■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

下AAがズレている場合、AAが正しく表示されない環境の可能性が あります。

|☆ チン  〃 ∧_∧ |     |\|/ | ∧ ∧ ∩|─( ゚ ∀ ゚ )─|∩ ∧ ∧ |     |   |  ノノノノ  |
| ヽ ___\(\・∀・)| ∧ ∧  |/⌒ヽ、|( ゚∀゚ )/ |  \_/  | \( ゚∀゚)| ∧_∧ | ∧∧ |  ( ゚∋゚)   |
|    \_/⊂ ⊂_)  |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|     〈   | / │ \ | |      |(; ´Д`)|(=゚ω゚)|/⌒\/⌒ヽ|

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/1 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(本編完結) 現行スレ NEW! 4/22
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年05月26日

全ヒロインの紹介と、彼女達のその後

1 :◆vsQyY1yD2Q
これは、『やる夫でラストバイブル3 ( 以下、やる夫でLB3 ) 』 の最終スレに 埋めネタとして投下されたものです。
全ヒロインの紹介と、彼女達の その後について触れています。


【 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール 】

              ____,. -―‐-- 、
            /            \
          /            ヽ  \
         /   /           \ \____,
        /    /   /        ヽ   ヽ ヽ__,ノ´
       ,'    /   /  /    ヽ i    \ \
       |    /   i  /  |  i  ∨   ヽ. ヽ !
       |    |    | \!  ハ. !   !  」  |  |∨
       |    |    レwリ`<  V!   // |  | /
       |    |    | ィf予テトミー ヽ /rえV /|/
       |    |    | Vr少'    |/ ヒソ ムイ
       /   八    ', :::::::::    、:::::: ! |
     /   __ハ.   ',          人 |
    /   /..........:::',    ',    -‐',. イ   |\
   /    |::::::::::::::::::::',    ',>-、<::::::V   |  ヽ
.  /  / / ̄ ̄ ̄`ヽハ    ∨丕 !:::::::::{    `ー ┴‐--、
  |  ノ |::::::::::::::::::::::::...::::}    ∨V}:::::::人          \
 弋´  r':::::::::::::::::::::::::::::/     W.}:/:::::::>―--、    _ノ
   \ V´ ̄ ̄ ̄`¨/      人リ:::::::::/:::::::\/ , <.
     ) |:::::::::::::::::::::/     /ー个ーく::::::::::::/ / ヽ ヽ  ____ __
.   /  V:::::::::::::../     /:::::::::::::|: |:::::\::/  (:::\  )ノ|/::::::::::::::::\::::::::\
 /  /|:::::::::::::/     /.... \:::::|:: ト、:::::/    `-- 孑/::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ
/    /  ∨::::::::|      { ̄`::ー::-ミ__|i!∨ !      /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::',
   /   V ̄人____ ` ̄ ̄¨ヽ::::ヽ ∨\___,/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::i
   !    /\::::::::::::::::::::::::\    |:::::::|   | \:/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::|
   ヽ  /:::::::|ヽ:::::::::::::::::::::ノ    |:::::/\. |  ./:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|
ー - 、   〈:::::::::|:::::::弋¨¨ ̄     /:::/   \./::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::|
   )   |:::::::::\/::\____/|//     /::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::|::::::::::::::::::::|
__/    ∨:::/::::::::::::::::::::::::::::::::/\    /|::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/::::::!:::::::::::::::::::|

原作:モチョワ

ゲーム開始直後からデレまくりのヒロイン。
彼女ほど行動力があり、愛情深いヒロインは、そうそういないと思う。

メインヒロインを誰にするかで 色々迷ったけど、今はルイズで良かったと思います。

ただ、原作ではメインストーリーにあまり絡まず、出番が少ないため
『やる夫でLB3』 では、本来別れるシーンでも そのまま同行させて、出番を増やしたりしていました。


やる夫の託児所では、多分 あんまり戦力になってない。
子供の相手はやる夫達に任せて、光のアルカナを研究してるかも。


出産トトカルチョ・ド本命。 順当に行けば、やっぱりこの子だと思う。


2 :◆vsQyY1yD2Q
あと、実は 生まれはラガじゃないんじゃないかなーと思っていたり。

母のエレオノールが、ラガの生まれだけど 結婚を機にラガを出ていて
その後、離婚か死別かで ルイズを連れて帰郷したって感じで。


その頃、ラガの子供達は 弟妹がいる やる夫、ウィンリィのグループと
弟妹をいじめる ジャイアン、スネ夫のグループに別れていて対立。

そんな中 突然現れたのが、都会育ちのお嬢様なルイズで
ガキ大将なジャイアンとは合わずに やる夫側のグループに入ったんじゃないかと言う妄想がw

                    -─┐  r─-- 、
                    /    └─┘      \
               -‐〈   `ヽ、    ノ       〉、
             /.:/`ー'   -‐  ̄ ̄ ̄ ‐-   ソ└'´\
             /.:. く  `ヽ/ _.. -‐   ̄  ‐- ._ \,ノ く_ 、
          //rー┘ / /   r勹⌒ー'^ヽ、__  \ \   `ヽ
        /.:.:.:.:|  `Y /r'⌒ー'′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 乙_ \ Y´   ト、
.       /く ̄ ̄ ̄ ̄7ん'´.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`廴K ̄ ̄ ̄ ̄フ
       /:,イ:.ヽ、  / |、.:.:. /.:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:\ヽ.:.:.:.:. ハ.:.: | ヽ、   ,イ
        レ'│.:.:.:\_/  | \.:.|.:./.:l{、.:..:.:.:.:.:.:.:ヽ斗┬-ト、 |  \_ノ: |
        l.:./ ノ /   |.:. /`|┼-リL、.:.:.:.:、_/.:/| /:.: |:.:ヽ __」 \|
         ∨ \| ̄\jr=云チ≧x、.:.:{\.:.:.:.:.}y≦テ云ュ_レヘ   ヽ/:!
           ノL_」イ{´  ト、__,小V   }.:.:.:仆、__,イ `}トノ.:L_」.:.:.:.'、
          /.:.:.|.:.:.:.:.:|ヽ 弋zッノ     レ'}ノ弋zッノ  ノ リ.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:\
       _/.:.:.:.:. |.:.:.:.:.ヘ、  ー一        ー一   イ.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      r'´/.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:ハ ///// ' /////  从.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ、_
   / /.:.:.:.:.: .:.:.:. :.|.:.:.:.:.:.:人                 ,イ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} \
   〉 { .:.:.:.:.:.:.:..:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:. l\       {`)      /.:|.:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丿  ノ
    L_/\.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:. |.:.:..:> 、    _ . イ.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:{__/
     L_}.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.丿.:.:.{:.:.くんヘ/又ヘん勹.:.:. 八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:ヽ _〉
      丿.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.丿:.:. 〕ニ/ ハ ヽニ〔_ .:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.: \.:.:.:.:.:.:\
    /.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.厶_∠ -‐く_〈__/l ト、_〉_ノ‐- __rヘ、:.:.:.: .:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:\
   /.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  \|│    | | | |      │| / \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:\

と言うのも、ルイズって どうしても田舎育ちに見えないんですよね。
経歴のどこかに 都会が入ってないとおかしい気がするんですよ。

多分、ジャイアンが一人っ子のルイズを自分のグループに引き入れようとするも
ルイズは乱暴者なジャイアンを嫌がって、やる夫が庇ったとか そんな展開があったに違いないw

ルイズのやる夫への想いは、それからと言う事になりますが
当時のやる夫からしてみれば、小柄なルイズは 蒼星石達と同列扱いだったりしてw


3 :◆vsQyY1yD2Q
【 ウィンリィ・ロックベル 】      /._r _―_-、ヽ
                   _..- ''.へ _  ` '' - 、
                  / /    ヽ     \__
                r.‐'                 `ヽ
                |    .|i            ヽ   |
                | 〃  .!l  、ヽ  ヽ       ',  l
                  /|   |!_|!- ‐ヽヽ. .\.\` ヽ、 |  l
              / !  i./! ! __ヽ\\   __\. ! !  l
                /  .|  ヽ| ク::::r,ヽ     イ::::rヽヽ !  !
             /    !   ! ヘ ''' ソ    ヽ''''ソ ,!   l
              /    !   ! , , ,   ,   , , , l   !
           /    .!  .小     r ― 、    !    l
           ,'     !   !.へ、  ヽ  ノ   イ !   !
           !     /   ./!   >, .. _ .. イ  !.l   .!
           |    ,.'   /..!  __ |      |  !.l   !
           ',   /  /. ..!r''7'' ´     \r !.',   ヽ
            >'   /r '' ´/ /ー- 、      ヽ `iヽ    \
       _r‐、 /   /,,/   / /       -― l  !` ヽ    \
      r‐イ l .| !  .〃,,,'   |__!_          |  |   ヾ 、  ヽ
     r乂 ヽヽ-ヽヽ /,,,,,,l ,r ' ´  `ヽ、 _ , 、_     |  |   ,',,ヽヽ ',
   /ヽヽ-`´,,,,|   ヽ,,,,レ'        ヽ   `ー-、.|_ |,  /,,,,,,,,,,,!.ノ
   /,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ  ゝ,,'           ー     ヽ!,  /,,,,,,,/
   ',,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,',  |,,,,,',         ヽ、          ヽ',,,,,,,<
   ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽイ,,,,,,ヽ、       - 、            ',,,,,,,,,冫
     !,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,`i -                i,,,,,,,,,|_       _,,,-_-、
     ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,!         ヽ、       人,,,,,,,,,,ヽ  _,,,-,'',,,,,,/_),,,\
    /ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|          丶 ,, _ , イ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ',,,,,,,,,,,,,,r_', ノヽ,,,,,,',
    /,,,,,,,ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,!              /,,,,,/,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ゝ,- ‐〈,,,,,/
    /,,,,,,,,,,,,ヽ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/,!               /,,,,,/,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ二 ),,,!
   /,,,,,,,,,,,,,,,,,,\,,_,,_,,_,,_/,,/                /,,,,,,,,!,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_ - '
  ,',,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/              l,,,,,,,,,,,,\,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_,,,,r ''  ̄
   |,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/\                 l,,,,,,,,,,,,,,,,,,ヽ、,,_,,_,,_,,-,,'',,,,,,,,!
  ヽ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/,,,,,,,,, ヽ,,、          , ゝ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,l
     ̄  ̄  ̄/,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,`,,,,ー,,,,―,,,,‐'',,,,,,,,,ヽ ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,/

原作:アロン

原作では男だけど、それは忘れましょう。

原作のアロンが、シエルとは親友の間柄だったので、このスレでも開始時点で仲良し。
発育の割には 女としての意識は薄く、やる夫に対して かなり無防備。
ルイズが恥ずかしがって やる夫の家に泊まりに行かなくなった後も、しばらく泊まりに行っていた。

出産トトカルチョ・対抗。 やる夫の方も かなり意識している。

ただ、趣味に邁進するタイプなので、やる夫と接する時間が短いのがネックか。
タイミングさえ合えば……。


4 :◆vsQyY1yD2Q
【 レ・ミィ 】
                          _ _
                       ,..:.':.´:.:r──、`丶、
                    /´ ̄ ̄`ヽ  /─-、:.ヽ
                   〃      /  、    ヽ:`、
                ┌、 /     __ /{    ト、     l: ',
                \V仁丁:/:.:/:/l:.:.\/:.:.:.:.ヽ、__|:.:.}
                   r‐仆三l|:.:l:.i_|/ |:.:.:.:|:.:.l:./!:.:.i:.:.:.:.:.:.|/>
                    ̄ |:.:.:.:.|V´  ` NV∨~´jハ!:.:.j三K´
                 |:.:.:.:.|、r'´´`ヾ     _ _  |:/:.:.:.|\>
                    j:.:.:.:.:ヽ       ´  `ヾ/.:.:.:.:.|
                ノ八:.:.::犬`   _ '    _ノ.:.:.:.:.: .|
        r‐、       |:.:\|:l:\ └^- ア  厶jノ\:.{
        |  }         |:.:l:.:.:l::::l:_i>、 __,..  イ:::l:l:::.:.:l:|``
       / ̄ ̄)       |:.ノ:.ノ:/:::厂`ヽ ,r┴マ::::l:l:::.:.:l.|
      {  ´ ̄ }   / ̄ \_{:厶ソ  ヽV   {_::::l:|!斗┴ 、
       !  ‐ '´}、/       }      /∩ヽ    ̄{      \
      ∧   / } 、      |     _ ヽしノ __   |        \
      ∧∧  /   i、     j,. ‐'/´  \__/  \ |        )
    ./  \\{    ヽ::ヽ  /  /     i     !`ヘ   /:  /
    /     \\ 、ーヘ:ハ::.;.゙  ,'       !     i  ∨ .:!:/ニ{_,.、-┐ __
    ,′.. -‐ ─ヽ \ ー゙仏i::.  !      i     j   :} |. /:. / _、-‐|// _
    !'´-''"´  ̄ ̄`ヽ }./  {:.  :、   . ...:::::!::::.... .. . ,′ .:厂 ̄∨ / ,、‐レ'´┘

原作:ブルトンで、フレイヤー系を覚える生徒

実は、原作では男だったりするw
イベントを進めるごとに少しずつ彼もテストをクリアして行くので
プレイしていて手伝ってやりたいと思ったりしていました。
その辺の願望が 形を変えて、レ・ミィと言うキャラになり、序盤のストーリーになりました。

ルイズとモチョワの座を争いましたが、こちらも この配役で良かったと思います。

彼女は できる夫と対の立場で、ガイアの信奉者としての役割がありました。
作中の言動を見ると、ミィは結構 やる夫に力強さを求めていたりします。
レ・ミィが演じたからこそ こうなったと言うのはありますが、ルイズとは一味違うヒロインでしたね。

託児所の子供達に対するノリは、多分 体育会系。 家の中でおとなしくしているタイプでは、絶対にない。
大自然の中で遊びながら、子供達にガイアの使い方を学ばせてそう。


出産トトカルチョ・対抗。 義父も多分 認めてくれているはず。


5 :◆vsQyY1yD2Q
【 夢原 のぞみ/キュアドリーム 】
                ‐=、、
            , ‐ 二二 - 、 ヽ> -┐           , ==-
       /   _   >'    |           ,へ〃-─‐- 、
      /   /  ̄ ̄ヽ /    レ-─ァ   /^V   `、 _   \
       |  /l      /     , - ─‐← - 、| |    Y´ ̄` \ 、
       |  l ヽ    _」  /ー─、 -─- 、 >、   |   | l |
      ヽ 、 ヽ/    ィ i  ̄ /        ` 、>、 く    丿丿 |
         \ヽ(    , i l l//        、  \  \ ノ   ノ
          ̄`> /|l//      / ノ// ハ   `、   ヽ _/
          /// , /| __ / / //// | l  l  l  _)
           /′/ / | ハ'´ _∠-` /フメ、 |ノ| l l ノ\ ヽ
            / / ヘ | _/ハうヾ '´ ´‐ぇ、ノ ノノ 八\l\l
           ,'  l l⌒X‐{ トi-リ    ハうハ_ ノイ  `、ヽ `
          ,'   l ヽ/ハ  ー′  ,  トi-リ´/ぅ)l 、 `、
           l   l 〃rヘ、  丶 _  ̄ />Y  lヽヽ \
             |    l {{ Y l \      ノ┘}}  l ヽ \ \
             l_   l ヾ、l l  |丶 -‐ i ´l l ノ八  l/^ヽ\ \
            /^ヽ \ l l ,へ、l j     l  l l /丁>¬′  |\ \ `丶、
          |  丿 \r‐─<     `ー亠/ ┐|ノ  ノ   \ `丶、 \
         し-{ ─-、ヘ 「 (^ヽ \    /(__ノ|l-‐ {\    `、  \ \
         / 八  __ヘヽ ヽ__)\\, =</   ノノ ̄ ̄ハヽ    `、   ヽ\`、
          / (  ー个、 `\\___ |{ C}___ノノ、  / ハ `、   `、  `、ヽ`、
       /   >─八 ) ー-\  /人__ノ \く__>'´  lヽ`、   、   l   l
      , ′ イ  / L人__/ 〉,┐//ー\、(つ)  |    | ヽ 、  l   |   |
    / / l  l   ∧ しイ(└' ∧   |\ <   | l   | ヽl   |    l  /
   , ' /    |  |   |l \  `7 /ヽ`ー‐' /l 、〉  | l   l l  |   l   ノ  /
  / //    l  ヽ   |ヽ  `、 └ヘ\\//|   |‐┴ァノノ   l  乂_ノ ノ
  l/  l       ヽ ヽ\「 ̄ ̄~ `、  \` ー'   |    |   /ノ  ノ/ `ー‐ ´
  |  |        \、 `、   ┌──-ヽ ‘  レ─┴┐  /´
  l  ヽ、         ヽ `、 /n r‐─‐-、\‐「 , -─┐|7
  ヽ、  `ー‐ノ      V⌒\\、     V´    | l/、
      ̄ ̄ ̄       //  \\      |     |/ `ヽ、

原作:ワーウルフのロイ

こちらも原作では男、しかも子供。
登場させた当初は、まさか最後まで出張る事になるとは思ってもみなかったw

実は、「ラガシップを守るために離脱」、「ノルディアで バウンティハンターになって離脱」 と
何度かあった離脱のタイミングを 尽く外して、最後まで やる夫の側に居続けました。

原作が原作だけに、純真で天真爛漫な癒し系少女として、ルイズ、ミィとも違う立ち位置を得る事が出来ましたね。
やる夫にとっては、一緒にいて心安らぐ相手だったのではないでしょうか。

年上に見えないなんて言われてましたが、なんだかんだで 母性愛で やる夫を包み込めるタイプだと思う。
託児所では、やる夫と一緒に子供達に大人気でしょうね。


出産トトカルチョ・大穴。 ルイズ達が争っている隙に、横から おいしいところをかっさらうのが のぞみクオリティw

ルイズ達の修羅場の雰囲気を和らげる オチ担当でした。


6 :◆vsQyY1yD2Q
【 夏木 りん/キュアルージュ 】
            ノ 丿| .::l l | 」L.._ 八リ 辷ァ  乂
        {ー\ー  ',:::l::::ト、!」_ ̄`\ レ'j,小:. l |
       、ゝ.. _ 弋._ .ト卜Y,.イ_ヌヽ    -=、 }: lN
        \  _.::/,ヘ ヽ{.  らノソ    ,示y ムノリ\
          Y.:::::l (    ´ ̄`    {fソ り_     \、
             {f>:ゝ __l     ト- 、_ '`゙ l-‐¬、_ノヘ
            ` T::ハ    |   }/  /    /ヽ _ ノヽ
            r‐┴'―-、 、 `ー '´ / }---〈  l廴.. ノ\
            {_    |l \__,. ィ´_/    ',_//}    ト、
         _,. ┴--_、  {{  /   ̄ 7 '、   _/,' {|    |/ }
        / / ̄   \`:l´',- 、 /_  ノ ̄ ノ'ー/} ` ー‐ ' |
         // /       /| |\\ /´}--‐'´ / {\`    /}
      _,厶斗-‐ '    | / ! | l / /l\ l /  \  ̄ ̄/
     l | l       l/ _j ,'./ /ヽ| ∨ /   _, -‐ '´
     /'/       / , -'、ヽ ´ /!-―|ー-廴 -‐'´
  / ̄ア>--、   / /、 ヾ ';- イ  }  \ \
  /  /  / ̄`ーァ¬} ヽ__} r'´ ̄`!  / |ヽ__ヽ
 {ー/  /     / { {  __ノ└' ̄>'゙l'´    ! | `|
  ヽ-\ l     _{ \`ニ='´ ̄ ̄  /     l|  \
   \ ≧二了´  `T¨´         |     } |    ヽ

原作:ロイの仲間

原作では3人しかいないけど(゚ε゚)キニシナイ!! 3人の内、1人が男児で2人が女児だった。

頼りがいのある やる夫のお姉さん1号。 ミィと気が合いそう。
実際、やる夫も 彼女の事を 姉として慕ってたんじゃないかと思う。

原作でも 小さい弟妹がいる 面倒見がよい性格なので、やる夫の託児所で一番活躍しているのは、多分この子。
と言うか、彼女の家事能力がなければ、成立していないんじゃないかとw

やる夫が成長して 頼りがいある男になるまでは、ずっと弟扱いされるでしょうね。
彼女に男として認められる事が、やる夫の目標になってそう。

7 :◆vsQyY1yD2Q
【 春日野 うらら/キュアレモネード 】

                    r==ャ,コ]≦二 ニ¬-、 r==┐
                r=キァ'´  ,、  ,、  `ヽ{ヒノ=┐
                /{し7 //´ `" ヽヘ、   l:し'/\
                   / `7!/´ ⌒ヽ  '⌒ヽ レl  `T:l   l
    〈`ヽ        /  /l | y=、   , =、 l/ /||  |
     ヽ ヘ / 〉     '  l lh!7/し1   /し1Y /_ /: ||  |
      /⌒ヽ.〈         l |k| 弋ツ ,   弋ツノ/V l : ||  |
      〈   / ヽ   l   l ト:、  }>ー 、   ムノイ  !!   |
     ヽヽ〉ヽ |   |    __.、 ヽ _,ノ   / / |  jj  j
        \   ノ    l  _∠.: |\_  イ   |   / l
        |  |   _」∠⌒l )_,ノ┐ |  r'了二ユュj   ' l
        |  l ∠-、 `  〉 / /厂 _「/    \|  /  !
        l   V_)/ |   l l //l  | l/     |\/  |
         ,   lーt.\l   ∨{{/均jT  _   / ∧   |
         |   |  L∧   ヽヽ\/Lr―t.   / /  .  |
        l      .∠」厶   \/  [/⌒ヽ\/    ', |
        ヽ _/  | /∧     \/   } | |  l |
               ///  \     `  /`T   |  | !

原作:ロイの仲間

原作では3人しかいないけど(゚ε゚)キニシナイ!! 3人の内、1人が男児で2人が女児だった。

やる夫のお姉ちゃんのつもりだけど、姉になりきれてない人。
多分 やる夫の方も、同年代の友達と認識してる。

プリキュア勢の中では、のぞみに次いで やる夫と仲良しさん。
ホントなら、彼女も やる夫と一緒に旅をしたかったんじゃないでしょうか。

託児所では 「歌のお姉さん」 みたいな感じでやってるんじゃないかなぁ、原作でもやってたし。


8 :◆vsQyY1yD2Q
【 秋元 こまち/キュアミント 】
             ,  -――‐- .._
               /: :_ --- 、: : : : :`ヽ
              /: :/-――‐- \: : : : : :ヽ
          /: :´: :_; : - 、: : : : : : : : : : : ::ヘ
           /: : : :/    ',ト、ト、: : : : : : : : ',
           ;′: ::/l!     l l! lト、: : : : : : :.l
        l|: : : l|」L.    ' ニ≠l1: : : : : : : l
         l: : : :| y圷、  彳¨刈 l: : : : : : : l
        |: :l: :l ' トrノ}   匕り} |: :. : ::::::::;'
           ,: :l: :ム `¨´ノ     ` l.::::::::::::::/
         ',: ',::::::::.、 `ー_一   l::::::::::/
         ヽ::、::::ハ`ト 、    /!:; イ::{
           ヾ\   `Tス´ //\'、
                  _」! l /   `ス __
             /丁 l __ j/___   / /  \
               / { {  -{」-  { / /{     ',
           / l |  L.ノl lゝ._}´  ハ     }
      /〉    {   リ  / l | ', --- {  }    /
      //    /  {   ,' ||  ',    ゝ    /{
    /7/、   /    ',  | ヽ」 l//     }    ノ
   /{_f/゙, \┬'-、  八 `ト、} l.ノ \    }/_   }
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

原作:ロイの仲間

原作では3人しかいないけど(゚ε゚)キニシナイ!! 3人の内、1人が男児で2人が女児だった。

何でもそつなくこなしそうな割に、意外と頼りにならない人w 結構天然だと思う。

原作では 小説を書いていたので、『やる夫でLB3』 終了後は やる夫の旅を元に何か書いてるかも。

託児所では、子供に絵本の読み語りとかしてるのが似合いそう。

基本的に裏方に回って支えるタイプなので、外で活躍するのが かれんだとしたら
こまちは 内助の功で やる夫を支えるタイプじゃないかと。


9 :◆vsQyY1yD2Q
【 水無月 かれん/キュアアクア 】
: : :/: : {: : /: : : : : : : : : : : : : :.:.:::ヽ: : : : : ヽ
: :;': : : : :.:{: :/: : : : : : : : : : :-: :、.:.::::'; : : l: : :l
.:;: : : /´:.:ゝ入: : :-:、: : : : : : : : : \::l: : :|: :l:|
:: : : ;': : : :.:/´ `丶: :丶: :ー--: : :_:.;;:|: : l: :l:|
:: : :.|: : :.:::/     `丶:二二¨7:::/l:::.:l: :l{
:::.:.:.l: : :.::;   , -―- 、   ̄ {/≧,ィ!::.l: :l
:::r‐l: :.::::l  /´ ̄ ̄ ̄´     ,ィヤ {|::.l|: l
::i /| \:j      _, -       ヒチ} !:::lj:/
::{〈」ハ    yャ==彡    ヽ`¨` レ〃
:.:ヽ|ヽ 〉      ̄        .;/   !:::|    _
:.:.:::l:`T::ヘ.           _,  / -― y'´/ ̄ヘ
.:.:.:::l:.::l::l:::|\       ー'=´ /´/ ̄ `'´r‐ 、/ム
:.:.:.:::l:::l::l:::l  ` 、       /,' /       ゝ〈_厂}|
:.:.::::::l::l::l:::|     ` ー---イ:::::l !     / {_ノ{_ノ、j___
:.:.:.:::::l:|::l:/         /ー―-、!|   / /  |l -、 ̄`ヽ〉
:.:.:::::::|:/        /\   lヽ'、   / / / \}
:.::::/|          {  ハ  |  \ // ̄ヽ{./  }ヽ
¨´`ヽl        、 / }   !   jV /⌒}./ ̄}
    |\ ー--- ¬ー   /}  l  / ´ /゙} / ̄}
\  l   \     _r‐┘{   l {   , 勹ー冖ノ

原作:ロイの仲間

原作では3人しかいないけど(゚ε゚)キニシナイ!! 3人の内、1人が男児で2人が女児だった。

年齢的には「子供の中ではお姉さん」程度なのに、大人の中に混じって働いていても まったく違和感が無い人。
流石は キュアババア。 私服のセンスがマダムだと思う。

新しくザマに来た人達は、彼女の年齢を正確に把握してないかも。


ザマの発掘調査のために多くの人が移り住み、急激に人口が膨れ上がったラガを
実質 切り盛りしているのは、この人。

将来的に、やる夫が長老の座を継ぐ事になれば、かれんは公私ともに彼を支える事になるでしょう。

※ ジャイアンはブルトンに、スネ夫は商売で世界に、蒼星石はマゴクに と言う事で、やる夫しかいない。


10 :◆vsQyY1yD2Q
【 美々野 くるみ/ミルキィローズ 】
              /:-‐ァーーゝ : : : :ノ-―- 、:ー-: :ヽ
                  /:/ノ´     `~´       \:ヽ: :l
              l: : イ                ヽ:ヘ:l
               l: :/1   , ィぇァ   ∠Zァz.、   l:ヘ:|
              l: :ノl  /'´ ̄        `ヽ!  ト:、:l
             l: l: l    _       _    L: ハ
                }レ1  y==ミ     ィ==xy  レ1: \
           r 、 /:l rヘ ョy'´ ̄   {!    ̄`ヾー K´|: : : :` ー-、
      r 、  _1 ∨:八 {ハ  ""        ""  /ノ/: : : : : : : : j}
      | V:/: ハ V: : :>、ー       }フ´ ̄`マ    /イ:ゝ:_: : : : : : ノ
      ヘ V: :/:l  : : /: : フヘ     ヽ   /   /: : l: : : : `ヽ: : {{
  r‐、   ハ V : !  V: :/: : :_:> 、  ー'   /: l: : : ヽ: : : : : j: : ゝ-- 、
   ヽ. \/: :ハ ヽノ  V⌒ ソ´ /: :l: : _〕 ー ' h、: j: : : : :}: : : : (: : : : : : : il
     \ \:_ノ       \/ /-r―' ノ   /´ \: : : 」 -- 、:`ヽ: : : : :ノ
      }:\   /   _,ノ /  |   \ /    /|フ´     \:リ: : :{(
  r----一'  /    /´  l  r―- 、人 , -―e/´-―'      V: : : ゞ二ヽ
    ̄「 ̄´ゝ、         /  |   {⌒{    / /            l: : : : : : : ) )
     ): : : :{\       イ}  」. -‐ァー ト、_j { -―         l: : : : : :ノノ
    ({: : : : :リ 〈 ゝ=   ノ |  / /  | l   / 〕           |: : : : :{:{_

原作:囚われのエルフ

原作と同じく「お世話役」な立場で、この立場は 多分 ロイの村に居た頃から変わっていない。
ずっと のぞみのお世話役で苦労してきたためか、やる夫には しっかりしたリーダーになってもらいたい様子。

序盤 やる夫との接点が少なかった割に、終盤で近付いていたのは そのため。
この時点で、やる夫の力を認め、新しいリーダーとして受け容れていた。

「教育ママ」 的な一面も あると思う。

ドジな面もあるけど、多種多芸で 基本的に なんでもこなせる。
そのせいか、かれんの手伝いなど 普段から村中駆け回っていて、託児所だけに集中と言う事はなさそう。


11 :◆vsQyY1yD2Q
【 ゆっくり霊夢 】
                     __   _____   ______
                    ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
                    'r ´          ヽ、ン、
                   ,'==jナ∠∠/ ナ ‐-=', i
                   i イ仟佗ト    f佗心ヽイ i |
   ゆっくりしていってね♪   レリイ弋cソ    弋cソ).| .|、i .|
                     !Y!""        "" 「 !ノ i |
                    L.',.    マフ    L」 ノ| .|
                    | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
                    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´

原作:校長の子

原作では性別不明、多分男。

母のたこルカは 軍属経験者なので、ラガでは忙しい日々を送っている。
そのため、霊夢もやる夫の託児所に預けられています。

託児所では、魔理沙ちゃんと言う友達が出来ました。

幼心に抱いた やる夫への憧れは、いまだ冷めていない様子。


魔獣なのに フォースの力に目覚めたって
今にして思えば、結構スゴイ事かもw


12 :◆vsQyY1yD2Q
【 紅月 カレン 】
              /{          ____ _
         _     {: :\   _,  '" : : : : : : : : : : : : : `丶、
        /:{      ヽ : :  ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄:`ヽ\
          {ヽ \___,>:'´ : : : : : `ヾ: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        \ : :ー-‐: : /: : : : : : : : : : :}/:  ̄: `: : : : : : : : : : : : : ヽ
         \: : : : :./: : : : :./ミヽ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
         、_,二ニ/: : : : :./彡ヘヾV/三ミ:、: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ー‐--イ
         `ー─/: : : : :./イ _  ``"'''"´⌒ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ _: : /    ___
             ,': : : : : : : } `ヽ        ',: : : : : : l: : : : : : : : : :\ ___, /´::::::::::::::::::::::`丶、
               : : : : : ,': /:j {f沁        l: : : : : : l: : : : : : : 丶、: : :_/'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          _j : : : : : /: :| ト'::!  ィー- 、_  |: : : : : : |: : : : : : : : : :  ̄¨フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         <_:_: :|: : : : : ,': /jヽVリ   _,≧三ニニ|: l: : : : :.|.: : : :、_ : : : :__/::`/::::>:::::´ ̄::::::`丶::::::::::::::::ヽ
.            `ー|: : : : : :./レ{.:.::ノ     てノ::::圦|: l: : : : : |: : : : \二._____/∠、__::::::::::::::::::::::\::::::::::::::'.,
.              |: l: : : :.:l´八 ヽ .     `ー≠=' |: l: : : : : |、: : : : : ;>< 〃    //::::::::::::::::::::::::::::\ :::::::::l
.              |: l: : : :.:|ーrヘ.`t_、   :.:.:.::::::::: :., |ムl: : : : :.| 「 ̄ ̄   \    ///^ヽ:::::::::::::::::::::: i::::::::::|
.              |: l: : : :.:|  |l \     __ , イ /|:l | : : : : |│        }>、//   l} ::::::::::::::::::.:.:::::::::: }
               l: '.,: : : :|  {      ̄/  |`ヽ/ |:l | : : : : |/!    /  んく¨∨     l|:::::::::::::::::::.:.:::::::::::ノ
            \ヽ: : {  \`ヽlレ′ /! /⌒>、|:l | : : : : l‖  /   /⌒Yllハ     l|:::::::::::::::::/:.::::'::::/
              \ヽ:\.   ヽ〃  / j∧ :::{ '/:ヘ|.: : : :./‖ /    ∧    llハ    l|:::::::::::::://:::/
                丶: _:> 〃   |   /::::|〃 j: : :.:/l ‖V     '/ |   |  }     l|::::::.:/:'::::/!
                    //   :|   {:::: |   /: : :/  ‖j{    '  |/l  | /    jj::::≠:::::/  l
                      //    |   |::::::| / : : イ   |!∧      |/  / イ    〃::::::: /   ,′
                  //     :|   |::::::l  ̄´  |   :|! ∧     | ノ{{l    // ̄ ̄     /
                   ゝ\___,人____|:::::: l/   |    | ! ∧     ∨/}}=、 _//        /
                     ̄「丁O ̄j :::::: |=z-、人   | V ∧       V´j {{ `‐′      /
                      ヾヘ.   /7〈〉7lヘ  ̄`ァ≠干l´  ∨    ∨ ||==z 、___ノ
                       \_/:《:::{}::》{_ \  ゝ-'│|  ノ:l     l=┘:::::::::: ̄ ̄:::::/
                           {:::::))((:::ヘ.  丶、___,〉j_/:::::l   ⌒7ム_::::::___:::::/_   ____
                         ヽ:´ひ`:::∧     'ヘ::::::::::::|/ / /´::::::::;斗 ‐'´    ̄ _ ノ
                          \:::::: / ∧     ∧:::::::::| //  // ::: /ィ´    `ーrー'´
                            \/  ヾ\__/ ∧:::::::∨/  〃::::::/ / {       }
                                ヽ`ー─‐:':::::\::::{,'  {{ :::::::|:│/  ´ /   ヘ
                                 ',:::::::::::::::::::::::/::::ハ____, ム:::::: |:├{  /  ^ヽ `、
                                  \:::::::::::::: ∧:/::::::::::: ヾ ::::ト、ヾ{/   イ  ハ  ヽ
                                    }`ー―'  }::::::::::::::::::::\:\Y,.- / ,′/  ヽ. \
                                     /    , j!::::::::::::::::::::::::::>/ _/ /|. {    \ ヽ
                                  〈 / ノ , /} }::::::::::::::::::::::::/ / |  | ', ヽ      `ー’
                                   ヾ { j /:::しi::::::::::::::::::::::/ _/  l  | ヽ }

原作:インドラの仲間

バーロの生き残りだが、復興には あまり興味がない。
エンディング後は、やる夫チーム所属のバウンティハンターとして ザマの丘の警備主任を務めている。

ラガにおいて、内を支えるのが こまち、外を支えるのが かれんだとすれば
こちらのカレンは 外の世界で やる夫を支えるパートナーと言える。


こなたの言った通り、婚期が気になるお年頃。
しかし、やる夫の事は 弟として見ており、自分が守ってやらねばと考えている。
やる夫にしてみれば、頼りになる隣のお姉さん。 一緒に住んでるけど。

逆に言えば、カレンがその気になれば 出産トトカルチョは 一気に終わる。
出産トトカルチョ・大穴。 やる夫の成長がカギか。


13 :◆vsQyY1yD2Q
【 ナナリー・ランペルージ 】
                     /: : /: : :'´ : : : /≡=ミヽ :/彡=≡\: : : : : :ヽ : ヽ
                 /: : ,': : : : : : : :/ "´´´´´`´```` ` ` } : : : : : !_: : ',
                   ∧_ノ| : : : : : : (              ,' : : : : : : ';勹∧
                 〃(:/!: : :| : : : : ヽ               /: : : : : : i: :∨} ノ
              〉/: :ノ: : ノ: : : : : : )___      _(: : : : : : : :、 : V∧
              j/: : : : : : ': : : : : : /二Tヽ ̄  ` ̄¨Tニヽ: : { : : : :ヽ: \:ヽ
            〃: : : : / : : : : :.;ィ≠=ミ       ィ≠=_ : : : : : : : : : ヽ:ト、
           ノ{: : : : :/: : : : : ;イ 〃(_,ハ         〃:(_,ハヾ:ヽ : : : : '; : : :!ハ
            /: 人 : : /: : : : :./:ハ{ {!::::J::::リ       {!::::J::::リ }ハj: : : : : : : : :} : ヽ、
.         / : ノ: :ハ: :{: : : : : {:小. 、ゞ辷ン        ゞ辷ン_ /ノ}:.: : : :i |: : 人: : : \
      /; : :´: : /: :ハ; :ヽ : : : ヽ:∧         ,        '´/':.: : : :j/: 〃: :丶: : : \
     //: : ://: :/: :} : } : : : : :` =-        i:     ー='イ/: : : : :/: :八: : : : \: : : :ヽ、
    /:/ : :/: :/: :/ : :ノ: :ノ:/: : : /: :ヽ:ゝ、     - -     _イ∨: : : : :,' : (_;_ヘノ: : : : \: : : :\
.   {/: : / : : /: :/ヽニ:イ:./: : : /: : : :ハ:i: |>、         个:j:/: : : { : {: : : :ヽ:∧ : : : : : : ヽ : : : :、
    /:,/ : : /:/: :/:!: :-彳:ハ: : ;': : '.:/: :リ:〈\l> _      '´|: /〉八: : : :}: : ヽ: : :リ ∧\: : : : : : ヽ: : :}
.  ( ;' : : : :/'´: /':│: :.:.|: i: :'; : !: :{/: : : ;/|\⌒ヽ></⌒/|ヽ:{\ 人: : :∨ノ / ∧: :\: : : : : }: /
  ∧|: : : 〃:/;': : |: : : :ヽ{ ∧: {\{: : : /:/: :弋(⌒ヽ}{/⌒) /: : |: : ∨ノ: :ノ:iーソ: : : :./ /ヽ: : : : : : : j:八
. /ハ|: : :/{:/: : | : i:|: : : : : :/: :\: : : /)'_: : /ミ≧={,}=≦ム: : :i:(\ヽ: : : i: : : : : / /: :/ヽ: : i : : :从: :\
//: }i : /∨: : : l: :八: : : : /: : : : : //∠/) /(ノ八ヽ.)\`ヽ_(\ \: :.:|: : : : ,'.:/: : : : ∧:ノ: : ∧: 丶: :\
 ' : い: {:/: : : : ヽ{ _;ゝ'"´ ̄ ̄ ̄ ´ ̄  / ノo厂    ̄{,oゝ(  ̄    ̄ ̄ ̄`ヽ、 : :/ 人: : :{:人: : :\: :\

原作:該当キャラ無し

原作では「妹」の立場だが、このスレでは「お姉さん」の立場にある。
いつの間にやら、やる夫の相談役として おいしい所をインターセプトするキャラになっていた。
多分、C.C.の陰謀。

ラガに来るまでは 主にルルーシュ、C.C.、カレンのいずれかが介護を担当していたが
3人がザマの発掘調査で忙しくなってからは、やる夫達がそれを引き継ぐようになった。
日中は やる夫の家にいるが、一緒に住んでいるのは ルルーシュとC.C.なので、夜は家に帰ります。


車椅子が 非常に頑丈な分、大型で 押すのに力が必要なため、散歩はおのずと やる夫の役目となっている。
ラガは段差が多い構造をしているので、段差を上り下りする際には、やる夫がお姫様抱っこして上り
ナナリーを別の所に座らせてから 車椅子を抱えて上ると言う事をやってる光景が浮かぶ。


渡り鳥の部屋、大木のほこら、泉、自然を感じられる場所が好き。
ルルーシュは、いずれ宇宙に進出し『バーロ・ドーム』を作ろうと考えているが
その時 ナナリーは、ラガに残るつもりだったりする。

渡り鳥の部屋、大木のほこら、泉は全て普段から人が出入りする場所ではないため、二人きりになりやすく
さり気に、やる夫と二人きりになる事が多い。 そりゃルルーシュも心配する。

彼女の目と足の治療が完了するまで 出産トトカルチョが終わっていなければ
ルイズを押しのけて 本命になる事も有り得るかも。


14 :◆vsQyY1yD2Q
【 南 夏奈 】
                     ____
                 ,..-<----..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>z、    ,ィヽ
              ,.. ァ'´.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.`ヽ‐.、:. {:+:+:.\_/:z:+:ヘ
          __ /.:/:.:.:l|:.:.:          ヽヘ:+:+:+:,}:.}:+:+:.}
         仕:フ.:.:.:  i !| ..........:、:ト.:.:.ヽ.:、:ヽ:.:.l∧:+.:/:「ヽ士ノ
         {:ノ    ..|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:}:| ヽ.:.:ト:ヽ.:!.:.:V:.ブ:.l}:lト::.:.:ヽ
         /:.イ....:.:|:.:.:.:|:..::!:.:.: .:.:.::/ム-十|‐lハ:|.:.:.:Y.:ノノ:.l|:ヽ::.:.:\
          /:/1.:.:.:.:|:.:| :ハ:ト__::.:.:.::/ノ  ,z≧ミ| l:.:.:.:[:.:/.:.:.:|::.:.:.::..:.ヽ\
        l:/ |:|:.:.:.:l.:.|イ´.__\:.::|  '〃fぅ::cl}〉 }.:.:.:.トヽ:.::.ハ:.::.ヽ::..:.:\:\
        |′ |:|:.:.:ハ:.、∀f::心ヽ{    V_ツ ノ.:l:.:.:| l}.::/ ヽ.::..:.、\.:.\、ヽ.__
            |:|!:.:|:.ハ小、Vzリ `   ::::::: /,: :.::.:リノ:/     \::.\:\:..ヽー- 、ヽ.
          l:{Yハ:.:.ト:ヽ`::::: ,        /7.::/.:://     {:ト、::.丶:..:..:..:\. \\
           ヽY:|:.:ト:ハ     , -‐ァ /' |.:.:::.,イ{ヽ      l:| \:::::..:.:.、  `ヽ、ヽヽ
             Y、|::ヽ:ヽ.   ` ー'     |:.::/ 八         l:{   ` ミ:::::::::....:.:.:.:.ヽ.:{
             从:ヽ:::\:ト> . _ . イ V′ ,. >―-_、_  ヽ、     `ヽ:.:.:::::::....:.:\
               //:.∨:.:lト、}       〉.   /  ,.ィ彡‐ニミヽ. \、     \:ヽ:::-ミ:.\
                //:.:./.:/:l|  rー 、_.ノ }   /  ,ィ:/ '/´   `ヽ \.、       ヽ:ヽ::.:.:ト、:ヽ.
             //:/::/::::リ /二._ーヽ./',.-/  /:// /       l|   ヽヽ.      Y:::..:ヽ ヽ:ヽ.
          /ノ'/イ:./:/ .{rー-   |__ /   /:// /         l|     \\   l:.l::::.:.:.l }:ト:.l
       _....-_彡:'.::://:/:/  l{ 、_    |、 /  //イ /        l.|      ` ミー--}::l!::::.:.:l. |:| }|
   ,...z: 彡‐/.:::::::///::/  ∧「「{   ,レV //イ l/         j|       ` ̄j::.||::::.:.:| |:|/′

原作:モリガン三姉妹 次女

実は、カレンと同じぐらいの年齢だったりする。

やる夫に対しては、当初 からかいがいのある楽しい遊び相手程度にしか考えていなかった。

最初の切っ掛けは、親同士の縁を知った時。
旅先で偶然出会った人が、実は縁ある人だった事に 運命めいたものを感じたらしい。

マゴクで再会してからは、更に積極的に やる夫に近付いて行く。
決定的になったのは、死んでしまったため 叶わないと思っていた 一緒にドルメンに行こうと言う約束が
フォースの奇跡で 生き返る際に果たされた時だったりする。


そのままの勢いで 戦いが終わった後、姉妹を引き連れて やる夫の家に押し掛けた。
しかし、元々のやる夫の家では手狭なため、やる夫は 長老の家を譲ってもらって独立する事に。
こうして、やる夫は広い家を持つ事になり、その後 大勢の子供達を預かり子守をするようになった。

つまり、やる夫が託児所を運営する事になった切っ掛けは この子。
みくる母さん、先代魔獣王グライアス・ド・キョンを彷彿とさせる展開に
夏奈の やる夫ポイントは更にアップしたようだ。


元々は、ヨゴレもこなせるギャグ役と言う事で、三姉妹の中で この子をクローズアップした訳ですが
終わってみると、意外とキレイなロマンチストになったような気が。

出産トトカルチョ・対抗。
積極的で行動力のあるタイプなので、最初に抜け駆けして均衡を崩すのは 多分 この子。


15 :◆vsQyY1yD2Q
【 南 春香 】
                                ,.   ´ ̄ ̄  -‐ヘ.
                                   /     ,.  '"      ハ `ヽ、
                                 /    /        ノ }
                              /    /     /    ト、    ',
                            ′   ,'   ! / /」 {   j/__ヽ   '.
                            ′    l   l|'´/ ,.|ハ. /ノ _., |  │
                              l      l   l|,.ィfか' ∨ 仞〉j!  :|
                    .         l    ィ''l   {代セタ     ‘″|  l:|
                           l     ハ { l   \       :.  ノ!   リ
                               ,′  / 八!   ヘ、   ,.  ァ  ハ  ′
                          /   / ,:  }\  '.    ヽノ .ィ / | /
                         ,:'   ,:'  ,:  ノ\\ ',  、,_,.ィl| / j/
                         /   /  ,厶ィ′   .\ /7_」リ
            {{         /   / .. ´   \     ンく{  ヾヽ、
            ヾ、    _ .  '′,.  '’∠ ̄ `ヾ. 、   ヽ、/ヽ:::::}l  }} i
       ,.  -─…=≦二  -─ ´  /   `ヽ j }   ',',  「:::}':.  }! !
.     / '"´ "´                /      i } }     ','  |:::::'.!} j! |
.     / /          -─‐     /        i } }     ',', |:::::::|:!〃│
. (   /    ,.  -─       , イ       , i } }     ',',::::::::jj {  |
  `フ/   ,   ´              / ノ            } l.      ','::::::,′'. }
  // /¨¨フ     ,.. -‐   { {       /  /ノノ        ',∨′ マノ     , ヘ、
. /' /   }  ,. '"/       { .        / /彡'           ∨   '.     /ノ }〉》
        丿ィ′/          入 ゝ、____,ノ´¨´            j}   ノ       } ' レ″
.       丿/ィ'     / ,   ` ー‐ァ─f'’            .:   ∠. __ .  '′ }
.          / {r‐ 'フ厶. , '    ,∠.,  j}            ..::'  , ´         ,ノ
            {       , ′  , '′/ /´′                 /    _ .   -‐ ´
                ,     . ’   ,ノ                 / ̄
               /   /  r '゚                /
            ,    /   人                 /

原作:モリガン三姉妹 長女

原作通りならば 三姉妹の中でクローズアップされるのは彼女のはずなのだが、夏奈の台頭で脇役になった。
やる夫一家の最年長。 婚期が気になるどころか、そろそろヤバい年齢なのだが
母親も結婚していない人なので、さほど気にしていない様子。

その心の中には、自分達を助けてくれた みくる母さんと
自分達をマゴクに迎え入れてくれた グライアス・ド・キョンに対する憧れの気持ちがある。

あの日のキョンの姿を やる夫に重ねて見ている節があり、託児所を頑張って欲しいと思っている。
そして自分は、みくるのように やる夫を支えて行こうと考えているようだ。

復活後、マゴクで店を再開せずに ラガに移り住む事を決めたのは
夏奈がラガに行きたがったためだが、その結果 やる夫は託児所を開く事になる。

みくると一緒に暮らしていた頃を思い出させる今の暮らしに満足しているようだ。


ただ、今の段階では、やる夫の事を 「弟」 としてしか見ていないと思う。
今後、やる夫が成長すれば 或いは……?


16 :◆vsQyY1yD2Q
【 南 千秋 】     ___
           ⌒):`ヽ::::`ヽ_
         ,.ィ:´::: 廴:::__::::::ノ:::::::`ヽ.
         /.::::::::::::/´:/:::::::`:::::::::::::::::\
        /′: : ::::::/:::::i:::::::: : : ヽ:: : ヽ::::::ヽ
      /  : /: : :i:: : :| : : : : : : |: : : : i . iハ
      .′: . ..′ . | . .|  . . .| . : | : :l:|
    | : : : :|: : : :ハ:. :.{ : : : : .: /: ト: : :| : ! |:|
     | : |:. : :ト:..:l/--Y:..: : .:イメ廴Ll: リ :||:l
    | l!::.: :{ VL..≧}ハ::.:/7zム≧}Z| : :j: !|
      Y、::.. lヾ ビzツ` }′ ´ ヒz:ツリ} .:: ト{|
      lヽ:ト、{、            /::イイ :l|
      |:|:ハト       '       /フ : :|: :l|
       | : :| : : \     ,.、    イ:: : :l|:|: |
       ! : :|i: : :|:::l`i  .     . イ::i:|: : : lトl:|
     l : :::|l: : :Y:ノ    ̄   Yl: : : :l| l: |
      |: .::::|l : : :|´          `|: : : :l|:.|: |
      /: :/!!: : :l|ー‐ 、  , -一l: l: : :l|`ヽl
    /:/  |i : : :l|            !: |: . |  ヽ
    // rvヘ^Yヽ;」、      r‐{/Y^77^j   ト、
ニニニニ`^ー'ーー 'ニニニニニニニー'ー'ー^¨ニニニニニ
_____________________
  |l :|  {  /  /リ:.:.└ァ'ハ.ト┘:ト、  }  ノ   | : i|
  |l: | /    /´イ:.:.:.:.〈/.:.:.:.V.:.:. 从ト   {   |: i|
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

原作:モリガン三姉妹 三女

年齢は多分、かれん、こまちと同じぐらいか、少し上。
夏奈に振り回される やる夫を見て、同じ苦労を分かち合う 戦友のような感情を抱いていたり。
頼れる兄弟分として 受け容れている。

ただし、やる夫の方が弟。 これは譲れないようだ。


春香と違い、マゴクで みんな一緒に暮らしていた頃は 子守される側だったので
今は 子守をする側になって 色々と戸惑う事も。
やる夫は子守が得意なので、その点は素直に尊敬している。

みくる、キョンよりも、姉の春香に対する憧れの気持ちの方が強く
どちらかと言うと、商売の方に興味があるようだ。


また、やる夫は 時折 バウンティハンターとして外に仕事に行く事があるのだが
その時は 積極的に同行する事にしている。

千秋にとって やる夫は、今のところ「戦友」なのかも。


17 :◆vsQyY1yD2Q
【 ミネバ・ラオ・ザビ 】
                      ,.、-''"´  ̄     ̄`''''- 、
                        /                   `ヽ、
                    /              、`ヽ    ヽ
                   /               、.゙i ドi     ヽ
                 /                 lノ | i|   ヽ   ゙、
                  //               i i / |i/, i!    ゙、   ゙、
                  ,'/  i!         / / / / /|l 丿    |゙i  l、.゙i
               l i   |ト-‐' _,ノ /  /./,.イ// ゙i'、、,. ヽ i |ト  |゙i l
                | | i ト、二´  / ///7/    l;ヾ、iヽ ゙i|/i | | | |
                | | l |ミミ三彡彡'''ヽ,   / ,r'' ̄`'ヽ、゙i}゙iV|iノ ,' l !|!
               | | i、 l三='",.,-┬-、     -,.-r- 、  |i レ'/ / ,' ,'
                  l、i、|rヾ、i| 、/ {゙'''::::::l`       イ゙''':::::::ヽ_lレ'ヽ,/ //
                l、i`゙iy'^i   ヽ、;;;;ノ       ゙i;;;;;;;;;/ ./l/)!ノノ〃
                 ゙、、ヽ、_,l  〃〃       〃〃,イ/i_ノ,.//
                  ヽ,、ヾ;、゙、      _'___     /::///
                  ヽ,l゙i|、l:ヽ,     l    l    /:〃/
                   l.i/ノ!:::::i:ヽ、   ヽ、_,ノ   /:i:::i./
                  ー''-'"ノ,.ノi.ノ,.._`i'- .,_ _,. -'" |、::、iヾ:、_,
                      '´ ‐''"|゙、'、l_   __,,. '-'"|
      ,..、    r'''i          _,./、| |゙i フ ̄「 <.| `-.| |、
        {. ゙、   ! |  _,.-r'´二>‐'",.、 ヽ, ヽ.l _> 0 |.0<| l,.、-' >‐(コヽ、__
      ヽ_, ヽ ト ゙i //´´ ____.ヽ'´:::::/ l`''-、_`''T'''"´___'" /`ヽ、`''-、iヽ,
   r─‐-、. ゙i. ヽ|  |//`i く:::::::| ゙、::/  l:::::::::::::l l 「´::::::::::l  ヽ;::::::/ ,へ `ヽ
   `ー‐'、 ヽ!_  !  |l   |n ヽ;::::l.  '´  l:::::::::::::| l |::::::::::::::|    `-' /::::::/n i゙i
   ,. ---`v   ,. -'"  |゙i ! l::i::`=っ  |:::::::::::::| .l |:::::::::::::::|  r-、_/::::::人l_| | l
   /,. ノ- .,_  /!    /.┘ニl'v'‐::ヽイ> ヽ;:::::::::| .l |:::::::::::/ ,.、 `'7:::l:/::/::::`i'´
   `''    l        l,.`i:::゙i゙/:::::::::::ヽ_,.ク ヽ;:| .l |:::::::/,.、 \`'::::::|::::/:::::::::ノ|
        ヽ,、_   //l゙、::l|:::::::::::::::::::く_,「l  | レ' ,.、ヽヽ/::::ヾ:|::/:::::::::::::/
         ((_|,.>'"   ゙i l |!::::::::::::::::::::::::::ヽ, | __,,,.> `'":::::::::::::::::l/:::::__,,./::〉
        ゙i         ∧、゙、::::::::::::::::::::::__| | l__::::::::::::::::::::::::::::,':::::´:::::::::/
         ゙i-    /::::::ヽ::ヽ:__::::::::::::ヽ __人_ /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/
          〉、 ___,./::::::::::ヽ::ヽ:|:::::::::::::::::::ヽヽ,//::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::: /
         ヽ;::::::、::::::/:::::::::ヽ;:l|::::::::::::::::::::::ヽ ':::::::::::::::、::::::ヽ、:::l::::::::::::::/::l
          ヽ;:::::::´ ::::::::::::::::/゙ i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、::、:::゙i|::::::::/:/::/
           ヽ、:::::::::::::::::::::/ |、::::::::::::::::::i:::::::::::::::::、 i::::、|::::::::::|:::::::::::/::::ヽ
             `''''- :;__:/ ,._Y`ー----r 、__i,l_,.l、、--─''|ヽ,::::::::::::i::::゙i
                  ∧:::`- .,,__  | l__l |    __,ノ!;:l::::::::::::l:::::::|
                 r'":::::\::\::::` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ::/:::::ヽ、,_::::ノ::::/|

原作:アレクの子

実は、原作では男の子。
実は、称号としては もらっていないだけで、実力的には ガイアマイスター。

シャアは、やる夫か蒼星石のどちらかを婚約者に……と考えていたが
ミネバは、自分を助けてくれた やる夫以外は考えていない。

実は、『やる夫でLB3』の話が始まった時点で、一番強かったのは 実は この子。
いく夫は多分、薬を使ったんじゃないかと。

シャアとの戦いの時点でも本調子ではなく、本気になれば それこそ世界を滅ぼす事も出来る。
だって しょうがないじゃない、イデオンなんだから。


一転、ラガでは 普通の子として過ごしている。
現在は 涼子、蒼星石と一緒に暮らしているが、毎日のようにやる夫の所に入り浸っては
託児所の子供に交じって やる夫に甘え倒しているようだ。

やる夫の婚約者であった事は 周囲にも知られているのだが
本人が妹の立場に満足しているため、周囲は あまりに気にしていない。

彼女に問題があるとすれば、シャアとハマーン、やらない夫と涼子を夫婦のスタンダードと考えている事だろうか。
ラガで見習うなら、ヴァンとトリシャのホーエンハイム夫妻を見習うべきだと思う。


18 :◆vsQyY1yD2Q
【 獅子堂 妹子 】
                 __/{    ヽヘ.  //   //  >、_
                 / く  \ . . -‐  ̄ `ヽ__ / / 八
              |    ヽ/ー‐-=   __ `  .、/ /⌒ヽ
            〃、  /   /            `ヽ   人
              {{   Y     /| |       |       、 ⌒ヽ < こっちが本体ですよ〜。
            廴_/   // !ハ|       | ∧ ∧  ∧ /  }
            く_/    // _|L| |     / }/ ∨//! . : 〈  く
             | i    .:!′ ヘ⌒`ヽ-- 、/-/==、 ∨| . : : ト  }
             | i   .:.|  .ニ. ヽ     '__    ヾ! : : : } `く
             | i:.   .:.{{´r':r ゚`ヽ     x=ミメ、  } /: : : :r‐ ノ
             i八:. .:.:.:ヘ {:::し':!   !    {:r ゚::ハヾ>.;'/ : : : :厂
            ,′ ヘ.:.:.:ヽ`ゞ゚ノ         r::ノ::/〃/. : : : :./
            ,′/ |ヘ:.:.{      ノ    `゚゙ '′ /: : : : :i:.|
            ,′,′ j: : 八    r― -.、 ´' '   〃: : ノ:.ノ:.|
            ,′,′ノ : : : : \   ∨   ノ  ー=彡イ彡イ: : |
            ,′ ー=彡ヘ: : : : :`ト.    ´ .. .イ´: : : : ハリ: : ;'
            ,′,′ . : : : ヽ从: :{ヘ.`   ´|: : : : : : :./: ノ′/
            ,′,′ . r‐-x': : : : ノ  》  《j :ノノ _〃. : : : /
         .,′ r‐‐ノ __ヽ ̄ヽ.   \  jK´ ̄⌒ヽ: : : /
        / / /  , ´   `Y)  \  \}} \    ∨,′
       ./ / 八   !     乂  ノ》   《r‐x \  r'
      / / /  )  .      `7ヽヾ==='7`Y`ヽ.<{___
     ./ /   /  八      / ノ  厂`ヽ. |\. \  )
     ,.′   〈  /  \    (____ /: : : :∧j ヽ`ヽ.} 〈
    /       \__r‐x  \     \{: : : /::::::`ヽ∨∧ )
  / /   . : : : 〃 : : :)  \   r‐ヘノ∨/::::::::::::::::∨::::∨

原作:バロン

やる夫の仲魔達の集大成。 脳内会議には、ミィの仲魔も合わせて24体が参加している。

家では メイドとして、バウンティハンターの仕事で外に出れば 回復役として同行する。
やる夫が成長した今、昔のように 自分達が前に出て やる夫を守る必要は無いと考えており
あくまで 陰から支える事に徹しているようだ。

ラクスの手下じゃないかと言われていたが、そんな事は無い。
そもそも、ラクスは 白石(ラクチャランゴ)の事など 視界にも入れてないだろうしw
「バロちゃん」なのは、原作での呼び名が「イモちゃん」なため。


実は、涼子が やる夫の独立を認めたのは、バロちゃんの存在があっての事。
出産トトカルチョに勝利するには、まず 彼女の壁を突破する必要がある。

もっとも、やる夫の子をお世話する事を楽しみにしているので、時間制限有りの壁ではあるのだが。


19 :◆vsQyY1yD2Q
【 タバサ 】
                               , .:.:´.::::.``ヽ
                             /.:.:.:::::::::::::::::::.:.:\
                            /.:.:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.`ヽ
                           /.:.:.:.:.:.:.:./´ ̄`ヽ.:::::::::::::::::,′
                            /.:.:.:.:`ヽ/   /.:::::::::::::::/
                         〈.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  /.:.:::::::::::::::/
            ,. -‐── ‐-. . 、    \.::::::::/  /.:.:.::::::::::/
          , '´. : : : : : : : : : : : : : :`ヽ    `¨¨   /.:.:.:.:., イ
            / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ      /.:.:.:.:.:ノ イ
        / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .',     ヽ:.:.:.:.:ヽ!
        ,′. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',      `;.:.:.:.:.:.}}
         i. : :.|.:|: : :.:|.:..|: : i: : : j: :.|: : }: : : : : :i      L.::::::ノ
         |: |:.:|:.|.;.:ィ┼十メ、: :/ナナメ、: : : : :.:|       |  !
         |: |:.:| { ィヽ}V V\/ `〒テ</:/:.:/,′      |  : |
        Y :ト、V イヒッソノ.L__」 ヒ-ツノ}/.:.//         |  : |
         ト、ヽ:\ ___ノ , ヽ__ノ:/:.〃        |  i |
          ヽ: : ゝ   .. _   〃: /           L__リ
           _>=丶、      ,. イ/:/L_          i.:.:.:.!
        ,. .:'´.:.:.:.:/.:.`Yヽ`二´ / l/l/.:./:.:.ヽ、        {.:.:.:.i}
         〈.:.:::::.:.:.:/.:.:.:.:.:i  \__/ /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.ハ      !.:.:リ
        ト、.::::::〈.:.:.:.:.:.:.ヽ/^^V.:.:.:.::./.:.:.:.:.:./.:{     ,r'ー'ヘ
        |.:.:ヽ.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.\ /.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:',     し'⌒ヽヽ
       ∧.:.:.:.\.:. ,r-‐‐‐ュV.:./.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.i     レ'⌒ヽ }
       {.:.:\.:.:.:.「 二二二二二二コ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L   ,.イし'⌒)ノ
       !.:.:.:.:`ーく.:.:.:.:.:.:.:.::: _.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.: ̄`ヽ.:.:`y'  i: |: : :i
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.,r'´-‐‐'‐っ.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:/   {: |: : :|
       レ'´ ̄`ヽ/`TT{   ニニソ.:.:.:.:.:.:.:.:../.:/    ヽ|: : :|

原作:該当キャラ無し

戦後、母親と共にラガに移り住んだ子。 実は、年齢は やる夫と大して変わらない。
母親が昏睡状態なんて事はありません。 きっと元気に ザマの調査隊に加わって頑張ってます。


世界中が被害を被っている訳ですから、戦後 無事だった所に人が集まるのは 自然な流れだと思います。
やる夫の託児所も、その辺を踏まえて生まれたネタですね。

ラガやユミールは田舎、マゴクは魔獣の国なので
一番多く人が集まっているのは、順に トラキア、ネル、ノルディア でしょうね。

ラガの場合は、ザマの発掘調査がありましたが、ブランティカの遺跡とか 割とトンデモ扱いなので
校長、ウィンリィとノリが似たタイプの研究者達が集まってるんじゃないでしょうか。

後は、普通に難民ですね。 いくつか選択肢がある中で ラガを選ぶあたり
こちらも、やっぱり 来るべくして来た変わり者だとは思いますがw


託児所では、ルイズよりも こまちと一緒に おとなしく本を読んでそうなイメージ。 長老の家には 本棚あったし。

年齢的に 世話される側よりも、する側ですが、普通に子守している姿は イメージしにくいかも。
本を読む彼女の周りに、おとなしい静かな子達が わらわらと集まってそう。

やる夫に対しては、今のところ特別な感情はなさそう。
彼女の物語は、まだこれからです。


20 :◆vsQyY1yD2Q
【 涼宮 ハルヒ 】.                __ r 、   ,、
                    _,、   __ | 〈,.勹^j/ ノ
              ,./ _..-二 - `丁ヽ Y{ ..:..ーヘ∠ ‐フ
            __//‐ ´  .. ---、┴┴く_ー{ヽ {-‐ ´
       _.. -‐ ¨ /:.| ,..‐≦-――く_:.:.:.:.. :,、`ー┴'_‐ァ'´
     r‐ ´     {:. :{´/r‐く ̄ ̄ ̄:`ヽ:./ r}__:.:__:.`ヽ、
      {     |  〉、:.`:/: ヽ }:. :.\: :`ヽ: `.く __`ヽ、`丶\
    |   ヽ∠/イ7´|:.|!:.:}:ト\:> 、 ̄\: :ヽーく_:>=ニ二 ヽ、
      !    ̄{フ: /: l_⊥LV_ト7_ァ>=ミ、{`ヽ:.:.ト-ト-`\ }  `V
    _, ヘ  /ノ7!: {´:.|: |,≧从`ー7fc:::::}ハ:ヽ:.:.ヽ、:.:.:.ヽ`ヽ、
   {_/ V  >'小:ト、:ヽf7:::ヾ    ゙辷.小:.ヽ:ヽ:.:.l:ヽ、:.:|!ハヽ\
     _ ,〉_´-く|:l!:ハ::.\:ド辷〉丶 ,_-ォ"|.l:.:.::ト.`:ー-\l  ヽト ヽ
    //´∧  l:ト、: \ーヽ''_, く´__ノ /.:.j:.:.:.|:.:.l:丁フ}メ-`ー lハ__」
    ∨  |:ハ、 ヽ \: :ヽ:.:>... ___ .イイ:/}:.}:从ハ小/′
        |! /∧ __ | ド、ト、:ヽ:\ト、 /ノ/V:/'/ナ==== - 、
        乂´ /:.:./ | l:!   ヽトヽミー 、-/'イ: ` ーァー_、/:/__>
        /:.:./ ヽ. | |:l : : : :.l―‐ 、ヽ/:. : : : : /:/>、ミー'/
       /:.:./   }_ハ:l:.! : : : }     ソ: : : : : /://  ヘ、
        〈:.:./     ノ !l:.! : : :l    /: : : : :./:// /` >‐ 、ィォ
       V    {  l l:.! : :|_,.、 / : : : ,..//     /_ノ, _,、 \>rァ
         l{    l   ヽヽ. リlj{/:. :. ,.//- 、  /__ `X´く_フ-、V〉ヽ
         ト.、__   〉    \:! /: ,..//   /`//,x_ヽ,ソ´ -ァ \
        ヽ:.:.:.ーナー--.._ {_l/‐..イ´    /  { 'ぐ_ソ/ /´ --   ヽ
         ` フ7r‐t_---フ=了´   ノ´./    `ヽ./>  丶 j   /
      /´ ̄:.ヽ._了二ブ´:.:./   /  { rー‐ ¨ ̄       ノ
   rー :´: : : : :. :.:.ノ  ̄/:.rュ:.:/ _r< ̄'_ノ_{      _  -―  /
.  / : : : : : : _:.:-/: : //:./: :.:`三_ノ‐i:. ̄レ「l:ハ } ト /  _. -‐ ´
 / : : : : : :´:_:イ: : : :/:.}:/: :.:.: : : :.:.:.:.:|:.:.:.::! l:.l:!|/  L  /
 !/} ̄ ̄: r_ノ : : : / : |{: : :.:. : : : : : : !:.{:.:.| ハj_ハ _ /
 {_:| : : : : : : : : :. :イ : : !:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ー´\
   }: : : : : :. :. :/:/ : :. ヽ:.:.\:.:.:.:.:.:.:.十{:.:.:`:.:ー:.\_
   ヽ: : : :.:.:.:/:./: : :.:.:.:.:.\:.:.\:.:.:.:.:.:!:.l: : : : : : :/´7′
     \:./:.:/: : :-―:. :. :.:\_:.>:.:.:|:.:ヽ: : : :/-‐'′
     |ノ:.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.l:.:.:.ヽ.:/
     ト--ヘ、 : : : : : : : : __: .:.:.:.:.:.l:.:.:.:.ハ
    |   ` ー 7¨ ̄   l  ` ー‐Z/ |

原作:バール

原作では お爺さん。
魔界編ストーリーの牽引役でした。
この子がいなければ、多分 魔界編は ラクスが17歳坂を駆け上がったまま戻ってこなかったw
SOS団の団員に対してのみかも知れないけど、結構 体育会系姉御肌が似合う仕切り屋だと思う。

他の二人の魔王に比べて 圧倒的なスタイルの良さを、存分に活用した人。
やる夫を抱き枕にしたり、回復の泉に連れ込んだりと やりたい放題。
回復の泉で何があったかは、皆さんのご想像にお任せします。

魔界で ラクスに対抗出来るのは、この子じゃないかと。
やる夫が再び魔界に堕ちたら、もう離してくれないでしょうね。


いずれ出そう出そうと思い、ようやく出演させる事が出来たキャラですが
いざ使ってみると、意外と使いにくいと言う印象が…… ネガティブ系の表情が非常に少ないため
長編では 演じられるキャラの幅が おのずと狭まるのがネックだと思う。

実は、DQ3の方でも 既に1回 配役候補から落選していたり……。


21 :◆vsQyY1yD2Q
【 泉 こなた 】
              ,. ==、 ー 、
               /     ヽ:. ヽ
                     } /
        ,. -―=ー/` ー― '"-  ,,
     , '´- ‐,―- :. ,..,':. :.i :. :. :. :. :. :. :. :ヽ
      /:. :. :. :. , ! :. :|l:. : i: :.. :. :. ヽ: :. ヽ
     /   , .. , ../:. |:. i:.|l:. :. l、 :.:.. :. .. .', :. :.',
.     /:. :. ,./:.../: /:. /!:. l,:l :. : | l:. :i、:. :. :.i :. :.i
    /:./ /:/:,':. :.!, ァ‐!.、ll:.!l:. :.|, ャ十‐:. :. :.i :. :!
   ' ´   !/:.:.!:. : l:.i  l:. | !:l:l:. :! ,.ヽ! 丶:. :. !、:.|
      i':.:.:.:!:. :. リ  丶l 丶:. :| ェァ==i\:.ト、ヽ
      l:.:.:/l:. : ∧ミ三 = \|  ヒ,_/_ヽヽリヽ!
      |:./ ',:. i|:.:.i xxx.  ,   xヽソ, - \:.!
      l/  ヽ||:. :ゝ ,,_   、   , ィ>' ,、  ヽ
          /ii:. :. :.トr-,こT' " ーrク'":ト`i  ',
         ,'/!:! :. :.l !:::{丶  - ‐l,':. :. :! ヾ,   ',
          /' l:.ハ:. :.l,{::::ヽ,   ノi:. :. /  `!.   ',
        /  !:| ヽ:. ヽ::::::Zi,_/:::,!:. :/、、  l.   ',
         l:,' ,へ,:.ヽ:::!:::::::::::::{:. /:::::〉\丶  }
           l:!  ヽ_ヽノ ''- ―ッ-' '、:::/!:.:.:|:.i 、_,ノ
.         /:! ,. ┴--― '' ´   r-`'┴―┴‐┐
        /:..|          _   ヽ,____/
   ,. - ., /:. :.L... , -‐ '' ´  `ー、_、ノ |:.:.| ,イ
  i    `' 、/:.:.,!      _      |:.//:.|
   ',    ヽ.  `ヾ-、、‐=ニ"ヘ.ヽ、 __,l//:. :ヽ
   ヽ     ヽ  ヽヽ.ヽ、::::::::::`, -テ' `//>―`ー_― - 、
   丶     丶   !. .ヽ. .`T ´,/ . . // ,. '' ´       }
    /ヽ     ヽ .! . . . . `. ". . . . .///       /
  /,. -='ヽ    ヽ、}. . . .ヽ..|. . . . r//´      ,. ..'"、 _
,. ''´:.(:.:.:.:.:.:\    ヾー '' ,二二フ"! !   ,.  '"、__:. :. :. ,.二`
,{,_:.:.:` = ニ,,ヽ    \ {     | |,. '' ,. -― '''':.´:. :._/   `
  `ー`―‐-- 、丶     ヾ,     /! !  {'´ ̄ ̄ ̄ ´

原作:ベリアル

魔界 数万年の文化に精通した ヲタク魔王。 原作では 男。
魔界から地上の様子を窺ったり出来るようにしたのは、全部 この子。

本編中に出てきた 『黒のデータ』 と言うのは、実は ハードディスクドライブ。
魔界編では AAの中にパソコンが出てきましたが、これが ブランティカ文明の物で
ブランティカ時代の遺物が残っている魔界は、地上世界よりも 進んだ文明だったりします。


基本的にインドア派なので、やる夫との相性は良さそう。
やる夫にしてみても、気兼ねなく付き合えるタイプなので
もう少し時間があれば、大親友になれたんじゃないかと思う。


22 :◆vsQyY1yD2Q
【 真紅 】
                     / ,二、ヽ.
                    r'     }  `  、
                     ,ノ    `'<ヽ  \
           。 ゚゜ ゜゚  。  /          } \  \
         。゚ rx   , ┐  。{          し┐     \
          。  ,.|{ nY ,ニ}   。、       .二ニ{        ヽ
           。 { Y/r仁{     (_    ´     └;       . }
      _」_ 。‘⌒k辷)=く    。゜ }/       ,)      ∨\, -┐
      `Y⌒)}'^Y´ノ}ハlミメ、ノ  。 /,  〃  〃  /        |   | -┴-、
    、_」{  ' ,」,rく。  }.ハ〉  ゜。.{ {  l{  ″  八_n、    |   |   〈,二.ヽ
    >'⌒ヽ=ミ、|{   ゜ ゚ ゜。  。゜ 丶.从__」{ ニメ、!(  \     厂    }-‐く
   7, r=ミ、   \く,.     ゜゚    / ,リ  拜ミ, | ト、    /  /`   rく ̄) }
  .]{ └' ,}j  、___){ィ       。゚゜,ノ/Y{   └' '^} 厂  _」.ム/    _,ノ|ー--‐'
   ^'宀'^^   `ニ![,斗宀=ミx゚  { { __丶   ゛゙ //{,`Yr勹,}}、_」. イ   ト、ヽ
         r宀ァ'^く    r_}l ゜゚ Y´ 人    /7/ `7t辷彡' ,ノ| | | l|
     ,  r┘Y´{り人_    _]ヽ ,人 {ft `フ7,ノイ ,  {辷ァ‐-rく. | |  | ||
.    {ー-ヽ, `ニ´イ }  ,ノ   Y⌒辷少'^{(,_| {  マフフ´| | | |   | ||
     `フ7⌒>、__,r宀'^ `^!   人 `7´ャ==ミx〉 川`゚{  |__」 | |   | ||
     `′_{(二ニミメ、 r宀ァ'^⌒′ }Y^ー辷≦三≧ァ'  \|   厂|  |||
      ,ノrtnrヘ ハ Y,r'{  ,>   ⌒ヽ___辷彡'´       \_//,リ  ,ノ L」
.      { 〉 ┘ jノ ,}__}[, `ニ{      }二.´            //∨  {
      〉'⌒'ーく_r仁フ/{ _,人        `ヽ)      .  //    ',
      `¨フ,冖i{`フrく ヽ`ニT\      \__     `7/  」  ト |
.        {( _」L{ノY´\,  〉‐ `フT'   ‐-r<└-、   7/   _」  l l|
         {   }-ヘ{  ト、/ /} ' ,=、  } }   ,ノ`フ7/{_,ノ|  l l|
        r'⌒Yrtn{ }- 、 { { く,_ l{    // //`7メ、  |  l l|
          ,} r‐}辷^}′ {  〉'   丶主彡′ /  〃  \__」   U|,斗宀‐
        `Y^ `ニフ___,ノ ,{_       /   l{       八  /  -‐十
      _,. ⊥  ヽ-‐'  /r‐-、}_ _, -┐      、ー‐=_彡'/`フ⌒⌒ヽ_」_
      `ヽ  ヽ-‐ァ==_彡r勹丿 }勹 辷´ノ       ト>-‐=_彡‐'r‐'⌒'¬-、_
           `¨フ /    └、`ニ′,ノ .]r'⌒)       ャ宀'乙_」{ 〈 r' r宀,  {
         ^¨´ r-ヘ._r,=`T爪  |[ノ^7⌒ヽ  ,= }T  ‐r' ,}  ト、} 辷'厂く
             〉‐- l辷_」{___,>テ{ r宀ミv Vム_]'ー‐くノ廴r' 廴.   _,ノ
             `7⌒^'宀'^^¨´  〉 辷'ハ{  ,}宀‐十'⌒)〉   廴_    _,ノ┘
                       人 〉-r' `7メ、            ̄
                         -'-‐'^冖-‐′
原作:ルシフェル

三人の魔王の中で、一番出番が少なかった 不遇の子。 こちらもやはり 原作では男。
しかし、原作では ランディ&ヒューイ戦の直前に仲間になり、戦闘終了後に地上に戻る事になるので
実は これでも原作より出番が多かったりする。

さりげなく、魔王の中では 一番の常識人。
ハマーンも 一部天然ボケが入っているので、ツっこみ役として苦労してそう。


実は、一番 多くの裏設定を持っている子。
「ラストバイブル1」のストーリーも関わってくるのですが、実は ガイアマイスターにして フォースの子。
やる夫達が住む 第三惑星テラを 生き物が住める状態にし、魔獣を誕生させた張本人だったりします。


23 :◆vsQyY1yD2Q
その後、第五惑星が崩壊し 脱出した人々が第三惑星に移住してきた事で、人間と魔獣の戦いが始まりました。
人間の先頭に立っていたのが ガイアマイスターであり、真紅は その戦いの中で命を落としてしまいます。

真紅を倒したガイアマイスターと言うのが、初代魔獣王 グライアス・ド・エル。
その後、グライアスは 一方的に人間が魔獣を駆逐するのではなく、人と魔獣が共存する世界を作りました。


原作でも触れられていますが、このグライアス・ド・エル と言うのは、 や る 夫 の 前 世 です。

        <:::::::::::::::` ー--、_: : : : : : : : :ヽ、    _
       }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_: : : : : : \-―:´: :i__. -―_. -―――- 、.__
        .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、_: : : : :\_ _: : : : _/          `ヽ、
      く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_: : : : : : ::ゝヾ. ,/         ___    \
       \::::::::::::::::::__. -―y-- 、._:::: ̄>: : : : :!>.       ,-‐ ゙´ ̄          \
         /:::::::::::/,r'゙/  ∧    ゙ ー{: : : : :/,__      ,-―- 、、           \.
       /::::::::/,/゙        i、     .{: : : : 「         {r'゙ ̄:::ハ i         ヽ.
       フ:::::/,/゙/ /    i   i、    {: : : ::}  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i .i          \.
       >/ / / / ./ i  .  i    i.     ̄{_/  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ           ヘ
        .i/ .i .i / i    i    i.   .i   /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ               !、
        i!  .i .i i  i  i  i .ハ   i   i  {    ヽノ'            i.             i.
        i  i i i  {  i  .i  ii   ハ i .ii  i    i.    i             i            }
        !  i.i i,、 .i  i_.i_ .iV  .i.i i .i.i .ヘ    i   ノ\_        ノ            ノ
          i ,i、 i i  i i ii  i. V i i__i___i_./ >、  ゙ー-'´--- ゝ-――<´              /
          レ ヘi i i i==-ハ i. V .i..iノiレi.i/  />                          /
             // }.`   !ハ! !ハi-=tェ/  ///>、                    _. -‐ ´
            / / i {xxx  ,    xxx./ //<′ {> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
          / .//.i ヽ、  - 、 _   / /゙-―--、 i i /    ̄ ̄      ./        \
         /  / / i_,、. > ._   _..イ ./: : : : : : : ヘV/                           ヽ
        ./  / / /: : : :ヘ、__ノ三 // ./: : : : : : : : :/ i
       .i  / / / 「 ̄ ̄>'ー,、,-/ //: : : : : : : : :/ i
       i  i / /゙´'}   -}'゙ヾノi/ //i: : : i : : : : : :i /                ヾi.
         .i ノノ .i: : ::i _. -ヾ.三./  i::{: : : :i: : : : : : i /                  i
       >′{ ヽ: : レ゙::://::i i  i::ハ: : : i: : : : : : i/                   i.
    ,-‐=゙ : : : i  ゙ヽ.: ::/ /: ::i {   i: :ヘ: : i: : : : : }/                         i
 . -‐´ : : : : : : : ハ   i: :i  i: : ::i ヘ  i、: :\i: : : : :/                     ∧

つまり、真紅とやる夫は、前世からの因縁があるんですね。
もっとも、これは ハルヒ、こなたも同様ですが。


24 :◆vsQyY1yD2Q
ちなみに、魔界は「ラストバイブル2」で作られたのでは? と言う方もいると思いますが
2で作られたのは 「魔界への入り口」 のはずです。

魔界そのものは、それ以前からあったと言う事でしょう。 多分。
間違ってたら、このスレ独自の設定と言う事にしますw


真紅は、早い内から フォースの子である 蒼星石の存在に気付いていました。

蒼星石に かつての自分の姿を重ね合わせた真紅は、その後も 彼の成長を見守っていくのですが
それは同時に やる夫の成長を見守る事でもありました。 いつも一緒に居る訳ですからね。

        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i         ___
     l:::: i:: lz=≡ ヽヽ ≡z l| l       /⌒  ⌒\
     l:::: l:: とつ \\\ C {!| プニ  (● )  (● ) \
     ';:::l ト: \\ __,.\ (ニ~`ヽ、 /:::⌒(__人__)⌒::::: \
      '、:ヽ:| ヽ   /   1   ノ(((_⊂>ヽ|     |r┬-|      |
        ヽ lト、   {_  _,ノ / /   \ \    `ー'´     /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/      ゝ-|            ヽ
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´        |           i  ヽ
            /: i_lil__|:i             |          |   |

仲良し兄弟な2人を見ている内に、真紅は いつしか 蒼星石が羨ましいと思うようになっていきます。
そして、蒼星石よりも やる夫の方を見守るように なっていきました。

本編の方のレスで 「見てたんじゃないか」 とツっこまれていましたが、実はその通りですw
真紅は やる夫の事を見守っていました。
やる夫なら魔王になれると彼女が言ったのも、彼の成長を ずっと見守ってきたからこそ 言えたのです。


25 :◆vsQyY1yD2Q
【 ラクス・クライン 】
                                       ,.. -‐.:.:.:.:‐ト、、、
                                     ,.‐'´.:'' ‐ 、,,:::ノ ,>'.l::ヽ、
                                 ,,...,‐'´.:.:.:.:.:.::.:.:.:::// ,.」:::::`,
                                 /.:.:.:/.:.:::::/.:,-7 /´,<.´.:.:.:ヾ:::|
                                 /ィ.:.:.:::l.:.:::::イ:/ 7‐´i.:l.::..:.::::N:::|
                                 ! l 、ヽト、.:::l、i , ‐,,'7.'lィノ.:::イヾ::|
                          , ‐'フ    .',i. :'ハト>ぅ,ヽ   ,'イツ:iヾ:/:::lソノ::|
                       ,.. ‐'ス=ヽ‐ 、    'ヽ,ヾヽゞ'     ''''フ'7:.::::lニ=ii
                       ' フ>(_j⌒} ヽヽ、     i::::'、 、     |.:.::::|  .|',
                        i.(,iijJノ  /~i    .|.::/ヽ、''' " ,.‐7.:.:::|   |::'.,
                        ',_`" ,.... ‐'´  ノ   , ´|',ー-...`=ィ´z jj.:.::j:;/ ̄ヾ;ヽ
                      ,-- ヽ、 ,... ..,∠.._  i  |.::>、  ,. -}} /j.:::j i     l.:.:`ヽ、
                   ,. - '~l     `"ー ´  `ヽ ヽ,/.:/ ` ´  ヾ .l.:::j .|、    ',::::..:.:.:.`ヽ
                ,. ‐'´   ',            ヽ/.:/」     〃l.::j ヽi    l:::::::.:.:.:.:.:.ヽ
                 |l      ',              ヽ^y      〃.l.::{  .ト、__,,.. ‐};:;;::::.:::.:::.:{
               丿     ,,.ヘ              \    〃 ヾ:{  'i     |;;;;;::::::::::::',',
              /    ,.‐';:/;:;l          ,..ー===.ミヽ、  ‖   `  l    .|;;;;;::::;;;;;:,ノリ
            ,.-'   ,. ‐'´;:;:;:/;:;:;:|         //´;:;:;:;:;:;:;i`ヾヽ ヾ     ,,.‐l'.,   .|;;;;;;;;:::{´
          , ‐'  ,...‐' ´;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;|         //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;',`||、 ..ヾ、、.-‐'´ .}ヽ、 .|;;;;;:;:;::\、
        ,..‐',.. ‐';´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:|       ..//;;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;Y{ ヽ   i.i    /、 \ |、;;;:;:;:;:::::ミ`ヽ、
      /='´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:|      //;;;;;;;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:トミ,ヽ   }}    '}ヾ、`ヾ;;;;;;;:;:;:;::::::::::::ヽ
     , ‐'´;'´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;|     //;:;:;;;;;;;;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;|;:;:;ヾ、、||    i|     {;;;;;;;;;;:;:;:;:;::::::::{
   ,/;;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;|    //;:;:;:;:;:;;;;;;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;l;;;;;:;:;:;ヾ,_   .}|      .ト,、;;;;;;;;;;:::::::,ノ
   -'´;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|   //;:;:;:;:;:;:;;;;;;;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;|'' -.,,;:;:;:ヽ、 .} }     .〉::ヾ;;:;:;:;:;::}  、
    ./;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  //;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:|、;:;:`ヾ;:;:ヽ i .{      ヽヽ:ヾ::::::::ヽ,,ノ
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:lヾ;;;;:;:;:;:;:ヾ;~ {       ヾ:ヽ:}::::::::::::`ヽ
    ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| 〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:l;:;:ヾ;:;:;:;:;:;:ヽ      /.|.ヽ,{:::-‐:,.=、ノ
     ヽ、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:´;:;:;:;:;:;:;::;:;;:;:;:;;;;;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;ヾ;:;:;:;:;:;:;}      / lヽ、::ヽ、../'´
      ヾ 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;:;:;ヽ;:;:;: /:ノ    / , '´ヾ::ヽ:、::|、
         /'-、;:;:;;;;; /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;ゞ;:;:;:ヾ; /;:|{ l   /‐´   .>:::::ヾ!`
        /  ,. '´ ´|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:/;;;;;;;;;;:;:;:;:ヾ -!ヽ_, '´´   , '´、三=;;;;,,.
       /ー '´ , ノ´,.‐ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l`y;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;l/;;;;;;;;;;;;;;;;;:/   `‐ 、 _, -<__. 、ー''::;~,,'''"
     / __,, ‐'´,.,‐´__,,...-'''';;:-:;;';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; -┘`ー'';;:;:;:;:;:;:;:;:_;-‐'''´`''" ̄              `ヽ.i  ~´
       ̄  , ‐'´ `  ,. ‐'´   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄´
           `‐-‐ '''"

原作:ベンショーハ

原作ではジジイ。 どうしてこうなった……。


ラクス=ベンショーハは、 演説の口調を変えるだけで ラクスっぽくなるぐらいのハマり役でした。

原作では フェレストタワーで決着が付いた後は登場しません。

あれだけ強ければ 魔界で登場しないのは おかしいのでは? と思ったのですが
登場させたところで、読者に受け容れられなければ意味がありません。

ベンショーハって、原作では どちらかと言うと 嫌われ者の悪役ですし。


26 :◆vsQyY1yD2Q
かと言って、良い人にしてしまっては それは最早ベンショーハではありません。

悪役、敵役として立ち塞がりながら、それでいて 読者に受け容れられるようにする。
そう考えた結果が、『やる夫でLB3』 のラクス・クラインです。

                             ,:r= ,.:-、
                    rf=;‐、     ll 〃  ,:ニ=-、
                  _,.--、  ゙ヾ,    {{ {{  〃-―==;:、
             ,. -‐''";:ニ=-`丶、ヾ,    ヽ ll,イ"     ニミヽ
           /   / r==≠ヌ、ト,. ---ミ、l{、_       `丶、
           /   ,ィ"   `  __{rィ7ェ'´  r''⌒ヾ、_ヾ、ミ;:、 __     `=;=;、
         /    //    , ィ" /;フ"   ヽ___ノノ`ト,_ヾj」'´   ヽ      ヽ `ヽ
    /    {    〃    / ヽ-;'"   , {  7jニ=く__ハ!      l      ヽ
    ヽ      _/         / {/ / / lリゝ、i{' ,ィうt1 j,、}     /  ノ       l
     _`;:=="      /  ./ '{,ハ {ヘ i{_ゞ'```  ̄,ラ/ル'    _/-''"      }
   / (  _____/ /   ヽヾ, (}ヽ  r''"} ノ ノー;ァ=;"         ノ
  / , -''ヽ、___,,.. -‐''",. -'',.-≠= 、  _フ`/`ヽ、`-'〃rイ ノ/ __,,.. -―--、,,.∠__
  //  ./         //  >=三ニ;-'"_>/ヘf/_/,ィ/∨r''"_
. //   /    ,,...、   //   ヽ _,ィ `>fr‐コメ'ア///"∨ `丶、  _,.-''"f=ニ'、
..{{',      ,.-'"  ゙ヽ//    r'" / /  、`r'-‐'i{  {/  /       }ニ-―‐ ゞ、、`〉
. ヽ`    /      \    |  jノ  {/7rァ''71 ` ri{~ _ ヽ     {{     f' _ヽ_〉
_ .r、  /{ {        丶  ノ  ,' /フ/ / r'  { ヽ } ヽ ヽ   ト、_丶、_ノ「 /
、`''r、ヾ  l {         ヾ"  / ;´ {{ {  ヽ丶  j   /  `ヾ   r!  `丶、`''く
 ゞニヽ`丶ゝ',           」'".ヽ ',l |   \∨ , '     `, 〃     \ 丶
   ヽヽ__,,.} }         r''~    7.//     ヽ∨       l/        ヽ
     ヽ_ノノ-―'''''''""~~ ̄      { {{{      フ       /
                      l lll     〈,   __,.-;:‐''"
                   _,,,.. -┴'┴―――''''"~~;:台ニニ;:――- 、_
――――- 、       _,.-''"~             //"      ̄`ヽ、`‐ニ、-、
ヽ、      `丶、_∠ニニニ;:‐ 、           ヽヽ          /`ヽ、_>‐
 丶ヽ        { {   / ̄ -ニ -、        ヽヽ        /
   丶\       l }. /      ` rrニヽ、      ヽヽ    , '
    `ヽヽ、     }_y'         / ll ∨`丶丶、    } }  /
      ` −ニ-‐'"         / r‐'"    ` - ニニ_ノ‐'
                     ,/ j           /         __
                   ,.イ 〃          /_,     _,.-_ニ-‐''" ̄
                     , ' / 〃          /シ   _ ‐_ -''"
                 , '   j{           /"  ,-'_-'"
         ______/   ノl |          /  //            /
     _,,.-‐''"~       /  ,イ,|/l l         /_‐_' -'              /
   ,∠_         /  〃 `7||       _ノ''"~             /
 / ̄`丶\        /  〃 ./  !|    -ァ"             _ -''"
      丶丶       〃 ./   ! !   /            _,.-''"
        \ヽ    〃  /    ! !              <
          ヽヽ、 //   {     ! l                \
           ー‐ '   ヽ、   ', '、                 `ヽ、
                   `;丶、丶 ヽ                  `丶、
                    ヽ `ヾ  ヽ
                     ',   ヽ  ヽ
                     ',   ',  ヽ

ベンショーハは、自分のやろうとする事に 思い悩んだりはしないでしょう。
様々な意味で吹っ切れた超人ですから。

しかし、ラクスは違いました。

古代ブランティカ人としての知識と経験故に 誰よりも世界を見通せてしまい
「そうするしかない」道を、ただ ひたすらに邁進するしかない苦悩。

これで良いのかと自問自答しつつも、良心を押し殺すしかなかったのでしょうね。

『やる夫でLB3』の ラクス=ベンショ―ハは
ラクス・クラインの弱さがあってこそ、あれだけ魅力的になってくれたんだと思います。

27 :◆vsQyY1yD2Q
ヒロインの一人して受け容れられるぐらいになってくれればと思っていましたが

蓋を開けてみると、予想外の人気者に……。
正直、ここまでとは思ってませんでした。

                         `ヽ、_       _,..-‐'´ ̄ ̄ ̄`''ー-..、
                           `''ー=ニニ´      _,,,......_     ヽ、
                          .,.、‐'"´        /    \  ト、 l、ヽ
                        /,..ィ´ /      /       ! l. `!ヽ \
                      ./´// /     /      /:::.. /  / !  ヽ,. -‐'"
                        ./// /    / ,ィ//    / /`ヽ/ / /    ヽ
                        ll/   !   ./!./ ll l    / / ,/ / / 、  、|_,.-―
                        l'|  l l   ハl l! l   /l l! !'"ブ__,.、''´|  l|  |
                         .l l l   l 弋`トl !  / ヽl'、! '´   / 〃   ! l
                          ヽ'、 ト、 l l,.-=ミヽ,!ヽ |   弌''―-、 / /   ! !
                  ____   `ヽヽ/トゝ、 `ヾ `ヽ  ,.-==ミヽ/ィ/  ィ´l//
              ,. -'"´      `¨ー 、'´/`ヽl      ,       `ゞ‐'´/イ /'´
            /                ヽ、 '、     '      '"´ ̄T  ヽ、__,.-‐'"ニ=-
           ,.' '⌒       ⌒ヽ      ヽ、,   rミ- .._,.     ,ケl  \_,.-'"  '´''ニ==-
          ./  .;'⌒ヽ     、ィ=ミ、、        ヽ、.  l'´  ,'   // ヽヽ      ,.ニニ=-、
          /   ii   l:|    〃   ハ         ヽ.ヽ ヽ...ノ _,. -'´γ'""´ヽ、`''ー‐'"´  |
         ./   .l:l  ,リ.    |:|    ,リ          ヽ.`ニ '´ー'"´/   イ  `''=‐-'  /ニヽ、
        / .   ゙'‐‐'"      ゞ、__彡'            i. =-、   /  ,. /lノ         /   `ヽ
        /  XX(    j       )XXX               l''ー- メ'"ナ"´ r'" ̄`ヽ   / ト、
       ,'     `ー-r'´`jー--‐'′             /      ヽ.  /     ヽ/   l ヽ
       i        `ー"                    /       ヽ/       〉
       ',                           /        ./       /
        ヽ、                       /       r''´       /
         ヽ、_                    /                ./
            `i                    ヽ               /


いずれ 魔界で再会した後は、やる夫と幸せになって欲しいものですね。

もっとも、彼女の場合は 私がそう望む必要もなく、自力で 幸せになってしまいそうな気もしますがw





そして、結局のところ 子作りレースの勝利者は誰なのか? についてですが
これはもう、読者の想像にお任せしようと思います。

自サイトのSSもそうなのですが、私は基本的に 「読者の妄想は自由だ」 と言うスタンスでやっています。
と言う訳で、皆さんご自由に妄想してくださいませ。

この後、ルリルリとのイベントがあって大逆転?
うん、それも良いと思いますよw



        ∧∧  ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌─┴┴─┐
       /   つ. お わ り │
     〜′ /´ └─┬┬─┘
      ∪ ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'゛


posted by 文月みと at 01:03 | Comment(9) | TrackBack(0) | やる夫でラストバイブル3
この記事へのコメント
こうやって見ると、本当に多彩な嫁候補達&細かい設定だなぁ…
最後はルイズとラクス様の決戦だと思う自分w
Posted by at 2010年05月26日 06:22
ラクスは生き返ると思っていたので地獄に残って残念でもあり、納得のいく流れでもありました。
でもいずれやる夫を独り占めにできる(する)と考えれば・・・w
もげろー
Posted by at 2010年09月18日 19:35
ハハハ、やる夫を独り占めだって?
魔界に逝ってからもまたフラグが乱立するに決まってるじゃないか、ハハハ
もげろー
Posted by at 2010年10月28日 11:43
やる夫はもげることをお勧めしようか
Posted by at 2011年06月22日 07:57
若い世代はほぼ軒並み女の子なんだねえ
その分野郎分は大人世代に回ってるのが面白い
Posted by at 2011年07月02日 12:45
個人的に、面白い物語ってのは渋カッコイイ親父たちと、可愛い女の子がいるかどうかで決まる。
と思う
Posted by at 2012年05月07日 01:19
ラサベラク(ゲームギア版LB1限定のフォースエンドに登場する敵キャラ・
ルシフェル達ガイアマイスターをそそのかした張本人)や出ると思ってたんだが・・・・・・
流石にそれはなかったか
Posted by at 2014年08月03日 02:42
レ・ミィの立ち位置からピックアップしたのがうまいと思った
あとミネバにも先生から教わる機会があったことと合わさって
未来を切り開き歩む子供たちを先生たちが育て導いたからこそって感じがよい
Posted by at 2018年07月02日 11:41
>脳内会議には、ミィの仲魔も合わせて24体が参加している
最終話の247にある21体+(ルサールカ + パワー = ハクマブドー)で24かな
つまり普通の色違いランクアップである ジャイアント → ウトガルド は1体カウントで
姿まで変わる妙なランクアップの ピクシー → フェイ は別々にいて2体分と
Posted by at 2018年10月13日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38498847
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ