■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 2/19 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年05月23日

第10話「それからそれから」(1)

第9話へ 1     第11話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q

                    / ̄ ̄\        // // ////
                   /ノ(  ゝ 、_,ノヽ      ___,--、
                  | ⌒(( ○)(○)      ( ) ) ) ) )
            .      |     (__人__) /⌒l  |      ⌒`i
                   |     ` ⌒´ノ |`'''|  |     '、  |
                  /⌒ヽ     }  |  |  |  /    /
                 /  へ  \    }__/ /  /         |
               / / |            ノ_ /       |
               ( _ ノ    |   .   ⌒ヽ_/          }
                     |        _____\    ノ
                     i     / ̄       `ー-''
                     \_/ /     _/⌒  ⌒\_
                      _ノ   /    /:●))(__人__)((● \ キリュウセンキナーガス!
                     (   /    |     |r┬-|      |
                      |_ノ''      \      `ー'      /



                             \丶ハノ(/
                             ) "⌒ヾ (
                             / ̄ ̄\
                     ゚    mn / ノ  \ \⌒)mn
                  (⌒ヽγ⌒)i_j_j_| |  (●)(●)  | i_j_j_j
                 /○))⌒    ヽ |  (__人__)  .|    `:、
       カゼノキシダン! /  V         |   ` ⌒´  |     i、:
                |        / / .|        } ノ    i、:
                ゝ       / / /ヽ       }以     i :
                 ヽ、.____/ //   )     ノ  \    i :
                      (__丿 \           ノ\    )
                          |            |   ヾ‐‐'


2 :◆vsQyY1yD2Q

               / ̄ ̄\
             /ノ( _ノ  \
             | ⌒(( ●)(●)
             .|     (__人__) /⌒l
              |     ` ⌒´ノ |`'''|
             / ⌒ヽ     }  |  |
            /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
          / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・  セイタイユウケツバイオガーダー!
         ( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
                |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
                .|             三三三三三三三三三 ノ    (
                ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
                  \       , '´        し/..     | J
                   \     (           /      |
                     \    \         し-  '^`-J



                                ,──、
                              /ノ ⌒ \
                              |(●)(●)|
                                  | (__人__) |
                               !  `⌒´ /
                               ,r'' ヽ    ノ⌒ヽ
                              | .|  と⌒i ゝ 〉
                       .        〈___⌒ ̄ミ ミ__ノ
                         .      | ̄` |  |、__
                             ,,-‐(   |  |   `ヽ
                           __ /____〉  |  |⌒f  ノ
                       n/´__ .「 _  ノ ノヽ〈 /
        ス サ ノ オ ォ ォ ォ ォ 〜!  'ー-'´ / |_ノ(  ̄    K_ ヽ,
                          j  ,ノ  \____/ |. ̄
                          / /   ’';・.  | . |
                        <  く           〈_____)
                         ヽ__)


3 :◆vsQyY1yD2Q
                                    /   `ヽ、 ___/,. -‐ ''´_  | <  ヽ
                                    〉 /`゙''‐- 、__/ ,. -''´  / /┌┬'   !
                                    { / /`゙''‐-、---'───-L、| ヽ ヽ   |
                                    | | レ'/ /.| |          `ヽ、| ヽ 、|
                                    レ'´ // / | |      ___  ミ `く   |
                                   // | |_|L..._| !    '''´ __`  ヽ  :::\〉‐- 、
                                   |ハ || | ___ !       ィ'/:::7.jヾ  | rニヽ    \
                                   |! ヽ| y'r';;Tj`       {:::''゙:::}    l/L !ト、    \
                                     iヽ {::::''':j       `ー‐'′  (⌒ j `ヽ、___>
             あの二人、何やってるんですか?     .{`i ` ̄    i           レ'´/::::..  |
                                      ヽ !      〈 、        U  .rイ/::::::|:::. l |
                                      / ',                /:::/:/::::/:::: ヽミヽ
                                    /  /:ヽ    __        ./.!::|:::{::::::|ヽ、:.  ) ヽ
                                   | /  |::/:::ヽ、    `    / |:::|:::l:||::::) |/
                                   V ヽ |::|:::::ハ:::ヽ、     /    |‐v从レ′
                                     }人|::/ lハト-、l ー‐‐' ´ ,.. -‐''´  l
                                        ヽ   r‐レ‐‐''' ´      |__
                                           /勹ヽ        / _>─---- 、
                                        ___// O〉 ヽ     ,. -'´-'´:::::::::::::;: -─‐┴ 、
                                     __/|:|〃ヽ |  ヽ ,. -'´ '´::::::::::::;: -''´ , -‐''´ ̄`゙ヽ、


   ' , \、 、|       ヽ   l / /    ヽ,   / /  /
  ``ヽ  ヽヽ! ,.       ヽ  i/ , '.     !/ /  /
  、 ヽ\ ` l_/ /`ヽ、   ヽ/ / ,. ' ´ヽ l ,'/'´   /__
  、 ヽ、 ,へ、/ ,ヘ``ヽ、ヽ. ` / /,. -‐,´ _!,-、 / /'´/    やる夫のパーティ編成について
 ヽ\`` l l^ヽ,',  ',  oヽ`、} レ/o   ,'  〉"^l//'´/
   \、 l l r' ',  ー―‐",`ー´`ー―‐'  //_',/_,. -;ァ         やらない夫が物申しているらしい。
    ,.ゝ-\ー、 ','"""""  ノ_ ゛゛゛゛` /'_j /  /
    ``,ゝ-ゝ、_',       __     /-/_/
     ´ ̄``ー,ヘ           /=''"´.             肉体言語でな。
          ,'、 `ヽ、,:' -‐-   ,/'``>、
         ノ`::ー-、_\__,/_,. ::'´:::::冫二ニ77ー-
  ,...-、‐ニ二{{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニ〃::::::::
  :::::::::ヽニ二ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/二二ニ〃:::::::::::


4 :◆vsQyY1yD2Q
                           ___
                         / ―\
                       /ノヾ゙'( ●)\
                       | ( ●)   ⌒)\
  なんなんだ、お前のパーティは。  .|   (__ノ ̄   |
                       \        _|___      男女比については、何も言えないけど
  羨ましすぎるにも程があるだろ。   \     ;/(●)^ ヽ\;
  男女比的に考えて。             \   ;/ (_   (●) \;.   商売については、旅費を稼ぎつつ
                           / ;/   mj |ヾ__)⌒::: ヾ;   旅のスピードを維持出来る
  て言うか、なんで商売してるんだよ。   ./ ;|  〈` ノ-'´  u;  ノ;   良い方法なんだお。
                           |   ヽ / /       /;
                           \     / ____/)
                           /\_ノ (____/|





                                    r−<_::::::::::::::::::::丶、
                                 , -―/:::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::`丶、._
                               /:::::::,、!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                              //:::::::/::`!:::i:::::!:::::ヽ:::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::!
                            /::/::/::: /::::,、,!:::!::::ヽ:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::::|
                           /,.イ::::/::::!::::/ .!::ト、:::::ト、::::ヽ::::::::::ヽ:::::ヽ:::i::::::::::`、
                             /:::,イ::::!:::/__  !::!ヾ、::!_,>-‐ト、,_::::ヽ:::::!::::!::::::::ト、ゝ
                             !::::ハ:::!イ´ ` .k ! ヾ:!  \! ヾ`::::lヽ::!::::!::::::::!
                             !::/ !:::::::! -‐- ヾ、  ヾ-―- ヽ:::::!::ヾ!:ハ::::::::!
                             ヾ!  !:::::::!    ノ         〉、!::::/ヽ|:::/リ
          仲が良いですねぇ、二人とも。    .!::::::!   く            !::::::::/‐,ソ:/
                                   !:::∧  `         !::::,.イ‐'/!/
                                 !,/ ヽ ー―--    ,.!::/ ト、リ
                                    ヽ  ̄    , -'´!/ ,ハ
                                      >┬―''"´   /  ヽ
                                  _,,..-‐'´! ヽ、    /    ,イ``丶、_
                             _,,..-‐''´    /!   ,>-<´     / .!     `'ー-、_
                        _,,.-‐''"´        / !  /:;:;:;:;:;:ヽ    /          `゙''ー-、,_
                      r'´              ! /ヽ、___/`\ /                `ヽ


5 :◆vsQyY1yD2Q

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__).           それはともかく
   |     ` ⌒´ノ
 .  |         }           このスピードで俺達に追い着いて来たのには
 .  ヽ        }            流石に 驚いたぞ。
    ヽ     ノ      フキ
   /     \ ノ⌒⌒ヾ  フキ   お前のプレイスタイルを知ってるだけに、余計にな。
  /       γ      )
 ./  \   /ヽ      ((
 | 、  \/ /)      ヽ
   \    /



                                  / /                     ハ
                                 ./:/          . :  . : : . : .      ハ
                                 /://. : . : . : : . :i : . : :ィ: . : : . : . : : .   : : : : ハ
                                 i//./: : : . . : i: : : .イ: . : :/ l: : : : イ:}: : : : : . . : : : : :.l
                                  l:.{: : : :',: : l:ト: :/_lハ: :/  l: : / lハ: :∧:}: : : : :i: : :}
                                  lハ: : : ヽ: |,rV≠ミV   |:./-z≠Vミ.Nl: /: : :|: :lリ
     アリアハンを旅立つ時は世話になったから     ヽハ: ∧l'  ト-':ノ`   l/ 代ィ::::} `N/: : /:l: l|
     早く 礼を言っておきたくてな。               }:.l: ハ ` ̄´  ,'    `ー‐'‐ /:ィ: /:./:.{
                                    /: j: .∧     、       ./ィ. リ: ィ: :.l
     感謝するぞ。                      ./ イl: : :.ヽ     _       ィ . : :/i/: ハ
     お前たちのおかげで                   /.N: : :l: :\  ´"`     ィ //. :/: : : l ヽ
     私たちは 無事に旅を続けられている。        ∠..ィ:ヽ: l.r< コヽ、   .  ' {>': ./: : : : ハ
                                     i: .ィ:.l: ハ  `` ー-'  r‐ ' .//: :∧:|: :ハ
                                     {/ .|N_. j      l  l  ./: : : :/ .リ \|
                                 _   -‐ ´   .{.       l  l  {::::>' 、_
                           _.  <           .l      .l l   |::::::::::::::::::::: > 、__
                          /               ハ      .V   .l:::::::::::          ハ
                        . /      、          .ハ      .|   l            ..::ハ


6 :◆vsQyY1yD2Q

           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!.    まさか、追っ手の二人も
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ    一緒に現れるとは 思わなかったけどね〜。
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |.       これなら足止めする必要はなかったかな?
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



                               ,,.._  /    :::::::::::::::::::::::::::::::\
                              /,.、レ'´    ヽ、ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                            , '/ /   、、 、ト、..... ::::::::::::::::::::::::∧:::::::::',
                           /, ' /  ll|,  ヽヽ` ::::::::::::::::::::::::::::::(__;):::::::::',
                          //  /ィl/イ l{,l .    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
                         〃  / l'´    :::. :..  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!
                         /´  | :| ::::.  ヽ ::::::. ::::. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l!
                              |::ハ::::::::.  :::fヽ:::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:/
            あ、やっぱり          |:! ';:、::l  :::::ヽ`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l′
                            リ  ヾ`!  ::::::::l ハ::::::::::::::::::;:::::::;: - ;:ニニl'
            あの時、私達って         ゙!  ::::::::::1 !:::::::::::::/‐'',‐'"´    '、
            足止めされてたんだ。      /,ィ ,::::::::::::! |:::::;::::://        '、
                               /'/,イ:::::;ィ:::ト、 !::/|::/´          ヽ
                                /´/:::/ l:::l ゙!メ、ハトィ   ,.-‐'' " ´ ̄ ̄`''ー _
                                  /:; '  !/  ′'  ヾフ‐''´            `丶、
                               /'´      _ -''´       __      __   `丶、
                                    _,.- '´      ,.-‐''" \    /  `''− 、   ヽ
                                _,.‐''´       _ ‐ ´       \ /       `丶  ',
                               / −-、     /           `^         ヽ ',.


7 :◆vsQyY1yD2Q
       /: : : : : :´: : : : : : : : : : :`<: : : : : : : : : \: : : : :`ヽ
     /: : : . : : : : :,. . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: . : : : : :ヽ
     /: . . : : : : /. . . . : . : . : /. : . : . : . : : : : \: : : . . : : : l
     l. . : : : /:/. ,. . . . : ;. : : : ;l : : : : :,、: : : : : : : ヽ: : : : . . . .l
     !. : : : /:/. /. : : : :メ:_:_/ !: : : : / ヽ: :_: : : : : :l : : : : : . .|
    /: : : : :.:.:'-'1: : : : :/|;/``l: : : /−'`、´: l: : : l: l.: : : : : : :'ヽ.      とりあえず
  /: : : : : :.:.: :.:.l: : : /./,´-i l:/ ,=、丶v'、: : :|/.:.: : .: : : : :`、
_/: : /: : :.: :.:.:.:.:.:.i'V´i / l:‐':l    ト::l ヽ 〉、/:.:.: :.:.:.: : : : : 丶     これで、当初の目的は果たせたのよね?
 ̄ ̄ l : :.:.: :.:.:.:.:.:.l,  -'"l  ヽ:ノ     l:;:/  ノ_/' ´l.:.:.:.:.:.:.: : : : :|`、\   
    !: :.:.:.:.:.:.:;.:.:./\__l `       `´  '`/`/ヽ:.:l:.:.:.: : : : l  `
    l: :.;、:.:.:/:/   _`、     `      /´    ヽ|:.:.: :/`V       これから どうするの?
     ヽ 丶'´   /`、ヽ`, 、_   ‐  ,. イフ`/ヽ、   l:.:/
          /    ヽY  l` ` ' ´/ `/   ヽ
          l    y   丶  ,../   l    l
          l    /_,..-‐-、_ヽ /-、._  l   /
          `.   ´ l |   ヽ`l´/ l /丶'  /
           、    Y    | ! l  /    /



                                                  _   _,
                                               ___,> Y´'ー-、
                                              _>z二_ ___`ー≧__
                                              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                             /        ヽ `Y′之>
                                            /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                            l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                            |ハ .ハ(.●) (●.) / / ,/レ′
                   ここが大陸の最北端だから         '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/
                   ひとまずは ロマリアに戻る事になる。       ヽ、  ― _,.ィT/
                                                  r-l   l= 、i
                   そろそろ シーフードが食べたい。        r‐'  `ヽ、 l つ
                                               'v――-、¨ r'' ヽ
                                              /     l l i .l
                                              i   /   .! l ヽ
                                              /   i      l /


8 :◆vsQyY1yD2Q

              _,..-──- 、、
           ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
         ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
       ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
       |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
       |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j
       ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i    イクなら、早くした方がいいかも知れんぞ。
      .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!
       | ソii        j             l!ヽ l    この町は、現在 食料が足りない状態らしい。
       i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!
       `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/     まぁ、十年以上 ほとんどの畑を
        \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ.     放ったらかしだったんだから、当然だな。
          i、       ー一        / i/
          |`、                /  'i
          |  \     ;       ,イ   |
          |   \ ___,__, ィ´/   |
          _,!              /     l、_
    ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
           l   ;          ,'  ,'  !  ;



                                                   . -―-_、_
                                                    /: : : : :/: : : `ヽ
                                                /: : : : /{: : : : : : : :ヘ
                                                /: : :/  ヽ: : : : : : : :l
                                               , : : /   、__ ヽ: : : : : :|
           呪いを掛けられている間                       l: : ん  ヘイil Yl: : : :l: :/
                                                 l: : fJ}    ー'  l: : : l:/
           この町では、その日 町を離れていた数十人しか        l: : |'´ ノ     l: : :/:l
           生活してなかったそうですし                    ヽ: ヽ、 r‐、  j: : /: :!
                                                    |: : :l>|/^!イ/: : :ゝ
           昨日の宴も、ずいぶん無理をしたんでしょうね。       ..j人:j: :/  ̄`!:ノ: : : :}-、
                                                / (: :{{|   ̄}ノ: : : ノ  l
           兵の人達が 狩りに行ったそうですよ。.             /  ハ:_: }  イー-イ   _ |
                                              ヽ __」   /  /    l/´ l
                                               |  | /  / :   /   /
                                              ! /   /l [  /   /


9 :◆vsQyY1yD2Q
    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
    !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    死んでるなら、諦めて この町を捨てる事も出来たんだろうが
    !∩|.}. '___゙`   ./'__` f^|
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' |l.|     寝てるだけだからな……。
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ
.    }.iーi       ^ r'    ,'.      諦めきれなかったんだろう。 この町を、家族を。
     !| ヽ.   ー===-   /
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\



                                                    ___
                                               /      \
                                              /ノ  \   u \
                 や、やる夫達も                  ./ (●)  (●)    \
                                             |   (__人__)    u.   |
                 何か 手伝った方が良いんじゃないかお?   \ u.`⌒ ´       ,/
                                            ノ            \
                                          /´               ヽ


10 :◆vsQyY1yD2Q
           l       j
           l,   _ ,ィ〈
ー┬---,ァ―――一''^i,ヘヽ l
////〃 /           ゙i,l l l
// 〃,/          ,r'i川 l!
ツ ~`7ヽ、_     ,_ノ,,=!、l リ
〃  ,テf。ミ≡ミァ  'イ::。ノ lノl/    そう思うなら、早く この町を発った方が良いかも知れませんね。
  ,/^ ゙''"--‐   l`ー ''イ/
 /         l   /ノ     我々が この町にいる限り
'"          l   /'′     辺境伯は立場上、我々を歓待しなくてはいけません。
             l /
           _,」/
     , 、__,.: -ァ/        出来る事と言えば……そうですね、商売でもしたらどうです?
ヽ、   `ヾ `"~´ノ/
  ::`ヽ、   ` ̄´ /         食料を売れば 喜ばれますよ。
  :::::::::`丶=='f'^i
―-、::,r''"´ ̄`ヾ、 'i,
  ,rチ ,r''"^`ヽ、`ヾt、
  (= '" /^`'' ー≧   ヽ

                                                      |
                                                  \  __  /
                                                  _ (m) _
                                                     |ミ|
                                                   /  `´  \
                                                    ____
                               商売……あ、なるほど!    /⌒  ⌒\
                                                 /( ●)  (●)\
                               早速 行ってくるお!     /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                               |       |r┬-|     .|
                                               \    `ー'´    ,/


11 :◆vsQyY1yD2Q
【 ノアニール辺境伯の館 】...i;;::;:_i;;::;_|                    |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_|
            |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|                    |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|
  ___    |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_|                    |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_|     ___
 |! + + + i|    |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|                    |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|    |! + + + i|
 |! + + + i|    |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_|                    |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_|    |! + + + i|
 |! + + + i|    |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|                    |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|    |! + + + i|
 |! + + + i|    |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_|                    |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_|    |! + + + i|
   ̄ ̄ ̄    |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|                    |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|      ̄ ̄ ̄
            |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_|                    |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_|
            |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:| .::II  . II  II .||  II .II  .II:: |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|
            |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_| .::||nnn||nn||/ \||nn||nnn||:: |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_|
            |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:| .::||i⌒U⌒ii⌒i⌒ii⌒U⌒i||:: |_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|
            |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_| | ̄ ̄ii ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ii ̄ ̄| |;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_|
.ニニニニニニニ|_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|.[二|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i| 二].|_i;;::;:_i;;::;:_i;;::;:_i;;:;:|ニニニニニニニ
                         |:.:.|i_人_†_人_†_人_†_人_i|:.:.:|
                         | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
                         |_;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;_|
                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
________________/;;::;;:;::::;;;;;:::;;;;;:;;;:::;;:::::;;;:;;::::;;::;:;\_________________
__________________|;;::;;:;::::;;;;;:::;;;;;:;;;:::;;:::::;;;:;;::::;;::;:;;;::;;:;:|_________________
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



        ,,.. - '''' ̄ ̄ ̄~'''丶、
      /      +     丶、
     /_,,.. -=ニ ̄ ̄ ̄~'ニ:::.、_ ヽ
    /'7, ' , -- 、ヽ    , '~ , .. 、ヾtヽ
    / ! (   ) !   ! ;'  ヽ ll .l
   ./  lヽ `ー '  ノ    !. ヽ、__ノ l l  l.     ほう、馬車の積み荷
  /  l  `-;;: -='-‐ ,'''' ー丶..__,,.ノ l . l     食料品、調味料を 我々に売りたいと?
  / / l.,,- '"     /    `丶、.  /! l l
 / ;'  lヽ、              ~/ l  l l     それは ありがたい話でござるな。
 ! l  l  ヽ、            ./_,,.l  l_j
 ヽL_!ー--ヽ、        _,,.-_',二--!/
         /丶,ニ7ー--ー'''ヽ
        / rイ/ ∧  l  \
        /  | / / ヽ |   ヽ


12 :◆vsQyY1yD2Q

                                                         (ヽ三/) ))
                                                     ___( i)))
                                                   ./⌒  ⌒\ \
                                                     /(.●)  (●.)\ )
                      それで、代金の話なんだけど          ./ :::::⌒(__人__)⌒:::: \
                                                |    (⌒)|r┬-|      |
                      ちょっと 頼みたい事があるんだお!    ,┌、-、!.~〈. `ー´   ,_/
                                                | | | |  __ヽ、   ./
                                                レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                                `ー---‐一' ̄



               , -―‐- 、
            , '      ::::::::ヽ、
.             , '          :::::::ヽ
            /      十   _,,..-‐<´ヽ、
.          ,'T =――――'''7´, -、ヽ ト、 \
         ! レ´r'::::::! !   { i::::::::j ! } \ \    ふむ……君達は ノアニールの恩人。
          !  ', ゝ-' ノ   ゝ、`¨ ノ .,!   >、  !   可能な限り応えよう。
            | :! ゝ -- ' ''"´ ̄:.``ゞ=- /  r'  V
            | ::!  \        ..::::/-―'.         さぁ、なんなりと 申されよ。
          ヽ、:!   ヽ    ......::::; '
           ヽ___...」> ―‐ イ´ ',
            / rイ/ ∧   l ! |


13 :◆vsQyY1yD2Q
【 ノアニール辺境伯の館 客室 】 .|
        |    |    └─┘    |
        |    | 同罔     岡  |
        |  {工工工工工工工工工}
        |   | /   V   \___∠_|ィ'くフ
        |   |く_/\    /\   |ヌイ
        |   |/ ┌─┴─┴┐ヾ、| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二不二二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |   |\ソ| | rメし々 | |一L|        |───┼───|   / ̄` ーァ、
        |__r|_____|_|__}_(o)_{__|_|_____|、_______|二二二土二二二|_,/     / }
───/_______________\                 /     / /
    {三三三三三三三三三三三三三三三}    r ,二二二二二/     / /
                              r─‐、.l___  ,/     / /
                              ト、      .r ,二二二二7 /
                              |  \    | |



     / ̄ ̄\
.   ./   _ノ  ヽ
    |    ( ●) (●)      ……なるほど。
    |      (__人__)  ∫
    |     `⌒´ノ ∬    代金を もらう代わりに、ルーラで ロマリアまで送ってもらう事にしたのか。
.   ヽ         } | ̄|.    そりゃ 良いアイデアだろ。
     ヽ     ノ |_|)
____/      イー┘ |    それじゃ、ウチも やる夫達に合わせて ルーラで戻るとするか。
| |  /  /     ___/
| |  /  /      |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


14 :◆vsQyY1yD2Q

                                                     ____
                                          , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
         夏美のとこには                      -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.) (● ) ヽ
         ルーラを使える部下がいるって聞いてたから   ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
                                        //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
         もしやと思ったら、ビンゴだったお!        ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
                                      /    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
                                      \___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \
.              , r '`二ニ'';;ー- .,,,_
                 l r'´:::::::r;==、'‐-,.`i
                | |:::::::: {f-'::::リ::::::| l
                ,,| |::::::::::ゞ=":::::::l |
.             ,.  |::| |::::::::::┌┐:::::::| l
.           /{   |::| | : ┌┘└┐:l |
.        , --{ :ヽ . |::| |::::└┐┌┘:l |
.      / ..:::::::::::::::|::| |:::::::::└┘::::::l | '"ヽ
.      j   : : :::::; -‐'rゞ‐‐-- :::::::;;;;;;l |:::::::.:.ヽ
.      {   .:::∠    :. :::;i {   i :i'`ヽ:::::::.l
.      ヽ  :::::/   ::i、 ::ハ{ヽ!  jハ l  ヽ::/     .ノアニールの人達を助ける事にもなりますし
.       ヽ ::::{lハ  .、i ,ゝ{ミ、   '´/7ィ }:{
        .} :::l {::ヽ:..:::ヽ{- '}`   イフテ/.:./::{.    ウチには、ルーラを使える魔法使いがいないから
          ノ ::;;:{ ヽ{」`ミ、` ̄    ,└'‐jィへ::ヽ    私達も助かりますね。
      ._ノ .::/゙ヽ  从 :ト`  ┌‐┐  ノ::.ト }:;..ト
.      ~{rへ    "}/.i 丶、ゝノ , ' }ハノ ノ'j/    どちらも 人助けが出来る。
         `  ___,,,,,ソ,   , `トァ-ァ─ァ;ー-、    ルビス様の教えに適う ステキな事だと思います。
         ィ'/;;'':::{〔ー-ヽ∠-;;;ノ/::::://::::::::::!
.          | l';;;;:::::::ゞニニ;;;;;;ニ-ー''ヽ;::::;' ,'゙`i:::::::|
.        | |'":::::::::::┌ー┐::::::::::::::::::| l:  l::::::|
        /| l:::::::::::::::::|   l::::::::::::::::::::| |:   ';:::|.


15 :◆vsQyY1yD2Q
                    _
                       `ヽ\/ ̄`ヽ
             _, -─‐┬ 、__ |:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:\
           ,イ      |  ``l、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ,    /  |      |     |\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
    /|   /    l       |    /.:.:.:ヽト、:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
    {_\  |ヽ     ヽ    |   /.:.:.:.:.:.:.l:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.|
    /.:.:. ̄| ヽ   ヽ   |   ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.::|
.   /.:.:.:.:.:.:.:.:|   \   ヽ  !  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.::|    えへへ、「ウチ」 かぁ……。
   |:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ、  `-、_ヽ / /`ヽ:.:.|i.:.ナl:.:.:.:.|:|,}|:.:.:.:.:|
.  |!:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.`ー─┬‐-'´  '´|ィ'フカ}|:.:.:/.::Y.:.:.:.:.|     私、もう
   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:l|:.:.:.:.:.|:.:.|:.:.:|-__      ゞ''"//l:.:.:.ト-:.:.:|     やる夫さんのパーティの 一員なんですよね。
.     ',:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:ヽ::ヾ_ァiフト,       ´__ノ_;ィリ:.:.:.|:|
    |:.:.:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:``ヘ_ゞ'´   、     ̄/.| |``7:l:l.     なんか うれしいな。
.    |:.:.:.:.:.:! l:.:.ト、_:.:.:.:.:.ミ    ゙__/}   / |リ /:.:l|
     |:.:.:.:.:|.  ヽ|  `l ̄`≧_   `ー-′/  | /:|:.:|ヽ    ねぇ、お姉ちゃん?
     |:.:.:.:.:|_,. -─‐ァ' ィハ |\``ー‐r─- '′   !/|::|ヽ|``
    /.:.:.:.:l|     ̄リ{ ` ト\ l|__      / |ヾ!``ー-、__
    /.:.:.,ィ:|:|      _  |  Y___h r─‐‐'´| ! |     `ー-、_
 `ー'ア.:.:/ ヾ;:!  _,.r‐'´  `7 |  /゙|  ト|   /| || | ___       `ヽ
.   {:.:.:.|  | `ヽ | |   r'| |// |  | |  /  | / | /(,ハソ}\     |
   \::! |  | | |   | l| //  .|  |//  | | / /  ̄`´{   / /
     ``{`‐ァ |ヘ_レ′ | |,/   |  ,レ     | |,/      `) ノ /


                                             ,x==一
                                           /     -―――- 、
                                          /./  /          丶
                                          {.:{_,/              : 、
                                          `7¬  . :{  ヘ   ヽ 丶   ' ,
                                          ,イ"/ // : |  ヾ  、: : ヽ: ハ   l
                                         〃l :l l ト、:∧  ! \,ヽィ:l : :ハ:  }
                                        . {! | :l | N ,ヽハ: l '´_ヽ\、!: : : . : |
                                           | :lヘl∧ 代ヽ\!、イi~ヾ、ル : :L: リ
                            え……ええ、そうね。   ヽリヽ ハ ,ゞj    ゞ_ソ ,/ ア: }シ
                                              .Y:ゝ::::: _  :::::;ノ; : ;7:/
                                              ,!:/ {:{>`.'_, .ィハい从(
                                              ,,'  |:|,イ/―y′|レ'\
                                               / -┴‐┴‐イ//入
                                               //f _,,_   0 |/  l


16 :◆vsQyY1yD2Q
.     /             )      _{::〃::Y:ヾ::)
    /     ☆⌒ヽ  ,人_ / ̄   \_;;ノ::/
.   /   ./ {::::::::::(;;;;)(;;;;) _, -‐┬―-Yノ
  〈   .{  ヽ:::::::::} ,.イ : .:.:.|    |.:.:.:.:.:.ハ
  /⌒Y ヽ⌒ `┬-'.:.:.:.:.i:.:.:.:.|  ⌒レ!.:.}:.:.}リ
  (  r'入__入__.ノ.:.:.:.,:イ木.:.:.:!   ,.z_|./ :.ノ'   / )      良かったね。
  \   ノ/i.ハ .:..イi.i.|' リ \!   fュ:トリi爪     / .ム_
    `ー ' |.:.:.:!.:.ハ:.:.{:トト!   ._   巡} !.i:.:\r、 i { /^ヽ    ルナお姉ちゃん、メイリンお姉ちゃん♪
         |.:.:.:!.:.Y'ヾゝ /⌒  __' ::: }.:ヽ.:.:ハ \.` |_/_ノ}
        |.:./:.:.:乂マ  :::::::  { :ノ /!.\:.:.:.ハ      ノ!
       !/.:.:.:.:../`爪^>‐ュ-`,-イ.:.:ィ\.:.\:.:.\  / 〉
.        /:/.:.:.::ハ:.:.:.:.:\:` 、ヘ:┴┴' \. \.:.:\~○'___, イ
       /:/.:.:.:.:.{:/⌒>\.:.:.ヘ___o_≫. \ ))):.:}  |   |
.     ,' ,':.:.:..:.:.:.{   \^ )ハ.:.ハ=======、\ 川/|   |

                        ↑ 同じ孤児院出身 ↓
                                         , -
                                          〃                `ヽ 、
                                    __ {::{                  }::',
                                    /:::::::::`::ヽ    ,. -‐―;;z――- ,,.._   j:::::}-―-、
                                  //.:::::::::::::::::>''´:::::::::-<:::::::::::.... .... :::::`ヽノ::::'::::.... . :::ヽ、
                                  /7: : .:::::::::::/::::::::: . ....._`:::::.... ..::::::::::::::::::i::::::::::::::::. ::::',``
                                 /::: . .: .::::/:::::::::::::::...::::<´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:: :.. ::::::::::. :::::',
                                 {::::::. ::::::/:::::::::::::::;-::::::::::::: :、 : :: :. ::::: :: :. ::::::';:. : ::::::::::..:::::}
                                 丶::::::::/ .: .::::::::::{ .:;:-'''''''ヽ:::}:. . :. :. :::::. : :::';:::';:. . ::::::::::::::::j
                                   ';:::/::: . .: : ::::ハ::{     }ハ:::::.::.:::::::::::..::::::::';::i;:::::::::::::::::::/
                                     i::l:;イ:::.:::.: ::::|__``     ノ ';:::::::::::;イ:::::::::::::トハ:::::::::::::::/
                                    l::i{::i:::::::ヽ::::{ _`ヽ    -‐}::::;/ l/:::::::::::j}  l::::::::::::::i
                    ありがと、まいん♪    |::::::l:::::::::::::トf〒フト     ノ彡==j::::::::::/ノ;ァ |:::::::::::::i
                                   }::::::i::{7ヽ、_\ゞ‐'  ,      /:::/i/:j`T´}:::::::::::::!
                                   /: : ::ヾ、イ:: ::T`   、      ''"彡 .;イ/トノ .}:::::::::::::{
                                   /: . :::::/ lヘ:. 八ヽ、  rr―ァ   /7ノ lル'   l:::::::::::::::i
                                 〃:;ィ:::::/   ヽ{    `ヽ`ニ´  /-‐/  {   j: : . .::/八
                                彳:ノ {::i:{     `    `TTT「/L    \ ノ. ...:::;ィ/  `


17 :◆vsQyY1yD2Q


          _______
        /          \
      __/             \
    /.            、    |
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |   ……………。
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \



                                         f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、
                                        _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                     /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
                                    /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
                                    }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
                                    /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
                                   /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
                                   /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |
                                   // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |
   ……やらない夫。                      /  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|
                                    |:| |:::::l  ヽ、       l  /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ
   孤児院出身者と言うのは、多かれ少なかれ         |  |:::ヽ  ___     ij .ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l
   家族と言うものに 憧れを抱いているものなのです。     !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
                                       |:::i:::ヽ  ´`     ./ .|: :/ .| :/|:/
   ここは 素直に、新たな家族を得た彼女達を          |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{
   祝福してあげてください。                     i  }   `ー イ       _./´ 入
                                              ,ヘ     _./    / ヽ
                                            ,/  |  ./     /   |ヽ、.
                                          ./l   ,ゝ<      /    |  `ヽ、
                                      _, . '"´/ | l"   メ.    /     |      `
                                  _, . '"    /  |.∧   / ヽ.  /      |
                               , "´       /  レ / ´`ヽ  人/       .|


18 :◆vsQyY1yD2Q
                                  /                    ヽ
                                / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
                                 ' 「      ´ {ハi′          }  l
                                |  |                    |  |
                                 |  !                        |  |        |
                                | │                   〈   !      人
                                | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
                               /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !.     |
    やらない夫。                     .! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
                              | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    お前には、俺達が付いてるじゃないか。.   ヽ {  |           !           |ノ  /
                               ヽ  |        _   ,、            ! , ′
                                \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
                              |.    `!                    /
                              人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
                            ̄ .Y  ̄   |\      ー ─‐       , ′ !
                              |      .|  \             /   |
                                _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
                           _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│ .!  |     ゙''‐- 、,_
     .___
   ./ ノヽ\
    ;| (○)(○|:
   :|ヽ (_人_)/;
.   :| |. ⌒ .|;
    :h   /;
     :|  /; ’
    / く、     \
   ;| \\_    \
   ;|ミ |`ー=っ    \


19 :◆vsQyY1yD2Q
    __   ., '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
.'"´.:.:.:.:.:.:`/.:.:.:.:.      ,           ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:..........:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:..     '.,`ヽ、
:.:.:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:!.:.:.:./ヽ.:.:.:.:.:.:.:.lヽ.:.:.:.:.:.:.:...  i.:.:.:.ヽ
.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:l.:.:./  ヽ.:.:.:.:.:.:! ヽ.,/.:i.:.:.:.:.:.!.:!.:.:.:.:.:.!
.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,./lメ、   ヽ.:.:.:.:.l _∠.:.:.!.:.:.:.:.:.l.:l.:.:.:.:.:.:!
.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:/.:/   rヽー' ヽ、.:lノ、  ヾl、.:.:.:.:.:l,'.:.:.:.:.:.:.l
.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:il.:.:.:.:.:il.:/   lヽ'i     `l、i   i.ト.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:l
:.:.:.:.:.:.:.:.!.:/i.:.:.:.:.;.l'     l:::::l     l:::l   li.:ヽ.:./.:.:.:.:.:.:.:,'
.:.:.:.:.:.:.:.:,. '"ヽ.:/-l、    ー'     ー'   /ト-.:レ'.:.:.:.:.:.:.:,'
:.:.:.:.:.:.:!    '   `        丶    ' l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;イ    ……あれ、なんか トドメ刺してない?
:.:.:.:.:.:.:l、     し ` `        ` ` j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、          /`ー'ヽ   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:l  ̄`ヽ、      ̄ ̄ ̄   /i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.!
:.:.:.:.:.:,イ.:.:.:,'     l `ヽ 、     ,.. '".i.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.l
:.:.:.:.:./.l.:.:/    .l      `  T´   ヽ.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:,イ.:.:.:.:.,'
:.:.:.:./ レ'    ノ         l     ヽ、.:!.:.:.:.:.:.:./ .l.:.:./
:.:.:/    ,.. ィ'"           ト 、     ヽ!.:.:.:./   レ'
/ ,..-‐'" ヽ::ヽ   、..         `ヽ、     レ'
../     ヽ::.ヽ   `ー   -‐'   iヽ、
'      ヽ i::::::::ヽ、         /::::l `ヽ

                   ___________
            __,、-‐ァ''"´ /\  `゙''‐- 、
           /_」`'´     \/    `'´ Lヽ
             /、__  | ̄``゙ヽ、   , -''´ ̄|  <|
          |二,  \ |\ `‐´ /| /     |
          | / /\ ヽ______________ く /ヽ.  |
          | >┬iT!'| / |/{ |    `゙''‐- <__/ |
           〈rイ| || ト|L|/ || ヽ!        ミ゙i、/|
          | | | | lハ  l|   、__ __,.. lイ l l.|
          | 八 l j.斗zl≦´l     ィ,z==ミ  レ‐くl
          ヽl介ト 7f「 え`    ´ |{ しリ`  |rワ ハ    掛ける言葉が 見付かりませんね……。
            Vハ. 、ヾニソ        ゞ-'‐  lレ'/lハ
           ノ ハ   ̄   } _       爪 l| lヽ   私達も、やる夫さんのパーティの一員ですから
          / /小           U イソ リ ハ ト、  加害者側になるみたいだし。
        〈 / /ソ\     ' ニ¨     / l/ 〃 // ハ)
          )イ /イ{ 〈 l> 、      イ| { 〈 /  { { {ィ/
          乂 {小ミヾ ハ|  `¬ ´ /r气ハ{  ,ノ人八
               /  `゙''-、___,、-'"  ヽ
     __________________/|     / ト、     /`ー‐ァ-- 、_________
    ハ  |:::::::::::::::ヽ   \    / ○| ヽ   /   /:::::::::::::::::/  ハ
  /  ゙、  ヽ:::::::::::::::\   \__/ ̄ ̄ ̄ヽ_/  /:::::::::::::::::/  / ',


20 :◆vsQyY1yD2Q
              /: : : : .           \
                 /: : : : : : : :            ヽ
            ,': : l: : : : : : : . :          ハ
              l: : :l: : : : : : : ,、: ..イ  }:  .       ハ
               } : :.l: : : : : l:,,≠V=l: ハ: 从:  l : }l
           /: : : l: : : : :〃iト‐}` ∨ レ≠ミl /. : : lリ
          /: : : :.:|l : : : : :l` ̄´    iヒノハイ: /l:/   あれ、大丈夫なのか?
          ̄フ: : : : N: : 、: lヽ u    ',    }: : l:/ '
            /__ イ: :>、: |ヽl、   ,...、  ∠: : :|        放っておいて。
          ̄ /´\:.:.ヽl:.ヽ丶、. `". <l: : ト、l
    __  --─  ̄    ヽ:.:.:.:.:.:.`>l`¨ト、:l从 :.|
  /⌒ヽ          ヽ:.:.:.:.::/ `丶、 ヽ!
 /                ヽ:.:.:}     丶、



                                         _ _ ___
                                         ´       `ヽ、
                                       /            \ヽ\
                                   , '             \.、ハ
.                                  /     l { : .\: .\\   `ー廴_
.                                   ,′ /   .八!\ト、斗匕 ̄ヽ、   \\
                                  l l |    {.ト、\ \ ,ィ斗ェ=ミァ 、_ヾ: . ハ ヽ
                                  | ! ||  .ィT弋, \  ゙Vュ:::::;Y´り: ハ :.リ  )
.                                   !.! |l    i|         `辷ツ !Y. ; :jノ
                                   .l ハ 、 : :小 /⌒     :::: ノ:.ハ: : ; :\
            大丈夫、大丈夫。             乂 ハハ. : :l;ヘ、:::  `- '  /V: :ハ : ; : : \
                                     ノ ノノ}: :リ : i:`::ー―、‐', ィ´⌒V:廴.; :ヾ: :\
            後で、私が フォローしておくから♪     ノ.:/. : .!: i : i ::「 V ヘ  ,ィ》ー‐'i⌒\ : \
.                                    /イ: : : ィT!  ̄く≫|i }≪/   ll.|    〉 : : '.,
.                                        ,!: /´ V《  l二ニ{_}ニコ    ll |  / }\: :ハ
                                     ,′{ \ V《   |_/ |\_|    》/ /  .|: : .:, :ハ
                                     ,′:.|  YV《  // | V   》/ !    !\:ハ: ハ
.                                    /: : :∧   !. V《//   !  V .》/  |   |: ハ:ハ: |
.                                     /:/ : {    .|  V/_  o|  V》/  .,′   .!; : :.| :!; !
                                   /:/: : /   .∧/_ヽ)  i   .V   / /   |:!: : |: |i |
.                                  /:.,': : /   _|/ ´-、Yフ  !     ./i     !:| : :!!:| !|
                                 /:./: :./ イ´ ,イ  ,ィォ }   |      |.レ     | ! : | !| ||
                                 ,: :,'i: :.:{  《  {   ノー'   .|     Y     !::ハ | |! リ


21 :◆vsQyY1yD2Q
                              .     |    ___________ヽ::ノ.!   !
                                  , ┴'  ̄:.:._:_:/    , 斗チ-、::>' :.i.:.`: ナ-、|   |
                              .  /::::.:.:.::/../ . /ヽ.       |/ /`ヽ´^}:..:./ : :i.:L____, !
                                /:./::.:.:.ハ .:!.::/ __、    ノ ,ィェェ、  /:;ィ':.i:.:.:ハ:.:.:.:.::|´
                                !/ |:.:/./ ヽ!/ /うハ    彳 i;づ今X´ レ‐-、.:ヾ.:.::ハ
           ねぇ、ママ。               し |/|/  /八 ミ{i 氏;l    '! !b;;ヒェハー'   ハ:.::ヾ.:::.\
                                 ! ! /:./:ハ 1込:|     込:::ツリ`   〉 i }:.:.:.:.i:.:ハ.:::ヽ、
           私達が持ってる保存食も      ., - ', - '.:.:.:.:.:.i ┴‐ 、     ┴- ―'   ( ノ ノ.:i.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.ハ
           みんな プレゼントしちゃって   ./ /: : : : : .:.:.{   ┬‐┐     __, --‐ ':.:ノ.:.:ノ.:.:ハ.:.:.:.:.:}
           いいんじゃないかな?        /  /: :, --―ィ .:.:`:..、  ヽ_.ノ , -=ニ二:.:.:.:.-:.::´.:.:/ .:./.::}.:.:.:./
                                //  /:.:, イ:.:.:.:.:.:.`::..、___´.. イ/:.:.:.._:.:_../⌒ ヽ、:.::/:.:.:/
                                |'  /, -' //:.:.:.: . .イ:.:.:(入/,. イ:.:.:.:/      \/
                                |  /    /イイイ:/ /´r^ Y  レ':.:/            \
       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \.    ……そうね。
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l    食べる事は 大事な事。 ここは 人助けといこう。
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,   |        ウチは、自力でルーラ出来るから
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ      やる夫が引き渡す食料の中に 紛れ込ませてもらう。
      │「ィ::∩ ノ ⊃.
      /´:,r/:ヽ__ノ         今後も料理に使いたいのは、一部 手元に残すけど。
     (::::::V::::::/ `i:i
      \:::/-‐::::::/


22 :◆vsQyY1yD2Q

                                      ,.-―,>‐ト<´ ̄``7‐ ''''' ヽ、
                                      /  /'´.! ヽ弋'    '        ヽ-―‐- 、
                                      ,' /  /ヽ「ヽ-ー'     ,     `ヽ     ',
                              __,,,,,..... -'  /     、   ,   ハ  ,     ',    !
                                         'イ    ,l 〉< !  _/,..∠´ i     !     !
                                  __..... -‐' ヽ / レ'  弋/    ヾ,イ  , l     l
        ( ハチノコもらったところで      -― '"/     .i' l !   0    0   l ト、/ `    ,イ
                               ヽ 、ー┐      '、 ! ' 、   ,      ト ' !        '、
         食べるかしら? この町の人達 )     `` ヽ 、 _∠ヽl ' '        u ,.. ィ'     ,   !
                                          /,ヽ、  ‐- 、   , イ,..ィ‐ 、     |ヽ、l
                              ヽ 、          l// _ !ー‐r―'  /! !   ヽ   /   '
                                 `` ー- 、   / .レ'  T /イ ヽ、/ .l l    l `レ'
                                        ヽ,'     l ' /       !,l    l


23 :◆vsQyY1yD2Q
.
              |ヽ
             ,ヘノ:::::ヽ
           /:::::::::::::::::ヽ
        /| /::::::::::::::::::::::::::ゝ
       /::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〉/!
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://|
       |::::::::::::::;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |\:::::::::/  `、::::::::/ ヽ:::::::::::::::|/
      ヽ:::::::::/    !::::/   !:::::::::::/    フン! ただで くれてやるつもりか。
      \::::::::>    V     <:_::/
         ヽ「`|〒=。,_ ;'=。ア´|. i       とんだ甘ちゃん共だぜ!
        ‐ゝ、!  ̄ ",  ̄  !ノ
         `∧  ,_ヽ _,、  ∧´
―┬─┬―i⌒/  \.  ̄  / ヽ⌒i―┬─┬─┬―
  !   !  |  | |.  ハ`ー-'´ハ  | |  |  !   !   !



                                             イ
                                            //   _,, ─‐- 、
                                           ヘ { ./"     、   ヽ、
                                            .メ        \   ヽ、
.                                           /   i ト   ヾメ ヘ ゝ、 ̄7
.                                           | :. | A ヘ\  ヽ ヾト、二>
                                           | ::::::从>ミx `丶┘/⌒  ⌒)::`::フ
        さっきまで、町の外で狩りをしてて               i ハ イ|.{ひヘ      〃├ ┘匸
        捕れた獲物 ぜ〜んぶ厨房に置いてきた人が言っても   レ ヽ.从`ー'   _ -、   ノ::::::::::::::二>
                                              ヘ〃   ゝ ノ _/:::::::::::::::::ヘ
        美希、説得力ないと思うな。                   .ゝヽ、 フ ー-フ ア´ _ゝ‐ 、::::::::::::>
                                           と ィス`ヽ7_-'"/ー一〈  ヘ:::::::::::::ヘ
                                              `ヽ、 ,イ き}{ろ , 〉、 ヘ::::::::トJ
                                                ∠ ヘ`r- ー-' (:ノ  〉:::::ノ



          / ヽ   /  ヽ
         /|   丶 /   |
         L,-、   V  i | ||
       ,-、ルーャ、\ |  /`Wv,-、
       |T1{  \丶レ|//~1//' 1
       ヘr,| ' 、 。`,ルィ'。  / ノ/j/     う、うるさいッ!
       /ヾj.u ゙⌒"ノ_ `⌒' //1
       .γー、 fr-ーー1} ゙/| |     身体が鈍りそうだったから
       `y' 7`Y-、` ̄' ; | /// ./      ちょっと運動してきただけだッ!!
       { / / メ、 ー-タ/// /
       .> _,  / |ニニ/彳/  /
       |   ー' 、ノ ュr-゙ ゙̄   /
       `\_ /  | |     /


24 :◆vsQyY1yD2Q
                                                     ____
                                                   /      \
                                                  /─    ─  \
                          そう言えば、この町の武器屋って  / (●)  (●)   \
                                                |    (__人__)      |
                          今も開いてるのかお?         \   ⊂ ヽ∩     <
                                                  |  |  '、_ \ /  )
                                                  |  |__\  “  /
                                                  \ ___\_/



          ) ヽ、
      γ´/ )` ´ ̄ ̄ ̄`二ト
      イ ,/ -〃 ̄`    ̄ ̄`丶\
      .ゝr // , |            \
       { 」/ 人     ト . _\    ヽ
       {/      \   l / 二\ l  |
       |    :l  /-\  \ /r._ハ Y  ,,'
       l    \|    ̄ ̄ Vr少 | /l        あ、それは大丈夫だよ〜。
       ' ,   | y≦、     `¨´ 」イノ
        \  {__〃 ̄  ヽ      |
         .l` ーT´   、__ ノ   /          起きてた人の中に 職人さんもいたみたいで
           ーヘ、       /
                `   . __/l   , -‐- 、.     私達も、お世話になっちゃいましたっ!
              nrヘ _」   `ァ/    \、
          /⌒ hh Vー―‐/      /レフ
        rr'    ||l  V^!/  /    /レソ丿
        [入  l/  |!ヽ 丶l   \1/レソ:.:.lノ
        [入 /  ,' ヽ   \    レソ:.:.:.:.:.l
        /:.L 」   /  ハ.     \_  `Y:.:.:.:.:.:. l
         /.:.:.:.:.:| /!  //l \   l:.:..`  、:.:.:.:.:l
        ./.-―/.:.:.:l_,/o| [ 丶 ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:...\:.:l
      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ l  | ]   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ〉


25 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    それじゃ、やる夫達は
    |      (__人__)     |    商品を引き渡して、買い物を済ませたら
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      向こうの準備が整い次第、
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |.     ルーラでロマリアに戻る事にするお。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                                                    _   _,
                                                 ___,> Y´'ー-、
                                                _>z二_ ___`ー≧__
                                                >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                               /        ヽ `Y′之>
                                        .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                              l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
                   賛成。                          (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
                                              '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
                   ここからは もう、私達の出る幕じゃない。.    \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
                                                < l 7Eニ::ィ1    〉
                   私達も、それに合わせて戻ろう。           .ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
                                                   i´ ̄ `ヽ::|
                                                  j|       <
                                                 /    ヽ  \


26 :◆vsQyY1yD2Q

                                           )\
                                         γ´/ `、ヽ
                                    , -'"  ̄ ヽソ  } `、
                                  _ 〈:.   `   ―-シ   }
                                ァ'´   〈     \  \ノ
                                     /   l :|ハ 、   ト、|    ヽ
                                 |    /ヘjミ∨\ |ート  |   |
                                    V: ;〃f::hリ    V≠ミxl h、V
          それじゃ、せつな。 美希たん。    ヽ:.l| Vソ      f::hリ Yjノ:l|
                                 `|.    '   Vソ ノ r‐|/
          私達も、それに合わせて         :.   }>ァ一ァ   ,二.ィ
          ロマリアに戻ろっか?            .ゝ、 ∨ ,/   ,/,,ソr'、
                                    i /)¨  , -'"/  ヽ.\
                               _,. -'''" / /´,二つ、::l:rと二. ヽl |
                          _/ ̄ 〈〈 /  / / 二つと二.ヽ\i ヽ、_
                     _,. -‐='- ,>ァ--―'   i   /  ∧::::l/ !  l   \ 丶r-、 _
                  /´  ̄ ̄ ̄ ̄   /      ノ   {―/ /∨ | |   \    ̄`l   `>―-- 、
                 /           l  ___      `ー-、 , -‐'          | _         \
                         -‐    ̄|´丿  }} ` ー― ⌒ヽ._X_.ィ⌒ ー一'  ̄ ̄丁|   ―         |



                   /              \
                / /           ィ     l
                 / /   \_  >  ´ |    |
                  / /    ,ィ゚、_)、     |    l
           _.ノ /   xァf坪ミy   , ー-、!     |
       /⌒ヽ、  /: : // 、{{ィリ    ィ柊ミ」     l
      .  -‐=彡' /: /:t {  `¨     {{ィリ }| /  /    分かったわ。
    / ィ"´ ̄  ノ'´: : : :八   、_   {  `¨'/:/: /
   / //     . :/: : :{:rd、 ヽ >  /: /         ルーラは 任せて。
     /: . . : : : : :∠、:_: : : :}^ヘ_\ `  _,/: /
   /: :/: : : : :/   V^ヽ-- 、 `^`チ/: l:イ、, -厂ヽ
    レ{/: : :/:/     | ヘ._)、ヽ\-、/: ::-/ / /し} |
      /: /: :|      |  { ー\__)、_y'_/し'T ー, !
    {/ {: : : } _    「j  \ {彡'_:_;ノ!   |  / h、
       V厂      人}_    } ヽ.__ _,ノ  {   い}
      /    /^Y )    , --┴-- 、   r┘ノ\


27 :◆vsQyY1yD2Q
                           /             ` 、
                         /                 ヽ
                        ,'                   ヽ
                         i                ト−- ミ
                         {                    {\   `丶、___/ニニニ
                        ',       '`ー-- 、    {  \    \ニニニニニニニ
   ん? なんだ なんだ         {   ,_ノ    ィ´● )'     |  ハ::::::.    \ニニニニニニ
                        ヽ. (. ●)    'ー "     /く   ::::::i     \ニニニニニニ
   結局、皆 一緒に戻るのか?     .',  ̄´        、     ノ|`ヽ ヽ l:::::|       \ニニニニニ
                           ∧   r   ',     }    ノ     !:::::|   ___ノ^ヽニニニニニニ
                        /.::::\. '、_ノ=-- '′.-――- 、 /:::::/ /      ̄`ヽニニニニニ
   まぁ、せっかくの機会だ。     /.::::::::::::::::>、     / -―- 、⌒V::::::/.// j___ノ、  ヽニニニニニ
                    /ニニ、`ヽ`ヾヘ   ムイ 、_(   >  \/ (__ ノニニニ     \ニニニニ
   それも 悪くないだろ。   ,仁ニニニ\ヽヽヽ ∨   /ニニ>彡>--')__ ノ    `ヽニ     \ニニニ二
                   ニニニニニニヽ   /     {ニニ> ´ `¨¨´         ニ}      \>''"´
                   ニニニニニニニニ/     ∨ /                }八
                   ニニニニニニニ./        }ニ{                  ノニヽ     ノ
                   ニニニニニニニ/       }ニハ             ./⌒ヽヽヽ ___彡
                   ニニニニニニニ!        ノニニヽ、            /     ` ー=彡'ニニニニニ
                   ニニニニニニニ}          ⌒`丶、     /⌒ヽ  ノ     ノ_____
                    / ̄ ̄ ̄`ヽ/ヽ、 _彡ヘ{ {        > 、 /     /  ̄ ̄ ̄
                       ) 、    /   ヾ、    ヽ ヽ      (    `{    /
                   // ⌒ヽ  /    〃 トミ  ___ >--‐=、   ヽ _ノ
                    {       /    //     /         \__ノ





  |    |   :|   |  | |::|:|
  |_,,..+-―┴‐┴-+、,j::|:|
'"´            `::ヽ
              .:::::::|
-ァァテァ‐rチ''''''''''""`ヾミ-、,ノ
// / ,/、ツ      .:ヾ__ゝ!
,jツ /,∠≧、_    _,ノエ,ヽl
シ,ノ ,癶 ◎`ヾ゙  、f!f◎,ハ,iリ
ノ /  `゙゙´''"  l l:゙`~´:;jソ     立ち直り早いですね、この人は。
/         l !:::::::::/
           l::::::::/      慣れでしょうか?
ト、        ,_ 」:::::/
. ヽ、    r、_,,ヾ,ィ:/
 ゙::ヽ、     、,,`゙´/
、、:  `ヽ、 . . .::::~´/
:::::`:ヽ;、、:Y>-‐ '′
:::::::::::::::::`ヾ′


第9話へ 1     第11話へ

この記事へのコメント
やる夫、商売関係だと頭いいなー
後、ツンデレ王子乙w
Posted by at 2010年05月24日 08:28
バイオガーダー懐かしいな・・リアルタイムで読んでたんだよなぁ、中途半端な終わり方だったけど
Posted by at 2010年05月24日 16:02
改めて見ると阿部さんのセリフが……
Posted by at 2010年06月27日 17:11
GALO(ガロ)を覚えてる人はいるんだろうか・・・
Posted by at 2010年08月07日 03:14
ハーレムって一見羨ましそうに見えるけど、
女だらけの中に男一人って、気が休まらないにも程がある……

もし仮にやる夫ややらない夫と同じ立場に立たされたなら、
やる夫のパーティーよりも、やらない夫のパーティーの方が、
気軽で楽だと思う俺は異端だろうか……
Posted by at 2010年08月20日 04:04
女だらけの職場はギスギスするっていうしねー

そして最後のハート3連発に吹いたw
Posted by at 2010年08月23日 17:36
女だらけのパーティーがギスギスするか否かはやる夫の器量次第だろうな。がんばれ、そしてもげろやる夫。
Posted by at 2010年09月07日 22:53
二人や三人ならともかく、これだけ大所帯だとかえってトラブルは少なかろう
気を使うのはやる夫ばかりw
Posted by at 2010年09月14日 05:05
実際男女比率が1対10とかのほぼ女子高とかって大変らしいしな〜

それにしてもさすがツンデレ王子ベジータw
Posted by at 2010年10月07日 00:37
女性ばっかりの所に派遣された事あるけど、
残業多数の所より精神的にきつかった……
仕事自体はサクサク進むけど、やる夫はハゲるんじゃないか?
Posted by at 2010年12月23日 09:57
女がたむろすると、あいつら平気で下ネタとか振ってくるからな
単に俺が男として意識されてないだけかもしれんが
Posted by at 2011年05月04日 18:48
差し入れとかメンドクサイ。
男職場なら、あっても1・2週間に1回くらいかもしれんが、女性だらけだと毎日のように誰かが何か持ってくる。
それに合わせるためにパーティパックの菓子を1週間に1回は差し入れしてるよ。
Posted by at 2011年07月22日 17:20
ベジータのツンデレっぷりはさすがだなw
Posted by at 2011年08月20日 02:38
ベジータ、これはいいツンデレw
Posted by at 2011年09月11日 17:28
まぁ切り替えが早いのは良い冒険者の証拠ってことでw
Posted by at 2011年09月15日 16:35
男女比とかどうでもいい。準にゃんと一緒のパーティこそが至上だ
やらない夫ぉぉぉぉぉぉッ!!
Posted by at 2012年02月23日 01:21
メイリンの僧侶姿ハァハァ
Posted by at 2012年03月03日 00:14
べジータさん明らかに原作後期よりやさしいんですが・・・
エリート意識を持たなかっただけで更にナイスガイになるとは・・・
Posted by at 2012年04月19日 00:06
ベジータさんが一番かわいいんですけどそれは大丈夫なんですかね……
Posted by at 2012年12月21日 18:34
手でハート作っている件のつっこみ未だ無し
Posted by at 2013年02月02日 15:29
6つめのコメントでもうあるし。
Posted by at 2013年02月14日 16:42
ヒロインさんたちも可愛いけど、ベジータさんのツンデレっぷりに和むw
Posted by at 2013年06月10日 16:34
べジータのつんでれ可愛すぎw
Posted by at 2013年07月06日 15:06
あれハートだったの?ベジータの生え際を揶揄してるんだとばっかり…
Posted by at 2013年07月31日 19:30
ベジータめっちゃいいやつwwww
Posted by at 2013年08月30日 01:56
べジータツンデレってるなw
Posted by at 2013年09月29日 19:17
ガロは当時のガンガンでも異彩を放ちすぎだw
少年誌で巨刃皇帝はアウトすぎると思うの 
Posted by at 2014年03月18日 12:37
某なろうの掲示板系小説でもあったな
ハーレムパーティーですがパーティー内の空気が最悪ですみたいな
まあこの話が書かれたのはその話の3年前か・・・歴史を先取り感あるか
ここではやる夫のコミュ力のおかげでうまくいってるが


アールシテイ!
Posted by at 2014年12月23日 02:50
>大丈夫、大丈夫。
>  後で、私が フォローしておくから♪

準にゃん
それ、いけない扉への追撃になっているからw
Posted by at 2015年04月05日 16:44
ホモが居なかったらやらない夫のパーティも気楽な男友達同士って感じでいいだろうけど、この場合はやる夫のパーティの方がいいな
Posted by at 2016年09月20日 04:51
ハーレムってのは
「そこに属してる女全員に対して、主は均等に愛を注げるだけの甲斐性が前提」だからなぁ。

よほどの資産持ちな性豪でもなけりゃ無理w
Posted by at 2016年10月16日 16:09
増田晴彦作品が分かる人もいて良かったw
怪物描かせりゃ一級品の人なのに、今じゃすっかり野に埋もれてしまったからなぁ。

『強殖装甲ガイバー』の高屋良樹センセみたく、
粘り強く待ってくれる(半ば熱烈ファンと化してる)編集部に拾ってもらえればいいんだが。
Posted by at 2016年10月16日 16:22
※4
Gファンタジーは創刊号〜「ぱにぽに」連載開始くらいまでは購読してたから知ってるぜ。
例えるなら『花の慶次(原始人ver)』って感じの作品だったなw
今のGファンタジー読者(腐女子層)に見せようもんなら、自爆テロを起こされそうなくらい男臭い作品だったw
(正直言って面白いとは思えなかったがw)

創刊当時あたりの名作は
『聖戦記エルナサーガ』『勇者はツライよ』『スマイルはゼロゴールド』『ゼルダの伝説 夢をみる島』
あたりだな。
見ていて心躍る作品が多かったもんだよ。
Posted by at 2016年11月01日 16:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38459817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ