■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 9/3 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年09月03日

ルーラに関する本当にあった怖い話 その2

1 :◆vsQyY1yD2Q
                                             ___
                                           ´       ` 丶、
                                       '"                  丶
                                    /                  \
                                         /  /  //!    \       .:.:.:.:ヽ
.                                             〃 /    ,小      \   丶.:.:.:.:.:.: ',
                                       /:/ :/.:./.:.:./.:. ,' !.:l.:.:.:.:l    丶 ...:.:.:.\:.:.:.:.: l
                                   /:/ :/.:./.:.〃.:.:/  |:ハ.:.:.:lヽ     .:\ .:.:.:.:.`<.:{_
                               ,' / :|.:.:l.:.: l{.:.:.:|  |l  ヽ.:{_. \―-.:、.:.:丶、 .:.:.:.:.:.:.:\
                               l l  |.:.:l.:.:イヽ丁ヽ {   \   \.:.:.:.ヽ.:.:.:.:\ー‐-!、.:.\
                               | !  ハ.:.|!.:.:j r仗沁 ヽ    \  `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.\:ハ ヽ:.:ヽ
    みなさん、こんばんは。.             .| | l Y.:.:ハ  う;;:ハ      ‐ __  l! `≠ト、.:.:.:.ヾ.:', 〉.:リ
                               | | l   W{ i', _Vソ      〃 ̄`゙ヾ|l  ノl.:.\ .:.;小 j/´
    やらない夫の天使、渡良瀬 準です。.     .l ヘ│  j .:リいxxx.  ,     xxxX !!_/ :l.:.:.:.:j:/.:.:.:',
                           (⌒⌒)ヘ⌒乂 } ハ人     _       イヽ :.:..:| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    今日は、ルーラに関する.          \/  \   ,′'.:. V个    ヽ._)   /ト-、: \:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
    本当にあった 怖い話 その2をしましょう。      / .:.:: _ノ /;_jz≧  _,  <_/ ∧_.:.:\ _ .:.:.:.:.:.:..:\
                                     / /.:.// /  ∠ ノ`7| r‐≠  (  Y ̄ 丶 `ヽ   .:..:.:.\
                                  / /.:._j/ ヘ / ノ| ∧l/∧    {  /    `ー=i、  ヽ :.:.:
.                                 / /.:/ 、_,-、ヽ/ W_/j{/__j    (/!         l    \.
                                       ,.' /.:/  、...二}/ / ̄Y⌒Y ̄ ̄ ̄\|        |\
                              / /.:.:|  rァ ソ/ /  ;-=|  |=-     /!'       ハ:.:.\
                                    /   /.:.:..l  j/ /l  |   ∧ーヘ.     jノ         ∧:', .:.: \
                              /  //.:.:.. l.  / /i |  ヽ__/ ∧ ∧__   /     ,ノ /.:.:..:. .:.:.:.:.
.                         / ./ /.:.:..:._j    イ_i│ / `7  Y  ∨ ̄//   〃  /.:.:.:.:.:.:丶.:.:.:.:.
                              /  /  /.:.:.: ト、|   レ'|、|  \__/ o/   \/    /   ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.
                      /  /    / .:.:. くヽ ̄ ̄0 | 九      {     /    /    /.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ


2 :◆vsQyY1yD2Q
【 バハラタ 】
       __ _           ;;;;ゝゝ;;;;ヾ;;;;;ヽ
      ////─\        ;;;;ゝゝ;;;;ヾ;;;;;ヽ;;ヾ
    ////─── \     ;;ゝ;;;;ゝ;;;;ゞ;;;;ゞ;;;;ゝ
   ////───‐──\   ゝ;;;;;;;;ゝゝ;;;;ゝ;;;;ゞ;;ゝ    .r'二△   ;;;、,,,,-'''""'',、,,..,,..,.,..
 ////─ ,.r'.;' " ̄T``ヽ \   ゝ;;;;ゞゞ;;;;ゝ   ;;;,;,,人...l:田.旧;..:./ ̄/ ̄ ̄ ̄/△ ̄ ̄ ̄ヽ
(__/‖ ̄ /ー/ \  .|  /`',!      |;il| 7ニヽ. ;...Llヨ;,,/''''7ヽ,,,:|ロロ| 田田l田|::ロ|田l田田|lf
 ‖   ‖ ̄iーi   \|/   i::.     |;il|__田l,.: ;.:..... :.:,l二Lロ.l::.:|ロロ| 由由l田|::ロ|田l由由|ll_|
 ‖   ‖ ̄!一!─ ─ ◇─ ─ l:::.  ;,;.. ;,;..|;il| ;,;. ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、
 ‖   ‖ ̄lーl   /|\   ,':.::..   ;,;..、|;il|,、;,;,`"'"''ー'ー-、, ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、 ;,;..、
´`"'"'''"'"'''、w::::。ゝ/、,. l、 , ヽ。、 , ,´`"'"''`"'"''"'"'''ー、___   ´`"'"''"'"''"'"''"'"''"'"'"''"'"''"'"
:.:.:.:.:.:.:  。w 。,。,。, 〜、。, 〜、 , 〜´`"'"''`"'"''"'"'''ー、___ "''ー'ー-、,
    :.:.:.:.:.:.:        :.:.:.:.:.:.:        :.:.:.:.:.:.:   "''ー'ー -、,´`"'"''ー'ー-、,
:.:.:.:.:.:.:     :.:.:.:.:.:.:      :.:.:.:.:.:.:                  ´`"'"''ー'ー-、,



      / ̄\
     .| ^o^ | < ワインのゆそうに しっぱいしてできた しゃっきんのせいで
      \_/
      _| |_    ロマリアにかえることができません
     |     |
     | |   | |
     U | | |U
       □□


         / ̄\
        |     | < ながれながれて バハラタまできてしまいました
         \_/
         _| |_
        |     |


3 :◆vsQyY1yD2Q
                                                 ___ ___
                                                /   /     /|
                                              __| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|  |_
                                             / |___|___|/./|
                                           __| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|  |_
                                    ヽ○ノ   / |___|___|___|/ /|
                                     /   .| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| |
                                    ノ)   ..|___|___|___|___|/

      / ̄\
     .|.  ^o | < こんどは くろこしょうを ロマリアにはこんで
      \_/
      _| |_.    しゃっきんを かえしましょう
     |     |
     | |   | |
     U | | |U
       □□


         / ̄\
        |     | < たいりょうにはこんだら ぜんかいのにのまいです
         \_/
         _| |_.    ちゃくちとどうじに ぶちまけることになります
        |     |


4 :◆vsQyY1yD2Q

      / ̄\
     .| ^o^ | < だいじょうぶ わたしに いいかんがえがあります
      \_/
      _| |_.    ひとりで もてるりょうを くりかえしはこぶのです
     |     |
     | |   | |
     U | | |U
       □□


         / ̄\
        |     | < しかし すくなすぎても もうけになりません
         \_/
         _| |_.    もてるかぎりのりょうを せおっていくことにしましょう
        |     |


5 :◆vsQyY1yD2Q
              \                    /
                \  丶       i.   |      /     ./       /
                 \  ヽ     i.   .|     /    /      /
                   \  ヽ    i  |     /   /     /
                \
                                               -‐
               ー
               __           ル ー ラ !!           --
                  二          / ̄\           = 二
                ̄             .| ^o^ |                 ̄
                 -‐           \_/                ‐-

                 /
                         /               ヽ      \
                 /                    丶     \
                /   /    /      |   i,      丶     \
              /    /    /       |    i,      丶     \


6 :◆vsQyY1yD2Q

         ┌――――――――――――――――――――――――――――――──┐
         |                                                    │
         | 運動の第1法則 ( 慣性の法則 )                             │
         |                                                    │
         |  静止している質点は、力を加えられない限り、静止を続ける。           │
         |                                                    │
         |  運動している質点は、力を加えられない限り、等速直線運動を続ける。   │
         |                                                    │
         |                                                    │
         | 運動の第2法則 ( ニュートンの法則 )                            │
         |                                                    │
         |  運動の第1法則が成り立つ場合                              │
         |                                                    │
         |  物体が力を受けると、その力の働く方向に加速度が生じる。          │
         |                                                    │
         |  加速度は力の大きさに比例し、慣性質量に反比例する。           │
         |                                                    │
         └――――――――――――――――――――――――――――――──┘



                                             '   /     /::: ,.イ ::: / |:: /´  | :::|! ::::: |\:::
                                        |     '  / .'.::... / !: /  |:::!    !::::ハ ::::::|:::::\::::
                                        |    |   ::!:::::| ::::j -‐|‐|─ ト::|    l::::| -‐─ヽ--ヾ::::
                                            i⌒v::::|!  ::|::::::ィ:´::|  |: |   |:::|     ゝv  ゝ:::::ヾ::::::ヽ
                                           |  v ::|  i: l ::∧:::::|   V -- ゝ       \ __ \::::\
                                           |  |:::|:: !:::l:::| ヽ_:l _ __          __`_ー
.             重い荷物を持って 空を飛ぶと ―――   |  | ::ハ::ij:::ハ::!イ`弋ゝ-'フ``        ´ !ノ__フハ
                                           |  | :::|:V:::::::ヽヽ    ̄                `  ´
                                   , -v ,イ V::| ::::::ハ::\ :::::::::::     ,.       ::::::::::::::
                                 , -<.   `| ` ヽ| :::/ゝ∧`´         <:i
                              , '⌒ヽ  ヽ  ヽ   ヽ/ヘ/::l!                  U
                              !    |  | -.ハ    V|!:::∧
                              l ー|  | r トi_ノ ゝ    |:|:::|:::,.\        ´ `         . イ
                              |  人 i´ト l_ノl      ノ/:::j:/::|::::ゝ.、             イ:::: |:::::


7 :◆vsQyY1yD2Q
【 ロマリア 】                                           | |
                      |>                           | |
                     /ソヽ                       | | ヒュン!
                     |_ |.                      | |
               _    /||;|| ̄ヽ     _              | |
              /ロ:ロヽ   |_|_ii_|__|     /ロ:ロヽ               | |
              _| _ _| ,   lロ;;ロ;;ロl     _| _ _| ,.             | |
           _ _ i `l´`l´`li  .|`‐―‐-´|   i `l´`l´`li _ _            | |
          i `´‐|-‐―‐- |_|--‐―‐-l__|-‐―‐- |-`´ i.         | |
          |ロ _.|_|_ii_|_i_i  |ロ;;ロ;;ロ;;ロ;| i i |_|_ii_|_i_i_  ロ|.          | |
          |  | fーr‐‐ョ ir`‐‐‐ 、__|_ゞ-f-f-f-< ,   |.          | |
          r┘'='-!.i.|  ^ ̄ i´  ト、__i ノ.;'゙"'' =ゝ=.└l.         | |
       ______,|_,r'';';∩、,.,,r'゙';;. ii ! ii | .|     ヾ.,,.;'゙"'';.ノ.{ミトヽ |           | |  ,..._
  ,.;;'';;.,  }  ,;';;';, ii !,,..!∩.;'゙"'';;;..,,.!__ | .|;:';"':;,/{ミトヽ;..,,.ノミトュミ_´ヽ ;;''  ,.r-、 ,ry | |  ヒ;;;::}  ドゴォォォォ!
  ;゙::,:';;::;ニ,.,__,.,___,.__.,,,.___};{_,.___,..,...,____`.,.._ヽ ノミトュミ _´ヾ"'lii;; l...ィt:、 ,:'::::// '''´ | |  ,、.、  ,..,..._
  ;';';';;';;';';';;';';';';';;';';';';';';';';';';';';'{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.`ー -、ー}}ミトヾ .ノii;;::{:::}::}/::::r'ノィー::、 | |  ヾ、゙、//::::jr;::、
  '"`' 、,,..,.,     ,.. ''"゙ ̄`''‐― - - - ''"""゙"゙" `゙''"゙`",rヾ''"ゞ=' 'ヾ.....⊃' ! !  ヽ''ヾ:、::;' `''",.=-、
        ゙"` '''丶,,.,._      ,'゙   ,'゙          .....ー'’._ ,r'う {::jj ,.、、 _,...::::::''ヽ  ,.,´  {{::::::::ヽ.
              `゙"`''' 、,,.,,.,,,.,,_.            ,;'"'" ̄ヾ´,.., r::';;〃l'l::::;;:::::::f'_ ヾ'〃) `ヾ::::::/
                                         〈::::::::/ノ ヾ,jヽ='. ,,ヽへ-(ヾ::゙、 ゞ',.,.、 //::::/
                                    ヾ:::::゙、゙、 {{) {:::jj' ",,,,、 c;、ヽ='  ゙、::゙;ヾヾ/_
                                          ヾ::::/:ノ ,,,,_ (:ヾ'''⊆|:::::|P,r,r:、 ,:'''7  ``' ゙/〃


8 :◆vsQyY1yD2Q
                  __
              , ‐ ´      `ヽ
            /..:/.:/ .;イ :. :.丶.:.: \
           〃:.:./ .:./:.:/小:.: ',:.:.ヽ:.:.:. ',
           l:{.:./ .:./':__j:! l ヽ_:.ヽ:.:.\:.:.!.
           i:}:ハ .:7ィ=ミj:ハ >=ミヽ:.:ヘヾ、
           、_メ!.:i.:.ハ r'_;j    r'_;j ∧:.:}:.fヾ.     ハイ、本当に怖い話ですね。
            乂;イ.:.∧.::::    ::::./イ V:.:.| リ
         _/ j/_:ノ:.介 .、 `´ ,.イ:.l:|:..|:.:.:.!     ちなみに、二人は 大怪我をしてたけど
           ´/:.:,':.:.:j:|:ノーf夭‐ヘ :j:|:.:l:.:.:.:!      無事に回収されたそうです。
           /.:.;ィ7´l:|\/ムヘ/`l:| `ヽ.:.:i
             /.:/i // !| に不こ) !|l  /!:.:.i
          /.:/| ヽl l !|/〈/ i| ヽ」 !| !./│:.:.i..
         ./.:/: |  | | !l:   i|:  \!l│ |:.:.: ',ヽ
        /.:/.:.:;'!  | レ'l:!  c.i|:   }l:トj /!:.:.:.. ヽ\
         , '.:./.:.://! j∧ !! ー =i|ニ  j l:N/ :l',:.:.:.:.:.:ヽ:.\
       /.:.:/.:.://:.:|     l!   i|   ノ ヘ!   |:. .:.:.:.:.:.:.:ヽ: \
.     /.:/:.:/.:.://.:.:.:l     lヽ.  i|  /'  i  |:.:.. :.:.:.:.:.:.:.: ヽ:. ヽ
    //.:/:.:/.:.://.:.:.:.ハ     i { ci|  }  j   ハ :.:.ヽ:.:.:.`、:.:.:.ヽ:. ',
  .〃:.:,'.:./:.:./,'.:.:.:.:.l:.:.l    ヽV ∧∨  ノ  {:.:`、 :.:.ヽ:.:.:.:`、:.:.:}:.リ
.  {{:.:.:{:.:{:.:.,'. {.:.:.:.:.:|;/|      ∨ l ソ    /\:.', :.:.:.lヽ:.:.:.:}:.:.l乂
   li:.:.:.!:.:l:.j  l.:.:.:./lkム     { j/    /  /:.:} }:.:.j }.:.:ノj:.:l  }ヽ
   ヾ:.:jヽ乂 ヽ:./ 〃 l    ヽ/    /ー'´ ヽ八:.l {:/ /:.ノ ノ)
    ゞー'   ) ソ /  ∧    `、   ∧ \  \リ ヾ_{:/
         /ヽ//:∧      `、 / ヽ.  \/ \  `ーヽ


9 :◆vsQyY1yD2Q

           ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
          /     、    、 \
          ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ         と言う訳で、補足説明すると
.        //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
       //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\.     荷物が増えるだけ、着地の難易度は跳ね上がるの。
         ! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
         ! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!.  荷物を少なくして回数を増やせば
         ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ..  コストがかさんで交易として成り立たないし。
       、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
      /´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |.      冒険者も、ルーラのために荷物を減らしたりするんだよ。
     /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
   , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
  / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
, '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
.   /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
   |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/



                                               ,. ‐   ̄ ̄ `ヽ、
                                              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                                             /.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                                                /.:.:.:.:./.:.:.:./l:|:.l:、:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ.:.:';
                                            /.:.:.:l.:.:!.:.:.:./ |:l|:!:、ヽ.:.:ヾ:、:.:.:.\|
                                              /.:.:.:.:|.:.l -‐/'/l:!|! ヽ` ー-ハ\.:.:.:ヽ
                                          /:.:.:.:.:.:l:.l ィ_¨ヽ! | | ィ_¨ 丶、ヾ:、ヽ:.:ハ
         ちなみに、大量の荷物を背負った戦士が墜落して   |:./:.:.:.:.|:l r'::::::}    r':::::::::}:.:.|'ヽ l\:';
                                          |/l:.:.:.:.:l:.! ゝ- ' ,   ゝ-- 'l:.:l ノ:.|  ヾ
         地面に大穴を空けたなんて記録も……。         |'∧:.:.:.:l:.':、 '"'"   '"'u"' /!/,:':.:.:.|
                                          /  ヽ:.:|__::丶、  ^  ,.ィ':.//:.l:.:.:.:.:!
                                            /´ヾ 7'ーr,!`  ´ ト/イー-、:.:.:l
                                           ;'  , / ./{     // |   ヽ.:.l
                                           _!_,..∠、 / ヽ__,//  l     !:.l
                                         /   ー-`、` ー--―{/、  l'   l:.:.!


10 :◆vsQyY1yD2Q
.                                             _ _ ___
.                                             ´       `ヽ、
                                              /            \ヽ\
.                                       , '             \.、ハ
                                            /     l { : .\: .\\   `ー廴_
                                       ,′ /   .八!\ト、斗匕 ̄ヽ、   \\
                                         l l |    {.ト、\ \ ,ィ斗ェ=ミァ 、_ヾ: . ハ ヽ
                                         | ! ||  .ィT弋, \  ゙Vュ:::::;Y´り: ハ :.リ  )
                                       !.! |l    i|         `辷ツ !Y. ; :jノ
                                             l ハ 、 : :小 /⌒     :::: ノ:.ハ: : ; :\
   ちなみに、商家 お抱えの魔法使いが ルーラを使うのは. 乂 ハハ. : :l;ヘ、:::  `- '  /V: :ハ : ; : : \
                                      ノ ノノ}: :リ : i:`::ー―、‐', ィ´⌒V:廴.; :ヾ: :\
   緊急の使者や、手荷物の輸送の時なの。              ノ.:/. : .!: i : i ::「 V ヘ  ,ィ》ー‐'i⌒\ : \
                                        /イ: : : ィT!  ̄く≫|i }≪/   ll.|    〉 : : '.,
                                            ,!: /´ V《  l二ニ{_}ニコ    ll |  / }\: :ハ
   お抱えがいない貴族から依頼される事もあるかな。        ,′{ \ V《   |_/ |\_|    》/ /  .|: : .:, :ハ
                                            ,′:.|  YV《  // | V   》/ !    !\:ハ: ハ
   人一人を ずっと雇っているより                     /: : :∧   !. V《//   !  V .》/  |   |: ハ:ハ: |
.                                                  /:/ : {    .|  V/_  o|  V》/  .,′   .!; : :.| :!; !
   必要な時に依頼料を払った方が安上がりだから。       ./:/: : /   .∧/_ヽ)  i   .V   / /   |:!: : |: |i |
                                      /:.,': : /   _|/ ´-、Yフ  !     ./i     !:| : :!!:| !|
.                                     /:./: :./ イ´ ,イ  ,ィォ }   |      |.レ     | ! : | !| ||
                                        ,: :,'i: :.:{  《  {   ノー'   .|     Y     !::ハ | |! リ
                                          i: :i |:i : \ ゙《 Yチフ :ノ   .oi       ヽ    .|リ !! |
                                    ! | !:!: : | `ー' T´/ヽ,    |       /\  |  |' .乂
.                                     、| |:|、: 乂: : :.:/  ̄    人      ` ̄ ,\| .乂
                                      | |:! \: :` く \    ./  \     / ./!
                                       乂ヽ  ヽ V \ \ ./i   i \  / ./ハニ!
.                                           /  /:\/! 斗  ´i  \_/\ .ハ \


11 :◆vsQyY1yD2Q
                      __
                 ,   ´     `   、
               /              丶
              /                :...:::\
             〃  .::  ..:      !  lヽ ヽ...   ヽ:::.::.
              ,'  ..〃..::::  }  .::i .:l }ハ :ヽ::::. :::::ヾ:::::ヽ
            l  .::://.::;:' , 〃../〃::/ i:l ',.:i',ヽ:::. :::::',:',::ヽ',  (⌒'⌒)
            l .::///:///::://::::/  il  i_Li_ヽ:::::::::l:::l::::i::!   \/
              | ::/:::'ノノナ フサフ`  / イ /」_ぃ::::::::l:::l::::| i
              |,彳/:::::ノイメi" ___      チ´::7` ! ::::::i:::l::::| i     商家の場合は、普段から 隊商の護衛とかで
           .〃| ::l::::〃(ヤ"i:ッ===ミ    i、:::ゎ l::::::::lリiヾ乂.    魔法使いが活躍するから
          (( | ::|::〃::::ヾ、i::i        ヾ-" ,ハ::::;;;;l li 乂、
          ` | ::レ i:::::::::::i::i .::::::::.    ' :::::::::.,':::i::::',:l_X''  `ー  貴族より、雇う負担が少ないんだよ。
           | :::.: i::::::::::::i::iヽ    `ー'  _ ,ィ:i::::i:: :::,i ヾー
           | :::  i :::::__」i:::! `  ,     ,( ヽ l::!::::ヽ::ヾ
            ! :::. _ノ-'´ノl i::::!`ー、__トえ:::::::\\___::::::::心ヽ.
            ノマヾ、、  ヽヽ::::!   瓜 (`rー-l"rz, ヽ::::',:::::',
         / '⌒ヽ、 ヽヾ、_ノシヽ、_/げい `ー‐ k´/ ヽ、:',:::::',..
        |     \\ ̄  >'´,-只-、`コ. l i | rヘ  ハ:',::::::ヽ
        | ,- 、   \\  ヽー'/ ハ 〈 く  l !'-'`|ヾャ }っ:,:::::ヽ
       //レ'   \  / ヽ ヽ   <_/| i丶ヽ_> l | /i{ニ二二}、:::::::::\
     /::/::::!       Y    ヽ ヽ / / i! ヽヽ l |く |      h::::::::ヽ\



                       ____
              ,. ‐''"´        ` ー- 、
           /                \   \
             ,イ            \   \::: : \
           /   /     !   :|  :|ヽ\   \:::::. ヽ
           ,'  .:/  .::::/ ,'   :,' .::iハ . ヽ:::: :::ヽ:::::. ヘ
        i   .:/  ::/ /  ::/!: .::,' | |∨:|ヘ:::: : :::ヘ:::::::ハ
         |  .:,' /  .:/  ::/,' :::/ |:.! |:.:| |∨::::::::∧::::::i、
          | .::i:./  .:::,イ ::_/:::/   リ !斗f‐-、::::::::::ハ::::| !
          |/:|/  :/,ィ"´/:``   /  |/'_」」. i:`: :::::::|::::| |     あ、言うまでもないけど
         ,ィ|  / ::::::/i,.>''"アiヽ      /´::::}`.|:::::::::::::l::::| |     このスレ独自の捏造設定だからね。
      / | ,'::::/{ rT{::::::::::r !     {:::::rリ ‖:: :::::/ト、ハ|
        {  | {::/::::::ヽ|:|乂、_,ノリ      ヾ之' ,'|::::::::,'. | 乂
      ヽ | |,' |::::|::::|`ト! ''' "´     、 ,,,,, ハ|::::.::i  !   `''ー‐ .それでは 解説は渡良瀬準でした!
        i   |::::|::::l::::|ト、""゛          /:::|:::::::|  ヽ
          ハ::  l: ::|::::|::::iハ \     ` ´  .イ:|!:::ハ:::::|         さようなら〜 ♥
       ∧:  !::::i:,.-、「|∧  > 、 _,. <:i::|:::|:::::.ヘ:::ヘ
       /::::: _厶イ ./ |:.:.|` ー-L>、:::::::|::|:::|:::::::::.`iー\
.      />< \   ヘ. i:.:.i   ,'!ハ| `<ュ」::|::::::::.:.∧   `ー
.     ,イ-― 、` 、\  ヽ|,イ   /_||__〉   ハ`ヽ :::::.:.:.∧
    / :: :: :: :: \ \`'''" `''ー-イ>=<ヽ  | !:: ヘ:::::.:.:.∧


この記事へのコメント
もしかして、Xでルーラが幻の魔法になったのも、この辺りが原因なのかな…
Posted by at 2010年09月03日 04:38
ノアニール編あたりで至郎田がルーラで馬車や馬まとめて運んでたけど危なくなかったの?
Posted by at 2010年09月03日 22:33
そういえばルーラの影響で車軸折れかかってたな…
Posted by at 2010年09月04日 17:34
同じルーラでも個人の操縦伎倆とか掛けられる消費魔力に差があるって設定みたいだね。
Posted by at 2010年09月07日 00:20
ルーラの着地が難しいなら、トベルーラで補えばいいじゃない。とか思ってしまったw
ダイ大の呪文を再現しようと試行錯誤してる異世界勇者もいるんだろうなあ。アバンストラッシュ使いもいたことだし。
Posted by at 2010年09月09日 09:48
ノアニールのときは、確か馬も足を痛めてたっけ
Posted by at 2010年09月11日 15:39
なぜ売れる量を考えないのか
Posted by at 2010年09月15日 01:46
ルーラの魔力消費量ってこの作品だと馬鹿高いみただからねぇ……
馬車を運んでたときはものすごい消耗してたし……。

ただ叩きつけても大丈夫って条件が入るといろいろと運べそうだよね。
丈夫な麻袋を2重3重にしてスライムシート系の衝撃吸収材とかを入れれば小麦とかは運べそうだ。
交易に使うには無理かもしれないけど食糧不足の村とか町に食料を搬送することくらいはできるかもしれない。
Posted by at 2010年09月15日 18:14
う〜ん…
でも、やる夫たちはカザーブからノアニールの時、結構な量をルーラで運んだからなぁ…
危険だから貿易にルーラが適さないというのは無理があると思う。
Posted by at 2010年10月04日 08:38
素直にパラシュートというか落下傘でいいのでは?
Posted by あつき at 2010年11月14日 15:22
凄く繊細っぽいが、使えるなら使いたい魔法だよなぁ
Posted by at 2010年11月21日 23:16
ワインも革袋で運べば割れないよなあ
Posted by at 2010年12月06日 15:54
手持ちの量でも、1日寝ればある程度回復するし、1ヶ月かけて馬車とか海で、輸送の人件費や食費や魔物のリスク抱えて運ぶよりはずっと安上がりだろうなー。
Posted by at 2011年01月13日 21:58
海なんかに着水すればなんとかなるかな?
Posted by at 2011年07月03日 07:35
着水は陸上で失敗するよりマシ、かどうかはルーラの加速しだいだけど
飛び込みでバカやった方なら分かるかもしれないが
死 ぬ ほ ど 痛 い ぞ (良い子も悪い子も真似しないように)
ていうか着水したら商品ダメにならね?
Posted by at 2011年07月23日 23:04
複数の動く石像とルーラするだけの簡単なお仕事です
Posted by at 2011年08月03日 09:25
ああ、そっかこの世界の呪文ってスパロボの精神コマンドみたいに個人で習得Lvも消費量も違うのか。深く考えてるなあ。こういう独自設定は大好きだw
Posted by at 2011年08月08日 10:59
※14
時速80キロで水面に激突するとき、水という物体がどうなるか…
コンクリートの固さに変化るんだッッッ!!
Posted by at 2012年07月14日 23:49
>ちなみに、大量の荷物を背負った戦士が墜落して
>地面に大穴を空けたなんて記録も……。
大岩抱えてルーラするだけでメガンテの代用ができるじゃないですかー!?
Posted by at 2013年09月22日 07:54
某TRPGの公式Q&Aで「落下速度制御魔法を使い、光速で敵に突撃することはできますか?」って質問があったなあw
Posted by at 2014年09月28日 20:36
その穴は人型だったのだろうかw
Posted by at 2014年10月02日 23:50
ちなみに飛行機はちゃんと水に浮くように設計されていますが
それでも水上不時着するよりかは平地に不時着する方が
まだ難易度は低いそうです。
ちょっとした拍子で木っ端みじんになっちゃうんだそうでハイ
Posted by at 2016年08月26日 21:35
こいつらの問題は最初から大量に運ぼうとするところだな
一回目から全力全開にする必要ないんだから少量近距離から少しずつ増やしていく慎重さが必要だった
Posted by at 2016年09月22日 06:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40504234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ