ω゚)二⊃))    開拓します
          ヽ    | (´ ._ノ ヽ    ハ,,ハ つ  \(  ゚ω゚)  |    /
           ソ  ) \\⊂二二二( ゚ω゚ )二二二⊃ ⊂_) ( ヽノ
          ( < \  レ’\\   ヽ   /   i ) ノ     ノ>ノ
           \|\|      レ  (⌒) |   /ノ ̄     レレ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          ところが、当時のアリアハン王が 農地、牧地を拡大するために
                          軍隊をもって、彼等を 平地から追い払ったのです。


44 :◆vsQyY1yD2Q

   今では、サソリ蜂、人面蝶が棲息しているのは
   レーベ東の、いざないの洞窟付近の鉱山地帯か

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    _,-、
    _        _      _/ j: :゙、
    / 〉ヽ    // ヽ  _,,,r' /: : : \    ,.-ー、
  / く: : : \ ,,;' ,'゙"''ヾ:、r' __,,/: : : : : :゙ 、_,,r'"  ゙i、
,.‐'´   ヽ: : : / /   /,r'  }: : : : : : : :i \   ,': :\      _
 i!     ,r' , '    ,;' i!   /\: : : : : :〈: : :}、,,_ ,': :: : : ゙ 、  // ヽ
,ri;|!、,i!        / ,ri;|!、 i!   ヽ: : : : : : : : : .,': : : : : : : : ,,;' ,'゙   ゙:、
;;゙,:゙゚''ri;|! ,i!      ,,;i;;゙,:゙i;|!ri;|!、   i!: :_:,.:_:..:;.:_:_:_: : : : : : : : : :
''"´'r-゙"''" ̄⌒゙゚゙゚''"´゙"''゙"!''''"´'゙"''゙゚"''"゙` 、   ,r'゙゚゙゚''''" ̄''''" ̄⌒゙"´'゙"''゙
                         ゙:、, '゙゚     ,r=-‐''"´ ̄```


                                           ,.,,.
                                           ll!l!lii! ←ナジミの塔
                ,.,,.,,.,,.,,.,、- 、,.,,.,,.,                _,-<>>
                _______;;;;:;___________( f:: "'i! ',_____________
                : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヾ,.,.,./:": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                              海を隔てた ナジミ島ぐらいです。


45 :◆vsQyY1yD2Q

          _,.. -‐‐'' '' ´ ̄``ー-、_
       ,.-'´             ``ヽ、
      /  ,                \
     /   ./   _  .,  .,/i   ,  ,  、.  ヽ
    /   / .,i,   `メ、/ |  ./!  /', i',    '.,
   /  ,  .i./ l  /' /'__\ ! /.i / ,i, l-‐,   , ',
 /  .i.   '  ',. ./,,-===、ヽ!./ !.//=',l_ .i,  `,,i    ./
´    !     .'/ ´     `.l/  l' '´ ̄'ヽ、!', i', i',!  ./     その話なら、私も聞いた事があるぞ!
  _,,  i. /! /  l `   ,、   '        / / ! !リ ./
 ̄/  !/l /   i   / ``ー 、__  `    /,i,/'i// ./        そのおかげでアリアハンは
../ _, ´`i'   .i、!.  /       ̄` ‐i  /' .l !l´ /
'-'´ ,i  , `!  i '、 i        `, ,i   / /'i ,/    .       世界一の大国になったんだよなっ!
  /,/! i,.  l、.  '、        .i,/   /. /,〃     ./
  '´ .`'´.',  ! ヽ,  ヽ、      /  // /´" /    ./
.       ', !、 ヽ、_ ` - 、_,.-‐'´,. -_´-'i/   /    /  /
       ,iヽl. \  ``ー‐‐,'ヽ´    ./'  /    ./  /
   ,.. -‐'´`! `  ヽ,    /  ,,ゝ   ノ / ./    /  /
-' ´     |     ,l   .i.,-'/     ./ /    / ./   ,
       .l     l   / /      ././   ./ ./   /
       .|     | /´ ./      /./   / ./   /'



                                                _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
                                               ,r'        \
                                              / ⌒         ヽ
     はい、その通りです。                              ( ●)   `―    ..i
                                              i.      ( ●)    |
     平地から 人間を襲う肉食モンスターがいなくなった事により      \ _´___       /
     アリアハン王国は 広大な生産地を得る事に成功しました。        \`ー'´   __/
                                               ,-'"X ヽ  ̄,イ !:: ヽ __.
     これが、後のアリアハンの繁栄に繋がったわけですね。       __イ:::::::|l, \/  | !:::::ゝ::::::::::::::~゙l
                                             ,-‐'":r┤::::/|,イソ\ ! ヽ: ̄!::::::::::::::::|
                                         |::::::::|:::::::::,! .' / l     〈:::::::|:::::::::::::::!
                                          |:::::::::::|:::::::j    !-|     ', :::: !:::::::::::: !
                                          !::::::|:::|:::::::j    |-┤     !:::::l,:::::::::::::,!
                                         ,!:::::::,|:::|::::::|    ├┤      l,::::|:::::::::::::|


46 :◆vsQyY1yD2Q

                                                      ____
                                                    /      \
             レーベの南の森の中には                      /__ノ  ヽ_   \
             ナジミの塔に通じる洞窟があるはずだお。           ./ (●)  (●)   \
                                                 |    (__人__)      |
             あそこから モンスターがやって来たりはしないのかお?.   \   ⊂ ヽ∩     <
                                                   |  |  '、_ \ /  )
                                                   |  |__\  “  /
                                                   \ ___\_/



              ____ _
            /          \
          /              \
         /    _            丶
         l    ノ }    ⌒\   /⌒ l
         |   / .ハ ::;;(  ●)  ( ●)|   ところが、それが無いんですよ。
        .l   // .ム-,..,. ´"''"  ,  "'' ´.l    おかげで、アリアハンは今でも安全なんです。
         \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /
          |フ入     l       /     もちろん、これにも理由はあります。
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ      当時のアリアハンが
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }.      これを狙っていたかどうかは分かりませんけどね。
     / ,..........    ',       l}_|./   j
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
   //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
  j j       、    l        l ,._ll′
  l |      `ヽ  ヘ        l! /


47 :◆vsQyY1yD2Q

   ジメジメした地下通路は ―――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             || \   :. :. :. : . :. :.::
             ||  \ . :. :. :.:.:. :. :.:.: .: .: .:
             ||    \ . :. :. :.:.:. :. :.:.: .: :.
             ||     \ . :. :. :.:.:. :. :.:.: .: .: .: .: . :. :. :. : .: .: . :. :.||:.: . :. :. :. : . :. ::
             ||      ||\: .: .:. : .: .: .:. . :. : ,/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:.||:.: . :. :. :. : . :. ::
             ||      ||  \ .:.:. :.:. :. :. /  || . :. :. .:     ||. :.: . :. :. :. : . :.: :
             ||      ||   t==-==== |   .!|       . : :||.: .: .: .: . :. :. :. . :
             ||      ||   ||      |   .|| . / . . : .:   ||.: .: . .: . :. :. :. . :
             ||      ||   ||      |   ,|| .         ||.: .: . .: . :. :. :. .
             ||      ||   ||      |   .!|. :. :. :.:...:    ||.:. :. .: . :. :. :.
             ||      ||   ||      |   /⌒)     .:.:. .:||.: .: . .: . :. :. :.
             ||      ||   ||      |  ;′ /  ,. - 、 ,. -、 . :. :. :. . :
             ||.   ,   ||   |!、___  _! .,l  /  l  ,.ィ゛,.-、 ヽ .: . :. :. :. .
             ||      ||.   ,!::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.\l   {    ゝ'  { 'ヲ ,ノ-、 :. :. : .: .:
             ||    :.  |  / . :. :. :. :. :. : .. ヽ ゙、,r''"‘__   `` r'⌒ヽヽ:. :. :.:.
             || ´    ||/           `ヽ、`‐-=ニ ̄`丶、゙、._,ノ \ (⌒)..:
.                               (⌒'(⌒)`ヾこ''ー'´ ̄``     (⌒)' ソ⌒)
                                  (´`'   '⌒)_ノヽ、__,     `ゝ  ,、⌒)
.                               `¬、'゛ イ''´ ̄``ー-、      {、  ,!  ̄
                                     ヽ /             、   ,/
.                                ,r''⌒|               _ニコ_
                                   _|   ゙、          ,.-'"    ヽ
.                               (_`'ー、__丶、       /  ノ      }
                                  (´ rー ,r--‐`ー-     _,/     ノ
                                   ´'--'        ̄ ̄く  -―‐v−、
.                                              `r−,、⌒)ー'′
                                               `ー'  ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                        ――― フロッガーの生息地なんですよ。


48 :◆vsQyY1yD2Q

           (ヽ三/) ))
        ,___ ( i)))
      /     \ \
     /   ⌒  ⌒ \ )    フロッガーにとっては、サソリ蜂や人面蝶もエサです。
   /     (>)  (●)ヽ
   |    //  、__',_, // | =3  ですが、彼等は ジメジメした 地下通路から出てこない。
   \            ,/
 ⊂ヽ γ         ヽ      おかげで、フロッガーが 本土とナジミ島を隔てる防波堤になっているんです。
 i !l ノ ノ            !
 ⊂cノ´



         ____        ああ、フロッガーも 危険なモンスターですよ。
       /     \
      /  u   ⌒  \      小さな子供程度なら 丸呑みしますしね、あれ。
    /      u (●)  \
    |           __´_ |.    飲み込めないぐらいに大きいと、向こうも手出ししてきませんから
     \    u   .``ー/    わざわざ 戦う必要は無くなるんですけど。
    ノ           \


49 :◆vsQyY1yD2Q

                                                      ___
                                                   /     \
                                                  / ヽ  /  丶
                                                 /  (●) (●) ヽ
                     なるほど……上手く出来てるもんだお。     .l::::⌒(__人__)⌒:::u:l
                                                 \  |r┬-|   /
                     そりゃ この国は 栄えるお。            /   `ー'´   ヽ
                                                 し、       ト、ノ
                                                   |   _    l
                                                   !___/´ ヽ___l

          ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \     ええ、現代知識があったからこそ 気付けた事ですが
      l^l^ln (●)  (●) \
      ヽ   L  、  `      |    広大な平地に、人の天敵となる 肉食モンスターの不在。
       ゝ  ノ   ̄ ̄    /    この国の立地条件は、破格です。
     /   /         \    まだまだ、この国は発展しますよ。
    /   /            \
  . /    /         -一'''''''ー-、.
  人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


50 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
.    /       \     ……あれ? それだと 草食モンスターが 大繁殖して
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|    農作物に被害が出るんじゃ?
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \





        もちろん、定期的に 大掛かりな狩りをする必要があります。

        そして、それもまた アリアハンの発展に寄与するのです。  (( (ヽ三/)        (ヽ三/) ))
                                                (((i )   ___   ( i)))
        なぁに、狩り手には困りませんよ。                 / /   ./ノ   ヽ_\   ヽ \
        なにせ アリアハンはかつて                     (  く   /(●)  (●)\   > )
        「冒険者の聖地」 と言われてたんですからね。         \ `/::::::⌒ __´___ ⌒:::::\' /
                                               ヽ |       ̄      |/
                                                 \              /



      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     なるほど、農作物を守るためにやってた狩りが
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |   結果として、今の生態系を 維持して来たって訳かお。
 \               /


51 :◆vsQyY1yD2Q

              -────-
          - ´: : : : : : : : : : : : : : : :` ー 、
          ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: :\
      /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ-ヽ
    /: : ∧                     ヽ
.    ′: : l l. .                      ハ
    l: : : :.{___}.: : : : : : : : : : : : :        . . : : : : |
    l: : : : : : : : :.イ: ハ: : : : : : ,、: : : .!ヽ: : : : : : : : : : :l
    |: : : : : :l: :./ l/ >、 : /  \: :l\ヽ ∧: : : : :}リ
    l: : : : : : V` ̄´  z、/      ヽz  ` ̄l: : : : ,'    ……なぁ、あいつら 何か難しそうな話してるけど
   ,: : : : : : : ',     l、l        l、l    /: : : 〈     一体、何の話をしてるんだ?
   /: : l: : : : : :ヽ    ∪      ∪   /; : : : ハ
.  /: : :.l: : : : : :l-ヽ              イ: : : : : :ハ    ショクモツレンサ とか セイタイケイ って、なんだ?
  L -'l: : へ: :.|、       _      /: : : : : lヽl
      l〃  >l::>、   〃  ::}    . イ: : : , 、 .l
     r ´ ̄ ̄`ヽ:::> ゝ--- <::::::::: l <  リ
     {、__,、ノ  r-- ´ ̄}___:ゝ、__:}
      /   j  _ ノ /‐ ....:/::::... \ l  \





    NVVVVVVV\
    \        \
    <         `ヽ、
    </ /"" \ .ノヽ. \
     //, '〆     )  \ ヽ
    〃 {_{   ノ    ─  .│i|
    レ!小§ (●)  (●)  | イ
     レ §  (__人__)   .|ノ   俺にも、さっぱりっス。
       \    `ー'´   ノ
r、     r、/        ヘ
ヽヾ 三 |:l1           ヽ
 \>ヽ/ |` }          | |
  ヘ lノ `'ソ           | |
   /´  /           |. |
   \. ィ              |  |    Λ  +
       |              |  |  ( ゚ー゚) ← なんとなく理解した。
                       ̄ ̄


52 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /  ⌒   ⌒\
    /    (⌒)  (⌒) \   僕が、レーベに腰を落ち着けたのは
     |       __´___    |
      \       `ー'´  ,/.   僕の力で、この国を発展させたいって思ったからなんですよ。
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



                                                     ____
                                                   /      \
                                                 / ─    ─ \
                   内政チートtueeeee! ですね、分かります。   / -=・=-   -=・=- \
                                                |      (__人__)  U  |
                                                \     ` ⌒´     /



            ___
        /      \
       /  :::\::::::/::u\
     /   (⌒):::::::(⌒)  ヽ   そう言う言い方は よしてください。
    ..|  u.     、__',_,      |   否定しきれませんから。
    ...\     `‐'´    /
    . /⌒ヽ         ィヽ


第2話へ  2     第4話へ

この記事へのコメント
ああ、それで大ガラスを草食にしたのか。
伏線だったのね。
Posted by at 2010年08月17日 23:37
星野は止めてw
Posted by at 2010年09月08日 13:34
スライムかわいい
Posted by at 2010年09月14日 00:35
スライムより馬鹿なのかよw
Posted by at 2010年10月20日 02:18
スライム頭いいなw
Posted by at 2010年11月15日 19:53
後にベギラマを覚えるスライムは最強!
Posted by at 2010年12月09日 18:30
現実は厳しいのね
ゲームだとロマリアあたりまでは1時間ぐらいで行っちゃって二度と来ないのにw
Posted by at 2011年01月09日 05:45
この説明はよくできてる
Posted by at 2011年06月07日 19:52
できる夫はどうやって一か月でロマリアまで行ったんだろ
馬でもレーベまで一月かかるのに
Posted by at 2011年08月16日 10:58
スライム賢いw
できる夫が大臣やるべきw
Posted by at 2011年09月11日 15:58
俺はどれだけ強くなっても、サソリ蜂には出会いたくないw
Posted by at 2011年09月15日 12:57
>できる夫はどうやって一か月でロマリアまで行ったんだろ
馬でもレーベまで一月かかるのに

かなり、最初期の頃に来たって言ってたから、その頃は人員に余裕もあるだろうし
ルーラ持ちとかの熟練の冒険者が付き添ってたんじゃないのかな?
Posted by at 2011年11月04日 18:09
このスライムは成長して参謀になる
後輩ドラゴンを叱るスライムたん
Posted by at 2011年11月28日 06:11
ミルドラースならスライム×3で倒せます。
Posted by at 2012年02月04日 10:39
このスライム頭がいいがうまくすればマダンテ覚えるんじゃないか?
Posted by at 2012年02月15日 21:10
まあ突き詰めて考えると食料として食い出があって捕まえやすい大ガラスと一角ウサギは狩猟圧に耐え切れず絶滅するだろうし、工業素材として便利なスライムも鯨油並に狩り尽くされると思うけど。
そうなれば後は巨大昆虫の大繁殖と疫病の流布でパンデミック一直線。300年後にはアリアハンは無くなっていると思われ。
Posted by at 2012年02月22日 20:10
人口密度は恐ろしく低いし、食料事情が豊かなら畜産業の発展も見込める。
それと合わせて、大ガラスを飼育する計画が狩った方がいいと言う理由で一度倒れてるから、個体数が明らかに減れば(スライムや一角ウサギも併せて)計画が再浮上する可能性は高い。
鯨と違って、飼育が容易で、繁殖率もそれなりと思われるので個体数のコントロールはしやすいだろう。

後、魔法があるし、キリスト教も無いので現実の中世よりは衛生的な環境だと思われる為、疫病への耐性は高いと考えられる。
Posted by at 2012年02月26日 13:03
むしろスライムsugeeeeee。
Posted by at 2012年08月23日 12:59
そうか、仲間も装備も金も充実してたんだろうな
当時の仲間とかどうなったんだろう
生きてどこかに去ったのか、ロマリアで・・・なのか
Posted by at 2012年10月02日 14:39
4↑
オーストラリア大陸の規模で刃物使って狩り尽くす?
銃器使える地球側ですらカンガルー増えすぎて困ってんだが。
化石燃料がないと近代工業化は不可能だし魔法が便利すぎるせいで疾病も怖くないだろう。
Posted by at 2013年02月06日 21:26
スライムは当事者だから理解が早いんだろうなw
Posted by at 2013年03月31日 09:26
↑刃物どころか石器でいくつもの動物を絶滅させてきたのが人類ですが何か?
オーストラリアのメガファウナなんかは人類が進出してきた直後に軒並み全滅してる。
詳しくは『銃・病原菌・鉄 上巻』のP59とかP261とかを、見とけよ見とけよ〜(宣伝)
Posted by at 2013年06月02日 04:04
スライムかわいい。
↑同じ作者さんの『文明崩壊』も参考になるね。
Posted by at 2013年11月19日 00:40
中型&小型生物(魔物)と大型生物を同じに見るなよ・・^^;
Posted by at 2013年12月17日 07:45
このスライムなら頑張ればエボルシャス使えるようになりそうwww
Posted by at 2014年02月27日 17:57
カラスとスライム狩り尽くしはウミガラスとかの例見ればやりかねんだろうが
巨大昆虫と疫病ははびこらないんじゃね?餌自体が壊滅するんだし
Posted by at 2014年03月18日 01:51
スライムすげwそして否定しきれないのかww
Posted by at 2014年04月27日 03:07
>海を隔てた ナジミ島ぐらいです。
川でも湖でもなく海なんだな。
Posted by at 2015年01月14日 15:16
>俺にも、さっぱりっス。
おい17歳!高校生!w

>← なんとなく理解した。
…まぁこの嫁がいれば大丈夫だよねw
Posted by at 2015年08月25日 21:29
雀を棒切で叩いて壊滅させた大躍進政策さんになにか用?
Posted by at 2016年11月12日 17:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36754692
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ