■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 12/10 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年06月27日

第15話「ここに家を建てよう」(1)

第14話へ 1     第16話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q
【 見学商会 厩舎 】


          i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i                      ,、
          |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |                   _〈 i,、
          |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |               _、シ〈 i、、
          |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |         _  _,,シ_、从ヾ、
          |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |       /⌒ _ || _,,シ:'「|ヽ.・ヽヽ
          |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|三}   .,イ /⌒  ̄ ||    |.|_ へ.、。_)
          |三三三三三三三三三三三三三三三}    {.,イ{   ノ ||(   ,U
          |三/´|`ヾ三三三三三/´|`ヾ三三三ニニニニニニニニ0ニコ/
          └゙(─@─)========(─@─)=┘     /| |/| |   } } j{
             \._|_,ノ          \._|_,ノ        《_, 《_,ヒ}  《_,《_,/_}



      ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \   みゆきさんの荷物は
 |       (__人__)    |
 ./     ∩ノ ⊃  /    全部、馬車に乗ったかお?
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /
                                                  / ̄二>ヘ、
                                                 ∠_   >ヘ V≧--、
                                                 rイ二>ヘ く_」  V   \
                                             _,⊥ノヘ ___Vニ=- 、        \
                                           //ィ∠// /   `ヽ、ノ
                                             | / /l厶/ l/  ___   \
                                           V/lイ 「h  |  _,二 `゙ヽ ト、
           何とか乗せる事が出来ましたが              リ vソ    Trくハ   Lム ∨
           その分、交易品を乗せるスペースが減りましたね。   ′r ′    、辷ソ   l爪V|
                                             |        ` ̄    ィリ⌒}| |
           今は、乗せている交易品の量が少ないので       .∧ ヽ          >フ /| l
           何とかなっていますが。                       l小          __辷ニィくl | l
                                       _     | {ハ     /,ニ=ィ ハ ヽトハ
                                      l r-≧、_   Vヘ(`ニ=---{/ ー-く V lヘ ヽ
                                     .l l l二   >冖弌}__        ハ{  lハ lV
                                     l l   /       \  ヽ--、_   lヘ/l川l/
                                     .l l   /          \   \ `丶、{
                                     l l  /          ヽ\   \   ヽ


2 :◆vsQyY1yD2Q
                                       〈 `く__ N: : . : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                                        7 7¨´: : :、: : : l: : : : : : : : : : : : : : : :∧
                                        /W/ | l: :l: ト、: : l: : : : : : : : : : : : : : : : ∧
.                                        ハ∧l: :| l、l、l´ \ト、: :ヽ: : : : l_ : : : : : : l
                                       |: l : lヽl Yvl l  行K\: \: : |‐ .ヽ: : : : : |
                                       ヽl : |、∧fl ヽ  jtレ` |:`‐-\|、 }} : : : l/
                ウォーリアと、ミネルバにも.        ヽl >'’   ´   |: : : : : :|ーノ: : :l: |
                                          ゝ       l : : : : : |T: : : :l、|/
                一部 荷物を載せた方が良さそうね。     /`t‐      l | : : : : l |:l: :ト | ′
                                            /  :`i    /:,: : ,イ : レ|ヘ:!
                                          ' / . :/ゝ‐_¬7イ: :/ |: / /\
                                         l:/ : /l/∧  lメ/: / '://     lヽ.
                                          |'l: ://__l ヽ/// //´    , | l
                                         ,.r|:/イ /:|_//´L.. //   _ /l | |\
                                       /,/l' 7/::::/ / / /´   > .| | |  \
                                       f //l 7 l:::/, /      /  彡 ´__」
              /: : : : .           \
                 /: : : : : : : :            ヽ
            ,': : l: : : : : : : . :          ハ
              l: : :l: : : : : : : ,、: ..イ  }:  .       ハ
               } : :.l: : : : : l:,,≠V=l: ハ: 从:  l : }l
           /: : : l: : : : :〃iト‐}` ∨ レ≠ミl /. : : lリ   ダーマについたら
          /: : : :.:|l : : : : :l` ̄´    iヒノハイ: /l:/
          ̄フ: : : : N: : 、: lヽ u    ',    }: : l:/ '     いよいよ 2台目の馬車について
            /__ イ: :>、: |ヽl、   ,...、  ∠: : :|       考えた方が よさそうだな。
          ̄ /´\:.:.ヽl:.ヽ丶、. `". <l: : ト、l
    __  --─  ̄    ヽ:.:.:.:.:.:.`>l`¨ト、:l从 :.|
  /⌒ヽ          ヽ:.:.:.:.::/ `丶、 ヽ!
 /                ヽ:.:.:}     丶、


3 :◆vsQyY1yD2Q

         へ、 ,. -‐…‐-
       /   : :´    . . : : : : : .`丶、
      /  : : . . . . . . .      : : : : : .\
    /   : : : : : : : : : >' ´ ̄: : : : : . : : : : :、
    /. . : : : : : : : : : :/_____/. : : : : : : : : . : : : ヽ
   /. : : : : : : .:.:.:. : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : ',
  /. : : : : : : :.:.:.:.:.:.: : : : / : ,ィ: : : : : /|: : : : :} : : : }   ホントは、今 考えた方がいいんでしょうけど
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:./ `Y:.:|:/ノ__.フ≠ァヘレ'. : ,'. : ハ/
 ̄ ̄|:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:{        〃 //   ! : : /. :/.      時間がね……。
   |/\/  \入     -〈{ {/   ハ/ヽ/
             }   u  `      {
        , -‐'- 、     ``    ゝ         カガリの言う通り、まずは ダーマまで行って
        /      ヽ ト     ,., _/
       '       Y_..`ニ二_             状況を落ち着かせないと。
       l         !;\    ヽ
       |        }|_ \ _r┴ ‐ 、
      │      |/ ___\ 〈 /   \
      │       レ'´   \ `r ' ´_   ',
      │      │      ヽ`「___    !
      │      |: : : : : : . ヾ `ゝ  |
                                    |!   ,.ィ 7      //     Y ノ-''"  _`ニ=-、_
                                    lヽ, // /     , ', '     /      `ヽ、 `
                                   ,. =- // /     //      {
                                 /   //  !     //      ノ、
                                / ,ィ   !l  |    //      /  \
                                /´./   ハ',  l   〃     /      ヽ
                                  l   ! ゙rヽ ヽ  〃   , '        ヽ
                                 '、  /  ヽヾヽ', ll  , '´     !      ', l
       ダーマで職業訓練するには.          ヽ/    `ヽ、ゞlレヘ  、  !  /   }    l /
       時間が掛かると言う話ですし.            | l  l  ! l l    !  l! イ ハ /  l|}´!
                                   l l  l  l、! l_  | /l/,l /ミ、|イ  l   !´| |
       馬車とか作ってもらうには丁度良いですよ。  '、ハ ヽ '、`メ,!=、  | / 〃/イ‐'`7l /  l:::! |
                                      ト、 ヽヽ´ゞヒ} '´   ‐ゞ=//   Y !
       私も、ダーマで しっかり修行して             .! ` l ',´  ! ::::.    /'' 7,   、! /    /
       ちゃんと僧侶の加護を受けたいです。        .|   !ノ ヽ,  '_       ノイ    /`,'   ,'
                                      | /  ´/|  `r 、 ヽフ  ,ィ´/  //‐/   /
                                     /イ   l ヽ  r`、`ヽ、,.-''´`Y  /!y'´   /
                                    ´,/ l  l.  \{       //'"´ /   /
                                      ! ll l!!         /イ , /  , イ/


4 :◆vsQyY1yD2Q

 ━┓
 ┏┛    ⌒
 ・    .___ ⌒  ___   ━┓
    / ―\ / ―  \  ┏┛
  /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.    あれ? メイリンは今も僧侶なのに
 | (●)  /_  (⌒  (●) /
 |   (__/      ̄ヽ__) /.      ダーマの加護を受ける必要あるのかお?
  \  /´    ___/
    \|        \
    /|´        |

                                          /.:.:. .: .:.: .: .:.:../:>─ 、.、:. :.: .:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:
                                        /.: .: ./ : /.:.:.:.{:.:/    }.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:
                                     { .:./|.:./lイ.:.:.;厶{  ー=彡'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V.:.:.:
                                        V.:.:.:.|∧:.:.:.ト、:.{__ ` \ー ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.
     私は、アリアハンで修行をして 僧侶になったけど     l∧:.:.:.:.:.>|≫汽ミ、   `三≧=-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:
     厳密に言えば 「自称・僧侶」 なんです。            ゝ:.:.:.{/| 、辷ツ     "廴)V≫-.:.:.:/.:〃.:.:.:.
                                      ー┼=彡'.:.}         弋zツ`ァ.:.イィ:/}/ .:.:.
     本人の才能や努力次第なところもあるけど         .}:./.:.:.:.∧    /     ー=彡'.:.:.:{〃 /. .: .:,
     やっぱり正式に加護を受けた方が伸びるんですよ。   ./.:{:.:.:.:/Vヘ   、_       /イ.:.:.ムV  /.:.:. .:/
                                        /.:.:.:Vl/  、__>、  - ̄   从{:.:.{__ .ィ /.:.:.:.:./
                                  ー=彡'.:.:.:.:./    ` ̄{:>、__ ..   ´ {:.:≫r‐' /.:.:.:.:./
                                    {.:.:.:.:.:∠       Y      |V⌒´〃.:.:.:.:/
                                  /|:.:.八{ >ァ───fツ        _{    {:{:.:.:.:.:.{____
                           .     /   ゝ{ //`丶、,〃{{      ∠/` ‐-从:.:.:.:.:廴.._,
                                /       / /    〃ヽ||      〃〃    }≫=彡'


5 :◆vsQyY1yD2Q
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.| ::::::::::::     ヽ、
            /:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |ヽ、 ::::::::::     ∧
         |:::::/::::::::ノ::::::/:::::::: ,j::::::::: | |∨ ::::::::i   :  ヘ
        .|:::/::::/:::::::::/:::::: / |::::::   | | ∨ :::::|    ::  ヘ
        |://:::::::::::::/::: /| |::i:  :: | |  ∨ ::::|    |:  λ
        j/:::::::::::::,-/-─-/  | |  i: |-|─-|-、 ::|    |:   ハ
        /::/::::::::::: /:/ __/_.  | j  j |._!__  V  ::|    |:   |
          |:::|:::::::::::: ハ ,ィfチテオ、 j/ /|:|オテミォ、∨ ::|    |:   |   加護を受けずに
       |:::|:::::::::: |:ハ んィ::ハ j_,,ノ リんィ::ハ `ハ j:    |:: ,/リ   魔法を究めたと言う話が
       |/|::ヽ、::: |::ハ `~-‐"  }={  `~‐-" ,ハ,/   ,ィ j;/     .無い訳ではありませんが
        |::::/:iヽ、{:i`:j、 ___,ノ ´ 丶____ ,ノ{::::}  / jノ
        |:/::::|:::  | ::ヽ、    ー-‐    ノ:::::::j,ノ  |         それは ごく限られた人の話ですね。
        / : ::|::   |:::i|:::`>‐-=@,-‐<´:i|::::::::|/:λ
         / :::::::|::::  |::,イ´ .\,ィj   {、,/r'´ヽ/j ::::: ハ
       /"::::::::;|:::   |´ `ヽ、  ̄ ̄ ̄  (´ ̄~_,〉 ::: ヘ
      / :::::::::/´/|::  |    ゛  ~~"´ /(_ ̄  〉 :::: ヘ
    / ::::::::::::/ ./ |:   |         /ノ ,ゝ、 ̄ ノヽ、::  ヘ


          ,.-―ァ''"~ ̄~`ゞ‐- 、__....,,,_
        /  / ,         `丶、ヽ
          /  '  /    -‐-ィ      ヽ }
       リ   , / /´i  ,∠´|  .八‐、 .i  }    私も、盗賊の加護を受けてから
      /   { ! ./ 人/ iノ八ノ rh  | .}!
    ∠ 」   `、V癶'゙-{!  し'   { ノ|〉ノ 八    感覚が鋭くなって、自分の位置が分かるようになったり
      .|     入     ___ ' `゙,イ〜'´ \   心の目を飛ばして、空から遠くを見渡せるようになったわ。
      .|    ノ`\i、    ゝノ ノ!    .厂´
       |   /    | `丶、 __, '゙ .|  .,イノ     ダーマの加護には、そう言う力があるのよ。
       ゞり´   _,ノ    l、_  ゝノ
          ,∠幵     {幵ブ⌒ヽ、
         /ィ∬}`ー一''''´ {∬}     ',


6 :◆vsQyY1yD2Q
                                                       ____
                                                     /ヽ  /\
                                                    /(●) (●)丶
                             そりゃ 盗賊の覚える特技      /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
                                                   l    |r┬-|     l
                             「フローミ」 と 「タカのめ」 だお。   \   `ー'´   /
                                                   /         ヽ
                                                   し、       ト、ノ
                                                     |   _    l
                                                     !___/´ ヽ___l
           ) ヽ.、
       γ´/ )  ` ´ ̄ ̄ ̄ ̄`二ト
       .イ (/ -〃           \
       ゝ/   /      |           \
         /  /      l   |  |     1    ヽ
       ./: :// /   /\ |_| l    /     V
      |:/:_l: l   / y≦l`ハ  l   /ヽ  |:    |
        V/,、V!:   !/´ィ行1 \t. |≧ト、l:   |.    そっか、私達 異界人でも
        .{  〉\.  |{ ヒ:しノ   \k行y |:   /
        ', ー  \|  `¨        ヒ:ィノ /: /    ダーマの加護を受けたら
         丶-、         丶 ¨ / イ      魔法が使えるかも知れないって
           .l                   l
           ハ      く フ    /        そう言う事だったんだ。
            _/  \         /
        r/ \   \     .  ´
       / 、   \   /`¬'´
  -― '〈    \   \./ l\


7 :◆vsQyY1yD2Q
         ,ィ´      .::   |           λ
         /  /   | :i:::::   |、    :::       ヘ、
       /  /      ,|: ||: :|  | ∨   |:::        ヘ、
       .j :/    ::  /| | |:.:|  |  ∨ |::::    ハ   i ヘ
      | ./ .:  ,.ィ'⌒` |:| |::|  |  }'"Tヽ::::   ハ   |.i |
      j/ ::  /::. / __j/_ |:|   | __j ,/ヽ、:::::  ハ  | | |         そうだ、せっかくですから
       / ,ィ.:: |::: /,ィチテオゞ .|:|  j ィfチ心、 ∨::::   |: j jノ
     j / |.:::..|:::/| ` ん:ハ  j;/_ノ ん::ハ ´ハ|::::: i j| /           バハラタまでの道中
     |/| |::::::|:/::| 、V:少 }=={  込少, ハ:|:::::/ /_________   やる夫さん達の話を参考に
      |  iヽ::´:::| ヽ___ ノ ' ヽ____ ノ::::j::ノ:::|           i:|   実験させてもらってもいいですか?
      | λ ヽ::::|ヽ、   ,‐-/´   、二フ:::::|  |.MEDICAL HERB.i:|
      j/ ::ヽ. ヽ|:::::`>‐-`_.{    _,7´::::|::::::|  |           i:|   上手くいけば 新商品が出来ますよ。
      /  :::: ヘ `ヽ´ ヽ、/´`‐-‐┴v、:::::|::::::|  |____./'7____  .i:j
      / ,ィ´`ヽ \ \ /`ヽ __   ,,/ \|::::::|:   〉 τノ ' ,-‐'ノ ̄ ̄
      /  {    \ \ /       ̄゛〉   |::::::|: /.  '´ r‐' ̄
    ./  |     \ ./        /    |::::/ ̄ ̄ ̄ ̄~〉


                                               >=-     `丶、
                                              /            \
                                             ゙7   , ハ    ,、,    、
                                              .{  / /ノ \/`lハl  ハ
                                               ゝ_l/| ●    ● /Vく  }
                  錬金釜は 壊れてるんじゃなかったのか?  .ノノ.i|⊃    ⊂⊃ i   \
                                             彡ゞ八  r‐-、 `7 从」 <⌒′
                                                 /⌒l`ニ`,  |/^フ⌒´
                                                ./  /::|三/:://  ヽ
                                                |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,
                  ,、
            _,.-‐─-/ ヘ‐-、_
            /        |   `ヽ、
          /     i  λ:: |: ヽ、  .ハ
          | iノ .:  | 'フ´|::. j`ヽ、| λ |
          |/ : : .;イ´j/, j;:/  , リ 〉 ヘj
         〈 : :/::|  ┃ ,H  ┃ ∧ノ ,〉   実験して、試作品を作る分には
          V}`|: ::|.`‐-‐'  `‐-‐'〈::::j,/{
            j ::| :.:|、""" {_,フ "jY77ァ:. |     小さな お鍋で 十分ですよ。
            | ::| ::{ `>‐-‐{ニニ二}: : |
           ノ ::丶、ヽ、 |__{ニニ二}: :. |
          / : :::f´ 、ー-`| ,.〈    ,〉: :. |
        / / : ::|  i\.|//|    |: : ヘ、
          〈 :/ : : ::|  |> `´ <|    ト、:. : : \


8 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \
      / ─    ─ \    それじゃ、保存食は 出発が決まってから買うとして
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   人食い蛾避けの香木も 譲ってもらったし
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ        ィヽ    実験に使う材料を買い込めば、今出来る準備は完了だお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |                                      , 、
                                                    γ´/ 丿ヽ
                                                -‐ /⌒\ ―-、)
                                              /  |        \
                                             /      |   ト、     ヽ
                                             /    | /l   |ー\  l  l
                                               l   ム{´_\  | __ \l|   !
                                             ヽ|  |ーt=テ' \l t=テーl /
                 あとは、やってられっか夫の動き次第か。   rr个x l /l/      /l/ ノノ{
                                            |ハ/` ート         ∧ !
                 ゴジャース商会の方は               |V \ lゝ.   ヘ   イ:::| |
                 あれから 何も言ってこないね〜。         lハ   |::::|>〈`ヽ < /ヘ/ |
                                            Vい  l::::|   } | /゙) _/}_,|
                                               \}  V \ / ̄`!/  /./
                                               |  /´ ̄.ハ ⌒リ イ´
                                                人___}」r-‐'  人

        ____,イ{、___
      ,,ィ´    〈   メ、
.    /  ,  ,/| λ、  \
    /   ,什/ | メ ‐t- \`ヽ、    こう言っては何ですけど
   j/  メ,ィテュ レ' ,ィテ心、 丶ヘ>
  ,イ´  / ,| ヒ:z:! }-{ ヒ:zj ハ  〉'    私一人に、そこまで拘っていないのでしょう。
   〈, /(| |:ゝ‐-‐'  `‐-‐´{ ヘ./
    |/  | |、   σ   ,ィ´| ト、     私なんかより 美人な方は
    〉 ソ | `≧‐-‐≦ |/| |λ     ベリーダンス劇場に行けば、いくらでもいますよ?
    j | |: |   ヘ--/ `\| | 弋.
    ノ | |: | \ ∨ //´i |  )


9 :◆vsQyY1yD2Q

                                                 , -――-、_
                                               /       } `ヽ
                                              . '            ヘ
                                               /         /      ハ
                                              /       /ヽ     l
                                            ,'      /   ',      l
                      そ、そうなのかしら……?        |       /_,  、_ l:  |  l
                                             | l     /        l: | !
                      私から見れば、みゆきさんって    V     /=、   , ==、l:  |  '
                                              | /   /         l  l /
                      美人で、スタイルも良くて         ./イ   /        u|  ' /
                      魔法使いとしても優秀で        / ∧ ハ  r 、___,、  ,l /:、ヽ _,
                      憧れちゃうんですけど……。     /: :.V.: :\` −―' /j/: : : Y´
                                             l: : : : : :ゝ_」>ー<l:_:ノ: : : : : l
                                             八: :{: : :\∠  、_ア: : :} : ノ
                                           /^\廴_:_:/   \:_:_:_ノ/^\
                                          / \   \l      l/    / ヽ
              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !    あら、そんな事はありませんよ。
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i     せつなさんも、とってもステキだと思います。
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |


10 :◆vsQyY1yD2Q

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|   ……それに、ゴジャースモララーさんにとっては
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!   女性の才覚など、あまり意味がないようですから。
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!    私が アッサラームを出ても
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l.    「目を付けていた女が一人いなくなった」
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!.    程度にしか思わないでしょう。
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',


                       ,、   ,ィ'ヽ、
                 __,/ `Y´    ヽ、
             __,.-‐       ヘ.  .   \
            ,ィ´         i :   ハ ヽ、   \
            /         ,ノ /| i : | |   ヘ  :. \
          / /  .:::     ,ィ'/ ./ | :| :: .| |、   l ::  `ヽ、
       / /  ::/    /__/ /  | :| :::: | | \   | i::::.   ∧
        | ./ ::::/  ,ィ'´ / /    | |.::::: | | `ヽ  j  |::::: \  ハ
       |/ ::::/   ,/ j ,/___,  |.|:::: j j___ | ,/  |::::::: ヽヽ〉
       j ::::::|    |:j |/ィチオ、  |j:::: / /チ心j/∨  |:::、::  ∨   やる夫さんに対して
       {∧::::|    |:|,ィ' f::::tハ  j_,ノj,/ んィ:ハ `ハ.  ト、:ヘ   〉   良い印象は抱かないでしょうが
       |'  `{    |:|`、弋ィ::;リ   }={  弋ィ::;リ,λ:} j ∨ /
        |  :::ヽ、 :|:| ゝ、 ~"   ノ ,ヽ  `~  ノ:::j,ノ  /,ノ     だからと言って
       |  i::::::`ヽ{;|  `ー-‐ ' 、__, `ー-‐ ' j::::::::|  '"      直接何かをしてくるような事は
          |  ノ::::::i::::i:`:|ヽ、         ,-、   ,.イ:i::::: |        ないと思いますよ。
        | /:::::::λ::|::::|::::::`>ァ‐-.ー :| ,} '´:::|::|:::: |
         j/ :::: /::i::::|::::|-‐'" λ::::j   ;| { `ヽ‐-|:::  |
       / :: /:::::| .::|::::|     ヘ.____,{ ,ィ'´`ヘ、:|:::  }、
        / :: /:::/´| :::|::λ      \  l   ry' |:::  | }
      j   {:::j`ヽ|  ヽ `ヽ    ヽ{ ̄ ̄ ̄ ̄}:::  j: |


11 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /      \
     /          \
   /           \    それは 有り難い話だお。
   |     \   ,_   |
   /  u  ∩ノ ⊃―)/    ゴジャース商会相手に 商売する予定はないけど
   (  \ / _ノ |  |.      無闇に敵は作りたくはないし。
.   \ “  /__|  |
     \ /___ /
                                              ,__
                                            ,//
                                           ( く ,- ‐ ̄ ` ‐- 、
                                          r -' ̄         `ヽ、
                                         /               \
                                        /     入   l   ;      ヽ
                                       /   / .::/ ヘ   ',  ',   ', ヽ ヽ
                                      ,'   :::|.::/   ヽ  |\ ゞ   ヽ ', ',
                                      | i i .::∧/ -─、  `ーヽ-ゝミヽ::::. |:::. | |
                                      | i i ::|/           `ヽ、:/:::: l l
                                      ',入',::|               ソ|:::://
               見学商会と手を組んでる時点で   .ノ_ゞソ 彡三三     三三ミ ,' 人|
                                   -‐'- 入 ( ', ⊂ ⊃       ⊂ ⊃ 从ヘ \
               今更じゃないかな?           .ノ \弋              /ノノ Τ`ヽ
                                     丿 _:::  ̄',    ┬─、勹   /~~   ',
                                   ノ, - ソ' .:::::::::\   ゝ _ソ  /:::::   ┬ \
                                   ̄ /  .:: .::::::::::::`ゝ _    .ィ::::::::::::::   ゝ ̄
                                   / ::,,  .:::::::::::::::::::|  `´  |::::::::::::::::. ヘ_\
                                 ∠─' ̄/  .::::::::::::::::::ノ     ヘ:::::::::::::. ::. \`ー─
                                    /  ::::::::::::-‐'        ヘ、::::::::.   \

         ____
       /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|   え゙?
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ


12 :◆vsQyY1yD2Q
【 アッサラーム 港 】

                        ____________________
                        | | lニlニlニlニlニlニ|]ニニニl]==='| | |==l=l======l=l!|
,ニニ,'´ ̄ ̄`', ,'ニ,'´ ̄ ̄`', ,'ニ,'´ ̄ ̄`', . | | ロ ロ ロ ロ lニニiニニiニニi ロ,|冊|IニニlIl==l //l|
ll li|ニiニiニiニi|::l-‐|ニiニiニiニi|::l-‐|ニiニiニiニi| | | lニニlニニlニニlニニlニニlニ| i|ヘヘニニニl=//l''|     (')ll
ll ,l|'''|'''|'''|'''i|::l-‐l|'''|'''|'''|''i|::l-‐|l'''|'''|'''|'''i| |  | lI ̄l ̄l ̄l ̄l ̄| l!ニlニlニl! |'l'l'|l'ヘヘ≡lEl//l'''''|円円円円ll'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
,:':;;....,,,,,,,,__,,,,,,::::::'~~'''':;.,_ノ'::;+'':;:; :,,,,...__:;:'´':;'’';` : : : : .,,_.,.,.,.,.:::::;;;'''''´~~`'''::::.,.,.,,.、 _。+.,.,,:;::;:;:;:;'''''::;:;:;:;:;:;:;:''''':; ,|.,.,.,.
        :::::::::                    .,.,,.,.,..,.,    +      :;:;:;:;         ;:;:;:;  +





                                                    |
                                                 / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                               ー  ー    |
                やる夫達は、イシスに行っちゃったし        (__人__) @  |
                                              (      .u  |
                オイラ達は アリアハンに戻るでやすんかね?   {          |
                                              ⊂ ヽ∩     く
                                               | '、_ \ /  )
                                               |  |_\  “ ./
                                               ヽ、 __\_/
         _
        /_`ヽ_     ,ヽ
     ,--"-λ━i~     / |
    /   \ヽニフヽ,   / /    もう一度 攻めるにしても
    ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /    .人数 揃えないとな。
    ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /
    ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/      あと、今度は 一人だけの時を狙おう。
      \_],)、 /ヽ,_ソ
      |i    ヽ  i
       \,--、,|  λ
       /ヾ-'^i-/丿
       ヽ,ー,/~フ'"
        1 | 'ヽ、
        ノ  ゝ--'
      (__/


13 :◆vsQyY1yD2Q

     ΑΑ
    (,,゚Д゚)    おう、迎えに来てやったぞ。
    (|::r:::::|)
     |ニ◎
    ノ;;|;;;;;;ゝ



                                                     |
                                                    / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                  ・  ・     |
                                                (__人__) @  |
                               あ、お疲れ様でやんす。   (`⌒ ´     |
                                                  .{          |
                                                 {         ノ
                                              mm   ヽ      ノ
                                             (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                 ̄ ̄ ̄|    |


   やれやれ
   やっと アリアハンに帰れるのか。
       _                                                      ._
      /_`ヽ_     ,ヽ                                             _/_\
   ,--"-λ━i~     / |                                     | ヽ       ~i━λ-゛--、
  /   \ヽニフヽ,   / /                                 ヽ ヽ    /フニ,r'/    ',
  ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /..            何人も 捕まっちまったからな。  ヽ ヽ  (,, ソ__|___,--,ッ
  ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /.                                              ヽ ヽ  i, !、,!、_ッ゙i__|-,
  ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/.               無事に帰れるだけ よしとしようぜ。 ヽ,r'0>^(「」 、-/  ./
    \_],)、 /ヽ,_ソ                                           ソ_/`、 ,.(,[_/
    |i    ヽ  i..                                                      i   /   i|
     \,--、,|  λ                                            ∧   |, ,.--,/
     /ヾ-'^i-/丿                                              { \-i^'-ッ゙i
     ヽ,ー,/~フ'"                                             `[~ |ーノ
      1 | 'ヽ、..                                                        ノ |  |
      ノ  ゝ--'.                                                        '--〈   ゝ、
    (__/                                                      ',__)


14 :◆vsQyY1yD2Q


     ΑΑ    チンピラごときが捕まろうが どうでもいいが
    (,,゚Д゚)
    (|::r:::::|つ   アリアハンに迷惑掛けるんじゃねーぞ?
     |ニ◎
    ノ;;|;;;;;;ゝ



                                                     ._
                                                     _/_\
                                           | ヽ       ~i━λ-゛--、
                                           ヽ ヽ    /フニ,r'/    ',
              そりゃ、俺達 身分示す物は持ってないけどよ 。  ヽ ヽ  (,, ソ__|___,--,ッ
                                             ヽ ヽ  i, !、,!、_ッ゙i__|-,
              そう言うなら、あんたが 運搬役 引き受けなきゃ    ヽ,r'0>^(「」 、-/  ./
              誰も 傷付かずに済んだんじゃねーの?          ソ_/`、 ,.(,[_/
                                                  i   /   i|
                                                  ∧   |, ,.--,/
                                                  { \-i^'-ッ゙i
                                                  `[~ |ーノ
                                                    ノ |  |
                                                   '--〈   ゝ、
                                                      ',__)



            しょうがねえだろ。

     Α Α    今のアリアハンは、セイラン家の財力に頼るしかないんだ。
    (,,‐Д‐)    セイラン卿が 落ち目になったら、アリアハンそのものが不味いんだよ。
    (|::r:::::|)
     |ニ◎     そのためにも、カガリ様には 国に戻っていただかないと。
    ノ;;|;;;;;;ゝ


15 :◆vsQyY1yD2Q

                                                        |
                                                      / ̄ ̄\
                                                    / _ノ  ヽ、.\
                                                      |  ・    ・   |
                    どう言う事でやんすか?                 @ (__人__) @
                                                      , っ `⌒´    |
                    オイラ達は、横恋慕してる セイラン卿のために  ./ ミ)      /
                    駆け落ちした二人を引き離す 悪役じゃ?     ./ ノゝ     /
                                                  i レ'´      ヽ
                                                  | |/|     | |


                                                        ._
                                                        _/_\
                                              | ヽ       ~i━λ-゛--、
                                              ヽ ヽ    /フニ,r'/    ',
                                俺も、そう思ってた。.   ヽ ヽ  (,, ソ__|___,--,ッ
                                                ヽ ヽ  i, !、,!、_ッ゙i__|-,
                                                 ヽ,r'0>^(「」 、-/  ./
                                                   ソ_/`、 ,.(,[_/
                                                     i   /   i|
                                                     ∧   |, ,.--,/
                                                     { \-i^'-ッ゙i
                                                     `[~ |ーノ
                                                       ノ |  |
                                                      '--〈   ゝ、
                                                         ',__)



           そんな庶民レベルの話な訳ねーだろ。
     ΑΑ
    (,,゚Д゚)    魔王バラモスのせいで、アリアハンは 全然貿易ができねーんだぞ?
   ⊂|::r:::::|つ.   いくら穀倉地帯があってもな、金がなきゃ 国は回らねーんだよ。
     |ニ◎
    ノ;;|;;;;;;ゝ


16 :◆vsQyY1yD2Q

   今、アリアハンを動かしてるのは セイラン家の財力なんだよ。

   そのセイラン卿が落ち目になっちまったら、アリアハンはどうなるんだ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     , -‐'"´ ̄`ー- 、._______
                /,.ィ    _         `ヽ、
                ノ {/'´ ___    `ヽ、       ヽ
                /   .::: {:::::`ゝ、  :...\  :::...    \
              ノ ,.ィ .::::::::::ヽ.r‐┘\ :::... ヽ、 :::::::.... 、  ヽ
            { ,/ ::::::::::::::::,ゝ   `ヽ、::::...ヽ.ヽ、::::::...ヽ  }
            ヽ、  __、:::::/  ‐≠==.、`ヽ、::.\`ヽ、:::::,ノ
              l .:/,.-| ::::ヽ   tu;ァミ、`''ー `‐、_ヽ」_\{
               |://,`j ::::::::}     ̄`''    ,pぇ丁Γ`)
                l{ !{ 〈 :::::::(__         {``' .l:::ノヽ    はっはっはっ
            、__ノ ,\‐ヽ、__;;/´            、 /'´
          ,  `7,〃.:::::〕ー|           _ ノ/           そんな 褒めないでくれたまえ。
         ,{   {('´::::_「`''‐ゝ.        ヽ:ー‐-;ァ /
         j|  `) ::::「`ヽ   \       `ニ゛ /
        /´ `ー‐'´.::::/        丶、     /
        `う 、__ノ;;;;/_          `''r‐-<
.       /.:::/      `ヽ、        /     ,>
      / ::::/          ヽ、    /   /
      ゙ー1              \  /  /
                       ∨ /`ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                たとえカガリ様が 王位継承権を放棄しようが、カガリ様と結婚して婿入りすれば

                セイラン卿が アリアハン王族の一員になれる事には 変わらないんだ。


17 :◆vsQyY1yD2Q

     |
   / ̄ ̄\
 /     __\
 |       ・ l
 |    @ (__人_)    え〜っと……。
 |      ` ⌒.
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く \
   |     \ \
    |    |ヽ、二⌒)、





      |
   / ̄ ̄\
 / _ _ \  ヒソヒソ
 |   ・  ・   |
 |@ (__人__) @    そうなんでやんすか?
 |   ` ⌒´   |
 |         }
 ヽ        }                                             _┛┗
  ヽ     ノ                                             _/_┓┏
   /    く \                                  | ヽ       ~i━λ-゛--、
   |     \ \                          ヒソヒソ   ヽ ヽ    /フニ,r'/    ',
    |    |ヽ、二⌒)、                               ヽ ヽ  (,, ソ__|___,--,ッ
                               貴族連中の理屈だ。   ヽ ヽ  i, !、,!、_ッ゙i__|-,
                                               ヽ,r'0>^(「」 、-/  ./
                               好きに言わせとけ。      .ソ_/`、 ,.(,[_/
                                                   i   /   i|
                                                   ∧   |, ,.--,/
                                                   { \-i^'-ッ゙i
                                                   `[~ |ーノ
                                                     ノ |  |
                                                    '--〈   ゝ、
                                                       ',__)


18 :◆vsQyY1yD2Q


     Α Α   まぁ、昔と違って 貿易してねーから
    (,,‐Д‐)
    (|::r:::::|)   セイラン家だけの財力じゃ限りがあるんだけどな。
     |ニ◎
    ノ;;|;;;;;;ゝ



                                                         |
                                                      / ̄ ̄\
                                                    /  ヽ、_  \
                                                    ー  ー    |
                    サイフが保つ間に、魔王が倒されて          (__人__) @  |
                                                   (      .u  |
                    世界が平和になったらいいでやんすねぇ……。   {          |
                                                   ⊂ ヽ∩     く
                                                    | '、_ \ /  )
         _                                         |  |_\  “ ./
        /_`ヽ_     ,ヽ                                 ヽ、 __\_/
     ,--"-λ━i~     / |
    /   \ヽニフヽ,   / /   なんで お前は、そう他人事なんだ?
    ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /
    ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /     お前も 一応、勇者だろうに。
    ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/
      \_],)、 /ヽ,_ソ
      |i    ヽ  i
       \,--、,|  λ
       /ヾ-'^i-/丿
       ヽ,ー,/~フ'"
        1 | 'ヽ、
        ノ  ゝ--'
      (__/


19 :◆vsQyY1yD2Q

        |
      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |     ・  ・
   . |  @ (__人__)     ……って、あれ? なんか おかしくない?
     | u   ` ⌒´ノ
   .l^l^ln        }      オイラ、セイラン卿の屋敷で世話になってたけど
   .ヽ   L       }.      そこまで 金ありそうな雰囲気じゃなかったような……?
     ゝ  ノ    ノ
   /   /     \        て言うか、あの人 外では派手だけど、内ではあんまり……。
  /   /        \
. /    /        -一'''''''ー-、.
人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))


                                                          ._
                                                          _/_\
                                                | ヽ       ~i━λ-゛--、
                         そうなのか?               ヽ ヽ    /フニ,r'/    ',
                                                 ヽ ヽ  (,, ソ__|___,--,ッ
                         俺等、離れ使わせてもらってるから     ヽ ヽ  i, !、,!、_ッ゙i__|-,
                         本邸の事は知らねーんだけど。       ヽ,r'0>^(「」 、-/  ./
                                                     ソ_/`、 ,.(,[_/


         |     ,
      / ̄ ̄ \  て_
    /   _ _\  そ
    |    ○  ○ |  (
    |  @  (__人_)     もしかして、サイフの限界が近い!?
    |      |ililili|/
    |      `⌒´}        あれ、オイラ ヤバい事に気付いちゃったでやんすか!?
    ヽ        }
     ヽ     ノ
      /    く \
      |     \ \
       |    |ヽ、二⌒)、


20 :◆vsQyY1yD2Q


.           めったな事 言うもんじゃねえよ。

     ΑΑ.     しょーがねぇな……ここだけの話だぞ?
    (,,゚Д゚)
   ⊂|::r:::::|つ.   安心しろ、セイラン卿のサイフが尽きる事はない。
     |ニ◎    何せ、外付けの金庫があるんだからな。
    ノ;;|;;;;;;ゝ



                                                        |
                                                    , n / ̄ ̄\ .n
                                                 . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
                                                 /,イ /  ・   ・  l i i i
                          そ、外付けの金庫?           〈 .r {@ (__人__) @i. } } 〉
                                                ', i.  ',  `⌒´   /   /
                          な、なんか、ものすごく          .i   l..u     ,'  ./
                          イヤな予感がするでやんすよ!?  ヽ、_.イ、.    人 ノ
                                                   ヽ     〈_ノ ノ
                                                    |     ./
                                                     |    .   |


21 :◆vsQyY1yD2Q

    アッサラーム一の豪商、ゴジャース商会。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            |______|       |\ /~\ /|     .|______|
              |____|         |《》| |《》《》| |《》|        |____|
               || |  | ||          |《》V《》《》.V《》|        || |  | ||
               || |  | ||        |《》《》《》《》《》《》|  .さ.   || |  | ||
               || |  | ||       /         \   あ   || |  | ||
               || |  | ||       |《》 ● ヽ__/ ● 《》|      || |  | ||
               || |  | ||       \    ∨    / . ゴ    || |  | ||
               || |  | ||        |《》《》   《》《》|    ジ   || |  | ||
               || |  | ||       _|《》《》《》《》《》《》|__  .ャ.  || |  | ||
               || |  | ||     /《》《》《》《》《》《》《》《》\  l.  || |  | ||
               || |  | ||      |《》《》《》《》《》《》《》《》《》《|   .ス || |  | ||
               || |  | ||     \《》《》《ΛSΛ::《》《ζ/    || |  | ||
               || |  | ||        ̄\(・∀・ )y━ ̄  し .   || |  | ||
               || |  | ||         |( ⊃  ノ|     な.   || |  | ||
               || |  | ||        [二] /⌒ヽ  [二]    さ.  || |  | ||
               || |  | ||        | | (__)⌒| | |    い . || |  | ||
               || |  | ||       /  | |_||(_) |  \     || |  | ||
               || |  | ||    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   || |  | ||
               || |  | || | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|..|| |  | ||
               || | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ,| ||
            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

              ゴジャース!                      ゴジャース!
              ∧_∧                         ∧_∧
             (   ・)                        (・   )
             (__ つ                       ⊂ __)
             (__(__  )                        (  __)__)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    セイラン家とは、昔 アリアハンが世界中と貿易してた頃からの付き合いさ。


22 :◆vsQyY1yD2Q

                                         |
                                      / ̄ ̄\
                                     / _ノ;jijii;丶_ !
                                       ,ク ゜ ijjii ゜ !`i
                                    | ヒ@(__人__).ソ /
                  それってつまり、借金!?  .l \ .,キ呪カ'/ /
                                     .\ ヾ狂リ | {
                                     /ヽ |ー-イ!_ノ`、
                                    /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
                                    |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
                                    |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
                                    |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
                                    \;;/;;::::::::::::::::!
                                      |:::::::::::::::::::/
                                      |:::::::::.::::::/
                                      |:::::::::::::イ



.             だから、めったな事言うなって。

     ΑΑ.    世界が平和になって、貿易を再開した後の
    (,,゚Д゚)     権益を担保に資金提供してもらってんだよ。
    (|::r:::::|つ
     |ニ◎    実際に 取り引き担当してる俺が言うんだから、間違いない。
    ノ;;|;;;;;;ゝ



                                                         ._
                                                         _/_\
          ロマリア行きの魔法使いは 中々 見付からなかったくせに   | ヽ       ~i━ ;-゛--、
                                               ヽ ヽ    /フニ,r'/    ',
          アッサラーム行きは、あっさり見付かったと思ってたら.      ヽ ヽ  (,, ソ__|___,--,ッ
          そう言う事だったのかよ。                        ヽ ヽ  i, !、,!、_ッ゙i__|-,
                                                  ヽ,r'0>^(「」 、-/  ./
                                                    ソ_/`、 ,.(,[_/


23 :◆vsQyY1yD2Q


     Α Α    俺は昔、貿易の仕事で アッサラームとかバハラタに行っててな。
    (,,‐Д‐)
    (|::r:::::|).    貿易出来なくなって、家が傾きかけたところを セイラン卿に助けられ
     |ニ◎.    今の仕事を紹介してもらったんだ。
    ノ;;|;;;;;;ゝ



            今のセイラン卿は、先代と違って金遣いが荒いが。
     .ΑΑ.    ゴジャース商会の後ろ盾がある内は、アリアハンが破綻する事はない。
    .(,,゚Д゚)
    (|::r:::::|)    だから、お前達は カガリ様を連れ戻す事だけ 考えてりゃいいんだ。
     |ニ◎     セイラン卿が 王族の一員になれば、全て上手くいく。
    ノ;;|;;;;;;ゝ





                                            _________
                                        '⌒×        'r r.r.r.i
                                         /        | | | | |
                                        /     u  .ノ.ノ.ノノノ
                                        ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
           わ、分かったでやんす……。           / ・   ・  .(    l ヽー―ー-、
                                      /  .(__人___)@ム   イ    r    ヽ
           ( ヤバくね? これって、ヤバくね? )    ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
                                    /    /  八___ /l   |   ,'      l  l
                                    ./   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
                                    /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
                                  /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
                                 ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
                                  ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                                               ', |     /         ,'
                                                 ト、   ノ          ノ


24 :◆vsQyY1yD2Q


            それじゃ、アリアハンに戻るとするか。
     ΑΑ.     残ってるのは 五人だったな?
    (,,゚Д゚)
    (|::r:::::|つ   まずは 三人連れて帰るぞ。 
     |ニ◎    一日にルーラ二往復ぐらい、俺なら楽勝だ。
    ノ;;|;;;;;;ゝ



               \                    /
                 \  丶       i.   |      /     ./       /
                  \  ヽ     i.   .|     /    /      /
                    \  ヽ    i  |     /   /     /
                 \
                                                -‐
                ー
               __                                --
                   二         ル ー ラ !!      = 二
                 ̄                                 ̄
                  -‐                            ‐-
                  /
                          /               ヽ      \
                  /                    丶     \
                 /   /    /      |   i,      丶     \
               /    /    /       |    i,      丶     \


25 :◆vsQyY1yD2Q

                   ∧_∧
               (゚Д゚,,)
        ∧_∧  φ  ヽ 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(  ´∀) ̄□ ̄ ̄Θ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_____(    つ_____[front]_________
        | │ |
─────(_(__)───────────────

                 ∧_∧
                 ( ・∀・)   ∫ ∬_      __
                /(    つ /旦 ̄旦/| (・∀・ )/|
                | ⌒ヽ  ヽ. /      /  /___/./
                |__|_)_)| ̄ ̄ ̄|   |___|/



       _________________
     /                        /
     |      ./`ー _         ,ヘ  /
     |     /::     ─ _    / ヽ/
     |    ./::::          ─ _/   ヽ
     |   /:::::::::ミ_ ─ _            /'〃
     |   \::::::::::  ─ _ ─ _      /::/ヽ
     |    \::::      ─ _|||    ||:::/   ヽ
     |  /⌒l ━┳━━━━━━━━━━━━┓
     |   |:i⌒|::|:::::|   :::illlllllllllllllll|━━|   ::illllllllll|    ――― と言う訳で
     |  |:l⌒| |::::: |  :::iillllllllllllllll/  ::::::| :::iillllllllllノ
     |  |::「]| |::::: \::iillllllllllllllノ/   :::::| :iillllllllノ     会話の内容までは聞き取れませんでしたが
     |.  \_.l |:::::::   ̄ ̄ ̄ ::/    :::::|  ̄ ./
.   ./|     N::::::::::       (_  ::::_:丿  /      やってられっか夫一味が
  ./::: |    /: :|:::::::::          ー    /         アリアハンに帰還した事を確認しました。
 / :::::: |.  ./:: ::|:::::::    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) /
/:::::::::::::|  ./::::  ::|:::::      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
: : :::::::::::::|.../:::    ::|::::        __   /
: : :::::::::::::|/::      ::l::        ::::::::   /\
::::::::::::::::::|\       ::\           /:::::::::\
:::::::::::::::::|  \       ::::\______/:::::::::::::::::
::::::::::::::::|    \      ::::::::::::/ |::::::::::::::::::::


26 :◆vsQyY1yD2Q

                                        ,.-―,>‐ト<´ ̄``7‐ ''''' ヽ、
                                        /  /'´.! ヽ弋'    '        ヽ-―‐- 、
                                        ,' /  /ヽ「ヽ-ー'     ,     `ヽ     ',
                                __,,,,,..... -'  /     、   ,   ハ  ,     ',    !
                                           'イ    ,l 〉< !  _/,..∠´ i     !     !
             よくもまぁ、バレずに             __..... -‐' ヽ / レ'  弋/    ヾ,イ  , l     l
                                -― '"/     .i' l !   0    0   l ト、/ `    ,イ
             そこまで見届けられたわね。.   ヽ 、ー┐      '、 ! ' 、   ,      ト ' !        '、
                                    `` ヽ 、 _∠ヽl ' '        u ,.. ィ'     ,   !
                                            /,ヽ、  ‐- 、   , イ,..ィ‐ 、     |ヽ、l
                                ヽ 、          l// _ !ー‐r―'  /! !   ヽ   /   '
                                   `` ー- 、   / .レ'  T /イ ヽ、/ .l l    l `レ'
                                          ヽ,'     l ' /       !,l    l



   |:::::::::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::/ .|:::::/
   |::::::::::::::::::::::::/    \:::::::::/   |:/
   |:::::::::::::::::::::/.      `'''´   |
   |::::::::::::::::::/i"'''‐- ..,,      ,,..-''"i       私も 訓練を受けていますが
   |:::::::::::::::〈 "'''‐-..,  "''i   i ,.-'"|
   |:::::/⌒Y〒〒-====‐-‐====-i     それ以上に、連中が素人同然なのでしょう。
   |::::| ( `|:::|  ||||||||||||||||!‐‐‐|!|||||||||!
   |:::.!, じ.|::|.   !||||||||||||!|   .|!|||||||!
   |::::::'‐-|::|      ̄ ̄ |   .|  ̄ |     宮廷魔術師らしき男も確認しましたが
.  , -|::::::::::/||:       L .__ j  |
. /::::::|:::::::/ :::ヽ.    ⊂ニニニニニ⊃ |,,,, __    あちらも、魔法は使えても 戦闘は素人のようでした。
/::::::::|:::::/  ::::ヽ       ━    |::::::::::"''
::::::::::|::/    ::::ヽ            |::::::::::::::::
:::::::::|〈      ::::::ゝ _________ ノ:::::::::::::::::
::::::::| \     :::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::::::::


27 :◆vsQyY1yD2Q

                                               _∩
                                              / 〉〉〉
                                              {  ⊂〉     ____
                                               |   |    /⌒  ⌒ \
                       とにかく、これで                |   |  /(●)  (● ) \
                       バハラタに向けて出発出来るお!    |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
                                               ヽ   |     |,┬‐ |       |
                       早速、明日の朝にでも ―――       \.\   `ー ´     /
                                                  \       __ ヽ
                                                   ヽ      (____/



       ,―==7
       |く ___ _>
       fll`ーU+'      いえ、ここは 日が暮れてから出発する事をお勧めします。
       `''、 ー=|
    _,,..-´:|ヽー-;ー..,,     この辺りでは、夜は 暴れ猿も 人食い蛾も活動が鈍り
  ,,..-‘≡≡:| ><´|≡::|    移動中であれば、バンパイアも襲撃してきにくいですから。
. |≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
. |≡| ≡≡≡|.|:::|l≡::/:::|
. |≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|


28 :◆vsQyY1yD2Q
.                             ヽ    、                      \
                             /`   '、                        \
                             , '    l  ト、    \                   ヽ
                           //    !  '、\   ヽ                   ',
                           / /   /l l ヽ'、 \   ヽ                   l
                          , ' 〃   //∧', ト,'、  >-、 ヾ',ヽ                 !
                         ,' //     / ','、ヾ>、<,.ィ≡ミ、ヽl   l     |         l
                          !/. !  | !   ト-、',l ヾ', ヾ'、彳 ノ::::} }ト、  !     l−、      !
                          |! l ハ l  | .l,.ィミ、      ゞ-rシ,.   / !     、 ',`、 !      l
                           ! l !  ! '〃,ハ      ゞ'"´  / /!     ト,'、 l !       !
    なるほど、それじゃ 抜け道を通って  ', l ',  ! '、_り'::::::::::       / //      ! ヾ ノ     l|
    東の国に出るまでは            ヾ ヽ  ! K´           /, '  !      l /    l   l!/
                               ヽ,l  ! ヽ       /´  !     l l! l   〃 /′
    夜進んで、昼休むようにした方が         ./  '、  ,..,,...__       ,' /    l! l ! |   ///
    良さそうですね。                   / 〃 >、 --       / 〃   /l l l l  / '´
                              / / l   \         / /イ   l l,.l lイ l  /
                              /'´ ./       >、  __,. -ァ /ニl  / / リ l´l l!
                                / /   /! `T´,. -‐〃'´ /  / /    l/ l
                               /〃  / / / { </ |ィ_/ ,.ィ /       ト、
                               〃 l  , ' / /   !, !ィ / / //  _,,...-―''"´ ̄`''‐-..,,,__
                               ´ l /  !/   _,,.ll' l Y/ _,,..-‐''´
                                l /   ′,.‐'´  ll_j_,.-‐''´
                                l/,.-‐''"´    / |        ,. ‐-- ...,,,,_
                              ,.-‐''´  ,.-‐''7   , ' ,'      ,.-''´        ヽ     /
.         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \      そうだお!
       ____
     /⌒  ⌒\      みゆきさんが加わって、やる夫達は 十人パーティになったんだから
   /( ●)  (●)\     朝進むパーティと、夜進むパーティに別れればいいんだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |   そしたら、 二倍のスピードで進めるお!
  \      `ー'´     /


29 :◆vsQyY1yD2Q
                    ___________
             __,、-‐ァ''"´ /\  `゙''‐- 、
            /_」`'´     \/    `'´ Lヽ
              /、__  | ̄``゙ヽ、   , -''´ ̄|  <|
           |二,  \ |\ `‐´ /| /     |
           | / /\ ヽ______________ く /ヽ.  |
           | >┬iT!'| / |/{ |    `゙''‐- <__/ |     その方法だと
            〈rイ| || ト|L|/ || ヽ!        ミ゙i、/|     確かに速度は上がるかも知れませんが
           | | | | lハ  l|   、__ __,.. lイ l |l
           | 八 l j.斗zl≦´l     ィ,z==ミ  レ‐くl     馬を休ませる時間は必要ですよ?
           ヽl介ト 7f「 え`    ´ |{ しリ`  |rワ ハ
             Vハ. 、ヾニソ        ゞ-'‐  lレ'/lハ    あと、走行中の馬車の中で
            ノ ハ   ̄   } _       爪 l| lヽ.   どれだけ休めるか分かりませんし。
           / /小             イソ リ ハ ト、
         〈 / /ソ\     ' ニ¨     / l/ 〃 // ハ)
           )イ /イ{ 〈 l> 、      イ| { 〈 /  { { {ィ/
           乂 {小ミヾ ハ|  `¬ ´ /r气ハ{  ,ノ人八
                /  `゙''-、___,、-'"  ヽ
      __________________/|     / ト、     /`ー‐ァ-- 、_________
     ハ  |:::::::::::::::ヽ   \    / ○| ヽ   /   /:::::::::::::::::/  ハ
   /  ゙、  ヽ:::::::::::::::\   \__/ ̄ ̄ ̄ヽ_/  /:::::::::::::::::/  / ',





                                             r───────-、
.                                            ヽ,.ヘ、__,. '⌒,ゝ    l
.                                          ヾ`く     /./ヽ.  |
                                           /\_]|  |「_ ∠_ _」 │
                                          「::==。lニニ「:==。=::|r=、 |
               そうですね……馬を休ませながら         ヽ:::: ̄:l  l:::: ̄:::::ノ||^!| |
               二交代で移動時間を増やせば          l  ̄ L___.」 ̄ ̄  ||ン│
                                            ! ⊂ニニニ⊃  .∧.  ト、
               五日目の昼頃には                   !   --     / ヽ !:::\
               抜け道の入り口に到達出来るでしょう。    .__,∧____./   >|:::::::::`ー
                                          ::::::::::::| \      / l:::::::::::::::
                                          :::::::::::::l.  \  ./   l:::::::::::::::
                                          ::::::::::::::l   ンく    l:::::::::::::::


30 :◆vsQyY1yD2Q

                                                    )\
                                                 γ´/ 丿 ヽ
                                             -‐ /⌒\ ―-、 )_
                                           /    /           \
                                          ./ /   |             \
                                          l/    |     |        ヽ
                                         /     l ト、     卜、_l        ',
                                        ./     ∧ |/\、 |\ \       |
                                        | l   / y二、  \{  ,二、\|   ,
                私は、一日も早く 東に行きたいな。.   V{  { 〃 ̄ヾ    〃 ̄ヾ  l  /
                                          ヽ  とう , , ,      , , , (うj  /
                あの 人食い蛾の群に                l\ \            /.イ
                もう一度会うのは イヤだよぉ。          ゝ { ̄   ___    /ノ
                                              \ /     \ /
                                                 / (______ ) \
                                            /    |>‐-‐<|    \
                                            /    /j     卜、    \
              , -―-、_
              /: : : : : : :}: :\
           /: : : : : : : : ノ: : : : ヽ
           / : : : : : : /^ヽ: : : : l
           l: : : : : /     l: : : |
           |:l: : : ;≧   ≦l: : :|
           |:|: : /{゚::}    {゚::}|: : :!|.     私も やる夫さんの案に賛成よ。
   .「l     .ノリV:l:    '    l  : l:!
   ,..! !__      /: : :{\ (_フ / l / lし    休息は、ホビットの抜け穴に到着してからでも出来るし
 rくヽ(_,ィ }    /: : : :{:ノ}>.- イ .l:/: ノ
 ヽゝ' ( イ   {: : {: :{リ  `=- '"厂j⌒`      ここの地域は、一刻も早く抜けるべきじゃないかしら?
  `iー  `!  {∧: :ト-ニ _,ノ /  /´V}
    |     !   ,<ヽ ゝ `ー-‐''´ i  /   _>.
    L__..-''´Y´ \〈    、    \l_,V´  ヽ
    ヽ      /. `!   ` ー   ゞ;: ヽ  .〉
     ` ‐-‐    .「トr'⌒i──「〉/ ./   /
            /` ‐ゞ ..ノ──!〉/`ヽ_./〉
           ./    /   i |  /l、__,/
          / /  /   | ! ./   7
           /  j   |    |  └、j_ イ}
         /   !  !         ̄`、


31 :◆vsQyY1yD2Q

           _   _,,,,,,----,,_
          /  ィ´         `ヽ、
         ヤ/               ̄フ
.         ソ                 ミヽ
         /               ヽ  ヘ ヾゝ
        i         |\  \ー-、 >  .}
        |        .|   `ー-ゝ  ' .》, ノ
        |       / ./  / ̄,_   ィヲi
        |      ‖ノ ´_,.ィモリ     l    ん〜、美希も賛成かな。
.        /      ん          ヽ }
.       /    , < └           /    休んでる時も、虫除けしなきゃダメなんでしょ?
       /  __, - '  厂'         /,:'
.      /      ヾ     , 、    /
     ノ        ヘ    /  丁 ̄
 __ ィ´イ       |\ヘ  /  ト、',
  ̄ /ィ /     |  \〈   | \
  /  / ./     ∧|    i  l| .|
                                           __ /{        ヽ} __
                                         / ` > ⌒`´ ̄ ヽノ.  \
                                           // . :/  .  '⌒   \: : . 、ハ
                                        iハ : iィ :{ :i、:i/`~´}ィi: : . 、i: :  }リ
                                         V : :i: :ヽi≠、  左ナイ: :リ: ./
                                          V: :ゝトKヒtj ,  ヒtjソ イ}: /
                     そっか! 二交代で進めば      } :||:ゝ  _..__  フ: ソ: {
                                       、___ノ: : | l: :> '-.-' ∠i: ハ: : ヽ__,.
                     それだけ 必要な香木が     `¨{. : :ノ.从{ 「`iTi´ | l/ ゝ: . _ノ
                     少なくなるんだ!          .77¨ ̄ ̄ ̄ 大  ̄ ̄ ̄ `ヽ.
                                         / i / ̄| /  ヽ 「 ̄ \ ハ  _  . rh
                                        ゝ ∨ 厂 !/     ∨__ 、 { { i }  ノnリ
.                                  r‐ 、__    jフ /:// /     /___/  Vハ. | ゙¨´.::j.|
                                 r「|\::r'7  レ' :{:{  |:::::::::::::::::: ̄ ̄::: }::: ヽハ::..: .::::ノ
                                 ト.リ\ソ {、  /  :ハ'‐, |::::::::::::::::::::::::::::::: ;ノ::::.  ハ:::::::イ
                                 Vコ::/ ノ `く:. :::::/| |l::::::::___:::::::::::::::ハ:::::. / `</
                                 `「厂    |:::::::/. ゝ-'一'___|___'---、/ ハ:: {   /
                                  `ヽ、   ノ::::ノ r┴-t、_」_r---'、   ヽ. \ /
                                     ` </  ,/::::: ||::::::::::::::    ハ   \_フ
                                          /::::::: j.|           ハ


32 :◆vsQyY1yD2Q

             _ -‐──‐‐- _
            .  ´             `丶、
         /                   .:.\
        /.          i        .:.:ヽ
.       /.:          |:  l   ! i     .:.:.:ヘ
       i:.:       i _L.⊥:_ |  、」⊥..」i:|  !.:.:.:ト|
       |:.:.     ト、|≠ミ\ト、  |x=ミlN:. }.:.:.:|   香木にも限りがある。
       |:.:.:.:i     「_辷_]_    \|辷」 }」:.:∧∧!
       |:.:r┤  i |        ノ     |/ 〈     それで決まりだな。
       }:.:.V  ! l ト、       __     }:. ト|     五日だけなら、何とかなるだろう。
      ノ.:.:.:|∧|:.!! ヽ   '´ - `  /.:.: |
     //|/.:.:.:.|:.:.|/   `ヽ、      イ.:.:∧:. }.      やる夫、昼と夜のパーティに別れて
      ´/ ̄ ̄``ヾ      \_∠_∧/ ∨.      二交代で ホビットの抜け道を目指そう。
    /        丶、_    }  } ″
   /         _/∀    ∧ /_
.   {     `ヽ  /ヽ \   / ∨   `丶、
.   |         }/   ヽ ヽ∧ 〈 、    ヽ
.   l     /      ヽ ヽヽ ヘ ヽ     ',
.   l    /         ヽ_}  ヽ ヽヽ    i


                __ ,. -  、  , -- 、
        ,.  - 、 ,. '".:.:.:.:.:.:く.:.:.:.:.:.:.:.`- 、.:.:.:.:.:ヽ
      /.:.:.:.:.:.:.:.:'    .:.:.:.:.:.:'、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:ヽ.:.:.:.:.',
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:  /   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:'.,.:.:.:i
    ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.: /      .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',.:i.:.:.:.!
     i .:  ..:.:.:.:/    ..:.:.:.:.:.:.:.:,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.i.:!.:.:.l
    l ,...:.:.:.:.:/.:, イ.:.:、.:.:.:/.:.:./ !.:.:.:./ヽ/ヽ.:.:.:.:ト'.:.イ
     /.:.:.:.:.:.:.'.:´.:..!.:.:.:.:`/! メ、  !.:.:/ イilヽ、 i.:.:.:/.:.:.:.:',.      夜のパーティは、私に任せて!
   /.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:._j.:.:// i ノ! ` レ'  l'il } !ヾ'.:.:.:.:i.:.:.i
.   i.:.:.i.:.:.:.:.:./´ヾ 'ヾ l l j       `' '`lノ.:.:.:.:.:.l.:.:.:!    夜襲の経験もあるから
.   !.:.,l.:.:.:.:.:.!   ',  'ヽ `゛    ,   /.:.:.:.:.:.:.:.:lヽノ.     夜の行軍の仕方は、よく分かってるわ!
    レ' l.:.:.:.__l    i` ー 、    r―,  , ィ'.:.:.:.:.:.:.:.:./ '
     ヽノ ヽ、   l、  ,ト、` ー -- r' ヽ i.:.:.:.:,イ.:/
     l'    i`   ヽ-‐'´ ̄ ヽ !`ヽ `ヽ/ '
    r'  i   l      _ _,.. ィ'  l、 /l-- 、
   ヽ ! l   l _ , イl !  ,イ ヽ   l'  !
    ヽヽ__ーr‐ ' 


33 :◆vsQyY1yD2Q
           ____
          /⌒  ⌒\
      (ヽ /( ●)  (●)\   /)
     (((i ) :::::⌒(__人__)⌒:::\ ( i)))     それじゃ、ホビットの抜け道までは
    /∠ |.    |r┬-|    |_ゝ\
    (___     `ー'´   ____ )   昼夜を問わずの強行軍に決定だお!
         |        /
         |       /
           |   r  /
         ヽ  ヽ/
          >__ノ;:::......
                                                ,-、
                                          /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
                                         ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
                                     /       / :|       |::   、   、  ヘ
                                    /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
                                    /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
                                   / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}
                                / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||
    分かりました。                      〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|
                                ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|
    それでは、今から 保存食を買い込んで         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |
    日が暮れてから 出発ですね。                ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |
                                    `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |
    実は私、アッサラームを出るのは初めてなんですよ。  |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
                                       リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
    ちょっと ドキドキしています。                   ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
                                     / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
                                      / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
                                   /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |
                                    /: :::::::|  :::〉       "|ヾ <´ j/ i:   |::::  |


34 :◆vsQyY1yD2Q
         ____
       /      \
      / ─    ─ \     一日を 八時間ずつ 三つに区切って
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    やる夫達は バンパイアが活動停止する夜明けから休息を取るお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ        ィヽ     それで モンスターが活発になる昼から夕方と
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     バンパイアが動き回る夜は
   /    / r─--⊃、  |     移動時間に当てて モンスターを避けながら進むんだお。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

     朝                        昼                      夜
──────────────────────────────────────────────
      |         休  息           |         移  動         |      移  動
──────────────────────────────────────────────
                       だいたいのスケジュール( 時計がないので、多少のズレはあります )

                                                       ,.)\
                                                . -――-´、 / 丿ヽ
                                            r―<    ―- 、. `丶 ノ .}
                                             _」             \   \,ノ
                                         ./ |   ト、  卜 l   l    }
                                        /  l ム、 |´-\j V|   l    }
                                        {   lメん\!/ fノ! Yリ  /-、.  l
     あえて モンスターが活動してる時間に移動するんだ?   \ { ヒ!    ┴' u/ // l  ,.'
                                           `ト ′   ' ' ノイ 〈 / /
     それで、モンスターの動きが鈍くなる時間に合わせて       ',  r、     u _ノ′
     私達も休みを取った方が 安全って事かな?             ヽ. `       { ,/
                                             \__   
     移動するにも 色々考えるんだね〜。                       |    |
                                           . -r―ァノ     `tァヤT〈¬ー-、
                                         /  /ニ/十‐、  , -十vハヽ∨ / |
                                        / l / {  {ゝ}____{ノ} | lノ^ヽ |
                                         |  ∨ ヽニト |\___/| ノ} ,レ'´ ̄ 〉|


35 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                        第15話 「ここに家を建てよう」


                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ . ´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L . _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ . '´    `ヽ、
                        | l |     . -――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


第14話へ 1     第16話へ

この記事へのコメント
これはまた…結構複雑な位置にいるんだな、やる夫
Posted by at 2010年06月28日 06:41
国のためとはいえカガリが結婚する気が無いんだから連れ戻したとても空回りで終わりそう
Posted by at 2010年06月28日 22:09
まあ、セイラン家が上向きなら経済も〜
ってのも、貴族側の理屈だって傭兵?さんも言ってたし。
レーベでできる夫たち頑張ってるし、旅の扉でロマリアと貿易できる体制作り上げれば、正攻法で行ける気もするんだが…
アリアハンが経済的に破綻しそうで〜とか言って来られたらカガリがマズいな。
Posted by at 2010年06月29日 03:02
やってられっか夫は知らないことだけど、異世界人がそのゴジャース商会を潰そうと暗躍してるのよね……
しかも世界が平和になるほど、傭兵の価値が暴落する関係上、いく夫の戦略は影響力が大きくなってくる。

あちこちの情勢がよほど都合のいい形に転ばない限り、セイラン家はお先真っ暗だぞ。これ。
むしろ気の毒になってくる領域。
Posted by at 2010年08月18日 04:12
セイランは要するに自覚がない売国奴なわけなんだな。
Posted by at 2010年12月23日 14:39
自国貴族を仲介しているとはいえ、
他国の商会(企業)に国家予算握られてるのに、
それに危機感を全く抱いていない貴族ってのも凄いなww
Posted by at 2011年01月13日 11:54
どうだろ、危機感抱いているからカガリを諦められないんじゃなかろうか。
まぁ何にせよこの状態じゃどうしようもないことは事実だが。
Posted by at 2011年02月27日 22:00
コネ使ってゴージャス商会抱えの傭兵を雇う『強奪』レベルでカガリを狙わない所からすれば“切羽詰まる”という状態じゃないな。
自覚なき売国奴説が有力だろうか?
Posted by クロウ at 2011年04月15日 00:27
これ一国家が大借金によって他国の豪商に乗っ取られかけてないか?!いまはセイラン家の借金だけどユウナが王族入りしたら王族の借金になるんじゃ・・・・・・・
Posted by at 2011年06月16日 01:11
売国奴って言っても、セイラン家がいなければアリアハンは財政破綻してるんだぜ?
(あくまで魔法使いの言葉が正しければだが)
愛国心を持つのは立派だが、それこそ売るか死ぬかってレベルなら売る方が正しいだろ。
Posted by at 2011年07月09日 10:11
ただ、実際に売ってしまうと国家としては生き地獄だがな。返せば消える借金と違って権益は収入源だから。
この計画だと貿易再開しても発展できず、ゴジャース商会配下の国になってしまって威信もなにも無くなる。

この状態なら。
王族入りして自分の借金を王家にまわす(権益取られて国はお先真っ暗)か、
王族入りできなくて責任追及は自分(国家は持ち直すけど自分は破滅)の2択だな。
Posted by at 2011年07月14日 21:22
 王家入りすれば国家の借金にして
戦争でもおこして負債をチャラにするという
奥の手もあると思う。敵性資産ということで
権益奪回。さらにはゴージャス商会は各地に債権を抱えてる分敵も多いのでいろいろ搦め手を考えているのでは?
Posted by at 2011年12月02日 10:09
財政難が国内だけで完結してれば赤字国債一千兆だろうと全く問題ない。造幣益の水増しや国債発行で幾らでも挽回可能
対して外国資本に借款を握られたらもう終わり
「資本を引き上げるぞ!」って脅せば国民の奴隷化から開戦までゴジャース商会の胸先三寸。こりゃアリアハンも終わりだな…
Posted by at 2012年02月23日 05:25
セイランは権力が欲しい、ゴージャス商会は利益が欲しい
貴族の理屈でもあるが、都市住民の生活がかかってるな

近隣にレーベという経済復興の町があるのに手をこまねく王が一番悪い気がする
Posted by at 2012年06月28日 16:54
しかし、ゴージャス商会に対抗馬が育ちつつある現状を考えれば
どっちにしても一時凌ぎだよな

てか、それも踏まえての見学商会だったのか、本当にこの作者凄いな
Posted by at 2012年10月02日 22:47
アリアハンが財政破綻するといってもそれがどういう事なのかよく分からんけどね。
借金先や浪費先が自国民であれば破綻したとしても新しい王を据えれば国としては存続するが
卿は明確に他国に借金作っちゃってるから絶対にまずいわ。
Posted by at 2013年03月31日 22:34
根本的な疑問なんだけど、アリアハンが魔王のせいで貿易ができなくなったのはなんで?

借金してでも船作って、食料輸出すれば国庫は安定するんじゃないの?
Posted by at 2013年09月17日 19:24

海路がだめになった理由はやっぱ海の魔物の活動が活発化したからだろうな
いつどんな状況(最悪嵐の中とか)で襲われるかわからん以上、安定した貿易とはいかんだろうから自然と廃れたんだろう
Posted by at 2013年10月01日 10:44
※11
それ無理、そもそもセイラン家がゴージャス商会から金引っ張れるのは元から
付き合いがあるってのに加えてアリアハン王国に対して強力な影響力を持って
いてさらに国家権益を担保に出来するという条件付でのこと。
セイラン家だけではアリアハン王国を支えられなくなりつつ有るからセイラン
家の伝手を辿り国家権益を売り飛ばそうとまでしてる訳で、つまりセイラン家
単独で担保に出来るモノだけでは王国を支えられるだけの金を引っ引っ張るこ
とはできないの。

というか貸すほうだって一国を支えるだけの金を幾ら金持ちとはいえ一介の貴
族でしかないセイラン家の信用だけで貸すわけ無いし、セイラン家が王族入り
して且つ国家権益という確たる担保を確保できて初めて金を借りれるんだよ。
Posted by at 2014年10月21日 03:39
まあアリアハン国としても、セイランの王族入りとかはデメリット大きいな。
血縁無いなら最終的に切り捨てられるから。
Posted by at 2015年01月30日 16:58
やってられっか夫は気づいちゃいけないことに気づいてしまったような
Posted by at 2015年05月12日 21:25
あまりよろしくない状況だとは思ってたがもう導火線に火がついてたのな
Posted by at 2015年10月11日 18:59
展開によってはアリアハン大陸乗っ取られるな
Posted by at 2016年04月10日 02:07
ゴジャース商会をゴージャスと読み違える奴多すぎww
似過ぎてるからしょうがないか?
Posted by at 2016年04月21日 01:48
貴族の理屈が本当に国のためならカガリは結婚すべきなんだけどセイラン家のためなら結婚すべきでないんだろうな
他の人も言ってるけど戦後セイラン家を切り捨てなかったら国がやばいことになりそうだし、戦中はセイラン家を利用しないと国がやばいんだよな
セイラン家にちょっと同情してもいいかもw
Posted by at 2016年09月20日 08:42
これはもう、やる夫が1代で財を成して
アリアハン経済の中核に食い込むしか方法は無いなw

幸い旅の間にコネと人材は増えていることだし。
Posted by at 2016年10月16日 18:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39264145
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ