■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 7/23 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年06月20日

第14話「女錬金術師みゆき」(4)

第13話へ    4  第15話へ

100 :◆vsQyY1yD2Q

             ______ ./`ヽ、__,-‐、
           ,ィ´          |´    {
            /    /   j  :|   |     j、
          /  i::  /   /::i j|   {、     ヽ、
       /  |:: ノ   '⌒/ ,/ |i   |:|⌒i、 : :  ヘ
        |  :|/   //| / |i ,ィ j | :|  ::  |  |
       | // ,.ィ'´ __j,/  |jノ jノ__|,/|  |  |  |
        |/ /  /:::|:|,ィfチミ、  }-{ ,ィfチミ ハ  | ∧. j
       |/:{  {:::::||      ノ 、     ハ、 jノ  }ノ    そんな顔しないでください、やる夫さん。
       j  i`ヽ|::::::| `‐-‐ ´  、 `‐-‐´{´|::}ノ|
       | | |:::ヽ、:::ヽ    ‐-     ノ´ }、::::|      あなたは、私に希望をくれたんですよ?
        | |  |:::::::λ:: `ヽ>‐- -‐´f::'´_,ィ'´j:::|
       |リ  },ィ'´ `ヽ、 ヽ、/\/:〉_ノ´  {:::|
       j  f`ヽ、   V  ∧  .ハ`~     ,|::j
       /  i|   `ヽ. j/|/ ヘ / .∨‐--‐"|ノ
     /  .ノ:|    | `>‐-..、 V_ .,∧    |、
    / ,.:' /::/|   |  ヽ、 _,≧≦_ハ    ` 〉
   ./ /::: /::/::::|   | /  ̄/  j、 } ハ__,,/::|
  / イ::::: {::/:::::::|   |/   |"  }:  |"{::::::::::::::::ヽ、


               _,.. -− ''"     i     `、
           ,. :'"          l      ゙'、
        /  /     ,/    |! l     ヽ
       /  ,.'         /l l     |.! l   ヽ  \
       ,'  レ′      ./ ,! ,'|     | | ト、   `、   ヽ
      ,' /    / _,∠. ,!/ | i  | 」_| l、  `、 ヽヽ
       | / /   //,/  // ! |   ! `!「`ト、   ゙、  l゙、゙、
        / /     /  /  l/ || /  l| l.    `、 l ヾ:、.  だって、そうでしょう? おじいさまの魂は
.     ,' j    ,' ./ ,r:==ミ.  | .,'  作ミト、 `、   i.  |  リ   今も 最後のカギと共にあり。
     j イ     l /,ィ")::::::|   l/ / !^):::ヾi. ゙、 l   | |
     l !`、  l l {ヘ^ー^d  /,∠,  l ^ーdヘ /! l. ∧ !     それに、おじいさまの最期を知る人が
     ヽl `、  l. l | ヾ-‐''  '"厂{  ゙‐-'′,! l ,' ./ !/       一人いると言う事になります。
      |  \ ト! | 、' ' '  , '  ヽ、 ' '', イ /!/./  ,!'
      |. ,' l `ヾ:..ト、` ー‐ '′ ヮ  ` ¨´,.ィ .l/':イ         ほら、二つも手掛かりが見付かりました。
       l ,' ! l. | `>: 、. ___ ,... r<´ ! .||.|
        | /   ! `、l /´,!    l、ヽ!、   | .l ! !
.      l/     !  `、l′〈′    `| ヽ l ! l. |
      /    ゙!  ゙i、 l  _  |.  `| ,l  !  !
      /     ∧  ヽ. l ̄   ̄|    V  l   l
.    /      /  ヽ   ヽ!     l     /  ,l   l
    /     ∧\ `、  `、l     !   /   ハ   l


101 :◆vsQyY1yD2Q

                                                     ____
                                                   /      \
                                                  /__ノ  ヽ_  \
                       テドンの戦士、アルカディオの事かお?  / (●)  (●)   \
                                                |    (__人__)      |
                       でも、テドンはもう……。           \   ⊂ ヽ∩     <
                                                  |  |  '、_ \ /  )
                                                  |  |__\  “  /
                                                  \ ___\_/


               _,..-───‐‐/´|‐-─‐ァ
         ,..-‐'"          |:     `ヽ、
         /           i:.      |: .      \
        /      ,ノ      |::     :: |:: :i:.       \
     /    ;/      i: ||: :i  i:: |∨ |::.   、.    ハ
      |    :/ ,'   -,'-‐|: ||: :|  |:: |‐|-|、::  ∧.   i: |
     .|  ::/ /    / /'|: | |:.:|  λ:.| |: |::::   ハ   |: |   テドンが、魔王バラモスによって
     |  ./ /    /:/__j:/ ヽ:| ,/ ヽ| j/:::::i  i:| .人{.   滅ぼされたと言う噂は、聞いています。
     ∨/ /    /|,ィチ弐、   j/,ィチ心、ハ:::|   |リ /
        |j/{    /::〈 {_ノ::;| 、 ,  |_ノ::;| `:::∨  | }/       ですが、やる夫さんの話の通りならば
      |ヽ.∨ ./:: i| ゛-‐  ,}‐{   ‐-" ハ:::::V  人       アルカディオは、テドンへは戻らず……。
      /i ! |ヽ{  | ` ー--‐" 、 `ー--‐' ;;:::::::j/|::: ヽ、
      〈:::| `:V  λヽ、   r_ァ    ,.ィ'::i::::::: : |:::;イ:::〉
      ヽ|\ ::\.  \:>‐r-:r‐<‐-、!::|:::::: :  |/ j:/
         `ー-ヘ:::.  \__   ,-‐}  }`|:i::::: : ;人 ´


                                                     ____
                                                   /   u \
                    ……そうか! あの話の結末通りなら        ./  \   / \
                                                / ∪(○)  (○)  \
                    アルカディオは、あの後              |     (__人__)    J |
                    アリアハンに向かったはずだお!!        \  u  `⌒´    /
                                                    /           \


102 :◆vsQyY1yD2Q

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V    そう言う事です。
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!     冒険者が集まる……ルイーダの酒場でしたっけ?
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!.     そこから来た方に聞けば
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|     何か 分かるのではないでしょうか?
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |



                                                     ____
                                                   /      \
                    ルイーダの酒場……。                  /          \
                                                /              \
                    そう言えば、ウチのパーティは            |   \   ,_      |
                    純粋な ルイーダの酒場出身者はいないお。  \(―⊂ ヽ∩  u  <
                                                  |  |  '、_ \ /  )
                    せつなと 美希が 知ってるかも……?         |  |__\  “  /
                                                  \ ___\_/


103 :◆vsQyY1yD2Q

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /     ダーマ神殿に行くのも手ですね。
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト.           あそこは、冒険者が集まるところですから。
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人.             異界の勇者様も、大勢 いらっしゃると思います。
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/
          /::::, '     }ノ ノ:::/
            /:::/        〈ヘ┤
         { ̄j            t__ヽ


                                                      (ヽ三/) ))
                                                  ___( i)))
                                                 /⌒  ⌒\ \
                                               /(.●)  (●.)\ )
             ダーマ神殿なら、丁度 やる夫達も行くところだお!   / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
                                             .|   (⌒)|r┬-|     |
             みゆきさんさえ良ければ、一緒に行くかお?      ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
                                             | | | |  __ヽ、   ./
                                             レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
                                             `ー---‐一' ̄


104 :◆vsQyY1yD2Q

                _,..-‐イ`ヽ.-‐─‐-.、
            _,.-‐'"´        ヽ、    {
          ,ィ´             l:. 、  `ヽ、
        /  ノ        ,  ,' |:     |::  i:   \
          /  /        ,' / /|: i   |、:  |::ヽ.   `ヽ、
       i i/     ,'  ,/ / / | |   | ∨ |、:. | :.    ヘ
        j,ノ ,'  /  l: ,-j‐‐、 | |   | ,|-|‐、 | i.    ハ
       /  ;/   i:  |:: /|/__、 ヽ|  i: j ,_|,/ |: | |:.   :   |
      j  /':|   |::   |::,ィチ心、  |  j/,ィf心、 j/  |::.  iヽ、l
      |,.イ: .:|   |:::  ,イ f_ノ:::i}` ,ノ,,ノ' んィ:i} `ハ::  |:::  } j/
      ' | :.::|  :|:::  `、 V:ィ:;リ "}‐‐{ |:t::;リ,' ,ハ::  |:::: ,/
        | i::ヽ、 ::|∨:.: |:|` ー'" ,,ノ 、ヽ `ー",,ノ{:::} /:;/     ……………。
        | |: :.:|ヽ:|:∨:: |:.|、  ̄       ̄;;::::::jノ:: :|
        | j: ::ノ : : :ヽ、|: |::`:.、.._   ´_..,..ィ:´:::: |: : i |
        j/: : : : : ;r-‐|  |‐r':::〉  ̄.{、´`ー--.、:|:: :|,ィ
         /  :,': ::/´`ヽ.|  | λ'-、.  ,-ヽ    ;|:  i |
      /  :/ : :r'´`ヽ、}  |  \./`ヽ}   ,/ |:  | |
       /  :/: : ::{    ,ノ ,ノー-,、__ `ヽ、,/   ,イ ./  ハ:|
    ,ノ  :;ノ : :::ノ'´  '"´ 、ノ.. {、 `ー-、,.-‐'´ ,}/ / }l
   /  ,ィ':: ;'〈_,,     ,':..'" `ヽ、.__ ::; __,,/ j /`ヽ:: 〉
  /  //  :/: ::}─‐‐-λ    /   ;}: `\ '"  ,ノ-{
 j ./ /  ;': : :::{_____:;ヽ、... /   .;ハ:::.   l:.,,.ィ__j
 |/  ,ノ  /: : .:;':::::|   |:ヽ、::. .:{.  /.::.\  | /  |
    (  :/| : :/: :::::|   |::::;〉,'   \/ " ::. \| '{:   |
    ヽ :| | :/|: : ::::|   l:/'´   ,'::   :::    八:: |
      ` |/ |: : ::::| _,ノ_,' _,ノ'´ ̄'`ヽ、...    \l
          ノ : : : | `ヽ、::j ̄, ̄ ̄ ̄ ̄ `ー:r-‐ァ,/l
         / : : : : :|  |:/ /  /  |  |  | |: |: |´.:|


                                                      ____
                                                   ./_ノ  ヽ__\
                                                    /(○)  (○ )\
                                                 /   (__人__.)   \
                   あ、いや……ぶしつけな話で 申し訳ないお。  |     `⌒ ´   u .|
                                               /´ ̄``゛'- ._     ,/
                   無理にとは 言わないお。            .|   ___)    \
                                                 |                \
                                                  |                 ̄)
                                              |               | ̄ ̄ ̄


105 :◆vsQyY1yD2Q

        __ - ――‐'  "    \
      ,/          !     ∧
     /  ,/  __ /,ィ:   l __     ヘ、   o
     j /.::  /,ィ//'!l  、.|∨`ヽ ::.   \
  o   У .:::/ ,イ,// |l  ト!| ∨:|  :::.  l、,/  ○
    i /:/ /:::!レr‐、リ ノレ r= i:ノ  |:::  |}/
.   O ヽ{ヘ{  |:::!:! lij:j,7ィ}={, l:ijj.〉ノ: |^i: /    い、いえ、すいません。
.      | \.!::l::ト、_/_ノ ゝ__ l':レイ! レ′
.      レ:::::j:/y'フ,ィァ (二フ ,.ィ:|::l: l:!   _    急な話で、どう反応すれば良いか分からず……!
     /:::::/、j、_ ´ 〈/フー「`iー、:!:|: |::〉ァ.//
    ノ :::/:iへ ::.\  У⌒゙|  |:lλ!::l レ/,j_
   / :::::/:::|   \|   |\ |  |;' !:!|:{  Lメノ}、
   / :::::/:::::|     |   |  ヽ!   !.j ヽア  /::::〉


                     ,、   ,ィ'ヽ、
               __,/ `Y´    ヽ、
           __,.-‐       ヘ.  .   \
          ,ィ´         i :   ハ ヽ、   \
       ./         ,ノ /| i : | |   ヘ  :. \
        / /  .:::     ,ィ'/ ./ | :| :: .| |、   l ::  `ヽ、
     / /  ::/    /__/ /  | :| :::: | | \   | i::::.   ∧
      | ./ ::::/  ,ィ'´ / /    | |.::::: | | `ヽ  j  |::::: \  ハ
     |/ ::::/   ,/ j ,/___,  |.|:::: j j___ | ,/  |::::::: ヽヽ〉
     j ::::::|    |:j |/ィチオ、  |j:::: / /チ心j/∨  |:::、::  ∨
     {∧::::|    |:|,ィ' f::::tハ  j_,ノj,/ んィ:ハ `ハ.  ト、:ヘ   〉   そうですね……。
     |'  `{    |:|`、弋ィ::;リ   }={  弋ィ::;リ,λ:} j ∨ /
      |  :::ヽ、 :|:| ゝ、 ~"   ノ ,ヽ  `~  ノ:::j,ノ  /,ノ      やる夫さん。
     |  i::::::`ヽ{;|  `ー-‐ ' 、__, `ー-‐ ' j::::::::|  '"        一つ、質問してもよろしいですか?
      .|  ノ::::::i::::i:`:|ヽ、         ,-、   ,.イ:i::::: |
      | /:::::::λ::|::::|::::::`>ァ‐-.ー :| ,} '´:::|::|:::: |
       j/ :::: /::i::::|::::|-‐'" λ::::j   ;| { `ヽ‐-|:::  |
     / :: /:::::| .::|::::|     ヘ.____,{ ,ィ'´`ヘ、:|:::  }、
      / :: /:::/´| :::|::λ      \  l   ry' |:::  | }
    j   {:::j`ヽ|  ヽ `ヽ    ヽ{ ̄ ̄ ̄ ̄}:::  j: |


                                                      ____
                                                    /ヽ  /\
                                                   /(●) (●)丶
                                    な、なんですかお?  ./::⌒(__人__)⌒:::uヽ
                                                  l    |r┬-|     l
                                                  \   `ー'´   /
                                                  /         ヽ
                                                  し、       ト、ノ
                                                    |   _    l
                                                    !___/´ ヽ___l


106 :◆vsQyY1yD2Q

.                      「 ̄    −- 、
                 ,. -‐ ´|            `丶、
               / ,   ∧         \   \
               /     /  |  ト、      \   ヽ
            , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.           / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
            { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、|
.           V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│
            {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
            |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
            ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |     女性の錬金術師って
               } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
                ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |     どう思われます?
.               /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
              /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.             /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
             /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
          /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
.        /   /     \:/} ,/:::::::::::::::::::-‐'´     | l
.       /    ,イ          }:| /:::::::::::::/::/        | |
           / l       ∧レ'-‐=='´:/ /         | |
.          /         /::::| ̄:ヽー‐'´ ,/         L.ノ
         /       /}::::::|::::::::::l    /  /       / |
         〈         /:::::/::::::::::|   ,/  /       / , |
         ∧       ,/::/\::::::::|  / , '      / / !
         l  \__/::/   ヽ::::l   {/      /}    |
         |     / レ'′     ∨ /          /     |


107 :◆vsQyY1yD2Q
                                                      ___
                                                   /)/ノ ' ヽ、\
                                                  / .イ '(―)  .(―)\
                               う〜〜〜ん……。        ./,'才.ミ).  (__人__)    \
                                                 .| ≧シ'.  ` ⌒ ´   u |
                                                .\ ヽ           /


                                                      ___
                                                   /)/ノ ' ヽ、\
                                                  / .イ ' =・=  =・= \
                               ……どう言う意味だお?   /,'才.ミ).  (__人__)    \
                                                 .| ≧シ'.  ` ⌒ ´   u |
                                                .\ ヽ           /



            /              :::.     |ィ'"´`ヽ、
           /           /::   i::::i     |::::   ∧
          /   /  /      /::   ,|::: |     |::::::..    ∧
       /   ,/ /  ::     /:::   / |:::::    | :::: ヽ.   ヘ
         |   j/   ::   /:::  /  |::::i    |ヽ、 :::  :::..  ヘ
       .|  / /   :::      、__,/,ノ |:::|    |ヽ、i__,  :::::..  λ
         | /  /    :::   / ,/_~__、   |::j    j.___ ∨ ヽ:::::::.  ヘ
        | 〈 /ヽ、   :::  /j/,.ィfチ弐、  j/   ,リ弐心∨ ハ::::::::.  ヘ    ですから、女だてらに
       | ヽ{ (ヽ、;:::  /:;イ,.f´ んィ::;ハ /_,ノリノんィ:ハ i'ハ λ::::::: ハ   錬金術を学ぶなとか
       j  /  `,‐i:ヽ/::メ|:|` 弋::rz:;リ ´}⌒{´ ヒ:rz::;j ハ:::|  〉:::::.   }
        |/    j:::|:: ::::| |:| 、. ゛-‐"//,ノ/ゝ `/‐/ 〈:ノ::j  /:::::::::ィ /   家庭に入ったら
       /    .::|:::|::: :::{. |:| ` ─‐ ''   ` ` ー‐ 'j::::/,ノ:::::::::;/j/    錬金術は止めろとか……。
      /  ...:::::::::::::|::::| :: 、:ヽj:j、       _,       ,イ:::::'´:;ィ'::;/
    //j ::::::::::::::::::|:::::{ :::: \  `ヽ>‐-     __ ,.イ::: i ::::/´ |/
  // /::::::::::::::::::::::|::::::::ヽ、 \   `ヽ    /ヤ、`ヽ:j ::: :/{、
. 〈. 〈   {:::::::::::::::::::::::|::::::,.ィ´`ヽ、 `ヽ   \ `  | / :: メ、:::ヽ、
  \\ |:::::::::::::::::::::ノ:::/´`ヽ、   \ ヽ、   〉-‐-| j  : /  ハ::::::ヘ


108 :◆vsQyY1yD2Q

               ___    ━┓
             / ―\   ┏┛
           /ノ  (●)\  ・
         . | (●)   ⌒)\
         . |   (__ノ ̄  |           ゴメン。
           \        /
             \     _ノ              やっぱり、さっぱり意味が分からんお。
             /´     `\
              |       |
              |       |


                    ___   ━┓
                  / ―  \  ┏┛
                 /  (●)  \ヽ ・
                /   (⌒  (●) /     女だてらの錬金術?
                /      ̄ヽ__) /
         .    /´     ___/         それに何か 問題でもあるのかお?
             |        \
             |        |


         ━┓
         ┏┛    ⌒
         ・    .___ ⌒  ___   ━┓
            / ―\ / ―  \  ┏┛
          /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
         | (●)  /_  (⌒  (●) /     やる夫のパーティ、女の子だらけだお?
         |   (__/      ̄ヽ__) /
          \  /´    ___/        ロマリアで、工房率いてる 美人の人妻がいたお?
            \|        \
            /|´        |


109 :◆vsQyY1yD2Q

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・    錬金術やるのに、女だったら不利になったり
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /       危険だったりする事ってあるのかお?
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\.       危険なら 止めた方がいいかも知れないけど。
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


.                     /               ヘ        !   ヽ,   ヽ
.                     ,′         .:       }      .: :}:..   i      .   '
                     ′      .:;   ,;:   j   .:}  .:}.:;ハ::.   !      ',   ',
.                   ,   ,′    .;  〃 .::. ′ .::ハ .:j厶 L:.__ 八|    '.   :.
                   ′ .: i  .    i  .:ii.:..:{:..,′ .:::/ }「/ jノ_|:.:. / │ .  : ! | i
                   ' .: .:: i  :   i .::jム从:゙ ..:j/   l/ . r=≠ミ 、| .:  .: ! | i
                  i.:/   .:. ! .:    |/ |」.ニ { ..:八 丿 〈/i:::j/:ハヾV .::  .:.:リ: l i
                   i:ハ .:..:{:..', ::.:.. {/|ハルf'i⌒ト、从 ヽ   ' {::.:゚。:.:::} l/ .::  .::/:.:.   !
                  ii , ..::l.:. '. ::..:.. ', 〃{し'。(_V{ ラ=={  ヾ::::::::リ/ / .::八.:..:. ', |
                  ii. '. .::l::{::. 、::.:.. '.:{{ V:::゚:.:::} l   ゝ    ¨´/, イ .::イ.:i:.:.:..:.. '.|
        ……………。    i!   :、:l八::...\:. ヾ` ヾ::::::ノ l    ヽ、_  j/..:l:.:i::.:..:.. :、 ヽ、
                      \. \::...` ー--ト、_ ,ノ  ′        j   .::ii:.:.:.:..:..ヽ   ` .._
                            i ヽ∧ :i'.         -‐..'′      イ    .:ii:.:.:..:.. :.. :、    `丶、
                             i .:,' ..:. ,ハ、            / .|   ..::i:!:.:.:.:..:.. :.. :、:.. .    \
                         j.:/  .::} '.::i:::>  ..,_     . '゙   |  .:.:,'!:.:.:.:.:..:..:.. ', :.:..:..、     ヽ
                         /  .::丿.:.:j/      `7ァ'    __,ノ|   :,:' .::ト . :.:.:..:..:..:..' :.:.:.. \:..   }
.                       /  ..::/ .:.:/!     __\》 _ノ   / . ゙ ..::}   ` ー- ,」_:..:..:..:.. ヽ  ,′
.                      〃 .: .:/  ..:.:/ ii      ト--=ミr(_ -‐/ ,.:゙  ..:.:,′    〃  `丶、:.: }:./
.                      {{ .::≠/  ..:.:/  !!    {__彡イ」 ̄¨¨/ /  ..:://      /,′    ヽ:.:(
                      }}:/.::/   .::八  ii        //| l`ー/ /  ..:ノ/      //         }:.:..)


110 :◆vsQyY1yD2Q

                                              /⌒\
                                       /゙  ̄ ̄ `ヽ: : : : :`丶、
                                      /: :_;イ:>'^ /: : :‐:、: : : \
                                         /: : 〃: :/: : : /: : : : : :}:.; : :  ヽ
                                    , ' : : :': : : : : :.:/: : : : : : / : : : : : : : l: \
                                   /: : : /: : /: /: /: ノ: : : : / : : : : : : : :ヽ:  {
                                    {/: :/: /: : / :イ: _{_ {_ : : : ハ: : : :} : : : : .∨ |
          ………フフッ。              /: :/: :,' : : l∨{x≠八: : ハ{  } メl: : :} : :: ∨ハ
                                  {: 八:从 : : 代 ノ:::::jV\{ ィァ≠ミl:ヽ/ : : |:: :│
          いえ、そんな事はありませんよ。.     ヽ{ \{\: { V廴ソ f==f {i::::ハ:j}W :| :/小: :|
                                    /:|ヽ:_: `---´::  ヽVヒ::ソソ/|/: : | ∨
          ええ、何の問題も ありません。         /: :|: :{:人     r‐ 、   ̄ /: : ∧: |
                                     / :/ |: :∨|:丶、  ー′    イ: : :,': :ヽ|
                                    / : :/{: ;|: : :'( ̄L..> -‐=≦勹|: : :{: : : :ヽ、
                               /: : : :ハ乂|: : : :ヽー `ー‐<Z/}| : : ヽ: : : : :\
                              /: : : r─r∧V : : : : }   ` ̄○〈.:.:_人: : : :\┐ :_:_\
                             /: : : :.:/|  (: : 〉:\: : ノ  ̄\_:./ ̄   \:_:_ー: ̄:__:_:_:`ヽ、
.                            /: : : /: / L_ `く_:人:.∨/二ニ{_}ニ二`\    / ̄|`ヽ\`ヽ: :}\
                           /: : : //     \  ̄}: :ハ   _/||\   /  / /  )人_ノ:.ノ\:ヽ
.                          /: : : /〈        \ノ_人ヽ_//l || l. ヽ_ノ / /  ー'´\:`く  ヽ }





  `¨ − 、
      | `Tー―ーヽ、
      |  !      `ヽ
      r /      ヽ  ヽ   スッ…
 、    /´ \     \ \_j                  _, --ァ
  ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´              , - '´   ./
              ゛'^´                /      ./
                            /        ./
                           /         /
                          /          |
                         /               |
                          /            |
                       /ニニニ三三三ニニヽ、 |
                   _, -┴────────‐┴- 、
              _ - ' ´                       ` -- 、
           , - '´                                  `ヽ 、
         /____________________________\


111 :◆vsQyY1yD2Q

                                               _, --ァ
                                           , - '´   ./
                                          /      ./
                                       /        ./
                                      /         /
                                     /          |
                                    /               |
                                     /            |
                                  /ニニニ三三三ニニヽ、 |
                              _, -┴────────‐┴- 、
                         _ - ' ´                       ` -- 、
                      , - '´                                  `ヽ 、
                    /             __, -──' ¬─r─‐--、                \
                   |              /:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ                  \
                   \.            /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |                |
                     `ヽ、     ./:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!                  /
                         `   _/:,イ:: :::|:: ::リィ=\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|             , - '´
                            " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ-' 〉、:ト /ヽ}::|__  -- '´
      改めて お願いします。           \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
      私を、やる夫さんの仲間にしてください。     |:: ゝ. ー ' .「 ̄ ̄ ̄ ̄`/:|
                                      /  ̄ ̄.`T ´|       / :|
      錬金術だけじゃなく、魔法も使えます。     / , -、  /  ノ     ´ ̄ヽ.:|
      決して 足手まといには なりません。       .レ' /⌒>「 7く__        ヽ
                                   /ン ∠/ l> ` -、_    ー-ヽ_
                                  γ-‐- 、./, -‐‐- 、  入ー-、   ヽ
                                ./:{           ヾ、/ ヽ_/ヽ   ',
                                /:::::ゝ、  ヽ     ノ,/  ヽ:::::::::::',  i
                               /::::::::__/.l____""´,ノ  ,ィ/:::::::::::ノl  l
                              {:::,r‐--',.{三ニニ三 二_}__/ |:::::::::::/ .l. l
                              ヽ|  _,r-{三ニ三三ニ/´  |   `ヽ<!   l  l
                               ヽ ノト 厂 ̄ ̄ ̄´ ト   ヽ--‐ '´    l  l
                                7Y´ / |      | ヽニニイ´         l  l
                               / / /   |      .|   | ヽ         l  l
                                / / /   .|     .|   |   \         l  l


112 :◆vsQyY1yD2Q

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /    もちろん、大歓迎だお!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /      早速、皆に紹介するお!
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ
                                     ____,/`ー-、───--、__
                                   _,ノ     |              ̄`ヽ、
                                /´'´     ,/|     :|ヽ、 i::        \
                              //     ,  / |    ::| ⌒ヽ::   i::    ヘ `ヽ、
                             /'´/     ,ィ'⌒   | :i:  ::::|  | :ト、::  |::    ヽ、 \
                              /   /   | |   } :|  ::::| ,_ヽ|_ \、|:::    、  〉  )
                               /   /    ,| ,j __, j/|   i::j ,チ弐心、i::\::    ∨::: /
                             j   / ,    /|/,ィチ弐、 |  |/ ト-':::j:::} 〉  i`ヽ、 }:::::::{
                             |   / /   ハ イf‐'::j:|`、 ヽ、:{  |:t::ィ::;/,'|  i|´ヽ:〉,人:::::ハ
         ありがとうございます!       {  /j/{   /:::ハ. V:ィ::;l }⌒{ `  `‐-" ,|  |.|_,ノ:'":j:::::):::::\
                              ヽ/  ヽ、{: : :::j `‐" ,ノ ' 丶、___ ノ/   |:| :}:::::ノ/:::/::::: \
         至らない点もあると思いますが       |j`: : :::jヽ-‐'  、__ノ     /   ,/リ j;:/: : :/:::::   }、\
         よろしく お願いします!           .|  : : :|::::ヽ、        /_,,/  '´: : : : :/::::.   / `ヘl
                                  |  : :i:|:::::::::l::`:ー:::‐r-..::::::/'´/ j    : : : :/:::::  ,/
                                   丿 : :|リ:::::::ノ:::::::::::;ノ    // /   : : :/::: ,-‐'"
                                   /   ノ'::::::/::::::/ {  / 〈'´   : : :/::::  /ヽ、


113 :◆vsQyY1yD2Q
                                            /            |
                                         /ニニニ三三三ニニヽ、 |
                                     _, -┴────────‐┴- 、
                                _ - ' ´                       ` -- 、
                             , - '´
                           /            , ----── ¬─r─‐-- 、
                          .|             〈   }    l  |   l  |  ∧
                           \               }ノ | {   !  !   |  l|   l |
                            `> 、        / l l l八.  ト、人  }  }|   l |
                               . `  --- ___ / l l {大不、ノ ,ィテミ、イ ,小.   |___  -- '´
                                _.       { l | lト代ハ  { 炊ソ' }/ レ'   |
     あ、でも……。                   r'  ⊂ヽ    Y N从 フ⌒ヽ、'_'_'ノ  | l | |
                             {ニニニニニi}      ∨ヽノ ヘ、 ‐-  .イ    トl | l
     錬金術の道具も持って行くとなると    ヾ.ニニ,フ′         .|  > 、 イ |   川人/
     荷物が かさばって ご迷惑かも……。     .|::|         ,r=''"7 / '   ,-`:、_ / 川 ソ
                                 .|::|         /ヾ--;',.:''''ヽ.,ノ/   `丶 |丿
                                 .|::|       /--'""''1、..ノリ‐"    ,.-'"~ヽ
                                 .|::|      才‐--、, ´ ̄ ` 、ヽミ_/.    i
                              ,,,、. |::|ry   ,/      〆~ ̄` 、 ヽ       |
                             | ,r;`ェ-{    |    /      ヽ.ソ`、       |
                            r'",r‐-J |   ヘ,     i         ゞ| `:、     .|
                            ヾ '"~`y^!   /:ヾ、_ ヘ      ノ/  ヽ,   |
                             ヽ、 `l::1 ノ`-、 i::::/    `    イ /   ,!ヘ  |
                               `.|::|    `,/             /   ,!:::::l  |

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     お? ああ、この家を留守にする訳だから
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |   貴重品は 全部 持って行かないといけないのかお?
 \               /


114 :◆vsQyY1yD2Q
                                 /     i ||    |       \  \ ヽ、
                                /  ./   :| |'|    |:::  |:::     \  ヽ ヘ、
                               /   /   :::j | .|  | |V:: |:::::     `ヽ、 i  ハ
                              /.ノ    /   :::/|__|ノi  | :| ∨: ト、::::::   、   ヘ |   |
                             / ,.イ   /  ::::'/´| :j |   | |`‐-┼∨::::::   ヽ、 ハ|   |
                          / / /   j   :::::/  |/  |   | | ∨:|  ∨::::::   |  ∧   |
    お恥ずかしい話なのですが      j/ /  ,ノ.::|  :::::∧ \  ヽ、 .|j  ヽ|/ ∨::::::  |、  ヘ |
                            j   / ::::| ::::/:::ハ   \、 ヽ:|  ,/   ∨::::   | }ヽ、 ヘ!
    ここは 元々                 .{ /{ .:::∧ ::{:::::λ" ̄ ̄ }⌒{  ̄ ̄ ̄゛ |∨:::: |ノ:i:::`ヽ、〉
    ゴジャース商会に借りている家で.    ヽ{ \{ .iヽ、{:::::{::} /// ノ", ハ^i ,、//ノ|:::ヽ、 j:::::|:: |:: {
                                 j | :::::::`j ‐-,ヘ´ハ,、 _l | | | |‐,、´ ,j:::  ∨::::::|:: |  |
    おじいさまが いなくなってしまったため     ノ .ヽ、 :::::ヽ、| .|/ ノ |:} r、~ ̄ ̄`l'´:::  j:::::::ヘ::: ヽl、
    このままでは 家賃が払えなくなるんです。   ./  :::f`ヽ、:l" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛l:===={:::::   /`ヽ、:::ヘ:::: `ヽ、
                                /  :::::}   }============{:===={、::: /    .}::::::ヽ:::: `ヽ、
                             / :::;/ :::::::〉   }============{:~ ̄~ 〉ノ  /`l'::::::::::::ヽ、::: ヘ
                             ノ :::::/| ::::::/  〈´" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛〉::   | /   |:::::::::::::::::::i:::::: ハ
                              〈 :::〈 | :::::〈   |            |::    |'´     |::::::::::::::::::::|::::::: ノ

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \   ゴジャース商会!?
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /


115 :◆vsQyY1yD2Q

                                             /´`ー-.、____
                                  λ    r─--..、j         ̄ ̄ `ヽ、
                                  ∪     j      |           、   ヘ
                                      ,ノ     |       |、     \i:  ヘ     λ
                                       /  /  /  ,|       | ∨:::.    、\. ハ   (_j
                                     / ,/ .:/  .::j   /|: i:    | | |. |、:::   i、: ヘ }
     直接 言われた訳ではありませんが          /u/ ::/  ::::|__,/ノ| |::   | |\|_|V:::.  |::.\:〉|
                                   / ;/ ::/   ::::j ,/   | |V::  |/  | | ∨::.  |::::  |
     ゴジャースモララーさんは                 j,/ | .::{   :::/|/__, j,ノ V::. | __レ_ |:V:: |::::::  |
     私を 妾にしたいのでしょうね。             .| :λ  :::{:ハ zテ弐 }ー{ヽ.{ チ弐z、 |:::∨ j):::  |
                                   ヽ、{∨ :::|;:ハ    ,ノ ヽ、     " |:::::∨|:::::{ |
     じゃないと、家賃を滞らせている訳でもないのに     ∨ :||::::j‐-‐'´ '   `ー-‐ '´ |:::::: : |:::::∧|   λ
     家を引き渡せとかは 言ってこないはずです。      ヽ、||:l^i`}、   r'⌒ヽ,  _,.ィ'|:::::: : |:i::::∧   (_j
                                   λ    }::jノ,/〈>‐->-r‐'‐'"ア‐-j.::::  j::|:::: ∧
                                     (_j    /|::{ ` `ヽ、 |'´   /  / :::: /、:|::::: ∧
                                           / :| :`ヽ   }) |-‐-、/  / ::  / ,\::::: ∧
                                      / ::| : ::〉  /´ |   ,/  /  ,/ //ハ::::: ハ

      ____
    /      \
   /  _ノ  ヽ__\
 /    (─)  (─) \   つまり、やる夫が みゆきさんを連れて行ったら
 |  u.    (__人__)    |
 ./     ∩ノ ⊃  /    ゴジャース商会に ケンカを売る事に……。
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /


116 :◆vsQyY1yD2Q
                                            __    ,.、    ____
                                           |  ̄`ー‐| `ー'"´    ̄ `ヽ、
                                            jノ    |        λ   ヘ
                                           / ../  / |    i|ヽ、   {,ノヽ、. ハ
                                         /  ..::::|   |,/| i  || | ∨    ∧ }
                                        j  /::::::{  ::;,|ノ'| :|  |j |\∨   : | ハ: |
                                        |  {V::::∨ :::| 、_|/∨:| 、_  `ヽ、:}ヽ、||
             あっ……。                         ヽ、| ∨:::::ヽ::| ┃ ヽ.| ┃  |::::∨::::: :|
                                            `ヽ/"}、_,,ノ, ヽ.__,,ノ| : :| |:::: :|
             やっぱり、トラブルを抱えた女はダメですか?    .,rヘ:::〈ヽ、  rっ   ",ィ| :/ .|:::: :|
                                            〈 "ヽ::〉::>‐r -r;‐<:::j j リ::: λ
                                            {`ヽンチ ̄}:`‐-‐`  /'´,ハ::: :∧
                                            |    ノ辷 {、 ;'    / ,ィ'" }::: : :ハ
                                            |  〈"〈 / `ヽ、 :〈 /   ,'|::: :  |
                                            {   :}゛.`ヽ   `ヽ./   / |:: : : |

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\          いやいや、そんな事はないお。
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |         後で話すけど、やる夫も
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   アリアハンの貴族に ケンカ売ってる真っ最中だお。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /    あと、夏美の件で エジンベアも不味いかも。
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /


117 :◆vsQyY1yD2Q
          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \    だから、こうなったら 一蓮托生!
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/     まとめて 面倒を見るお!
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /
                                               ,:‐ - 、./ヽ、_
                                                 /    l     ``丶、
                                             /    / .l   |        ヽ
                                             / /  / ,l   ,! i    ヽ ゙:,
                                   .       /   /  _,L./|   l.! |!_    i  ゙!
                                           /,ィ'゛/ ,   ,!./|  !ハ !、`ヽ   l  l
                                         i/,' ./  j ./ !!  ! .j  ゙、| ゙、    l  |
                                           | ,イ |./ l!__ `、 |  ヽ! ゙、  i  i
              イチレン……?                  V !  .}, |,!'=='ヽ-:{v'´ =ミj゙! / ,'
                                           ゙、 !:i人  _,ノ , ゙、    レ:}./,:' ,'
              よく分かりませんが                      ヽ!|  ト¨、  ー `'''''',"!j'".,' i
              私を 受け容れてくれると言う事ですね。       |.! :|  ` ,ェ_-_ェ,"  ,' ,' j
                                                !j  | _,..-'!,,「|_,,.-'く_:,' ,'  |
              良かった……。                       .j ! .|'"l:i:、 |.|   ,.:/ /、 .|
              あなたを選んだ目に狂いはなかったようです。   ,' l  !  `:ミュ:|.ヒ彡'゙/ / ヽ!
                                            / λ | !    ,! !  ./ /   |. i
                                   .        / .i. ヽV′  ! !   ! / /   ! !
                                          /  ,:! ∧!   | |   レl /   l  i
                                          ,'  / | i ..::::::. | |   ..:::l/    !   !
                                         .i  ,′| ゙、::::::::. |.j :::::::/    ,'   |


118 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ) :::::⌒(__人__)⌒:::\ ( i)))     そうそう、やる夫は 馬車を持ってるから
  /∠ |.    |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )    多少 荷物が多くても、気にする事はねーお!
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......
                                                  ヘ
                                          /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                                             /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                                         /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
                                        / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                                        / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                                        /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
                                    /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                                       // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨
           それは 有り難いですね。              .| : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う_ハ: : : : : :l
                                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
           錬金釜を始めとする道具は    .|  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
           全て 持って行きたいですし。     .|  .Alchemy.   |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
                                ./^) 〜〜∴〜〜  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
                              {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
                               {/ _ノ           |: :.|少'   r|   W\ /: : : :l: :.│
                               ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
                               V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
                                  ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
                                  {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ


119 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (○)  \   え? 錬金釜?
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ
                                 rー ── } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、
                                 | : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.丶
                                 | : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : :: : \
                                 |/ : : : ,' : : : : : |\: : : : : : : : : : : : ヽ: : :: : : : : : : : :ヽ
                       .          /: : : : : : !: : /: : : |  \´:  ̄`ヽ、: : : :丶 : │ : : : : : : ',
                              /: : : : : : : :..|⌒ト : : │   \: : : : : \: : : : \:|: : : : : : : |
                             /: : : : : :./:/: :.:|: :∧: : : l    __.\: ヽ : : : : : : : : \:.:.: : : : :.|
     ああ、そう言えば             /: : : / : : : V: : : :レ'-ヘ: : :.',    ィ灯テ外ミ: : : : : : : : : : \: : : : l
                           /: :./!: : : : : |: : : :小Y心\:.ヽ   {iー'::::::jヾ: : : : : : ::\ : :ヽー :l
     訪ねてこられた勇者様の中には   |/ │: : : :/|:.: :.:.{ハ Vi::ハ \|    Vヘ::::イ:}ハ: \: : : : }\: ',: :l
     錬金釜に 興味を持たれる方が       |: : : :.ハ: : : |{ ヘ ヽ:リ、__{ァ   ゝ辷ン ∧: :}ヽ /|: : ヽ} :|
     多かったですね。                ヽ: : l  ヽ: :.l人: :', ´ ノ , \    ''' / / ∨ ∨:.l: : : : : |
                                   \{   \リ:.:`弋   。 ` ー一 ' / '´: : :∠,:│: : : :│
     売って欲しいと言う方もいました。               /: : :.:/フ>  __   イ: : : : : :/..:.: 八 : : : │
                                  /:./^}/ / { { : : ∠: : :/  ̄ ̄\ ̄ \: :ヽ : : |
                            _,, -='´_/ ´ 二)   ヽ: : /: :./       \//∧: : \|
                            ´ `>: :/(7      、`)   /: : : /           ∨/∧: : : l\
                             / : : ///\  xヘ \ /.: : : ; イ          V//,|: : : :\:\
                              ヽ:////// >く )Yー’{/|: /V           |//,|: : : : : :\:ヽ


120 :◆vsQyY1yD2Q

                                         / ̄ ̄二ニ=|`ヽー-──-、_
                                   /,..イ´    :|         `ヽ、
                                  /'´      :|            \
                                  / /      /'| .:  i:: /'| :|:   \ ∧
                                    / ,〃  .,':    / | :| .::|: / | :|i    \ハ
                               |//   :/  ,' /_,ノ| |  :::|/\| :||    、::.∧|
        私にとっても 大切な物ですので      /   ::/,'  /| /  ノ人  :|  | :|| :|   ∧:: ハ
                               /   :://  /_|/  '´  `ヽ:|  ヽ|ヽ∨  .ハ: |
        残念ながら、お譲りする訳には    .|   ://  ∧ 二ニ=- ,}‐{ -=ニ二 ./:∨   |ヽ|
        いきませんでしたが。           ∨ / | :/:::ハ /// ノ.::.ヽ /// r‐-、.∨ /:::|
                               ヽ/ r'ヽ.|`ゝl `ー-‐'´   `ー-‐'〈二、 |::|/::::人
                         ⊂=-       | 二ノ |::ヽ、   __ _   /::l_r  |:::: : :/:: :l:\  ‐=⊃
                                   | r' ,ノ: ::::::>‐r- -r :</: : ::|.  |::: ::/:: : ノ:::::;〉 -=っ
                           c=-    { ̄ ̄ ̄}::;r| ̄l ̄i ̄l ̄/::{ ̄ ̄ ̄}:イ: :/:::/
                                 〈´ ̄ ̄~`〉'´~ ̄ ̄ ̄"/´:::〈'" ̄ ̄~゛〉:'´::/


        ____
      /     \
    /    ;   _ノ′
   /     ∪ :::(●      そ、それって もしかして、薬草と 薬草を入れたら
   |         "`(__)
   \、          /´ヽ.     ポンッと 上薬草が出てきたり?
     )       ィ ("_ノ
      / /⌒ヽ    ヽ ) |
      i l   |     |  |
      | |   |      |-‐'


121 :◆vsQyY1yD2Q

                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|   そこまで便利なものじゃありません。
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |    魔法力が通りやすいように加工した
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |.    ただの釜です。
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |.    ですが、錬金術を行うためには
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |    欠かせないものなんですよ。
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
        /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |
         /: :::::::|  :::〉       "|ヾ <´ j/ i:   |::::  |

                   ,、
             _,.-‐─-/ ヘ‐-、_
             /        |   `ヽ、
           /     i  λ:: |: ヽ、  .ハ
           | iノ .:  | 'フ´|::. j`ヽ、| λ |    と言うか、その上薬草の話も
           |/ : : .;イ´j/, j;:/  , リ 〉 ヘj    皆さん 聞いてきますね。
          〈 : :/::|  ┃ ,H  ┃ ∧ノ ,〉
           V}`|: ::|.`‐-‐'  `‐-‐'〈::::j,/{    通常の薬草より、効果が高い薬草でしたっけ?
             j ::| :.:|、""" {_,フ "jY77ァ:. |
             | ::| ::{ `>‐-‐{ニニ二}: : |    多分、薬草園に行って 農家さんに選んでもらった方が
            ノ ::丶、ヽ、 |__{ニニ二}: :. |.    早いし、確実だと思いますよ?
           / : :::f´ 、ー-`| ,.〈    ,〉: :. |
         / / : ::|  i\.|//|    |: : ヘ、
           〈 :/ : : ::|  |> `´ <|    ト、:. : : \

      ┌――――――――――――――――――――――――――――――――──┐
      |  上薬草                                                │
      |    吟 味 し て 選 ん だ 上 質 な 薬 草 。 ←                          │
      |    傷の痛みをやわらげるとともに、高い回復の効果がある。               │
      |                                                  │
      |               『ドラゴンクエストVIII 公式ガイドブック 知識編』 より抜粋     |
      └――――――――――――――――――――――――――――――――──┘


122 :◆vsQyY1yD2Q

                                 ◯
                                 八
                                 __人人__
                                  /((    ))\
                                 ∧乂___乂∧
                                [三三三三三三三]
                         [≧ュ, ]/////////////[  ,,ュ≦]
                         [_┌Y≧三三三.三三三≦Y┐_]
                         [   W// ̄|Y蒜Y| ̄\\Y  ]
                       _,>/(/   | `¨´ |   \)\<,_
                          〈( 〈   ⌒\/\./\/⌒   〉 )〉
                         \ \__________/ /
                              .,_________, .
                               \_____/



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    おおっ! これが錬金釜かお!?
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    大丈夫、このサイズなら
  |     |r┬-|       |  /    問題なく、馬車に詰め込めるお!!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
                                               /´`ヽ/´\-‐─-、_
                                              ,ノ"   {         `ヽ、
                                           /    , |   |、    \:  ハ
                                             / ,ノ    i /∨.  | ∨   ヘ.  }
                     それなら 安心ですね。        ./ ,/    ::;| |'´∨ { ⌒ヽ    ヘ.j
                                         j//   / ::;/|/ __ ヽ、|  __\:::: }::: ,〉
                     では、宿に行きましょうか。      |  /| .:;ハ ィチミ H ィチミ V:::メj,/|
                                          ヽ、| { ::{::ハ、_,ノ ヽ__,ノ|∨iノ:i|
                     荷物は、後ほど 取りに戻るとして     ヽ、|:::j、   -‐    ,|::. | |
                     まずは 皆さんに ご挨拶しないと。      .{ ::|::`二=r r=ニ":::j:_ | λ
                                             /:ヽ{/ヽ |/ヽ,/  ̄( |__j::: ヘ
                                            /::/|::::/ /   |/    r'、〈〈 }::.: ヘ
                                              ヽ:| |::j ゝ:::. ', ::::...   {ゝ-‐',},〉::i: 〉


123 :◆vsQyY1yD2Q



゙:,゛\
゙:,゛:,゙:,\                [二二]ヽ
゙:,゛:,゙:,゛:,:.\    ,.;i;';.,,   i ニニiヽi_
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,|  ;';,. ; ;';,/ZZZZZZZ \゙'ー 、_
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,|  ;;';.,  /ZZZZZZZZZZZ:\   ゙'ー 、_         (二二二)
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,|,.;i;';., /ZZZZZZZZZZZZZZZ\ヾヾヾ ゙'ー 、_      /TTT\
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,| ;';.,/ZZZZZZZZZZZZZZZZZZ :\ヾヾヾヾ `゙'ー 、|__iトi__,.;i;゙';.,イi;';.,,____i三i
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛:,| ./ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ \ヾヾヾヾヾヾヾ\NNNNNNNNNNNNNN\
゙:,゛:,゙:,゛:,゙:,゛/ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ:\ヾヾヾ irー-、: \NNNNNNNNNNNNNN\
゙:,゛:,゙:,゛:,/ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ\ヾヾi|   | ヾ \NNNNNNNNNNNNNN\
[エエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ ]二ニニニニニニニニiエエエエエエエエエエエエエエエエエ]
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .:.:.:|: . | |l::.:::.: .: .:|l: .:::.|l: .|| : .: .:...:..:.||: .: .: .:...:.:||: .: .|  ||
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: | |l: .: .: .: .: .: .: .:.:.:|: . | |l: .  'rニ|lミ  |l: .||: .: .,ェェ、::||: .: .,ェェ、:.||: .: .|  ||
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .,仁| |lミヽ: .: .: .: .: .: .: .::,イi| |lニミヽ: .: .: .: .: : .|  | |l   ||iii|l i| |l: .||: .|i__|__i| ||: .|i__|__i| ||: .: .|  ||
.: | |l.:,゙:,゛:,|: .: .: .: .: .N_i| |l レ!: .: .: .: .: .: .: .: ト|!| |l|_ト!: .: .: .: .: :.:|  | |l   ||iii|l i| |l: .||: .|i__|__i| ||: .|i__|__i| ||: .: .|..__||



                                                      ____
                                           , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
                                         -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
                     それじゃ 皆、宿に戻るお!   ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
                                         //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
                                       ,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
                                       /    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
                                       \___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \





    ∧_∧
   (; ´Д`)    りょ、了解……。
   _, i -イ、
 (⌒`    ⌒ヽ   ( 中で 何か話してると思ったら
  ヽ  ~~⌒γ⌒).    すんごい美人 お持ち帰りしちゃったよ。
   ヽー―'^ー-'
    〉    |.      やっぱ 金持ってるヤツは すげぇな! )
   /     |
  {      }
  |      |
  {  ,イ ノ


124 :◆vsQyY1yD2Q
                                          __
                                       ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                                     ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.                                   ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
     __                               ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
     ヽ`ー- .._     r‐- 、_..              ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
       ゝ   ./´ ̄`7      `¨"'−‐-、_        .!::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
          ヽ  ./  /{         \_    ミ= 、   ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
        , ',../     /j   :i |、_ ヽ  \: ̄ ̄ ̄ ¨ヾ≧ . ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
       / ./    ィ´ |  : !.「ヽ:\i.  '; ヽ: :: : : : : : :/   >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
      /   ′' .i :! __ !:.{ :.|:.lァ=ミ: :|   }:  i: : : : : ,/. . ., '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
...  /   | .i i ! :i{「i} い:.lV i´心:! :  ;:. : |_,./         `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
.  ,´     ,__| {.!.:ト:Y じ \j  L_ン }:.!. /!:: : !: l.               ̄ ̄
.  ヽ      い、:( :{ ,ィ⌒(_ _ノ  ,ルj/: :} ; : :|:/`‐-、
   \     Yヘ{:i:.爪  r 、       _,リ: :/ ハ!    \
     \   .}/^ト:从::\ `     ‐ニ  ソ         `ヽ、
       \ ./ /: :.,イ::.リ:  ̄〕 /´  `ヽ  :::: : .        ` 、
         / /:__ ,. -‐ '´/ '′    '.:. :: : .  .           \
      _ ‐ 7´, -‐     /       l\  、  :、 `       ヽニ二._ ‐- 、
.     /   //,. -──/  v  、    l  ヽ、 :: : .   丶 .._  : : : . : : : . .`丶`\
.   mキ=={f´       {  /   l      l.   '、_::. ::. ::.、、  : :_二ニフミー- 、: . ヽ
.  〃  ヽ/ハ      ヽ/     l     l______ヽ_」 -ァ´ ̄ヽ,.-ァ‐z: : \  \: .i
     rト'^7 ゝ、_, <^ 、   ./l  ,r ´      〃l|  `こー`i´:`丶: : :ヽ  V|
   =≠″ l       `ー、ヽ/ :!        _, 〃‐l!´ト、. _l^ /:.: : : :.\: : ', リ
       l            /   j       , ‐ ´     r〜,,:. ::. ::. \::.::.::. : : ヽ: i
       |        /{     `ー  ´       / ./.ヽ::. ::. ::. :^ヽ:\: : :i |
        l        {. '.                 ,.'  ,.'...  )::. ::. ::. ::.丶:ヽ:.:|リ
        l           ヽ             , '  , '   /::. ::. ::. ::. ::. ::.V:ヘ:|
.       |          \        ,,,/  /.  i::. ::. ::. ::. ::. ::.  v、リ.  ┏みゆき.━━━━━━━┓
       , -,=≠q、=ニ、 ー----ヽ    _,,''"   /..    l::. ::. ::. ::. ::. ::. iV     E ぬいぐるみ (試作型)
       !/〈</ハヽ>; ヽ    ー― ''"   ,,''"..      |::. ::. ::. ::. ::. ::.|: ヽ   ┗━━━━━━━━━━┛
      /  `1'! `ナ!    '.   《 ___,''".          \::. ::. ::. ::. ム::.::.\_,
     /   |j //     l      ノ }               ヽ、__   :`ー--‐ァ′
.  /       ^.    .}   ノ.ノ ,'                   ` ー一 ´


125 :◆vsQyY1yD2Q

           __,.-‐──--、,ィヽ、ヘ、
           ,ィ´, .∧  ,      |  `ヽ、
          /  / (__;) ./  ,i  ; |  i::  |
       /  i/ ,  γ/⌒/|  i ,ト、 |:.:. {
         |   j /   / /、 |  i/ヽ リ:.:.  |
        |   {/ ,::' ,ィf:弍  |/fテマ∨: : :. λ.  っ  あ、あの
       }  /,イ´:: λ 込リ  }-{ {:hリ ハ:: : .: ∧  ゚
       | '" `∨、{` ‐-‐ '.::::..`‐-〈:': : :. :   〉    試作品を 着る意味はあったんですか?
         | ,/ :.:. : :{.:`ヽ、  rっ  ,イ::|:/〉:人/
       jノ :. :. : : 人;.: ::`マ‐-‐,,´ァ ,|::..ト、 '"
     / :.:.:.:. ;:;f´  ,`ヽ、.`ヽ-、,-' | /., |
    /´: : : :. :/:j   j.  i'i'i´ ̄ ̄ ̄| ヽj

                                                      ____
                                                     /_ノ ' ヽ_\
                         こう言うのは、最初が肝心なんだお。    ./(≡)   (≡)\
                                                  / /// (__人__) ///\
                         「つかみはオッケー」 ってヤツだお。   .|       |r┬-|      .|
                                                  \.    ` ー'´    ,/


第13話へ    4  第15話へ

この記事へのコメント
試作型w
ぬいぐるみですらないww
Posted by at 2010年06月20日 19:11
なんというイケメンぶり…
そして、なんという試作品の似合いぶり…!
Posted by at 2010年06月21日 05:52
待て
お前らの心は汚れている

ほーら心の澄んだ眼でAAを見ればだな……
Posted by at 2010年08月03日 22:56
オーケーだ!オーケーーだぞやる夫!!
Posted by at 2010年08月07日 05:08
おー@@あい!
おー@@あい!
Posted by at 2010年08月12日 17:56
もうぬいぐるみというよりは、うさ耳バンドの亜種だなwww
Posted by at 2010年08月21日 02:57
さっすが~、やる夫様は話がわかるッ!
Posted by at 2011年02月27日 21:51
著者のDQ本への情熱には脱帽する
Posted by at 2011年06月08日 03:02
むしろ錬金術師は女性が王道。

マリーとかリリーとか、その師匠のイングリッドとかみんな女性。
(別作品の話だけど)
Posted by at 2011年07月14日 15:43
つーかわざわざみゆきさん用のぬいぐるみを購入したのかw?
Posted by at 2011年09月15日 20:54
↑↑
鋼の錬金術師ディスってんのか
毛色違うのは分かっている
Posted by at 2011年09月15日 21:27
↑&↑×3
フェイスレスやローゼンも思い出してあげて下さい・・・
Posted by at 2011年09月16日 23:08
要は学問や職の話だもんな。
昔は「女だてらに〜」って言われてたりしたもんらしいしね。
Posted by at 2012年02月06日 12:21
誰も触れてないけど、護衛のみなさんも良いキャラしてるなw
Posted by at 2012年05月21日 01:21
学問系の職ってモンスターと戦わないから死ににくいのになんで女だめなんだろう?
Posted by at 2012年05月21日 11:47
そりゃ、金のかかる趣味になるか賢者になるかの二択だからじゃね

昔は地位や名誉は、男性のものという風潮があったし
女性のハイリスク&ハイリターンは、金の無駄にしかならないという見方もあった
女性は頭が悪いと見られていたのもある
基本的に女性の信用が低い時代だったとも言える
Posted by at 2012年10月02日 22:28
彼女らの使命はまず子を産んで家を守ることで、下手に知恵付けられると困るということもあったんだろう
Posted by at 2013年02月02日 14:17
メガネさんは現地妻でも良かったような・・・
Posted by at 2013年11月27日 22:25
「女流」作家とか「女流」棋士とか、今でも女性が主流ではない職業に関して
「女だてらに」って言ってた頃の名残みたいなものがあったりする
Posted by at 2014年03月19日 03:06
そういやみゆきって登場人物の中でも特に美人ってのが強調されてる印象があるな。
Posted by at 2015年05月29日 12:31
↑原作自体がそういう感じの扱いだからじゃない?

それが二次キャラとして落とし込まれても、そのまま採用され続けてるんだろ
元から物知り設定もあるおかげで、美人な説明役として機能させやすいだろうしナ
Posted by at 2015年07月27日 03:07
「女流」棋士はそんなんじゃないぞ
誰も奨励会をクリアできてないだけだ
おしい人はいたけど駄目だった
Posted by at 2015年08月10日 16:32
>>111を見て、例の仲間になる時の音楽が頭の中に流れた
Posted by at 2016年10月22日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39055077
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ