■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/3 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年05月02日

第7話「カザーブでの『商談』」(4)

第6話へ    4   第8話へ

60 :◆vsQyY1yD2Q
                                   /: : : : : :´: : : : : : : : : : :`<: : : : : : : : : \: : : : :`ヽ
                                 /: : : . : : : : :,. . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: . : : : : :ヽ
                                 /: . . : : : : /. . . . : . : . : /. : . : . : . : : : : \: : : . . : : : l
      ……って、あら?            、    l. . : : : /:/. ,. . . . : ;. : : : ;l : : : : :,、: : : : : : : ヽ: : : : . . . .l
                            -     .!. : : : /:/. /. : : : :メ:_:_/ !: : : : / ヽ: :_: : : : : :l : : : : : . .|
      やる夫……?              ′  /: : : : :.:.:'-'1: : : : :/|;/``l: : : /−'`、´: l: : : l: l.: : : : : : :'ヽ
                              /: : : : : :.:.: :.:.l: : : /./,´-i l:/ ,=、丶v'、: : :|/.:.: : .: : : : :`、
      ねぇ、これ あなた達宛じゃない?  _/: : /: : :.: :.:.:.:.:.:.i'V´i / l:‐':l    ト::l ヽ 〉、/:.:.: :.:.:.: : : : : 丶
                             ̄ ̄ l : :.:.: :.:.:.:.:.:.l,  -'"l  ヽ:ノ     l:;:/  ノ_/' ´l.:.:.:.:.:.:.: : : : :|`、\
      親書の中に 紛れてたわよ。           .!: :.:.:.:.:.:.:;.:.:./\__l `       `´  '`/`/ヽ:.:l:.:.:.: : : : l  `
                                l: :.;、:.:.:/:/   _`、     `      /´    ヽ|:.:.: :/`V
                                 ヽ 丶'´   /`、ヽ`, 、_   ‐  ,. イフ`/ヽ、   l:.:/
                                      /    ヽY  l` ` ' ´/ `/   ヽ
                                      l    y   丶  ,../   l    l
         ____
       /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \   やる夫達宛の手紙が?
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/    一体、何なんだお?
    ノ           \
  /´               ヽ


61 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ┌────────────────────────────────────┐
     |                                                      |
     |                                                      |
     |    親書配達の報酬 後払い分                                      |
     |                                                      |
     |                                                      |
     |             夏 美 さ ん を 差 し 上 げ ま す 。                 |
     |                                                      |
     |                                                      |
     |                                          アンゴル=モア      |
     |                                                      |
     |                                                      |
     └────────────────────────────────────┘

                    ___
                ,. '´_... -┴- ._ `丶、
               / ./        `丶 ヽ
.               / /       __   介',
               l /      /     `ヽLl l
.              l /.:.... ,. ― /、  ,. ― 、 l  |
.              |l:.:.:.:.:.:.:.:,:_/     _   |  |
.              lヽへ:.:./ f,ハヽ    ' f,ハ ヽ. l rl
             l´l l.,l|  |:.:|       |:.:|  |!l ! l   てゆーか、信賞必罰?
.              ト、l lヘ、 -'       -' ノ7 /イ
.              |.:,:l l   , ,   ,   , ,  l /:.;:|
              ' ヘ l.ヽ、    n     ,.イ/K `
               / f ヽ l` ‐- ニ -‐ ´!l / |
                |. \ヽf Yク V ヽ、+/.l/  .|
              /  / _ !.(ヽ`v´/ ´ /   'l
               /_ {   Y j ヽ'′ /     l
             l、┬卜`ニイ     ト 、_. 'ノ
              ``| .ト--イ     丶 、__/
   ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
   | 信賞必罰 ( しんしょうひつばつ )                                      ...│
   |  賞罰を厳格に行うこと。                                            │
   |  賞すべき功績のある者には必ず賞を与え、罪を犯し、罰すべき者は必ず罰するという意味。 .....│
   └―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――──┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


62 :◆vsQyY1yD2Q

                                     ,. -‐-
                                     /     \- ──‐-、
                                    /      /       < ̄ ``丶、, -─- 、
                                 /     , ',               \     \
                                 ,'     /´       r'´           ヽ     i
                                  i    /         i    i      、 l     |
                                 !     ,'     /   / ! _ ハ  ',    ',i |      |
                                ,イ   ,' イ/    イ, - ミ‐'   メ‐入 i    i|! ,'       !
                               / l    イ/ ,.ィ´/  ,.、 l.弋ノ ,f⌒ヽ|!   l ,'     {
           な……な……な……。     /__,      ケ‐1 {  ヒリ :::::::::::: ∩  `,   メ      ヽ
                             ̄ /   / , イ  七ゝ   ノ::::::::::::::: り  j、 トKi      i ヽ
                              ,'   / ,〃/ハ. !    ´  ´  .ゝ  ノ ゝ'  ハ.     i`‐ ゝ
                               |   // ′  ``、   /´~~~``¬ヘ   / _/ ヽ    |
                               | /´        `ヽ、i       ! / ´    l   i l
                              !/   , -───ァ7L____」く       ヽ  i| ,'
                                ,  '´      / i   !  /  / ヾ─‐- 、   ` ,'〃
                             , - '    ヽ   く  イ   l /   ,'   i    丶、
                          ‐ '´        `,   ,/ |, イ``´フ、 イ   /      丶、
                                     /  く    |  L__/  / ヾ、        丶、
        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ   なんじゃこりゃあぁぁぁぁぁぁっ!?
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿


63 :◆vsQyY1yD2Q

                                               , ':⌒:ヽ: '´: ̄:ヾ: ̄:`:く: ̄:ヽ、
                                              /: : : : /_: : : : : ´: : : f⌒ヽ: : : ヽ
                                            ..,1: .ィ: /: : . .ー ,イ二 ト二..  ヾ: : i !
                                            /! ´/: / l: :.7ト/ !: : :ハ, ヘ´:.. l.ハ-' ト、 っ
           わ、私を あげるって、どうなってんの!?        ./: し.: :.i : l: /イ'fjiヽ /fハヽ、ハ: :l、 ト _j: ヽ ゚
                                             !: : .:.:..:.:l イlイ,i  l::!. V l::j  トハ/!:.:. : :. : }
           確かに、今回の騒動の 大本の原因は私だけど.    !/l:.:.:.:.:.:.:人ヘ` ー///,///ー' / ノ:、:.:.. ::.l、l
                                            l:.:.:/レ´ lヽ rー‐  ⌒jノ´ 丶ト、:.:.:.i
           え? なんで???                     `ン _....,、</オ`ー- - ィァ'んヽ  l:.:/
                                           / {. -‐{ l/ハ'\ __ ,.ゝ'/)´  ヽ ´
                                         , ニ ィ>l 二)'_く     _f/ハ'    l
                                            /´  / _r-< ′``====='、f'/    j
                                        !   l ィ!j_ニ ヽ        V    /
                                        !   >' ヽ‐_,  'ーく ー 、   /    l
.   ∩∩∩    .    ∩∩∩
  .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
  │ ___  つ      ⊂  ___ │
   ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ
  / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \    それは やる夫が聞きたいお!
  (  く   o゚((●)) ((●))゚o   > )
  \ `/::::⌒(__人__)⌒:::: \' /    何が どうなってるんだお!?
    ヽ|     |r┬-|     |/
      \    | |  |     /
...         | |  |


64 :◆vsQyY1yD2Q

           , -_-_‐- 、 _
       , ,' ´'/   `ヽ丶ヽ、
     , '´ / , l     (:::::)l 、_ `ヽ
   /  //  \    /  `ゝ‐ヽ、
   ,'   レ   ''''''',,` ` ´     /(:::) ',.    あっ、もしかして……!
   ',   l              l    l|
   丶   ',   , ' ´`ヽ、    ヽ、  /,|    アリアハンの勇者は
    \  ',   ゝ、    ``i  '''''' `´i/|     バラモスを倒すために旅をしているですぅ!
     ` ´ \  `ヽ、  ノ   " /´ |
       , -‐'ヽ  、 `´r ‐‐、, - '´  |
, - -―-//>--,   l``-|   l   /
`ヽ  / </ /  ノ,、`'   lー- '
                                             __ _   
                                      ,. -−-、/´ .:.:.:.:.:.`>‐- 、     __人_ノ/
                                       /.:.:.:.:.:_. -‐ .:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:\ _     〈
                                      /.:.:..:.:./      .:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´.:.:.:.`ヽ.    ヽ、_
                                   l ..:.:.::/.:.:.:/  . . .;l. . . . . . . . .:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.: l     /
                                    │.:.:./.:.::/.:.:.:、/.:.:/ |.:.:.:ト、.:.::.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:...:.:.:.:│     (
                                   l .:.l.:.:,イ.:.:.:.:.l\,′|.:.:.:| ヽ.:.:.:ヽ_,.:.:.l.:.:l:.:.: : . |      >
                                      〉.:.:レ.:.:|:.:.:.:/!'´,.ゝ、ヽーl-;=<.:.l.:.:.:.l.:.:|.:.:.:.、 ノ     /
                                    / :,:.:.:';.:.:ヽ:イ_{ lノ|  ヽj /ハ Vヘ.:.:j.:./.:.:.:.:.:.:ヘ      ヽ
          仲間になって手伝えって事!?      l.:.:.:l:.:.:∧:八:l 丶.り    !り ノ、∨Vi::.:.:.;.:.:.i.:.|  / ̄
                                    l.:.:∧.:.l::.:l::.::.:l. ' '   '    ´, ,u r__,ノ:::i:.:;.'.:l:. l:.:|
          確かに、世界平和のためだけどさ!  ∨ \ヽl::.::ノ'\  「' ̄ ヽ   人:::、::.::l/::.::i::;ハノ
                                      ソ-−- 、lヽヽ_ノ_, '   ∨ヽハ:.::.:l/
          アリなの、それ!?                 /     ヽ. ` ̄´/     `/7^ヽく
                                     l        ト、   ヽ、._ r〈. l / / ,〉__
                                      |         l、`   l::i. `V{.ノノ ⌒丶、ヽ
                                     l ヽ、       l:ヽ、_ノ:::ヽ./     /、_,. i ',
                                        |  ヽ      ';::::::::::::::::::/     /⊆ニ(ノl  〉
                                       l   ヽ      ヽ:::::::::::/    /ヽ、___ノ/
                                      ヽ:::::::'入     ヽ::::/    ∧ ト-- イ


65 :◆vsQyY1yD2Q

           .  -─………─- .
       .   ´             `丶
      /: :    .              ヽ
    ./: : :   . : :               ヽ
   ./: : : : . : . : : : . :              ハ
  /ィ: :  . : . : : : :. : : i:   :. ./l:        ハ
   /: : . : : . : : : i: : l: : _ィ:  : } l-i:  .i: .  .   ト
  ./,: : : /: : : : : .li: /i∠、l:  .イ: .|zヽ∠ヽ:.} : .   }丶
 /' l: : /l: : : :i: : lィてノ}` | / .l: .代ィfタ`∧l: . : i: . l      仮にも、辺境伯を さしあげますって……。
   |: / l: : : :.ヽ: | ゝ一'  V  V` ̄ ̄´ ヽハ: : l: :.∧
   l ' .l イ: : i: :ヽ       !       ハ:ヽ:.l: :∧ヽ     ムチャにも ほどがあるだろ。
     .l'イ: :,' :ハ        '       /-|: ヽ∨: iヽ.\
   ./_.. Vi: :  .ト、    r─¬   .∠: :l: : .ヽト: ヽ
   ̄ /: :.V: ',  l`丶、  ` ̄¨  .ィ l: : :.l∧: }:ヽ\ヽ
   /: :_ ィ: i:ヽ .|   `丶、_ .  / jl: : lー ∨へ:i  ヽ
   ̄  /:|/:|: ∧l      i   ./ /:l: :,':::::::V:::`丶
   _/:::::::::::::l/:::::ヽ.     .|  ./イ  V  ::::   ::ハ
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ    .l/  {          ハ



                                                     _...._
                                                  ,. ' ´ lYl ` ' 、
                                                 /__..._ -V‐- _..._`、
                     でも、ナッチーは                 〃´rO`';_::::_rO`';,`'i、
                                               /i:、弋;;;;゚ノ  弋;;;゚ノ ノi ',
                     ついさっき、フッキーに家督を譲るって   ,' !/`ー '   `'ーく::::! ',
                     決めたとこですぅ。               i  ', ゛゛゛     ゛゛゛ V i
                                              !   '、    O   ノ  i
                                              ` 、__..ノ`> .._.. 、-く__..ノ
                                                  /::/    ',::',


66 :◆vsQyY1yD2Q

              , - -
            /    、´ ̄`ヽ- ..
          ./   /        `ヽ _
          l  -/-  u         ヘ  ヽ
          ヽ / /  / u /  l        l   ヽ|
          _ノ j/| /、!/ |  ハ  l   ! l !   }   ……も、もしかして
         ヽ-{  fY r。、` ー! /、ヽ |  ! l |  ノ
          ヽ ヽl u` ー`' ´r。ニ ミl /レ T  {     私が 冬樹に 家督を譲るって
            ',   ヽ u  __ u ̄´/_ク    }     読んだ上での、この手紙?
           .ノ ヽ!V \ l_ノ  u/     ノ
              /! !r= ´7、 Vヽ!`ー       私って、そんなに分かりやすいかな〜?
            ./ 〈Vノ ー '  ヽ 
            / l /ヘ〉        ',
           /  ! ‐′      l  !


67 :◆vsQyY1yD2Q
             ___
          ,::'"~ミ  ~`丶、
        /___   Ξ ヽ
  r===ニ'ー――-- 二'''ー-= _:i
   ` 丶、 / ̄ ̄ ̄~二ァニ=二''_‐::-- .._
      / _,,. -_‐_''"::::::::/ -ー、! l'''‐- ニー、
      l l:::;.'~, ぅ;;;、i__l. {.ノ:::o}!l l ̄ ̄ ̄    あ〜、もしかして
      } l::::l [::::::ol l.  ヽ. `ー''ノ!:! l
      .l l1::ヽ `"" ノ     ̄  l! l        ナッチーは 人気者だからじゃないですぅ?
      l l i:::::l  ̄         /  }
      !  ト、:ヽ        /  /
      l _,/  ヾ=-,--(つ-:イヽ-ー'
      ~     /:}ヽ\_l::::ヽ
           /、/ ̄ ̄___l::::ヽ,、
                                    /: : : : : :´: : : : : : : : : : :`<: : : : : : : : : \: : : : :`ヽ
                                  /: : : . : : : : :,. . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: . : : : : :ヽ
                                  /: . . : : : : /. . . . : . : . : /. : . : . : . : : : : \: : : . . : : : l
                                  l. . : : : /:/. ,. . . . : ;. : : : ;l : : : : :,、: : : : : : : ヽ: : : : . . . .l
                                  !. : : : /:/. /. : : : :メ:_:_/ !: : : : / ヽ: :_: : : : : :l : : : : : . .|
                                 /: : : : :.:.:'-'1: : : : :/|;/``l: : : /−'`、´: l: : : l: l.: : : : : : :'ヽ
                               /: : : : : :.:.: :.:.l: : : /./,´-i l:/ ,=、丶v'、: : :|/.:.: : .: : : : :`、
                ……………あ。   ._/: : /: : :.: :.:.:.:.:.:.i'V´i / l:‐':l    ト::l ヽ 〉、/:.:.: :.:.:.: : : : : 丶
                              ̄ ̄ l : :.:.: :.:.:.:.:.:.l,  -'"l  ヽ:ノ     l:;:/  ノ_/' ´l.:.:.:.:.:.:.: : : : :|`、\
                                 !: :.:.:.:.:.:.:;.:.:./\__l `       `´  '`/`/ヽ:.:l:.:.:.: : : : l  `
                                 l: :.;、:.:.:/:/   _`、     `    u. /´    ヽ|:.:.: :/`V
                                  ヽ 丶'´   /`、ヽ`, 、_   ‐  ,. イフ`/ヽ、   l:.:/
                                       /    ヽY  l` ` ' ´/ `/   ヽ
                                       l    y   丶  ,../   l    l


68 :◆vsQyY1yD2Q

                                        _    ,.. -ーー:.、
                                     ,. ''"~,.- ''ニ丶ー-、:.:.:.:.:.Z~:. ̄:.:.`丶、
                                  ○ /:.:.:./ ''"~l ヽヽ ̄:.:.:.:.:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-Y''~ ̄ ̄ヽ、
                                    ;' /  /ヽJヽ、ゝノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:○:.:ヽ
                                  __,,l/  /:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:;:.:.:.:.:.:.:.;' ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.o:.:.:!
                             ー''''~ ̄     /;::7:.:.:.:.:.:l:.\:/ l:.:.:.:.:./ _,,L.-'':.:,:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
         そっか!                        ケ;.;!:.:.:./!''/`^l:.:.:.:ナ''~⌒ヽ:.:.;:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.i
                                _,,. -ァ '''" ̄:.o;.;ヽ,イ /'~  ,、ヽ/ ,.、  ヾ/、:.:.:.:/、l;.:.:.:.:.:.:.:.;'
         ロマリアを まとめるには     .-'''"  /:.:.:.:.:.:.:.:.;.;.;..;' '''l l!   lリ.    lリ   ! /ゝ:イ;.;.;.;.;.:.:.:.:.:/ヽ
         私がいたら 不味いんだ!    ー-..ー--:.:.:.:.○;.;.;.;.ゝ l.入、__.ノ .   、_ 彡、~ ^ );.;.;.;.;.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                  ̄'''ー-::;;.;.;.;./`ー!     __ ,,.. -、 u ._ノ;.;.;.;.;.;.;.○:.、:.:.:l
         『反逆者』 だから!                  ̄ ̄ ̄`7ヽ、 l7~ ~   ).イ_,,......!;.;.;.;.;.;.;.;.:.:.:lヽ:.:.l
                             ..,_            // /`ーヽ、_,,.. -''  ll !   ヽ;.;.、;.;.:.:.i ヽ;!
                               `''ー- ..,,_      .l/ / ,,. -、{  /ヘ、  /.l l    lヽ、:l;.:./
                                    `'''ー 、  / /'~   li//  \/ .l l     l  レ'
                                        ヽ;'     l  ./      l l     !
                                        /     L__/       l!    l
                                        l               !    l
   /          ,, ´ −‐--i` 、,,     \
  /            ===−-L i |,、    \
 /         ○二‐========ヽ     )
 i         l , '      ` ヽ ;;::::::::::::::::::::ヽ,,,,,,,/
 ヽ 、,/ /    l,'     ●    ', ~' ; ::;::;:::::::::\
    i       l          ',____、,'   ヽゝ.      王国に刃向かった過去を持ち
   /       l          ,'三三',   ● ',i     国民の人気も高く
  /         l ,       , '三三三' ,    l      権力の座を追われた女傑……!
  /         l  ' ー--=三三三三三='ー‐ 'l`i
 /           l     三三三三三三三三  l ヽ、   あの国が狙うには、これ以上とない人間ッ!!
 l           l                  l  l
 l            i      ヽ‐‐ー,__      /   i   今の内に消えてもらった方が、ロマリアのため ―――
 ヾ           /       `ー‐-´´    /    i
  \       /        ー     /     i
    ヽー-t‐;;,,ノ''ヽ、           , ' ´     ノ
     /      |` ' ー ,,   --ヾ' ´ 'ー‐-‐-- ' ´
     ヾ__/__/--´`ーフ  `\◆/ ヾーヽ
    /       ゝ、    \i >ヽ__ヽ_ヾ
    i          ヽ      \  i


69 :◆vsQyY1yD2Q

                                                /⌒i
                                                 _,,..、 .|  / ,..-、            /`l _
.                                          l   l | /´ l,、_ノ         l  |/ 〉
.                                                     |  i' '´_,,、    . ,-、,-‐'''"\ l  |レ'
                                                |  し''´ 」    . l  ._‐t  .|  ヾ'
                                                |  ,,.-''´      ヽ┘ l  /
                                                | .|                ! .!
                                                l、_ノ         、  __/  l
                    : : : : . .   : : :ヽ  : : : : . . : : \       j  ヽ.  | ̄  __,!
                    、: : : : : /: : : : : : : : ヽ、: : : :<´ ――――=ヾ /   └-...‐''゙ .
                     `ー ' ',: : : : : : : : : : : x ,ヘTブ゙  ,   _三ソノニ
                     \,、   ヽ、: : : : : :/ノ' /   / ̄ ̄  /Y:::ヽ ,`ヽ
                       /⌒Y ヽゝー-ヘ' ク ^`   /     ./_.ヒニ)、_ ヽ
   いいかげんにしなさいっ!  、  .i ヾ ` ̄ー /  / / /     / ノヘ' .(、::l  ヽ
                      \ l ヽ   /  '//       レ' ´ 、''1´:::::|   ヽ
                         |  `""/    イ     ,  ' ´  /ー≡:::z.'1_ ノ
                   .     |      / l    /    , イ ,l::::::::::::::イ:|
                       |        /   ./   /  ./ィ:t 、:〈 |:l
                       |         /   /     /   l:l (レ),ヽ::|.!j
                       |       /冫 /    .,'    ヾ   ´ ̄
                        jl      / ',__/    ,'
                   .   / ヽ      下、\   /
                      〈           ノ:::ヽ /
                       \_:::::::........   彡'::::::::レ
                        トー==―"::::::::::::〃


70 :◆vsQyY1yD2Q

      ____    ━┓
    /      \   ┏┛
   /  \   ,_\.  ・
 /    (●)゛ (●) \
 |  ∪   (__人__)   |    「あの国」 って、一体どこだお?
 /     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /
                                                 __ _
                                          ,. -−-、/´ .:.:.:.:.:.`>‐- 、
                                           /.:.:.:.:.:_. -‐ .:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:\ _
                                          /.:.:..:.:./      .:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´.:.:.:.`ヽ
                                       l ..:.:.::/.:.:.:/  . . .;l. . . . . . . . .:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.: l
                                        │.:.:./.:.::/.:.:.:、/.:.:/ |.:.:.:ト、.:.::.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:...:.:.:.:│
                ああ、エジンベアよ。            .l .:.l.:.:,イ.:.:.:.:.l\,′|.:.:.:| ヽ.:.:.:ヽ_,.:.:.l.:.:l:.:.: : . |
                                        〉.:.:レ.:.:|:.:.:.:/!'´,.ゝ、ヽーl-;=<.:.l.:.:.:.l.:.:|.:.:.:.、 ノ
                あの国と ロマリアは            ./ :,:.:.:';.:.:ヽ:イ_{ lノ|  ヽj /ハ Vヘ.:.:j.:./.:.:.:.:.:.:ヘ
                昔からの因縁があってね……。     l.:.:.:l:.:.:∧:八:l 丶.り    !り ノ、∨Vi::.:.:.;.:.:.i.:.|
                                       l.:.:∧.:.l::.:l::.::.:l. ' '  '    ´, , r__,ノ:::i:.:;.'.:l:. l:.:|
                                       ∨ \ヽl::.::ノ'\   、     .人:::、::.::l/::.::i::;ハノ
                                           ソ-−- 、lヽ    _, '   ∨ヽハ:.::.:l/
                                           /     ヽ. ` ̄´/         .ソ


71 :◆vsQyY1yD2Q
【 モア先生と学ぶ 〜ロマリアの歴史〜 】
                               ┌――――――――――――――――――――──┐
                               |        ._,,,,,,,, ノアニール ,              │
                               |      .r'"″   ○ |__,/,/彡--―V!" ,r‐-,、    │
                               |    ,,,、ヽ,,,,,,,/二ニ"            ゙l‐'"   `i、   │
                               |  .エジンベア,/′   ○ カザーブ ¬"     ヽ   │
                               |  ‘".○ノ  .゙l,、  .ッ丶 ,r‐-‐'゙`        `X″ ....│
                               |      .,-'" `'''△   ‘|              y/ `'‐ .│
          ,. ‐ _..二i二.._` 丶、            |     丿 ○ シャンパーニ、  _,r'"フ〜'"`    ....│
         / ,. '´         ==(__)、       |     .|___△     i"  .,,,/i、l゙′ |          │
        / /       , -- 、   +',  ハ...       |     _,l゙  △,x、 、  フ.,-二._,l゙\ .ヽ        .│
     / /       /    ヽ/7 ',          |   ポルトガ   ゙l゛ ゙l`'''゙/  `゙i、 .         .....│
      |/      /     __   ヽ  l.         |   .| ○.,,'"   !○′\:                  .│
      |....:.:.:.:,:.:―/ 、   '   `` |   :!         |    `''''''゛  ロマリア ,、 ゙ヽ アッサラーム       .│
     |:.:.:,、:.:.:,ヘl           | ト :.|         |     ./゙゙゚''-、,__,,″  .,,/:  ○             .│
.      Y:_! ト′_      ィ==ュ| | l::|         └――――――――――――――――――――──┘
      |:l l: l z''⌒`゙          l !:':.|
      |:.`l: l  , ,   ' _ ' ' /.l:,:/
      l:.:.:.', ヽ、    「   |   /:./ ′  てゆーか、曖昧模糊?
       V| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
        _|               |__
    ,ィ、 |               |_ `i
    ',  /`丶、 テ ス ト に    ./ ,.\|
     〉 l 'ヽヽj               L/ __ lヽ、
    /  |  、丶! 出 ま せ ん  └ '´_ l  |
    \/| 丶ニ'             `´T / 〈
      /∧.|               |-/ ヽ ヽ
┌―――――――――――――――――――――――――──┐
|  曖昧模糊 ( あいまいもこ )                      │
|   はっきりせず、ぼんやりしているさま。 あやふやなさま。  .│
|   要するに、この講座の内容。                    │
└―――――――――――――――――――――――――──┘


72 :◆vsQyY1yD2Q

     ,.---z'´ ̄ ̄ ̄`丶、
    /    ,.-‐' ̄ ̄` ゚il\
    /    /     _,.ィ_゛ ヽ
   l    /     /   `ヽ l
.  l     !     /    ,.-、l !
  l   l     ,l-‐       !'、
  〉   | /l、  i、l  、  ,'ヘ.l |l.    今では カザーブ、ノアニール、シャンパーニを支配下に置く
  / i   '.-l \! ン,==      !l l    『北の大国』 ロマリアですが
 l /| . (´ l | ´    __..' ,.' !/
 レ 丶ヽ .`ン! ト、.___  l._ノィ'ノレ`      魔王バラモスが現れるよりも 遥か昔のロマリアは
   ,〉'``ヾ.、`'-、_,='`ク/7、        歴史と伝統だけが取り柄の弱小国でした。
   !   \ヾ.、亠レ'ン'-',>'ス、
    !    \!T7ノ //´/,_ヾ
   l .    ヽl´\` J'ヽ !、
   ヽl       \ iァ、  ! l ヽ
    l|      ,.<,〉 /`ー-‐リ ヒ.,〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     メ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   /   ___    \
                   /  メ ─ ̄─ ヽi    \
                   |  / / /∧∧ | \!      l
                   | // | |  │|  \    |
                   ヽ| | |_トト  |トヘ__川 \   ノ
                    {| 川 i   ノ リ |川  t-/
                    V 川 ≡    ≡リリノ´) ´
                      ト、__,m`___ノへノ\_@)
                     / 人ニ」 L_└、      ̄
                    _>/ "|T 「   \
                    | / ト_ノ-++ーー ̄ト
                    レ´  |   { ||| ̄ソ=|丿   原作:ロマリア(国家)
                    └、  |    \L-┴/     イタリア
                      Tニ─_ヘ┴ノ ̄     ( Axis powers ヘタリア )
                       "'TT  TT
                        {ニ} {ニ}

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


73 :◆vsQyY1yD2Q

   そんな ロマリアをよそに、北の海の覇権を懸けて争っていたのが

   ロマリアと並ぶ 歴史と伝統を誇る 北の雄、エジンベアと ―――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                    _|_
                                      |       /|  _ , .メ
                                            //" ̄  ‐― - 、
                                          .,-/ "  /―‐ノ)   ゝ、 _
                                         / 、 ヾ//≦_'"  英 \.
                                         ゝ" ミ` `  "≠_ ヘ  ヾ` r‐ 、
                                         / 彡     、_, 彡  ` 、,.リ  `‐' ,)
                                         | ,|三ミ  ゙彡"  .ミミ、 ヾミ`―‐ "
                                         .||ヾ|  `    .,,  .|_ソ'"ヽゝ、
                                           |人 , ,,   "゙´.,シ 彡z .人
                                            `,"゙ l   ヾ  ',-''、リ
                                             '"' .` _ ,.,ノ  丿ソ|
                         原作:エジンベア(国家)       '、.     /  ,.|lヘ-、_
                         イギリス                  >- .'" /   〉:::::::〉‐、
                         ( Axis powers ヘタリア )     /ヘ   | /、   ./:::::::/:::ヾ、:`'.、
                                           /::::/:::ゝ、 リ ,..ヘ /::::::::::/:::::::::::::::`:、`;、
                           十             r"::::::::::/:::::|;;;;;;|/;;;;;;〉/:::::::::::|:::::::::::::/:::::::`l
                          r`゙'、             /|::::::::::/::::::::〉´;;;;;`〉" /:::::::::::::|::::::::/::::::::::::::〉
        `'≠"゙ ゙̄`'r'"゙`;;';;‐--z     |=ミ,|
       /,、;;-'"゙ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙`'y、--ri、 |
      //;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{   "゙'i|
     /;;;;;;;;;;;;;;;Y;;;;;;;;;'i;;;;;;;'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,.   ノ
   ,/;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;|;;;;;i;;;;;`t、;;;;\、;;;;;;;;;;;;;、;;;`'''、'"|
  "フ;;;;/;;;;;i;;;;|;;;;入;;λ;;\`;;‐-‐"、;;;;;;;;|;;;;;;;;、'x|
   |;;;|;;;;;;|;;;;;l;;;;| \|\;;ヽ`、;;;;i;;;;;;;i;;;;;;;|;;;;;;;i;ヾ
   'イ|;;;;;;;|;;-A;|-、, ` `'弋 \|ヽ,;;|;;;;;|;;;;;;;;|;}|
    `|;;;i;;;;、;;| ',_゙`ミ    r+'`"゙|;;|;;;;;;;i;;;;;;;|
    |ソ {;;;;;;|`,+`o-、`',    ,、+=-yソ;;;;;|;;;;;|
     `'|'、,;`、,,{*"'}     {*"} | ハ;|、/
      ゝz T ゙'``'       '=-" ノ丿|レ|
      ゙`'‐i 彡.リ    '   彡ノ"イノ| |
         'つ   ゙'‐-‐     ノ゙cE`'i    原作:ポルトガ(国家)
         ,、゙i*-‐‐-、---‐≪'"  Εミ .}    スペイン
        r' \\,`' 、゙`ll\∠ ̄`i.|"|.〈    ( Axis powers ヘタリア )
       /゙  ミ `i `'ゝ,>"'`‐、  | .| |、,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        ――― 貿易により 国力を伸ばした新興国家、ポルトガだったのです。


74 :◆vsQyY1yD2Q

   エジンベアは、ポルトガとの戦いに勝利するために
   大陸北方の 三つの小国を味方に付けました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   _/ _...   ミ  _.  -‐- ._          _              _  _
  / / ‐-、 ミ / i  /   ヾ < `ヽ.  、_ /  ミ ヽ. ミ...        /   `  `ヽ、
  { ;( r =、. ヽ〈 .}// /  / `ヽ、  ヽ.  ̄ ̄   ヽ ヽ  Yヽ    /      ,r =、  ヽ.
  \.j  _ `ヾ_〉/ / { / /ノ`ヽ.┃ \  } ミ  ヾー  \ ヽ、      /  /  /  i ⌒ヾ. ヾ}
   | 〈∠⌒_ ハ { トy'´__ ミ╋ヽ ヽ| ミミ    '⌒) ヽ`ヽ      /  / ./:: /    {  i!
   \ヾ┘ミ  ヽ!.iソ 弋fヽ ミヾ ノ \\_,  ー― '´   ) 人 ヽ  { ./  / ;: i_  r‐}  i)
    /〃_⌒  、.ミ<      リ'⌒}八 }厂 r'   ̄ ̄`ヽ.   ヽ... ヽ._i__{_, ノ,/! ィj⌒` 价゙!.ノ ト、
    {_/{ _/;ミ  { 、     ー<入/  彡´        \   〉 _,>,ィi― '7 :{ !{    { ノイ ト、ヽ.
     〈 -‐ '    ヽ--:― '  /  \            ヽ. ( ̄  i .i  / ,八 ハ! 、  '^V゙ ノ ノ 〉
      \  ミヾハ-<´ ヾ __〉   /\,r‐.´  ̄¨ヽ、 彡 〉 __ }ハ!ノ/ ハ{、  ̄ /,.イ ( /`7ス
        `ー゙<\_ }\ /∧  / /._/   -――- 、.   `ヽ. .` <¨__,.ノ \ `ーr〈/⌒ヽ. //  ゙、
             |フ介v'入/ /!.../ i   ゙、     ヽ.    ヽ.    \i    `ズ  } : : :゙y'     ハ
             /イ,! L「    {//  {  {  ヽ.      ヽ.   ヽ. ...ノ \ / \ .i  ::<    /  ヽ.
            { |ハ {     /ィ  i .ヽ 从、  \  `ヽ、  ヾ\  \_,   `  ̄「`ヾ  : : :ヽ./     ゙ 、
            !  .i」   .{r'Y  | /\_\ー-r-\  ゙ヽ、 \`ー-七′..     ハ    : : : :ヽ.       ゙、
           r' {.       ` ! i { {/二` ̄ ,.ィrッiミ、.  ヽ. ヽ._厂.        ! i   : : : : : :゙、      ヘ
          { i i        _} | ゙i ,r仍}`    迄;} }メ、゙Y⌒i`ー‐了..        ! !  : : : : : : : {       ヽ,
          人 ヾ{     r'  ..}ハ  !  ゙¨ }  〃〃 iハ,ハ!  .} i i.. \_     i  i   : : : : : :ヽ.       ヽ
         /\\{     }_ {⌒{ .)ヘ{ 〃  i      ′! 乙ハ .ト、{.        ノ  i    : : : : : : ヽ.      /
        /  /ー-ヘ   / ノ\_ヽ. /i   ヽ-   ,     /\ト、 〉 `.       i   i      : : : ::i\   _}
       /  /    }.    ̄    〈 (_゙、_,  ー-r<.,r‐ ''  ̄ ̄ ̄¨フ...       i    i        人_`__〉
       /  {     i.             ̄\/⌒!、 `ヽ、  ,r―- `Zr'⌒    /    i
       {_ヽ }   . /           ./    r'~\  \/,r --―'-⌒
      └ソ '7   {          ./    入    、 ゙Y--;-‐‐―ト--
                       'ーァ-!   (  ゙ヽ     }//⌒弋: : :
                       _ノ  }‐',.ィ(¨ヽ  〈     !⌒゙⌒ヽ、`ヽ::
                      r'   / { !::`ヽ   ヽ. !  i: : : : : : : ヽ.

         原作:ノアニール(町)      原作:カザーブ(村)      原作:シャンパーニ(塔)
         ノルウェー                ロシア              フランス
                              ( Axis powers ヘタリア )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


75 :◆vsQyY1yD2Q

   これに対抗するために ポルトガは
   貿易を通して親密な関係にあった友好国、ロマリアを味方に付けたのです。

   北方三国と ロマリアは、両国の間にある平原の領有権を巡り
   こちらもまた、日頃から 小競り合いを繰り返す 敵対国でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                           / /" `ヽ ヽ  \
                   ┏━━┓ //, '/     ヽハ  、 ヽ 、⌒ヽ
                   ┃パスタ┃ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  - j
                   ┗━━┃ レ!小l≡    ≡ 从 |、i|、____ノ
                        ┃. ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノノ
                         /⌒ヽ__ ヘ   ゝ._)   j /⌒i
                       \ /::::: __ >,、 __, イァ/  /
                         ./:::::/    ヾ:::|三/::{ヘ、__∧
                       `ヽ<     ヾ∨:::/ヾ:::彡'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      /, -ー'―‐- 、   ヽ、
    /.'"             ヽ
   /´      , --- 、  ☆  .i
  ./      /     ヽ/〉    l
  i     /        ヾ     !
  !     /          i   _   !    ちょーっと、頼りない同盟相手ですが
  l |    l _,  、,、_,,,. -  l  「 ,ヽ !
  ヽヽ/∀ ̄          l  l  / l    こうして、エジンベア、カザーブ、ノアニール、シャンパーニの
    l/!、  o     o    l  l/::  l    四カ国 『北方同盟』 と
    トl ヽ         u  l l:::  l j
    l l ヽ    __,   _/l l:: /レ' "    ポルトガ、ロマリアの 二カ国 『南方同盟』 による
    ! /l l‐`,-ー、`_'_,, '"/  りノ--、
    " /ヽ!/  ⌒ヘ l   ケ    !.l  ヽ    『南北戦争』 が幕を開けたのです。
     /  l     ゙)  /,クヽ.☆l   i
     l   ヽ    「う //  \l!   l
     l   λ   jヽ レ/ /   | l   i
    /   /」ヽー'"}、`" /    ll   l
    /   λレヽ! / ヽ/    l!   l


76 :◆vsQyY1yD2Q

               _,-― t− - - - 、
             ./´     >- ‐ ' ̄ ̄ ̄ ` 、
           /   / ´         _   ヽ
           /     /      > '´ ̄   ` ヽ、 i
          /    /      x、          ゝヽ
         .l    i  i   i /  `ヽ 、       ,∨
         |    |  |  ||/ /´`ヽ冫    匕 | |
         |     | ∧  | 〃  /ハ      ´_`i l |
         .|     Y ヽ |<||   |;:r|      /ハ ゙| |   当初は、四カ国を擁する
         |    >-|  |` ┃   i:リ|      |:ヒ| リ /    北方同盟有利と思われていた この戦争ですが
         i    .|  |.  |   ヽ   ヾ.       |::ノ } | |
        | i  ∧  |  | し        、  `  i |    いざ 開戦してみると
        /  |   .ヽ、|. |               l |    思わぬ展開を見せる事になります。
        // |    ハ |       ー--‐    / |
      /   \l\ヘ  〉,i  、             イ /
          __    y'  ヽ /´ヽ-,      // |/
       / ̄  `ヾY    Y   /   トー<´ーi´ `ヽ、
        /       X    |      ,-‐7<´`ハ  〉`  V
     /        ハ   i       ' ヽ `/ヽニヒ  |
     /     ヘヽ、∧  /l       イ/  |  ( _   |
     /         /  V 人      ノリ  ヽ  (   /
   ./       _ ヽ  /  \   //∨ 丿   `゙ /


77 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         /´〉,、     | ̄|rヘ
   l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
    二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
   /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」     /^ヽ、 /〉         /´〉,、     | ̄|rヘ
   '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//> l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧
                                 `ー-、__,|     ''    二コ ,|     r三'_」    r--、 (/
                                            /__」           _,,,ニコ〈  〈〉
                             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、      '´               (__,,,-ー''
                           / /" `ヽ ヽ  \
                   ┏━━┓ //, '/     ヽハ  、 ヽ 、⌒ヽ
                   ┃パスタ┃ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  - j
                   ┗━━┃ レ!小l○    ○ 从 |、i|、____ノ
                        ┃. ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノノ
                         /⌒ヽ__ ヘ   ゝ._)   j /⌒i
                       \ /::::: __ >,、 __, イァ/  /
                         ./:::::/    ヾ:::|三/::{ヘ、__∧
                       `ヽ<     ヾ∨:::/ヾ:::彡'










             ,,、 -''/...,,,..........、--、_ ___,〃    ヽ、_=_ ー-、      ヽ,
          イ  /,r ''了 / 了.-;、  、、、  冫  - 、    `"''‐、`'ヽ     '"''''''''i  ,
         ./  /,/  // ,/--'~ ,,.=M`''、''ー─''"~``''ー、  、 、_ ゙i, ~    , .r‐‐-`‐"
        /   /:/  // _/.,ヾ,-‐'",. ,r-、 `'‐''''''''二、 ,_  二_ヽッ ヾ  '‐:;  | 'r/ /l
       .イ  / / __/: l/ . --ヽ--、_i:::::::)  r''     ヽヽ,.......ゝ   ヾ 、ヾ  i ,..`' ノ
       .|.  / //__,... ヽ、 i、 i,  ``'''i i  'r''::、  /___ ``'''ヽ i!ヽ二 ヽ ,//`;
        .|  レ '''"  /`i ヽ、,-'=ニ,''、ー',',~,,i,  i゙:::::::::l ;  r:':::::i  l  、  ., l li r// /,.....、、
         .|    ,、-ーー'..`''ヽ (  ,  `''+'r_‐-、 ヾ-‐,'゙ i  l;:::::::;! ト、_ `ー'゙  ノ /"´:::::::::/
       |  r':::::l:::::::::::::::ヽ:::i i,'-ヽ、_ iノ ``''ー; -‐'' ,.入 _゙'_'ノ/丿`i , ‐'" /:::::::::::::/
        |  |-、::lヽ;_;:::::::l.::l l  i `''゙','ーr=ニ~,-─''~r'''´,.. --_ュ-:、';_/ /r'~:::::::::::/
         |  |、,ヽ!   ''ー、ヾ、 iー-ゝ、, i__/   ヽ, / i r '_,.;ェニ゙-‐''゙'^  ,.> __,i/ ̄/::i
      ./  |.. ゙i   ,._. \`´  l i~ `i``''ー=、--'  .l.|´,.:-i;'''。';ァ、_  i ;:/ ,.、`;./:::::|::l,,,.. -‐、
      |  /.   l,_  ,...ヽi"``''ー亠-ゝ--' 、_丿./....... `'; `‐゙=;ニ;-‐"/'/ .i  i/::::_i::::l:::::::::::::i
      |/ `'''''-、 , '゙   ヽ,       l  ,/  :::: /  ´   ` l!゙  ;:< /,r'''ニ、:::::ノ::::::::r'~
         ヽ\ 、`'-、_    i  ,..    i゙l, ,ヽ.  __ '  ,、     /'o'''''_,ゝ; l iL,、、、_``´
          \\ヽ i `ヽ、,.ノ /:::ヽ,. ,ノ 'v、'ー-´、´  l゙:::`''‐-、. /``,'j~__l,,,i,,,▽ , ‐'"')
         `'‐、ヽヽ i l|. | r-、i゙:::::::::i ヽ ,..  i, `''''' 、;   i::::::::::::::i‐'゙/  r      i /, -‐‐
         ヽ、__`'‐、 i l/ .|;::::::``i l;:::::'゙:::i  i'ー-‐'    )::::.::::::l,'~ / l パッショーネ /、/::::::::::::
         '"´::::::\`'‐l /:::::ヽ;::::l; l, ::::i、  `'‐、_,,. -‐/,. ---;'`ゝ,   `r- 、,,.. /'/:::::::::../
         :::::::::::::::::\/ 〉、_:::::::::y'xxxi :/| ヽ   | <  / i /´;ヘ;;/r,.'~ ̄``ヽ, ,,..!=ニ,二./゙ '' 、
         `'‐、_,... -;‐ヽヽ::::`''ー:lxxxxl/::|  !,  | ヽ/,,,,,.. l_ヽ,::ヽ l l.      i  /::/_  / ,、-'"/
         ,/ r‐‐’、  〉、:::::::;lxxr'"::::/ヾ `'ー'ヽ i l r- 、`/::::\iヽ,    ノ ./_::::::::::::`',,、- ''" ,,,/
           /、__ノ. i l::::``,'‐'`|:::::;: '゙    L__,. ┴'、i   `l:::::::::/、、`''ー─;'   _ヽ`/    /
         ../r'"i    | Li,~::::::l '::ノ _   .彡 l /``ヽ、、_ノヽ,/ ヽ`ヽ. l, ;;; =' ‐'''''/  __/
         .l/ ,ヽ.○  |  i:::::r''''' r,'- .,_``'、‐、__i i   ヽ`ヽ,   ノ ::, \l   ∠   ./\
         l  ̄ ○  l   ー' ヽ ''-、_ i    ``ヾ 、_ノ  iヾ 、 ゙_ , ノ   i     | /__ゝ
         ヽ o   / ___i_,,,, -;,';' 、_ ノ    .,'`'‐、 / ト-‐‐,-  /|  / | /     i
         . lヽ   / /:::::::::::::::::::::::::i l  ``'''ー-、ノ   '-、    /   /i  |/   |/...    /
         .| /|''~ i~:::::::, ---、:::::::::ノ/       `ヽ  -‐ ヽ--'   "  ヽノ         /

            原作:ロマリア(国)/ジョルノ・ジョバァーナ ( ジョジョの奇妙な冒険 )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


78 :◆vsQyY1yD2Q
        ,, -, -‐ '    ` ー    丶、
       //              \
      //         _, -─‐‐‐-、 //ヽ
    〃        /´       ヾ'′ ヽ
   〃        /       , -‐- 、ヽ.  |
   ||      ,∠-‐‐             !   !
   || :.    /            ', -‐-、  |.  |    海では ポルトガと、陸では 東のアッサラームと
   ||:/|:.:   V  /ニ 、`      r'iヽ ヽ |.l‐、!
   |'´.:ヽ:. /  / !:l、_!         |::;`| |〉!|  |    そして、当時はまだ封印されていなかった 旅の扉の向こうの
   |.:.:.:/` !、 rl |: ;:::|         |:ー'| l7|.! / !.    アリアハンとも貿易をしていた ロマリアの経済力は
   |:.:.:.|  | ヽ {| ヽ''フ         ー'´  |l´ |
   |.:.:.:.\ !:. ヽ  `      '       〃:. │    実は、エジンベア、ポルトガのそれを
   |:.:.:.:.:.:.`l :.. \ U     __    //:.:. |    大きく上回っていました。
   |.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:...|:.:\          /:.|/.:.:.:. /
   |:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ:!.:.:.:.:.:`.iー----- ' |:.: ∧/|/
   レ' \_,ィr‐、_, -‐ |      |- 、
          /  |′     l、  \ _
       , -、'´/   \      ∨   ヽ丶、
     /ヽ V       \‐-、   / , -、 ☆\ ト、
   /    V   _, -‐'丶、   / く   ` ー ┘! ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                 ロマリアと言う国は

                 目醒める事で、何か意味ある事を切り開いて行く

                 『 眠 れ る 奴 隷 』 だったのです。


                        _ーーーー__
                       /::::::::::::::::::::::::  ヽ
                     ///| |:::://::::/ /::  ヽ
                     /;;//:::|×/;;;;;/ /:::::    ヽ
                    |;;////:\;;;;/ /::::::::    |;
                    |;|___二二二二」:::::::::::   |;;;
                     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::    /;;;;;;
                     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   /;;;;;;;;;   ローリングストーン(ズ)
                      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /;;;;;;;;;     ( ジョジョの奇妙な冒険 )
                        ~~~~~~~~~~~;;;;;;;;;;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


79 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-zー=〜ヘvyr-ノ)∧/
  }\    / '" \
 ノ  〉   / /  l  |
   /     /  ノ  ゝ
__/ ,r'""¬、  "   |
  ∨ ,r‐、、  ヘ   ,イ |
ヘ  { .(〈::::))  リ_/ / ノ     世界一の穀倉地帯である アリアハンと結び
ノl  ヽ `ー'ノ ,ィ'  / 'ノ
  ノ^`ー‐,='-ニi、  ノ_/.      尽きることなく 兵站の確保を。
ー''´  /ニ-¬ 〈  ノ⌒i
=i   rイ_ヽ゚ノ/  ∨ /^ |
‐'l i ヽ  ̄  / ノノ /     潤沢な資金で、アッサラームから援軍を呼び
. l  l      i i-┬,イ
丶 ノ      ,' | /Y       一 気 に 北 方 三 国 を 平 ら げ る ッ !!
 、-_-__     ノ/イ |
 、二,, ,   // ,| |                   ゴールド・エクスペリエンス
\   ,.-''"/ ノノ| |.       これが ロマリアの 「 金 と 物 量 」 !!!!
ゝ\''''" /イノノノ // フ
)]ヽ∨´/ (⌒ ) //''─'\
=ノ }{ l !、_ノ/'´::ヽ:::::::::::\
 ̄`ーi ヽ--‐'/::/:::::::::::::::、:::::::::\
〃  \o / "::::::::::::::::::::::-、_\
     )Oソ::::::::::::::::::::::,-‐' ̄::::::: ̄`ヽ、
  ,, /ノ::::::::::::::::,,r''"´:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                     -―--、, ___
                                                  /, -‐ ´ ̄` ‐-、  .ヽ
                                                 //    , -―- 、 ☆ ' 、
         こうなってしまうと、もう ロマリアの独壇場でした。          /    , '´     `</,  |
                                                 l     l _,   ,    l  |
         ポルトガと エジンベアが 海を舞台に争っている内に         |   rァ_´    ヽ、___ |  .|
         ロマリア・アッサラームの連合軍が 三国連合軍を急襲。      |,-介、|´|j!|`   ' iうヽ  |  .|
                                                | | |<i !_j     ! !| |!_ l ,ヘ .|
         あっと言う間に北上し、三国を攻め落としてしまったのです。.  .|`'| |. '  "  ,   '-' '’//.l |
                                                 | | |、    _     //-'  |
         この時 両軍が激突したのが、ロマリア北の古戦場です。    .レ、リ. \   (_)  /l/ ,、/レ'
                                                _`'`'>`l ‐-‐イ-'`'´レ'´
                                               , '´  l |~/ ヾ    |`i-n、


80 :◆vsQyY1yD2Q

                                                  ,.. ---=ニ ー-、
                                  ,r'''"マ、            , '"   ___` ,、ヽ
                                  /  ノ `ヽ、       /   , '"    ヽ〃 i
                                  l  ノ    `ヽ、__    ./_  rナ  '⌒` |   |
                                  〜く        }    l/"__   -‐  j ..、|
   ロマリアが 北方三国を併合してしまうと          γァ     /    ll|γ丶  '⌒丶| l^ } |
   エジンベアはもう、戦争どころではありません。     / / `ヽ_/       l|l  丶    l |ノ |
                                   /ニゝ、         lレト、 Yフ  , イレ' ,v'
   慌てて本国に逃げ帰り                  ./ニ:〉 l          レヘ、、` ーi'' ,.ト'^^
   「北の雄」 と謳われた エジンベアは          .レ-Y |_             _ /'ゝく   〉、
   この戦争以降、衰退の道を歩む事になります。   ./_/、 Yヽ         ,ィ''" 'イ_ノ \/  `丶、
                                  ー' ヽ_ノ  〉、      r/ l   / l      /   ',
                                     〈_ノ  \   /  /  / ,'     i /     i
                                     ヽ     ヽ一'   l   ! !    ,' ヽ,.. -ー┴i
                                      \    i    _.l - | |   ̄  「    ☆ !
                                        \   / _,. -''  | ||      ∧_,,. -ーマ
                                         `ー一'    | L.」     l  j_  ',

          ,. ‐ _..二i二.._` 丶、
         / ,. '´         ==(__)、
        / /       , -- 、   +',  ハ
     / /       /    ヽ/7 ',
      |/      /     __   ヽ  l
      |....:.:.:.:,:.:―/ 、   '   `` |   :!
     |:.:.:,、:.:.:,ヘl           | ト :.|   一方、ポルトガは
.      Y:_! ト′_      ィ==ュ| | l::|
      |:l l: l z''⌒`゙          l !:':.|   ロマリアのように 領土こそ増えませんでしたが
      |:.`l: l  , ,   ' _ ' ' /.l:,:/
      l:.:.:.', ヽ、    「   |   /:./ ′   エジンベアが衰退した事により、北の海の覇権を 手に入れました。
       V| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
        _|               |__
    ,ィ、 |       は       |_ `i
    ',  /`丶、            / ,.\|
     〉 l 'ヽヽj    け       L/ __ lヽ、
    /  |  、丶!          └ '´_ l  |
    \/| 丶ニ'    ん       `´T / 〈
      /∧.|               |-/ ヽ ヽ


81 :◆vsQyY1yD2Q

   そして ロマリアはと言うと
   北方三国と言う 広大な領土を手に入れ、『北の大国』 として のし上がっていく事になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                        r┐
                          _ -‐: :  ̄ ̄::ヽ- 、  <ヨ_7ー 、
                        ,/: : : : : : : : : : : : : : : :\   !ト.   ̄`ー--┐
                      ,/: : ;r: : /:/ヾ: : : : : : : : : :ヽ. !i }       .{
                      /: :/::/: : /:/   !: :}::i: : : : : : : :V〃      ノ
                      {: :i: :{: : /::/    }:/: :}: : : : : }r=ム'       /
                      !: :|: |: :;ハ「`   .//: :人: : }: : :| ̄!「 ̄`ヽ.___」
                      |:!::{::!::{  !   ノ'7∠、.i: :;!:i: :LムL:ゝ
                      iハ ! { i ≡、    ' ru、V::/: :}〈 辷.〉
                       |ハ{ヾ   ,   辷ソi;ハ::;r〈\!ト-′
                        \  _  ー┐    /ノ  Y!.|  r‐、
                         / /}、 ___ ,r「i   /i_ト、└ ,ノ
                       / °///.レヘ/ 厂!ノ /     ̄
                     r< o ○//{r‐レ' _,∠ ノY′
                     Y^ヾ_,!ノjノYr'个r┤{ }
                      ゙ー<二{  } i `ー' 〉 !
                         }ー-r-t___ヽ.」
                       /}フ ゙̄7┴r―r―{
                      r仁;r-‐/└‐┴彡=、_ヽ
                       ̄\|  ̄i丁 ̄   { iフ′
                         {   「厂\  {ノ、
                         ヽ. 〈 {   ヾr‐'_人
                          ヾー ヘ    }人: :ヘ
                          |_/:|     ヾ-{
                           {: :{      └′
                           ./: ;}
                            ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  現在、ロマリアで 三国が 『北方三傑』 と呼ばれているのは
                  三国の領主に選ばれたのが、『南北戦争』 で活躍した 将軍達だったからです。


82 :◆vsQyY1yD2Q

               ,.---z'´ ̄ ̄ ̄`丶、
              /    ,.-‐' ̄ ̄` ゚il\
              /    /     _,.ィ_゛ ヽ
             l    /     /   `ヽ l
          .  l     !     /    ,.-、l !
            l   l     ,l-‐       !'、   以上、ロマリアの歴史でしたっ!
            〉   | /l、  i、l  、  ,'ヘ.l |l
            / i   '.-l \! ン,==      !l l    言うまでもない事ですが
           l /| . (´ l | ´    __..' ,.' !/
           レ 丶ヽ .`ン! ト、.___  l._ノィ'ノレ`    このスレ独自の設定ですから
             ,〉'``ヾ.、`'-、_,='`ク/7、       みなさん、信じちゃいけませんよ?
             !   \ヾ.、亠レ'ン'-',>'ス、
              !    \!T7ノ //´/,_ヾ.     てゆーか、事実無根?
             l .    ヽl´\` J'ヽ !、
             ヽl       \ iァ、  ! l ヽ
              l|      ,.<,〉 /`ー-‐リ ヒ.,〉
                !l  ィ'´ \ 〉、_  /  |l
               l`ー'‐ヽ   /  `7   l
               l   \ /     ,!    |
                /    ヽ   八  /
                /      丶./ !`-'
          ┌―――――――――――――――――――――――――――──┐
          | 事実無根 ( じじつむこん )                         │
          |  事実に基づいていないさま。 事実であるという根拠がないさま。  │
          |  要するに、この講座の内容。                         │
          └―――――――――――――――――――――――――――──┘


第6話へ    4   第8話へ

この記事へのコメント
物量で正面から叩き潰すとは正にローマ
Posted by at 2010年08月12日 16:41
うはwww
夏美を好き放題とかwwww

作者はムッツリスケベ
Posted by at 2010年09月14日 03:27
モンスターだの魔王だのがいる世界で人間同士で何やってんだ
Posted by at 2010年11月07日 20:50
蛮族に襲われた帝国の内輪もめみたいなもんだろ。
Posted by at 2010年12月23日 08:58
なかなか中二心をくすぐるなww
辺境伯は伯を率いる鎮定将軍が語源だから設定もあってるぜ
Posted by at 2011年01月19日 01:07
昔見たDQの半公式の本では、
魔王が居ない平時においてはモンスターは
統率されておらず野生動物みたいなもん
って書いてた貴ガス

ここでもモンスターから色々剥ぎ取って
素材にしてる辺りその辺の設定を持ってきてるんじゃないかな?
Posted by at 2011年09月14日 22:44
ついでに勇者パーティーに入り、魔王討伐に赴くという美談まで付いてくるな。
よくもまぁ色々と考えるものだ、謀略恐ろしいw
Posted by at 2011年09月15日 15:38
ここの商人やる夫がバラモス倒すかは甚だ疑問だけどなw
Posted by at 2012年03月26日 22:18
↑むしろバラモス相手に商売しそうだよなw
Posted by at 2012年05月20日 04:11
ルイーダの酒場から出発して半年もたたないうちに
最初に口走った女3人PTを達成かw
追っかけてるルナマリア達も合流するなら
いっきに5人だもんなぁ

やる夫もげろ
Posted by at 2012年09月07日 22:33
さまよう鎧の話もここら辺から来ていると思うと・・・

本当に、公式設定なんじゃないかって思うぐらい考えてるよな〜
Posted by at 2012年11月14日 20:26
そういやASBのジョルノの声イタリアだったっけ
Posted by at 2013年03月07日 21:48
>モンスターだの魔王だのがいる世界で人間同士で何やってんだ
そういえばロト紋続編の紋継ぐでイシスやロマリアとかが戦争してて被災したモンスターの群れが地下世界の竜王の元へ行く描写があったな
Posted by at 2014年04月19日 02:43
今2周目。
俺アホやから1周目はここらへん理解出来んくて流し読みしてた…

でも今読んで理解出来た!
ついでにスレ独自の設定がかなり凝っててサイッコーに面白いって事にも気づけた!

ほんまにおもろいけど、これってマジで無料で読んでええのッ!?
お金払わしてーーーーー!!イッチ大好き!!!
Posted by at 2015年05月29日 23:37
※↑
俺も最初は完全に「国家間の政治闘争とかワカンネ。可愛いおにゃのこが出てくれば良し!」って流し読みだったぜ、同士!
読み返すとかなり序盤から布石や伏線が散りばめてあって、イッチの構成力と説得力はマジで凄いと思わされるのぜー。
Posted by at 2015年08月26日 16:20
このエジンベア、国内で民族紛争が常に繰り広げられてるようにしか見えんw

あと、メシマズ。
Posted by at 2016年11月01日 16:00
なんだかんだでアリアハンからの兵站が築けたのは強いよな。
『私ならこう答えます。戦争は兵站でやるものだと』
Posted by at 2017年03月18日 12:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37498731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ