■ 収録シリーズ

重 要 告 知

新しいLiveAAA板避難所)が できました。

私が管理する掲示板と言う訳ではありませんので
質問等がありましたらあちらの管理スレにお問い合わせください。

 各シリーズのインデックスへは、こちらからどうぞ。
  やる夫はDQ3の世界で生きていくようです
   現行スレ NEW! 7/23 隔週更新 日曜日 20:00〜より投下しています。
  やる夫でラストバイブル3(完結) 最終スレ
  悪魔召喚師 やる夫と悪魔のいる日常(完結) 最終スレ
  ニセ予告・短編自援絵悪魔くん対超力兵団
  ※ 投下が延期される場合もあります。 あらかじめご了承ください。

2010年09月12日

第25話「イカの甲より歳の劫」(1)

第24話へ 1      第26話へ

1 :◆vsQyY1yD2Q
【 オマケ 特技 「なめまわし」 の活用法 】
                                          i'i
                                 ,、. .l.l  ト
                                 l l  l l  .l l
                                 l l  l l  l l  r.ヽ、         ,.r.'´`i
                                 l `、_l .l_,ィ'..l .l    `_、 -‐ ''' ‐- <´   l
                                    ヽ、 _  _ ,ィ .l   ´        `    l
            ,. --───-- 、               l .l´   ',   /  ̄ ∨  ̄ `\ 、 l
           /          ヽ、.             l .l     〉/ ∧       ∧  \〈
         /              \  っ          l .l    .{/ < >   < >   `i  キュピーン
        /    /  | l ト、 !  l  、\ ゚         l .l     .{   ∨      ∨.    }
        i    |   リ>,.,.ゝ |i  } l、 ト、|ヽ、.ノ.       ,.l .l-―- 、'、  .'、 _ 人 _ ノ  .,r' , -―- 、
         |    |   ゝ!´ j';ノ`\/! | ヽ|ヽ、.       / .!..l ,    .>.、   l. .|   l  _,. .<、   ,    \
        |   /ゝ |  | ゞ ̄`..::{f:!リ|ヽ、| ).        _,!..l、,.ヘ-‐ '´   .`..l. .l  l ´  、  ` 、 . ',    ヽ
          |  { t | l  |` ,._ ゙フ !)-ミ、.       /  .i´.{ _ノ   l   ,'     .',    .ノ    ', ,r  ヽ. i  _.   ',
         |  ヽ._ゝ| l  | /  ゙̄y' ノ \ \     ,' ,ィ´i   }  |,__.i      `ー-.'     ',ヽ、 ノ`' ´  ` ヽj
        j     i\  |ヽ.__ソ/!ヽ\!ヽ )\   レ'   .`ー..'l'´`''´ l              l  /       __
       /      l \| 、__/ ̄` 、                 l .l    ',                l_)        > /
        // /! l l   ゝ、 ノ /     i             l .l     '、            ノi\        ,〃´`
      //ノ !_|_|_ヽ_メヽ   |       |            l .l     l                  l\_` ‐-‐_‐/
      / ̄   |`ー、 リ ‐'j         |.              l .l    l\   `ー,-  .-、-'´   .ノi   ̄ ̄
      f   、 _    ,. -‐' !     / !.             l .l    ,i   ` ー -,'     `、ー-‐'´ .i
        l  ,.-‐'´  /  _,./      / |                l_.l  /     /       `、    `、
      ノ-f      { / /     /) |              l_.l  〈_ ,.. -‐.'        `ヽ、 _   )
     /゙ ̄ ` ー--..∠__./     /ソ  !                                          ̄
      {              /⊃ |                    ┌――――――――──┐
     ヽ  ァ-.._        /   |                  |  な め ま わ し  │
       `-ソ  `ヽ、     /    、                        └――――――――──┘
       {     〉、  _ノ      \
        l     /   ̄         \
        \_./ヽ          、   / >、
             }     ゙i     レ'  /  ヽ


  ※ このスレは 全年齢対象です、多分。


2 :◆vsQyY1yD2Q
【 ダーマ ニュー速で食堂( 賃貸 ) 1階 】
|           _____          |
|       ノ ̄ ̄iノ ̄ ̄ノ ̄~i|       |
|      ノ___ ノ____ノ____ノ      |ヽ
|  __.     |.::..:..:..::::..:..::.:..|   ____.  |   ヽ                   lニニi
| |    |     |.::..:..::..::::..::..::::|   |    |  |\   \        i\,―─┴─┴――‐、  i\
| |__|     |.::..:::..::::..:..::::..:|   |__|  |.::..:\   \        |\i\          \|\i
|        |::..:.::..::::..:..::::..:|       |.::..:..:..:\   \.     |\| ̄\          \,|
 ̄ ̄ \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     .\     | ̄ | `┰―― liニニi―┰|
____\____________________\.         ┃  |\|__|  ┃
────|_____________________|                |    |
.::..:..:..::::..:..::.:..| _iニニil   _liニニl   _liニニl     |
.::..:..:..::::..:..::.:..| |ヽ|__|    |ヽ|__|    |ヽ|__|     |
.::..:..:..::..:::.:..::::. ̄ |   | ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄ ̄|    | ̄ ̄ ̄
                                          ,. --  、
                                          /   ハ ヽ
                                         /,'   ノノ jノii }
                                       ̄| !イij` , r iリ
                                        l i l、" ヮ ツi|
                                        / 厶!  爪j:::リ
                                      /,イ 」i__iLY
                                      //.::∨ (木)
                                   /, ,'.:.:.::/〉 _ノi })
                                    ! !.!.:.::(/ 、__ ´ ∧
                                    `⌒V⌒ヽ、 / ,ゝ
                                        ` ー-|` ーr‐1





       ト VVVVVVVVノ 人
        \        ( ゚ー゚)
          ヽ             \
        ⌒≧x   /^^\/ \ \.   ところで、ソンチョー。
         彡  〆     )   丶 ∨.  あの人、一体 誰なんスか?
          〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
          イ 从§  ( ●) (●) |从  レーベで見掛けた事が
         乂イ§     (__人__)  |    あるよーな、ないよーな……?
            / ゚ o     ` ー´ /
         /      ∽    ∽
          |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ


3 :◆vsQyY1yD2Q


        ____.          彼女は 地元の有力者である、牧場主の お嬢さんなんですよ。
       /     \
     / ._,ノ  ⌒ \       ほら、僕は レーベと何のゆかりもないのに村長になったでしょう?
    l^l^ln  (●)  (●) \
    ヽ   L   、 `       |.     だから、地元との繋がりを強化するために
     ゝ  ノ    ̄ ̄    /.    .そう言う話が舞い込んで来たんです。
   /   /          \
  /   /             \.   いわゆる 「政略結婚」 と言うヤツですね。
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i))).      ああ、だからと言って 愛が無い訳じゃありませんよ?
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )     切っ掛けはそれですが
    /     (>)  (●)ヽ.      今では 分け隔てなく愛情を注いでいますから。
    |    //  、__',_, // | =3
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ        ちなみに、沙耶とは 三ヶ月前に結婚しました。
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´


4 :◆vsQyY1yD2Q
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_____
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::/ ⌒  ⌒ |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::::〉 ( ○) (○)|.    見学商会の当主なのに
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(@ ::::⌒(__人__)⌒)
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|     |r┬-|  |.     僕には、そんな話が一件も来ない……。
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \    `ー'´ /
.:.:.:.:.: ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
.:.:.:.:/    |  '; \_____ ノ.| ヽ i
.:.:.:.i.     |  \/゙(__)\,l  i .l
                                                    _____
                                              r'ff77"/////〃〃∠=:、
                                                レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l
                                                     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!
                                            |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l
                                               l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、
                      現実を見ろ。                         }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \
                                                     l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._
                      ゴジャースが支配するアッサラームで  _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l
                      ゴジャースと敵対する商会と            l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   |
                                                    l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |
                      一体 誰が誼を結ぶと言うんだ。.           ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |
                                               |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
                                              |.    | \    ./   |     |
                                              |   _|   \ /    |_    :|
                                              >'' ´ |   / \     | `''‐<


5 :◆vsQyY1yD2Q

        ___
       /      \        そうそう、やる夫君も 結婚を決めたんですよね。
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ.     先輩として、ひとつアドバイスをしておきましょう。
    |  u   ___`___     |
    ヽ、    `ー '´   /.    この世界と、我々の世界の違いを。
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ /        i ヽ /




                             この世界は、「産めよ増やせよ」 です。
        ___
      /      \..       結婚したら、周囲から怒涛の催促を受ける事になりますよ。
     / :::\::::::/:: u\
   /  (.⌒):::::::(⌒)  ヽ      僕のところも、数日に一度は
    |      、__',_,   u |.     近所の おばさん達が集まって、まだか まだかと……。
   \      `‐'´   ,/
    /⌒ヽ        ィヽ



                                         ___
                                      /、: : : : : : :` :ヽ.、
                                      /: { r、\: /´`i: : : :\
                                     lr-、', `': : : t_/ { : :< ; `,
                                     {,ィ川 ̄ ̄ ̄` ヽ: > <_´:|
                                     (',Tヽ、 丶-‐==、ヽxゝ: l
                                      |ィf巧  ィf武巧  !ソ'ヽ<_
                                    _ノ '--'   ゝ-- '  /).ノ-`_ヽ\
          そう言えば、先輩のところにも        ((; :!'' 丶     ''   f´i )i; Lヽ‐-`'、
          そう言う人達が来てたような……。.     ノノ:'{\ ⌒  , 、 /⌒,`'‐- , _
                                      ヽソ >` - '、 r'/   / ```ヽ`` ‐-ヘr、_
          先輩は相手にしてませんでしたけど。     " ` "`' ヽ|∧  ヽ     ヽ  /  7`i
                                              / ヽ  ```‐-'´    /  / `ヽ
          でも、それって当たり前の事ですよね?         / ´    ‐-、ー- 、 i {   /    ヽ
                                         /i         ゛ 、 | |`‐-rノ、    ヽ
                                           i l  _ , - ‐    ー` i ヽ    ヽ    ヽ
                                            ヽ`,__ヽ、       > >ヘ-ュ_ . ヽ   ヽ


6 :◆vsQyY1yD2Q

      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)   当たり前か……。
     |      ` ⌒ノ
      |        }      なるほど、俺達の世界とは 考え方が違うって事だな。
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \
     /´        ヽ



    i^,\ _,,_ /^l
    lノ  ⌒ i|l ⌒ヾノ      ねこ夫達の世界だって
    シ " ‐=・=‐ ‐=・= ミ.    昔は そんにゃもんだったって聞いた事あるにゃ。
   メ  = ⌒(__人__)⌒=ヽ
  彡  U        ;ミ.    要するに、子供は 労働力にゃんじゃ?
    ヾ         ン
    /     ""  |


7 :◆vsQyY1yD2Q

                                                ,.、-rァァァァァ‐-,.、
                                                      ハシ'"`''ー‐''"`ヾ;ハ
                                             lミ'   _ 、__,. _   ゙ミl
                                             || へ、_`ー '_,._へ ||
            そう言う側面がある事は否定せんよ。          rョl ,.=。=゙ '=。=、 h
                                                |ヒ|. `二} {二´ :|j.|
            そのせいか、農村などでは                  ,ゞ|   人__人   |く
            町に比べて結婚が早い傾向にある。     _,,. -‐''"´| : lヽ、{. ̄- ̄.},.イ: :|``'''‐- 、.._
                                    /´l : : : : : : : :|: : |.\`'' ‐-‐''´/|: : l: : : : : : : : 「ヽ
                                          /: : l : : : : : : : |: : :|.  \  /  |: : :| : : : : : : : |: : l
                                   ハ : : |: : : : : : :│: : |     ><   | : :│: : : : : : :| : : 〉
                                      {: : : : | : : : : : :│: : :|  /| /|\. |: : :│: : : : : : | : / }
                                         ハ : : :│: : : : : : \;ノレ'´  〉〈.  ヽlヽ;/ : : : : : : |: : : ;ハ
                                         〉:\ :│: : : : : :./: :│  |/ |   | : :\: : : : : : :|: : :/:〈





                      正直、出産の時は
                      早過ぎるんじゃないかと 不安で一杯でしたよ。
          ____
      ./      \.       シスター達の協力もあって、無事に済みましたが。
.     /   ノ '  ヽ.\
.   / /)(ー) (ー)u\.     でも、今度は 子供が無事成長してくれるかどうかが
   | / .イ    '       |.    不安になってくるんですよね。
.    /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.    | ≧シ'        \


8 :◆vsQyY1yD2Q
                                                      , 、
                                                 __γ´/ 丿ヽ
                                               _       ィ」  ⌒    ̄\.  ┏━┓
                                       ((⌒))  /  |    卜、     \lx ┏┛
                                         [「  //   t  |  | ー\\.|  | l |・
                    シスター?                    ° //   l/\t \○ \|  | l |
                                                    |/l  乂{○    ̄ ⊂⊃l  /゙Y
                    シスターが何かするの?          ./八 \ {⊂⊃       // ノ
                                             jノ  Tナl`            厂  ,ィ===x
                    それって 要するに僧侶だよね?         ーヘ、   、_,、_,  ノ  ((  _))
                                                ┏━┓    ` ー-|___」イ      [「´
                                            ┏┛       ,ノ}   l|ーァァ― 、o
                                                   ・      / ̄l「 〃    l| 〃    |



                 ,.‐''´ ̄`ヽ、
             /         \
      ,.‐'´ ̄ ̄`ヽ'           ヽ
     /                    `‐、
      !       iヘヘ              ヽ
     レ      イ  |            ヽ
    /     /ノ   ト                i
    ,'    _,. ‐'´    ヽ、.___         l
.    i    / /´ ̄`     ´ ̄`\`i       !
   |   ,/   ‐++++、     ,:++++‐ ヽ      !   出産の際、子供を取り上げるだけでなく
    | ,r‐、 l.   "ヽ、._゚ノ ,   、ヽ.゚__,ノ゙  .| r‐ 、 .!
    | ! r、| !.       /   ヽ      .| |,ヘ |  |    周りで母親に回復魔法を唱え続けるのも
.  │| ト |.|       /     ヽ     | ! ン !  |    シスターの役目なんです。
.  │ヽ.__|.| ト、.__`ー^ー^ー'__,.ノl !.!__,ノ  .|
.   |.    |.ヽ`lココココココココココ,フ/ !      !    出産は、体力、精神力共に必要ですから
.   |    !. ヽヽlココココココココフ'ノ .!     |    それを私達でサポートするんですよ。
.   |.    !   ` ‐-----------‐ '   /      |
.   |  |   `' ‐ 、.   ====   , ‐' ´ l    |  !
    L__|__l    l !` ‐ 、.__,. ‐' ´|  |__L.. -┴''´
         ̄ ̄`|           | ̄
     ___, o‐7        ヽo、.____
   ,. ‐''|   | 8          8  |   |ー-


9 :◆vsQyY1yD2Q
: : : : : : : : : : :    : :   /: :      l   /  "' _......、  : :        ヽ
: : : : : : : : : : :  : : :   /: :    :    ハ  /       ヽ  : :        ヽ
: : : : : : : : : :  : : :l   .ハ: : :  : :  / ヽ l        l  : : :     l    l
: : : : : : : : : : : : :/ l:   l ヽ: :  : :  /   ヽi        l /: :      l    l
: : : : : : : : : : : :/ ヽ: .l ヽ: : : :  l            //l: : : :   :    l
-i: : : : : : : : : : /._  ヽ l  ヽ: : :  l           // l: : : :   /:  : : 、
zl: : : : : : : : : :/  ` '‐ヽ.l.._ ヽ,: :   l             l: : : : :  /: :  : : l
. l: : : :\: : : : l  z===\='=z..._: : l             /: : : :  ./: : :  : : l
/: : : : : : l\, :l / ノ''' ̄`''i::::\' ,: ヽ      -_''"´"''-//: :  /: : : :  /: : .l
: : : : :  ヽ  \ゞ.../:i_..-‐'':r il   \ヽ     /===z._//: /: : : : : :  / l: :/
: : : : :  : :ヽ   `"' ‐-- ..''_l      ヽ    /_..../::l/./ /: : : : : :  /:: / /  私、そっちの方は
: : : : : :  : :ヽ                  ./::i'´-''///l ///: : : : :  /: ://   経験ないんだよねぇ。
: : : : : : l\, \                  `"''‐''-' /: :l/: : : :  /: : :  :
: : : : : l: ヽ `"''‐'-          . .:          /: : : :_... -''": : : : : : :    僧侶になってすぐに
: _: : : :lヽ: ヽ             : : : : : ,       /: : : l"´ .l: : : : : : : : : :   警備隊付きになったから。
 ヽ: : :l ヽ:ヽヽ、            : : : /      /: : ハ: l   l : : : : : : : : :
 .ヽ: : :l .\ヽ,ヽ、           /      /: : : l.ヽ .l   l: : : : : : : : : :
-‐i\: : l   \ヽ,ヽ、      _..........,     /: : : :,: l ヽヽ、 l : : : : : : : : : :
  .\ヽ: l     "' ,,"- ,     -   , -‐''" l: : : :/l:.l   ヽ、 l: : : : : : : : : : :
   \\       ,,''- _.-._   ,..-=',´_   l: : : :/ l/      lll: : : : : : : : : :
     \'      l l  / /"/     `"''/: :/‐‐‐''´ ̄ ̄`" ''‐-、: : : : : : :
       "-._   < i-' / / ./       //             \: : : : : :
         '-  l l / / /       /                l: : : : : :


10 :◆vsQyY1yD2Q

                                                     /⌒ 、
                                               , '"⌒Y:::::::::::::::ヽ
                                               ノ:::::::::::/ヘ:::::::::::::::::゙ 、
                                             /:::::::_,,ノ、  >、_;;;:::::::i
                                             /,.::|r、==、  ,==,,i;;::::l
              メイリンは結婚するんだから              l:|Fl|く_ ^ ,. 、^ _ノ |lュl:l
              すぐに経験する事になるわよ。             l::ヒl.   ~i_ _j~   |ソ:!
                                             |::::::|{r,ェェェェェェェヽ|::::::|
              その時は、あなたが皆を助けてあげるのよ?    .|:::::::llヒェェェェェェェェェェリ::::::|
                                            ノ:::::::ヽ ̄ ̄三 ̄ ̄,.':::::::l
                                            /:::ハ::::r'`¨i'''‐-‐''i¨´ヘ:::::」
                                           └r'"~ ヽ ヽ、_,,シ _ノ `゙ヽ、
                                           r'"\  ヽ、_      ノ  /`''、



               ____
           , -‐  ̄::::::::::::::|  ¨`ヽ、
         /ニニニニニニニニノ    ヽ\
        ((ニニニニニニニl        !::::〉、
      /⌒::::\ニニニニニ!        !::/ }
    //:::::::::::::::ヽ ̄ ̄ ̄\ ̄¨ ‐ 、 |/ /
.    〃/::::::::::/:::::::::ノ:::::/:::ト、{キゝ、:::::::::::`ヽ /
      ヽ:::::::::{::::::::イ:ヾ、ヽ、Kう坏ヽ `ーァ-、::\     そ、そうですよねっ!
     丶::::::l::::/ノ:::::ヽミ‐`ー'-   fぅ}:::}`ヽヽ
        }:::::l::/:イ:::::::::弋__'''''''    、`メノノ_)_).   そっか、やる夫さんの子供かぁ。
        |:::::|:lノ::!:ト::::トヽ、_,  r= 、_ ノ /| レ'/
        |:::::|:|从リ }::ト、    {  ン . 1/ ,'.        やだっ、なんだかドキドキしてきちゃった!
       ,'::::::|:| │j:::! ヽ、   `´ィ´/  ,′
.     /:::::i::!:!  |ノノ   `lT_´レ'   ∠┬ 、
     /::::::::|::リ-<      ト、ヽ{   〈 |: :|   ヽ
     /イ_rヘ.l::|\\_    _) )ヽ  ヽ: |   ヽ
    /  \}:ト、 `ー--二二 - '   ヽ  \     \
   /      リ :ヘ           _ -ヘ    ヽr'三ニ ヽ


11 :◆vsQyY1yD2Q

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    なんて言うか、責任重大だな。
.  |         }
.  ヽ        }     やる夫、ちゃんと 真面目に考えてるか?
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



                                                *  ______
                                         / ̄|  +   /        ヽ   +
                                         | ::|    / ⌒    ⌒    ヽ
                                         | ::|x  /  ( ●)  ( ●)     ヽ   人
           子 作 り の 事 ば っ か 考 え て た お !  .,―    \   | ::::::⌒(__人_)⌒::::     |  `Y´
                                      | ___)  ::| .!     l r┬‐|        /
                                      | ___)  ::|+ヽ     `ー‐‐'      /  十
                                      | ___)  ::|   /           \
                                      ヽ__)_/   /                 \


12 :◆vsQyY1yD2Q

                   ┛┗  ̄ ̄\      、
      ──          ┓┏  _ノ 、_\      \
         ̄    _  三 | = ( 〇)(〇) 二 _    \ 、          ━━┓┃┃
            ,ィ⌒,> 二 |     (__人__) 三= ≡ 三 ‐- 、、                ┃
    ─      二 ト _〆トュ   |  ̄ 三 |r┬`|ノ = 二 三オ⌒´`ゝ、、       ━━┛ ┃┃
           /ゝ イ´´ =  |=     `ー'´} = 二三 -/^ヾ ムイ´ ̄ ̄ ̄\ て       ┛
           /  彳_ 三  ヽ    三 /   = ≡  イ ト   / ノi        \ そ
          〈  イ` _´⌒`ヽート   ノ   二 三 、ゝ、__ ィ´ /,         ヽ   ポントキマイラ!
           ゝー、_  ヽ /   `ゞ  ̄ ヽ /    / /  //            |   ,、_,r、,、
               ⌒ゝ 、     彳   /    /,   \            |   `ャ'  `i
                  |  `     ,イ    //ゞーイ⌒`ゝ_       ,/   /  イ
          ─  二 三 |   /   ,<´    / \   ヽ  ,        "ヽ、_/  /
      ─ ─ = 二 三 |    /     ,イ  ,ィ^l、  ̄ ̄ド ̄、         /   /
                 |   イ      ∠'─ィ'〆~ヽ    |     / l    rー─ ~
                三/      ∠/  _ゝ_/    /           /
             三  /イ      ^  |` ̄       /           /
               /       イ   |       /           /
               |      ノ     |     /             |
               \_ _,ィ´ ノ    |    /        ノ     /
                   `ー、     /    |    イ⌒ ̄ヘ     /
    ─  ̄ ̄ 三 二  ─  /      /     |   /      |    /
                   二     /       |   ト      |   /
                   /     /    /  ノ       |   /
         _     __/    /      ゝ、_/        /  /


13 :◆vsQyY1yD2Q


                          いや、まぁ、ぶっちゃけ
                          子供は、まだ先の話だと考えてたお。        ___
                                                           _/⌒  ⌒\_
                          しばらく 新婚生活 楽しみたかったし。  ./:●))(__人__)((● \
                                                         |     |r┬-|     |
                                                         \      `ー'      /



  NVVVVVVV 人
  \     ( ゚д゚ )
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─  .│i|
  レ!小§ (●)  (●)  | イ   まぁ、俺達の感覚じゃ
   レ §  (__人__)  u |ノ
     \    `ー'´   ノ.      そんな感じかもしんないっスね。
   /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )
   `;ー" ` ー-ー -ー'
    l           l


14 :◆vsQyY1yD2Q
      /    丿     /   j  { /⌒ヽィ公x       \_ノ
     /    /   /  /  ,.イい八!        }       く
    /    /    /  /  / -|‐==ト      ノイイ  ノ  ,ハ
  く      }   ノ { 〃l /{. 斗=ミヾ::::)  .:⌒メ j| イ     ト
    }      厶イ八八{ 八{  >セヅ`仁7  ィゼド刈  }ハ  ハノ
   ノ       {   {   ィ个ニ≧=彡ニ/   { ー= リ ノ厶イ.    その辺の認識の相違は
  (       ∧, -ヘ   |ニニニニニニニニ,′  ∨  イイ /.      後で 夫婦で話し合うといい。
.  '         { く !  ├=ニニニニニニ{   , /   仏ィ′
    i    l  人 (l   卜ニニニニニr‐┘   __   ノハ|         それよりも、降嫁の話だ。
    |    l    ヽ.|  八ニニニニ=┤   ∠二〕  / |
    |    |     l|  | トヽニニニニゝ   `こ ゚′ /l  |         先程、雅音から話を聞いたが
    |    |     l|  | | \ニニニニニ}    フ  /⌒' ノ        ロマリアで商家を興す予定らしいな。
    |    |     l|  | |  `ト ニニ=}      イ / .イト、
    |    |   从 |!   {  ≧=‐-r=彡'  i / !{ !\
   ノ    j   .〃   | ト、      r‐ ミ|i {   |,' 川 ! \
       /  〃     | | \   ∧   Y {   | 〃从   ヽ、
      /     {{     ノ |    ヽ /∧  ∨ ̄ ̄ ̄`ヽ'ハ    )\
          ノ    (  ト、    ∨/.ハ  |  / ̄ ̄   Y}   '   \



                                                  -───-  _
                                                   ´             ヽ
                                            /               ',
.                                            /                   }
                                                 /ィ     ,  . : : : :/:, : : . : : :、
                                           / ,   , . ! . : :_:/_ム:ムイ: : :! : : ヽ、_
                                           l :{   . :l: :从l、: /l/iひ小 : : !}: : : :__
                         ああ、加護も授かったし        |八 \lVにムV   ヾソ|: : :lハ/
                                             l、: :ト、 ヾソ ,      |/l/ /
                         やる夫たちは、準備ができたら.    .| \|:ハ    _  /   i  i┐
                         ロマリアに行くことになっている。    .|/lイ 、`マた¬≦}     {  | |
                                                  |/V\{  \ {\__人 } }
                                                           ヽ  トi`マ´  \ `Lj
                                                            ゙ー{_{_厶     \_
                                                        ヽ\_      ̄
                                                                 `ー==━


15 :◆vsQyY1yD2Q

.                                                                       ,.へ
                                ___                            ム  ,i
                               「 ヒ_i〉           ______           ゝ 〈
                               ト ノ         /::::::::::::::::::::::::::.\          l  .l
                               i  {          |.::/⌒Y⌒ヽ:::::::::::.|       .|   l
     僕達三人で連携すれば.            i  i..         | \  ,/   i:::::::|       i   }
                               |   i         |(●) (● ) 〈:::::::|       {、  λ
     アッサラーム、ロマリア               ト−┤.       (⌒(_人_)⌒:::: @)      ,ノ  ̄ ,!
     そしてレーベを結ぶ貿易路が出来ます!  .i   ゝ、_      |   |r┬-|     |   ,. ,. '´ハ   ,!
.                               ヽ、    `` 、,_ _\ `ー'´    /  "" \  ヽ/
                                 \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
                                           ヽ.      ヽ::〈; . '::. :'/::/   /   ,. "
                                            `ー 、    \ヽ::. ;:/ /     r'"



       ___.        いざないの洞窟が使えれば、ですね。
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \     あれ、なんで いまだに貿易が再開してないんでしょう?
   /  (●)  (●)  ヽ
   |         '       |    貿易を再開しようと言う動き自体はあったらしいのですが
   ヽ、    ‐‐-‐    /     こっちまで詳しい情報が伝わってこないんですよね。
    /             \



                                                  ____
                                                /      \
                                               /__ノ  ヽ_   \
               それは、現地に行って確認するしかないお。    / (─)  (─)   \
                                              |    (_人_)   u.  |
               やる夫達で、どうにか出来ればいいんだけど。  \   ⊂ ヽ∩     <
                                               |  |  '、_ \ /  )
                                               |  |__\  “  /
                                               \ ___\_/


16 :◆vsQyY1yD2Q
            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/   陸の貿易路を復活させるのか。
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ.      それが成されれば、貴族の何割かの支持を
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l.         取り付ける事が出来るだろうな。
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl.          王も、その辺の判断力は失ってない。
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l.           降嫁を許されるだろう。
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\
;;;;  ヽ  ::::::l       l    .l       ヽ、,::::::::::::::::::::::\
;;;;;;;    :::::/\     l     !        ヽ::::::::::::::::::/
ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;::::/       l    l         /:::::::::::::::/



                                                    __ ,.-¬- 、._
                                              / '´,  、   、 `ヽ、
                                                 r´    / l ヽ  \ 、ヽ
                                            /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
                                         /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
                                               '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
                 貿易が再開されれば                    | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
                 貴族達の財政も上向くでしょうからね。      lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
                                            l\l|    |    //ィ N
                 彼等も あなたを支持し、期待することでしょう。  .| ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
                                           '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
                                                  _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
                                              _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
                                   ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
                                         / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l


17 :◆vsQyY1yD2Q



            ___.       いや、そんな期待されても
     ____,../     \
    ノ   /           \     やる夫は 大した事は出来ないお?
  /   /   u.           \
 |     |::..            ...::::|
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、;;:::/-一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



                                         ,  ‐ ´  ̄ ̄ `ヽ、
                                              /     、    、 \
                                              ,.'./  .:/ ;小:.. ヽ:. :\:.:.ヽ
                                         //:.:.:.:/.:./:. ./ i ヾ:.:.丶:. ...ヾ:ー'、
                                     //,':.:... :.:厶:./- ヽ 弋:.‐\:.:.:. 丶:\
                降嫁を受けるって言うのは     .! |:l:j:.:.:´/ ィ天t、   ィ天女、-、:.. ヘ、:.ヽ
                そう言う事だからね〜。        .! | :.!.:.:.:ハ´ち;;;j    ち;;;;j !K }ヽ:.、.! ヽ!
                                       ヽヾj:.ノ小 `::::.   '  ::::´ ハイ: |`リ  ノ
                それについては もう            、_ノイ:..:.:リ;:ゝ-‐っ ー-   イ:.l::|:. i |
                諦めてとしか言えないかな。     ./´/:.:/ ‐<>.、 _., .イ_.l:.:l::|:. i |
                                         /_/∠ ァ┐l !ノーソノl  ̄ ヽ、」::|:. .:i:ハ
                                 , ./´   `∨イしリ  / ハ  / ヽ ̄`ヽハ
                                      / |====、∧/  >‐/{ヽ‐‐<   l    l ヽ  r/7-、_
                              , '   /     / /   7〃 {{ヾ〉\   |/ ̄ |  厂し' / /┐
                                    /     / /  /   {{.   \  |    | ,/=(_/_/_,人
                                       |     / / イ    o. {{       \|    l/     'ヾ、/


18 :◆vsQyY1yD2Q
                                                          , 、
                                                        γ´/ 丿ヽ
                                                   -‐ '´ ̄ ヽ ソ ` }
                                                 /´|     ―-、"丿
                                         /  ,|   h    \
                                         /  |:\ l|  | \/    ',
                                          |  N _\ト、 | /_\ |  |.  っ
                                        l  レ' ⌒ヽ `¨/ ⌒ヽ V /  ゚
                      お、お兄ちゃん 頑張ろうよっ!  \〈{  ○   ○  } j/
                                            ヒト -‐    ‐- イニノ
                      みんなで家族になるんでしょ?     .ハ ' '   r 、 ' '  ノ ̄ヽ
                                                  | ≧:  ニ   ≦´/   |
                                             V⌒ヽ\l:/⌒ V/  /
                                           ゝ __人\{ _ノl   /、
                                            ヒ彡 ヘ ヒ彡'| / /\
                                                    \ : 〉\:  l/   ∧
             ,-‐'⌒ _,,,,,,_                        >'  l ー'   / ∧
            //, -'"       ` ヽ、                    / \ /\  /  ∧
            >"            `ヽ、.                 〈 /  Y    Y     /
          /                 ヽ、
         /    /  .人  ',         ヘ
         ,'     |  /  ヽ  ヽ ヽ  ',    ', ',
.        i     ', / _ \:.ヽ\ヽ、 ヘ  .i 川
        |   ノ /'´ ̄``  `ーゝ '⌒ヘト::. | W
        |  //| ィ必刃`     ,ィゎ、 } イ:::ノ
        レ' 介ヘ |  弋ヒン      乳リ ! ル}::/    そんなに心配しなくても
      _,-彳"{ 、(           ヽ   ハ レ
       ノ  `ー、ゝ     r ──┐   ノ  \     ハニーなら きっと大丈夫だよっ!
     /.   :::::::::\        ソ   /  ヘ`ーゝ
   _ ィ_,ノ7   .::::::::::::|`    ヽ、_/  /   ヽ
     ノ   .::::::::::::::|   ゝ 、   _ ィ..::::::.   _\
    / /  .::::::::::ノi      下 、::::::::    ヽ  ̄
  //   .::_, -'        {  ` ー 、   ヽ、\


19 :◆vsQyY1yD2Q
          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \         だと いいんだけど……
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   どっちにしろ、引き返す事は出来ないお。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /



                                                *
                                         / ̄|  +   / ̄ ̄\     +
                                               | ::|   /   ⌒   \
                 ま、覚悟決めてガンバレ。.        | ::|x   (へ)( へ)   .|   .人
                 俺らも協力するだろ。         ,―    \  .(__人__)    .|   `Y´
                                      | ___)  ::| . l` ⌒´    |
                 でも、金の相談だけは勘弁な!   | ___)  ::|+.{         |     十
                                      | ___)  ::|  .{       _|
                                      ヽ__)_/   ヽ、ヽ   /  )|
                                                 ``ー―‐'| ..ヽ|
                                                      ヽ ノ



         ____
       /     \
      /  ─    ─\
    /   ‐=・=‐ ‐=・= \    それは、最初から期待してねーお。
    |       (__人__)    |
    \     ` ⌒´   ,/


20 :◆vsQyY1yD2Q

          __..  z≠  ̄   ::::...  、
          /..:::::   ..:::::::::::::::::::::::::::::...   \
         /..:::::::::::.. ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   \
     __/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..    ヽ
     / /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
   / .:::::::::::::/..::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::::::::::::..   i
   | :::::::::::〃.::::::::::::::::::::::::::::::::/ j :::::::::.-}‐- .._ :::.  |
   | :::::::::Y ::::::::::::::::::::: _.. -‐/- | ::::::::::∧::/| ::::::::::W
   | ::::::::::l :::::::::::::::::/..:::::::/   l :::::/ rく.マ:::::::/.    ところで、マダム・ルイーダ?
   | ::::::::::| ::::::::::::::::::::∧::,rく⌒Y:/  トヘ Yヘh
   | ::::::::::|/\:::::::::::/ / ト、ヘ       |::::} } { |.    貴女の言っていた 異界人を
   / .::::::::::::::::: >、,イ  { |::::::}       弋ノ ノ` |/     ダーマに引き取ってもらう件はどうなったの?
  ./.::::::::::::::::::::f{       ヘ弋_ノ             从
 /.:::::::::::::::::::::::| \      、、      '  ``人::ゝ     そっちも重要な問題でしょ?
 |∧:::::::::::::::∧|  `7            _    ,.ィ仆ミ/
   \::::::|/     厂 ̄ ̄>:: 、  __..  <:::::/
     \|   /'´ ̄`ヽ\  /      ∨
          /      } ヽ{ \



                                            /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
                                            Y .// / /  |:i    \、 i
                                            /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
                                          r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
                                         ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
                                        i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
                                         /   i ハ  i /  i|`ー- |
                    そちらは、知り合いを通じて.       .'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
                    ダーマに話を持ち掛けている。      .ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
                                               / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
                    どう言う答えが返ってくるか       /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
                    大体 予想はつくがな。         ./   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /
                                   - ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
                                      /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
                                           / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
                                   /_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
                                   ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.                                               :/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ


21 :◆vsQyY1yD2Q
    ._______________
    |\\        .|:::::::::::::::::::::::::::::::: |
    |:::::\\       ! :::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
    |:::,、::::\\....ガチャ ..|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||\:::::\\    !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||:::::\:::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     ||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
    |:::||::::::::::|〔 !lll!     !:::::!:::::::::::::::::::::!:::::!
    |:::||::::::::::|::::|lll|     |:::::|______|:::::|
    |:::\:: :: |::::|lll|     |:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄  ̄ ::\:::\::|::::|lll|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      \::::`:::::!lll!
.        \:::: !lll!
.         \|lll|



    /::/,/ :/ ム:|| |-、  / i| ̄`ヽ;:::::i
.   i::/./| /| :ム|-||-、_ L -――-ャ:::i
   i:::|/ri k´!|   i| .ノ´ ト、_ - ´i::::::i
   |::::::/ヘ | i| ̄ |´ , i〉     :|:::::::i        おいおい、つれないねぇ。
   r ニ ´ ヘ|フ      _  - ォ :|:::::::::i
   i / r /.ノl 下二 ̄-―  ̄マ  i:::::::::::i.     言わなくても分かってるなら
.  |' / /   l ∨       / .ハ::::::::::::i.     わざわざ伝えにこなくても良かったんじゃないか?
 r.'|  イ .ハ   .l  \     / /::::|:::::::::::::i
 ∨  i しヘv ´ l\ ` ー ´ /|::::::|::::::::::::::i- 、
  |   ヽ ´ .l    l ` - _./_ - i:::::|::::::::::::::::i::::`ー
  !    i  \_イ ̄  -v ´   .|::::|::::::::::::::::::i:::::::::
. |        ノ::::i      i    マ.|::::::::::::::::::::i:::::::
/      /:::i´ノ_    i  / i|:::::::::::::::::::::::i:::::
                                                       _,,. -─- .== -,..-‐、
                                                  _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
                                                   /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
                                               /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
                          早速 来てくれたか、エダ。           {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
                                            Vi ハ ●     ●.^ヾイ}.リ|    |
                          そう言ってないで、結果を教えてくれ。  ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
                                                   \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |
                          大体 予想出来るが。                  | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
                                              | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
                                              | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |


22 :◆vsQyY1yD2Q
           ___________
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、
.        /:::::::::::::::::::___::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::>"´       ̄ ヽ::::::',
      /:::::::> "        ___   ∨::',
      l:::::::イ    ノ7ゝ、  /¬ ヽ_____∨:',
      l::::::i!|  ノ/ /〃ヾヽ//⌒} /   ミ:::;.
      j:::::i::レ///∧{ {     ノメー-、 リ:::::;
       l:::ノ::///イ_ヽj__,,,、  /:ノ...:.:.::::ヽj:::::::',
       /::::::::{ { l|::::::::::::::::アー<::::::::::::::ノ !::::::::',
     ./:::::::::::ヽ\ヽ:::::::::::ノ   ヽ`ー "  ハ:::::: ',
    /::::::::::::::::::ヾj\\__,    ′   /:.:ハ;::::::::',
    /:::::::::::::::::::::::::\ ̄         , ':.:.:.:.:.ハ::::::::',..
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::i> 、  ´ ̄ /;i::.:.:.:.:.:.:.ハ::::::::'.、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;> _ /;;;;;;;l.:.:.:.:.:.:.:.八:::::::::ヽ、
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::j;;;;;;;;;;;;;;;;;;}:ヽ;;;;;;;;;;{.:.:.:.:.: イ:::::::::::::::.:.:.>:..、_
. /:::::::::::::::::::::::::::::::::>'"!ミ   i  ` ー  <j:.:.:::::::::::::::〃:.:.:.:.:.:.:.:`.、、
/::::::::::::::::::::::::::::::l´:.:__!,三二 { ¬ニ三/__l:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:\



      『 ダ ー マ の 門 は 、 全 て の 修 行 者 に 等 し く 開 か れ る 』



                                                 〃〃    ヾ ヽ
                                              ,レ''¨¨爪|¨¨`ヽート|
                                            トァー⌒ヽ__ル | ハ ハ
                                             rーZ  ⌒ ´∧/ヽへへ}、__
                                             ソ'〃/  从/ィ     ヽ
                                          /从( /从(ソ  | |. | | 、./
                                         / | ,イ.xtッ≧  メム_ノ ノ .ノ|
                                       __z-ー=彡.| |ミミミ  イ =tォイ___/lハ
                                    rzイ// ノ   イ| レ' 〉ミ  」   彡'ii, l | ヽ、
                                    (〃{/ ,,彡イ // .ム<二二ニア |\ ,|  ハー-、
                                    ル <   |//     -ーヾz:::::. |  >- 、 ヽ  ヽ
                                r<       ,ノ./      イ´  / .|     `> 、.|
                                |  \     ,リ|      /   / l |ヽ        >、
                                |   \ 、.  ノ/    rーイヽ ´ ̄j | | 〉         /
                                  ム    ミソ ( ∧    /ミゝ    ({ |  ヽ          /
                                {∧      人 ` ̄ ̄ヽ  ,  人 l l   〉       /ヽ
                                | ∧       /  \_ []/|\i| /  川   リ        /   〉


23 :◆vsQyY1yD2Q
              ._______
            ./::::::::::::::::::::::::::>.、
          /::::____:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
         ./:/´ー-、`ヽ―― - 、::::::::::\
          .レ.::/ ⌒ヽヾヽγ´⌒ヽ\::::::::',
          .//:;' ,∠´ ̄`ヾ∨ニミヾ j、 `!:::::',
         //::;'.//イ/__ノ  ヽ-iハjムヽ、j:::::::;
        .{ {:::://:://::::::::ヽ__∠:::}::}:::::iト∨::::::l
        .リi::/ヘ::リ::::::::::ノ⌒ヽ::::::/::::::}イj:::::::::l     はいはい、大正解だよ。
         .,リ/∧ |¨¨´  j:、 `7 ̄ / ハ::::::::l
        i::{/:::ヘ             ∧:}::::::::l     ったく、急いで来て損したぜ。
        .l:::{:::::i;ヘ               /;;l:ノ:::::::::l
       l:::::::::::j;;i;ヽ   ________   イ;;;;l::::::::::::::!
       .l::::::::::::i;;;l;;;ヽ、 ´  ̄ ̄ ` /;;j;;;;;l::::::::::::::l
       l:::::::::::::!;;;l;;;;;;| \    /;;;;!;;i;;;;;;l:::::::::::::::l
      ,':::::::::::::j;;;;l;;;;;j   `二´;;;;;;;;;;l;;l;;;;;;;l::::::::::::::::l
      ノ:::::::::::::::l;;;;i;;ノj    }ヾ;;;;;;;;;;;;ソ、;;;;;l:::::::::::::::::ヽー、、
  ./´::::::::::::::::::::::ム  i! \ 〉 ヾ</ >ヘ:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、_
  ./:::::::::::::::::::::::::/     i!    7   ノ     ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::>、


                                                /´ //    ヘ ヽ    ヽ   ハ
                                      _/´/ //  ∧ ∧  ヽ    \  |
                                      `フ ./   i  ムミ〃ヽ  ヽ      ハ .ハ
                                            /   /    |    } } }、 i   ソ   ヽ
                                            ト| i  i ( (-从、   ソ彡ソ )ソ  人 ヘ  ヽ
          ダーマが、こう言う時に どう判断するかなど   |ハ ヽ \ォ==ッ、  ィ===ッz. ノノソソヘ  ハ  )
          何百年も前から決まっているからな。.         ヽ、|ヽミアミミミ.|  `    ’ 彡イ ∧  i, {ヽ
                                        ノ l∧ミミミ j      ーイ/ .|イl ゝ、 | | |
          「やる気があるなら受け容れる」            /彡Zj ∧ミミ `´    彡ソ .| ||  ヾヽ l |
          極めてシンプルな答えだ。               /   / , ,ヾゝ ─‐    /  |\   爪 ハ
                                    /    /   |::::\    //    |::::::\ ./ | ) ヽ
                                     | / , リ     |:::::::| `ー≦ /    |:::::::::::ト、 j (   〉
                                     j / , /    .|:/ハ    /    j::::::::::::| `¨ ー- ,{,,__
                                    彡'   /    .|ミミミヾ  /   ,' /:::::::::::::|


24 :◆vsQyY1yD2Q
::|     ! /-| |       ヽ   ヽ ヽ  ト、ヽ
::|:   /|. |  |. |       /ハ    ', li  i ', i
:::!. /  ! |  ,l. |==―`   | !_ -  ̄}i li  |. i |
:::|´    i |/ l |  .i    _.v:イ:.:.:.:./ |. | !. | i|
::::!.   /i.|  _.斗- マ ̄:.Y´ `くハ:.:./  | | i. |  |
::::|   _ -i|二 -‐七チ`:.:.fノ   ` く_  .| ! |/
:::::|=<_:.:.:.:.i|´`:.:.:.´i|:.:.:./      ノ  !|
::::::!    ―|――- - ´     r イ  /    ああ、それともう一つ、大神官猊下からの言伝だ。
::::::|                  >
::::::|\               ,. ´〉.     「精霊の贈り物を調べたいから、ひとまず全員連れて来い」 だとよ。
:::::::!  \           /   イ
:::::::|   \              ',
::::::::!     \               }
::::::::|       ゝ _        イ
:::::::::!      ー―- ニ= ―― ´:.:! ̄  - _
:::::::::|     - 二ニ -イ:::::::::::::::::::::::::.:i::::::::::::::::::::::::-
::::::::::!           :|::::::::::::::::::::::::::.:i:::::::::::::::::::::::::::::::` 、
::::::::::|           ト、:::::::::::::::::::::::.:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ



                                             //__/_/ / |  ヽ \\ ',
                                       r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
                                           // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\
                                   ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
                                          r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}
                                          | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ
     大神官猊下は                       /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL
     他人宛の贈り物に ご執心と言う訳か。   .,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、
                              /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
     ……まぁ、いいだろう。            _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-
.                            ´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `
     こちらにとっても 損はない。             ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ
                                        /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.
                                    ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |
                                /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /
                                ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /
                                        \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /


25 :◆vsQyY1yD2Q
    /::/,/ :/ ム:|| |-、  / i| ̄`ヽ;:::::i
.   i::/./| /| :ム|-||-、_ L -――-ャ:::i
   i:::|/ri k´!|   i| .ノ´ ト、_ - ´i::::::i
   |::::::/ヘ | i| ̄ |´ , i〉     :|:::::::i            そう言うなよ。
   r ニ ´ ヘ|フ      _  - ォ :|:::::::::i
   i / r /.ノl 下二 ̄-―  ̄マ  i:::::::::::i.         最近 ろくに経験 積んでない
.  |' / /   l ∨       / .ハ::::::::::::i.         贈り物だけの勇者を見たが
 r.'|  イ .ハ   .l  \     / /::::|:::::::::::::i
 ∨  i しヘv ´ l\ ` ー ´ /|::::::|::::::::::::::i- 、.     自分の加護に気付けば
  |   ヽ ´ .l    l ` - _./_ - i:::::|::::::::::::::::i::::`ー    案外 化けるかも知れないぜ?
  !    i  \_イ ̄  -v ´   .|::::|::::::::::::::::::i:::::::::
. |        ノ::::i      i    マ.|::::::::::::::::::::i:::::::
/      /:::i´ノ_    i  / i|:::::::::::::::::::::::i:::::



                                                       ___
                                                          /      \
                   それはあるかも知れませんねぇ。             /_,ノ   \  \
                                                        / (ー)  (ー)   \
                   僕も、加護の存在に気付いていれば.        |      '         |
                   別の道があったかも知れませんし。    ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
                                           ヽ_ノ   /          \


26 :◆vsQyY1yD2Q
         ,.ィく.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.`ヽ、
          /.:.:|.:ヾ:、.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:ヘ、
       /.:.:.i.:.:!ヾ:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.ト、
       ハ:.:.:.{.:.:! ヾ、.:.:ヽ:、.:.:_:_:i.:.:.:.:.il.:.:.:\
      ,′!.:.i:::::i   ゝ::_丶‐‐-::r:ハ.:..il.:.:.:.:.:.ヽ
.     i.:.:.:i.:.:.i ,レ'      `,-==,,i!:.:.:il:i:ト:、.:.:丶
     l:.:.:.:ハ.:.::l_..,,-‐    ` ゼ ツ i!.:.:.il从ミrヘ:、d
      l.:.:.:.ハ.:::;|ゞt.り   、   "  イ:.:.:i|.:.ハ    ``
      l.:.:.:.:.{ゞ.:ハ´"     _     ,'.:.:!|.:.:.`、       できる夫は、冒険を続けたかったの?
.     li.:.:.:.:从ゝ.:.ヽ   ‘ ´   ,.'::i|:.:!|:.:.:.:.:;
.      l!.:.才リ!ハ.:.:ヾ> 、    ,イ::::::|.:.i !.:.:.:.:.!
     i|:イ  |.:.:,.ハ.:.:.,;;`、;}` ´ |::::_i|.:.j.:.:.:.:.:.:!
      j′  |.:.:.:.i}.:.:;;:}^_ノ -、 ,‐ `ーl:::|、:::::::j
.         j.:.:.:_ム.:.:.:ト:、 ̄`  "   /.:.:ム`7;ヘ、
       ,.ィ1「  !.:.:.}_...-笊ァ´二`¨ヾ'xく   ヾ
      {   ゝ`"´!.:.:.i  ,.ィ介ー―、   Y ヽ' ‘,
.      i ヽ }  i!.:.:.l くノi||iヾ〉/ ,、  !i!  ‘, i
.      l   !j   l.:.:.:l   .l||i / ノ´/ .ィj:i!_,. ヽヽ



                                                    ___
                    う〜ん、どうなんでしょう?.                ./   ヽ、_ \
                                                       /(● ) (● ) \
                    冒険を続けられたかも知れませんけど       /:::  __´__   :::::: \
                    それが 今以上の幸せだったかと言われると   |  l^l^lnー'´       |
                    ちょっと疑問ですね。.                .\ヽ   L       /
                                                        ゝ  ノ
                                                /   /


27 :◆vsQyY1yD2Q
       ____
     /      \
    /  ─    ─\.     かつての 他の仲間 二人には悪いんですけど
  /    (●)  (●) \
  |        '      |   僕自身、レーベの村長になると言う
  \      ⌒   /   冒険の終わらせ方には、納得してるんですよ。
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |.    そのおかげで、今の家庭がある訳ですし。
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                                                 ____________
                                          ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|
                                           V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|
                                                 / 二ー―''二      ヾニニ┤
                                                <'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|
      ククク……魔王退治に邁進するよりかは.             /"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|
                                         | ===、!  `=====、  l =lべ=|
      よほど 現実的な結末と言えるだろうな。              | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|
                                                |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|
                                                |  /    、          l|__ノー|
      「冒険者」 と言うのは、得てしてそのようなものだ。       .| /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ
                                                |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \
      「勇者」 となれるものは……ほんの一握りに過ぎない!   .|    ≡         |   `l   \__
                                          !、           _,,..-'′ /l     | ~'''
                                      ‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |      |
                                       -―|  |\          /    |      |
                                          |   |  \      /      |      |





        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \     そう言う事ですね。
     /   (●)  (●)  \
     |      __´ _     |   おかげで 可愛い二人の妻に出会えたんです。
     \        ̄    /.     これ以上を望んだら、罰が当たりますよ。
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ /        i ヽ /


28 :◆vsQyY1yD2Q

       _,.-−=7−−-- , , _
       く     /        `丶.、
        ヽヽ  ./      _ __ _   ヽ
        ヽヽ /  _/: ̄::::∧::::::::``丶、\
         〉`i/ -−A-.メ、ヽ::::::::::::ハ:::::\ヽ.
        / /::::::::::::/ ∨  ヽ./-..|_∧::`:ヽ.
        i/:::|:∧::::/       ,,.._、|/`i::::::::::ヽ.
       /:::γ |::::∨ ≠=ミ.   γoヽヾ. i::::::::::::ヽ.
       /:::: { ´|:::::|        .{∪::} i./|/´\|
      /:::::/:`:|::::::|   __ _  ' ゝ:ノ  //
     /:::::::/::::::|:::::|  {::::::::::`丶、   //     できる夫。
    ./:::::::i^i:::::/|:::/^i、ヽ::::::::::::ノ   ノ::|
    /::::.:/:|. |:/ |/ / `丶._  ___,,....イ:::::::|     この子の事も、忘れちゃダメじゃなイカ?
   /::::: /、:| |\/ ./|   /: ̄}::::::::} |:::::::|
  /::γ´ヾ、| |: / ./::|   ゝ_:_/::::::/  |:::::::|
 ::::::/  .__,,i  ゙゙ /::::|-..,,:::::::|:| `ヽ/   |:::::::|
 ::::/ _/ \__ ,,, { :::|\` ::i:i  ii /\|:::::::|
 :/  .i、\〈__, `ヽ、|  \::i:i  .//  .\:::|.                 _ , -‐: :¨: ̄: : ミx‐: 、
   γi\_ iイ`ヽ /:|   ゙ / ./     .\                //: : :∧: : : : : : : : : ';: : \
   {::::\ `´ i__,,ノヽ |.     ̄|____| ̄:|                /: :/: : : :! ヽ: : : : : : : : :'; : : ;.丶
   ゝ:::::::`-´゙::::::::::::}:::〉  /:.  【●】【●】:::::::|            ,イ: : ; :i.:i : |   \: : : : : : :.i: : :.i: : \
   ヽ::::::::::::::::::::::ノ::/  / :. ヽl____lノ:::|..          /.:|: : {: 从:八    _:_:_:. :.:.|: :.:.|: : :. :.\
.                    J川川し             /.:.:.|: : ト:斗{ ヘ:、    __≧ミ:.}: : :|: i: : : : : ヽ.
                                          /: : : |: : ト:{ `__    ィ丐刋`1: : ト;|: : : : : : :.` 、
                                         厶ァ: : : :l: :小 ィ丐炒    .:::::.:.:.:. l: : :l/:|: : :ミx: : : :ヾ:、
                                      / /ィ彡;イ: :圦 .:.::.:..   :}       ,イ:_: :|: :トミヾ{  ̄ ̄ `ヽ
                                      |: .: へ.    - ‐'    /´YYV:ハ
                 私も、早く 子供欲しいから      .|/ ゝ-'辷:.        . ィ"     i: {
                                       j:\     `≧=::≦:′     _ノ、ハ
                 頑張ってね、できる夫 ♥        .:X{`ミ;     }、  }     rfチ′  ヽ
                                            i: ハi }:7   / :._ .: ',     V:{      :.
                                            |:′ |y′  廴____,:.    vハ    i
.                                                 :.:i  7     ハ 介く´i     Vl     |
                                    ,イ.:::! ′    : :〈/i{ヾ〉|    `:′   |
                                 ({ _ / イ.7 /      イ. : }i{ .:.:.      :.   '
                                  ̄´ 〃;〃      爪   i{{   、     ヾ   L_


29 :◆vsQyY1yD2Q
           :::  ::: ::  :::  ::::  :::  :::
             ::::::  ::   ____  :::::  ::::  ::
             ::::::  :::::/.::::::::::::::::::::::::.ヽ :::   :::   ::
              :::  :::|.::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|::  :::  ::
              ::::  |::::::::/  ─  ─ | ::  ::
              ::  (@ ::  .(○) (○)|  :  ::::
               :  | :::::⌒(__人__)⌒) :  :::
               ::::  \    ` ⌒´ / :   :::.           / ̄ ̄\
                ::  ノ        \ :   :::         /       \
                 /´          ヽ  :::         |:::::       |
                                        . |:::        |
                                         |::::         |
                                         .|::::       __}
                                        /::::        \
                                        |:::         _)
                                        |::::         i
                                        |::::        i  |
                                        |::::        |  |
                                        \___、_____  ノ _)





  NVVVVVVV.人
  \     ( ゚∀゚)
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ   ─  │ i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ § u (__人__)   |ノ    二人とも、大丈夫っスか?
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|


30 :◆vsQyY1yD2Q
        ____
      /     \
     /  u   ⌒  \     そ、それはともかく、マダム・ルイーダ。
   /      u (●)  \
   |           __´_ |.    ダーマの対応が予定通りと言う事は
    \    u   .``ー/    これからの行動も、予定通りと言う事でいいんですよね?
   ノ           \



                                         ,.ヘ、___ __
                                      ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                                    /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                                   〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                                   ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                そう言う事になるな。.        // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
                                       /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
                修行者になるならダーマへ。   |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                                  \l,! ヘ|Z仔彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                そうでないならレーベ預かりだ。   ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                                          |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                そちらは任せる。                | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                                 /}         .| ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
                          /ー'/ ./}       .| |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
                       ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
                      /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
                           /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
                    | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
                    ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
                     l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
                     |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
                           /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
                          /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::


31 :◆vsQyY1yD2Q
              /  \ヾ V/-ー 、 ∧
               |/ , -/`∧ヽ\  ヽ |
             //  /  / ヽ  \  `ト
            / /       ヽ ヽ `、 ハ
            /  /  /      \  l .ハ
          /`ヘ / /    l ヽ   \ | .ヘ
        ∠,   , ー、_   |  ヽ  <ヽ .ヘ.         まったく……異界人が皆、お前達のようならば
         彡  , ー_、_ /| / ヽへ'\   Y ヽ\
       , @工工工/√r┐ レ  `, ヽ  ヽ  }.  ヽ \.       こんなに苦労する事は無かったんだが……。
    ,-<    l~Y / / / l`ー'-| / } l l } / \.  ヽ \
   f   ヽ   ` {     ヘ   }/l / / ! /     \ ヽ \
   {    ヽ  八     ∨`ー//,ノノ イ        \ ヽ.   とは言え、強制的に連れて来られて
   l       /  \     l  " 彡イl.l |           \   帰る事も出来ない連中だ。
   `、     l/ /l ,ヘ     L < .川 l        _ .- }
    ,ヘ     / l ヽ ∨   /    / レ l    , -‐ '   /.    無理強いだけは、したくないものだな。
   ./ .ハ     {  ヽ _.∧._  ム    / / ノ {  /      /
  / / .ハ    ヽ / l   `ー-Y   l / .l  l        /
  .{ l / l     /  `ー-、 () /、_/l  l  .l       /
  l  l 八    /       ̄//  } /   ノ      /
                                                  _______
                                                /::::::::::::::::::::::::::>.、
                                           /::::____:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                                                   /:/´ー-、`ヽ―― - 、::::::::::\
.                                           レ.::/ ⌒ヽヾヽγ´⌒ヽ\::::::::',
                                              //:;' ,∠´ ̄`ヾ∨ニミヾ j、 `!:::::',
                                          //::;'.//イ/__ノ  ヽ-iハjムヽ、j:::::::;
                                            { {:::://:://::::::::ヽ__∠:::}::}:::::iト∨::::::l
                    随分と、お優しいことで。       リi::/ヘ::リ::::::::::ノ⌒ヽ::::::/::::::}イj:::::::::l
                                             ,リ/∧ |¨¨´  j:、 `7 ̄ / ハ::::::::l
                    お前、アリアハンに行って     i::{/:::ヘ             ∧:}::::::::l
                    人が丸くなったんじゃないか?   l:::{:::::i;ヘ          u /;;l:ノ:::::::::l
                                        l:::::::::::j;;i;ヽ   ________   イ;;;;l::::::::::::::!
                                           l::::::::::::i;;;l;;;ヽ、 ´  ̄ ̄ ` /;;j;;;;;l::::::::::::::l
                                              l:::::::::::::!;;;l;;;;;;| \    /;;;;!;;i;;;;;;l:::::::::::::::l
                                       ,':::::::::::::j;;;;l;;;;;j   `二´;;;;;;;;;;l;;l;;;;;;;l::::::::::::::::l
                                       ノ:::::::::::::::l;;;;i;;ノj    }ヾ;;;;;;;;;;;;ソ、;;;;;l:::::::::::::::::ヽー、、


32 :◆vsQyY1yD2Q

                             ___ r -ーー-、r - 、
                           /__i /   /   \
                      _ , ‐ ' "´   /  ̄´ト.、__  i
                 , - ー< , - 、 ,.ヘ       .! .丶\  |
              ,r- ´     /   X  |   ., ヘ, .i    ヽ ̄ ̄`)
          ___/           /    .| /  f-┴ .、   ヾ.、 h
         /             //  ∧ |/., i   !   .├ー 、丶\i
        /      /       ./  /ゞi  /彡|  i    !   !  .`、\
        .i  /  ./        / ./ ``ゞ ´ ´゙ |  !     `、ト、 .i  )
         V   /  /   // .ハ ./       ノ  .,        \ レ´
        / ,   i .i ヽ、  ,从 .i ゝリ、     L/ /|  ./      、>
        | ./    リ.|  入 ./  り   `゙ i   ∠ -,´ /__∧       ̄,ゝ
        リ|     ト、| ソ ‐ ----‐´. !    .ミ メ- 、  |  i  i    !
          `ヽ、人|i .|リ ミ≡≡=="    ´`ー- ,,_ `メ_ノ   !    )
           /{ .Y.| i i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:  /   `-==≧≧ー |ノ,イ    /|  ……そうだな、甘いかも知れん。
           .i .| / .| ヾ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:  /         ̄テ≡ ノ   / ト、!
           | Y  |ヽ |.;.;.;.;.;.;.;:   ,           ・ フ   /|/.| .|.   だが、アレを見てしまうと
          .| .|  | ソ.;.;.;.;.;:    ゙ ´'          ケ‐┬、`) .| |   どうしても、な……。
          ./ .|  ||.;.;.;.;.;.;.;:                彡//| .i ./  |.!
         ノ  .|  | |.;.;.;.;.;.;::  _ 、_           ノ/"  .|/|  .|
        /   |  .! `、.;.;.;.;.;.;,,/:::::)`ヽ、        /|   |  |   |
      .// i .|     ヽ.;.;.;/\/ ̄ ̄ヽ      /  |   |  |   .|
     / /  |  |      .X:::::::/ ``        /|i  .|    | .|   |
   /  /  |  |     ./:::::X          /  |  .| i  |  i   i
  /   ./   |  K  ./:::::/ | \    ,   ´    |  | |  .|  .i   |


33 :◆vsQyY1yD2Q

      /\ー―、_                                          /|>_
     <    >-、  _ ̄ヽ^、 ̄ー、 ,―-、  ___            __ __ __ ,― ̄)/ ̄ __ ./丶
      \∠/ヽ ヽ~\ ヽヽ D ) | ._ | /| ┌__ll' ̄'l「 `、|~| .l' ̄'l| || ||   // /7__//// |\)/  /
        ヽ  ヽ ヽ ヽ ヽ、  ´、| || | | | (~l| ∩||.   .| || | || || || |二(_´ ̄ ) ././ |  |\/
          ヽ  ヽ ヽ_」   .l、 ',~', | '' .| .| U || U || .|`、 | |U |l、  || l二',-ニ/ / / /  |  |
          ヽ/ヽ    _/ヽ. ', ',__|__|~|_| `―-.^゙,ニフl.ニl.、ロ b ∠、二' .L_/(__/ | / /\|
          <   L- ̄/V二/´-'―`ー´` ̄          `ー'    `―``―、__ノ | /  /
           ヽ∠― ̄                                    \__./
                    やる夫はDQ3の世界で生きていくようです

                        第25話 「イカの甲より歳の劫」


                        ((::))
                        〈==〉    __ /  ̄ ̄ ̄ \
                         |:||:|     ィoヾヽ_____ヽ_                 ______
                        ( ヾj:Y¨ 、 i廴ノ_________]              ,ィ´   〈  )
                       (`ヾ.|:|',  ',. √,∠`         ヾ7、          /       ヾ/
                        (`´.|:(  .ノ、) {j))         / Y\      _ .ィ        }辷ス:、
                        ,辷彡 / ((  )       ,/   ,入: :\__ . ´/         ト、
                      =≡≡≡= `亡´     ,.ィ´  / _ ミx、:\―フ             ノ  ヽ
                        》=《ヽ  / `>ァ、rfチ彡 =彡' ̄  `ヾ::\、\_    /     /
                        | l | `く  〃 ヾr- ャ ィイ:/        \:}) /rヽ. イ     /
                        | l |    \     卞x¨ヾ { L、        ハ //ヽyミ、       _L . _
                        | l |     `  ̄ ̄ヾX   ヾミx      i斗彡⌒7\_ . '´    `ヽ、
                        | l |     . -――ヾミー――:ヽ:、   /<:::/У: : :.\___    /
                        | l |   /       ト、`ー -ァ/`ー7/てイ:ィ/\: : : : :.\ `ー "


第24話へ 1      第26話へ

この記事へのコメント
初っ端から噴いたwww
Posted by at 2010年09月12日 11:12
できる夫MOGERO といっておこう
Posted by at 2010年09月12日 14:01
多分、ってちょwwwww

しかしマダム・ルイーダは何を見たのやら……?
Posted by at 2010年09月12日 21:53
てっきり宗教的な洗礼とかの話だと思ったら、医療技術が発展してないからなのか…
そういや、雑菌とかも消せるらしいし、魔法の補助で出産って中々便利かも知れん
Posted by at 2010年09月13日 05:44
マダム・ルイーダが見たのは期待に押しつぶされて、
引きこもった本来の勇者じゃなかろうか?
Posted by at 2010年09月13日 12:03
帰る術もなく異世界に取り残された事を悲観して
自殺した異界人もいたんじゃなかろうか?
Posted by at 2010年09月13日 13:00
あれってなんだろう?
Posted by at 2010年09月13日 22:35
アレーデヴェルチ
Posted by at 2010年09月15日 00:24
やはり、王は部分的におかしくなっているだけですか。
これで障害の1つはなんとかなりそうですね。
まあ、王が認めるほどの成果がどの程度かわかりませんが。
仮に、アリアハンの全盛期と言われては閉口するしかないわけで。
Posted by とあるA at 2010年09月18日 01:01
なんかだんだんない夫といく夫が気の毒になってきたw
いい出会いがあるといいな。
Posted by at 2010年09月24日 11:34
↑おいおいない夫には準。いく夫には美心という素敵なパートナーがいるじゃないかw
Posted by at 2010年10月07日 07:47
出産時に回復魔法…。
使うのはホイミ系だけ…か?

キアリーやニフラムで滅菌って話があったが、
キアリーはともかくニフラムって対象きっちり術者が思い通りにできる…んだよね?
赤ん坊が光の彼方へ〜とか洒落にならん…。
Posted by at 2010年12月05日 22:15
赤ん坊が悪を為すと決まってれば光の彼方にきえさるかもしれんな。
Posted by at 2011年02月06日 02:00
例えば生まれた子がベビーサタンの資質を持ってたりとかか
Posted by at 2011年05月06日 00:57
あれって・・・・・・もしかして重圧に押しつぶされたオルテガの子供?
Posted by at 2011年06月16日 15:08
ところで、できる夫の贈り物は何だったんだろな
Posted by at 2011年10月28日 22:26

総集編「あの人は今」(1)―16を参照の事。
Posted by at 2011年10月29日 02:23
やる夫(予定)・できる夫が嫁持ちで、ない夫・いく夫が非嫁持ち・・・
横長と縦長で運命が分かれたのかww
Posted by at 2012年02月22日 00:38
そういやラグーン繋がりがあったんだな。
Posted by at 2012年03月16日 12:34
結局できる夫の職業ってなんだったんだろうか?
Posted by at 2012年04月07日 19:44
あれって、普通にアリアハンの現実のことじゃないか
やる夫だってベッドから王宮まで連行されて、
一週間以内に出て行って魔王を倒せ、だからな
Posted by at 2012年06月28日 23:16
>王も、その辺の判断力は〜
えっ、やっぱり乱心そのものは継続中なんです?(汗

ゾーマの存在は、異界人達からの情報ですでに知ってそうだし、
もしバラモス倒したとしても、乱心治らないのかなぁ…

何か可哀想
Posted by at 2015年07月29日 00:26
できる夫の精霊の贈り物も興味ある。 今更冒険に出られないとはいえ、ダーマの加護を得て村長すればさらに化けそうな気がするぞ。
Posted by at 2016年04月26日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40659804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
■ 収録シリーズ