■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 4/23 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年08月08日

第20話「そしてダーマへ」(4)

外伝へ    4   第21話へ

96 :◆vsQyY1yD2Q
【 オゴンの国 】
- -:- :::゙ー:;;iiii|
- - : : :.::::;;;iiii|
  - - :.::::;;;iiii|
  - :-::-::;;;iiii|   _ ,,、 {ぐッツ,,ィ;;_;;ン
   :.:::::::;;;iiii|   ソジシゝバご=ヒァユ, ,;;;ュ  ,、,、,-、   ,,,';;;;,`,、
  _:_:_:::::;;;;iiii|ヅ、iニヾンビヲr;;ァィ'';;;レ';;;;;,;;;;`ンハしヒンy'"ミ;ンY=チラ
  : : : :゙::;;;;iiii|``>Evトr'ン''をよッ;; };;;ノノ,ヘ;;;;トノ,,,;;;;;ンz;;;;;,;,,;;;;ヒ ;;;'",,
  : : : : ::;;;;iiii|彡;ミ{<,,,;;;ヾ、;ニ=iiンッ、ソ r'/,イi;i;i;;i;i;;}ソr_;;ェ_ ノ;;、-;;;、
  : : : : :::;;;iiiii!-=、ン_;;,,,((,,,;;,;;;メヾヽ入V ,( )i|ラノンノ ̄)イ;';','ヾマベ ,,,  ...,,,
   : : : ::;;;;;;iiii|r iニー==- ヾ冫''ィっr''=ヽノ`ーi|ン/テ '';,,ノノ_ノ_ソ;;ヽ';';'ノ';''ニ-'-'  ,,,-ー、   _,,--ュ
   : : : ::::;;;;iiii|`}ナ」=、ノ /ー-;;、二''ー''ニヽ、ヽニ=ノノニ= 'ノ;イTンラフー' , -'",-'ー'",, ,,;;,,::`;;;; 1{ ....;;; `ヽ_,,
- - : : : :::::;;;;iiii|"メ  / r'     ,;`フ :i:i:iiiii| ;iヽー-==-、====,ニノ",,,,_r''" ,,,r;i;i;i;iii,i,i>>irーサァ;i;ii;ii;i;;;;i;i;i;i;
  -:-:-::::;;;;;iiii|  / ,/   ,,,';', ノ.: : : ;;;iiiァl ーii}    `ー、_  (⌒,,ケ,,,;イi;i;ii;;;iii;i;;( {;;;) }i'ri;ii;;i;i;ィi_r;i;ノニ
   : : : :::;;;;;iiii|--'- ''--、,,____/ : : : //: : :{iiiノ         ヽ;;===ニニニ=、---ヽrヽ;ノノ'}=;;;)rノ,,:::;;;ii
    : : : ::::;;;;iiiii|. . . .      : : :::ノ'': : ::ii/   ,,,-,,,,_     ;,, _""":::-;;;.... ;;;;;;;,,,ヽ;;ニニ};;ノノ;;:::..:::;;
   : : ::::::;;;;;iiiii!--- 、_;.;..;/  ''⌒ . : ;i/  r''". .:'''',,,⌒''ー-''",,; . . : ::::=-、_, : : : :;`ヽ ''''' /i;i;iソ;i;rー
   : : ::::::;;;;;iiiii|     /   ハ : : ii;ノ    `''ー'`ーァィ;;;=、::;:;:::,:.,,.,.,:,;. :,,ヽ、ー>`、;;i;i;iii|: : :;i|`>' ̄二ノ
   : : ::::::;;;;;iiiii|  __,,,/   、`ー;;ir'         '';;、_;;;;;;,,;`ー-=ニ---,ノ i|"" ノ ノ _,| ,,,;;;iレ'::.;r'⌒""
   : : ::::::;;;;;iiiii|  }:.:/   : : :::;;;ii|          ,,::::"-'' ̄''ー=ニー=;;;;;;;;iiヽi<l;;ii|, |;;;;;;;;;;;/
   : : : :::;;;;;iiiiii|   ̄i: : :  : : :::::;;;ii|           ""         ̄ ̄ ヽ、;;;;;;;"~;|;;;;;;;;;i|    /
   : : : :::;;;;;iiiiii|    |: : :_  : :::::;;;;ii|                ,.,.,_.,.-,._,.,.,_-.,._ \:.::<|;;: :;:;;iト、 , -'" ,;;
   : : :::::;;;;;;iiiiii!  |: :   : : :::;;;ii|. .-、., _.._. r-';;;~;`;  _. ._ 冫;; ;;:;;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;ヽ、|" ::;;;i|: : : : : :;;/
   : : :::::;;;;;;;iiiii|   |: : : "~: ::::;;;;iii|;;{..;;トrーr、:.".ニ,,`''=`}''' ' ' '::::、 : : ァ`ィン""" "ヽi''" |:. ::;;i|: : : : :;;i{
  - -:-:-;;;;;;;iiiii| ,; '|: : :   : :::;;;;;iii|,ィ,,;r;;i;;t;;::;;;;;;...,,,,;,,ナノ .,.,-''ー''`ー--=ニヽ、,. ._,,ヽ、_,!:: ::;;i| :: : :;;;i|
   : : : :::;;;;;;;iiiii| ''-|: : :   : :::;;;;;iii|ヾヾノk'ニニ='"〈;;;"         ヽ`ヽ`ー'r'ーー'' |;;;;;;;;;;i| : : ::;;;il
   : : : ::::;;;;;;iiiii| r'''!: : - - -::::;;;;;;ii|ニ}/::ir'c''"ヾ;;::::;;;;)           ''|: :i|;,,;;;;;`"| ::;;;;;i| : : ;;;;;;;l
   : : : :::;;;;;;;iiiii| `'|: : :  "::::::;;;;iiii|=|: :;i|ン<:;;:;:;:::`''-,,,,,_,       ..;..;:.;|: ;i|"ヽ;;;=:!:::::::;;;;i| ;;;;;;;;;;;;;;il
   : : : ::::;;;;;;;iiiii|   !: : .  : :::::;;;;;iiii|;::l: :;iト、;;;;`ー=ー;:;:;;;;;;{、        ,;;;:;:;l: .;i!,";;;;;,,:| ::;;;;;;;;;i| .:.:.:.:;;;;;;i|
   : : : ::::;;;;;;;iiiii|  .|: : :  : :::`:;;;;iiii|"|: ;;i|ン ハ;;ン'':;;;:;:ノ'''メヒ'ニ       ;;|: .;i|..:.二;;;!:  ::;;;;i| :.:.:.:;;;;;;i|
   : : : ::::;;;;;;;iiiiii|  |: : :_ _ _: :::=;;;;iiii| l.:::;;i|イレ',ィ'"'''''', -'"''"""      ,.,.|: .;ii!:.::;;ヽ;|: : ::;;;;i| :.:.:.:;;;;;;i|
   . : : : :::;;;;;;;;iiiiii| .| : : :  : : :::;;;;;iiiii| !;;;;;;i|,:::.:"`;^:.:.ン''ー-,,..       (;;;;'|: .:;i|;//;;:;;|: : :::;;;i|  .:.:.:;;;;;;i
_ _ _ ,, .-:-::;;;;;;;;iiiiii| .!: : : _ _: : :::;;;;;iiiii|;|;;;;;;;i| iヽト:::;:;:;:;;;;;;ノィ,,-''ァ      ,<;;;;|: -;i|{ {;;r=:!:.  .:;;;;i|  -'';;;;;;;
   : : : : ::::;;;;;;;iiiiii| |: : : ......: :: ;;;;;;;iiiii|:!.. ;;;i|;|..メ`;;..:.:.;;;;;;r;;;;ヽ''_      r'';;;=|: :;;il>`/;;;|:.  :::;;;;i|  : :;;;;;;;
  -:-: : :::::;;;;;;iiiiiii| !: : : : . : :::;;;;;;iiiii|.i::-;;;i|l'';:;;r''ァキナァ;;r;;;;'iir',   ';: :ェ-'';;!: :;;i|イ'il''"|:.  :::;;;;i| .. : ;;;;;
  : : : : ::::::;;;;;;;iiiiiii| .|: : : :  : : :::;;;;;iiiii|l:.: .:;;i|!: .:;i|::;i!i!''" "''" "''    '"" ;;|: :;;i|''l i}'' |:.  :::;;;;i| ` : :;;;;
  : : : : ::::::;;;;;;;iiiiiii| .|: : : : .: : ::::;;;;;iiiii|!:.: ::;;i|: :;i| ;i!i!           " |: :;;;i!.{ i| !:.  ::;;;;;ii| .;;:;:;:;;;;;
  : : : i: ::::::;;;;;;iiiiiii| .|: : : : : : :'`;;;;;;iiiii|:::: ::;;i|: :;i| ;i!i|                |: :;;;i|'| i| !:.  ::;;;;;ii|  : : ;;;;
- '':": : : :::::::;;;;;;iiiiiii| .!: : : : :~:~"::;;;;iiiiii|::: ::;;;i!: :;i! ;|.i|            |: :;;;i|:| :i| .|:.  :::;;;;ii|  : : ;;;;
二 : : : : -:::::;;;;;;iiiiiii| |: : : :  : : : ::;;;;;iiiiii|:: .::;;i|: :;i! ;i!.i!,-'ァーィー、,,_ _       |: :;;;i|:| :i|;,,!:.  :::;;;;ii|  : : ;;;;
  : : : : : :::::;;;;;;iiiiiii| |: : : :  : : : :::;;;;iiiiii|:: ::;;;i|: .:;i| :;i!.i!アi'"i;lコキナ;;=)      |: :;;;i|:| r'';;|:.  ::;;;;ii|  : :;;;;;
  : : :: ::: ::::;;;;;;;iiiiiii|:.!: : : : . : : ::::;;;;;iiiii|,r':'ヽ|,-"| :;i!.i!シ;|,゙|.i!;: t,ー-;:;;;^ヽ,_,...|: ;''`y'".; ;;;|:.  ::;;;;ii|  ::;;;;;
  : :=:=:=:::;;;;;;;;;iiiiii|::|: : : : . : : :::::;;;;iiiii|;:;:;;:;;;;ヽ:;;:;ヽi!;;:;:`:;;;'^ヽ,,i:i:i:i:i:i:i:i:i:r ; |/:.:;;.:;;;.;;..;;;|: :  :::;;;;iii|  ::;;;;
  : : -:-:::::;;;;;;;;;iiiiii| |_:_:_:___: : : ::::;;;;;iiiii|メ;:;;メi|,;:)! ):.i|:;;ィ;'';;/iiiiヽ''i;i;i;i;i;;;:;:{:.(:.|.:.;;.:;.:;;ヽ;;;;|: :  ::::;;;;iii|  ;;;;;
,,;;;,,;,;,;,;,;,,;,:::;;;;;;;;;iiiiiii|.|: : :   : : :;::;ィ、;;iiiiii|.::..;:;.i!.:::i|:;;:;;i|Y:;;/i;i;i;i;i;i;ヽ '"ゞ、:;;;:;:.::l( ::ヽ:;;;);:;:|:   ,::;;;;;;iiiiii,,, ;;;;;
: : : : i: : _: : ;;;;;;;;;iiiiiii||: : :   : : :〈{ノiiノiiiiii|;;:;r;:t'::';i| ;) i|;;';;ヽi;i;i;i;i;i;;i;i;i;i;i;i;i;;ヽ ;:l'^;^;;ヽ:;:;;;;|: :,  ィッ';iiiiii〉r;;;;;;;;
: : ::.:.::.::.:.:.:.:.:;;;;;;;;iiiiiii|!: : : ,;';';';'ヽr';';';'iiiiiii|'ィLy`ンi| ;;;;i|i''i个;,i;i;i;i;i;iiiiiri',;:;:;;; ヽ:!:;:;;:;;:;i;:i;:;''|..:.;;.;;i; ; ;;;iiii|`i.;;.;;;;;
: : ': : i: : :::::::;;;;ノ;;;iiiii|: : ',: ::;:;:;::;:: ;;;;;;;iiiiiiii|メキノ ;ノi|_::;;iハi;,..-'"三;三;ヽ -;''';'''{"l::.:;.:::;;i..:i;;.:i;;:;;:;;:ii;;:/;;iiii|ノ;;,,,;;;;
ー 、(iiフ':::::(i}ノ{ii;;i;;iiiii{:. . . `:.:.:.:. :ィ.:.:.i:iiiiiii|:;;:;:;|:;:;;i}ニ;ニニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ノ;.;;.;ィ'ヘニノ,;:::;(ノi:;:;:;:;;;;iiヽ;:;::;;;;;
: :i:;: :レハ: .:.:';;;;i `;;;iiiiii}: ': : :;;:;:;; : :;;-:;;-;'''ソノ;,Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z- −、;`"'' ノ;;;;;:;;;;;iiii>;;;;;;
r;;;ェ: : 〉;::;;{::::::::`:;;;iiiiiil,.;,.;,;.;,;ノ,;'.,;':;''ノ:;w:;:ノ;;ノニ;ニ;ニ;ニ;ニ; ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ○ ○) ヽ;ニ;ニ',,,,;,;,,,,,:.:.:.::.:.:.:
{,;;;;; ),, -'"::::::::....;i;;;iiiiiil''''''''''':w : w'''':w :w ノノ;;;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;Z;(人__) ノ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;'''
,,,,,,,,ヽ` ー ,,,,,,,,,ww,,w,,,w,,iwiwiwi,,,,w,;,,;;:;;:,;ノ二;二;二;二;二;二;二;二;二;二; /     ヽ;二;二;二;二;二;
:;;;;:;;;:;;;;;;;w;;;i;;;;;;;;;;;w;;i;;;;;;;;;;;wi;;;;;;ii;;;w;;;;;;;i;;;w三;三;三;三;三;三;三;三;三;三; (|     し';;二;二;二;二;二;;
;;;;;;w;;;;;;ii;;w;;;;;iiii;;;;w;ii;;;;;;;i;;wi;;;;;;w;;;;;;,,-''iiiノ三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三.し    J;三;三;三;三;三;;;;
w:;;;;;i;;i;;;i;;;;wi;w;;;iw;i;;wiiw;;i;i;i;i;ー''"三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;三;




       ____
     / ―  -\
.   ./  (○)  (○)
  /     (__人__) \    これが、精霊の国……!
  |.      ` ⌒´   |
.  \           /    すっごい デカい木ばっかだお。
.   ノ         \
 /´            ヽ


97 :◆vsQyY1yD2Q

                                                     .人.VVVVVVVY
                                                    (゚ー゚ )     /
                                                  r'´         >
                                                / /ヽ/ ゛゛\  \>
                                               / /  (     ゝ'   ,ミ 
                                               |i│ ⌒    ⌒   }_}  ヾ
                       やっぱ、初見じゃビビるよな〜これ。   .ト | (●)  (● ) §小!、ゝ
                                              /(,|  (__人__)     § 、ゝ
                       俺は もう慣れたけどよ。        ト;;ゝ \ `⌒´   。゜/;;;∠;;;;>
                                              ミミミ\     / ̄´_〆゛ゝ
                                               /;;;;;;|;;;§   /§;;;|;;;;;;;;;;;;;/ヽ



       ____
     / ―  -\
.   ./  (○)  (○)
  /     (__人__) \    いや、もう、ビビると言うか
  |  u    ` ⌒´   |
.  \           /    ここまで来ると 感動すら覚えるお。
.   ノ         \
 /´            ヽ



98 :◆vsQyY1yD2Q

        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
          ___
       /    \
     / ⌒  ⌒ \.      ようこそ、ニュー速で やる夫。
     |   ・ .. ・   |
     |   `ー '   |         君一人かい?
    /\____/ヽ
  /__/__   __ヽ__\    仲間を連れて来ても良かったのに。
 ∠  !:::::::::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ
 |_7|_ ____ __ F !」
    ̄.`┴、..,,,___,..┴"  ̄
     _,|ー-┼┼-ー│_
    .(_|__| |___|_)



                                                     ___
                                                    /     \
                        あなたが オプぼうかお?           ./ \ , , /  \
                                                /  (●)  (●)   \
                        突然だけど                  |     (__人__)     |
                        あなたに頼みたい事があるんだお。.  \     ` ⌒ ´    ,/
                                                 ノ          \
                                              ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
                                             ( l  l  l  l l
                                              ヽ      /



        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|
        \___/
           ___       僕に?
       /    \
     /  \  /\     何か事情があるみたいだね。
     |    ・ .. ・  |
     |      ⌒   |.   とりあえず話を聞こうか。
    ./\_∩ノ ⊃_/ヽ  .
    (____/_ノ __ヽ_l


99 :◆vsQyY1yD2Q
┌―――――――――――――――――――――――――――──┐
|                                              │
|         /0 ̄\                                 │
|          |:::::::::::::::::|                             │
|         \___/                             │
|            ___                                   │
|         /    \                             │
|       / \  / \                           │
|       |   ・ .. ・  |  君達に オプーナを買う権利をやろう!   |
|       |     ー    .|                                │
|     .  \____/    ☆                     .│
|       / >ヽ▼●▼<\  .|-―|、.                     │
|      /ヽ、 \ i |。| |/   (ニ、`ヽ.                        │
|     .l      .l |。| | r-、y `ニ  ノ \                   .│
|     l    |  ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____              .│
|     / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ'ヽ--'    / オプーナ  /|            .│
|    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______   .│
| / ̄オプーナ/|  ̄|__」/_オプーナ  /| ̄|__,」___    /|.    │
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/メタルマックス3/ ̄ ̄ ̄ ̄|/ オプーナ /|   ./ .|.    │
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/.| /      │
|                                              │
|                Now Wagonnig                      │
|                                              │
|                 現在 宣伝中                     .│
|            しばらく オプーナでお待ち下さい。            .│
|                                              │
└―――――――――――――――――――――――――――──┘


オプーナメタルマックス3(通常版)(特典なし)
オプーナメタルマックス3(通常版)

100 :◆vsQyY1yD2Q
【 バハラタ やる夫達の屋敷(借家) 北館 】                         |
.                     r────┐                             .|
                   |.       |                           |
                   |.       |                           |
                   |.       |                           |
                   |.      O|[]     ::_/´ ̄ ̄`ヽ'ー/´ ̄ ̄`ヽ_     |
                   |.       |      ::l l +  + ,|:::| +  + ,| l,    |
                   |.       |      :/´/lゝ,_____ノイゝ,_____ノヘ`ヘ.   |
______________|______|___l´`'/´ ̄ ̄ ̄`ヽ,/´ ̄ ̄ ̄`ヽ'´`l____|
                                    :::| ,ll`'ー──一´l`ー──一´ll, |  \
                                   :::| ,l`'ー,、───────,、'´l, |.     \
                  .           .:::::'ー' ̄/________,ヘ''ー'       \
                                 | _r───────、 _|         \
                                 |__|/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ|__|               \



                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /.    と言う訳で
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /     食糧問題を 解決してきたおーっ!
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


101 :◆vsQyY1yD2Q
                                                       , 、
                                                     γ´/ 丿ヽ
                                                -‐ '´ ̄ ヽ ソ ` }
                                              /´|     ―-、"丿
                                            /  ,|   h    \
                                            /  |:\ l|  | \/    ',
                                             |  N _\ト、 | /_\ |  |
                                           l  レ' ⌒ヽ `¨/ ⌒ヽ V /
                                            \〈{  ○   ○  } j/
                        おぉ、すごいっ!             ヒト -‐    ‐- イニノ
                                              ハ ' '   r 、 ' '  ノ ̄ヽ
                        で、何を どうやったんですか?   .| ≧:  ニ   ≦´/   |
                                                V⌒ヽ\l:/⌒ V/  /
                                              ゝ __人\{ _ノl   /、
                                               ヒ彡 ヘ ヒ彡'| / /\
                                                 \ : 〉\:  l/   ∧
                                                 >'  l ー'   / ∧
                                                 / \ /\  /  ∧
                                                  〈 /  Y    Y     /
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   ダーマまで、ギャル夫と一緒に行く事になったお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    で、その間 オゴンの国に間借りさせてもらう事にしたお。
     /⌒ヽ         ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


102 :◆vsQyY1yD2Q

                                                 >=-     `丶、
                                                /            \
                                               ゙7   , ハ    ,、,    、
                                                .{  / /ノ \/`lハl  ハ
                       オゴンの国って、精霊の国だよな?   ゝ_l/| ●    ● /Vく  }
                                                ノノ.i|⊃    ⊂⊃ i   \
                       それで どう問題が解決するんだ?   彡ゞ八  r‐-、 `7 从」 <⌒′
                                                   /⌒l`ニ`,  |/^フ⌒´
                                                  ./  /::|三/:://  ヽ
                                                  |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,



  NVVVVVVV人
  \     ( ゚∀゚)
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     \ \ ヽ
  〃 {_{   ─    ─ │i|
  レ!小§  (●)  (●) .| イ   それにはまず
   レ §    (__人__)  |ノ
  /     ∩ノ ⊃ 。/l     俺が使ってる 旅の扉について
  (  \ / _ノ  |. |     説明しないとな。
  .\ “∞∞/__ノ  |
    \。/____ノ


103 :◆vsQyY1yD2Q

 NVVVVVVV.人
 \     ( ゚ A゚)
 <         `ヽ、
 </ /"" \ .ノヽ. \    あの旅の扉は、どこからでも開く事が出来るんだけどよ。
  //, '〆     )  \ ヽ
 〃 {_{   \   / │i|.    オゴンからこっちに帰る時は、同じ場所に戻っちまうんだよ。
 レ!小§ (ー)  (ー)  | イ
  レ § u (__人__)   |ノ.     だから、この前みたいにオリに閉じ込められたら
   /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ    オリが あの場にある限り
  / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ    オゴンに逃げる事は出来ても、脱出は出来ないんだ。
  /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
  | ヽ〆        |∞|



                                             _           _ , -- ,
                                            ,´::`ゝ´ ̄::`イ:: ̄::`::y´::::::  `、
                                           //:::::::::::::´   、::::ヽ、   ::::::::i
                                           y/    i :::::::::::::::ヽ:::::i l::::::::::::::::.|
                                          /,::´::.::::l:::::l::::ヽ、ヽ:::::::ヽノ i:::::::::::::::::|
                                         l:::::!::::ナフl::::.K´\ヽ.ヽ:::::::从::::::::::::::::::|
                                         ヽ|´〆、\l ´ ` 、 -l::::ヘ::::l:::::::::::::::::.|
                                          〉l/! ハ `  ´ハ .ヽ ヾ i::::l::::::::::::::::::::|
               あ〜、だから あの時              ./::/.{ |::|    |:::|  }  i::/ヾi:::::::::::::\/
                                        ../::::| ソ.ー'   ー' ´`ヽ ゞいl:::::::::::::::|
               わざわざ オリを壊して出てきたのね。   リ、| l' ' '     ' ' '   し´i::::::::::: i::::ヽ
                                         \l::::\       u  イヾl:: i::::::::::i:::::::〉
                                           ゞ /ヽ、r-、   , ´ l  ∨l:::::::/::::丿
                                            ソ∨ ソ ̄l    / ゝ、 \//
                                              /´/ λ /   ノヽ
                                              l l ノ/   /  `ヽ、
                                             /l l/   /      ヽ


104 :◆vsQyY1yD2Q

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }   でも、あの時 ギャル夫は
     /⌒  ⌒\   .|   |    グプタを オゴンの国に残して出てきたお!
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l    更に その後 グプタは
  |     |r┬-|       |  /    オリとは別の場所で開いた旅の扉から出てきたお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
                                              _,. -――-  、
                                            ,  ´         \_
                                          /レ ――-  ィ   ´  \
                                         /     -―/  l_   \    ヽ
                                          /-‐ ´ .   ´__   、丶 \  |
                                          /   /   ´ ̄_`  |     \ |
                                         /  x斤、   ィイ¨Tト、|        |
                                          l  .イ iしリ     iしl::| 〉!         l
                                          l /:l ゞ'ノ     弋ン_  |        /
                    そう言えば そうでしたね。    .| /: |  〈         ,    / '
                                         |: :.:.l   、         /     /. /
                    その後、私が ルーラで      |: :.人   }_)       '   /.:./
                    バハラタまで送って ―――   l:./\:.ヽ、       /: //:.:./
                                        |'   }/. :\__,  /:/.: l:.:.:l
                                         _/  : /,.,.|   /イ: :  l:.:.:.l _,. _,、_
                                       _,.:/    / ノ    /   |^^´    ´' ,
                                      ,´ /   l  l//   /    ヽ         `,
                                      i 〈   l\廴  ∠ ィ: :   |        〈
                                      }  \: : t、    、_,ノ:    ノ        、'
                                      [   ` T「  ̄ ̄ `7ー--‐'´      _,. ゝ`
                                      l\   [     /    , -‐ ``   /
                                      | /^' 、 」    /  , '`        /


105 :◆vsQyY1yD2Q

                                                    )\
                                               γ´ / 丿 ヽ
                                               _{  //__  )
                                           -'''"          "'- 、
                                       , -'"                ヽ
                                      /                   `、
                                     ./     ,
                                    /     {                     l
                                    {/     !、    l  \ _\ー\   l|
                                     .,.'        | \\  \ー'  ̄ ̄ \|   /
                                   |   ゝ.  |―-≧'ー- ヽ  ○    ,  ∧
                                    l      | \|          , , ∠ ィf´ 〉
                  あれ?             ヽ、   ヽ  ○           u ノ /
                                     \   \ , ,             |二._
                  それって もしかして……。     `ト-=ゝ         _    /'´ ̄ `丶
                                         \_'、     r‐‐ ' ノ ./       \
                                               ゝ .    ̄  /             ヽ
                                                 ̄ ̄/   /         lい
                                                  /   /          | |
                                                / ̄ ̄             | |

             (ヽ三/) ))
         ___( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /(.●)  (●.)\ ).   そうだお!
     / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    .|   (⌒)|r┬-|     |   ギャル夫は、旅の扉を開いた場所にしか戻れないけど
    ,┌、-、!.~〈. `ー´   _/
    | | | |  __ヽ、     /      一緒に入った人は、別の扉から出る事が出来るんだお!
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  .|
    `ー---‐一' ̄


106 :◆vsQyY1yD2Q


       ____       バハラタで、オゴンの国にダーマまでの食料を運び込み
 / ) ) )/ \  / \
 {   ⊂)(●)  (●) \     馬に乗るメンバーだけで、ギャル夫と一緒に旅をして
 |   /   (__人__)   \.   残りは オゴンの国で待機!
 !   !    |r┬-|     |
 |   l     `ー'´    ,/    夜は オゴンの国に戻るようにすれば食糧問題は解決!
 |   ヽ        ィ      馬だけで進むから、時間の短縮にもなるお!
 |           /  |
 |          〆ヽ/
 |          ヾ_ノ



                                            _∩    .人.VVVVVVVY
                                           / 〉〉〉   (゚ヮ゚ )     /
                                           {  ⊂〉  r'´         >
                                            |   |  / ./ノ \ \  >
                ちゃーんと オプぼうの許可も貰ってるゼ!   |   | .//(●)  (● ) §小!jゝ
                                            |   |/:::⌒(__人__.)⌒::: §レノ、ゝ
                今回は、情報料って事で特別だとよ!     ヽ   |     |,┬‐ |     川リゝ
                                             \.\   `ー ´   。゜/
                                               \  ∞     ∞_ ヽ
                                                ヽ  ∞∞(____/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        /0 ̄\
         |:::::::::::::::::|      大量のものを通すと、僕の負担が大きいんだ。
        \___/
          ___        だから、ホントは認められないんだけど
       /    \
     / /  \ \    精霊神ルビスが アレフガルドで封じられてるとか
     |   ・ .. ・   |.    重要な情報もらっちゃったからねぇ
     |   ⊂⊃    |
    /\____/ヽ.    今回は、君達を助けると言う事で特別だよ?
  /__/__   __ヽ__\
 ∠  !:::::::::::::::|  |::::::::::::::!__ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


107 :◆vsQyY1yD2Q
                                  /   `ヽ、 ___/,. -‐ ''´_  | <  ヽ
                                  〉 /`゙''‐- 、__/ ,. -''´  / /┌┬'   !
                                  { / /`゙''‐-、---'───-L、| ヽ ヽ   |
                                  | | レ'/ /.| |          `ヽ、| ヽ 、|
                                  レ'´ // / | |      ___  ミ `く   |
                                 // | |_|L..._| !    '''´ __`  ヽ  :::\〉‐- 、
                                 |ハ || | ___ !       ィ'/:::7.jヾ  | rニヽ    \
                                 |! ヽ| y'r';;Tj`       {:::''゙:::}    l/L !ト、    \
                                   iヽ {::::''':j       `ー‐'′  (⌒ j `ヽ、___>
        せ、精霊の国って                   {`i ` ̄    i           レ'´/::::..  |
                                    ヽ !      〈 、        U  .rイ/::::::|:::. l |
        随分と 思い切った事をしましたね……。   / ',                /:::/:/::::/:::: ヽミヽ
                                  /  /:ヽ    __        ./.!::|:::{::::::|ヽ、:.  ) ヽ
                                 | /  |::/:::ヽ、    `    / |:::|:::l:||::::) |/
                                 V ヽ |::|:::::ハ:::ヽ、     /    |‐v从レ′
                                   }人|::/ lハト-、l ー‐‐' ´ ,.. -‐''´  l
                                      ヽ   r‐レ‐‐''' ´      |__
               _,,..-‐;:===‐- 、                ./勹ヽ        / _>─---- 、
             ,.-''´;:-'"´                     ___// O〉 ヽ     ,. -'´-'´:::::::::::::;: -─‐┴ 、
            /::::::/,. -―――‐- ,,._            __/|:|〃ヽ |  ヽ ,. -'´ '´::::::::::::;: -''´ , -‐''´ ̄`゙ヽ、
           _,ゝ、:ヽ::::::::::::::::. :::::. ::.. :::ヽ、
         /: : .: : :::;:、:、:、:::`ヽ:::.. ::. :::. :::. \
        ,:' : .:: .::/::; ヘ::';::';:ヽ::::::ヽ:::::::.. :::. . :.丶
.        / . .:::: .::;':/  '、'、:'、',゙ヽ、::ヽ::::::::::::::::..:: ::',
       /::::.:::::::::::;l:|    ';',';:ト'、  \ヽ:::::::::::::::::.:::',
        l::::::::::::::::ハ!‐―‐''´ヾヽ` ´ ̄`ヽ::::::::::::::::::l',
      j:::::::::::::::::{ ,ィ'フ〒ミ      z=;ミ、ヽ::::::::::::::iリ
        l:::::::::::';:::::|´ゞ-‐'‐      ヒ_}_ }ミj`/::::::;::{   でも、確かにそれなら
        l;1:::::::::'、:::'、          i       /´:::::::/l:|.    食料の問題は解決するわ。
       ' l:::;l::::::::ヽ::ヽ        __     /:::/:::! リ
        '、{!:: : ::;:'、゙ヾ、    "‐゙    ノィ1:::: :::|     時間の問題も考えたら
        ゙l:::. ::ト、'、      ~    ´ ノ_.!:: : ト',.    それしかないんじゃない?
         l:ハ::. ::!ヽヽ.       _,.-'-r'´!: :::l ';',
         '! l::ヽ::',―-~ニ=−‐'7::/|:::/  !:.:/  `
          |/`|ヽヽー―、  } ̄~_}. |::{  l:/
          ′| `゙`   } ノ 「~  ゙'!  〃


108 :◆vsQyY1yD2Q

                                              __ /{        ヽ} __
                                            / ` > ⌒`´ ̄ ヽノ.  \
                                              // . :/  .  '⌒   \: : . 、ハ
                                           iハ : iィ :{ :i、:i/`~´}ィi: : . 、i: :  }リ
                                            V : :i: :ヽi≠、  左ナイ: :リ: ./
                                             V: :ゝトKヒtj ,  ヒtjソ イ}: /
                  いいんですか?                     } :||:ゝ  _..__  フ: ソ: {
                                          、___ノ: : | l: :> '-.-' ∠i: ハ: : ヽ__,
                  私達なんかが                `¨{. : :ノ.从{ 「`iTi´ | l/ ゝ: . _ノ
                  精霊の国に足を踏み入れたりして。     77¨ ̄ ̄ ̄ 大  ̄ ̄ ̄ `ヽ.
                                            / i / ̄| /  ヽ 「 ̄ \ ハ  _  . rh
                                           ゝ ∨ 厂 !/     ∨__ 、 { { i }  ノnリ
                                     .r‐ 、__    jフ /:// /     /___/  Vハ. | ゙¨´.::j.|
                                    r「|\::r'7  レ' :{:{  |:::::::::::::::::: ̄ ̄::: }::: ヽハ::..: .::::ノ
                                    ト.リ\ソ {、  /  :ハ'‐, |::::::::::::::::::::::::::::::: ;ノ::::.  ハ:::::::イ
                                    Vコ::/ ノ `く:. :::::/| |l::::::::___:::::::::::::::ハ:::::. / `</
                                    `「厂    |:::::::/. ゝ-'一'___|___'---、/ ハ:: {   /
                                     `ヽ、   ノ::::ノ r┴-t、_」_r---'、   ヽ. \ /
                                        ` </  ,/::::: ||::::::::::::::    ハ   \_フ
                                             /::::::: j.|           ハ
             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\      その精霊の許可取ってるんだから
    /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\
   /    ノ    il゙フ ::::⌒(__人__)⌒:::: \.   問題ねえお!!
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     ,/


109 :◆vsQyY1yD2Q

          γ⌒ヽ、
          ‖,,,,,,,,,,__
        , '´      `ヽ、
       /           ヽ
       /  , .∧  .、    ヽ   `、
     /:::::l l /八 从   八 、 丶
     l::::::l l∨  _ヽ、、ヽ、N ハ l. ..l
     l::从└゜´   ` ` ` `ヽキ  l
     ノ ノl ー--‐'    ー--‐ ∧ .l
   /  乂゛       、      ./ ノヽ`、.      馬に乗れる人だけでかぁ
  ∠ /   !.   ___ __     /'  ミ丶ヽ
   /    `.、  ` ー '  ,∧   ヽ、.     当然、美希は
  ∠τ    , η-、 _ _ ,_-_',、_    -、丶    オゴンの国で 寝てていいんだよね?
  /_ノ    }' ,' ,' ,'γn「ヽヽヽ    ヽ
   ̄ /    _)、    ∨    〉   ヽ‐ヽ
   /, -‐ ´ ∧   ‖   /丶- 、_ ヘ
  / /     l 〉   ∧   〈人   丶\
  /l    ,⊥'   /'ヘ   VL    lハ`
  /∧   〃'   /==ヘ   ヘ=,   ∧ l
 リ/ i   (/   ハ  Λ   ヘ }  { l リ
  / ∧   /   .ハ ∨,∧    ∨  .ll l
 ノノ l l  /    l..(c》 ‖〉   ハ  llハ l                             ハ
/ '  l l      l`> l l <.l   ハ l l .リ                          γ ´/ 丿 ヽ
   リ l     ノ(彡" `ミミ)l    : l.l                         /⌒ \ -――-、 \
                                               」          \ ヽ
                                           /  .l            \ハ ヽ
                                           /   ハ     ト、  \  l |: |
                                          ,'    | l\   l /\、 |  |ム |
                                          l|    ト、|   \  V   \| /ハ/
                       だから 美希たん……。      ハ  |  |u ―    ̄´ ≡彡'| /ノ ノ
                                           \t  ', ≡彡       j/ lイ
                       いや、でも、私も一緒か。.        `ト \    ′   u /
                                              .ー`T  __, ==ュ ∠._
                       ダーマに着いたら                 > ` ̄  /l  \
                       真面目に修行しないとなぁ。         ./   ≧r-'´  | \ /
                                               \ /  リ   / /、
                                               / \  |ニニ//l |\
                                              / / / \j  /'  l |  l\


110 :◆vsQyY1yD2Q

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V.   ダーマまで待たなくても
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!   オゴンの国で待機するメンバーは
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i     一箇所に留まっているようなものではないでしょうか?
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|    ここで滞在している時と同じように。
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ    修行する事も出来ますよ。
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |



                       ,、   ,ィ'ヽ、
                 __,/ `Y´    ヽ、
             __,.-‐       ヘ.  .   \
            ,ィ´         i :   ハ ヽ、   \
            /         ,ノ /| i : | |   ヘ  :. \
          / /  .:::     ,ィ'/ ./ | :| :: .| |、   l ::  `ヽ、
       / /  ::/    /__/ /  | :| :::: | | \   | i::::.   ∧
        | ./ ::::/  ,ィ'´ / /    | |.::::: | | `ヽ  j  |::::: \  ハ
       |/ ::::/   ,/ j ,/___,  |.|:::: j j___ | ,/  |::::::: ヽヽ〉
       j ::::::|    |:j |/ィチオ、  |j:::: / /チ心j/∨  |:::、::  ∨
       {∧::::|    |:|,ィ' f::::tハ  j_,ノj,/ んィ:ハ `ハ.  ト、:ヘ   〉   私は、この時間を利用して
       |'  `{    |:|`、弋ィ::;リ   }={  弋ィ::;リ,λ:} j ∨ /
        |  :::ヽ、 :|:| ゝ、 ~"   ノ ,ヽ  `~  ノ:::j,ノ  /,ノ     錬金釜の修理に
       |  i::::::`ヽ{;|  `ー-‐ ' 、__, `ー-‐ ' j::::::::|  '"      挑戦してみようかしら?
          |  ノ::::::i::::i:`:|ヽ、         ,-、   ,.イ:i::::: |
        | /:::::::λ::|::::|::::::`>ァ‐-.ー :| ,} '´:::|::|:::: |
         j/ :::: /::i::::|::::|-‐'" λ::::j   ;| { `ヽ‐-|:::  |
       / :: /:::::| .::|::::|     ヘ.____,{ ,ィ'´`ヘ、:|:::  }、
        / :: /:::/´| :::|::λ      \  l   ry' |:::  | }
      j   {:::j`ヽ|  ヽ `ヽ    ヽ{ ̄ ̄ ̄ ̄}:::  j: |


111 :◆vsQyY1yD2Q

               ,へ、
          , ´  ̄ >.、
         〃       \
        _ノ / /|      ヽ
      < ,_イ-x'、_! ,/|  i   }
     <´ `,i ' rfツ ヾ! ヽi_,| ノ/
    、ー´    '.    ,  fアヽ/ /    ……あれ? それだったら
    ヾ    ト、 r;   / (
   /_.., -イ´ `ー,-<´ ,´`     美希達 みんなでオゴンの国に入って
  ∠f´   //'o  ´|i\ r-k,i`i、
  ノ|   //  ゚mk'゚ || /   /.     ギャル夫だけが船に乗ればいいんじゃないの?
  フ}  ;´~ヾー- 、_.,┘/ f  ̄
  レ|  {  《`ヾ 〆》/  .|ゞ
   .!  ゝ _,..   .._,/  .|
   |  f     \ |   .|
   |  |ー-,--‐〈ゞ,!  /
   !  |,,,,__ノ}} `ー'´
  /|  /( (⌒) ) ),}



                                                        /VVVVVVVY
                                                       /        /
                                                       r'´         >
                                                    / /ヽ/ ゛゛\  \>
     いや、旅の扉は 「同じ場所」 に出来るから                    / /  (     ゝ'   ,ミ
                                                   |i│ ノ    \    }_}  ヾ
     船の中でオゴンの国に帰ったりして、その間に船が動いちまうと       .ト | (●)  (●) §小!、ゝ
                                                  (,|  (__人__)  u § 、ゝ
     次にこっちに戻る時は、海の上に出る事になるんだよ。                \ `⌒´   。゜
                                             r、     r、∞    ∞  ヘ
     だから、それやると 船旅の間 俺がオゴンの国に戻れなくなる。  ヽヾ 三 |:l1 ∞∞       ヽ
                                              \>ヽ/ |` }         |  |
                                               ヘ lノ `'ソ          |  |
                                                /´  /          .|.  |
.                                          + 人   \. ノ             |   |
                  その事を ギャル夫に教えたスライム→  (゚ー゚ )      |             |   |


112 :◆vsQyY1yD2Q

            __,,.. -―――--‐‐-,,.._
          ,.-''´              `ヽ、
        /: .:                `ヾヽ
        ./.::..:::    : .:  :. :.     .    ヽヽ
       /:::::::::: .:   : :.. :::.. :.. :::..::.  :. :. ::..   ';、'、
        l:::::::::::..::: : . ::::. :::::. :.. :::::::. l、i、:.. ::.. :.. l;l`゙ヽ
      .{:::::::l:::::::::.:. : :. :、:::::ト、:::'、ヽ::::. l `z;、::::. ::. !!     私たちのために
       ',::::::i::i:、::;::::::. :.'、'、::',_ゝ、'、ト、:::|イノ」::ヽ:. ト;!    ギャル夫に そこまでしてもらう訳にはいかないな。
        ',:::::ヾ:_ト;'、::::::::::ヾf` {r'j` ヽヽ! ´ l::::::ヽlヾ.
          i :::::(( !;:::ヽ:::::::::::ヽ~´     ` l::::. 、;;:.ヽ`-   食糧問題が解決するなら 陸路でも十分だろ。
         l :::::::ヽl:i、:::::::::::::.ヽヾ     _../::::::::.ヽ`‐丶
          j/:::;:::::::リ::ヽ:::、::::::. ヾ\  ''´ィ::、:::\:::. ',     それじゃ早速、一ヶ月分の食料を買い込みに行こう。
        /j:;イ:::::l:i:i:::::llヽ、ヽ、:::.ヽ__ノヽヽ`゙``ヽ',
       ///:::/l::;、';::',ヽ、゙`_> 、ヽ /   l l ̄`ー` 、__
        ´ノ-‐'‐1l ヾ;、\ {     ``/    l l       `ー- 、
    ,.-‐''´   _」l  , `i゙`l    / r 、  '! l__       / ヽ
   ,イ   _,.-''´ !! / ! ',   / .〈   ヽ. l l    ̄` ┐ |  ヽ
   !.|  r彳〈  //.| /   ヽ /   丶、 l l l      l  l    丶
   l !  l 〈 〈 _// ´    7´      `゙  l_`ー、   l  l      l

                                               ,. - ‐  ' '' "~`ヽ
                                              / ,ィ   __.    \
                                             ./Y ノ , '",.、\   、.  ヽ
                                            /= ト、<   \ \! Vフ  ',    __
                                          ,. -‐く _」.l liヽ ヽ._, - ` /7 rヽ |/´ ̄ /
                                        ////, `ー- 、__ , '"/// L. _ /!- ─'-‐- 、
                                        .レ  レ1 //7ヽ、 | l `!i ------ 、‐く ノ\ ____/
                        それだけの量となると      .レレ レ'. ○l/V  、___ ,,.. ヾノ⌒i
                        馬車が必要ですね。     r‐ ' _ノヽ       ○    /_ノ j
                                         V ( (´,/\  _     ,. イ ヽヽ ヽ
                        すぐに用意します。     ,. -─ 、-、- ァォヘr --─ { ,ノハ ノ ノ /
                                        /    -ヽ〉 | /-ヘ -‐ '"´`ヽ 〉ハリノ
                                        i.     j  レ'"´    __,.  >、
                                         {      j ヘ、 _,,. -ァ '"´ ,  '"__ iヽ
                                        〉、こ二ソヘ //,.へ/ | {<. 「 〓 | }
                                         t   ノ_」 i l l// 〉 `丶j   \/ .|
                                          ̄   /・ // /   〈``ー--‐‐ 〉


113 :◆vsQyY1yD2Q


< 荷物を降ろして、馬車を空にしていて良かったですね。

< オゴンに持ち込む時、馬車に載せられない分は 自分達で持ってかなきゃいけないお〜。





                                                 / ̄ ̄`.v―: .、
                                                   . : ´ ̄ミヽ|∠. ̄`
                                                 /:.:./  ̄`ヽ|/´:.: `ヽ.
                                              ./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:. ト`ヽ:.:.:. ∧
                                             /:/:.:.' :.:.:.: / .:.:.:.:.;:|:.:.`ヽ:.:.:.:∧
                                            ./:/:./:.:./:.:./:.:.:/:.:/::|:.:.:.:.:.:∨:. ∧
                                          /:/:./:.:.:.|: /|:.:./:.:/:.:.ハ: :i: |:|:.:∨l|
                                           |/||!| l:!:.:|ム| /l:/|:::ム=ヘ:|!:|:|:.:.:|/}
                                           |ヘ.!:| l:!:.:lゞ=ミメヘ|´ ,ィ=ミメ、|:|:.:.:|.ノ
                               ……………。       .乂八人(゚;;;)    (゚;;;)丿从人 
                                           ´ ̄`ヘ\            /人「 ̄
                                              .〉 、   '      //.__.`
                                               .ノイ:ハ .  -   ..イ人{ /7、 __
                                          / ̄{ { |: :|'< }>-<_ l |::::ル/r‐\.\
                                         ./  ヘ.V\\r'―<,ヘノ /´: :.ト.{./ ハ}. ',
                                          .l   |i\_r' 二Y/: : | :|: : :.l: : {/|、ヘ   l
                                         l   . ∨:. .:|>r ノf: : |/|: : .l: : : : :l: : l.  l
                                        .l    ヽn'''":}: : : ヽ: : :|: : : l: : : : : l: : l.  |
                                        .{     |:|: : :.}: : : : :l: : :|ゝ: l: : : : : |: : :.}  l
        /:::::::::/  」.. ⊥  ノ__ /r-、::::::::::::::::::::>
.       /:::::::::::>/´        ` 、 `7__:::::∠
      // ̄ ̄/            ヾノ'´ハ:::::::::/
     ∠___l   ト、 \      l   V _):::/
   /::::::::::::| |:::::::ト、 弋_ト、. \    ,j   ∨::::/
.  ,:::::::::::::::::::レ|:::::::::::}`⌒`ヽ、  \  ノ  ,.ィ ノ ̄i
  /::::::::::::::::::/ ,j:::::::::::!     `゙ r、   _..ィ'^7ヘ.  l   ククク……どうした雅音。
. /::::::::::::::::::;ハ j::::::::::::l ト、_    、 iーr'  ,:::::|:::i\}
/::::::::::::::::::/ |::::::::::l  V  ,‐┬-,. --ィ / ::: |:::|       グズグズしていると、彼等は行ってしまうぞ。
´ ̄7::::::/   |:::::::::::ト、 弋ノ」ノ_/{_,ハ_/,:::::::::::|:::|
、::::::i::::::/l    |::::::::: | ヽ.   _   / |:::::::: |:::|
ハ:::|::::i::::V.   | ::::::: ト、  \       / j::::::::::|:::|
|l::|::::|::::::V |::::::::| \  `ー―‐'   i;:::::::: |:::|


114 :◆vsQyY1yD2Q
                                         /: : : :/: : /: : : : : : : : ; ィ: : : i : : : : : : : : : : : : : : : '.,
                                      /: : : :/: : /: : : ; : : : :/ |: : : l: : : : : : : : : ; : : : : : : :',
                             .        /: : : : |: : /: : : ィ: : : /   |: : : |: : : : : ; : : : ヽ: : : : : : :',
                                    /: : i: : :|: : l: : : / |: : /    |: : /; : : : : :'; : : : :ヽ: : : : : : |
                                    |: : :';: : |: :ハ: : /_ .|: /、-‐'彡=|:.;'=ヾ: : : : :.|: : : : :ヽ: : : :i: :|
                                    l: : : ';: :.|: |カ:/ ̄, !`` ̄ _レ'   |: ヽ: : ヽ: ヾ: : ヽ: : :.|: :|
                                      '; : : :';: レ| <イム',    ,イPタソ> ,': : : \:rヽ: ヽ: : \: l: :|
               ……いじわるですね。          ヽ: : :'.;: .', 弋ソ l     ゙ー" ,': : : : : : fう';: | l: `ヽ>/
                                      ヽ: : ヽ:.',   ,'        /:/|: : : / 7リヾ,|: : : : /
               いつもなら、人の意見も聞かずに    .>; ミ{ヾ,  、       "   /: :/_ノ /´: ;i : /
               強引に事を進めるのに。.          " ! ',   `        彡'´ x-r"´: : : :∧;'
                                              ヽ   t_--、         |: : : : :./ '
                                             \  ‐-      ,    !: : : : :|
                                              ヽ      , .ィ´    /: : : : :|
                                                  ` -‐ r'"´       /,イ: : : :.|
                                                 |       /:/ |: : : : :|
                                                   /       〃 ,': : : ;';: |
                                 r-―― ´ ̄ヘ ̄ヽ ̄ ̄´             ,': : : :.|.ヾ|



           /::::::::/ _」ノ__」..L_く___〉__::::::::::\
           /:::::/ ̄ヽi´       \_ノ、::::::::::::\
        /:::::∠ ___」 ヒッ、       \)::::::::::::/
          /::::::::/:!,ハ;:::::::::::i`冖‐-`.、 \  }:::::::<
       /:::::::::;::::|し'::::::::::::l       ト、  ノく';::::::::::\
.      /:::::::::/::::::V::::::::::::::ハ.      | \_/ィァ::::::::::::::/
.    /:::::::::/:::::::::j:::::::::::::,.レへ _   、_/_/了{ ::::::::::/
.   /::::::::::::::!:::::::::/!::::::::::::; ∨_,{ /iヽ、   /\):::::::/    貴様に任せて手を出すなと
 /::::::::::::::::::::|:::::::/|::::::::/   ` ー 、{/ハィ ':::::|::::::::::::|
イ::::::::::::::::::::::::::|::::/___|:::::::::{      `ヾ'/:::::: |:::::::::: |.     タニアから言われているのでな。
 ̄ ̄{ ̄\./|:::!  |:::::::::ハ、-‐- .、   / ::::::: | :::::::: |
l   i |::::::::: \.!:::!   |::::::/  \  __>ノ :::::::::: |:::::::::::|
l   l|:::::::::::::::|:::|   |:::::|   /ハ___/ :::::::::::::::: |::::::::: |
l   l|:::::::::::::::|:::|\_|:::::|  / l \}\:::::::::::::::| ::::::: |
l   l|:::::::::::::::|:::|:::::::|:::::l/ヽ.ハ_/i /| } :::::::::: |::::::::::|
l   l|:::::::::::::::∨:::::::j/r''"く(   ){_/ ::::::::::::::|:::::::: |


115 :◆vsQyY1yD2Q
                    _
                  __/:::::::::::::‐-......__
                    /::::::__r _フ_,勹ヘ::::::\
                /:::::ん,:'´    `ヽフ:::::<. rー- 、
                  /::::::ル' ト、 \_j__ マフ:/`)7  !、
                    /::;ィム.ヘr`⌒ヽ._ノ _,ク'_).   /  } |、
    _          /::::::::::::::::::! ト,、 マi7´ /ヘi′    ,   〉、     それに……
  {>、:::::::::::::::::‐-..、 /::::::::::::::::::;ハ ド'ミニ=vチ::::l  ′   ′,/ ,ハ
  |:::::::::::`> 、::::::::::::ヾ:rハ:::/{::::::!小.    /:::::|     ′   ,/      試練だと言ったはずだ!
  |::::::::/   `ヽ:::::::::::\ヾ、.|::::::! \ミ‐‐r'ヽ:::::!、         ,/
  |:::::/        \:::::::::::::Yハヘ::::|_,.ヘ⌒や、 !:::lr'=ー-..._   /::::::::::7
  \;        \::::::::::Yハ::ヾ{  ヽノ_.ノン´§|i|i|i|i|i}`ヾ':::::::::::/
.   i    ::.    `゙ミー`:::::::::Yハ:::::::>-(盆)ヽ:,广冖ーミ§/:::::::/ ̄ ̄ ̄}
    !   :::::...::::::/ \::::::::::} |::/   ヽ.l  /      `7:::::::ノ_,.:':! _」.   ト、
    ヽ.  ::::::::/    `¨ヾミ、ノ,′    }/      /{:::::「  `ソ  {/:::7 〉
      \:::::::/ 、       ヾ!     /      ./ Y::{  r'′  i::::/ ./,ハ



                                                      イl
                                                ヽ`:.ヽ  ,':.|
                                                 ヽ: :', /:./
                                             , ァ, .-‐ 、`、':/__
                                             /イ/.,=ァ::. :.:..、,':/-: : :ヽ
                                           イ ′,テ-=;イア´: : 、: : : : ;\
                                          , '   /"´: : /; ヽ: : :\: : : ヽ'、
                                          |   /: : ; :イ| ヾ、: : : : \: ミ ';i
                                          ,レ^ア1': : ;-z、|!==、'f: : :.;、: :>    ヾ、
                                          .{   ト、: ;z=  ,z=ゞ ,l: ://: : l      }: }
                                           ',  ..l l∧ 〈    彡r'´; : : `ヽ_,/: /
                    それはそうなんですけど……。    |   .l.   ヽ、 、 u/  ';>、: : : : :<
                                          .l    |       iヽイ7/'i  ,'i;/´ ̄`=
                                          .l    ',    ノ l i;' `‐.|:;'      ヽ
                                          .l   ∧  ,イ' ´,>'~ヽ  l::|         \
                                           |.    }'´  ,/,'  }  l:,'     、
                                           l     ./" ,' /{  ,.'  ソ" , -‐イ ,ゝ、
                                          .';   ´  l ヾ',_/ タ´     ,´  ヽ_
                                          .ヽイ‐'´  '、 `i7,。'      /    `、


116 :◆vsQyY1yD2Q

                _ ... -―┐
                 r::,ヘiフにマヘ:::}
                 |んi'r_、」_,rァ{ム!
                 i个l ̄l」」 ̄|个{
                ,/:::|::ハヒwwイハ::!:::':、            念のために聞いておくが
             ./::::::|::lハ.___.小::|:::::::':、
   , .. - ―― r‐‐'ァr〈_|::|>ィーrヘj_l::!_〉┬―r――― ....._.   嫌と言う訳ではないのだろう?
   ヽ:::::::::::::::::::|   ! ::::::|::|:廴._.ノ/:l::!::::::|   |:::::::::::::::::::::::/
   ハ ::::::::::::::|   |::::::::}//( )\l/::::: |   |:::::::::::::::::/:、
   |  \:::::::::|   |:::::::::/ /!  人ハ :::::::|   |:::::::::::/  |
  ‐''¨ ̄ >:::: |   |::::::/ /_ハ__{___j__〉:::::|   |::::::::〈⌒ヽ.ノ
  /  /::::::: |   |::::::`ー':::::::`ー'´:::::::::|   |:::::::::::\ iヽ、
    <::::::::::::: |   |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   |::::::::::::::::::>! l
      \;:;:;:; |   |;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::;:;:;|   |::::::::::::/ ノ |



                                 /: : : : /: /: : : /: :/    ヽ: x: : : : ヽ: : : : : : : : \: : ヽヽ
                              /: : : : : /: .;': : : : |: /     _,i: |__ヽ;ヽ: |: : : : : : : ; : : ヽ: :ヽヽ
                               /: : : : : /: :;': : : : ∧{   //  ソ   ';: ヾ: : : : : : : '; : : ヽ: : :';ヽ
                              l: : : : : :/: : :|: :; : / ';|  z彡" ___、__、  ';: : : : : : : : : :/、: : ヽ: : '; ヽ
.                             |: : : : : :|: : : |: ∧;'z、 ヾ´  代込り "  /: : : : : : : : /-‐ヽ_: \: | ヾ
                              |:i: : : : i|: : トレ‐'´!  ヽ   --        /: : : : : : : : //\ヾ|\ヾl
                            'l ヽ: : : ';: : ', rz云y ,'             /: : /`i: : : /ヽ ',  ' }: `':|
           それは ありません。       'l \: :';: : |,にタ ノ          '´ "´  |: / } ノ  /: : :;'
                             ヾ、 ヽ: ヽ:|   ',  _            /シ  `'´  /: : : /
           カガリ達は良い子ですし         .}: `:.l   ヽ                 r-ー': : : :/
                     .            ,イシ、: l'.,        __           /|: : : : : <
           やる夫も、その           ̄´   ヾ! ',    ィ´-            / /: /i: : : : :ヽ
           頼れる人だと思います。           ヽ                 /' /: : : : : : : ヽ‐-ァ
                                           \             r-‐ ー ̄ ̄` ー ‐- 、ャ_
                                           \        ,     |
                                          ヽ___, ュ'´     |
                                        _, - ‐ ' ´ヽ       |
                                         /´        ヽ    |
                                        <           \.   |
                                        ヽ          /|   .|


117 :◆vsQyY1yD2Q
      く::::::::::::::::::::厂{-{..  -┴--- く`ヽ::\
          \::::::__,イ,. '"´          ∨{:::::::ヽ、
        r':::::} ノ´       / / } トく了 ̄\
        |::::::Vl  ――r'"  _¨二、,ノ―――イ
        |:::/ハマニ>、    /     }::::::::::::::::::|
        |// 人/ ̄`:、 ̄!:.:.l    | ::::::::::::::: |           ならば、何を戸惑う事がある!
        /}>'"::::::、   ‐ '"´_   |:::::::::::::::::';\
         / ::::::: |::::::::ヽ.  rvハ/_}ノ⊥ン |:::::::::::::::::::':,:::\        グズグズしていると
.        /:::::::::;:::l:::::::::::::\ ー'´,..-‐    ハ:::::::::::::::::::,:::-― 、      彼等は本当に旅立ってしまうぞッ!!
       /:::::::::/::::|::::::::::::::::l `:、     / |::::r-r''"`ヽ.   \
     /:::::;イ::::::::l:::::::::::::::::i   、_... -‐' _.,!'"´|   ゙:::、   \   貴様は それでいいのか!?
   /:::::/ :':::::::::,' :::::::::厂 ̄\    / ̄!.   |     ゙::::〉     \
.  /:::::/ /::::::::::;' ::::::::/    /  ̄ ̄ 「 ̄l   |     `ヾ`ヽ    |
  /:::::/ /:::::::::::;' :::::::/    /|   ,/| |  l            l
. /:::::/ /:::::::::::::' ::::::∧.   / .歹冖|. |  |   l              |
/:::::/ /:::/V ̄i ::: /:::::\_/ ,.イマ> {| ,}        ヽ        、
 ̄ ̄ ̄:/ /   |:::/:::::::::::::::::::厂又VV| {   \     ヽ        ヽ
::::::::::::::/ /   .|/::::::::::::::::/   |l  ̄|  \    \               ノ





                             .l. :l.    .i   ハ   ::!  ,/´;:ヘハ\、: : : : :.ハ: : : : : : : : : : : :}: l、`ヽ
                              l :l.    :ヘ : ハ. :::l. / : : ノ   Vl  \、 : : ハ.: : : : : : : : : : :l.: :!゙ヽ
                            l :l: .   ::ヘ :. ::ヘ ハ/: :/ 、 _,, リ     \、: l: : : : : : : : : : ハ :| く/
                            .V:N :  : :ヘ : : :ヘ ::ヘ-' ーrf===v,,     `V.: : :i: : : : : : :7 ゙!:! ,'
                             ヾ、ヾ: . : : :ヽ: : : ヽ:ヘ.  ' ':t。.   :l!      i.: : :ハ: : : : : 7 ,リ   _
                              ヽ`ゝ、::ヽ::ヽ.: : :ヘヘ.    ヾ!   '       }: :/ ハ.: : : :7   厂
                                  `ヾ、::ヽ、: ゙ド、    ` '        ノノ ::ハ.: : :/   7
                                     l: :ハ::7 ヽ   ,'        '´     :V:/
                     そ、それは……。       };/  ソ                 Y
                                        ´ /
                                     く_   _             U
                                       `゙ ー-、
                                           ーt_‐             ,.'
                                             `ヽ、         ,. く
                                                ヽ      ,.ィ'´   ヽ
                                                 ヽ  ,.ィ'´      ヽ
                                                  `´          ヽ   /


118 :◆vsQyY1yD2Q


                                        それじゃ、みんなで買い物に行くおーっ! >



                 ...__,--r‐y―y
                   /::ん'^ー'ー'ー、ァ┐
                /∠彡、 t_、 __  \
                  l:::: (|:::::「 ̄`i_ } ̄7\   ご主人の買い物は、俺が手伝って来よう。
  ト              |:::::::|:::::! rwvvィ /::{ ̄
  |::\:`::....、      /::::::/:::::!.、 ´ ̄ /:::::|.    お前は留守番でもして、自分の気持ちを整理するがいい。
  |::::::::\:::::`:::..、   /::::::/」:::::| ` ┬'::::::::|
  |::::::::/⌒ヽ:::::ヾー'ミイ:厂|:::::|\ /{:::::::::::i     繰り返し言っておくが、あまり時間はないぞ?
  |:::::'      \:::\ くアヘ:::::Vこ7^V\:::::、
  ∨       _>::::\ \::ヽ::Y'′| ノ^!::i__..-r‐::::::::::::7
  |      \:::::::::::::::V ハ::::V~::><ヒェ)':V:::レ l::::::::::::/
  _j    ;  ` .\:::::::::::V ハ:::::::/ i  ヾ/¨ヽ::|  l:::::::::∧
 く厶    /;     ヽn:::::V ハ :::| r 、 |   \ l::::::/  \
  \\ / ;    にニ ̄ ヾ::|' }::└':::::\廴__ハ_レ'!:::::\   |
    \{  '::.,  にニ   〉i |:::::::::::;广三ヽ::_」 」:::::::::::::>|
     |   `ヾ  廴ニ   `:、|:::::::.'`ヾ:三三|  ‐`_ュ::/`ヾ
     |   `゙ :..    > ─┴''´     ヾ 三|   二}   `、
     ヽ、    `ヽ/           }三廴_....-ー'′   |



                          /: :l : : : :l : : : : : : /| : : :ィ: :/|::.:.:/   ヽ:.ト:::..|_ヽ : : : : :l : : : :ヽ : : :'; ヽ
                          |: :;l : : : :l : : : :.l : l,-l : /_|: / .!:.:.l     |:.|‐ヽl/ \: : : l : : : : :'; : : :'; : l
                          |: l.l : : : l : : : : l; :l :/≧ニ|/ヽ、 l:.l   /}:l壬土z=zヽ: :.l: : : : : :l, : : .l
                          l:.l ';: : : :.l : : : :.lヽl{,ィ f:示:ミヽ |/   /´ リf:示:ミ x、. `ハ:| : : : : :l : { :l
                          .|:l '; : : :ヽ : : :l. 《 弋:少   ヽ      弋少  》 ./:.:.: } : : :/ : :ヽ
          わ、分かりました。      ヽ  } : : :∧: : :'、                      /:. :./: : :./ゝ:ヽゝ
                           _ノ_; :ィ: ヽ ヾ、:ヽ           |        /:ィ ; /: : :./:ハ
          すいません、お義母さま。..    `ヽ:::::ト、:.:{ ̄          j         /:::, ': : ,.'´/,'
          よろしくお願いします。         ∧:{:小ド\       ヽ 、      U //: :,. '
                                / ヽ l::::`、                 ,//:::l    ヾ
                               .,'     l::::::l. \              /  l::::::l     l
                              {    l::::::l   \   ´  `    /    .l::::::l     ,'
                               ',.   l::::::l     ヽ          ´        l::::::l     /
                               `、.  |::::::l!        ` ‐-‐ ´          l::::::l  , '
                                 \|:::::::l!                   .l::::::l /
                                  ヽ::::|!                      l:::/


119 :◆vsQyY1yD2Q

              ヾ、
                   |:'.,       _,ィ
                |: :',   _,ィ‐'´: :/
                   |: : } /: : : : /
                ';: : l |: : :,r' ´
                 '; |,': :/_, -ー- 、
                  ,ィ´⌒:`|: /: /: : : : : `: :ヽ
            /: : : : : : ミ、: {: : : _: : ; : : : \
           /: ; : : : : : : : : : ;: :´: : : : : : : : : : : :ヽ
         /: ; ': : : : ; : : ; : ' ´: ' 、ヽ: : : : : : : : : : : \
        /: : 彡: : ://:/: : : :´: : :ゝ ';: : : : : : : : : : : : :l
        /:/l: : : ://:/: : : : : /;´⌒; :'、: : : : : : : : : : : |
          i:,' /l: : //: /: : : :/: ; |:/   |::|`; : ; : : ; : : : : ;'
  ,     |' ´ ,>´: ;/;l: : : :.l∠斗=ミヘ..|:| ',>: : :i: : : :/
 /i      -='丁: : .r'; : : : {:l ,.ィ=x、ヽ`l| ,rf、゙、: :/ : : /
/: {           |: : : :', l_: : 、:ヽ《r';;} , ` ,ソ {r} ',,': : ; /    急がなきゃいけないのは分かるんだけど
: : ヽ       /: : : : :ヽ\ `lヾ、`"    ',゛゙ l: : {´
`; : :`ヽ ___, .イ: : : : : : / ̄、ヾ`` u.     , / ./:|ヾ}         どうしても意識しちゃうのよね。
 ヾ; : : : : : : : : : : :>l: /   ヽ     ,_,  / '
   '、: : : _, -‐へ\!{    ,_> 、  ,.ィ´
―― ' "´   ̄  ヾ´、   |´ヾ、ヽ ヽ '´ ,'
             ';|   L, ';'、  i  }
            }i |-‐-   }:|', |  ,'
            , l:|        `ヽ' ,'
          _ ,イ  ,':{        `,ヽ
 ̄7ー--、_  ´     ';:',   {     ' ,l ヽ
  |     i ` 、     ';',   ' ,     l  ヽ
. ´!    ヽ ` `  、   'ミ、   ヽ   |ゝ,  ',
´/    、 ヽ        ヽ二ゝ、 '、 //   }
.|     \           о'、_,}彡ソ   .,'
´       、ヽ         `оV:/    /
.|       ' ,           ヽо_, ,/
:|        ',            |
. ',        ',           /
、 ',           ゝ、          /
              /\_     /
       _,, イ´    ̄` ´


120 :◆vsQyY1yD2Q


   彼の事を……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                               __
                             /..::::::::::::::..\
                           /..:::::::::::::::::::::::::.\
                          /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                          | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                          \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                         ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                         ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


121 :◆vsQyY1yD2Q
                                   __
                                      ,..:::'::´:::::::::::::`::::ヽ.、
                                    ,.::'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.                            ,.:':::::::::::::::::::::r─;::::::::::::::::::::::::ヽ
                               ;'::::::::::::::l ̄ ̄   ̄ ゙̄l:::::::::::::::':,
              / ̄ ̄`.v―: .、.      ;゙:::::::::::::::: ̄,ニ'  ' ̄=ニ;::::::::::::::::::!
                . : ´ ̄ミヽ|∠. ̄`     !::::::::::::::::;r'~ ,、  r. ,_ ヽ:::::::::::::::l
              /:.:./  ̄`ヽ|/´:.: `ヽ.    ';::::::::::::::l  {;;;フ ./,i  i::::::::::::::;!
           ./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:. ト`ヽ:.:.:. ∧   ヽ::::::::::::ヽ   ,/:r'´  ノ::::::::::::;ノ
          /:/:.:.' :.:.:.: / .:.:.:.:.;:|:.:.`ヽ:.:.:.:∧    >::::::::::::`':::::':::::::::`ー':´:::::::::::::/
         ./:/:./:.:./:.:./:.:.:/:.:/::|:.:.:.:.:.:∨:. ∧.  , '.-'";:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       /:/:./:.:.:.|: /|:.:./:.:/:.:.ハ: :i: |:|:.:∨l|.      `'-::、::::::::::::::::;:::- ' ´
        |/||!| l:!:.:|ム| /l:/|:::ム=ヘ:|!:|:|:.:.:|/}           ̄ ̄
        |ヘ.!:| l:!:.:lゞ=ミメヘ|´ ,ィ=ミメ、|:|:.:.:|.ノ
         .乂八人(゚;;;)    (゚;;;)丿从人
        ´ ̄`ヘ\            /人「 ̄
           .〉 、   '      //.__.`
            .ノイ:ハ .  -   ..イ人{ /7、 __
       / ̄{ { |: :|'< }>-<_ l |::::ル/r‐\.\
      ./  ヘ.V\\r'―<,ヘノ /´: :.ト.{./ ハ}. ',
       .l   |i\_r' 二Y/: : | :|: : :.l: : {/|、ヘ   l
      l   . ∨:. .:|>r ノf: : |/|: : .l: : : : :l: : l.  l
     .l    ヽn'''":}: : : ヽ: : :|: : : l: : : : : l: : l.  |
     .{     |:|: : :.}: : : : :l: : :|ゝ: l: : : : : |: : :.}  l
       ',     |:|: : :.l: : : : : !: : | l .l.: : : : : !: : .l  ,'
       ',     l:l: : /: : : : : : : ∧ l.l: : : : :/: : :.l ,'
       '.     レ!__,|.: : : : : : : :l. |: |: : : : :l: : :./ ,'
       `、   l:: |: : : : : : : : :l: :l: :l.: : : : l: : :l
        ',   {::: l: : : : : : : :./: :.l: |: : : /: : : .l 」
        .h  .〉'.:l: : : : : : :/: : :l: :|: : /: : : : : }、
         .〉ゝ′: : : : : : /: : : : !: .l: : {: : : : : .}/
        ., ′l: : : : : : : :/: : i : : : : : : : ',: : : :.,'
       , '  /l: : : : : : :./: :.:l: : : : :i: : : : : : : ://
     ,(   l :|: : : : : :/: : : | : : : : |: : : : : : //
    / "'''- .l/: : : : : : : : : |: : : : : :l : : : : : ∨、
   ,'::\     Y: : : : : : : : : |: : : : : : l: : : : : : j/',


外伝へ    4   第21話へ

この記事へのコメント
旅の扉の利用方法を理解するスライム。
このスライムどれだけ賢いんだ?
Posted by Pate at 2010年08月08日 16:44
人になれるくらい、じゃないか?
Posted by at 2010年08月08日 23:47
スライム万能すぎるw
この旅の扉を使った旅行法は面白いな
Posted by at 2010年08月09日 05:46
スライム「ったく、危なっかしくて見てらんね〜ぜ」
Posted by at 2010年08月14日 16:33
>>116
呼び捨てにしてるけど、ここまで君付けで来たから、
君付けにした方が良いんじゃないかな?
Posted by at 2010年08月15日 00:55
雅音さんが可愛すぎる
Posted by at 2010年09月14日 19:01
このスライム、ずっとギャル夫といっしょにいる割りには呼び名がスライムのまんまなんだよな
なんか名前付けてやればいいのに
Posted by at 2010年12月18日 23:52
この作者のことだからスライムに名前がないことさえ伏線のような気がしちゃう。
Posted by at 2011年01月28日 12:27
このスライムはしゃくねつとめいそうとマダンテすら使いこなしそうだな
Posted by at 2011年02月21日 12:54
少なくともレーベの時で賢さは既に20超えてたんだろうなw
Posted by at 2011年09月17日 22:42
この移動法はずるいなあ…w
多少制限があるとはいえ「不思議な精霊の力でワープすればおk」が許されるんじゃ今までの色んな努力全否定じゃーん
地道な旅の準備とかそのための路銀集めとかが面白いのに、今までのやる夫の奮闘っぷりはなんだったのさ
Posted by at 2012年02月01日 18:20
そのずるい方法を考え付くのも、やる夫の手柄。
Posted by at 2012年02月20日 15:48
エボルシャスですね、わかります
Posted by at 2012年04月19日 09:57
ギャル夫の存在がチートすぎるwwww
Posted by at 2012年06月28日 21:39
勇者として与えられた?能力がギャル夫だけ突き抜けて強力なんだよなw
テイマー能力だけならまだしも行き先固定とはいえ常時発動状態のどこでもドアとセーフハウスは便利すぎるわ。
Posted by at 2013年02月09日 07:34
↑5の気持ちも分かるな。

やる夫は知識があるだけの一般人だったのに、身一つでやってきた。
だから、身近な存在として共感できた。

精霊の力でほとんどどこにでも楽々移動できるって、完全なチート。
最初からチートものなら楽しかったんだけど、いきなり話の質が変わる感じがする。
Posted by at 2013年09月15日 22:23
ぶっちゃけ、ウッソ君が別の位置から出てきたミスをこじ付けで再利用したのでは・・・w
Posted by at 2013年10月26日 05:43
※5、10
じゃあ君らはモンスターの徘徊する世界で、か弱い女の子もいる状態で楽に安全に移動できる手段があっても絶対に利用しないんだね?
凄いなぁ。冒険者の鏡だわぁ。真似できないわぁ。
Posted by at 2014年01月11日 15:00
 ギャル男のスライムの賢さは255以上あるんじゃなかろうか?
DQ6以降のパラメータなら500まで上がるしなぁ。
Posted by at 2014年04月27日 21:29
この精霊の力借りるの一時的だよね それですらもちょっと白けたんだけど
ギャル男は別な意味で特別な存在というチートな脇役キャラだからいいとしても
主役級の人がこんな楽ことするのってなんだかなぁ…
今まで色々と四苦八苦しつつクリアしてきたのがいいのに
か弱い女の子がいるから安全な道選びましたって、冒険者のやることじゃないわ
それならずっと町の中に引っ込んでろ
Posted by at 2014年07月02日 17:15

で?物語の内容の変化以外に、ローリスクでの移動手段を捨て、ハイリスクの移動手段を
選択する意味は何かあるの?
冒険者が冒険するのは意味があるときであって、ただ危険に向かっていくのは死にたがり
とか、エクストリーマーとかだろう。
やる夫のDQスタイルも超慎重なんだから、ローリスクの手段があればそちらを選択する
だろうに・・・ちゃんと物語読み込んで発言しなよ・・・
Posted by at 2014年07月19日 02:27

やる夫視点では、オゴンの国利用が可能なら利用するだろうけど、
そもそも物語的にギャル夫だけが利用可能にしておかないと、
なんでもできてしまい話の質が変わってしまうって・・・
コメが何を言わんとしてるかちゃんと読みとって発言しようよ・・・
Posted by at 2014年10月10日 18:01

作中描写から考えて、やる夫らがオゴンを利用できるのはギャル夫加入時限定、かつ一定条件クリアと思われます
また食料を満載した馬車を出し入れするのはオプぼうの負担的にキツイという歯止めもありますので、何でもできると言うほどの事でもないのではないでしょうか

慎重は冒険者の資質と言われてるのは伊達じゃありませんよ
危険が庇護している女の子に及ぶにも関わらずリスクの小さい道を選ばないのは、今回のケースの場合は主人公らしいというより無謀な馬鹿と言い捨ててしまえるでしょう
Posted by at 2014年10月10日 22:04
しかもこんな思い切って利用できるのは今回だけだからな
ゲームじゃなくて現実なら安全な方法取るのは当たり前
Posted by at 2014年10月19日 22:47
一度だけの裏技としてはアリだと思う。
物語が〜って話になると、これ使わない場合高い確率でロマリアヘ戻る事になるんじゃない?
戻る時間、戻って馬車作る時間、馬車作って貰うお金稼ぎ。今回の準備期間の話がもっかい続いてだれると思う。
そこ端折るとそれこそ今までの商売の話はなんだったんだってなるし。
Posted by at 2014年12月12日 01:05
ウォーリアを自在に乗りこなせるのに、さぼろうとするゆとりがいるぞ!
Posted by at 2015年07月27日 23:34
何で コメ欄でケンカが起こるんですかねぇ〜…




以下、作品の感想と ギャル夫のスライムが覚えてそうな特技1つ 挙げてけ。


【感想】
美希は 馬に乗れても戦闘では役に立たないから仕方ないね!


【特技】
ベギラゴン
Posted by at 2016年06月06日 00:50
次のページで確認してきたんだけど、雅音は「やる夫君」って呼んでたね。


だから、細かいところだけど、>>116は「やる夫君」の方が良いんじゃない?


Posted by at 2016年06月06日 00:57
呼び名のブレは心情のブレの表現の可能性も
Posted by at 2016年08月09日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40045697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ