■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 3/26 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年05月30日

第11話「旅の準備は念入りに」(5)

第10話へ     5 第12話へ

111 :◆vsQyY1yD2Q
【 ロマリア東 海岸沿いの村落 】::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::。:::::::::::::::..☆ . :: . 。  : . .. ..:...。::::::::::。:::::::::::::::::::。::::::::::::::
::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゚:: : : ..:.. .. ..:.. .。. . .: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::: : :。 ::.. 。.:  . . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::: :: : : . . . : : ..:。.: :::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::
::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。::::: 。:. .. :☆. . : :::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::. .☆ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.. ..  .:::.::...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::..:..:::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::. . . . 。.::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::☆::::
::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  。.  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::。::::::::::
                      _                           _,,,, 、、、、 -
,/ ̄/ヽ ;;;"ミ ;;"/  ̄lヽ ―' 、_,/  ;;、ヾ''";;、/ ̄丶;;"''"、_ ,,,,、、、、 ---―‐'''''"" ̄, "  ;; 、
l ̄ 、,,ィ''i"i''=;;_ /____l_ヽ;;" ;/      ヽ      \  ; ,,  、 ;; ,、ィ'"''‐- 、 ;; " " # ;;、 :
,,、ィ'"l l l,,ィ''"  "'- ,, ;;""、;; '' "゙;,、_;_; ;;  " ;;";; ;;"、 __\ ;;  ,、ィ'"//// "''‐-、  " 、 ;;
l l l,,、ィ''"  ̄ ̄ ̄ ̄ "'-、;;_,,,, 、、、、      .;_"、 ゙  ";、   l,、ィ'" //////// ."''‐-、 :: .
-ニ゙|  i――‐イ. ̄ ̄ll  i"ニ- l l l l ヽ    _ 、',; ;, . ; ,;;ノ、ィ'" ///////////// "''‐-、
l l _|_lェェェェェi|[[[[[[[[|_! l l l l l l l l,ヽ"゙ ̄  ̄ゝ;; ; ; シ "''‐‐、 ///////////////
l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l ヽ ;;   "l;i!;;ll    |ll|."''‐-、 ////////////,
―――――――――――――――‐ `     li!;;;l ; ; |ll|:::;;;;| l l "''‐-、 //////////
三| |三三l三三| |三三l三三| |三三l三三|! "''  ノl!;i!l  ;" |ll|::;;;;;| l l l l l l l "''‐-、 ///////,
三| |三三l三三| |三三l「ュ三| |三三l三三|!; ;; " w  ;;  "|ll|「「「| l l l l l l l l l l l l "''‐-、 /// . _、ィ'
三| |三三l三三| |三 「ュロ品iii |三三l三三|!.  ii ;; " w   "'‐、l」l l l l l l l l l l l l l l l l l l"''‐-、_,ィ l l l
三| |三三l三三| |「Eニ|口器ロロ三三l三三|!;:   w ; ii   , v "''‐-、l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l|l l l l



       ___    ___
       > `>'´ <
     /    .::. x=、 \__
  _/ /三≧==< ヽヘ  `>
    7 /´      \ ヘ``\ ',
   /i /          `ィ   ヽ}
  / f   ィ i     ヽ   ヽ ヽ\
  ,'  |  /  j .:{{ r:::.{ ヽ|  .:! .:ト l
. /l  | 斗lー八 .::: V -┼ト ! :::::|::::|∨
/´| .:::|  ::!∠_ 厶:::::ヽ ⊥j厶|::::::,'::::j   馬車の場合、こう言う村に泊まる時も
  | :八 ::|t( ●)`\|(●) /:::/::::|
  | l ハ 从         /:::∧リ     野宿して 馬車を見張らないといけないのね。
  V\:∨介ト 、 _ −_ イ个V/
     /∧}:}ヽi ヨ ` ヒケj/{:{
.       ィ'`ヾ =-=‐ィ'/`ヽ
       /`Y´‖¨::¨‖ Y´}


112 :◆vsQyY1yD2Q

      __     ━┓
    / 〜\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\      お前ら、野宿の時の 寝ずの番はどうしてる?
. |   (__ノ ̄   \
  \          |.     ウチのパーティは、常に二人は起きてるようにしてるんだが。
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|
                                                    _   _,
                                                 ___,> Y´'ー-、
                                                _>z二_ ___`ー≧__
                                                >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                               /        ヽ `Y′之>
.                                              /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                              l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                              |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                              ウチも、だいたい同じ。     `|  ヽ     「)'/|/
                                                ヽ、_ ―   _,.ィT/
                                                  l 7Eニ::ィ1│
                                                  'イ/ヽ::::`l┘
                                                   i´ ̄ `|::::|
           , 、
          γ丿 l`ヽ
        ( /  ソ/´ ̄/⌒ヽ 、
        ,.' '´      |     \
        r    ,/ ! /|  ,.    \
        |    / ,二|/` |l ト、 l.   l
        .Vヘ l/ ,ィf_テ  \!ニヽ|l  |
       〈 ヘハ| ヒrノ    ィ_テY|l  /
         ヽ_   `    , ヒrノノリ /   ウチは、三人しかいないから
             l     _   ` イイ
            ∧     /゙}    /      一人ずつの 三交代だったなぁ。
            /  \ / /  イ
   / ̄`マT ´  /7/ /¨´
  /    \\ / ̄ ̄ {Tフ¨ヽ
  |     l 丶{´ ̄   ノイ/  |


113 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \    やる夫達も、カザーブに着くまで三人だったけど
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/     寝ちゃうのを防ぐために、二人で起きとくようにしてたお。
    /⌒ヽ         ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



        ____
      /      \
     /  ⌒    ⌒\
   /    (●)  (●) \.    ダーマ行きが九人、イシス行きが八人だから
   |       (__人__)    |
   ./     ∩ノ ⊃  /    それぞれ二人ずつ出して、四人で見張るのはどうだお?
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /



                                                  / ̄ ̄\
                                                /   ⌒   \
                                               ( ●)( ●).  |
             ああ、それで 問題ない。 交代は、三交代でどうだ?  .(__人__)     .|
                                                l` ⌒´      |
             そしたら 一晩中休めるヤツが出てくるだろ。         {           |
                                                 {      _ |
                                               (ヽ、ヽ   /  )|
                                                | ``ー―‐'| ..ヽ|
                                                ゝ ノ    ヽ  ノ
                                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


114 :◆vsQyY1yD2Q

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    と言う訳で、ウチから二人。
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    一人は やる夫がやるとして
  |     |r┬-|       |  /     もう一人、誰がやるお?
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
                                                _,. -――- 、
                                               , '´ . : : : : : : : : :_: \
                                               /. : : : : : : : ; -イ: : : : :`ヽ
                                             /: : : : : : >' ´    l : : : : : : : ',
                                            /: : : ∠ノ  丶-―- v: : : : : : : :l
                                           /: : :/ィ≦ヽ    示元ミY: : : : : : :l
                                         ,: : :./代_i|      {ヘィi| | : : : : : : |
                あ、出来れば 私達は            |: :./ Vン       ゞ '  | : : : : : : |
                                         |: :.:.|    ノ         | : : : : /:/
                一人ずつ やる夫さん達と            l: ::::l            u | : : : /:/
                組めるようにしてもらえませんか?     l: :::::.、   マ二つ    | : : /: :l
                                          l:::::::::l\         /|:/l/:.l:.:l
                私達が二人 寝ずの番に加わるのも    .|::ハ:::|: : :\    / l::j': : : :{: :ヽ._,
                ちょっと不安ですから。             .|' ヘ|:ノ: : : :トr く   {:::::: : : : \〈
                                           /: : : : :/:/ヘ /´ ̄ }:::/: : : : : : ヽ.
                                            , -{: :{: : : : {: {ゝ土 ノ ノイ: : : : : ノ: ノ `ヽ
                                          /   ゝ{: : : :ト\jo{ }  ノ: : : : /´     l
                                        ∠ _   | ` ーヽノ{ } } ∠ニ= イ    ___\
                                      \ l\ |    { { } {       | ,  ´  | `/
                                         /   V    」 {o } }      V       |/
                                          /   ノ    { {  } }     }      |


115 :◆vsQyY1yD2Q

                                         , -───- 、
                                       /_,,-''" ̄ ̄ ̄
                                      / /
                                      { {   , -──- 、
                                      ヘヘ/        ` ヽ、
.                                     /´             ヽ、
.                                    /    /            ヽ
.                                    ,'    ハ.             ヘ
.                                    |   ./ ',  ト、\、        ',
.                                    ',  | ,'  ヽ、ヘ\ ヾ._」  ト   i
.                                    ヘ ハ弋⌒`ヾヽゝ'⌒~ ヽ|}. ハ   i
              はいはいはーい!           .ノヽメ /⌒ヽ   /⌒ヽ .} ノ^ト、 ヘ
                                   ノ _x:|⊂⊃   _  ⊂⊃ レ ノ \ ヘ
              それじゃ、美希が           ̄ ̄r‐'i    t' ̄:::ヽ    ,- '   ヘ ̄
              やる夫さんと一緒にやるの!      `ァ`ヽ、 ヽ.:::::::ノ  _, イ. .     |ヽゝ
.                                     ノ `ヽ Z ー`〒=i'". . . . .     l
                                     ̄ 丁. . . .`.ソ',/i `ヽ、. .    人ヽ
                                       ). . . . . ..}_Å__.}`ヽヘ、  ィ {
                                     ∠メ).. . . 人川 人. . .`ヽニフ ヽゝ
                                        レ>'ァ.`元‐'"\ハ / ∨
.                                        r⌒i_ノ ‐┤.∧,,〉レ'
.                                        ヽ ‐|   ∨ \/\
                                        └ ┘      `ー`
                  , -‐===- 、
                /: : : : : : : : : : :\
               /: : : : : : : : : : : :_;ノ}:ヽ
              /: : : : : : : : : :x< _  | : |
                /: : : : : : : : /f心   、l: :|
             i: : : : : : : : /丶`゚´   f心: |   珍しいわね。
             l: : : l: : : : / ' '    { `゚リ: |
.            .ヽ: : |: : : /     _   /::/    美希の方から、そんなにやる気を出すなんて。
              |: ::レl: /    (.ノ  /::/
             ノ: : :::l/l 丶    /l |/     何か 企んでるんじゃないでしょうね?
            ノィ: : : ::::j    {チ: : : :V
            _/: : : : 〈、__ ノノ: : : : : }フー、
           / {: : :、: : :フ―く: :ノ: :ノノ   l
           _/ 人: : :{T´   /∠ -‐'´l|    |_
         /   l/ヘ:_:フ  /     l|/   l
        /   / 、_  l| /  -―-   /     \
        /     {  ::::::::::::V::::::::::::::::::  /^ヽ     \
    /    /ノ  n  |  n    /    \      ヽ


116 :◆vsQyY1yD2Q

                                       / ̄ヽ\
                                        , -─┘`ー-- 、
.                                      /           `ヽ
                                    /               ヽ
                                   /                 \
.                                  /                   \     ノ
.                                  /     ハ                  ̄ ̄フ   ィ
                                  i    ,' ',            ヘ      ヌ_/ノ
                                  {    l  ヽ  {\\ 、_\  .}下__─ 彡^`ー-‐'-フ
.                                  i   |__, \ ヽ`ーゝ-─ ̄ヽ }} ヽ  ̄  `ー≦─イ
                                  i /\'l, ___  ̄  / __   .川 ,イ      ヽ<__,
          せっちゃん、手厳しい〜。          ._,ノレ1ミヘ  /     ̄    川 / .|  \\  ヘ\ ,
                                  ̄  |.| ヘ            ./  } i l`ー==一ヘ ̄
          美希はただ、カガリから聞いたのを     .メ'  }ゝ  ┬--─┬、 ノ   } ノ| .|     ヘヘ
          やってみたいだけなの。           ノ    } | ` ヽ',:::::::::::::レ < ``   ノノ i ∧     ', .i
                                      ノ,升   ゝ:::::::ノ|  `mikiル' ノノ .l      .l }
                                      从 |    丁ヘ ̄`ー-- 、,, -'' ⌒l      .l |
                                    / i | |     | ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;l      l|
                                   "   { | .|    .|  ゝ;;;;;;;;_,,-'⌒`ー--‐l      |
                                      V |    .|    `´        l     |
                                        |    .|             .l     .|
                                        |    |              .l     |
                  , 、
               γ´/ 丿ヽ
            -‐ /⌒\ ―-、)
         /  |        \
        /      |   ト、     ヽ
        /    | /l   |ー\  l  l
          l   ム{´_\  | __ \l|   !
        ヽ|  |ーt=テ' \l t=テーl /   カガリさんから聞いたの?
       rr个x l /l/      /l/ ノノ{
       |ハ/` ート         ∧ !   それって ―――
       |V \ lゝ.   ヘ   イ:::| |
       lハ   |::::|>〈`ヽ < /ヘ/ |
       Vい  l::::|   } | /゙) _/}_,|
          \}  V \ / ̄`!/  /./
          |  /´ ̄.ハ ⌒リ イ´
           人___}」r-‐'  人


117 :◆vsQyY1yD2Q
【 カガリちゃん オンステージ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        _   __
                      /    ̄     ` ─ 、
                     ./::::.              `''ー- ..,,_
                  /::::.:.:::..              弋 ̄ ̄
                 /::.:..:....:.::.:::               ヽ\
                  /.:::.:.:::....: / /  / /   ll  !     ト、 i
                /.:....:....:::: ト-/-/ / /   /i  /    l l ヽ|
                /イ / :::::: イ〒ヲミ|/l  / | /l  /   |!i
                イ//:.:.....ll:.:|ヽゞ‐'   | / イヒテヽ' // l リ.     私が、やる夫と
                /::.::i::::::::∧::l        ゝ‐' /::// /     アリアハンを旅してた時はな
              /..:::.:!.:::.:/ヽヽ      '    /イ.:./ }
      ,.-,         ./ , イ.::l::.:./:::`ヽ    ´ ̄`ヽ   /.:::./!::::l     一頭の馬に乗り、一枚の毛布にくるまり
     ,! |     /"i  ̄  /イ:l::/.::::il.:.::|\         , イ::/:::!:::::!      二人で力を合わせて がんばったもんだ。
     |  !    /  i    '´ヽ!/!.:.:/レ´ ` ー` 、.._,. イ /イ:.:人ト、::l
     '!  ',  /  / ,,....--L.'.|\|''>" ̄'''''''''''''---'L...レ l/   ヽ!      そうやって 二人の絆は 培われた訳だな。
      '!  ! ,,./ ,f--"-`'r'i  '"""`-.     ::::::::::::::::::ト-,...,,
  ,,....--.,! 'i__f /`''''-., '''''''ヽ ..:: .:   ''''' '''':::::>''''''''' ̄'"''''''' ̄''''''ヽ,
| '!  , '     /,  `'ヽ  ....V'.:''                         / ヽ
| ]  h,     |`'., ::::::::: ::::/ '                    ,ヽ_ ::/.. `,
 '-t--'"    L:::/::::::;:,!::r"                       |:.. 'y"::::::::. ヽ
   -.,,_,.......,,_ '''--.,_/;f"...,_                    ::!/ "''''---..\_
      `'-.,,_,...-'`-,_,.>i:::::::::::::`'--._               ::::|::::::..   `-.;;;::::::::|
         "'''''''''"   ''!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::::|;;;;;:::::..    ``"``'-,
                 ,|:::;:::::::::::::::::::::::|'|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ _;\::::.        \
                  |::/:::::::'''''''''''''''''| |:::::::::::::::::::::::::;::::::::/   `'-_ヽ:::. ..       \
                  !/ '"       ..! i::  '''''':::::::::::|:::::/       \-,:..'::..       \
                ,/'          :::| '!:     '''::::'|::/          \.,..:::::...       \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


118 :◆vsQyY1yD2Q
                                                       ____
                                                     /      \
                                                    /         \
                              カガリ……やる夫が寝た後に   ./             \
                                                  |  \   ,_      |
                              そんな話をしてたのかお?     \(―⊂ ヽ∩  u   <
                                                    |  |  '、_ \ /  )
                                                    |  |__\  “  /
                                                    \ ___\_/
              -────-
          - ´: : : : : : : : : : : : : : : :` ー 、
          ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: :\
      /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ-ヽ
    /: : ∧                     ヽ
.    ′: : l l. .                      ハ
    l: : : :.{___}.: : : : : : : : : : : : :        . . : : : : |
    l: : : : : : : : :.イ: ハ: : : : : : ,、: : : .!ヽ: : : : : : : : : : :l
    |: : : : : :l: :./ l/ >、 : /  \: :l\ヽ ∧: : : : :}リ
    l: : : : : : V` ̄´  z、/      ヽz  ` ̄l: : : : ,'    い、いや、めぐるたちに
   ,: : : : : : : ',     l、l        l、l    /: : : 〈     旅の話を聞かせてほしいって たのまれてな。
   /: : l: : : : : :ヽ    ∪      ∪   /; : : : ハ
.  /: : :.l: : : : : :l-ヽ              イ: : : : : :ハ    ここは、先輩として
  L -'l: : へ: :.|、       _      /: : : : : lヽl.   何か話さないといけないかな〜って思ったんだよ。
      l〃  >l::>、   〃  ::}    . イ: : : , 、 .l
     r ´ ̄ ̄`ヽ:::> ゝ--- <::::::::: l <  リ
     {、__,、ノ  r-- ´ ̄}___:ゝ、__:}
      /   j  _ ノ /‐ ....:/::::... \ l  \
     ,   __/ィノl   ....:::::::::_;;/  {、_   ',


119 :◆vsQyY1yD2Q

                           i、
              ィ               }ヘ
              { {           ____ ノ ノ__
               >ゝ  _     -‐'´     `丶、`ヽ
.            /     `V´              `ー'、
            / _     レ'´.               ヽ
         {/  .    }::.:.:. . :.:.:.   r‐¬、 :. :.:.:.:.
        / .:.:. .:.:. .:.  ノ.::.::.::.:.:.:.:.:.: i .:{   }:.:}:.:..:.!:.}
          { .:.{:.:.:.:.:.:.:.::.::.:!::.::.::.:.:.:.:.__:.厶:L_,  ノ式从:l/
        ヽ∧.:.:.::.::.::.::.:|::.、::.::.:、:`汽テF´   ヒソ !:/
           \::.::.::.::.:ト、{\::.::.ト‐ヘtツ   、  }{    私も 負けてられないって思いましたっ!
            i::.::.::.::.!ノ:`ーi:.乂_      _,  ハ
            l::.::.::.::.!⌒V从リヘ    (_}  イ.:/
            |::./` ̄ ̄`ー、_: : : ≧rrァ'´ l/
            }::!    \    ̄\Ll」冖¬‐、
           ノ.:」      }厂 ̄\ { : \  __ \
            {辷_____ |: : : : { ̄\: : : ヽl: \ ヽ
           /    //: : : : `ヽ   ', : : : : \\_}
         ィ{ _  -‐彡'´: : : : : : : : : :',  } : : : 「 ̄\ヘ
.         /:└=冖 ´:_:∠: : : : : : : : : : l  l : : : :{三三Aヘ
      /: : : : : : : : : :/{ : : : : : : : : : : : l  l: : : : : : : : : : vヘ



                  / ̄ ̄`>─- 、
          _ _   /´__         \
          ) ヽ `/ 〈               \
         γ    〃  ∧     \__、 \   ヽ
        .イ    /     \    \l  \ !   |
           {   /  ./     \\  \  |  /
         ヽ .i  |    \  |/  ̄ ̄ ̄ /|/ヽ
            ゙ゝ|  |     \!         ⊂ニ|    途中から 趣旨変わってたよね、あれ。
           ミ  |       |   /     | |
                ヽ ヽ    l  /        _ノ /     なんか、修学旅行みたいで
                 \\__y ⊂⊃ 、__.ノ /      結構 楽しかったけど。
                    ̄l └        /
                     `7フf^  ー―ァく  `丁ヽ
                      _/〈  \__/ |\  |  |
            , -‐/⌒\\    |\jヽ. l |  |
          / ∠ ┬- 、 \\   |::::::|人 ヽ|  |
         〃⌒/_/   \ ヽ \.人__j  ヽ| /


120 :◆vsQyY1yD2Q

                                      イ
                                     //   _,, ─‐- 、
                                    ヘ { ./"     、   ヽ、
                                     .メ        \   ヽ、
.                                    /   i ト   ヾメ ヘ ゝ、 ̄7
.                                    | :. | A ヘ\  ヽ ヾト、二>
                                    | ::::::从>ミx `丶┘/⌒  ⌒)::`::フ
.                                    i ハ イ|.{ひヘ      〃├ ┘匸
            カガリってば                 レ ヽ.从`ー'   _ -、   ノ::::::::::::::二>
            すっごい 幸せそうなんだもん!        ヘ〃   ゝ ノ _/:::::::::::::::::ヘ
                                     ゝヽ、 フ ー-フ ア´ _ゝ‐ 、::::::::::::>
            だから、美希もやってみたいの!    と ィス`ヽ7_-'"/ー一〈  ヘ:::::::::::::ヘ
                                       `ヽ、 ,イ き}{ろ , 〉、 ヘ::::::::トJ
                                         ∠ ヘ`r- ー-' (:ノ  〉:::::ノ
                                           └ウー,─ フ /ノ∨
                                            F⊃⊃⊃ ┤ノ
                                            |      〕
                                            |ー ┬┬‐'ヘ
.                                            |.  | ヽ  ヘ
                                             |  |  ヘ. ヘ
                                             |  .|   ヘ. ヘ
                                             lニフ彡彡彡匸フ
  |:ヽ , - ー. .、
  |/    : : : :< ̄:`:ヽ、
  |_,. -‐  . : : : : : : : : : : ヽ. ⌒ヽ、
  |. . . . ,    : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
  |: : 、/: :`:, ィ . . . , . . . . . ヽ : : : : : l
  | : /ゝ、´ |: : : / : : : !: : : :ヽ : : : |
  |/, ‐ ヽ、j : : ハ: : : | : : : : l : : . j
  |〃 イj! //ー、‐ヽ7 : : : : :!: : : ./
  | '  じ′´ /ィj   ハ: : : : /: : : /
  |     ,   じ′ノ、/ヽ/ノ : : : ハ.    幸せそうだったって言うのは
  ト、 r- 、    ´ / イ:.:.:.:.:. : : : : :l    私も同意するわ。
  l \` ー`   _ ノ  |:.:.:.:.:.:: : : : : :}
  |、  /  ̄ ̄ヽ__    l:.:.:.:.:. .: : :∧:l    話 聞いてて、ひしひしと伝わってきたわよ。
  !、  , -‐ ´_, ゝヽ   ヽ:.:.:.: :/  '
  | ` ー‐ ´    ヽ   1:/
  |            }   /′
  |     i      l
  |!    ,!       l
  |l    l     /
  | !   !    /
  | ヽ ノ     /
  |  \-、   l
  ト、   ノ ヽ  !
  | !ゝ'     /


121 :◆vsQyY1yD2Q

                                                 _, ,,,,_
                                               / _,, -''´⌒``
                                      _,, -  '''''''ヽ、 .{ /
                                    , ''"         `ー 、
                                  /         、      \
                                 /〃        ',  ヽ       ヽ
                                 /     イ   i   ヘヾ. ヽ      ヽ
                                /  /  i ハ::  | :::: !.   ヘ. ヘ:::: ヾヾ. ヘ
.                              / イ : :::ハ{ i::::::. |',::|ヘ:::::::::::::.  }::. ヽ:::::..  i
.                              / / i ::::::|__」 ヘ::::::::l弋弋::`::、::::. |',::::.\:.:   |
                              i / | :::::'|〃ミ  \;;」彡T弋ミハ::. |ヘ',、_\.  i
       と言う訳で                l |  ||:::::::|{ i::}   "  「::::: ソ ヘ:l:〃ヽ::: ̄::.  i
       美希も 一緒に 見張りをするの!   .{.|  !',:::::::., ∪     廴ノ  レ^ 〉} ):::.    i
                              i.l   ゝ:::i〃〃   〃 〃〃  ヒ__ イヽ::::::::::::::::ヘ
       やる夫さん、よろしくね♪         ヽ    |:ヽ             〉:::::::::::::r-、 ハ\
                                 ∠っ::::\ ` ー‐'  . イ ,, -'ノ─ 、:::\」 ./癶≧
                                    / ::::: : ` ー‐ "⌒t T , イ    ヽ、:::|'/ ノ'"入
                           ∧      ∠_ :: ::川 ::::::::/7‐' ∧      ヽミ<レ'ゝ衣
                    _      ヘ \.      フ .. ::::  ::::/ ‖   ! ヾ、       ヾ、_  l
                    ゝ_`` ー 、 _  \ `ヽ、  / ..:::: :::: . ::/  |     ヾ、`ヽ、      | :   l
                      ` ー 、_ ̄`l   ヽ<__:::: :: /:ノ   |      ヾ、  ヽ、.    |: :   l
                     ,, 一 ' '"_,--、\   \ ケ::::‖/   .ノ  r  __r-、》─、ヘ\  ノ: :   l
                    `ー- "´論_,-' フ. . . . .,.  \::‖/    /   lwイ ん<ヘ;;ミ ̄ヾ、{: : .    }
                         └‐‐ '^ー‐"ヘ: : :  \ノ  /^"´`'ヘ"(;;くち回り'_.)   |\:: .  ノ
                                 ヘ: : : .  ヽ. {: : : : : . 冫^ヽ二チ┘ ノ _〉:::::: ̄',
.                                  ヘ: : :   ヽ ',: : : : : : /ヽ「: : : :.      |::::::: }ヽゝ
                                   ヘ: : : .   } へ: : : : : : ≦---、_  ̄ ー-.{:i:::: ノ


::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ     ……マジかお?
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./


122 :◆vsQyY1yD2Q

                                                `ヽ、-、
                                         , -一'''' ̄` ヽ、 `)ヽ
                                       /          ヽ<<
                                     /                `ヽ
                                    /                   ヽ
                                   /                    .ヘ
                                   ,'                      .|
.                                  | .:,'  i  i     ',      ヽ     .|
.                                  |.:::ハ .::| ハ ::',ヽ ヽ:::.     ヽ    |
.                                  '::::i i .:ハ | \::', `ヽ、ゞ 、::::ヽ::. |::.   ',
                                   ',::| ヘ:::| ∀-‐ `ゝ ー─-`ヽ',::::人):::.  \
                   え〜、カガリはよくて     ヽ,人バ弋ゆ    ´lとりヽ }人__`ヽ、  _二フ
                                  _ ィ´‐'7 }          ̄   ヤン ̄ーゝ`ー─ァ
                   美希はダメなの?       / ::ヽ   '        /ヘ:::::::::::::::::::\  ̄
                                   / .::ノ::::\  ‐-         ̄`ー、::::::::::`ヽ、
                                  <-─'7 :::::::{ ヽ _ ィ ´         ヽ< ̄ ̄
                                     ノ :::::::::{   、  }            ',:\
                                      :::::::::::ヘ人  `、_, .,-一         }::::::\
                                         /   ̄`ー-、_         ノ:::::::::::


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●) 、           い、いや、そんな事はねーお。
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |         それじゃ 一緒に 見張りをやるお。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / /.   途中で 寝ちゃダメだお?
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /


123 :◆vsQyY1yD2Q
                         /  _,,-'/     /         /   .:
                        /  ./ /    ./     .:::::::::::::::/   .::::
                       / /  ./    /   .:::::::::::::::::::::_/  .:::::::::   i       i
                       //  ./   ./ .::::\:::, - ‐ ' フ  .::::::::::::,   .::::::|:.       |:.
     やった!             レ   /   / .::::::::,- 弋: : :.,,-'"..:::::::_,,-イ   ..:::::/|::::.      |:.
                   _      /  / .:::::/ イ  メ二_,, ─ '". : /  ..::::::/ : ヘ:::::::.     |::.
     それじゃ.         `‐-二 ̄ ̄|  /.:/  ̄ i 〃ミx     . : :/ .:::::/   : : ヘ::::::::.   ,':::::.
     お邪魔しまーっす!      ` ─┤ .//--ァ‐ | ll / ハ   . : : /..:::::/     : : ::ヘ::::::::.  ,':::::::
                          .ヘ .レ-‐' ̄  .i. 代り    /, - '_,,====──--ヘ::::::::. ,'::::::::
         __       ___,, - ''" ヘ.| .....::::::::::i.  |.心     ̄  ,,::''        : : :ヘ:::::,'::::::::
         `ヽ、 ̄`‐─' ̄  _,, - ''"   /⌒\::::::::::::i  弋ノ                  : : :∨::::::::   /
           `ヽ、::::::_,, -''" /⌒\/   o ヘ::::::::i            _..-==≡ミx     :ノ::::::::   /::::
             >    / |         /::::::::i  /                ヾx  .ノ::::::::  /\::::::
.           /  .::::::/   \     /:::::::::::::.',.                    /::::::::_,-<::::::. \
.          / .:::::,イ    ..::::::::::::`ー--‐´,'´`,::::::::::::.ヽ  、               /_,,-''"7/  _\::::::
         / .:::::://   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー'o::::::::::::::.ヽ  ヾ丶 _             ̄   ル  〈: : : 〕 \__
        / .::::/ /   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ. ヾ/` ー--┐             ノ ,,,: : ,ノ:::::
        /.::/ /    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ `、'´ ̄`` i     _,,-''" ̄⌒`ヽ、_,, イ":::::::::
.       i /  /    .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ `、  .ノ   ,,-'"        `ヽ、ヘ:::::::::
       レ   /   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  - '   /             ヽ.ヘ:::::
       !   /   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. 丶─一7                ヘ.ヘ





    , "⌒` 、
   ルハノノルノ〉
   ルレ*゚◇゚ リ  ……………。
   ,/ィ ソイハ_
   ゝゝ_|| /'
     し' ノ


124 :◆vsQyY1yD2Q
               , ´             ` 丶、
             /                  \
            /                      \
           ./  /      : . : .             ヽ
           .,'  ,' . : :  ヽ、ト'、 ト、 ト!: . ':  .     ',``
           .!  l . : : :   lz≠=ミ トヽ:ハ: /l ,    l
           i   ',:i: : :  ', :!`、弋シ ` '  i∠=i,イ:  . . i.  美希たちは三人、私たちは六人。
          .i  . : ゝ!: : :.  ヽ'、 ` ̄     'iト-:ノイ: ./: :/
          .,'. : . :.{ ! |: : : .  !        ヽ`` / イ:イ/   ずっと 両方のチームから一人ずつ出すのは
         ,'イ: : : : ヽ!i: : : :  |      _ '   ,'  |,/       その……美希たちが大変だ!
         //: : : : : : :!ヽ: : .. l     / ヽ〉  ., '  |
        /イ: : : : : : :ヽ:ト、. .l、    `ニ  ./:  .ハ '、     私たちだけの組み合わせも
        ' /: : : :; : : : : >─-ヽ`丶 、_ /i: :  / ヽ.      作るべきだと思うっ!
        , ': :_ /イ: :/ \::::::::`:: ̄:::7ヽ: : : |: イへ
      ∠ - ' ノ: /    \::::::::::::::!!::/ \: ': :\`
     _ -─  ̄: | |  / >  \::::::::ll::i へヽヽ= _
_ - ': : :_ ─ ´ | | ! /    \:::〉〉 \/ ヽト 、: ` ‐ .._


                                     /イ: : ,ー7'´: : : :,..: : ヽ、:::::::',:::::/:::::::,. r '´:::::::::::| .ノ: :}
                                       ',: : /: : : : :/: : : : : : ヽ、.', / ./:::::::::::::::::::::::|'´: ノ
                                      l: ::l: : /: : {イ: :,ィ: ;:ィ:,. -‐ヽ-┬―――――.{: : :`:ヽ
                                      }: :{:;ィ::: : :::ヽ/.{:/ヽ/、_,   ノ:,イ: : : : : : : : : : ',: ::ヽ: :
                                     .ノ: : `: ::ヽ:::::{ イT_うト、'  ー'イ'ュ': : : :ノ: : : : ::i: ::l: : :::ヽ
        わ、私も                 ヽ、     /: _: ー_-,‐'ヽト ーゝ:ク `    `≧z_彡: : /: : ::}::::}: : ::::::
                           ,.-_‐ー-` ー ''´: : : : :>-: : : : l ////`     ´.{、ニラィフ:/:::/;:ノ: : ::::::/
        カガリさんに賛成ですっ!   ,r', ': : : : : : : : : : : : : /,.r ''ニァ´::,l      ′  、゛ーr'ニイ:イ/イ'': : :::::::/
                          . {: ,..-――- ..,,_,/'-{'".{::,r'´_.ヽ    _ ,'   ,`>‐´: ::::_´/: : : : :::::/
                          .{ヘ{       _,.. -― ''` " ,.イヽ.  {i `゛ヽ ーi、ニ=イ:::,./: : : : :::::,'
                          .ヽ   ,. r ''"´         / .l::::::ヽ.`.ミ='' _,トゝ-"' ' ": : : : : ::::::/
                             /i           ./   l::::::ヘヽ--‐∠,r ': : : : : : : : ::::::::,.<
                             .l           ./    ヽ.{ト'///彡/::,. -‐- 、..._,,..r '.  ヽ
                             」. i         ./._     ヽ///.,r'.{::/    .、       .}


125 :◆vsQyY1yD2Q
                   ____
              ,.. - '"r´-、>、-`‐-- 、_
            ,. '´   ,.ゝ、,_ ` 'ー ''_,.二ニミ 、
              /   ,. ,ゝ--,-  r ‐、\   \ヽ
           /  ,. "/ ,. '´   i.  i、ヽ、ヽ--‐ i
           ノ  '" /  <_,,,,,.-,,,,-',、,,,ノ,_\`'''_,ニ,.l
            i, '´  (,,,,-;'";;;r;;/:;;;/,:'::;;ィ;:/i;;i'`-:、 i |,
        _,......_/  ,.-:く;;;:::;;;:-//;;;:'...,;';;_',,;:''' i;:'   'i;;、i
.    ,.;:'"-- 、,.ゝ';' -ヽ':;;' ' i;/ _,i;'_.,.`ヾ /     .i-'゙
 ,.. '"´    ,'::::;;;;i 、"´ノ i'   i' '"r;;;cヾ     ‐-、i
 ヽ、     ヾ:;;;;;';;、ヽ、;       、i;;;::ノ     ァ;:'i /
    ` '''' ''ン::::;;;;l;;;;ヽ,.、      `      i;;ソ./    私達の方が、倍の人数いる訳ですから
     ,;;';";;:'";;;;;;i;;;;/;;| ':          、 ` .'.      それは当然ですよ。
    i;;;' ,';;;;;;;;;;;;;;;;〈;;;;i ヽ.             '  /
     ` ヾ;;;i'i:;;;;;;i;;;ヾl  丶     -―  ,.'         じゃないと、めぐるさん達の負担が大き過ぎます。
        ヾ;`i;リィ;;:::i.    \       .,..イ
            iリ ``' - 、_. 丶,,,...-;;"i;;;;リ
             _/       `'ヽi''<'i;'"冫'"
        ,.-‐'ー`'';:.、      /`i´i
     ,...;-="- 、::::::::::::`ヾ、:、 /  i, |、
  ,..-''―‐ - 、  \:::::::::::::`ヽ、`''ーヾ `i'、
 /       `、   `ヽ、:::::::::::::`ヽ、  |:::丶、
                                             , ':⌒:ヽ: '´: ̄:ヾ: ̄:`:く: ̄:ヽ、
                                            /: : : : /_: : : : : ´: : : f⌒ヽ: : : ヽ
                                          ..,1: .ィ: /: : . .ー ,イ二 ト二..  ヾ: : i !
                                          /! ´/: / l: :.7ト/ !: : :ハ, ヘ´:.. l.ハ-' ト、
                                          ./: し.: :.i : l: /イ'fjiヽ /fハヽ、ハ: :l、 ト _j: ヽ
                                           !: : .:.:..:.:l イlイ,i  l::!. V l::j  トハ/!:.:. : :. : }
                     やっぱり そうなっちゃうの?    !/l:.:.:.:.:.:.:人ヘ` ー///,///ー' / ノ:、:.:.. ::.l、l
                                          l:.:.:/レ´ lヽ rー‐  ⌒jノ´ 丶ト、:.:.:.i
                     私も、その、やる夫と……。.     `ン _....,、</オ`ー- - ィァ'んヽ  l:.:/
                                         / {. -‐{ l/ハ'\ __ ,.ゝ'/)´  ヽ ´
                                       , ニ ィ>l 二)'_く     _f/ハ'    l
                                          /´  / _r-< ′``====='、f'/    j


126 :◆vsQyY1yD2Q

            ,. -──── - .
        ,. '"               ` 、
       .f                 i.
       ,! MN.  / /.\.\ .NM l     負担を分散させないといけませんし。
     ,. - '"i / /\_/.\/.\__/` `; !      こう言うのは、当番制です。
   <_,. - ,''!.,i._i___|__.__|__i._i_,}
    / .f'"∨ / レ' ∀_WN  _,.- ヽ_}ヽi、    それに、相手が やる夫さんとは限りませんよ?
    ̄ ̄.l (.{N     O    O   },)/ i
      / `ーr-ゝ.           ノl }/    ずっと 片方が やる夫さんなら
     .(_( ( ヽ_ `,、 _ _,,.r‐'~` 、,イ-i-i、    やる夫さん、寝られないじゃないですか。
      .)ノ,.'-'、 ̄\ ∧i~    )’ / _i、
       ./.゚x゚ 》ー 、_ `' 、 ゝ_ _,,. -'ヽ./ ll_x}
      /\/  ,. i>`t`i、}___,,. -'.i、- 、_ {

                                    /: : : : : :´: : : : : : : : : : :`<: : : : : : : : : \: : : : :`ヽ
                                  /: : : . : : : : :,. . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: . : : : : :ヽ
                                  /: . . : : : : /. . . . : . : . : /. : . : . : . : : : : \: : : . . : : : l
                                  l. . : : : /:/. ,. . . . : ;. : : : ;l : : : : :,、: : : : : : : ヽ: : : : . . . .l
                                  !. : : : /:/. /. : : : :メ:_:_/ !: : : : / ヽ: :_: : : : : :l : : : : : . .|
                                 /: : : : :.:.:'-'1: : : : :/|;/``l: : : /−'`、´: l: : : l: l.: : : : : : :'ヽ
                               /: : : : : :.:.: :.:.l: : : /./,´-i l:/ ,=、丶v'、: : :|/.:.: : .: : : : :`、
                ……あ、そっか。   ._/: : /: : :.: :.:.:.:.:.:.i'V´i / l:‐':l    ト::l ヽ 〉、/:.:.: :.:.:.: : : : : 丶
                              ̄ ̄ l : :.:.: :.:.:.:.:.:.l,  -'"l  ヽ:ノ     l:;:/  ノ_/' ´l.:.:.:.:.:.:.: : : : :|`、\
                                 !: :.:.:.:.:.:.:;.:.:./\__l `       `´  '`/`/ヽ:.:l:.:.:.: : : : l  `
                                 l: :.;、:.:.:/:/   _`、     `    .u /´    ヽ|:.:.: :/`V
                                  ヽ 丶'´   /`、ヽ`, 、_   ‐  ,. イフ`/ヽ、   l:.:/
                                       /    ヽY  l` ` ' ´/ `/   ヽ
                                       l    y   丶  ,../   l    l
                                       l    /_,..-‐-、_ヽ /-、._  l   /
                                       `.   ´ l |   ヽ`l´/ l /丶'  /


127 :◆vsQyY1yD2Q
               _____
            , '"´     ``丶、
.         /                ヽ
.       , '                   .
      / /                   ',
       |イ      {     / / ,    }
      |  / 斗-Aト、  /|厶|/Ai  i  i
      | ,イ   |」f汽ミ、/ 〃こ刋  ト、 !    決まった二人でやるわけじゃないから
      |' .|   { _辷」    _ヒ少}  } } |   やる夫と いっしょになることもあるぞ。
         l∧∧    '      /i i り |
         /イ ト .._  ‐、  .イ从/!{ :ト!   ずっと おんなじ二人だと
            Vリ从_≧ァ‐ 〔_」/lイ从」    話すことが なくなるんじゃないか?
            /^V_,// ヘ
          く/  {_,/  /  _}
            /{  (_)   L..__ソ
.           /r‐〉-r‐r‐一/ /
           / }_厂`T´¨{7 /
                                        ,.-―,>‐ト<´ ̄``7‐ ''''' ヽ、
                                        /  /'´.! ヽ弋'    '        ヽ-―‐- 、
                                        ,' /  /ヽ「ヽ-ー'     ,     `ヽ     ',
                                __,,,,,..... -'  /     、   ,   ハ  ,     ',    !
                                           'イ    ,l 〉< !  _/,..∠´ i     !     !
           確かに、それはあるわね。          __..... -‐' ヽ / レ'  弋/    ヾ,イ  , l     l
                                -― '"/     .i' l !   0    0   l ト、/ `    ,イ
           ま、まぁ、いいわ。           ヽ 、ー┐      '、 ! ' 、   ,      ト ' !        '、
           やる夫が イヤって訳じゃないし。.      `` ヽ 、 _∠ヽl.////     //// ,.. ィ'     ,   !
                                            /,ヽ、  ‐- 、  , イ,..ィ‐ 、     |ヽ、l
                                ヽ 、          l// _ !ー‐r―'  /! !   ヽ   /   '
                                   `` ー- 、   / .レ'  T /イ ヽ、/ .l l    l `レ'
                                          ヽ,'     l ' /       !,l    l


128 :◆vsQyY1yD2Q

                                              _,. -‐'''''''''− 、
                                           ,..-ニ;;;;::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         ,ィ";:----::ニ;;ー::、;;::::::::::::::::::\
                                         ,:':::"´:::::::::::::::::::::`゙`::‐ヽ、 ::. :::. :::: ヽ
                                       /:: :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::.. :. :::. :. :ヽ
                                         /:: : :: :::::::::!:l:i:i、:::. :: :.. . . . ::: :. :. :. :',
                                         /:::: .: : ::: /ハ:l'、';,ヾヽ;、:ヽ、::::...::. . ::::.::..:: :::l
                                      l;イ:::.:: .::  l::{-、!!ヾ;ヽ `メ、゙ヽヽ、:::::ヽ:::::::::::;:',
                メイリンと二人旅だった時は     ll l:::::::::::.:. ハ:iz;ミ、 ヽ \ r〒うトミ、:::l:::::::::::トヽ
                                      ' l:l::::::::::::{l{ {_rヘヽ ゙ヽ  ヒ_j‐/ :::ヾ:::::::;i::l `ヽ
                二人で交互にやってたから       ';ト;:::::::::ヽ ゞ‐' , ::::: `   /ィ/:: : ;:::l:j リ
                大変だったのよねぇ。           ヽヽi::l:::、ヽ   、      /イ/. ./::i:{
                                            l:ハ:l::゙ヾ`  -;r‐ 7   /1::;ハ:/ヾ
                これからは、楽になりそうだわ。.       ' lハ:. l{`r;.、丶ノ   /. l::/l-'゙}
                                             ヽ:', ヾヽlァr‐'_´-‐''j/   {,
                                              ゙ヽ_,.{  ̄       ハ
                                         .,.-‐''"~ フ´  ヽ     _,.-‐   ヽ

          ,'     ,. ---- 、;ニ',.''─- 、     i,
       ,. 、, !ヽ、_ ,. '´    -、:,'´,..    `ヽ、ノ,! ,.  、
    ,. '´   `ヾ、/         '´       ヽノ'´   `ヽ、
    ,:'-;:イ´    ./,   ,:   ,: /゙`ヽ''"ヽ .:;.      ヽ.     、. ヽ
  /'/     .:::::i;'   .;i:. :i';:!      !;イ:.  .::    ヽ:..    ヽヽ`、
   /     ..:::::::;' .  ::. :l '!,.::|,,ヽ-'  ヽ、',,,i::: .::;イ:.::  l !:::.    ヽ ヾ、
  ,'     .::::::::::! :::. ::::.|-',ヽi,;:.:    ,.イ;:ノ`ソ;ィ::   !;::::::.    ;. l
  !,|    :::::::::/!:ト;::. ::;ゞイラ::;i゙'    イ;:ニズメ;ノ:: .:. .ノ:::::::::.    ,!. !   あれって、結構 心細いんだよね。
  l'ヽ    ::::::::l ヽ!ヽ::.::ヽゞ-‐'   i:.  'ー-ソ;ノ;::::::;ィ'i::::::::::   ノ'l !
   ' ヽ    ::::::| ` ,!`; 、:ヽ、     |:::    ,:'ィ:';:::ノリ .|:::::::    / '    .私、一人で見張ってる時
.     ヽ  ::::::| ,.ィ'ッ', :::ヽ、     '     ,ィ: 、|  |:::::   i.        ずっと、隣で寝てるお姉ちゃんの
      l  :::::::l ,ノ.ィ :::::l、     ,:='=:、   ´/: .::.ヾ l:::    l       手を握ってたなぁ……。
     |  ::::;::l ´ ヽ lヾ、':;、.    ̄ ̄  ,. ィソ:./!.;!` l:::    |
      |  ::::|ヾ、   ヾ、 |‐.ニ`丶、__,.,.::'ニ'´|:/ レ  ,'::::   |
     ,' .: .::::| ヽ    |   ト、'i | i",ィ  |´    /;::;::. .  |
     / .:::.:::::|     ,..r'ヽ、 <〈,| | |ヽ> ,.ィ‐、  i;'レ'l::: ::. !,|


129 :◆vsQyY1yD2Q
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: :ヽ
        〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 〉: : :ヽ
         //: : : : : :_____ : : : イ: : : : :ハ
         / レ ´           / 卜 、: : :ハ
       l    -― : : : : : : ァ ´     l _丶 : l
       |/: : : : : : : : : : : / ,      l : : : : : |
      !: : : : : : : : : : ∠、 ̄   ` ー-、l: : : : : :|
        ',: : : : : : : : :/゚J:|     ィ 〒ト、|: : : : : |   分かります、それ。
        ', : : l : : : /ヘニノ     l ゚Jl::l l: : : : /
           ,: : |:.|: : l`冖′     ゝニノ l: : : :/     一人で見張りをしていると
         ',: :|:.l: : |       '     /: : : /     木の葉が揺れる音とか、獣の鳴き声が
           |:.:|∧:.:|    、_      /l : : /
           l: : : :ヘ:|\     ̄  /: l:. :/      やけに 大きく聞こえるんですよね。
           /: : : : : : l  丶  _  イ: : : :l:./
      `ァ'ーァ': : : :/ノ    l:_:l: : :l: : : :/人__,
     /: :/ : : : /〈       l \: : : : : ヽ ̄
     _/: : /: : : l: :/  ヽ    /  l: :l: : : : :〉
  /八: : {: : : :ヽ:{     \  /   /:/: : :ノノ
                                                         (ヽ三/) ))
                                                     ___( i)))
                                                    /⌒  ⌒\ \
                                 だいじょーぶ!          /(.●)  (●.)\ )
                                                 / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
                                 これからは、見張りも   |   (⌒)|r┬-|       |
                                 皆で楽しく出来るお!  ,┌、-、!.~〈. `ー´    _/
                                                | | | |  __ヽ、   /
                                                レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                                `ー---‐一' ̄


130 :◆vsQyY1yD2Q


                                    r、r、 _ ミヽ
                           ,-'フ ̄    ._ } } ノ )┐
              ___         { 〈 -‐"⌒ヽ、 `ヽ ヽ   ノ
           / ̄      ̄`ヽ 、__,, -''"       ヽゞ {__  ノ
         /             /      八    ヘ  | |   やる夫さ〜ん。
        ./              ,i    ハ_/ ヽ 論_ i .ノ /
        /               ノ_  |几i   Vヽハ-ゝ./     こっち こっち〜♪
      /  /     |     / ノ 厂J '´ ̄   `ヽ|」/
   __ノ          |     /  ̄フ_lゑ ____匸Z_从
 /─'"⌒ ̄`ー- 、__  __ノ   イ i i iヽ/ x  )    `,^
 〉──‐'⌒ ̄ ̄`ー-─ =ー-、_∠⊥─┴ゝ─-─-─‐┴-─- 、
 ゝ                                     _)
   ̄¨¨`ー-──-─-─-─-─-─-─-─-─-──‐'''''''""" ̄

                                                   ____
                                                 /      \
                                                /__ノ  ヽ_  \
                       いや、寝るんじゃないから。       / (●)  (●)   \
                                              |    (__人__)   u.  |
                       ちゃんと 起きて、見張りをするお。   \   ⊂ ヽ∩     <
                                                |  |  '、_ \ /  )
                                                |  |__\  “  /
                                                \ ___\_/


             ,-‐'⌒ _,,,,,,_
            //, -'"       ` ヽ、
            >"            `ヽ、
          /                 ヽ、
         /    /  .人  ',         ヘ
         ,'     |  /  ヽ  ヽ ヽ  ',    ', ',
.        i     ', / _ \:.ヽ\ヽ、 ヘ  .i 川
        |   ノ /'´ ̄``  `ーゝ '⌒ヘト::. | W
        |  //| ィ必刃`     ,ィゎ、 } イ:::ノ     は〜い。
        レ' 介ヘ |  弋ヒン      乳リ ! ル}::/
      _,-彳"{ 、(           ヽ   ハ レ      大丈夫!
       ノ  `ー、ゝ     r ──┐   ノ  \
     /.   :::::::::\        ソ   /  ヘ`ーゝ.   美希も、夜更かしは得意なのっ!
   _ ィ_,ノ7   .::::::::::::|`    ヽ、_/  /   ヽ
     ノ   .::::::::::::::|   ゝ 、   _ ィ..::::::.   _\
    / /  .::::::::::ノi      下 、::::::::    ヽ  ̄
  //   .::_, -'        {  ` ー 、   ヽ、\


131 :◆vsQyY1yD2Q
                         ---------、      ,       、
                                ヽ.   { ,-=ノ   ::::,ヽ-=--':::::    :::::::::ヽ    /
                          な 凄 な i.   ヾ~~,--、_ :::::: (‘)       :::::::::、.    |   う
                           っ .い ん |    ヽl (‘) |::::::::`ー  ´       :::::::::|    .|.  わ
                          て こ .だ |.    ヽ`ー::::::::::::::           :::::::|:\. <  あ
                          る. と か |       ヽ   :l  ::::::: 、      ::::::::::|:::::::\ ゝ
                          だ に    >    ヽ,r   ', ::::::::::: }       ::::::::::|:::::::/ヽ`ー-'
                          ろ      ./        '、_ノ=-- '′'. ヽ、    :::::::|::::/:::::::::|:ヽ二
                                ./          ヽl-<二--^-'~-/    :::::::::://:::::::::::::|~|:::::::ヽ



      /   ト、           `i
       |. |. |. \  \      \i|
       |. ト、 |.  \ト、ヘ´ ̄    i、
      // .ト、| ̄二 \` >ッォァ|\ リト、
      /ハ i K赱ァ   ヽ  ̄ :!  ハ、!
     /   i ,ヘ |      i     !  レ'|
         !ト、jヘ    '__,,  ! / ハj    やらない夫も なってますよ
    i⌒i   !^i   \ -'´-‐´ イ /'i/
 ,‐-i  j、   ヘ/ヽハ` ー- ´ i/           凄い表情に。
..i i-ゝ-' `ーrーr-、 .ノ !    ハ
(i ! /  ,j::::::r<,イ  i    /  ヘ
´ヘ_j  ___ノノ:::::::i"´、   i   /   `k、_
_ノ  /  j::::::::::!  `ー、  / _,,-- ノ::::iー-、
  /   i:::::::::::::k    -'"      ノ:::::::i   ヽ
/  ヾ ,i::::::::::::::::\        /i::::::::::i    \
     i/::::::::::::::::::::::`ー----―´:::::i::::::::::i.      \
 _,,-'''"{::::::::::::r-、__::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::i  ,-''     \
´    |::::::::::::j _ , -,ー、____:::!:::::::i//        \


132 :◆vsQyY1yD2Q
                                            /   _  -‐      ,.-ー、,__ト1ィ_
                                         / ,..´        、、」_  /、 ヾイ、
                                            /  __        /__ノ_,∨、 `ー /__
                                        | /.:★: : ヽハ   _|   / 、 `  //   |
                                            ヽ|: o: : o::〇〇 ̄  `ー‐ヘ._  ノ__|=、 、ノ
                                          ヽ.: :o /  ___,,.- 'ニT  ̄|.:.:.:.:.:.:!   ト、__
                        ねぇ、ウチでも           `Y´_,. ィ'.:.:.!.:!  '´  リ .∧.:.:.:.:∧ ./ /
                                                |.:.:.i.:.ト、人|    ァ==ミ  |r‐ 、.:.:∨ ./
                        アレ やってみようよ!      .∧.:.∨ ,ィフモ    Yzじ:冫く` }.:.:.:∨
                                           //:V キVじ:    ゞ-''  _ノ
                                         /.:.:. :人ハ  ゞ''゙ `_     ∧:::::.
                                          /〇〇   ト、   ∨ ノ  ,.ィ'.:::/:::.:
                                                 `>   ´  |_/



  \        /_ /      ヽ /   } レ,'
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/           なっ……!
   !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !       俺達も、だと……?
   |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   !       そんな 恥ずかしい真似が 出来る訳 ―――
  __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、  ̄ ̄/ =、_i_  !   !
   ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'
    ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´
                 ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\


133 :◆vsQyY1yD2Q
   /  /                                 丶
   |! | |     }  /  '´                '.
.  |  ! |     /  / /     /              .
    |      /  //   冫  /  /   /     リ  、  i
     ', |    /イ::〃 / /   /  / |  /i  i /-ー-   i
    人Y     /:/j /  /    '  /_,」 イ i  /i /    ', !
    / / |    |::| { /  |   /{ /  | / i / i/ ,.ニミ_ |  }
.  / ∧ |!    |::| .∨  |   从∨ _,.ム=`i / /  ゙     | 八     そうね、まいん。
  ノ'´ ヽ ハ  ヽ入ヽノ::'、  | /{  { ,〃         ヾノノ}  `
.     \\ } ` ー、::iヽ(|/ 人  ヘ、、ヽ      '   ⊂ニ¨ヽ     後で、二人で やってみよっか。
       ヽヽ|  | |:::||,イ |   トミ \             ∩ ,ハ }
           |  /!/|::::j │   |        ー -   イ| / ̄__ヽ
         ノ/  /;'   ハ   !  丶、      / l/ / -‐ ,
.          ´     ノ :  ヽ/     `' ァー-  ´   {し{: { r‐ }
           辷ニミ: : : : :            /: : : : : \  {. し{ノ /
        /-─-ミ \: : : : : : :\    ∧: : : : : : : ヽハ    /
          /       \ヽ : : : : : : :ヽ_ 人: : : : : : :  〉L._  ト、
.        /          ヽ.从: : : :: : : }     }: : : : : : :∨ : : : ̄ : }
        /|           ハ: : : : : : {-‐=={: : : : ハ / \`==:八
     /:::|           \ ヽ: : : : : ヽ   ノ: : : /丿{   `¨¨´  }



      |\ |                   |/|
      | \|                    |
   |\ .|                      /
   |  \|                      /
   |         / ̄ ̄ ̄\   / ̄ ̄\  /
  _\        |         \/      | /
  \ ̄       \  U          | /
  _\       /          U。 |/
  \ ̄       | lllllllllllllllllll  lllllllllllllllllll |
   \     | ̄|  | ̄ ̄\  / ̄/  |
    \___| 6| U \  ●|川| ●/  /
   _____\|     ̄ ̄ ⊃ ̄  / _____
   \| | | | | ̄| U  _____ / ̄| | | | |/
   /\| | | |  \  \┼┼┼//   | | | |/|
  /   \| | |   \   ̄ ̄ ̄/   | | |/   |
. /      \| |      ̄ ̄ ̄ ̄       | |/    |


134 :◆vsQyY1yD2Q
                                                      ヽ
                                                    __,, --―――一tテ
                                               _,,ィ '' "´             ヾ
                                          _,, ィT"i´lll7
                                          l l ll l l l llリ             _,ノ
                                           l l!,ィi77丶、,,_,,.ィ!   . :ヾシ''ヅ,ィ
                                           l ll l l l !、,ィ=テ=ミ,゙ヽ. i:.:.:.:.:.:.: ,イ゙(
                                          l ii ll l l lリ<" (;;O;)ヾヽ l:.:.:.:.:.:.: ゙=
                                          ヽい l l ,!´ゞァ=-‐'"シ ゙i l:.:.:.:.:.:.:.:.
                   あなたと一緒に 毛布にくるまれと?   ヾt!l lソ     ゙~´  l l:.:.:.:.:.:.:.:
                                            \tト、       l l!:.:.:.:.:.:.:.:
                   御免ですよ、そんなの。            ヾtヽ         ! !:.:.:.:.:.:.:.:.
                                               \ミ、      l ゙i:.:.:.:.:.:.:.
                                                ヾt,      ! :.:.:.:.:.:.
                                                  \     lr'' :.:.:`゙)
                                                    ヽ    t,__,ィ '":.:.:... .
                                                    \    ,`_, r‐,ァ=
                                                      \   くゝ'二.-''"
                                                       ヽ、 ` ̄,,,..ィ'



::::::::::::::::::;::::::::::::::::::/       \;;;;;;;;;;/        ゙l::::::::::::::::::;::::;::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/          ゙l、;;,/`         ゙l:::::::::::::::;::::::::::;:::::、
゙l:::::::::::::::::::::::::::::::,l゙          │/          : |:::::::::::::;::::::::::::::/
.ヽ::::::::::::::::::::::::::::|    .,,_       .}"           ,!:::::::::::::::::::::::,,iレ、
'-,ヽ、:::::::::.,-‐、,:ヽ,-r ,/`:~ヽ、          ,-  ,/'i、 .'!r'";;,,-'ーi、:::::.rl'"/
、`''゙l‐::::::│ ,,,_.\/`il゙''i"'i、::゙'i、  ヽ   / ,/`::,,,r:ト  `i,/,-.i、 l゙::::::::,,/`: :
.ヽ:::::::::::::::l゙ ."../i、゙l,  │  \:ヽ、 .゙ト | ,/  .,i´:./ ゙l   jレ゙i、: ".|::::/ .|: : :
: :`'-,、::: |  .| !',,゙l  ゙l   `'、ヽ  |  .,/_/   ,l゙  ,l|│l゙  レ゙  |: : :
: : : :|`''-、_゙l  ゙l .l゙.`l, │    `' |i、 , 、,,彡"    ,l゙  ,l゙.,-│ .j゙|   .l゙: : :   それは こっちのセリフだッ!!
: : : :|   |ヽ、ヽ,ヽi,|  ヽ、   o`゙ll|,l,レ'l゙ o   _l゙  ,l゙'゙/`_/:,!   l゙: : :
: : : │  │:`-,,, `'''ミ  .二"'''''''-、 ゙l'"‐ニニニ ̄、  │ ,,r/゙:::::,/  ./ー-,、
,,-‐',,゙l、  .ヽ、::゙'ミ'ー-|、   .,、,_   r|  _,,,,,、   .,―'゙/:::::,/`  .,/
/゙` ヽ、  `'i、::::゙'-,.│   ./'二二,,,"'',,,,,/,|   /.,,r'":::::/   ./
     `'i、   \,、|゙''ト、  .゙l,,,,-‐'ヽ,/―,,-,i´  ,/'',/::_,,/   .,,i´
      `ヽ、   `゙'ヘ,,_`'-、 'l,|、  `  .,,l゙/ .,,‐゙,,彡‐"   ._,/
       `''ー、_    `゙゙''''ヘ,,ヽヽ-,,--‐_/.,,-'"゙`   _,,-‐'゙`
          : `''ー-、,,,_  : `'-"''''''''"゙/: _,,,,―ー'''"`
               `゙゙ニ―i、゙"''''''"..,ニ,,ir   ,,、
                 -'"`ニ`.ヽ   "''"'"`  ´


135 :◆vsQyY1yD2Q
      〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
     .,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
     l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',
     l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!
    .| ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
    .|,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i
   .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂      それじゃ、こっちのグループからは
  (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
   ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー   まず、私と やらない夫の二人だよ。
    | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
    | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
     ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ
   ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
  / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/乙女 `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',
 |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
 | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ

                                                   / ̄ ̄\
                                                  /  \    \
                                                .(●)(● )    |
                               あ、ああ、俺達二人か。   (__人__)     .|
                                                 .(`⌒ ´   u. |
                               分かっただろ。          {         |
                                                  {        /
                                                  \     /
                                                  ノ     \
                                                 /´        ヽ


136 :◆vsQyY1yD2Q

       , '"  ̄ `ヽ
       //    ^ヽ ',
      .///f / j  ヽ ヘ !
      ノイl | レト'Vハ斗ト、_>.    一緒に毛布、私達も やっちゃおうね!
      lハj | >  < |レV  ))
   ((  ノ火ヽ"V ̄}"/゙) {      きゃ〜〜〜〜〜っ♪
     //  匸 }>示iくこ八                                 (⌒⌒)
    .// ! / /《小.》「`ヽ ヽ.     やる夫君達には 負けないんだからぁ \/
    V{  !ヽノ   {: ト-イi }
     レl∧く   人__j /八/
       / `7´/ l |'´
      .`‐r</__!」
         |  / /


           , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
          | |,,_   _,{|      ,..、
          N| "゚'` {"゚`lリi    _,,r,'-ュヽ
          .ト.i   ,__''_  !l  ,イ彡く,-‐' ゙i,
  __,,, :--――/ l\ ー .イ|、― ´ ̄`ゝニ'ィ,〉    それは 良い考えだな。
,:f^三ヲ,r一''^ニ´、、_`ーァ ̄ヘ>'" ,,..,,、  /lトィヘ
ノ ニ、゙リ  ,..,,   ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/:.l:.:し′    男同士、何も恥ずかしがる事はない。
,ィテ'J´,,..::;;゙i,     ,;,, ;;; ,,;;       ,frア:.l:.:ヾ
リ:.:.:.{'"  ,ィト.     ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:.ノ:.:.:.:
:.:l:.:.:.ヾ='":.:.:l      ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:ノ:.j:.:.:.
:.:l:.ミ:.:.∨:.:.:.:ヽ、    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.ィ:.:.:.
:.:ト:.トミ:.:ヽ:.:.:.:.:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:.:/:/ ヽ:.:
:.:ト、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ  ゙i:.:
:.:l:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.l   t,,__,災_,ノl  f:.リ:.:./:.j ,イ ヾ



                                                         / ̄ ̄\
                                                       _ノ  ヽ、  \
                                                     (○)(○ )   |
                                 そうそう、男同士だから     (__人__)   u  .|
.                                                    ヽ⌒´       .|
                                 恥ずかしくない……あれ?     {       /
                                                     lヽ、  ,ィ'.) ./
                                                     j .}ン// ヽ
                                                     ノ '"´  ̄〉  |
.                                                     {     勹.. |
                                                      ヽ 、__,,ノ . |


137 :◆vsQyY1yD2Q
                    ._
                     \ヽ, ,、
                      `''|/ノ
                       .|
                   _   |
                   \`ヽ、|
                    \, V
                       `L,,_
                       |ヽ、)   ,、
                      /     ヽYノ
                     /    r''ヽ、.|
                    |     `ー-ヽ|ヮ
                    |        `|
                    |.         |
                    ヽ、         |
                      ヽ、___ノ
                     ´       ` 丶、
                 '"                  丶
              /                  \
             /  /  //!    \       .:.:.:.:ヽ
              〃 /    ,小      \   丶.:.:.:.:.:.: ',
           /:/ :/.:./.:.:./.:. ,' !.:l.:.:.:.:l    丶 ...:.:.:.\:.:.:.:.: l
             /:/ :/.:./.:.〃.:.:/  |:ハ.:.:.:lヽ     .:\ .:.:.:.:.`<.:{_
         ,' / :|.:.:l.:.: l{.:.:.:|  |l  ヽ.:{_. \―-.:、.:.:丶、 .:.:.:.:.:.:.:\
         l l  |.:.:l.:.:イヽ丁ヽ {   \   \.:.:.:.ヽ.:.:.:.:\ー‐-!、.:.\
         | !  ハ.:.|!.:.:j r仗沁 ヽ    \  `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.\:ハ ヽ:.:ヽ
         | | l Y.:.:ハ  う;;:ハ      ‐ __  l! `≠ト、.:.:.:.ヾ.:', 〉.:リ
         | | l   W{ i', _Vソ      〃 ̄`゙ヾ|l  ノl.:.\ .:.;小 j/´
         l ヘ│  j .:リいxxx.  ,     xxxX !!_/ :l.:.:.:.:j:/.:.:.:',
     (⌒⌒)ヘ⌒乂 } ハ人     _       イヽ :.:..:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      \/  \   ,′'.:. V个    ヽ._)   /ト-、: \:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
             / .:.:: _ノ /;_jz≧  _,  <_/ ∧_.:.:\ _ .:.:.:.:.:.:..:\
               / /.:.// /  ∠ ノ`7| r‐≠  (  Y ̄ 丶 `ヽ   .:..:.:.\
            / /.:._j/ ヘ / ノ| ∧l/∧    {  /    `ー=i、  ヽ :.:.:\
              / /.:/ 、_,-、ヽ/ W_/j{/__j    (/!         l    \.:.:.:\
           ,.' /.:/  、...二}/ / ̄Y⌒Y ̄ ̄ ̄\|        |\    \.:.:.:\
        / /.:.:|  rァ ソ/ /  ;-=|  |=-     /!'       ハ:.:.\    \.:.:.:\
        /   /.:.:..l  j/ /l  |   ∧ーヘ.     jノ         ∧:', .:.: \  、      
.     /  //.:.:.. l.  / /i |  ヽ__/ ∧ ∧__   /     ,ノ /.:.:..:. .:.:.:.:.   三__|__. ‐┬‐  、 マ.  ,
.   / ./ /.:.:..:._j    イ_i│ / `7  Y  ∨ ̄//   〃  /.:.:.:.:.:.:丶.:.:.  口 |  │田│ 了 用. レ |
  /  /  /.:.:.: ト、|   レ'|、|  \__/ o/   \/    /   ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:       ̄ ̄ '"`ー‐  ノ
/  /    / .:.:. くヽ ̄ ̄0 | 九      {     /    /    /.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:. 丶    ヽ.:.:.: ヽ


138 :◆vsQyY1yD2Q
と言う訳で、第11話 「旅の準備は念入りに」 は終わりです。


『オッフラ』 と言うのは、古代ローマの料理です。

18世紀イギリスの貴族、海軍大臣も務めた
第4代サンドウィッチ伯ジョン・モンタギューが発明者と言う話もありますが
この料理法自体は ずっと昔からあって、サンドウィッチ伯によって有名になったとも言われています。

トランプゲームの片手間に食べられるように作られたと言う話が有名ですが
海軍大臣は激務だったので、まともに食事を取る暇もなかったとも言われていますね。

彼の政敵が、「片手間に庶民の料理で食事を済ませる だらしない人物」 と
印象づけるために流したデマと言う説もあったりw


レタスのところは、ロマリアと言う事で イタリアンレタスのラットゥーガにしようかと思いましたが
あまり馴染みのない名前だろうと言う事で、そのままレタスにしましたw



それと、今回出てきた設定について 解説しておきます。

【 アリアハンでは 金、銅、鉄が出る 】
【 カザーブでは、金、銀、銅、鉄が出る 】
【 エジンベアは、銀しか出ない 】
鉱石の分布については、『アイテム物語』 の 巻末資料にあったデータを参考にしています。

このデータには 鉄に関する記述はないのですが、「鉱石の価値自体は銅と変わらない」 との事なので
鉄製の武器がある アリアハン、カザーブで採掘出来る事にしました。
ちなみに、銅と鉄の値段の差は 精錬するのに必要な 手間と石炭の量から来ているとか。

エジンベアが 銀だけで 鉄が出ないのは、エジンベアに武器防具屋がないからです。


【 銅貨、銀貨、金貨の価値 】
こちらも 馬の値段と同じく 『D&D』 を参考にしています。

『D&D』 だと、更に白金貨が存在しますが
それだと 単位が 「ゴールド」 ではなく 「プラチナ」 になりそうだったので
このスレでは 存在しない事にしました。

もちろん、プラチナ自体は存在するでしょうが。


次回更新は、6/5(土) 20:00〜を予定しております。
変更があれば、こちらと『やる夫スレ系案内所』でお知らせします。

それでは、また次回の更新でお会いしましょう。


       ._____
      /| |::| |
     /  | |::| |
   /    | |::| |
 /     ( ゚Д゚) < サンドイッチ!
 \    と | |::| |つ
   \    | |::| |
     \  | |::| |
      \|_|::|_|
       .∪ ∪


第10話へ     5 第12話へ

サンドイッチの発想と組み立てサンドイッチの発想と組み立てサンドイッチの発想と組み立て
サンドイッチの発想と組み立て

この記事へのコメント
やらない夫に危険が迫ってるような
そうで無いような
Posted by at 2010年05月30日 22:43
世界に関する細かい設定、好きだなぁ。
こういうのが有ると、TRPG経験者としては強く興味を惹かれます。
Posted by 通行人α at 2010年05月31日 05:08
相も変わらず面白い!
女の子たちが可愛いだけじゃなくて、商人パートや細かいオリジナル設定も光ってるぜ!
…というか、美希の猛追に反応するカガリ可愛すぎるw
Posted by at 2010年05月31日 07:31
乙〜! 今回も面白かった!
あぁ…かつて仲間達と妄想しまくったDQオンラインを思い出す…
それにしてもやる夫、オープンスケベと自認してるだけあって
泥っとした下心的な暗部が全く感じられないなw
その分、女子陣も余計な警戒しなくてすんでるし
頼れる良いお兄さんしてるなぁw
Posted by at 2010年05月31日 22:38
どうしてこうなった……?

オイ、どうしてこうなったッッ!
Posted by at 2010年06月01日 14:42
やる夫はレベルいくつなんだろう?
そこらへんの表示もほしいかな

後、いくらなんでもあらない夫が・・・
かわいそうだろwww
Posted by at 2010年06月02日 20:42
リアル路線(商人視点?)を突き進む今作においてドラゴラムはどうなるのであろうか?
変身すると、服は裂け、鎧は弾け飛び、戦闘終了後元に戻るとオッパイポロリ?
魔法使いの今後に期待せざるを得ませんね!
あと賢者も!
なんかドキドキしてきたぜ!
Posted by ガガンボー at 2010年06月02日 21:25
そういえば美希はダーマで覚醒するのかのう
Posted by at 2010年06月03日 13:01
準にゃんwwwwww
Posted by at 2010年06月04日 23:14
リアル路線だったら遊び人は賢者になれるか疑問だよなw明日が楽しみだー
Posted by at 2010年06月04日 23:36
5121工房が馬車をルーラ対応型に改良してくれているのだろうか?
Posted by at 2010年06月05日 19:06
14歳失踪の時のカガリの反応から
勇者召喚はアリアハン国王がやっているような気が汁
Posted by at 2010年06月05日 21:19
美希相手に必死になってるカガリ見てるとおっちゃん目から水が流れてしまうよ
Posted by at 2010年06月05日 21:22
プラチナに関しては宇宙原産だから、アリアハン
世界にあるかは微妙だと思うんだがw
Posted by at 2010年06月13日 08:05
面白いなあ。実際にこんな世界に飛ばされれば地獄なんだろうけど(お話としては一番面白い部分を抽出してるわけで、楽しい所だけ抽出すれば現実世界のほうがよほど楽しい)。

それを、暮らして楽しそうに見せる、のは書き手の腕前だよな、すごい。

やる夫が女にもててるのは楽しそうだが、これだけ厄介事と仕事と義務を果たして24時間延々責任があるなら、当然仲間もしたうだろう。実際当事者になったらこれ、満足感はあるだろうがでれでれしてる余裕なんて無くて生きるのに必死だろうなw
Posted by at 2010年08月08日 10:42
プラチナは融点が高い(約1800度)うえ産出量が少ないこともあって、現実世界でも貨幣として発行されていますがほとんど流通していません。
ちなみに、金・銀・銅の融点は約1000度前後、鉄の融点は約1500度ですね。
プラチナは鉄より融点が高いため鋳造すること自体が大変です。
なので、このお話ではプラチナ貨はないとするのは正解だと思います。
Posted by at 2010年08月12日 14:08
いいからお前ら毛布買えやwwwww
Posted by at 2010年08月17日 07:18
つうか、やる夫のスケベ属性ほぼ消滅してないか。
別に構わないんだけど。

……ぶっちゃけこのパーティーだと、そりゃそうもなるんかなー。
Posted by at 2010年08月18日 03:06
旅が忙しない上に充実してるからそういう気も起きないんだろうね>やる夫
Posted by at 2010年08月22日 15:14
ホモじゃない・・・ホモじゃないが・・・
男分が足りない・・・
圧倒的・・・圧倒的に・・・
Posted by at 2010年09月03日 22:57
D&Dといえばプルトニウム貨・・・・・・
Posted by at 2010年09月11日 11:47
だんだんやる夫がお兄さん通り越してお父さんになりつつあるなw
Posted by at 2010年09月14日 07:54
毛布買えwww
Posted by at 2010年09月17日 23:56
男分はない夫パーティーで補うとして・・・
毛布買えよww
Posted by at 2010年10月02日 04:35
「やる夫もげろ」に続く新たなSHITTO語、「やる夫 毛布買え」の誕生の瞬間である
Posted by at 2010年10月02日 21:22
遊び人は普通の人とは違う見方で世界を見ている。それが賢者への伏線になっていると思う。
Posted by at 2010年10月25日 16:56
王子><
Posted by at 2011年02月13日 19:17
まぁ男同士だとしても相手が準にゃんなら十分羨ましい…よな?
Posted by at 2011年05月04日 21:05
羨ましいけど、準にゃんを皮切りにやらない夫が染まらないか不安だw
Posted by at 2011年07月25日 20:15
ベジータwww
Posted by at 2011年08月20日 13:22
やらない夫ーーーっ

そしておまえら毛布買えよwwwww

寝袋、できる夫が作ってそうだけどな
Posted by at 2011年09月02日 16:39
プラチナは貴重な触媒なんだぜ・・・
それを貨幣にするなんてとんでもない
Posted by at 2011年09月15日 01:23
アイテム物語は自分も持ってたけど、鉱石分布なんて見落としていたわw
よくもまぁそんな設定を拾ってくるもんだな。
Posted by at 2011年09月15日 20:03
↑↑旧D&D(テーブルトークRPG)では
その「とんでもない貨幣」が存在していたんだが……
Posted by at 2011年10月21日 23:22
準にゃんと一緒のほうが羨ましいだろ・・・
Posted by at 2011年12月30日 01:58
↑↑
今もあるよ(4版PHBで確認)

ところで、DQ4コマに「1G50g」と出てたけど、
D&D4版PHBには「(種類に関係なく)硬貨50枚で1ポンド」と出ていて、
計算すると1枚約9gになったんだが…
Posted by at 2011年12月30日 21:47
今の10円玉が4.5gだから、厚さを2倍(約3mm)にすると9gになるな。
このサイズを純金で作ると25gになるから、金貨はかなり混ぜ物してるよ。

ちなみに10円玉の素材(青銅)で50gにするとなると、
直径52mm、厚さ3.5mmで51.5gぐらいになる。かなりでかいな……。
Posted by at 2012年01月08日 00:02
俺、11話だけで何度ない夫のリアクションに吹いただろうか
Posted by at 2012年03月27日 00:52
ない夫さんがぶちきれるかと思ったら、そんな隙すら与えなかったなw
Posted by at 2012年06月28日 10:47
4つのPTが混在して掛け合いしてるのに
一人一人キャラが立っててすごく面白い
こういうあたり作者さんの実力が出ますね
Posted by at 2012年08月06日 20:53
待て、やる夫の性格がオープンスケベから変わったんじゃなく
やる夫の異性の守備範囲が、年上グラマーとかなのかも知れんぞ
Posted by at 2012年10月02日 20:35
これ、周りが人間できてるからほほえましいで落ち着いてるが、ない夫の反応が正常だよな
男ばかりのパーティだったら、やる夫がいくら良いヤツでもブチ切れるレベルw
Posted by at 2012年10月11日 22:12
一番好みなのが準にゃん

やらない夫モゲロ
Posted by at 2012年11月18日 01:59
やらない夫「阿部さんの(毛布の)中、あったかいナリィ…」
Posted by at 2013年03月31日 19:41
オリハルコン貨…
Posted by at 2013年07月31日 22:17
やらない夫危うし、だなw
Posted by at 2013年09月29日 19:45
>一人一人キャラが立っててすごく面白い
空気キャラがいないのがいいよねえ
Posted by at 2013年10月29日 21:29
なぁに、TRPGの中には『プルトニウム貨』何て恐ろしい貨幣すら有るんだ。ロシア辺りだけとは言え実在するプラチナ貨程度なら普通普通。
Posted by at 2014年10月13日 22:35
王子w
Posted by at 2014年12月30日 20:39
そういう埋蔵金属分布も設定されてたのか。

ということは、ウランやコバルトで放射能汚染された土地や、
水源が重金属汚染されてて公害が発生してる土地もありそうだな。
Posted by at 2016年10月16日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38670439
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ