■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 6/4 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年07月25日

第19話「バハラタは買い物日和」(2)

第18話へ  2    外伝へ

27 :◆vsQyY1yD2Q
【 厨房 】

     ./|
    / .|
   ./  |__
  /  //||___ ____
 /.‖//___Ω_|
./| .‖/ (_____) .|_______________
 | //_______// /
 |.///   // /
 ///   // /
./// ___ / /
../丁!  // /
/ /  // /



                __,.-──/|,-‐──‐┐
           ,.ィ'" ̄ ̄        |:       、:{
          /        i ::    |:  、   `ヽ、
        /  ノ       ,   | ::    |:: .| i  \. \
          /  /       /  /|: i::.   i:|:: /|: | :  ∧:.  \
       i i/  ,'   / i  / |: |:::.  | |/ |: | i:  ハ::  ∧
        j ノ  /  ,' ,|:‐/‐- |: |::::  | |'-‐|-|、 |:   |:: 、:. ∧
       /'   /  .:i /|:/__、  |ノ:::: ∧{,__ |,/ | |::  |:::. |:: ハ
        /   /:|  ::| / ,ィチ心、 |::::: / ,ィチ心、 | |::  |:::: |ヽ、: }
        |  /: .:|  :::|:|,イ f_ノ:::|゛ j;/ "|_ノ:::| `∧|::  /::::: /  j/    ――― と言う訳で
       j/| : ::∨ ::|::| 、 Vィ::|   }‐{.  |ィ::;リ ,'ハ   /|:::: /
        | i: : ::ヽ、|: | ゛-‐  ,ノ  ヽ  ‐-" ,{:::|  /i j/        私達は皆、やる夫さんを頼りに
        | |: : :|: : : ∧`ー-‐'"  _` `ー-‐'";::::j/: |         集まったメンバーなんです。
        | j: ::人:: :.  \、   (_,ノ     ,ィ::: : :|:: : |
        j/: : : ::\::: :  `ヽ>,r/')、._‐<:::|:::: : |:: : |
         /: : :/: : : ,ヘ、::.  r'.//,///   |`|:: : |::: |
      /: : :/ : : :/  \:::: j    ,/ -‐| |::  ,ト、:∧
       /: : :/: : : ::{'    ヽ.ノ   ノヽ、_| |:: /: }::∧
     j: : : {: : : : ::|    i:j" ̄ ̄ ̄|::: }::::| |:: / i: |:: ∧


28 :◆vsQyY1yD2Q
                   ____
              ,.. - '"r´-、>、-`‐-- 、_
            ,. '´   ,.ゝ、,_ ` 'ー ''_,.二ニミ 、
              /   ,. ,ゝ--,-  r ‐、\   \ヽ
           /  ,. "/ ,. '´   i.  i、ヽ、ヽ--‐ i
           ノ  '" /  <_,,,,,.-,,,,-',、,,,ノ,_\`'''_,ニ,.l
            i, '´  (,,,,-;'";;;r;;/:;;;/,:'::;;ィ;:/i;;i'`-:、 i |,
        _,......_/  ,.-:く;;;:::;;;:-//;;;:'...,;';;_',,;:''' i;:'   'i;;、i
.    ,.;:'"-- 、,.ゝ';' -ヽ':;;' ' i;/ _,i;'_.,.`ヾ /     .i-'゙
 ,.. '"´    ,'::::;;;;i 、"´ノ i'   i' '"r;;;cヾ     ‐-、i
 ヽ、     ヾ:;;;;;';;、ヽ、;       、i;;;::ノ     ァ;:'i /   私は、皆さんほど深刻な事情はありませんけど
    ` '''' ''ン::::;;;;l;;;;ヽ,.、      `      i;;ソ./
     ,;;';";;:'";;;;;;i;;;;/;;| ':          、 ` .'     「『職人』 として冒険の旅に出たい」 と言う
    i;;;' ,';;;;;;;;;;;;;;;;〈;;;;i ヽ.             '  /     願いをかなえてくれたのが、やる夫さんだったんです。
     ` ヾ;;;i'i:;;;;;;i;;;ヾl  丶    丶 フ  ,.'
        ヾ;`i;リィ;;:::i.    \       .,..イ.        やる夫さんがいなければ、私は今もロマリアで暮らしてて
            iリ ``' - 、_. 丶,,,...-;;"i;;;;リ       旅をしていなかったでしょうね。
             _/       `'ヽi''<'i;'"冫'"
        ,.-‐'ー`'';:.、      /`i´i
     ,...;-="- 、::::::::::::`ヾ、:、 /  i, |、
  ,..-''―‐ - 、  \:::::::::::::`ヽ、`''ーヾ `i'、
 /       `、   `ヽ、:::::::::::::`ヽ、  |:::丶、



:::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::, -'"~ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、:::::::::',
:::::::::::::::::::::::::::,'::::::::, ':::::::,. '     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::', 
:::::::::::::::::::::::::,':::::::,.'::::/:::::::::::      /:::::::::::::::::::::::`、 :::::',
::::::::::::::::::::::.,':::::::,'::/:::::::::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::::/     ',  l
::::::::::::::::::::::l:::::::/:::::::::::::::, -'":::::::, -' /:::::::::::., '::::::::::::::::::::',:::l
:::::::::::::::::::::l:::::/__,..-'''">-‐=_/__::::./ |::::l:::::::::::::::::}:::|
:::::::::::::::::::::l ゞ:::::/  ̄ /" ̄`ヽ/ , -'"  _',::::l:::::::::|:::::,'::::|
:::::::::::::::::::::l⌒、/   ./   /´`i       /¨i‐-  /i::/::::::|
::::::::::::::::::::::l ヽ   ‐-{.  l..::::::|    '/´i.||:::::/.l/::::::::|     私は、問題を起こしちゃって
:::::::::::::::::::::::l ∫ u  丶  ',;;;;/      l :::} .|/:V::::::::::::::::,'、     家にいられなくなってね。
::::::::::::::::::::::::l ヽ   //i///      l;;/ ,,ヘ::::::::::::::::::::,'::::',
:::::::::::::::::::::::::l¨|',             ///|:::::::::::::::::::::::::::::',    その……やる夫に もらわれたの。
::::::::::::::::\:::::l| `、          ´    j::::::::::::::::::::::::、:::::::',
::::,.、:::::::::::/\l  ヽ、     ⊂      /、::::ヽ:::::::::::::::i::::|'- 、  やる夫が優しい人で ホントに良かったわ。
ノ \:::::/  l     丶、     _,. -'''"   ヽ::::∧:::::::::::::|/
  , ' '.,/"'''- 、      l`  ̄´   __,,..   `/ \ ::::::/
../       ` 、     l___,.-‐、'"   "'''- 、   \/
.|         l lヽ   .!  ` 、` 、      `
|         l l "'- 、   /`、`、        l
|          l l         `、`、      l
|        ,'   l l         `、`、 i.  .|


29 :◆vsQyY1yD2Q

.               「 ̄    −- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、 l
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│   私は、おじいさまが行方知れずになった事や
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |   ゴジャース商会の当主に目を付けられてしまったため
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |   故郷のアッサラームに
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |   住んでいられなくなっていたところを
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !   やる夫さんに助けていただきました。
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
   /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
. /   /     \:/} ,/:::::::::::::::::::-‐'´     | l
./    ,イ          }:| /:::::::::::::/::/        | |
    / l       ∧レ'-‐=='´:/ /         | |



                  ,、
            _,.-‐─-/ ヘ‐-、_
            /        |   `ヽ、
          /     i  λ:: |: ヽ、  .ハ
          | iノ .:  | 'フ´|::. j`ヽ、| λ |
          |/ : : .;イ´j/, j;:/  , リ 〉 ヘj    ルナさんとメイリンさんも
         〈 : :/::|  ┃ ,H  ┃ ∧ノ ,〉    訳あって故郷には帰れないそうです。
          V}`|: ::|.`‐-‐'  `‐-‐'〈::::j,/{
            j ::| :.:|、""" {_,フ "jY77ァ:. |     めぐるさん達 三人は
            | ::| ::{ `>‐-‐{ニニ二}: : |     一緒にダーマに行くために 同行しているんですよ。
           ノ ::丶、ヽ、 |__{ニニ二}: :. |
          / : :::f´ 、ー-`| ,.〈    ,〉: :. |
        / / : ::|  i\.|//|    |: : ヘ、
          〈 :/ : : ::|  |> `´ <|    ト、:. : : \


30 :◆vsQyY1yD2Q
                           /: :l : : : :l : : : : : : /| : : :ィ: :/|::.:.:/   ヽ:.ト:::..|_ヽ : : : : :l : : : :ヽ : : :'; ヽ
                           |: :;l : : : :l : : : :.l : l,-l : /_|: / .!:.:.l     |:.|‐ヽl/ \: : : l : : : : :'; : : :'; : l
                           |: l.l : : : l : : : : l; :l :/≧ニ|/ヽ、 l:.l   /}:l壬土z=zヽ: :.l: : : : : :l, : : .l
                           l:.l ';: : : :.l : : : :.lヽl{ 廴.ノ 云ヽ.|/   /´ブ:リ 廴.ノ ノ´`ハ:| : : : : :l : { :l
                           .|:l '; : : :ヽ : : :l. ′ ̄ ̄ ´  ヽ        ̄ ̄`  /:.:.: } : : :/ : :ヽ
       なるほど、事情は分かったわ。  ヽ  } : : :∧: : :'、                      /:. :./: : :./ゝ:ヽゝ
                            _ノ_; :ィ: ヽ ヾ、:ヽ           |        /:ィ ; /: : :./:ハ
       なんと言うか                  `ヽ:::::ト、:.:{ ̄          j         /:::, ': : ,.'´/,'
                                 ∧:{:小ド\       ヽ 、       U //: :,. '
       訳ありの子女が集まる           / ヽ l::::\                 ,//:::l    ヾ
       修道院みたいなパーティね。        ,'     l::::::l. \     _._ _._      /  l::::::l     l
                               {    l::::::l   \    ...     /     l::::::l     ,'
                                ',.   l::::::l     ヽ           ´       l::::::l     /
                                `、.  |::::::l!        ` ‐-‐ ´        .l::::::l  , '
                                  \|:::::::l!                   .l::::::l /
                                   ヽ::::|!                      l:::/


   |:ヽ , - ー. .、
   |/    : : : :< ̄:`:ヽ、
   |_,. -‐  . : : : : : : : : : : ヽ. ⌒ヽ、
   |. . . . ,    : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   |: : 、/: :`:, ィ . . . , . . . . . ヽ : : : : : l
   | : /ゝ、´ |: : : / : : : !: : : :ヽ : : : |
   |/, ‐ ヽ、j : : ハ: : : | : : : : l : : . j
   |〃 イj! //ー、‐ヽ7 : : : : :!: : : ./
   | '  じ′´ /ィj   ハ: : : : /: : : /    それは 上手い たとえだと思うわ。
   |     ,   じ′ノ、/ヽ/ノ : : : ハ
   ト、 r- 、    ´ / イ:.:.:.:.:. : : : : :l    私も、やる夫に もらわれなかったら
   l \` ー`   _ ノ  |:.:.:.:.:.:: : : : : :}   修道院に閉じ込められるのがオチだったでしょうね。
   |、  /  ̄ ̄ヽ__    l:.:.:.:.:. .: : :∧:l
   !、  , -‐ ´_, ゝヽ   ヽ:.:.:.: :/  .'    こうして 自由でいられるのも、やる夫のおかげよ。
   | ` ー‐ ´    ヽ   1:/
   |            }   /′
   |     i      l
   |!    ,!       l
   |l    l     /
   | !   !    /
   | ヽ ノ     /
   |  \-、   l
   ト、   ノ ヽ  !
   | !ゝ'     /


31 :◆vsQyY1yD2Q
                                       /: : : : : : ´ ̄ ̄⌒`ヽ: : : : : ヽ ̄`ヽ: : : :ヽ
.                                       /: : : : : /: : : : : : : : : : /: : : : : : ヽ: : : : `: : :ヽ
                                        /: : : :/: : /: : : : : : : : ; ィ: : : i : : : : : : : : : : : : : : : '.,
                                     /: : : :/: : /: : : ; : : : :/ |: : : l: : : : : : : : : ; : : : : : : :',
.                                    /: : : : |: : /: : : ィ: : : /   |: : : |: : : : : ; : : : ヽ: : : : : : :',
                                   /: : i: : :|: : l: : : / |: : /    |: : /; : : : : :'; : : : :ヽ: : : : : : |
                                   |: : :';: : |: :ハ: : /_ .|: /、-‐'彡=|:.;'=ヾ: : : : :.|: : : : :ヽ: : : :i: :|
                                   l: : : ';: :.|: |カ:/ ̄, !`` ̄ _レ'   |: ヽ: : ヽ: ヾ: : ヽ: : :.|: :|
                                     '; : : :';: レ| <イム',    ,イPタソ> ,': : : \:rヽ: ヽ: : \: l: :|
                                    ヽ: : :'.;: .', 弋ソ l     ゙ー" ,': : : : : : fう';: | l: `ヽ>/
         でも、あの二人 本当に夫婦じゃないの?    ヽ: : ヽ:.',   ,'        /:/|: : : / 7リヾ,|: : : : /
                                      >; ミ{ヾ,  、       "   /: :/_ノ /´: ;i : /
         それに、その……あなた達も。.            " ! ',   `      U 彡'´ x-r"´: : : :∧;'
                                             ヽ   t_--、         |: : : : :./ '
                                            \  ‐-      ,    !: : : : :|
                                             ヽ      , .ィ´    /: : : : :|
                                                 ` -‐ r'"´       /,イ: : : :.|
                                                |       /:/ |: : : : :|
                                                  /       〃 ,': : : ;';: |
                                r-―― ´ ̄ヘ ̄ヽ ̄ ̄´             ,': : : :.|.ヾ|
.                               /          ヽ\ ヽ           //|: : :.|: |



              ,、
          ,. -‐''''''" l-‐'"`、
        /    ,!  |   ゙、
      / ,   / .ハ   ト、 ヽ `、
       l ./  _,ノ/ l|  lー-l ゙! ゙i`:、
        |/  ./厶、 | ,!ィ=リ! l i lヾ:、
        l!,ィ. /;イし| /ノ, |しト:!:/||
       リ ゙、:| |{ヾ┘,!‐{'└'' イl jソ    そうですね。
        | ト! :!、ー'゛ー `ーク|/ノ
       | l  i. j.‐}¬ニ「|l 「 |      今のところは。
        ,! j !、 ヾ:、_|`|! i.|
        / !,ぐ:、`、゙、.l j! |、l
     /  l/`\ヽ !、l l ノl / ! l
     /  ||   ヽ`リミ:|!彡ノ゙!|.l.
     ,'    リ    「 ̄K ゙̄〉l ゙i. ゙、
    .i j  ト:E三ヽイ|Υ/ミv'  ゙!
    i {:、  !/-゙:、゙:、 |  /`7イ l }
    !. l.゙:、 lL.,__゙:、゙、_|. / !」l /ノ
    ゙、 ゙、`、|/./ ∧ V7 /lヾ /′


32 :◆vsQyY1yD2Q

             ______ ./`ヽ、__,-‐、
           ,ィ´          |´    {
            /    /   j  :|   |     j、
          /  i::  /   /::i j|   {、     ヽ、
       /  |:: ノ   '⌒/ ,/ |i   |:|⌒i、 : :  ヘ
        |  :|/   //| / |i ,ィ j | :|  ::  |  |
       | // ,.ィ'´ __j,/  |jノ jノ__|,/|  |  |  |
        |/ /  /:::|:|,ィfチミ、  }-{ ,ィfチミ ハ  | ∧. j
       |/:{  {:::::||      ノ 、     ハ、 jノ  }ノ   私としては
       j  i`ヽ|::::::| `‐-‐ ´  、 `‐-‐´{´|::}ノ|         いずれそうなりたいと思ってますけど
       | | |:::ヽ、:::ヽ    ‐-     ノ´ }、::::|
        | |  |:::::::λ:: `ヽ>‐- -‐´f::'´_,ィ'´j:::|      精華さんと 夏美さんは いかがです?
       |リ  },ィ'´ `ヽ、 ヽ、/\/:〉_ノ´  {:::|
       j  f`ヽ、   V  ∧  .ハ`~     ,|::j
       /  i|   `ヽ. j/|/ ヘ / .∨‐--‐"|ノ
     /  .ノ:|    | `>‐-..、 V_ .,∧    |、
    / ,.:' /::/|   |  ヽ、 _,≧≦_ハ    ` 〉
   ./ /::: /::/::::|   | /  ̄/  j、 } ハ__,,/::|
  / イ::::: {::/:::::::|   |/   |"  }:  |"{::::::::::::::::ヽ、





                            それは……。
           ,.-―ァ''"~ ̄~`ゞ'" ̄`ヽ‐-              , -'''"  ̄"'- 、
         /  / ,          ヽ ヽ.           / , '",.、/ ̄` \ 
           /  '  /     ィ      ヽ ',          ./ノ , '",.、\     ヽ    __
        リ   , / /´i  .,/ |  .八.   i  }.          論.liヽ ヽ._, - ` /ヽ |/´ ̄ /
       /   { ! ./ 人/ノ  ' ,ノ\h  |  l         //,/`ー- 、__ , '"/ ._ /!- ─'-‐- 、
     ∠ 」   `、V癶'゙ ―    ― |〉ノ  ',..        レ1 //ノ    `ヽ---‐く ノ\ ____/
          |     入 ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃.    \.        レ!小l―    ―从彡/~)
          |    i⌒ヽi、   (_.ノ   ノ_/⌒).厂´        ノ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃/_ノ、
        |   /ヽ  ヽx>、 __, イ ::::ヽ/ノ         (ハ /⌒l,、 __, イ|ァリノハノ
        ゞり´ ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/ | ',:::::ハ.             ./  /::|三/:://  ヽ
            ヾ_:::ッリ :::∨:/ |  >'''´.             |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,


33 :◆vsQyY1yD2Q

          , ':⌒:ヽ: '´: ̄:ヾ: ̄:`:く: ̄:ヽ、
         /: : : : /_: : : : : ´: : : f⌒ヽ: : : ヽ
       ..,1: .ィ: /: : . .ー ,イ二 ト二..  ヾ: : i !
       /! ´/: / l: :.7ト/ !: : :ハ, ヘ´:.. l.ハ-' ト、     私は、その、仲間になる時に
       ./: し.: :.i : l: /イ'fjiヽ /fハヽ、ハ: :l、 ト _j: ヽ   ある程度、覚悟決めてきたけど
        !: : .:.:..:.:l イlイ,i  l::!. V l::j  トハ/!:.:. : :. : }
        !/l:.:.:.:.:.:.:人ヘ` ー///,///ー' / ノ:、:.:.. ::.l、l     ほら、やっぱり カガリを差し置いてはダメでしょ。
       l:.:.:/レ´ lヽ rー‐  ⌒jノ´ 丶ト、:.:.:.i
       `ン _....,、</オ`ー- - ィァ'んヽ  l:.:/
      / {. -‐{ l/ハ'\ __ ,.ゝ'/)´  ヽ ´
    , ニ ィ>l 二)'_く     _f/ハ'    l
                                             ___________
                                      __,、-‐ァ''"´ /\  `゙''‐- 、
                                     /_」`'´     \/    `'´ Lヽ
                                       /、__  | ̄``゙ヽ、   , -''´ ̄|  <|
                                    |二,  \ |\ `‐´ /| /     |
                                    | / /\ ヽ______________ く /ヽ.  |
                                    | >┬iT!'| / |/{ |    `゙''‐- <__/ |
                                     〈rイ| || ト|L|/ || ヽ!        ミ゙i、/|
                                    | | | | lハ  l|   、__ __,.. lイ l |
               や、やる夫さんと カガリさん。   .| 八 l j.斗zl≦´l     ィ,z==ミ  レ‐くl
                                    ヽl介ト 7f「 え`    ´ |{ しリ`  |rワ ハ
               どちらが欠けても            Vハ. 、ヾニソ        ゞ-'‐  lレ'/lハ
               このパーティは              ノ ハ. ,,;;;,,,  } _    ''''''''' 爪 l| lヽ
               成立しなかったでしょうし。     ./ /小             イソ リ ハ ト、
                                  〈 / /ソ\     ' ニ¨     / l/ 〃 // ハ)
                                    )イ /イ{ 〈 l> 、      イ| { 〈 /  { { {ィ/
                                    乂 {小ミヾ ハ|  `¬ ´ /r气ハ{  ,ノ人八
                                         /  `゙''-、___,、-'"  ヽ
                               __________________/|     / ト、     /`ー‐ァ-- 、_________
                              ハ  |:::::::::::::::ヽ   \    / ○| ヽ   /   /:::::::::::::::::/  ハ
                            /  ゙、  ヽ:::::::::::::::\   \__/ ̄ ̄ ̄ヽ_/  /:::::::::::::::::/  / ',
                             l    '、  ヽ::::::::::::::::::\               /:::::::::::::::::/   /  ',


34 :◆vsQyY1yD2Q

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /    やっぱり 皆さん 同じ気持ちなのですね。
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト        今は、やる夫さん自身が
             / / /    \ ヽ!Y }ノ        一歩踏み出さないようにしているようですが
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ     私達は、カガリさんを応援する事にしましょうか。
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/
          /::::, '     }ノ ノ:::/
            /:::/        〈ヘ┤
         { ̄j            t__ヽ


35 :◆vsQyY1yD2Q
                           ∧   i      ト 、 ヽ: : : : .  : :ヽ: : : : : : : :.  : : : :ヽ: : : : : : :
                             ハ    l      |  ヽ: :ヽ: : : :   : :ヽ: : : : : : : : .: : : : ハ: : : : : : :
                           i ,    |       :l    ヽ: : V : : : .  : :ヽ: : : : : : : : : : : : :i: : : : : :
                             l !   l    !   ::l     _ゝハ、: : : : : . : :ハ.:.: : : : : : : : : : :.l: ト、: : :
                            .l. :l.    .i   ハ   ::!  ,/´;:ヘハ\、: : : : :.ハ: : : : : : : : : : : :}: l、`ヽ
                             l :l.    :ヘ : ハ. :::l. / : : ノ   Vl  \、 : : ハ.: : : : : : : : : : :l.: :!゙ヽ
                           l :l: .   ::ヘ :. ::ヘ ハ/: :/ 、 _,, リ     \、: l: : : : : : : : : : ハ :| く/
                           .V:N :  : :ヘ : : :ヘ ::ヘ-' ーrf===v,,     `V.: : :i: : : : : : :7 ゙!:! ,'
    ( 皆 それなりに               ヾ、ヾ: . : : :ヽ: : : ヽ:ヘ.  ' ':t。.   :l!      i.: : :ハ: : : : : 7 ,リ   _
       カガリさんに一目置いているのね。.   ヽ`ゝ、::ヽ::ヽ.: : :ヘヘ.    ヾ!   '       }: :/ ハ.: : : :7   厂
                                 `ヾ、::ヽ、: ゙ド、    ` '        ノノ ::ハ.: : :/   7
       やる夫君の懐の深さと                    .l: :ハ::7 ヽ   ,'        '´     :V:/
       カガリさんの鷹揚さ。                     .};/  ソ                 Y
                                       ´ /               U
       この二つが揃ってるからこそ、か )            く_   _
                                      `゙ ー-、
                                          ーt_‐             ,.'
                                            `ヽ、         ,. く
                                               ヽ      ,.ィ'´   ヽ
                                                ヽ  ,.ィ'´      ヽ
                                                 `´          ヽ   /


36 :◆vsQyY1yD2Q

                                                  _
                                                  ,-、_ヾi
                                            ,へ⌒: :`: : ヾr=_-
                                            /i: :;、: : :.ヽ: : : : : : ヽ
                                                |:.l: /,ェ、ヾ; :`: _: : : : :.l
                                              `.ンl tッ l: :/6'}: : : : リ
                                             <  彡ソ z": : : : ,'
                 ( と言うか、お義母さまは              ',‐ u.´  |ソ、: : {_
                                             └‐ュ, ィ-'‐"´ ̄|
                    私に この子達の世話をさせて           _l´         {
                    一体 どうしようと……? )             ヽ/       ヽ
                                              ┌´        i
                                                 /  ,         |
                                            /    ',         |
                                              ,'       l      .|
                                             ',       ',       |
                                              ヽ      ',       |
                                                `i     } /  /./
                                              {_    l /  / {
                                                 /    .| '  /  }
                                                  |    |       /i
                                                 |    |    /-ヽ-,
                                                 |    ,!    {   /
                                             |    { ' , - イ―‐'1
                                            ├――'´Y´  |_, -‐┤
                                                 !,__, -オ' ̄'|: : : ',Yl
                                             |: : : : : : :|  |: : : : lノ
                                             |: : : : : :./  .|: : : :.|
                                             |: : : : : .l   l: : : :.|


37 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                       第19話 「バハラタは買い物日和」


                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ . ´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L . _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ . '´    `ヽ、
                        | l |     . -――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


38 :◆vsQyY1yD2Q
【 やる夫達の屋敷(借家) 】

.               i
               .傘                           |
              傘傘                          r^t
              .傘∩傘                        ./.:::ヘ
             傘傘傘傘                       .| : :::::|
.    |      . [IIIIIIIIIIIIIII]_____________________________________________  .r".: ::::`i
   .r'^ー --------..i..::::::::::::;;;;i|;;;;::::;:::;::;:::;::::;::::;:::::;:::;:::;::::;::::;::::;::::;::::;::::;:::;ヽ _|.:_;_;;;_;;|_____________.
  /::;::;:::;:::;:::;:::; ::;:;::;;;| ..:::;:::::;;;;;i|;;;:;::::;::::;::::;::::;::::;::::;/|\::::;::::;::::;:::;:::;:::;:::;::;..ヽ.;;;;;:;;:;;::;:;:;;::;:;:;;::;;::;\
 ./;;;;_;.;;;_;;:;_;_;;;._;.;;;:;.;;| ∩ ::::;;;;;/;;_;:;;;_;;:;:_;:;:; ;_;::/\|/\;;;_;:;;_;_;;:;;_;:;;:;_:;;_;.:;ゝ.:-:;:-:-::-::-:-::-.-ヽ
.´|.::::::: ::::::: : :: :: ::: : :;;| ..:::::::::;;;;;i|;;: : : : : : : : : : :[IIIIIIIIIIIII]: : : : : : : : : : : : : :|;.:;ヘ.;: ;ヘ:.: ;ヘ:. :;ヘ.: :|
 |: : i^i: : i^i: : i^i: : i^i| ∩ .:::;;;;;i|;;::i^i::: i^i::: i^i::::||: i'⌒`i: ||..:i^i::: i^i::: i^i::: i^i::|;.:|_j; :.|_j; .:|_j:: :|_j;: :|
 |: : Ll:.:: Ll::.: Ll:.:: L.| . .::: .:;;;;;;i|;;;:Ll;::;:Ll;.:..Ll;: [IIIIIIIIIIIII] ;Ll;;: Ll;::::Ll;;:::Ll::i;;: : ;: .:.; :.: ;.: .:;.. :.; ;.i
 |≡≡≡≡≡≡≡.| ∩...:::;;;;;i|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i||: i'⌒`i...||;i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!| ≡≡≡≡≡≡≡|
 |:: ::::: ::::::: ::::: ::::: :.:.;;| . ..:: .::;;;;;i|;;: :: :::: : : ::: :: ::[IIIIIIIIIIIII]:: ::: : : :::: ::: :: :...::::|; ;ヘ;.::;ヘ. :.:;ヘ.: .;ヘ.: .|
 | : :i^i: : i^i: : i^i::...i^i| ∩.. ::;;;;i!|;;.:i^i:: :i^i: .:i^i: :|| r'⌒`.i..||;;;i^i:: :i^i: ::i^i:: i^i:..i:..LI;:.:LI: :..Li; ::LI;:::.|
 | :: Ll;;: .Ll;;:. Ll; ::.Ll| .:: .:: :: ;;!i|;;::Ll:;:::Ll;;::.Ll;:::|| | ...l.....i ||;;:LI;; .LI;;: LI;;:.Li,::|;:; .;:. :;..: : ;.:;.: ;.:;;;.; :;|
 |;;:..,,;; ;:,,.: ;::,,.:;. ;;,:.;;i!i::.:.:::..::.;;i!Ii!;,.:::.:.:.:::;.: : .:: : :|| L...|., 」.||;;::...:.::: .:::..::.:.:;.:... ;;.|"` ""`` ""``"""`"
            '''ー----‐:' ''' ' '''' ''''' '''' '::=:/三ヘ =''' ''''' '' '''' ' ''''' ' '''



         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ) :::::⌒(__人__)⌒:::\ ( i)))     それじゃ、まずは
  /∠ |.    |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )    防具の発注に行くお!
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


39 :◆vsQyY1yD2Q

                                              _∩    人 VVVVVVVY
                                             / 〉〉〉   (゚ー゚ )      /
                                             {  ⊂〉  r'´         >
                                              |   |  / ./ノ \ \  >
                            チョリーッス!          |   | .//(●)  (● ) §小!jゝ
                                              |   |/:::⌒(__人__.)⌒::: §レノ、ゝ
                            センパイ、今日は        ヽ   |     |,┬‐ |     川リゝ
                            よろしくお願いしやーっす!   \.\   `ー ´   。゜/
                                                 \  ∞     ∞_ ヽ
                                                  ヽ  ∞∞(____/



/ レl v /l/  l、 l、 ト l  \
  . lヘ/    lヘlへl    丶
  :  . : . :   :  : .  .   、 ヽ
:  : :l、: /!:   |:  ∧: イ |   ヽ.l
: : l: :|Aムl:  ∧: /x=V、lイ   | `
  ト、l fr'ハ: ′V´込)j〉l  /: ∧     そう言えば、グプタが案内してくれるって話だったが
|、 、`¨¨´V::: l     //:  、 \
、l: :、‐ヽ      '    ´l: : イN 「 ̄`    まだ来てないのか?
7: :vヘ      o    /l/  ∧|ヽ
|:lW ト: :>     /l 、 l  / | ヽl
VN |: {L..l__` − ´ ′/l/ : |
个 、!: ∨   ̄|  | ' / : ∧l
_.>丶 ヘ   ∧  V /` '‐ ` __
     ∨   ヘ  /〈
      ヘv   { ′ l
      ヘV  `{  |
         ヘ 、  〉  |
        ヘ ヽ 丶  |
         ヘ ヽ| |


40 :◆vsQyY1yD2Q
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                               '⌒⌒ヽ
                            〈 _l」ハ_l」)
                        | ̄ ̄(; -∀-) ̄|   オ、オカシイデスヨ タニアサン…
                        |\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\
                        \ \          \
                          \ \          \
                           \ \|⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒|
                             \ |_______|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  NVVVVVVV Λ
  \     ( ゚ー゚)
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─  │i|   いや、それが グプタのヤツ
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ    やつれるぐらいに疲れてるとかで
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ    来れないらしいぜ。
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|


41 :◆vsQyY1yD2Q
                                              __...,,,   ...,,, _
                                          ,.-''"´         ` 丶、
                                       . /                \
                                       ´                   \
                                                            ヽ
                                                             ',
                                           |  ,ィ  ,    / ,          |
                                          ,l ハl ',  ハ|  ∧ |          l
                                        ',  l|/テfミ∨ 、 _', /ニ',ト、 ,イ|    /
                      そうなのか。             ヽ |'´{_ノf`    ∨,f=rfミ、メ l  , ,ィ /
                                       ヽ/ `'、 ̄´ ,     ゞヒり `/ / /ノ !
                      それなら 仕方ないな。    ../,ィ l    ':::::      ` /'´  l'´ {
                                       /´l  ヽ   ゙        /   l /   '
                                         l  , \  ヽ      ノ,ィ  l/  、 '、
                                       _,.ィ   ハ | `ヽ  _,,.. - 7´/  /′  ヾ丶'、
                                       ‐イ /7 '1   ̄`''‐ァ f´7  / l  ト 、 ヽ、`
                                        l //__,,.!      | / / /  l,  ',  ̄``
                                       _,.|/'"l/      | / /イ`丶、 !`ヽ、'、
                                          ヽ       |!  `ヽ  `  `ヾ、

       ____
     /      \
   / ─    ─ \   ( そう言えば、昨日のパーティーが終わる頃に
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U |   タニアさんに 連れ去られていたような…… )
  \     ` ⌒´    /


42 :◆vsQyY1yD2Q
       /_; イ: : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : イ: : : : ヽ
      /:/: :l: : : : : :/: :, : : : ィ: : : : : ;イ: :∧: :l: : :、:ヽ
     ,'/: : : :l: : : : : ' :/,': :/,': : :/ /: :/ l: : l: :i: :`',
     ´/: : : :.l: : : : :l:/‐|:メ-X,/:/ //  |: /: :l: : : :i
      |: : : __l: : : : :i' 、 !"-、 〃゛ // z=-、 l:ィ: : :|: : : l
    ノ: : :/〃: : : :.|-'"~``ヾ! 〃 , 'z-_、 `/}: : ;': : :/
  -=y: : : l {レ|: : :.;:',       ,' 迄z,ヽ_ ./: :.;': : /   大丈夫よ、私が案内してあげるわ。
   /: :/lヽヽ_lハ: :iヾ,.       |:   ヾ '‐/: :.;': : /
   l:.:/  |: :ヽ-i ヾ', `      /"    /: : : : :./     それに、女の子を たくさん連れて
   レ'  .|: : : :.|'、 `  `゙ ‐ 、     /:イ: : : :,'      防具を発注しに行くなら
       |: : : :| `、     ー``   /}/,'l:.∧:.|
       |: : : :.l  \         , ´ ´ !シ ヾl.      採寸出来る女が必要でしょ?
      /: : : ;、l    ヽ、 , ィ: ´l        `
     /: : : : ハl ',    ´ /: :/
    /: : :_ノ--=、 ',    /: :/
    /,イ´     ` '、   {'; : :|
  /          \ ' ヾ;:|ミz=、_
 /              ミ、 ヾ '三ミ、`ヽ_
                                                , -_ ==―
.                                                !: .i´. -――-. 、
                                               ∧:.{: : : : : : : : : : :`丶
.                                             /: : ヽ!: : 、: : : : : : : : : \
                                             /: : : : : ;イ: :.!\. . : : . :、: : .ヽ',
.                                            / : : : . . ハi{: {!:.',ヽ、: . . \: : :',i!
                                            i: : . : : :!j!__j! ヽ\i __、: : : ヽ: :.i|
                                            {:i!: :j!: :{!,ィ=ミーヽ ヽィ示ミヽ、_:ヽ:i!
                          あ〜、確かに          !ハ:{ !: :.!{ {ー'},    辷j}  /: :|!:|!
                                             ヾ! : i!` ̄´  i.::    /:ノ:.;:!リ
                          男の人に採寸されるのは      .}: . iト.、   __   ノイ: : i!|!
                          遠慮したいわね。           |{:.!:.!>.、 l.__)  /: : :.ハ!
.                                              jハトi!! ` .>--イ彡}!イ:/. j
                                               _ , -!  iヲ>`Y!r{ j! j/
                                         ,. -― ' ´   .`ヽ、ヽ! .|.!!レ'ノメ.、
.                                       {!´ `丶、       ` ーM{'´   `丶、
                                        !.    ヽ   , ' ´\  |!. \ ト.、    `i!
                                        ヽ.     } /   /\|!  \!  `丶、 i!|
.                                       ├――ヮ .ノ!   〈   {i}    `!´ ̄ヽ.∨!{


43 :◆vsQyY1yD2Q

    ィ  rィ , ィ⌒゛`: ‐.、
   i、 |:{ ィ彡´: ; : :' : :ヾ; : : ,ヽ
   >'-´: : : /: : : : ; : :r、: ; '; !
  r': : : : : : : :l: : : : :l :i :i ';ハ: |
  |: ; : : : : : : '; : : : :l |、{,=z', 〉'
  |∧: : /: : ; ヽ; : ; : l-'´ィ1j(
  ´ヽ: : '; : : i.;-(ヽ: ミ', ゙  `7
   ヾ、:'; : : ヽ_'_ \',    、_,' ̄`'‐- __             残念ながら、工房は 大抵 男所帯よ。
     ' }: : ; :l⌒` `    /‐ - _   ` ` ‐- 、
      ,': /:ni   /`―‐'     ` ‐ _  _ 彡> ヽ ,      でも、安心して。
    /ィ、r゙ ヾ、  /ミ='r-,_   _    >´、彡´.   \
    彡' /:/--. 、_ ,ヽ‐-、ヽ ̄`'^`.i―-=‐'"´` ̄ ̄  >`   採寸なら 私がしてあげるから。
     _f`ー``-_,\   \_ヽ__, |       , > '´
.    /     `-、:\__,へ \<i,|_  _, > ' ´
   /       冫 ー-´ o\、|:::::l`ヽ
 /    ____       o\::::|  ヽ
./   _ _ _ _ _ ,r三、        oY    ',
´        _イ   `         "     }
     /´ <                ,ィ   ノ
    ィ´    ヽ    `ヽ _   , イ`i-‐'´
.l  ',       ',       ̄ ̄  i l



                                  {::i{  {     ./         /::::::::::::::::::..::::::::';:i::::::::::::::::::::::::/
                                 ヽl', |    /      /:::. :: ::. :\:::::::::::::::゙l:::::::::::::::::::::/
                                  ,へ ,    '    _-'´:: :::::. : :::..:::::ト、:::::::::::ハ::::::::::::::::::{
.                                 /::ヽ\、  /  _-'´:::::::. : ::::..: : ::::::::::!:::::::::::::::::';::::::::::::::::l
.                                  /:.. .:: :`ゝ、/_ ィ´ : :: :::: :. :..: :::::;::::::::::ト、l__::::::::::::::ハ:::::::::::::::{
.                                 ソ..:./ ::l/ ,   }:: . ..;イ_j:::::::.:/!::::::::::', `、ヽ:::::::/ ヽ::::::::::::l
.                                  {:::::{:::::ハ'´__  j::..::/7`};;イミ /:::::::::::::', ' }:::::::'ッ'´ }:::::::::::::l
            すいません。              ヽ、ト、'、z=ミ、/‐'´  ゞ-'-‐ ノ:;イ: : ::::;ヽノ::::<  |::: : : :::l
                                   ` }T7:',  ,       ‐' ´ノ:: . .::;、ゞ`::、::ト丶 !:: : : ::::!
            それじゃ、よろしくお願いします。     ∠ィ::',           ̄フ:;;:::/_j`:::::j}::}    |:: .: .::l:l
                                    j ::/,l::ヽ` ..   _,    ノ‐'_l:/_/イ::ハノ    j: .::::::i!:!
                                   , ': ::{:ハ:ノ ヽ`二     /, /´  /'´  \  /:..:::::/l::|
                                 _ノ..:.::::メ"   `丶、  . ィ /ト         /:::/::/. j::l
                                `゙ ‐ァ:::ハ:{         ̄ ヽ、ヽ.Lヽ      -彳;イ:; ' //


44 :◆vsQyY1yD2Q

               .. -ァ.:´,:..-‐`'⌒ヽ-‐..、
           ./:..:..:..:/:..:..:../:..:..:..ヽ:..:.>.、
           /、  ーく:__/___:.レ   \
            /:..:.. ̄.:..:.::7:..7..――..:..:.丁:.. ̄:.:..:.ヽ
         ./:..:../:..:...:..:..:./::..:...:..:..:.:..:...:..l:..:...:..:..:.:.:..:.',
          ./:..:../:..:...:..:../:..:..:..:..:..:..:../|:. イ:..:..:..:..:..ヽ:..:.l
        //::.イ/:..{:..:.ィ:..:..;: イ:..:..:/ |lム:..:..:..:ト.:..:.}:.::.|
        |:|::.ハ|:..:..:V |;∠zニ:j:./  ニ,z-|-}:|:..|:..|:}:/|:l     タニアの家の北側に
        |ハ::::::|:.ト:..:V7'トィ:::}Yイヽ イ/{う::}jトリ|小{:j/リ
          `{ハ:{::ヽ{ ` `^´   |  ``^ ´ j::::ハ{′       職人が集まる一画があるわ。
           ヽ}:ト、::ト       !     / }ィ′ヽ
         /./  .小、.     `       .イ:::|   `、\    さぁ、行きましょう。
        / ./    .|::::| \   ー 一  / l!::::|   ', \
       /   .l.     .|::::|.   丶、    イ    |::: |    l   ヽ
      /   l    |::::|      ̄     |:::::|     l    ヽ
     /     ',    .|::::|  ` ー-  , -‐ ´  !:::::|   /
    ハ     ヽ、.  |::::|                |::::::|  /
   |          \::::::|            .|::::::/
   |          \!_   ヽ  /    _/       /
   |            }\.  V    /o         /


45 :◆vsQyY1yD2Q
【 バハラタ 職人街 】
                     ∧二二二二ヽ            ______
  ________ l二ニi     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -'゙´\ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l
[日 「l.ィ=ュ.'´     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ_/'ニニニニ'i________
  , -' {ト-‐i,       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':'|      |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':|       |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':'|       |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;|  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':'|      |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:' //ヽ   「i  「i  「i  「i  /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',  //  |  |.l  |.l  |.l  |.l  /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
,:',:',:',:',:',:',   //  |  |」  |」  |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':|     |.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'.'





  NVVVVVVV人
  \     ( ゚ー゚)
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     \ \ ヽ
  〃 {_{   ─    ─ │i|    こっちの方は、小さい家が並んでるっスね。
  レ!小§  (●)  (●) .| イ
   レ §    (__人__)  |ノ     これ全部が 職人の家っスか?
  /     ∩ノ ⊃ 。/l
  (  \ / _ノ  |. |
  .\ “∞∞/__ノ  |
    \。/____ノ



                                                  ___
                                                /   ヽ、_ \
                     いや、タニアさんの家がデカいだけで   ./(● ) (● ) \
                     これが普通のサイズじゃないかお?   /:::⌒(__人__)⌒::::: \
                                             |  l^l^lnー'´       |
                     5121工房よりかは小さいけど。     \ヽ   L       ,/
                                                ゝ  ノ
                                              /   /


46 :◆vsQyY1yD2Q

                                      _ ― ´ ̄  ̄ ` ヽ 、
                                   ┌´  匕´ `ヽ、` /|    ` ヽ、
                                   /-`Y´〈  〉   `´ レ'ス    ヽ
                                  | ∧  `/  _ ―‐┐ ∠     `
                                  / l  \ /, -┐ l  < ヽ、   `
                                  |= ヽ ∧ ´/  / / /\ \ \   |
                                  / ) `      / / /   > /_ , - ´| 、
                                  /`ヽ"'- 、 ____,,.. -‐ '''""~ヽ´::::::::::::| \
                                  〔:::::: 斗zl≦l|   ー--―─-  ヽγヽ::::ヽ、 ヽ
              5121工房は           ヾ:::::八: l:jリV     ィ,z==ミ   |//` l:::::\` ‐`
                                   `ヽ:::〉´{ヒハ     ´ |{ しリ`  ヽ り,::::::::::::\、
              馬車や馬具を取り扱う関係で       ):l ヾニソ     ゞ- '‐   .//:::\:::\::::)
                                   ノ::::::、  ノ          /|::〈::::::::::〉:::::<
              広い場所が必要ですから。.     (:(:::::::ヽ  `         '.:l::::::ヽ:::〈::::::::::::〕
                                   `:):::〉::::\  ー 、     // |,、::::i::::\::::ミ
                                    ノ:〈::::《::::::::ヽ、   ,  ´ // ヽ:::::\:::::::ミ
                                     ソ:::リ:::〈::::::::` ‐ ´   /    ヽ‐へ´`
                                         ,- / ヽ  /     /`ヽ、
                                     ,-‐‐:´/ / 〆|Х       /  /`::ヽ 、_
                                  ┌‐ ´l:::::::::::l l /、o| \   / /::::::::::::::::::/`ヽ、
                                 /^   |::::::::::::| レ `┴´  \/ /::::::::::::::::::/    `ヽ
             ,-‐'⌒ _,,,,,,_
            //, -'"       ` ヽ、
            >"            `ヽ、
          /                 ヽ、
         /    /  .人  ',         ヘ
         ,'     |  /  ヽ  ヽ ヽ  ',    ', ',
.        i     ', / _ \:.ヽ\ヽ、 ヘ  .i 川
        |   ノ /'´ ̄``  `ーゝ '⌒ヘト::. | W
        |  //| ィ必刃`     ,ィゎ、 } イ:::ノ    そう言えば、あの工房は
        レ' 介ヘ |  弋ヒン      乳リ ! ル}::/    ロマリアの はしっこにあったよね。
      _,-彳"{ 、(           ヽ   ハ レ
       ノ  `ー、ゝ     r ──┐   ノ  \     最初にロマリアを通った時は
     /.   :::::::::\        ソ   /  ヘ`ーゝ.  .気付かなかったの。
   _ ィ_,ノ7   .::::::::::::|`    ヽ、_/  /   ヽ
     ノ   .::::::::::::::|   ゝ 、   _ ィ..::::::.   _\
    / /  .::::::::::ノi      下 、::::::::    ヽ  ̄
  //   .::_, -'        {  ` ー 、   ヽ、\


47 :◆vsQyY1yD2Q
: : : : : : : : : : : : : : -ミ、: ;' : : : : : : :ヽ: : : :.',
: : : : : : : : : : : : : : : : : ゝ: : : : : : : : : :ヽ: : :',
: : : : : /: : : : : : : : :i: : :∧: '; : : : : : : : ; ` : :',
: : : : /: : .;' : : : : ;ィ': ::/  '; :'; : : ; : : : ; : : : : l
: :i: : : ; : :l: : : : :/ |: :/   ';: l; : :|: : : : |: : : : |
: l: : イl: :.:l: : : :/ |: ;'    l:.| '; :.|: : : : '; ; : : |
: l: :;' .|: :∧: :.;'  |:;'     |:;' '; |: : : : ; : '; : |
: :|:|二|:;'ミ'; :;'   |' _z二三|;'=-'; |: : :/: '; : ';.{
: : :|-rf辷ミ、|ヽ '  _z-r辷ミ、 リ: : ハ、: ';ヽ;ヽ    この町の職人達は
: : :',゙'弋フリ`  ',   `´弋フリ "/:./ j />: : l ヾ
: : ; ヽ  ̄   l      ̄ /: / r´/: /ヾ      ほとんどが この区画に集まってるわ。
ヽ: ',`        |      -´" ./_/: :/
  ヽ',      !        /: : : /        大抵の物は、ここで揃うわよ。
   i..、       ゙       /: : : ;.'
   |: : \  ` -‐ ´  /|: :ハ:;'
   |: ; : .| ヽ      , ´  |: | '|
   ,':;' |: :ト`.  \__ ,イ    |: :|
  /´ ,' : |           |: :|.、_
   /ハ: :|           !';:.|  ` ‐-、___
― '´  ';|            ';:|     }三三
三    ヾ            ヾ!     .|三三
三―――――- 、     , ――――  |三三
三ュ_        `    ´        |三三
三三ヽ      _____, ―― ´ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                  . -――-、 _
                                                 /: : : : : : : : : ; : :`ヽ
                                                 /: : : : : : : : : : :/: : : : : :',
                                               ' . : : : : : : : : : /: : : : : : : :
                                              l: : : : : : : :_: /丶:_: : : : : :|
                                              |: : : : :/:/    ヽ\: l: |
                                              l: : : : lィ=、   ィ=、i: : l: |
                             それじゃ、予定通り         、l: : :|{ {ィ゚::|   {ィ゚::| l: : |:/
                                               |: : :| ー'    ー' j: : |l
                             まずは 防具からですね。   .l: : 卜 ' '  n  ' 'ノ: :人__ ,
                                             ト-: (\: ni丁 丁i∠/:ヽ:_:_ノ
                                              ` ー}: V⌒l|\l/ ∠:ノ: : }
                                                  {: : 〉〈ノ {|} ノ: :_ノ
                                                 く_V  | { | }  ̄「 |
                                                   /  / _{|}_ ノT´
                                                 {___ノ  {|}  {ノ
                                                 /    {|}  ヽ


48 :◆vsQyY1yD2Q
【 防具職人工房 】

           / ̄ ̄./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄../|
    ;;       || ̄ff ̄||'';;. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.; ̄ ̄ ̄t ̄ | |
           ||____||≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡|/
       /||    |[二o二]| |            ||{三三三}||
     /  ||    |[二o二]| |   / ̄ ̄ /.| ハ .||{三三三}||
   ./||   ||    |[二o二]| |.. |[∴][∴]|  | ) (   ̄ ̄ ̄ ̄
 ./  ||   ||    |[二o二]|/ ̄|[∴][∴]|/ (ニ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ||   ||  / 丶. |[二o二]| ̄ ̄ ̄√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ||   ||/  #   |エエエエエ|:;.,_______:;,,______Y_>_
 ||  /     /        〆
 ||/  ,;;''  /        /〔_〕 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       /         |l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l| |
     /           |l___________l|/
    /
  /





 ̄ \           / ̄|
 '´\>―――< /`l |
 /         \.j |    おっ、あんたが やる夫さん達かい?
     ○      О Y
        / ̄|   |     タシロさんから話は聞いてるぜ、なんでも注文してくんな!
    *    /_,」   _ノ
 三ニ-       ̄-_


49 :◆vsQyY1yD2Q

         ||__||_
         /;;;;;;;;;;;;;;)
         |;;;/´∀`)
       ━/;;;;;;;;;;;;;;;)0━━━━||>
         |;;;;;;;>;;;;;>
         <__>_>  E:鋼鉄の鎧





                                                      ____
                                                    /ヽ  /\
                         とりあえず、魔法の盾は            /(●) (●)丶
                         全員分 揃えたいとして            / :⌒(__人__)⌒::uヽ
                                                  l    |r┬-|     l
                         あれが 鋼鉄の鎧かお?             \   `ー'´   /
                                                  /         ヽ
                         あんな 全身金属で 歩けるのかお?.    し、       ト、ノ
                                                    |   _    l
                                                    !___/´ ヽ___l


50 :◆vsQyY1yD2Q

                   . -‐‐‐‐  .
              . -‐‐/.:イ=‐- .   `
            / .: .::.::.{::{::.::. ::. ::.:`ヽ、
            . .:.::.: . .: .::/.::./: ::. ::. ::.::.::.::.:\
          /.::.:/.::.::.::.:/l::,イ::!::.i::.:|::.ヽ::.::.::.::.:.ヽ.
          ,.::.::/.::.::.::,ィfキf」::|::.:!::.ト、::i.::',::.::.::.::.トl
          |イ´!::.::.::.:{弋り ヽト、|::ム}イ::.:}:.::.::i::.i }
          {:i、」:: ::.:トl     }|イr抃}.::.!.::.::.!::.|
          ヽ:!::.::.::ト|   _ , `~マ.:/.::.i::.:ト、!
            }ト、::.::l   |  `ァ   ./Y.::.ノ|::ノ      大丈夫です!
      . -‐‐- .」 \ト、   ー ´_ .ィ::.::.l:く`:く
    /.:::::::::::::::::::::::`ヽ  」7/7´  }ノ \ト、:ヽ.:.}.      私なら行けます!!
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::}\/_/ー-   .     \:ヽ
  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈´`ヽ::::::::::__::::::::`ヽ、   ヽ!
  l::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::}ヽ、 \{ \`ヽ、::::`、
  `Y.:::::::::::::. -―‐ァ::::|::::::ヽ、   ヽ、}::::ノ
   {ヽ:::::/     {::::ハ::::::::::.ヽ   _ く
    ', ヽ{     /.::/  '.:::::::::::::'.   ヽ _ヽ
    '. ヽ 、  /.:::/  _,:、::::::::::i    L.. 」
     '.  ',ヽ/.:::/    ヽ`:::‐:}-‐  ´   ノ
     '、   ':ト、/     `ヾ、::ノ     イ
                                   /          、 .             ヽ.
                                  / ィ   ,    !: :ヽ : : .  i: : }    :   ',
                                   |/ / ,  / .i:l |、_LV≧l、l :/ ./   :i  :|
.                                    / / .{: :从 : |\l7ィ_テトl/ :/    i:|  :{
                                  l :/: :i : :Vィらト!   _ヾソ/:イ  . : 从 : : :ヽ.
                                  |八: :|\:{弋ツ .::::       /   : : iV}: : : ヽト\
               鉄のヨロイも ダメな私には.      ヽ|  }ド-ヽ         /イ . : : :}ノ: : : : : ヽ
                                         八   tぅ     /, : : /:ム: : : :丶ト-\
               ムリっぽいな。              /ィ :\  `      /イ : /|/ }: : :、: : \
                                       / :/ >、_ ..   /: :/    |: :∠≧=-゙ー  _ ..二
                                         |:/}/  |/lく\ {l/    」/{       . ´
                                         l′,   -‐ ¬ ハ|    /  }   /
                                         /       |\{ノ   /   ,'  /
                                     /          l  `l  ´    / , '
                                       〈 、       l   |       / /
                                     ) 丶ヽ.     l   |     / /
                                    {    \{    l  |   / /


51 :◆vsQyY1yD2Q

                                                       ____
                                                    /⌒  ⌒ \
           それじゃ、ルナの鋼鉄の鎧から発注するお。  ._,rーく´\  , --、 /(●)  (● ) \
                                      ,-く ヽ.\ ヽ Y´ //   (__人__)     \
           雅音さん、採寸を頼むお。           { -! l _」_ノ‐′/  .|.    |r┬-|      |
                                      ヽ ゙ー'´ ヽ  /   \    `ー'´    ,/
                                       ゝ、  ノ_ イ    /            ヽ

                  ,-ー 、
               ,r 、//⌒ヾ
               'フ`´ ̄ ̄二≡=、
               /: : ´: : : ,´: : : : : : lヽ
                /: : : : : : : : ; : ィ: : ; /: :.ヽ
             l: : 彡: : : :;イナ/:/l:/l: : : :l
            ノl; : :/^i: : l´fz:7 /zl: : :; ノ
              }:,:ヽ_l∧',   ´ fzカ:ノリ    分かったわ。
              ' }:.; タ `    ゝ ,':{
                -=/: :,:{ ヽ、 ` ‐/         ルナさん、こっちに来てちょうだい。
             _ノ_/ ,=-ァ-!`、´
             ,イ_,彡イ    ヽ
            .i  ̄           l
           |     、 i,     i 、
               ', 二   '‐l     ', ヽ 、
                |、   、  ヽ´    ',   ヽ、
             l '., ', ヽ   ',     i    l
                l '., ,      ',   l  .ノ
             l.  ', ',     ',   r‐'
                l   l l       ',   ヽ
             l / ノ       |ヽ  ,l


52 :◆vsQyY1yD2Q
                                                         __   _
                                                        /   l  /  l
                                                       ./   l-' 、  l
                        魔法の盾の方は                    /         ヽ l
                        大きさと重さを合わせたサンプルがあるから  ./         ヽ
                                                      l ○        l
                        それで型を選んでくれ。             /⌒、|          l
                                                  /   ヽ⌒l  ,,,   /



           , 、
          γ丿 l`ヽ
        ( /  ソ/´ ̄/⌒ヽ 、
        ,.' '´      |     \
        r    ,/ ! /|  ,.    \
        |    / ,二|/` |l ト、 l.   l
        .Vヘ l/ ,ィf_テ  \!ニヽ|l  |
       〈 ヘハ| ヒrノ    ィ_テY|l  /   私達も 鋼鉄の鎧は装備出来そうにないけど
         ヽ_   `    , ヒrノノリ /
             l     _   ` イイ.      こっちは何とかなりそうだね。
            ∧     /゙}    /
            /  \ / /  イ          それじゃ、自分に合ったサイズを探してみよっか。
   / ̄`マT ´  /7/ /¨´
  /    \\ / ̄ ̄ {Tフ¨ヽ
  |     l 丶{´ ̄   ノイ/  |


53 :◆vsQyY1yD2Q

      NVVVVVVV Λ
      \     ( ゚Д゚ )
      <         `ヽ、
      </ /"" \ .ノヽ. \
       //, '〆     )  \ ヽ
      〃 {_{   ノ    ─  .│i|
      レ!小§ (●)  (●)  | イ    俺も、盾はともかく あの鎧はムリっスよ。
       レ §  (__人__)  u |ノ
         \    `ー'´   ノ        さっすが この世界の人間は 鍛えてんだなぁ。
        /,,― -ー  、 , -‐ 、
       (   , -‐ '"      )
        `;ー" ` ー-ー -ー'
         l           l



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |    あれは やる夫も無理だお。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ.     あれを装備出来る いく夫はスゴいお。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |
【 イメージ図 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           _____
                         /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                          |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
                          |::::::::ゝ ⌒  ⌒ |
                         |::::::( ( ●) (●)|
                         (@  ::::⌒(__人__)⌒)  脱いだら スゴいです。
                          |     |r┬-|  |
                          \      `ー'´/
                    ,,.ィ'''フ''''=く          `ヽr''"`ヽ、ヽ、
                  ,r'"´ ノ"    )=、.,    ,,..ィ'"´i       ヽ、
                  (       ノ  ´ ̄ `Y"´            i
                    )     __,,..         レ      _,,,,、       j、、
                 r''ヽ. ,.ィ'''i"        J   ,,.ィ'"~  `'ヲ''ー-、ノ、 ヽ、
                / ,,.イ')'"  人        ,,l、        ノt   ) `ヽヽ
               /   /   / `ゝ、       人       ,,イ  jt、 ヽ    i
              f ,   ノ   /、   `ー--;::-ニ"_,ゝ=---‐''"    ノ ヽ、 ヽ  t、、
              )'  f   ノ ヽ、 r  、 f"   `i´ ̄` Y  `ヽ /   ゝ-,ヲ'''   )
           .   ( ,.ィ''ーr"~    ヽj  ミi      !    j'   | /       ,r"    ft
              ノ、,ノ   ヽ,     `i  、〉、.__,人,___,..イ、,i" j''       (   ,ノ j
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


54 :◆vsQyY1yD2Q
             /           l  \
                /               イ   ヽ
           /          /  l    ヘ
           ハ.         /    l   ノ l
          ,  ` ー―--- /      l二   イ|
          |、_       /        l     |
          |   ̄ ̄ ̄/         l    |
          l        /ー一    ー―ヘ   l|    それにしても、困ったわね。
              .     ム=ミy     ィ=ミl   l|
           ', |   /}」りノ      }」りノ|   l|.    防具を新調しようにも
           Vj   |       l       |  /     こう重い防具だと……。
            リ ノ  |             |  /
           /イヘ  |:\   ⌒-⌒   /l /l
               lヽ.|: : :}>' ´ ̄` <l: : :|ノ  ーァ
           、__ノ  : :/ | ` ̄`ヽT |l: :   T´
           _`コ    {.八  ` ̄`〉〈/:     :l>、
          /   | l   ゝ. l   イ_ノ∠ノ  ノ: ノ /ヘ
          /\ 人:t: : .   |    ヽ. /. :/// /l
         /l\ \ \: : : : :.〉    /`T¨厂´/   //\
          / \\ \ `T´/    / / / / \ //  |



                                                      /]__/]
                                                     /        \
                                 ここは 金属鎧専門だ。   / _ノ         ',
                                                  〉 O    O   |
                                 軽い防具が欲しければ   \  __   /
                                 別の工房に行ってくれ。     γ⌒)    く
                                                     |        |
                                                     |        |


55 :◆vsQyY1yD2Q

            ,. -──── - .
        ,. '"               ` 、
       .f                 i.
       ,! MN.  / /.\.\ .NM l
     ,. - '"i / /\_/.\/.\__/` `; !
   <_,. - ,''!.,i._i___|__.__|__i._i_,}
    / .f'"∨ / レ' ∀_WN  _,.- ヽ_}ヽi、    でも、鎖かたびらより頑丈じゃないと
    ̄ ̄.l (.{N     O    O   },)/ i
      / `ーr-ゝ.           ノl }/     軽いだけじゃ 前には出られませんよね。
     .(_( ( ヽ_ `,、 _ _,,.r‐'~` 、,イ-i-i、
      .)ノ,.'-'、 ̄\ ∧i~    )’ / _i、
       ./.゚x゚ 》ー 、_ `' 、 ゝ_ _,,. -'ヽ./ ll_x}
      /\/  ,. i>`t`i、}___,,. -'.i、- 、_ {


             ,.. -──- ..,
           /         \_
          /`'ー─-、-─'''二二__ヽ
          .|´ _ニ-‐´ ̄ __   |
         |´ ,__ニ二◎,,,__ ̄ ̄}
         ゝ./ __ノ  ヽ.__ \ノ
          /   (●)  (●)  \    オーダーメイドなら
            |      (__人__)     |    「鋼鉄の前掛け」 とかは 作れないのかお?
          \     `⌒´    ,/
          /| |.        | | \      あと、「鋼鉄の胸当て」 とか。
        / ,、¨`‐‐----‐‐゙¨l> ,>
        \__リ:::...   |:    l__<
         <_/::::.. .   |:     .ト-'
          .i__,,... --‐-- ...,,__.l
           l|__;;... ____ ...;;__|l
           .l.|__;;... ____ ..;;__|.l
          l |__,,... ____ ..,,__| l
         .l      / l.    l
         l二二二/  l二二二l
         (___ノ   ゙'-、,__)


56 :◆vsQyY1yD2Q

                                                  l\          /|
                                                  |  \       /  |
                                                  |   \    /    |
                                                  |   ──/      |
                         「胸当て」 ?                  |               |
                                                  |__   ___   |
                         「前掛け」 はともかく               | l_l    l__l u|
                         「胸当て」 ってのは、どんな防具だ?    |  ____     |
                                                  \ |/___ ヽ  /
                                                    >       <
                                                  /          \



      ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●)  (●) \
 |       (__人__)    |   それは ―――
 ./     ∩ノ ⊃  /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |
   \ /___ /


57 :◆vsQyY1yD2Q
             ┌――――――――――――――――――――――──┐
             |                                    │
             |                 (⌒)                  │
             |               // /                      │
             |             /  / /  大鋏分離式スキー!    │
             |            /   / /            _     .|
             |          ./    / /_∧         //      .|
             |        /     / / ´_ゝ`)       //  /|    |
             |      (*)     /     \_(⌒) //  //     │
             |             .|     ,へ_  _イ//  //      |
             |             |    ( _   ̄//  //        .|
             |             |   ̄⌒)  ̄//| //         .|
             |            乂_/ / ̄// キ//          │
             |               / キ//( //             |
             |              ( //  // |                │
             |           _,;=─´ .(◎) /  (*)            .|
             |         /_;-、 / /  .ヽ、                    │
             |         / (__ノ/   |   rヽ \                 │
             |        ヽ_ ノ     ヽ \_> )               │
             |                   \_ノ                  |
             |                                    │
             |        ドゴォォォ _  /                     │
             |      ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _                    │
             |   ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_                  │
             |          (/ , ´                       │
             |         / / / \                      │
             |       / / ,'                             │
             |     /  /|  |                         │
             |     !、_/ /   〉                          │
             |         |_/                            │
             |                                    │
             |          Now Giant Scissorsing            │
             |                                    │
             |              現在説明中                  │
             |      しばらく フォッフォッフォッ でお待ち下さい         │
             |                                    │
             └――――――――――――――――――――――──┘


58 :◆vsQyY1yD2Q

                                                       , 、
                                                  lヽ、  /  、
                        なるほど、胸部を保護する         .l >‐'´`   l
                        普通の鎧の 胸部分のみの防具か。   .,ノ     o   ヽ
                                                i'.o  r┐      ヽ、
                        ちゃんとした鎧を買えない傭兵が    l   ,!-l、      |
                        使ってるのを見た事あるな。       ヽ        _,.ィ'.
                                                  `ー-、_    く´
                        それなら両方 作れるぞ。              ,!    `!
                                                    l   `!  `!
                                                     l  l. l  , l
                                                    l、_,!  し'  l



          _,.. -‐‐'' '' ´ ̄``ー-、_
       ,.-'´             ``ヽ、
      /  ,                \
     /   ./   _  .,  .,/i   ,  ,  、.  ヽ
    /   / .,i,   `メ、/ |  ./!  /', i',    '.,
   /  ,  .i./ l  /' /'__\ ! /.i / ,i, l-‐,   , ',
 /  .i.   '  ',. ./,,-===、ヽ!./ !.//=',l_ .i,  `,,i    ./
´    !     .'/ ´     `.l/  l' '´ ̄'ヽ、!', i', i',!  ./
  _,,  i. /! /  l `   ,、   '        / / ! !リ ./
 ̄/  !/l /   i   / ``ー 、__  `    /,i,/'i// ./      そいつはよさそうだ!
../ _, ´`i'   .i、!.  /       ̄` ‐i  /' .l !l´ /
'-'´ ,i  , `!  i '、 i        `, ,i   / /'i ,/         私は、鋼鉄の胸当てを注文するぞ!
  /,/! i,.  l、.  '、        .i,/   /. /,〃     ./
  '´ .`'´.',  ! ヽ,  ヽ、      /  // /´" /    ./
.       ', !、 ヽ、_ ` - 、_,.-‐'´,. -_´-'i/   /    /  /
       ,iヽl. \  ``ー‐‐,'ヽ´    ./'  /    ./  /
   ,.. -‐'´`! `  ヽ,    /  ,,ゝ   ノ / ./    /  /
-' ´     |     ,l   .i.,-'/     ./ /    / ./   ,
       .l     l   / /      ././   ./ ./   /
       .|     | /´ ./      /./   / ./   /'
       !    |/´  i'     .::::/..::::: / /:::.  /
       ',    |   l    ..:::::::::::::::::::  .::::::::.,/
        ヽ   l   l   .:::::::::::::::::::::::::......::::::::/


59 :◆vsQyY1yD2Q

                                      ☆    NNNNNN.人  *
                                        *  \     (゚∀゚ )\  ☆
                                      +     <         `ヽ、   +
                                          * </ /" `\ 〆ヽ \ *
                 剣道の胴みたいなもんか?      *     //, '〆     \ \ ヽ  ☆
                                       + ☆ 〃 {_{    ⌒  ⌒\│ i|    +
                 それなら 俺にも使えそうだ。    ☆      レ!小§ (● ) (<)ヽ、 i *
                                     *      レ §  ⌒(__人__)⌒:: | ノ   ☆
                 俺も そいつを頼むっスよ!      *       / _/ } `ー'´   / +
                                             / ⊂  \∩ノ ⊃|
                                            (〆 ⊂ / _ノ   |
                                            .\ “∞∞/__ /
                                              \  /___/



                 , 、
                γ丿 l`ヽ
              ( /  ソ//⌒ヽ _
                  ,.' '´   |      \
              / /   l  l     /    l
               l    /l ムl   厶   l |
                 k{ l  //∨  \|  \l| |
           , イ{ヘl | ≡≡   ≡≡}  /   胴って言っても 鋼鉄なんだよね?
           / {  `Tト ゝ , ,     , , ノ/
          /    \ \\         /´       私は、それでも無理かなぁ……。
       /      \ V´> 、 c:ァ/
       /      -‐-、V __   ̄
        /  { /     |´   `ヽ _
     /    V  l     /Vヽ、[`ヽ l|
    /     |  丶  / / └、〕 し’


60 :◆vsQyY1yD2Q

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !    やる夫は、もちろん
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /    鋼鉄の前掛けだお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
                                  /   `ヽ、 ___/,. -‐ ''´_  | <  ヽ
                                  〉 /`゙''‐- 、__/ ,. -''´  / /┌┬'   !
                                  { / /`゙''‐-、---'───-L、| ヽ ヽ   |
                                  | | レ'/ /.| |          `ヽ、| ヽ 、|
                                  レ'´ // / | |      ___  ミ `く   |
                                 // | |_|L..._| !    '''´ __`  ヽ  :::\〉‐- 、
                                 |ハ || | ___ !       ィ'/:::7.jヾ  | rニヽ    \
                                 |! ヽ| y'r';;Tj`       {:::''゙:::}    l/L !ト、    \
                                   iヽ {::::''':j       `ー‐'′  (⌒ j `ヽ、___>
      私は 鋼鉄の胸当てを お願いします。.      .{`i ` ̄    i           レ'´/::::..  |
                                    ヽ !      〈 、         rイ/::::::|:::.l |
      あと、腕を守る手甲も作ってもらえますか?   / ',     ___       /:::/:/::::/::::ヽミヽ
                                 ./  /:ヽ     V  )     /.!::|:::{::::::|ヽ、:.  )ヽ
      皆さんの分も。                   | /  |::/:::ヽ、   `二´    / |:::|:::l:||::::) |/
                                 V ヽ |::|:::::ハ:::ヽ、     /    |‐v从レ′
                                   }人|::/ lハト-、l ー‐‐' ´ ,.. -‐''´  l
                                      ヽ   r‐レ‐‐''' ´      |__
                                         /勹ヽ        / _>─---- 、
                                      ___// O〉 ヽ     ,. -'´-'´:::::::::::::;: -─‐┴ 、
                                   __/|:|〃ヽ |  ヽ ,. -'´ '´::::::::::::;: -''´ , -‐''´ ̄`゙ヽ、


61 :◆vsQyY1yD2Q

           f´ ̄`
         , <´ ̄   ̄ `  、
       /            ヽ
      〃    /l  i、      ヽ
      {    / ヽ {ヾ、  ヽ、 i i
       l  |/丕_ \! >―=ゝノ |
     . |  r´ィ´rォ、     ,ェァォヽ i  |
      / r | ト弋ン     ゞツ ノ lぅ {
     / ゞi      ,      /ノ ヽ、     変なの。 
    /  ゙∧           /  _\
    ̄7'    \   (⌒)   /   \ ̄    この町は商人がよく来るのに
    ∠,     >r     ィ       \
    ノ ,       |     |       <´   なんで今まで 鋼鉄の前掛けってなかったの?
   /       ノ     ゙<     ヽ ̄
    ̄/  > f´|゚o     o゚ }`r<.   \
   / ,r ´    l:::| O   O  ,|:::l   `ヽ  |
   / /      l:::|  MIKI    |:::l     i ゝ
   7 i      以__,‐ヾヾ .仁|     | |
  / |   ゝ´<zr´ ニノ ヘノ,-、ヾヽ    | \
 ./ / |    if: : : / ´ し し|` i  ヽ:: :l   |ヘ ̄
 | / |   ,{: : : |  〈`ヽif ー'し  l: ,:}   |ノ
 7 , |   ∧: : |   ヽ ´     |ノ    |
./ / |    | iX   _ゝ ‐ 、    ヘ.    |
 ̄  .|    !/  /: : : : : : : \    \   |
   |  /   /: : : : : : : : : : : ヘ     \ |





                              商人ってのは、エラくなるほど          ∧ ∧
                              前に出なくなるからな。.              (゚Д゚,,)
                                                        (|  |)
                              そこまで頑丈なのは必要ねーんだろ。   |  |〜
                                                        U U


62 :◆vsQyY1yD2Q

                                                       __   _
                                                      /   l  /  l
                        それじゃ、旦那と そっちの小僧は          /   l-' 、  l
                        俺が採寸するから こっちに来てくれ。       /         ヽ l
                                                   /         ヽ
                        嬢ちゃん達は                    l ○         l
                        雅音さんにやってもらえばいい。     /⌒、|          l
                                                /   ヽ⌒l  ,,,   /



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /    分かったお!
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /      このお腹を
  /          \         すっぽり包み込む前掛けを頼むお!
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ



  NVVVVVVV 人
  \     (;‐∀‐)
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─  │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ   小僧かよ……。
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ    17才って、この世界じゃ成人扱いだったよな?
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|


63 :◆vsQyY1yD2Q
                                          /.:.:. .: .:.: .: .:.:../:>─ 、.、:. :.: .:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:
                                        /.: .: ./ : /.:.:.:.{:.:/    }.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:
                                     { .:./|.:./lイ.:.:.;厶{  ー=彡'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V.:.:.:
                                        V.:.:.:.|∧:.:.:.ト、:.{__ ` \ー ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.
.                                       l∧:.:.:.:.:.>|≫汽ミ、   `三≧=-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:
              やる夫さん、私達は             ゝ:.:.:.{/| 、辷ツ     "廴)V≫-.:.:.:/.:〃.:.:.:.
              盾のサイズを選び終わりましたよ。   ー┼=彡'.:.}         弋zツ`ァ.:.イィ:/}/ .:.:.
                                        }:./.:.:.:.∧    /     ー=彡'.:.:.:{〃 /. .: .:,
              あとは やる夫さん達だけです。       /.:{:.:.:.:/Vヘ   、_       /イ.:.:.ムV  /.:.:. .:/
                                        /.:.:.:Vl/  、__>、  - ̄   从{:.:.{__ .ィ /.:.:.:.:./
                                  ー=彡'.:.:.:.:./    ` ̄{:>、__ ..   ´ {:.:≫r‐' /.:.:.:.:./
                                    {.:.:.:.:.:∠       Y      |V⌒´〃.:.:.:.:/
                                  /|:.:.八{ >ァ───fツ        _{    {:{:.:.:.:.:.{____
.                                /   ゝ{ //`丶、,〃{{      ∠/` ‐-从:.:.:.:.:廴.._,
                                /       / /    〃ヽ||      〃〃    }≫=彡'
       _,. ---ァ‐_ニニ=ー
      ,. '´::::::::,r':/:::::::::::``丶、
   , - '::ー--::::!:/::::::::::::::::::::::::`丶丶、
  ,:'...:.: ..::: .:: .:::::ヾ::::::、::. :. :::::::::::::.. :ヽヾ:、
. /::::::::::::::::..:.: .: ::.:.::.::...::.\::::.. ::. :.:丶:::.ヽ \
/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::',::',、::、::ヽ:::::::::.:..::..\::',  `
l::::::::::::::::::::::|:::::::::::!::リ、ヽヽ:',、ヽ:::::::ヽ:::ヽヽ',
|::::::::::::::::::::::!::::::::/!/__ヽヽ ヾヽ,rヽ:::::',:ヽヽヽ
.l:::::::::::!:::::::::|::::://'__ ` ヾ、 ヽィ=、!、::::!::::ト、ト:',
. ',:::::r'l::::::::::!ノイ_ノ:}``  ` {ノ::} |:::',::ト、:! lハi   それじゃ、私は採寸が終わったから選んで来ますね。
. 〉::{ !::::::::::ヽ ヽ-'‐'     ヽ`´ l::/|::! ヾ、
 '/|::ヽ',::::::::!:ヽヽ、      / イ:', l:!        剣を扱うのに邪魔にならない
   Wヾ',::::::ヽ:ヽ`゙`  --一 /::、ヽl、.        扱いやすいサイズがいいかしら?
     |、ヽ::::ヽ、ヽ、   `´イ:::::::::',ヾ``
    ノ ヽlヽ:::ヽヾ:、`` ;ー' ヽ',ヽ:::::! ヽ
   /`丶ヽ `ヾ:、 ``/ヽ、 リ ヽ::!
 /::::::::::::::`丶、   〃、      ソ
'´,. ---- 、::::::::::::``ートト、ヽ、
/:::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::,:、:::::ヾー``ヽ
:::,r:::::::::ヽ:::::::::',:::::r'  ヽ::::',ヾ:、`゙`
/:::::::::::::::::\:::::',::|   ,>、:',  \
::::::::::::::::::::::::::',::::l:!   /:::::ヾ   ヽ
::::::::::::::::::::::::::::',:::l! / ヽ:::::::',     ',


64 :◆vsQyY1yD2Q
                                              ______
                                              >=-     `丶、
                                             /            \
                                            ゙7   , ハ    ,、,    、
                                            {  / /⌒\/´lハl  ハ
                  私も、敵の攻撃を弾きやすいように     .ゝ_l/|   t}  t}  /Vく  }
                                          / ニ):ノ i|      _/   i  \
                  扱いやすいサイズがいいな。.     .{     )八   __ `7 从」 <⌒′
                                          `L.. フニニ≧=}___)=|/^フ⌒´
                                            \     ノ `YーY´ ゙「\
                                             ` ̄{   {  l   }>'⌒ヽ
           ,. -──── - .                              ゙ーr‐`ー゙ー‐f)    }
        ,. '"               ` 、                            / ` ̄ ̄´ マ_ノ
       .f                 i.
       ,! MN.  / /.\.\ .NM l
     ,. - '"i / /\_/.\/.\__/` `; !
   <_,. - ,''!.,i._i___|__.__|__i._i_,}    私は、そこまで器用じゃないので
    / .f'"∨ / レ' ∀_WN  _,.- ヽ_}ヽi、
    ̄ ̄.l (.{N     O    O   },)/ i.    攻撃を受け止められるように
      / `ーr-ゝ.           ノl }/
     .(_( ( ヽ_ `,、 _ _,,.r‐'~` 、,イ-i-i、    もう少し 大きめサイズにしておきます。
      .)ノ,.'-'、 ̄\ ∧i~    )’ / _i、
       ./.゚x゚ 》ー 、_ `' 、 ゝ_ _,,. -'ヽ./ ll_x}
      /\/  ,. i>`t`i、}___,,. -'.i、- 、_ {


             (ヽ三/) ))
         ___( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /(.●)  (●.)\ )   やる夫は、皆を守れるように
     / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    .|   (⌒)|r┬-|     |.   出来るだけ大きな盾を持つお!
    ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
    | | | |  __ヽ、   ./
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


65 :◆vsQyY1yD2Q

                                  イ" _, 二>、: : V:毛ミ、
                                      /´: _,-‐-: : :',: :.|:/``:ヽ
                                   ./, ; ´: : : : , - : : >{'⌒`: : : \
                               / ' ://:/: : : : : /: ⌒ヽ ヽ: : :ヽ
                               ./: ;'://:/; : /: ; : : : ヽ: ヽ: \ヽ: : ヽ
                              /: ;'/: /: :/: ;': :/: /: :ムヽ: ヽ: :ヽ: ';: '; ; :',
                              /: ;'/: /: :/: ;': /: :/: :/ ';: i: : ';: : ';: :';: '; '; ',
                             .i: ;'/: :l: : i: :;': :l |: l: :/  ,'; |ヽ: :';: : |、: ';: : |.|:}
                             .',:|'; : :l: :.|: ∧:.| ';||: ;' ,z川,_ ' ; : :.r-; : ヽ:ソ/
                             ';l ヽ; '; :l' :|,z、| ';|;';l イ,´zェ、` |:ヾ' ^}: `フ‐-
                              .ヾ、 \;.イ弋ソ   ´ 弋ソノ; /`/: ;ソ'
       なるほど、仲間のために                リゞ   |      彡 ,r`´: |
                                 ´  ヽ  `      / /; :iヾ
       身体を張る事も出来るのね。         , イ⌒`'\ 丶-‐'  //.|: |__,__,
                                 ./  ‐ヽ\ ' ,\_, ィ.´    !'ヽ'`>;ヽ\  ` ヽ
                               |    ヽ\', ';:ヽ `ヽ 、  __ , 'ヾ \\}   ',
       なかなか やるじゃない、やる夫君。    l _     ',ヽ}:::\  `       >" 、   |
                                 .{ ィ-‐`=、  } ヾ'‐-ゝ、_     ,  <   `丶|
                                ',        |       ̄ヽ_ \  \,.   ヽ
                                  .',. -‐ ` 、, |         `  、ヽ  :',      \
                                 ',.     `|            ヽ三::|      '.,
                                 ',      .|             ヽ:|         }
                                  ',      |               ゛       ./ヽ
                                  ',      ヽ            ,      /  .}
                                   '.,     ,-‐\          /__    _ /i)r、 '
                                     '.,        >,_,  -‐ 、 ' .´   ̄´  ノ/_〃
                                     ゝ     //´    ヽヽ     , ィ'"´


66 :◆vsQyY1yD2Q

   l`            .´l
   l  \ _ - ― - _/ . l
   l  /´        `\. l
   l /            ',.l
   l/      ≡     ≡ ',l   魔法の盾は、全部のサイズに在庫があるから
   {               }   今日 持ち帰り出来るぞ。
   i    ///       ///
    ',        Д   /    いやぁ、こんだけ一気に売れたのは いつぶりかなぁ。
    \          /
     `7      <





                                                      ____
                                                    /      \
               タニアさんの家からもらった報酬に               /        \
               薬草販売のもうけ、まとめて吹っ飛びそうだお。      /            \
                                                 |  \   ,_      |
               命が掛かってるから、惜しいとか言ってられないけど。  \(―⊂ ヽ∩  u   <
                                                   |  |  '、_ \ /  )
                                                   |  |__\  “  /
                                                   \ ___\_/


67 :◆vsQyY1yD2Q
                                      __
                                         ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                                       ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.                               ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                                  ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
.                              ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
.                               !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
              ,. -<"" ̄""''' ‐ 、        ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
            ,r'´>='ァ´ーッ、::.::.::.::.::.::.`ヽ.    ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
            /_/r',r; /_;;,::\_,,ヽ;:.::.::.::.::.::.ヽ     >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
           ハ∠_'/  、_z,:..:..:..`ヽ、:::、::.ヽ  , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          r,r1 ,,l   ̄ ¨ヽ "'- 、::. :.゙、::::::...ヘ.     `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
           /:.i!l '゙ r―‐-  ミ!_r=、,_ヽ:.Y::::::::::...i          ̄ ̄
           l!:ド,.、/,r''て)ヾ  !.に' } ~.ヾ、::::::....i,-==-、
          l! ! ij    '、ソ  ,r'_,ィ:::::..:..:..:..`、_:Yく´=:::::::::\
               丿    ,,,,,   ji::::..:..:..:..:..:..:.:;ヾ:', `、_:::::::::::::_ヽ,
             `i'        ,ノハリ::,.:..゙、i:..:....:..:..|  `''ー´ ̄
             ゙、ー '       .ハヽ、}リヽ{ハ从 
                ヽ/ ̄ ̄ ` 、: : : : : : : : : ': : ヽ
                  /         ヽ: : : : : : : : : : : : l `、
                  |           ', : : : : : : : : : : : l .}
                /l          l: : : : : : : : : : : ::! l
               ,ハヘ      /   l: : : : : : : : : : : ::l l
            /:i|. !     l  ,': : : : : : : : : : : ::l l
             /: :| '、!      ! ,': : : : : : :|: : : : l l
__             {: : ぃヽl      |ノ: : : : : : : :/: : : : ,' j
\\┐       ',: : ハ: :l       !: : : : : : : : ,': : : : / ./
  ヽ ヽ        弋_ムニ!     |ニニニ:コ≧≦:ニニ7 /
    `、           | !      |     l   ,' /
       ヽ、________.i__|      |      :!    {/
\                  {      l      !    ',
  ` ー--,. _               |       、   \
.           ̄  ‐-   ___/         \   ` 、
                 ヽ               __≧.、
                   '.       ,. <´ ̄ ̄`丶 ̄ `> .、
                    '.  ,. <  ----: :、: : : : : :\: : : : :`ヽ
                     './::/´  ̄ ̄ `丶、: : : : : : : ヽ: : : : : : ヽ
                     ,.、  {´/         \\: : : : : :': : : : : :j }',
                 /:.:.\  ソ                 \ヽ: : : : i: : : : ://. ',
                  ト/7イ/                    ヽ.: : : ::|: : : ://   }
                  |f f !{                       il:.: :|: :,//   j
               /:| | |:` ー---、              jレ: :イ: :, '   ,.'
              ,r‐'´:.:.:/人` ー―一ァ\               /.: : :/   ,. '
          /:|:.:.:.:l:/ f:{:.:.>ーァく:./|:\          /´    /
          ノ:.:|:.:.:.:f :|:.:\:-/ヽイ| :!:/  ̄`\一<.__   一ァ'´|
          ハ:.:.:.:.:.:.:| :|ニ:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.!.イ        jア:.:/\:\イ:.:.:.:/
        /  \:.;ノ__厶≦-一  ¨´ /      /´ ̄\. \_`:ー/
        .′ ,.イ /´          f´      /.:.:.:.:´ ̄`>ァ'´             ,. --、
         .′/ j  |                    f:.:._>ァー<´___         _,.イ     ヽ.
.        //   j><f        __f      |‐一'´         ̄ ̄ ̄ ̄        \
       /     j |    ,   ´  !         !                          ` ー---、
     f     /  ,′  /|    |        l               ______
     i     /  /  /   ヽ. ___/         !_ ..  -‐  ´ ̄          `  、
       '.      ̄ ./         /           }                       `  、   、_
      ` ー--‐ '´        ノ        /                              ` ー-、_
                    〈 f        /


第18話へ  2    外伝へ

この記事へのコメント
やはり、正妻はカガリか…メイリンと美希は自重しなさそうだけどw
Posted by at 2010年07月25日 16:02
マサムネさんクラスのサイズだと人を正面から採寸するとして後ろ側へ手を回す際に「ムニッ」っていうイベントが発生しそうな、、、
いや、何がとは申しませんがw

あと、
29
ゴジャース商会に当主に
→「商会の」の誤記と思われ。
Posted by at 2010年07月26日 00:39
報告ありがとうございます。
早速修正させていただきました。
Posted by 文月みと(管理人) at 2010年07月26日 01:15
最後のAA!
じ・つ・に・ブラボぉぉぉぉー!
Posted by at 2010年08月07日 20:36
やる夫は完ぺきに商人目指してるんだなww
これはもう引き返せないわw
Posted by at 2010年09月10日 10:32
いく夫wwwwww
Posted by at 2011年01月05日 19:58
まずはパーティーの安全を徹底的に確保しようという慎重さは対したもんだよなぁ。
Posted by at 2011年02月28日 12:08
みゆきさんの黒幕臭がハンパないな
Posted by at 2011年06月08日 05:12
しり!しり!
Posted by at 2011年09月15日 22:38
↑×2
この人原作だと聖人君子な故か
二次創作だとたいてい腹黒くなるんだよな・・・
ここはまだましな方だが

でもまあ普通は偉くなると前線には立たないよなあ
自分の船を持つほどの豪商なのに
自ら先頭に立つトルネコパネエ
Posted by at 2011年09月17日 21:51
両手盾を装備したら体型的にもシールドヒッポそのものになるな
Posted by at 2011年10月06日 12:14
↑エルミナージュならアビそのものだな。
Posted by at 2011年10月19日 21:38
鋼鉄の鎧を装備できるいく夫が脱いだら凄いって事は
ルナマリアも脱いだら筋肉的に・・・・・?

いや、深く考えないでおこう
Posted by at 2011年10月28日 19:31

考えていいと思うよ?
SFC版の女戦士のイラストは筋肉的だけど、
結構グラマーです。
「肉感的な美しさ」っていうのはあんなものなんだろう。
Posted by at 2011年11月08日 21:16
要するにモンハンの女キャラみたいな感じか。
海外の人から見たらあーゆーんは違和感ありまくりみたいだけど。
Posted by at 2011年12月17日 17:14
実際はグラマーレベルな筋肉じゃ全然足りないんだけどな。
筋肉繊維一本分の筋力は殆ど変りないから結局筋肉の量=力で、細い腕で怪力ってのは漫画の中でしか無い。
まあ、ファンタジーだからいいんだけどw
Posted by at 2012年01月09日 19:57

そう考えると、アメコミや洋物ファンタジーってそういうとこリアルなんだなと感じるわ
むこうはエルフも筋肉質だと聞いたんだけど
Posted by at 2012年01月09日 23:56
まあそれ筋繊維の収縮機構が地球人と同じって前提だけどな
異星人どころか異世界人なんだからタンパク質の構造レベルで高性能なのかも
その場合地球人はDQ世界じゃ肉食っただけで死にかねないけど…異世界召喚補正?
Posted by at 2012年02月23日 07:32
こまけぇことはいいんだよ!
Posted by at 2012年04月22日 11:31
そういう時はこう考えるんだ。
自分がこんな状況になった時、リアルを追求してボディビルダーも真っ青の肉体を持った女戦士と、
ファンタジー補正で、しなやかで柔らかそうな身体のおにゃのこ、どっちと旅がしたいかと。

物語において妄想は全てに優先するのだと
Posted by at 2012年04月24日 02:18
最後の尻が良すぎる!
やはり森精華は尻だなぁ
Posted by at 2012年11月27日 21:00
そういえばダイの大冒険でも鋼鉄の鎧を使いやすい部分だけバラして使ってたな…懐かしい
Posted by at 2013年09月26日 11:18
ああそういえばそうだったか。いく夫って商会経営の傍ら、ちゃんと自身を鍛えてるんだな
でも黒服達の上に立つなら当然なのかも
Posted by at 2015年07月27日 21:15
>大鋏分離式
片 立 ち ハ サ ミ
Posted by at 2015年08月14日 11:33
森さんのおヒップ様はC.C.(コードギアスの)と甲乙付け難いスバラシさよ…
Posted by at 2015年08月29日 22:35
ナイスヒップ!
Posted by at 2015年12月07日 10:40
盗賊は職業という加護をもらうと、鷹の目っていう目にありえない補正、異能がつくんだから
戦士の加護を貰うと筋肉に補正がつくんじゃないかなぁって妄想。
戦士の加護持つカガリも、あくまで防具として重いものは苦手ってだけみたいだし
Posted by at 2016年10月19日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39805007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ