■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 10/29 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年06月13日

第13話「アッサラームの夜」(3)

第12話へ   3   第14話へ

61 :◆vsQyY1yD2Q
                                                     , 、
                                                __γ´/ 丿ヽ
                                        _       ィ」  ⌒    ̄\.  ┏━┓
                                      ((⌒))  /  |    卜、     \lx ┏┛
                                        [「  //   t  |  | ー\\.|  | l |・
                                        ° //   l/\t \○ \|  | l |
                                             |/l  乂{○    ̄ ⊂⊃l  /゙Y
           馬車の主の、やる夫さんなら分かる事……?     ./八 \ {⊂⊃       // ノ
                                            jノ  Tナl`            厂  ,ィ===x
                                              ーヘ、   、_,、_,  ノ  ((  _))
                                         ┏━┓    ` ー-|___」イ      [「´
                                           ┏┛       ,ノ}   l|ーァァ― 、o
                                            ・      / ̄l「 〃    l| 〃    |
             /           l  \
                /               イ   ヽ
           /          /  l    ヘ
           ハ.         /    l   ノ l
          ,  ` ー―--- /      l二   イ|
          |、_       /        l     |
          |   ̄ ̄ ̄/         l    |
          l        /ー一    ー―ヘ   l|
              .     ム=ミy     ィ=ミl   l|   う〜ん……
           ', |   /}」りノ      }」りノ|   l|
           Vj   |       l       |  /    この場合は 「隊商だから」 って事なのかしら?
            リ ノ  |             |  /
           /イヘ  |:\   ⌒-⌒   /l /l
               lヽ.|: : :}>' ´ ̄` <l: : :|ノ  ーァ
           、__ノ  : :/ | ` ̄`ヽT |l: :   T´
           _`コ    {.八  ` ̄`〉〈/:     :l>、
          /   | l   ゝ. l   イ_ノ∠ノ  ノ: ノ /ヘ
          /\ 人:t: : .   |    ヽ. /. :/// /l
         /l\ \ \: : : : :.〉    /`T¨厂´/   //\
          / \\ \ `T´/    / / / / \ //  |


62 :◆vsQyY1yD2Q
                  ,  -‐  ´     r-・-トw
    , ‐=ニヽ    ./            w_| | /  ヽ_
    !_i  ) )   く      。  _i =ヽl/=  }  /
     _ノノ    ヽ★⌒ ヽ ∧ ̄  `、_ニ_{=  ノi ̄フ
    // ̄     _ { ・ ゜(;;;(;;;;).   __ -‐`ー´‐┤〈
    ◎       |   ヽ_・ノ -‐ ( ̄ 、_ j,、::::::::::',/
                _ゝ  |__, :::´!-l:::::ゝ    _, lノノ-ァ::',
            \,  |::::lヽ::ゝ_    '´ ̄` .!ソ::::::'、     隊商だと 良い事って
                  > |:::::ィベ'´ ̄`  ,      !:::::::::::::',
               l::-、ゞヘ    r-っ  ./::::::::::::::::::i    何か あったかな?
               |:::ヽヽ__ >‐-  ̄ イ::::::::: -‐- :ノ
               l:::::::〉彡i i^^ヽ. |/ ̄i--r'    ヽ 。
               ゝ'´ヘ 〈 .iw-、ノ   | |     `/-,
               i   ゝ /v`-' ̄ ̄ ̄ .|  ____(;;;;);;)
               |  {ミミ}`‐- __ -‐´i〃_, --イ



                                              __...,,,   ...,,, _
                                          ,.-''"´         ` 丶、
                                       . /                \
                                       ´                   \
                                                            ヽ
                                                             ',
                                           |  ,ィ  ,    / ,          |
                                          ,l ハl ',  ハ|  ∧ |          l
                 よく分からんが              ',  l|/テfミ∨ 、 _', /ニ',ト、 ,イ|    /
                                         ヽ |'´{_ノf`    ∨,f=rfミ、メ l  , ,ィ /
                 その ゴジャース商会は.           ヽ/ `'、 ̄´ ,     ゞヒり `/ / /ノ !
                                       ../,ィ l    ':::::      ` /'´  l'´ {
                 隊商があるから             /´l  ヽ   ゙        /   l /   '
                 何か 得してるってことだよな?      l  , \  ヽ      ノ,ィ  l/  、 '、
                                       _,.ィ   ハ | `ヽ  _,,.. - 7´/  /′  ヾ丶'、
                                       ‐イ /7 '1   ̄`''‐ァ f´7  / l  ト 、 ヽ、`
                                        l //__,,.!      | / / /  l,  ',  ̄``
                                       _,.|/'"l/      | / /イ`丶、 !`ヽ、'、
                                          ヽ       |!  `ヽ  `  `ヾ、


63 :◆vsQyY1yD2Q

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ○)(○)
     . |  U  (__人__)
       |     |r┬-|     ……あ、もしかして!
     .  | ι   `ー'´}
     .  ヽ     u  }
        ヽ     ノ
        /    く
        |     \
         |    |ヽ、二⌒)



                                                        ___
                                                   /      \
                                                  /ノ  \   u \
                                                / (●)  (●)    \
                      やらない夫、何か分かったのかお!?   |   (__人__)    u   |
                                                 \ u.` ⌒´       /
                                                ノ            \
                                              /´               ヽ



           / ̄ ̄\
         /       \
         |   u     |
         | ヽ   ノ  u |    ああ、さっきまでの話と合わせて考えれば
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |.     多分、これが正解だ。
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ


64 :◆vsQyY1yD2Q

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)    お前、橋の関所で言ってたよな。
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ     隊商用の宿は、商人用、使用人用、護衛用の部屋があるって。
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃     それだよ。 この世界で 町から町へと移動するためには
   ヽ、l    ´ヽ〉     モンスターに対抗するために 護衛が必要になる。
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ    そして、この町の主な産業は……傭兵。
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!    つまり、大きな隊商を持つゴジャース商会は
   l               `ー‐ f r'
   l                   ノ'     それだけ 大勢の傭兵を抱えてるって事じゃないか?
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /       ゴジャース商会が、事実上の王だってのは
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /         .それだけの 「軍事力」 を持ってるって事なんだろ?
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


65 :◆vsQyY1yD2Q

                                       __,,,.... -――‐- .._
                                     /vV///∠∠彡:ニニヽ
                                    {/`ー-‐'''"´   二二ニニl
          フン……ようやく 理解したか。         /ー--‐''''"´    二二ニニ|
                                  ,/ー---‐'''"´__   ニニ二二|
          もう一つ 付け加えてやろう。       〈べヽ l. ヾニ-‐'''ヾ> =r-、ニニ|
                                  },-o->  ヽPニニ  ミ ス.|ニ二|
          この町は、大多数の傭兵共と        |二/,'   ー― '  `に!|二ニト、
          それに 人食い蛾のように群がる      |/,' __ ヽ\    r<二ニ| \
          商人共で成り立っている。          .| 「r---一ァ'!   | \ニ|   |`'ー-、__
                                     | !` 三 ̄  l    |    \!  |
                                      \       _.. -''"    /|    |
                                  _,.. ‐'''"`ー <´       / |  |



                                           ____________
                                          ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|
                                           V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|
                                           / 二ー―''二      ヾニニ┤
                                          <'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|
    だが……その傭兵共の持つ金も                  ./"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|
    元を辿ればゴジャース商会のものなのだ……!          .| ===、!  `=====、  l =lべ=|
.                                         | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|
    そこには 「王と臣民」 以上に明確な上下関係がある……!. .|`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|
                                          |  /    、          l|__ノー|
    分かるか……ゴジャース商会は                   .| /`ー ~ ′   \   |ヾ.ニ|ヽ
    「金」 と 「力」 で、この町を支配しているんだ……!!      .|l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \
.                                           |    ≡         |   `l   \__
                                          !、           _,,..-'′ /l     | 
                                      ‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |      |
                                       -―|  |\          /    |      |
                                          |   |  \      /      |      |


66 :◆vsQyY1yD2Q

          __..  z≠  ̄   ::::...  、
          /..:::::   ..:::::::::::::::::::::::::::::...   \
         /..:::::::::::.. ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   \
     __/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..    ヽ
     / /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
   / .:::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::::::::::::..   i
   | :::::::::::〃.::::::::::::::::::::::::::::::::/ j :::::::::.-}‐- .._ :::.  |
   | :::::::::Y ::::::::::::::::::::: _.. -‐/- | ::::::::::∧::/| ::::::::::W   なるほどね。
   | ::::::::::l :::::::::::::::::/..:::::::/   l :::::/ rく.マ:::::::/
   | ::::::::::| ::::::::::::::::::::∧::,rく⌒Y:/  トヘ Yヘh     他の商人がいても、商売の起点になる交易所が
   | ::::::::::|/\:::::::::::/ / ト、ヘ       |::::} } { |     ゴジャース商会の傘下にあるなら
   / .::::::::::::::::: >、,イ  { |::::::}       弋ノ ノ` |/
  ./.::::::::::::::::::::f{       ヘ弋_ノ             从     そりゃ、真っ当な商売じゃ 勝負にならないわ。
 /.:::::::::::::::::::::::| \      、、      '  ``人::ゝ
 |∧:::::::::::::::∧|  `7            _    ,.ィ仆ミ/
   \::::::|/     厂 ̄ ̄>:: 、  __..  <:::::/
     \|   /'´ ̄`ヽ\  /      ∨
          /      } ヽ{ \



                                              ,.、-rァァァァァ‐-,.、
                                              ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
                                           lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
             その通り、他の商人の努力すらも          .|| へ、_`ー '_,._へ ||
             自らの金に換えてしまうのだからな。       rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
                                              |ヒ|. `二} {二´ :|j.|
             「力」 を押さえられている以上.             ,ゞ|   人__人   |く
             別の交易所を作る事も出来ん。    ._,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
                                  /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
                                  /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
                                 ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
                               .  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
                                 ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
                                 〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈


67 :◆vsQyY1yD2Q

                                                 `ヽ、-、
                                          , -一'''' ̄` ヽ、 `)ヽ
                                        /          ヽ<<
                                      /                `ヽ
                                     /                   ヽ
                                    /                    .ヘ
                                    ,'                      .|
                                   .| .:,'  i  i     ',      ヽ     .|
                                   .|.:::ハ .::| ハ ::',ヽ ヽ:::.     ヽ    |
                 ……変なの。          '::::i i .:ハ | \::', `ヽ、ゞ 、::::ヽ::. |::.   ',
                                    ',::| ヘ:::| ∀ヽ  `ゝ ー─-`ヽ',::::人):::.  \
                 そんな町なら              ヽ,人バ弋ゆ    ´とりヽ  }人__`ヽ、  _二フ
                 逃げちゃえばいいのに。   ._ ィ´‐'7 }          ̄   ヤン ̄ーゝ`ー─ァ
                                      / ::ヽ   '        /ヘ:::::::::::::::::::\  ̄
                                    / .::ノ::::\  ‐-         ̄`ー、::::::::::`ヽ、
                                   <-─'7 :::::::{ ヽ _ ィ ´         ヽ< ̄ ̄
                                      ノ :::::::::{   、  }            ',:\
                                       :::::::::::ヘ人  `、_, .,-一         }::::::\



            _,..-──- 、、
         ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
       ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
      /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
     ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
     |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!    頭が良けりゃ 商人になる。
     |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j
     ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i    一か八かで 新天地を目指すのもありだろうさ。
    .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!
     | ソii        j             l!ヽ l
     i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!    だが、危険を承知で街を出られる奴ばかりじゃない。
     `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
      \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ      どうにかでも生きていけるなら尚更にな。
        i、       ー一        / i/
        |`、                /  'i
        |  \     ;       ,イ   |.       結局 残った連中は、傭兵しか道が無いって事だろうな。
        |   \ ___,__, ィ´/   |
        _,!              /     l、_
  ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
         l   ;          ,'  ,'  !  ;



68 :◆vsQyY1yD2Q

         __________
         .!ミミミ;;;;;,,..))))))))))))フ7
        .!三ミ::::::: ""''==''"\ノ
        |三=-::::  "'ー-ー'" \    その状況に一石を投じるのが、我等が 見学商会だ。
        |/rヽi,,-ー-ー'"  ,i_,-=''|
        |/|ニ||::::===。=;; <=。==.|    ここでは 誰でも店を借り、商売する事が出来る。
       /|/.|:r||::::::` ー '   `〒'"|
      / |/'ヽリ:::::,._ニニ    |:-'.|     そう……誰にも邪魔される事なく、真っ当な商売をな。
     /  |//,`|:::r'",_  i~- ._| .|
--ー''"""|  .|/,`::::|::::::`-二二二二フ|、        r-=,,
     |   |,` ::::|:::::::::::      .|.|`ー=;,,_     `ー、`,
.,-''つ  |   |,`  `ー-;;:::::::=≡ ../ |   ~''-=_ (こ''ー、.丶
"/   |   .|\     "''-;;_/ノ|  .|      r-、 ヽ,.ヽ )
/__,,--、 |   | .\    ::::::::::/ .|  |     ( ̄~"''-,, ヽ,!
''" ,,--' |   .|   \    / .|   |     | ~|~"ヽ, .ヽ ,!
 r',,-ーつ    .|    \, ,/   .|   .|    | ⊂''ー、, ,!
 ''",,-''"┴--ー'"|    /ヽ,   .ト---┴''/  .|  |,~''、  ,!
 r" _,,-っ    |  ,,,-へ /`-,  |    /  |  ( /  /



        ___________
      /´  , -‐- 、.           /
.      i  /::::::::::  `''‐ 、..__,. ‐'´ヽ. /
.      !  ,'::::::::::    、       ∨
     |  i::::::::::  、 、`''ー---‐''´  ヽ
     |. l:::::::: /へ.\` ー---‐ ´/,.ヘ    当然、この町に訪れる商人は 見学商会を利用するようになる。
     │ \:::::::: _\\,   /∠_  |
      |. /"ヽヽ:::==。=`,,   /=。==│   それが、ゴジャース商会の交易所に運び込まれる商品を減らし
      | { i⌒| |:::::` ー-‐'    .::.\-‐ ´│   .奴等の力を削ぐ事に繋がるのだ。
    /|. l ト、|.|:::::: ー-‐ '   ::::::::::: l::-‐'..
  /  | ヽ.._||::r':; -‐‐' r __::::::::::::: l ー、|    また、客も真っ当な値で物を買えるようになり
_/    |   /l!:::/:: ー----------ー'--.|    ゴジャース商会の ぼったくりも 成立しなくなる……!
.!     .|  ./ ::|::::::::::              |
|     │./  ::|:::::::::::     =====     |\
|     |/   ::|:::::::::::::...          ,.イ  .!`
|     |\   :`'' ‐- 、::_:.......   ,. ‐'´/|  │
|    │ \   ::::::::::::::::::`~`''"::::::::/ .|    |


69 :◆vsQyY1yD2Q
                                               ______
                                               >=-     `丶、
                                              /            \
                                             ゙7   , ハ    ,、,    、
                                             {  / /⌒\/´lハl  ハ
                                             ゝ_l/|   t}  t}  /Vく  }
.                  つまり、ここは馬車市みたいなもんか?  / ニ):ノ i|      _/   i  \
                                          {     )八   __ `7 从」 <⌒′
                                           `L.. フニニ≧=}___)=|/^フ⌒´
                                             \     ノ `YーY´ ゙「\
                                              ` ̄{   {  l   }>'⌒ヽ
                                                 ゙ーr‐`ー゙ー‐f)    }
                                                  / ` ̄ ̄´ マ_ノ



      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、    確かに、この場所は 元々馬車市が行われていた所だが
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/     今では、小規模ながらも 店舗を貸し出している訳だから
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \    「小売店の集合体」 と言った方が正確だな。
   l:三三三| {こ|ミ|.   __,ノ r __  ヽ
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ    一般客も入ってくる分、商売のチャンスは大きい……ぞ?
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ
__/|三三/   :|         |
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-
::::::::K             ,イ:::::::|::::::


70 :◆vsQyY1yD2Q

                                                   , -─‐ 、
                                                  -‐{__rァ  / _
                                             .  ´      {__厶   ヽ
                                           /         く__フ    ',
.                                           /                   }
                                          /ィ     ,  . : : : :/:, : : . : : :、
                                          / ,   , . ! . : :_:/_ム:ムイ: : :! : : ヽ、_
                                          l :{   . :l: :从l、: /l/iひ小 : : !}: : : :__
                                          |八 \lVにムV   ヾソ|: : :lハ/
                              ん? どうした?    l、: :ト、 ヾソ ,      |/l/ /
                                            | \|:ハ    _  /   i  i┐
                                            |/lイ 、`マた¬≦}     {  | |
.                                              |/V\{  \ {\__人 } }
                                                    ヽ  トi`マ´  \ `Lj
                                                     ゙ー{_{_厶     \_
                                                       ヽ\_      ̄
                                                          `ー==━



      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/    ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \
   l:三三三| {こ|ミ|.U  __,ノ r __  ヽ   そ、その お顔は、もしや……。
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ
__/|三三/   :|         |
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-
::::::::K             ,イ:::::::|::::::


71 :◆vsQyY1yD2Q

      /ミミ、 ̄「「「¨リリ゙777
.     /:==≡ジ ̄ ̄ ̄"\
.    i:三三三/  u. ,.、_ `ニニゝ、
     l===シ     '^'''‐-゙ニ7' /
.     !三三ニ└- 、   ===t ,,/     ……カ、カガリ王女?
.   l===r'ニヾミ|   `ニニ   \
   l:三三三| {こ|ミ|.U  __,ノ r __  ヽ   何故、このようなところに……?
.   |=== | に|ミ|. /r'ニ.‐- 、.__ラ
  │三三三:ヽニlシ / に二二ニZ
   |===シ´ :|           __ノ
__/|三三/   :|     u.   |
/::::::!ニ/       `ー- 、..____,ノ`ー-
::::::::K             ,イ:::::::|::::::



                                   ,  ´                 \
                                  //´                   ヽ
                                 / /                     ハ
                                ./:/          . :  . : : . : .      ハ
                                /://. : . : . : : . :i : . : :ィ: . : : . : . : : .   : : : : ハ
                                i//./: : : . . : i: : : .イ: . : :/ l: : : : イ:}: : : : : . . : : : : :.l
                                 l:.{: : : :',: : l:ト: :/_lハ: :/  l: : / lハ: :∧:}: : : : :i: : :}
           ああ、私の事は 気にするな。    .lハ: : : ヽ: |,rV≠ミV   |:./-z≠Vミ.Nl: /: : :|: :lリ
                                  ヽハ: ∧l'  ト-':ノ`   l/ 代ィ::::} `N/: : /:l: l|
           継承権は、既に弟に譲った。        .}:.l: ハ ` ̄´  ,'    `ー‐'‐ /:ィ: /:./:.{
                                   /: j: .∧     、       ./ィ. リ: ィ: :.l
           今の私は、やる夫パーティの      ./ イl: : :.ヽ     _       ィ . : :/i/: ハ
           ただの カガリだ。                /.N: : :l: :\  ´"`     ィ //. :/: : : l ヽ
                                   ∠..ィ:ヽ: l.r< コヽ、   .  ' {>': ./: : : : ハ
                                    i: .ィ:.l: ハ  `` ー-'  r‐ ' .//: :∧:|: :ハ
                                    {/ .|N_. j      l  l  ./: : : :/ .リ \|
                                _   -‐ ´   .{.       l  l  {::::>' 、_
                          _.  <           .l      .l l   |::::::::::::::::::::: > 、__
                         /               ハ      .V   .l:::::::::::          ハ
                       . /      、          .ハ      .|   l            ..::ハ
                       .〈:::::....    \ .:.       .ハ      l     l         l: ...::::::::〉


72 :◆vsQyY1yD2Q
    ___,,,,... 、 -‐ァ´/'''7
   f r―-- ...,,,,__/./  /
.  | | |j~    //"'\/
  | |    ヾソ /ミ三彡ゝ,          うおっ……! ぐうっ……!
  | | |j~ /,.<\     //\       
  | `‐-//_ゝ"    i!/__ヽ.   /
.  | r‐.//<´ ̄`ヾ u. /´ ̄フ } ./ /   .バカなっ……! 
.  | レ´,.イ | ヾヽ 。 /   `i.゚=彡,.レ´ /
,、-'´,、.'_`| |  ゞ三(  |j u ト.ァ''´,、-'´      どうして 「王女」 っ……!? どうしてっ……!?
 ,、i.| f. `| | /二ノ } u ,、-'´,、-'-、|
'´ | l に.|.| r‐t-,.、/,、-'´,、-'´u. ) u\
.  /| ゝァ|.| |二ン-'´,、,=;'_,=,=,´,-,‐n i      この一年の間に
  |::::|. / `!,!-'´,、-,'〒〒〒〒〒〒.ヲ }__
/::::::| !,-'´,、-'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  {::::     アリアハンで 何が起きたと言うのだっ……!?
::::::、-'´,、-´|  u     三三三 u.  !:::
-'´,、-.リ   '、__       u  /:::::
-'´:::::::|\ u      ̄ ̄"''‐-、._/|::::::::::
::::::::::::::|  \               /|::::::::::



     .._________________
      「 | | |  | | |.  | | |   | | |  | | |  /// ///\
     \ | | |  | | |  | | |  | | |__,-‐、|  /// /// /.|
.      \,ヘ、. | | |  | | | |_l-'  :::::\/// /// .///|
       /  ヽ、| | | |_l l-'    U ::::\./// .///.│
      /    ` ‐-‐'          :::::\ ///  |       ……と、とにかく
.    /l\    ヽ、 __, -‐'  ̄   __,-‐ll´\::::〉___│
    ^l\ll\ ヽ、 _ , -‐'  __,-‐ll _ll-'´ ̄::/ ──‐ |       ここは 元々 隊商用の宿でな。
.    |  \ll\      _,-‐' ll _- '   ::::/  ̄ ̄ ̄│
     | _二二\ll||   ||l_ll二二二_  ::::|  /⌒i._|       見学商会も、宿を営んでいる。
..    |  ̄ ̄ ̄o >.......≡ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄  :::|:ミ|l⌒:|─|
    | ` ‐--/.:::::::::   ` ‐---‐ '´ U :::| |l⌒l.| ̄|
    | 、_/,::::::::::::::::  、_     ,ノ   :::|: ||⌒l.|_|     おそらく、アッサラームで一番 安全な宿だ。
    |   /,::::::::::::::::::::   ̄ ̄ ̄   、 :::::|ミ||ノノ ─|
    |/./,::::::::::::::::_:::)   `‐--- 、 \ ::::|.|`‐' ̄ ̄|\    君達も 是非 泊まって行きなさい。
    │v L                   \  ::|| l、__|:::::\
.     |  -----======ニニニニニ⊃   ヽ::::|: ::l、─.|:::::::::::\_
     |                   :::|::l::  ::l、ニ|::::::::::::::::|:::‐-
    _/:l     ━━━        ::::::::;/::    :|,|::::::::::::::::::|::::::
._ ─/:::::::l                ::::::;/::   /|:::::::::::::::::::::|:_:
::::::::::/:::::::::::::ヽ             :::;/:::   / .|:::::::::::::::::::::::|::
:::::::/:::::::::::::::::::::\_______;/:::   /   |:::::::::::::::::::::::::|:
::::/::::::::::::::::::::::::::|\::::::::::::::::   /    .|:::::::::::::::::::::::::::|


73 :◆vsQyY1yD2Q

                 ,.‐''´ ̄`ヽ、
             /         \
      ,.‐'´ ̄ ̄`ヽ'           ヽ
     /                    `‐、
      !       iヘヘ              ヽ
     レ      イ  |            ヽ
    /     /ノ   ト                i
    ,'    _,. ‐'´    ヽ、.___         l
.    i    / /´ ̄`     ´ ̄`\`i       !
   |   ,/   ‐++++、     ,:++++‐ ヽ      !
    | ,r‐、 l.   "ヽ、._゚ノ ,   、ヽ.゚__,ノ゙  .| r‐ 、 .!    あら、利根川さん 大丈夫ですか?
    | ! r、| !.       /   ヽ      .| |,ヘ |  |
.  │| ト |.|       /     ヽ     | ! ン !  |    なんだか お疲れのようですけど。
.  │ヽ.__|.| ト、.__`ー^ー^ー'__,.ノl !.!__,ノ  .|
.   |.    |.ヽ`lココココココココココ,フ/ !      !
.   |    !. ヽヽlココココココココフ'ノ .!     |
.   |.    !   ` ‐-----------‐ '   /      |
.   |  |   `' ‐ 、.   ====   , ‐' ´ l    |  !
    L__|__l    l !` ‐ 、.__,. ‐' ´|  |__L.. -┴''´   坂崎 美心 ( 賭博黙示録カイジ )
         ̄ ̄`|           | ̄           職業:僧侶
     ___, o‐7        ヽo、.____.       性格:やさしいひと
   ,. ‐''|   | 8          8  |   |ー-


                                                   _,,. -‐-,、
                                              <Iエ¨-‐<:彡"'ヘ.
                                              ,∠ __   \彡"ヘ.
                                      .     /__/゙べ>  /=彡"ヘ.
                                             \`"テ''ラ , 〈ハ'ニヽ彡'ヘ
               あ、ああ、美心さん。                    /   二.´  V〉ソノ::彡'ヘ
.                                           /  __┐   _\.u Vく=三彡ヘ.
               いく夫のヤツは、上手くやってたかね?   ‘ー ∠、-‐''´    | \ニ彡;へ、
                                               └┐      │ //: : :人
                                                  |   _,,. ‐''´/./: : :/: : :\
                                                ̄ > '´ /: : :/ : : : : : : ヽ
                                                    ∧ /: : :/: : : : : : : : : :│


74 :◆vsQyY1yD2Q

 ア〜グェ マリ〜ィヤ♪
     ∫
  /⌒⌒⌒\
  |∞*∞*∞*|   マタァ〜リ
 . ^^^^^|^^^^^     シルブプレ〜
     | Λ∞Λ    アイムクイ〜ン〜                   \  /
     |(=E∀・)    オブ ゴジャース〜                   X      _____
     J⊂___つ                             / ∩   /.::::::::::::::::::::::::::.:ヽ
       /^^^^^^\                            / ( ⊂) |.::::γ⌒ Y ⌒ヽ:::::::|
  (((  /~~~~   //ゝ                              | |  |::::/ ⌒  ⌒  |:::|
      〜〜〜〜〜                               .トニィ' |:::〉 (●) (●) 〈:::|
                                            |  |. (@ ⌒(__人__)⌒ @)
                                            \ ヽ .|   |r┬-|    .|
                                             \  \  `ー'´  /
                  買えば 買うほど おいしいのが見学商会!    ヽ ノ ゝ   '''''/>ー、_
                                                / イ(  /   /  \
                                               /  | Y  |   / 入   \
                                               (    | :、 | / /  ヽ、 l
                                                j   | :  | / ィ    |  |
                                               くV  ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
                                                ー  〕    \  〉(⌒ノ





              __
         , -‐- 、 r'´ 三ミヽ.
     r'´彡,   彡'   ミ、ヽ
.     ノ  '〃'/ l''ヘ\ヾミ`\\
    ,'      ノ  ヽ.     ` ヽ
     l ノノ,リ,r ァ'-、  丶-ミ、ミヾ │
    | '〃'.,ノ ′__    __ `\ ヾ |
.     l r,=i|. ゞ'⌒`,  、'⌒ヾ' |i=、l        大丈夫ですよ。
.    |.l.ト:l| '/// / /,ハ ///, ||fリ|
      |.ヾ=l! r _‐-‘ニ'='ニ’.-‐ 、lレ' l          いく夫さんって、接客が
.    ||i:  | | トカエエエエエ夕l ||.ill|         大変お上手ですから。
.     | l|!|l.| l ヒェェェェェェェェTj ll_ レ'l二二二l
    |   l._` ー────/.ノ',.イ-〜ニ〜{
    _.⊥-┬- 、T' ‐- ニ -ァ7 ノ/r'/l二二二l
. /, -‐ 、:::ヽ::\:\._  _./ノ  {'// /´レァ/
/:/    \::\:::`:ー::ニ:ァr〈.  `ー'-‐' /./Z
レ      T‐-`ニ::‐/ ヽ\.   ''ニニ 'ノ,ハ
|     ,. -─┴- 、_/{.    ` ` フ"´「 ̄  j
ヽ    r' ´  ̄/  ヽ.   _/  │  / |


75 :◆vsQyY1yD2Q

                                                  ./ ̄ ̄\
                                                  / ヽ、_   .\
                                                . ( (● ) .   |
                                                . (人__)     |
                         へぇ、いく夫が相手してるのが      r‐-、    .   |
                                                (三))   .   |
                         件の ゴジャース商会の 夫人か?   > ノ       /
                                               /  / ヽ、 .   /
                                               /  / ⌒ヾ   .〈
                                               (___ゝ、  \/. )
                                                 . |\    ,.1
                                                 . |  \_/...|



           /⌒ 、
     , '"⌒Y:::::::::::::::ヽ
     ノ:::::::::::/ヘ:::::::::::::::::゙ 、
   /:::::::_,,ノ、  >、_;;;:::::::i
   /,.::|r、==、  ,==,,i;;::::l
   l:|Fl|く_ ・ ,. 、・ _ノ |lュl:l    ええ、ゴジャースモララーさんの お妾さんですね。
   l::ヒl    ~i_ _j~  .|ソ:!
   |::::::|{r,ェェェェェェェヽ|::::::|    周りの雰囲気も明るくしてくれるような、ステキな方でしょ?
   |:::::::llヒェェェェェェェェェェリ::::::|
  ノ:::::::ヽ ̄ ̄三 ̄ ̄,.':::::::l
  /:::ハ::::r'`¨i'''‐-‐''i¨´ヘ:::::」
 └r'"~ ヽ ヽ、_,,シ _ノ `゙ヽ、
 r'"\  ヽ、_      ノ  /`''、



                                                   . __
                                                  ./::::::. \
                                                  /::::::ヽ;;:   \
                                                . (:::::(::::冫    |
                                                . (:人;;;) .    |
                               ……… お 妾 さ ん ?     .r‐-;::::::. .     |
                                                (三)):::::.. .   |
                                                >::::ノ:::::::::.    /
                                               /::: / ヽ;:::::::::   /
                                               /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
                                               (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                                                 . |\::::::::::::;;:1
                                                 . |:::::\;;/:::|


76 :◆vsQyY1yD2Q

       /⌒ヽ
  ,,..ィ'" ̄`'     \,   ━┓
  !     ,l^^l     ゙ヽ  ┏┛
 ↑  _,'ノ  |、     ゙i. ・
 ,!  y',r‐¬  ゙;亠-、ュ  l
 |  i' 、'''''。'i  i'。'''' ; ゙!、 l     ええ、そうですけど。
 | n.l  `‐‐' ,  、゙‐‐"  l.n |
 l ヒj.l、 _/_,._,._'、_ , |.iッ.|     十……何番目だったかしら?
 |   |゙t`iェェェェェェェェiヲ" l   l
 !  | 、ヘェェェェェェェッ'ノ l   l     ゴメンなさい、ちょっと ド忘れしちゃって。
 !   !、.._ ̄ ̄ ̄ ̄_,丿   l
└凵_L_]`ー=ー''[__」__,,L凵.
      。j     l,。
   ィl ̄l:____:l ̄lー



                                           r−<_::::::::::::::::::::丶、
                                        , -―/:::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::`丶、._
                                      /:::::::,、!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                     //:::::::/::`!:::i:::::!:::::ヽ:::::::::ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::!
                                   /::/::/:::/::::,、,!:::!::::ヽ:::::ヽ:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::::::::::::|
                                  /,.イ::::/::::!::::/ .!::ト、:::::ト、::::ヽ::::::::::ヽ:::::ヽ:::i::::::::::`、
                                    /:::,イ::::!:::/__  !::!ヾ、::!_,>-‐ト、,_::::ヽ:::::!::::!::::::::ト、ゝ
                                    !::::ハ:::!イ´ ` .k ! ヾ:!  \! ヾ`::::lヽ::!::::!::::::::!
              あ〜、やらない夫。           !::/ !:::::::! -‐- ヾ、  ヾ-―- ヽ:::::!::ヾ!:ハ::::::::!
                                    ヾ!  !:::::::!    ノ         〉、!::::/ヽ|:::/リ
              この世界では、「妾」 と言うのは       .!::::::!   く            !::::::::/‐,ソ:/
              そう珍しいものではないのです。       !:::∧  `       U !::::,.イ‐'/!/
                                        !,/ ヽ ー―--    ,.!::/ ト、リ
              ウチにも いました。                 ヽ  ̄    , -'´!/ ,ハ
                                             >┬―''"´   /  ヽ
                                         _,,..-‐'´! ヽ、    /    ,イ``丶、_
                                    _,,..-‐''´    /!   ,>-<´     / .!     `'ー-、_
                               _,,.-‐''"´        / !  /:;:;:;:;:;:ヽ    /
                             r'´              ! /ヽ、___/`\ /
                             /                   !/  /;:;:;:|    ヾ


77 :◆vsQyY1yD2Q

                                                >=-     `丶、
                                               /            \
                                              ゙7   , ハ    ,、,    、
                                               .{  / /ノ \/`lハl  ハ
                          そんなに おどろくような事か?  ゝ_l/| ●    ● /Vく  }
                                               ノノ.i|⊃    ⊂⊃ i   \
                          ウチは18人兄弟だぞ。      .彡ゞ八  r‐-、 `7 从」 <⌒′
                          母様が 一人なわけないだろ。     ./⌒l`ニ`,  |/^フ⌒´
                                                 ./  /::|三/:://  ヽ
                                                 |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,



             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、  我々、王侯貴族の場合は
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|    「妾」 ではなく 「第○夫人」 と呼びますけどね。
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !.    例えば、ロマリアの 前々国王の夫人達とか。
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


78 :◆vsQyY1yD2Q

   「権力」、「財力」 と言った力を持つ者達、王侯貴族、商家の当主、或いは 地主などですね。

   そう言った者達が幾人もの女性を囲い、養う。 これは、当たり前の事です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ┏━━━┓┏┓┏━┓┏┓┏┓                   ┏━━━━━┓       ┏┓
      ̄┗━━┓┃┗┛┗━┛┗┛┗┛. ̄|..┏┓| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|┗━━━━┓┃ ̄| ̄ ̄┃┃
      ̄| ̄ ̄| .┃┃┏┓┏━┓ ̄ ̄| ̄ ̄| ┏┛┗━━┓ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄.┏━┛┃ ̄ ̄| ̄┃┃
      ̄ ̄| ̄ |.┃┃┗┛┗━┛. ̄| ̄┏┓..┗┓┏━┓┃┏━━━━┓ ̄| ̄┏┛  ┏┛ ̄| ̄ ̄┃┃
      ̄| ̄ ̄| .┃┃ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄┏━┛┃ ̄ ┃┃| ┗┛┗━━━━┛| ̄┏┛┏┓┗┓ ̄ ̄| ̄┗┛
      ̄┏━━┛┃ ̄| ̄.┏━━┛┏━┛| ̄.┃┃ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄┏┛┏┛┗┓┗┓| ̄ ̄┏┓
      ̄┗━━━┛ ̄ ̄ ┗━━━┛ ̄| ̄ ̄|┗┛| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄┗━┛ ̄ ̄┗━┛ ̄| ̄┗┛
      ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
      ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|         心逝くまでゴジャースしなさい        ,| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄
      ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄\___________ __________/| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
      ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ゴジャース!ゴジャース!     ∨ゴジャース! …ゴ、ゴジャースダゾ、ゴルァ ̄ ̄
      ̄| ̄ ̄| ̄    ∧_∧   Λ_Λ  ∧S∧ ┓  Λ_Λ  ∧_∧ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
      ̄ ̄| ̄ ̄  _ /__´∀`ヽ ∂/ハ)ヽヽ(・∀・ ) | / /(ハヽ∂/__ ゚Д゚ヽ__ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄
      ̄| ̄ ̄| ̄( ) 〃/ハ)ヽヽ |ハ`∀´ノ.[888888]ノ) (`∀´ハ|〃,,从 从,) ( ) ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
     器器器器器| | リハ´∀`ノゝ (~~~8つ∇:::|G   人 ⊂8~~~).从リ*゚д゚ノリ   | |器器器器器器器器
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |(⌒Y~~~8つ,∇´^^^^ ○:::|==|ノ:::)/^^^^\ (~つ∇)    | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             | | /^^^^^\ 〜〜〜/::::/⌒ヽヽ:::::<〜〜〜〜/^^^^\  | |
             |  〜〜〜〜〜 __ /::::(__)⌒|ヽ::::ヽ___ 〜〜〜〜〜   |
             |_ ∧_∧|/    ~~~~|_||(_)~~~  λλ \|_____ .'⌒仝
          ___ ( ・∀・) ゴジャース! ______(σ.σ)∀   ∧_∧  ′从 从)
         |    | ( つ∇つ  |   |   |   |   ヽι~~)っ━ (・∀・ ) ヽゝ゚ ‐゚ν∀
        |/ ̄ ̄ ̄ ( ̄__)__) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /^^^\ ̄ ⊂∇⊂ )  /.<^^>つ━
      |/                            ~~~~~~~~   (__(__ ̄)   く^^^^ゝ\|
     /                               ゴジャース!       (/J    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                       要するに、「男の甲斐性」 と言う事ですね。


79 :◆vsQyY1yD2Q

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|   そ、それって、勇者もなのか?
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



                                          _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,___
                                         ./=--- 、ヾい| | | / / -─ 、三、
                                         l三!      ̄ ̄ ̄     ヾE|
                                         !彡  -- 、 ─── ,─    lミ!
       それが 「冒険者」 と言う意味ならば、違うな。        .F!/\ ̄\三三三/ ̄_, ヘ ',ミ!
                                        F!´ `'-ニ、 、__    , -' - '"`'.ハ!
       冒険者の扱いなど、「英雄」 にならない限りは    , -l=!   二二、ノ   L二二_  F/、
       「ならず者」 と 大して変わらんよ。           | f=E!  ニ‐-゚- 7    f ‐゚--‐ニ |;f_!l
                                       | |ソ!!  __二ニ,'    .! ニ二__  |kヒl!
       功績次第で 「騎士」 などに取り立てられれば.    ヾ 、!;! -___/!     !\_- .!ノノ
       話は別だがな。                              ̄| / __ L_  _!___ \ |''"
                                         /!.  / -──────--! .|、
                                        /::::!.  ヽ二二二ニニニ二ソ  /:ヽ
                                       /:::::::::ヽ、      ─      /:::::::|-、
                                  _,、-‐ '''"|::::::::::::|  ヽ、        ,  ' .!::::::::::|:::::::`"''
                            _,,、-‐ '":::::::::::::::::::::|::::::::::::|\  ` ─── '"  /|::::::::::|::::::::::::::


80 :◆vsQyY1yD2Q

                                            _,..-──- 、、
                                         ,、-'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``ヽ、
                                       ,r'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
                                      /::::,r'゙ァー-ー'ア"リijk´ ̄``""´``i::::::::i
                                     ,!::::::!       ,!トゝ、         l:::::::|
                                     |::::::!         ,!ヾ、,,_      ゙i:::::!
                                     |::,::l ,ィニニニ二r'´  ゞ二ニニニゝ、 ,!:::j
      まぁ、女、子供の生きにくい世界だ。           ,rゝ;l. ´ ,ィ=≡'´レ   '`ヾ==-、  .! !^i
                                    .i r、i;i      ' ´:;    ` `      リイ^!
      どんな形であれ、男が守って や ら な い か 。   .| ソii        j             l!ヽ l
                                     i ,!( ,!      `ゝt''´         | j!,!
                                     `、. `i        _,,_ __       ,!レ'/
      ……じゃなくて、守ってやらないとな。            \!      ィ-‐ーー-ゝ     ,!,イ
                                        i、       ー一        / i/
                                        |`、                /  'i
                                        |  \     ;       ,イ   |
                                        |   \ ___,__, ィ´/   |
                                        _,!              /     l、_
                                  ,,、-‐ ''"´ i  ;             ! !   ̄``''ー- 、
                                         l   ;          ,'  ,'  !  ;



           ,  -―- 、
          /      i`ヽ
         /        l  ',
       /          ,{   l
       ,         / l   l|
       |      ,. ´    l  l|
       l     ∠ー   -―l   l|   そう言えば、めぐるの世界の地図を見せてもらった事があるけど
       l     /fリ`    fリフ|  /
         v :| :/, ,   l  , , |: /    向こうの世界って、すごい広い範囲に 人間が住んでるんですよね。
       jノl: :l     __   /レ
          lハ| \  ´  /l: l
       /  {:_:| 丶-r:_: : : ヽヽ     あれを見ていると、私達の世界って
        _/ /  〈    l } }  |
     /{ :{ : :ト ゝ    /イ: lノ\    本当に モンスターの脅威に晒されてるんだなって思ったわ。
     /  ゝト : {_\ , ヘ-、ノ: :ノ  !
     |    l  `T /  ̄`Y`T  | |
     |    V   | l  _ | |    | |
    |     |  / l  |_丿 ヽ   | |
    |     | / /  l \ /  / |
    |     | {/  /l |  {  { |


81 :◆vsQyY1yD2Q
                             /  /         ll '、 ヽヾ'、ヽ    、      、  '、
                             /  /    /      ハ ', ' 、',ヽヽ、  ヽヽ     ', ', ',
                             !        l    , !  '、 ヽ ヾ'、', `ヾ' 、 ヾ'、      ', ',l
                             !       /   /l /   ヽ ト、 ', ヾ', >、ヽ、 !  l  l ll  !
                             l       l  /-l/ニニ=弌', ヽ',  ,.ィ'"テト、', l l! ハ l
          そもそも、男の人の方が    .l   l   l  / ,.イ'"テ`r、 ヾ', `、  {,.イリ:} `ト, ! l l l !
                             ', l  ト,   ヾ´ 〃 {r''´:::シ   `   \ ゞ='‐ l l  l /  リ
          数が少ない……          .リ',  `l    \ -ゞ‐'"´    ...       //   l′
                              ヽト、 !    、 ヽ       :::::::: `     /イ  l l
          .    .......           ` `!     `r、\          /     /   ト,!
          いえ、少なくなる ものね。        ', l    ヽ`ヾ'、     __,::ィ   //   l `
                                  l ll   !  ヽ、`    ´ ニ′ ,.イニ}l l  l
                                  ヽハ   ト- 、ヾ`''‐..,,,_   ,∠ニ‐'"l.! l  l
                                   ` ', 、 ヽヾニミ‐r‐''ニ≧'"    llハ  !
                                    ヽ ト、 ヾ} lヽ',l | //     l`''l /、
                                     >!'"ヽ ヽ > < !ll > <    ノ  |/  `''ー-...,,,_
                                  _,.-‐''´   \ヾヽ! lll // _,.-'"´


   {::::::::::::::::::::::::::/::///:::::;;-::::::::::::::: .  .:: .:: ::::::::::::::`ゝ‐-`ヽ
.    l:::::::::::::::::::::::::l:://´::/::::::::::::::: .: .  .:  .: .::: ::::::::::::::::::::::::ヽ
    ';:::::::::::::::::::::::l:{::::::/::::::::::::::::::::::::.:: .::.: . ..::: . ..::::::/ :/__::.ヽ:. : ヽ
    .l::::::::::::::::::::::ハ!:::/:;イ:::::::::{:::::::::::::::::::::.::::::::::::::::/j.:/`゙ヽ:.:}:. : . :ヽ
    }:::::::::::::::::::ノ::`::l:/_j::::::::::::!:::::::::::::::::::::;イ::::::::; ' ノ/   ノ/: . .: ::::l
    |:::::::::::::::::八:::::{/__l:::;::::::::ヽ:::ト、:::::::/ {:::::::/ '´   ´7::::::::::::::/
    i::::::::::::l::::{ -ゝ:{ { .∨'、::::::::lヾzミ、/ニ;ミ、:/-'  _, -7:::::::::;i::/
    l: :: :::::{::::l /::::ヽ`ィ::: `::‐;ヽ、´_ /‐'ノ```    7不フィ:::/j/   ……警備兵とか、戦うのは
     }: :. :::::l::::! /ィ:::;从イ: : ::、:{   ̄ ̄`゙     ヒィ::ノ‐'′/
.     j: :l::::::l:::l   ∨ \.{:. :::i::ヾ、_        ヽ /:::::ヽ、_,     男の人の仕事だから……。
    l: .::j:::::::l::{  /   丶:.::l``‐-         ィ:: .:::「 ̄
   /:::;イ::l;:::::;:',  `ヽ、  ヽ:l丶、      ,-r‐ァ '}:;.: :ハ:}
   /:ノ/:/ ';::;:',ヽ    \  ヽ トヽ、   フ''´: ノィ/ノ'
  ‐''´ノ‐'  ヽ'、ヽ`丶   丶、 「ィ~//7 −'´ヽ:::. /:'、
        ``` =- 、   \//, '     ヽ::ト、ト 二=‐'
                  7´       `i ヽ


82 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \    兵士は男しかなれないって話は
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /     聞いた事があったけど……。
    ノ            \
  /´               ヽ                              __ _
                                          ,. -−-、/´ .:.:.:.:.:.`>‐- 、
                                           /.:.:.:.:.:_. -‐ .:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.:.:\ _
                                          /.:.:..:.:./      .:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´.:.:.:.`ヽ
                                       l ..:.:.::/.:.:.:/  . . .;l. . . . . . . . .:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.: l
                                        │.:.:./.:.::/.:.:.:、/.:.:/ |.:.:.:ト、.:.::.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:...:.:.:.:│
                                       l .:.l.:.:,イ.:.:.:.:.l\,′|.:.:.:| ヽ.:.:.:ヽ_,.:.:.l.:.:l:.:.: : . |
          そりゃそうよ。                     〉.:.:レ.:.:|:.:.:.:/!'´,.ゝ、ヽーl-;=<.:.l.:.:.:.l.:.:|.:.:.:.、 ノ
                                        / :,:.:.:';.:.:ヽ:イ_{ lノ|  ヽj /ハ Vヘ.:.:j.:./.:.:.:.:.:.:ヘ
          女を守らないと 子孫が生まれないじゃない。  .l.:.:.:l:.:.:∧:八:l 丶.り    !り ノ、∨Vi::.:.:.;.:.:.i.:.|
                                       l.:.:∧.:.l::.:l::.::.:l. ' '  '    ´, , r__,ノ:::i:.:;.'.:l:. l:.:|
          私みたいなのは特殊な例よ。             ∨ \ヽl::.::ノ'\   、     .人:::、::.::l/::.::i::;ハノ
                                           ソ-−- 、lヽ    _, '   ∨ヽハ:.::.:l/
          ウチには、私が死んでも                  /     ヽ. ` ̄´/     `/7^ヽく
          後を継いでくれる 弟がいたから。            l        ト、   ヽ、._ r〈. l / / ,〉__
                                          |         l、`   l::i. `V{.ノノ ⌒丶、ヽ
                                         l ヽ、       l:ヽ、_ノ:::ヽ./     /、_,. i ',
                                            |  ヽ      ';::::::::::::::::::/     /⊆ニ(ノl  〉
                                           l   ヽ      ヽ:::::::::::/    /ヽ、___ノ/
                                          ヽ:::::::'入     ヽ::::/    ∧ ト-- イ
       _    ̄ ̄` 丶、
       /           \
     /   ,、_ {  / /  ,   .
.    { 厶k汽ハ/iKハ }   }ノ
      } \}tツ   }tツv /   それは、私も いっしょだな。
     ノj  トヽ    ′   }く
   _彡'へ }、  (⌒i〉  ノ ド=-   他に 跡継ぎがいなきゃ
   _彡'}ハ/ヽ¬≠≦}ハノ.      やる夫と旅立つのも 認めてもらえなかっただろう。
      / : /{ヘ_,癶:tヘ、
     く}_{_シ': :}: : \: :ヽハ
     ノ: :}: : : 廴:_:_:_}∠:_ノ


83 :◆vsQyY1yD2Q

               _,,..-‐;:===‐- 、
              ,.-''´;:-'"´
               /::::::/,. -―――‐- ,,._
           _,ゝ、:ヽ::::::::::::::::. :::::. ::.. :::ヽ、
         /: : .: : :::;:、:、:、:::`ヽ:::.. ::. :::. :::. \
        ,:' : .:: .::/::; ヘ::';::';:ヽ::::::ヽ:::::::.. :::. . :.丶
.        / . .:::: .::;':/  '、'、:'、',゙ヽ、::ヽ::::::::::::::::..:: ::',
       /::::.:::::::::::;l:|    ';',';:ト'、  \ヽ:::::::::::::::::.:::',
        l::::::::::::::::ハ!‐―‐''´ヾヽ` ´ ̄`ヽ::::::::::::::::::l',   私が、警備兵になったのも
      j:::::::::::::::::{ ,ィ'フ〒ミ      z=;ミ、ヽ::::::::::::::iリ   メイリンを養っていくためだったわ。
        l:::::::::::';:::::|´ゞ-‐'‐      ヒ_}_ }ミj`/::::::;::{
        l;1:::::::::'、:::'、          i       /´:::::::/l:|     カガリ様が、兵になるのを認めてくれなかったら
       ' l:::;l::::::::ヽ::ヽ        __     /:::/:::! リ
        '、{!:: : ::;:'、゙ヾ、    "‐゙    ノィ1:::: :::|.     私も今頃、どこかに嫁いでいたんでしょうね。
        ゙l:::. ::ト、'、      ~    ´ ノ_.!:: : ト',
         l:ハ::. ::!ヽヽ.       _,.-'-r'´!: :::l ';',
         '! l::ヽ::',―-~ニ=−‐'7::/|:::/  !:.:/  `
          |/`|ヽヽー―、  } ̄~_}. |::{  l:/
          ′| `゙`   } ノ 「~  ゙'!  〃
                                          /.:.:. .: .:.: .: .:.:../:>─ 、.、:. :.: .:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:
                                        /.: .: ./ : /.:.:.:.{:.:/    }.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:
                                     { .:./|.:./lイ.:.:.;厶{  ー=彡'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V.:.:.:
                                        V.:.:.:.|∧:.:.:.ト、:.{__ `   ー ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.
.                                       l∧:.:.:.:.:.>|≫汽ミ、   `三≧=-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:
                                       ゝ:.:.:.{/| 、辷ツ     "廴)V≫-.:.:.:/.:〃.:.:.:.
                   そしたら、やる夫さんにも.    ー┼=彡'.:.}         弋zツ`ァ.:.イィ:/}/ .:.:.
                                        }:./.:.:.:.∧    /     ー=彡'.:.:.:{〃 /. .: .:,
                   会えなかったよね。        /.:{:.:.:.:/Vヘ   、_       /イ.:.:.ムV  /.:.:. .:/
                                        /.:.:.:Vl/  、__>、  - ̄   从{:.:.{__ .ィ /.:.:.:.:./
                                  ー=彡'.:.:.:.:./    ` ̄{:>、__ ..   ´ {:.:≫r‐' /.:.:.:.:./
                                    {.:.:.:.:.:∠       Y      |V⌒´〃.:.:.:.:/
                                  /|:.:.八{ >ァ───fツ        _{    {:{:.:.:.:.:.{____
.                                /   ゝ{ //`丶、,〃{{      ∠/` ‐-从:.:.:.:.:廴.._,
                                /       / /    〃ヽ||      〃〃    }≫=彡'


84 :◆vsQyY1yD2Q

                                                 ,.、-rァァァァァ‐-,.、
                                                 ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
                                              lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
         私の場合は、三人の子供がいた。                   || へ、_`ー '_,._へ ||
         皆 それぞれ成長し、独り立ちしていったよ。             rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
                                                 |ヒ|. `二} {二´ :|j.|
         店も、長男夫婦に継がせた。                   ,ゞ|   人__人   |く
                                       _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
         そうやって 重荷をなくしたからこそ        /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
         私は、こうして 冒険者に復帰出来たんだ。   /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
                                    ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
                                  .  {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
                                    ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
                                    〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈



              |ヽ
             ,ヘノ:::::ヽ
           /:::::::::::::::::ヽ
        /| /::::::::::::::::::::::::::ゝ
       /::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〉/!
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://|
       |::::::::::::::;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |\:::::::::/  `、::::::::/ ヽ:::::::::::::::|/
      ヽ:::::::::/    !::::/   !::::::::::::/     
      \::::::::>    V __<,,=-、/   もう 貴様を縛るものは、何も無いと言う事か。
         ヽ「`|〒=。,_;' 。=〒|#l)
        ‐ゝ、!  ̄",└≡=ナ-┘    .徹底してやがるぜ。
         `∧  i=`==、 ∧´
―┬─┬―i⌒/  \ー='/ ヽ⌒i―┬─┬─┬―
  !   !  |  | |.  ハ`ー'´ハ  | |  |  !   !   !


85 :◆vsQyY1yD2Q
       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        ヽ
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  , ゙i    ちょっと、この世界の現実を見た気がするわ。
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i u(ー) (ー)| ハ|
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ川    言われてみれば、この世界って
      │「(丶_//// l
      └l´::ヽ  / ¨       町とか 人里すらも、モンスターの脅威に晒されてるのよね。
        |::::/::::/ `i
        ヽ::::ノ  |
        /`´   \



                                                     / ̄ ̄\
                                                    /  \    \
                                                  .(●)(● )  u. |
                        人類が 生き延びるのに             (__人__)  u   |
                                                   .(`⌒ ´     |
                        力を尽くさないといけない世界って事か。   .{         |
                                                    {      u. /
                                                    \     /
                                                    ノ     \
                                                   /´        ヽ


86 :◆vsQyY1yD2Q

           _   _,,,,,,----,,_
          /  ィ´         `ヽ、
         ヤ/               ̄フ
.         ソ                 ミヽ
         /               ヽ  ヘ ヾゝ
        i         |\  \ー-、 >  .}
        |        .|   `ー-ゝ  ' .》, ノ
        |       / ./  / ̄,_   ィヲi
        |      ‖ノ ´_,.ィモリ     l     な〜んか、みんな むつかしそうな顔してるの。
.        /      ん          ヽ }
.       /    , < └           /      めぐるは どう?
       /  __, - '  厂'         /,:'
.      /      ヾ     , 、    /
     ノ        ヘ    /  丁 ̄
 __ ィ´イ       |\ヘ  /  ト、',
  ̄ /ィ /     |  \〈   | \
  /  / ./     ∧|    i  l| .|
    / ‖     ノ ヤ   .i i ハ|
                                                 )\
                                            γ´ / 丿 ヽ
                                            _{  //__ )
                                        -'''"          "'- 、
                                    , -'"                ヽ
                                   /                   `、
                                  ./     ,
                                 /     {                     l
                                 {/     !、    l  \ _\ー\   l|
                                  ,.'      | \\  \ー'  ̄ ̄ \|   /
      は、半分くらい 分かんなかったけど     |   ゝ   |―-≧'ー- ヽ  ○    ,  ∧
                                 l      | \|          , , ∠ ィf´ 〉
      私、大変なことに 気付いちゃったかも!.  ヽ、   ヽ  ○          u  ノ /
                                  \   \ , ,             |二._
                                    `ト-=ゝ        _    /'´ ̄ `丶
                                      \_'、     r‐‐ ' ノ ./       \
                                            ゝ .    ̄  /             ヽ
                                              ̄ ̄/   /         lい
                                               /   /          | |
                                             / ̄ ̄             | |


87 :◆vsQyY1yD2Q
                                                         , 、
                                                    __γ´/ 丿ヽ
                                          o     /´ ̄` V   \ー- ノ
                                              /     /:      ̄`ヽ\  ○
                                         ○     |: : /レ|: : : /|  |   V
        もしかして、やる夫さんと一緒に泊まるのって       。 .nハ: /  l_ハ: : / \ノv'   |    o
                                             ノノ } {{⌒}}  Vー‐ '  |   l |  。
        ずっと そう言う風に見られてたの!?              .{「r‐クo゚ゞ=' ,  {{⌒}} u |:。/ナ    ゚
                                            〈 」〈 / >、___, ゞ='o rr 、: /
                                           }   {/       | (`lイ!||7
        うわ〜〜〜! うわ〜〜〜〜〜っ!!         ., -一个ァ'   入       /   〉}ノ ノノj
                                      /     || / / `ト---/´ ̄ __/  _
                                      {   oo |_|イ / ヽ ∧ /{   く,、/`Y´|
        そりゃ キライじゃないよ!?            ` ー―┘,二| l ̄ |イヘ /\// \  l |
                                           |/|、\ V:::V く./    \\」_
        でも、それは おにーさんみたいであって〜っ!!   /   | \ \l::/ /\8      〉 /
                                         ヽ  ハ    `Y´   ̄ \     / /
                                          l /  \  o/    //\__/\'
                                             V     ̄ \__/       /
                                           \    /        \    /


         .____    .i^マ'フ
 モジモジ  ./⌒  ⌒\  レ' /
       /( ―)  (―) ./ ,イ ヽ、
     //// .(__人__) ./ 、 /ーヘ_,.ヽ,    ( そう言えば
     |     .´ ⌒` ./ 、\`ヽ´__ .`t    そんな風に言われた事もあったような…… )
.     \      .../   ヽ r'´_}__,   {
            ./  {'T /`7/ _,ノ  !
          .-'     `7'/ヽY´   |

【 例:ロマリアの宿の主人 】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   l`            .´l
   l  \ _ - ― - _/ . l
   l  /´        `\. l
   l /            ',.l
   l/      ≡     ≡ ',l   ……と言うか、やっぱり
   {               }
   i    ///       ///   みなさん、そう言う事なんですか?
    ',        Д   /
    \          /
     `7      <
     /         \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


88 :◆vsQyY1yD2Q
                                                  _____
                                              riff7//////〃〃∠ヽ
                                              レ"⌒''ー''"´  `ヾニ三|
                                               l  ニ_ー‐'_ニ   |ニ三|
                   ああ、泊まると言えば                レヘ\ ̄、/,へ  }ニ三!
                                               } ==,=> _=,==  |r=、 |
                   先に 部屋を取っておいたらどうだ?      | 二/    二´   |.6.| |\
                                               |  |_, -` ヽ   k‐':ニ|  |`''ー-
                   商談の間、後ろで待っているのも    _, -‐''| l⊂ニニ⊃ l   | \│ :|
                   時間の浪費だろう。                 ヽ!  ---  l , ‐'  /|  |
                                                /` r、-‐ ' ´   /  :|.  |
                                                /   | \  ./    |   |



             , 、
          γ´/ 丿ヽ_
         イ, -‐/  ̄  ) \
          /  /:ィ    / j| |
         .l l/l幵|  ./幵:U ,|
        | .| ○l,/ l|○l /
          .ゝ、|  _    /イ     ここで 追い打ち!?
              l  |  ̄| |ノ
      ./ ̄` ≧t|´ ̄ヽ|≦へ、    え、え〜っと、その、私達は〜……。
     ./  | \|___|/   l\
   /      |    | o |    l  \
 ./           | o |      |
       /|      | o |     |
      /  | ̄ ̄l ̄ ̄ l ̄l  ̄「|\
    ,/   |   |       l   |
  /     |  |        l   |


89 :◆vsQyY1yD2Q

           /⌒ 、
     , '"⌒Y:::::::::::::::ヽ
     ノ:::::::::::/ヘ:::::::::::::::::゙ 、
   /:::::::_,,ノ、  >、_;;;:::::::i
   /,.::|r、==、  ,==,,i;;::::l
   l:|Fl|く_ ・ ,. 、・ _ノ |lュl:l    えっと、よく分かりませんけど
   l::ヒl u  ~i_ _j~   |ソ:!
   |::::::|{r,ェェェェェェェヽ|::::::|    周りの目は、気にしなくても良いのではないですか?
   |:::::::llヒェェェェェェェェェェリ::::::|
  ノ:::::::ヽ ̄ ̄三 ̄ ̄,.':::::::l.    大切なのは、あなた自身の気持ちですよ。
  /:::ハ::::r'`¨i'''‐-‐''i¨´ヘ:::::」
 └r'"~ ヽ ヽ、_,,シ _ノ `゙ヽ、
 r'"\  ヽ、_      ノ  /`''、



                                                 )\
                                              γ´/ 丿 ヽ
                                            -‐ /⌒\―-、 )_
                                          /   /          \
                                         / . -‐ |          \
                                        .l/   l     |      ヽ
                                         /   l ヽ     |\      ヽ
                                        /   ハ |\  |  \ 1  │
                                         |   l/ \|  /\ |ハ   丶!   |
                       わ、私の気持ちって      |   | ―― '    ` ー―|  /
                                        ' ,  .l三三三    三三三l  /
                       言われても〜〜〜!      \/`!///      ////.ノ/
                                       _   /  /ゝ.            /   .r‐、!⌒!
                                        | \|   | /⌒!       /    !  |  |/⌒)
                                       \|  V  /C=ニつイ\( \| |  |  /
                                         l       ̄ ̄)   |   \        /
                                         |        ̄ ̄)   l\ r‐┘     /


90 :◆vsQyY1yD2Q
            /              \
        /              ハ
       /              /l   ',
        / /        . -‐ ´ /    l
        / /      /ー-     l    l
      ,' /      xくfYミ   / \」     l    めぐる、美心さんの言う通りよ。
      ||    /{辷ソ    イfYミxl    |
      l | l   /' ' '      {辷ソ |    l    これまで通りでいいんじゃない?
      l | |   /       {!   ' ' 'j   ,'
      l |: i|   !     、        /   /       それで 何かが変わる訳じゃないでしょう?
      l |: !:.  |:、      ´   /:l: : /
     ノ人|: \!: :\         イ: : /: : /
    /´  |:  : : :l: l>.、__/ l;|: :/: /丶.
       /  : : :/く{_    / |//: .   \
      /  /: :/ノ   \ /   /'l: : : :  \ }
    /  :/: :/´ \   }ノ  / |: : : : :  ノ:ノ
                                             ) ヽ、
                                         γ´/ ) ,`-――- 、
                                         イ ,/ , -レ- 、   -―ヘ
                                         ゝ/ /    ´ ̄ ̄`丶 ヽ
                                          / /{            \l
                                          //   \、  |\\  、  !
                                           l'   | | l\  ヽー>\|:  |
                                            l   卜メ、   ̄` ィfi〒1: /
                                           l l  | ィfi〒     ゞ斗ノイl
                        そ、そっかな?        ゝ. 、\斗'   }   ' 'u lノ
                                              { `下 ' '   、 _,ノ   /
                        ……うん、そうだよね。      ーヽ.        /
                                            _   〕> - イ
                        これまで通りだよね?    /⌒ヾlーァ}     {1ーァナ'⌒\
                                        /    |l //ーノYヽ ー|l //     |
                                         l    |レ/ //_\\ _/       | モジ
                                        ;   V 厂  ̄`}人厂 ̄ `V   |  モジ
                                         /   {/   ̄ }  {´ ̄   ,||    |
                                      /    /   テノ  ゝ`Y  |j    |
                                      ,   /   ノフ    しj  卜、   |
                                      /  /    /    l   八    \ |


91 :◆vsQyY1yD2Q
                ,__
              ,//
             ( く ,- ‐ ̄ ` ‐- 、
            r -' ̄         `ヽ、
           /               \
          /     入   l   ;      ヽ
         /   / .::/ ヘ   ',  ',   ', ヽ ヽ
        ,'   :::|.::/   ヽ  |\ ゞ   ヽ ', ',
        | i i .::∧/ -─、  `ーヽ-ゝミヽ::::. |:::. | |
        | i i ::|/           `ヽ、:/:::: l l
        ',入',::|               ソ|:::://
        ノ_ゞソ 彡三三     三三ミ ,' 人|     そうそう、いつも通り
     -‐'- 入 ( ', ⊂ ⊃       ⊂ ⊃ 从ヘ \
        ノ \弋              /ノノ Τ`ヽ.  一緒に 毛布に くるまればいいと思うの。
       丿 _:::  ̄',    ┬─、勹   /~~   ',
     ノ, - ソ' .:::::::::\   ゝ _ソ  /:::::   ┬ \
     ̄ /  .:: .::::::::::::`ゝ _    .ィ::::::::::::::   ゝ ̄
     / ::,,  .:::::::::::::::::::|  `´  |::::::::::::::::. ヘ_\
   ∠─' ̄/  .::::::::::::::::::ノ     ヘ:::::::::::::. ::. \`ー─
      /  ::::::::::::-‐'        ヘ、::::::::.   \
                                                      , 、
                                                 __γ´/ 丿ヽ,
                                               , ' r=、     ヽ)
                                                 レ .|    ー-、 ',
                                               / l人  卜、{   ヽ
                                              .| /ー へ| ー\ |
                    そうでしたーっ! 今更じゃん、私!     Vl >   < lノ)
                                             / 、人}} ー---‐ {{人/ヽ
                    すいませんっ!                |  ∨ ゝ.___,ノ ∨ |
                                             ヽ  l-i \ハ/ V  /
                    毛布の中で こっそり                ',   l::::ー∨ ̄/  /
                    やる夫さんの おなかムニムニするの     ',  ヽ :::::::\/  /
                                                 l  l  o /  /
                    けっこー 気持ちいいですっ!!         .∧  ', o /  ∧
                                                 / /⌒i'⌒\ / ',
                                              /z/    |   \z:ヘ
                                              l /./   |   l ヽ ヘ
                                               /l//    ,l    l  | l ヘ
                                            / l|7ー--/:|‐-- ‐'| ヽl ヘ
                                             {/:::l    /:::l   ! ノ} |'
                                     二二二二二二l   /二:l    l二二二二二二
                                              l  /    l   l


92 :◆vsQyY1yD2Q
      ____
    /      \
   /  ⌒    ⌒\
 /    (⌒)  (⌒) \   いやいや、あやまる必要はないお。
 |  .u    (__人__)    |
 ./     ∩ノ ⊃  /    あれ、ちょっと くすぐったいけど。
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /


    , "⌒` 、
   ルハノノルノ〉
   ルレ*゚◇゚ リ   ( 今度 やってみよう )
   ,/ィ ソイハ_
   ゝゝ_|| /'
     し' ノ





                                , " ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛丶、
                                /                \
                             /                     ヽ
                                 .|                    i
                                |                      |
                                |    ノ   ヽ               |
        ( ………………………。      |r‐ー'、    ゛ー,―-、        |
                                |{(:::) ヾ      !(:::) ヽ,      |
                                |ヽ==''"      ヽ=='"     .|
         何が何だか               .|                    l    |、
                               |   (  j    )     ij  ./ ゛ー--- 、 __
         分からないだろ…… )      ..',  `ーこニ=- ′         /          | | ̄ ̄ ̄`ヽ、
                           r'"´  ',     --             /        | |     / / \
                         /      ',              /         | |  /  ,イ   ヽ、
                         /      '、           ./           ノ ノ     / |     l: l
                         ,'       |\          /   /       //      /  |     .| |
                        |   |!    | |  ー――― .:.   /      //         |     .| |


第12話へ   3   第14話へ

この記事へのコメント
やらない夫…頑張れ!
お前には準にゃんがついてるじゃないか!
余計なモノもついてるが!
Posted by 通行人α at 2010年06月13日 13:53
わからなくていい……いいんだ、やらない夫……
いいから……休めっ……
やる夫には俺らがモゲロと言っておくから…
Posted by at 2010年06月13日 14:16
やらない夫…もういいんだ…!
やる夫を…そのモテようを…理解しようというのが無理…!
Posted by at 2010年06月14日 07:00
そしてやらない夫は…考えるのをやめた…
Posted by at 2010年06月15日 20:28
↑さすが俺達、コメントまで見事なコンビネーション…
Posted by at 2010年06月15日 23:21
ちっと思いついたんだが、

やる夫がもげるよりも準がもげたほうが、
やらない夫の幸福への近道かも?

錯覚だけど
Posted by あつき at 2010年06月15日 23:33
否、それはきっと錯覚なんかじゃない!
Posted by revo at 2010年06月16日 20:11
それをもぐなんてとんでもない!
Posted by at 2010年06月20日 03:16
非生産的な行為ほど時には、ってな
Posted by at 2010年07月25日 06:34
なんなんだこのコメント数www

でもやる夫もげろ
Posted by at 2010年08月03日 22:02
具体的にどこがもげるの
それともやらない夫が首を&#25445;ぐとか?
Posted by at 2010年08月05日 18:51
命の危険と引き換えにこの程度の旨み、もげなくていいとも思うけどな・・・w
Posted by at 2010年08月08日 11:34
いやー、でも生命の危険はやらない夫も同じなわけだしさあw
Posted by at 2010年08月18日 23:10
やらない夫の場合、生命の危機っていうか菊門の危機だね
Posted by at 2010年09月08日 00:10
ない夫…っ、もういいっ…もういいんだ…っ!!
Posted by at 2010年12月11日 16:02
やらない夫・・・理解したらダメなんだ。やらない夫
Posted by at 2011年05月30日 03:52
いっそやらない夫がもげればいいんじゃね
Posted by at 2011年06月29日 00:09
やらない夫がホモになればOKじゃね
Posted by at 2011年08月20日 20:44
↑そしたらハーレムじゃねーか
 ない夫もげろ
Posted by at 2011年09月03日 00:02
>>おなかムニムニ
なんと羨ましい……俺の無駄肉では駄目なんだろうなorz
Posted by at 2011年09月15日 20:35
判るな。好きな相手の腹なら太っていても気にならないどころか、揉んだりしたら気持ちいいモノでしかない。
Posted by at 2011年11月20日 10:03
なんかやる夫ハーレムのせいで普通に流されちゃった印象だけど、デパート設営のアイデアは凄いよな
現状分析→問題提起→解決策発案→技術流用
って物凄い真っ当な現代チートだ。しかも全体が理に適ってる
Posted by at 2012年02月23日 04:08
相変わらず美心さんは名前の通りの人だなぁw
Posted by at 2013年02月06日 20:49
やる夫PTに女が増えたらやらない夫PTに男を増やそう(提案)
それで平等じゃないか!
Posted by at 2013年08月30日 21:06
一人で勝手に盛り上がってるめぐるUZEEEEEEEEEEEEEEEE
Posted by at 2013年11月27日 21:28
いやいやむしろ、めぐるの反応は
思春期ならではの若さが溢れていて微笑ましいじゃないかw
(自分も10代の頃は確実にうざいと思ったとは思うが<byおっさん)
Posted by at 2014年12月30日 23:31
いや分かりたくないんだろw
Posted by at 2015年05月28日 21:04
〉83
まだこの時期は自然と様付けしちゃてるな。そうすぐには変えられないか

やる夫のおなかムニムニの初出はここからかw

耐えろ。ない夫
Posted by at 2015年07月27日 01:30
>>83
メイリンはもう「カガリさん」なのに、ルナはまだ様付けなんだな〜…

いつ「様」が取れるのか注意してこっ!(笑)
Posted by at 2016年06月05日 02:36
まあ実際にこれだけの女の子をやる夫が(協力してだけど)養ってるようなもんだから甲斐性がすごいのは誰にも否定出来ないだろうな
Posted by at 2016年09月20日 07:35
やらない夫には準にゃんがいるじゃないか!
Posted by at 2017年05月17日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38904601
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ