■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 8/11 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年05月30日

第11話「旅の準備は念入りに」(3)

第10話へ   3   第12話へ

47 :◆vsQyY1yD2Q

  二二二二二二二二二二二ll]  ;;'             #       | |_____| |
    §  П  Т  Λ  Η  ||   ┏━━━━━━━━┓,:ζ .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
  ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡||/ ;;┃|三|l≡l  □□□□┃   .:| |_____| |
    W  Ν  大  ∃  ♭  ||   ┃|三|l≡l┌─┐┌┐┃   .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
  ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡||   ┃|三|l≡l│  │└┘┃   .:| |_____| |
    目  〓  Ё  ∇  廿  ||   ┃      └─┘[=]┃   .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| Κ┗━━━━━━━━┛   .:| |_____| |
  ─────―――――――|        ;;;           ト  .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::| |_____| |
  ━┳━     ━┳━    :|                    .:| |::::::::::::::::::::::::: | |
  ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ̄                       .:| |_____| |



              いや〜、売れた売れた。
  ヽ( 'A)ノ
    ( )      その分 大変だったけど
    / ノ      この三日間、いつもの数倍 売り上げたぜ。
 【 パン屋 】

    /⌒ヽ
  ⊂====⊃   三日で終わりってのが惜しいよね。
.  ( ・∀・)
   (  Y ,つ   また ロマリアで商売する時は、声を掛けてよ。
   |  |  |
   (_)_)
  【 農家 】

   ∧_∧     そん時ゃ、ウチも頼むぜ。
  ( ´曲`)
  ( つ  )    今度は 追加肉の注文じゃなくて
   .|  |  |     ハナから 一枚噛ませてくれよナー。
  .(_)_)
  【 肉屋 】



                                              ____
             こっちこそ 助かったお。                 /      \
                                           /  ⌒  ⌒  \
             また やる夫達が ロマリアに戻って来た時は ./   (⌒)  (⌒).  \l⌒l
             よろしく頼むお〜。                 |      (__人__)     |`''|
                                         \     ` ⌒´   _/ /
                                                         /


48 :◆vsQyY1yD2Q

                                                  / ̄ ̄\
                                                / _ノ  ヽ、.\
                                                  |  (●)(●) .|
                      やる夫、そろそろ 状況を説明してくれ。  .!  (__人__)  .|
                                                  , っ  `⌒´   |
                      何が どうなってるのか            / ミ)      /
                      さっぱり分からん。              / ノゝ     /
                                              i レ'´      ヽ
                                              | |/|     | |



             ____
           /      \
          / ⌒    ⌒ \      大した事じゃねーお。
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |     八人の おにゃのこの面倒を見る事になったから
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ     しっかり 路銀を稼いでおきたかったんだお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


49 :◆vsQyY1yD2Q
                                     f : : : :ヽ ,' : : : : : : : : : : : : : :、
                                    _| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                                 /:::::::| : :、 : : :l : : : : :、 : : : : :l : : :、 : : ヽ
                                /:::::::::::::::| : :! : : : ト : : : : | : : : : :`、 : : ! : : :`、
                                }:::::::::::// | : ヘ : : i ヾ : : ヽ : : : : : | : : | : : : :ヽ
                                /:::::::::l::/ | :{ ヽ : :l  \ : ヽ、: : : :| : : | : : : : :ヽ
                               /::/:::/:/  |:| _ヽ : !___\ :ヾ : : : :! : | : | : : : :|
                               /::ル:/|::i_,.イ:|  ` ヽ氏刀フ \|:\: ! : | : :| : : : : |
                               // |:::||/:l弋勹! |    ヽl ̄   i : : :ヽ:!:|二ヽ : : : : |
        そのために、いざないの洞窟で   ./  }::/|:::::|  ̄ノ           | : : : ヽ:| ソ/ : : |ヽ:|
                                |:| |:::::l  ヽ、          /| : : : |ヽ// : : :|:| ヾ
        狩りをしてたんですよね?.       .|  |:::ヽ  ___       ノ ,l : : : r´/| : : :/}:l
                                   !::::ヽ   ̄ ̄´     .ォ : :,/ |`:´| : :/ |
                                   |:::i:::ヽ  ´`    ./ | :/  | :/|:/
                                   |ヘ::} ヽ.    ./   |:/  |/,、{
                                   i  }   `ー イ       _./´ 入
                                          ,ヘ     _./    / ヽ
                                        ,/  |  ./     /   |ヽ、.
                                      ./l   ,ゝ<      /    |  `ヽ、
                                  _, . '"´/ | l"   メ.    /     |      `ヽ、.
                              _, . '"    /  |.∧   / ヽ.  /      |        `ヽ-、
                           , ・"´       /  レ / ´`ヽ  人/       |





    / ̄ ̄ ̄\      やる夫も最初は、いざないの洞窟で狩ったアルミラージを
  /        \    燻製にして 夜の酒場で売ろうかと思ってたんだお。
 /    _ノ  ヽ__ ヽ
 |    (─)  (─) |   でも、それには ちょっと問題があったんだお……。
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


50 :◆vsQyY1yD2Q
【 夜の酒場の 酔っぱらい達 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                    ο
                                  , − 、
                                   Y Y´ \
                                 l  \  \      ο
                                        \  \  .>、
                                   \  `'´  .`;      _
           _ ,−、.                      \    /`ヽ  ./ l      _
          / `i .ノ                            ` ー´ヾ__.人 ,./   ゝ- .,_/ l
        _人_.ノ/  ./ヽ.      /ヽ.                  l  lヽソ、-,i   /   〈
      /    ll.   /.  ヽ__,./ _  ヽ、   . −、         .l  !/ヾ、 .`ー-ラ 0   ',    , -、
     /      |!、  ノ , ´      `゛   ヽ  (   ). 。      l   l *ζ ./  *   .}   /   j
   /      ./ ヽ./ "  、_,..|    * ', ノ` ー ';.       l.   ヽ.  '´      _ ノ _/   ./
 ./      /i    { *  ヽ  lヽ、__.  j´     j.       l              ̄    ノ
 !.      /  l.   '、       ヽj`ー、_ `ー、    /.       !            ____,. ´
 ヽ、   /     !    ヽ          `ー-'   Ο..    о  ;           ̄l
   ` ー´      '、                                l            l
                                          l            l
                       .,ヘ        ,rァ ,ヘ        ,rァ
                      / '、     ,/ ,i. ./ '、     ,/ ,i
                      |   '──--'  { |   '──--'  {
                     ,/ Ο L_/    ,/ Ο L_/    'i,
                    /     l ,/  ο /     l ,/   Ο  i,
                    'i      しii    'i      しii     丿
                   |`:、\     'ii  __,/\     'ii   __,/
                   'i、 ̄~~     ij  乙_ ̄~~    ij    乙__,-、
                    ^-ァ        __^-ァ        __,| .|
                  r^~"i'        'l  ~"i'        'l  / ヽ
                   ~^''!,   ,_    ,!_   !,   ,_    ,!_...|   |
                      \ l,~^''‐--::,,⊃  \ l,~^''‐--::,,⊃.__|) ) ) )
                         `'‐’         `'‐’
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


51 :◆vsQyY1yD2Q
                                             ____
                                          ,. -'"´::::::::::::::::::::::`¨ー 、
                                         /:::::::::::::::::::::::::::::__,,,::::::::::::::::::ヽ、
                                       ,.'"ー、:::::::::::::::i:::::::r":::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                                      /:::::::::::::::゙ヽ:i:::::::ー"'_,-ー‐‐-´::::::::::    ヽ、
                                     /:::::::,ニ=-ー:::::::::::::::::::::=-ー¬:::::::::::::::::::::..   ヽ
                                    ./::::::::::=-‐¬'::::::::::::::::::: 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ヽ
       あんな 酔っぱらいだらけのところに       ./:::::::::.:::l::l::l:i"   i,, ___ )                  i
                                   /    ::::::i::i:'、__ノF ̄ー┤               l
       ウチの可愛い子達を 出せる訳ねーお!   .,'.            |    |                   }
                                  i             |     _|               /
                                  ',          L'ニ ̄‐┘             /
                                   ヽ、                        /
                                    ヽ、_                     /
                                       `¨i                     ヽ
                                        /                      ヽ
                                       /                      ヽ



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (_人__)
  |     ` ⌒´ノ   親御さんか、お前は。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


52 :◆vsQyY1yD2Q
               ____
           , -‐  ̄::::::::::::::|  ¨`ヽ、
         /ニニニニニニニニノ    ヽ\
        ((ニニニニニニニl        !::::〉、
      /⌒::::\ニニニニニ!        !::/ }
    //:::::::::::::::ヽ ̄ ̄ ̄\ ̄¨ ‐ 、 |/ /
.    〃/::::::::::/:::::::::ノ:::::/:::ト、{キゝ、:::::::::::`ヽ /
      ヽ:::::::::{::::::::イ:ヾ、ヽ、Kう坏ヽ `ーァ-、::\
     丶::::::l::::/ノ:::::ヽミ‐`ー'-   fぅ}:::}`ヽヽ
        }:::::l::/:イ:::::::::弋__::::::::     、`メノノ_)_)    やだっ、やる夫さん
        |:::::|:lノ::!:ト::::トヽ、_,  r= 、_ ノ /| レ'/
        |:::::|:|从リ }::ト、    {  ン . 1/ ,'       可愛いなんて……。
       ,'::::::|:| │j:::! ヽ、   `´ィ´/  ,′
.     /:::::i::!:!  |ノノ   `lT_´レ'   ∠┬ 、
     /::::::::|::リ-<      ト、ヽ{   〈 |: :|   ヽ
     /イ_rヘ.l::|\\_    _) )ヽ  ヽ: |   ヽ
    /  \}:ト、 `ー--二二 - '   ヽ  \     \
   /      リ :ヘ           _ -ヘ    ヽr'三ニ ヽ
   |       Vヘ  _ ---- '´    、   \r‐ヘフ
   |          Vヘ´      ヽ    ヽ    丶 ヽ


                                        /          /     l        l
                                        /         /        l        l
                                       ,           /         l         l
                                        l       /-―'    'ー―- l          l
                                        |      /    ヽ        l       |
                                       l       / ,二、         ,二、!    |   |
             私達の事、心配してくれたんですね。    !     ,〃 ̄ヾ     〃 ̄ヾ:キ     l |   |
                                         i    |                l     l l:  /
             ありがとうございます。             l     | .:::::::::.   ノ   .::::::::::. !   l/: /
                                        l    |                |   :/: /
                                          l |  :|、   丶 --- '     |   :/: :/
             なんか、ホントに お兄さんみたい。      l |  : :ヽ、    -      ,:/  :/: : {
                                        | 人 : : :|:\        /:/: : :/: l: :丶._
                                       `j/ : :ヽ: : :!: : :lヽ、   . イ: : /: : :/: : 丶:_:,ノ
                                      /  : : :ハ: :!r'ニ|    ̄  |ニ/: : /: :    \
                                      /    : :{: :V   \   /  l: : /: :       \


53 :◆vsQyY1yD2Q

       , -―――-、, -―- 、
     / l/l /l /W{ /´、 ̄`
.     , 'N/l/ N/ l/l/.l': : : :\
    / . . : .    .l: ,l: |:ト、 : : : ヽ
.  /: : : : __: : . : l、lヘ从 l l、: : :l: }
  /ィ: : : 〃rl : : . : : k立ヘ N_l: : :l/
   !: : : :ゝ、| l: : : : トヽ   fk!:ル'
   '^ヽ : : `l∧: : : l `ヽ   ソ:l    やる夫さんったら
     `个=ヽヽ: : l   ,ィァイ:トl    それって 子供扱いですよ。
     /  ` =ヘトl、_`ヘ: N
    _,{_  〈レ〉||    `l.      私、もう 17才なんですから。
   /: : : : `丶、ヽ||_
 /---:、: : : : : _``': `ヽ、
./: : : : : : :ヽ: : : l `丶l、: ハ
{: : : : : : : : : \/  /:ヽ丶i
.', : : : : : : : : : /  丶 : : ヽ丶
. l____: : /:.:.   ヽ: : :l ',
                                                          )\
                                                        γ´/ 丿ヽ
                                                _,. - ""´ ̄`゛゙ソ  ` 丿
                                               / / ̄` , - 、    \)
                                              //'´    /          ',
                                              //  /  '       ヽ.  !
                                               //  ∧ /|     /   l  |
                                                /ヘ{  /ーV‐1|  /    l  .l
                    私達の世界の常識じゃ          l ヘハ. l \__ ヽl  / \|   l .,'
                    17才でも まだ未成年だからね〜。   \l ` 弋ソ   \|__\l   / /
                                              ハ ' '   ,   弋ソ / 〃
                    正直、私は ほっとしたかな?           ヽ  ,、_   ' '∠ イ
                                              /マ\ ー'   / ̄
                                        rーァ一/ r/{   ̄厂{―r--- 、
                                      r/|/  /   l|  ゝ. _/ 〉 ヽ. ヽ  l |┐
                                      |l |/  〈   |j_/:::l  /  l  | l l |
                                      || i  / \ | l::::/ゝ〃 /l  l l  |:|
                                      || |  /「 ̄  | /:::l  / く  l  ll  l |


54 :◆vsQyY1yD2Q

         ____
       /     \.      この世界の常識とは、
      /  u   ノ  \    ちょっと外れてるかも知れないけど
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|   やっぱり やる夫は
     \    u   .` ⌒/    皆を あんな所で働かせたくはないお。
    ノ           \
  /´               ヽ
                                               __ _
                                        ,. -−-、/´ .:.:.:.:.:.`>‐- 、
                                         /.:.:.:.:.:_. -‐ .:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:\ _
                                        /.:.:..:.:./      .:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´.:.:.:.`ヽ
                                     l ..:.:.::/.:.:.:/  . . .;l. . . . . . . . .:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.: l
                                      │.:.:./.:.::/.:.:.:、/.:.:/ |.:.:.:ト、.:.::.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:...:.:.:.:│
                                     l .:.l.:.:,イ.:.:.:.:.l\,′|.:.:.:| ヽ.:.:.:ヽ_,.:.:.l.:.:l:.:.: : . |
                                      〉.:.:レ.:.:|:.:.:.:/!'´,.ゝ、ヽーl-;=<.:.l.:.:.:.l.:.:|.:.:.:.、 ノ
              あんたって、ホント               / :,:.:.:';.:.:ヽ:イ_{ lノ|  ヽj /ハ Vヘ.:.:j.:./.:.:.:.:.:.:ヘ
              過保護なとこあるわよね。        .l.:.:.:l:.:.:∧:八:l 丶.り    !り ノ、∨Vi::.:.:.;.:.:.i.:.|
                                     l.:.:∧.:.l::.:l::.::.:l.:::::::  '    :::::::: r__,ノ:::i:.:;.'.:l:. l:.:|
              ……まぁ、そんな性格じゃなきゃ   ∨ \ヽl::.::ノ'\   、     .人:::、::.::l/::.::i::;ハノ
              私みたいな 厄介者を              ソ-−- 、lヽ    _, '   ∨ヽハ:.::.:l/
              受け容れたりしないだろうけどさ。     /     ヽ. ` ̄´/     `/7^ヽく
                                       l        ト、   ヽ、._ r〈. l / / ,〉__
                                        |         l、`   l::i. `V{.ノノ ⌒丶、ヽ
                                       l ヽ、       l:ヽ、_ノ:::ヽ./     /、_,. i ',
                                          |  ヽ      ';::::::::::::::::::/     /⊆ニ(ノl  〉
                                         l   ヽ      ヽ:::::::::::/    /ヽ、___ノ/
                                        ヽ:::::::'入     ヽ::::/    ∧ ト-- イ


55 :◆vsQyY1yD2Q

 ̄ \           / ̄|
 '´\>―――< /`l |
 /         \.j |     14才は ちょっと厳しいですが
     ヘ      ヘ Y      17才ぐらいの酒場娘なら、結構 見掛けますけどねぇ……。
        / ̄|   |
         /_,」   _ノ.     無理にやるものでもないですが。
 三ニ-       ̄-_ _
            「「⌒T.)


   l`            .´l
   l  \ _ - ― - _/ . l
   l  /´        `\. l
   l /            ',.l
   l/      ≡     ≡ ',l   ……と言うか、やっぱり
   {               }
   i    ///       ///   みなさん、そう言う事なんですか?
    ',        Д   /
    \          /
     `7      <
     /         \



                                                    / ̄ ̄\
                                                  / ノ  \ \
                                                  |  (○)(○) |
                     ちょっと待て。                      | u.(__人__) .|
                                             r、      |   ` ⌒´  .|
                     何を どう判断して 納得したのか   ,.く\\r、   ヽ      ノ
                     そこんとこ 詳しく。           \\\ヽ}   ヽ     /
                                            rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
                                             └'`{  .   \.|   /   i
                                                 ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
                                                 `ヽ、   /'  |
                                                    `'ー'´


56 :◆vsQyY1yD2Q

        , -‐ "  ̄ ̄ `' 、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
     r':::::::::::::::::::::::::,,_,,、;;;;_,-、::::::::',
     、l ̄"~´/i/^´      |::::::::::l
     {:|          _ |:::::::::::i
      {,---‐ッ ゞヒニ二二-`i:/⌒i|
       | i  ̄t i!    ´__てj"' |:lr'` l.    まぁ、女子供にゃ 向いてない客層ではあるな。
      '、',  ̄|       ̄  冫'/
       ヽ!   、 ,、        イ:i     言ってる事は 分からんでもないが
       '!   ゙'       ij ,' i::l       それが どうして、あの商売に結び付いたんだ?
        '、   '.==-‐   /  ':i
        ヽ  ""´   ∠i   '、
         i\    /  l    `ー ,
          ':.:.:.: ̄    ,'       `ー─-  _
      _ ‐'  '"´     ,' ,'    _, '..:'        ' 、
   /´  ヽ_   il      / ,'_ - ''´ ,::;:'          ヽ





                                                  ___
                                                /   ヽ、_ \
                     ああ、それは 夜に商売出来ない分    ./(● ) (● ) \
                     朝にやろうって考えて           /:::⌒(__人__)⌒::::  \
                                             |  l^l^lnー'´       |
                     朝に合わせた商品を考えたんだお。  \ヽ   L       /
                                                ゝ  ノ
                                              /   /


57 :◆vsQyY1yD2Q

                                          _,. -=ニ、  ̄ ̄`ヽ
                                          /  , ヘ   \/ }__  \
                                          /   く _/     V ∠   ヽ\
                                       |/^ヽ、  /__,二  ̄}  _>  j,ハ
                                         |ヘヽ  ∨ /   / /  \    ∧
                                     /ン'^ア「 ト-、二_ー<  くVハ   ヽ  }
                                    // , '/_ |l |     ̄` ー<ハ l \ ∨
                                     / /  イ/¬ハ|  , -─= 、   ≧、lハト、/l
           朝食を ほとんど取らずに        //l /l l|テミxヽ!   , - __  ヽ 三ミュニVく
           仕事に行く人が多いと言う話を.    .l{ |' V《 |bハ     〃フ¬x.   `V/ ,-ハヽ`ヽ、
           私が教えたんですよ。                   | ’ー' l    、辷厶     / イ } lハヽ、 \
                                        厂ヽ  〈               rン/l |   \ \
           そしたら、やる夫さんが             /   |、 、_   ,      /┬< / ハ      、 l
           あの商品を考えたんです。            /  / >¬  ̄     /  |   } く 小 _    |
                                    /   //  ,ヘ   _,   ´   l〉 / /|lハ〉  `ヽ、|
                                ,ノ⌒ く  /'  /jVイ]フ^!        /V{^\ トV      ヾ
                             厂    ヽイト-r '´ /::::r<  |   _,.-'    /j/ゝ、
                           r-/   \   } >ヘ._厶:_」   }_/ r<      /  , -─ヘ、
                          /  |^ヽ、   ト-イ/     __) ∧ l |    /  /::::::::::::::::_>、
                          |  ∧ └< / _, イ丁:::::::j/ /∨ -ヘ、   / /::::::::::::_, -' /⌒ヽ
                          |  { ヽ __∠ ̄  | ∧:::::::{  j__」 -─ヘ. / '::::::::::::::/  /      ヽ
         ,.. -──- ..,
       /         \_
      /`'ー─-、-─'''二二__ヽ
      .|´ _ニ-‐´ ̄ __   |
     |´ ,__ニ二◎,,,__ ̄ ̄}   でも、やる夫達だけじゃ パンとか 野菜は用意出来なかったから
     ゝ./(.―)  (―)\ノ
     ./ ::::⌒(__人__)⌒:::: \    宿の主人に頼んで、仕入れ先を紹介してもらったんだお!
     .|       |++++| 」_ キラッ|
      \     `ー''´ .l  ./


58 :◆vsQyY1yD2Q

                                                       lヽ、  /  、
                                                    .  l >‐'´`   l
                                                      ,ノ     ^  ヽ
                 普通なら、一見さんは紹介出来ませんが            i'.^  r┐      `、
                 原姐さんのところの お客さんですからね。              l   ,!-l、      |
                                                     ヽ        _,.ィ'.
                 商品も悪くないと思ったので、紹介させていただきました。   `ー-、_    く´
                                                         ,!    `!
                                                         l   `!  `!
                                                          l  l. l  , l
                                                         l、_,!  し'  l

            __
         /, ─'
        .< 「     , -- 、 -===、
         \\  /´_,,-''" ⌒`ヽ、
          _>ゝ      ‐-、   ヽ、
          ル        `ヽ、`ヽ、  ヽ
        ル1      ト、    ゞ、 _ゝ'ヘ
       メ,' i     へ 、\` ‐-〆S   \_
      / .〔 ,'   i i/二⌒  .ィhヽ.ト、.从  ̄
      {   V入,  トソ イ `    ミリ. ',∨      お昼に、いざないの洞窟に連れて行かれるのは
      !   メ. ソへ. ヽ ` ミリ    、   } ヘ.        面倒くさかったけど
        / ノ人ゞ、ヾゝ    _ -┐ ./ .トゝ
        /   `ー-ニ┬、  ヽ __, ノ   ',      宣伝で歌うのは、結構 楽しかったの!
       ノ        ',, -` ┬ ‐     ',
  `、__ ノ  ィ´     ,'    ', ミミ、     ',
   `‐-‐‐' /      .i.     ト、`゙゙ミミ 、',ヽ ヘ
       ノ       l     トヽ __ ,、h卞 ヽヘ.
     /        l     .ノヘ   `♀\.  `` 、
    / ソ   /     .i  _,-''" 人.    `ヽ   }
  ノ  /   イ    _,,彡安ミヽ/丿      } /ノ
   / / /     Y{《圏》)K ィ       i 厂勺
._/- '   ノ      女岩彡) .ト >、_ ノ"; ; ; ',
      ノ  /     .l    .lヘく;;;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ;;;|


59 :◆vsQyY1yD2Q

           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ   あ、狩りは ちゃんと やってたんだ?
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



                                                    ____
                                                  /ヽ  /\
                      そりゃ もちろん やってたお。         /(●) (●)丶
                                                /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
                      最初は、狩って来た              .l    |r┬-|      l
                      肉の分だけ売るつもりだったんだけど    \   `ー'´   /
                                                /         ヽ
                      途中から、全然 足りなくなったお。     .し、       ト、ノ
                                                  |   _    l
                                                  !___/´ ヽ___l


60 :◆vsQyY1yD2Q
              ,__
            ,//
           ( く ,- ‐ ̄ ` ‐- 、
          r -' ̄         `ヽ、
         /               \
        /     入   l   ;      ヽ
       /   / .::/ ヘ   ',  ',   ', ヽ ヽ
      ,'   :::|.::/   ヽ  |\ ゞ   ヽ ', ',
      | i i .::∧/ -─、  `ーヽ-ゝミヽ::::. |:::. | |
      | i i ::|/           `ヽ、:/:::: l l
      ',入',::|               ソ|:::://      それで、お肉屋さんも 呼んで来たんだよね。
      ノ_ゞソ 彡三三     三三ミ ,' 人|
   -‐'- 入 ( ', ⊂ ⊃       ⊂ ⊃ 从ヘ \      これなら、いざないの洞窟なんか行かないで
      ノ \弋              /ノノ Τ`ヽ   ずっと 商売しとけば 良かったんじゃないかな〜?
     丿 _:::  ̄',    ┬─、勹   /~~   ',
   ノ, - ソ' .:::::::::\   ゝ _ソ  /:::::   ┬ \
   ̄ /  .:: .::::::::::::`ゝ _    .ィ::::::::::::::   ゝ ̄
   / ::,,  .:::::::::::::::::::|  `´  |::::::::::::::::. ヘ_\
 ∠─' ̄/  .::::::::::::::::::ノ     ヘ:::::::::::::. ::. \`ー─
    /  ::::::::::::-‐'        ヘ、::::::::.   \


                                                     ____
                                                   /      \
                    ま〜た この子は、そうやって楽しようとする。  / ─    ─ \
                                                / -=・=-   -=・=- \
                    それじゃ、めぐる達の練習にならんお。     |      (__人__)  U  |
                                                \     ` ⌒´     /


61 :◆vsQyY1yD2Q

                                                    ハ
                                                 γ ´/ 丿 ヽ
                                               /⌒ \ -――-、 \
                                              」          \ ヽ
                                          /  .l            \ハ ヽ
                                          /   ハ     ト、  \  l |: |
                                         ,'    | l\   l /\、 |  |ム |
                                         l|    ト、|   \  V   \| /ハ/
                                         ハ  |  |u ―    ̄´ ≡彡'| /ノ ノ
            この三日間、色々と 勉強になったけど        \t  ', ≡彡       j/ lイ
                                             `ト \    ′   u /
            やっぱり 解体とかは出来そうにないなぁ、私。      .ー`T  __, ==ュ ∠._
                                                  > ` ̄  /l  \
                                              /   ≧r-'´  | \ /
                                              \ /  リ   / /、
                                              / \  |ニニ//l |\
                                             / / / \j  /'  l |  l\
                                            /  ∨ /   l  /    l |  /   ヽ



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ―)(―)
     . |     (__.人__)    俺も その辺は苦手だな。
       |     ` ⌒´ノ
     .l^l^ln        }    幸い ウチは、
     .ヽ   L       }     阿部さんが そう言うの得意だから
       ゝ  ノ    ノ     助かってるだろ。
     /   /     \
    /   /        \
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


62 :◆vsQyY1yD2Q
      /           l ,l
     /             l ,l
     /              l ,l
    /            l ,l
   ,r┴――――--- 、、 j ,i'
   |_____       `ヾt
   乃シノ/シテ`゙,x' ―- 、   〉
  /ン"イ彡'ィt,ィ;;ァミ、   lヽ/
  ,'爻シ/,r''" `'‐ョ` ,rrェ!リ'   その辺りは、異界人が 一番つまづくところでしょうね。
   '"彡<'"      /`'゙ヲ/
   .ソツ'´ヽ   、  _,ノ ,ィシ′    うちの できない子も、その繊細さを 少しは見習って欲しいものです。
   :.`ヽ、丶 、`ー- /´
    :.:.:.:.:.ヽ ゙ト、`゙/
   .:.:.:.:.:.:.:.tアヾ゙´
   ヽ、:.:.:.:,ソ:.:.:}
     丶、{:.:.:.ノ
       `ヾj
          'l
        l



  \        /_ /      ヽ /   } レ,'
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/
   !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬    できない子は、鋼鉄の剣を担いで
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !
   |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !       自ら 積極的に狩りに行くからな。
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   !
  __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、  ̄ ̄/ =、_i_  !   !
   ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'
    ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´
                 ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\


63 :◆vsQyY1yD2Q

          _,.. -‐‐'' '' ´ ̄``ー-、_
       ,.-'´             ``ヽ、
      /  ,                \
     /   ./   _  .,  .,/i   ,  ,  、.  ヽ
    /   / .,i,   `メ、/ |  ./!  /', i',    '.,
   /  ,  .i./ l  /' /'__\ ! /.i / ,i, l-‐,   , ',
 /  .i.   '  ',. ./,,-===、ヽ!./ !.//=',l_ .i,  `,,i    ./
´    !     .'/ ´     `.l/  l' '´ ̄'ヽ、!', i', i',!  ./
  _,,  i. /! /  l `   ,、   '        / / ! !リ ./     ウチの やる夫だって負けてないぞ!
 ̄/  !/l /   i   / ``ー 、__  `    /,i,/'i// ./
../ _, ´`i'   .i、!.  /       ̄` ‐i  /' .l !l´ /       料理だって上手いし
'-'´ ,i  , `!  i '、 i        `, ,i   / /'i ,/
  /,/! i,.  l、.  '、        .i,/   /. /,〃      /    何より 頼りになるんだっ!!
  '´ .`'´.',  ! ヽ,  ヽ、      /  // /´" /    ./
.       ', !、 ヽ、_ ` - 、_,.-‐'´,. -_´-'i/   /    /  /
       ,iヽl. \  ``ー‐‐,'ヽ´    ./'  /    ./  /
   ,.. -‐'´`! `  ヽ,    /  ,,ゝ   ノ / ./    /  /
-' ´     |     ,l   .i.,-'/     ./ /    / ./   ,
       .l     l   / /      ././   ./ ./   /
       .|     | /´ ./      /./   / ./   /'
       !    |/´  i'     .::::/..::::: / /:::.  /
       ',    |   l    ..:::::::::::::::::::  .::::::::.,/
        ヽ   l   l   .:::::::::::::::::::::::::......::::::::/
                                           __ /{        ヽ} __
                                         / ` > ⌒`´ ̄ ヽノ.  \
                                           // . :/  .  '⌒   \: : . 、ハ
                                        iハ : iィ :{ :i、:i/`~´}ィi: : . 、i: :  }リ
                                         V : :i: :ヽi≠、  左ナイ: :リ: ./
                                          V: :ゝトKヒtj ,  ヒtjソ イ}: /
              論点が ズレてますよ、カガリさん!        .} :||:ゝ  _..__  フ: ソ: {
                                       、___ノ: : | l: :> '-.-' ∠i: ハ: : ヽ__,.
              あと、「とっても優しい」 が抜けてます!  `¨{. : :ノ.从{ 「`iTi´ | l/ ゝ: . _ノ
                                         77¨ ̄ ̄ ̄ 大  ̄ ̄ ̄ `ヽ.
                                         / i / ̄| /  ヽ 「 ̄ \ ハ  _  . rh
                                        ゝ ∨ 厂 !/     ∨__ 、 { { i }  ノnリ
.                                  r‐ 、__    jフ /:// /     /___/  Vハ. | ゙¨´.::j.|
                                 r「|\::r'7  レ' :{:{  |:::::::::::::::::: ̄ ̄::: }::: ヽハ::..: .::::ノ
                                 ト.リ\ソ {、  /  :ハ'‐, |::::::::::::::::::::::::::::::: ;ノ::::.  ハ:::::::イ
                                 Vコ::/ ノ `く:. :::::/| |l::::::::___:::::::::::::::ハ:::::. / `</


64 :◆vsQyY1yD2Q

       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                              `ー-、__,|    `"
               :/ ̄三\
            /;;;; _ノ 三 \ :
              :|;;;;;;;   (○)(○)
.            |;;;;;    (__人__):
               :|;;;    ` ⌒´ノ
.             |;;;;        }:
.              :ヽ;;;       }
              ヽ;;;    ノ:                        _..  -―‐- 、
                :/    く                        ,ィ´        `  、
              |     \:                     .,イ//  ,ィ,ハ     ヽ ヘ
                                         / /,' /ソ/小 トi、 i  ヽ! ハ
                                         |/|,' l l/斗iノ^弋ミ、.ト、  ヽ.l i
                                         |l |i v,r云   f示テx  ヽ. |
                                         ヾYハイヒ::リ   マcぅソ| ト、 l. |
                    しっかりして、やらない夫!      j ゝl `  ゙_   ´ .,l |ソ1 |
                                          .ノ /:ヽ  l´ `!  ,, ' .!.|_リハ
                    気持ちだったら            / ノi イ| >.ー_' -‐" /|.| `ヽ ヽ.
                    私達だって 負けてないからっ!     lヘトi  /ミヽヘ/ l.| / ハ ヘ
                                           .ノ |.ト、 | fミソ Y   リ/  .} ハ
                                          ∧ |.|ヾ'|. マ  |  〃/    〉  !
                                          | |l ヾ zl} l   .ト、〃/   /   |
                                          l l 〉 -/ ∧ 入__,ノ/7ヽ  /  li |
                                          ヾl}  ′ヾ ニ7>彡'゙  ` ハ. l| '
                                           .l     /i\     j !Y゙レ′
                                            \_/  .l  \__/ ノ
                                             ∧ヽ /\     彡'|
                                             { .ヽ/   \_彡'´  .|
                                             ノ 二ニ= _二ニ二  ..|
                                           r匕 ー--一        /
                                            .〉 / / ,|     l   ./
                                           厶イーえノ^ヽ.__, -‐ト、_,/
                                             .|       l      ∨
                                             .|      .l      ,'


65 :◆vsQyY1yD2Q

                                       /``‐-─、
                                  __,, r''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
                                  /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                 /: : : : : : |:i: .:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:...ヘ
      まったく、しょうがないですね         ./:.:./:./:.::./^'ト:.:.:.:.:!.:.:.:.:..`、.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.|
      やらない夫は……。            /〆!.:/.:/リ  !:l:.:.:.::ト;.:.:.:.:.`、.:.:.:!.:.:.:.:.:|
                            ,z≠´ /.:.l:..:l ..,__ l:.|、:.:.:.! 、.:.:.:.:.`、.:.:.!.:l.:.:.:|
                                 !.:.:|.:.:i ,,,__` !| `、:.|´\.:.:.:.`,.:.:.i'.:.:、ヽ
      それでは、話を進めましょうか。       i.:.:.f.:r;.! イ升! ! `、!-f升、.:.:.!.:.:.|i.:.lヾ、
                                |:./ i!l.:.l  ̄  /    ̄´ 7:.、!.:.:lノ.:l
      こちらが アリアハンで作った        レ  !:.:.l   /       !.:.:ソ.:./|:l
      熊の毛皮製品になります。               !:::.ト  .`____    i..:.i!.::/. リ
                                    !..:! \ ヽ_/  /!.f/|/
                  r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,!i-'"i`i、  ‐  /_,,リ|ヘ、    _ . -‐ 、
                  ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
               {ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
               .|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
               .ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
                 `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
                    `ー'‐―、_   !     //´:` 、i  /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''〜^〜ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    良い素材だったから
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ    『毛皮のベスト』と、『皮の腰巻き』
       `|      ^'='^     ム'′    二つの防具を作らせてもらったぜ。
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、、


66 :◆vsQyY1yD2Q
      ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \   それで、やる夫達が引き取る商品は
 |       (__人__)    |
 ./     ∩ノ ⊃  /    このマフラーに、毛皮の小物に
 (  \ / _ノ |  |     ツメを使ったアクセサリーかお?
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /



                                   /:_/: /: :/:.ム : : : : |: : : : : :.∨: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                                  / ´ / : i: :/:/ |: : : : :ト、: : : : : :∨: : i: :ヽ: : : : : : : : : : : : :
                                    /: : :|:.:i:.   |: : : : :| ヽ : : : : :. : :.|:. :.ハ: : : : i: : : : : : : :
                                       ': : :i |:.:|ハヽ ト: : : : |   : : :. :. :. :.ハ: : : :. : : :ハ : : : : : : :
                                   | : イ人:|:.尓 |ハ: : 斗 ―ヘ―:. :.∨ : : : : :. :./ :|: : : : : : /
        正確には 襟巻きですね。              .|:/ |:.小!: :ヒハ ∧:. :.ィ≦ュ.ヽ: : : :∨\:. :.:i:'‐、:!: : : : : :′
                                   {′|: :ハ:. :' ノ  ハ:.八::rソ ア、:. :.:i:.: :.:ヽ :|r‐ :. : : : : :i ヽ
        全て アリアハンの職人達に            ハ | :.レ     }′   ´  ヽ: |: : : :∧|ヒ } /: :i: :.|
        腕によりを掛けて作ってもらいました。.        ヾ ト、              ハ!: : :/ }'ソイ/:.:.ハ: |
                                            |: :〉             /: : : イ _..ィ´i: : :/ ハ :.
                                            |:/}ハ丶  __     ノイ: :./ノイ.:ハ: :{:.:.i |   ヽ
        他に 尻当てなどもありますが              ノ′ ∧ ー       |:.:/   }' ヽ{ヽト乂
        これは 自分達で使ってもいいと思いますよ。       ._人 __   <乂イ   イ /:.\
                                     . : :´:. :. :. :. :./:.∧         <   /:. :. :.ヽ
                                      /:. :. :. :. :. : / : :/,小 . <       /:. :. :. :./:.、
                                   /:. :. :. :. :. : /:. :./∧}'才       /: : : : : /:. :. \
                                    /:. :. :. :. :. :./:. :. :/ /::::::::ヽ     /:. :. :. :. :./:. :. :. :. :


67 :◆vsQyY1yD2Q

                                                  _   .. - ..
                                                 _l ` く : : : :`: ー ..
                                                 /´ :|: : : : : : : `丶: : `ヽ.
                                              / : : : :|: :{ : : \ : : : : \: : :!
                                             ///: :/ l : i : : : :\ : : : : ヽ: ヽ
            二つ防具を作った分、量が少なくなりましたから   --'ァ :! :_l_ i : ヽ、: : : ヽ:__ l : :!:ヽヽ
                                             { : | : | __ミヽ: :ヤ>≦_ヽ: ト: :|: : ト\
            これらの買い取り代金は 結構ですよ。          、:{ヽ:{《「:心 \:V丁_:小 :|ハト: :|
                                              ヽ. ト! 辷リ   ヽ 辷リ小!/}l:ハ/
            これで毛皮の代金は相殺と言う事にしてください。       |{    '        ! /イ′
                                                |:>..._  一   _ .イイ:/
                                                 ′ ヾ,.孑不不.ハ/  ヽ
                                                  j|>‐リrfぅく ハ
                                                   ,小. | {O○}つ.l



  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i ) __ ( i))) 
      / /⌒  ⌒\ \
     ( /(.●)  (●.)\ )    オッケー!
     / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
     |             |   おかげで 良い商品が手に入ったお!
     \            /


68 :◆vsQyY1yD2Q
              ___    ___
              > `>'´ <
            /    .::. x=、 \__
         _/ /三≧==< ヽヘ  >
             7 /´          `\\
         / f   ィ i     ヽ   ヽ
         ,'  |  /  j .:{{ r:::|/{ ヽ|  .ト
.       . /l  | 斗lー八 .:::: V ::::| ! :::::|::::|
.        /´| .:::|  ::!∠ 厶:::::ヽV   |::::::,'::::j   やっぱり、装飾品は
.         | :八 ::|  --- \| -- |/:::/::::|   アリアハンの職人の方が良いのかしら?
           | l ハ 从.弋歹  , 弋歹/:∧リ
           V\:∨介           个V      こっちは、私と まいんで
              /∧}>、 _  ^ _ .. イ       お揃いの 『毛皮のポンチョ』 を作ったわ。
               r' >.:.:.: E7 l.:.::{  ヽ
          /7}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄}ノ
         /.:.:./ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ l
           ̄\_ ̄ヽ-、___r‐┘ノ
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



          _」ヽ  /|
            >  ゙V´∠イz‐、_
       /  ,ヘ,_ /__/ ∨マ´
      //  /    ´       `丶、
     _,//   /             \
    _,//  〃   /    {         ヽ
    ,ノイ|  l′ .i  /   ∧   ヽ\      ハ
     小 |   .|   | i ./ \    .}ヽ    |
.     从 .|   .|   | N___ヽ\}´j ハ .i |
     ノハ小   .| 八ト |:::::::::|    「:::「iハ .i |    でも、体格のせいかしら
.      从 ヾミ.|   |.  、:.:.:ノ    、:.ノ {V |.    こっちは もう一着 ポンチョが出来たわ。
.     ノイ|  .Y|   |            i |
      ノハ小 . |   | ""       " j i |     他にも 毛皮やツメで
          ヾ∧  ト _    _  イ .i リ     日用品を作ってもらったの。
         ´  ヽ ∨:::::7ニE7 f゙} jノノ|/
              .レヘ{::::/   Y´ )っ
           /::::::::::`\ _/>‐rく
             /::::::::::::::://::::::::::::〉:::ヽ
            ,′::::::::::::::::::::::::::::,イ::::::::::',
.          〈::::::::::::::::\:::::::_,.イ│:::::::::}


69 :◆vsQyY1yD2Q


                                                    ____     ━┓
                                                    / ―  \  ┏┛
                       う〜ん、装飾品なら アリアハン。      ./ (●)  \ ヽ ・.
                                                / (⌒  (●)  /.
                       日用品なら レーベって感じかお?    ./    ̄ヽ__)  /
                                              /´    ___/
                                              |        \



              |ヽ
             ,ヘノ:::::ヽ
           /:::::::::::::::::ヽ
        /| /::::::::::::::::::::::::::ゝ
       /::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〉/!
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://|
       |::::::::::::::;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    そりゃ、アリアハンで使われる日用品も
      |\:::::::::/  `、::::::::/ ヽ:::::::::::::::|/    レーベで作られる物が多いからな。
      ヽ:::::::::/    !::::/   !:::::::::::/
       \::::::::>    V    <:_::/      料理用のブロンズナイフとかは
         ヽ「`|〒=。,_ ;'=。ア´|. i        大抵 レーベ製だ。
        ‐ゝ、!  ̄ ",  ̄  !ノ
         `∧  ,_ヽ _,、   ∧
―┬─┬―i⌒/  \.  ̄  / ヽ⌒i―┬─┬─┬―
  !   !  |  | |.  ハ`ー-'´ハ  | |  |  !   !   !


70 :◆vsQyY1yD2Q
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト.、_
    ./  .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙ ''ー、
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/::::::::: /::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/:::::::: /::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l    奇しくも、毛皮製品でも同じだと言う事が
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l   これで証明されましたね。
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ   アリアハンの職人達は 普段から
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l      貴族相手に仕事をしている訳ですから
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/       これは当然の事なのかも知れません。
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\
;.;.;.;.;.;.;.;.;.l:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;:;\   /-、{;:;:;:,.ヽ、



                                             ______
                                             >=-     `丶、
                                            /            \
                                           ゙7   , ハ    ,、,    、
                                           {  / /⌒\/´lハl  ハ
           貴族のやつらは、その辺 こだわるからなぁ。      .ゝ_l/|   t}  t}  /Vく  }
                                         / ニ):ノ i|      _/   i  \
           私は、ブロンズナイフとかも             {     )八   __ `7 从」 <⌒′
           レーベ製の方が 使いやすくて好きなんだが。.  `L.. フニニ≧=}___)=|/^フ⌒´
                                           \     ノ `YーY´ ゙「\
                                            ` ̄{   {  l   }>'⌒ヽ
                                               ゙ーr‐`ー゙ー‐f)    }
                                                / ` ̄ ̄´ マ_ノ


71 :◆vsQyY1yD2Q
           l       j
           l,   _ ,ィ〈
ー┬---,ァ―――一''^i,ヘヽ l
////〃 /           ゙i,l l l
// 〃,/          ,r'i川 l!
ツ ~`7ヽ、_     ,_ノ,,=!、l リ
〃  ,テf。ミ≡ミァ  'イ::。ノ lノl/       それは よく分かりますね。
  ,/^ ゙''"--‐   l`ー ''イ/
 /         l   /ノ        アリアハン製のブロンズナイフは
'"          l   /'′       ちょっと お高いんですよ。
             l /
           _,」/         あれ、柄の細工だけで
     , 、__,.: -ァ/             いくら上乗せされてるんでしょう?
ヽ、   `ヾ `"~´ノ/
  ::`ヽ、   ` ̄´ /
  :::::::::`丶=='f'^i
―-、::,r''"´ ̄`ヾ、 'i,
  ,rチ ,r''"^`ヽ、`ヾt、
  (= '" /^`'' ー≧   ヽ
 ミニ / r―--=ァ  )、



                                    ./: : : : : : /: : :.:V:.|: : : : :',: : : : : : ヽ: : : : : : : : : ヽ
                                    i: : : : : : /: : :.//Y: : : : : ト、: : : : : : ',: : : : : : : : : :.',
                                    |: : : : : ,': : : : / .^V: : : : :',\: : : : : :.',: : : : : i: : : : .:.
                                    |: : :i: : : : : :i :|   V: : : : :', \: : : : :',: : :.:.:.|: : :i: : :i
                                    |: : :|: : : ::.:.:| j   _ Vi: : : :.',  \:_:_:.:',: : :.:.|: : :ト、: |
                                    |,ィ:.:|: : i: :.:.:|:ナ ̄ _Vヘ: : : ', .' ̄\: : ',: :.:.|: : :|ハ:!
     魔王バラモスが この世界に現れ            .人!:.:i:_:.:|: : :.|:|_z===、 ',ハ: : :.', r=-、ヽ: i: : :|: : :|! .リ
     モンスターの動きが活発化してから十年以上。    V/ ヽ: :.:.:|:|<{j:tソ ,   \: ',!}.tソ_ア j从: /:.:.:.:!
     めっきり 銀が手に入りにくくなりましたからね。    }! ) ',:.:.ハ!  ̄       ヾ  ̄  .|ハ∧ノ: :/
                                     |\  .',: |.|         i     ,':. : / ',/
     アリアハンの職人達は、主に手に入る銅を       ノヘ: ヽ_ ム!          |     /:. :/
     金や、彫刻で飾る技術を研鑽してきたんですよ。.    ',: ハ: ハ        ´     /: .:/
                                       }i ヾ! ヽ.     ー_─   /|:../
.                                           |  \          イ  |/
.                                           | i   > ,    イ:/
                                         /  ',      ̄ /、
                                         /    ',       /  \
                                      <\     ',      ´    \_


72 :◆vsQyY1yD2Q
   ' , \、 、|       ヽ   l / /    ヽ,   / /  /
  ``ヽ  ヽヽ! ,.       ヽ  i/ , '.     !/ /  /
  、 ヽ\ ` l_/ /`ヽ、   ヽ/ / ,. ' ´ヽ l ,'/'´   /__
  、 ヽ、 ,へ、/ ,ヘ``ヽ、ヽ. ` / /,. -‐,´ _!,-、 / /'´/
 ヽ\`` l l^ヽ,',  ',  oヽ`、} レ/o   ,'  〉"^l//'´/    ああ、いざないの洞窟近くの鉱山は
   \、 l l r' ',  ー―‐",`ー´`ー―‐'  //_',/_,. -;ァ
    ,.ゝ-\ー、 ','"""""  ノ_ ゛゛゛゛` /'_j /  /       銅だけじゃなくて 金と鉄も出るんだったな。
    ``,ゝ-ゝ、_',       __     /-/_/
     ´ ̄``ー,ヘ           /=''"´
          ,'、 `ヽ、,:' -‐-   ,/'``>、
         ノ`::ー-、_\__,/_,. ::'´:::::冫二ニ77ー-
  ,...-、‐ニ二{{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ニニニ〃::::::::
  :::::::::ヽニ二ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/二二ニ〃:::::::::::



                                            __ ,.-¬- 、._
                                            / '´,  、   、 `ヽ、
                                         r´    / l ヽ  \ 、ヽ
                                          /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
                                       /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
             ええ、鉄も 銅に比べて少ないですが.    '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
             金は特に量が少ないので.             | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
                                          lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
             ほとんど 貴族社会と                 l\l|    |    //ィ N
             ゴールド金貨鋳造で消費されています。    | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
                                         '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
                                          _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
                                      _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
                                 ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
                                 / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


73 :◆vsQyY1yD2Q
           , 、
          γ丿 l`ヽ
        ( /  ソ/´ ̄/⌒ヽ 、
        ,.' '´      |     \
        r    ,/ ! /|  ,.    \
        |    / ,二|/` |l ト、 l.   l
        .Vヘ l/ ,ィf_テ  \!ニヽ|l  |
       〈 ヘハ| ヒrノ    ィ_テY|l  /   アリアハンって、鉄も採れるんだ?
         ヽ_   `    , ヒrノノリ /
             l     _   ` イイ      鉄の武器とか 見掛けなかったような……。
            ∧     /゙}    /
            /  \ / /  イ
   / ̄`マT ´  /7/ /¨´
  /    \\ / ̄ ̄ {Tフ¨ヽ
  |     l 丶{´ ̄   ノイ/  |



                                     '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
                                   .|     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
                                   .|    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::
                                    i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ
           海に出られなくなってから        |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\
           一気に廃れたって話だよ。       .|  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー
                                    |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ
           アリアハンのモンスター相手に     |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´
           鉄の武器は いらないからね。    , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::
                               , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i
                            , '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!
                            !    |  | -.ハ    V|!:::∧
                            l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
                            |  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::


74 :◆vsQyY1yD2Q
                             /´ /;イ: : : ! : : l: : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : l、 : : : : : : ヽ: : : : : :
                              // /: : : :l: : : :l: : : : : : : : 、: :ヽ: : : : : : lヽ: : : : : : : l: : : : : :
                             /'´  /: : /: :!: : : :l: : 、: : : : : ヽ: : l: : : : : : !: ヽ: : : : : :l: : : : : :
                            /'    ./: : /l: : l: l: : : ',: :ヽ :、: : 、:ヽ :l: : : : : :l\ヾ、: : : : :ト、\: :
                                l : /イ: : l: :l: : : :l: : ヽ \: \ヽ! : : : : l\ヽ:ヾ: : : : l、: : :\
                                ,': :/ l: :/ヽ:ヽ: : :ト、 :、: : :_ :\ヾ: : : : l : ヽヽ:ヽ: : l:l:\: : :
                                l /  l: /: :/l、ヽ: : l>、\\:ヽ: :\ヽ: :l: : : lヽ: : ',: : l:', : :>
                                l:l  l/: :/: l: ヽヽ ','´L__ゝ_≧:ヽ: l`:\': : : l: :ト: :l: :!.l !: : :
                                !l  /:/ヽ: :l`Уヽ:ヾ'´ {泌、イ \ヾ,: :/`\:!: :l: :λ!: l !l,: : :
                                ! /:/  ヾУ  \ヽ. ̄´`ヽ  l`メ: : : :メ、l: :/ ヾl:トリ}: : :
   そして、最後まで市場に残った 鉄製武器が    ' /'    /     ヾ    `  l:/l: :>: l: /:/ ( ゞl ノ!: : :
                                ,--=‐ 、.  ヽ      \    /イ l: : : : :l:/' /イ>.7: : :
                                / , -、 ̄ヽ\ ヽ         /'  l: : : : :l/ r-イ´ l: :l:ヽ: :
   日用品の延長線上にある           , -' ´  `>'ヽ、_`ヽ _        l: : : : /イ    .l: lゝ/
                              l  ,/' ´ /`丶ニ,〉` ̄`       .l: : : :/'     /!´
   「鎖鎌」 と言うのも、皮肉な話ですね。    .l /  /y'´ ̄:: ̄:::丶         l : : /     /  l
                             .〈   ヽ':::::::::::::::::::::::::::::',_ _ , <:::ィ: : /    /
                              ` 、 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l-‐匕ヘ l: /   /       /
                                 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::h!   .乂、 ./        /
                                 ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  />'´         /
                                  `> 、::::::::::::::::::::::::::// >'´λ‐-、        /
                                     <::::::::::::::::::::::/' /   l ヽ \     ./   /
                                     /:::::::::::::::::::::::/'´   _」 -十―-ヽ   /  ィ/::
                                    ./::::::::::::::::::::::::/、    \ -‐ ヽ   \ / / /:::::
                                   /:::::::::::::::::::::::::/  \   .lヽ  ヽ   ∨ / /::::::::
                                   /::::::::::::::::::::::::::/::\  ヽ lヽ ヽ.  ヽ   / /:::::::::::
                                  ./:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::l\ ` ヽ. ヽ_ ! '   /::::::::::::::


75 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    そう言えば、カガリが持ってた鎖鎌
  / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
  |     (  (     |.   今は、鎌 と 鎖分銅 にバラして 日用品として使ってるお。
  \     `ー'     /

                                               ___
                                         _,.-'´ ̄ ̄´    `-.、
                                       /             \
                                      /                ヽ
.                                     /                   '!
                                     i/  ,   ,.  ,! ., ,!        .!
.                                    ´l ., .!  /i ./! ./!/ ! /!ハ     .,.!
                                     l/!i'、l .i=l / .i .i.i/-,!/ニリ.!,! .,-  i'`
                                     ` `/ヽ l.!.リヒ!.リ´ i´ '-!./i /./  !
                     ヤブを 切りはらうのに    i  i`i.'--'    `ー‐' ./ /'´  .ヽ、
.                                       ! !、  、____,. -'! i /.、ヽヽ、.ヾ_
                     便利なんだよな、あれ。     .!/ ,.`=‐`ー―ー'´ニ´´ヽ`´ ` ̄`
                                       ` ./::::::::::::i |  /:::::::::::::::::\
                                        i、   ヽ.!__.i::::::::::::::::::::::::::`ー---,-‐、__
                                        .!ヽ:::::::::::::::::::: ̄`i´ ̄'-、_:::::::::::::::::!. ヽ'  `!
                                         !::::\::::::::::::::::::::::l    ノ`ー---i---― '´
                                         i:::::::::`!`.lー.i-.:'::´ ̄ ̄´
                                        /::::::::::,! | ヽ:::::::::::::::::::',
                                        ノ::::::::::/  |  ヽ:::::::::::::::::ヽ


76 :◆vsQyY1yD2Q
     .....................
-‐ ' ´       `` ‐- ,.  ....,,__
                    ``ヽ 、
                        `ヽ、
                        ヽ、',
                         ヽヽ、
                      ヽ ', 、  '、
                 ヽ     ', ',ヽヽ i
               ', 、'iヽ   ト, .i i ',ヽ l     あと、アリアハンも 鉄製の武器が
    /         iヽ i-ヽl`', ./,' / ./丶i '
    ,' /         .', リ 〃ミ ',//'/ ./  '.,i      まったくないわけじゃないぞ。
    i/ i         ', .彳 トi  ヽ,./   '
    i'´i  ,       ヽヽゝ-ゞ   ` ..,
    ',{i i ',       ',ヽ、       ノ        昔 作られた剣とかが
    ゝ, トゝ,      ヽ'、     _,.r'ヽ
     |', l``',       ',ヽ、    ' ,.), i.         騎士の家に、代々 伝わってたりするんだ。
     i,_リ_  ',     iヽ ',     イ, iヽ i
::ヽ、  ',::::::``‐ゝ,   トゝ、',....___ ,/ i リ
:::::::ヽ、  ',:::::::::::::::ヽ   ',::::ヽ ',::::::ヽi /、          ウチにも デカい剣があった。
:::::::::::::`ヽ、' 、::::::::::::ヽ、 ',::::::ヽ::::::::i ,イ: :`ヽ、
::::::::::::::::::::::``ヽ::::::::::::::::`ヽ ',::::::::\::リ:::ヽ: : : :ヽ
`` ‐- ...,,,__ :::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::`ヽ、:',: : : : i
: : : : : : : : : : :`` ‐- .、:::::::::::::::::::::::::::::::`>i: : : : i
: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、::::::::::::::::::::://: : : : :i
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ヽ、:::::::i'/: : : : : /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ``ヽ、: : i: :/



                                                    ____
                                                  /      \
                                                / ─    ─ \
                       ( それって バスタードソード じゃ? )  / -=・=-   -=・=- \
                                               |    (__人__)   U |
                                               \    ` ⌒ ´    /


第10話へ   3   第12話へ

この記事へのコメント
ダーマに行かずともわかるやるおの職業は商人だ
Posted by at 2010年05月30日 22:44
カガリは勿論、メイリンの好感度がうなぎのぼりw
Posted by at 2010年05月31日 07:25
1話で古泉が「ブロンズナイフはアリアハンで買うとちょっと割高」って言っていたのはこの事か。
Posted by at 2010年09月14日 11:00
>>76って、一人でバラモス倒すともらえるアレかw
Posted by at 2010年11月04日 01:14
ちゃんとこの段階から路銀を溜めるために戦略的に計画を練っているのは凄いな。
ニートなんかせずに普通に働けばかなり出世しただろうに……
Posted by at 2011年02月27日 18:21
現代じゃ誰かを養うって責任がなかったからだろうw
こっちじゃこんな出会いはありえないからな。
Posted by at 2011年05月25日 20:55
過保護ってよりは独占欲なんだろうけどねw
確かに14の子は心配だわな。
Posted by at 2011年07月25日 07:36
貴族が使う銀の食器は毒殺を防ぐためでもあるから、他の素材じゃ代わりにならない気もするが
Posted by at 2011年11月28日 08:56
>66の尻当てって・・・
いやまぁ普通のことなんだろうけどな。確かにひざといい擦り切れやすい部分ではあるし。

しかし小泉が言うと・・・なんだろうこの複雑な感覚wwwwww
Posted by at 2011年12月17日 14:44
ぶっちゃけDQ3二次創作SSとか書いてる作家さん全員に呼んで欲しいレベルの作品
Posted by at 2012年04月09日 05:55
装飾で割高になったブロンズナイフ。Yであったおしゃれな鍛冶屋に頼んだみたいな感じかな?
そういうのにこだわる人には需要があるんだろうな。
Posted by at 2012年08月06日 06:47
この世界だと、キアリーとかあるから毒殺は難しそうだな
14とか17じゃ未成年だもんなあ、そりゃ夜の酒場にやるのは心配だわ
Posted by at 2012年10月02日 20:12
てか、毎回思う。。。バスタードソードがあったんなら最初からよこせと・・・。
Posted by at 2013年07月06日 15:40
二つの町の違いは売ってる装備品にも出てるよね
アリアハンが剣・鎧・盾とどちらかといえば格好重視に対し、レーベは稽古着やカメのこうらに鎖鎌と使えるならそのへんこだわらない感じが
Posted by at 2013年09月04日 18:54
商人と言うよりもプロデューサーかもね。
Posted by at 2014年01月10日 22:51
地上世界最強の武器バスタードソードを世界の盟主といわれたアリアハンが持っているのも納得できる
Posted by at 2015年06月07日 09:35
アレフガルドでバスタードソードは買えると解っていても
イベントを理解し金もあれば、比較的早めに王者の剣を装備できると解っていても
多少無理してでも、毎周回タダで貰っていた俺は貧乏性なのだろうな

でもいいんだ、王者の剣装備するまでの短い期間だけだとしても、多少は冒険が楽になっていたから
Posted by at 2015年07月26日 04:56
第1話の時点でブロンズナイフの値段まで仕込んでいたイッチは有能すぎるw
ほんとにドラクエ愛に満ちてるなぁ
Posted by at 2015年08月27日 00:03
アリアハンは銅が金属製品のメインなのかよ。
健康面で色々不安だと思うんだが……
Posted by at 2016年10月16日 16:51
鉛とかなら分かるが、銅製品の何が不安なんだ?
ちょっとググった限りだと人体への悪影響は無いっぽいぞ
Posted by at 2017年01月10日 01:25
ブロンズは銅じゃなくて銅合金(青銅)なので、合金に含まれるスズがアレルギー引き起こしやすい物質という意味では若干の不安はあるな。
現代じゃスズアレルギーってのはメジャーじゃないけど、それは青銅製品が身の回りにあまりないからだし。
Posted by at 2017年01月15日 19:30
I<拙者は身近でないと申すか
(十円玉は青銅製)
Posted by at 2017年02月07日 06:50
は?何言ってんだ色も違うし純銅だろ
と思ってググったら本当だった。ちょっと混ぜてあるのな
Posted by at 2017年06月03日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38670108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ