■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 8/11 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年07月18日

第18話「仮面の勇者SPIRITS」(4)

第17話へ    4  第19話へ

97 :◆vsQyY1yD2Q

                                    |
                             \  __  /
                             _ (m) _
                                |ミ|
                              /  `´  \

                              ...__,--r‐y―y
                                /::ん'^ー'ー'ー、ァ┐
                             /∠彡、 t_、 __  \
                               l:::: (|:::::「 ̄`i_ } ̄7\
               ト              |:::::::|:::::! rwvvィ /::{ ̄
               |::\:`::....、      /::::::/:::::!.、 ´ ̄ /:::::|
               |::::::::\:::::`:::..、   /::::::/」:::::| ` ┬'::::::::|
               |::::::::/⌒ヽ:::::ヾー'ミイ:厂|:::::|\ /{:::::::::::i
               |:::::'      \:::\ くアヘ:::::Vこ7^V\:::::、
               ∨       _>::::\ \::ヽ::Y'′| ノ^!::i__..-r‐::::::::::::7
               |      \:::::::::::::::V ハ::::V~::><ヒェ)':V:::レ l::::::::::::/
               _j    ;  ` .\:::::::::::V ハ:::::::/ i  ヾ/¨ヽ::|  l:::::::::∧
              く厶    /;     ヽn:::::V ハ :::| r 、 |   \ l::::::/  \
               \\ / ;    にニ ̄ ヾ::|' }::└':::::\廴__ハ_レ'!:::::\   |
                 \{  '::.,  にニ   〉i |:::::::::::;广三ヽ::_」 」:::::::::::::>|
                  |   `ヾ  廴ニ   `:、|:::::::.'`ヾ:三三|  ‐`_ュ::/`ヾ
                  |   `゙ :..    > ─┴''´     ヾ 三|   二}   `、
                  ヽ、    `ヽ/           }三廴_....-ー'′   |
             .         \    /        /  /` ̄\     ヽ   |


98 :◆vsQyY1yD2Q
.     /::::::::::;ー‐'′≧( ヒッ、\   ヽ`マ彡:::::>
    /:::::::::::::`:::――┤ヽ..二  \   ! ∨:∠_
.  /::::::::/ :::::::::::: !:::::|     `'r 、`7 ノ::::::/
/:::::::::,::'::::::::::::::::::::::`;、:! ト、__  {__l_ソアミ、/          元ご主人よ。
::::::::::,:'::::::/ヽ、:::::::::::::i::ヽレ^Vl/lァ 、_, ハ:::::::\
\:,:'::::/    }:::::::::::::iヽ::\ ``'^ィ'/::::ヽ、:::::\         客人のもてなし
ヽ \:{ i    `:、::::::::::i._\::\ /´{::::::::::::\:::::::\       こちらで引き受けようと思うのだが
、 ヽ マハ     `:、::::::::`:、 ヽ:::ヾ__」:::::::::::\_\::::::::ヾ.フ!
`ヽ ヾ} ';     `:、::::::::::V^ヽ::::'; ':,::::::::::::::\ \::::::ヽ|.    どうかな?
  `:、 `} \     `:、 :::::';___)'.:::、 ヽ:::::::::::::::::\ \:::::ヽ
   ;  `}.  \    / `、::::::';__`::\  \::::::::::::::i/`:、::`:、
   i  `}    \/⌒ヽ`、::::';   }:!ヾ、   \:::::::::!   `;::::::;
   |  |   /    __、:::';  リ  ヽ、/\:::!    j:::::::!
   |  | /    /    ヽ:;.       |    ,!::!   /::/
   |  |./   /        リ  厂⌒ヽ!  /::/   /



                                                   ,, -――-、
                                              人  /      `ヽ
                                                   `Y´ /            ゙i
                                                i            :i
                                               __| i   、i   i,,,   ,, |
                   かつて、我が家のメイド長であった君が     .{ ヘ=-、_ゝ ノ___,,,i_ム
                   そう言ってくれるとは心強い!           ヽ i ¨ミ=゚彡i て◎ l}7'/
                                                  `ヘヾ '~,ノ:i 、`ー'',ィ/
                   大事な客人だ。 よろしく頼むぞ。             i /~7`ー'i´''、'/~
                                                __, |レ'¨''''='''‐、」
                                     _,,--、,,__へ,_/ア'~ 、>'\\,,__,,∠l_
                                     /,=‐'''―ヽ、\'、\  ヽ、 `''''><  i\_
                                    ゝ/ニ=''~,ー、ヽ \ヽ\  `'-∠__\ _i_i`‐=へ-、-、


99 :◆vsQyY1yD2Q
                    _
                  __/:::::::::::::‐-......__
                    /::::::__r _フ_,勹ヘ::::::\
                /:::::ん,:'´    `ヽフ:::::<. rー- 、
                  /::::::ル' ト、 \_j__ マフ:/`)7  !、
                    /::;ィム.ヘr`⌒ヽ._ノ _,ク'_).   /  } |、      と言う訳だ、雅音。
    _          /::::::::::::::::::! ト,、 マi7´ /ヘi′    ,   〉、
  {>、:::::::::::::::::‐-..、 /::::::::::::::::::;ハ ド'ミニ=vチ::::l  ′   ′,/ ,ハ     貴様にも手伝ってもらうぞ。
  |:::::::::::`> 、::::::::::::ヾ:rハ:::/{::::::!小.    /:::::|     ′   ,/
  |::::::::/   `ヽ:::::::::::\ヾ、.|::::::! \ミ‐‐r'ヽ:::::!、         ,/      イヤとは言うまいな?
  |:::::/        \:::::::::::::Yハヘ::::|_,.ヘ⌒や、 !:::lr'=ー-..._   /::::::::::7
  \;        \::::::::::Yハ::ヾ{  ヽノ_.ノン´§|i|i|i|i|i}`ヾ':::::::::::/
.   i    ::.    `゙ミー`:::::::::Yハ:::::::>-(盆)ヽ:,广冖ーミ§/:::::::/ ̄ ̄ ̄}
    !   :::::...::::::/ \::::::::::} |::/   ヽ.l  /      `7:::::::ノ_,.:':! _」.   ト、
    ヽ.  ::::::::/    `¨ヾミ、ノ,′    }/      /{:::::「  `ソ  {/:::7 〉
      \:::::::/ 、       ヾ!     /      ./ Y::{  r'′  i::::/ ./,ハ




                                     /: : : :/: : /: : : ; : : : :/ |: : : l: : : : : : : : : ; : : : : : : :',
                                    ./: : : : |: : /: : : ィ: : : /   |: : : |: : : : : ; : : : ヽ: : : : : : :',
                                   /: : i: : :|: : l: : : / |: : /    |: : /; : : : : :'; : : : :ヽ: : : : : : |
                                   |: : :';: : |: :ハ: : /_ .|: /、-‐'彡=|:.;'=ヾ: : : : :.|: : : : :ヽ: : : :i: :|
                                   l: : : ';: :.|: |カ:/ ̄, !`` ̄ _レ'   |: ヽ: : ヽ: ヾ: : ヽ: : :.|: :|
                                     '; : : :';: レ| <イム',    ,イPタソ> ,': : : \:rヽ: ヽ: : \: l: :|
               そ、それは……             ヽ: : :'.;: .', 弋ソ l     ゙ー" ,': : : : : : fう';: | l: `ヽ>/
                                     ヽ: : ヽ:.',   ,'        /:/|: : : / 7リヾ,|: : : : /
               もちろん、言いませんけど……。   >; ミ{ヾ,  、       "   /: :/_ノ /´: ;i : /
                                         " ! ',   `       ij  彡'´ x-r"´: : : :∧;'
                                             ヽ   t_--、         |: : : : :./ '
                                            \  ‐-      ,    !: : : : :|
                                             ヽ      , .ィ´    /: : : : :|
                                                 ` -‐ r'"´       /,イ: : : :.|
                                                |       /:/ |: : : : :|
                                                  /       〃 ,': : : ;';: |
                                r-―― ´ ̄ヘ ̄ヽ ̄ ̄´             ,': : : :.|.ヾ|


100 :◆vsQyY1yD2Q
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \         いや、そんな無理してやってもらう事はねーお。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   家の事なら、やる夫達だけでも何とかなるから。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /



                                 く::::::::::::::::::::厂{-{..  -┴--- く`ヽ::\
                                     \::::::__,イ,. '"´          ∨{:::::::ヽ、
                                   r':::::} ノ´       / / } トく了 ̄\
                                   |::::::Vl  ――r'"  _¨二、,ノ―――イ
                                   |:::/ハマニ>、    /     }::::::::::::::::::|
       そうはいかん!                        |// 人/ ̄`:、 ̄!:.:.l    | ::::::::::::::: |
                                   /}>'"::::::、   ‐ '"´_   |:::::::::::::::::';\
       メイドの名にかけて                   / ::::::: |::::::::ヽ.  rvハ/_}ノ⊥ン |:::::::::::::::::::':,:::\
       誠心誠意 ご奉仕させていただこう!!    ./:::::::::;:::l:::::::::::::\ ー'´,..-‐    ハ:::::::::::::::::::,:::-― 、
                                  /:::::::::/::::|::::::::::::::::l `:、     / |::::r-r''"`ヽ.   \
                                /:::::;イ::::::::l:::::::::::::::::i   、_... -‐' _.,!'"´|   ゙:::、   \
                              /:::::/ :':::::::::,' :::::::::厂 ̄\    / ̄!.   |     ゙::::〉     \
                             ./:::::/ /::::::::::;' ::::::::/    /  ̄ ̄ 「 ̄l   |     `ヾ`ヽ    |
                             /:::::/ /:::::::::::;' :::::::/    /|   ,/| |  l            l
                            ./:::::/ /:::::::::::::' ::::::∧.   / .歹冖|. |  |   l              |
                           /:::::/ /:::/V ̄i ::: /:::::\_/ ,.イマ> {| ,}        ヽ
                            ̄ ̄ ̄:/ /   |:::/:::::::::::::::::::厂又VV| {   \     ヽ
                           ::::::::::::::/ /   .|/::::::::::::::::/   |l  ̄|  \    \


101 :◆vsQyY1yD2Q

                                                _ ... -―┐
                                                 r::,ヘiフにマヘ:::}
                                                 |んi'r_、」_,rァ{ム!
                                                 i个l ̄l」」 ̄|个{
                         こ の 雅 音 が な 。        .,/:::|::ハヒwwイハ::!:::':、
                                             ./::::::|::lハ.___.小::|:::::::':、
                                   , .. - ―― r‐‐'ァr〈_|::|>ィーrヘj_l::!_〉┬―r――― ....._
                                   ヽ:::::::::::::::::::|   ! ::::::|::|:廴._.ノ/:l::!::::::|   |:::::::::::::::::::::::/
                                   ハ ::::::::::::::|   |::::::::}//( )\l/::::: |   |:::::::::::::::::/:、
                                   |  \:::::::::|   |:::::::::/ /!  人ハ :::::::|   |:::::::::::/  |
                                  ‐''¨ ̄ >:::: |   |::::::/ /_ハ__{___j__〉:::::|   |::::::::〈⌒ヽ.ノ
                                  /  /::::::: |   |::::::`ー':::::::`ー'´:::::::::|   |:::::::::::\ iヽ、
                                    <::::::::::::: |   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   |::::::::::::::::::>! l
                                      \;:;:;:; |   |;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::;:;:;|   |::::::::::::/ ノ |
          .. -ァ.:´,:..-‐`'⌒ヽ-‐..、
        /:..:..:..:/:..:..:../:..:..:..ヽ:..:.>.、
       /、  ーく:__/___:.レ   \
        /:..:.. ̄.:..:.::7:..7..――..:..:.丁:.. ̄:..:..:.ヽ
     /:..:../:..:...:..:../:..:..:..:..:..:..:../|:. イ:..:..:..:..:..ヽ:..:l
     //::.イ/:..{:..:.ィ:..:..;: イ:..:..:/ |lム:..:..:..:ト.:..:.}:.|
     |:|::.ハ|:..:..:V |;∠\j:../ _/  }:|:..|:..|:}:./|:l
     |ハ::::::|:.ト:..:V{ f心Yイー'{ ィ云 Yリ|小{:j/ リ
      `{ハ:{::ヽ{^┴゙'´///、/゙ー┴^j::::ハ{′
       ヽ}:ト、::トu      ′  / }ィ′ヽ    ちょっ……お義母さま!?
        j'7ハヽ   /  ̄ ̄/ ノ ノ
       _ノィ:ハヽ. {   __/ {/
    /´   `ヽ:ハ. \ー ´ ィ´:\_
   /       ヽヽ   ̄ |::ト、::<__r‐、 _
   〈       \l トヽ.ー‐、ヽ!  ̄V:ヽ7j 〉  ヽ
   {        ヽ  `三ヽ、   ∧:r ´ /}/  l
   ヽ      __ >― 、`\ー<_l!o/ー‐- 、}
    ト、    (__, -<__  }  \ー‐ }o     ヽ
    {       / ,、__, ヽ   ヽ::/o     ,ィァく⌒ヽ、
     ヽ、    〈__/  ̄  _ -`i   } ハ  ,. < }l7ァ}  {
      ヽ ヽ  `ー=イ二 イ ハ   | |,. <   }/7イ  イ


102 :◆vsQyY1yD2Q

                                         __,.:'::::::`ヽ、_
                                       <::rノ'"⌒ヾ7::::';
                                         <(_{t_、  夊>::';
                                           〈_ハーti」´ |::::::::';        _
                                             |::::ヘ rw.タノ::::::::::';.   ,...:<イ:::::}
    雅音よ。                               _|_::ハ ー 'f i:::厂厂/ ̄/::::::::/`ヾ!
                                   r-―::::::::/ r':Lノ⌒!ソ|::!:':::::/  /:::::/     }
    彼等が バハラタに滞在している間            ヾへ:::::::, '´フ:>@<:::::|::i::::/  /::∠...._ ‐ 、 'ヽ
    屋敷の一切の家事を、お前が取り仕切るのだ。  .{  \j   クヾ.  ソリ : |   |:::::::::::::::::/  丶. \
                                   ,.} '",..r'、_ ,ノ__ノ⌒ヽ_>:: |   |::::::::::::::/     !  }
    俺も一応 サポートするが                   |   ハ:::::::}::::::::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::/\    ,   \
    これが お前に課す 最後の試練だと思え。     { ::.,.ノ`ヾマ{::::::::::::::::::::::::::::: |   |:::::::::`ヾ イ ー イ⌒ 、 )
                                    /    i |::::::::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::/i:::| /     ノ /!
                                  {   i/  l |::::::::::::::::::::::::::::::|   |::::::::|::i |:/ ,′   / :´/
                                   ∨ ノ  /. |::::::::::::::::::::::::::::::|   |::::::/l::! ' ./  '"  ,. '′
                                   .マ__/イ |::::::::::::::::::::::::::::|   |:::::{ j/ィ'べ、  ,.. "´
                                        ∨厶-‐――――,ィニ ̄ ̄`ヽ::::::::ヾ'"
                                       {  --―――   厶勹   .ソ'"

       / , '        ,            ,'    \
      /  ′  .::   ..:;.'    ,:      /    \ヽ
    /イ     .::.;'  .:.::/   // _,. , , '   :.  ヽヽ.__
_,. - ´ /.: ..::    .::.::i .::.:/{:.. //´  / /ハ:. :.. ::. :  ゝ-'´
   //.:.::: .::. ::.::.:! :;レ′V__\   /./リ Vハ:. ::.:. .::.. }
 / ,'.::.::::. :.、:.::.:::::! {  '´{ Jjヽ.`  レ′_,ニ|;ハ:.:::.:.:;j:.ノ
'´   /::.::::.::. :{ ヽ::、::' l   ` ´      i 1Jソ` /.::.:/ソ
   ´ヽ::、::.: .:.\ ヽ!ヽ:!          ヽ ¨´ ,'.::.:/
      ` ヽ::.::.:.::ゝ:.ィ ` .u       /    ,::.:lヾ、   まったく、いつも唐突なんだから……。
      ノ.::.::::.::::.::j      ___   ,ィ;ハ:j
     _/.:::.:::::::::.::::j 丶.           / j!
   ´/,::ィ:::::.:::::::/   丶     /
    /' ´/.:::.::::.::/      ` ,._,/
  _,. イ´.::::.:::::.:/!        /
´.::.::_;.-‐r'〈 ̄  .′       /
 ̄「{   !::::',.           / \
   \  !:::::!      ..  |:.  \
    \|:::::|__       ';.  !:    l:`:ゝ、
      \::!  ̄¨`ヽ、i:.   .. . __ |:::::l  フ 、
       \        '´ ̄  |:::::| /  ` ‐ .._
         ` 、             |::/         \


103 :◆vsQyY1yD2Q
                 , 、
                γ丿 l`ヽ
              ( /  ソ//⌒ヽ _
                  ,.' '´   |      \
              / /   l  l     /    l
               l    /l ムl   厶   l |
                 k{ l  //∨  \|  \l| |
           , イ{ヘl | ≡≡   ≡≡}  /   すいません、雅音さん。
           / {  `Tト ゝ , ,     , , ノ/
          /    \ \\         /´       巻き込んじゃったみたいで。
       /      \ V´> 、 c:ァ/
       /      -‐-、V __   ̄
        /  { /     |´   `ヽ _
     /    V  l     /Vヽ、[`ヽ l|
    /     |  丶  / / └、〕 し’
                                                  イl
                                            ヽ`:.ヽ  ,':.|
                                             ヽ: :', /:./
                                         , ァ, .-‐ 、`、':/__
                                         /イ/.,=ァ::. :.:..、,':/-: : :ヽ
                                       イ ′,テ-=;イア´: : 、: : : : ;\
                                      , '   /"´: : /; ヽ: : :\: : : ヽ'、
                                      |   /: : ; :イ| ヾ、: : : : \: ミ ';i
            気にしないで。                  .,レ^ア1': : ;-z、|!==、'f: : :.;、: :>    ヾ、
                                      .{   ト、: ;z=  ,z=ゞ ,l: ://: : l      }: }
            実際、この家のメイド達は            ',  ..l l∧ 〈    彡r'´; : : `ヽ_,/: /
             パーティーの準備とかで忙しいだろうし   |   .l.   ヽ、 、 u/  ';>、: : : : :<
                                     .l    |       iヽイ7/'i  ,'i;/´ ̄`=
            手が空いているのは             .l    ',    ノ l i;' `‐.|:;'      ヽ
            私か、お義母さましかいないわ。       l   ∧  ,イ' ´,>'~ヽ  l::|         \
                                       |.    }'´  ,/,'  }  l:,'     、
                                       l     ./" ,' /{  ,.'  ソ" , -‐イ ,ゝ、
                                      .';   ´  l ヾ',_/ タ´     ,´  ヽ_
                                      .ヽイ‐'´  '、 `i7,。'      /    `、
                                               `‐|"         /
                                                ',       /
                                               ヽ、_  , ィ',
                                                   ̄   `‐- 、


104 :◆vsQyY1yD2Q
                                                   __             |  |  |
                                          ,. -─- _ )  _         |  |  |
                                         /   ,  ,. `<´        |  |  |
                                          / ./ , _,:'/,.イヽ 、ヽ        |  |  |
                                      / .:;'. / /// | j !: .:!:. ',.       |  |  |
                                      '、 .::!:,ヘ//|! _」ムj:,._j:::. |      |  |  |
                                        ヾ:j!'(ハ` !´「rェィ「ゝ`¨'‐-.、   │  |  |
             お義母さまに任せると              .ノハ ´/  `¨rゝゝj´ー-  ` ー- l._  !   |
                                          ヽ 、   イ>‐'´ ̄` - ._    `> 、」
             何をしでかすか分からないからね。        .,ゝ-一' /       __,ゝ、_/ノ  /
                                            _,ニノ!  .:. ,ゝィ´ ̄`'´ ̄      ̄´ /:!
                                       /´「{'.::/、 ,.'¨´/  . ..:.::/,.     _,. - 「  :|
             ここは、私がするしかないでしょ。     .{  `|::::〉r‐一'′..:.::.:.:´/__;. -‐ ¨´│  |  |
                                       _,ノ   Vノ´       .:/´/       │  |  |
                                  /    /        .:': .::/         |  |  |
.                                   /      {        .::.:.::::/       │  |  |
                                  {      , '、     / .:::/           |  |  |
                                 丶 .__,. '′丶.___, '.:.:::ノ          |  |  |
                                    {           .:::/´            |  |  |
                                       〉        .:.:/              |  |  |
.                                     /         ::/            |  |  |
                                    {_         __;」            │  |  |
                                  / ¨ー,一…'´.:  !              |  |  |
                                 /ゝ.,_  ′  ..:.::::  '、               |  |  |
                                  / 、:  `「`¨' ー‐-'-一ヘ              |  |  |
        ____,イ{、___
      ,,ィ´    〈   メ、
.    /  ,  ,/| λ、  \
    /   ,什/ | メ ‐t- \`ヽ、.
   j/  メ,ィテュ レ' ,ィテ心、 丶ヘ>
  ,イ´  / ,| ヒ:z:! }-{ ヒ:zj ハ  〉'   ホントに、無理はしなくてもいいんですよ?
   〈, /(| |:ゝ‐-‐'  `‐-‐´{ ヘ./
    |/  | |、   σ   ,ィ´| |     屋敷を提供してくださるだけでも、大助かりですから。
    〉 ソ | `≧‐-‐≦ |/| |λ
    j | |: |   ヘ--/ `\| | 弋.
    ノ | |: | \ ∨ //´i |  )


105 :◆vsQyY1yD2Q

            .. -ァ.:´,.‐`'⌒ヽ、
          /:..:..:..:/.:../.:..ヽ.:.>.、
         /、  ーく__/__:.レ   \
         /:..:.. ̄.:::7..7..―..:..:.丁:.. ̄:..:..ヽ
       /:..:../..:..:../:..:..:..:..:..:..:../.|:. イ.:..:..ヽ:..l
       //::.イ/:..:ィ:..:..;: イ:..:..:/-┼トl.:ト.:..:.}:.|
        |:|::.ハ|.:V |;∠-‐j:../   l/}:.|:}:./|:l
        lハ::::::l:::::.!/  __Yイ   ーtテ .|:ハ{′リ       ……いいのよ。
         `{ハ:{ ∧  ̄         jイノ
           ヽ}:ト∧     '     /ノ             あなた達だけじゃ、心配だしね。
           j'7ハ/.>、 V フ  イ/
              Y`': - ´ .|.  __
         _, -r┬i‐ ′      ̄|::l`ー┬-、      こう見えても、お義母さまに鍛えられて
       /  ∧|::|         |:::l 丿  ヽ
        /    ∧:| .  ̄`  ' ̄  |:::レ     l     家事は得意なのよ?
       _ノ  l   ∧         /       L
      / `ーj     oヽ      ,./    .l /  |
   , '   , '      o\ y /。|      V    ',     私に、お世話させてちょうだい。
  ノ    ,'         ▼ ̄`        ',.   '.,
_/     {                       }    ヽ
     /人                  ノヽ     ヽ
    /   ヽ、     -ー ‐-     _,/  ヽ    _ヽ
_/      }                  /|    \∠   \
         / .ヘ            / .|     /__   |
          /     、 ____ _  -イ  |   r=く   }_/
       /     ____       {_  |   /   >' ´
    ∠ --――||ュ   ェ||--ト-、 . . } | /   /
    // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄丶、\l .|. l//  /


                                            *  _______
                                     / ̄|  +   /         ヽ   +
                                     | ::|    /⌒       ⌒   \
              分かったお。                .| ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
                                   ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
              そう言う事なら、お願いするお!  .| ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
                                  | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
                                  | ___)  ::|   .>          \
                                  ヽ__)_/   /                 \


106 :◆vsQyY1yD2Q
                                       / ,、   ,、     `ヽ  \
                                      .イ ,ィ゙ミ'y';;:::)      \  ヘ
                                     〈   い   (’、,i’、’、   \ }
                                      ミミソノ    '、z_-_ー゙ミ'、,ヘ,-_、 `|i
                   話はまとまったようだな。    ‘ソ斤r_テミ;   ー゙='‐'  ゙`<  }} |l
                                        .i    /          < ,.ク ./
                   では、屋敷の方に案内しよう。   .l   ト、       ,n'<  /
                   付いて来てくれ。             ヽ  r-_::- 、    / iミ./.
                                          \       /  !;;く,,
                                            .>ー-−<   _」:、;;;;;水、
                                          ,ノ/~ij~`>、 ̄ ̄ ̄`/::::`:、く、
                                        / / レ' / /`>.  /::::::::::::/<"''冖=ー-



            __ /{        ヽ} __
          / ` > ⌒`´ ̄ ヽノ.  \
            // . :/  .  '⌒   \: : . 、ハ
         iハ : iィ :{ :i、:i/`~´}ィi: : . 、i: :  }リ
          V : :i: :ヽi≠、  左ナイ: :リ: ./
           V: :ゝトKヒtj ,  ヒtjソ イ}: /
             } :||:ゝ  _..__  フ: ソ: {          あ、その前に 宿に寄らないと。
        、___ノ: : | l: :> '-.-' ∠i: ハ: : ヽ__,.
         `¨{. : :ノ.从{ 「`iTi´ | l/ ゝ: . _ノ        荷物も、馬車も 預けたままですよ。
          77¨ ̄ ̄ ̄ 大  ̄ ̄ ̄ `ヽ.
          / i / ̄| /  ヽ 「 ̄ \ ハ  _  . rh
         ゝ ∨ 厂 !/     ∨__ 、 { { i }  ノnリ
.   r‐ 、__    jフ /:// /     /___/  Vハ. | ゙¨´.::j.|
  r「|\::r'7  レ' :{:{  |:::::::::::::::::: ̄ ̄::: }::: ヽハ::..: .::::ノ
  ト.リ\ソ {、  /  :ハ'‐, |::::::::::::::::::::::::::::::: ;ノ::::.  ハ:::::::イ
  Vコ::/ ノ `く:. :::::/| |l::::::::___:::::::::::::::ハ:::::. / `</
  `「厂    |:::::::/. ゝ-'一'___|___'---、/ ハ:: {   /
   `ヽ、   ノ::::ノ r┴-t、_」_r---'、   ヽ. \ /
      ` </  ,/::::: ||::::::::::::::    ハ   \_フ
           /::::::: j.|           ハ


107 :◆vsQyY1yD2Q

               ____
              /⌒  ⌒\
          (ヽ /( ●)  (●)\   /)      それじゃ、宿で 荷物を全部引き取ってから
         (((i ) :::::⌒(__人__)⌒:::\ ( i)))
        /∠ |.    |r┬-|    |_ゝ\     屋敷の方に 行ってみるお!
        (___     `ー'´   ____ )
             |        /
             |       /
               |   r  /
             ヽ  ヽ/
              >__ノ;:::......


108 :◆vsQyY1yD2Q
            /:::::::::/  」.. ⊥  ノ__ /r-、::::::::::::::::::::>
.           /:::::::::::>/´        ` 、 `7__:::::∠
          // ̄ ̄/            ヾノ'´ハ:::::::::/
         ∠___l   ト、 \      l   V _):::/
       /::::::::::::| |:::::::ト、 弋_ト、. \    ,j   ∨::::/
.      ,:::::::::::::::::::レ|:::::::::::}`⌒`ヽ、  \  ノ  ,.ィ ノ ̄i    ククク……行ったか。
      /::::::::::::::::::/ ,j:::::::::::!     `゙ r、   _..ィ'^7ヘ.  l
.     /::::::::::::::::::;ハ j::::::::::::l ト、_    、 iーr'  ,:::::|:::i\}.    さて、タニアにも話をしておかんとな。
    /::::::::::::::::::/ |::::::::::l  V  ,‐┬-,. --ィ / ::: |:::|
    ´ ̄7::::::/   |:::::::::::ト、 弋ノ」ノ_/{_,ハ_/,:::::::::::|:::|
    、::::::i::::::/l    |::::::::: | ヽ.   _   / |:::::::: |:::|
    ハ:::|::::i::::V.   | ::::::: ト、  \       / j::::::::::|:::|
    |l::|::::|::::::V |::::::::| \  `ー―‐'   i;:::::::: |:::|


109 :◆vsQyY1yD2Q
                            __
                               ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                             ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.                     ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                        ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
              イl.      ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
       , ヽ`:.ヽ  ,':.|.     .!::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
      イア _ヽ: :', /:./.       ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
    in、|リ,'イアミ`、':/__.       ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
   i_ アイア /: -: 、,':/-: : :ヽ      >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
 └rイVC テ-=;イア´: : 、: : : : ;\  , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,t'フィ /"´: : /; ヽ: : :\: : : ヽ'、.     `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
  |O::ソ/: : ; :イ| ヾ、: : : : \: ミ ';i..         ̄ ̄
 /レ^ア1': : ;-z、|!==、'f: : :.;、: :>    ヾ、
 { >イ/_ト、: 代ノ  弋_ゝl: ://: : l      }: }
  ', //;', l∧ '、    彡r'´; : : `ヽ_,/: /
  |//ミ:;',   ヽ、 マ> /  ';>、: : : : :<
  |','三'|       iヽイ7/'i  ,'i;/´ ̄`=`'――――、__
. |,'三、',  √ク_ l i;' `‐.|:;'             '"`  ` '‐-ッ、_
. /'三<∧ 句セ´,>'~ヽ  l::|\         ,≡_'      /  ``'ー--、_
.|/|三<  }そ√/,'  }  l:,' ``  , -‐tー'"´´   ``ー--‐イ――----、_   `ヽ=ァ
| l三 > /" ,' /{  ,.'  ソ" , -‐イ ,  |、            _, ,ェ―-ュ 、  ヽ,、   ,二'ュ.、
| |';三ミ=イア,l ヾ',_/ タ´     ,´    iヽ_     _, ィi1: {:{: :_./: :`';--z_._`ヽ二ア
.', ミ、/‐'´  '、 `i7,。'      /    ト-、`Y ̄'/:|:.;': : !'-‐' ̄: : :'; : : i: : : : : ``'. 、
 ヽ >     `‐|"         /       ` :|--,'>ヾ、.、_, _: ; ; ; ;.、: : : :.l: : : : : : : : : :` ' .、_
  V        ',       /         |  ,'〃ヾ"´r-rr-、_: :ヽ; :;': : : : : : : : : : : : : : : ` ‐-、___
           ヽ、_  , ィ',          ! ,': :l: : : :|.|: : ヾ: : : '; : :ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` ヽ
               ̄   `‐- 、     ,'  |: :;: : : {.;': : >>=: : V: :';: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                     `‐ ._  ,'  |: :l: : /;': :{ /´: : : /: : ;'_: : : : : : : : : : ;_: : : : : :; : : : :
                        ̄`ヽ__ |: :.l: :/: :`゛`<_/: : : : : :',  ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ `
                                `‐、 : : :/: :/: : : : : : : : ',
                              ゝ、_'; : ; ィ: : : : : : : : :.|
                               'ゝ=-: : : : : : : : : : : : |
                                ',: '; : : : : : : : : : : : :|
                                ヽ:';: : : : : : : : : : : :|
                                 '、: : : : : : : : : : : :|
                                  '、: ; : : : : : : : : |
                                    '、:' ; : : : : : : :|
                                    ヽ:' ; : : : : :


110 :◆vsQyY1yD2Q
【 空き家 】
.               i
               .傘                           |
              傘傘                          r^t
              .傘∩傘                        ./.:::ヘ
             傘傘傘傘                       .| : :::::|
.    |      . [IIIIIIIIIIIIIII]_____________________________________________  .r".: ::::`i
   .r'^ー --------..i..::::::::::::;;;;i|;;;;::::;:::;::;:::;::::;::::;:::::;:::;:::;::::;::::;::::;::::;::::;::::;:::;ヽ _|.:_;_;;;_;;|_____________.
  /::;::;:::;:::;:::;:::; ::;:;::;;;| ..:::;:::::;;;;;i|;;;:;::::;::::;::::;::::;::::;::::;/|\::::;::::;::::;:::;:::;:::;:::;::;..ヽ.;;;;;:;;:;;::;:;:;;::;:;:;;::;;::;\
 ./;;;;_;.;;;_;;:;_;_;;;._;.;;;:;.;;| ∩ ::::;;;;;/;;_;:;;;_;;:;:_;:;:; ;_;::/\|/\;;;_;:;;_;_;;:;;_;:;;:;_:;;_;.:;ゝ.:-:;:-:-::-::-:-::-.-ヽ
.´|.::::::: ::::::: : :: :: ::: : :;;| ..:::::::::;;;;;i|;;: : : : : : : : : : :[IIIIIIIIIIIII]: : : : : : : : : : : : : :|;.:;ヘ.;: ;ヘ:.: ;ヘ:. :;ヘ.: :|
 |: : i^i: : i^i: : i^i: : i^i| ∩ .:::;;;;;i|;;::i^i::: i^i::: i^i::::||: i'⌒`i: ||..:i^i::: i^i::: i^i::: i^i::|;.:|_j; :.|_j; .:|_j:: :|_j;: :|
 |: : Ll:.:: Ll::.: Ll:.:: L.| . .::: .:;;;;;;i|;;;:Ll;::;:Ll;.:..Ll;: [IIIIIIIIIIIII] ;Ll;;: Ll;::::Ll;;:::Ll::i;;: : ;: .:.; :.: ;.: .:;.. :.; ;.i
 |≡≡≡≡≡≡≡.| ∩...:::;;;;;i|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i||: i'⌒`i...||;i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!| ≡≡≡≡≡≡≡|
 |:: ::::: ::::::: ::::: ::::: :.:.;;| . ..:: .::;;;;;i|;;: :: :::: : : ::: :: ::[IIIIIIIIIIIII]:: ::: : : :::: ::: :: :...::::|; ;ヘ;.::;ヘ. :.:;ヘ.: .;ヘ.: .|
 | : :i^i: : i^i: : i^i::...i^i| ∩.. ::;;;;i!|;;.:i^i:: :i^i: .:i^i: :|| r'⌒`.i..||;;;i^i:: :i^i: ::i^i:: i^i:..i:..LI;:.:LI: :..Li; ::LI;:::.|
 | :: Ll;;: .Ll;;:. Ll; ::.Ll| .:: .:: :: ;;!i|;;::Ll:;:::Ll;;::.Ll;:::|| | ...l.....i ||;;:LI;; .LI;;: LI;;:.Li,::|;:; .;:. :;..: : ;.:;.: ;.:;;;.; :;|
 |;;:..,,;; ;:,,.: ;::,,.:;. ;;,:.;;i!i::.:.:::..::.;;i!Ii!;,.:::.:.:.:::;.: : .:: : :|| L...|., 」.||;;::...:.::: .:::..::.:.:;.:... ;;.|"` ""`` ""``"""`"
            '''ー----‐:' ''' ' '''' ''''' '''' '::=:/三ヘ =''' ''''' '' '''' ' ''''' ' '''



  / ノ      ,、ヘ`'y'´ヘ    ゝ、ヘ
  / /      (, −-y-−、)    ヘ ヘ
 { /      、小`` ̄´´/ /     ヘ.ヘ   この屋敷だ。
_l〈  、 y'゙,ィ´ノノノ_   _,ト、ト、 ト、 、、〉ミ
  l\弋代ー=_=_.、ンー'、,r _=_=ー、リノノノ'   ここには 広い中庭がある。
   `r,r‐|'、´ー゙='-'` :i  ´ー゙='‐' ノト、}}     馬は、そちらに連れて行くといいだろう。
    代 l         l       !ノノ  
    ``;ヘ、      r       /Y´       掃除が必要だろうが、それは勘弁してくれ。
     `,〉l\.   -‐ ‐-    /.l〈'゙、         なにせ、普段は使われていない空き家なのでな。
    /:::::|、 `-、     / ./|:::\'、
=_ニ/:::::::::::l .`−-`ニ=ニ´-−'´ .!::::::::\ニ_=_=
 ̄ /:::::::::::::|    / ,r-、\    |:::::::::::::ヘ. ̄ ̄
 /::::::::::::::::|  / / ij ヘ \  |::::::::::::::::ヘ.


111 :◆vsQyY1yD2Q
                                                        ___
                                                   /      \
                                                  /ノ  \   u \
          こんな スゴい屋敷、ホントに使わせてもらっていいのかお?  / (●)  (●)    \
                                                 |   (__人__)    u.   |
          て言うか、なんで こんな所が 空き家になってるんだお?.     \ u.` ⌒´       /
                                                ノ            \
                                              /´               ヽ



      /  /´       ,、   ,、 \
    /  /      (:::;;'y'ミヾ, ヽ
    / /   、’、’i,、’)   い  〉
    i|./,_-、ヘ,、'ミ゙ー_-_z、`   (’、ミミ   かつてのバハラタは
   l| {{  >`゙  ー゙='‐'   f rテ斤ソ'    アッサラームや ロマリアの貴族、富豪達の
   ヾ ゞ、 >           ',    i     休養地として賑わっていたんだ。
     丶 >'n,        ,r'   l
     丶ミi 丶    , -::_-、  /      そのため、このような別荘が いくつも建てられている。
      >;;!  \       /
    ,.水;;;;;、|_    >−-ー<
   ノ, く:::::::::\´ ̄ ̄ ̄, <´~ij~ヽ
 冖''">丶::::::::::\  , <ヾ`ヽ ’、ヽ\


112 :◆vsQyY1yD2Q
                                               /    , ´          \
                                            /    /{           ヽ
                                           /   / !             l
                                          ,   〃   ヽ               |
                                          |  /  -―-i|       |    /
                                          l  /il    ≠ミ      l    /
.                       なるほど。             l ハソ    _jりj     ,   ,'
                                          ヽ|く     ` |      / l  l
.                       魔王バラモスが現れてから   .|: l 、__    |:    / |  l
.                       使われなくなったんですね?   |: ヽ`ニ`    ,: : / /:  |  ヽ
                                           レ|::∧.__,/: : :/l/: :  |: \ _`ァ
                                              l/ /: :_:/: ://: :   !: :   \
                                                /. : : |// / : : .  ∧: : .   ヽ
                                              /. : : :/'_,/ . : : : / ヽ: : : :  l
                                              /: : /  `フ. : : : : :/   ヽ: : : : |
                                           { : :/  ∠   -‐ ´/ ̄ ̄` |: : :  |



  / ノ      ,、ヘ`'y'´ヘ    ゝ、ヘ
  / /      (, −-y-−、)    ヘ ヘ
 { /      、小`` ̄´´/ /     ヘ.ヘ
_l〈  、 y'゙,ィ´ノノノ_   _,ト、ト、 ト、 、、〉ミ   その通りだ。 今は 我が家が管理している。
  l\弋代ー=_=_.、ンー'、,r _=_=ー、リノノノ'
   `r,r‐|'、´ー゙='-'` :i  ´ー゙='‐' ノト、}}      ここは元々、ロマリア貴族の別荘で
    代 l         l       !ノノ
    ``;ヘ、      r       /Y´       子供に乗馬の練習をさせるために
     `,〉l\.   -‐ ‐-    /.l〈'゙、.       広い中庭を わざわざ作ったらしい。
    /:::::|、 `-、     / ./|:::\'、
=_ニ/:::::::::::l .`−-`ニ=ニ´-−'´ .!::::::::\ニ_=_=
 ̄ /:::::::::::::|    / ,r-、\    |:::::::::::::ヘ. ̄ ̄
 /::::::::::::::::|  / / ij ヘ \  |::::::::::::::::ヘ.



       ,,ィ"::ノ::::::,几几::,
       {:::7::彡ルレ' .,,N:::〉       実は 私も子供の頃、ここで乗馬の練習をしたんだ。
       j;;;;彡"ぇiー〈tiflミ          畑の近くで練習すると迷惑だからな。
       `ゞ.l   ̄ .ゝリ、_
     _z‐">l\ .r=/`ー、エチ壬    馬車があると聞いて、真っ先に ここを思い出したよ。
     zー"|:::ヤ `><:::::、   jj ヘ.
        l:::::ヤ /'ヘ.ヽ::::、 jj  \


113 :◆vsQyY1yD2Q

            i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i                      ,、
            |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |                   _〈 i,、
            |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |               _、シ〈 i、、
            |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |         _  _,,シ_、从ヾ、
            |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |       /⌒ _ || _,,シ:'「|ヽ.・ヽヽ
            |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|三}   .,イ /⌒  ̄ ||    |.|_ へ.、。_)
            |三三三三三三三三三三三三三三三}    {.,イ{   ノ ||(   ,U
            |三/´|`ヾ三三三三三/´|`ヾ三三三ニニニニニニニニ0ニコ/
            └゙(─@─)========(─@─)=┘     /| |/| |   } } j{
               \._|_,ノ          \._|_,ノ        《_, 《_,ヒ}  《_,《_,/_}



                   ____
              ,.. - '"r´-、>、-`‐-- 、_
            ,. '´   ,.ゝ、,_ ` 'ー ''_,.二ニミ 、
              /   ,. ,ゝ--,-  r ‐、\   \ヽ
           /  ,. "/ ,. '´   i.  i、ヽ、ヽ--‐ i
           ノ  '" /  <_,,,,,.-,,,,-',、,,,ノ,_\`'''_,ニ,.l
            i, '´  (,,,,-;'";;;r;;/:;;;/,:'::;;ィ;:/i;;i'`-:、 i |,
        _,......_/  ,.-:く;;;:::;;;:-//;;;:'...,;';;_',,;:''' i;:'   'i;;、i
.    ,.;:'"-- 、,.ゝ';' -ヽ':;;' ' i;/ _,i;'_.,.`ヾ /     .i-'゙
 ,.. '"´    ,'::::;;;;i 、"´ノ i'   i' '"r;;;cヾ     ‐-、i
 ヽ、     ヾ:;;;;;';;、ヽ、;       、i;;;::ノ     ァ;:'i /
    ` '''' ''ン::::;;;;l;;;;ヽ,.、      `      i;;ソ./    それなら、厩舎もちゃんと ありそうですね。
     ,;;';";;:'";;;;;;i;;;;/;;| ':          、 ` .'
    i;;;' ,';;;;;;;;;;;;;;;;〈;;;;i ヽ.             '  /      早速、馬車を中に入れちゃいましょうか。
     ` ヾ;;;i'i:;;;;;;i;;;ヾl  丶    丶 フ  ,.'
        ヾ;`i;リィ;;:::i.    \       .,..イ
            iリ ``' - 、_. 丶,,,...-;;"i;;;;リ
             _/       `'ヽi''<'i;'"冫'"
        ,.-‐'ー`'';:.、      /`i´i
     ,...;-="- 、::::::::::::`ヾ、:、 /  i, |、
  ,..-''―‐ - 、  \:::::::::::::`ヽ、`''ーヾ `i'、
 /       `、   `ヽ、:::::::::::::`ヽ、  |:::丶、
..,' _,,,,,,........、  `、     `丶、:::::::::::`ヾ'::::::::::::`i、


114 :◆vsQyY1yD2Q
                                           /   ,.、    `ゞ''ーぃ
                                          ./  ,ィミY;;;)     ゞ   い
                                         イ  <彡"`"';       ゞ  i
                                        〈   い   ’、,i’、,i、,   ,、,ゞ }
                                         ミミwノ..,,,_、 '、r;;;::_=ミ'、'``;,_、` i
                こちらから 警備兵を回すつもりだが.    "゙ィ<_yュ:ミ; ` ''-゙='‐" `<  }} 1
                                           .i    ノ        < ,.ク i
                雅音さん、侍女は必要かな?            .l  く ,,,       ,n-< ノ.
                                            ヽ  ー_::- 、   ,r'.゙i、 ,;'
                数人なら、回せると思うが。             \     ,、-''` :|;;:<,,
                                               .>ー '''彡   _」:、;;;;'';
                                             ,ノ/~ij~`>、 ̄ ̄/::::`:、(
                                           / / レ' / /`>./::::::::::::/<"''ー::- .、



    ィ  rィ , ィ⌒゛`: ‐.、
   i、 |:{ ィ彡´: ; : :' : :ヾ; : : ,ヽ
   >'-´: : : /: : : : ; : :r、: ; '; !
  r': : : : : : : :l: : : : :l :i :i ';ハ: |
  |: ; : : : : : : '; : : : :l |、{,==', 〉'.            そっちも忙しいでしょ?
  |∧: : /: : ; ヽ; : ; : l-'´,彳(
  ´ヽ: : '; : : i.;-(ヽ: ミ', ゙  `7            中庭を抜いても 広い屋敷だけど、
   ヾ、:'; : : ヽ_'_ \',.u   _,' ̄`'‐- __        お義母さまと二人で なんとかしてみせるわ。
     ' }: : ; :l⌒` `   ´ /‐ - _   ` ` ‐- 、
      ,': /:ni   /`―‐'     ` ‐ _  _ 彡> ヽ ,
    /ィ、r゙ ヾ、  /ミ='r-,_   _    >´、彡´.   \
    彡' /:/--. 、_ ,ヽ‐-、ヽ ̄`'^`.i―-=‐'"´` ̄ ̄  >`
     _f`ー``-_,\   \_ヽ__, |       , > '´
.    /     `-、:\__,へ \<i,|_  _, > ' ´
   /       冫 ー-´ o\、|:::::l`ヽ
 /    ____       o\::::|  ヽ
./   _ _ _ _ _ ,r三、        oY    ',
´        _イ   `         "     }
     /´ <                ,ィ   ノ
    ィ´    ヽ    `ヽ _   , イ`i-‐'´
.l  ',       ',       ̄ ̄  i l



                                                ./;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                                                j:;;:;;r;;;v;;;y;;;;;;;;;t
                   分かった。 では、私は 戻らせてもらうぞ。   .j;、;、;,,,,  ,,,,;、;、;、;
                                                .゙トl.``"| .``"''ク
                   警備兵は、夜までに こちらに来させよう。     ;、 _`__  /;;'
                                             ,,,,,,,,,,,,,,ノl\_/ハ,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                                              ̄ ̄/:::l `,、" /:::::l ̄ ̄ ̄リl


115 :◆vsQyY1yD2Q

             (ヽ三/) ))
         ___( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /(.●)  (●.)\ )
     / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    .|   (⌒)|r┬-|     |    大丈夫、やる夫達も手伝うお!
    ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
    | | | |  __ヽ、   ./
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄
                                         /.:.:. .: .:.: .: .:.:../:>─ 、.、:. :.: .:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:
                                       /.: .: ./ : /.:.:.:.{:.:/    }.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:
                                    { .:./|.:./lイ.:.:.;厶{  ー=彡'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V.:.:.:
                                       V.:.:.:.|∧:.:.:.ト、:.{__ ` \ー ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.
                                      .l∧:.:.:.:.:.>|≫汽ミ、   `三≧=-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:
                私も、お手伝いします!          .ゝ:.:.:.{/| 、辷ツ     "廴)V≫-.:.:.:/.:〃.:.:.:.
                                     ー┼=彡'.:.}         弋zツ`ァ.:.イィ:/}/ .:.:.
                バハラタに滞在している間       }:./.:.:.:.∧    /     ー=彡'.:.:.:{〃 /. .: .:,
                お世話になる家だもんっ!      /.:{:.:.:.:/Vヘ   、_       /イ.:.:.ムV  /.:.:. .:/
                                       /.:.:.:Vl/  、__>、  - ̄   从{:.:.{__ .ィ /.:.:.:.:./
                                 ー=彡'.:.:.:.:./    ` ̄{:>、__ ..   ´ {:.:≫r‐' /.:.:.:.:./
                                   {.:.:.:.:.:∠       Y      |V⌒´〃.:.:.:.:/
                                 /|:.:.八{ >ァ───fツ        _{    {:{:.:.:.:.:.{____
                               ./   ゝ{ //`丶、,〃{{      ∠/` ‐-从:.:.:.:.:廴.._,
                               /       / /    〃ヽ||      〃〃    }≫=彡'


116 :◆vsQyY1yD2Q

                                                 / ̄ ̄`.v―: .、
                                                   . : ´ ̄ミヽ|∠. ̄`
                                                 /:.:./  ̄`ヽ|/´:.: `ヽ.
                                              ./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:. ト`ヽ:.:.:. ∧
                                             /:/:.:.' :.:.:.: / .:.:.:.:.;:|:.:.`ヽ:.:.:.:∧
                                            ./:/:./:.:./:.:./:.:.:/:.:/::|:.:.:.:.:.:∨:. ∧
                                          /:/:./:.:.:.|: /|:.:./:.:/:.:.ハ: :i: |:|:.:∨l|
                                           |/||!| l:!:.:|ム| /l:/|:::ム=ヘ:|!:|:|:.:.:|/}
                いや、あなた達に手伝ってもらうのは.     |ヘ.!:| l:!:.:lゞ=ミメヘ|´ ,ィ=ミメ、|:|:.:.:|.ノ
                悪いんじゃないかしら?               乂八人(゚;;;)    (゚;;;)丿从人
                                           ´ ̄`ヘ\            /人「 ̄
                私は、お手伝いとして来た訳だし。          〉 、   '    .u //.__.`
                                                ノイ:ハ   '丶   .イ人{ /7、 __
                                           / ̄{ { |: :|'< }>-<_ l |::::ル/r‐\.\
                                         ./  ヘ.V\\r'―<,ヘノ /´ :ト.{./ ハ}  |
                                        |   |i\_r' 二Y/ | :|  / {/| ヘ |
                                        |   ∨:. .:|>r ノf |/|: /    :| | |


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、      やる夫達は、滞在中の家を用意してもらって
    / ::::⌒(__人__)⌒\     職人に口利きしてもらって、
    |.     |r┬-|     |       更に 報酬までもらってるんだから
    \      `ー'´  ,/
⊂⌒ヽ 〉        ヽ/⌒つ    この上 家の事も任せっぱなしとか、かえって気が引けるお。
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ       |_ノ


117 :◆vsQyY1yD2Q
                ,__
              ,//
             ( く ,- ‐ ̄ ` ‐- 、
            r -' ̄         `ヽ、
           /               \
          /     入   l   ;      ヽ
         /   / .::/ ヘ   ',  ',   ', ヽ ヽ
        ,'   :::|.::/   ヽ  |\ ゞ   ヽ ', ',
        | i i .::∧/ -─、  `ーヽ-ゝミヽ::::. |:::. | |
        | i i ::|/           `ヽ、:/:::: l l
        ',入',::|               ソ|:::://
        ノ_ゞソ 彡三三     三三ミ ,' 人|     美希は、任せられるなら
     -‐'- 入 ( ', ⊂ ⊃       ⊂ ⊃ 从ヘ \
        ノ \弋              /ノノ Τ`ヽ  全部 任せて、寝ていたいかな。
       丿 _:::  ̄',    ┬─、勹   /~~   ',
     ノ, - ソ' .:::::::::\   ゝ _ソ  /:::::   ┬ \
     ̄ /  .:: .::::::::::::`ゝ _    .ィ::::::::::::::   ゝ ̄
     / ::,,  .:::::::::::::::::::|  `´  |::::::::::::::::. ヘ_\
   ∠─' ̄/  .::::::::::::::::::ノ     ヘ:::::::::::::. ::. \`ー─                     )\
      /  ::::::::::::-‐'        ヘ、::::::::.   \                  γ ´/ 丿 ヽ
                                              __{  / / ) )
                                           /⌒/´ ̄           `>、 \
                                        ァ≠―l              \ハ
                                       /     |      :|\  \  ヽ   v|
                                          /   | t.     :l丶 二ニヽ: : |    l:|
                                      /     :| :| >、   :l    u \|: :   l:|
                                      | l  : :ト、!  _,> 、\ ァー┬‐ |: :  /ヽ
                                     ヽ:l   : :| ―く__ノ   ̄   ー'  /: :/r‐、|
                                          \ :|          こつ ̄ l/  /
                   もうっ、美希たんったら……。   { `T こつ             /__/-―- 、
                                         ゝ八    、_,、__,、       /_ /     |
                                        //^ ゝ.   V_ノ    / ノ ̄ ̄`ヽ. |
                                           l/    (`  ー-----‐ '´  ̄         l |
                                        /  丶. `  ー------‐¬1         | |
                                         l     `エニ=−――― '´ __,ノ´     | |
                                         |     ‘7ァーr--r一ァ ァ'"´_|        | |
                                         |     {丶二j__,ノ二{__/´-―|        | |


118 :◆vsQyY1yD2Q

                                            , -‐─.:´.:.:.:.:.:.::.`>‐- _
                                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´.:.:.:.`ヽ
                                         / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     l.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                         !.:.:.:!  iハ  ミ   ヽ.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.l
                                         |.:.:.:i.:i.:.:i  弋\.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.l
                                         \人゙iノ  l'|`}_ \_.:.:.:__:.ゝ.:.::l.:.:.:.:.:.:.:.:.i
    まぁ、パーティーの準備が忙しい内に                 /   /`l  リ.└   ∨ `、.:从.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    無理に 侍女を回してもらう必要は無いんじゃない?     ヘ__/ r '   ´ , , ,   6 }.:.:i.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:l
                                      .ヘ__/. |          イ. .:,i.:.:.:l.:.:.:.:.:.:ハノ
    やる夫の言う通り、私達がお世話になる家なんだし  ./    ノ  \ _          ヾ,ノ i.:.:.ト.:.:.:.:.:i
    出来る事は、自分達で何とかしましょ。         .i`   彡  丶  ヽ__ ,. '   ヽ  ソ \.:.:l
                                     \       `ヽ   _ヽ     .\     ソ
                                       .\         ,彳   ゞ= ニ 二入
                                        .\      /              l
                                           `ヽ_,   /              l
                                              /, _,,.. -'''"ノ          l
                                             ./  _,,.-'''" /           l

: : :    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.     ト、 ヽ
: : :   : : : :  : : : : : : : : : : : : : : :  : : : :  :  丶`ヽ`,
: : :   : : : : :  : : : : : : : : : : : : : : : : : :/',: : /:   ',  ヾ、
: : : : : : : : : : : : : :.i: : : : ; :/: : : iヽ: :/-‐|:: /:.   :. ヽ
: : : : : : , : : : : : :,.イ: : ;イ:i-',: : .||: 〉' z=リミi: : .ト、ト、:.ヽ、
: : : :: :/: : : : :,.イ'/: /z=リミ,ヽ: :| V ' iト‐ノ,.|: : ./ ヾ、`丶...、
: : : : /: /,. - ': : |/イ' !ト‐-ノ, ヾ!   '´ ̄ i: :/   l       私も 賛成だ。
: : : :/: :': ,: : : : :.|  -ゝ‐'"      ヽ   .}: : ,  |
: : : /': /: |: : : : :|           /   /: : .ト,  |       警備のための兵を まわしてくれるんだ。
: : :/:./: : |: : : : |         __,,..  ./: : .| .l l
: : .i/: : : :l: : : ∧:|丶      '´ - /: : : : | .∨        それだけで十分だろ。
: : : .イ: : :l: : ,イ ヾ  `丶、      / |: :∧: :.|
,./ .}: :/: : /. \      ` ‐,- '::::::}::/::::ヽ:.l`i
   /,イ /    ヽ      /:::::::::::/':::::::::::ヽ|/
 ,. -' ヘ、    l´|     ∧::::::::::::ト;:::::::::::::/ `丶、
'      ヽ、  |:::i     { !:::::::::::| \:::/    \
       ` 丶、l::::l     ` ',::::::::::|  `´      i


119 :◆vsQyY1yD2Q

                  ,-ー 、
               ,r 、//⌒ヾ
               'フ`´ ̄ ̄二≡=、
               /: : ´: : : ,´: : : : : : lヽ
                /: : : : : : : : ; : ィ: : ; /: :.ヽ
             l: : 彡: : : :;イナ/:/l:/l: : : :l
            ノl; : :/^i: : l´fz:7 /zl: : :; ノ
              }:,:ヽ_l∧',   ´ fzカ:ノリ
              ' }:.; タ `    ゝ ,':{     確かに、冒険者にとっては
                -=/: :,:{ ヽ、 ` ‐/
             _ノ_/ ,=-ァ-!`、´         夜の見張りをしなくていい事が
             ,イ_,彡イ    ヽ.         一番 重要かも知れないわね。
           .i  ̄           l
           |     、 i,     i 、
               ', 二   '‐l     ', ヽ 、
                |、   、  ヽ´    ',   ヽ、
             l '., ', ヽ   ',     i    l
                l '., ,      ',   l  .ノ
             l.  ', ',     ',   r‐'
                l   l l       ',   ヽ
             l / ノ       |ヽ  ,l

                                     ____,/`ー-、───--、__
                                   _,ノ     |              ̄`ヽ、
                                /´'´     ,/|     :|ヽ、 i::        \
                              //     ,  / |    ::| ⌒ヽ::   i::    ヘ `ヽ、
                             /'´/     ,ィ'⌒   | :i:  ::::|  | :ト、::  |::    ヽ、 \
                              /   /   | |   } :|  ::::| ,_ヽ|_ \、|:::    、  〉  )
                               /   /    ,| ,j __, j/|   i::j ,チ弐心、i::\::    ∨::: /
                             j   / ,    /|/,ィチ弐、 |  |/ ト-':::j:::} 〉  i`ヽ、 }:::::::{
                             |   / /   ハ イf‐'::j:|`、 ヽ、:{  |:t::ィ::;/,'|  i|´ヽ:〉,人:::::ハ
            そう言えば、雅音さんも   .{  /j/{   /:::ハ. V:ィ::;l }⌒{ `  `‐-" ,|  |.|_,ノ:'":j:::::):::::\
                              ヽ/  ヽ、{: : :::j `‐" ,ノ ' 丶、___ ノ/   |:| :}:::::ノ/:::/::::: \
            元 冒険者でしたね。         |j`: : :::jヽ-‐'  、__ノ     /   ,/リ j;:/: : :/:::::   }、\
                                  |  : : :|::::ヽ、        /_,,/  '´: : : : :/::::.   / `ヘl
                                  |  : :i:|:::::::::l::`:ー:::‐r-..::::::/'´/ j    : : : :/:::::  ,/
                                   丿 : :|リ:::::::ノ:::::::::::;ノ    // /   : : :/::: ,-‐'"
                                   /   ノ'::::::/::::::/ {  / 〈'´   : : :/::::  /ヽ、


120 :◆vsQyY1yD2Q
: : : : : : : : : : : : : : -ミ、: ;' : : : : : : :ヽ: : : :.',
: : : : : : : : : : : : : : : : : ゝ: : : : : : : : : :ヽ: : :',
: : : : : /: : : : : : : : :i: : :∧: '; : : : : : : : ; ` : :',
: : : : /: : .;' : : : : ;ィ': ::/  '; :'; : : ; : : : ; : : : : l
: :i: : : ; : :l: : : : :/ |: :/   ';: l; : :|: : : : |: : : : |
: l: : イl: :.:l: : : :/ |: ;'    l:.| '; :.|: : : : '; ; : : |
: l: :;' .|: :∧: :.;'  |:;'     |:;' '; |: : : : ; : '; : |
: :|:|二|:;'ミ'; :;'   |' _z二三|;'=-'; |: : :/: '; : ';.{
: : :|. l  ミ、|ヽ '        リ: : ハ、: ';ヽ;ヽ
: : :',゙' 、,___  ',    、___、, "/:./ j />: : l ヾ   まぁ、ね。
: : ; ヽ   ̄''  l   '' ̄ ̄"´/: / r´/: /ヾ
ヽ: ',`        |      -´" ./_/: :/       あなた達の苦労は、よく分かるわ。
  ヽ',      !        /: : : /
   i..、       ゙       /: : : ;.'
   |: : \  ` -‐ ´  /|: :ハ:;'
   |: ; : .| ヽ      , ´  |: | '|
   ,':;' |: :ト`.  \__ ,イ    |: :|
  /´ ,' : |           |: :|.、_
   /ハ: :|           !';:.|  ` ‐-、___
― '´  ';|            ';:|     }三三
三    ヾ            ヾ!     .|三三
三―――――- 、     , ――――  |三三
三ュ_        `    ´        |三三
                                              _,. -‐'''''''''− 、
                                           ,..-ニ;;;;::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                         ,ィ";:----::ニ;;ー::、;;::::::::::::::::::\
                                         ,:':::"´:::::::::::::::::::::`゙`::‐ヽ、 ::. :::. :::: ヽ
                                       /:: :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::.. :. :::. :. :ヽ
                                         /:: : :: :::::::::!:l:i:i、:::. :: :.. . . . ::: :. :. :. :',
                                         /:::: .: : ::: /ハ:l'、';,ヾヽ;、:ヽ、::::...::. . ::::.::..:: :::l
                                      l;イ:::.:: .::  l::{-、!!ヾ;ヽ `メ、゙ヽヽ、:::::ヽ:::::::::::;:',
                                      ll l:::::::::::.:. ハ:iz;ミ、 ヽ \ r〒うトミ、:::l:::::::::::トヽ
                                      ' l:l::::::::::::{l{ {_rヘヽ ゙ヽ  ヒ_j‐/ :::ヾ:::::::;i::l `ヽ
                        せっかくの機会だし.    ';ト;:::::::::ヽ ゞ‐' , ::::: `   /ィ/:: : ;:::l:j リ
                                        ヽヽi::l:::、ヽ   、      /イ/. ./::i:{
                        雅音さんの話も          l:ハ:l::゙ヾ`  -;r‐ 7   /1::;ハ:/ヾ
                        聞いてみたいわ。          ' lハ:. l{`r;.、丶ノ   /. l::/l-'゙}
                                             ヽ:', ヾヽlァr‐'_´-‐''j/   {,
                                              ゙ヽ_,.{  ̄       ハ
                                         ,.-‐''"~ フ´  ヽ     _,.-‐   ヽ
                                        /,. -‐''"´   /  トー‐ '´   /   ス_


121 :◆vsQyY1yD2Q

                     / ̄ ̄` ヽ
                       イ"´ ̄二二ヽ: ', /`⌒ヽ
                      , イ"´: : : : `ヽi:|://二⌒`
                 , イ´: : : : : : : : ⌒: : ; -‐-: : :ヽ
                /: : : : : : : : : : : : : : : : |__,: : : : : : \
                  /: : : : ; : : : /: : : : : : ; : /: : : `: : : : : : :ヽ
               /: : : :/: : : /: : : : : : :l: :ム: : : : : : : : : : : :ヽ
            〃: :./: : : : :|: : : :i: : : l: :;'⌒'; : }: : : : : : : ';: : ',
            〃: : {: : : : l: : l: : : ;': : /|: ;'  ';: :|: : :ヽ: : : :.';: : ',
           {:.|: : : l: : : : l: /|: : イ: / |:.;'    '; ト、: : :ヽ: : : l: : l
             l: l: : : l: : : 仁;'=|/ミ|/  |;'∠二 レ'=; : : '; : :;': lヾ、
           '; i ; : :ヽ: : | !'  ___ ヽ  '    ___  `メ!: : :./: {
             ヾ ヽ、: ヽ: | ,,ィ':≠:ミ i   ,ィ':≠:ミ /: : : ∧: :ゝ      ……そうね。
                 ゛ |: : r、', , , ,    :|     , , , /: i、: / ヽ!
                   /∧',ネ`       |      彡 マ:/
              ´ ./'`、ヘ     '       /`: /              私はもう、冒険出来ない身体だけど
                 /: :'.,    、――ァ   /: : : ヽ、
                 7: : : >、  ` ´   , イ: : : : : ハ}   ,-‐‐、     私の経験が、あなた達の
                 シ: : : : | `>、.   /  |: : : レ'  / ̄´` , <
                 レハ: ;':.}   `‐´,   アマハ、,/     ´/}.   役に立つかも知れないわ。
         , イ´ア ̄/77 ̄ ̄ヾ;{ ',   /        r'´_     ィ イ
.       /  / / / ;/    ヽ  ' ,-"__, -‐  /|   ',   -' _,}
.      /    l / / /         ´     /三/    i __/´ヽ.   時間があれば、話してあげる。
      /   i  l.|;´ /               /三/.|    .|´     i
.     /  i |j  | /                /三{ |     l      |
    /   |ノ | |_               /彡二|     ',     |
    | , <   \/      、/, ―---―彡イ"´  l      |     |
    /    ,  /     ,  '´/´ ̄ ̄ ̄´     ,'         ',     |
 /      ', |    / ./ ○             ,'           ',    |
/        ', .ト、___,.'__, イ               | / ̄ ̄` ヽ ',   /
          |三三/ ○            F彡'"´ ̄ ̄`ヽ`X /
           ';三/  ,              |´        ``|/
               V○ ´                  |           }
           , `                |             /
、            ',                 ',            /
. ヽ             >、                 i       /
-= 、ー-  __, ィ' ´  ` _                /  }    _/
   ヽ i  |        ` ー- ___, -‐'´    > ―'´


122 :◆vsQyY1yD2Q

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   それなら、尚更 やる夫達が手伝って
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /     時間を作ってもらわないといけないお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
                                                 . -───- .
                                              /       : : :ヽ
                                             /          : : : :ハ
                                             ./        . :  : : : ハ
                                            ,'     .i  }:i :ィ: l  : i: :ハ
                                           .{    l、.|. ∧NニNi l  :',: :ハ
                                            l i .{ ヽ!ィ、`'  辷j|イ  : :l`: : ヽ_
                                            Nヽトヽゞ' ,       | :i: l: : : : :\_
                      そうだな。 私も 手伝うぞ。         .|ハ  ` _,.  .l: イ:/: : : : :<
                                                .N:> 、¨  ∠l/-}: : : :\``
                      そうじなら、たぶん なんとかなる。     Vヽ,. `r'´::::, <ハ``ー‐
                                                  '´i/./.  . <i
                                                   ./◇/イ: :.ハ
                                                  ./   {{   〉: : ハ
                                                /   />':/ ̄`ヽ
                                               /_.  ∠´  /: ∧    イ
                                              {}´ ├┤  .i: .∧ `ー' }
                                              ∨  ̄   ヽl  >、.</
                                               iト        /| ヽく.ー>./
                                               i!ヽ    /:. |  ヽ/,'


123 :◆vsQyY1yD2Q

         NVVVVVVV Λ
         \     ( ゚Д゚ )
         <         `ヽ、
         </ /"" \ .ノヽ. \
          //, '〆     )  \ ヽ
         〃 {_{   ノ    ─  │i|   ( 俺、毎晩 オゴンの国に帰ってるから
         レ!小§ (○)  (○)  | イ     野宿はしてないんだよな〜。
          レ § u (__人__)   |ノ
           /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ     それを今言ったら、空気読めてねーよな? )
          / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
          /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
          | ヽ〆        |∞|


第17話へ    4  第19話へ

この記事へのコメント
何度見てもギャル夫とスライムは可愛いのうw
Posted by at 2010年07月19日 06:50
ってかギャル夫って結構チートだよな。
Posted by at 2010年08月02日 01:12
洒落にならんチートだと思うよ。

下手すりゃ、DQ3に堪能なやるやらよりも条件がいい。
Posted by at 2010年08月18日 05:05
・どこでも宿屋
・四次元ポケット
・緊急退避
・個性豊かな多人数の仲間
・どこでも仲間入れ替え
・オプ様が見てる

なんやのこれw
Posted by at 2011年02月21日 15:32
チート過ぎワロタ
Posted by at 2011年05月01日 17:10
やる夫とは違う意味で主人公体質だよな
オンリーワンの特殊能力ってめっちゃかっこええわ
Posted by at 2011年05月05日 00:58
ギャル夫の待遇はたしかにチートくさいんだけどさ
…女の子いないぜ?
Posted by at 2011年08月21日 14:50
某メガテンとか某アリスなエロゲとかと違って、女の子モンスターはおらんしね。
でも、スライムのかわいらしさはそれを補って余りあると思うのですよ。
Posted by at 2011年08月28日 13:30
何時も傍にいてくれるスライムさんという素敵なヒロインがいるじゃないですかー!
Posted by at 2011年09月15日 22:15
女の子モンスター・・・
魔法おばばとかまじょってのがいてだな・・・。
Posted by at 2011年10月01日 14:39

いやモンスターズにはいないだろw

・・・・・いないよな?
Posted by at 2011年10月28日 19:19
ここまで読んできて、雅音さんの話題をするコメントがほとんどない件について。やっぱ原作を知るヤツが少ないのだろうか。
Posted by at 2011年12月24日 20:28
嫁成分はホイミンとかはぐりんで補給できるんだよなあ、うらやましいw
Posted by at 2012年01月18日 20:15
あれ、もしかしてギャル夫って食料すら用意しないで旅できるのか!?
すげぇなぁ……
Posted by at 2012年03月16日 00:48
↑4 モンスターズジョーカーになるが地獄のマドンナという奴がいてだな…
Posted by at 2012年03月19日 16:30
地獄のマドンナ♂っていうのもいるよな…
Posted by at 2012年05月21日 20:52
ギャル夫はルビスと同じ精霊様と一国を『装備』してる状態だからな
精霊としての格が違いそうだし一国つっても田舎町っぽいけどさ
Posted by at 2012年06月01日 22:28
雅音さんは娘と一緒にいてこそカワイさが引き立つ気がする
普段はどっちが保護者だかわからないくらいゆるいけど、ふたりはとっても仲良し
そして実はすごく愛情深くて母親らしいひと

能登かわいいよ能登
Posted by at 2012年06月09日 20:11
バカ野郎、ギャル夫にはサムスさんがいるじゃないか!
帰れば出迎えてくれるお姉さんとか最高だろJK
Posted by at 2012年06月20日 10:35
日帰りクエストより好条件じゃないか……
Posted by at 2012年08月13日 05:34
日帰りクエストなつかしいなぁ
現世界で金貨の換金に困ったエピソードとか
結構リアルでおもろかったな
Posted by at 2012年11月23日 20:51
食事の心配や荷物の心配もいらないから、いつも軽装で動き回れるわけだな
そりゃチートといわれるわw
Posted by at 2013年02月04日 20:28
チート?むしろギフトか
Posted by at 2013年03月29日 17:15
乗り遅れたけどDQMシリーズには
・地獄のマドンナ(ジョーカー2)
・プチットガールズ(ジョーカー2)
・スライダーガール(ジョーカー2pro)
・クシャラミ(テリー3D)
・スラ忍イエロー/ピンク/オレンジ/ブラック(テリー3D)
・ウィッチレディ(WANTED!)
これだけの女性型モンスターが存在する。勿論♂♀両方あるけど見た目的な意味で。

ただし配合では作れない特別モンスターだからギャル夫が仲間にする事はないだろうけどw
Posted by at 2013年04月01日 21:25
お前らは何を言ってるんだ。せっかく前回モンスターズ+ネタが出てきたんだぞ?
スライムがエボルシャスで「美 少 女」に変身してくれるに決まってるじゃないか!
Posted by at 2013年10月20日 23:48
↑色黒美少女に変身するんですね解ります

なお効果切れになると、HP・MP共に1になりますのでお気をつけくだしぁー

でもスライムの性別って♀だったっけぇ…?まだ不詳だったよね?
Posted by at 2015年07月27日 19:58
>…女の子いないぜ?

なんでや!
サムスがおるやろ!
ついでにライトニングさんも
Posted by at 2015年08月11日 07:48
ライトニングさんならともかく、オゴンにいるのって在庫ニングさんだからなぁ…
アレを女と思えというのは難しいw
Posted by at 2015年08月29日 22:19
>あれ、もしかしてギャル夫って食料すら用意しないで旅できるのか!?
もれなく「世捨て人」扱いの変人とみなされるだろうねw
Posted by at 2016年10月16日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39689112
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ